2013年10月31日

8-2 The One With The Red Sweater

8-2 赤いセーターの話

 ☆探せ! 赤いセーターの男☆

《ホテル:チェックアウトするレイチェル達》

Rachel: Listen, you know what, sir? For the last time, I don’t care what the computer says, we did not take a bag of Mashuga nuts from the mini-bar and we did not watch Dr. Do-Me-A-Little!
 ちょっと、いいですか? もうこれ以上は言いませんよ、パソコンの記録にあるか知りませんが、私達はミニバーからマシューガ・ナッツなんて食べてないし、それに『お願いドリトル先生』なんて見てませんからね。

HCQ517Z_mx.jpg
(Mashuga nuts = This all natural creation is made from freshly roasted pecans wrapped in cinnamon meringue, perfect for snacking anytime or as a unique ice cream topping;ローストしたピーカンナッツをシナモンメレンゲでつつんだもの、おやつに、アイスクリームのトッピングに。)

(ジョーイがやってくる)
Joey: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Oh! Joey, were you in our room last night?
 あっ、ジョーイ、あなた昨日私達の部屋に来た?

Joey: No. . . I was told the name of the movie would not appear on the bill!
 いいや。(フィービーに請求書を見せられ、フロント係に)請求書に映画のタイトルは載せないって言ってたのに!

(チャンドラーとモニカが来る)
Chandler: Hi! We’re checking out of the bridal suite.
 どうも。ブライダル・スイートですけど、チェックアウトお願いします。

Monica: That’s right. I’m no longer a bride. I’ll never be a bride again. Now, I’m just someone’s wife!
 その通り。もう花嫁じゃないのよね。もう花嫁にはなれないのよ。私はただの、誰かの妻なのよ!

Chandler: And I’m the happiest guy in the world! . . Oh, come on, honey, don’t be upset. We still have so much to look forward to!
 そして俺は世界一幸せな男だ! (モニカは離れてソファに座る)なぁ、モニカ、落ち込むなよ。まだたくさん楽しみなことがあるだろ!

Monica: Oh, yeah, right.
 ああ、ほんと。そうよね。

Chandler: We got the honeymoon.
 新婚旅行があるじゃないか。

Monica: That’s not till Thursday.
 そんなの木曜日じゃない。

Chandler: The wedding pictures?
 結婚式の写真は?

Monica: They won’t be ready for weeks.
 できてくるまでまだ随分待たされるわ。

Chandler: Not the disposable cameras from the tables.
 使い捨てカメラで撮った分はすぐできてくるぞ。

Monica: That’s true! I knew I married you for a reason!
 本当ね! さすが私の結婚した人ね!

Chandler: I’ll tell you what, I will go get them developed and you can go home.
 そうだ、俺が現像に出してくるから、君は先に帰ってろよ。

Monica: Okay.
 わかった。

(ジョーイが嬉しそうに笑う)
Chandler: What? What did you take a picture of?
 なんだ? 何の写真を撮ったんだ?

Joey: Nothing! It was something.
 別に! 何かを撮ったよ。

Chandler: Okay, Ross has the cameras, has he checked out yet?
 ・・よし、カメラはロスが持ってるな。やつはもうチェックアウトした?

Rachel: Are you joking? Checkout is not till noon and he has a good eleven minutes left.
 冗談でしょ? チェックアウトは12時までなんだから、(時計を見て)まだ11分あるわよ。

Chandler: So?
 それで?

Monica: So Ross has never checked out of a room a minute before he had to.
 それでロスはチェックアウトしなきゃならないギリギリまでは出てこないってこと。

Rachel: Yeah, one time, when we were dating, uh we got a late checkout, he got so excited it was the best sex we ever had. Until, you know, he screamed out “Radisson” at the end.
 そうよ。つきあってた頃なんて、一度、チェックアウトに遅れたら、彼めちゃくちゃ興奮しちゃって、あの時ほどのセックスはなかったわよ。最後に彼、ホテルの名前を叫んでたわ。

Chandler: Okay, well, I’m gonna get Ross, get the cameras, and get them developed. . . 32, Joe. You’re 32!
 そうか、じゃ、ロスのところへ行ってカメラをとってきて、現像に出してくるよ。(ジョーイが喜んで笑う)32だぞ、ジョー。おまえ、32歳なんだぞ。

Front Desk Clerk: Here’s a copy of your bill.
 (モニカに)こちらが請求書です。

Monica: Oh, thanks. . . Champagne, strawberries…Oh, my God! I can’t believe Chandler ordered porn on our wedding night!
 ありがとう。(読む)シャンパン、ストロベリー・・・なんてこと! 信じられない、チャンドラーったら新婚初夜にポルノを見てる!

Joey: Yeah, that’s sad. Mashuga nut?
 ああ、悲しい話だな。マシューガ・ナッツ食べる?

《ロスの部屋にチャンドラーが来る》

Ross: Hi.
 やぁ。

Chandler: Hey. . Soaps? Shampoos? Are you really taking all this stuff?
 やぁ。(ロスが詰めている荷物を見て)石けん? シャンプー? これ全部持って買える気?

Ross: Why not? It’s built into the price of the room.
 当然だろ? 最初から値段に入ってるんだからね。

Chandler: Yeah, but you don’t need−What is this?
 ああ、だけどおまえ、こんなもの・・(何か持ち上げて)これ何だ?

Ross: Thread!
 糸!

Chandler: Score! Where are the disposable cameras?
 さすがだな! 使い捨てカメラはどうした?

Ross: What disposable cameras?
 使い捨てカメラって?

Chandler: The cameras? Remember last night I asked you to take them?
 カメラだよ。昨日、持ってってくれるように頼んだだろ?

Ross: No, you didn’t.
 いいや、頼まれてない。

Chandler: Yes! Remember? Right before we cut the cake, I went up to you and I said…
 頼んだよ。覚えてるだろ? ケーキカットをする直前だよ。おまえのところに行って俺は言った・・

Ross: Oh-Oh, yeah, you-you came up to me and asked if I could do you a favor, and my Uncle Murray came up to you and handed you a check. And then you said, "Why do they call it a check? Why not a Yugoslavian?" (Chandler laughs.) Yeah, then you did that.
 ああ、そうだ、君は僕のとこにきて、何か頼みがあるって言ったよ。その時マレーおじさんが近づいてきて、君にチェック(小切手)を渡したんだ。そうしたら君が言ったんだよ「なんでチェックって言うんだろうな? なんでユーゴスラビアンじゃないの?」(チャンドラーが笑う)そうそう、あの時もそうやって笑ってた。

(check=Czech-チェコ人と発音が同じ。Yugoslavianにした方がおもしろいと思ったチャンドラー)

Chandler: So you don’t have the cameras?!
 それじゃおまえカメラ持ってないの?

Ross: No. Sorry, man.
 ああ、悪いね。

Chandler: So? What? What? They’re gone? Monica’s gonna freak!
 それじゃ、何? どうなったんだ? なくなっちゃったのか? モニカがどうかなっちゃうぞ!

Ross: Well, I’m sure they’re still somewhere here in the hotel. I’ll-I’ll help you look for them.
 いや、間違いなくホテルのどこかにあるはずだよ。一緒に探そう。

Chandler: Great.
 よかった。

Ross: In-in three minutes.
 3分後にね。
(チャンドラーはバスルームへ行くがすぐ戻ってきて手を差し出す。荷物に入れていたトイレットペーパーを渡すロス)

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: Are you gonna open the presents without Chandler?
 あなた、チャンドラーが来る前に1人でプレゼントあけちゃうの?

Monica: No! . . But, they’re callin’ out to me! I mean this little guy even crawled up into my lap. Oh, come on, Chandler wouldn’t mind if I opened just one present! What do you think it is?
 いいえ! だけど、みんな私を呼んでるのよ!(一つ持ち上げ)このちっちゃい子なんか、膝に登ってきたのよ。ねぇ、チャンドラーだって一個ぐらい開けたって気にしないわよね。これ何だと思う?

Phoebe: A little mirror that when you look into it you see yourself as an old woman.
 覗き込むと、自分がおばあさんになって見える小さな鏡とか。

Monica: A tiny salt shaker!!!
 (開けて)小さな塩入れだわ!

Phoebe: Ohhh! My God! For tiny salt!
 ああ! すごい! 小さいお塩用ね!

Monica: Oh, wow! Okay. Well, that was fun.
 ああ、すごい! はぁ。楽しかった。

Phoebe: Oh, yeah.
 そうね。

Monica: Good. Okay, I’m just gonna wait for Chandler to open the rest of them.
 よかった。じゃあ、残りはチャンドラーが帰ってきてから開けるわ。

Phoebe: Okay.
 そうね。

Monica: Whew. Although you know, this is part of a salt and pepper set. I mean… I guess you know it may just count as a half a present. What do you think?
 ヒューッ! でもね、塩入れは普通、コショウ入れとセットよね。これじゃプレゼントを半分だけあけたってことで、一個とは言えないわよね。どう思う?

Phoebe: Well, I guess it’s okay to open one more if it’s part of a set. You know, it’s probably this one.
 そうね、じゃあそのセットのもう片方を開けてもいいわよね。きっとこれがそうよ。

Monica: Or this one!
 (大きな包みを持ち)それかこれかも!(開ける)

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi.
 ハーイ。

Monica: Hey, how are you feeling? Any morning sickness?
 ねぇ、気分はどう? つわりとかはない?

Rachel: Shh! The guys don’t know yet, do they?
 シーッ! 男性達は知らないんでしょ?

Monica: No! Joey and Ross don’t know anything and Chandler still thinks that Phoebe’s pregnant.
 ええ。ジョーイとロスは何も知らないし、チャンドラーはまだフィービーが妊娠したんだと思ってるわ。

Phoebe: Yeah, that’s right. Chandler does still think I’m pregnant. He hasn’t asked me how I’m feeling or offered to carry my bags. Boy, I feel bad for the woman who ends up with him. . . After you of course.
 その通りよ。チャンドラーは私が妊娠したんだとまだ思ってるのよね。でも、私に気分がどうかと聞いてくれたり、荷物を持ってくれたりとかしないわね。まったく、彼と結婚する女性はかわいそうよね。(モニカに睨まれ)あなたの後ってことよ、もちろん。

Rachel: Don’t worry I promise that you will only have to be pregnant for a few more hours, ‘cause I’m going to tell the father today.
 心配しないで、フィービーが妊娠したってことになってるのもあと数時間よ。今日、父親に話すから。

Phoebe: Ooh, is it someone in this building? Is it that tall guy from the first floor?
 ああ! その人、このビルの人? 1階の背の高い人?

Rachel: Ew! No!
 やだ! 違うわよ!

Phoebe: What?! I think he’s cute.
 なに? 彼って可愛いじゃないの。

Rachel: Well, then you have his baby.
 それじゃあなたが彼の子供産めば。

Phoebe: Believe me, I’m trying.
 ほんと、トライしてるわよ。

Monica: Wow. You know it is so weird. I mean, you’re gonna tell this guy today and he has no idea what’s gonna happen.
 ワオ・・変な感じね。あなたが今日そんなことを打ち明けるなんて、その人、夢にも思ってないのよね。

Phoebe: Yeah. You’re just gonna knock on his door and change his life forever. You’re like Ed McMahon except without the big check, or the raw sexual magnetism.
 そうよね。あなたが彼の家のドアをノックして、それから彼の人生は変わってしまうのよね。あなたって、エド・マクマホンから、小切手とセクシーな魅力を差し引いたみたいな感じね。

(Ed McMahon = コメディアン・司会者。Wikipediaには、コンテストの勝者宅を突然訪問するパロディをしたというような記載があります。)

Rachel: Yeah. I guess it is pretty big news.
 そうね。きっと一大事よね。

Phoebe: Pretty big? It’s huge! God, this guy doesn’t have a clue! He’s just walking down the street thinking, ‘I had sex with Rachel Green. I rock!’ then bam! He’s a father and everything’s different.
 一大事? 巨大よ! ああ、その人、全然知らないでいるのよね。ただ、道を歩きながら、「俺はレイチェル・グリーンとセックスした! 俺ってサイコー!」とか思ってるとバーン! 彼は父親になってて、何もかもが違ってきちゃうのよ。

Rachel: Well, it’s only different if he wants it to be. I mean, I’m not gonna ask him for anything.
 彼が関わりたいなら違ってくるだけよ。私は何も頼むつもりはないんだもの。

Phoebe: Okay. Then he still has this huge decision to make. Now he’s walking around thinking, ‘Do I want to be a dad?’ and then bam!
 そうか。それじゃ彼は大きな決断を迫られる訳よ。歩きながら「俺は父親になるのか?」そしてその時、バーン!

Monica: What was that bam?
 何がバーンなの?

Phoebe: I don’t know. He got…he-he-he-he’s hit by a bus.
 知らない。そうだ、彼、車にひかれるのよ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hey, Joey, what would you do if someone that you slept with told you that she was pregnant?
 ねぇ、ジョーイ、もし寝た相手が、妊娠したって言ってきたらどうする?

Joey: Who called here? Did she sound blond? Huh? Did-did-did she have an accent? I gotta make a call! . . . I should have never walked into that Sunglass Hut!
 誰が電話してきたんだ? ブロンドみたいな話し方だった? え? 何かアクセントはあった? 電話かけてくる!(出て行こうとする)誰かわかんないやつと関わるもんじゃないな!

Rachel: Oh, Joey! Joey! No, it’s not you! You didn’t get anybody pregnant!
 ジョーイ、ジョーイ! 違うわよ、あなたじゃないわ。あなたが誰かを妊娠させたってことじゃないのよ!

Joey: Oh. Why would you scare me like that? What the hell is going on? . . Is somebody pregnant?
 ああ。なんでそんなふうにおどかすんだよ? いったいどうしたんだ? ・・誰か妊娠したのか?

Phoebe: Oh, yeah. That’s me.
 ええ、そうよ。私。

Joey: Oh, my God, Pheebs! You’re gonna have a baby?
 なんだって、フィーブス! 赤ちゃんができたのか!

Phoebe: Yes. Yes, I am. Oh, my God, I’m gonna have a baby!
 そう、そうなのよ。ああ、そうなのよ、私、あかちゃんができたの!(ハグ)

Joey: Whoa, wait a minute. Who’s the father?
 すごいな・・ちょっと待て。父親は誰?

Phoebe: You don’t know him. It’s not important. He wants nothing to do with me or the baby.
 あなたの知らない人よ。それは大事なことじゃないの。彼は私や赤ちゃんのことに関わりたくないのよ。(おなかが大きいような座り方をする)

Joey: Well, who is this guy?! Huh? Who is he? ‘Cause I will track him down and kick his ass!
 そいつは誰なんだ? え? 誰だ? 俺がとっつかまえて蹴り入れてやる!

Phoebe: David Linn.
 デヴィット・リンよ。

Joey: David Linn! David Linn! David Linn!!
 デヴィット・リン! デヴィット・リン! デヴィット・リン! (出て行く)

Monica: Who’s David Linn?
 デヴィット・リンって誰?

Phoebe: Oh, some guy from my gym. A little annoying.
 ジムで出会った男よ。ちょっとうるさいの。

《披露宴会場:テーブルの下に潜っているチャンドラー》

Ross: Chandler?
 チャンドラー?

Chandler: Hey! Did you find the cameras?
 おお! カメラ見つかった?

Ross: No. Did you?
 いいや。君は?

Chandler: Yes! And that’s why I’m under the table. Celebrating.
 見つけたからこのテーブルの下にもぐって祝ってたんだよ。

Ross: Well, I checked in the uh, lost and found, I talked to the manager. No one’s turned them in.
 落とし物も確認したし、マネージャーとも話してみたけど、届け出はないそうだ。

Chandler: Well, this is great. You know, those cameras were the only thing that was gonna cheer Monica up today, she’s really depressed.
 ああ、もう最高だね。あの写真だけが今日モニカを元気づけられるものだったんだぞ。本当に落ち込んでるのに。

Ross: Now, you guys just got married, why is she so depressed?
 なぁ、君ら結婚したばかりなのに、なんで落ち込んでるんだ?

Chandler: All my energy is going into not asking that question. I can’t believe I screwed this up!
 俺はその質問を避けることに全精力を注いでいるんだ。失くしたなんて信じられないよ!

Ross: I’m sorry man. . . Here’s a thought. This is the same ballroom. There’s a band. There’s gonna be plenty of dressed up people.
 残念だよ・・ちょっと考えたんだけどな。ここは同じ会場だろう。バンドもいるし、ドレスを着た人がいっぱい来るぞ。

Chandler: Are you suggesting we dance our troubles away?
 おまえ、踊って忘れようって言うのか?

Ross: No-no-no, I’m saying we-we buy more of these at the gift shop, throw our tuxes back on, and take a few pictures. All we have to do is make sure not to get anybody else’s faces.
 いやいや。ギフトショップでカメラを買ってきて、僕らもう一度タキシードを着て、そして写真を撮るんだよ。他の人達の顔を写さないように気をつけながらね。

Chandler: Are you serious?
 本気で言ってるのか?

Ross: I’m just thinking about your new bride at home. Okay? Do-do you really want to start your life together by letting her down?
 僕はただ、家で待ってる君の新妻のことを考えてるだけだよ。な? 新婚生活の最初から、ガッカリさせたいのか?

Chandler: Marriage advice? Really?!
 結婚のアドバイス? おまえが?

Ross: I’m telling you, this looks exactly like your wedding! Aren’t these the same flowers?
 本当だって、これはまったく君らの結婚式にそっくりだよ。これ同じ花じゃないか?

Chandler: I don’t know, Monica picked out the flowers.
 知らないよ。モニカが花を選んだんだ。

Ross: What about the chairs?
 この椅子はどう?

Chandler: She picked those out too.
 それも彼女が選んだ。

Ross: How about the place settings?
 それじゃテーブルとかの配置は?

Chandler: That was her.
 それも彼女。

Ross: What did you do?
 おまえの役割って何?

Chandler: I was in charge of the cameras! Gift shop?
 カメラだよ! ギフトショップ行くか?

Ross: Hmm.
 うん。(2人出て行く)

《セントラルパーク:レイチェル1人、フィービーが来る》

Phoebe: Hey! Ooh, did you do it yet?
 あら! ねぇ、もう伝えたの?

Rachel: Not yet.
 まだよ。

Phoebe: Oh, Well, what are you doing here? Are you about to do it? Is it Gunther?
 そっか。じゃあここで何をしてるの? これから告げるとこなの? ガンターなの?

Rachel: No! Phoebe, it’s not Gunther.
 違うわよ、フィービー。ガンターじゃないわ。

Phoebe: Thank God, ‘cause that hair on a baby…
 ああ、よかった。赤ちゃんにあの髪はね・・

Rachel: Phoebe, the father is not here, okay? I haven’t told him yet and I don’t think I can tell him at all now!
 フィービー、父親はここにはいないわよ。彼にはまだ言ってないし、もう言える気がしないわ。

Phoebe: Why not?
 どうして?

Rachel: I don’t know, let me think. I was walking down the street thinking, ‘I’m gonna tell the father today’ and then bam!
 どうしてって・・どうしてかな。道を歩いていて、考えてたのよ。「これから父親に伝えるんだわ・・」そしたら、バーン!

Phoebe: Bus?
 バス?

Rachel: No, you! Phoebe, you freaked me out. You kept saying how huge this all is!
 違うわよ、あなたよ! フィービー、あんなこと言うから怖くなっちゃったのよ。これが彼にとってどんなに大事件かって言いまくるから。

Phoebe: Well-Well, but it is huge.
 だって・・でも、大事件よ。

Rachel: I know, but I was just thinking about how huge this is for me. I didn’t even go to how huge this was going to be for the father.
 そうだけど、でも、私はこれが自分にとって大事件だってことばかり考えてたのよ。父親にとってどんなに大事件かなんてこと考えもしなかったのよ。

Phoebe: You’re thinking about this way too much. Just tell him and get it over with. It’s like, it’s like ripping off this Band-Aid. Quick and painless, watch. (Rips it off.) Oh, mother of…! . . . See?
 あなた、考え過ぎなのよ。とにかく伝えて、そこは乗り越えるのよ。あれよ、ほら、バンドエイドを剥がすみたいにね。(手のバンドエイドを指差し)一瞬で痛くないのよ。(剥がす)うわっ! なん・・! ・・ほらね?

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Ooh! Are we opening presents?
 おお! プレゼント開けてるの?

Monica: No! No! I shouldn’t have even opened these! I mean I−Joey, I am out of control!! Joey, you have to do me a favor. No matter what I say, no matter what I do, please do not let me open another present! Okay?
 違う! 違うのよ! 私、開けちゃダメなのよ! 私・・もう私・・ジョーイ、私もう壊れちゃった! ジョーイ、お願いがあるの。私が何を言おうと、何をしようと、これ以上プレゼントを開けさせないで! ね?

Joey: Okay.
 わかった。

Monica: Give me one more.
 もう一個ちょうだい。

Joey: Okay.
 わかった。(渡す)

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Joey: Oh, good, uh you’re here. Uh, Pheebs? Listen, uh sit down. I-I got something I want to say.
 あ、よかった、来たんだな。な、フィーブス? 聞いて。ほら、座って。話があるんだ。

Phoebe: All right.
 わかった(おなかが大きいような座り方)

Joey: Umm, now uh… It’s a scary world out there, especially for a single mom. You know, now I always thought you and I had a special bond so… . . . Phoebe Buffay, will you marry me?
 あー・・この世間は怖いところだ。特に、シングル・マザーにとってはな。俺と君とはいつも特別なつながりがあるとずっと思っていた。だから(片膝をつき指輪を出して)フィービー・ブフェ、結婚してくれる?

Monica: Oh, my God! . . . Joey!
 なんてこというの、ジョーイ!

Phoebe: Hell yeah! I’ll marry you!
 いえーい! 結婚するわよ!

Monica: You can’t marry him!
 彼と結婚するなんてダメよ!

Phoebe: Hey, lady, your day’s over! It’s my turn!
 何よ、お嬢さん、あなたの日はもう終ったのよ! 私の番よ!

Monica: Phoebe!
 フィービー!

Joey: Why?! Why can’t she marry me?!
 どうして? どうして俺と結婚しちゃダメなんだ?

Phoebe: I can and I will!
 できるし、するわよ(ジョーイにキス)

Monica: She’s not pregnant. It’s Rachel. Rachel’s the one who’s pregnant, okay?
 彼女は妊娠してないのよ。レイチェルよ。妊娠してるのは、レイチェルなの。わかった?

Joey: Oh, my God.
 なんてことだ!

Phoebe: Hey!
 ちょっと!

Monica: Phoebe, I think he would notice if you didn’t have a baby in nine months!
 フィービー。9ヶ月たっても子供が産まれて来ないんだから、気づかれると思うわよ。

Phoebe: It’s Joey!
 だってジョーイなのよ!(愛してるとジョーイに声に出さず言う)

Joey: I can’t believe it! What? Rachel’s pregnant? . . Who’s the father?
 信じられない! なに? レイチェルが妊娠って・・? 父親は誰なんだ?

Phoebe: We don’t know.
 私達も知らないの。

Joey: Ohh… I wonder if that dude.
 ああ・・・・もしかしたらあの野郎が・・

Monica: There’s a dude?
 野郎がいたの?

Joey: Yeah.
 ああ。

Phoebe: Who? Who is it?
 誰? 誰なの?

Joey: About a month ago this guy spent the night with Rachel, I didn’t see who it was but…
 1ヶ月ぐらい前、そいつはレイチェルんとこに泊まっていったんだよ。そいつの顔は見なかったんだけど・・(部屋から出て行く)

Phoebe: Was that story over?
 あれで終わりなの?

(後を追って出ていき、廊下で、赤いセーターを持って戻ってくるジョーイに出会う)

Joey: The guy left this.
 そいつがこれを忘れていったんだ。

Phoebe: Oh, my God! I know who the father is…
 なんてことなの! 誰がお父さんかわかったわ。(モニカ達の部屋へ行く)

Monica: People have got to finish their stories!
 ・・みんな、話は最後まで!

《披露宴会場で写真を撮るロスとチャンドラー》

Chandler: Uh, excuse me? Could you take a picture of us?
 (2人連れの人に)ちょっとすみません。僕らの写真を撮っていただけますか?

Woman At The Wedding: Oh! Of course.
 ええ、もちろん!(撮ってもらう)

Man At The Wedding: Uh, would you take one of us?
 私達の写真も撮ってもらえますか?

Chandler: Uhh… Yeah, sure. . . Click!
 あ・・ええ、いいですよ(カメラを構えて)クリック!

Woman At The Wedding: It didn’t click.
 あなた押してないわ。

Ross: I heard it. I heard it.
 僕は聞こえましたよ。聞こえました。

Man At The Wedding: But there was no flash.
 でもフラッシュもなかったし。

Woman At The Wedding: Why won’t you take our picture?
 どうして写真を撮ってくれないの?

Chandler: Oh, yeah. I’ll take, I’ll take your picture.
 ああ、いや、撮りますよ。写真撮りますよ。(もう一度構える)

Man At The Wedding: Uh, your finger was covering the lens.
 あー・・君の指がレンズをふさいでるよ。

Chandler: Who are you? Ansel Adams?! Get outta here!
 誰のつもり? アンセル・アダムスか? あっちへ行ってくれ!

(Ansel Adams = アメリカの写真家)

《セントラルパーク前にいるフィービーとレイチェル》

Phoebe: Look, I feel really bad about how I freaked you out before, so I called the father and asked him to meet you here so you can tell him. Go!
 ねぇ、あなたを怖がらせちゃって悪かったと思ってるの。だから、あなたと会うようにってお父さんをここに呼んだから、ここで伝えることができるわよ。行って!

Rachel: What? Hey, wait a minute! Phoebe, how do you even know who the father is?
 えっ? ちょっと待って! フィービー、どうして父親が誰か知ってるの?

Phoebe: I may play the fool at times, but I’m a little more than a pretty blond girl with an ass that won’t quit. . . I believe this belongs to the father of your baby.
 私は時々バカなふりもするけど、でも、私はただの可愛くてかっこいいお尻の女の子じゃないのよ。(バッグからセーターを出して見せる)これは赤ちゃんのお父さんのものでしょう。

(an ass that won’t quit = 人々が振り返って見るのをやめさせないお尻)

Rachel: Oh, God… Oh, he’s in there right now?
 ああ、神様・・ああ、じゃあ彼は今ここにいるの?

Phoebe: Uh-huh. Now you can turn around or you can go in there and rip the Band-Aid off. What do you want to do?
 そうよ。ここから帰っちゃってもいいし、入っていってバンドエイドを剥がしてもいいのよ。どうしたい?

Rachel: Uh, let’s rip!
 そうね、剥がすわ!

Phoebe: Really? Are you sure?
 ほんと? 本当にいいの?

Rachel: Oh, Phoebe!
 もう、フィービーったら!

Phoebe: Okay, sorry.
 ああ、ごめん。(2人店に入る)

Tag: Hey, Rach.
 やぁ、レイチ。

《披露宴会場で写真を撮るロスとチャンドラー》

Chandler: Why don’t you go up on stage. I’ll get a picture of you doing the speech.
 おまえステージに上がれよ。スピーチしてる写真を撮るよ。

Ross: Okay. Okay!
 よし、わかった。

(ステージに立って話しているふりをすると、客達がグラスを鳴らし、注目されてしまうロス)

Ross: Will the owner of a 1995 Buick LeSabre, please see the front desk? Your car is about to be towed.
 1995年型ビュイックルセーバーのお客様、フロントまでお越しくださいますでしょうか? 車が牽引されていきそうです。

Anxious Wedding Guest: That’s my car!
 それは僕の車だよ!

Ross: A ’95 LeSabre?!
 95年のルセーバーですか?

Anxious Wedding Guest: Yes!
 そう!

Ross: A green LeSabre?
 グリーンのルセーバー?

Anxious Wedding Guest: Yes!
 そう!

Ross: I’m sorry, I meant a blue LeSabre.
 すみません、ブルーのルセーバーでした。

Anxious Wedding Guest: Yes! Green-blue!
 そう! ブルーグリーンだよ!

Ross: Well, go! Go move it!
 それじゃ、行って! 移動させて!(急いで行く男性)

Chandler: Okay, you ready for the last picture?
 よし。最後の写真の準備はいいか?

Ross: Yeah.
 ああ。

Chandler: Get ready to run. . . Congratulations on your wedding.
(He grabs her, kisses her, Ross takes the picture, and they both run out.)
 逃げる用意しろよ(花嫁に近づき)結婚、おめでとう。(キスをし、ロスがその写真を撮る。走って逃げる2人)

《セントラルパークでのその後》

Tag: So, what’s this about?
 それで、どうかしたの?

Phoebe: Rachel has something that she wants to tell you and umm, I believe that this is your red sweater.
 レイチェルが、話したいことがあるのよ。それと、この赤いセーターはあなたのものよね。

Tag: No. . . This is my red sweater.
 いいや。(上着のファスナーを下げ)これが僕の赤いセーターだよ。

Phoebe: Oh, no. Could I get anyone a coffee or…poison? No? Just for me? Okay.
 まぁ、そんな・・私、コーヒーのお代わり持ってこようか・・それとも毒? いらない? じゃあ私だけね。わかった。(カウンターへ行く)

Tag: What’s going on, Rach?
 何がどうなってるの、レイチ?

Rachel: Nothing! Phoebe kinda made a mistake. But you know you do wear that sweater a lot, are you involved in some kind of dare?
 何でもないのよ。フィービーがちょっと勘違いしただけ。だけど、あなたそのセーターよく着てるわね。記録に挑戦してるか何か?

Tag: You know, I’m actually glad Phoebe called. . . I know we broke up because you thought I wasn’t mature enough, but I’ve really grown up and think we should get back together.
 実は、フィービーが呼んでくれてよかったと思ってるんだ。(椅子を勧められて座るレイチェル)僕がおとなじゃなかったから、僕ら別れたんだよね。でも、僕は十分オトナになった。もう一度やり直そうよ。

Rachel: Oh, it’s just not the right time.
 ああ、今はタイミングが悪いのよ。

Tag: It is the right time.
 いや、今がいい時だよ。(彼女の手を取る)

Rachel: Okay.
 あらそう。

Tag: I’m ready for more.
 先へ進める気がするんだ。

Rachel: Tag…
 タグ・・

Tag: Come on, Rach, let’s give it another try.
 ねぇ、レイチ、もう一度やり直そう。

Rachel: I’m having a baby.
 私赤ちゃんができたの。

Tag: Oh.
 おぉ。(ポトッと落とされるレイチェルの手)

Rachel: You can go.
 (沈黙)もう行っていいわよ。

Tag: Thank you.
 ありがとう(出て行く)

《モニカ達の部屋:誰か入ってきて慌てるモニカ》

Monica: I don’t know how any of these got opened?!
 どうしてこんなに開いちゃってるのかわからないわ!

Joey: You opened them all?
 みんな開けちゃったのか?

Monica: I know! I know! I am a terrible person! I mean, Chandler is never going to trust me with anything ever again!
 そうなの、そうなのよ! 私はひどい人間だわ! チャンドラーはもう絶対私のこと信用してくれないわ!

Joey: Oh, hey! You got my parent’s gift!
 あっ、おい! うちの両親からのプレゼントだ!

Monica: Yeah. What is that?
 ええ。それ何?

Joey: Well, I don’t know. I think it does something to salami.
 知らないけど、多分、サラミに何かするやつだよ。

(フィービーとレイチェルが来る)
Monica: Hey! How’d it go?
 あら! どうだった?

Joey: Yeah. What-what did Tag say?
 ああ、タグは何て言ってた?

Rachel: Tag is not the father! And Joey knows now?
 タグはおとうさんじゃないわよ! それにもうジョーイも知ってるの?

Joey: I do, Rach. I do, and I so happy for you.
 そうだよ、レイチ。知ってるよ。本当によかったね(ハグ)

Rachel: Oh, wow, you didn’t even try to unhook my bra!
 まあ。ワオ・・あなたブラを外そうともしなかったわね!

Monica: So are you ever gonna tell whoever it is?
 それで、誰であれ、話すつもり?

Rachel: No, I will. I’m just not up for it tonight.
 ええ、話すわよ。今日はもうやめたけど。

Joey: Hey, Rach, listen, no matter what this guy says I want you to know you’re not gonna be alone in this.
 なぁ、レイチ、聞いてくれ。そいつが何て言おうと、1人じゃないんだからな。

Rachel: I’m not?
 そうなの?

Joey: No. Listen, I uh…
(He takes her hand.)
It’s a scary world out there especially for a single mom. You know, I always felt like you and I have this-this special bond. You know? So, (gets down on one knee again) Rachel Green, will you marry me?
 そうだよ。聞いてくれ。俺・・(レイチェルの手を取り)シングル・マザーにとっては特に、この世間は怖いところだ。俺はいつも君とは特別な絆を感じていた。だから(片膝になり)レイチェル・グリーン、結婚してくれる?

Rachel: What?
 えっ?

Monica: What?!
 はぁっ?

Phoebe: What?!!
 なんですって?!!

Joey: Pheebs, give me the ring back!
 フィーブス、指輪返して!

Phoebe: No!!
 イヤ!

Rachel: No! Joey. Oh, you’re so sweet. You’re so-so sweet, honey. But I’m not, I’m not looking for a husband.
 ダメよ、ジョーイ。ああ、あなたって本当に優しいのね。あなたってホント優しいわ。でも、私、夫を求めてるんじゃないのよ。

Joey: I understand.
 わかったよ。

Rachel: Now, if you will excuse me I am going to go and lie down.
 じゃあ、私、失礼するわね。横になりたいの。(出て行く)

Phoebe: I can’t say that didn’t hurt. But I’ll take you back, Joey Tribbiani.
 傷つかなかったとは言えないわよ。でも、あなたを取り戻すから、ジョーイ・トリビアーニ。

Joey: Uh, yeah. Pheebs, listen about that. I only offered…
 ああ、なぁ、フィーブス、それだけど、俺はただ・・

Phoebe: Ooh! A Salami Buddy!
 あーっ! サラミ・バディ!

Joey: There you go!
 ほらあったね!

(チャンドラーとロスが来る)

Chandler: We’re back!
 ただいま!

Monica: Great! We’re hanging in the kitchen! Let’s stay in the kitchen!
 おかえり! キッチンでくつろぎましょ! (プレゼントから気をそらす)キッチンにいましょうよ!

Chandler: It’s picture time.
 写真のお時間ですよ。

Ross: Now you are gonna love these.
 これ絶対気にいるぞ!

Chandler: Here’s a picture of Ross. And that’s me. And that’s me and Ross. Oh-ho, here’s a picture of our first kiss as a married couple.
 これがロスの写真。これが俺。そしてこれが俺とロス。・・・ああ、ほら。これが、夫婦として初めてのキスをしている僕らだ。

Monica: Wow! That is a great picture!
 ワオ! すごい写真ね!

Chandler: Eh?
 な?

Monica: Yeah! Oh, and interesting because I found the cameras in one of our bags!
 ええ! それに興味深いわよね。だって、カメラは私達のカバンの中にあったんだから!(チャンドラーの胸にカメラが入った袋を押し付ける)

Ross: Huh, didn’t see that coming.
 あら。これは想定外だったな。

Chandler: Okay, so this isn’t a picture of our first kiss, but it is a picture of my first kiss with…with this lady. Which by the look on your face I’m sure you’ll remember. So we don’t need−(Rips the picture)−There’s no need. . . How about I take the real pictures and get them developed right now.
 よし、それじゃこれは僕らの初めての写真でもなかったな。だけど、僕のファーストキスだよ・・この女性との。君のその表情からして、もう忘れないだろうから、いらないよね(写真を引き裂く)これは要らない。じゃあ、これは今すぐ、現像に出しに行ってこようか。

Monica: That would be a good idea.
 それはいい考えね。

Chandler: Okay. . You opened all the presents without me?! I thought we were supposed to do that together!
 よし・・(プレゼントを見る)君、俺抜きで全部プレゼントを開けちゃったのか?! これは2人でやることだろう!

Monica: You kissed another woman!
 あなた他の女性とキスした!

Chandler: Call it even?!
 これでイーブンだな!

Monica: Okay!
 よし!(ハイタッチして出て行くチャンドラー)

Ross: Well, I’m gonna go get these in some water.
 (花束を取り)それじゃ、僕はこれを水に活けなくちゃ。

Phoebe: You stole those from these people’s wedding?
 あなた、それ人の結婚式から盗ってきたの?

Ross: No-no, I took them from the hotel lobby. Yeah, they think they can charge me for some dirty movie and a bag of Mashuga nuts, they got another thing coming. . . Hey, my sweater! I’ve been looking for this for like a month!
 違うよ。これはホテルのロビーから持ってきたんだ。そうさ。あいつら、なんだか知らないポルノとかマシューガ・ナッツとかの代金を請求なんかしてきて。だから、こういうことになるんだよ。(帰ろうとして)あっ、僕のセーターだ! これもう一ヶ月ぐらい探してたよ。(出て行く)

Monica and Phoebe: Oh, my God!!
 オーマイゴッド!

Joey: Oh, my God!
 ・・・オーマイゴッド!!

《道ですれ違う、同じ赤いセーターを着たロスとタグ》

Ross: Hey! How you doing?
 やぁ! 元気?

Tag: Good! Good, long time no see.
 元気元気! 久しぶりだね。

Ross: Yeah.
 ああ。

Tag: Like your sweater.
 いいセーターだね。

Ross: Oh, hey, right back at ya.
 ああ、いや、その言葉そのまま返すよ。

Tag: Oh, it’s crazy about Rachel, huh?
 ああ、レイチェルのこと、すごいよね?

Ross: Yeah. She−Well, she’s one crazy lady.
 ああ。彼女・・彼女はすごい女性だよ。

Tag: So whose is it?
 それで、誰の?

Ross: Umm, I don’t know. Some Italian guy. Come on, read your own label. See you later.
 いや、(自分のセーターのタグを引っ張りながら)知らないな。イタリアの誰かだよ。自分のラベルを読めばいいだろ。じゃあまたね。

Tag: Okay.
 オーケー。

Ross: He is so weird.
 (1人になって)変なやつ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 03:08| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。