2013年11月09日

8-11 The One With Ross’ Big Step Forward

8-11 ロスのでかい前進の話

 ☆クリスマスカードはまだ早い?!☆

《セントラルパーク》

Rachel: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: Yeah?
 なに?

Rachel: Look at that guy by the window, wow!
 窓際のあの人見てよ、ワーオ!

Phoebe: He’s awfully short and I think he’s talking to himself. And to be completely honest, he’s not that good in bed.
 彼ってすっごい背が低いし、独り言言ってると思うよ。本当に正直に言うと、あっちも上手じゃないよ。

Rachel: Oh, what is wrong with me lately? I mean it’s like every guy I see−I mean look here. Look at that guy for example, I mean normally that’s not someone I would-would be attracted to, but right now, with the way I’m feeling, all I want to do is rip off his sweatpants and fanny pack.
 ああ、私って最近どうなっちゃったの? もう見る人見る人・・ね、見てあそこ。例えばあの男の人見てよ。普通なら、心ひかれるようなことはないのよ。でも今は、あの人のスウェットのズボンとウェストポーチをはぎ取りたくてたまらないわ。

Phoebe: Wait a second! This is about the fourth month of your pregnancy, right?
 ちょっと待って! あなた、妊娠4ヶ月でしょ?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Phoebe: This is completely normal, around the fourth month your hormones start going crazy.
 それは完全に正常な反応よ。4ヶ月頃って、ホルモンのせいでおかしくなっちゃうのよ。

Rachel: Really?! So this has happened to you?
 ほんと?! じゃああなたもこうだったの?

Phoebe: Oh, absolutely, yeah! Oh, and keep in mind, now, I was carrying triplets so in, you know, medical terms I was-I was thrice as randy.
 ええ、間違いないわよ! 覚えておいてね。私の場合は三つ子だったんだから、医学的に私は3倍みだらになってたのよ。

Rachel: Wow! This explains so much! Last weekend, I went from store to store sitting on Santa’s lap.
 ワオ! これでわかったわ! 先週なんて、あちこちの店で、サンタの膝に座って回ったのよ。

Phoebe: Yeah. Yeah, I remember trying to steal a cardboard cutout of Evander Holyfield from a Foot Locker.
 ええ、わかるわ。私もフットロッカーでイべンダー・ホリフィールドの実物大ボードを盗もうとしたのを覚えてるわ。

(cardboard cutout = このエピソードの最後に登場するボードですね)
(Evander Holyfield = プロボクサー)
(Foot Locker = 靴中心の大手アパレルチェーン)

Rachel: Ah.
 ああ。

Phoebe: Yeah.
 そうなの。

Rachel: Well, you know what? I go see my doctor tomorrow, I’ll ask her about this. Maybe she can give me a pill or something.
 じゃあね、明日検診で先生に会うから、彼女に聞いてみるわ。薬かなにかくれるかもね。

Phoebe: Yeah. Yeah, that’s what you need a good…pill.
 ええ。そうね。あなたにはいい薬が必要よね。

《セントラルパーク:モナが来る》

Mona: Hey! . . Hey!
 (ロスに)ハーイ! (ジョーイに)ハーイ!

Ross: Hi!
 やぁ!

Mona: Hi! Look! I got our pictures developed from Rockefeller Center.
 ハーイ! 見て! ロックフェラー・センターの時の写真、現像してきたわよ。

Ross: Oh, great! Hey, Joey, do you want to check out pictures of me and Mona ice skating?
 わぁ、いいね! ほら、ジョーイ、僕とモナがスケートしてる写真見ない?

Joey: Oh, uh, ordinarily I would love to, but I am just swamped right now.
 ああ、普通なら喜んで見るとこだけど、でも今は手が離せないんだよ。(暇そう)

Ross: Where-where are the pictures that creepy pretzel vendor took of us together?
 あの気味の悪いプレッツェル売りの男が撮った僕らはどこかな?

Mona: Oh, yeah, probably at the end. . . Oh, my God! He only took pictures of my breasts!
 ああ、あれね。多分最後ね・・ああ、なんてこと! あの人、私の胸しか撮ってないわ!

Joey: I’m missing picture time?!
 写真を見てるんだって?(飛び込んできてロスに睨まれる)

Phoebe: You know, she has a face, Ross!
 (ロスの隣に座って)ちょっと、彼女には顔もあるのよ!

Mona: Okay. Okay, here’s a good one of us.
 オーケー、オーケー、ここに私達のいいのがあるわよ。

Ross: Wow! That is a good one! Wow, it looks like a, like a holiday card you know, with the tree in the middle and the skaters and the snow.
 ああ! これはいいね。うん・・これ、ホリデーカードみたいな感じだね。木が真ん中にあって、スケートをする人達がいて雪があって。

Mona: You know, every year I say I’m gonna send out holiday cards and I never do it. Do you wanna, do you wanna send this one out together?
 ねぇ、私、毎年、ホリデーカード送るって言ってて送ったことがないのよね。私達で一緒に送らない?

Ross: … Together? Like-like to people?
 一緒に? ・・それって、人に?

Mona: Yeah, you know, “Happy holidays from Mona and Ross.” It’ll be cute, okay?
 ええ。ほら、「ハッピー・ホリデー from モナ&ロス」って感じ。かわいいじゃない、ね?

Ross: Okay.
 うん。

Mona: Oh, I gotta get to work. So call me later?
 ああ、私仕事に行かなきゃ。じゃ。後で電話してね?

Ross: Uh sure, sure.
 ああ、うん。わかった。

Mona: Bye, guys.
 バーイ、みんな。(出て行く)

Phoebe: Bye.
 バーイ。

Joey: Congratulations! You just got married!
 (ロスに)おめでとう! いま結婚したな!

Ross: I know. Can you believe that?
 だよね。こんなの信じられる?

Phoebe: Wait, I’m-I’m sorry. What’s the big deal about a holiday card?
 待って、ちょっとごめん。ホリデーカードの何がそんなおおごとなの?

Ross: Married couples send out cards, families send out cards, people who have been dating for a couple of months do not send out cards! What-what is she, crazy?!
 結婚したカップルはカードを送るさ。家族もカードを送るだろう。2ヶ月くらいつきあっただけのカップルがカードを送ったりしないよ! 何あれ、彼女おかしいんじゃないか?

Joey: Hey-hey-hey, that’s your wife you’re talking about!
 おいおい、おまえ、妻のことそんなふうに言っていいのか!

《チャンドラーのオフィス:モニカがいる。上司が来る》

Doug: Bing! Ho! And the Bing-ette!
 ビング! おお! そしてビングェット!

(-ette = “ess” と同じく、女性形を作る名詞語尾。
 suffrage-suffragette、steward-stewardess など。
 性差別につながるため最近はあまり使われない)


Chandler: Honey, you remember my boss, Doug, right?
 君、覚えてるよね、上司のダグだよ。

Monica: Yes, hi.
 ええ、どうも。

Doug: Hi. So good news, the divorce is final. I signed the papers this A.M.
 やぁ。いいニュースだ。離婚が成立したんだ。今朝、書類にサインしたぞ。

Chandler: I didn’t know you and Kara were getting divorced, I’m sorry.
 あなたとカーラが離婚なんて知りませんでした。残念です。

Doug: Sorry? Finally chewed my leg out of that bear trap. Hey, congratulations to you guys, though!
 残念? ようやくあのクマの罠から足を噛みちぎって逃げ出したんだぞ。あ、でも、君らには、おめでとう!

Monica: No leg-chewing for us, sir.
 私達は足を噛みちぎるのはナシです。

Doug: Oh, well, give it time. So the divorce, the marriage, we’ve got a lot to celebrate. How about we all go out to dinner tomorrow night?
 いや、そのうちにだ。それじゃ、離婚と結婚で、いろいろ祝わないといかんな。明日の夜みんなでディナーってのはどうだ?

Monica: I can’t think of anything we’re doing. . . Why can’t I think of anything we’re doing?
 何の予定も思い浮かばないわ。(小声で)なんで何の予定も考えられないのよ?

Doug: Tomorrow night it is then, I should be out of court by six. They keep throwing these sexual harassment cases at me and I keep knocking them out of the park!
 それじゃ明日の夜な。6時には裁判所を出てるだろう。みんなでセクハラで訴えてきて、みんなかっとばしてやってるんだ。

Monica: Okay, I’ll see you tomorrow! (Doug exits.) Just so you know, we’re not seeing him tomorrow. . I-I cannot spend another evening with that man. Do you remember how he behaved at our wedding?
 それじゃ、明日お会いしましょ!(ダグが出て行く)言っとくけど、私は明日行かないわよ。あの人とはもう絶対一緒に過ごせない。私達の結婚式であの人どんなだったか、覚えてる?

Chandler: No.
 いいや。

Monica: That’s because he wasn’t invited because of the way he behaved at our engagement party.
 招待しなかったからよ。そしてそれは、婚約パーティでの態度のせいよ。

Chandler: Oh, yeah. Boy, urine cuts right through an ice sculpture, doesn’t it?
 ああ、そうだったな。ああ、尿で氷の彫刻を切断してたよな?

《ロスの部屋:モナが来る》

Mona: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey!
 ヘイ!

Mona: Hey, I went by the photo shop, take a look, here is a mockup of our card. What do you think?
 ねぇ、写真屋さん行ってきたのよ。これ見て、私達のカードの見本よ。どう思う?

Ross: Huh. Wow, this is great.
 うん。ああ、これはいいね。

Mona: Now, do you think it should say, "Love, Ross and Mona”?
 ねぇ、どういう言葉だといいと思う?「ラブ、ロス&モナ」?

Ross: Well, we-we haven’t said that to each other yet, but I guess its okay to say it to other people.
 僕ら互いにそれ言い合ってないけど、でもよその人に言うのはいいんだよね。

Mona: How many did you want? I’m getting a hundred.
 あなたは何枚欲しい? 私は100枚頼むのよ。

Ross: A hundred?! Well, I-I guess I’ll take a−Mona, uh…I-I’m not sure about the whole uh, card thing.
 100枚? いや、僕は・・僕は・・モナ、この、カードのことどうかなって思うんだ。

Mona: Really? Why not?
 そうなの? どうして?

Ross: Sending out a holiday card, together, I mean I just don’t know if we’re really quite there yet.
 一緒にホリデーカードを送るって、ねえ、僕は、まだ僕らがそこまでいってるかどうかって思うんだよ。

Mona: You know, I didn’t think of it that way. You’re right. You’re right. So, can I ask you a question?
 ああ、そういうふうに考えてなかったわ。そうね。あなたの言う通りだわ。それじゃ、ちょっと聞いていい?

Ross: Yeah.
 うん。

Mona: Where are we?
 私達って、どういう関係?

Ross: Huh?
 は?

Mona: You know, like, where are we? Where is this relationship going?
 ほら・・私たちって、いまどういう間柄? この関係はこの先どうなるのかしら?

Ross: …Hmm…
 ・・うーん・・

Mona: I mean, I love spending time with you, you know, I just−I hope we’re moving forward. I mean, we should probably talk about that. Don’t you think?
 私、あなたと一緒にいるのはとっても好きだけど、私、先へ進めたらと思ってるけど。私達、そのことについて話すべきじゃないかしら。そう思わない?

Ross: … Let’s do the card!
 ・・・カードを送ろう!

Mona: What?
 え?

Ross: The card! I think we’re there!
 カードだよ! 僕らはそういう関係だよ!

Mona: Okay. I−But I think we should still have this conversation.
 いいわ。でも、この話はしなくちゃね。

Ross: Really?! I mean, even with the card?
 そう? カードを送るのに?

《産婦人科で診察台に座っているレイチェル》

Nurse: Hi!
 こんにちは!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Nurse: Just so you know, Dr. Long can’t be here today, she was called to the hospital, so Dr. Schiff will be seeing you.
 お知らせしておきますが、ドクター・ロングは今日来られないんですよ。病院へ呼ばれたんです。それで、ドクター・シフが診ますので。

Rachel: Oh, okay. Hey, can I ask you a question? Was it me, or-or was the guy who took my blood sample really cute? You know who I’m talking about, bowl haircut, hairy fingers…
 ああ、わかったわ。ねぇ、ちょっと聞いていい? 私だけかしら、それとも、私の採決した人、すっごくかわいくない? 誰のことかわかるかしら、マッシュルームカットで、毛深い指で・・(言いながら「私だけ」と気づくレイチェル)

(ドクターが来る)
Dr. Schiff: Hi, Rachel? I’m Dr. Schiff.
 ハイ、レイチェル? 僕はドクター・シフ。

Rachel: Yes, you are.
 ああ、そうなのね。

Dr. Schiff: So, how’s it going?
 それで、調子はどう?

Rachel: Oh, really, really good. But enough about me, come on! Where are you from? What do you do?
 ああ、本当に本当にいいわ。でも、私のことはもういいのよ、ね! あなたはどこから来てるの? 何をしてる人?

Dr. Schiff: I’m a doctor.
 僕はドクターだよ。

Rachel: Right! Right! I-I actually meant in your spare time, do you cook? Do you ski? Or do you just hang out with your wife or girlfriend?
 そうよ、そうよね! 本当に聞きたいおは、あなたの趣味としてってことよ。お料理はする? スキーは? それとも、奥さんかガールフレンドと一緒に過ごすの?

Dr. Schiff: Uh, I don’t have a wife or girlfriend, but I do like to ski.
 あー・・僕には妻もガールフレンドもいないよ。だけど、スキーは好きだよ。

Rachel: Oh, I love to ski! How amazing is this?!
 まあ、私スキー大好き! すごい驚きよね?

Dr. Schiff: So, are you experiencing any discomfort?
 それで・・気分が悪いようなことはないかな?

Rachel: No. I’m very comfortable.
 いいえ。私とっても気分がいいわ。

Dr. Schiff: Any painful gas?
 ガスでおなかが張るようなことは?

Rachel: No! Shoot, Dr. Schiff, what kind of question is that?!
 ヤダ、もう! ドクター・シフ、どんな質問なの、それ?

Dr. Schiff: Okay, then, would you like to lie down on the table?
 そっか・・それじゃ、横になってくれるかな?

Rachel: Well, would you like me to lie down on the table?
 そうね、私に横になってほしい?

Dr. Schiff: I’m sorry, is there something going on here?
 失礼、なにがどうなってるの?

Rachel: Do you feel it too?
 あたなもこれ感じる?

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Hi.
 ハーイ・・

Phoebe: Oh, hey! So, how did your doctor’s appointment go?
 あら、ハーイ! 検診はどうだった?

Rachel: Well, let’s see. Uh, they gave me “cute boy” doctor today and in the middle of the exam I put my pinky in his chin dimple.
 そうね、うーん。今日はキュートなドクターがやってきて、私、検診の最中に、彼の顎のくぼみに小指を当てちゃった。

Phoebe: Oh, my God.
 オーマイゴッド!

Monica: Why did you do that?
 なんでそんなことしたの?

Phoebe: Okay, remember that little problem I was having during my fourth month of pregnancy?
 ほら、私が妊娠4ヶ月だったころにちょっと困ったこと、覚えてない?

Monica: Oh, yeah, the Evander Holyfield phase. Oh, man, you were so hard up you practically came on to me.
 ああ、あれね。イべンダー・ホリフィールドの時ね。ああ、ほんと、あなたあの時本当に切羽詰まってて、私に迫ってきたくらいよね。

(be hard up = (お金などに)窮している・欠乏して困っている)

Phoebe: You wish.
 あり得ないわね。

Monica: Hey, I could’ve had you if I wanted you.
 ちょっと、私にその気があったら、私達できてたわよ。

Phoebe: Oh, yeah? Come and get it.
 あらそう? 来てゲットしてみなさいよ。

Rachel: Okay, even this is turning me on!
 ちょっと。この会話だけでも私そそられちゃうわよ!

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Oh, hey! Hey, Ross! Hey, how’s it, how’s it going with you and Mona? Are you guys still together?
 あら、ハーイ、ねぇ、ロス! どう? あなたとモナ、うまくいってる? あなた達今もつきあってるの?

Ross: Oh, yeah, yeah, we’re moving forward. You’ll be getting our card!
 ああ、うん。そうだよ。僕ら前に進んでる。君たち、僕らからのカードを受け取るよ!

Monica: You and Mona are doing a holiday card together?
 あなたとモナ、ホリデーカードを一緒に送るの?

Ross: Yeah, we’re not just doing a card! You know, she-she also wants to have the conversation about where the relationship is going.
 ああ。カードだけじゃないんだぞ! 彼女は、僕らの関係がどこへ向かっているのかなんていうことを話さないといけないんだ。

Phoebe: Ugh! Women!
 もうっ! 女ってのは!

Ross: I know! I know! Why do you guys need to have this conversation?! Huh? I mean no self-respecting man would ask a woman, "So, where is this going?"
 そうなんだよ! そう! どうして君たちはこういう話をしなきゃいけないの? え? 自尊心のある男は、女性に「それで、僕らどういう関係?」なんて聞かないよ。

Rachel: Uh Ross? You asked me that.
 ロス? あなた私にそれ聞いてきたじゃない。

Ross: Hey! You were a closed book! Okay? I’m not a mind reader! Besides, I hate those conversations. I’m horrible at them. Really! Maybe-maybe I need some kind of a gesture. You know, something that says we’re moving forward without having to talk about it.
 なんだよ! 君はわけのわからない人なんだよ! いい? 僕には読心術はできないよ。それに、僕はああいう話って嫌いだよ。そういうのすごく苦手なんだ。本当に! もしかして、何かして見せたらいいのかな。なにか、話をしなくても、関係が進展してるとわかるようなこと。

(closed book = 不可解なこと、得体の知れない人)

Monica: Like asking her to move in with you?
 一緒に暮らそうって言うとか?

Ross: Smaller than that.
 それよりささやかなことだよ。

Monica: Making her a mixed tape?
 お気に入りのミュージック・テープを贈るとか?

Ross: Uh, bigger than that.
 ああ、それより大きいことだよ。

Phoebe: Give her a key to your apartment.
 あなたの部屋の鍵を渡すとか。

Ross: Whoa-hello! We were closer with the mixed tape.
 うわっ。もしもし! それよりテープに近い方だよ。

Monica: All right. Have you said, "I love you”? You could say, I love you.
 いいわ、あなた、「愛してる」って言ったの? 」「愛してる」って言うってのもあるわよ。

Ross: Yeah, I-I don’t-I don’t think I’m quite there yet, but I could say I looove spending time with you.
 そうだな。僕、僕はまだそこに至ってるって言えないんだよね。でも、一緒に過ごすのは大好きだってことは言えるよ。

Phoebe: No, we hate that.
 ダメ。私達それ嫌いよ。

Monica: That is a slap in the face.
 それはピシャリと頬叩かれる感じね。

Ross: Forget it. I-I−You know what? I’ll just have the conversation. I’ll just say I like things the way they are, and hope for the best. What do you think, Rach?
 もういいよ。僕・・もうその話をするよ。このままがいいって言って、それでいい結果になることを願うよ。どう思う、レイチ?

Rachel: I think, if it was a little colder in here I could see your nipples through that sweater.
 そうね、もしここがもうちょっと寒かったら、セーター越しにあなたの乳首が見えると思うわ。

《チャンドラーのオフィス:ダグが来る》

Doug: Bing! We’re all set for tonight, 8 o’clock.
 ビング! 準備ができたぞ。今夜8時だ。

Chandler: Oh, uh, as it turns out, we can’t do it. Monica has to work.
 ああ、それがですね、僕らは行けないんですよ。モニカに仕事が入って。

Doug: Oh, my ex-wife didn’t work, unless you call turning into her mother work. Fine. Tomorrow night then.
 ああ、俺の元妻は働いてなかったからな。彼女の母親に似てくることを仕事っていうなら別だがな。いいさ、それじゃ明日の夜だ。

Chandler: Oh, uh well, tomorrow’s no good for her either.
 ああ、それが、明日の夜も彼女ダメなんですよ。

Doug: Oh? Why not?
 んん? なんで?

Chandler: It’s the semi-finals…of her…bocce ball tournament.
 ボッチェゲームトーナメントの準決勝で・・。

Doug: What’s going on, Bing? Does uh, your wife have a problem with me or something?
 どうしたんだ、ビング? 君の奥さん、俺に会いたくないか何かなのか?

Chandler: Well, now-now you’re just talking crazy.
 いやいや、おかしなことをおっしゃる。

Doug: So why can’t the three of us go out together?
 じゃあなんで3人で出かけられない?

Chandler: Because uh…we-we…we split up. Monica and I split up. Hold me.
 それは・・俺たち、別れてしまって。モニカと俺、別れたんですよ。抱いて。

Doug: Good God, Bing. I…well I can’t say I’m altogether surprised, I saw the way she looked at you, and there was no love there. And the way she looked at me, pure lust.
 そうだったのか、ビング。いや、まったくの驚きだっていうわけでもないぞ。彼女が君を見る目、愛がなかった。そして俺を見るときには、激しい欲情があった。

Chandler: You know what would really help me through this tough time is choking something. Can I choke ya?
 このつらい時を乗り切るには、誰かの首をしめるのがいいんだ。首しめていい?

Doug: Bing, my boy, we’re gonna get you over this. Now here’s the plan, grab your coat, we’re going to a strip club.
 ビング、な、一緒にこれを乗り越えよう。こういうのはどうだ、コートを取ってこい、ストリップクラブに行くぞ。

Chandler: Oh, no-no-no, Monica would freak. . But to hell with that bitch.
 あぁ、ダメダメ。モニカが激怒・・でもそれがなんだ、あんなクソ女。

《セントラルパーク》

Ross: Here we go. Mona, I think it’s time we-we had a conversation about-about where things are with us.
 (コーヒーを渡す)はいどうぞ。モナ、僕らの今の関係について、話し合う時だと思うんだよね。

Mona: Yeah, I-I think I suggested that.
 ええ、私がそう言ったのよ。

Ross: Aw, we-we are so. . . So umm, well, I really like you and I-I love umm, you know, hanging out with you. And I’m having a lot of fun.
 僕たち、ほんとうに・・(交互に指差し、つながってるというジェスチャー)いや、僕は本当に・・その・・君と一緒にいるのが好きだ。本当に楽しいよ。

Mona: Okay.
 そう。

Ross: I mean, there’s no point in spending time with someone if-if it’s just fun. It’s gotta be, it’s gotta be going somewhere, right? So where-where is it going? … Ah! That’s-that’s the real question. And-and the answer is…is it’s going somewhere…fun. Now I-I know what you’re thinking, fun was fine for you like ten years ago you know, but you’re-you’re not getting any younger. No, I mean−No, not you, not you, you−you are getting younger. I mean−you-you look like you’re getting younger by the second−What’s your secret?
 楽しいだけでは、誰かと一緒に過ごす意味もないよね。どこか・・どこかへ向かってるんでないと、ね? それで、どこへ向かっているんだろうね? ああ! それこそが本当の疑問だよね。そしてその答えは、どこか、楽しいところへ向かっているってことだ。今君はこう思っているよね、楽しいのは10年前だったらいいけど、でもこれから若っていきはしない。いや、いやいや、そういうことじゃなくて、君は若返ってるよね。君は、毎秒若返ってるよね。秘訣はなに?

Mona: I’m sorry, so umm, so where are we?
 悪いけど、それで、私達の関係は?

Ross: Well, well, to sum up, we’re having fun, you look young.
 そうだね、つまるところ、僕らは楽しんでて、君は若く見える。

Mona: Okay…
 それで・・・

Ross: But that’s not enough. So… So…here’s a key to my apartment.
 でもそれだけじゃ足りない。それで・・だから・・これ、僕の部屋の鍵だ!(差し出す)

Mona: Really?!
 本当に?!

Ross: Really.
 本当。

Mona: You don’t think this is too fast.
 まだこの段階じゃないとは思わないのね。

《ジョーイ達の部屋》

Rachel: You gave her a key to your apartment?!
 彼女に部屋の鍵をあげちゃった?!

Ross: Not just a key, I gave her the only key! I am now a homeless person in a very serious relationship.
 ただの鍵じゃない。たった一つしかない鍵をあげちゃったんだ! 僕はいまや、すっごい真剣なつきあいをしているホームレスだよ。

(フィービーが男性を連れて入ってくる)
Phoebe: Hey. Ooh Ross! How’d the conversation go?
 ハーイ。あら、ロス! あのお話はどうなった?

Ross: Oh, great, I live on the street.
 ああ、最高だよ。僕はストリート暮らしだ。

Phoebe: Where?!
 どこ?(ロスは出て行く)

Rachel: Hey!
 ハーイ。

Phoebe: Hi! Okay, Monica, Rachel, this is my friend, Roger.
 ハーイ。モニカ、レイチェル、こちら私の友達のロジャー。

Monica&Rachel: Hi, Roger.
 ハーイ、ロジャー。

Phoebe: So umm, I’m gonna get us some drinks. . . Would you help me out?
 それじゃ・・私、飲み物用意するわね。(レイチェルに)手伝ってくれる?

Rachel: Yeah.
 ええ。(2人キッチンへ)

Phoebe: Umm, he’s here to have sex with you.
 あのね、彼、あなたとセックスするために来たのよ。

Rachel: What?
 えっ?

Phoebe: You’re welcome.
 いいのよ。

Rachel: Phoebe, no!
 フィービー! いやよ!

Phoebe: It’s okay, he’s a virgin.
 大丈夫、彼は童貞なの。

Monica: Rachel, I was just talking to this guy and I think he’ll have sex with you.
 (キッチンへ来て)レイチェル、この人と話したんだけど、彼、あなたとセックスするつもりよ。

Phoebe: Yeah, okay, let’s leave these two alone.
 そうよ。それじゃ、2人にしてあげましょ。

Rachel: No! I do not care what my hormones are doing, I am not going to just do it with some random guy!
 ダメよ! 私もホルモンがどうなっていようと、適当に誰とでもやったりしないわよ!

Phoebe: Fine! Then you tell Roger because he was really looking forward to this!
 わかったわよ! じゃ、自分でロジャーに言ってよね。彼はすごく楽しみにしてたんだから!(出て行く)

《ストリップクラブ》

Doug: Oh, Bing, look at those twin sisters dancing together. Let me buy you a lap dance with those girls. Huh?
 ああ、ビング、あの双子が一緒に踊るとこ見ろよ。あの子達、おまえにラップダンスさせてやろうか?

Chandler: Oh, that’s all right sir, and that’s just one girl.
 ああ、いいですよ。それに、あれは1人ですよ。

Doug: Bing−What’s this?!
 ビング・・これは何だ?(チャンドラーの手を取る)

Chandler: It’s a hand. It’s a thing you use as a Jack and Coke holder.
 それは手です。あなたがコーラ割りのホルダーに使った手ですよ。

jack_daniels_coke-310x206.jpg
(Jack = Jack Daniel’s)

Doug: No, it’s a wedding ring. You gotta get rid of it. We’re gonna go to the East River right now and throw it in there!
 いや、それは結婚指輪じゃないか。そんなのは捨ててしまえ。今すぐイーストリバーへ行って、投げてしまおう!
スクリーンショット 2013-11-07 16.14.47.png
(East River = ニューヨーク市を流れる海峡)

Chandler: Oh, no-no-no!
 ああ、ダメダメ!

Doug: Oh, yeah-yeah-yeah, you know I did it and I felt a hell of a lot better and if you whip it just right you might hit a seagull in the head.
 いや、いや、そうするぞ。俺もそうしたけど、随分気分がよくなったんだ。それにうまくやったら、カモメの頭に当てられるかもしれんぞ。

《ロスの部屋:鍵屋さんが鍵をつけかえたところ》

Ross: Okay, and Oh, I’m gonna need a bunch of extra keys. Apparently I give them away for no reason at all.
 いいね、あ、それと、予備の鍵がたくさん欲しいんです。僕、理由もなく人にあげちゃうみたいで。

(モナが来る)
Mona: Hey, Ross, what’s going on? You changing the lock?
 あら、ロス、何をしてるの? 鍵を替えてるの?

Ross: No. That guy is.
 いいや。この人がやってる。

Mona: I don’t understand. You-you give me a key to your apartment and then you change the lock.
 わからないわ。あなた、部屋の鍵をくれておいて、そして鍵を替えてるなんて。

Locksmith: Good luck, buddy.
 頑張って。(出て行く)

Mona: Umm, I-I thought we were moving forward and now you’re-you’re sending me all these mixed signals. What are you trying to tell me?
 私達、関係を進めたかと思ったら、今度はこんな逆のことされて。何が言いたいの?

Ross: I’m trying to tell you I made you a mix tape.
 僕が言いたいのは・・僕、君のためにミュージックテープを作ったんだよ。

Mona: What?
 え?

Ross: I love you!
 愛してる!

Mona: Ohh! . . . And I love spending time with you.
 ああ!(ハグ)私はあなたと過ごすのが大好きよ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが帰る》

Chandler: Hi, honey. I’m home.
 やぁ、ハニー。ただいま。

Monica: From the tequila factory?
 テキーラ工場行ってきた?

Chandler: It was awful. To get out of going to dinner with Doug, I told him that you and I split up. So then he took me to all these strip clubs and sleazy bars, and then when I wouldn’t give him my wedding ring, he threw a soda can at a bird!
 ひどいもんだったよ。ダグと一緒に食事に行かずに済ませるために、君と別れたって言ったんだ。そうしたら彼は俺をストリップクラブや安っぽいバーとか連れて歩いてさ。そして俺が結婚指輪を渡さなかったもんだから、彼はソーダーの缶を鳥に投げつけてたよ。

Monica: Come here. I can breath through my mouth.
 来て。口で息するわ。(ハグ)

Chandler: You know what the worse part was? I got to see what my life would be like without you. It was like It’s a Wonderful Life with lap dances. Please promise me that you will never leave me, that we will grow old together, and be with each other for the rest of our lives.
 最悪だったのは何だと思う? 君がいなかったらどんなふうかって思い知らされたよ。ラップダンス付きの「素晴らしき哉、人生!」って感じだ。約束してくれ。絶対に俺のそばにいてくれるって。一緒に年を取る、今後の人生ずっと一緒って。

(It’s a Wonderful Life = 素晴らしき哉、人生!)

Monica: I promise. Hey, speaking of together, how about we send out a holiday card this year?
 約束するわ。ねぇ、一緒って言えば、ホリデーカードを一緒に送るってのはどう?

Chandler: Ooh, I don’t know if we’re there yet.
 うー、それはまだ早いんじゃないかなぁ。

《ジョーイ達の部屋:レイチェル電話中》

Rachel: Yes. Hi, I’d like to order a pizza. Okay, can I ask you a question? Is-is the cute blond guy delivering tonight? Very Abercrombie & Fitch. (Joey enters.) I’ll call you back.
 はい、どうも。ピザを注文したいんだけど。ねぇ、聞いていいかしら? 今夜の配達は、かわいいブロンドの男の子? アバクロ!って感じの人。(ジョーイが来る)かけ直すわ。(電話を切る)

Joey: Who was that?
 誰だったの?

Rachel: It’s just the pizza place.
 ピザ屋さんよ。

Joey: You hung up on the pizza place? I don’t hang up on your friends.
 ピザ屋との電話を切っちゃったのか? 俺は君の友達からの電話を切っちゃわないぞ。

Rachel: Sorry, honey, I’m just having a, having a rough day.
 ごめんなさい。ちょっと私、大変なのよ。

Joey: Oh, what’s wrong?
 なんだ、どうしたんだ?

Rachel: Oh, you really, you really just don’t want to hear about it.
 ああ、いえ、あなた、こんなこと聞かなくていいのよ。

Joey: Then why did I ask?
 俺が聞いてるのに?

Rachel: Okay, it’s just−and this is really embarrassing−but lately with this whole pregnancy thing I’m just finding myself. . How do I put this? Umm, erotically charged.
 わかったわ。これはただ・・すごく恥ずかしいんだけど・・最近、この妊娠のせいで、私こんなふうに・・。なんて言ったらいいのかしら? エロティックにみなぎっちゃって。

Joey: Is that college talk for “horny”?
 それって「やりたい」を大学生風に言ってるのか?

Rachel: Yeah. So you know, I have all of these feelings and I don’t know what to do about them, because I can’t date like a normal person, which is fine because I don’t need a relationship, I mean all I really want is one great night. Just sex, you know? No strings attached, no relationship, just with someone that I feel comfortable with and who knows what he’s doing. For just one great night, I mean is that really so…hard…to find. . . . So how was your day?
 そうよ。それでね、この感じをどうしたらいいかわからなくて。だって、普通の人とデートできないじゃない。私そういう関係を求めてないから、いいんだけどね、だけどただ、素敵な一夜が欲しいのよ。ただセックスなの。何のしがらみもなく、関係もなく、ただくつろげて、何をしてるのかわかってる人よ。素敵な一夜、それが、すっごく・・難しい・・のよ・・(見つめ合う)それで、今日はどうだった?

Joey: Good, I uh, I saw a pretty big pigeon.
 いいよ。俺、えーと・・すごいデカい鳩を見たよ。

Rachel: Well, I gotta get up early and it’s almost seven o’clock.
 私、早起きしなきゃいけないのよね。それにもう(時計を見る)7時だわ。

Joey: Yeah, I gotta, I gotta go to my room too.
 ああ、ああ、俺も部屋に行かなきゃ。

Rachel: Okay, good night!
 そう、おやすみ!

Joey: Good night.
 おやすみ。(2人とも寝室に入る)

(少したって出てくるジョーイ)

Joey: I can’t do it!
 俺にはできないよ!

Rachel: I didn’t ask you to do it!
 (出てきて)私も頼んでないわよ!

Joey: You’re Rachel!
 君はレイチェルだ!

Rachel: You’re Joey!
 あなたはジョーイよ!

Joey: You’re my friend!
 君は友達だ!

Rachel: Right back at ya!
 そっちこそ!

Joey: But plus, it would be wrong and weird and-and-and bad.
 それに、そんなの間違ってるし、変だし、それに、それに、それに、悪い。

Rachel: And so bad. I don’t even know what you’re talking about because I didn’t ask you to do anything!
 すごく悪い。あなたが何を言ってるのかさえわからないわよ、私何も頼んでないんだから!

Joey: I know! . . . . You wanna do it?
 わかってるよ!(沈黙)したい?

Rachel: No!
 いいえ!

Joey: Ah, me neither! I was just testing you!
 俺もだよ! 今のは、ただ君を試したんだ!

Rachel: That’s the end of this conversation!
 この話はもう終わりよ!

Joey: This conversation never happened!
 こんな話はなかった!

Rachel: Never happened! Good night!
 なかった! おやすみ!

Joey: Good night!
 おやすみ!

(2人とも寝室に戻るが、やがてレイチェルが顔をのぞかせる)

Joey: Get back in there!
 (寝室から声のみ)戻ってろ!

《ジョーイ達の部屋:レイチェル1人。フィービーが来る》

Phoebe: Hi. Listen, I’m sorry about that whole thing with Roger. It really wasn’t right, and I, and I want to make it up to you, so umm, I brought you something that I think you’ll really enjoy. Okay. . . . Now, this is just a loan, okay? I’m gonna, I’m gonna want him back. So… I’m gonna go now. . . I’m sorry, I thought I could do it and I can’t!
(She grabs the cutout and exits for good.)
 ハーイ、ねぇ、ロジャーのこと、悪かったわ。あんなの間違ってたわよね。それで、つぐないたくて、だから、あなたがすごく楽しめるもの持ってきたわ。ね。(出て行き、イべンダー・ホリフィールドの実物大ボードを持ってくる)でも、これは貸すだけだからね。返してほしいから。それじゃ・・もう行くわね。(出て行き、戻ってきて)ごめん。できると思ったけど、やっぱり無理!(ボードを持って出て行く)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:54| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。