2013年11月01日

8-3 The One Where Rachel Tells Ross

8-3 レイチェルがロスに告げる話

 ☆衝撃のロス☆

《モニカ達の部屋:モニカが寝室から出てくる》

Chandler: Hey! Babe! Aren’t you excited we’re going on our honeymoon?
 ヘイ、ベイビー! 新婚旅行に行くんだ、嬉しい?

Monica: Yeah, I am!
 ええ、嬉しい!

Chandler: Bermuda, Bahama, come on, pretty mama…
 (歌う)バミューダ、バハマ、カモン、プリティママ♪



Monica: That’s right. Get it out of your system while we’re alone.
 そうよ。それ、他の人が来る前に頭から消してね。

(ジョーイとフィービーが来る)
Joey: Hey! We came to say goodbye.
 ヘイ! 見送りに来たよ。

Phoebe: Yeah! Have a great honeymoon!
 イエーイ! ハネムーン楽しんできてね!

Monica: Thanks.
 ありがと。

Chandler: I’d better go pack.
 荷造りしてくるよ。

Monica: Oh, no, I already packed. The only thing I couldn’t find though was your Speedo.
 あ、いいのよ。もうやったから。ただ、あなたのスピードだけ見つからなかったの。

Chandler: A Speedo? Uh, I don’t have a Speedo. I’m gonna go pack my regular long bathing suit.
 スピード? 俺、スピードなんて持ってないぞ。俺、普通の長い水泳パンツ詰めてこようっと。

(レイチェルが来る)
Rachel: Oh, good, you’re still here!
 ああ、よかった。まだいてくれたわね。

Monica: Hey!
 ヘイ!

Rachel: I want to tell you to have a good honeymoon!
 ハネムーン楽しんできてって言いにきたのよ。(ハグ)

Monica: Thank you.
 ありがとう。

Rachel: And I also wanted you guys to know that I am telling the father today. . . What? What? What?
 それと、今日、父親に告げるってこと、知らせておきたかったの。(みんながじっと見る)なに、なに、なに?

Joey: We know its Ross!
 ロスだって知ってるんだ!

Rachel: How?! How do you know?
 どうして? どうして知ってるの?

Phoebe: It was his sweater, but−Oh, my God!
 あれは彼のセーターだったの。それより、ああ、すごい!

Rachel: Oh, I so wanted Ross to know first, but I’m so relieved you guys know.
 ああ、ロスに最初に知って欲しかったんだけど、でもあなた達が知ってくれてすごくホッとしたわ。

Monica: This is so great! And I’m gonna be your baby’s aunt!
 これはすごいことよ! それに私は赤ちゃんの叔母になるのね!

Rachel: I know!
 そうよ!(ハグ)

Phoebe: Me too!
 私も!(ハグに参加)

Joey: I’m gonna be an uncle! Come here!
 俺もおじさんになる! 俺も!(ハグに参加)

Rachel: You’re all gonna be aunts and uncles.
 みんなおじさんとおばさんよ。

Monica: Yeah, but I’m the only one related by blood.
 ええ、だけど、私だけは、血のつながりがあるのよ。

Rachel: Okay. Great! So now that you guys all know you can help me. Give me some advice on how I’m gonna tell Ross!
 ああ、よかった。みんな知ってくれたんだから、助けてもらえるわよね。なんてロスに伝えるか、アドバイス欲しいわ!

Monica: Well, what were you gonna say?
 そうね、あなたは何て言うつもりなの?

Rachel: Well, I was gonna tell him that I’m-I’m gonna have the baby and he can be as involved as he wants.
 そうね、私は赤ちゃんを産むけど、彼には好きなように関わってくれたらいいって言うわ。

Joey: Well, that, that sounds good.
 ああ、そうだな、それはいいな。

Rachel: Yeah, but, you know, how do I start? I mean, what’s-what’s the first thing that I say? . . . Okay, great! Thanks.
 ええ、だけど、ねぇ、なんて始めたらいい? なんて言葉から始めたらいいの?(みんな考えるが沈黙)そっか、よかった! ありがと!(ドアに向かう)

Monica: Hey! Good luck!
 ねぇ、頑張ってね!

Phoebe: Yeah, bye.
 そうよ、バーイ。

Joey: Bye.
 バーイ。(レイチェルは出て行く)

(寝室から出てくるチャンドラー)
Chandler: Hey, what was that all about?
 なぁ、何事だったの?

Monica: Well, I guess there is no harm in telling you now, Rachel and Ross are gonna have a baby.
 ああ、もうあなたに話してもいいわよね。レイチェルとロスに赤ちゃんができたの。

Chandler: What?! I didn’t even know that−Why didn’t you tell me?! . . Why am I talking like this?!
 (かん高い声で)なにっ? そんなの知らなかったぞ。なんで言ってくれなかったんだ? ・・・俺、なんでこんな声でしゃべってるんだ?

Monica: I didn’t think you could keep it a secret.
 あなたが秘密を守れないと思ったからよ。

Chandler: What?! … I am an excellent secret keeper. I have kept all of our secrets.
 (かん高い声で)なにっ?(普通の声に戻って)俺は口が堅いぞ。俺たちの秘密は全部守ってる。

Joey: What secrets?
 何の秘密?

Chandler: Oh, no-no, Joey, I am not gonna tell you because I am an excellent secret keeper.
 ああ、いやいや、ジョーイ。俺は口が堅いんだからな、言わないぞ。

Joey: You’ll tell me later?
 (チャンドラーに囁く)後で教えろよな?

Chandler: You already know.
 もう話した。

《ジョーイの部屋:ジョーイとフィービーが来る》

Phoebe: Oh, it's so romantic to send people off on their honeymoon.
 ああ、ハネムーンへ見送るのって。ロマンティックね。

Joey: You know, Monica and Chandler are married. Ross and Rachel are having a baby. Maybe you and I should do something.
 なあ、モニカとチャンドラーは結婚したし、ロスとレイチェルには子供ができた。君と俺も何かするべきかもな。

Phoebe: All in good time, my love. All in good time. Oh, shoot! I left my guitar in their apartment. Well, you can let me in later.
 いずれ時がくればね、ジョーイ。その時は来るわ。あ、しまった! 私、あっちの部屋にギターを置いてきちゃったわ。後で取りに行かせてね。

Joey: No, I don’t have a key, they took mine to give to you.
 いや。俺、鍵を持ってないよ。君に渡すからって取られたぞ。

Phoebe: What?! They took mine to give to you!
 えっ? 私のはあなたに渡すって言われたわよ!

Joey: Why would they take away our keys?
 なんで俺たち、鍵を取り上げられたんだ?

Phoebe: Maybe they don’t trust us.
 信用されてないのかしら。

Joey: No, that’s not it. They let me keep my key the last time they were out of town.
 いや、そんなことはないよ。前に2人が遠出したとき、鍵預かったからな。

Phoebe: You mean the time you broke the ketchup bottle and cleaned it up with Monica’s guest towels?
 それって、ケチャップのボトルを壊して、モニカのゲスト用タオルで拭いた時のこと?

Joey: Hey, I washed those!
 おい、あれはちゃんと洗ったぞ!

Phoebe: No, you didn’t.
 嘘よ、洗ってないわよ。

Joey: Yeah, that didn’t sound like me.
 そうだよな。そんなことするわけないよな。

Phoebe: Well, what am I gonna do? I really need my guitar!
 じゃあ、どうしよう? ギターは絶対いるわ!

Joey: Yeah, I have stuff in there too.
 ああ、俺もあそこに置いてきたものがあるんだ。

Phoebe: What stuff?
 何を?

Joey: Monica’s chicken parm! I’ll take care of it. (He picks up the phone) Hey, Mr. Treeger, it’s Joey Tribbiani. Listen, I need to get into Monica and Chandler’s apartment. It’s an emergency. . Uhh, gas leak! Yeah, oh, and bring garlic bread.
 モニカのチキン・パルメザンだよ。俺がなんとかする。(電話をかける)ヘイ、トリガーさん。ジョーイ・トリビアーニだけど、モニカとチャンドラーの部屋に入らないといけないんだよ。緊急事態なんだ。・・えーっと、ガス漏れだよ! うん・・あ、それと、ガーリックパン持ってきて。

(chicken parm ←クリックでレシピ。 parm はパルメザンの省略のようです)

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やあ!

Phoebe: Did Rachel find you?
 レイチェルに会った?

Ross: No, why?
 ううん、なんで?

Phoebe: Oh, she was looking for you.
 彼女、あなたのこと探してたよ。

Ross: Oh, well, I guess I’ll catch up with her later.
 ああ、そうか、そのうち会えるさ。

Phoebe: Well, she really wanted to talk to you now.
 でも彼女はいま話したいみたいだったわよ。

Joey: Yeah, it seemed pretty important.
 そうだぞ。大事なことみたいだったぞ。

Ross: Oh, no.
 ああ、困るな。

Phoebe: What?
 何?

Ross: I think I might know what this is about.
 僕、何の話かわかると思うよ。

Joey: Really?
 本当?

Ross: Yeah. Uh, uh we promised we weren’t gonna tell anybody this but uh, about a month ago Rachel and I slept together.
 ああ、僕たち、これは誰にも言わないって約束してたんだけど、でも、1ヶ月くらい前、レイチェルと僕、寝たんだ。

Phoebe: And?
 それで?

Ross: Wow! I thought you would be a little more shocked.
 ワオ・・君たちもっと驚くかと思ってたよ。

Phoebe: Oh, sorry.. And?!
 あ、ごめん。それでっ?!?!

Ross: Well, we-we said we’d just do it that one time but, but now I think she may wanna start things up again.
 いや、僕ら、一回だけのことにしようって話したけど、でも、今彼女はまたやり直したいんじゃないかな。

Joey: Yeah, I don’t think that’s what it is.
 あー、それは違うと思うな。

Ross: Why? What-what else could it be?
 なんで? 他に何がある?

Joey: Oh, wow, I don’t feel well.
 ああ・・うわ。気分が悪い。

Ross: I’m telling you. I’m telling you. That’s what it is. Oh! No wonder she was looking at me all funny during the wedding. She didn’t say anything to you?
 ほんと、ほんとだって。そういうことなんだよ。ああ! だから結婚式の間、彼女妙な目で僕を見てたんだな。彼女何も言ってなかった?

Phoebe: Maybe it’s something you ate.
 (ジョーイに)食べたもののせいかもしれないわね。

Joey: Please, just-just, just go and talk to Rachel.
 頼むよ、いいから、とにかくレイチェルと話してこいよ。

Ross: Yeah, I guess I should. Man, you know what I have to realize? Maybe I’m just not the type of guy women can have just one night with. You know, they-they always seem to want a little bit more. I should remember that.
 ああ。そうみたいだな。ああ、僕、自覚しないといけないよね? 僕って、女性にとって、一晩限りの男じゃないんだな。みんな、もっと求めてくるんだよ。覚えておかなくちゃ。(1人納得して出て行く)

《空港受付カウンター:列の2番目に並ぶモニカ達》

Ticket Agent: Next?
 次の方?(キスをしているカップルが動かない)

Monica: They’re kissing, let’s just go around them.
 あの2人キスしてるわ。勝って先に行きましょうよ。

Chandler: Oh, honey, leave them alone, they’re in love.
 いや、そっとしておこうよ。あの2人愛し合ってるんだよ。

Monica: I’m in love too! But in an orderly fashion.
 私も愛してるわよ! でも、きちんとしてるの。

Ticket Agent: Next?
 次の方?

Monica: Hi! Can you do that and walk? ‘Cause she said, "Next."
 (カップルに)ハーイ、それしながら歩いてくれる? 彼女が、「次の人」って言ってるから。

(カップルはカウンターに向かう)
Woman: Sorry. We didn’t hear you; we’re on our honeymoon.
 ごめんなさい、聞いてなかったわ。私達、ハネムーンなの。

Ticket Agent: Oh, let me see what I can do. . . There are some first class seats available.
 まぁ、何かできますか確認してみます・・(PCを見る)ファーストクラスのお席が空いております。

Monica: Did you hear that?! They bumped them up to first class because they are on their honeymoon! Come on! Let’s act like we’re on our honeymoon.
 今の聞いた? ハネムーンだからって、ファーストクラスにしてもらえるんだって! 私たちもハネムーンのカップルみたいに見せましょうよ。

Chandler: We are on our honeymoon.
 僕らは事実ハネムーンに来ている。

Monica: Grab my ass!
 私のお尻つかんで!

Ticket Agent: Next?
 次の方?

Monica: Hi, sorry. I almost didn’t hear you, because, you know, I’m just so in love with my new husband. We’re on our honeymoon.
 ハーイ、ごめんなさい。聞き逃すとこだったわ。だって、ね、私、新しい夫に夢中なの。私達、ハネムーンなのよ。

Ticket Agent: Congratulations. Okay, Mr. Bing, you’ll be in 25J and Mrs. Bing you’ll be in 25K.
 おめでとうございます。はい、ミスター・ビング、お席は,25J、ミセス・ビング、お席は25Kです。

Monica: Oh, no, you see, we’re on our honeymoon. So umm, can you do your little thing and bump us up to first class?
 あら、いえ、ね、私達、ハネムーンなのよ。だから、ちょっと何かして、ファーストクラスにしてもらえないの?

Ticket Agent: I’m sorry, all our first class seats are taken. That couple got the last two.
 すみません、ファーストクラス席はもう空いてないんです。さっきのお二人の分が最後の2席でした。

Monica: You see, if we’d gone around them like I said, we−She would’ve given us those tickets. Damn it!
 ほらね、私が言ったように、あの2人を回って先に行ってたら私達・・彼女はあのチケットをくれたのよ。クソっ!

Chandler: 25J and K, any chance those aren’t together?
 (カウンター係に)25JとKだけど、席が離れてるなんてことない?

《ジョーイの部屋:フィービーと、Rock ‘em, Sock ‘em Robotsをプレイ中》

Joey: I still can’t believe they took away my key. You trust me with yours.
 俺の鍵を取り上げるなんて、まだ信じられないよ。君は俺を信じて預けてくれるよな。

Phoebe: Of course I do! And I’m gonna give it back to you as soon as they’re done with it at the key shining place.
 もちろんよ! 私の鍵だって、鍵屋さんから戻ってきたらすぐ渡すわよ。

(何か物音がする)
Joey: What the hell is that?
 いったい何事だ?

(見に行くと消防士がオノでモニカ達のドアを壊していて、トリガーさんが見ている)

Joey: Whoa! Whoa! Whoa! Treeger, what are you doing?
 うわっ、うわ、うわ! トリガー、何をしてるんだよ?

Mr. Treeger: You said there was a gas leak in here.
 この部屋でガス漏れがあるって言っただろ。

Phoebe: Well, why don’t you use your key?
 なんで鍵を使ってあけないの?

Mr. Treeger: Because by the time I find it on this thing, the whole place might have exploded. If that happens at another building that I manage, people are gonna start asking questions. . . Come on! Hurry up.
 この中から(大量鍵束を見せる)合うのを見つける前に爆発しちゃうかもしれないだろ。そんなことがまた起きたら、俺、管理人として疑われるからさ。(消防士に)ほら、早くして!

(ドアが破壊される)
Phoebe: Oh! We could have done that.
 まぁ! それなら私だってできたわ。

《空港:先ほどのカップルを見るモニカ達》

Monica: Look at that! Look at that! They’re going into the first class lounge! Do you know what they have in there?
 見て! あれ見てよ! あの2人、ファーストクラス用ラウンジへ入っていったわよ! あの中どうなってるか知ってる?

Chandler: No.
 いいや。

Monica: Me neither! We have to get in!
 私もよ。入っていきましょうよ!(チャンドラーも入る)

Chandler: Just act like you belong.
 ここにいて当たり前のような顔するんだ。

Monica: Oh, my God! Oranges!
 まぁすごい! オレンジがある!

Chandler: Shh! . . . Nice to see you again.
 シーッ! (カウンターのスタッフに)また会ったね。(奥へ行こうとする2人)

Airline Employee: Uh sir, may I see your tickets, please?
 あ、チケットを拝見できますか?

Chandler: Yes, of course.
 ああ、もちろんどうぞ。(見せる)

Airline Employee: I’m sorry, would you move your thumb? I can’t see the seat number.
 すみません、指をどけていただけますか? 番号が見えません。

Chandler: Oh, that’s all right, I have it memorized. It’s 1A.
 ああ、いいんだよ。僕は覚えてるから。1Aだよ。

Airline Employee: Sir, this is not a first class ticket. I’m sorry.
 (チケットを引っ張って見る)これはファーストクラスのチケットではないですね、すみませんが。

Chandler: Apology accepted. Excuse us.
 かまわないよ。じゃあ失礼。(奥へ行こうとする)

Airline Employee: Sir! I’m afraid I’m gonna have to ask you to leave.
 すみません! 恐れ入りますが、退出お願いします。

Monica: Fine. . . Go! Go! Go!
 もういいわよ。(オレンジを取って出て行く)早く!早く行くわよ!

《部屋の前で待っているレイチェルに出会うロス》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hi.
 やあ・・。

Rachel: Hi. . .Umm, I think there’s something that we really need to talk about.
 どうもね(立ち上がる)私、どうしても話さなきゃならないことがあるの。

Ross: I think we do. Why don’t we go inside?. . . Look uh, I know why you’re here.
 そのようだね。中に入ろうか。(部屋に入る)ね、何の話か、わかるよ。

Rachel: You do?
 そうなの?

Ross: Yeah, and to save you from any embarrassment umm, I think maybe I should talk first.
 ああ。恥ずかしいだろうから、僕から話そうか。

Rachel: Okay.
 ・・いいわよ。

Ross: Okay. . . Uh, Ross and Rachel. Rachel and Ross. That’s been one heck of a see-saw hasn’t it?
 よし。(レイチェルを座らせる)・・ロスとレイチェル。レイチェルとロス。ずっとシーソーごっこをしてきたよね?

Rachel: What?
 えっ?

Ross: I mean, look, that-that one night we had was fun and…and certainly passionate, but don’t you think it’s better if we just stayed friends?
 いや、あの夜は確かに楽しかったし、情熱的だったよね。だけど、友達のままでいた方がいいと思わない?

Rachel: Seriously, what?!
 本当に、何なの?

Ross: Okay. Okay. You know what? If you want to, we can do it one more time. I mean, I’d-I’d be okay with that. In fact, I have some time right now.
 わかった、わかったよ。君がそうしたいっていうなら、もう一度してもいいよ。僕はいいよ。実際、今なら時間もあるし。

Rachel: Okay, you know what? Can I, can I talk now?
 ねぇ、いい? 私から話していい?

Ross: Oh, sure.
 ああ、いいよ。

Rachel: I’m pregnant. . . Ross? . . . . Ross? . . . Okay, whenever you’re ready. . . And you’re the father by the way−but you got that…
 妊娠したの。(凍り付くロス)ロス?・・(反応なし)ロス?・・いいわ。待ってるから。(雑誌を手に取って見始める)ところで、あなたがお父さんだからね。わかってるわよね。

《ロスの部屋:続き》

Rachel: Can I get you some water?
 (雑誌を閉じて)水でも持ってこようか?

Ross: I’m good. I’m good.
 いい。いいよ。

Rachel: Ross, there is no pressure on you. Okay? I mean, you can as involved as you want.
 ロス、負担に感じないでね。いい? 関わりたいだけ関わっていいんだから。

Ross: Yeah, I uh… I’m just−I don’t know−I don’t understand, umm, how this happened? We-we used a condom.
 ああ、僕・・僕はただ・・なんだろう・・わからないな。どうしてそうなる? 僕ら・・僕ら、コンドーム使ったのに。

Rachel: I know. I know, but you know condoms only work, like, 97% of the time.
 そうよね。わかってるわ。でも、コンドームって97%ぐらいの効果しかないじゃない。

Ross: What? What? . . What?!! Well, they should put that on the box!!!
 えっ? え? ・・なんだって?! だったら箱にそう書いておくべきだろう!

Rachel: They do!
 書いてあるわよ。

Ross: No, they don’t!!! . . . Well, they should put it in huge black letters!!!!
 いや、書いてないよ!(走っていって箱を持って戻ってくる)こんなの、大きな黒い字で表示するべきだよ!!

Rachel: Okay, Ross, come on, let’s just forget about the condoms.
 ロス、ねぇ、ちょっとコンドームのことは忘れましょうよ。

Ross: Oh, well, I may as well have!
 ああ、もう忘れちゃったかも!

Rachel: Listen, you know what? I was really freaked out too when I found out…
 ねぇ、私も、わかった時は本当にショックだったけど・・

Ross: Freaked out? Hey, no, I’m not freaked out! I’m indignant! As a consumer!
 ショック? いや、僕はショックなんて受けてないよ! 僕は怒っているんだ。消費者としてね!

Rachel: You know what? Let’s, let’s talk later.
 ねぇ、また今度話しましょ。

Ross: No! No! I want to talk now! Okay? I−In fact, I want to talk to the president of the condom company!
 いや、いいや! 今話すよ! いい? ほんと(受話器を取る)、僕はこのコンドーム会社の社長と話したいよ!

Rachel: Okay, you know, maybe I should come back…
 そう、私はまた来るわ。

Ross: Shh! Shh! Shh!
 (つかまえて)シーッ!シーッ!シーッ!

Rachel: Okay.
 わかった・・

Ross: Yeah, I’ll press 1!
 (電話に向かって)ああ、1番を押すよ!(プッシュボタンを押すロス、出て行くレイチェル)

《モニカ達の部屋》

Mr. Treeger: I’ve looked everywhere. There’s no gas leak.
 全部見たけど、ガス漏れはないよ。

Joey: Huh. So then I can heat this up?
 そうか。じゃあ、これ温めてもいい?(食べ物を温める)

Mr. Treeger: Anyway uh, I’ll get moving on that new door.
 とにかく、新しいドアをつけないとな。

Phoebe: Oh, great! And listen, could you do us a favor and not tell Chandler and Monica about this? ‘Cause you know umm, they don’t-they don’t have any kids of their own and-and this door was like a child to them.
 ああ、いいわね! 聞いて、お願いなんだけど、チャンドラーとモニカにはこのこと話さないでくれる? あの2人、子供がいないから、このドアが子供みたいなものなのよ。

Mr. Treeger: Well, I’m gonna have to put on a new lock, they’ll find out anyway.
 いやぁ、新しい鍵につけかえるから、どっちにしても知ることになるよ。

Phoebe: Oh, no.
 あらまぁ。

Mr. Treeger: Whoa! This looks like an all day job, I’ll have to cancel my yoga class. . . Hey, Ross!
 ああ、こちゃ一日仕事になるぞ。ヨガ教室には行けそうもないな。(ロスが来る)やぁ、ロス!

Ross: Hi.
 やぁ。

Mr. Treeger: Could you tell Jasmine that I won't make it to yoga class today?
 ジャスミンに、今日はヨガ教室を休むって伝えてくれる?

Ross: Sure.
 いいよ。

Mr. Treeger: Namaste.
 ナマステ(合掌)

Ross: Namaste.
 ナマステ(合掌)

(トリガーは帰り、ロスがドアに気づく)
Ross: Oh, my God! What happened to the door?!
 なんだこれ! このドアどうしちゃったの?

Joey: So it’s noticeable, huh?
 それじゃやっぱり目立つか?

Ross: Look, is Rachel here? I really need to talk to her.
 な、レイチェルはいる? 彼女と話さないといけないんだ。

Phoebe: Didn’t you two already talk?
 あなた達、もう話したの?

Ross: Yeah, but uh… Okay, okay, look, you guys know that Rachel and I slept together, but there’s something else. . . Rachel’s pregnant.
 ああ。だけど・・ああ、レイチェルと僕が寝たってことは話したよね。だけど、まだ続きがあって・・レイチェルが妊娠したんだ。

Joey: Oh, my God!!! I can’t believe that!!
 なんてことだ! 信じられない!

Phoebe: Holy mother of God!!!
 (ジョーイと同時に)なんていうことなの!

Ross: With my child.
 僕の子だ。

Phoebe: That is brand new information!!
 それは真新しいニュースだわ!

Ross: You already know, don’t you?
 君たち、もう知ってたんだね?

Phoebe: A little bit.
 ちょこっと。

Joey: How are you doing?
 それで、どうなった?

Ross: Okay. Okay. I mean I’ll be okay. It’s just I don’t think I handled it very well.
 ああ、うん。僕は大丈夫だけど。ただ、最初の対応がまずかったんだ。

Joey: Well, what did you say to her?
 彼女に何て言ったんだ?

Ross: Nothing. But the complaint department at the condom company got an earful. And then when I turned around she was gone.
 何も。代わりにコンドーム会社のクレーム担当には山ほど訴えた。そして振り返ったら、彼女いなくなってたんだ。

Phoebe: Oh, Ross.
 ああ、ロスったら。。

Ross: But hey, in my defense I-I just found out condoms are like only 97% effective.
 だけどさ、弁解になるけど、コンドームの効果って97%だなんて知らなかったんだよ。

Joey: What?
 なにっ?!

Ross: I gotta go find her.
 彼女を探さないと。

Joey: Whoa! Hey! Whoa!! Hold up! Are you serious?! So like 3% of the time they don’t even work?! Huh? They should put that on the box!
 なに? おい? なんだって? 待てよ。それマジで? じゃあ3%は効かないっていうのか? え? そんなこと箱に書くべきだろう!

Ross: Evidently, they do.
 確かに書いてあるんだ。

Joey: What?!
 なに?!(ポケットから連なるコンドーム袋を出して見始める)

《アトランティス・リゾートのホテル》

Monica: I can’t believe we’re here.
 ついに来たのね。ウソみたい。

Chandler: Oh, you’ve got to be kidding me.
 うわ。冗談だろ。

Monica: What?
 なに?(見るとチェックインしているのがファーストクラスに移った例のカップル)

Front Desk Clerk: As a wedding gift to you, the hotel would like to give you the honeymoon suite.
 ご結婚のお祝いとして、ハネムーン・スイートを提供させていただきます。

Monica: No!! You have been screwing us all day!
 ダメよ! あなた達、ずっと私達のことめちゃめちゃにしてくれて!

Man: Who are you?
 どなた?

Chandler: We’re you just ten seconds later!
 10秒遅れの2人だよ!

Monica: Yeah! You already got the first class tickets; you got the lounge! I mean we should get free stuff too! I mean you’re not the only ones on your honeymoon!
 そうよ! もうファーストクラスのチケットとったじゃない。ラウンジもよ! 私達もタダでもらってもいいわよ! ハネムーンで来てるのはあなた達だけじゃないのよ!

Woman: Well, you can have the suite if you want. We don’t care about where we stay. We’re here to celebrate our love for each other. We don’t have to get free stuff. We just want to be together.
 ご希望なら、スイートをどうぞ。私達はどこでも構わないわ。私達は、お互いの愛を祝うために来てるの。ただで何かもらわなくてもいいわ。2人でいられればいいの。

Chandler: We need the stuff.
 僕らはなんか欲しい。

《モニカ達の部屋:電話するジョーイ》

Joey: Hey, Monica, it’s Joey. Listen uh, Phoebe and I smell gas comin’ from your apartment.
 やぁ、モニカ、ジョーイだけど。なぁ。フィービーと俺、君の部屋からガスの匂いがするって思うんだよね。

Monica: What? Are you serious?! . . Joey smells gas!
 えっ? 本当に?(チャンドラーに)ジョーイがガス臭いって!

Chandler: What else is new?
 いつものことだろ?

Joey: Yeah, and we’d go check it out, but you took away our keys.
 そうなんだよ。確かめたいけど、僕らのキー持ってっただろ。

Monica: Well, do something! Get in there!
 じゃ何とかしてよ! 入ってみて!

Joey: How? I guess I could break down your door.
 どうやって? ドアを壊すしかないと思うけど。

Monica: Yeah! Do that!
 いいわよ。そうして!

Joey: And-and you won’t blame us for any damage?
 それじゃ壊しても怒らない?

Monica: No! . . Are you doing it?! I don’t hear anything! Come on!
 怒らないから! ・・・やってるの? 何も聞こえないけど! 早く!

Joey: Uh, okay, I’ll-I’ll break it down.
 ああ、わかったよ。俺、壊すよ。(受話器をフィービーに渡して椅子を床にぶつけ始める)

Phoebe: Oh, Hey, hi, he’s doing it. He’s breaking down the door. . . Okay, we’re in.
 あ、ハーイ。彼が今やってるわ。ドアを壊してる・・(ジョーイが椅子を壊してしまう)よし、入ったわ(電話を切る)

《産婦人科:診察台で横になるレイチェル》

Nurse: Okay, Rachel, are you comfortable?
 いい、レイチェル、居心地はどう?

Rachel: If I said I was, would you judge me?
 居心地いいって言ったらどうかと思われちゃうかしら?

Nurse: The doctor will be here in a minute to do your sonogram.
 ドクターが、超音波の検査をしにすぐ来るから。

Rachel: Okay. . . Oh, man, I swear if they sold these at Pottery Barn…
 わかったわ。(看護師出て行く)ああ、これポッタリー・バーンで売ってたらいいのに。

(ロスが入ってくる)
Ross: Hi!
 やぁ!

Rachel: Hi!
 (驚いて)ハイ!

Ross: Uh, we-we need to talk.
 あー。僕ら、話さなきゃね。

Rachel: Uh-uh-uh, right now? Because I’ve kinda got an alfresco situation going on over here.
 ええーっと、今すぐ? 私今、開けっぴろげな状態なんだけど。

Ross: Please, please, I really wanna apologize for the way I acted earlier today.
 ホント、本当に、さっきのこと、あやまりたくてさ。

Rachel: Okay, Ross, that’s fine, but can you please stand near my head?
 わかったわよ、ロス、いいから、とにかく頭の方に立ってくれない?

Ross: What? Oh, yeah. I’m sorry. I mean I-I think I went a little crazy. I mean I was thinking about myself when I really−I should have been thinking about you, Rach…
 えっ? ああ、そうか(頭の方へ移動)ごめん。僕、ちょっとおかしくなっちゃってたよね。(話しながらまた足の方へ歩く)僕、君のことを考えるべきときに、自分のことを考えてたよ。

Rachel: Okay. Head Ross! Head Ross! Head Ross!
 ちょっと、頭の方、ロス! こっち、ロス! こっち、ロス!

Ross: Right! Right! I just−I want you to know that I’m gonna be there through this whole thing, okay? Okay? The doctor’s appointments, the uh, the Lamaze classes, uh baby-proofing the apartment−Although we could probably worry about that till after we get married.
 そうだった、そうだった。僕はとにかく、ずっと君のそばにいるってことを言いたいんだ。ね、いい? 検診とか、ラマーズ教室とか、それから部屋を赤ちゃんに安全なようにするとか・・でもこんなことは結婚してから考えればいいけどね。

Rachel: What married?
 結婚って何のこと?

Ross: Well, yeah, I think we should get married.
 だって、僕ら結婚するべきだろ。

Rachel: What, because that’s your answer to everything?
 なに、それって、あなたにとって解決策はなんでも結婚だから?

Ross: No, because that’s the right thing to do.
 違うよ。それが正しいことだからだよ。

Rachel: Yeah, maybe if you’re in love. But Ross, we are not in love, are we?
 ええ、そりゃ、もし愛し合ってるなら、そうかもね。でもロス。私達は愛し合ってないでしょ?

Ross: No, but…but still you can’t possibly do this alone.
 そうだけどでも、こんなこと1人じゃんできないだろ。

Rachel: Excuse me?
 なんですって?

Ross: Come on, Rach, you can’t even eat alone in a restaurant.
 そうだろ、レイチ、君、レストランで1人で食事もできないじゃないか。

Rachel: What?!
 えっ?

Ross: I’m just saying if you can’t eat by yourself, how do you expect to have a baby by yourself?
 僕が言いたいのは、1人で食事もできないのに、赤ちゃんを1人で育てるなんてできないだろってことだよ。

Rachel: I can too eat by myself!
 私だって1人で食事できるわよ。

Ross: When have you ever?
 いつそんなことした?

Rachel: When certain people leave the table and I am not finished!
 どなたかが、私がまだ食べ終わってないのに帰ってしまった時よ!

Ross: Well, certain other people take two hours to eat a bowl of soup!
 そりゃ、どなたかが、スープ一杯に2時間もかけりゃそういうことになるよ!

Rachel: Oh, please, you inhale your food!
 あら、何よ、あなた、食べ物吸い込んでるじゃないの!

Ross: I grew up with Monica! If you didn’t eat fast you didn’t eat!!
 僕はモニカと一緒に育ったんだぞ! 早食いできなきゃ食べられないんだ!

(ドクターが来る)
Dr. Long: Am I interrupting?
 お邪魔だった?

Rachel: Oh, no, Dr. Long, please come in. This is Ross, he is the father.
 あら、いえ、ドクター・ロング。どうぞ入ってください。こちら、ロス、この子の父親です。

Ross: But not the husband, because evidently she can do this alone.
 でも、夫じゃないんです。彼女が1人でやるっていうから。

Dr. Long: Huh. Nice to meet you. I’ll get started on this.
 そう。初めまして。それじゃ、始めますね。

Ross: I don’t know why you can’t admit that you need me.
 (また足元に立って)僕が必要だってことをなぜ認めないかな。

Rachel: I do need you! I need you to stand near my head!
 あなたに必要なのは、頭の方に立つってことよ!

Dr. Long: Okay, everything looks good. Here it is on the screen. Here is your uterus. And right, here is your baby.
 (聴音音波検査をする)いいわね。すべて順調よ。ほら、画面を見て。これが子宮。ほら、これが赤ちゃんよ。

Ross: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・。

Rachel: Wow. There it is, I see it.
 ワオ・・本当だわ。見えるわ。

Dr. Long: Congratulations. I’ll give you two a minute.
 おめでとうございます。少しお二人だけにしますね。

Rachel: Okay.
 ええ。

Ross: Thank you.
 ありがとう。(ドクターは出て行く)

Ross: Pretty amazing, huh?
 すばらしいよね?

Rachel: I don’t see it!
 (泣き出す)わからないわ!

Ross: What? What?!
 えっ? え?

Rachel: I can’t see it!
 わからないのよ!

Ross: You-you just said that you did!
 いま、見えるって言ったじゃないか。

Rachel: I know, I lied! I didn’t want her to think I was a terrible mother! I can’t even see my own baby!
 ウソをついたのよ! ひどいおかあさんだと思われたくなかったんだもの! 私、自分の赤ちゃんもわからないなんて!

Ross: Oh, sure, come here! Sure you can! Uh, look, come here, look, it’s-it’s-it’s, it’s right there.
 いや、わかるよ、ほら来て!(起こす)君にもわかるよ。ほら、来て見て。(画面を近づける)ここだよ。

Rachel: Oh. Oh, it’s beautiful. I see it now.
 ああ・・ああ。すばらしいわね。わかるわ。

Ross: Do you really?
 本当に?

Rachel: No, I don’t see it!
 ううん、わからない!

Ross: Come on! Come on! Here, okay-okay, you see this? This tiny thing that looks like a peanut?
 ほら、大丈夫だから! ほら、いい? これわかる? この小さなピーナツみたいなもの?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: Sweetie, that’s it.
 ね、それだよ。

Rachel: That’s it? Well, I saw that! Ohh-oh. . oh, thank you.
 それなの? それならわかるわ! ああ! ああ・・ありがとう。

Ross: You’re welcome.
 いいんだよ。

Rachel: Wow! I can’t believe that’s our baby.
 わぉ・・これが私達の赤ちゃんだなんて・・

Ross: Yeah, that’s our baby.
 ああ。あれば僕らの赤ちゃんだよ。

《ジョーイの部屋:ロスとレイチェルが来る》

Rachel: Hi.
 ハーイ。

Joey: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Hey! So how was the doctor?
 あら! お医者さんどうだった?

Rachel: Oh, everything went great.
 ああ、すべて順調ですって。

Phoebe: Good.
 よかった。

Ross: Oh, hey, show them the picture of your uterus.
 あ、ほら、君の子宮の写真を見せてあげたら。

Phoebe: Oh.
 (見せられて)ああ。

Joey: I don’t see the baby. Where is it?
 赤ちゃんなんてわからないよ。どこ?

Rachel: Oh, no, I know I couldn’t see it either at first, but it’s right umm… Ross, I lost it again.
 ああ、そうよ。私も最初はわからなかったのよ。でも、ここに・・・(泣き出す)ロス、またわからなくなった!

Ross: Oh.
 ああ。(写真を受け取りレイチェルをハグ)







にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:10| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。