2013年10月27日

7-22 The One With Chandler’s Dad

7-22 チャンドラーのパパの話

 ☆パパはキャスリーン・ターナー☆

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey!
 やぁ!

Monica: Hey!
 ハーイ。

Ross: Hey uh Mon, I saw the Porsche parked out front, can I get the keys? Thought I’d take that bad boy out for a little spin.
 なぁ、モン、ポルシェが前に駐車してあるよね。鍵借してくれる? あいつをちょっと転がしてきたいなと思ってさ。

Rachel: Wait a minute! You let Ross drive the Porsche and when I ask you, you say you’re the only one who’s allowed to drive it.
 ちょっと待って!(モニカに)あなた、ロスにポルシェ運転させるの? 私には、あれを運転できるのは自分だけだって言ってたじゃないの。

Monica: Yeah, well he’s my brother! And plus he drives so slow he could never hurt it.
 そうだけど、にいさんなのよ。それに、彼はすごいゆっくり運転だから、傷つくことないもの。

Ross: It’s a car, Monica! Not a rocket ship!
 あれは車なんだぞ、モニカ! ロケットじゃないんだ。

Monica: Whatever, Ross! Just replace the bulbs in the brake lights after you’re done.
 なんとでも言って、ロス。運転したら、ブレーキランプの電球変えておいてね。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 ヘイ!

Ross&Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Joey: Saw the Porsche out there Mon, lookin’ good. When do I get to take that baby out again?
 ポルシェが置いてあるな、モン。いいねぇ。今度はまたいつ、あの子貸してくれるの?

Rachel: You let Joey drive it?!
 ジョーイにも運転させたの?

Phoebe: I’ve never driven it! Okay? Not once! Okay, once. Okay, I drive it all the time.
 私は運転したことないわよ! 一度も! いえ、一回は。いいわよ、しょっちゅう運転してるわ。

Monica: Nice work, everybody! So much for the you know, "You can drive it, but don’t tell Rachel" plan!
 みんなさすがね! 「運転してもいいけど、レイチェルには内緒」のプラン通り!

Rachel: Wow! I can’t believe you lied to me.
 まぁ! 信じられない、私にウソをついてたなんて。

Phoebe: Okay, I can fix this! Okay, Monica, Rachel thinks all you can talk about is the wedding.
 いいわ、私に任せて! ね、モニカ、レイチェルは、あなたは結婚式のことしか考えられないと思ってたのよ。

Monica: Great! Well, Rachel, the reason why I won’t let you drive the Porsche is because you’re a terrible driver. There! That wasn’t about the wedding.
 結構ね! レイチェル、あなたにポルシェを運転させなかったのは、あなたの運転がひどいからよ。ほら! 結婚式以外のことよ。

Ross: Look, Rach, if-if you want to go for a ride in the Porsche, I’ll be glad to take you for a quick spin around the block.
 ねぇ、レイチ、ポルシェに乗りたいんだったら、僕、喜んで君を乗せてこの辺りを走るよ。

Joey: Yeah, you got a couple hours?
 ああ、2時間くらいあいてる?

《セントラルパーク:髪が立ったロスが来る》

Ross: Whew! That was a brisk ride!
 ヒュー! 気持ちいいドライブだったよ!

Rachel: Take the top down, did ya?
 ルーフを下ろしたのね?

Ross: Only way to fly.
 飛ぶといったらこれだよね。

(The Only way to fly = Western Airlinesのスローガン)

Rachel: Come on, Ross. Give me the keys! Monica does not know what she’s talking about! I am an excellent driver!
 ねぇったら、ロス! 鍵をちょうだい! モニカはわかってないのよ! 私は運転がうまいのよ。

Ross: You’re fast and irresponsible. That adds up to a bad driver.
 君はスピードを出すし、無責任だ。つまり、ひどいドライバーだ。

Rachel: Well, in High School, that added up to head cheerleader.
 高校では、それはつまり、チアリーダーのトップなのよ。

(近くを通りかかった女性がロスを見て微笑む)

Ross: Did you see the look that girl just gave me? Huh? She must’ve seen me cruising in the bad boy.
 あの子が俺を見たあの目、見ただろ? 僕があいつを運転したのを見てたんだな。

Rachel: I think she’s checking out your beehive, Ross.
 あなたのそのハチの巣を見てたのよ、ロス。

Ross: What?! . . Give-give me a brush.
 何だって?(頭に手をやる)ブラシ貸して!

Rachel: Give me the keys!
 鍵貸して!

Ross: No way!
 とんでもない!

Rachel: Well, no brush!
 じゃあブラシ貸さない。

Ross: Fine! You know what? It doesn’t matter, because, if I remember correctly, there is a comb on the floor of the bathroom.
 いいよ。貸してくれなくてもいいよ。記憶が確かなら、バスルームの床にクシが落ちてたから。(バスルームへ行く)

(ロスの持ち物からキーを見つけ出し、ついでにお金も見つけて取る。不審な目で女性に見られる)

Rachel: Alimony.
 (女性に)扶養料なの。

《モニカ達の部屋》

Monica: Chandler, we still haven’t gotten an RSVP from your dad.
 チャンドラー、あなたのおとうさんからの出欠の返事がまだなのよ。

(RSVP = (仏)Répondez s'il vous plaît「ご返事願います」)

Chandler: Oh! Right. Umm, maybe that’s because I didn’t send him an invitation.
 ああ、それね。招待状を送ってないからかもな。

Monica: Chandler! He’s your father; he should be at the wedding.
 チャンドラー! あなたのおとうさんなのよ。結婚式には来てもらわなきゃ。

Chandler: I don’t even know the man. Okay? We’re not that close. I haven’t seen him in years.
 父のことはわからないんだよ。親しくない。何年も会ってないんだ。

Monica: What are you gonna do when he finds out he wasn’t even asked?!
 招待さえされてなかったって知られた時、あなた、どうする気なの?

Chandler: He doesn’t have to know! It’s not like we run in the same circles. I hang out with you guys, and he stars in a drag show in Vegas.
 彼が知るなんてことないよ。住む世界が違うみたいな感じだよ。俺は君たちと一緒の世界、彼は・・べガスでゲイ・ショーの主役をはってるんだ。

Phoebe: Ooh, I think I wanna trade circles.
 ああ、住む世界交換してみたいかも。

Chandler: Trust me, you don’t want him there either. Okay? Nobody is gonna be staring at the bride when the father of the groom is wearing a back-less dress.
 ほんと、君だって、いてもらいたくないはずだよ。新郎の父親が背中のあいたドレスを着てたら、誰も花嫁見ないぞ。

Monica: So what! As long as he’s not wearing a white dress and a veil I don’t care.
 それが何? 白いドレスを着てベールをつけてない限り、気にしないわ。

Phoebe: Okay, I think I need to do some shopping.
 あーっと、私、買い物に行かなくっちゃ。(出て行く)

《ポルシェに乗り込むレイチェル》

Rachel: Ahhh! Ooh, nice!
 ああ! (座り)ウー! ナーイス!

(突然ロスが、ボンネットに体を投げるように飛び乗ってくる)

Rachel: My God!
 ああ、びっくりした!

Ross: What do you think you’re doing?!
 (フロントガラス越しに)いったい何をするつもりなんだ?!

Rachel: Just washing the windshield.
 ワイパーかけようかなーって。(突然ワイパーが動いて慌てるロス)

Ross: There is no way I am letting you drive this car! So why don’t you just hand over the keys?
 僕がこの車を運転させると思ったら大間違いだぞ! いいから早く鍵を返して。

Rachel: Oh.
 あらら。(キーをさす)

Ross: No, ah-ah-ah! Do not start this car! . . . Okay! Okay! I will give you twenty bucks if you get out of this car right now. . Hey!
 ダメだ! あっあっあっ! エンジンかけちゃダメだぞ!(エンジンをかけるレイチェル)よし! よし! もしエンジンを切ってくれたら、20ドルあげるから・・(お金がないことに気づく)おい!

Rachel: Look, Ross, if you’re so freaked out, just get in the car!
 ねぇ、ロス、そんなに心配だったら、車に乗ればいいじゃないの。

Ross: With you?! Yeah, right!
 君と? ああ、いいね!(乗らない)

Rachel: All right.
 わかったわ。(走り出す)

Ross: Okay! Okay! Okay!
 わかった! わかった! わかった!(後部座席に乗る)

Rachel: What are you doing?! Get in the front!
 何してるのよ? 前に来なさいよ!

Ross: In the death seat?!!
 死の席にか?!

Rachel: Oh!
 もう!(走り出す)

《セントラルパーク》

Jake: Hey, guys!
 やぁ、どうも!

Joey: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Hey, sweetie!
 あら、あなた!

Jake: Ready to go?
 もう行ける?

Phoebe: Yeah! Sure! Ooh, I left my purse up at Monica’s. I’ll be right back.
 ええ! だけど、バッグをモニカのところに置いてきちゃった。すぐ戻るわ。

Jake: Wait a minute!
 ちょっと待って?

Phoebe: What? . . . Oh. . Ooh. . Whoa! That one kept going.
 何?(キス) おお・・うう! ウワオ! このキス後を引くわね。(出て行く)

Joey: So! You and Phoebe, huh? How long have you been going out?
 君とフィービー、いいね。つきあってどれくらいになる?

Jake: Over a month.
 1ヶ月ちょっと。

Joey: Wow! Maybe uh, maybe you and I ought to get to know each other a little better.
 そうなんだ! 俺たち、ちょっとお互い知り合った方がいいんじゃないかな。

Jake: Sure, I’d like that.
 ああ、それはいいね。

Joey: So uh, what’s your name?
 それで、名前は?

Jake: It's Jake.
 ジェイクだよ。

Joey: Joey. . Hey, Jake, do you like the Knicks?
 ジョーイだ(握手)なぁ、ジェイク、ニックスは好き?

Jake: Yeah, big fan.
 ああ、すごいファンだよ。

Joey: Me too! There’s a game on Tuesday, do you wanna go?
 俺もだよ! 今度の火曜日にゲームがあるけど、見に行く?

Jake: Yeah, that would be great! Let me make sure I’m not doing anything Tuesday.
 ああ、それはいいな! 火曜日の予定を確認してみるよ。(床に置いたバッグの中を見るとき、レースの下着を履いているのが見える)

《モニカ達の部屋:モニカが寝室から出てくる》

Monica: Here!
 はい!(旅行カバンをチャンドラーの前に置く)

Chandler: What’s this?
 これ何?

Monica: It’s your suitcase. We’re going to Las Vegas.
 あなたのスーツケース。ラスベガスに行くのよ。

Chandler: Are you serious?! I mean like eloping?! No more stupid wedding stuff?! No more these flowers or these flowers or these flowers−Think of the money we’ll save!! . . We’re not eloping. I love the flowers. Can our wedding be bigger, please?
 本気で言ってる? 駆け落ちするの? もうバカげた結婚式なし? あの花にするこの花にするその花にするっていうのはもうなし? どんだけ節約になるか! ・・・駆け落ちじゃないよね。俺は花が大好き。もっと結婚式盛大にしようよ。

Monica: We’re going to Las Vegas to see your dad. It’s time you two talked, and I want to get to know my father-in-law.
 ラスベガスへ、あなたのおとうさんに会いに行くの。もう話してもいい頃よ。それに私も義理のおとうさんとお知り合いになりたいもの。

Chandler: When we went over this, I won!
 その話は前にしたろ。それで俺が説得したのに。

Monica: No, you didn’t. Oh and honey, just so you know, now that you’re marrying me, you don’t get to win anymore.
 いいえ、できてません。ねぇ、言っておくけど、あなたこれから私と結婚するんだから、あなたの思い通りになることなんて、もう、ないから。

Chandler: Look, forget it, okay? I don’t want to go. I don’t want to see him. I don’t wanna.
 なぁ、やめようよ、な? 行きたくない。会いたくないんだ。イヤなんだ。

Monica: Chandler, look, I-I know that your dad embarrassed you. I know…
 チャンドラー、ねぇ、おとうさんが恥ずかしかったっていうのはわかってるわ。私・・

Chandler: No-no, all kids are embarrassed by their parents, you’d have to come up with a whole new word for what I went through. When I was in High School, he used to come to all of my swim meets dressed as a different Hollywood starlet. You know it’s hard enough to be fourteen. You’re skinny. You’re wearing speedos−That your mom promised that you would grow into! And you look up into the stands and there’s your dad cheering you on dressed as Carmen Miranda. He was wearing a headdress with real fruit that he will later hand out to your friends as a healthy snack!
 いいや。誰でも親には恥ずかしい思いをすることはあるよ。俺の経験を語るには、完全に新しい言葉が要るんだ。高校の時、水泳競技会のたびに、違ったハリウッドの若いスターの格好でやってきたんだ。14歳の頃なんて恥ずかしいことだらけだ。痩せっぽちなのに、母親にそのうち合うようになるなんて言われて、スピードなんか着てさ。そして観覧席を見ると、父親がカルメン・ミランダの格好で応援してるんだ。本物のフルーツで飾った帽子を被って、後で、健康にいいとか言いながらみんなに配るんだぞ。

d0081024_18315761.jpg(Carmen Miranda)

Monica: Hey, the point is that he was at every one of your swim meets and he was there cheering you on! Okay? That’s a, that’s a pretty great dad.
 ねぇ、大事なのは、競技会のたびに応援に来てくれたってことじゃないの、ね? すごい素敵なおとうさんじゃない。

Chandler: He had sex with Mr. Garibaldi!
 彼はミスター・ギャラバルディとセックスしたんだぞ。

Monica: Who’s Mr. Garibaldi?
 ミスター・ギャラバルディって誰?

Chandler: Does it matter?!
 そこ重要?!

Monica: Chandler, you’re not fourteen anymore. Okay? Maybe it’s time that you let that stuff go. If your father’s not at your wedding…you’re gonna regret it for the rest of your life.
 チャンドラー、もう14歳じゃないのよ。ね? もうそういうのにこだわるのはやめてもいい頃よ。おとうさんに結婚式に来てもらわなかったら、あなた、今後ずっと後悔するわよ。

Chandler: Yeah, o-okay, but I’m just doing this for you.
 ああ・・わかったよ。だけど、君のためにやるんだからな。

Monica: Yes!
 やった!

Chandler: So I really never get to win anymore?
 ところで本当に俺の思い通りになることってないの?

Monica: How much did you ever really win before?
 今までに思い通りになったことある?

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Pheebs!
 フィーブス!

Phoebe: Hey!
 あら!

Joey: Listen, you know how uh, when you’re wearing pants and you lean forward I check out your underwear?
 なぁ、ズボンをはいてる人が前屈みになった時、俺が下着をチェックするの知ってるよな?

Phoebe: Yeah!
 ええ!

Joey: Well, when Jake did it I saw that…he was wearing women’s underwear!
 ジェイクが前屈みになった時、女物の下着をはいてるのが見えたんだ!

Phoebe: I know. They were mine.
 そうよ。あれは私の。

Joey: Oh. . . No! No, wait, that’s weird!
 そうか。・・いや、いや、待てよ、変だよ!

Phoebe: No, it’s not! We were just goofing around and I dared him to try them on.
 うん、そんなことないわよ。ただふざけて、私が彼に着てみろって言ったの。

Joey: That’s weird!
 変だよ!

Phoebe: I’m wearing his briefs right now.
 私も彼のブリーフを今はいてるわよ。

Joey: That’s…kinda hot.
 それはなんか・・セクシーじゃん。

Phoebe: I think so too. And that little flap? Great for holding my lipstick.
 そうでしょ。あの前の合わせのとこあるじゃん? 口紅入れとくのにいいわね。

Joey: Yeah, I wouldn’t know about that.
 ああ・・それは知らなかったな。

Phoebe: And! You know what Jake says? That women’s underwear is actually more comfortable. And he loves the way the silk feels against his skin.
 それにね! ジェイクが言ってたんだけど、女性の下着の方が着心地がいいって。それに、シルクの肌触りが気に入ってるのよ。

Joey: Yeah, well, next thing you know, he’ll be telling you that your high heels are good for his posture!
 そうか。気がついたら、ハイヒールは姿勢にいいとか言いだすぞ。

Phoebe: There is nothing wrong with Jake! Okay? He is all man! I’m thinking even more than you.
 ジェイクは何も問題ないわよ。彼は男らしいのよ。あなたより男らしいんじゃないかと思うわ。

Joey: Oh, yeah, he looked like a real lumberjack in those pink lacies.
 ああ、そうだよな、やつはあのピンクのレースの履いて、木こりみたいに男らしいよな。

Phoebe: I’m just saying that only a man completely secure with his masculinity could walk around in women’s underwear! I don’t think you could ever do that.
 私が言ってるのは、男らしさに完全に自信のある人だけが、女性の下着を着られるってことよ。あなたにはできないでしょうね。

Joey: Hey! I am secure with my masculinity.
 おい! 俺は自分の男らしさに自信があるぞ。

Phoebe: Okay, whatever.
 ああ、はいはい。

Joey: You’ve seen my huge stack of porn, right?
 俺の山積みのポルノ見たことあるよな?

《レイチェル運転のポルシェ:ロスは助手席》

Rachel: God. I forgot how much I love driving. I have got to get my license renewed.
 ああ、私運転が好きだってことを忘れてたわ。免許証更新しなくっちゃ。

Ross: You don’t have a valid driver’s license−Okay, that is it! Pull over right now!
 君、免許証失効してるのか! よし、もういい! 今すぐ車を止めるんだ!

Rachel: Oh, Ross, you’re so tense! You just gotta relax, okay? Just need to relax, all right? Just need to relax…
 もう、ロスったら。あなたって本当に堅苦しいんだから。リラックスしてよ、ね? リラックスするのよ。いい? リラーックス・・(両手をハンドルから離す)

Ross: What-what are you doing?! Are you−Okay, that’s not funny! Just stop horsing around!
 なな・何をしてるんだ?! 君は・・いいか、笑い事じゃないぞ! もうふざけるのはやめるんだ!

Rachel: I am not horsing around, okay? I am Porsche-ing around.
 ふざけてなんかいないわよ。私はポルシェってるだけ。

(パトカーのサイレンがなる)

Rachel: Uh-oh.
 あら、やだ。

Ross: Okay, stay calm. Nothing is going to happen to you, you are not in that much trouble.
 よし、落ち着くんだ。何も悪いことはおきない。そんなにひどいことにはならない。

Rachel: Really? You think so?
 本当? そう思う?

Ross: I was talking to myself! You’re going down!
 自分自身に言ってたの! 君はもうオシマイだよ!

《ジョーイの部屋:バスルームから出てきたジョーイが、レイチェルの下着の一つを選んで自室へ戻る》

《ラスベガスの4 Queens bar:チャンドラーとモニカが席でショーを待っている》

A Waiter in Drag: Has someone taken your order yet?
 もう注文はお済みかしらっ?

Monica: Uh oh yeah, she did. Uh, he did. . She? .. I’m-I’m sorry I’m new. I don’t…
 ああ・・ええ、彼女に。いえ、彼に。(チャンドラーに)彼女? (ウェイターに)ごめんなさい。こういうとこ初めてで私・・

Waiter in Drag: Hm-mmm?
 そう?

Chandler: Yeah, I just ordered a beer!
 ああ、俺はビールを頼んだぞ!(テーブルを叩く)

Waiter in Drag: You’re straight. I get it.
 ストレートね、わかったわよ。

Monica: I still say that if we had called your dad we could have gotten better seats.
 あなたのお父さんに電話すれば、もっといい席に着けるんでしょうに。

Chandler: No! No! I don’t want him to know we’re here yet! I’m not sure I’m ready for that. And besides, he’s not gonna be too happy to see me either.
 イヤイヤ! 俺たちがここに来てるってこと、まだ知られたくないんだ。まだ心の準備ができてないんだよ。それに、俺に会ってもそう喜ばないと思うし。

Monica: Why not?!
 どうして?

Chandler: I don’t know if I’ve told you this, but he’s kinda tried to get in contact with me a lot over the last few years.
 君には言ってなかったかもしれないけど、彼はこの数年、俺と何度も連絡をとろうとしてたんだ。

Monica: What?!
 なんですって?

Chandler: Yeah, he’s made phone calls, written letters, he even came to New York, but I always said I was too busy to see him. It’s all very "Cats in the Cradle." I don’t want to get into it. . . Here we go.
 ああ。電話をかけてきたり、手紙を送ってきたり、ニューヨークまで来たりもしたんだ。でも俺はいつも忙しいとか言ってきた。"Cats in the Cradle"みたいな、ああはなりたくないなみたいな・・・(ショーが)始まった。

(Cats in the Cradle = ずっと忙しいと言って息子の相手をしてこなかった父、息子はそれでも、大きくなったらパパみたいになると言い続けていた。やがて、独り立ちした息子を訪ねようとしたが、忙しいと断られた。確かに自分のように育った・・みたいな歌)



Announcer: Ladies and gentlemen, please welcome the incomparable Helena Handbasket!
 レディース&ジェントルマン! 歓迎をお願いします、類い稀なる、ヘレナ・ハンドバスケット!

(舞台に登場するのはキャスリーン・ターナー)

Helena: Hello, darlings.
 ハーイ。みなさん。

Chandler: And there’s daddy!
 あれが俺のおやじ!

《警官にとめられたポルシェの2人》

Rachel: Okay. Switch places with me! Switch places with me! Come on! I’ll go under, you go over!
 ねぇ、場所代わって! 場所代わって! お願いよ! 私下から行くから、あなた上から来て。

Ross: Yeah, I’ll get right on that.
 ああ、それはいいね。

Rachel: Oh, come on, Ross!!
 もう、早く、ロス!(ロスの足を持ち上げて無理矢理移動しようとする)

Ross: No, Rach! Come on! No-no! Yeah, I’m sure we won’t get arrested for this.
 ダメだよ、レイチ、ほら! ダメダメ! これで逮捕されるんじゃないか。

(警官が来る。セクシーになるレイチェル)
Rachel: Hi, officer, was I going a little too fast?
 あら、おまわりさん。私ったら、速過ぎたかしら?

Ross: Oh, my God.
 オーマイゴッド。。

Policeman: Can I see your license, please?
 免許証見えてもらえますか?

Rachel: Oh, yes, absolutely! You know, it’s weird uh, but I had a dream last night that I was stopped by a policeman. And then he uh…well I probably shouldn’t tell you the rest.
 ああ、はい、もちろん! ねぇ、変なんだけど、昨日、おまわりさんにとめられる夢を見たのよね。それから彼は・・ま、この先は話すのやめておくわ。

Policeman: Your license?
 免許証は?

Rachel: Yes. Here you go, Officer uh, Handsome.
 はい。(渡す)どうぞ。お名前は・・ハンサムさんかしら。

Policeman: That’s Hanson.
 ハンソンです。

Rachel: Oops sorry, my mistake.
 あら、ごめんなさい。私の間違いね。

Ross: Dear Lord!!
 なんてことを!

Policeman: Wow!
 ワオ!

Ross: Here it comes.
 ほら来たぞ。

Policeman: This is a great picture.
 この写真は素敵だな!

Rachel: Really?! You think so? You know, I had just rolled right out of bed.
 そう? そう思う? そんなの、寝起きの写真よ。

Policeman: Yeah? You look phenomenal.
 そう? 君すごく素敵だよ。

Ross: Well, she should, it was taken ten years ago!
 そりゃそうだよ、10年前の写真なんだから!

Rachel: You know, you’re probably wondering about the old date on there.
 ねぇ、その古い日付を気にしてらっしゃるのかしら。

Policeman: Yes, I am.
 そうだよ。

Rachel: Yeah.
 そうなの。

Policeman: You’re an Aquarius, huh?
 君は水瓶座なんだね?

Rachel: I bet you’re a Gemini.
 あなたはきっと双子座ね。

Policeman: Nope.
 いいや。

Rachel: Taurus?
 牡牛座?

Policeman: Nope.
 いいや。

Rachel: Virgo?
 乙女座?

Policeman: Nope.
 いいや。

Rachel: Sagittarius?
 射手座?

Policeman: Yep.
 そう。

Rachel: I knew it! I knew it, ahh….
 やっぱりね! やっぱりだわ。ああ・・。

Policeman: Well, I tell you what…
 いいですか・・

Rachel: Yeah?
 はい?

Policeman: You’re not gonna speed anymore, right?
 今後はもうスピード違反しませんね?

Rachel: I won’t speed.
 しません。

Policeman: And you promise you’ll get this taken care of right away?
 それと、免許証の件はすぐきちんとするって約束しますね?

Rachel: I promise.
 約束する。

Policeman: And in the meantime you better let him drive. Does he have a license?
 それと同時に、彼に運転させた方がいいから。彼は免許証ある?

Rachel: Yeah!
 ええ。

Policeman: Can he handle the stick?
 彼、マニュアル操作できる?

Rachel: Oh, well…
 ああ、まぁ・・

Ross: I can handle the stick!!
 できます!

《4 Queens Club:ヘレナが歌っている》

Helena: I feel pretty. Oh so pretty. I feel pretty and witty and…
 私可愛いでしょう、とっても可愛いでしょう。私可愛いくて、賢くて・・そして(マイクを客席に)

All: Gay!
 (マイクを向けられ)ゲイ!

Monica: That can’t be your father.
 彼があなたのおとうさんだなんてありえない。

Chandler: Believe me, I’ve been saying that for years. . . Oh, my God!
 俺も長年そう言い続けてきたよ・・うわ、なんてことだ!

Monica: What?
 なに?

Chandler: That’s Mr. Garibaldi playing the piano.
 あのピアノを弾いてるのは、ミスター・ギャラバルディだ。

Helena: For I’m loved by a pretty wonderful boy! . . . Hello! And welcome to the show. I see some of our regulars in the audience. And a couple of irregulars.
 (歌)だってかわいい素敵な彼に愛されたから!(拍手)ありがとう! そしてようこそショーに! 普段通りのお客様と・・中には普通じゃないお客様もいらっしゃてるわね。

Chandler: He’s coming into the audience. He’s coming into the audience.
 彼は観客達の中へ入ってくるぞ。観客達の間へ歩いて来る。

Monica: Relax! You’ll be fine. . . Oh much better. You’re invisible now.
 落ち着いて! 大丈夫よ(テーブルのライトを消すチャンドラー)ああ、いいわね。これでもうあなた見えないわよ。

Helena: Where are you from?
 (男性客に)どこから来たの?

Guy: Bakersfield.
 ベイカーズフィールド。

Helena: I’m sorry?
 ごめんなさい?

Guy: Bakersfield!
 ベイカーズフィールド。

Helena: No-no, I heard! I’m just sorry.
 いえいえ、聞こえてたわよ。聞いてごめんなさいって言ったの。

Chandler: It can’t happen like this. Okay? I’ll meet you back at the hotel.
 こんなふうに起きるのはダメだよ。な? ホテルの裏で会おう(出て行こうと立ち上がる)

Helena: Oh, look, a standing ovation already! So early in the show. Oh, turn around honey; let me see your pretty face.
 (チャンドラーを後ろから見て)あら、見て。もうスタンディングオベーション? すごく早いわね。ねぇ、こっちを向いて、かわいい顔を見せて。(ゆっくり振り返るチャンドラー。驚くパパ)

Monica: Can we have our drinks, please?! Waiter…uh, tress!
 私たちに飲み物貰えるかしら? お願い、ウェイター・・トレス・・!

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Hey, Pheebs!
 やぁ、フィーブス!

Phoebe: Hey!
 あら!

Joey: Check it out. . . Huh? How much of a man am I?!
 これ見てよ。(ウェスト端を下ろして女性下着を見せる)な? 男らしいだろ?

Phoebe: Wow! Nice! Manly and also kind of a slut.
 ワオ! 素敵じゃない! 男らしいし、それにあばずれっぽくて。

Joey: You know, I’m beginning to see what Jake was talking about.
 ジェイクの言ってる意味がわかってきたよ。

Phoebe: Uh-huh.
 あらそう。

Joey: The silk? Feels really good!
 シルクだけど、本当に気持ちいいよな。

Phoebe: Huh.
 うん。

Joey: Yeah! And-and things aren’t as…smashed down as I thought they were gonna be.
 ああ! それに想像していたほど、つぶされる感じじゃないんだな。

Phoebe: That’s great, Joe!
 いいわね、ジョー!

Joey: Yeah! And you have so many more choices than you do with men’s underwear!
 ああ! それに、男の下着よりうんといろんな種類から選べるしな。

Phoebe: Uh-huh.
 そうよね。

Joey: Bikini, French cut, thong! And-and the fabrics! You’ve got cotton, silk, lace! And you know what I’ve always wondered about?
 ビキニだろ、フレンチカット、Tバッグだろ! それに素材も! コットン、シルク、レース! それにいつも不思議に思ってたのは何だと思う?

Phoebe: Hmm?
 なに?

Joey: Pantyhose! You know? The way they start at your toe and go all the way up to here… … I should go take these off, shouldn’t I?
 ストッキングだよ! あのつま先からずーっとここまで伸びる感じが・・(履くジェスチャーをしていたが)これ脱ぐべきだよな?

Phoebe: I think it’s important that you do.
 脱がなきゃ大変だと思うな。(脱ぎに行く)

《4 Queens Club:続き》

Helena: So what’s your name?
 それで・・お名前は?

Chandler: Chandler.
 チャンドラー。(モニカの隣に座る)

Helena: Chandler? What an unusual name! You must’ve had terribly fascinating parents.
 チャンドラー? なんとも変わった名前ね! きっと魅力的なご両親なんでしょうね。

Chandler: Oh, they’re a hoot.
 ああ、おかしな人達だよ。

Helena: And who is your friend?
 こちらのお友達は?

Monica: I’m-I’m Monica.
 私はモニカ。

Helena: Monica! Where are you from?
 モニカ! どちらからいらしたの?

Monica: New York.
 ニューヨーク。

Helena: I’m not very fond of New York. Queens, I like. . . Ooh, what is this sparkle something, honey, huh?
 ニューヨークはあんまり好きじゃないわね。クイーンズよ、好きなのは。(指輪を見て、その手を持ち上げ)おお! このきらめくものは何なの? ほら?

Chandler: Actually Monica and I are engaged.
 実は俺、モニカと婚約したんだ。

Helena: Really? Congratulations. When’s the big day?
 本当に? おめでとう! お式はいつなの?

Monica: In…in two weeks.
 2週間後です。

Helena: I see. Well, I wish you both a lifetime of happiness. . . So you’re bald?
 そうなの。そう。永遠の幸せを祈るわよ。・・(他の男性客に近づき)それで、あなたはハゲ?

Chandler: Wait! Wait! We’d really love it if you could be there.
 待って、待って! 来てもらえたら、俺たち本当にうれしいんだけど。

Helena: Really?
 本当?(モニカが頷く)

Chandler: I know it would make me happy, ma’am.
 来てもらえたら幸せに思うよ、ママ。

Helena: Well, I wouldn’t miss it for the world. Oh! I’m getting all misty here! You’d think I was having my legs waxed or something.
 何に代えても行くわよ。ああ! なんか湿っぽくなっちゃったわ。脚のワックス脱毛したわけじゃないわよ。(舞台に戻る)

Monica: You okay?
 (チャンドラーに)大丈夫?

Chandler: Yeah. Thanks for making me do this.
 ああ。来させてくれてありがとう。

Helena: Before we go on with the show, I just want to say to the bride and groom how lucky they are to have found each other. In every life, a little rain must fall. Fortunately, in my life… It’s raining men!
 ショーを続ける前に、あちらの新婦と新郎のために、互いに出会えた幸せにお祝いを言いたいわ。誰の人生にも、雨が降ることはある。幸い、私の人生には・・(長靴にショートパンツ、傘を持ったダンサー達が登場、歌い出す)男が降ってくる!

The Chorus Line: Hallelujah!
 ハレルヤ!

Helena: It’s raining men!
 男が降ってくる!

The Chorus Line: Amen!
 アーメン

Chandler: When I was growing up I…played the one on the far left.
 俺も昔は、一番左で踊ってたよ。

《ロスが運転するポルシェ》

Rachel: You know what? Remind me to introduce you to someone!
 ねぇ、何か紹介したいのを思い出したんだけど!

Ross: Who?
 誰を?

Rachel: Fourth gear!!
 4速ギア!

(パトカーにとめられる)

Ross: What?! What does he want?! I wasn’t doing anything!
 なに? 何がいけないっていうんだ? 何もしてないじゃないか!

Rachel: Well, maybe he saw your hand slip briefly from the ten and two o’clock position.
 もしかしたら、10時10分の位置から手が一瞬ずれたのを見られたのかもよ。

Ross: Maybe it’s, uh Sergeant Sagittarius coming back to flirt some more!
 射手座の彼がまたいちゃいちゃしに来たのかもな!

Rachel: It’s a different guy!
 違う人よ!

Ross: Good evening, officer.
 (警官に)こんばんは、おまわりさん。

Policeman: Do you know how fast you were traveling back there?
 君、今走ってたスピード、自分でわかってるのか?

Ross: Ah, no. I don’t, but it could not have been more than sixty.
 あ、いや。わからないけど60マイル(96.5km/h)以上は出てなかったと思いますよ。

Policeman: You’re right. It was 37.
 その通り。37マイルだ。(59.5km/h)

Ross: I mean you’re not gonna give me a ticket for driving too slow, are you?
 まさか、ゆっくり走ったからって違反キップ切ったりしませんよね。

Policeman: That’s right.
 切る。

Ross: You know, officer, uh…I had the weirdest dream last night…
 おまわりさん、昨日、すごくおかしな夢を見たんですよね。

Rachel: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Policeman: Your license, please.
 免許証見せて。

Ross: You don’t-you don’t want to hear about my dream, Officer…Pretty?
 ・・夢の話、聞きたくないのかな、お名前は、プリティさん?

Policeman: It’s Petty. . . I’ll be right back with your ticket.
 ペティだ。(免許証を受け取り)チケットを持ってすぐ来るから(パトカーへ)

Rachel: . . You have a son!
 ・・あなた、息子がいるのよ!

Ross: I know. I know.
 わかってる、わかってるよ。

《セントラルパーク:ジョーイが下着を脱いで戻ってくる》

Phoebe: Feel better?
 気分よくなった?

Joey: Yeah! Much! Listen uh, not that I’m insecure about my manhood or anything, you know, but I think I need to hook up with a woman like right now.
 ああ。うんとね。なぁ、自分の男っぷりに自信がなくなったとかいうんじゃないけど、今すぐにでも女の子探してこないと気がすまない感じでさ。

Phoebe: Yeah, I understand.
 ええ、わかるわ。

Joey: Yeah! Okay! . . . Hey! Hi!
 ああ、じゃあ!(店内にいた女性客に近寄る)やぁ、どうも!

Woman: Hi!
 ハーイ。

Joey: You know, you look familiar. Do I know you from somewhere?
 ねぇ、君なんか見たことがある気がするな。どこかで会ったっけ?

Woman: I don’t think so.
 知らないわ。

Joey: Oh! Maybe it’s because I’m on television. I’m an actor on Days of Our Lives.
 ああ! じゃあ僕がテレビに出ているからかな。「愛の病院日誌」に出ているんだ。

Woman: Wow!
 ワオ!

Joey: Yeah.
 ああ。

Woman: Really?!
 本当に?!

Joey: Hm-mmm.
 そう。

Waitress: $4.50 please.
 4ドル50お願いします。

Joey: Oh, let me get this. . . . These are for you.
 ああ、僕が払うよ。(お金を出そうとして、赤い下着も一緒に出してしまう)・・これ、君に。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:48| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。