2013年11月03日

8-5 The One With Rachel’s Date

8-5 レイチェルのデートの話

 ☆チャンドラーは誰?☆

《モニカ勤め先のレストラン:とても焦っているモニカ》

Monica: Okay, now this one is rare, this one is medium well! Now go-go-go! . . Hey, Phoebe!
 はい、これがレアで、こっちはミディアムよ。はい、行って行って行って! (フィービーが来る)あら、フィービー!

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey, how was dinner?!
 あ、ディナーどうだった?

Phoebe: Dinner was good!
 ディナーよかった!

Monica: Okay!
 よし!

Phoebe: Just saying hi! Now I’m gonna go!
 あいさつだけしに来た! もう帰る!

Monica: Okay!
 わかった!

(帰ろうとしたフィービーが男性と目が合う)

Phoebe: Oh, well, hello, there.
 あら、まぁ、こんにちは。

Guy: Hi.
 どうも。

Phoebe: I didn’t see this on the menu.
 (モニカに)これはメニューに載ってなかったわね。

Monica: Uh Tim? This is Phoebe. Phoebe, this is Tim, my new sous chef.
 ああ、ティム? こちらフィービーよ。フィービー、こちらティム。新人のスー・シェフよ。

Phoebe: Oh, so you're Monica’s boss?
 あら、あなたはモニカの上司なの?

Tim: Actually she’s my-my boss. Sous is French for under.
 いや、彼女が僕の上司です。「スー」っていうのは「下」のフランス語なんです。

Phoebe: Oh! I sous stand.
 ああ! スーいうことね。

Monica: Hey, Tim? I need a calamari and a Caesar salad. And umm, could you get me the pesto?
 ちょっと、ティム? イカとシーザーサラダちょうだい。それと、ペストウくれる?

Tim: Yeah.
 はい。

Phoebe: Oh, you…you made pesto?
 ああ。ペストウはあなたが作ったの?

Tim: Yes, I did.
 ええ、そうですよ。

Phoebe: Would you say your pesto is the best-o?
 あなたのペストウはベストウ?

Tim: I…I don’t know, but I would say it’s pretty good-o.
 それはどうかな。でもベリーグッドウだと思いますよ。

(モニカが自分でペストウを取りにくる)
Monica: All right, I still need a calamari and a Caesar salad.
 ねぇ、まだイカとシーザーサラダほしいから。

Tim: I like your necklace.
 そのネックレス、素敵だね。

Phoebe: I made it myself.
 自分で作ったのよ。

Tim: You are so talented.
 すごく才能があるんだね。

Phoebe: Well, it’s no pesto.
 ペストウほどじゃないわよ。

Monica: All right, all right! Let’s just cut to the chase, okay? . . You’re single. . . You’re single. . . He gets off work at eleven. . . She’ll be waiting for your call. . . I’ll give him your number if I can get one calamari and one Caesar salad!! . . . I did not yell. I am not putting a dollar in the jar.
 いい、もういい! 余計なことは省くわよ、いい?(フィービーに)あなたはシングル、(ティムに)あなたもシングル。(フィービーに)彼の仕事が終わるのは11時。(ティムに)あなたから電話して。(フィービーに)あなたの番号彼に渡しておくからね。だから早くイカとシーザーサラダちょうだい!!(注目を浴びる)怒鳴ってないわよ。罰金1ドルなんて払わないわよ。

《チャンドラーのオフィス:上司が来る》

Mr. Franklin: Wow, Bing! Burning the midnight oil.
 おや、ビング! 遅くまで頑張ってるな。

Chandler: You know me, sir. Oh, ah, I do have a question for ya. Do you know how I get around the office computer network so I can access the really good Internet porn?
 さすがでしょ。そうだ、聞きたいことがあるんですけどね。会社のネットワークから抜け出していいポルノを見るにはどうしたらいいかご存知です?

Mr. Franklin: You’re a joker, Bing.
 (笑って)君はおもしろいやつだ、ビング。(立ち去る)

Chandler: What’s funny about that?
 どこがおかしいんだ?

(ロスが来る)
Ross: Hey! Sorry I kept you waiting so long.
 やぁ! 遅くまで待たせてごめんよ。

Chandler: Hey, that’s okay. So, where do you want to go?
 いや、いいんだよ。じゃ、どこ行く?

Ross: Oh, ah, I think you know where I want to go.
 どこ行きたいか、知ってるだろ?

Chandler: The Hard Rock Café?
 ハード・ロック・カフェか?

rockem-sockem-robots-game.jpg

Ross: Yeah!
 ああ!

Chandler: Again?!
 また?

Ross: Yeah!! . . I’m telling you, I like the food!
 ああ!!(エレベーターに近づく2人)あそこ、ホントおいしいだろ!

Chandler: You like the Purple Rain display! . . . Hey, Bob.
 「パープル・レイン」のディスプレイが目当てだろ。(通りかかった同僚に)やぁ、ボブ。

(Purple Rain = プリンスの映画・アルバム)

Bob: Hey, Toby! Have a good night.
 やぁ、トビー! お疲れ!

Ross: Did that guy just call you Toby?
 今の人、君のことトビーって呼ばなかった?

Chandler: Yeah, he thinks that’s my name.
 ああ。やつはそれが俺の名前だと思ってるんだ。

Ross: Well, why don’t you correct him?
 なんで訂正しないの?

Chandler: Oh, it’s been going on way to long now. You know, I mean the first time he said it we were just passing each other in the hallway, so I didn’t say anything. And then the next time he said, "Hey, Toby, do you want a doughnut?" And I-I wanted a doughnut. And now it’s five years later, the doughnut’s gone and I’m still Toby.
 もう随分たっちゃったんだよ。初めてやつがそう言ったとき、廊下ですれ違っただけで、いうチャンスがなかったんだよ。次に会ったとき「やぁ、トビー、ドーナツ食べる?」って言われて、ドーナツがほしかったからさ。それから5年たって、もうドーナツはなくなったけど、俺はトビーのままってわけ。

Ross: Five years?! Chandler, you have to tell him!
 5年? チャンドラー、訂正しなきゃ!

Chandler: No! That would be so awkward! Look−Besides, we work in different departments. He’s on the sixth floor, you know? So he calls me Toby once in a while. What’s the big deal? It could be worse, it’s not like he’s calling me Muriel.
 いやだよ! もういまさら言いにくいよ。それに、やつとは別の部署なんだ。彼は6階勤務なんだ。たまに彼にトビーって呼ばれたって、たいしたことじゃないだろ? ミュリエルとか呼ばれてるわけじゃなし。(言って自分で凍り付くチャンドラー)

Ross: Muriel. Wh-why would he call you Muriel? . . . Oh, my God! Chandler “M.” Bing? It’s not just an “M.” Your middle name is Muriel!!
 (笑って)ミュリエルだなんて。ミュリエルなんて呼ぶなんてあり得ないだろ・・・まさか! チャンドラー・M. ビング? 君のミドル・ネーム、ただのMじゃなくて、ミュリエルなのか!

(Muriel = 女子名)

Chandler: Shh! It is a family name!
 シーッ! それが名字なんだよ!

Ross: Chandler Muriel Bing. Boy, your parents never even gave you a chance, did they?
 チャンドラー・ミュリエル・ビング。ああ、君の両親って、容赦ないな、ほんと。

《愛の病院日誌の撮影スタジオ》

Joey's Co-Star: Drake, I’ve discovered the reason for all your headaches and memory loss.
 ドレイク、君の頭痛や、記憶が消えたりする理由がわかったんだ。

Dr. Drake Ramoray: What is it?
 なんだったんだ?

Joey's Co-Star: Apparently your brain transplant was not entirely successful. It seems your body is rejecting Jessica’s brain.
 脳移植が完全に成功したとは言えないようだ。君の体が、ジェシカの脳を拒否しているらしい。

Dr. Drake Ramoray: Is it serious?
 ことは深刻なのか?

Joey's Co-Star: Not if we extract tissue from the original host body, synthesize antibodies, and introduce them into your system, which could stop it from rejecting the brain.
 もとの体から組織を取り出して、抗体を作り出し、君の体に注入することで、拒否反応をなくせるだろう。

Dr. Drake Ramoray: Well, that sounds simple enough, let’s just do that.
 簡単なことだな。やろうじゃないか。

Joey's Co-Star: We would, but when we went to exhume Jessica’s body, it was gone.
 そうしたいんだが、掘り起こしにいったら、ジェシカの遺体がなかったんだ。

Director: Cut! Very nice, people!
 カット! よかったよ、みんな。(撮影終了。レイチェルが待っている)

Joey: Okay, let me just get changed and we can go to dinner.
 (レイチェルに)すぐ着替えてくるから、食事に行こう。

Rachel: Well, don’t−What happened to Jessica’s body?!
 ねぇ、ちょっと・・ジェシカの遺体はどうなっちゃったの?

Joey: I’m not telling, you’ll have to see it on TV!
 それは言わないぞ。テレビで見てくれなきゃ。

Rachel: You don’t know, do you?
 知らないのね?

Joey: No, couldn’t care less.
 知らないし、興味も全くない。

Joey's Co-Star: Hey, good scene, man.
 よかったな、ジョーイ。

Joey: Hey, you too!
 ああ、君もな!

Joey's Co-Star: Alright.
 じゃあ。

(レイチェルが促す)
Joey: What? You weren’t in it.
 なに? 君は出てないだろ。

Rachel: Oh!
 違う!(紹介して!というジェスチャー)

Joey: Oh, sorry. Uh-uh, Kash?
 ああ、悪い。キャッシュ?

Kash: Yes?
 なに?

Joey: This is my friend, Rachel. Rachel, Kash, Kash, Rachel.
 こちら俺の友達のレイチェルだ。レイチェル、キャッシュ。キャッシュ、レイチェル。

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Kash: Hey! How come I haven’t seen you here before?
 やぁ! 今まで会ったことないね、どうして?

Rachel: Well, Joey probably thinks I’ll just embarrass him. You know, he thinks I’m some kind of a soap opera nut−Which I’m not! I’m not. Although I do know that your uh, your favorite ice cream flavor is butter pecan. And uh, and that your-your dog’s name is Wally. Well, look at that, I’m just stroking your arm.
 多分ジョーイは、私が恥をかかせるって思ってるのよ。私がメロドラマおたくだと思ってるのよ。違うけどね。だけど、あなたの好きなアイスのフレイバーがバター・ピーカンだって知ってるけど。(キャッシュの腕をなでる)それに、あなたの犬の名前がウォリーだってことも。あら私ったら、あなたの腕を撫でちゃって。

Joey: Here we go! Here we go!
 さぁ、行こう! 行くぞ!(レイチェルを引っ張っていく)

Rachel: Oh, we’re leaving. Bye, Kash.
 あっ、私達行くわ。バーイ、キャッシュ。

Kash: Bye.
 バーイ。

Rachel: Say hi to Wally.
 ウォリーによろしく!

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Ooh, Monica!
 ああ。モニカ!

Monica: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Oh, my God! I had the best time with Tim last night. He is so sweet! Oh, I can’t wait to get sous-neath him.
 ああ、もう! 昨日の夜のティムとのデート、最高だったわ。彼ってほんと優しいの! ああ、早く彼の「スー」に行きたいわ。

Monica: I…I have to fire him.
 私・・彼をクビにするわよ。

Phoebe: But why?!
 でもなんで?

Monica: Because he’s terrible! Okay, he’s slow, he burns things, last night he lit my pastry chef on fire!
 だって彼ひどいのよ! 仕事は遅いし、なんでも焦がすし、昨日なんて、うちのパティシエを燃やしたのよ!

Phoebe: Well, maybe he was just nervous, you know you can be very intimidating. And besides I’ve met your pastry chef and she can stand to be taken down a peg or two.
 彼きっと、不安なのよ。だってあなたって怖いことがあるじゃん。それに、あのパティシエ会ったことあるけど、彼女ちょっとぐらいやっつけられたって平気よ。

(take someone down a peg or two = やり込める、鼻っ柱を折る)

Monica: Well, now she has no eyebrows, mission accomplished.
 とにかく、彼女もう眉毛がないんだから、ちゃんとやりこめたわよね。

Phoebe: But Monica, he loves his job so much! Can you just give him another chance? Please?
 でもモニカ、彼あの仕事が大好きなのよ! もう一度チャンスをあげてくれない? お願い!

Monica: … All right, but if-if he lights someone else on fire he is out of there!
 ・・・わかったわよ。だけど、また誰か燃やしたらクビだからね!

Phoebe: That’s fair! Thank you so much. Thanks. Oops, it looks like when he got the pastry chef he got you a little bit too.
 もっともだわ。本当にありがとう。ありがとね。あら、彼、パティシエさんと同時にあなたもちょっと燃やしちゃったのかしら。(髪を指す)

Monica: I paid to have this done.
 美容院でやってもらったんですけど。

Phoebe: Love it!
 ステキ!

《ジョーイ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi!
 ハイ!

Joey: Oh, you know, Kash, really liked you the other day. He said he thought you were charming.
 この前会ったキャッシュが、君のことすごく気に入ったみたいだよ。君がかわいいと思ったんだって。

Rachel: I thought I was a complete idiot.
 私完全にバカやっちゃったかと思ったわ。

Joey: Hey, I’m with you. He even asked me if I thought you’d go out with him.
 おお、同感だよ。でも彼は君がデートする気がないかって聞いてきたくらいだ。

Rachel: Oh! Oh, I think I’m gonna throw up a little bit. What did you say?
 まぁ! ああ! 私ちょっと吐きそうだわ。あなた何て答えたの?

Joey: I said no.
 しないって答えた。

Rachel: What?!
 えっ?

Joey: What? I…I just figured since you’re pregnant you’re not gonna be seeing people.
 え? 君は妊娠してるから、人とデートしないかと思ってたよ。

Rachel: Okay, Joey. First of all, Kash Ford? Not people. Second of all, what did he say when you told him I was pregnant?
 いいこと、ジョーイ。まず第一に、キャッシュ・フォードよ。ヒトじゃない。第二に、私が妊娠してるって言ったら、彼なんていってた?

Joey: I didn’t tell him. I didn’t know if you were telling people. This is back when I thought Kash was still people.
 それは言ってないよ。君が人にそれを話す気かどうか知らなかったからさ。まだあの時は、キャッシュもヒトだと思ってたし。

Rachel: Good-good, don’t tell him. Don’t tell him. Just have him call me, okay?
 よかった、よかった。言っちゃダメよ。言っちゃダメ。電話してもらって、ね?

Joey: Rach, look, I really don’t think that’s such a great…
 レイチ、本当、そんなのいいとは・・

Rachel: Okay, you go do it! I’ll come back to that set! I’ll meet more actors! I’ll meet ‘em all!
 いい? とにかくそうして! じゃないと、またスタジオに行くわよ! もっと俳優さんに会いに行くわよ。全員に会いに行くわよ!

《チャンドラーの会社》

Chandler: Hey, Bob.
 やぁ、ボブ。

Bob: Hey! How’s my pal Toby doing today?
 やぁ! 俺の友達のトビー、元気かい?

Chandler: If I see him, I’ll ask.
 もし会ったら聞いとくよ。

Bob: Toby!
 (笑って)トビー!

(エレベーターが開いて、ボブが乗り、チャンドラーの上司が降りる)

Mr. Franklin: Hey-hey! Bing? Was that Bob from six you were just talking to?
 あ、おい、ビング? 今、君が話してたのは、6階のボブかい?

Chandler: Yeah!
 そうですよ。

Mr. Franklin: Oh, then you know each other.
 ああ、それじゃ、君たちは知り合いなんだな。

Chandler: We’re on a semi-first name basis.
 いや、名字を半分知ってる程度ですよ。

Mr. Franklin: What do you think of adding him to our team?
 彼をうちのチームに入れるってのはどうだ?

Chandler: Bob? Ooh, working here with us? Everyday? Yeah, I don’t know if he has what it takes.
 ボブを? うーん、僕らと一緒にここで? 毎日? ああ。彼にその力があるかな。

Mr. Franklin: Really? They love him down on six.
 そうかね? 6階では気に入られてるようだが。

Chandler: But this is eleven. It’s almost twice as hard up here.
 でもここは11階ですよ。あちらの2倍ぐらいハードですから。

Mr. Franklin: Okay, I hear you loud and clear. Bob will stay put.
 そうか。君の意見はわかったよ。ボブの異動はなしだな。

Chandler: I think it’s best, sir.
 それがいいと思います。

Mr. Franklin: But we really do need to find someone up here. The work is starting to pile up. I’ve got a stack of documents on my desk this high.
 しかし、誰かメンバーを追加しないとな。仕事がたまる一方だよ。書類の山がこの高さだ(肩の高さに手を挙げる)

Chandler: You know what you should do, just toss them in the shedder and claim you never got them.
 どうしたらいいかというと、全部シュレッダーにかけて、受け取ってないって言うんですよ。

Mr. Franklin: That’s a good one.
 (笑って)それはいいね。(立ち去る)

Chandler: What does a guy have to do to be taken seriously around here?!
 ここで人にマジに聞いてもらおうと思ったらどうしたらいいんだ?

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey. Okay, I gave him another chance, but Tim has got to go!
 ハーイ。ねぇ、私、彼にチャンスあげたけど、ティムにはやっぱり辞めてもらうわ。

Phoebe: But…
 でも・・

Monica: No! No-no! He is totally incompetent. I called the chef who recommended him to me. He said, "Ha-ha! Gotcha!"
 いえ! ダメ、ダメよ。彼は全然役に立たないわ。彼を推薦したシェフに電話してみたけど、彼こう言ったのよ。「ハハッ! やったね!」

Phoebe: Okay. Okay, but you can’t fire him today.
 わかった、わかったわ。でも、今日はクビにしないでね。

Monica: Why not?!
 どうして?

Phoebe: Because I’m dumping him today.
 私が今日彼を振るから。

Monica: What?! You said he was so sweet!
 なんですって? 彼すごく優しいって言ってたじゃないの!

Phoebe: He is sweet. He’s too sweet. He calls me all the time. "So did-did you get home from work okay?" "Did-did you get out of the shower okay?"
 彼は優しいわ。優し過ぎるのよ。しょっちゅう電話してくるの。「きみ、仕事から無事家に帰ってきた?」、「きみ、無事にシャワー終った?」

Monica: Just don’t pick up your phone.
 電話取らなきゃいいじゃないの。

Phoebe: Then he comes over! "I’m so worried about you." Uck! Be a man!
 そうすると彼来るのよ! 「本当に心配したよ」って。もうっ! 男になれっつーの!

Monica: What? So now I’m not allowed to fire him?
 何なの? だから私が彼をクビにしちゃダメって?

Phoebe: You can’t fire him and dump him the same day, he’ll kill himself.
 同じ日にクビにして振っちゃダメでしょ。彼自殺しちゃうわ。

Monica: Okay, well then, I’ll fire him today and you go out with him for another week.
 それじゃ、私が今日クビにするわ。あなたはあと一週間彼とデートするのね。

Phoebe: Are you kidding?! Another week with that simp, I’ll kill myself!
 冗談でしょ? もう一週間あの間抜けとつきあってたら、私が死んじゃうわ!

Monica: Okay, well, then we’ll both do it today and he’ll just have to deal with it!
 わかったわよ。じゃあ今日、2人同時にしましょ。彼は両方対処するしかないわ。

Phoebe: Okay. But the question is who’s gonna go first. ‘Cause whoever goes second is the bitch.
 わかったわ。問題は、どっちが先にするかよ。だって2人目はクソ女よ。

Monica: What do you mean?
 どういうこと?

Phoebe: Come on! The boss that fires a guy that’s just been dumped, bitch! And the woman who dumps a guy that’s just been fired, blond bitch!
 何言ってんの、振られたばっかりの男をクビにするなんて、クソ女じゃん! クビになったばっかの男を振る女は、ブロンドのクソ女だわ。

Monica: I wanted to do this days ago so I think I should go first.
 私はとっくにクビにしたかったんだから、私が先にするべきよ。

Phoebe: All right, that makes sense. . .Ugh. But−Screw you, I’m going first!
 わかったわよ。その通りよね。(ドアに近づく)もう・・でも、クソくらえ、私が先よ!(出て行く)

《チャンドラーの会社》

Bob: Hey, Toby, you got a sec?
 やあ、トビー、ちょっといいか?

Chandler: Sure, what’s up?
 ああ。どうかした?

Bob: I just had a meeting. I was actually hoping to get transferred up here, but I just found out its not gonna happen. Apparently somebody thinks I’m not eleventh floor material. Say uh, who the hell is this Chandler?
 今会議だったんだ。俺実は、ここに異動になりたかったんだけど、それが無理だってわかったんだ。誰か、俺が11階にふさわしくないと言ったやつがいるらしい。なぁ、チャンドラーって何者なんだ?

《ジョーイ達の部屋》

Rachel: Hey, what do you think is a better excuse for why I’m not drinking on this date tonight. "Umm, I’m a recovering alcoholic,” “I’m a Mormon,” or “I got so hammered last night I’m still a little drunk”?
 ねぇ、私が今夜お酒を飲まない言い訳はどれがいいと思う? 「アルコール中毒の治療中なの」、「モルモン教なの」それか、「昨日酔っ払っちゃって、今もまだ酔いが残ってるの」

(ロスがピザとビールを持ってくる)
Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joey: Hey!
 ヘイ!

Ross: So, what do you want to do tonight? There’s a Ukrainian film at the Angelica that’s supposed to be very powerful. Interested?
 今夜はどうする? アンジェリカで、すごくパワフルなウクライナ映画やってるんだけど。どう?

Joey: No. No. But I’ll go see a normal person movie with ya.
 いや。ダメ。普通の人が見る映画なら見に行くよ。

Ross: Rach? You wanna come?
 レイチ? 君も行く?

Rachel: Oh, no, I can’t. I’ve got a date.
 ああ、私はダメよ。私、デートなの。

Ross: A date?
 デート?

Rachel: Yeah. Why? Is that weird for you?
 ええ。どうして? 変かしら?

Ross: Why no, it’s the opposite of weird. It’s-it’s uh, regular. It’s-it’s uh, it’s mundane. It’s actually uh, a little dull.
 いいや。変の反対だよ。そんあなの、普通だよ。そんなの、そんなの、ありふれてるね。そんなの、実際、退屈だよ。

Joey: It’s no Ukrainian film.
 ウクライナの映画じゃないんだぞ。

Rachel: Yeah−Ooh! Earrings!
 そうよ・・あっ! イヤリング!(自室へ行く)

Ross: A date?! She’s-she’s got a date?! With who?
 (ジョーイに)デート? 彼女がデート? 誰と?

Joey: I set her up with this actor on my show.
 俺が一緒にやってる役者とセッティングしたんだ。

Ross: You set her up?!
 君がセッティングしただって?

Joey: No.
 いいや。

Ross: Joey, what-what were you thinking?!
 ジョーイ、な、何を考えてるんだよ?

Joey: Well, I was thinking that it’d probably be okay because Ross hasn’t gone out with Rachel in five years!
 だって、ロスがレイチェルとつきあったのは5年も前のことだから、多分もういいかなーと思ったんだよ!

Ross: Joey, I’m not worried about her! I’m worried about my baby! Whoever she dates my baby dates! Now-now where is this actor taking them?
 ジョーイ、彼女のことを心配してるんじゃないよ。僕が心配してるのは、おなかの子供のことだよ! 相手が誰であろうと、彼女がデートしたら、僕の子供もデートに行くんだ! その(””マークを両手で作りながら)「俳優」ってのは彼女をどこへ連れて行くんだ?

Joey: Hey! I’m an actor too! I’m not sure. I think they’re taking the ferry out to some Italian place on Staten Island.
 おい! 俺もその(””マークを両手で作りながら)「俳優」だぞ。よくは知らないけど、フェリーでスタテンアイランドに渡ってイタリアレストランに行くんじゃないかな。

Ross: A ferry? My baby is going on a ferry? Do you have any idea how dangerous those are?!
 フェリーだって? 僕の赤ちゃんがフェリーに乗るのか? あれがどんなに危険なものか、きみ、わかってるのか?

Joey: Are we talking about one of those big boats that carry cars that go like five miles an hour?
 今話してるのって、あのでっかいボートのことだよな、車も載せられる、時速5マイル(8キロ)ぐらいで進むやつだろ?

Ross: Why don’t they just jump out of an airplane?! Huh?! That-that’s a fun date! Or burn each other with matches?! That’s fun too! Whew!!
 いっそ飛行機から飛び降りたらどうなんだ、え? そうしたら楽しいぞ! それか、マッチで互いを燃やし合ったら? それも楽しいぞ! ヒュー!

(キャッシュが来る)
Kash: Hey, Joey.
 やぁ、ジョーイ。

Joey: Hey, Kash. Uh hey-hey, this is Ross. Ross, this is Kash.
 ヘイ、キャッシュ。あ、こちらロス。ロス。こちらキャッシュだ。

Kash: Hey.
 ヘイ。

Ross: Hi. I-I hear you’re going on a ferry tonight.
 ハーイ。君たち今夜、フェリーに乗るんだってね。

Kash: Yeah.
 ああ。

Ross: A bit of a daredevil, are we?
 ちょっと向こう見ずだよね?

(レイチェルが部屋から出て来る)
Rachel: Hey, guys, do you think this is too slutty−Hi, Kash!
 ねぇ、あなた達、この服ちょっとやらし過ぎるかな・・ハーイ、キャッシュ!

Kash: Hey, Rachel! You ready to go?
 ヘイ、レイチェル! もう行ける?

Rachel: Yeah! All right, I’ll see you guys later.
 ええ。それじゃ、あなた達、またね。

Ross: Okay. Have a great time, you guys.
 ああ。楽しんできて。

Rachel: Thank you.
 ありがとう。

Kash: Thank you.
 ありがとう。(2人で出て行く)

Ross: Yes, it is too slutty!
 ああ! それいやらし過ぎるよ!(ジョーイが急いでドアを閉める)

《セントラルパーク:ティムが来る》

Tim: Hi!
 (後ろからフィービーに忍び寄り)ハーイ!

Phoebe: Hi.
 (驚いてから)ハーイ。

Tim: Oh, I’m so glad you called. I feel like it’s always me calling you. So, what’s up? Is everything okay with Phoebe?
 ああ、電話くれて本当にうれしいよ。なんか、いつも僕から電話してるような気がして。それで、何かあった? フィービーは何も順調?

Phoebe: It will be…in a minute. Listen, Tim, you’re a really great guy.
 そうなるわ・・もうすぐ。ねぇ、ティム、あなたは本当に素敵な人よ。

Tim: It’s because I’m with you.
 それは君のおかげだよ。

Phoebe: Aw. . . I’m just−I’m in a place in my life right now where I…I…
 ああ・・(イヤな顔をする)私・・・私は今、人生のこの時点で・・私・・

(ティムのポケベルが鳴る)
Tim: Whoops. So sorry. . . . This just in. . . Oh, it’s 9-1-1 from the restaurant, that means Monica needs me right away.
 おっと! ごめんよ。(見て)ただいまニュースが入りました。・・あっ、レストランから至急の連絡だ。つまり、モニカがすぐ来いってことだ。(出て行こうとする)

Phoebe: Oh-oh, no, she doesn’t! I know what that is. You can stay.
 ああ、いいのよ。違うのよ! 何の用か知ってるわ。行かなくていいのよ。

Tim: Awww, I’ll miss you too, Pheebs. . . . And I will be holding you, right here.
 ああ・・僕だって君と離れたくないよ、フィーブス。(出て行こうとして)僕はいつも君をここに抱いているからね(胸に手を置いてから、フィービーに投げキスをして出て行く。受け取ってから投げ返すフィービー)

《ジョーイ達の部屋:ジョーイとロスが食事中》

Joey: So what movie do you want to see−And not another one I have to read. Okay? I get enough of that from books.
 それで、何の映画見るんだ。字を読まなきゃならないのはダメだぞ。いいな? 本で十分だからな。

Ross: Books?
 本だって?

Joey: All right, car magazines, cereal boxes, but it’s like enough!
 わかったよ。車の雑誌やシリアルの箱だよ。だけどそれでももう十分なんだよ。

Ross: Well, I tell you what. Why don’t we uh, why don’t we just stay here? Let’s not see a movie, we’ll just hang.
 ねぇ、このまま、ここにいようよ。映画はやめて、ここにいよう。
 
Joey: And just wait for Rachel to come back from her date?
 そしてレイチェルがデートから帰るのを待つのか?

Ross: Hey, if that’s what you want to do I’m not gonna say no.
 ああ、君がそうしたいんなら、反対はしないよ。

Joey: Dude! What is going on?!
 おまえ、どうなってるんだよ?

Ross: I just…I have to find out how it went.
 ただ・・どうなったか知りたいんだ。

Joey: Why?
 なんで?

Ross: This guy could be my baby’s stepfather!
 あの男は、僕の子供の義理の父親になるかもしれないんだぞ!

Joey: They go on one date and you’re worried about them getting married?! He’s not you!
 デート1回しただけで、もう結婚の心配か? やつはおまえじゃないんだぞ!

Ross: I just−I-I can’t believe she’s-she’s dating?!
 僕はただ・・・。彼女がデートなんて信じられないよ!

Joey: Well, Ross, what did you think she was gonna do?
 ロス、彼女がどうすると思ってたんだ?

Ross: I don’t know! I guess I just can’t believe any of this is happening.
 わからないよ! とにかくこのこと全部が信じられないよ。

Joey: What do you mean?
 どういうこと?

Ross: It’s just I always thought when I had another kid it would be different. Now I-I love Ben, but every time I have to drop him off at Carol and Susan’s, it’s like−It breaks my heart a little. I mean I’ve always had this picture of me and my next wife in bed on Sunday and, my kid comes running in and leaps up onto the bed. And we all read the paper together. You know? Maybe fight over the science section.
 僕は、今度子供ができた時は違うって思ってたんだ。ベンを愛してる。だけどキャロルとスーザンのところに置いてこなきゃいけなくて、そのたびに胸が痛むんだよ。いつも思い描いていたんだ。今度結婚したら、日曜日の朝、その妻と一緒にベッドにいて、子供達が走ってきてベッドに飛び乗ってくる。そしてみんな一緒に新聞を読むんだ。科学欄を取り合ったりしてね。

Joey: That’s a nice picture. Maybe you can still have that!
 それいい感じじゃないか。まだそうできるだろ。

Ross: No! No, I can’t. I mean Rachel’s out with some guy. My baby went with her. If anything that picture keeps moving further away.
 いや! もう無理だよ。レイチェルはあの男とデートしてる。僕の赤ちゃんも一緒だ。僕の夢は遠ざかる一方だよ。

Joey: Hey, can I ask you something? In this, in this picture of you and your wife, is your wife Rachel?
 なぁ、聞いていいか? このおまえの夢の中の、おまえの妻って、レイチェルなのか?

Ross: It used to be. Now she doesn’t really have a face. Smokin’ body, though.
 以前はそうだったよ。でも今は顔が見えないんだ。すっごいいい体だけどね。

Joey: Good call. Yeah. But, the face, Ross, the face isn’t Rachel.
 いいねぇ。だけど、ロス、その顔はレイチェルじゃないのか。

Ross: No, but ahh! How much easier would it be if it were?
 違う。だけど・・・ああ! もしそうだったら簡単なのに!

Joey: I know, but I don’t think that’s what she wants.
 そうだな。けど、彼女が望んでることもそうじゃないと思うよ。

Ross: No, it’s not what I want either. I mean I-I can’t force myself to fall in love with her again now.
 ああ。僕もそう望んでないんだ。無理矢理、また彼女と恋をするなんてことできないし。

Joey: Okay, Ross, maybe you need a new picture. Okay? It’s not gonna be what you thought, but no matter what there’s gonna be a brand new little baby, your baby. Who cares what the picture looks like?
 じゃあ、ロス、おまえに必要なのは新しい夢じゃないか。な? おまえが思うものとは違っていても、どっちにしても、新しい赤ちゃんがいるわけだろ。あとはどうでもいいじゃないか。

Ross: Yeah.
 そうだな。

Joey: Hey, I tell you what. Let’s you and me go out and have some fun. Huh? Whatever you want. Come on!
 あ、そうだ。一緒に出かけてなんか楽しいことしようよ。な? 何でもいいよ。行こう!

Ross: We can still catch that Ukrainian film.
 まだウクライナの映画間に合うよ。

Joey: No, I said fun!
 いや。楽しいことって言っただろ。

《自分のオフィス前に立つチャンドラー》

Bob: Hey, Toby!
 なぁ、トビー!

Chandler: Hey, Bobby.
 ああ、ボビー。

Bob: It’s Bob, actually. Hey, you work up here, can you tell me where this Chandler Bing’s office is?
 いや、本当はボブだけど。なぁ、君はここで仕事してるんだろ。チャンドラー・ビングのオフィスってどこなんだ?

Chandler: Uhh, yeah. Yeah, it’s right, right down there. . . Right there, yeah. Can I ask you why?
 あー・・うん。わかるよ。この廊下の先だよ。(ボブが廊下を見ている間にドアのネームプレートを弾き飛ばす)あそこだよ。なんで聞くの?

Bob: I want to talk to that bastard, see what his problem is.
 そのクソ野郎と話があるんだよ。俺に何の文句があるのか聞くんだ。

Chandler: Okay, Bob, listen uhh, I’m the reason you didn’t get the job up here.
 なぁ、ボブ、君がこっちに異動にならなかったのは、俺のせいなんだよ。

Bob: Toby, don’t.
 トビー、やめろ。

Chandler: Bob!
 ボブ。

Bob: Toby! I’m not gonna let you cover for him. Anything you say right now will just get me more upset with Chandler!
 トビー! そいつをかばわなくてもいいんだ。おまえがそんなことをいうとよけいそのチャンドラーってやつに腹が立つ!

Chandler: Well, that puts me in a difficult position.
 俺、難しい立場にいるな。

《モニカのレストラン厨房:ティムが来る》

Tim: I got your page, is everything okay?
 メッセージいただきました。大丈夫ですか?

Monica: Uh well, that depends, how are things with Phoebe?
 ええ、どうかな。フィービーとはうまくいってる?

Tim: Oh, it’s great! It’s great! Thank you so much for introducing us!
 ああ、素晴らしいです。素晴らしい! 紹介してくれて感謝してます!

Monica: Oh, my pleasure. Okay, I’m afraid I’ve got some bad news. . . Phoebe!
 ああ、いいのよ。それじゃ、残念だけど悪いニュースよ。(フィービーが来る)フィービー!

Phoebe: Monica!
 モニカ!

Monica: You’re fired!
 (2人同時に)あなたはクビよ!

Phoebe: I’m breaking up with you!
 (2人同時に)あなたとは別れる!

Tim: What?
 えっ?

Phoebe: I’m, I’m breaking up with you.
 あなたと別れるわ。

Monica: You’re fired.
 あなたはクビよ。

Tim: Why?
 どうして?

Phoebe: I’m sorry, I’m just−I’m…I’m just not ready for a relationship right now.
 ごめんなさい。私は・・私はちょっと・・今はこういう関係を持てる気持ちじゃないの。

Monica: Yeah, and-and I’m sorry too. But, well, I just−I like things done a certain way and the chemistry’s just not right.
 私も、ごめんなさい。でも私・・私ものごとはこうでなくちゃとか考えがあって、相性がよくないのよ。

Phoebe: Oh, that’s good, the chemistry thing for us too.
 ああ、それいいわね。私達も相性ってやつよ。

Tim: Wow! Umm, okay. Umm… I-I-I realize I came on a little strong but, it’s only because I think you’re so amazing. . . And uh, I-I just wanna, I just wanna tell you how much I appreciate you giving me an opportunity here because I−you’re the most talented chef I’ve ever worked for. Anyway…
 ワオ・・あー・・そうか。(フィービーに)ちょっと気持ちが強過ぎたかもしれないよね。でもそれは君があまりに素敵だから・・(モニカに)それから、これだけは言わせてください。あなたにはここでのチャンスをいただいて、すごく感謝してます。あなたは僕が知ってる中で一番才能のあるシェフだから。・・ということで・・(出て行こうとする)

Monica: Tim, wait!
 ティム、待って!

Tim: Yeah?
 はい?

Monica: Umm, I think I spoke too quickly. There-there’s a learning curve with this job and maybe we can try it again.
 私、判断が早過ぎたわよね。この仕事には上達する時期ってのがあるわ。もう一度やってみましょうよ。

Tim: Really?
 本当に?

Monica: Yeah.
 ええ。

Tim: Thank you so much! I know I can do better!
 ありがとうございます! 僕、もっとよくなれると思います!

Monica: Okay.
 わかった。

Phoebe: And Tim, I just wanna say, good luck here.
 それじゃティム、言わせてね。ここで頑張って。(出て行く)

《通りで出会うロスとレイチェル》

Ross: Hello.
 やぁ。

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Ross: Well, how was the date?
 デートはどうだった?

Rachel: Well, I’m alone and I just bought fifteen dollars worth of candy bars, what do you think?
 いま私1人で、そして15ドル分のチョコバーを買ったところよ。どうなったと思う?

Ross: Uh-huh. What happened?
 そうか。何があった?

Rachel: I made the mistake of telling him that I was pregnant.
 バカだったわ。妊娠してるって言ったの。

Ross: Ah, he didn’t uh, take it so well?
 そうか。彼の反応がよくなかった?

Rachel: Well, better than you, but, you know, still not what you want.
 あなたよりはマシだったわよ。でも、よくはなかった。

Ross: Oh?
 そう?

Rachel: He got all weird and sputtery and then he said uh, "Yeah, I hear those hemorrhoids are a bitch."
 なんか変になっちゃって、こう言ったのよ。「ああ、ひどい痔になるらしいね」

Ross: He sounds swell.
 粋なやつだね。

Rachel: Doesn’t he?
 でしょう?

Ross: Hey, wanna…wanna a little cheering up?
 ねぇ、元気出したい?

Rachel: Yes.
 ええ。

Ross: Sit down.
 座って。

Rachel: Okay.
 ええ。(2人階段に座る)

Ross: Guess whose middle name is Muriel.
 ミドルネームがミュリエルって誰だと思う?

Rachel: ……Chandler M. Bing?
 ・・・チャンドラー・M・ビング?

Ross: Yeah-ha!
 そう!

Rachel: Oh, my God.
 オーマイゴッド!

Ross: I’m sorry about your date.
 デートは残念だったね。

Rachel: Oh, it’s all right. I guess I’m just done with the whole dating thing. It’s one more thing in my life that’s suddenly completely different. This is hard.
 ああ、いいのよ。デートするなんてことはもういいわ。また、人生の何かがすっかり変わっちゃったってところね。きついわ。

Ross: Yeah, I know. . . On the other hand in um, in about seven months you’re gonna have something that you’re gonna love more than any guy you’ve ever gone out with. Just wait. Wait until uh, wait until the first time your baby grabs your finger. You have no idea.
 ああ、そうだね・・だけど一方では、あと7ヶ月もしたら、君がデートするどんなやつより愛せる対象が生まれてくるんだよ。待つんだよ。君の赤ちゃんが、初めて君の指をつかむ日を。想像もつかないよ。

Rachel: Thanks, sweetie.
 ありがとう、ロス。

Ross: You wanna, you wanna grab some coffee?
 コーヒーでも飲みに行く?

Rachel: Oh, no, I think I’m gonna go home and eat ten candy bars.
 ああ、いいえ。帰って、チョコバー10本食べるわ。

Ross: Hey, I thought I cheered you up.
 なに、元気づけられたかと思ったのに。

Rachel: Oh, you did, there are twenty in here.
 あら、元気づけてくれたわよ。ここには20本入ってるんだから。

Ross: Right. Good night.
 そうか。じゃおやすみ。

Rachel: Good night.
 おやすみ。

《セントラルパークに入るロス》

Mona: Ross?
 ロス?

Ross: Yeah?
 はい?

Mona: Hey, it’s Mona! From the wedding.
 モナよ。結婚式で会ったでしょ。

Ross: Oh, hi!
 ああ、やぁ!

Mona: Hi!
 ハーイ。

Ross: Wow! Uh…how are you?
 ワオ・・元気?

Mona: I’m good, except umm, you still owe me a dance.
 元気よ・・ただ、あなた、まだダンスしてくれてないわよ。

Ross: Oh, that’s right. Well, uh, would you be interested in seeing a Ukrainian film?
 ああ、そうだったね。君、ウクライナ映画見る気ある?

Mona: Oh, you’re serious. Sure!
 (笑ってから)・・あっ、本気で言ってたのね、ええ!

Ross: Great! Well, umm…
 よかった。それじゃ・・

(気が変わったらしいレイチェルが入ってくる)

Mona: I think I might need one more cup of coffee.
 私、コーヒーをもう一杯いただこうかな。

Ross: Sure! Uh, let me get it for ya.
 そうだね! じゃあ僕が取ってくるよ。

Mona: Okay.
 ええ。

(レイチェルは出て行く)

“Dedicated to the Memory of Richard L. Cox, Sr.”
 『リチャード・L. コックス・シニアの思い出に捧げる』

《チャンドラーのオフィスでボブが暴れている:チャンドラーが来る》

Chandler: Bob. Bob! Bob!!! . . What the hell are you doing?!
 ボブ。ボブ! ボブ!! ・・いったい何をやってるんだ?

Bob: I just found out this is Chandler’s office! Come on, Toby, give me a hand!
 ここがチャンドラーの部屋だってわかったんだ。ほら、トビー、おまえも手伝え!

(ちょっと考えた結果一緒に暴れるチャンドラー)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:34| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。