2013年11月05日

8-7 The One With The Stain

8-7 染みがある話

 ☆ロスは”エーゼル”?☆

《モニカ達の部屋:モニカがくる》

Monica: Hey.
 ヘイ。

Chandler: Hey.
 おかえり。

Monica: Oh, my God! You cleaned! Look at these floors! You did the windows! Oh, I have been begging you for months and you did! You cleaned! And nagging works!
 驚いた! あなた掃除してくれたのね! 見てこの床! 窓も拭いてくれたのね! ああ! 何ヶ月も頼んできて、ついにやってくれたのね! あなたが掃除をしてくれた! うるさく言うの効果あるのね!

Chandler: You know uh, I didn’t actually do this.
 それがさ、実は、俺がやったんじゃない。

Monica: Oh, no, was I cleaning in my sleep again?
 ああ、ウソ! また私眠りながら掃除しちゃったの?

Chandler: No, it wasn’t you.
 違うよ、君じゃない。

Monica: Well then who?
 じゃあ誰?

Chandler: I got a maid. Yay!
 メイドさんを雇ったんだ。イエイ!

Monica: I hope by maid you mean mistress, because if some other woman was here cleaning then…
 メイドって、愛人ってことよね。もし誰かほかの女がここにいて掃除したなんてことだったら・・

Chandler: Uh honey, I know you don’t like to relinquish control…
 ああ、ハニー。君が支配権を放棄するなんてイヤだってことはわかってるけど・・

Monica: Oh, “relinquish” is just a fancy word for “lose.”
 ああ! 「放棄」なんて、「取られる」をおしゃれに言っただけじゃない。

Chandler: Look, she’s really nice. Okay? And she mentioned that she adored the way that you arranged the sponges.
 ねぇ、彼女は本当にいい人なんだよ。ね? それに彼女、君のスポンジの並べ方に感動してたよ。

Monica: Did she really say that?
 本当に彼女がそう言ったの?

Chandler: Yes, I distinctly remember ‘cause I thought it was a joke. Now just give her a chance, okay?
 うん。ハッキリ覚えてるよ。だって冗談言ってるかと思ったからね。一度彼女を試してみて。ね?

Monica: Fine, I can do it. . . Whew.
 いいわよ、わかったわ。(落ち着かない)フーッ!

Chandler: What’s the matter?
 どうかした?

Monica: Well, usually when I’m this anxious, I clean!
 普段、不安になると掃除するのよ!

《セントラルパーク:携帯の音が鳴る》

Phoebe: Who’s cell phone is that? It’s just so annoying; everywhere you go.
 誰の携帯? うるさいわね。どこへ行っても鳴るんだから。

Ross: I think it’s coming from your bag.
 君のバッグから聞こえてると思うんだけど。

Phoebe: I never get calls!! . . Hello?
 初めての電話かかってきた! ・・もしもし?

Eric: Hi, it’s Eric. From the Halloween party, Ursula’s fiancé.
 もしもし、エリックだ。ハロウィン・パーティであったアースラの婚約者の。

Phoebe: Oh, my God, Eric, hi! Wait, how’d you get this number?
 あらまぁ、エリック、ハーイ! 待って、どうしてこの番号わかったの?

Eric: Oh, I have a friend who’s a cop and he got it for me.
 ああ、警察に友達がいるから、調べてもらったんだ。

Phoebe: Wow! What an incredible violation−and wonderful surprise.
 ワオ! なんてひどい違反。そして嬉しい驚きね。

Eric: Uh listen, I just−I thought you should know I broke up with Ursula.
 聞いて、僕・・知らせておこうと思って・・僕はアースラと別れたよ。

Phoebe: Oh, you did? He did it! He did it!
 あら、そうなの? (レイチェルに)彼やったわ! やったのよ!

Rachel: Wow! What did he do?
 ワオ! 彼何をしたの?

Phoebe: Shhh! I’m talking.
 シーッ! 電話中よ。

Eric: Anyway, I was wondering if you were the sort of person who…eats lunch.
 とにかく、僕は・・君がランチを食べるような人かなと思って・・。

Phoebe: Are you asking me out? Because it would be kinda weird since you just broke up with my sister.
 私を誘ってるの? だって、あなた私の姉と別れたばかりなんだもの、変だわ。

Eric: Yeah, uh…okay. I’m-I’m sorry. Bye.
 ああ、そうだよね。悪かったよ。じゃ。

Phoebe: No! Wait! I was just saying that so you’d think I was a good person. Fight for me.
 ダメよ。待って! いい人に思われようとして言っただけなんだから、もっと言ってきて。

Eric: Uhh, I won’t take “no” for an answer.
 あー・・・「ノー」では承知しないよ。

Phoebe: Not great, but we can work on it at lunch. Okay, I can be at your apartment in two hours.
 うまくないけど・・でも、それはランチで検討しましょ。それじゃ、2時間ぐらいであなたの部屋に行くわ。

Eric: Great! But wh-wh−How do you know where I live?
 よかった! だけど、どうして僕が住んでるところがわかるの?

Phoebe: I’ve got friends too. Okay, bye.
 私にも友達がいるってことよ。じゃあね。

Eric: Bye.
 じゃ。(電話終了)

Phoebe: Oh, my God! I’m going out with Eric! Ooh, this day is really gonna be so much better than I thought it was gonna be. Oh, Ross, I can’t make lunch.
 驚いたわ! エリックとデートよ。ああ、思ってたよりずっといい日になりそうだわ。あ、ロス、ランチ行けなくなったわ。(出て行く)

Ross: So apparently I’m available for lunch.
 どうやら、僕はランチの相手がいないみたい。

Rachel: I can’t. I’m busy. I’m apartment hunting.
 私は無理よ。忙しいの。アパート探ししてるのよ。

Ross: You’re moving?
 引っ越しするの?

Rachel: Yeah, I can’t live with Joey once the baby comes. I don’t want my child’s first words to be, "How you doin’?"
 ええ、赤ちゃんが生まれたらジョーイと一緒に暮らしていけないでしょ。私の子供の初めての言葉が(赤ちゃん声で)「元気ぃ?」じゃ困るもの。

Ross: So does-does Joey know you’re moving?
 それで、ジョーイは君が出ていくって知ってるの?

Rachel: Well, I haven’t discussed it with him yet, but I know he’s gonna be relieved. Last week, he brought this girl over and I started talking to her about morning sickness and then I showed her pictures from my pregnancy book.
 まだ彼に話してはいないけど、でも彼だってホッとするでしょ。先週彼が連れて来た女の子に、私つわりの話をしたり、妊娠に関する本の写真を見せたりしちゃったのよ。

Ross: That’s not really porn.
 ポルノじゃないね。

Rachel: Not so much.
 違うわね。

Ross: Hey, you know what? If you’re looking for a place, I just heard in the elevator this morning that a woman in my building died.
 ねぇ、部屋を探してるなら、今朝エレベーターで、僕のビルの女性が亡くなったって聞いたよ。

Rachel: Oh, my God! Was she old? Does she have a view?
 まぁ。すごい! 彼女年とってたの? 眺めはいい?

Ross: Well, I don’t know, but how-how great would that be, huh? You living in my building. I could help take care of the baby. I can come over whenever I want. With your permission.
 それはわからないけど、でも、そうなったらすごいじゃない? 僕と同じビルに住むなんて。赤ちゃんの世話を助けることができるよ。いつでも好きな時に会いに行ける・・・君に許可をもらった上でね。

Rachel: Yeah, that would really be great.
 ええ、それはいいわね。

Ross: Yeah.
 だろう。

Rachel: Well, can we see it?! Oh, maybe we shouldn’t. I mean if she just died this morning out of respect.
 ねぇ、部屋見られないかな? ああ、ダメよね。今朝亡くなったばかりだったら、失礼よね。

Ross: Yeah. No. No, you’re right.
 そうだな。うん。そりゃそうだよ。(2人ともコーヒーを飲む)

Rachel: Shall we?
 行こうか?

Ross: Yeah.
 うん。(2人出て行く)

《問題の部屋をノックするロス》

Mrs. Verhoeven's Daughter: Yes?
 はい?

Ross: Hi. I’m Ross Geller. I live in the building.
 ロス・ゲラーです。このビルに住んでます。

Rachel: And I’m Rachel, an admirer of the building.
 渡井はレイチェル。このビルのファンです。

Ross: I-I heard about Mrs. Verhoeven passing away and I’m so sorry for your loss.
 ミセス・ヴァーホーヴェンが亡くなったと聞きました。ご愁傷様です。

Mrs. Verhoeven's Daughter: She didn’t pass away.
 彼女亡くなってないです。

Ross: What?
 えっ?

Mrs. Verhoeven's Daughter: My mother’s still alive.
 母はまだ生きてます。

Ross: Oh, thank God!
 ああ。よかった!

Mrs. Verhoeven's Daughter: It looked like we were gonna lose her this morning, but she’s a tough old bird.
 今朝、危なかったんですけどね、でもやっぱり母はタフな女性なのね。

スクリーンショット 2013-11-02 1.24.19.png
(amazon.com にも売ってます)
(tough told bird = 賢く生き抜く強い女性など・・場合によって違うみたいです。軽蔑的な使い方という意見もあるが、この場合母親のことを言ってるので、軽蔑的とも限らないと思われます。)

Rachel: Ahh.
 ああ。

Mrs. Verhoeven's Daughter: Are you close with her?
 母とは親しかったんですか?

Ross: Of course! Uh yeah, she and I would talk all the time in-in the laundry room.
 もちろんです! ええ、僕らは、洗濯室でいつも話してましたよ。(覗くレイチェルを遮る)

Mrs. Verhoeven's Daughter: You speak Dutch? (In Dutch) Zeer vereerd een vriend van mijn moeder te ontmoeten. (Translation: I’m very honored to meet a friend of my mother.)
 あなたオランダ語話せるの? (オランダ語で)母のお友達にお会いできて嬉しいです。

Ross: You know, I would it’s just painful.
 いや・・今はとにかくつらくて。

Rachel: So she’s really not dead.
 それじゃ彼女亡くなってないのね。

Mrs. Verhoeven's Daughter: No, she’s hanging in there.
 ええ、頑張っております。

Rachel: Hmm. Do you think−Could you tell me if she’s hanging in, in a one bedroom or a two?
 うーん。どうかしら、教えていただける? 彼女が頑張ってるベッドルームはひとつ、それとも2つ?

《モニカ達の部屋:メイドさんが掃除するのを見ているモニカ》

Brenda: Mrs. Bing, this tile cleaner is incredible! Where’d you get it?
 ミセス・ビング、このタイルクリーナーすっごいですね! どこで買ったんですか?

Monica: Oh, well umm, I make it myself! It’s two parts ammonia and one part lemon juice. And now the secret ingredient is…you know what? We just met.
 ああ、それは私が自分で作ったのよ。アンモニアとレモン水が2:1の割合よ。それから秘密の材料が・・ちょっと、私達会ったばかりよ。

Brenda: Okay. Uhh, I’m gonna go get the clothes from the laundry room now. And, when I come back I’ll clean behind the refrigerator.
 それじゃ、私、お洗濯物を取りにいってくるわ。戻ってきたら、冷蔵庫の後ろを掃除しますね。

Monica: I love her.
 (チャンドラーに)彼女愛してる!

Brenda: I’ll be back in a minute.
 すぐ戻って来ますね(出て行く)

Monica: Okay.
 わかったわ。

Chandler: See? I told you.
 な? 言っただろ。

Monica: She stole my jeans!
 彼女私のジーパンを盗ったわ!

Chandler: … What?
 ・・・は?

Monica: I have been looking for them all week and she is wearing them!
 今週、私がずっと探してたジーパンを彼女が履いてた!

Chandler: So she stole your pants and then she came back and wore them in front of you?
 それじゃ、彼女盗んでいって、それを君の目の前で履いてるっていうのか?

Monica: Don’t you see? It’s the perfect crime!
 わからないの? 完全犯罪よ!

Chandler: She must’ve been planning this for years!
 何年もかかって計画を練ってたんだろうな!

Monica: I will prove it to you! Okay? About a week ago I was wearing those jeans and I dropped a pen in my lap and it left an ink stain on the crotch. Now when she comes back I will find it and show you that stain!
 あなたに証明して見せるわよ。いい? 一週間ぐらい前にあのジーパンを履いてたんだけど、ペンを膝に落として、それでクロッチにインクの染みがついちゃったの。だから彼女が戻ってきたら見つけて、あなたにその染みを見せるわ。

Chandler: Honey, isn’t it possible that the company that sold the jeans made more than just the one pair?
 ハニー、ジーパン会社が、一着以上売った可能性があるんじゃないのか?

Monica: I guess.
 まあね。

Chandler: So, shouldn’t we go give her the benefit of the doubt before we go…snooping around her crotch?
 だったら、彼女のクロッチ回りをうろつく前に、疑わしくてもきっと違うと判断してあげるべきじゃないか。

(give someone the benefit of the doubt = 疑わしい点を有利に解釈してあげる)

Monica: Fine. I’m just glad I didn’t give her my secret ingredient.
 わかったわよ。とにかく秘密の材料を教えなくてよかったわ。

Chandler: Out of curiosity, what is your secret ingredient?
 ちょっと好奇心だけど。秘密の材料って何?

Monica: Yeah!
 はいはい。

《エリックの部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Eric: Come in, I’m so glad you’re here.
 入って。来てくれて嬉しいよ。

Phoebe: Yeah, me too. Not in the shaky angry way you are, though.
 ええ、私も嬉しいわ。あなたみたいな怒りに震えた嬉しさじゃないけど。

Eric: Sorry, I just saw Ursula. I had to get the engagement ring back.
 ごめん。アースラに会ったばかりなんだ。婚約指輪を返してもらわなくちゃならなくてね。

Phoebe: Oh.
 ああ。

Eric: Just seeing her brought it all back. All the lies, the way she used me. I just…I got so angry just looking at her…face.
 彼女を見たらすべてが蘇ってきて。ウソとか、僕を利用したこととか。とにかく・・見てるだけで腹が立ってしまって・・彼女の・・・顔を。

Phoebe: Yeah. . . Yeah.
 ええ・・(顔を手で隠し)ええ。

Eric: I’m sorry. I just…when I look at you I see her. When I see her I get a little bit angry.
 ごめんよ。君を見ると彼女が見えるよ。彼女を見るとちょっと怒りがわいてくる。

Phoebe: Maybe this is too weird.
 やっぱり変過ぎるんだわ。

Eric: No, wait! There’s only a problem when I look at you. . . Oh, I got it! I got it.
 いや、待って! 見るからいけないんだ。ああ、わかった、わかった(手を目にやる)

Phoebe: No, don’t tear out your eyes!!
 ダメよ! 目を取り出さないで!

Eric: I was just, I was just gonna take out my lenses.
 いや、ただ、コンタクトを外してるだけだよ。

Phoebe: Oh, yeah, try that. . . So, is that better?
 ああ、そう、それやってみましょ。(レンズを外してフィービーを見るエリック)どう、よくなった?

Eric: Not really. You…you’re blurry, but you still look like Ursula. You’re Blursula. Okay, wait. Maybe…If I-if I just don’t look at you for a while. . . See? It…it works. I’m not, I’m not angry at all anymore! This is a great date!
 いや。君がボヤッとしてる。だけどやっぱりアースラっぽい。君はボヤースラだ。そうだ、待って。もしかしたら・・しばらく君を見なければいいんだ。(フィービーに背を向ける)・・ほらね? これはいい。これで腹が立たないぞ! これは素敵なデートだ!

Phoebe: Look, Eric, turn around. . Look, I like you, but it shouldn’t be this hard. You know? This is our first date, you know? First dates are supposed to be about excitement and electricity and ‘Ooh, he just touched my hand, did he mean to touch my hand?’ and you know first kisses and……second kisses.
 ねぇ、エリック、こっちを向いて。・・ね、私あなたが好きだけど、こんなに難しいなんて変よ。私達の初めてのデートなのによ? 最初のデートって、ワクワクして、電気が走る感じで、「ああ、彼の手が私の手に触れたわ、わざとかしら?」なんて感じで、そして初めてのキスをして・・(キス)二度目のキス・・(キスを重ねる)

《セントラルパーク:ロスにガンターがコーヒーを出す》

Ross: Thanks for the coffee, or bedankt voor de koffie, Gunter.
 コーヒーありがとう、(同じ言葉をオランダ語で)ガンター。

Gunther: Jij spreekt Nederlands? Dat is te gek. Heb je familie daar?
(Translation: You speak Dutch That's cool. Do you have relatives there?)
 オランダ語が話せるんだ、かっこいいね。オランダに親戚でもいるの?

Ross: Yeah, we’re done.
 いやぁ・・もういいよ。

Gunther: Ezel. (Translation: Donkey)
 エーゼル。(= ロバ・まぬけ)

Ross: Ezel? Ezel? Ezel?
 エーゼル?!(辞書で調べる)エーゼル? エーゼル?

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, Ross! Listen, do you want to go see that new IMAX movie on tide pools?
 やぁ、ロス! な、潮だまりについての新しい映画見に行く?

(tide pool = タイドプール・潮だまり)

Ross: Really?!
 ほんと?!

Joey: No. But I got Knicks tickets for you, me, and Chandler.
 まさか。だけどニックスのチケット、おまえと俺とチャンドラーの分あるぞ。

Ross: Sweet!
 いいね!

Joey: All right, well, finish your coffee; let’s go.
 よし、じゃあコーヒー飲めよ。行こう。

Ross: Okay, I-I just have to stop by my place first.
 わかった。だけど、ちょっと部屋に寄らないといけないんだ。

Joey: To tape the game? You do this every time, Ross, you’re not gonna be on TV!
 ゲームを録画するのか? いつもやってるけどな、ロス、テレビには映んないって!

Ross: No-no, I-I have to see if this apartment became available.
 違うよ。ある部屋が、空き部屋になるか見に行きたいんだよ。

Joey: Oh, you’re switching apartments?
 なんだ、部屋を代わるのか?

Ross: It’s not for me, it’s for Rachel.
 僕じゃないよ。レイチェルのためだ。

Joey: But Rachel has an apartment.
 だけどレイチェルにはもう部屋があるじゃないか。

Ross: Yeah, but when the baby comes she’s gonna want to move.
 ああ、だけど、赤ちゃんが生まれてきたら、彼女も引っ越したいだろ。

Joey: She is?
 そうなのか?

Ross: Yeah, you didn’t expect her to live there with a baby, did you?
 ああ。君だって、赤ちゃんと一緒に暮らすつもりはないだろう?

Joey: I guess I didn’t really think about it.
 そこんところはあまり考えてなかったよ。

Ross: Ezel! . . Hey, Gunther! You’re an ezel!
 エーゼル!(辞書で言葉を見つける)おい、ガンター! 君こそエーゼルだ!

Gunther: Jij hebt seks met ezels. (Translation: You have sex with donkeys.)
 (「ロバとセックスしてるくせに」とオランダ語で言う)

Ross: Damn it!
 (ワカラナイので)クソッ!

《モニカ達の部屋:ブレンダのジーパンに注目するモニカ》

Monica: Nice jeans!
 素敵なジーンズね!

Brenda: Oh, thanks! I like your top.
 ああ、ありがとう。あなたのシャツも素敵ね。

Monica: Oh. . . You’re not gettin’ it.
 ああ。(独り言で)あげないわよ。(ブレンダの股間を覗こうとして、椅子から転げ落ちる)

Brenda: What happened?!
 どうしたの?

Monica: Oh, I fell asleep.
 あっ、寝ちゃった。

Brenda: I was thinking about taking my lunch break.
 お昼休みを取ろうかと思うんだけど。

Monica: Oh, will you do the top of the cabinets? That’ll really work up your appetite for lunch.
 キャビネットの一番上を掃除してくれる? そうすればおなかもすくわよ。

Brenda: All right.
 わかった。
(カウンターに登って背伸びして掃除するブレンダの股間を見ようとするモニカ、ブレンダが動いたため、顔を足に挟まれる)

Monica: Hello.
 ハロー・・・。

Brenda: What’s going on?!
 どうなってるの?

Monica: I’m sorry. I’ve never had a maid before, is this not okay?
 ごめんなさい。メイドさん雇ったのなんて初めてなんだけど、こんなことしちゃダメかしら?

《ジョーイの部屋:ジョーイが帰ってくる》

Rachel: Hey!
 ハーイ!

Joey: Hey!
 やぁ!

Rachel: How was the game?
 ゲームはどうだった?

Joey: Oh, okay. I…I ate way too much.
 ああ、よかったよ。食べ過ぎたけどな。

Rachel: Oh.
 あら。

Joey: Ooh. . . So umm, I was talkin’ to Ross and he said you were looking for a new place.
 うー!(レイチェルのピザを食べる) ロスと話したんだけど、新しい部屋探してるんだって?

Rachel: Oh, yeah! Hopefully across the street. If certain Dutch people would just let go.
 ええ、そうなの。できればお向かいでね。あるオランダの人がいっちゃえば。

Joey: I was kinda hoping you’d stay.
 君にこのままいてほしかったんだけどな。

Rachel: But Joey, I have to go. There’s no room for a baby here.
 でもジョーイ、出て行くしかないわ。赤ちゃんのためのスペースはないもの。

Joey: No room? It’s a baby. It’s like this big. . . You know, I mean you-you could you could put it over here. . . Or-or-or we could put it right here. . Aw, it’s cute, right? Or-or we could put it over here. . You wouldn’t even notice it. Where’s the baby?
 スペースがない? 赤ちゃんだろ。これくらいじゃないか(手を小さな幅を表現)。ここ(机)に寝かせればいいだろ。それか、こっち(椅子)でもいい。あぁ、かわいいだろ? それから、ここでもいいな。気づきもしないくらいだよ。赤ちゃんどこ?

Rachel: Honey, it’s not just a matter of where you put it. I mean a baby changes everything. They cry all the time. I mean imagine bringing home some girl and trying to score when there’s a screaming baby around.
 でもね、どこに場所があるかってことだけじゃないの。赤ちゃんがいたら何もかも変わっちゃうわよ。しょっちゅう泣くわ。誰か女の子連れてきて、ものにしようって時に、赤ちゃんが泣き叫んでるって考えてみてよ。

Joey: I could use a challenge! It’s getting pretty easy.
 難しい方がいいよ!最近、簡単すぎるからな。

Rachel: Honey, it’s so sweet that you want me to stay, but I-I can’t do that to you. I mean it would disrupt your entire life.
 いてほしいなんて、本当に優しいのね。でも、そんなことさせられないわ。あなたの生活をめちゃくちゃにしちゃうのよ。

Joey: I love living with you so much. I just wish things didn’t have to change.
 君と暮らすのが本当に好きなんだよ。何もかも今のままだったらいいのに。

Rachel: I know.
 わかるわ。

Joey: You know I blame Ross for this.
 全部ロスのせいだ。

Rachel: I do too a little bit.
 私もちょっとそう思う。

Joey: I’m gonna miss you, you’re the hottest roommate I ever had.
 君がいないと寂しいよ。君みたいなホットなルームメイトはいないよ。

《エリックの部屋》

Phoebe: Ooh, oh, no! I have to go! I have a massage appointment.
 あ、いけない! 私もう行かなくちゃ! マッサージの予約があるのよ。

Eric: Oh, no, stay here we’ll keep doing this. I’ll pay you.
 あ、だめだよ。ここにいて、続けていようよ。お金も払うよ。

Phoebe: No, I got in trouble for that before. I’ll see you later.
 ダメよ。それやって前に問題になったから。また後でね。

Eric: Absolutely. . . I love the way you kiss.
 わかったよ。(キス)君のキス、好きだよ。

Phoebe: Really? That’s the thing I’m worse at! You’ll see.
 そう? 私が一番苦手なものなのよ。後でわかるわよ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hi!
 やあ。

Monica: Hey! Umm, I think Brenda needs a raise.
 おかえり! ね、ブレンダ昇給してあげて。

Chandler: How come?
 なんで?

Monica: Because I put my head between her legs.
 彼女の足の間に、私、頭入れちゃったから。

Chandler: To see her pants?
 彼女のジーパン見るために?

Monica: They’re my pants!
 あれは私のよ!

Chandler: Are you sure? Did you see the stain?
 間違いないか? 染みは見つけたのか?

Monica: No! I was just getting into position and then everything went dark.
 いいえ。見えるかと思う位置に入ったら暗くなっちゃったんだもん。

Chandler: God! She is not stealing from us! Okay, will you let this go?
 もう! 彼女は盗んでなんかいないって! なあ、もう忘れてくれないか?

Monica: Fine. . . She’s wearing my bra!
 わかったわよ。(通過してバスルームへ行ったブレンダを見て)彼女私のブラをつけてる!

Chandler: Oh, dear God!
 もう勘弁して!

Monica: My pink flowered bra! I recognize the strap!
 私のピンクの花柄のブラよ! ストラップでわかったわ!

Chandler: And yet you don’t recognize that you’re crazy.
 だけど自分がおかしいってことはわからないのか?

Monica: Here’s the plan! Okay? I’m going to leave you get a look at Brenda’s bra!
 こういうプランでいくわよ、いい? 私ちょっと出かけるから、あなたはブレンダのブラを見て!

Chandler: Here’s another plan…No!
 もう一つプランがある。イヤだ!

Monica: I would do it but she thinks I’m attracted to her!
 私がやってもいいけど、私、彼女に気があるって勘違いされちゃってるの。

Chandler: Why?
 なんで?

Monica: Did you not hear where my head was? Come on! Come on, we’re a team! We’re in this together!
 私の頭がどこにあったか聞いてなかったの? ねぇ、お願い、私達はチームでしょ! 協力しなきゃ!

Chandler: I fear a jury will see it the same way!
 陪審員もそう思いそうで怖いよ。

Monica: Do this for me! Come on, I catch you looking at woman’s breasts all the time!
 私のためにやってよ! お願い! どうせいつも女の人の胸見てるじゃないの!

Chandler: You see that?
 わかってたのか?

Monica: Do you see this?
 これでわからない?(うっとり胸を見て見せるモニカ)

Chandler: All right. Yes. Okay. I get your point. But if it’s not your bra will you just let the woman clean the apartment?!
 わかった、ああ、やるよ。言いたい事はわかった。だけど、それが君のブラじゃなかったら、もう部屋の掃除は彼女に任せてくれるな?

Monica: Yes! Absolutely. Okay? Look, you’ll know it’s mine because on the right cup, the lacey part, there’s a very noticeable rip.
 ええ! もちろんよ。いい? ブラの右側のカップのレースになってるところが裂けてるから、すぐわかるわ。

Chandler: You need new clothes.
 新しいの買えよ。

《ミセス・ヴァーホーヴェンの部屋》

Ross: Hi. How is she?
 どうも。彼女はどうですか?

Mrs. Verhoeven's Daughter: It’s not looking good.
 よくないわ。

Ross: Oh. . Oh. Well I uh, I brought her some bloemen. (Flowers in Dutch.)
 ああ。(悲し気に言い直す)ああ。彼女に花をお持ちしました。

Mrs. Verhoeven's Daughter: That’s so sweet. Would you like to come in and say good-bye? I’m sure it would mean a lot to her.
 まぁ、素敵ね。入って、お別れを言いませんか? 彼女もすごく喜ぶに違いないわ。

Ross: Oh, I don’t know that it would.
 それはどうかなぁ。

Mrs. Verhoeven's Daughter: Well, her memory is pretty much gone.
 もう何も思い出せないようですけどね。

Ross: All right, then.
 それじゃ、行きます。

《エリックの部屋:フィービーが戻る》

Phoebe: Hey!
 ヘイ! (ベッドに横になっている)

Eric: Welcome back!
 おかえり!

Phoebe: Hey! . . Can we pick up where we left off?
 ヘイ!(ベッドに飛び乗る)さっきの続きをしましょうか?

Eric: I don’t know, I’m still pretty tired out from this afternoon.
 どれはどうかな。さっきの後ですごく疲れてるからね。

Phoebe: Why?
 どうして?

Eric: Uh, the sex.
 え。セックスだよ。

Phoebe: What sex?
 セックスって?

Eric: Our sex.
 僕らのセックスだよ。

Phoebe: We didn’t have sex.
 私達セックスしてないわ。

Eric: Well, if I didn’t have sex with you, I had sex with someone that looked an awful lot like…
 もしセックスした相手が君じゃないっていうなら、僕がセックスしたのはすっごくよく似た・・

Phoebe: Ew! Ew! Ew! Ew! Ew! Ew!
 ヤだ! ヤだ! ヤだ! ヤだ! ヤだ! ヤだ!

Eric: Oh, no! Oh, no! Oh, no! Oh, no! No! No! No!
 そんな、まさか! ウソだろ! ダメ! ダメ! ダメ!

Phoebe: You-you…you had sex with Ursula?!
 あなた・・・あなたアースラとセックスしたのね?

Eric: Uh, a little bit. She-she-she walked in and I thought she was you and I kissed her and…
 あー・・ちょっと。彼女が入ってきて、僕は君だと思ってキスをして、そして・・

Phoebe: You didn’t notice she was wearing different clothes?!
 服が違うって気がつかなかったの?

Eric: Well. I was just so excited to see you.
 君に会えてあんまり嬉しかったもんだから・・

Phoebe: Oh. Ew! Ew! Ew! Ugh! You know what? This is too weird.
 まぁ! ・・・ヤだ! ヤだ! ヤだ! もう! ねぇ、やっぱり変すぎる。

Eric: No-no, it’s not! I don’t want to lose you! It’s-it’s like I was saying to Ursula when I was making love to her and I thought she was you−Yeah, it is too weird.
 いやいや、そんなことないよ! 君を失いたくない! 彼女と愛し合っていた時アースラに言っていて、彼女が君だと思っていて・・・ ああ、これは変すぎるな。

Phoebe: So I guess this is it.
 それじゃ、もうおしまいね。

Eric: Yeah. Maybe it’s for the best. You smell just like her.
 そうだな。(ハグ)これでいいんだ。君、彼女のような香りだ。

Phoebe: Yeah, so do you.
 ええ、あなたもよ。

《モニカ達の部屋:ブレンダのブラを見ようとするチャンドラー》

Brenda: What are you doing?
 何してるの?

Chandler: I’m leaning. This is where I lean.
 前屈みになってるんだ。こうしてかがむんだ。

Brenda: Okay.
 そう。。

Chandler: Brenda, a bee!
 ブレンダ、ハチだ!

Brenda: What?
 えっ?

Chandler: Yes! It’s flown into your blouse and you’d better undo your buttons lest it sting you!
 ああ! 君のブラウスの中に飛んで行ったよ。刺されるから、ボタンを外さないと!

Brenda: I think I know what’s going on here.
 何をしてるのか、わかるわ。

Chandler: You do?
 わかる?

Brenda: Look, I know it must be hard that your wife is a lesbian, but it’s wrong. You’re married.
 ね、奥様がレズビアンで、あなたはつらいと思うけど、こんなの間違ってるわ。あなたは結婚してるのよ。

Chandler: I totally understand. . Can I just see your bra?
 完璧にわかるよ。・・ブラ見せてくれない?

《モニカ達の部屋の前:モニカがいるところにレイチェルが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica: Where did you get those jeans?!
 (レイチェルのジーパンを見て)そのジーンズどこにあったの?

Rachel: You gave them to me!
 あなたがくれたじゃない!

Monica: No, I didn’t!
 いいえ、あげてないわよ!

Rachel: All right, I took them. But I figured it would be okay, because you got a big ink stain on the crotch.
 そうか。じゃ、とった。だけど、いいと思ったのよ。だって、このクロッチにでっかいインクの染みがあるんだもの。

Monica: Oh, no! Did you take my bra too?!
 ああ、もう! あなた、私のブラも取った?

Rachel: What bra?
 ブラって?

Monica: The pink one with the flowers?!
 ピンクの花柄のよ。

Rachel: You mean the one that you’re wearing?
 今つけてるこれのこと?(モニカのブラストラップを直す)

Brenda: I quit!
 (部屋から出て来て)もう辞めます!(立ち去る)

Monica: Sounds about right.
 そりゃそうよね。

(sounds about right = まぁそんなところだ、妥当だ)

《ジョーイの部屋:レイチェルが戻ると、ベビーベッドなどがある》

Rachel: What is this?
 これはなに?

Joey: Hey! Uh, this is just to give you an idea. Okay, well, we can put screens here, so that the baby has privacy, and-and-and maybe a mobile over the crib. And uh−Oh, look! Here’s a baby monitor, which until the baby comes we can use as walkie-talkies. Huh?
 やぁ! ちょっとこんなのどうか見てみてよ。ここにスクリーンをつけられるし、そうしたら赤ちゃんのプライバシーが守れるだろ。それに、それに、ベビーベッドにはモビールをつけるだろ。それから・・あ、見て! これ、ベビーモニターだよ。赤ちゃんが来るまでの間は、トランシーバーとして使えるよ。ね?

Rachel: You’re so sweet. . Oh, my God! And you gave the baby Hugsy!
 あなたってホント優しいのね。・・あら、驚いた! あなた、赤ちゃんにハグジーくれるのね!

hugsy.jpg(Hugsy)

Joey: Ahhhh…. That-that’s really just to show where the baby would go. You know why don’t I hold on to him so that there’s no confusion?
 ああー・・それは、赤ちゃんがここだっていうのを見せただけだよ。これは俺が持っとくよ。こんがらからないようにね。

Rachel: But Joey, the baby is going to be crying, it’s gonna be loud.
 でもジョーイ、赤ちゃんは泣くわよ。騒がしいわよ。

Joey: I’m loud!
 俺も騒がしいよ!

Rachel: It’s gonna be up all night!
 一晩中起きてるかもしれないわよ!

Joey: I’m up all night!
 俺も一晩中起きてるよ。

Rachel: It’s gonna poop!
 うんちもするわよ。

Joey: Hello!
 もしもし?

Rachel: What about all the women you want to bring home?
 部屋に連れてくる女の子達のことはどうするの?

Joey: Look, if I’m bringing home a woman who can’t stand being around a baby, then maybe I don’t want to be with that woman! Or maybe we’ll just do it in the bathroom of the club!
 もし連れてきた女性が赤ちゃんがいるってことに耐えられないとかいうなら、そんな女性とつきあわなくてもいいよ。それか、クラブのバスルームですませるか。

Rachel: Joey, are you sure?
 ジョーイ、本当にいいの?

Joey: Yeah! All right−Look, I know sometimes it’ll be hard, okay? But, it’ll also be really…really great. Please, Rachel! I-I-I really want you to stay.
 ああ! いいか、たまにきついこともあるってわかってるよ、な? だけど、それでも、すごく、すごくいいと思うよ。頼むよ、レイチェル! 本当にここにいてほしいんだ。

Rachel: I want me to stay too.
 私もここにいたいわ。

Joey: Ohh!
 わぁ!

Rachel: Thank you. . Oh, Joey, look at this crib! It’s so cute!
 ありがとう(ハグ)ああ、ジョーイ。このベビーベッド! 本当にかわいいわね!

Joey: I know! I found it on the street.
 だろう! これ道路で見つけたんだ。

Rachel: Are you serious−Really?! It’s in such good condition.
 本当に? ほんと? これすごくいい状態じゃないの。

Joey: Yeah.
 ああ。

Rachel: Wow! Whoa-whoa what’s under the covers?
 わっ! うわっ! なに、下に何があるの?

Joey: I don’t know.
 わからないよ。

Rachel: It’s moving.
 動いてるわ。

Joey: Ew.
 うわ。

Rachel: It’s still−−It’s got a tail! Get it out of here! Get it out of here!!
 でも・・(悲鳴)シッポがある! 外へ出して! 外へ出して!

Joey: Ooh! Ah! Okay!
 うわ。ああ! よし!(急いで外へ出す)

“Dedicated to the Memory of Pearl Harmon”
 『パール・ハーモンの思い出に捧げる』

《ジョーイ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Well, the old lady died. And how do I know? Because her dying wish was for one last kiss. But I don’t care, because you got the apartment. Yes!
 いやぁ、あのおばあさん亡くなったよ。どうして知ってると思う? 彼女の死ぬ前の願いが、最後のキスだったんだ。でも、いいんだ。これで君の部屋が見つかったからね!うん。

Rachel: Ewww. Yeah. Umm. I think I’m gonna stay here.
 うー・・。ええ・・私ここにとどまることにしたから。

Joey: Isn’t that great?
 すっごくない?

Ross: Ezels!!
 ・・・エーゼル!!




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:38| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。