2013年10月28日

7-23 The One With Chandler and Monica’s Wedding Part 1

7-23 チャンドラーのモニカの結婚式 Part 1

 ☆ベスト"フレンズ"ウェディングーPart 1 ☆

《セントラルパーク》

Monica: Do you realize this is probably the last time we’ll all be here in the coffee house as six single people?
 このコーヒーハウスに独身6人として集まるのはこれが最後かもしれないのよね。

Phoebe: Why?! What’s happening to the coffee house?! . . Oh!
 どうして? このコーヒーハウスどうかなっちゃうの? (気づく)ああ!

Chandler: Yep! From now on its gonna be the four of you guys and me and the mrs. The little woman. The wife. The old ball and chain.
 そうだな! これからは、君たち4人と、俺とその奥さんだ。小さな夫人。ワイフ。昔ながらの妻。

(ball and chain = 足かせと重り。転じて「妻」)

Monica: Old?
 昔ながらの?

(old = 古い・年を取ったなどの他に、「なじみの」などの意味もあり、年を取っていることを表現しているとは限らないが、年を取ったという意味に限定してとらえて苦情をいうモニカ)

Chandler: The young, hot ball and chain.
 若くてセクシーな妻。

Monica: Much better.
 だいぶよくなった。

Rachel: Op! We gotta go!
 (時計を見て)あっ、私達もう行かなきゃ!

Ross: Oh, where are you guys going?
 え、君たち、どこへ行くの?

Monica: We’re gonna pick up the wedding dress, then we’re gonna have lunch with mom.
 ウェディングドレスを受け取りに行って、それからかあさんと一緒にランチなの。(ジョーイが立ち上がる)

Ross: Ah. Joey, you’re-you’re having lunch with my mom?
 あ、ジョーイ。君もうちのかあさんと一緒にランチなのか?

Joey: No, I-I just heard lunch. But, yeah, I can go. Sure!
 違うけど、ランチって聞いたから。でも、いいや、行ってもいいよな、うん!(みんなで出て行く)

Ross: You know what? Actually I’m kinda glad they’re leaving ‘cause uh, I need to talk to you about something.
 (チャンドラーに)なぁ、みんなが出てってくれてよかったよ。実は、君に話したいことがあったんだ。

Chandler: What’s up?
 どうした?

Ross: Well, this uh, this may be a little awkward.
 うん、これはちょっと気まずいかもしれないけど。

Chandler: Listen, if you want to borrow money, its kind of a bad time. I’m buying dinner for 128 people tomorrow night.
 なぁ、もし金を借りたいっていうなら、今はタイミング悪いぞ。俺は、明日の夜128人に食事をごちそうしようっていうんだからな。

Ross: No, its…Its not that. Umm, now what I’m going to say to you, I’m not saying as your friend. Okay? I’m-I’m saying as it as Monica’s older brother.
 いや、そういうことじゃないよ。これから言うけど、その間は、友達として言うんじゃないから。いいね? これは、モニカの兄として言いたいんだ。

Chandler: But you’re still my friend?
 だけど、友達だよな?

Ross: Not for the next few minutes.
 これからの数分は違う。

Chandler: During this time…are you, are you still my best man?
 その間・・その間もまだ俺の付き添い人?

Ross: Nope.
 違う。

Chandler: Do I still call you Ross?
 ロスって呼んでもいい?

Ross: Okay! You guys are getting married tomorrow, and-and I couldn’t be more thrilled for both of you. But as Monica’s older brother I-I have to tell you this. If you ever hurt my little sister, if you ever cause her any unhappiness of any kind, I will hunt you down and kick your ass! . . . What? I’m-I’m-I’m serious! . . . Come−Hey! Dude! Stop it! Okay? I’m-I’m not kidding here!
 いいから! 君らは、明日結婚する。僕にとってこんな嬉しい事はないよ。だけど、モニカの兄として、これは言っておきたい。もし、君が、僕の妹を傷つけたり、不幸な目に遭わせたりしたら、僕はどこまでも君をおいかけて、お尻を蹴り飛ばしてやるからな。(チャンドラーが笑う)なに? 真剣に言ってるんだぞ。(さらに笑うチャンドラー)おい! ちょっと! やめろよ! 冗談で言ってるんじゃないぞ!

Chandler: Hey, I hear what your saying, okay? And, thanks for the warning.
 なぁ、話はわかったよ。な? 忠告ありがとう。

Ross: No problem.
 いいんだ。

Chandler: So are we…friends again?
 それじゃ・・もう友達?

Ross: Yeah.
 ああ。

Chandler: Okay. . . You won’t believe what Monica’s older brother just said to me!
 そうか。・・・信じられないぞ、モニカの兄が言ったことったらさ。

《モニカ達の部屋》

Rachel: What are you doing, Mon?
 何をしてるの、モン?

Monica: I’m making a list of all the things that are most likely to go wrong at the wedding. Now, that way I can be prepared.
 ウェディングに関して、起きては困るけど起きそうなことをリストアップしてるの。そうすれば、備えられるでしょ。

Phoebe: What are they?
 どういうこと?

Monica: Well, so far I have uh, my bridesmaids' dresses won’t get picked up, my veil gets lost, or I don’t have my something blue.
 そうね、まず、ブライズメイドのドレスの引き取り忘れ、私のベール紛失、それとか、サムシング・ブルーの用意忘れ。

Rachel: Hey! Those are all the things I’m responsible for!
 ちょっと、それって全部私の仕事じゃないの。

Monica: I had to go with the odds, Rach.
 確率で考えないとね、レイチ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey! You guys! Remember that audition I had a while ago and didn’t get the part?
 やぁ! ちょっと前に俺が受けて落ちたオーディションあるだろ、覚えてない?

Rachel: The commercial?
 コマーシャル?

Joey: No!
 違う。

Phoebe: That play?
 あのお芝居?

Joey: No!
 違う。

Monica: That other play?
 もう一つのお芝居?

Joey: No!
 違う。

Phoebe: The movie?
 映画?

Joey: Yes!!
 それ!

Phoebe: Oh!
 あぁ!

Rachel: The one about the pilot and his dog who flies planes?
 パイロットと、彼の飛行機操縦ができる犬の話?

Joey: No. But man, that one hurt. No, this is the one about the soldiers who fight in World War I!
 違うけど、ああ、あれは残念だったよ! そうじゃなくて、第一次世界大戦で戦った兵士の話だよ。

Phoebe: Oh, yeah! Back then, you know, we called it the Great War. It really was!
 ああ、あったわね! あの頃は、世界大戦争と呼んだものよ。まったく大きな戦争だったわ。

Joey: Well, anyway, the guy they wanted backed out and now they want me! I start shooting today!
 とにかく、決まってたやつが役を降りてしまって、俺に出てくれっていうんだ! 今日から撮影開始なんだよ!

Phoebe: Congratulations!
 おめでとう!

Rachel: Oh, that’s great!
 すごいじゃない!

Monica: Wait! Wait! Wait! You can’t start today! Today’s the rehearsal dinner!
 待って待って待って! 今日始めるなんてダメよ! 今日はリハーサル・ディナーなのよ。

Joey: Oh, no, I’ll be done by then.
 ああ、その頃には終ってるから大丈夫だよ。

Monica: Oh. Well then way to go, you big movie star!
 あら、そうなの。それじゃ、頑張れ、素敵なムービー・スター!

Joey: I know! All right, I’ll see you guys over there! I’m off to fight the Nazis.
 だよな! よし、じゃあ、会場で会おう。ナチスと戦ってくるぞ!

Rachel: Oh, wait Joey! We fought the Nazis in World War II, not World War I.
 あら待って、ジョーイ! ナチスとは第二次世界大戦で戦ったのよ。第一次世界大戦じゃないわ。

Joey: Whoa! Okay. Yeah, well, who-who was in World War I?
 おお! そうか。それじゃ、第一次世界大戦ではどこと戦ったの?

Phoebe: Go ahead.
 (答えがすぐ出てこないレイチェルに)どうぞ。

Rachel: You’re gonna be late! Go! Go!
 遅れちゃうわよ! 早く行って行って!(ジョーイでて行く)

Monica: Who did we fight in World War I?
 第一次世界大戦ではどこと戦ったのかしら?

Rachel: Mexico?
 メキシコ?

Phoebe: Yes! Very good.
 そうよ! よくできました。

《ジョーイの映画撮影スタジオ:小道具のウェストポーチにクッキーを入れるジョーイ》

The Assistant Director: Hey, Joey! We’re ready.
 やぁ、ジョーイ! 準備できてるよ。

Joey: Yeah! Me too.
 ああ! 俺もだよ。

The Assistant Director: Richard? We’re ready for you. (Richard approaches.) Joey Tribbiani? This is Richard Crosby, he’s playing Vincent.
 リチャード? 準備できてるよ。(リチャードが近づいてくる)ジョーイ・トリビアーニ、こちら、リチャード・クロスビー、ヴィンセント役だ。

Joey: I’m doing my scenes with you?
 俺、あなたと共演なんですか?

Richard: Nice to meet you, Joey.
 初めまして、ジョーイ。

Joey: Wow! I can’t believe this! This is incredible. I mean, you just won an Oscar!
 ワオ! 信じられないな。すごいよ。あなた、オスカーを受賞したばかりですよね!

Richard: No, I didn’t.
 いや、受賞してないよ。

Joey: I think you did.
 受賞したでしょう。

Richard: I think I lost. Three times.
 いや、しなかった。これで3度目だ。

Joey: Uh…Cookie?
 あー・・・クッキーはどう?(ポーチから出す)

The Director: Okay! We’re about an hour away from getting the scene lit. So uh, if you guys don’t mind, can we run it a couple of times?
 よし! 撮影まであと1時間ぐらいだ。それじゃ、2回ぐらいやってみないか?

Richard: Yeah, sure.
 ああ、いいよ。
 
The Director: Okay, all right. Let’s do it. And…Action!
 よし、じゃあやってみよう。・・・アクション!

Joey: We have to find the rest of the platoon!
 俺たち、残りの隊員を探さないと!

Richard: Forget the platoon! The platoon is gone!
 隊のことは忘れろ! もう手遅れだ!(ツバが飛ぶ)

Joey: What?!
 なんだって?(顔を拭う)

Richard: The platoon is dead! Face facts, Tony!
 隊員はみな死んだ! 現実を見るんだ、トニー!

Joey: So what are we gonna do?! We have no reinforcements! No-no, food!
 それじゃ俺たちどうするんだ? 応援は来ない。食べ物もない!(顔を拭う)

Richard: No, we still have food in the basement! I saw potatoes and some dry pasta!
 いや、地下に食べ物はあるぞ。ポテトとパスタがあるのを見た!(ツバが飛び、顔を拭うジョーイ)

The Director: Hang on a minute! Joey, you keep touching your face. Is something wrong?
 ちょっと待ってくれ! ジョーイ、君、顔をぬぐってばかりいるが、どうかしたか?

Joey: No. Nope, I uh…I th−I thought it might be kind of a cool character thing. You know? He’s uh, he’s a face toucher.
 あー、いや。俺は・・そんなキャラクターはどうかと思って。ね、こいつは、顔を触る癖があるやつなんだよ。(背後でリチャードが首を振る)

The Director: I don’t think so. Let’s take it back to Richard’s last line. . Action!
 それはダメだな。リチャードの最後のセリフから行こう。・・アクション!

Richard: We may not have any weapons, but we still have food. In the basement I saw potatoes and some dry pasta, and a few tins of tuna!
 俺たちには武器はないかもしれないが、食べ物はある。地下で、ポテトとパスタがあるのを見た。それにツナの缶もあった!(顔を拭うジョーイ)

《モニカ達の部屋:リハーサル・ディナーに行くところ》

Monica: Honey, we gotta go!
 ねぇ、もう行かないと!

Chandler: Okay. Here’s a question you never wanna have to ask. My dad just called and wanted to know if he could borrow one of your pearl necklaces.
 わかった。でも、絶対聞きたくなかったことを聞かなきゃならないんだ。父親から電話があって、パールのネックレスを借りられないかってさ。

Monica: Did he say what kind of neckline he's wearing?
 どういう襟なのかは聞いた?

Chandler: No.
 いいや。

Monica: Well, I've only met him once. But I'm guessing plunging?
 彼には一度しか会ってないけど、きっと胸が大きくあいてる襟ぐりよね?

Chandler: Yeah, he's more of a if-you've-got-it-flaunt-it kind of father.
 ああ、彼は「持ってるものは見せびらかす」タイプの父親だな。

Monica: I don’t have anything like that, but let me go see if Rachel does.
 私はそういうのは持ってないけどレイチェルに聞いてみるわ。

Chandler: Yes, include more people in this.
 ああ。いろんな人に聞いてみてくれ。

Monica: Hey, do you realize that at this time tomorrow we're gonna be getting married?
 ねぇ、気がついてる? 明日の今ごろ、私達は結婚してるのよ。

Chandler: Wait a minute! I have a date tomorrow night.
 ちょっと待てよ。明日の夜はデートなんだけどな。

Monica: I just, I can’t believe that we made it!
 ここまで無事に来られて、ウソみたい。

Chandler: Well, you don’t have to sound so surprised.
 そんなに驚くことないだろう。

Monica: I’m sorry but. . Nothing.
 ごめん。でも・・・なんでもない。

Chandler: What?
 なんだよ?

Monica: Well, honestly, ever since we got engaged I have been waiting for something to.. to flip you out.
 正直言って、婚約して以来何か起きるんじゃないかと思ってたの。何か・・あなたがおかしくなっちゃうみたいな。

Chandler: Honestly? Me too.
 正直言って、俺もだよ。

Monica: Really?
 ほんと?

Chandler: Yeah. You know, I keep thinking that something stupid is gonna come up and I’ll go all…Chandler. But nothing has.
 ああ。何かバカな考えがわいてきて、チャンドラーらしくなるんじゃないかって。でも、そうはならなかった。

Monica: Ohh, I’m so glad. Thank you so much for staying so calm during this. I mean it’s really, it’s made me stay calm. . .I could've been worse!
 ああ、うれしいわ。これまで、落ち着いていてくれて本当にありがとう。おかげで私も落ち着いていられたわ。・・・これまだマシな方なのよ。

Chandler: Okay. I’ll be right there.
 よし、俺もすぐ行くよ。

(モニカが出て行き、チャンドラーがコートを取ってでかけようとすると電話が鳴り、留守電の応答が始まる)

Monica: Hi! If you’re calling before Saturday, you’ve reached Monica and Chandler. But if you’re calling after Saturday, you’ve reached Mr. and Mrs. Bing! Please leave a message for the Bings!
 ハーイ、もし電話くれてるのが土曜日以前だったら、こちらモニカとチャンドラーです。でも、もし、電話くれてるのが土曜日以降だったら、こちら、ミスター&ミセス・ビングよ! ビング家にメッセージをどうぞ!

(びびりスイッチが入ったチャンドラー)

《リハーサル・ディナーで出迎えるモニカとチャンドラー》

Monica: Hey, Maureen! Gosh! Hey uh, Chandler? This is my cousin Maureen.
 あら、モウリーン! (ハグ)ああ! ねぇ、チャンドラー、こちら、私のいとこのモウリーンよ。

Chandler: We’re the Bings.
 僕らビング家だ。

(フィービーとレイチェルが来る)
Rachel: Hi! Oh, you guys look so beautiful!
 ハーイ! あなた達、すごく素敵よ!

Chandler: Mr. and Mrs. Bing!
 ミスター&ミセス・ビングだからな!(立ち去る)

Ross: Wow, Monica! Hey, just so you know I had my uh, older brother chat with Chandler.
 わお! モニカ! ・・なぁ、言っておくけど、僕は兄としてチャンドラーに言っておいたからね。

Monica: What is that?
 何を?

Ross: Well I…I told him that if he ever hurt you I would hunt him down and kick his ass! . . . What?! What?! What is the matter with everybody?! I am serious! I would kick his ass!
 ほら、もしやつが君を傷つけたりしたら、とっつかまえてお尻を蹴ってやるって言ったんだよ!(モニカ達女性3人笑い出す)なに? なんだ? みんなどうなってるんだ? 真剣なんだぞ! お尻蹴ってやるから!

Phoebe: Ross, please! My make-up!
 ロス、頼むわよ! ああ、お化粧が・・!

(チャンドラー母に出会うチャンドラー)

Chandler: Hi.
 ハーイ。

Mrs. Bing: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: Mom. Thanks for wearing something.
 かあさん。ありがとう、何か着ててくれて。

Mrs. Bing: Oh, honey! This is so exciting! I thought we screwed you up so bad this day would never come. Oh, and just think. Soon there’ll be lots of little Bings.
 ああ! ねぇ、私本当に嬉しいのよ。私たちあなたをメチャクチャにしちゃって、この日を迎えられないかと思ったわ。ああ、考えてみてよ。すぐ、ちっちゃなビング達が生まれてくるのよね。
(びびるチャンドラー)

Joey: I can't believe I have to back to work and get spit on again.
 また仕事に戻ってツバはきかけられなきゃならないなんて、もう信じらんないよ。

Phoebe: Well, you're lucky, the people who spit on you are famous.
 あなたはラッキーよ。ツバはきかけてくる人が有名人なんだもの。

Joey: Who spits on you?
 誰にツバ吐かれたんだ?

Phoebe: I don't want to talk about work.
 仕事の話はしたくないわ。

(モニカとゲラー両親が近づいてくる)

Monica: Mrs. Bing? Here, these are my parents umm, Judy and Jack Geller.
 ミセス・ビング? こちら、うちの両親で、ジュディと、ジャック・ゲラーです。

Mrs. Geller: It’s lovely to meet you.
 お会いできてうれしいわ(握手)

Mr. Geller: So are you his mother or his father?
 (握手)それじゃあなたは、彼のおかあさん、それともおとうさん?

Mrs. Geller: Jack!
 ジャック!

Mr. Geller: What?! I’ve never seen one before!
 何だよ? 会ったことがないんだからさ。

Monica: Dad! There’s Ross, why don’t you go talk to him?
 とうさん! あっちにロスがいるわよ。彼と話してきたら?

Mr. Geller: I didn’t even have a chance to act as though I’m okay with it!
 (妻と立ち去りながら)平気だってフリするチャンスもなかったじゃないか!

(ビング父が来る)
Mr. Bing: Hello, all!
 ハッロー、みなさん!

Chandler: Hi…dad.
 ハーイ・・とうさん。

Monica: Hi, Mr.Bing.
 ハーイ、ミスター・ビング。

Mr. Bing: Nora!
 ノラ!

Mrs. Bing: Charles.
 チャールズ。

Monica: It-it’s so great to see you both here.
 お二人にお会いできてうれしいわ!

Mr. Bing: Yes! Although, I think we may be seeing a little too much of some people. Aren’t you a little old to be wearing a dress like that?
 そうね! ちょっと過ぎた人もいるみたいだけど。(元妻に)あなた、そんなドレスを着るにはちょっと年取り過ぎじゃない?

Mrs. Bing: Don’t you have a little too much penis to be wearing a dress like that?
 あなたはそんなドレスを着るにはちょっとペニスついてるじゃない?

Chandler: Oh, my God!
 ああ、もう!(モニカと2人立ち去る)

《ゲラー夫妻とロス》

Mr. Geller: Of course you can kick his ass, son.
 もちろんおまえは彼のお尻を蹴ってやればいいんだよ。

Mrs. Geller: You could kick anyone’s ass you want to.
 あなたは蹴りたかったら誰のお尻でも蹴っていいのよ。

Ross: Thanks, you guys.
 ありがとう、2人とも!

《モニカとレイチェル》

Monica: Oh, Rach! Rach! Umm hey, could you do me a favor and would you talk to Chandler’s dad and try to keep him away from Chandler’s mom?
 あ、レイチ、レイチ! ねぇ、お願いがあるのよ。チャンドラーのおとうさんと話して、おかあさんから引き離してみてくれない?

Rachel: Yeah! But I don’t know what he looks like!
 わかったわ。でも、彼ってどんな人かわからないわ。

Monica: He is the man in the black dress.
 彼は黒いドレスを着た男の人よ。

Rachel: Man in the black dress…. . . Hi! I’m Rachel! I’m a friend of Monica and Chandler’s!
 黒いドレスの男・・・(黒いドレスの女性に勘違いして話しかける)ハーイ、私はレイチェル、モニカとチャンドラーの友達よ。

Woman: I’m Amanda.
 私はアマンダ。

Rachel: Oh, I get it! A…man…duh!
 ああ! なるほどね! あ、マンだ!

Ross: Can I have everyone’s attention please? I’m uh; I’m Ross Geller.
 (グラスを叩いて)みなさん、ちょっと聞いていただけますか? 僕は、ロス・ゲラーです。

Mr. Geller: Doctor Ross Geller.
 ドクター・ロス・ゲラー。

Ross: Dad…dad, please! As I was saying umm, I’m Dr. Ross Geller. Uhh, and I’m the best man. And uh, this marriage is doubly special for me umm, because not only is the groom my best friend but uh, the bride is my little sister. And, she’s the greatest sister a guy could ask for. So if you’d all please join me in raising a glass to the, the couple we’re here to celebrate. . To the Bings.
 とうさんったら・・頼むよ。さっき言ったように、僕はドクター・ロス・ゲラー、付き添い人です。この結婚は、僕にとって二重に特別なものです。新郎が親友だというだけでなく、新婦が僕の妹なんです。彼女は考えられる最高の妹です。それじゃ、みなさんどうかグラスをあげていただいて、このカップルを祝っていただけたらと思います。(みんなグラスをあげる)ビング家に!

All: To the Bings!
 ビング家に!
(みんな乾杯するが、さらにびびりが募るチャンドラー)

《モニカ達の部屋》

Monica: All right, I’m gonna go steam my wedding dress, okay? Who wants the responsibility of making sure nothing happens to it?
 さぁ、私はウェディングドレスにスチームをかけるわね。問題なくやる責任を追いたい人いる?

Rachel: I’ll do it.
 私がやるわ。

Monica: Who wants it? Anybody?
 誰かいる? 誰もいない?

Rachel: I said I’ll do it!
 私がやるって言ったじゃない。

Monica: Nobody wants to do it? All right, I’ll do it myself.
 誰もやりなくないのね? いいわ。自分でやるわ。

Rachel: Monica! I’m not gonna screw it up!
 モニカ! 私ちゃんとできるわよ。

Monica: You know what? You’re right, I’m sorry. Actually you were a big help tonight. Yeah, and thanks for putting my grandmother in the cab and making sure she got to the hotel safely.
 ねぇ、そうよね、あなたの言う通りだわ。ごめんね。実際、今夜は本当に助かったわ。ええ、私のおばあちゃんをタクシーに乗せてちゃんとホテルまで安全に送り届けてくれてありがとう。

Rachel: Well, of course that is what I’m here for!
 もちろんよ。そのために私はいるんだもの。

Monica: Okay. Sorry.
 ええ。悪いわね。(バスルームへ行く)

Rachel: Ugh! What grandmother?
 もうっ!(フィービーに)おばあちゃんって?

《ジョーイの部屋:ロスが来る》

Joey: Hey! Where have you been?
 よぉ! どこ行ってたんだ?

Ross: Oh, taking my parents back to the hotel.
 両親をホテルへ送ってきたんだ。

Joey: Oh.
 ああ。

Ross: What? Are you going back to work?
 なんだ、仕事に戻るのか?

Joey: Yeah.
 そうだよ。

Ross: Nice shades.
 カッコいいサングラスだね。

Joey: Thanks. Yeah, I figure if I wear these in my scenes at least I won’t get spit in the eyes, you know?
 ありがと。撮影のときサングラスをしてたら、少なくとも目にはツバが入ってこないと思ってさ。

Ross: And if I remember correctly, Ray Ban was the official sponsor of World War I!
 それに僕の記憶が確かなら、レイバンは第一次世界大戦の公式スポンサーだったよな。

Joey: Great! All right. I’ll see you later.
 よかった! さぁ、じゃあまたな。(出て行こうとする)

Ross: All right. . Hey, where’s Chandler?
 ああ・・なぁ、チャンドラーはどこ?

Joey: Uh, I think he’s in Rachel’s room. See ya.
 ああ、レイチェルの部屋にいると思うよ。じゃあな(出て行く)

Ross: Chandler? . . . Chandler?
 (レイチェルの部屋へ行き)チャンドラー?(いないので出てきて)チャンドラー?(バスルームも見るがおらず、カウンターのメモを見つけて読む)

《モニカ達の部屋:ノックに応えてレイチェルがドアを開ける》

Ross: Hey!
 やぁ。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: Is uh, is Monica here?
 モニカはいる?

Rachel: She’s steaming her dress, why? What’s up?
 彼女はドレスにスチームをあててるわ。どうしたの? 何かあった?

Ross: I think Chandler’s gone.
 チャンドラーが消えたみたいなんだ。(メモを見せる)

Rachel: What?!
 なんですって?

Ross: He left that.
 それが残してあった。

Rachel: "Tell Monica I’m sorry." . . Oh, my God!
 (メモを読む)「モニカにごめんって伝えて」・・なんてことなの!

Phoebe: What’s up? . . . "Tell Monica I’m sorry." . . Tell her yourself!
 どうしたの?(レイチェルがメモを渡す)「モニカにごめんって伝えて」・・自分で言いなさいよ!

《モニカ達の部屋前の3人》

Phoebe: Oh, my God! Chandler just left though!
 なんてことなの! チャンドラーがどっか行っちゃったなんて!

Rachel: Yeah, but, maybe it’s not what we think. Maybe it’s tell Monica I’m sorry I drank the last of the milk.
 ええ、でも、違うかもしれないわよ。もしかしたら、これはモニカにミルク全部飲んじゃってごめんなさいっていうことかもしれないわ。

Phoebe: Or maybe he-he was writing to tell her that-that he’s changed his name, you know? Tell Monica I’m Sorry.
 それか、彼は名前を変えたってことをメモで伝えてるのかもしれないわよ。俺は「ごめん」だってモニカに伝えてっていう意味かもしれないわ。

Ross: I think it means he freaked out and left!
 僕は、あいつ怖くなって行ってしまったんだと思うよ!

Phoebe: Don’t be so negative! Good God! Isn’t it possible that Sorry is sitting in there right now?!
 そんなネガティブになっちゃダメよ! もう! ごめん君が、今そこにいるかもしれないじゃないの!

Rachel: Okay. Phoebe, I-I think Ross is right. What are we gonna do?
 ねぇ、フィービー。ロスの言う通りだと思うわ。どうしよう?

Ross: Look−Okay, I’m just gonna−I’m gonna have to go find him and bring him back! Okay? You-you make sure Monica does not find out, okay?
 よし・・そうだ、僕は・・僕はとにかく彼を捜して連れ戻してくるよ。ね? 君たちは、モニカに気づかれないようにしてくれ。いいね?

Phoebe: Okay, but if you don’t find him and bring him back, I am gonna hunt you down and kick your ass!
 わかったわ。だかど、もし彼を見つけて連れ戻さなかったら、私があなたのこと取っ捕まえてお尻を蹴ってやるからね!

Ross: I will, I will find him.
 きっと、きっと見つけてくるよ。

《ジョーイの映画撮影スタジオ》

Richard: Hey, Joey, could you uh, go through these lines with me?
 なぁ、ジョーイ、このセリフのところ、一緒にやってみてくれないか?

Joey: Oh, man! They-they just redid my make-up!
 なんだよ。メイクアップ直したばかりなのに。

Richard: Just the last two pages.
 最後の2ページだけ。

Joey: Alright.
 わかったよ。

Richard: "I found the picture!"
 「写真を見つけたんだぞ!」

Joey: "Picture? What picture?"
 (台本で顔をカバーしながら)「写真? 何の写真だ?」

Richard: "The picture of my wife I found in your pack." . . . Could you uh, could you lower your script?
 「俺の妻の写真が、おまえのカバンの中にあるのを見つけたんだ」・・ちょっと、君、台本を下げてくれないか?

Joey: I don't want to.
 下げたくない。

Richard: I need to see your face so I can uh, play off your reaction.
 君の顔を見て、反応を見ながらやらないと。

Joey: Okay, look, I know you’re a great actor, okay? And you play all those Shakespeare guys and stuff…
 わかった、ああ、あなたは偉大な俳優だってことはわかってます。ね? あなたはあのシェイクスピアとかをいっぱい演じてきた人だ。

Richard: Oh, thanks.
 ああ、ありがと。

Joey: But you’re spitting all over me, man!
 だけど、あなたは俺にツバをはきかけまくりなんだよ、もう!

Richard: Well, of course I am!
 もちろんそうだよ!

Joey: You know you’ve been spitting on me?!
 俺にツバかけてるの知ってたの?!

Richard: That’s what real actors do! Annunciation is the mark of a good actor! And when you enunciate, you spit!
 本当の俳優はそうなんだよ! はっきり言うのがいい俳優の特徴なんだ。はっきり発音すれば、ツバも出る!

Joey: Wow! Didn’t know that.
 ワオ! それは知らなかった!

Richard: Great!
 そうさ!

Joey: Thanks! Okay-okay check it out! "Picture? What picture?" . . . Eh?
 ありがとう! よし、それじゃ、これ見て!「写真? 何の写真だ?」(ツバを吐く)どう?

《セントラルパーク:カウンターのガンターに聞くロス》

Ross: Gunther, have you uh, have you seen Chandler?
 ガンター、君、チャンドラー見なかった?

Gunther: No. No, I haven’t seen him.
 いいや。見てないよ。

Ross: Oh, damn!
 ああ、くそ!

Gunther: He’s getting married tomorrow, right?
 彼って明日結婚するんだよね?

Ross: Yes. Yes. Don’t worry. Everything’s fine. We’ll uh, we’ll see you tomorrow at the wedding.
 そう。そうだよ。心配しないで。何もかもうまくいってるから。それじゃ、明日結婚式でね。

Gunther: I wasn’t invited.
 僕は招待されてない。

Ross: Well, then, we’ll-we’ll see you the day after tomorrow. . . Mom?! Dad?! What-what…what you guys doing here?!
 そうか、それじゃ、あさってまた会おう・・(窓際の席にいる両親に気づく)かあさん、とうさん? こ・・ここで何をしてるの?

Mr. Geller: Well, you kids talk about this place so much, we thought we’d see what all the fuss is about.
 お前達がいつもこのこの話をしてるから、いったいどんなところか見に行こうってことになったんだ。

Mrs. Geller: I certainly see why the girls like coming here.
 どうして女の子達がくるのかわかったわ?

Ross: Why?!
 どうして?

Mrs. Geller: The sexy blonde behind the counter.
 カウンターにいるあのセクシーなブロンド君よ。(ガンターに手を振る)

Ross: Gunther?!
 ガンター?!

Mr. Geller: Your mother just added him to her list.
 かあさんは、彼をリストに加えたとこだよ。

Ross: What? Your-your list?
 なんだって? リスト?

Mrs. Geller: Yeah, the list that−of people we’re allowed to sleep…
 ああ、ほら、寝てもいいっていう・・

Ross: Yes! No-no! I know, I know what the list is!
 わかってる! やめて! リストが何かってことはわかってるよ。

Mr. Geller: Come on, sit down. Have a cup of joe.
 ほら、来て座りなさい。コーヒー飲んで。

Ross: No. No, dad, I can't. I'm sorry. Look, if you see Chandler, could you just tell him that I’m looking for him?
 いや、とうさん、だめなんだよ。悪いけど。ね、もしチャンドラーに会ったら、僕が探してたって伝えてくれる?

Mr. Geller: And if you see Rita Moreno, let her know I’m looking for her.
 おまえも、もしリタ・モレノにあったら、私が探してるって伝えてくれ。

ritamoreno.jpg(Rita Moreno = 女優・ダンサー)

《ジョーイの映画撮影スタジオ》

The Director: Action!
 アクション!

Richard: I found the picture!
 写真を見つけたぞ!

Joey: What picture?!
 何の写真だ?!

Richard: The picture of my wife, in your pack!
 おまえのカバンの中に、俺の妻の写真があったんだ!

Joey: You went through my personal property?
 俺の持ち物を見たのか?

Richard: Why do you have a picture of Paulette in your pack?!
 なんで、ポーレットの写真がおまえのカバンの中にあるんだ?

Joey: . . Because Vincent, we were lovers. . For two years!
 ビンセント、それは、俺たちが愛し合ってるからだ。・・・もう2年もな!

The Director: Cut! Wonderful!
 カット! すばらしい!(ジョーイ達はタオルで顔を拭く)

Joey: Great scene, yeah?
 素晴らしいシーンだったよね?

Richard: Oh, you’re awesome! And, in that last speech? You soaked me.
 ああ、君は素晴らしいよ! それにあの最後のセリフでは、もう俺もグッショリだ。

Joey: Thanks a lot.
 ありがとう!

The Assistant Director: Here’s your call sheet for tomorrow.
 これ、あしたの予定表だから。

Joey: Oh, I’m-I’m not working tomorrow.
 ああ、俺は明日は仕事ないはずだっただろ。

The Assistant Director: You are now.
 いいや、今はもう違う。

Joey: No! No! I can’t! You gotta get me out of it! I’ve got plans! (Spits.) Important plans!
 ダメダメ! できないよ! 俺なしでやってくれよ! 俺にはプランがあるんだ(ツバはきまくり)大事なプランが!(ADは立ち去る)

《モニカ達の部屋:翌朝》

Rachel: Ross said there’s still no word from Chandler.
 (ドアを閉めながら)ロスが、まだチャンドラーと連絡つかないって。

Phoebe: Oh, man.
 ああ、なんてこと。

Rachel: Oh, but he did say that they found the grandmother wandering down fifth avenue.
 あ、だけど、彼、5番街をさまよってるおばあちゃんを見つけたんだって。

Phoebe: Okay. Well, there’s one down.
 わかった。それじゃ一つは解決ね。

(モニカが寝室から飛び出してくる)
Monica: I’m getting married today!!! . . . I think I just cracked a rib. But I don’t care because today’s my wedding day! My day is finally here!!
 今日私結婚するのよ!(つまづいて転び、立ち上がって)あばらにヒビが入ったいたいだけど、でもいいわ、だって今日は私の結婚式なんだもの! ついに私の日が来たのよ!(寝室へ戻る)

Phoebe: You know she might not even notice he’s gone.
 ねぇ、もしかしたら、彼がいないってことに気づかないかもね。

Monica: I’m gonna start getting ready!
 (また出てきて)用意を始めるわよ!(寝室へ戻る)

Rachel: God! Don’t−We can’t let her start getting ready! This is too awful! Oh, God, but wait, she’ll be in the gown and then he won’t show up and then she’s gonna have to take off the gown…
 ああ! 用意を始めさせるわけにはいかないわ! こんなのひどすぎる! ああ、神様・・でも、だめよ、彼女がドレスを着て、それでも彼が現れなかったら、彼女はドレスを脱ぐしかなくなって・・

Phoebe: Shhh! Stop it! Stop it, Rachel! You can’t do this here!
 シーッ! やめて、やめて、レイチェル! ここで動揺しちゃダメよ!(2人バスルームへ)

Rachel: I’m sorry. I’m sorry. It’s just…It’s just so sad!
 ごめんなさい。ごめんなさい。だって・・もう・・本当に哀しいわ!

Phoebe: Yeah, but you’ve got to pull yourself together! Monica can’t see you like this! Then she’ll know something’s wrong!
 ええ、でも、しっかりしてくれなくちゃ! モニカにあなたのそんな姿見せられないのよ。何かおかしいって気づいちゃうわよ!

Rachel: I know. I know. Oh, God. There’s no tissue! Can you grab me some toilet paper?
 そうよね。そうだわ。ああ、神様・・ティッシュがないわ! トイレットペーパー取ってくれる?

Phoebe: Yeah. Oh, that’s gone too. This is Monica’s bathroom, right?!
 ええ。あら、そっちもないわ。ここってモニカのバスルームよね?

Rachel: Oh!
 ああ!

Phoebe: No-no! I-I…I found one.
 あ、あっ! ひとつ見つけた。

Rachel: Okay.
 そう。。

(フィービーはゴミ箱からティッシュを拾って渡す)

Rachel: Oh, thank you! . . Oh, God! . . Can I have another one?
 ああ、ありがとう・・・ああ、神様(捨てて)もう一枚くれる?

Phoebe: Sure. Do you need some floss?
 ええ(ゴミ箱を探す)フロスほしい?

Rachel: Oh, God, I just cannot imagine what is gonna happen if Chandler doesn’t show up!
 ああ、どうしよう・・もしチャンドラーが現れなかったらいったいどうなっちゃうの?

Phoebe: Oh, here’s a whole bunch.
 ああ、ここにたくさんあった。

Rachel: Oh, I mean she’s gonna be at the wedding waiting for him and people will be whispering, "Oh, that poor girl." You know? Then she’ll have to come back here and live all alone.
 ああ、彼女はこれから結婚式に行って、彼を待って、みんなが囁き出すのよ。「ああ、かわいそうな子」って・・そしてここに戻って1人で暮らすのよ。

Phoebe: Oh, my God!
 オーマイゴッド!!

Rachel: What?
 何?

Phoebe: There was a pregnancy test in the garbage, and it’s positive. Monica’s pregnant. . So I guess she won’t be totally alone.
 ゴミ箱の中に妊娠検査薬があったわ。そして結果は陽性よ。モニカは妊娠してるのよ。・・それじゃ、完全に1人っきりでもないんだわね。

《次回に続く》

Joey: Next time on Friends..
 (ジョーイの声)次回のフレンズは・・

(ジョーイの部屋)
Rachel: We've gotta tell her.
 もう彼女に話すしかないわ!

Ross: No, we can't.
 いいや、ダメだ。

Rachel: She's gonna start getting ready soon.
 彼女もうすぐ用意を始めちゃうのよ。

Ross: Can't you at least stall her a little?
 少なくともちょっと彼女をとめておけないか?

(モニカ達の部屋)
Rachel: I'm never gonna married.
 私絶対結婚できないんだわ。

(撮影スタジオ)
The Director: We've just got one scene with you two, and God knows Ricard is a pro.
 君ら2人の1シーンだけだ。それにリチャードはプロだ。

Joey: Are you drunk?
 (リチャードに)酔ってるのか?

Richard: No!
 いいや!

Joey: Yes, you are!
 いいや、酔ってる!

Richard: Alright.
 まぁね。

(式場)
Monica: How's Chandler doing?
 チャンドラーは大丈夫?

Ross: Great.
 大丈夫。

Rachel: Where are you?
 (電話)どこにいるの?

Joey: I'm still on the set.
 まだ撮影セットにいるんだ。

(モニカ達のバスルームで)
Phoebe: This is turning into the worst wedding ever.
 これって史上最悪の結婚式になっちゃいそうだわ。


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:36| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。