2013年11月10日

8-12 The One Where Joey Dates Rachel

8-12 ジョーイがレイチェルとデートする話

 ☆ジョーイの新しい恋☆

《モニカ達の部屋:モニカとチャンドラーが戻ると、フィービーがいる》

Phoebe: Hey! I got you a present!!
 (巨大な包みの前に立ち)ハーイ! プレゼント持ってきたわよ!

Chandler: Oh, my goodness! Where did you hide it?
 うわ、驚いたな! どこに隠してたんだ?

Phoebe: I got it for your wedding and I ordered it weeks ago, and it finally got here!
 あなた達の結婚のお祝いのために、ずっと前に注文したんだけど、ようやく届いたのよ!

Chandler: Pheebs, you didn’t have to get us anything for our wedding you already sang…
 フィーブス、君は結婚式で歌ってくれたんだから、何もくれなくても・・

Monica: I love it! It’s huge!! Let’s open it! Open it!!
 すっごい素敵! 巨大じゃないの! 開けましょ、開けて!(包みを破る)

Phoebe: It’s a Ms. Pac-Man machine!!
 パックマンのゲーム機よ!

Monica: Oh, my God!
 まぁ、すごい!

Phoebe: I didn’t know where to put it so I just left it here for now.
 どこに置いたらいいかわからなかったから、とりあえずここに置いたの。

Monica: Oh, well, maybe we can put it in the guest bedroom.
 ああ、そうね。お客様用寝室に置けばいいわ。

Chandler: Yeah, okay. . . . I kinda like it here.
 そうか、わかった(押すがびくともしない)ここに置いておきたいな。

Phoebe: Do you really like it?
 本当に気に入った?

Monica: Are you kidding?! I practically spent my entire childhood at the arcade! This is like−Oh my, this is like my second favorite game!
 冗談でしょ? 私、子供の頃なんてずーっとアーケードで過ごしたのよ。これなんてもう・・私の二番目のお気に入りゲームよ。

Phoebe: Oh, really? What was your first?
 あら、そうなの? 一番は何?

Monica: Well, I-I really don’t remember the name of it.
 あれは・・名前は思い出せないわ。

Chandler: Well, what did it do?
 どういうゲームだった?

Monica: Well, you just−you put a quarter in and you know pull-pull some handles and win like a candy bar or something.
 ただ・・25セント硬貨を入れるてね、そしてハンドルを引くと、チョコバーか何か勝ち取れるのよ。

Chandler: A vending machine?
 自動販売機?

Monica: Don’t feel bad for me! I won like every time!
 かわいそうとか思わないで! 毎回勝ったんだから!

《セントラルパーク:ロスが来る》

Ross: Hey! Oh, I’m so glad you guys are here. I’ve been dying to tell someone what happened in the Paleontology department today.
 やぁ! みんないてくれてよかった。今日古生物学部で起きたことを、ずっと言いたくてたまらなかったんだ。

Joey: Do you think he saw us or can we still sneak out?
 (レイチェルに)俺たちもう見つかっちゃった? それともまだこっそり出て行ける?

Ross: Professor Newman, the head of the department is retiring, so….
 学部長のニューマン教授が引退するんだ、それで・・

Rachel: They made you head of the department!
 あなたが学部長になるのね!

Ross: No, I get to teach one of his advanced classes! … Why didn’t I get head of the department?
 違うよ。彼の上級クラスを受け継ぐことになったんだ! ・・・なんで学部長になれなかったんだろう?(コーヒーを取りに行く)

Joey: Oh! Hey, Rach, listen, umm…
 そうだ、レイチ、聞いて・・

Rachel: Yeah.
 ええ。

Joey: I got a big date coming up, do you know a good restaurant?
 大事なデートがあるんだよ。どこかいいレストラン知らない?

Rachel: Uh, Paul’s Café. They got great food and it’s really romantic.
 ポールズ・カフェよ。食事はおいしいし、すごくロマンティックなの。

Joey: Ooh, great! Thanks!
 おお、いいね! ありがと!

Rachel: Yeah! Oh, and then afterwards you can take her to the Four Seasons for drinks. Or you go downtown and listen to some jazz. Or dancing−Oh! Take her dancing!
 そうね、それから、その後お酒を飲むには、フォー・シーズンに連れて行くといいわ。それか、ダウンタウンに行って、ジャズを聴くのもいいわね。それか、ダンスよ。ああ! ダンスに連れて行くといいわ!

Joey: You sure are naming a lot of ways to postpone sex, I’ll tell ya…
 君は、セックスをおあずけにする方法をいっぱい挙げてるな。

Rachel: Ooh, I miss dating. Gettin’ all dressed up and going to a fancy restaurant. I’m not gonna be able to do that for so long, and it’s so much fun! I mean not that sitting at home worrying about giving birth to a sixteen pound baby is not fun.
 ああ、デートが懐かしいわ。ドレスアップして、おしゃれなレストランに行って。当分それはできないのね。本当に楽しいのよね! 16ポンドの赤ちゃんを産むことを心配してるのが楽しくないって言うわけじゃないけどね。

Joey: Hey, you know what?
 ああ、そうだ!

Rachel: Huh?
 なに?

Joey: Why don’t I take you out?
 俺と君とでデートするってのはどう?

Rachel: What?! Joey, you don’t want to go on a date with a pregnant lady.
 えっ? ジョーイ、妊娠した女性とデートしたくないでしょ。

Joey: Yes, I do! And we’re gonna go out, we’re gonna have a good time, and take your mind off of childbirth and C-sections and-and giant baby heads stretching out…
 いや、行きたいよ! 行こうよ。楽しんで、忘れるんだよ。出産するとか帝王切開とか巨大な赤ちゃんの頭に伸ばされることとか・・

(C-section = Caesarean section, 帝王切開。シーザーがこうして産まれたと信じられていることから)

Rachel: Okay! I’ll go with ya! I’ll go! I’ll go with ya.
 わかった! 一緒に行く! 行くわ! あなたと行くから。

Joey: I’ll be fun.
 きっと楽しいよ。

Rachel: All right?
 そうよね?

《モニカ達の部屋:フィービーがパックマンをプレイしている》

Phoebe: No. No! Yes! Ahh. Oh, would you look at that, Monica? I just knocked off all of your top scores, how sad.
 ダメ、ダメ! よし! ああ。ちょっとこれ見てよ、モニカ。あなたのトップ・スコアみんな消しちゃったわよ。悲しいわー。

Monica: Okay, I’m next. . . Don’t! Don’t start another game! I said I’m next! Phoebe!
 ね、次は私よ・・ダメよ。またゲーム始めちゃダメ! 私が次って言ったじゃない! フィービー!

Phoebe: Oh, I’m sorry. I couldn’t hear you over all the winning.
 あら、ごめんなさい。勝ってるから聞こえなかったわ。

Monica: Chandler! Phoebe’s hogging the game!
 チャンドラー! フィービーがゲームを独り占めする!

Chandler: Who cares? It’s a stupid game.
 構うもんか。バカげたゲームだ。

Monica: You only think it’s stupid because you suck at it.
 バカげたゲームだなんて、自分がヘタだからそんなこと言うのよ。

Chandler: I don’t suck. It’s sucks. You suck.
 ヘタじゃない。それがダメなんだ。君がダメなんだ。

Phoebe: Wait, okay, if this game is gonna cause problems between the two of you, then maybe I should just keep it.
 待って、ねぇ、このゲームのせいであなた達がケンカしちゃうんだったら、私がもらっておいた方がいいかしら。

Monica: No! No-no! I love it! It is a great present! In fact, why don’t you go home and wait for the thank you card?
 いいえ! ダメよ。大好きなんだもの! これは素晴らしいプレゼントよ。ほんと、あなた家に帰って、私からのお礼のカードを待ったら?

Chandler: Why do you want to play this game so badly?
 なんでそんなにこのゲームしたいの?

Phoebe: Yeah! It’s not like it spits out a Clark Bar after every game.
 そうよ。これは毎回クラークバーを吐き出したりしないわよ。

ClarkBar.jpg(Clark Bar)

Monica: Okay. Phoebe, that’s it. Come on, get out−out of the chair. Come on, out of chair! . . Oh, come…Phoebe!
ちょっと、フィービー、もういい。ほら、降りて。椅子から降りるのよ。ちょっと、椅子から降りて! (モニカが引っ張るとフィービーは力を抜いてダラリとなってしまう)もう、ちょっと、フィービー!

《ジョーイ達の部屋:デートの支度をするレイチェル。ノックの音》

Rachel: Joey? Could you get that? . . . What are you doing here? I thought you were in your room?
 ジョーイ? 出てくれる? (返事がないので自分でドアを開けに行くと、ジョーイが立っている)何をしてるの? あなた部屋にいるかと思ったわ。

Joey: No, I’m picking you up for our date. These are for you.
 いや。俺は君を迎えにきたんだよ。これは君に。(花束を渡す)

Rachel: Ohh, Lilies. Joey, they’re my favorite. Thank you.
 まぁ、百合ね! ジョーイ、私の好きな花よ。ありがとう。

Joey: And, a brownie!. . Well, half a brownie. Actually, it’s just bag. It’s been a long walk from the flower shop and I was starting to feel faint so…
 それと、ブラウニーだ!(袋を渡す)いや、半分だけ。実は袋だけだよ。花屋さんから遠かったからさ、めまいがしてきたんだよ。それで・・

Rachel: Oh, man! This is so great! I actually feel like I’m going on a real date! Although, I have a hint of morning sickness, and I’m wearing underwear that goes up to about…there.
 ああ、ほんと! すごくいい感じだわ! 本当にデートにでかけるような気がしてきたわ。でも、ちょっとつわりって感じもするし、下着はここまできてるけどね(ハイウェストの下着のゴムを引っ張って鳴らす)

Joey: Hey, come on now, this is a real date. Uh, so…nice place you got here. Foosball, huh? Pizza box. Oh, a subscription to Playboy, my kind of woman.
 おい、やめてくれよ、これは本当のデートだ。えー・・、ここ素敵なところじゃないか。フーズボールね、それにピザの箱。プレイボーイを購読か、俺にぴったりの女性だな。

Rachel: Yeah, actually that’s my roommate’s.
 ああ、実はそれ、ルームメイトのよ。

Joey: I would like to meet him. He sounds like a stand up guy.
 ぜひ彼に会ってみたいね。頼もしいやつみたいだな。

(stand up = 米語、誠実な、信用できる、正々堂々とした)

Rachel: Ah, yes, but he’s very protective of me so you’d better watch yourself.
 ええ、そうだけど、でも彼は私に関して過保護だから、気をつけた方がいいわよ。

Joey: Ah… Hey, so this roommate of yours…is he good looking?
 ああ。・・それで、君のルームメイトだけど、ハンサムなの?

Rachel: Hm-mmm.
 そうよ。

Joey: Oh, yeah, it must be tough to keep your hands of him, huh?
 そうか。彼に手出ししないでいるのは大変だろうな?

Rachel: Yeah, but I’m pretty sure he’s gay.
 ええ、でも彼は間違いなくゲイだと思うわ。

Joey: No-no-no-no, he’s not! No! Why are you trying to ruin the game? Come on!
 おいおいダメだよ。違うよ! ダメ! せっかく盛り上げてるのに! なんだよ!

《大学で講義中のロス》

Ross: Which brings us back, of course, to Greely’s Theory of Dominance. . . Okay, that-that’s all for today. Oh, uh does anyone know where the Freeman building is?
 そこでまた出てくるのが、もちろん、グリーリーの優位論だね。(ベルが鳴る)よし、じゃあ今日はここまで。・・あ、誰か、フリーマンのビルがどこか知らないかな?

Student: Yeah, it’s the new building on Avenue A.
 ああ、それなら、Aアベニューの新しいビルですよ。

スクリーンショット 2013-11-07 19.56.26.png(Avenue A)

Ross: What?! That-that’s all the way cross town, I’m supposed to teach a graduate seminar there in ten minutes.
 えっ? それじゃ街の向こう側じゃないか。僕はあちらで10分後に大学院の講義をすることになってるんだ。

Student: Ooh, dude. That’s not gonna happen.
 うー、ちょっと、それは無理だな。

(ロスは慌てて出て行こうとするが、通路が生徒で塞がっている)

Ross: Move it! Move it! Move it!! Hey!!! I’m the teacher!!
 どいて! どいて! どいて! ちょっと! 僕は教師だぞ!

《フリーマンビルに到着したが完全に息切れのロス》

Ross: Hello. I’m sorry I’m a little late. Ah−Whoa! A lot late. Let me start by uh, by introducing myself, I am Professor Geller. . . So to sum up, I’m Professor Geller. Good job today.
 どうも。ちょっと遅れてしまって申し訳ない。えー・・(腕時計を見て)ウワオ! すっごく遅れてしまって。自己紹介から始めよう、僕はゲラー教授。(ベルが鳴る)つまり、僕はゲラー教授でした。大変よくできました。

《レストラン:料理を注文するレイチェル達》

Rachel: Now the filet mignon, what comes with that?
 このフィレミニニョンだけど、何がついてくるの?

Waitress: There’s a side of steamed vegetables.
 茹で野菜が添えられます。

Rachel: Emmm. Now, instead of the vegetables, is there anyway I could substitute the three-pound lobster?
 んー・・。野菜の代わりに、何か・・3ポンドのロブスターとかにできないかしら?

Joey: You know what? Bring her both, and I’ll have the same.
 それじゃ、彼女に両方持ってきて。俺も同じもので。(ウェイトレス立ち去る)

Rachel: Wow! This is shaping up to be a pretty good date−Oh, I almost forgot. I didn’t pay you the rent check.
 ワオ! なんかすごくいいデートになってきたじゃない。あっ、忘れるとこだったわ。家賃を払わなきゃね。

Joey: Oh, whoa-whoa-whoa, no roommate stuff. Okay? We’re on a date.
 おいおいおい、ルームメイトの話はなしだよ、ね? デートなんだから。

Rachel: Okay. Wow! So I get to see what Joey Tribbiani is like on a date. So do you have any moves?
 わかったわ。ああ! それじゃ、ジョーイ・トリビアーニがデートでどんなふうなのか見せてもらおうっと。何か手があるの?

Joey: No! No. Umm, just myself and if they don’t like me for−. . . I’m sorry I couldn’t even get through that.
 ないよ。ない。ただ自分らしくしてそれで気に入られないなら・・(笑い出す)ごめん。最後まで言えなかったよ。

Rachel: I knew it! I knew it. Come on, tell me your moves.
 やっぱりね。やっぱり。ねぇ、あなたの手を教えてよ。

Joey: Oh, alright. Umm, well, okay, I usually start by having a bottle of wine sent to my table from a fan.
 ああ、わかったよ。そうだな。普通はファンから贈られたってことでワインを持ってこさせる。

Rachel: Oh, my God. And that works?!
 なんてことなの。それ効くの?

Joey: Well, it does when you combine it with, "This is so embarrassing, I just want to have a normal life!"
 ああ、「恥ずかしいな、僕はただの人でいたいのに」って言うと効くんだよ。

Rachel: Oh, you poor little famous man.
 ああ、かわいそうな有名人。

Joey: Oh, okay, how about this one? I was gonna wait until the end of the night to kiss you, but you’re so beautiful…I don’t think I can.
 ああ、それじゃこれはどう? デートの最後まで、キスはとっておこうと思ってたんだけど、でも君は美しすぎて・・できそうにないよ。

Rachel: … Oh, my God! Wow! That was fantastic, I almost leaned in. I really almost did!
 ・・まぁ、すごいわね! ワオ! 夢みたい。私傾きかけたわよ。本当にほとんど!

Joey: Alright, so…so tell me one of your moves.
 よし、それじゃ、君の手を教えてよ。

Rachel: Alright. So where’d you grow up?
 わかったわ。・・それで、あなた、どこで育ったの?

Joey: That’s your move? Boy, Rach, you’re lucky you’re hot.
 それが君の手? ああ、レイチ、可愛くてよかったな。

Rachel: Come on, just answer the question!
 いいから、質問に答えて。

Joey: Queens.
 クイーンズ。

Rachel: And so were-were you close to your parents?
 それで、あなた、ご両親とは仲がよかったの?

Joey: Yeah, with my mom. Yeah, not so much with my dad.
 ああ、母とはね。うん。でも、父親とはそんなに。

Rachel: Why not?
 どうして?

Joey: I don’t know. I guess there’s just always been this distance, you know−I mean, we both try to pretend it’s not there, but it is.
 どうしてかな。何かいつも距離があったんだな。うん、互いにそんなのはないふりをしていたけど、あったんだよ。

Rachel: Oh. . It’s gotta be rough.
 まぁ。(ジョーイの腕を撫でて)つらかったでしょうね。

Joey: Yeah, it is. It’s really tough. You know, sometimes I think−Wow!! Nice move!
 ああ、そうだな。ホントつらいよ。時々思うんだけど・・・ワオ! すごい手だな!

Rachel: Huh?
 でしょ?

Joey: "Where’d you grow up," it’s so simple!
 「どこで育ったの?」、すごいシンプルなのに!

Rachel: Thank you! And now if you’ll excuse me, I have to go to the rest room.
 ありがとう! それじゃ、失礼して、私ちょっとお手洗いに行ってくるわね。

Joey: Yeah.
 ああ。(レイチェルを振り返って見る)

Rachel: And now you’re watching me walk away.
 そして今あなたは立ち去る私を見てる。

Joey: Yes, I am! Again so simple!
 その通りだよ! 今度も本当にシンプルなのに!

《モニカ達の部屋:モニカが帰るとチャンドラーがパックマンをプレイしている》

Monica: Hey.
 ハーイ。

Chandler: You are not gonna believe what I did today!
 今日俺が何をしたか、君、信じられないぞ!

Monica: Well, it clearly wasn’t showering or shaving.
 そうね、シャワーやひげ剃りじゃないのは確かね。

Chandler: I got good. I played this game all day and now I rule at it! They should change the name of it to Ms. Chandler. . . Although I-I hope they don’t.
 上達したぞ。一日中このゲームをして、いまは俺はモノにしたぞ。パックマンじゃなくて、チャンドラーに名前を変えるべきだ。・・・変えてほしくないけど。

Monica: Wait a minute, you stayed home all day and played Ms. Pac-Man while I went off to work like some kind of chump?!
 ちょっと待って、私がバカみたいにせっせと働いてる間に、一日中家にいて、ずっとパックマンで遊んでたの?

Chandler: Uh-huh, and I got all the top ten scores, I erased Phoebe off the board! High five!
 そうだよ。それでトップ・テンは全部俺だから、フィービーの名前は消したぞ! ハイタッチ!(手をあげるが、指が伸びない)

Monica: What is the matter with your hand?
 あなた、その手どうしたの?

Chandler: Well, I’ve been playing it for like eight hours, it’ll loosen up. Come on, check out the scores. Oh, and also look at the initials, they’re dirty words.
 うん、これ8時間とかプレイしてたからな。そのうち緩むさ。ほら、スコアを見てくれよ。それにイニシャルも見て、卑猥な言葉にしたんだ。

Monica: Chandler, why would you do that?
 チャンドラー、どうしてそういうことするの?

Chandler: Because it’s awesome.
 素晴らしいからだよ。

Monica: You think this is clever?
 これがいい考えだと思ってるの?

Chandler: Well, you know, they only give you three letters, so after A-S-S it is a bit of a challenge.
 だってほら、3文字しか登録できないんだから、ASS以外はなかなかに厳しいものがあるんだよ。

Monica: Hey, wait a minute, this one isn’t dirty.
 ねぇ、待って、これは卑猥じゃないわよ。

Chandler: It is when you put it together with that one.
 これと繋いで読むんだよ。

Monica: Ah, well, if you don’t clear this off, you won’t be getting one of those from me. But Ben’s coming over here tomorrow to play this game, this can’t be there.
 あぁ、もしこれ消してくれなかったら、あなた私からこういうの期待できないわよ。ベンが明日、これをプレイしに来るから、こんなの消さなきゃ。

Chandler: Come on, he won’t even know what they mean.
 大丈夫だよ、あの子にはこれの意味もわからないさ。

Monica: Chandler! He’s seven, he’s not stupid.
 チャンドラー、彼はもう7歳だし、バカじゃないのよ。

Chandler: Have you talked to him lately?
 最近あの子と話したか?

Monica: All right, look, I’m just gonna unplug it.
 いいわ。じゃあ電源を抜くわ。

Chandler: No-no-no, if you unplug it, I’ll have nothing to show for my day! It would be like I was at work. . . No! . . . Hey, look at that! Look at that, it’s still there! This thing must have some kind of primitive ROM Chip in it or something!
 ダメダメダメ! 電源なんて抜いたら俺の今日の功績が消えちゃうよ! 働いたぐらいな感じなのに。ダメ!(モニカが電源を抜くいて、またさす)おお、見ろ、見ろ! まだ残ってるぞ。相当古いROMか何か載せてるんだな。

Monica: Honey, you got to beat your scores!
 ねぇ、あなたこのスコアを上回ってよ。

Chandler: With the claw?!
 このかぎ爪で?

Monica: All right, fine. Fine, I’ll do it. I’ve just got to get this off the screen. Carol and Susan are still upset that you taught him pull my finger.
 わかった、いいわよ、もういい。私がやるわ。とにかくこれをスクリーンから消さなきゃ。キャロルとスーザンは、あなたが指引っ張ってってやつ教えたこと、まだ怒ってるんだから。

(pull my finger = 指を引っ張ってみろと言って、相手が引っ張ると、放屁音をマネをしてみせる、チャンドラーの大好きなジョーク)

Chandler: Pull my finger. . . My hand is messed up.
 指引っ張って。(指を差し出すが曲がったまま)俺の手壊れた!

《ジョーイ達の部屋:デートから帰る2人》

Rachel: I am not gonna answer that!
 そんなの答えないわよ!

Joey: Oh, come on! Just pick one! Between Monica, Phoebe, Chandler, and Ross if you had to, if you had to, who would you punch?
 いいじゃないか! いいから1人選んで! モニカ、フィービー、チャンドラーとロスの中から1人だよ。もし、どうしてもなぐらなきゃいけないとしたら?

Rachel: No one! They are my friends, I wouldn’t punch any of them.
 誰もよ! みんな友達よ。私は誰もなぐらないわ。

Joey: Chandler?
 チャンドラー?

Rachel: Yeah, but I don’t know why. Look, I’m having such a wonderful time!
 ええ。でもどうしてかしら。ね、私、本当に楽しかったわ。

Joey: Me too! Hey, Rach, can I just say I think this is the best date I ever had!
 俺もだよ! なぁ、レイチ、これは今までで最高のデートだったよ。

Rachel: I know!
 でしょう!

Joey: I never laughed so hard−Did you see the wine come out of my nose?
 こんなに笑ったの初めてだよ。俺の鼻からワインが飛び出したの見た?

Rachel: Joey, I think everyone saw the wine come out of your nose.
 ジョーイ、あなたの鼻からワインが吹き出したの、みんなが見たわよ。

Joey: I gotta say, I never knew I could enjoy the non-sex part of the date so much.
 ほんと、セックスじゃなくてデートがこんなに楽しいなんて知らなかったよ。

Rachel: Well, that is because you have never been on a date with me before.
 それは、あなたが私とデートしたことがないからよ。

Joey: Huh. Huh.
 うん、そうか。

Rachel: All right, now don’t judge me. I normally wait till my date leaves, but you live here. I’m ripping into this swan.
 さあ、批判しないでよ。普通は相手が帰ってからすることだけど、あなたここに住んでるんだもんね。持ち帰りをつつんだこの白鳥破るわよ。

Joey: Ah! Okay, well then you don’t judge me. I’m gonna suck on the cellophane from the brownie I had before.
 ああ、それじゃ、君も俺を批判するなよ。俺さっきのブラウニーを包んでたセロファンなめるからさ。

Rachel: So tell me, what are Joey Tribbiani’s end of the night moves?
 それじゃ、教えて。ジョーイ・トリビアーニのデート最後の手はなに?

Joey: Ah, well, if I want the girl to kiss me, first thing I do is make my lips look irresistible.
 そうだな。もしその子にキスしてもらいなかったら、まずするのは、クチビルを魅力的にするんだよ。

Rachel: How do you do that?
 どうやるの?

Joey: Now you can’t tell anyone, but uh…I put on shiny lip balm.
 これは誰にも言うなよ。シャイニーリップクリームを塗るんだよ。

Rachel: Oh, my God!
 まぁ、驚いた!

Joey: Yeah, like a moth to a flame, I’m telling ya. Okay, all right, so now you go.
 ああ、光に集まる蛾みたいだぞ、ほんと。よし、それじゃ、君の番だ。

Rachel: No, I don’t want to tell you.
 イヤよ。言いたくないわ。

Joey: Why not?
 なんで?

Rachel: Because it’s embarrassing.
 恥ずかしいもん。

Joey: More embarrassing than shiny raspberry lip balm?! … I didn’t say raspberry before, did I? All right, just-just tell me, Rach, just tell me!
 シャイニーラズベリー・リップクリームよりもか? ・・・さっきラズベリーとは言わなかったよな? ああ、もういい、言えよ、レイチ、いいから言えって!

Rachel: Okay. All right, stand up. . . Well, when we’re at the door, I lightly press my lips against his, and then move into his body just for a second, and then I make this sound, "Hmmm." Okay, I know it doesn’t sound like anything, but I swear it works.
 わかったわよ。いいわ、立って。(向き合って立つ)ドアの前に来たら、クチビルを相手のクチビルに軽くあてて、ちょっと彼にもたれかかるの。そして「んーー」って言うのよ。はい、何でもないように聞こえると思うけど、でもこれ絶対効くのよ。

Joey: Yeah. Why−Yeah, that would work for ya…
 (効いてる)ああ・・それは効くだろうな。

Rachel: All right, I gotta go to bed. Honey, I had such a wonderful time.
 さ、もう寝なきゃ。ほんと、すごく楽しかったわ。

Joey: Oh. . Yeah. . . Me too.
 うん(レイチェルがキス)ああ。(レイチェルは寝室に行く)俺も。

《セントラルパーク》

Rachel: You were 50 minutes late to the class, what did you, crawl there?!
 50分も講義に遅れていったなんて、何してたの? 這って行ったの?

Ross: No, I ran. It was really far, and when did people stop understanding the phrase, "Get the hell out of my way!"
 いや、走ったよ。本当に遠いんだよ。それにみんな、「どいてくれ!」っていう意味をわかってくれないんだよ。

Rachel: Well, why didn’t you just take a cab?
 タクシー拾えばいいじゃないの。

Ross: Ugh, between the traffic that time of day and all the one-way streets it’ll take me twice as long. Besides, I teach the class three times a week, who am I? Rockefeller?
 あの時間は渋滞してるし、一方通行の道だらけだし、2倍時間かかるよ。それに、週に3回講義があるんだよ。僕誰だよ、ロックフェラー?

Rachel: Well, you’re not gonna be able to keep doing this.
 でもあなたそのまま続けることはできないわよ。

Ross: Well, I have to. Okay? If I don’t, they’ll take the class away from me. And…I already put it in my family newsletter.
 いや、なんとかしないと。できなかったら、講義させてもらえなくなっちゃうよ。もう僕のファミリー・ニュースレターに載せちゃったのに。
 
Rachel: Your what?
 あなたの何って?

Ross: You’ve seen it, the Geller Yeller.
 見たことあるだろ、ゲラー・イェラーだよ。

(Yeller = 大声で話す人)

Rachel: Right. Wow!
 あれね。ワオ!

Ross: Besides, I-I think I figured out a much faster route, I’m sure I can make it this time. I just…I just can’t be afraid to get a little bit…hit by cars.
 それに、もっと早いルートをみつけたんだ。この次は間に合うと思うんだよ。ただ、車にひかれることを恐れてられないんだけどね。

(ロスはバスルームへ。ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi! Hey, remember, last night we were talking about that movie Cujo?
 ハーイ、ねぇ、昨日、クジョーの話したの覚えてる?

Joey: Oh, yeah, I still can’t believe you haven’t seen Cujo. What is wrong with you?
 ああ、うん。君がクジョーを見たことないなんて、まったく信じられないよ。どうかしてるぞ。

Rachel: Relax! It’s not like it’s Citizen Kane!
 落ち着いてよ。市民ケーンじゃあるまいし。

Joey: Have you ever tried to sit through Citizen Kane?
 市民ケーンって最後まで見たことあるのか?

Rachel: Yeah, I know it’s really boring, but it’s like a big deal. Anyway, I was thinking about renting Cujo sometime.
 まぁね、本当、あれは退屈よね。でもなんかすごいみたいに言われてるわよね。とにかく私、そのうちクジョーを借りようと思うの。

Joey: Oh, yeah? All right, let’s do it tonight.
 そうなのか? それじゃ、今夜見よう。

Rachel: Don’t you have that big date tonight?
 あなた、今夜大事なデートじゃなかった?

Joey: Oh, right!
 あ、そうか!

Rachel: Hey, Joey, can I ask you something?
 ねぇ、ジョーイ、ちょっと聞いていい?

Joey: Yeah.
 ああ。

Rachel: After our date last night, did you feel a little weird?
 昨日のデートの後、ちょっと変な感じしなかった?

Joey: Oh, my God! You did too? It totally freaked me out, what was that?!
 ああ、なんだ! 君もか! あれ、本当に調子狂っちゃうよ。あれ何?

Rachel: I don’t know! … I’m-I’m kinda thinking it-it was the lobster…
 わからないわ! でも思うんだけど、ロブスターじゃないかな。

Joey: Oh, yeah-yeah, the lobster.
 (!)ああ、そうそう、ロブスターだな。

Rachel: Yeah, I mean, I was up sick all night.
 そうよね。私なんか気分が悪くて眠れなかったわ。

Joey: Yeah, me too, all night.
 ああ、俺もだよ。一晩中。

Rachel: Really?! How come we didn’t cross paths?
 ほんとう? じゃあどうして会わなかったのかしら?

Joey: Yeah, well, that’s because uh…I stayed in my room. Yeah, you don’t want to look in my hamper.
 そうだな、俺はその・・部屋に閉じこもってたからだよ。うん、俺の洗濯カゴは見ない方がいいぞ。

《モニカ達の部屋:モニカがパックマンプレイ中》

Monica: Okay, I got that. I’ll escape over there. I’ll come back over here. All right, come on, Ms. Pac-Man. It’s got−Right−(She dies.) Well, you’re just a little bitch, aren’t you?
 よし、やったわよ。あなたのを消すわよ。私の復活よ。さぁ、来い、パックマン! やったわ・・ああ。(負けた)あなたってちっちゃなクソ女なんでしょ。

Phoebe: Hey, you guys. Listen, I’m sorry that I was hogging the game before−Oh, my God! Your friends have some unfortunate initials!
 ハーイ。ねぇ、この前はゲームを独り占めしてごめんね・・(トップテンを見て)まぁ、ひどい! あなたの友達ってかわいそうなイニシャルなのね!

Monica: They’re all Chandler.
 それはみんなチャンドラーよ。

Phoebe: Chandler sucks! He couldn’t have gotten this good!
 チャンドラーはヘタクソよ。彼がこんな得点とれるわけがないわ。

Chandler: I did. . . But it came at a price.
 やったんだよ。(曲がった指を見て)でも高くついた。

Monica: But Ben is coming over tonight and he can’t see this.
 でもベンが今夜来るのよ。こんなの見せられないわ。

Chandler: Oh, come on, by age seven kids have already seen orgies. . .Was it just me?!
 なんだよ、7歳の子供だったら、乱交パーティだって見たことあるさ。(モニカ達に驚かれ)俺だけ?

《フリーマンビルでの講義に到着したロス》

Ross: Yeah!!!! Yes, I made it! I’m on time! . . Okay, why don’t we all uh, open our books to page 23. Where… Where you will see…a uh…a bunch of uh…red spots. Okay . . . umm, why don’t, why don’t you all start to read, while I−
 よし!! やった、着いた! 間に合ったぞ!(生徒の水のボトルを取って飲み、頭からかける)よし、それじゃ、みんな(苦しい息)23ページを開いて。そうするとそこには・・赤い点々が・・・よし、(本を閉じて)えー、みんな、みんなで読んで。僕はその間・・(卒倒)

《レストラン:ジョーイの大事なデート》

Joey's Date: Hey. Are you all right? You seem a little distracted.
 ねぇ、あなた大丈夫? 何か考え事してるみたいだけど。

Joey: No-no! I’m fine. It’s just… Hey, can I ask you something? Have you ever looked at someone that you’ve known for a while and then suddenly…suddenly see them a different way?
 いや、いいや。大丈夫だよ。ただ・・ねぇ、聞いていいかな? 君、知ってる誰かのこと、急に・・突然違う目で見たことない?

Joey's Date: You mean like from behind?
 つまり、後ろからみたいな?

Joey: Yeah. Yeah, that…that’s exactly it. Yeah.
 ・・ああ。ああ、そう、まさしくそれだよ、うん。

Joey's Date: Ew, you know what? One time I saw this guy from behind and he seemed like a totally normal guy and then he turned around and it was Stephan Baldwin!
 うーん、ね、私一度、ある男の人を後ろから見ていて、普通の人だなと思っていたんだけど、彼が振り返ったら、スティーブン・ボールドウィンだったのよ!

(Stephan Baldwin = ニューヨーク出身の俳優)

Joey: Ooh! Yeah. So yeah, so you know exactly what I’m talking about.
 そう! ああ。うん、それがまさに俺の話してたことだよ。

Joey's Date: Totally! Wow! . . Would you excuse me for a sec?
 わかったわよ! ワオ!・・ちょっと失礼していい?

Joey: Oh, yeah, sure. . . Ehhh.
 ああ、うん、どうぞ。(彼女を振り返って見て首を振る)いやぁ。

《モニカ達の部屋:フィービーがパックマンプレイ中》

Monica: Oh, my God, Phoebe, you’re on fire!
 ああ、すごいじゃない、フィービー、あなた絶好調ね!

Phoebe: I know!
 でしょ!

Chandler: One more score to go! You can do it!
 あと1スコアよ! 君ならできる!(肩に手を置く)

Phoebe: Don’t touch me!!
 私に触らないで!

Monica: Don’t touch her!!
 彼女に触らないで!

Chandler: All right! Go left! Go left! Go right!! Go right!!
 よし! 左へ行け! 左だ! 右だ! 右っ!

Phoebe: I can’t!! I can’t!! Noooooooo!!!!!!! You son of a bitch!!!!!
 行けない! 行けない! (負けた)ノーーー!!! こぉのサノバビーーッチ!!

(ちょうどここへ、ベンを連れたロスが来る。

Ross: Phoebe!!
 (ベンの耳を手でふさいで)フィービー!

Phoebe: Oh, hi, Ben−No!! Don’t look at the machine!
 あ、ハーイ、ベン。ダメよ! ゲーム機を見ちゃダメ!!

《ジョーイ達の部屋:ジョーイが帰ってくる》

Rachel: Oh, God! Thank God, you’re home! I’m watching Cujo.
 ああ、よかったわ! 帰ってきてくれたのね! 私、クジョーを見てるのよ。

Joey: Alone?!
 1人で?

Rachel: Yes! But what is wrong with this dog?!
 そうよ! でもこの犬どうしちゃったの?

Joey: Hey, did you get to the part where they’re trapped in the car and Cujo’s throwin’ himself at the windshield?
 車に閉じ込められちゃって、クジョーが窓に飛びかかってくるとこ見た?

Rachel: No! No! Seriously, what’s wrong with the dog?! Wait a minute, what are you doing home so early? What happened to your date?
 いいえ、いいえ! ホント、この犬どうなってるのよ? ちょっと待って。あなたどうしてこんな早く帰ってきたの? デートはどうなっちゃったの?

Joey: Oh, uh, it didn’t work out.
 ああ、いや、うまくいかなかったよ。

Rachel: Oh. Do you want to watch the rest of the movie with me?
 まぁ。あなた、この続きを一緒に見る?

Joey: Oh, uh, okay. Yeah.
 ああ、うん、いいね。見るよ。

Rachel: You know, I never thought I’d say this about a movie, but I really hope this dog dies. . . What are you doing over there? Come sit here, you protect me.
 まさか私がこんなこと言うとは思わなかったけど、でも、この犬死んでほしいわ。(ジョーイがスツールを持ってきて座る)あら、そんなところで何してるの? ここに来て座って、守って。

Joey: Oh, sure, yeah, why not?
 (レイチェルの椅子の肘掛けに座る)ああ、そうだね、うん、いいよ。

Rachel: Okay. . . Okay, that’s him! That’s him! That’s Cujo! That’s Cujo!
 オーケー・・(プレイボタン押す)そうよ、あれがそうよ! あれがそう! あれがクジョーよ。クジョーよ!

Joey: All right, I know! I know. Yeah, it’ll be okay.
 うん、わかってる、わかってる。ああ。大丈夫だよ。

Rachel: Oh, my God….What’s he gonna do now? I can’t watch! . . . Oh. Seriously, how can you watch this? Aren’t you scared?
 オーマイゴッド・・今度は何してるの? 見てられないわ! (ジョーイを抱き寄せ胸に顔をうずめる)ああ、本当に、どうして見てられるの? 怖くないの?

Joey: Terrified.
 すごく怖いよ。

《フリーマンビルのロスの講義:間に合っているロス》

Ross: So is everybody here? I got here a little early myself. Let us begin. Now, the hadrosaurids have been unearthed in two main locations. . . Here and . . here. . Now, as for the hydrosaurs…
 みんな揃ったかな? 今日僕はちょっと早くついたよ。始めようか。ハドロサウルス科は、主に2ヶ所で発掘されています。(地図を指しに移動すると、スケートを履いていることがわかる)ここと、ここ。さて、ハイドロサウルスはというと・・(スケートで移動し、ドアを通り過ぎてしまったりして、ポインターを折ってしまう)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:51| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。