2013年11月08日

8-10 The One With Monica’s Boots

8-10 モニカのブーツの話

 ☆モニカのブーツ☆

《モニカ達の部屋:モニカが新しいブーツを履いているところにチャンドラーが来る》

Monica: Hey! So what do you think?
 おかえり! これどう思う?

Chandler: New haircut? .. Necklace? .. Dress? . . Boots? . . . Boots!
 髪切った?(首を振るモニカ)ネックレス?(違う)ドレス? (違う)ブーツ?(頷く)ブーツ!

Monica: Yes! Now, they’re a little more than I normally spend on boots…or rent.
 そう! それがね、ちょっとこれは高いのよね・・普段買うブーツより・・家賃より。

Chandler: Oh, my God!
 (レシートを見せる)オーマイゴッド!

Monica: I know.
 そうなの。

Chandler: I’m gonna miss being able to afford food.
 食べ物が買える日々を懐かしく思うんだろうな。

Monica: I’m sorry, they just, they just look so good! And the saleswoman was looking at me like, "Oh, these are way too expensive for you."
 ごめんね。でも、とにかく素敵なんだもの! それに、販売員の女の子が、私のこと、「あら、それはあなたには高すぎるでしょ」なんていう目で見るのよ。

Chandler: She had a point.
 (レシートを見せて)その人正しい。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica: Hey.
 ハーイ。

Rachel: Oh, my God! Oh, Monica! Those boots are amazing!
 オーマイゴッド! ああ!モニカ! なんて素敵なブーツなの!

Monica: They’re mine!
 私のよ!

Chandler: Yeah, well, too bad we’re gonna have to return them.
 ああ、だけど、残念だけど、返さなきゃだめだよ。

Rachel: Return them?! Shh! They’re gonna hear you!
 返すですって? シーッ! ブーツに聞こえる!

Monica: Honey, I’m not returning them. Okay? I mean I-I know they cost a lot, but I’m going to wear them all the time. You’ll see. Besides, I love the compliments. I mean, have you ever had something so beautiful everyone wanted it?
 ねぇ、返さないわよ、いい? 高いのはわかってるけど、でも、いつも履くから元は取れるわよ。それに、褒められて嬉しいんだもの。あなた、みんなが欲しがるような美しいもの持ったことある?

Chandler: I have you.
 君がいるよ。

Monica: Nice try. I’m keeping the boots.
 よく言った。ブーツは手放さないわよ。

《セントラルパーク:レイチェルのおなかに話しかけるロス》

Ross: That’s right, I love you! And-and I’m gonna play with you all the time.
 そうだよ、愛してるよ! それに、いつも遊んであげるからね!

Phoebe: How can you let him talk to your crotch like that?
 (レイチェルに)あなた、彼が股間に向かって話しかけてても平気なの?

Rachel: … He’s talking to the baby.
 ・・彼、赤ちゃんに話しかけてるのよ。

Phoebe: Ohh! Okay! Okay, cause when-when he said, "I can’t wait to hear your first words," I thought, "There’s a trick."
 ああ! そうか、そうなのね。彼が「君が初めて言葉を話す日が待ちきれないよ」って言った時、「そんなコツがあるのね」とか思ったわ。

Rachel: Okay. Well, I gotta go you guys. I’ll see you later.
 さあ、私もう行かなくちゃ。またね。

Phoebe: Okay.
 ええ。

Ross: Bye.
 バーイ。

Rachel: Bye.
 バーイ。(出て行こうとすると入ってくるジョーイに出会う)

Joey: Oh, hey, Rach, listen−Hi!
 あ、やぁ、レイチ、聞いて。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Joey: Umm, can you do me a favor? I was talking to my sister and she knows you work at Ralph Lauren…
 ねえ、頼みがあるんだけどいい? 妹と話していたんだけど、彼女君がラルフローレンで働いてるって知って・・

Rachel: No, forget it! No way! I am not sending anymore Ralph Lauren clothes to prison. It is a waste.
 ダメよ、無理。いやよ。もう刑務所にラルフローレンの服を送らないわよ。無駄だもの。

Joey: No-no-no-no-no-no, not her, not her. My youngest sister, Dina, she’s really interested in fashion, and she wants to talk to someone successful, you know, to give her some advice.
 いやいやいやいや違う、あの妹じゃないよ。一番下の妹のディナだ。彼女、ファッションにすごく興味があって、成功している人と話したいっていうんだ。何かアドバイスがほしいって。

Rachel: I guess I can talk to one of my supervisors…
 だれか私の上司に頼んでみてもいいかも・・

Joey: Oh, no-no-no-no, she wants to talk to you!
 いや、違う違う。彼女は、君と話したいっていうんだよ。

Rachel: Really?! Oh, my God! I’m successful.
 ほんと? まぁ驚いた・・私成功してるのね。

Joey: Okay, so will you meet with her?
 それじゃ、彼女と会ってくれる?

Rachel: Yes! I’d love to! Have her come by the office.
 ええ! 喜んで! オフィスに来てもらって。

Joey: Great! Thanks! You’re gonna love her so much. And−Oh, she’s the smartest of all the Tribbiani children. Hey, you know the S.A.T’s?
 よかった! ありがと! 彼女のこときっとすごく気に入るよ。それにあの子はトリビアーニッ子の中で一番かしこいんだ。SATってあるだろ?

(SAT = Scholastic Assessment Test = 大学進学適正試験)

Rachel: Yeah.
 ええ。

Joey: She took them!
 あれを受けたんだ!
(レイチェルは出て行きジョーイはカウンターへ行く)

Phoebe: Hey, Ross! Doesn’t Ben go to the Smithfield Day School?
 ねぇ、ロス、ベンって、スミスフィールド小学校に行ってるの?

Ross: Yeah. Why?
 そうだよ。どうして?

Phoebe: Sting has a son that goes there too!
 スティングの息子もそこに行ってるのよ!

Ross: Yeah, I know, he’s in Ben’s class.
 ああ、そうだよ。彼、ベンと同じクラスだよ。

Phoebe: You knew this and you never said anything?! With all the stupid dinosaur stuff you tell us?!
 あなたそれを知ってて何も言わないでいたの? あんなバカみたいな恐竜の話をいつもしてるくせに?

Ross: Fine! No more dinosaur stuff! …Can I talk about fossils?
 わかったよ! もう恐竜の話はしないよ! ・・・化石の話ならいい?

(ちょうどこの時ジョーイが座ろうとしたが、化石と聞いて立ち去る)

Phoebe: Sting’s son, seven years old and there’s a picture.
 スティングの息子、7歳。写真もあるわ。

Ross: What are you reading? The Kidnappers Guide to Manhattan Private Schools?
 何を読んでるの? マンハッタンの私立学校の子供誘拐ガイドブック?

Phoebe: No, it’s New York magazine. It’s an article about the best schools in the city. So how well do you know Sting?
 違うわよ、ニューヨークって雑誌よ。市でもいい学校に関する記事なの。それで、スティングのことはどれくらい知ってるの?

Ross: Uh, I actually haven’t even met him.
 実は会ったことないんだ。

Phoebe: Uh-huh, yeah, that’s too bad. I really want to go to his concert Friday night, but it’s totally sold out. I know! Why don’t you meet him and get tickets?! If you get two I’ll take you.
 そうなの。それは残念ね。金曜日の夜のコンサートにすっごく行きたいんだけど、チケットが売り切れなのよ。そうだ! あなた彼に会って、チケットもらってきてよ。2枚貰ってきたら、あなた連れてってあげる。

Ross: Well, actually, I’m picking Ben up tomorrow, maybe he’ll be there.
 実は、明日ベンを迎えに行く事になってるから、彼に会えるかもね。

Phoebe: There you go! Oh, you are so lucky! You might actually get to meet Sting tomorrow! That’s why you have kids!
 ほらね! ああ! あなたって本当についてるわね。あなた明日スティングに会えるかもしれないのよ! それであなた子供がいるのね。

《セントラルパーク、翌日:モニカが来る》

Monica: Hey, guys!
 ハーイ、みんな!

Chandler: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hi, Monica! Hi, boots.
 ハーイ、モニカ! ハーイ、ブーツ!

Monica: See, Chandler? I’m getting a lot of use out of them already! They’re very practical. See, you can wear them with dresses, with skirts, with pants…
 ほらね、チャンドラー。もういっぱい履いてるわよ。これとっても実用的よ。ほらね、ドレスにも、スカートにも、ズボンでも合うし・・

Chandler: Wear them with shorts on a street corner and earn the money to pay for them.
 下着だけでそれ履いて角に立って、それ買ったお金かせいで。(カウンターへ行く)

Phoebe: Wow! They’re beautiful!
 ああ、それすごい素敵ね!

Rachel: Ahh…
 ああ。

Monica: They hurt so much!
 これすっごい痛いのよ!

Phoebe: What?!
 えっ?

Monica: The guy who made these hates feet and wants to see them die!
 これを作った人、足を嫌ってて、死んでほしいんだわ!

Rachel: Well-well, you can give them to me! I haven’t felt my feet in years!
 それじゃ、私にちょうだい! 私、もうずっと足の感覚ないから!

Monica: I can’t! I spent so much money on them and I told Chandler that I’d wear them all the time, I just can’t give them away!
 それはできないわ! すごい高かったし、チャンドラーにいつも履くって言っちゃったんだもの。ただあげちゃうなんてできないわ。

Phoebe: Well then get your money back and return them!
 それじゃ返品してお金返してもらったら。

Monica: I can’t do that either! The soles’ are already a little scuffed up and the insides are filled with my blood.
 それもできないのよ! 踵はもうすり減っちゃったし、中は私の血まみれよ。

Rachel: Oh.
 まぁ。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Ross: Hey, I uh just picked up Ben from school…
 やぁ、今学校にベンを迎えに行ってきたんだ。

Chandler: I don’t think you did a very thorough job!
 (ベンがいないので)おまえちゃんとそれできてないぞ!

Ross: I dropped him off at Carol’s. Anyway, it turns out that I’m not gonna get those tickets though.
 キャロルのところに連れてったんだよ。(フィービーに)ところで、あのチケットはもらえないよ。

Phoebe: Oh, no! Why not?
 あらヤダ! どうして?

Ross: Well, it turns out that Ben and Sting’s son do not get along.
 ベンと、スティングの息子とは仲が悪いってことがわかったんだ。

Phoebe: How come?!
 どうして?

Ross: Apparently, Sting’s son made fun of the fact that Ben’s moms are lesbinims.
 スティングの息子がベンのおかあさん達のレズビニズムを笑ったらしい。

Phoebe: Wait! But Ross, if they don’t get along then you should smooth things over. Make them be friends.
 待ってよ、でもロス、もし2人がうまくいってないなら、あなたがなんとかしてあげないと。仲良くさせてあげなさいよ。

Ross: Phoebe, you can’t force kids to be friends.
 フィービー、子供達を無理矢理仲良くさせるなんてできないよ。

Phoebe: Sure you can! Give them some blocks, put them in a playpen!
 できるじゃん! ブロックを持たせて、一緒にベビーサークルに入れればいいのよ。

Ross: Playpen?! Ben’s seven!
 ベビーサークル? ベンは7歳だぞ。

Phoebe: Your kid is seven?! . . He’s really small. . Please! Please get the tickets!
 あの子7歳?(他のみんなの方を向いて)あの子ちっちゃいよね。(ロスに)お願い! お願いだからチケット手に入れてきて!

Ross: Look, I’m sorry, Pheebs, I just can’t do it.
 ごめんよ、フィーブス、できないよ。

Phoebe: Yes, you can! Sting says so himself!
 いいえ、できるわよ! スティング自身がそう言ってるわ!

Ross: What?
 え?

Phoebe: Ross can!
 (歌う)ロース キャーン!

(Ross can = Roxanne という歌の中で 「ロークサーヌ!」 と歌う部分の替え歌)


Ross: Look, Phoebe, I’m sorry it’s just…
 ねぇ、フィービー、悪いけど、これは・・

Phoebe: Ross can!
 (歌う)ロース キャーン!

Ross: Phoebe, I…
 フィービー、僕は・・

Phoebe: Ross can! Give me the tickets! Ross can give me the tickets!!
 ロス キャン! ギブ ミー ザ チケット! ロス キャン ギブ ミー ザ チケット!(ロスは出て行く)

《レイチェルのオフィス:ジョーイが妹を連れてくる》

Joey: Here she is! Future fashion superstar!
 連れてきたよ! 未来のファッション・スーパースターだ!

Rachel: Oh, Joey, I’m hardly a…
 まぁ、ジョーイ、私なんてそんな・・

Joey: My little sister, Dina!
 俺の妹のディナ!

Rachel: Right! Hi, Dina!
 そうか。ハーイ、ディナ!

Dina: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Nice to meet you.
 よく来てくれたわ。(握手)

Dina: Thanks so much for meetin’ with me. Joey’s told me so much about you!
 会ってくださってありがとう。ジョーイからいろいろお話聞いてます。

Joey: This is so exciting for her. Well, I’ll let you two fash…ists get down to business.
 彼女本当に喜んでるんだよ。じゃあ、君たちファッションの・・子達2人で話をして。(帰る)

Rachel: Okay. All right, Dina, well, let’s talk about the different areas of fashion that you could get involved in. Let’s see, there’s design, but you may need a whole other degree for that. Uh, there’s-there’s sales, which is great because you get to travel…
 ええ、わかったわ。ディナ、私の関係しているファッションのいろんな分野についてお話するわね。そうね、デザインがあるわね。でもそれだとそのための勉強が必要になってくるわね。それから、セールス部門があって、これはあちこち旅行ができていいわね・・

Dina: I…I don’t care about fashion! I’m pregnant! And I know you are too, so you gotta help me!
 ファッションなんてどうでもいいの! 私妊娠しちゃったの! そして、あなたもそうだって聞いたわ。だから、助けて!

Rachel: And there’s marketing…
 それからマーケティングが・・

《モニカ達の部屋の前:スニーカーを脱いでブーツを履く》

Monica: Ahhhhhhhh!
 (痛くて)あああ!!

Chandler: What’s wrong?
 (ドアを開けて)どうかしたの?

Monica: Oh, nothing. I’m just−just was yawning.
 何でもないわよ。ただ、ただアクビしただけ。

Chandler: Oh, don’t forget, my office holiday party is tonight.
 そう、忘れないでくれよ、今日はうちの会社のホリデー・パーティだからね。(2人部屋に入る)

Monica: Honey, we don’t really have to go to this thing tonight, do we?
 ねぇ、私達、本当に行かなくちゃいけないのかしら?

Chandler: Now sweetie, I know you don’t like my office parties, but you can wear your new boots. See? Every cloud has a…supple leather lining.
 だけどね、うちの会社のパーティが好きじゃないってのは知ってるけどさ、でも、君、新しいブーツはいていけるだろ、ね? どんな雲も、向こうからは光が・・しなやかな革が見えるんだよ。

(Every cloud has a silver lining = どんな暗雲でもその向こうには太陽が照っている。不幸に思えることにも幸いが隠れているということ)

Monica: I-I don’t-I don’t think that I’m gonna wear the boots tonight.
 でも・・でも、今夜はブーツを履かないつもりなの。

Chandler: Why not?
 なんで?

Monica: Well, you know, I’m just-I’m just worried that bosses will see them and think they pay you too much money. Or! Or your assistant will see them and-and want a raise!
 だってね、ほら・・あなたの上司がブーツを見たら、あなたのお給料が高すぎるかなと思っちゃったら困るもの。それか、あなたのアシスタントが見たら、昇給してくれって言ってくるかも!

Chandler: Do you think I work at some kind of boot pricing company?
 君、俺の会社の人達にブーツの値段がわかると思うのか?

Monica: Anyway, I picked up this outfit that I want to wear and the, and the boots don’t really go with it.
 とにかく、着ていく服は決めたんだけど、でもそれにはブーツは合わないのよ。

Chandler: You said that you paid all that money because those boots go with skirts, dresses, and pants!
 君、そのブーツはスカートにもドレスにもズボンでも合うから買ったって言ったじゃないか。

Monica: Fine! If you want me to wear the boots, I’ll wear the boots. In fact, I’ll go into my room right now and, you know, try the outfit on.
 わかったわよ! ブーツを履いてほしいっていうなら、履いて行くわよ。今すぐ部屋へ行って、着替えてくるから。

Chandler: Okay.
 よし。

Monica: Okay?(部屋へ向かう) Ooo wee! Christmas party in my boots!
 いい? ワーイ! ブーツでクリスマス・パーティよ!

《ジョーイの部屋の前:レイチェルがディナを連れてくる》

Dina: I-I can’t go in there. I can’t tell him!
 やっぱり入れない。言えないわ!

Rachel: Honey, it’s going to be okay. He’s been incredibly supportive of me, and if he gets a little upset, that’s what the meatball sub is for.
 ねぇ、大丈夫よ。私のことすごく応援してくれてるし、もしちょっと怒ったりしたら、その時のためのミートボールサンドがあるでしょ。(サンドイッチを渡す)

sub.jpg
(sub = Submarine sandwich,潜水艦のような形のサンドイッチ)

Dina: Thank you.
 ありがとう。

Rachel: Okay.
 行くわよ。(部屋へ入る)

Joey: Hey! It’s my fashion girls! . . . What’s wrong?
 やぁ! ファッションガール達が来たな! (2人が渋い顔をする)どうかしたのか?

Rachel: Honey, why don’t you sit down? Dina has something that she wants to tell you.
 ねぇ、座って。ディナからあなたに、話があるの。

Joey: Oh. What’s, what’s going on? Is it mom? Is she sick? Is it dad’s heart? Is that a sandwich?
 ああ・・なに、どうかしたのか? ママか? 病気なのか? おやじの心臓か? それはサンドイッチか?

Dina: Joe, mom and dad are fine…
 ジョー、ママもパパも元気よ・・

Joey: Is that a sandwich?!
 それはサンドイッチなのか?!

Rachel: Joey…there’s something that you should know. Dina?
 ジョーイ、あなたに知らせておきたいことがあるのよ。ディナ?

Dina: I’m pregnant.
 私、妊娠したの。

Joey: What?!
 なにっ?!

Rachel: Now! Give him the sandwich! Give him the sandwich!
 (ディナに)今よ! サンドイッチあげて! サンドイッチあげて!

Joey: Well, obviously this is a mistake! You can’t be pregnant! Because you have to have sex to get pregnant!
 いや、これは間違いに違いない。妊娠なんてするわけないだろう。妊娠するには、セックスしなきゃいけないんだぞ。

Dina: Joe, I tried to wait until I was 25, like you did!
 ジョー、私も25歳になるまではしないと思ってたのよ、あなたみたいに!

Rachel: What?! Dina…
 なんですって?! ディナ・・

Joey: Bub!!! . . I can’t believe this! You’re the good one! You went to college! Both years! Who did this to you?!
 バーッ!(レイチェルを止める。ディナに)信じられないぞ! おまえはできのいい子だのに! おまえ大学も行ったじゃないか! 2年も! 相手は誰だ?!

Dina: Bobby Corso, but he’s a real nice guy. I like him a lot. He’s real funny.
 ボビー・コルソっていうの。だけど彼はいい人よ。彼が大好きなの。彼、本当におもしろいのよ。

Joey: You got pregnant for funny?! Dina…if he’s funny, laugh! All right, I’ll be back in a little while! You stay here!
 おもしろいからって妊娠したのか? ディナ、もしおもしろいなら、笑え! よし、俺はちょっと出てくる。おまえはここにいろ!

Dina: Why? Where are you going?
 どうして? どこへ行くの?

Joey: I can’t look at you right now!
 今はおまえの顔を見られないんだよ!

Dina: Wow.
 まぁ・・。

Rachel: I know.
 そうなのね。
(一旦部屋を出たジョーイは目を覆って戻ってきてサンドイッチを取って出て行く)

《ベンの学校:フィービーが来る》

Phoebe: Oh, there you are, Ben!
 あら、ここにいたわね、ベン!

Ben: Aunt Phoebe, what are you doing here?
 フィービーおばちゃん、どうしたの?

Phoebe: Well, I heard you’re having a problem with one of the boys in your class. And so I thought I would just come down here and sit you both down, have a little talk and make it all okay. Now umm, the boy’s name is Sting’s son.
 あなたがクラスの男の子とうまくいってないって聞いたのよ。それで、あなた達2人と一緒に座ってお話しして、仲良くなれないかなと思って来たのよ。その子の名前は、スティングの息子よ。

Ben: Jack? I hate him! He’s a jerk.
 ジャック? あいつ嫌いだよ。イヤなやつだ。

Phoebe: Now, Ben, sometimes people may seem like jerks on the outside, but they have famous fathers.
 ベン、見た目はいやな子でも、有名なお父さんがいたりするのよ。

Ben: I have to go. My friend Doug is waiting for me over there.
 僕もう行かなくちゃ。友達のダグがあっちで待ってるんだ。

Phoebe: Him, you’re friends with.
 その子なのね、あなたが仲良くしてるのは。

The Teacher: Excuse me. Can I help you with something?
 失礼ですが、何かご用ですか?

Phoebe: Yes! Yes, you can, I’m looking for Jack’s parents.
 ええ、ええ、ご用よ。私、ジャックの両親を探してるの。

The Teacher: Are you with one of the students?
 あなたは誰かここの生徒と父兄の人ですか?

Phoebe: Uh-huh, I’m with Ben.
 ええ、私はベンの父兄よ。

The Teacher: Are you one of Ben’s mothers?
 ベンのお母さんの1人ですか?

Phoebe: I am one of Ben’s mothers. I’m a lesbian. It was, it was difficult coming out to my parents.
 そうよ、お母さんの1人よ。レズビアンなの。ええ、両親に打ち明けるのは大変だったわ。

The Teacher: Well, hi, I’m Jenny Boon. I’m the new teacher here.
 ああ、どうも。私はジェニー・ブーン、ここでは新任の教師です。

Phoebe: Oh.
 ああ。

The Teacher: I’ve only met your partner, Carol.
 あなたのパートナーのキャロルには会いましたよ。

Phoebe: Ah! Okay, so that would make me Susan.
 ああ、それじゃ私はスーザンね。

The Teacher: Right. Are you looking for Jack’s parents to discuss the problems he’s having with Ben? . . Yeah. Because I really do think the parents should sit down and have a conversation.
 ええ。ベンとの問題について話し合いたくてジャックの両親を捜しているんですか? (フィービーが頷く)そうですね。私もご両親が会ってお話をすべきだと思っていました。

Phoebe: Yeah! Let’s do that!! That-that sounds good. We should sit down and talk, just me, my lover Carol, and the Stings. Umm, how-how will I get in touch with them?
 そうよ! そうしましょう! それがいいわよ。会ってお話をすべきよね。私と、私の恋人のキャロルと、そしてスティング家の人とね。どうしたら連絡取れるかしら?

The Teacher: Oh, their number is on the contact sheet.
 名簿に番号が載っていますよ。

Phoebe: Uh-huh. Uh-huh. Umm, could-could I get a copy of that? ‘Cause Carol threw it out, she lost ours. She’s such a scatterbrain. But, man, what a hot piece of ass.
 ええ、そうよね。でもコピいただけないかしら? キャロルったら捨てちゃったのよ。失くしちゃったの。彼女って本当に落ち着きがないのよね。でも、いいお尻してるのよね!

《パーティ帰りで通りを歩くモニカとチャンドラー》

Chandler: You know, that party wasn’t bad.
 パーティ、悪くなかったな。

Monica: Yeah! I didn’t know there would be dancing. That was a fun surprise!
 ええ。ダンスするとは知らなかったわ。あれは嬉しい驚きだった!

Chandler: I don’t see any uh, cabs. Maybe we should just walk?
 タクシーが来ないな。歩こうか?

Monica: Oh, no, we can’t walk!
 あら、だめよ。歩けないわ。

Chandler: What honey, it’s like fifteen blocks to the subway. Let’s go.
 なんで、地下鉄までも15ブロックもあるし。歩こう。

Monica: Hey! Do you think that we can get to the subway right there if we climb down through the manhole cover?
 ねぇ、すぐそこにあるマンホールから降りていったら地下鉄に出られるんじゃないかしら?

Chandler: What’s going on?
 どうかした?

Monica: I can’t walk. Okay? Okay? These boots were a huge mistake!
 歩けないのよ。いい? このブーツ買ったのは大間違いだったのよ!

Chandler: What?
 なんだって?

Monica: Okay, you were right! All right, I never should have bought them! They’re killing me! One toe at a time!
 そうよ、あなたの言う通りだったの! そうよ。これ買うべきじゃなかったわ。痛くてたまらないのよ! 一回に指1本ずつ!

Chandler: So I was right. This is what it feels like to be right. . . It’s oddly unsettling.
 俺が正しかった・・それってこういう感じなのか。。なんか落ち着かないな。

Monica: How are we gonna get home? Maybe a piggy-back ride?
 どうやって帰ったらいいの? おんぶしてくれる?

Chandler: Hop on.
 乗って。

Monica: Okay. Wait, just give me a second, I need to just get my boots off first. . . Ah…Ooh…Oohh…Ohh…Oh, God…Ohh…Oh…Ohh…Ohhhh…
 待って、ちょっと待って。まずこのブーツ脱ぎたいの。(脱ぐ)あぅ・・ああ・・ああっ! ああ・・おお!

Chandler: Honey, I know you’re in pain right now, but I’m a little turned on.
 ねぇ、君が今とっても痛がってるってことはわかってるけど、今ムラムラッときちゃった。

《ジョーイ達の部屋》

Dina: Do you ever worry that you’ll be walking and your baby will just like slip out?
 歩いていて、赤ちゃんが滑り落ちるんじゃないかって心配じゃない?

Rachel: What college was that, Dina?
 どこの大学いったの、ディナ?

(ジョーイが男性を連れて戻る)
Dina: Oh, my God! Bobby!
 オーマイゴッド! ボビー!

Bobby: Hi, Dina. Good to see you.
 ハーイ。ディナ。会えてうれしいよ。

Rachel: Joey, what are you doing?
 ジョーイ、あなた何してるのよ?

Joey: Just what needs to be done! Dearly beloved, we are gathered here to join this man and this woman…
 必要なことをしてるんだよ! 親愛なるみんな、ここに集いました私達はこの男とこの女の・・

Rachel: Oh, Joey, this is crazy!
 まぁ、ジョーイ! そんなのどうかしてるわよ!

Joey: Don’t interrupt me when I’m talking to God! Now where were we? Oh, right, okay. Do you Dina, take this man…
 神様と話している時に口を挟んじゃダメだよ! どこまでいったっけ? あ、そうだ。よし、ディナ、なんじはこの男を・・

Dina: No!
 イヤよ!

Joey: Oh, you’ll take him!
 いいや、結婚するんだ!

Dina: No, I won’t!
 いいえ、しないわ!

Joey: Hey! You don’t get a say in this!
 おい! この件でおまえは発言してはいけない!

Dina: Yes, I do!
 いいえ、するわ!

Joey: Ahhh! I heard "I do", we’re halfway there! Okay! . . . You!
 ああ! するって言ったな! 半分済んだぞ。よし。(ボビーに)おまえ!

Rachel: All right, Joey! That is enough! . . Listen, as beautiful and moving as this ceremony is, it’s not legal. Okay? They-they don’t have a marriage license, they don’t have any witnesses, and the groom only has on one shoe.
 もういい、ジョーイ! もうたくさんよ。ねぇ、セレモニーはとっても素敵で感動的だったけど、違法だわ。いい? この2人には結婚許可証もないし、証人もいないわ。それに新郎は靴が片方しかないわよ。
marriagelicense-300x235.jpg

Bobby: Yeah, he took the other one off and hit me with it.
 そうなんだ。彼が片方取って、それで叩かれたんだよ。

Joey: What am I supposed to do?
 どうしたらいいんだよ?

Rachel: You’re supposed to realize that they are adults. And that they can make their own decisions.
 この2人は大人だということに気づくべきなのよ。2人は自分で決められるってこと。

Joey: No, they can’t! They were stupid enough to get knocked up!
 いいや、決められない! 妊娠しちゃうほどバカなんだぞ!

Rachel: Hey! Contraceptives are not always effective! . . Right?
 ちょっと! ヒングはいつも効果があるとは限らないのよ。(ディナ達に)ね?

Bobby: Yeah…we kinda didn’t use any…
 ああ・・俺たち何も使ってなくて・・

Rachel: Oh, come on, kids! A little help here!
 ああ、勘弁してよ、あなた達! 大事なとこなのに!

《スティングの家》

Phoebe: Wow! This place is incredible! . . Sting’s pen…that he gave to Phoebe. . . Come on! Secret passageway!
 ワオ! すっばらしい部屋ね。・・スティングのペン・・(バッグに入れる)フィービーにくれた。(書棚の本に触って)開いて! 秘密の通路!

Trudie Styler: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Trudie Styler: I’m Trudie.
 私はトゥルーディよ。

Phoebe: Uh-huh.
 どうも。

Trudie Styler: You must be Ben’s mum.
 あなたがベンのおかあさんね。

Phoebe: Why else would I be here?
 だからここにいるのよね?

Trudie Styler: Why don’t you sit down.
 どうぞ座って。

Phoebe: Uh-huh.
 ええ。

Trudie Styler: I gather Jack and Ben haven’t been getting along lately.
 ジャックとベンは、最近仲良くできてないそうね。

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Trudie Styler: I’m sure there are two sides to this story, but all I’ve heard is that Ben’s a bit of a “poo-poo head.”
 お話にはそれぞれの立場があるんでしょうけど、でも私が聞いたのは、ベンがちょっとバカなことして怒らせてるようね。

Phoebe: Umm, I’m sorry. Won’t-won’t Jack’s father be joining us?
 あー、すみませんけど、ジャックのおとうさんはご一緒されないのかしら?

Trudie Styler: Oh, I’m sorry, Jack’s father is not available.
 ああ、ごめんなさいね、ジャックの父は都合が悪いんですよ。

Phoebe: Uh-hmm. Okay. Well then, could we reschedule? For say, Friday night perhaps at 8 o’clock?
 そう。それじゃ、またの機会にしましょうか? 金曜日の夜8時でどうかしら?

Trudie Styler: Oh, no, I know that wouldn’t work. My husband’s in concert.
 ああ、だめなの。それはできないわ。夫はコンサートがあるのよ。

Phoebe: Concert. Yeah. That does put us in…quite a pickle. Because you see, I’m very busy before and after the concert, and he’s obviously busy during.
 コンサート。それは困ったことになるわね。だって私はそのコンサートの前と後が忙しいの。そして彼はその間難しいに決まってるわよね。

Trudie Styler: So, I guess you and I should talk about Jack and Ben right now.
 だから、私とあなたとで、今、ジャックとベンのことを話すべきだということね。

Phoebe: Unless! Unless umm, okay I-I would be willing to go to the concert, umm, all the while thinking about the children, of course.
 もしくは! もしくは・・そうね、私喜んでコンサートに行くわ。そして、もちろんその間、子供達のこと考える。

Trudie Styler: Are you here for tickets?
 あなた、チケットが欲しくてここに来たの?

Phoebe: Oh, thank you. Four would be great.
 ああ、ありがとう。4枚あると嬉しいわ。

Trudie Styler: I’m not giving concert tickets to someone who’d use their son like this!
 息子をだしにするような人にチケットあげません!

Phoebe: Oh, good! Then you’re in luck! Ben’s not my son!
 ああ、よかった! だったらあなたついてるわ! ベンは私の息子じゃないのよ!

Trudie Styler: Look, I’ve just pressed a button, triggering a silent alarm. Any minute now, the police will be here!
 いい? 私たった今ボタンを押したわよ。これでサイレント・アラームが鳴ったの。すぐにポリスがここに来るわよ。

Phoebe: The Police? Here? A reunion?!
 ポリスが? ここに? 再結成なの?!(喜んでカメラを取り出す)

《モニカをおんぶしてウィンドー前を通過するチャンドラー》

Chandler: Okay, ten blocks down. Five to go.
 よし、10ブロック歩いたぞ。あと5ブロックだ。

Monica: Oh, wait! Stop! Stop! Stop!
 あっ、待って! ストップ! ストップ! ストップ!

Chandler: Oh, I’m sorry! Do you need a break?
 ああ、悪いね。君、休憩が必要だった?

Monica: My boots in tan! Hey! Can you get a little closer so I can see the price?
 私のブーツの茶色だわ! ねぇ、値段が見えないから、ちょっと近づいてくれない?

Chandler: I can see it from right here. It’ll cost you one husband.
 俺はここから見えるよ。値段は君の夫一人分だ。

Monica: Okay, I’m sorry. I think I can walk the rest of the way now. Just-just give me my boots.
 わかった、ごめん。もうあとは歩けるわ。ブーツをちょうだい。

Chandler: … I don’t have your boots.
 ・・・ブーツは持ってないよ。

Monica: Well, I don’t have them either. Where are they?
 私も持ってないわよ。どこにいっちゃったの?

Chandler: Well, why don’t you check in one of my saddlebags while I chew on a bale of hay!
 俺が干し草の山にくらいついてる間に、君はサドルバッグを探してみてよ。

Monica: Okay. . . God, well, we gotta go back and get them!
 わかった・・(背中から降りる)ああ、戻って取ってこなくちゃ!

Chandler: Honey, are you seriously ever gonna wear the boots again?
 ねぇ、本気であのブーツをまた履くつもり?

Monica: Okay, I’m never gonna wear them again. I just didn’t get a chance to say goodbye.
 いや、もう二度と履かないわ。でも、お別れをいうチャンスがなかったんだもの。

Chandler: You know what? You can say goodbye to the tan ones.
 な、ここでその茶色いのにサヨナラできるよ。

Monica: Okay. All right.
 わかった。(背中に再び乗る)いいわ。

Chandler: Okay.
 よし。

Monica: Bye, boots−Wait! Half off?!
 バーイ、ブーツ。・・えっ?! 半額よ!(走り出すチャンドラー)

《ジョーイ達の部屋》

Rachel: Joey, just because they’re not getting married doesn’t mean this is going to be a disaster. Maybe they have a plan!
 ジョーイ、2人が結婚しないからって、惨事になるわけじゃないわよ。2人にも計画があるかもしれないじゃない!

Joey: Oh? Oh! Okay! Okay! Let’s hear their plan! Now, what’s the future look like for Dina and Bobby?
 そうか? そうか、よし、よし! プランを聞こうじゃないか! ディナとボビーの将来はどんなふうなんだ?

Bobby: Well…I really have high hopes for my band.
 そう・・俺のバンドはきっとうまくいくと思うんだよね。

Joey: You were right. He is funny.
 おまえの言う通りだな。こいつはおもしろい。

Rachel: Hey, now wait a minute! I bet when you told people at first that you wanted to be an actor they laughed at you! Now come on, Bobby, why don’t you tell us a little bit about your band?
 ねぇ、ちょっと待って! あなただって、初めて俳優になりたいって言った時、笑われたんじゃないの? ねぇ、ちょっと、ボビー、あなたのバンドのこともう少し聞かせてくれない?

Bobby: Well, it’s just me and my pal Rooster, the band’s name is Numb Nuts.
 メンバーは俺と友達のルースターだけなんだけど、バンドの名前はナム・ナッツっていうんだ。

(Numb Nuts = 間抜け・愚か者)

Rachel: Really?
 (ディナに)本気?

Joey: Dina, if you’re having a baby you should be married! Even if it is to Bobby! . . Dude, that’s not a compliment!
 ディナ、子供を産むなら、結婚するべきだ! たとえ相手がボビーでもな! (ボビーが喜ぶ)おい! 褒めてないぞ!

Dina: No, Joey! I knew you wouldn’t be supportive!
 いやよ、ジョーイ! やっぱり応援してくれないのね!

Joey: So whoa-whoa-whoa-whoa! What are you gonna do? You’re gonna have the baby and-and raise it by yourself…without a husband?! You can’t be a single mother alone! You’re gonna ruin your life!
 おいおいおい! じゃあどうする気なんだ? 子供を産んで、自分で育ってるっていうのか? 夫もなしで? シングル・マザーなんてできるわけがない! 人生を棒に振る気か?

Rachel: Oh, excuse me! Am I ruining my life?
 あら、ちょっと! 私、人生を棒に振ってるの?

Joey: No! No! No! It’s different for you. You’re so strong and together. You’re not some dumb kid who doesn’t know what she’s doing.
 いやいやいや、君は違うよ。君は強いししっかりしてる。君は自分が何をしてるかもわかってないバカな子とは違う。

Dina: Excuse me?
 なんですって?

Joey: One pregnant woman at a time, please! I just want you to be okay.
 一度に1人妊娠してくれ、頼むよ! 俺はただ、おまえにうまくやってってほしいんだよ。

Rachel: So forcing her to marry Bobby is gonna make that happen?
 ボビーと無理矢理結婚させるっていうのが、うまくやってくことになるの?

Joey: Maybe! . . Yeah, yeah. . .So uh, what kind of music does Numb Nuts−Oh forget it! I can’t!
 かもしれないだろ! ・・(ボビーに)ああ、それで・ナムナッツってのはどういう音楽をやってるんだ・・ああ、ダメだよ、無理!

Dina: Joey, I am scared to death about this. But I really think I can do it, I’m just gonna need some help. And Bobby’s gonna be here the whole time.
 ジョーイ、私も死ぬほど怖いのよ。でも、できると思うの。ただ、助けは欲しいのよ。それにボビーもずっといてくれると思うし。

Bobby: You bet I am! . . And to answer your earlier question, we’re straight-up gangster rap.
 ああ、もちろんだよ! (ジョーイに)それからさっきの質問だけど、俺たちがやってんのは本物のギャングスタ・ラップだ。

Dina: Look, Rachel’s told me how much easier you’ve made all this on her. Why can’t you do that for me?
 ねぇ、レイチェルのことすごく支えてくれてるって聞いたわよ。どうして私にはそうしてくれないの?

Joey: Because! ‘Cause… ‘Cause you’re my baby sister!
 なんでって! それは・・おまえは幼い妹だからだよ!

(baby sister = 年の離れた妹)

Dina: And you’re my big brother! I mean, you’re my favorite guy in the whole world. I’m not even scared to tell mom and dad. I was scared of telling you.
 そしてあなたは私のおにいちゃんよ! 私が世界一好きな人よ。ママやパパに話すのは怖くなかったけど、ジョーイに話すのは怖かった。

Joey: Well, I’d be scared of them, but all right.
 俺は両親が怖いけどな。まぁいいや。

Dina: Joey, I can’t stand the thought of having this baby with you mad at me. I want him to have his uncle. Is my baby gonna have his Uncle Joey?
 ジョーイ、あなたのこと怒らせたまま子供を産むなんて耐えられない。この子にはおじさんがいるわよね。私の赤ちゃんには、ジョーイおじさんがついてるわよね?

Joey: Of course he’s gonna have his Uncle Joey!
 ・・もちろん、ジョーイおじさんがついてるよ!

Dina: We’re gonna be all right. I mean, even if we’re not married this baby is gonna be so loved. Not just by us.
 私達は大丈夫よ。たとえ結婚してなくても、赤ちゃんは愛されるんだもの。私達だけじゃないんだもの。

Joey: That’s right! By his uncle too!
 そうだよ。おじさんにも愛されるよ!

Bobby: And by you.
 (ジョーイに)そしてあなたにも。

Rachel: Okay, Bobby, why don’t we just come over here and let them have a little moment, okay?
 (ボビーを引っ張って)ちょっと、ボビー、あなたこっちに来て、2人にしてあげて、ね?

Joey: Come here!
 おいで。(ディナをハグ)

Rachel: No! Seriously! What’s wrong with you?!
 (ボビーがハグしようとしてきたので)イヤよ! ほんとに! あなたどうなってるの?

《セントラルパーク》

Ross: You’re gonna love me so much. I got Sting tickets!!
 君、僕のことすっごく愛しちゃうよ。スティングのチケットを手に入れた!

Phoebe: Oh, my God! I do love you! How did you do it?!
 まぁ、なんてことなの! 愛してるわよ! どうやって手に入れたの?

Ross: Well…let’s just say… Ross can!
 こう言っておこうか、(歌う)ロース キャーン!

Phoebe: Oo, where are the seats?
 ああ! 席はどこなの?

Ross: Uh, middle balcony.
 バルコニー席の真ん中だよ。

Phoebe: Okay, now would you say that that’s more than 50 yards away from Sting, his wife, or a member of his family?
 それじゃ、スティングや奥さん達家族より50ヤード以上離れてる?

Ross: Yeah.
 うん。

Phoebe: Then that’s not breaking the law! I’m there!
 じゃあ法律違反じゃないわ! 行けるわよ!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:31| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。