2013年10月30日

8-1 The One After "I Do"

8-1 「誓います」の後に・・の話

 ☆ベスト"フレンズ"披露宴☆

《式後、写真を撮る「夫妻」とロス、ジョーイ》

Photographer: Great. Great! Just give me a sec to change film.
 いいね。(撮影)いいよ! フィルム買えるからちょっと待って。

Monica: Okay.
 オーケー。

Ross: Okay, I know I’m not supposed to know, but I do. And I’m so excited for you!
 (モニカに)僕は知らないはずのことだってわかってるんだけどさ、でも聞いたよ。本当によかったね!

Joey: What? What’s going on?
 何が? 何のこと?

Ross: Monica’s pregnant!
 モニカが妊娠してるんだ!

Joey: Oh, my God! Is that why you guys had to get married?!
 驚いたな! だから結婚したのか?

Monica: Guys! I’m not pregnant.
 みんな! 私妊娠してないわよ。

Joey: Ah. Slow swimmers?
 ああ。泳ぐの遅いんだな?

Ross: What?! What do you mean? You-you-you’re not pregnant?
 なに? どういうこと? 君、君、妊娠してるんじゃないの?

Monica: You didn’t tell anybody I was, did you?!
 みんなに、妊娠してるって言ったんじゃないでしょうね?!

Ross: No! . . I’ll be right back.
 いいや。・・すぐ戻るよ(出て行く)

Photographer: Now, why don’t we get a shot of just Monica and the bloody soldier.
 さぁ、今度は、モニカと血を流してる兵士の写真にしようか。

Monica: Oh, about that. Joey, you have to change before the party.
 あ、そのことだけど、ジョーイ、披露宴の前に着替えてよね。

Joey: I can’t! I-I don’t have any other clothes here.
 無理だよ! 他に服なんて持ってないんだから。

Monica: Find some! Please! Anything that doesn’t say I-I died tragically in France.
 何か探してよ! お願いよ! フランスで無惨に死んだ姿じゃなかったら何でもいいから。

Photographer: Well then, why don’t we see the bride and the groom and the bridesmaids.
 それじゃ、今度は、新郎新婦と、ブライズメイドの2人で撮ろう。

(フィービーとレイチェルがそばに来る)
Phoebe: Okay. Hey, Mon, why did you tell the guys you weren’t pregnant?
 わかったわ。ねぇ、モン、どうしてみんなに妊娠してないって言ったの?

Monica: Because I’m not.
 妊娠してないからよ。

Phoebe: We found your test in the trash, if you’re not pregnant−It’s because I am.
 あなたの妊娠検査薬を見つけたのよ。あなたが妊娠してないっていうなら・・(言わないでと合図をするレイチェル)実は私なのよ。(フラッシュと共に撮影される)

Chandler: What?! What are you talking about?
 なに? 何を言ってるんだ?

Monica: What are you talking about?
 それどういうこと?

Phoebe: Yes, I…I am with child. . And I didn’t want to say anything because it’s your day; I didn’t want to steal your thunder.
 そうなの。私には・・赤ちゃんがいるの。(フラッシュ)どうして何も言わなかったかっていうと、今日はあなたの大事な日だからなのよ。

Monica: Wait a minute! So you told people I was pregnant?! . . Does this look like a conversation I want to remember?!
 ちょっと待って! だからって私が妊娠したってみんなに言ったの?(フラッシュ。カメラマンに)これって、私が思い出に残しておきたい会話に見える?

Chandler: Who’s the father?
 父親は誰なんだ?

Monica: Yeah!
 そうよ!

Phoebe: I can’t say.
 言えない。

Monica: Why?!
 どうして?

Chandler: Why not?
 どうしてなんだ?

Phoebe: I can’t say because he’s famous.
 言えないの、彼が有名人だから。

Rachel: Oh, my God, who is it?!
 まぁ、驚いた、誰なの?(あきれるフィービー)

Monica: Phoebe, come on, you have to tell us.
 フィービー、ねぇ、言ってくれなきゃ。

Phoebe: Okay, okay. It’s James Brolin. James Brolin is the father of my baby.
 わかった、わかったわよ。ジェームズ・ブローリンよ。ジェームズ・ブローリンが赤ちゃんの父親なの。

(James Brolin = 俳優)

Chandler: As in Barbara Streisand’s husband James Brolin?
 それって、バーブラ・ストライサンドの夫のジェームズ・ブローリのこと?

Phoebe: What?! Well, he never said that to me!
 なんですって? 彼はそんなこと私に言ってくれなかったわ。

《式場:続き》

Photographer: Monica, if you step away and we’ll get Chandler and the bridesmaids.
 モニカ、ちょっとさがってもらって、チャンドラーとブライズメイドの写真を撮ろうか。

Phoebe: How about just the bridesmaids?
 ブライズメイドだけっていうのはどう?

Chandler: You know, I am the groom, right? I was told it was kinda big deal.
 ねえ、俺って新郎なんだよね? 新郎って大事かなって思ってたんだけど。

Phoebe: It is.
 ハイハイ。

Rachel: For you.
 すべてあなたのため。(チャンドラー立ち去る)

Phoebe: Oh, my God!
 ああ、驚いた!

Rachel: Oh, thank you for doing that. I just can’t deal with this just quite yet.
 ああ、ありがとう、本当に。私まだ話せなくて。

Phoebe: So instead you told me Monica was pregnant.
 だから、モニカが妊娠したって言ったのね。

Rachel: You said that she was, I just didn’t disagree with you.
 あなたがそう言ったのよ。私はただ、否定しなかっただけ。

Phoebe: Sneaky.
 ずる賢いわね。

Rachel: Yeah.
 そう。

Photographer: Smile ladies.
 笑って、お嬢さん方。

Rachel: Oh! . . Oh, by the way?
 ああ(微笑んで写真)ああ、ところで。

Phoebe: Uh-hmm.
 なに。

Rachel: James Brolin?
 ジェームズ・ブローリン?

Phoebe: Oh, I know. I could only think of two names, him and Ed Begley Jr. and then I remembered he’s gay, so..
 ああ、そうなのよね。彼とエド・ベグリー・ジュニアの2人の名前しか思いつかなくて。それからエドはゲイだって思い出して。

Rachel: Ed Begley Jr. is not gay.
 エド・ベグリー・ジュニアはゲイじゃないわよ。

Phoebe: Really?!
 本当?

《披露宴》

Bandleader: Thank you very much! Ladies and gentlemen, it gives me great pleasure to introduce to you for the very first time, Mr. and Mrs. Chandler Bing!
 みなさん、ありがとうございます! とても光栄なことですが、初めて夫婦として登場する、ミスター&ミセス・ビングをご紹介します!

(2人が拍手で迎えられる)

Chandler: Before we go out there I’ve got a present for ya.
 あそこで踊るまえに、プレゼントがあるんだ。

Monica: Honey, I’m going to put my hand in your pocket!
 ねぇ、私、あなたのポケットに手を入れたりしないわよ。

Chandler: No.
 違うよ。

Monica: No.
 違うの?

Chandler: I’ve been taking dancing lessons.
 ダンスのレッスンを受けてたんだ。

Monica: What?!
 え?

Chandler: Yeah, the last six weeks. I wanted this to be a moment you will never forget.
 ああ。この6週間ね。この瞬間を君にとって、忘れられないものにしてあげたくてね。

Monica: Oh, that is so sweet!
 まぁ。優しいのね!

Chandler: So? Would you care to join me in our first dance as husband and wife?
 それじゃ、夫と妻として初めてのダンスをしてくれるかな?

Monica: Yes.
 ええ。

(ダンスフロアに行くと靴が滑ってほとんど歩けないチャンドラー)
Monica: What’s the matter?
 どうしたの?

Chandler: I don’t know, it’s these new shoes, they’re all slippery.
 なんだろう、この新しい靴が、すごく滑るんだよ。

Monica: Well, are you gonna be able to do this?
 それで、踊ることはできそう?

Chandler: Not well.
 うまくは無理だな。
(ダンスを始めるが滑りまくるチャンドラー)

Monica: Well, the good news is, I don’t think anyone’s looking at us.
 幸い、誰も私達を見てないわね。

《テーブルのフィービーとレイチェル》

Phoebe: So, are you ready to talk about it?
 それじゃ、もう話をできそう?

Rachel: No.
 いいえ。

Phoebe: Now?
 ・・・・・もうできる?

Rachel: No!
 いいえ!

Phoebe: Okay, we’ll talk about something else then.
 わかったわ、それじゃ別の話をしましょ。

Rachel: Thank you.
 ありがと。

Phoebe: Who’s the father?!
 誰がお父さんなの?

Rachel: Ugh! Look, honey, you know, I haven’t told him yet, so until I do I don’t think I should tell anybody else.
 もう! ねぇ、まだ彼に話してもいないのよ。彼に話すまでは、他の人に話すべきじゃないと思うの。

Phoebe: Yeah. That’s fine. That’s fair. Is it Tag?
 そうね。わかったわ。もっともなことよ。・・タグなの?

Rachel: Oh, Phoebe!!
 フィービーったら!

Phoebe: Okay, I’m sorry. I’ll stop.
 わかった。ごめん。やめるわ。

Rachel: Okay.
 ええ。

Phoebe: Is it Ross? It’s Ross, isn’t it−Oh, my God, it’s Joey!
 ロスなの? ロスなのね? あっ、なんてことなの! ジョーイなのね!

Rachel: Honey, stop it! Okay? I am not going to tell you until I tell him.
 ねぇ、やめてったら! ね? 彼に話すまでは、言わないから。

Phoebe: Ah-hah! At least we know it’s a him.
 ああっ!少なくとも、男だってことはわかったわ。

《モニカの近くへ来る、テニスウェア姿のジョーイ》

Monica: Oh, sweet Lord.
 ああ、神様。

Joey: I’m sorry! Okay? I went down to the gift shop and it’s either this or a bathrobe! Look, what’s more important, the way I’m dressed or me being with you on your special day?
 悪い! ほんと! ギフトショップへ行ってみたけど、これとバスローブしかなかったんだよ! なぁ、大事なのは、俺が何を来ているかじゃなくて、君の大事な日に、そばにいることだろう?

Monica: Honey, I’m not even going to pretend I was listening. Hey! Hey!
 ねぇ、聞く気にもならないわ。(他の誰かに話しかけに行く)あら、ねえ!

《テーブルNo.を確かめるロス、女性に出会う》

Ross: Hi. I’m uh, I’m Ross. I don’t, I don’t believe we’ve met. I’m Monica’s older brother.
 ハーイ、僕は、ロス。まだ会ってないよね。僕はモニカの兄なんだ。

Woman: Oh, hi, I’m, I’m Mona from her restaurant.
 あら、どうも。私は彼女と同じレストランにいるモナよ。

Ross: Oh! Hello, Mona from her restaurant. . . Mona, wow what a, what a beautiful name.
 ああ! こんにちは、彼女と同じレストランにいるモナ(No.カードに口パクさせながら)モナ、ああ、すごくきれいな名前だね。

Mona: You think so? I’ve always kinda hated it.
 そう思う? 私は嫌いなんだけど。

Ross: Aw, come on, Mona Lisa?
 そんな。モナリザと同じだろ?

Mona: Uh-huh.
 そうね。

Ross: Mona umm…Llegglachen. The famous botanist? Huh? Oh, no, she’s uh−well, she’s dead now but.. No, supposedly she was once quite the hotty of the plant world.
 モナ・・・クラクラッケン、有名な植物学者だよ? ね・ ああ、いや、彼女は・・彼女はもう死んでるけど・・。だけど、植物界では、すごいセクシーな1人だったと思われるよ。

Mona: Really?! Well, see? I never knew about her.
 そう? 私は知らないけどね。

Ross: Linda Llegglacnen. So what uh, what-what table are you at? . . Oh, me too.
 リンダ・クラクラッケンだったかな・・・ところで、君は何番のテーブル?(モナがカードを見せる)ああ、僕と同じだ。

Mona: Oh, good. Now there’ll be someone there who likes my name.
 ああ、よかった。じゃあ、私の名前を好きな人と同じ人と一緒なわけね。

Ross: Yes, there will. . . Oh, guess what, Molly Gilbert. You’ve just been bumped up to table one. And if it’s all right with you I’m gonna take your place at table six−Martin Llegglachen.
 ああ、そういうことだね。(モナは立ち去り、ロスはモナと同じテーブルのカードを探し、見つける)ああ、モリー・ギルバート。君は1番テーブルに移動だよ。そして僕は君の6番テーブルに行かせてもらうからね・・・・マーティン・クラクラッケンだった!

《女性に、背後からテニスを教えるジョーイ》

Joey: That’s better, now just bend your arms a little more. There you go. Okay, look straight ahead. Now this time I want you to really put your ass into it.
 よくなった。それと、もう少し腕を曲げて・・ほらそうだよ。よし、まっすぐ前を見て。じゃあ今度は、ここでお尻をつきだして。

《チャンドラーと母》

Mrs. Bing: Chandler, darling! Look, my date has finally arrived. I’d like you to meet Dennis Phillips.
 チャンドラー、ねぇ! 見て、私の彼がようやく着いたのよ。デニス・フィリップスよ。

Dennis Phillips: Congratulations.
 おめでとうございます。

Chandler: Thank you.
 ありがとう。

Mrs. Bing: Dennis is a dear old friend and a fantastic lover.
 デニスは古い友達で、恋人としても素晴らしいの。

Chandler: Bravo, Dennis, thanks for pleasing my mother so.
 ブラボー、デニス。母をそんなに喜ばせてくれてありがとうございます。

Dennis Phillips: Oh, I’m so sorry I missed the ceremony, I was stuck at auditions.
 ああ、式には間に合わなくて悪かったね。オーディションがあったのでね。

Mrs. Bing: Oh, yes, Dennis is directing a new Broadway show.
 ああ、そうなの。デニスは新しいブロードウェイのショーを監督するのよ。

Joey: I don’t believe we’ve met, Joey Tribbiani.
 (突然会話に入る)まだお会いしてませんでしたよね、ジョーイ・トリビアーニです。

Dennis Phillips: Dennis Phillips
 デニス・フィリップスです。

Joey: Wow, I’ve admired your work for years. You-you’ve done some really amazing stuff.
 ワオ! あなたは憧れの人ですよ。あなたの作品はみんなすばらしいですよね。

Dennis Phillips: Oh, thank you. Well, if you’ll excuse me, I’m gonna go get myself a drink. Be back in a moment.
 ああ、ありがとう。ちょっと、失礼して、飲み物をとってくるよ。すぐ戻るから。(立ち去る)

Joey: Wow, Dennis Phillips! That’s great! How did you guys meet?
 ワオ! デニス・フィリップスだ! すごいな! どうやって彼を知ったんです?

Mrs. Bing: Well, it’s a funny story.
 ああ、それがおもしろい話なのよ。

Chandler: Funny: ha-ha or funny. . .
 おもしろいってハハハ! か、それとも、おもしろくてこう?(頭を撃ち抜くジェスチャー)

《時間経過》

Bandleader: Thank you, thank you very much. If everyone will please take your seats, dinner will be served.
 ありがとう、本当にありがとう! みなさん、席についていただけますか。お食事の用意が整ったようです。

《6番テーブルが子供専用と気づき、9番テーブルにモナを発見したロス》

Ross: Hey! Uh, I thought, I thought you were at table six.
 やぁ・・僕、君は6番テーブルかと思ったよ。

Mona: No, nine.
 いいえ、9番よ。(カードを見せる)

Ross: Oh, see, before you uh, when you showed it to me you-you held it that way which uh, which was misleading. Well I’m… . . . Hello.
 ああ、そうか。さっき見てくれた時、君はそれを上下逆に持ってたんだね。それで間違っちゃったよ。・・それじゃ・・(6番テーブルに着席し、子供達に凝視されて)こんにちはー。

《靴の裏にテープを貼るチャンドラーに近づくジョーイ》

Joey: Chandler. Will you see if your mom can give my resume to Dennis Phillips? ‘Cause if I can get in a Broadway show then I would’ve done it all, film, television, and theater. The only thing left would be radio, and that’s just for ugly people.
 チャンドラー、君のおかあさんからデニス・フィリップスに俺の経歴書を渡してもらえないかな? ブロードウェイでも出演できれば、全部制覇したことになるだろ。映画、テレビ、そして劇場。残ってるのはラジオだけどさ、あれはブサイクな人用だからな。

Chandler: What size shoes do you wear?
 おまえ、靴のサイズいくつ?

Joey: Uh, eleven, eleven and a half.
 11。11.5だよ。

Chandler: Great, because my shoes are giving me a little problem on the dance floor, can I borrow the boots from your costume?
 それはいい。俺の靴がダンスフロアで滑るんだよ。おまえの衣装のブーツを貸してくれないか?

Joey: Uh, I don’t even really know where I left those. Sorry.
 あー・・・あれどこに置いたか覚えてないよ。悪いな。

Chandler: Those aren’t eleven and a half.
 (ジョーイの靴を見て)それ、11.5はないだろ。

Joey: Okay, fine! I’m a seven! All right, I have surprisingly small feet. But the rest of me is good, I’ll show ya!
 いいよ、わかったよ! 7だよ! わかったか。俺は驚くほど小さな足なんだよ。だけど他の部分は大丈夫だぞ。見せてやろうか!

《テーブルについたモニカとレイチェル》

Monica: Can you believe Phoebe got pregnant?!
 フィービーが妊娠したなんて、信じられる?

Rachel: Oh, you know what, honey? Let’s not talk about that right now?
 ああ、ねぇ、その話は今はやめにしない?

Monica: This is so huge.
 すごい事件よ。

Rachel: Sure, but come on, as big as your wedding?
 そうね。だけど、あなたの結婚式ほどじゃないでしょ?

Monica: Of course not. Nothing is. Between me and you…
 もちろんよ。結婚式以上なんてないわよ。ここだけの話だけど・・

Rachel: Yeah.
 ええ。

Monica: …in this day and age how dumb do you have to be to get pregnant?
 いまどき、妊娠しちゃうなんて、バカな話よね。

Rachel: Hey! You know, sometimes you can do everything right, everyone can wear everything they’re supposed to wear, and one of those little guys just gets through!
 ちょっと! やるべきことをやっていても、ちゃんとつけるべきものをつけていても、あのちっちゃいのが通過することがあるのよ!

Monica: How?
 どうやって?

Rachel: I don’t know! Maybe they have tools.
 知らないわよ。何か道具を持ってるんじゃないの。

Monica: Well, I-I talked to and uh, she’s definitely going to have this baby. You know, she said she was gonna raise it on her own.
 私、彼女と話したんだけど、子供を産むつもりなのね。自分で育てるっていうのよ。

Rachel: Well, maybe that’s, maybe that’s really brave.
 それはまぁ、本当に勇敢なことかもね。

Monica: Maybe. I just hope she realizes how hard it’s gonna be.
 かもね。だけど、どんなに大変か気づいていないと思うわ。

Rachel: Maybe she hasn’t really thought it through that well.
 彼女、本当にちゃんと考えてないのかもね。

Monica: Well, there’s a lot to think about. I mean, how will she, how will she handle this financially? How is she gonna juggle work? Does she realize she’s not going to have a date again for the next eighteen years?
 考えなきゃいけないことはいっぱいよ。経済的なことはどうするか? 仕事もあるのに、どうやってやりくりするか? それに彼女、この先18年ぐらいデートもできないって気づいているのかしら?

Rachel: I don’t know.
 どうなのかしらね。(泣き声)

Monica: Are you okay?
 あなた大丈夫?

Rachel: Uh-hmm. I’m just thinking about Phoebe; poor knocked up Phoebe.
 ええ。ただ、フィービーのことを思うと・・かわいそうに妊娠しちゃったフィービー。

Waiter: Champagne?
 シャンパンはいかがでしょう。

Rachel: Oh, yes! Thank you very much! . . . . Oh, that’s-that’s actually how the French drink it.
 あ、ええ! ありがとう!(受け取り飲んでから気づき、モニカに隠れて吐き出すが、見られていたので)ああ、これは、フランス人の飲み方よ。(察して驚くモニカ)

《モニカとレイチェルのテーブルにフィービーも加わる》

Phoebe: Well, I just got off the phone with my lover, James Brolin…
 恋人のジェームズ・ブローリンと電話で話してきたわ。

Monica: Oh, really?!
 あら、ほんと?

Phoebe: Yes, and apparently he is married to some singer, but he said he would leave her for me. And I said, "James, James Brolin, are you sure?" James Brolin said…
 そうよ。彼はどうやら歌手と結婚してるらしいんだけど、でも、彼は私のために別れるって言うのよ。だから私は言ったの「ジェームズ、ジェームズ・ブローリン、本気で言ってるの?」ジェームズ・ブローリンは言ったわ・・

Monica: Rachel’s really the one who’s pregnant?
 妊娠してるのは、本当はレイチェルでしょ?

Phoebe: What?! . . Why bother?
 えっ?! ・・もういいや。

Monica: How do you feel?
 (レイチェルに)気分はどう?

Rachel: I don’t know. I don’t know how I feel. This is all happening so fast. I have to make all these decisions that I don’t want to make. . . Somebody just take this away from me!!
 どうかな。どういう気分かわからないわ。本当に急なんだもの。決められないような決断をしなきゃいけないんだもの。(うっかりシャンパンを飲み、また吐き出す)誰かこれどっかへやって!

Phoebe: Calm down. Maybe you’re not pregnant.
 落ち着いて。妊娠してないかもしれないわよ。

Rachel: What?!
 えっ?

Phoebe: When I got pregnant with the triplets, I took that test like three times just to make sure.
 私、三つ子ができた時、3回も確認したわよ。

Monica: Yes! Maybe it’s a false positive. Are you sure you peed on the stick right?
 そうよ! 間違いだったかもしれないわよ。スティックに正しくオシッコかけた?

Rachel: How many ways are there to do that?
 そんなことにいろいろ方法があるの?

Phoebe: I’m-I’m just saying, don’t freak out until you’re a hundred percent sure.
 私が言いたいのは、100%間違いないってわかってから、あせったらいいってことよ。

Rachel: All right, I’ll-I’ll take it again when I get home.
 わかったわ。帰ったらもう一度やってみる。

Monica: You-you gotta take it now. Come on, do it as a present to me.
 今やってみてよ。お願い。結婚のお祝いとして。

Rachel: Okay. Thank you.
 わかったわ。ありがとう。

Monica: Okay.
 いいわ。

Phoebe: I’ll run out and get you one.
 じゃあ買いに行ってくるね。

Rachel: Oh, you guys are so great.
 ああ、あなた達って本当に最高ね。

Monica: Oh, wait a minute! Who’s is the father?!
 あ、ちょっと待って! 父親は誰なの?

Phoebe: Oh, no, she won’t tell us.
 あ、ダメよ。彼女言わないの。

Monica: Oh, come on, it’s my wedding! That can be my present.
 あら、いいじゃない! 私の結婚式なのよ! お祝いとして言って。

Rachel: Wh−Hey, I just gave you peeing on a stick.
 な・・ちょっと! 今スティックにオシッコしてあげるじゃない。

Phoebe: See? This is why you register.
 (モニカに)わかった? もうリストに入ってるのよ。

《席についているロス。椅子を動かし変な音を立てると、子供達が笑う》

Ross: It was the chair again! Okay? I’m not doing it! It what−look, I don’t−you know what−eh-eh… . . . Hi.
 今ものまた椅子だよ! いいかい? 僕がしたんじゃない! これは・・いいか、僕は・・もういいや・・(立ち上がり、モナに声をかける)ハーイ。

Mona: Hi!
 ハーイ!

Ross: Umm, would you like to dance?
 踊らない?

Mona: Sure.
 いいわよ。

Ross: Yeah?
 いい?

Mona: Yeah.
 ええ。

Ross: Oh, great!
 ああ、いいね!

Little Girl: Dr. Geller?
 (後ろから)ドクター・ゲラー?

Ross: I wasn’t farting! . . . Uh, a little game from our table. . . Yes?
 僕はおならしてない!(モナに)これ、僕らのテーブルのちょっとしたゲームでね。(少女に)なに?

Little Girl: Dr. Geller, will you dance with me?
 ドクター・ゲラー、私と踊ってくれない?

Ross: Oh, umm, well uh, maybe-maybe later. Right now, I’m about to dance with this lady.
 ああ・・いや、また後でね。今は、このお嬢さんと踊るところなんだよ。

Little Girl: Okay.
 わかった・・(ガッカリした様子)

Mona: Ohhhh!
 まぁ!!

Ross: Uh, unless! Unless, this lady wouldn’t mind letting you go first.
 あー・・でもね! でも、もしこのお姉さんが君と先に踊らせてくれたらいいよ。

Mona: I’d be happy to. You are very sweet.
 喜んで。あなたって本当に優しいのね。

Ross: Oh. . Yes, I-I am. In fact umm hey, why don’t we try it my special way? You can dance on my feet.
 ああ、そうなんだよ。ほんと・・ねぇ、君、特別に足の上に乗って踊らせてあげようか。

Little Girl: Sure!
 うん!

Ross: Yeah? Hop on. . . Is the pretty lady looking?
 そう? じゃあ乗って。(踊りながら)かわいいお姉さんこっち見てる?

Little Girl: Uh-huh.
 うん。

Ross: Keep dancing.
 踊り続けて。

《1人で踊るチャンドラー:滑らないのでちゃんと踊れる》

Chandler: And the world will never know.
 (独り言)そして誰にも知られないまま。

Joey: Hey! Did you talk to Dennis about me yet?
 なぁ、デニスに俺のこと話してくれた?

Chandler: Yes, I told him how talented you were. I told him all about Days Of Our Lives.
 ああ。おまえがどんなに才能があるかって言っておいたよ。「愛の病院日誌」のことも話しておいた。

Joey: No-no! No! No! You don’t tell a Broadway guy that! Now he just thinks I’m a soap actor.
 ダメダメ! ダメだよ! ブロードウェイの人

《踊り終わったロス》

Little Girl: Thank you.
 ありがとう。

Ross: No-no, thank you, Miranda.
 いえいえ、ありがとう、ミランダ。

Little Girl: Melinda!
 メリンダ!

Ross: All right.
 ああそう。(モナのところへ)

Mona: How cute was that?
 なんて可愛らしいのかしら!

Ross: Oh-oh, were you, were you watching?
 ああ、なに、今のを見てた?

(他の女の子が来る)
Second Girl: Can I go next?
 次は私と踊ってくれる?

Ross: What? Of course you can! Hop on!
 え? もちろんいいよ! 乗って!

Mona: Okay, but I get to hop on after her.
 ねぇ、でも次は私にも乗らせてね。

Ross: I am so gonna score.
 (少女と踊りながら)今日はイタダキだぞ!

Second Girl: What?
 え?

Ross: I like your bow.
 君のリボンかわいい!

《ステージに上がるジョーイ》

Joey: I’d like to propose a toast. To Monica and Chandler, the greatest couple in the world. And my best friends. Now, when I first found out they were getting married I was, I was a little angry. I was like, "Why God? Why? How can you take them away from me?!" But then I thought back over all our memories together, some happy memories. . . And-and there was some sad memories. . . I’m sorry. And-and some scared memories−Whoa! . . . Eh? And then, and then I realized I’ll always be their friend, their friend who can speak in many dialects and has training in stage combat and is willing to do partial nudity. . . Oh! To the happy couple!
 (グラスを鳴らし)乾杯を言わせていただきたいと思います。世界最高のカップル、そして親友のモニカとチャンドラーに! 2人が結婚すると初めて知った時は、僕は怒りがわいてきました。こんなふうに「なぜ、神様? なぜ? どうしてあの2人を僕から取り上げるんだ?!」でもそれから、一緒に過ごした思い出を振り返りました。楽しい思い出です。(笑ってみせる)それから、悲しい思い出も。(泣く)失礼しました。それから、怖い思いでも・・・ワオ!(飛び退いてみせる)どうです? それから、気がつきました。僕はこれからもずっと友達だ。いろんな方言がしゃべれて、格闘もでき、また部分的にはヌードもやれる、そんな友達です。(立ち去りかけてグラスを挙げ)そうそう、幸せなカップルに!

《時間経過》

Bandleader: Thank you.
 ありがとう!

Ross: That was very nice, Ashley.
 よかったよ、アシュレイ。

Ashley: Can we do it again?
 もう一度踊れる?

Ross: No-no.
 いやいや。(モナのところへ)

Mona: So, is it my turn now?
 それじゃ、私の番ね?

(別の女の子が来る)
Fat Girl: I’m next!
 私が次よ!

Ross: Oh!
 わっ!

Mona: Uh, that’s okay. You can dance with her first.
 ああ・・いいわよ。彼女と先に踊ってあげて。

Ross: Oh, you-you sure? Okay. (To the girl) Okay. So what’s uh, what’s your name.
 ほ・本当に? そうか・・(女の子に)いいよ。君、君の名前は?

Fat Girl: Gert!
 ガート。

Ross: That’s, that’s pretty. . . Whoa! Whoa! Whoa! What are you doing there, Gert?
 そりゃ・・そりゃかわいい・・(ガートが足に乗ろうとする)うわうわっ、うわ! 何をしてるの、ガート?

Gert: Dancing on your feet! Like the other girls did it.
 あなたの足の上で踊るのよ! 他の子にもそうしたでしょ。

Ross: Okay. Hop on, Gert.
 わかったよ。乗って、ガート。(痛みにうめく)

Gert: Why aren’t you moving your feet?
 もっと早く動いてよ。

Ross: I’m trying.
 頑張っているよ。

Gert: Faster! You’re not going fast enough!
 もっと早く! もっと早くしなきゃ!

Ross: Maybe I should stand on your feet!
 じゃあ僕が君の足の上に乗ろうか!

《デニスと話しに行くジョーイ》

Joey: So did you uh, happen to catch my toast up there?
 僕の乾杯、見てくれました?

Dennis Phillips: Oh, my God, that was for my benefit?
 なんてことだ。あれは僕のためにやったのか?

Joey: Well, I’d like to think there was something for everyone. Look, I know you’re casting for this new show…
 まぁ、みんなのためになったと思いたいけど。新しいショーのキャスティングをなさってるんでしょう・・

Dennis Phillips: Look, umm Joey, I-I don’t think you’re quite right for this project.
 いいかい、ジョーイ、君はこの芝居には合わないと思うよ。

Joey: Oh, see that’s where you’re wrong. Whatever it is I can do it. And if you didn’t see it up there, just-just try me.
 ああ、それはあなたの間違いですよ。何であっても、僕は出来ます。さっきのではダメだったとしても、とにかく僕を使ってみてくださいよ。

Dennis Phillips: It’s an all Chinese cast. Can you be Chinese?
 これは全員中国人なんだ。君中国人になれる?

Joey: Well, I’m not proud of this, but…
 いや、これは自慢じゃないけど・・(背を向けて目に手をやる)

Dennis Phillips: Oh, my God! No-no-no! Please! Please! Don’t-don’t-don’t!
 なんてことを! ダメダメダメ! 頼む、頼むからやめてくれ、やめて!

《チャンドラーのところへ行くモニカ》

Monica: Hey, are you ready to get back on the dance floor?
 ねぇ、ダンスフロアに行って踊らない?

Chandler: Did it turn into sand?
 床が砂になった?

Monica: Ohh, come on, I love this song! Come on, you’ll be fine.
 もう、大丈夫よ。この歌好きなの。ほら、できるわよ。(ダンスフロアに行く)

Chandler: No. No, I won’t. Do you know why I took all those lessons? See, for the first time I didn’t want you to be embarrassed to be seen on the dance floor with some clumsy idiot.
 (滑ってついて行く)いやいや、ダメだよ。どうしてこのレッスンを受けたかわかってる? 一度ぐらい、不格好なバカみたいに踊って君に恥をかかせたず踊りたかったんだよ。

Monica: Oh, sweetie, you can never embarrass me. Okay, you can easily embarrass me. But come on, it doesn’t matter. All right? I married you! So I want to dance on my wedding night with my husband. Come on. Just try not to move your feet at all. . . There you go.
 あら、あなた、私に恥をかかせたりなんてしないわよ。。。わかった、しょっちゅう恥かかされるわよ。でも、いいのよ、そんなの。いい? 私はあなたと結婚したのよ。だから結婚式の夜だもの、夫と踊りたいわ。ほら、来て。足を動かさないようにすればいいのよ。(上半身だけで踊ってみるチャンドラー)ほらできた。

Mr. Geller: Chandler, I’m gonna have you arrested.
 チャンドラー、逮捕するぞ。

Chandler: Why?
 なんで?

Mr. Geller: You stole my moves.
 私のダンスを勝手に盗ったからだ!

《女性用トイレのレイチェルとフィービー》

Rachel: How much longer?
 あとどれくらい?

Phoebe: 30 seconds.
 30秒よ。

Rachel: 30 seconds, okay.
 30秒ね。わかった。

(モニカが来る)
Monica: Did I miss it? . . Rachel, I-I want you to know that, if it’s positive, we’re gonna…
 もう終った? (フィービーが首を振る)レイチェル、聞いておいてね。もし、これが陽性でも、私達・・

Rachel: Oh, I know. I know.
 ええ、わかってる、わかってるわ。

Monica: You do. Okay.
 そう。いいわ(ハグ)

Phoebe: It’s time.
 時間よ。

(他の女性が入って来ようとする)
The Girls: No!!
 ダメ!(引き下がる女性)

Monica: Go ahead, Rach.
 ほら、どうぞ、レイチ。

(見に行く)
Rachel: Oh, wait! You know what? I can’t, I can’t look at it. I can’t. Somebody else tell me, somebody tell me.
 ああ、待って! ねぇ、ダメよ。見られないわ。無理。誰か見て教えて。誰か教えて。

Phoebe: Okay.
 わかった。

Rachel: Okay.
 お願い。

Phoebe: Umm, it’s negative.
 えー・・・陰性よ。

Rachel: What?
 えっ?

Phoebe: It’s negative.
 陰性よ。

Rachel: Oh. Oh. Well, there you go. Whew! . . That is−that’s great−that is really great-great news. . . You know ‘cause the whole not being ready and kinda the financial aspects, all that. Whew. Wow, this is so just the way it was supposed to be.
 ああ・・そんな・・まぁ・・そういうこと。ヒュー! ・・それは・・それは本当にいいニュースよね。だって、準備ができてないとか、経済的なこととかね。ハー。・ワオ・・こうでなきゃいけないのよね。。

Monica: Well… Well, great.
 そう・・それじゃ、よかった。

Phoebe: Here.
 はい。(レイチェルにティッシュを渡す)

Rachel: Thanks. . . God, this is so stupid! . . How could I be upset over something I never had? It’s negative?
 ありがとう・・ああ、本当にバカね! 私ったら何でもないことに大騒ぎしちゃってたの? 陰性だった?

Phoebe: No, it’s positive.
 ううん。陽性よ。

Rachel: What?!
 えっ?

Phoebe: It’s-it’s not negative, it’s positive.
 陰性じゃないの。陽性よ。

Rachel: Are you sure?
 間違いない?

Phoebe: Well, yeah, I lied before.
 ええ。さっきは嘘をついたの。

Rachel: Oh!
 まぁ!

Monica: Oh, God…
 まぁ。。

Phoebe: Now you know how you really feel about it.
 これで、本当の自分の気持ちがわかったわね。

Rachel: Oh-oh, that’s a risky little game!
 まぁ。。危険な賭けね。

Monica: Are you really gonna do this?
 本当に産むのね?

Rachel: Yeah. I’m gonna have a baby. I’m gonna have a baby. I’m gonna have a baby!
 ええ。赤ちゃん産むわ。私赤ちゃん産む。私、赤ちゃん産むのよ!(3人でハグ)

Phoebe: With who?
 誰との子?

Rachel: Ah, it’s still not the time.
 ああ、まだそれはダメよ。

『Dedicated to the People of New York City』
 ニューヨーク市の人々に捧げる

《踊ってヘトヘトのロスを助けて歩くジョーイ》

Ross: I just didn’t see the fast song coming.
 あんな早い曲が来るとは思わなかったよ。

Joey: Shh. Don’t try to talk, we’ll get you up to your room, we’ll soak your feet, you’ll be okay.
 シーッ。話そうとしなくていいよ。部屋に連れていくから、足を冷やせばきっと大丈夫だよ。

Ross: Oh, thank you.
 ああ、ありがとう。

Mona: That is so sweet!
 本当に優しいのね!

Joey: Yeah.
 ああ。

Mona: No, I mean it. There are so few genuinely nice guys out there.
 いえ、本当よ。そんなふうに本当に優しい人って少ないわ。

Joey: Tell me about it, I feel like I’m holding down the fort all by myself.
 まったくね。1人で砦を守ってる気分だよ。

Mona: It’s Joey, right?
 あなた、ジョーイよね?

Joey: Yeah.
 ああ。

Ross: Wait a minute! No! I’m the nice one! I’m the one who danced with the kids all night! How…How small are your feet?!
 ちょっと待てよ! なんだよ! 僕が優しい人だったのに! 僕がずっと子供達と踊ってたんだぞ! ・・君の足、なんて小さいんだ?!
(ジョーイの足に注目)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:37| Comment(0) | Season 8 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。