2013年11月06日

8-8 The One With The Stripper

8-8 ストリッパーの話

 ☆お騒がせバチェラー・パーティ☆

《セントラルパーク》

Rachel: Hey, Pheebs?
 ねぇ、フィーブス?

Phoebe: Huh?
 なに?

Rachel: I’m having dinner with my dad tomorrow night, do you wanna come?
 明日の夜、パパと食事するんだけど、あなたも来ない?

Phoebe: Sure. Yeah, he’s kinda sexy.
 いいわよ。彼ってちょっとセクシーよね。

Rachel: Oh, no, no, I’ll be there too.
 そういうことじゃなくて、私も行くのよ。

Phoebe: Okay, so, we’ll just come up with some kind of signal if it’s going well you can take off.
 わかったわ。それじゃ合図を決めて、うまくいったら、あなたは帰るってことで。

Rachel: No, Phoebe! I just need you there for support. I haven’t told him I’m pregnant yet.
 違うわよ、フィービー! あたたには、一緒に行って助けてほしいの。私まだ妊娠したって話してないのよ。

Phoebe: Oh. Why not?
 あら。どうして?

Rachel: ‘Cause I know he’s gonna flip out and I hate it when he’s angry.
 だってものすごい激怒するに決まってるし、怒られるのイヤなんだもの。

Phoebe: Oh, Rachel, this is all so ‘Papa don’t preach.’
 レイチェル、まるで「パパ・ドント・プリーチ」ね。

(Papa Don’t Preach = マドンナの歌。『パパ、お説教はやめて』子供ができたの、私は産むの・・という歌)


Rachel: What, Phoebe? Wait! He’s so scary guy. I mean, one time he caught me smoking he said if he ever saw me doing that again he’d make me eat the entire pack.
 えっ、フィービー、待って。彼はすごく怖い人なのよ。一度なんて、私、タバコを吸ってるところを見つかって、もしまたやったら、タバコ一箱食べさせるぞって言われたのよ。

Phoebe: Wow! Oh, well, I will be there!
 まぁ! わかったわ、行ってあげる。

Rachel: Thank you.
 ありがとう。

Phoebe: Gosh. I’m not gonna let that man make you eat your baby. . . . Oh. Hey! Who is that guy? I think I know him.
 ああ! あなたに赤ちゃん食べさせるって言われたら大変よ。(店の外の人を見て)あら、ねぇ! あの人誰だっけ? 知ってる気がする。

Monica: No, you don’t!
 あら。知らないわよ!

Rachel: No, you don’t.
 そうよ、そんなはずないわよ。

Phoebe: Oh, my God!!! Monica!! He’s the stripper from your bachelorette party!!
 ああ、わかったわ! モニカ! 彼あなたのバチェロレッテ・パーティの時に来たストリッパーよ!

(bachelorette party = 独身最後のパーティ、バチェラーパーティの女子版)

Chandler: Her what?!!
 彼女のなんだって?

Phoebe: Your secret bachelorette party…
 あなたの、秘密のバチェロレッテ・パーティだった。

Chandler: You had a bachelorette party?!
 バチェロレッテ・パーティしたのか?

Phoebe: She untied his G-string with her teeth. . Somebody stop me!
 モニカったら、彼のヒモパンを歯でほどいたのよね。・・誰か私を止めて!

Chandler: I thought we weren’t gonna have bachelor/bachelorette parties! You know, we agreed that it was a silly tradition.
 俺たち、バチェラー/バチェロレッテ・パーティはしないはずじゃなかったのか! バカげた習慣だってことで意見が一致したんじゃないのか。

Joey: It’s a grand tradition!
 素晴らしい伝統だ!

Monica: I’m sorry, they surprised me. There was nothing I could do!
 ごめんなさい。サプライズだったのよ。どうしようもなかったの。

Rachel: You could’ve untied it with your hands.
 手でほどくことだってできたわよ。

Joey: This is so unfair! The one thing I wanted to do was throw my best friend a bachelor party, but no, I wasn’t allowed to. All I got was a stupid steak dinner!
 卑怯じゃないか! 親友のためのバチェラー・パーティって、すっごいやりたいことだったのに、許してくれなくてさ。あったのはただのステーキ・ディナーだけじゃん!

Chandler: You went home with the waitress.
 おまえウェイトレスを連れて帰ったじゃないか。

Joey: Oh, yeah, that was a pretty good night.
 ああ、そうだったな。あれはいい夜だった。

Chandler: I can’t believe you didn’t tell me! You know that the two pillars of marriage are openness and honesty!
 黙ってたなんて信じられない! 結婚の大切な2つの柱は、開放的であること、正直であることだぞ。

Monica: Ugh, I knew giving you that book was gonna come back and bite me in the ass!
 ああ! やっぱりあの本をあげたら墓穴を掘ることになるかもと思ったのよね!

《レストラン:フィービーとレイチェル、父》

Dr. Green: How about I order everyone the Moroccan chicken?
 全員モロッコチキンにしようか?

Phoebe: Oh, I-I don’t eat meat.
 あ、私お肉は食べないんです。

(meat は、鶏肉(poultry)、魚(fish)以外の食用肉)

Dr. Green: It’s chicken.
 チキンだぞ。

Phoebe: Yeah, I don’t eat that either.
 ええ、それも食べないの。

Dr. Green: I’ll never understand you lesbians. (To Rachel) So baby, tell me…what is new with you.
 君たちレズビアンのことはさっぱりわからんよ。(レイチェルに)それで、おまえ、なに、最近どうだ?

Rachel: Well, actually umm…
 ええ、実は・・

Waiter: Your ’74 Lafite sir.
 ご注文の’74年のラフィートでございます。

Dr. Green: ’74?! I ordered the ’75! That’s a magnificent wine! The ’74 is sewage! Why would you bring me sewage?! . . Is that a hard question? Are you an idiot? Is that why you’re a waiter?
 74年?! 私が頼んだのは75年だぞ! 素晴らしいワインだぞ! ’74年なんか下水の味だ! なんで私に下水なんか持ってくるんだ?! これが難しい質問か? おまえはバカか? だからウェイターをしてるのか?

Waiter: This is why I told the manager I wouldn’t wait on you tonight!
 だから今夜あなたのテーブルにつきたくないってマネージャーに言ったんだ!(走り去る)

Dr. Green: Oh, come on! Don’t be such a baby!
 もう、なんだよ! そんな赤ん坊みたいなことを!(彼の後に続く)

Rachel: In case you didn’t notice, that is a scary man.
 (フィービーに)気がついてないといけないから言うけど。彼は恐ろしい人よ。

Phoebe: He’s right, though, the ’74 is absolute piss.
 でも彼の言う通りよ。’74年のはまさにオシッコ味よ。

Rachel: This was such a huge mistake. I can’t tell him, Phoebe. I can’t, I can’t, I can’t, I can’t…
 こんなのとんでもない間違いだったわ。言えないわ、フィービー。言えない、言えない、言えない、言えない・・

Phoebe: Rachel!
 レイチェル!

Rachel: No, it’s okay, this is what’s gonna happen. I’m gonna wait a couple years and then the baby will tell him.
 ほんと、いいのよ。こうするわ。2年ぐらい待つの。そして、赤ちゃんが自分で彼に言うのよ。

Phoebe: Why, so he can get mad at the baby?
 なに、それで彼が赤ちゃんに怒るの?

Rachel: Hey, that is the…baby’s problem. . . Oh, everything okay with the waiter?
 あら、それは・・赤ちゃんの問題よ。(父が戻ってくる)あ、ウェイターさん大丈夫だった?

Dr. Green: I have no idea, I went to the bathroom. So sweetie, you were starting to tell me what is uh, what is new with you.
 知らんよ。手洗いに行っただけだ。それでおまえ、最近どうかってことを話していたんだったな。

Rachel: Well… Umm, I got TiVo.
 ええ・・私、ティーボなの。

Dr. Green: What’s TiVo?
 ティーボってなんだ?

Phoebe: It’s slang for pregnant.
 またの名を妊娠というわね。

Rachel: Phoebe!
 フィービー!

Dr. Green: Are you really pregnant?
 おまえ本当に妊娠したのか?

Rachel: Well, yes and no. Except not no. So to sum it up, yeah.
 まぁ・・イエスでもありノーでもあるわね。でもノーじゃないけどね、つまり、そうよ。

Dr. Green: Who is the father? Oh, no! Please don’t tell me it’s her!
 父親は誰なんだ? まさか! 彼女だなんて言わないでくれよ!(フィービーを指差す)

Rachel: No, it’s Ross. It’s Ross. You like Ross. . Oh, daddy, I hope you’re okay with all of this. I mean think about it, this is a good thing. You’re gonna−This is your first grandchild! You’re gonna be a poppy!
 違うわよ、ロスよ。ロス。ロスは好きでしょ。(父は首を振る)ねぇ、パパ、このこと許してほしいのね、だって考えてみて、これはいいことよ。これでパパも・・この子は初めての孫なのよ! おじいちゃんになるのよ!

(poppy = おじいちゃん:grammy = おばあちゃん)

Dr. Green: That’s true.
 それはそうだな。

Rachel: Yeah.
 そうよ。

Dr. Green: Poppy. Oh, I’m gonna be a poppy. . . So when is the wedding?
 おじいちゃんか。私がおじいちゃんになるのか・・・それで、結婚式はいつだ?

Rachel: Who?
 誰?

Dr. Green: The wedding! There’s going to be a wedding. Young lady, don’t you sit there and tell me my first grandchild is going to be a bastard! Rachel Karen Green, tell me there is gonna be a wedding!!
 結婚式だよ! 結婚式があるだろう。お嬢さん、まさかそこに座って私の初めての孫が父無し子になるって言うんじゃないだろうな! レイチェル・カレン・グリーン! 結婚式があるんだと言いなさい!

Rachel: February 2nd!
 2月2日よ。

《セントラルパーク》

Mona: So it was really cool seeing you lecture today.
 今日のあなたの授業、本当に素敵だったわ。

Ross: Oh, thanks. Although it kinda seemed like you were falling asleep there a little.
 ああ、ありがとう。でも君はちょっと眠ってたように見えたけど。

Mona: Oh, no-no, I-I had my eyes closed so I could concentrate and, you know, take it all in.
 あら、違うのよ。目を閉じて集中していたのよ。ほら、よく理解できるようにね。

Ross: Yeah, a lot of my students do that.
 ああ、生徒達もみんなそうしてるよ。

Mona: So, I gotta get going.
 それじゃ私もう行かなきゃ。

Ross: Okay, I-I’ll see you tonight.
 わかったよ。じゃあまた今夜ね。

Mona: Yeah.
 ええ。

Ross: Okay, bye.
 うん、じゃあ。

Mona: Oh, hey, thanks again for showing me your semi-precious stone collection. It was amazing!
 あ、そうだ! 半貴石のコレクション見せてくれて、ホントありがとう! 素晴らしかったわ!(出て行く)

Chandler: My God! You must be good in bed!
 すごいよな! おまえってよっぽどベッドで活躍してるんだな。

Joey: So uh, you and Mona, been a while now. How’s it going?
 おまえとモナ、けっこう続いてるな。どうなの?

Ross: Ah, it’s good. It’s going good. I mean, we get along great. She’s, she’s so…
 ああ、順調だよ。順調にいってる。すごくうまくいってるよ。彼女、彼女は本当に・・

Joey: Hot?
 ホット?

Ross: Well, I was gonna say sweet, but yeah-huh!
 いや、優しいって言うつもりだったんだけど、いや、ほんと!

Chandler: She’s okay with Rachel and the baby?
 彼女、レイチェルと赤ちゃんのことは了承済みなのか?

Ross: Well I…I haven’t actually told her yet. I don’t want to scare her off, you know?
 それは・・実はまだ話してないんだよ。ビビらせたくないだろ?

Chandler: Well, you have to honest with her! Otherwise you may think that you’re going down the same path, but you’re really going down different ones.
 彼女には正直でいなきゃダメだぞ! そうでないと、同じ道を歩んでいると思っていても、違うところへ進んでいってしまうんだ。

Joey: I’m gonna take that book and beat you to death with it.
 あの本で、おまえのこと死ぬほどたたいてやるぞ。

(モニカが来る)
Monica: Oh, my God! You are gonna love me so much! I felt really bad about the whole bachelorette party thing, so tonight you’re gonna have a bachelor party.
 ああ、もうすごいわよ! あなた私のことすっごく愛しちゃうわよ! バチェロレッテ・パーティのことで本当に悪いと思ったのよ。だから、今夜は、あなたのバチェラー・パーティよ!

Chandler: What?
 えっ?

Monica: Yeah, I got this number from this guy at work and I hired a stripper to come dance for you. Am I going in the wife hall of fame or what?!
 そうなの。職場の人から番号聞いて、ダンスしてくれるストリッパーを雇ったのよ。私って妻として殿堂入りよね?

Chandler: Honey! That’s crazy! I don’t want you to get me a stripper…
 いや、そんなのおかしいよ! ストリッパーなんて雇ってほしくないよ。

Joey: Will you let the lady talk?!
 ちょっとこの女性に話をさせろよ!

Monica: Come on! Come on, it’ll be fun! It’ll make me feel so much better.
 いいじゃない、ね! 楽しいわよ。これで私が楽になれるのよ。

Chandler: Look, I appreciate it, but uh, it’s a little creepy. You know? I’m not a bachelor anymore.
 な、ありがたいけど、ちょっと気味が悪いよ。俺はもう独身男じゃないんだし。

Monica: So don’t think of it as a bachelor party, think of it as a…a two month anniversary present.
 じゃあバチェラー・パーティだと思わなくていいじゃない・・2ヶ月記念のプレゼントだと思って。

Ross: Sure, one year is paper, but two months is lap dance!
 そうだな。1年で紙婚式、2ヶ月はラップ・ダンスだね!

Monica: Please! I feel so bad! Just watch the hot woman get naked!
 お願いよ! すごく気がひけてるの! いいから、セクシーな女性が裸になるところを見てよ!

Chandler: All right, fine! But I’m only doing this for you!
 いいよ、わかったよ! でも、君のためにやるだけだぞ。

Joey: Yeah!
 ああ!

Chandler: And Joey.
 それとジョーイの。

Monica: Thank you. All right, now who else do you want to invite?
 ありがとう。それじゃ、ほかには誰を招待するの?

Chandler: Ah, no-no-no, just Ross. Ross and Joey is embarrassing enough.
 あ、いやいや、ロスだけだよ。こんな恥ずかしいのロスとジョーイだけで十分だよ。

Ross: Actually, sorry I can’t even make it. I’m seeing Mona again tonight.
 いや、僕は行けないよ。今夜またモナとデートだ。

Chandler: I understand: who would cancel an actual date to go to a fake bachelor party?
 いいんだよ。ウソのバチェラー・パーティのために本当のデートをキャンセルするやつがいるか?

Joey: I’m sorry I gotta cancel tonight, baby…
 (携帯で)ごめんよ、今夜は行けなくなったよ、ベイビー。

《レストラン:レイチェル父が席を外している》

Phoebe: I’m sorry I won’t be able to make it to your imaginary wedding, but I’m really busy that day. Yeah, I already have a unicorn baptism and a leprechaun bar mitzvah.
 悪いけど、あなたの想像上の結婚式には出られないわよ。その日はすごく忙しいの。ユニコーンの洗礼式と、レプラコーンのバル・ミツヴァがあるのよ。

<leprechaun = アイルランド伝承の妖精)

Rachel: I know. I know. I panicked, I panicked. I didn’t want him to start yelling at me like I was some ’74 Latour.
 わかってる、わかってるわよ。パニックになっちゃったのよ。あの’74ラトゥアの時みたいに怒鳴られたくなかったのよ。

Phoebe: It’s Lafite. The ’74 Latour is actually drinking quite nicely.
 ラフィートよ。’74ラトゥアは、実際とってもおいしいわよ。

Rachel: All right, here he comes. I’m gonna do this, I’m gonna tell him, I’m gonna be strong.
 はい、彼が来たわ。ちゃんとやるわ。ちゃんと話すわよ。強くなるわ。

Dr. Green: I just called a friend of mine.
 いま、友人に電話してきたんだよ。

Rachel: Yeah?
 そう?

Dr. Green: I think I may be able to book The Plaza on short notice.
 急だが、プラザの予約が取れるようだ。

Rachel: Really?! The Plaza?!! Oh, daddy!! (Hugs him and Phoebe glares at her.) Right. Daddy, I need to talk to you. Please, sit down.
 (大喜び)ほんとう?! プラザで?! ああ、パパ!!(ハグ。フィービーに睨まれ)そうか。パパ、話があるの。お願い、座って。

Dr. Green: What is it, sweetie?
 どうしたんだい?

Rachel: There’s not gonna be a wedding. Ross and I are not getting married.
 結婚式はないわ。ロスと私は結婚しないの。
 
Dr. Green: What?!
 なに?!

Rachel: I’m sorry, daddy.
 ごめんなさい、パパ。

Dr. Green: I don’t believe this!!
 (大声で)信じられん!

Rachel: Oh, now daddy, stay calm. Please.
 ああ、パパ。落ち着いて、お願い。

Dr. Green: Stay calm?!! How do you expect me to stay calm?! This is unacceptable, Rachel! And I wanna know why?!! Is it because that punk Ross won’t marry you?! That’s it! Is that it?!
 落ち着け?! どうしたら落ち着けなんて言えるんだ! そんなことは、許されないことだぞ、レイチェル! どうしてなんだ? あの若造が結婚しないと言っているのか? そうなのか? そうなんだな?!

Rachel: Yes. Yes, he says I’m damaged goods.
 ええ、そうよ。彼、私が傷物だって言うの。

《モニカ達の部屋:冠をつけたチャンドラーと金色の帽子を被ったジョーイ》

Joey: So you uh, nervous about getting married?
 それで、おまえ、結婚するんで緊張してる?

Chandler: What are you doing?
 おまえ何言ってんだ?

Joey: Look, look, let’s pretend it’s a real bachelor party, okay? You know? Before your wedding. Come on, it’ll be fun.
 なぁ、本当のバチェラー・パーティだと思ってやろうよ、な? 結婚する前だと思うんだよ。ほら、楽しいからさ。

Chandler: All right. I can’t believe tomorrow’s the big day.
 わかったよ。。明日がいよいよその日だなんて信じられない。

Joey: How does it feel knowing you’re never gonna be with another woman again, huh? Knowing you’re gonna have to wake up to the same face everyday until you finally have the sweet release of death.
 他の女とつきあうこともできないって、どんな気分だ? 毎日、目が覚めると必ず同じ顔があるんだ。最後にようやく、死によって優しく開放されるまでな。

Chandler: You’re right, this is more fun.
 本当だな。楽しくなってきた。

(ノックの音)
Joey: That’s her! Okay, come on!
 来たぞ! よし、来い!(ドアを開ける)

Stripper: Hi!
 ハーイ。

Chandler: Hi.
 やぁ。

Stripper: So which one of you lucky boys is Chandler?
 どっちのラッキーボーイがチャンドラー?

Joey: Uh, that-that’s-that’s me!
 あー、それは俺だよ!

Chandler: That’s me.
 俺だ。

Joey: Joey Tribbiani. Big fan.
 ジョーイ・トリビアーニ。大ファンだよ。

Stripper: So is that a bedroom?
 あれがベッドルーム?(ゲストルームを指差す)

Chandler: Yeah, yeah, right over there.
 ああ、そう、あそこだよ。

Stripper: All right, whenever you’re ready.
 わかったわ。いつでも用意ができたら来て。(部屋へ行く)

Chandler: That was weird.
 あれは変だな。

Joey: Why-why would she go in the bedroom?
 な・なんで彼女ベッドルームへ行くんだ?

Stripper: I’m waiting.
 待ってるわよー!

(2人で見に行き、すぐ戻ってくる)

Chandler: So she’s a…
 すると彼女は・・

Joey: Yeah, that’s one naked hooker!
 ああ、あれは裸の売春婦だな!

《ロスの部屋》

Mona: I love your place! Where is this guy from?
 いいお部屋ね! これはどこのものなの?

Ross: That’s an eighteenth century Indian artifact from Calcutta.
 それは、カルカッタのもので、18世紀のインディアンの工芸品だよ。

Mona: Oh, wow! So, you’re more than just dinosaurs.
 まあ、すごい! あなた、恐竜だけじゃないのね。

Ross: So much more.
 もっといろいろだよ。

(キスをしていて、その工芸品を落とすモナ)

Mona: Oh, my God! Oh, my God! I’m so sorry!
 まぁ、大変! ああ、大変だわ。ごめんなさい!

Ross: Aw forget it, it’s from Pier One. . . Sorry.
 気にしないで、ピア1で買ったんだよ。(ドアを叩く音)ごめんよ。(ドアをあけるとグリーン氏)

(Pier 1 = 輸入雑貨、家具など、いろんなものを売ってるお店のようです。)

Dr. Green: You think you can knock up my daughter and then not marry her?! I’m gonna kill you!!
 おまえは、うちの娘を妊娠させておいて、結婚しないというのか? 殺してやる!

Ross: You know, this is actually not a great time for me.
 いや、今はちょっと僕、都合が悪いんですよね。

《ロスの部屋:続き》

Dr. Green: So? Come on! Explain yourself, Geller! First you get my Rachel pregnant!
 それで? おい! 説明しろ、ゲラー! うちのレイチェルのこと妊娠させて!

Mona: You got Rachel pregnant?!
 あなたレイチェルを妊娠させたの?!

Ross: Who did?!
 誰が?

Dr. Green: You did!
 おまえがだ!

Ross: Yes. Yes, yes, I did. . But-but it was, it was just a one night thing. It meant nothing.
 はい、そう、そうです。(モナに)でも、あれは一晩だけのことなんだよ。何の意味もないんだ。

Dr. Green: Oh? Really? That’s what my daughter means to you? Nothing?
 ああ? そうなのか? 私の娘とのことはそういうことなのか? 何の意味もないのか?

Ross: No! No, sir, umm, she means a lot to me. I mean, I care−I-I love Rachel.
 いや! いいえ、違います! 彼女はとても大切な人です。僕は、彼女を、僕は愛してます。

Mona: What?!
 何ですって?

Ross: Oh, but not that way. I mean…I mean I’m not in love with her. I love her like a, like a friend.
 ああ、だけど、そういう意味じゃない。つまり、彼女を愛してるんじゃないよ。僕は彼女を、その、友達として愛してるんだよ。

Dr. Green: Oh, really? That’s how treat a friend? You get her in trouble and then refuse to marry her?
 ああ、そうなのか? 君は友達にそういうことをするのか? 困ったことにしておいて、そして結婚を断るのか?

Ross: Hey! I offered to marry her!
 ちょっと! 僕は、彼女に結婚を申し込んだんですよ!

Mona: What?
 何ですって?

Ross: But I didn’t want to.
 でもそうしたかったんじゃないんだ。

Dr. Green: Well, why not? So you can spend your time with this tramp?!
 どうしてなんだね? この尻軽女とつきあうためか?

Mona: Tramp?!
 尻軽女?!

Ross: I’m sorry. Dr. Green, Mona. Mona, Dr. Green.
 あ、失礼。ドクター・グリーン、モナです。モナ、ドクター・グリーンだよ。

《モニカ達の部屋》

Chandler: I can’t believe there is a naked hooker in there!
 あそこに裸の売春婦がいるなんて信じられないよ!

Joey: Wait! Wait! Maybe she’s a hooker and a stripper, but she got confused about what she’s supposed to do.
 待て、待て! もしかしたら彼女は売春婦でストリッパーなのかも。でも、彼女は何をするのか、間違えてるのかもしれないよ。

Chandler: Could be. I mean technically she did strip, we just, we just missed it. . . Ma’am, are you also a stripper?
 そうかもな。だって、ストリップはしたんだもんな。ただ見てなかっただけで・・・お嬢さん、あなた、ストリッパーもやる?

Hooker: Uh, no. But I could pretend to strip, but that’s gonna cost extra. Okay, here’s the extras, handcuffs, spanking…
 (部屋から声のみ)いいえ。でも、ストリッパーのマネもできるわよ。特別料金になるけどね。特別料金になるのは、手錠プレイ、尻叩き・・(チャンドラーが止める)

Joey: Maybe Monica’s playing a joke on ya. You know? Getting her own husband a hooker, that’s pretty funny.
 もしかしたらモニカがふざけてんのかもな。自分の夫に売春婦を送り込むなんて、めちゃくちゃおもしろいじゃないか。

Chandler: That is funny, maybe for my birthday she’ll murder someone.
 それはおもしろいな。俺の誕生日には、彼女は誰か殺してくれるかもな。

Joey: I bet Ross was in on it too. I mean he was conveniently busy.
 ロスも絡んでるんだぞきっと。ほら、都合よく、忙しいなんて言ってさ。

Hooker: Do you mind if I smoke in here?
 (部屋から)ここでタバコ吸ってもいい?

Chandler: Oh, actually, I’d rather you…Yeah, go ahead. We’re gonna have to burn that room down anyway.
 ああ、いや、俺はどちらかというと・・・。ああ、どうぞ。どうせその部屋は焼き払わなきゃならないだろうからな。

《ロスの部屋》

Mona: How could you have kept all of this from me?
 どうしてそんなことを私に隠してきたの?

Ross: I was going to tell you, but…
 言おうと思っていたんだけど、でも・・

Dr. Green: But what?! You figured you’d get what you wanted and then dump her like you did Rachel!
 でも何だ?! 欲しい者を手に入れたら、レイチェルにしたみたいに彼女を捨てるのか!

Ross: Hey! I did not dump Rachel! . . . Nor are we still together. . . Can I just…. . Why don’t we just let the machine get that?
 ちょっと! 僕はレイチェルを捨ててなんかいません!(モナに)つきあってなんかいないよ。(電話が鳴り、出ようとするがグリーン氏が立ちふさがっている)ちょっと僕・・(睨まれ)留守電があるからいいですよね。

Joey: Hey, Ross. It’s Joey. There’s a hooker over here and we thought maybe you’d know something about it.
 (留守電に)やぁ、ロス、ジョーイだ。ここに売春婦が来てるんだけど、これって、おまえが知ってることなんだろ。

Ross: No! No! No! No! No! I-I-I-I−I need to, I need to lie down.
 違う! 違うよ! 違います! 違う、違う!! ・・・僕、僕、僕・・・横になりたい。

《モニカのレストランの厨房》

Stu: So, tonight’s the night of the big bachelor party?
 今夜が大事なバチェラー・パーティだよね?

Monica: Yeah! Hey! Thanks for getting me that girl’s number.
 そうよ! ねぇ、彼女の電話番号教えてくれてありがとう。

Stu: No, problem. So who’s the party for?
 いいんだよ。それで、誰のためのパーティなの?

Monica: My husband.
 うちの夫よ。

Stu: You hired your husband a hooker?
 君、夫に売春婦を雇ってやったの?

Monica: She’s a stripper.
 彼女、ストリッパーでしょ。

Stu: No, she’s a hooker.
 いや、彼女は売春婦だよ。

Monica: Is that, is that what they call strippers sometimes?
 ストリッパーをそうとも呼ぶの?

Stu: When they’re hookers.
 もし売春婦ならね。

Monica: Oh, my God Stu! I-I can’t believe you did this! Now are you absolutely sure she’s a hooker?
 なんてことなの、ステュ! こんなことするなんて信じられない! 彼女が売春婦ってことは絶対間違いない?

Stu: Either that or she’s just the best, most expensive date I ever had.
 そうじゃなかったら、あんなに高いデートは初めてだよ。

(走って出て行くモニカ)

《モニカ達の部屋》

Joey: Maybe she meant to get you a hooker.
 もしかしたら、彼女は本当に売春婦を雇ってくれたのかもな。

Chandler: Why would she do that?
 なんで彼女がそんなことするんだ?

Joey: Maybe she wants you to learn something. Huh? Now is there anything you’re really bad at, you know, sexually?
 もしかしたら、おまえに学んでほしいのかも。な? セックス関連ですごくヘタなことってないか?

Chandler: This is the worst bachelor party ever!
 こんなバチェラー・パーティ最悪だよ!

Hooker: What’s taking you boys so long?
 (部屋から)あなた達、どれだけ待たせるの?

Joey: In a minute!
 あとちょっと!

Chandler: In a minute? What’s gonna happen in a minute?!
 あとちょっと? あとちょっとで何が起こるんだよ?!

Joey: All right, all right, maybe-maybe you should just ask her to leave.
 よし、よし、もう、帰ってくれるように言うしかないだろう。

Chandler: Why me?!
 なんで俺が?

Joey: Hey! It’s your bachelor party.
 だって、これおまえのバチェラー・パーティだよ。

Chandler: Which is why you should do it.
 だからおまえが言うべきだろ。

Joey: I don’t want to. You do it!
 言いたくないよ。おまえが言えよ。

Chandler: You do it!
 おまえがやれ!

Joey: You do it!
 おまえがやれ!

Chandler: All right. Rock, Paper, Scissors who has to tell the whore to leave! . . What?
 よし、じゃんけんで、帰れってどっちがいうか決めるんだ。(ジョーイが笑う)なんだ?

Joey: I miss this.
 なつかしいよ。

Chandler: I don’t think we’ve actually done this before!
 こんなこと前にしたことないぞ。

Joey: No, I-I miss hanging out with you.
 いや、おまえと一緒にいることがだよ。

Chandler: Well, we…we still hang out.
 いや、俺たち・・今も一緒にいるじゃないか。

Joey: Not like we used to. Remember? You and me used to be inseparable. You know, now it’s like…things are different.
 以前みたいじゃないだろ。覚えてるだろ? おまえと俺は以前はいつも一緒だった。な・・今はもう・・変わっちゃったよ。

Chandler: Well, you know, things are different. I’m…I’m married now.
 ああ、そうだな。変わったよな。俺はもう結婚したしな。

Joey: Oh, sure−And hey, don’t get me wrong, I am so happy for you guys. I just…I miss…hanging out…just-just us, you know?
 ああ、そうだな。悪くとるなよ、おまえたちのことはすごくよかったと思ってるんだ。ただ、俺は・・おまえと2人で過ごす時間がなつかしいんだよ。

Chandler: Yeah, I miss that too. I tell you what; from now on we’ll make time to hang out with each other.
 ああ、俺もだよ。なぁ、これからは、2人で過ごす時間を作ろう。

Joey: You got it. Come here.
 そうだな。ほら、こい。(ハグ)

Hooker: Oh, God! Listen, I am this close to robbing you guys.
 なんてことしてんの! ちょっと、私もうちょっとで、あんた達から盗んでいくとこよ。

(モニカが駆け込んでくる)
Monica: She’s a hooker! She’s a hooker! She’s a. . . Hi! Uh, we spoke on the phone.
 彼女は売春婦よ! 彼女売春婦! 彼女は・・(本人を見て)ハーイ、電話で話したわよね(握手)

《ジョーイ達の部屋:ロスが来る》

Ross: So your dad dropped by. He’s a pleasant man!
 君のおとうさんが寄ってくれたよ。彼は楽しい人だよね!!

Rachel: Oh, no…
 あぁ、ウソ・・

Phoebe: I’d better go. . . Just over here: I don’t want to miss the fight.
 私行かなきゃ・・(リクライニングチェアに座って)ここに来るだけよ。ケンカを見逃すわけがない。

Rachel: Ross, I’m so sorry. Okay. I-I will promise I will straighten this out with him tomorrow in person, or via e-mail.
 ロス、本当にごめんね。いいわ、何もかもちゃんとするって約束するわ・・明日、自分で直接ね。それかメールで。

Ross: I don’t care about your dad! I care about Mona! She was there and now she’s totally freaked out!
 君のおとうさんのことなんていいんだよ! モナのことだよ! 彼女も部屋にいて、もうすっかり怖がっちゃってるよ。

Rachel: Oh, okay, I’ll fix that too. What’s her e-mail address?
 ああ、わかったわ。それも私がなんとかするわ。彼女のメールアドレスは?

Ross: Rachel!
 レイチェル!

Rachel: All right, I promise. I’ll fix this. I swear. I’ll-I’ll-I’ll-I’ll talk to her.
 わかった。約束する。何とかするから。本当よ。私、私、彼女に話すから。

Ross: Okay!
 わかったよ。

Rachel: Okay.
 わかった。

Ross: Thank you!
 ありがとう。

Phoebe: That’s it?! You call that a fight? Come on! "We were on a break!" "No we weren’t!" What happened to you two?!
 それだけ? それでケンカっていえる? ちょっと! 「あれは別れた後だ!」「いいえ、違う!」 あなた達どうなっちゃったの?

《ロスの部屋:ロスとレイチェルがいる。モナが来る》

Ross: Thank you so much for coming back over.
 また来てくれて本当にありがとう。

Mona: Oh, good, you’re here. Yeah, and I was worried that it was going to be uncomfortable.
 ああ、よかった。あたなもいたのね。ええ、居心地悪くなるんじゃないかって心配してたのよね。

Rachel: I know, Mona, just hear me out. First of all, I’m so sorry about my father yelling at you, but I heard you totally held your own. You’re gonna have to tell me how you did that.
 そうよね、モナ、でも聞いてくれる。まず、私の父が怒鳴ったこと、ごめんなさい。でも、あなたが負けなかったって聞いたけど、どうしてそんなことできるか教えて。

Ross: Focus.
 話それてる。

Rachel: Okay. Um…But−Okay, yes, Ross and I used to date. And yes, we are gonna have a baby. But we are definitely not getting back together.
 そうか。でも・・ね、確かにロスと私は以前つきあってたわ。それに、確かに私達には子供が産まれる。でも、私達が元に戻ることは絶対にないの。

Mona: How can I be sure on that?
 どうして絶対って言えるの?

Rachel: Oh, we just−we drove each other crazy!
 だって私達、お互いに全然うまくやれないのよ!

Ross: Yeah.
 そう。

Rachel: I mean he was possessive, he was jealous, he could never just let the little things go!
 彼って、独占したがるし、ヤキモチ焼きだし、ささいなことにいつまでもこだわるし!

Ross: Trying to date this woman.
 この人とつきあおうとしてるんだけど。

Rachel: Right! But, none of that compared to how kind and-and how gentle and thoughtful he is.
 そうか! でも、そんなこと以上に、親切で、優しくて、思慮深いのよ。(ロスの腕をなでる)

Ross: Probably shouldn’t touch me.
 僕に触らない方がいいと思うよ。

Mona: You know, I-I-I just…I don’t want to get in the middle of something so complicated.
 私は・・私、そんな複雑な関係の中に割り込みたくないのよね。

Rachel: I know, I get it, but Mona, what relationship is not complicated? I mean we all have our baggage! You must too! Why else would you still be single? . . I am so gonna leave right now.
 そうよね、わかるわ。でも、モナ、複雑じゃない関係なんてないでしょ? 私たちみんな過去があるもの! あなたもでしょう。そうでなきゃあなたも独身じゃないだろうし。・・・私ほんと、もう帰るわね。(ロスがドアを開け、出て行く)

Ross: Should I leave this open for you too?
 このドア、君のためにも開けておいた方がいい?

Mona: I’m not sure yet. Why didn’t you just tell me about all this?
 まだわからないわ。どうしてこのこと私に言ってくれなかったの?

Ross: Because what’s going on with Rachel has nothing to do with how I feel about you.
 レイチェルとの間に起きていることは、君に対する思いとは全く関係ないことなんだ。

Mona: Yeah? Well, you still should have told me.
 そう? それでも、話してくれるべきだったわ。

Ross: I know and I was going to, but I thought it was better that you heard it from Rachel’s father. Look, I…I made a mistake, but it’s only because I really, really like you. Really!
 そうだよね、そうするつもりだったんだよ。でも、レイチェルのお父さんから聞いた方がいいかなと思って。これは僕の失敗だったよ。でも、ただ本当に本当に君を好きだからなんだ。本当に!

Mona: Okay, I guess you can close the door now.
 わかったわ。じゃあもうドアを閉めてもいいかもね。(キス)

(レイチェルが戻る)
Rachel: Forgot my purse! . . Oh, you guys made up. . He’s a good kisser, isn’t he? . . I’m going!
 バッグ忘れたわ! ・・あら、あなた達、仲直りしたのね。(モナに)彼、キスが上手でしょう?(ロスがドアを閉めようとする)行くわよ!

《モニカ達の部屋》

Monica: I swear I didn’t know she was a hooker! I mean wh−Did you let her smoke in here?
 本当に、あの人が売春婦なんて知らなかったのよ! 本当に・・彼女にタバコ吸わせたの?

Chandler: Her ass print is still on your grandmother’s quilt, do you really want to talk about smoking?
 彼女のお尻の跡が、君のおばあちゃんのキルトの上にまだ残ってるっていうのに、タバコの話がしたいのか?

Monica: You know what? I’m gonna make this up to you. I promised you a stripper, and you’re gonna get a stripper.
 ねぇ、つぐなうわ。あなたにストリッパーを約束したんだから(音楽をかける)ストリップを見せるわよ。(踊りながら上着を脱ごうとする)

Chandler: Monica! Wait!
 モニカ! 待って!

Monica: What?
 何?

Chandler: Carry on.
 (冠を被って)続けて。

Monica: Ooh, these tennis shoes are so tight. I think I’ll take them off.
 ううぅ、このテニス・シューズすごくきついわ。これ脱いじゃおうっと。

Chandler: Could you not narrate?
 ナレーションはやめてくれる?

Monica: Gotcha, sailor.
 わかったわよ、おにいさん。

《ジョーイ達の部屋:レイチェルが持つ受話器の向こうで怒鳴る声》

Dr. Green: …just because you’re not in love with the guy you can’t…
 (電話の向こう)相手と愛し合っていないからって、おまえは・・・

(フィービーが来る)
Phoebe: Wow, you told your dad the truth.
 まぁ、あなた、お父さんに真実を告げたのね。

Rachel: About an hour ago.
 1時間前にね。

Phoebe: Wanna go see a movie?
 映画見に行く?

Rachel: Yes! . . . Bye, daddy.
 うん!(受話器を置く)バーイ、パパ。(出て行く)

Dr. Green: …there’s gonna be a wedding! . . . That’s unacceptable Rachel! What the hell does love have to do with it anyway?! There are more important things in a marriage other than love! …constantly thinking about things! You have to think about the consequences of your decision.
 (電話の向こうで怒鳴り続ける)結婚式をやるんだ! (ジョーイが自室から出てくる)認めないぞ、レイチェル! 愛がどうだっていうんだ? 結婚には、愛よりもっと大事なことがあるんだぞ! (ジョーイが何の音かと見回す)いつでも考えなきゃいけないんだ! 自分の決めたことの結果を考えなきゃいかん!(ジョーイが電話から聞こえていることに気づき耳に当てる)

Joey: Hey! I do too think about the consequences of my decisions! . . What gives you the right to… . . . Go to hell! . . . Stupid guy on my phone.
 (少し聞いた後で)なんだ! 俺だって自分の決めたことの結果ぐらい考えてるぞ! ・・何の権利があって・・・地獄へ行け!(電話を切る)おかしな男だよ、ったく。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:04| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。