2013年11月02日

8-4 The One With The Videotape

8-4 ビデオテープの話

 ☆セックスと嘘と2人のビデオテープ☆

《モニカ達の部屋の前:新婚旅行から戻った2人》

Chandler: Wait. Before we go in, I just want you to know that I love you. I had a great time on our honeymoon, and I can’t wait to go in there and spend the rest of our life together.
 待って。部屋に入る前に言っておきたいんだ。愛してる。新婚旅行はすごく楽しかったよ。ここに帰って、これからの人生を一緒に過ごすのが待ち遠しいよ。

Monica: You’re really sticking with the shell necklace, huh?
 その貝のネックレスが本当に気に入ってるのね。

(ジョーイとフィービーが部屋から出てくる)

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Joey: Hey! You’re back!
 やぁ! 帰ってきたな!

Monica: Hi, sweetie!
 ハーイ。2人とも!

Phoebe: Come on in!
 入って!(モニカ達の荷物を持ってジョーイの部屋に招き入れる)

Phoebe: So how was the honeymoon?
 ハネムーンどうだった?

Monica: Oh, so much fun. But the best part is, we met this incredible couple on the way back.
 ああ、すっごく楽しかったわ。でも、一番よかったのは、帰りに素敵なカップルに出会ったことなの。

Phoebe: That was the best part? Good honeymooning, tiger.
 それが一番? (チャンドラーに)しっかりしてよ、タイガー。

Monica: No, they were really cool. They were on their honeymoon too!
 それが、あの二人は本当に素敵なのよ。その人達もハネムーンだったの。

Chandler: They’re terrific, and they live right here in the city.
 ほんと、最高だったよ。このニューヨークに住んでるんだ。

Monica: Yeah, can we go call them? Is it too soon to call? I wanna call.
 そうよね。電話してみましょうか? 早すぎるかな? 電話したいわ。

Chandler: I’m sorry, we’re just kinda excited because we finally have a couple to hang out with.
 (フィービー達に)悪いな。俺たち、初めて一緒に遊べるカップルに出会ってうれしくてさ。

Monica: I know.
 そうよね。

Joey: A couple? Like two people? Like one, two people?
 カップル? 2人の人ってことだろ?(自分たちを数える)1人、2人の人だぞ?

Monica: This is different! Greg and Jenny are in a relationship.
 それとは違うのよ! グレッグとジェニーは夫婦なんだもの。

Phoebe: Oh, Greg and Jenny, yuck! . . Hi, Greg, I’m Chandler this is Monica. Hi, Monica, this is Jenny. Hi, Jenny. Hi, Greg.
 ああ、グレッグとジェニーね、ウヘッ! (真似る)ハーイ、グレッグ、俺はチャンドラー、こちらはモニカ。ハーイ。モニカ、こちらジェニー。ハーイ、ジェニー、ハーイ、グレッグ!

Chandler: Listen, they are really great. If you just got a chance…
 いや、あの二人は本当にすごいんだよ。君らももし会えば・・

Joey: You know what? Why don’t you just give us our souvenirs and get the hell out of here?
 なぁ、もうお土産おいて帰ってっていいからさ。

Chandler: We really…didn’t get a chance to…
 俺たち、ほんと、みやげを買うチャンスが・・

Phoebe: You have got to be kidding me!
 冗談でしょ!

Monica: We didn’t get anything for anyone.
 誰にも何も買ってないのよ。

Joey: Hm-mm! Yeah, nice necklace!
 ふーん! ああ、いいネックレスだな!

Monica: That you can have.
 これはあなたにあげる。

《モニカ達の部屋:ロスとレイチェルが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

All: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hello!
 やあ!

Rachel: Welcome home.
 おかえり!

Ross: So, how was the honeymoon?
 ハネムーンはどうだった?

Monica: It was great! It was great! How about you?! I mean you’re having a baby!
 最高だったわ! 最高! あなた達は? 赤ちゃんできたのよね!

Rachel: Oh! Look! I have a sonogram picture!
 ああ! 見て! 超音波の写真があるのよ。

Monica: Oh, great!
 ああ、いいわね!

Chandler: Ross! It’s got your wavy, black lines!
 ロス! おまえのクセッ毛を受け継いでるな!

Monica: All right, so now that Ross knows, can you tell us, you know, how it happened? I mean, when did it happen? How many times did it happen?
 ねぇ、ロスも知ったことだし、ねぇ、どうしてそうなったか教えてくれない? いつそうなったの? 何回あったの?

Phoebe: Monica! That’s not right! Start with where.
 モニカ! そんなのダメよ! 「どこで」から始めなきゃ。

Rachel: Well, it happened about six weeks ago, and uh I had just got home from work and Ross was already there ‘cause I guess he had been hanging out with Joey.
 6週間ぐらい前のことよ。仕事から戻ってみたら、ロスがいたのよ。多分、ジョーイと一緒にいたのね。

Joey: You’re welcome, buddy.
 どういたしまして、相棒!

Ross: Yeah, thanks.
 ああ、アリガト。

Rachel: And so I had a lot of work to do, so Ross, nice guy that he is, offered to help me out. And then we had a little wine, we got to talking, and the next thing you know out of nowhere Ross comes on to me.
 私はやることがいっぱいあったのよ。それで、ロスってほら、いい人でしょ。助けてくれたの。それからちょっとワインを飲んで、話し込んで、それで気がついたら、突然、ロスが襲いかかってきたのよ。

Ross: Umm that’s…that’s a little misleading.
 (笑)あー・・それはちょっと、誤解を招くよね。

Rachel: What is?
 何が?

Ross: The lie you just told.
 今君がついたウソだよ。

Rachel: That-that you came on to me?
 あなたが私に襲いかかってきたこと?

Ross: There’s the one!
 それだね!

Rachel: But you did! I mean, let’s be honest.
 でもそうじゃないの! 正直になりましょうよ。

Ross: Yes, let’s. You know what? Uh, it’s-it’s not important. What is important is that, is that we’re having a baby. And it’s not−Doesn’t matter who came on to who.
 ああ、なろうよ。でも、ま、そんなの大事なことじゃないよ。大事なのは、僕らに子供ができたってことだ。だから・・誰が誰誘ったかなんてどうでもいいことさ。

Joey: Whom. . . That’s right.
 「誰を」だ。(みんな驚く)ほんとのことだ。

Rachel: You know you kissed me first.
 あなたからキスしてきたでしょ。

Ross: What? What?! You were begging me to kiss you! You-you-you were sending me signals all over the place!
 なに? なんだって? 君がキスしてってせがんできたんじゃないか! き、君がその信号を送りまくりだっただろ!

Rachel: I was sending you signals?
 信号を送ったですって?

Ross: Yeah!
 そうだよ!

Rachel: Oh, please. Okay, anyone in this room think that I would actually send Ross begging signals, please show of hands.
 ちょっと何よ。いいわ。この部屋で、私がロスにせがんで信号を送ったって思う人、手を挙げて(ロスだけ手を挙げる)

Ross: You know what?! It doesn’t matter! It doesn’t matter what you believe! What matters is what happened!
 いいよ、もうどうでもいいよ。君らが何を信じようと構わないよ。起きたことが事実なんだから。

Rachel: Okay. So these signals, Ross, explain this to me, ‘cause maybe I need to be more careful. I mean, am I sending you these signals right now?
 いいわ。それじゃ、その信号だけど、ロス、説明してくれないかしら。だって、気をつけないとね。私、たったいま、その信号送ってる?

Ross: You know what? You know what? Rachel, just-just drop it.
 ねぇ、ああ、いや。レイチェル、もういいよ。

Rachel: No, please, show me how I begged you!
 いいえ。お願いだから、私がどうやってせがんだのか、教えてよ。

Ross: I can show you, I have it on videotape! . . . It’s an expression.
 見せるだってできるんだよ。ビデオに撮ってあるんだから! (一斉に驚き凝視)一つの表現だよ。

《モニカ達の部屋:時間経過、ロスとレイチェルはいない》

Phoebe: I can’t believe he taped the two of them having sex!
 セックスしてるビデオを撮るだなんて、信じられない!

Joey: Yeah! You gotta tell a girl before you tape her. Such a rookie mistake.
 そうだよ! 録画する前に女の子に言っとかなきゃな。新米のミスだな。

Chandler: You know who has a great video camera?
 すごいビデオカメラ持ってる人がいるよな?

Phoebe: Greg and Jenny?
 グレッグとジェニー?

Monica: Do you still wanna call them? I wanna call them.
 まだ二人に電話したい? 私電話したい。

Chandler: Let’s call them.
 電話してみよう。

Joey: Yeah! Ask them if they brought their friends any souvenirs!
 そうだな! 電話して、友達におみやげ買ったか聞いてみろ!

(電話をするモニカ)
Monica: Hello? . . Eighth street Deli?
 もしもし? ・・8番街のデリカテッセン?

Joey: Hey, hang up! You get food poisoning just talking to that place.
 おい、電話切れ! あそこはしゃべっただけで食中毒になるぞ。

Monica: Uh sorry, wrong number.
 あ、失礼。間違えました。

Chandler: Here you go.
 ほら、これ。(番号を見せる)

Monica: Hello? . . . It’s the deli again!
 (再度電話し)もしもし?(みんなに)またデリカテッセンだわ!

Joey: All right! I’ll have a sandwich!
 わかったよ! サンドイッチにする。

Monica: I don’t think this number’s right!
 (電話切る)この番号きっと間違ってるんだわ。

(ジョーイとフィービーが笑う)

Chandler: What?
 何だよ?

Phoebe: You got fake-numbered.
 ウソの番号渡されたんだー。

Monica: What?! People don’t do that!
 なに? 誰もそんなことしないわよ。

Joey: Oh, I think we do.
 いいや。するよ。

Monica: They gave us a fake number? Why? Why would they do that?
 あの二人が私達にウソの番号を? どうして? どうしてそんなことするのよ?

Chandler: I don’t know! You were a delight to talk to. You asked all those insightful, great questions.
 わからないよ。君と楽しく話していたのに。君は洞察力のあるいい質問をしていたのに。

Monica: And you’ve never been funnier. Joke, joke, joke, you were a hoot!
 それにあなたも、これ以上ないくらいおもしろかったわ。ジョークに次ぐジョークで、おかしかったわ!

Joey: You know what? Don’t worry about it, you still got me and Phoebe.
 なぁ、心配するなよ。君らには、俺とフィービーがいるだろ。

Phoebe: Excuse me, I don’t want Greg and Jenny’s rejects.
 失礼だけど、私はグレッグとジェニーの捨てたものなんていらないわ。

(ロスが来る)
Ross: Rachel won’t talk to me! She won’t even open the door!
 レイチェルが口きいてくれないよ。ドアもあけてくれない!

Phoebe: Hmm, I wonder why. Pervert!
 うーん、どうしてかしらね、変態!

Ross: Okay, listen, I am not a pervert!
 いや、ちょっと、僕は変態じゃないから!

Phoebe: That’s, like, the pervert motto! Yeah! Yeah! They have you raise your right hand, put your left hand down your pants, and repeat that!
 それって、変態のモットーよね。そうよ、ほんと。あいつらって、右手を挙げて、左手をパンツに入れて、そのモットーを繰り返すよね。

Ross: Filming Rachel is not something I planned. Okay, look, here’s what happened, and Joey you-you can back me up on this. All right, about-about a month and a half ago, remember I came to you with a problem? Umm, a personal thing.
 レイチェルのこと録画したのは、そうしようと思ってしたことじゃない。いいか、何が起きたか話すから。ジョーイ、君はこれをわかってくれるはずだよ。いいかい、1ヶ月半ぐらい前、僕が君に相談しにきたの、覚えてない? ・・・個人的なことで。

Joey: Personal.. What personal thing? I don’t know.
 個人的・・・個人的なことって何? 知らないよ。

Ross: About…about sex? . . . That I hadn’t had sex in months?
 あー・・セックスについてだけど?(わからない顔のジョーイ)僕が半年もセックスしてない話。

Joey: Yeah, I knew what you were talking about.
 (笑)ああ。何の話かわかってた。

《一ヶ月半前のジョーイの部屋:赤いセーターのロスが来る》

Ross: Hey!
 やぁ。

Joey: Hey.
 おお!

Ross: Do you have a minute? I’d like to talk to you about something I’m, I’m really uncomfortable talking about.
 ちょっと時間ある? ちょっと話したいことがあるんだ。すごく話しにくいことなんだけど。

Joey: Sure. What? About uh, you showering with your mom?
 いいよ。何? おふくろさんと一緒にシャワー浴びること?

Ross: I actually had a topic in mind! I’m, I’m kinda going through a dry spell, sex-wise.
 僕には僕の話があるから! 今僕は、乾期を経験しているみたいな。セックス関係でね。

Joey: Whoa, for like months?
 うわお。。1ヶ月以上みたいな?

Ross: Five to be lying, six.
 5ヶ月。っていうとウソになるな、6ヶ月。

Joey: Six months? Whoa, that’s rough.
 6ヶ月? ワオ・・それはキツいな。

Ross: Well, I mean it’s not all bad. I’m learning to appreciate the uh, smaller things in life. Like the sound of a bird and the color of the sky.
 いや、だけど、悪いことばかりじゃないよ。生活の中のささやかなことに喜びを感じるよ。鳥のさえずりや、空の青さに。。

Joey: The sky’s blue, Ross, and I had sex yesterday!
 空は青いよ、ロス、昨日セックスしたけどな!

Ross: Please, help me! I have a date tonight. It has to go well, okay−I’m scared for my health!
 頼むよ、助けて! 今夜デートなんだ。うまくいかないと・・体のことが心配になってきたんだよ!

Joey: Okay. Okay. Umm…Ooh! Oh-oh, I got something. It’s this story I came up with, very romantic. I swear any woman that hears it; they’re like putty.
 わかった、わかった。うーん・・あっ! そうだ! いいのがあるぞ。俺が考えた話があるんだ。すごくロマンティックなんだ。どんな女の子でも、それを聞いたらパテみたいにくっついてくるぞ。

Ross: Really? Well then tell it to me.
 ほんと? じゃあ、それ話してみて。

Joey: Okay. Now, you’re gonna want to have sex with me when you hear it, but you have to remember it is just the story.
 よし。これを聞くと、俺とセックスしたくなるだろうけど、これは作り話だってこと忘れるな。

Ross: I’ll try to control myself.
 頑張って自分をコントロールするよ。

Joey: Okay. . Years ago, when I was backpacking across Western Europe…
 よし。・・何年か前、俺は西ヨーロッパをハイキングしてた。

Ross: You were backpacking across Western Europe?
 君が西ヨーロッパをハイキングだって?(笑う)

Joey: Have a nice six more months, Ross!
 あと6ヶ月頑張れよ、ロス!(出て行こうとする)

Ross: Okay! Okay! Okay. I’m sorry. Please, please, you were in Western Europe, and?
 わかった、わかったよ! わかった、ごめんよ。頼む。頼むから。君は西ヨーロッパにいたんだね、それで?

Joey: I was just outside Barcelona hiking in the foothills of Mount Tibidabo. I was at the end of this path and I came to a clearing and there was a lake, very secluded. And there were tall trees all around. It was dead silent. Gorgeous. And across the lake I saw…a beautiful woman…bathing herself…but she was crying…
 俺はバルセロナの郊外で、ティビダボ山のふもとでハイキングしてた。細い道のつきあたりまで行くと、森が開けて、そこに湖があったんだ。他には誰もいない。回りは、高い木に囲まれているんだ。(囁き)とっても静かだ。すばらしい風景なんだ。そして、湖の向こうの方に、美しい女性が見えた。1人、水浴びをしてるんだ。ただ、彼女が泣いているんだ。。。

Ross: Why?
 (すっかり入り込んでる)どうして?

《ロスの部屋:デート中》

Kristen: Umm, this is great wine.
 うーん、これいいワインね。

Ross: It’s from France. In Europe…Western Europe. You know, a few years ago I actually was backpacking across Western Europe.
 フランスのだよ。ヨーロッパね。西ヨーロッパだ。数年前、僕は実は西ヨーロッパでハイキングをしてたんだ。

Kristen: Really?
 ほんと?

Ross: Uh-hmm−Wait! It gets better. Um, yeah, I was in Barcelona.
 そう、待って、ここからいいとこだから。そう、僕はバルセロナにいた。

Kristen: I studied for a year in Barcelona.
 私バルセロナで1年留学したのよ!

Ross: Anyway, umm so I was um, I was hiking…
 とにかく、それで僕は・・僕はハイキングしてて・・

Kristen: I love hiking!
 私、ハイキング大好き!

Ross: Oh, that’s great! I was hiking along the foothills of Mount Tibidaybo…
 ああ、それはいいね! 僕はティビデイボ山のふもとをハイキングしていて・・

Kristen: I think its Tibidabo.
 ティビダボよ。

Ross: Okay! Do you wanna tell the story?!
 なに! 話聞きたくない?!

《ジョーイノ部屋にロスが来る》

Joey: Whoa! What are you doing here? How did your date go?
 うわお! ここで何してるんだよ? デートはどうなった?

Ross: Great! I’m across the street having sex with her right now. Your story sucks!
 サイコーだよ。今通りの向こうで僕セックスしてるよ。君のあの話は全然ダメだよ!

Joey: Hey! Look, if it didn’t work it’s because you didn’t tell it right! Show me how you did it.
 おい! 効果がなかったとしたら、それは話し方の問題だよ。どうやったか見せてみろ。

Ross: No! No, I don’t…don’t want to.
 いや! そんな・・そんなことしたくない。

Joey: How long since you’ve seen a girl naked?
 裸の女の子最後に見たのはどれくらい前だ?

Ross: I was backpacking across Western Europe.
 僕は西ヨーロッパをハイキングしてたんだ。

Joey: I’m not feeling it.
 感じないね。

Ross: I was just outside Barcelona, hiking…
 僕はバルセロナの郊外で、ハイキングをしていて・・

Joey: No! No! No, Ross! I’m not hot! Are you hot?
 ダメダメ! ダメだよ、ロス! 感じないよ! 感じてるか?

Ross: It’s been six months! I’m always hot!
 もう6ヶ月になるんだ! いっつも感じまくりだよ!

Joey: You’re not selling the story! It’s like; it’s like you don’t believe it! Look, I gotta go. I got a date, but try this. Do what I do when I’m preparing for an audition. Okay? I’ll set you up with my video camera and you can record yourself and-and see what you’re doing wrong.
 話に説得力がないよ! なんか、おまえ自身が信じてないって感じだ。いいか、俺もう行かなきゃ。デートなんだ。だけど、これをやってみろ。俺がオーディション前に練習する方法を試してみろ。いいな? ビデオカメラをセットしておくから、自分を録画して、何がいけないのか自分で見るんだ。

Ross: I’ll try that.
 やってみるよ。

Joey: All right, now… All right, you’re all set up. You’re good to go. Just hit record. All right? . . Good luck.
 よし。これで・・(カメラをセット)よし、セットできた。これでいいぞ。録画ボタンを押すだけだ。いいな? 頑張れ。

Ross: Thanks. And-and hey, Joe?
 ありがと。それでさ、ジョー?

Joey: Yeah?
 うん?

Ross: Listen, if you ever have any problem with the ladies, you know, I’ll help you out.
 な、もし君が女性に関して困ったら、僕が助けるから。

Joey: That means a lot to me, man.
 (笑いを我慢して)すごくうれしいよ。(出て行く)

(ワインを注ぎ、録画ボタンを押して1人話し出す)

Ross: Hello! Can I get you anything? Huh? Lens cleaner? Your battery okay? . . . Rachel!
 ハロー! 何か持ってこようか? え? レンズクリーナーがいい? バッテリーは大丈夫? ・・(レイチェルが入ってくる)レイチェル!

Rachel: Oh, Ross!
 ああ、ロス!

Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel: Thank God you’re here! You have to help me! Were you just talking to yourself?
 よかった、いてくれて! 助けてちょうだい! ・・あなた今、独り言言ってたの?

Ross: That’s less embarrassing, yes. Yes, I was.
 その方がまだマシだな。そう。そうだよ。

(2人でカウチに座る)

Ross: So when she came in, I got distracted and totally forgot about the camera. . . It kept rolling and recorded everything.
 (現在のロスの声)それで彼女が入ってきた時、気を取られて、カメラのこと忘れちゃったんだよ。そのまま全部録画し続けてたんだ。

(沈 黙)

Chandler: Yeah, we’re gonna need to see that tape.
 ああ。俺たち、そのテープ見てみないとな。

Monica: Yeah, definitely.
 ええ、絶対よ。

Ross: What a great idea! That will get Rachel to forgive me!
 それは素晴らしいアイデアだな! それでレイチェルも許してくれるよ!

Joey: You know what? This is not fair to her. Let’s just forget the tape!
 なぁ、そんなのレイチェルに悪いだろ。テープのことなんか忘れるんだよ。

Ross: Thank you.
 ありがとう。

Joey: "You’ll show me, right?"
 (声に出さず)俺に見せてよ、な?

Ross: No!
 ダメだよ!


Joey: You’re right. "I know you’ll show me, right?
 その通りだ。(声に出さず)見せてくれるよな?

Ross: Joey! No!
 ジョーイ! ダメだ!

Joey: Loud and clear! "You’ll show me.”
 確かにそうだな! (声に出さず)見せろよな。

(出て行くロス)

《モニカ達の部屋:時間経過》

Monica: I still don't get why Greg and Jenny would give us a fake number.
 まだわからないわ。どうしてグレッグとジェニーがウソの番号なんか。

Joey: You know, if they knew what they were doing they probably didn’t give you real names either.
 なぁ、もし、そういうつもりでいたんだったら、名前も本当の名前じゃないかもな。

Monica: Okay, maybe people give out fake numbers, but they don’t give out fake names.
 ちょっと。ウソの番号を渡すことはあるかもしれないけど、ウソの名前を言うことなんてないわよ。

Joey: Oh, yeah? . . . Hi, Ken Adams, nice to meet you.
 ああ、そうか? (フィービーに)やぁ、ケン・アダムスだ。よろしく。

Phoebe: Regina Philange.
 レジーナ・フィランジよ。(握手)

Chandler: I still don’t get it, we didn’t do anything wrong.
 でもわからないな。何も悪いことしてないのに。

Monica: I know! Although, you did tell an awful lot of jokes.
 そうよ! でも、あなたは冗談言い過ぎだったけどね。

Chandler: I thought you said those jokes were funny. Joke! Joke! Joke!
 あの冗談おもしろいって言ったじゃないか。ジョーク、ジョーク、ジョーク!

Monica: Joke. Joke. Blah! Blah!
 ジョーク、ジョーク。なんとかかんとかー!

Chandler: Well, maybe it was all of your questions.
 もしかして、君があんなに質問ばかりしたからかもな。

Monica: What about my questions?
 私の質問が何よ?

Chandler: The sheer volume, it was like flying with the Riddler!
 あのとんでもない量だよ。謎掛け屋とのフライトってなもんだったよ。

Monica: Oh, I’m sorry. Was that another joke?
 あら、ごめんなさい。それもまたジョーク?

Chandler: Was that another question?
 それもまた質問?

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey! Is Ross still here?
 ねぇ! ロスはまだいる?

Joey: Uh no, Rach, he’s gone. But listen, he told us what happened and it does, it sounds like an honest mistake.
 いいや。レイチ、彼は帰ったよ。でもな、やつが何があったか言ってたけど、本当に手違いだったみたいだよ。

Rachel: Oh, really? Well, how would you like it if I had sex with you and I taped it? . . Oh, forget it! (Ross enters.) Oh, there he is now, the father of my child, the porn king of the west village.
 あら、そう? じゃあ、もし私があなたとセックスして、録画してたらどうする?(喜ぶジョーイ)ああ、忘れて!(ロスが来る)あら、来たわね。私の子のおとうさん、グリニッジ・ビレッジ西側のポルノ・キング。

Ross: Look, it was accident! Okay? I-I feel bad that it happened, but I swear, I didn’t even watch it! Anyway, here. . . I thought you might be more comfortable destroying it yourself.
 いいかい、あれは事故だったんだよ。いいかい? 悪かったと思って、誓うけど、見てもいないんだから! とにかく、ほら。(テープをポケットから出す)君が自分で壊した方が安心かと思ってさ。(レイチェルに投げる)

Rachel: Thank you. . . . What? . . . You don’t want to see this, do you?
 (受け取り)ありがとう。(床に落としヒールで踏もうとすると、モニカ達4人が大騒ぎをする)なに? (もう一度みんなが叫ぶ)これを見たいっていうんじゃないでしょうね?

Monica: Hell, yeah!!!
 めっちゃ見たい!

Rachel: I am not gonna show you this!
 こんなの見せたりなんてしないわよ!

Phoebe: No! Not the sex part, just the stuff leading up to it.
 ダメよ! セックスのところじゃなくて、そこまでのところだけ!

Ross: Forget it, she’s destroying it.
 ダメだよ。彼女は壊したいんだから。

Phoebe: Okay, fine! Fine! We’ll just have to think of some other way to put the whole ‘Who came onto who,’ thing to rest! Come on, now, think!!
 いいわよ。わかった、わかったわよ! それじゃ、「どっちがどっちを誘ったのか」ってことを知る他の方法を探すしかないわね。ほら、みんな、考えて!

Ross: Look, forget it, Phoebe. Okay? It’s Rachel’s tape and she can do whatever she wants with it. And she wants to destroy it. So, end of story.
 いいかい、ダメだから、フィービー。いいね? これはレイチェルのテープなんだし、レイチェルがしたいようにしていいんだ。そして彼女が壊したいって言ってるんだから、それで終わりだ。

Rachel: I wanna see it.
 私見たい。

Ross: What?!
 えっ?

Rachel: Clearly you don’t want people to see this tape. Now I don’t want people to see this tape either, but you so badly don’t people to see it makes me want to see it. You see?
 明らかに、あなた、みんなに見せたくないみたいじゃない。私も、みんなに見せたくはないけど、あなたがそんなに見せたがらないところを見ると、見たくなってきたわ。わかる?

Joey: Are we watching the tape or not?!
 俺たち、テープを見るの見ないの、どっち?!

Ross: I don’t want people to see it for your sake.
 僕は君のために、みんなに見せたくないんだよ。

Rachel: Ahh, I don’t believe you. I think you don’t want them to see you begging me.
 ああ! そんなの信じられないわ。あなた、私にせがんできたところを見られたくないのね。(テープをデッキにセットする)

Ross: Rachel, please…
 レイチェル、お願いだ・・

Rachel: Ah, a little preview!
 あら、ちょっとした予告編ね!

Ross: Fine. Fine, but I want the record to show that I tried to take the high road, because in about five minutes I’m gonna be saying…
 いいよ、いいよ。だけど、忘れないで、僕は正しいことをしようとしたんだからね。5分後には、僕がこうなるから(レイチェルを指差して笑う)

(high road = 王道、成功への道)
(take the high road = 正しいことをする)

Rachel: Okay, here we go.
 いいわ、始めるわよ。

Ross: Hello! Can I get you anything?
 (ビデオ)ハロー? 何か持ってこようか?

Joey: I’m so happy!
 俺めちゃくちゃ幸せ!

《モニカ達の部屋:続き》

Rachel: Oh, thank God you’re here! You have to help me! Were you just talking to yourself?
 (ビデオ)よかった、いてくれて! 助けてちょうだい! ・・あなた今、独り言言ってたの?

Rachel: There I am.
 ほら私よ。

Phoebe: You’re gonna get pregnant.
 今から赤ちゃんできちゃうよ♪

Rachel: I screwed up so bad, I told Monica that I would stuff and send all these wedding invitations like weeks ago and I-I…
 (ビデオ)大変なことしちゃったの。モニカに、招待状ちゃんと封筒に入れて送っとくって1週間ぐらい前に言ったのに、私・・

Ross: You didn’t, do it?
 (ビデオ)やってないんだね?

Rachel: I-I know−I had put them in…in-in my desk at work and I completely forgot about them until today.
 (ビデオ)そうなのよね。会社のデスクにしまい込んで、今日まで完全に忘れちゃってたの。

(ピリッとするチャンドラーとモニカ)

Monica: Sweetie, it’s okay. Everybody made it to the wedding. I’m fine.
 (レイチェルの手を握り)ねぇ、いいのよ。招待状はみんなにちゃんと届いたんだから。大丈夫。

Rachel: Kinda hurting my hand though.
 手が痛いけど。

Monica: I know.
 でしょ。

Rachel: I cannot believe that I did this. Especially after Monica just went on and on and on about it! "Okay, Rachel! Here are the invitations, Rachel! Now be very careful, Rachel! Please, drinking no liquids around the invitations, Rachel!" . . . Whoa oh! Oh-oh-oh! Oh…oh-oh-oh…
 (ビデオ)こんなことしちゃうなんて私ったら・・あんなにモニカにしつこくしつこく言われたっていうのにね! (モニカのマネ)「いいこと、レイチェル! これが招待状よ、レイチェル! 気をつけてよね、レイチェル! 頼むから、招待状の回りで何か飲んだりしないでね、レイチェル!」..(ワイングラスを傾けてこぼしそうに見せて)うわーぉ! お!お!お!おーっとっとっと!!

(モニカは絶句。レイチェルがビデオを早送り)

Chandler: Did you do it on our invitations?!
 君たち、招待状の上でやったのか?

Ross: … Not on the ones we sent out.
 ・・・送ったやつの上じゃないよ。

Chandler: So, just the ones gave back to us and we had framed!
 それじゃ、この俺たちに返してくれた、額に入れたやつの上でやったのか!
(額入り招待状をテーブルにドン!と置く)

Rachel: Can you believe this is already happening? I mean it seems like yesterday they just got engaged.
 (ビデオ)もうこんな段階にきてるなんて、信じられる? 婚約したのが昨日のことみたいよね。

Ross: I know. Hey, remember…remember the night they got engaged? How uh, you and I almost…
 (ビデオ)だよね。ね、どう、覚えてるかな? 2人が婚約した夜、君と僕がもうちょっとで・・

Rachel: Oh, I remember how we almost. Do you think we would’ve gone through with it? You know, if we hadn’t gotten caught. Do you think we would’ve done it?
 (ビデオ)ああ、もうちょっとでね、覚えてるわよ。あのままだったら、どうなってたかしらね? もし見つかってなかったら。私達、最後までいっちゃってたかしら?

Ross: I mean I…I know I wanted to. I just, I just wasn’t sure if you wanted to.
 (ビデオ)僕は・・そうしたかったけどね。君がどうしたかったかわからなかったけど。

Rachel: Oh, I wanted to.
 (ビデオ)ああ、そうしたかったわよ。

Ross: So we…we both wanted to.
 (ビデオ)それじゃ、僕ら2人ともそうしたかったんだ。

Rachel: Interesting.
 (ビデオ)興味深いわね。

Ross: Yeah. …Anyway umm, it probably worked out for the best.
 (ビデオ)ああ。・・・とにかく、これでよかったのかもね。

Rachel: Oh, yeah, sure.
 (ビデオ)ええ、そうよね。

Rachel: Okay, in about ten seconds you’re gonna see him kiss me.
 この10秒後には、みんな、彼がキスしてくるのを見ることになるわよ。

Ross: And in about five seconds you’re gonna see why.
 5秒後には、みんな、その理由を知ることになるよ。

Rachel: Ross, did I ever tell you about the time that I went backpacking through Western Europe?
 (ビデオ)ロス、話したことあったかな、私が西ヨーロッパをハイキングしてた時のこと。

(みんな衝撃を受けてレイチェルに注目)

Rachel: Okay, get ready to see some begging.
 ほら、もうすぐおねだりを見られるわよ。

Phoebe: Oh, you came on to Ross!
 まぁ! あなたからロスに迫ったのね!

Rachel: What?!
 何ですって?

Ross: Now I’m so happy.
 ああ、僕はめちゃくちゃ幸せ♪

Rachel: What are you talking about?!
 何を言ってるのよ?

Monica: You used the Europe story!
 あなた、ヨーロッパのお話使ったのね!

Chandler: That’s the magic story you use when you wanna have sex!
 あれは、セックスするために使うマジックストーリーだ!

Rachel: How do you know about that story?
 どうしてその話を知ってるのよ?

Joey: How do you know about that story?
 どうして君がこの話を知ってるんだ?

Rachel: I heard it from my friend Irene who heard it from some guy!
 私は、どっかの男性から聞いたっていう、友達のイレーネから聞いたのよ。

Joey: Some guy!!
 どっかの男性!(手を挙げ、自分を指差す)

Rachel: No. No, she told me that his name was Ken Adams.
 違う、違うわ。その人の名前はケン・アダムスって言ってたもの。

Joey: Ken Adams!!
 (手を挙げ、自分を指差す)ケン・アダムス!

《ジョーイ達の部屋:レイチェル1人。ロスが来る》

Ross: Hi.
 やぁ。

Rachel: So, apparently people are familiar with the Europe story?
 どうも、みんなヨーロッパの話は知ってるみたいね?

Ross: Yeah. Listen, about that, the whole uh, who came on to who thing really doesn’t matter. I mean, I think it would’ve happened either way. I mean if you hadn’t initiated it I know I would have.
 そうだね。そのこと、どっちがどっちを誘ったかなんていうのは問題じゃない。どっちにしても、ああなってたと思うよ。君から始めてなきゃ、僕から誘ってた。

Rachel: It was an amazing night.
 素敵な夜だったわよね。

Ross: It was. It was an amazing night.
 そうだよ。素晴らしい夜だった。

Rachel: You think it looked amazing?
 見ても素晴らしいかな?

Ross: I uh… I don’t know. I mean.. I honestly didn’t watch it.
 僕は・・どうかな。僕は本当に見てないから。

Rachel: Yeah, me neither. Yet…
 ええ、私もよ。まだ・・

Ross: Uhhhhhh…that-that may be weird.
 あー・・・それもおかしなものかもしれないよね。

Rachel: Yeah, it would be really weird.
 ええ、それもおかしいわよ。
(ロスはテープを持ってビデオデッキに走り、レイチェルは急いでドアに鍵をかける、2人椅子に座る)

Ross: Good luck.
 グッドラック!

Rachel: Good luck to you.
 あなたこそ!

Ross: Mind if I mute?
 (プレイボタンを押して)音消してもいい?

Rachel: Oh, please.
 ええ、お願い。

Ross: Oh, oh, there go the clothes.
 ああ。ああ、服を脱ぐとこだ。

Rachel: You are undressing very quickly.
 あなたすごい早さで服脱いでるわね。

Ross: Six months Rachel, six months.
 6ヶ月だよ、レイチェル、6ヶ月なしだったんだ。

Ross and Rachel: Ah. . . Oh.
 ああ・・・・おお!

Ross: Hey. We-we look…we look pretty good.
 ねぇ、僕ら、すごくいい感じだよね。

Rachel: That’s what I was gonna say.
 今そう言おうと思ったのよ。

Ross: Oh, nice tan!
 おお! よく焼けてるね。

Rachel: Thank you! I had just gone to the beach that weekend.
 ありがとう! あの週末、ビーチに行ったとこだったのよ。

Ross: Ah….
 ああ。

Rachel: Have you been working out?
 体鍛えてたの?

Ross: I have been working out.
 体、鍛えてたよ。

Rachel: Really? Wow, this is so much better than I ever…
 そうなの。ワオ! これ意外にいいわね。

Ross and Rachel: Ohh! Ew!
 おー! うわー!

Ross: Oh, that’s not pretty.
 ああ、これは美しくないね。

Rachel: Oh! Oh!
 あっ! ああ!

Ross: No!
 ダメだ!

Rachel: Oh, God!
 ああ。やめて。

Ross: Oh, no!
 ああ、やだ!

Rachel: Oh, make it stop!
 ああ、止めて!

Ross: Oh, no!!
 ああ、やめろ!

Rachel: Make it stop!!
 止めて!

Ross: No!!
 ダメ!

Rachel: Have to make it stop!!
 止めなきゃ!

Ross: No!!!
 ダメー!
(2人とも止めようと近づく)

《モニカ達の部屋:電話帳でグレッグ達の番号を探し出し電話をかける2人》

Monica: Hello, Greg? . . .Hi, this is Monica from the plane. Listen, the number that you gave me 853-5… . . .That is their old number! Jenny’s been giving it out since they moved!
 もしもし、グレッグ? ハーイ、飛行機で会ったモニカよ。 ね、もらった電話番号の8535だけど・・・(チャンドラーに)あれは前の番号だったんだって! ジェニーったら、引っ越し前の番号を渡しちゃったのよ。

Chandler: Jenny! That is so Jenny!
 ジェニーったら! ジェニーらしいよな!

Monica: Hey, listen, umm, how would you like to get together? Say, next Saturday? . . .Okay, how about Sunday? . . .Okay, the week after that? . . .The week after that? . . .You know what, Greg? You know what? We are good, interesting, funny people with good questions and if you and your precious Jenny can’t see that then… . . .January 15th? We’ll see you then! . . .Okay!
 (電話で)ねぇ、また会いましょうよ。今度の土曜日は? ・・・それじゃ日曜日? ・・それじゃ、その次の週は? ・・・その次の週は? ・・・ねぇ、グレッグ? ね、私達は、いい質問をする、おもしろみがあって、楽しくていい人間よ。もしあなたと、素敵なジェニーがそれをわからないっていうことなら・・・1月15日? それじゃその時にね! ・・・わかった!(2人大喜びでハグ)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:35| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。