2013年11月04日

8-6 The One With The Halloween Party

8-6 ハロウィン・パーティの話

 ☆恋の相手はショーン・ペン☆

《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Monica: Hey, guys, guess what?
 ねぇ、みんな、聞いて。

Ross: What?
 何?

Monica: I know it’s last minute, but we’ve decided to have a Halloween party.
 急な話だってのはわかってるけど、ハロウィン・パーティすることにしたから。

Phoebe: Oh, good!
 ああ、いいわね!(みんな喜ぶ)

Monica: And everybody has to wear costumes. . . Come on! It’ll be fun!
 みんな仮装してくるのよ(みんな反対する)いいじゃない! 楽しいわよ!

Ross: Well, I’ll-I’ll be there. I mean I have to wear a costume to all my classes that day anyway so…
 僕は行くよ。大学の授業でどうせ仮装しなきゃいけないからね。

Rachel: Please tell me you’re not gonna dress up like a dinosaur.
 お願い、恐竜のかぶりものじゃないって言って。

Ross: Not two years in a row.
 2年続けてそれはないよ。

Joey: Look, I’ll come to the party but I’m not dressing up.
 なぁ、パーティには行くけど、仮装はしないぞ。

Monica: You have to!
 そんなのだめよ!

Joey: No way! Look, Halloween is so stupid! Dressing up, pretending to be someone you’re not…
 とんでもないよ! ハロウィンなんてばかげてるよ! 衣装つけて、自分じゃない誰かのふりするなんて。

Chandler: You’re an actor!
 おまえ俳優だろ!

Monica: So Ross, are you gonna bring Mona?
 それでロス、あなたはモナを連れてくるの?

Ross: Yeah. Yeah, I think I will.
 ああ、そうだな。そうするよ。

Joey: That hot girl from their wedding?
 結婚式で会ったあのホットな女の子?

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: Well, hey-hey, if she needs any idea for costumes, she could be a bikini model, or a slutty nurse, or a sexy cheerleader, huh−Ooh-ooh, Leather-face from The Texas Chainsaw Massacre−No-no-no! Slutty Leathe-rface.
 なぁ、なぁ、もし彼女が仮装のアイデアほしいっていうならさ、ビキニ・モデルはどうかな。それか、スケベな看護婦、またはセクシーなチアリーダー、どう? あ、そうだ。『テキサス・チェーンソー』のレザーフェイス、いや違う違う、スケベなレザーフェイス。

(Leather-face = 映画『悪魔のいけにえ』と『テキサス・チェーンソー』に登場する殺人鬼)

Phoebe: Now wasn’t Joey hitting on her at the wedding too?
 ジョーイもその女の子誘ってなかった?

Ross: That’s right! He was hitting on her, and I got her. I guess the better man won. . . Please don’t take her from me.
 そうだよ! 彼も誘ってたけど、でも僕がいただきだ。いいやつの方の勝ちってことだな(ジョーイに)お願い、彼女取らないで。

《通りでアースラに出会うフィービー》

Phoebe: Ursula! . . Wait! Err-err, it’s me! Phoebe!
 アースラ!(振り返った後、立ち去るアースラ)待って! ねぇ、私よ! フィービーよ。

Ursula: Oh, I thought there was a mirror there. Okay, bye-bye.
 あら、鏡があるのかと思ったわ。それじゃバイバイ。

Phoebe: Wait a second! So, what’s new with you?
 ちょっと待って! それで、最近どう?

Ursula: Umm, nothing. I mean, I’m getting married next week.
 うーん、別に。来週結婚するけど。

Phoebe: What?!
 えっ?!

Ursula: Yeah! Yeah, it’s gonna be a small ceremony. Just family. . . His.
 ええ。そうよ。お式はささやかにするの。家族だけでね。・・・彼の。

Phoebe: Huh. Okay. Well, I’m really happy for you.
 そ。わかったわ。本当によかったわね。

Ursula: Wait! If umm, if you want to come, I guess that’d be okay.
 待って! もし・・もし来たかったら、来てもいいわよ。

Phoebe: Really?
 本当?

Ursula: Sure! Why not? You could be my sister for the day.
 ええ! いいわよ。その日は妹ってことで。

Phoebe: Yeah. Okay. Umm, you know, my friends are having a Halloween party tonight at my old apartment so, you could come. Maybe I could meet the guy you’re marrying.
 そう、わかったわ。ねぇ、私がもと住んでた部屋で、友達が今夜ハロウィンパーティするんだけど、くる? 私もあなたの結婚相手に会えるでしょう。

Ursula: Huh. Well, I’m supposed to be working at the restaurant tonight. I’m supposed to be working right now, so who cares.
 そう。私今夜、レストランで仕事なんだけど・・今も仕事中のはずなんだし、まぁいいか。

Phoebe: By the way, it’s a costume party.
 ところで、仮装パーティだから。

Ursula: Oh! Okay, so that’s why you’re…
 ああ! そうだったのね、だからあなたそんな(フィービーを指す)

Phoebe: No. But thanks.
 違うわよ。どーも。

《モニカ達の部屋のパーティ:レイチェルが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica: Wait! You’re supposed to wear a costume!
 待って! 仮装してきてくれなきゃ!

Rachel: I am! I am a woman who spent a lot of money on a dress and she wants to wear it, because soon she won’t be able to fit into it.
 してるわよ。私は、高価なドレスを買ったけど、もうすぐ入らなくなっちゃうから着たい女性よ。

Monica: Oh.
 ああ。

Rachel: Ahh!
 ねー!

Monica: I’m Catwoman, who wants to borrow the dress when you’re too big for it.
 私は、あなたのおなかが大きくなっちゃったらそのドレスを借りたいキャットウーマンよ。

Rachel: Okay.
 わかった。

Kids: Trick or treat!
 (ノックをして)お菓子くれなきゃいたずらするぞ!

Rachel: Oh! Oh! Can I give out the candy? I really want to be with the kids right now. You know, ever since I got pregnant I-I have the strongest maternal instincts.
 あっ、あって! 私がキャンディあげていい? 私子供と接したいのよ。ほら、妊娠してから、母性本能が目覚めたの。

Kids: Trick or treat!!
 お菓子くれなきゃいたずらするぞ!

Rachel: Just a minute!!! Look at you guys! Wow! You are a very scary witch.
 ちょっと待ちなさいっ!(ドアを開ける)まぁ、あなた達! すごいわね! あなたはすごく怖い魔女ね(キャンディを渡す)

Witch: Thank you.
 ありがとう。

Rachel: And you are a very funny clown.
 そしてあなたはおもしろいピエロさんね(キャンディを渡す)

Clown: Thank you.
 ありがとう。

Rachel: And you are so in style right now. You know, I work at Ralph Lauren and the whole fall line has got this like equestrian theme going on. I don’t suppose you saw the cover of British Vogue, but…
 (カウガールに)あなたは今流行のスタイルね。私ラルフローレンで働いてるんだけど、この秋の流行は、乗馬スタイルみたいな感じなのよ。あなたイギリス版ヴォーグを見たわけじゃないでしょうけど・・

Cowgirl: Could I just have the candy?
 いいからキャンディくれない?

Rachel: Yeah. Sure.
 ええ、どうぞ。

(子供達は帰り、スーパーウーマンスタイルのフィービーが来る)

Phoebe: Ah, Catwoman. So we meet again.
 ああ、キャットウーマン。また会ったわね。

Monica: So we do, Supergirl.
 そのようね、スーパーガール。

Phoebe: It’s me, Phoebe!
 私よ、フィービーよ!

(チャンドラーがピンクのうさぎの着ぐるみ姿で寝室から出てくる)
Chandler: Monica! Can I talk to you for a second? Listen, I appreciate you getting me the costume…
 モニカ! ちょっと話せる? なぁ、コスチューム用意してくれたのはありがたいけど・・

Rachel: Oh, you did this to him?
 (モニカに)まぁ、これあなたがやったの?

Monica: What?! I thought he’d love it! His favorite kid's book was the Velveteen Rabbit!
 何よ? 彼気に入ると思ったのよ。彼のお気に入りの本はビロードうさぎなのよ。

Chandler: The Velveteen Rabbit was brown and white!
 ビロードうさぎは、茶色と白だ!

Monica: Well, it was either a pink bunny or no bunny at all.
 だってウサギはピンクしかなかったんだもの。

Chandler: No bunny at all!! Always no bunny at all!!!
 ウサギなしでいいよ! ウサギはありえない!

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Monica: You didn’t dress up either?!
 あなたも仮装してこなかったの?

Joey: Yes, I did! I’m Chandler. . . Dude, what happened?
 してきたよ! 俺、チャンドラーだ。(チャンドラーに)おい、おまえ何が起きたんだ?

Chandler: How is that me?
 それのどこが俺なんだよ?

Joey: Okay. I’m Chandler.
 いいか、俺はチャンドラーだ(ウワーンのような変な声をあげる)

Phoebe: That is so you!
 (チャンドラー)ほんと、あなただわ!

Chandler: When have I ever done that?!
 俺がいつそんなことした?

Joey: When have I ever done that?!
 俺がいつそんなことした?(また変な声)

Girl: Trick or treat!
 (ノックの音)お菓子くれなきゃいたずらするぞ!

Rachel: Oh! . . . You’re just the prettiest ballerina I’ve ever seen.
 ああ!(ドアを開けるとバレリーナスタイルの女の子)あなた、見たこともないほど可愛いバレリーナね!

Ballerina: Thank you.
 ありがとう(ピルエット・つま先で回転してみせる)

Rachel: Oh, wow! That deserves another piece of candy.
 まぁ、すごい! もっとキャンディあげなきゃね。

Ballerina: Thank you.
 ありがとう(また踊る)

Rachel: Well, I have to say that earns tutu pieces of candy.
 まぁ、これはまたキャンディあげないとね。

Ballerina: I love you!
 愛してる!(レイチェルをハグ)

Rachel: Ohh… Oh, honey here. Take it all. . . . Monica! We need more candy?
 まぁ・・ああ、もう全部持ってって。(キャンディを全部あげてドアを閉める)モニカ! もうキャンディがなくなっちゃったわよ!

Monica: What?! There’s only been like four kids.
 何ですって? 子供は4人ぐらいしか来てないじゃないの。

Rachel: Yeah, I know, but one of them just said that she loved me so I just gave her everything.
 そうだけど、1人の子が、私のこと愛してるっていうもんだから、全部あげちゃった。

Phoebe: No wonder your pregnant.
 どうりで妊娠するわけね。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hey.
 ヘイ。

Monica: What are you supposed to be?
 それ何の格好なの?

Ross: Remember the Russian satellite, Sputnik? Well, I’m a potato or a…spud. And these are my antennae. So Sputnik, becomes… Spud-nik. Spud-nik!
 ロシアの衛生のスプートニクってあっただろ? ほら、これはポテト、つまりスパッド。そしてこれはアンテナ。つまり、スプートニクが、スパッドニク。スパッドニクだよ!

(Sputnik = ロシアの衛星)

Chandler: Wow! I don’t have the worst costume anymore!
 (ロスを見て)わお! もう俺が最悪じゃなくなったよ!

Joey: Hey, all right, Ross came as doodie.
 (ロスを見て)おお、そうか、ロスはうんちで来たんだな。

Ross: No, I’m not doodie.
 違うよ、うんちじゃない!

Monica: No, space doodie!
 違うわよ、宇宙うんちよ!

(男性が入って来てフィービーのお尻を叩く)

Eric: Hey, sweetie.
 やぁ、君。

Phoebe: Oh..
 まぁ。。

Eric: Aren’t you gonna give me a kiss?
 キスしてくれないのかい?

Phoebe: Okay, I will. But right after you tell me who the hell you are.
 ええ、いいけど、あなたが誰かわかってからね。

Eric: Ursula?
 アースラ?

Phoebe: Ursula’s fiancé?
 アースラの婚約者ね?

Eric: Oh, my God, you’re the sister!
 なんてことだ。君は妹さんか!

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Eric: Okay, I just slapped my future sister-in-law’s ass.
 ああ、未来の義理の妹のお尻を叩いてしまったんだな。

Phoebe: Yeah.
 そうね。

Eric: I’m an idiot. Uh, is your mother here? Maybe I can give her a little slap on the butt.
 僕はバカだな。ねぇ、おかあさんも来てる? 彼女のお尻も叩いてきた方がいいかも。

Phoebe: My mother killed herself.
 母は自殺したわ。

Eric: See, and I knew that and…now I’m sweating. Look at me, I’m really sweating−Now I’m saying, "Look at me," I’m getting even sweatier. I think I probably should go.
 そうだよ、それ知ってたのに。ああ、もう汗が出てきちゃったよ。ほら見て、ひどい汗だ。・・「ほら見て」なんて言ったから、ますます汗が出てきた。もう帰った方がいいかな。

Phoebe: No-no! That’s okay, we’ll just start over. Okay? Hi! I’m Phoebe.
 ダメダメ! いいのよ。最初からやり直しましょ、ね? ハーイ! 私はフィービーよ。

Eric: Eric.
 エリックだ。(顔をしかめている)

Phoebe: Why are you looking at me like that?
 どうしてそんな目で私を見るの?

Eric: ‘Cause the sweat’s getting in my eyes and its burning.
 汗が目に入ってきちゃって、痛いんだよ。

Phoebe: Okay. . So, what are you?
 そうなの(ナプキンを渡す)それで、あなたは何なの?

Eric: I don’t think they have a name for it. It’s just I get nervous; I start sweating like crazy.
 こんなの名前はないと思うよ。ただ不安になると、おかしいくらい汗をかいちゃうんだ。

Phoebe: No, I-I meant your costume.
 違うわよ。あなたのその仮装が何か聞いたの。

Eric: Oh, umm, I’m the solar system. Yeah, my students helped me make it−I teach the second grade.
 ああ、これは太陽系だよ。生徒が作るのを手伝ってくれたんだ。僕は2年生を教えてるんだよ。

Phoebe: I love the second grade!
 2年生って大好きよ!

Eric: Really?
 ほんと?

Phoebe: Yeah! It’s so much better than first grade when you don’t know what’s going on and definitely better than third grade. You know with all the politics and mind games.
 ええ。何もわけわかってない1年生よりずっといいし、それに、3年生より絶対いいわよ。ほら、政略だの駆け引きだの。

Eric: So what do you do?
 それで、君は何をしてるの?

Phoebe: Umm, I’m a masseuse, by day.
 私はマッサージ師よ。昼間はね。

Eric: You know, you don’t have to stand here with me…
 ね、僕のそばにいてくれなくてもいいんだよ。

Phoebe: No, I’m having fun. I’m really−And I’m really-really excited for you and Ursula.
 いいのよ。楽しいもの。ほんと・・それに、本当にあなたとアースラのこと、よかったと思うわ。

Eric: Oh, I feel very lucky, she’s great. I think she’s the most beautiful woman I’ve ever seen.
 ああ、僕はすごくラッキーだったよ。彼女は素晴らしい人だ。あんな美しい人は初めてみたよ。

Phoebe: Thank you.
 ありがとう。

《時間経過》

Monica: Hey, Joey?
 ねぇ、ジョーイ?

Joey: Yeah.
 なに。

Monica: You read comic books, right?
 あなた、マンガ読むわよね?

Joey: Exclusively.
 それに限り読む。

Monica: Who do you think would win in a fight, Catwoman or Supergirl?
 キャットウーマンとスーパーガールが戦ったらどっちが勝つと思う?

Joey: Catwoman, hands down.
 キャットウーマンが楽勝だよ。

Monica: Yeah…
 そうね。

Joey: But between you and Phoebe, I’d have to give the edge to Phoebe.
 だけど、君とフィービーとってことなら、フィービー優位と言うしかないね。

Monica: What?! Really?!
 えっ? 本当に?

Joey: Are you kiddin’? Phoebe lived on the street. Okay? Plus, she’s got this crazy temper. She−She’s not standing right behind me, is she?
 冗談だろ? フィービーはストリート育ちだぞ。だろ? それに、彼女ってあの気性の激しさがあるだろ。彼女って・・・彼女今俺の後ろに立ってないよな?

Monica: No, you’re fine. All right, well, do you think I could take Rachel?
 いない、大丈夫よ。それじゃ、私はレイチェルには勝つ?

Joey: I’m not sure.
 それはどうかな。

Monica: What?! Come on, I am tough! Punch me right here, as hard as you can!
 何ですって? 何よ、私強いのよ! ここ(おなかを指して)思い切りパンチしてみてよ!

Joey: Will you relax?! What are you taking this so seriously for? It doesn’t matter.
 落ち着けよ。何をマジになってんだよ? どうでもいいじゃないか。

Monica: Oh, really? Okay? Well, what would you say if I told you that, you know, Ross or Chandler could beat you up?
 あらほんと? そうなの? じゃあ、私が、ロスかチャンドラーがあなたを叩きのめせるって言ったらどうする?

Joey: I would say, "Woman, please!"
 こう言うよ「お嬢さん、何いってんだよ!」

Phoebe: Hey. Ursula’s fiancé is really sweet! He’s a teacher, he does all this volunteer work. You know normally, you know, I don’t like really sweaty guys. But this one? I could just mop him up!
 ねぇ、アースラの婚約者、本当に優しい人よ。彼は教師をしてるし、いろいろボランティアもしてるの。普通、私は本当に優しい人って好きじゃないんだけど、でもこの人は違うわよ。汗拭いてあげたいわ!

Monica: Oh, my God, Phoebe!
 オーマイゴッド! フィービー!

Phoebe: What?
 何よ?

Monica: You’re getting a crush on your sister’s fiancé.
 あなた、お姉さんの婚約者を好きになっちゃったのね。

Phoebe: No, I’m not! You are!
 そんな、違うわよ! それはあなたでしょ!

Joey: Here comes the temper.
 ほら、荒い気性だぞ〜。

(ノックの音でレイチェルがドアを開ける)
Girl: Trick or treat!
 お菓子くれなきゃいたずらするぞ!

Rachel: Hi! You know what, honey? We’re actually out of candy right now. But someone just went out to get some and I have been giving out money but I’m out of that too. Hey, can I write you a check?
 ハーイ! あのね、今キャンディがなくなっちゃったのよ。でも、今買いに行ってるからね。だからお金をあげたいところだけど、それもないのよ。そうだ、小切手でもいい?

Girl: Okay!
 いいよ!

Rachel: Okay, what’s your name?
 わかった。あなたの名前は?

Girl: Lelani Mayolanofavich.
 リラニ・マヨラノファヴィッチ。

Rachel: Okay, I’m just gonna write this out to cash.
 あらそう。じゃあ、「上様」にしておくわね。

(モナが来る)
Mona: Hi!
 ハーイ!

Rachel: Hey, Mona!
 ハーイ。モナ!

Chandler: Oh! Hi!
 やぁ、どうも!

Mona: Hi!
 ハーイ!

Chandler: Joey’s gonna be thrilled! He was hoping you’d come by as a slutty nurse.
 ジョーイがきっと喜ぶよ! 彼は君がスケベな看護婦に扮してきてほしがってたんだ。

Mona: Umm, actually, I’m just a nurse.
 これ、ただの看護婦だけど。

Chandler: You’d think that would embarrass me, but you see I’m maxed out.
 こんなこと言って俺恥ずかしいのかもしれないけど、でもほら、もう十分恥ずかしい姿だからさ。

Ross: Hey!
 やぁ!

Mona: Hi!
 ハーイ!

Ross: You made it!
 来てくれたね!

Mona: Wait-wait! You’re umm, you’re a potato…
 待って待って! あなたはポテトで・・・

Ross: Well, I’m a spud…
 うん、スパッドだよ。

Mona: And the antennae…Oh, my God, you’re Spud-nik!
 そしてアンテナ・・・オーマイゴッド! あなたスパッドニクなのね!

Ross: Yes!
 そうだよ!

Chandler: Marry her.
 (ロスに)結婚しろ。

《ジョーイとモニカ》

Joey: Okay, here’s a good one for ya. Who do think would win in a fight between Ross and Chandler?
 なぁ、これなんかどうだ。ロスとチャンドラーが戦ったらどっちが勝つと思う?

Monica: I can’t answer that! Chandler’s my husband.
 そんなの答えられないわよ! チャンドラーは夫なのよ。

Joey: So Ross?
 それじゃロスか?

Monica: Yeah.
 そうね。

《フィービーとエリック》

Eric: Hey, beautiful.
 やぁ。美人さん。

Phoebe: Hello, handsome. . . . Oh, God. . Oh, look at you two. So when did you guys meet?
 ハロー。ハンサムさん。(エリックはアースラに言ったと気づく)あ、やだ。あら、あなた達・・2人はいつ知り合ったの?

Eric: Two weeks ago.
 2週間前。

Phoebe: Two weeks? That’s it?
 2週間? それだけ?

Eric: Yeah, I know it sounds crazy, and it’s not like me to do something so impulsive, but she’s just so perfect, and we have so much in common.
 ああ。わかってるよ、おかしいよね。こんな衝動的なことをするなんて、僕らしくないことなんだ。だけど彼女は本当に完璧だし、僕ら共通点がいっぱいあるんだ。

Phoebe: Oh, really?
 あら、そうなの?

Eric: We’re both teachers.
 僕ら2人とも教師なんだ。

Phoebe: Huh?
 は?(アースラが黙っていろとジェスチャー)

Eric: And we were both in the Peace Corps.
 それに僕ら2人とも、平和部隊にいたんだ。

Phoebe: Peace Corps, really?
 平和部隊・・本当?

Eric: In fact when we were building houses in Uruguay, we were just two towns apart and we never met.
 事実、ウルグアイで家を建てていた時、僕らは2つ離れた町にいて、互いに知らなかったんだ。

Ursula: Yeah. It wasn’t a town when I got there, but it was a town when I left. (To Eric) Shall we get me really drunk?
 そうよ。私達が行った時には町はなかったけど、私達が帰ってくる時には町があったのよ。(エリックに)それじゃ、私めちゃくちゃ酔っぱらいに行こうかな。

Eric: Sure.
 そうだね。

《ロスとチャンドラー》

Chandler: Howdy, doodie.
 うんち、こんちは。

Ross: That’s funny. Yeah. You know you’re the funniest man here in a pink bunny costume his wife made him wear.
 おもしろいね。君は妻に着させられてピンクのうさぎになった、超おもしろいやつだよ。

Chandler: Oh, relax, man, relax. You’re looking a little flushed.
 なんだよ、落ち着けよ、おい、落ち着けって。水に流してやるよ。

Joey: Hey-hey-hey, I think we might find out the answer to our question.
 (モニカに)おいおいおい、さっきの問題の答が見えるかもしれないぞ。

Chandler: What question?
 (ジョーイに)なんの問題?

Joey: Monica and I were talking about who could kick whose ass in a fight, you or Ross?
 モニカと俺は、おまえとロスが戦ったらどっちが勝つか話してたんだ。

Chandler: There’s no question.
 問題にならないよ。

Joey: So you think Ross too?
 それじゃおまえもロスだと思うのか?

Chandler: You picked Ross?!
 (モニカに)君もロスだと思ったのか?

Monica: Ross is really strong! Okay, he’s the strongest out of all three of you! Except for Joey.
 ロスは本当に強いのよ! あなた達3人の中で一番強いのよ。・・・ジョーイを除いて。

Chandler: I cannot believe you didn’t pick me.
 俺を選ばなかったなんて信じられない。

Ross: Uh, in her defense, she’s right. I am stronger. I would destroy you.
 彼女のために言うけど、その通りだよ。僕の方が強い。君なんて打ち負かせるよ。

Chandler: Oh, really?! You think you’re stronger? Why don’t you prove it?
 ああ、そうかい? 自分の方が強いっていうのか? 証明してみせろよ?

Ross: Oh, I’ll prove it! I’ll prove it like a theorem!!
 ああ、証明してみせるよ。公式の証明みたいにはっきりとね!(ケンカを始める)

Monica: Wait-wait!! Okay, stop it! Stop it! Stop! . . Now listen, no one’s gonna fight in this apartment.
 待って待って! ちょっと止めてったら! ストップストップ! いいこと、この部屋では誰にもケンカさせないわよ。

Joey: Hey, Monica! People came to see a fight, let’s give ‘em what they came for!
 おい、モニカ! みんなケンカを見にきたんだぞ。見せてやろうぜ!

Mona: Hey, you guys could arm wrestle.
 ねぇ、腕相撲をしたら?

Joey: Yeah. Listen to the slutty nurse.
 そうだな。スケベな看護婦さんに従おう・

Chandler: You’re going down.
 おまえは負けて落ちていくな。

Ross: Oh, yeah? You’re going further down! Downtown!
 ああ、そうか? おまえはもっともっと落ちていくよな! ダウンタウンまで!

Joey: Seriously guys, the trash talk is embarrassing.
 マジでおまえ達、挑発もその格好じゃ恥ずかしいだけだから。

(trash talk =挑発するなど、調子を乱すトーク)

《入り口近くのレイチェル:ガンターが来る》

Rachel: Oh, Gunther! You brought candy! Thank you so much for picking this up! You are so sweet.
 ああ、ガンター! キャンディね!持ってきてくれてありがとう! あなたって本当に優しいのね。

Gunther: Really?
 ほんと?

Rachel: Honey, someday you are gonna make some man the luckiest guy in the world.
 もちろんよ。いつかあなたとつき合う男性は世界一ラッキーね。

(ノックの音)
Kid: Trick or treat!
 お菓子くれなきゃいたずらするぞ!

Rachel: Gotta go! . . Hi! Wow! There you go!
 出るわ!(ドアを開け)ハーイ! ああ。はいどうぞ!

Boy in the Cape: My friend Lewis told me you were giving out money.
 友達のルイスから、ここではお金もらえるって聞いたんだけど。

Rachel: Oh, yeah, we were, but umm, now we’ve got candy.
 ああ、そうよ。だけど、もうキャンディがあるから。

Boy in the Cape: I’d rather have the money.
 僕、お金の方がいい。

Rachel: Well, that-that’s not your choice. Happy Halloween!
 それはね、選べないのよ。ハッピー・ハロウィン!

Boy in the Cape: This isn’t fair.
 不公平だよ!

Rachel: Well, is it fair that all you did was put on a cape and I gotta give you free stuff?
 あなた、ただケープをつけてるだけなのに、私が何かあげなくちゃいけなくて、それで公平だっていうの?

Boy in the Cape: Shut up!
 黙れ!

Rachel: You shut up!
 そっちが黙りなさい。

(ジョーイ達が聞きつけて見る)

Boy in the Cape: You can’t tell me to shut up!
 子供に黙れなんていっちゃダメなんだぞ。

Rachel: Uh, I think I just did. And uh-oh, here it comes again. Shut up!
 あら、でも言っちゃった。そしてほら、また来るわよ。黙れ!

Joey: Rach?
 レイチ・・。

Rachel: Yeah, I know−I’m good−I got it! . . Now wait a minute, I’ve got one more thing I have to say to you…Oh, right! Shut up!
 (ジョーイに)ええ、わかってる。大丈夫、大丈夫よ!(子供に)ちょっと待ってよ・・もう一つ言いたいことがあるみたい・・ああ、そうそう、黙れ!

Boy in the Cape: You’re a mean old woman.
 意地悪なおばさんだ!(泣いて走って行く)

Rachel: No! Wait no! Shut up−I mean don’t cry! Let me get my checkbook!
 ダメ、待って! 黙れ! じゃない、泣かないで! 小切手あげるわ!(追いかける)

《モニカとチャンドラー》

Monica: Look, honey, you don’t have to do this, okay? It’s the strength you have inside that means the most to me. You’re loyal, you’re honest, and you have integrity! That’s the kind of strength that I want in the man that I love!
 ねぇ、あなた、こんなことすることないのよ、ね? 私にとって大切なのは、あなたの内面の強さよ。あなたは忠実で正直で、誠実だわ! それが私の愛する男の強さなのよ。

Chandler: That means nothing to me. . . Come on!
 俺には全然意味がない。(ロスに)来い!

《モニカ達の部屋の前:アースラが喫煙中。フィービーがくる》

Phoebe: Hi, liar!
 ハーイ、嘘つき!

Ursula: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: You know, the only reason he’s marrying you is because he thinks all the things you were saying about yourself were true.
 ねぇ、彼があなたと結婚する理由は、あなたのついたウソを信じてるから、それだけなのよ。

Ursula: Well, they could be true.
 でも、ホントかもしれないでしょ。

Phoebe: But they’re not!
 でもウソじゃん!

Ursula: Yeah, it’s a fine line, huh?
 そうね。でもいいセリフよね?

Phoebe: Why are you lying to him?
 どうしてウソなんてついてるの?

Ursula: I don’t know. He said he did all this stuff and then I said I did it too and he got so excited, it was really fun.
 どうしてかしらね。彼がいろんなことしたって話すから、私もだって言ったら、彼すごく喜んだのよ。おもしろかったわ。

(エリックが出てくる)
Eric: Honey?
 きみ?

Ursula: It’s a filthy, disgusting habit and I want you to quit now!
 (タバコの煙をフィービーの顔の前で振って)これは不潔なひどい習慣よ、すぐ止めてちょうだい!

Eric: She’s helped so many people to quit smoking.
 彼女はたくさんの人の禁煙を助けてきたんだ。

Ursula: You know, we’d really better get going.
 ねぇ、私たち本当にもう行かないと。

Eric: Oh, right, you’ve got a church group meeting tonight.
 ああ、そうだね。君は今日教会の集会があるんだったね。

Ursula: Right.
 そうだった。(階段へ向かう)

Eric: Well, it was nice meeting you.
 (フィービーに)会えてよかったよ。

Phoebe: You too. And Ursula?! It was really nice meeting you tonight!!
 こちらこそ。アースラ、今夜はきてくれてよかったわ!

(ジョーイが出てくる)
Joey: Pheebs, come on! Bunny vs. doodie! We’re waiting! . . . Okay. Okay, guys, one match, winner take all. Oh, wait-wait! What does the winner get?
 フィーブス、早く来いよ! バニーとうんちの対戦だぞ。待ってるんだぞ! (中に戻り)よし、いいか、君たち、一回で決まりだ。勝った方が全部いただく。あ、待て待て! 勝った賞品は?

Ross: Pride.
 プライド。

Chandler: And dignity.
 そして尊厳。

Joey: Okay, if you say so. All right, ready? Set! Go!
 (笑って)よしよし、好きに言え。よし、いいな? レディ、ゴー!

《腕相撲開始後、勝負がつかないまま時間経過》

Mona: Wow! They’re both really strong.
 まったく! 2人とも本当に強いのね。

Joey: Or equally weak.
 それか、同じくらい弱いかだ。

Monica: Oh, God!
 まぁ、驚いた!

Phoebe: Hmm?
 なに?

Monica: Chandler’s making his sex face.
 チャンドラーったら、セックスの時の顔してるわ。

Ross: So, you gettin’ tired?
 (チャンドラーに)疲れてきたか?

Chandler: Nope! I can do this all day.
 いいや! 一日やってられるぞ。

Ross: Yeah? Me too. . . Gettin’ a little tired though.
 そう? 僕もだ。・・・・ちょっと疲れてきたけど。

Chandler: God, I’m exhausted.
 ああ! ヘトヘトだよ!

Ross: Look, this is starting to look really bad for me. Okay? Mona, Mona’s standing right over there. . Oh, God, she’s talking to Joey! You gotta let me win!
 なあ、これじゃ僕がめちゃくちゃ悪く見えるよ。だろ? モナが、すぐそこにいるんだ(モナを見て)ああ! 彼女がジョーイと話してるよ! 勝たせてくれ!

Chandler: No way! If anything you’ve gotta let me win! My wife thinks I’m a wimp!
 とんでもない! おまえが勝たせてくれよ! 俺の妻が俺を弱虫だと思ってるんだぞ!

Ross: Hey, at least you have a wife! I-I keep getting divorces and knockin’ people up! And I’m dressed as doodie.
 少なくともおまえには妻がいるじゃないか。僕は離婚とか、妊娠させたりとかばっかりだ! その上僕はうんちだ!

Chandler: You’re Spud-nik.
 おまえスパッドニクだろ。

Ross: Come on, who are we kidding? I’m doodie. Please? She’s watching.
 なんだよ、冗談だろ? うんちだよ。頼むよ、彼女が見てるんだ。

Chandler: Fine. . . Oh, no!
 わかったよ。ああ、ダメだ!

Ross: Oh, yeah!
 イエーイ!

Mona: Yay! My hero!
 イエーイ! 私のヒーロー!

Joey: You’re a weird lady.
 君っておかしな人だな。

(エリックが来る)
Eric: Hey. Ursula said she left her purse.
 ねぇ、アースラがバッグを忘れたって言うんだ。

Phoebe: Oh.
 あら。

Eric: What a relief. It has all the numbers of the people in her prayer chain.
 (見つけて)よかった! 祈りの会のメンバーの番号が入ってるんだ。

Phoebe: Sure it does. Yeah, yeah.
 そうでしょうとも。ええ、ええ。

Eric: Well, I guess I’ll see you at the wedding.
 それじゃ、また結婚式で会おう。(出て行く。フィービーも続く)

Phoebe: Umm listen, I don’t think…I don’t think I’m gonna make it to the wedding. So I just want to wish you all the luck in the world.
 ねぇ、私、結婚式には行けないだろうと思うの。だから、あなた達の世界一の幸せを祈っておきたくて。

Eric: I think we’ll be okay. Besides it’s so perfect and she’s been saving herself for me.
 僕らは大丈夫だと思うよ。何もかもが完璧だし、彼女は僕のために処女でいてくれたんだ。

Phoebe: Okay, I can’t let you do this! She’s lying to you.
 もうだめ。こんなことさせられないわ。彼女、あなたにウソついてるのよ。

Eric: What?
 えっ?

Phoebe: She is lying! And I bet I can prove it. Excuse me. . . Okay. Okay. Yeah−Not a prayer chain, but what looks like a detailed drawing of a bank floor plan. . . Okay, here’s the name tag from the restaurant where she works as a waitress! Not a teacher, a waitress. All right, here’s her driver license, this oughta be good, she always lies about this. How old did she say she was?
 彼女はウソをついてるのよ! 証明できるわ。失礼・・(アースラのバッグをあけて紙を出す)ほらね、ほら。祈りの会じゃなくて見たところ・・銀行の詳しい見取り図ね。(アースラの名札を見せる)そして、これが、彼女が働いてるレストランの名札よ。教師じゃない。ウェイトレスよ。いい? これが免許証。これはいいわ。彼女このことでウソついてるわよね。彼女、何歳って言ってた?

Eric: She told me she was 25.
 25歳って聞いたよ。

Phoebe: Oh, I almost don’t want to show this. Just remember I’m a minute younger.
 ああ、これ見せたくないくらいだけど・・(見せる)忘れないで、私は1分若いのよ。

Eric: I am so stupid. Of course she was lying! She’s not a teacher. There’s not such a thing as the top secret elementary school for the children of spies.
 僕は本当にバカだな。ウソに決まってるよな! 彼女は教師じゃないよな。スパイの子供様小学校なんてあるわけないよ。

Phoebe: No. You’re not, you’re not stupid.
 違うわ、あなたバカじゃないわよ。

Eric: I’m not smart. I just wanted so much to…be impulsive once. To be romantic.
 賢くはないよ。一度くらい、衝動的なことをしたかったんだ。ロマンティックな。。

Phoebe: That’s good, you should be impulsive and you should be romantic. Just…you did it with the wrong person. . What?
 いいじゃない、衝動的でロマンティックでなきゃ。ただ、相手が悪かっただけよ・・(見つめられて)なに?

Eric: It’s just so weird, two people look so much alike, and so different.
 なんかすごく不思議だなと思って・・2人のこんなに似た人が、こんなに違うなんて。

Ursula: Eric!! Let’s go!!
 (下から怒鳴る声)エリック! 行くわよ!

Eric: I’d better go, deal…
 もう行かなくちゃ・・話さないと・・

Phoebe: Yeah, you should.
 ええ、そうね(握手)

Ursula: Hurry up! I gotta pray!!
 早く! 祈らないと!

《モニカ達の部屋:レイチェルが戻る》

Joey: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hey! Well, I had to give the kid fifty bucks to stop crying.
 ハーイ、あの子を泣き止ませるために、50ドル渡さなきゃならなかったわ。

Joey: That’s not so bad.
 そう悪くないよ。

Rachel: No, I also had to go to a couple houses with him as his girlfriend. Oh, I am just awful with children!
 ううん、それ以外にも、2件の家にガールフレンドのふりして行かなきゃならなかったわ。ああ! もう私子供が苦手なんだわ!

Joey: Come on! You’re good with kids. They’re just crazy on Halloween. You know, they’re all greedy and hopped up on sugar!
 何をいってるんだ! うまくやってるよ。ハロウィンの時期の子供達は難しいだけだよ。みんなお菓子を欲しがるし砂糖で興奮しちゃうんだよ。

Rachel: Really? You think that’s all it is?
 ほんと? それだけのことだと思う?

Joey: Absolutely! Halloween is the worst. Except for Christmas…and their birthdays. Kinda get a little crazy during the summer too. And anytime they’re hungry or sleepy. You know, kids are tough. Good luck with that.
 間違いないよ! ハロウィンが最悪なんだよ。クリスマス以外では・・それに誕生日も。夏の間もおかしくなるな。それから、おなかすかしてる時と、眠い時とな。ま、子供の相手は大変だ。頑張ってくれ。

《キッチンのモニカとチャンドラー》

Monica: Look, I wanted to tell I’m-I’m sorry you lost.
 ねぇ、負けて残念だったわね。

Chandler: Listen, I’ve got a secret for ya. I let him win.
 なあ、秘密を教えようか、俺、やつに勝たせてやったんだ。

Monica: Is that a secret, or a lie.
 それ秘密、それとも、ウソ?

Chandler: No, I let him. . . Ross!
 違う、俺がやつに・・ロス!

Ross: Yeah?
 なに?

Chandler: Would you tell her that I let you win, please?
 俺が勝たせてやったんだって、彼女に言ってやってくれよ。頼むよ。

Ross: Oh. Yeah. Chandler let me win. No, Chandler’s really strong. Oh, my arm is so sore. Oh, nurse!
 ああ、そうだよ。チャンドラーが勝たせてくれたんだ。ほんと、チャンドラーは本当に強いよ。ああ、腕が痛いよ。看護婦さーん!(モナの方へ行く)

Chandler: I am strong! I’ll show you!
 俺は強いんだぞ! 見せてやる!(腕相撲をしようとする)

Monica: Chandler, please!
 チャンドラー、もうやめてよ。

Chandler: Oh, what’s the matter? Are you scared?
 えっ、どうかしたか? 怖いのか?

Monica: Let’s go, big bunny!
 行くわよ、大きなウサちゃん!

Chandler: Okay. 1…2…3−Go! . . . I’m gonna kill myself!
 よし。1、2、3、ゴー! ・・・(負けそう)死にたい!


(冒頭でジョーイが着ているTシャツの”FDNY” という文字は,9/11事件後Fire Department of New York City ニューヨーク市消防局に捧げたもの)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:30| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。