2013年10月26日

7-21 The One With The Vows

7-21 誓いの言葉の話

 ☆思い出は美しすぎて?!☆

《モニカ達の部屋》

Monica: Do you realize that four weeks from today we’re getting married? Four weeks, baby. Four weeks!
 気がついてる? 4週間後の今日、私達結婚するのよ。4週間よ、ベイビー! 4週間!

Chandler: Do you realize you get louder each week?
 気がついてる? 1週間ごとに声が大きくなってるよ。

Monica: There’s still so much to do. Have you written your vows yet?
 まだすることがいっぱいあるわ。あなた誓いの言葉書いた?

Chandler: I figured I’d buy those. "Pat, I’d like to buy a vow."
 買えばいいと思ってさ。「パット、誓いの言葉ひとつちょうだい」

Monica: Sweetie, you know I have no sense of humor when it comes to the wedding.
 あなた、ウェディングに関しては私に冗談は通じないわよ。

Chandler: Right. So uh, have you written yours yet?
 わかったよ。それじゃ、君はもう書いた?

Monica: No! But I know exactly what I’m going to say.
 まだよ。でも、何を言うかははっきりわかってるわ。

Chandler: Do you happen to know exactly what I’m gonna say?
 俺がいう言葉もはっきりわかってたりしない?

Monica: Let’s just do it right now. Okay? It won’t be hard. Just say what’s in your heart.
 今から始めましょうよ。ね? そんな難しいことじゃないわ。心のままに書けばいいのよ。

Chandler: Look at her go! She must love me more than I love her! What’s wrong with me? Ooh, don’t open that door.
 (心の声)彼女を見ろ、すらすら書いてるぞ! 俺の愛より彼女の愛が強いんだ。・・俺どうしちゃったんだ? うー、そのドアは開けるな。

《ジョーイの部屋:チャンドラーが誓いの言葉を考えている》

Chandler: Monica, there are no words… There are no words! This should not be this hard!
 (書きながら)「モニカ、言葉もないよ」・・・言葉がないよ! こんなに難しいものじゃないだろ!

Joey: All right, uh… (To Ross) Oh, hey, you’ve done this before Ross. Well. what did you say when you made up your vows?
 よし、えー・・(ロスに)あ、そうだ、前に書いたことあるだろ、ロス。前の時は誓いの言葉なんて書いたんだ?

Ross: Well, with Carol, I promised never to love another woman until the day I die. She made no such promise.
 キャロルとの時は、死ぬまで他の女性を愛さないって約束をしたんだ。彼女はそんな約束しなかったな。

Chandler: I’m so pathetic! Monica knows what she wants to say! You should’ve seen her. Writing, writing, writing!
 もう俺ミジメ! モニカは何を書きたいかわかってるのに! 彼女を見ろよ、書いて書いて書きまくってるんだ!

《モニカの部屋:フィービーとレイチェルが来る》

Rachel: Monica, what?
 モニカ、なに?

Phoebe: What?!
 なに?

Rachel: What is the emergency?!
 緊急の用って何?

Monica: You have to help me! I’m supposed to be writing my vows and all I have is this!
 助けて! 誓いの言葉を書かなきゃならないのに、かけたのはこれだけなの!(見せる)

Rachel: Well, I like the pretty little drawing of you in the wedding dress.
 あら、ウェディングドレスを着たあなたね、いいじゃない。

Monica: Thank you.
 ありがと。

Phoebe: Yeah, except your breasts look kinda small.
 そうね。だけど、その胸はちょっと小さいわよ。

Monica: Those are my eyes! Those are my breasts.
 それは私の目よ。こっちが胸よ。

Phoebe: Oh! Yeah!
 ああ、そう。

《チャンドラー達》

Ross: Well, why don’t you just start with something simple. Like umm, Monica, from the moment I met you, I knew I loved you.
 シンプルに始めればいいんだよ。たとえば、モニカ、初めて会った時から、君を愛していた。

Chandler: Yeah, I’m not sure I can do that.
 ああ、それはどうかな。

【5-8 The One With The Thanksgivingの思い出】

Ross: Everyone, this is Chandler!
 みんな、チャンドラーだよ。

Fat Monica: Hi, I'm Ross's little sister.
 ハーイ、ロスの妹よ。

Chandler: Okay.
 ・・オーケー。

《モニカ達》

Rachel: Okay. Okay. Okay. Umm, maybe you could start with, "Chandler, even though we were friends; there was a part of me that always knew I wanted more."
 そうよ、そう、そうだわ。こんなふうに始めたらどうかしら。「チャンドラー、友達だったときから、心のどこかで、私はもっと求めていた」

【4-1 The One With The Jellyfishの思い出】

Chandler: All right, there’s a nuclear holocaust, I’m the last man on Earth. Would you go out with me?
 そうだ、核爆発があって、俺が地球に生き残った最後の男だ。デートする?

Monica: Ennnh.
 なーっ。

《モニカ達》

Monica: Ooh, are we allowed to lie in the vows?!
 ああ! 誓いの言葉でウソをついてもいいの?

Phoebe: Well, maybe you don’t talk about your feelings back then. Maybe you just say something about, you know, all the things that he’s taught you. Like… ...Or all the things you taught him.
 その頃の気持ちについて書かなくてもいいんじゃないの。何かほら、彼があなたに教えてくれたことを話すとか・・例えば・・(全員で考えるが浮かばない)・・それか、あなたが教えたいろんなことについてとか。

【4-11 The One With Phoebe's Uterusの思い出】

Monica: Now everybody knows the basic erogenous zones. . . You got one, two three, four, five, six, and seven!
 さ、誰でも基本的な性感帯は知ってるわよね。1、2、3、4、5、6、7!

Chandler: There are seven?! That’s one?
 7つもあるの? これが?

Monica: Kind of an important one!
 それは大事なとこよ!

Chandler: Oh, you know-you know what, I was looking at it upside down.
 あ、いや、俺さかさに見てたよ。

Rachel: Well, you know, sometimes that helps.
 時にはそれもいいわよ。

Monica: All right. Umm, you could uh start out with a little 1, a 2, a 1-2-3, 3, 5, a 4, a 3-2, 2, a 2-4-6, 2-4-6, 4, 2, 2, 4-7, 5-7, 6-7, 7 …7…7…7-7-7-7-7-7-7-7-7-7-7-7…(mouths 7)!
 いい? まず最初に少し1, そして 2, それから 1-2-3, 3, 5, 4, 3-2, 2, 2-4-6, 2-4-6, 4, 2, 2, 4-7, 5-7, 6-7, 7, …7..…7…7-7-7-7-7-7…(声に出さず 7)!

《チャンドラー達》

Joey: Oh, I got it! How about saying something like, "Monica…
 おお、わかったぞ! こういうのはどうだ。「モニカ・・」

Chandler: Monica…
 (書く)モニカ・・

Joey: "…when I look back over our time together…"
 「・・僕ら一緒の時を思い出すと・・」

Chandler: Yeah?
 (待って)それから?

Joey: I can’t do everything! Look back over your time together.
 全部はできないぞ! おまえら一緒の時を思い出せ。

【1-23 The One With the Birthの思い出】

Phoebe: Oh, look, twins.
 ああ、見て、双子よ。

Monica: No fair. I don't even have one. How come they get two?
 不公平よ。私にはただの一人もいないのに、あの人達は双子よ!

Chandler: You'll get one.
 君だって子供持てるよ。

Monica: Oh yeah? When?
 あらそう? いつ?

Chandler: All right. I'll tell you what. When we're 40, if neither one of us are married, what do you say you and I get together and have one?
 よし、提案だけど、僕らが40歳になって、二人とも結婚してなかったら、僕ら結婚して子供を持つってのはどう?

Monica: Why won't I be married when I'm 40?
 なんで私が40歳になっても未婚なのよ?

Chandler: Oh, no, no. I just meant hypothetically.
 いやいやいや、仮にの話だよ。

Monica: Ok, hypothetically, why won't I be married when I'm 40?
 仮の話として、なんで私が40歳でも結婚できてないのよ?

Chandler: No, no, no.
 いやいやいや。

Monica: What is it? Seriously, is there something fundamentally unmarriable about me?
 何なのよ。マジで。私には根本的に結婚できない問題でもあるわけ?

Chandler: Uh, uh.
 あ・あの・・。

Monica: Well?
 ええ?

Chandler: Dear God! This parachute is a knapsack!
 ああ神様。これパラシュートじゃなくてナップサックだよ!(ソファの後ろへ落ちる)

【4-24 The One With Ross’s Weddingの思い出】

Ross: I’m getting married today!! Ahh, whoo-hoo!!
 今日結婚するぞ! わーい!(出て行く)

Monica: Do you think he knew I was here?
 (ふとんから顔を出して)気づかれたかな?

【5-8 The One With The Thanksgivingの思い出】

Chandler: Nice try.
 (ターキーを被ったモニカに)うまい手だね。

Monica: Wait, wait, wait!
 待って待って待って!(ターキーの上から帽子をかぶる)

Chandler: Look, Monica…
 いいか、モニカ・・

Monica: Look!
 見て!(ターキーにサングラスをかける)

Chandler: This is not gonna work.
 そんなことしてもダメだ。

Monica: I bet this will work!
 これはきっと効くわ!(踊りだし、チャンドラーも笑い出す)

Chandler: You are so great! I love you!
 君って最高だな! 愛してるよ!

Monica: What?
 (固まった後、ゆっくり)なんて?

Chandler: Nothing! I said, I said "You're so great" and then I just, I just stopped talking!
 なんでもない! 俺はただ「君って最高」って言って、それから、それからただしゃべるのやめただけ!

Monica: You said you loved me! I can't believe this!
 私を愛してるって言ったわ! 信じられない!

Chandler: No, I didn't!
 いや、言ってない!

Monica: Yes, you did!
 いいえ、言ったわ!

Chandler: No, I didn't!
 いや、言ってない!

Monica: You love me!
 私を愛してるのね!

Chandler: No, I don't! Stop it! Stop it! Stop it! Stop it!
 いいや、違う! やめろ! やめろ! やめろ! やめろ!

(そこへジョーイが帰ってきてターキー頭に悲鳴をあげて逃げていく)

【6-1 The One After Vegasの思い出】

Chandler: You know I was thinking, what if I uh, unpack here?
 考えたんだけど、ここで荷解きしたらどうかな?

Monica: Then all your stuff would be here.
 そうしたら、あなたの荷物がここにあることになるじゃない。

Chandler: Well, what if all my stuff was here?
 もし俺のものがみんなここにあったらどう?

Monica: Then you’d be going back and forth all the time, I mean, it doesn’t make any sense.
 そうしたら、あなたいつも行ったり来たりしなきゃならないじゃない。意味ないわよ。

Chandler: Okay. What if we lived together and you understand what I’m saying?
 オーケー・・もし俺たち一緒に住んだらどうって言えば、わかる?

【6-25 The One With The Proposal】

Monica: You wanted it to be a surprise.
 あなたはサプライズにしたかったのね。
(チャンドラーが振り向くとジョーイがニッコリして出て行く)

Chandler: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・

Monica: Chandler… In all my life… I never thought I would be so lucky. . . As to…fall in love with my best…my best… There’s a reason why girls don’t do this!
(片膝立ちになり)チャンドラー・・これまでの人生で・・・こんなにラッキーなことになるって思わなかった・・親友と恋に落ちて・・・落ちて・・(涙)女の子がやらない理由があるのよ!

Chandler: Okay! Okay! Okay! Oh, God, I thought… . . Wait a minute, I-I can do this. . . I thought that it mattered what I said or where I said it. Then I realized the only thing that matters is that you, you make me happier than I ever thought I could be. And if you’ll let me, I will spend the rest of my life trying to make you feel the same way. . .Monica, will you marry me?
 わかった!(ひざまずく)わかった、わかったよ。ああ!・・俺は思ってた・・待って待って、ちゃんとするから・・俺は思ってた。君に何て言うか、どこで言うかが大事だって。でも気づいたんだ。大事なのは、君が幸せにしてくれるってこと、こんなに幸せになれるとは想像もつかなかったくらいに。そして、君がそうさせてくれるなら、俺はこの先一生、君を、同じくらい幸せにしたい。(指輪を出し)モニカ、結婚してくれる?

Monica: Yes.
 イエス!

Joey: Can we come it yet?! We’re dying out here!
 (部屋の外から)もう入っていい?! 俺たちここで待ちこがれてるんだけど!!

Monica: Come in! Come in! . . We’re engaged!!!
 入って! 入って! (ジョーイ、レイチェル、フィービーがくる)私達婚約したわ!!

《セントラルパーク:ジョーイとロスが来る》

Joey&Ross: Hey!
 ヘイ!

Rachel&Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hey, what have you guys been up to?
 あなた達、何してたの?

Ross: Oh, we were helping Chandler write his vows, but he kicked us out because Joey kept making inappropriate suggestions.
 僕ら、チャンドラーが誓いを書くのを手伝ってたんだよ。だけど、ジョーイが不適切な提案ばっかりするから、追い出されたんだ。

Joey: How is "Monica, I love your sweet ass," inappropriate?
 「モニカ、君のかわいいお尻を愛してる」のどこが不適切なんだよ?

Ross: How’s Monica coming along with her vows?
 モニカの誓いはどんな感じ?

Phoebe: Well, let’s just say its.. she’s lucky she has a sweet ass, ‘cause she’s not so good at the writing.
 そうね、なんていうか、彼女かわいいお尻を持っててよかったわよ。彼女文章書くのはうまくないから。

Ross: I can’t believe that in four weeks they’re gonna be married!
 あと4週間で2人が結婚だなんて信じられないよ。

Phoebe: Well, let’s just hope it works. You know, nine out of ten marriages end in divorce?
 うまくいくといいわね。結婚しても9割は離婚するんだものね。

Ross: Phoebe, that’s not true.
 フィービー、そんなことないよ。

Phoebe: Yeah, you’re right. How’s the Mrs.?
 そうよね。その通りだわ。奥様はお元気?

Rachel: I can’t believe they’ve been together for three years.
 あの2人が3年もつきあってきたなんて信じられないわ。

Joey: Has it been that long?!
 そんなに長くなるか?

Ross: Believe me, it seems like less because they hid it from us for so long.
 いや、短く感じられるのは、最初の頃長い間、僕らに隠していたからだよ。

【5-2 The One With All The Kissingの思い出】

(モニカ達2人で入浴中)
Joey: Hey, it's me! I'm comin' in!
 おい、俺だ! 入るぞ!(モニカはお湯に潜る)

Chandler: I've had a very long, hard day.
 (キャンドルに囲まれ)きつかったんだ、今日。

Joey: Ahh, I'm gonna go get some chicken. Want some?
 チキン買ってくるけど、いる?

Chandler: Ahh, no thanks. No chicken, bye-bye then.
 いやいいよ。チキンいらない、バイバイ。

Joey: Okay.
 わかったよ。(出て行く)

Chandler: Are you okay? I'm so sorry, he wouldn't leave. He kept asking me if I wanted chicken.
 (モニカに)大丈夫? ごめんよ、やつが出てかなくて。チキンのことしつこく聞いてきてさ。

Monica: Chicken? I could eat some chicken.
 チキン? ちょっと食べたいかな。

Chandler: Hey, Joe!
 おい、ジョー!(また潜るモニカ)

Chandler: Yeah, can I get a 3-piece, some cole slaw, some beans, and a Coke--Diet Coke.
 そうだな、チキン3ピースと、コールスロー、マメと、コーラ。ヒエっ! ダイエットコーラ!

《セントラルパーク》

Rachel: I don’t know why they didn’t just tell us.
 どうして普通に言ってくれなかったのかしらね。

Joey: I know! I mean it’s not like we weren’t cool about it.
 そうだよ! そんなことで俺たちが大騒ぎするわけでもないのにな。

【5-5 The One With All the Kipsの思い出】

Joey: You?! And-and you?!
 (チャンドラーに)おまえと?(モニカに)そして君と?

Monica: Yes, but you cannot tell anyone! No one knows!
 そうよ。でも、誰にも言わないで! 誰も知らないことなの!

oey: How?! When?!
 どうして?! いつ?!

Chandler: It happened in London.
 ロンドンで始まったんだ。

Joey: IN LONDON!!!
 ロンドンで!!

Chandler: The reason we didn't tell anyone was because we didn't want to make a big deal out of it.
 誰にも話してないのは、おおごとにされたくないからなんだよ。

Joey: But it is a big deal!! I have to tell someone!
 でもおおごとだよ!! 誰かに言わなきゃ!

Chandler: No-no-no-no-no! You can't!
 ダメダメダメダメダメ! やめてくれって!

Monica: Please? Please?! We just don't want to deal with telling everyone, okay? Just promise you won't tell.
 お願い、お願いよ。みんなに話すのはまだいやなの。いい? お願い言わないって約束して。

Joey: All right!
 ・・わかったよ!

【5-11 The One With All the Resolutionsの思い出】
(モニカとチャンドラーの電話の会話を聞くレイチェル)

Monica: I can't wait to be with you! I'll just tell Rachel I'm gonna be doing laundry for a couple of hours.
(電話)早くあなたと2人になりたいわ! レイチェルには2時間ぐらいお洗濯に行くって言うから。

Chandler: Laundry. Huh. Is that my new nickname?
 (電話)洗濯ね。それって俺の新しいニックネーム?

Monica: Awww, you know what your nickname is, Mr. Big…
 (電話)まあ、あなたのニックネーム知ってるでしょ、ミスター・ビッグ・・

Rachel: Arghh!!
 キャーッ! (電話を切る)

【5-14 The One Where Everybody Finds Outの思い出】

Phoebe: Oh, look! There's Monica and Chandler! Hey! Hey, you guys! Hey! Ohh!! Ohh! Ahh-ahhh!!
 (窓の外を見て)あ、見て! モニカとチャンドラーよ! ヘイ! ヘイ! あなた達! ねぇ!!・・(2人が服を脱ぎだしたので)ああっ!きゃーっ!きゃー! あーっ!

Rachel: What?!
 どうした?

Phoebe: Ahhh!! Chandler and Monica!! Chandler and Monica!!
 キャーっ! チャンドラーとモニカが! チャンドラーとモニカが!

Rachel: Oh, my God!
 まぁなんてこと!

Phoebe: Chandler and Monica!!
 チャンドラーとモニカが!

Rachel: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Phoebe: OH!! MY EYES!!! MY EYES!!!!
 目が! 目が!!

Rachel: Phoebe!! Phoebe!! It's okay!! It's okay!!
 フィービー! フィービー! いいのよ! いいの!

Phoebe: No! They are doing it!!!
 よくない! あの2人がやってる!

Rachel: I know!! I know!! I know!!
 知ってる! 知ってる! 知ってるの!

Phoebe: You know?!!!
 知ってたの?

Rachel: Yes, I know! And Joey knows! But Ross doesn't know so you have to stop screaming!!
 そうよ、知ってるの! ジョーイも知ってる! でもロスは知らないから、叫ぶのやめて!

Ross: What's going on?
 (戻ってきて)なにがあったの?

Phoebe and Rachel: Ohhh!!!
 きゃーっ!!

Rachel: HI!! Hi!
 ハーイ! ハーイ!

Ross: What?! What?!
 なに? なに?

Rachel: Nothing! Oh, God, we're just so excited that you want to get this apartment!
 (窓の外を見せないよう気をそらす)なんでもない! ああ、素敵! こんな素敵なとこに住むなんて素敵よね!

Ross: Actually, it looks really good.
 ほんと、すごくいいとこだよね。

Phoebe: Get in here!!!
 ここに来て!(叫ぶ。ロスもわけわからないまま一緒に飛び跳ねて叫ぶ)

【時間経過・セントラルパークで相談中】

Phoebe: Okay, so now they know that you know and they don't know that Rachel knows?
 それじゃ、あの2人は、あなたが知ってることは知ってて、レイチェルが知ってることは知らないの?

Joey: Yes, but you know what? It doesn't matter who knows what. Now, enough of us know that we can just tell them that we know! Then all the lying and the secrets would finally be over!
 ・・そう。でもさ、もう誰が何を知ってるか関係ないだろ。もうこれだけ知ったんだから、やつらに知ってるって話そう! それでようやく、ウソや秘密がなくなる!

Phoebe: Or, we could not tell them we know and have a little fun of our own.
 それか、知ってるってこと黙っておいて、ちょっと楽しむこともできるわよ。

【時間経過:モニカ達の部屋】

Rachel: All right, honey, we'd better go if we wanna catch that movie.
 さぁ、ね、もう行かないと、映画最初から見られないわよ。

Monica: Bye!
 バーイ!

All: Bye!
 バーイ!

Phoebe: Bye, Chandler! I miss you already.
 バーイ、チャンドラー! (囁く)一緒じゃなくて寂しいわ。(お尻をつねって出て行く)

Chandler: Okay, did you see that?! With the inappropriate and the pinching!!
 見ただろ? あの不適切なお尻つねり!

Monica: Actually, I did!
 確かに見たわ!

Chandler: Okay, so now do you believe that she's attracted to me?
 これで、彼女が俺に気があるっていうの信じるだろ?

Monica: Ohhh, Oh, my God! Oh, my God! She knows about us!
 あああ! なんてことなの! なんてことなの! 私たちのこと知ってるのよ!

【時間経過:ジョーイに聞くモニカ達】

Chandler: Phoebe knows about us!
 フィービーが俺たちのこと知ってる!

Joey: Well, I didn't tell them!
 俺は2人に何も話してないよ。

Monica: Them?! Who's them?
 2人? 2人って誰?

Joey: Uhhh, Phoebe and Joey.
 あー・・フィービーとジョーイ。

Monica: Joey!
 ジョーイ!

Joey: And Rachel. I would've told you but they made me promise not to tell!
 レイチェルだよ。言おうと思ったんだけど、言わないって約束させられてさ。

Monica: Oh, man, they think they are so slick messing with us! But see, they don't know that we know that they know! So…
 なんなの、あの2人はそんなに賢く私たちをだませると思ってるのね! でも、あの子たちが知ってるってことを私たちが知ってるってこと、彼女達知らないと思ってるのよ。

Chandler: Ahh, yes, the messers become the messees!
 ああ! そうだ! だますやつが、だまされるやつになるんだ!

【時間経過:だまそうとしているフィービー達】

Phoebe: Oh, my God! He wants me to come over and feel his bicep and more!
 なんてことなの! 彼、来て二頭筋とかそれ以上触ってって言った!

Rachel: Are you kidding?!
 冗談でしょ?

Phoebe: No!
 本当よ!

Rachel: I can not believe he would do that to Mon−Whoa! . . Joey, do they know that we know?
 モニカにそんなことするなんて信じられな・・・ちょっと! ジョーイ、あの2人私たちが知ってること知ってるの?

Joey: No.
 いや。

Rachel: Joey!
 ジョーイ!

Joey: They know you know.
 君らが知ってること知ってる。

Rachel: Ugh, I knew it! Oh, I cannot believe those two!
 ああっ! やっぱり! あの2人信じられない!

Phoebe: God, they thought they can mess with us! They're trying to mess with us?! They don't know that we know they know we know! Joey, you can't say anything!
 まぁ! あの2人、私たちをだませると思ったのね! 私たちをだまそうとしてるのね! 私たちが知ってるってあの2人が知ってること私たちが知ってるって、あの2人は知らないわよね。・・ジョーイ、あなた何もしゃべっちゃダメよ!

Joey: Couldn't even if I wanted to.
 しゃべりたくてもしゃべれるか。

【時間経過:バスルームのモニカ達】

Chandler: Listen, this is totally getting out of hand! Okay? She wants me to put lotion on her!
 なぁ、もう手に負えないよ。ローションを塗ってくれって言ってるよ!

Monica: She's bluffing!
 はったりよ!

Chandler: Look, she's not backing down! She went like this!
 いや、彼女引き下がらないんだ! こんなんだぞ!(ダンスを真似る)

【チャンドラーの部屋前】

Phoebe: He's not backing down. He went to get lotion.
 彼引き下がらないわ。ローションを取りに行ったのよ。

Joey: Oh, man! Aren't you guys done yet?!
 なんだよ、まだ終らないの?!

Rachel: Joey, look, just look at it this way, the sooner Phoebe breaks Chandler the sooner this is all over and out in the open.
 ジョーイ、こう考えて。フィービーがチャンドラーを打ち負かすのが早ければ早いほど、この秘密も早くオープンになるのよ。

Joey: Ooh!
 おお!

Rachel: Okay!
 そうよ。

Joey: I like that! Oh, okay! Show him your bra! He's afraid of bras! Can't work 'em!
 それはいいね! よし、ブラを見せろ。やつはブラが怖いんだ。逆らえないぞ。(一瞬でボタンを外す)

Phoebe: Wow, you didn’t rip off any buttons.
 ワオ! ボタンを取らずにできたわね。

Joey: It's not my first time.
 いつものことさ。

【バスルームのモニカ達】

Monica: You go back out there and you seduce her till she cracks!
 あっちへ戻って、彼女が折れるまで、誘うのよ!

Chandler: Okay, give me a second! . . Did you clean up in here?
 わかった。ちょっと待って・・・きみここの掃除した?

Monica: Of course.
 もちろん。

【リビングのチャンドラーとフィービー】

Chandler: Oh, you're-you're going?
 (入り口にいるフィービーに)あ、帰るの?

Phoebe: Umm, not without you, lover. . . So, this is my bra.
 あなたなしで行かないわよ、恋人さん。。これが私のブラよ。

Chandler: It's very, very nice. Well, come here. I'm very happy we're gonna have all the sex.
 すごくすごくいいね。来て。君とセックスできてとてもうれしいよ。

Phoebe: You should be. I'm very bendy. . . I'm gonna kiss you now.
 そうでしょう。私はとても体が柔らかいのよ。キスするわよ。

Chandler: Not if I kiss you first.
 俺から先にするよ。

Phoebe: Ooh.
 ああ。

Chandler: Well, I guess there's nothing left for us to do but-but kiss.
 じゃあ、残るはもう、キスだね。

Phoebe: Here it comes. Our first kiss.
 ついにね。私達のファーストキスね。

(キスをしかけたが)
Chandler: Okay! Okay! Okay! You win! You win!! I can't have sex with ya!
 もういい!もういい!もういいよ! 君の勝ち、君の勝ちだ! 君とはセックスできない!

Phoebe: And why not?!
 どうして?

Chandler: Because I'm in love with Monica!!
 俺はモニカを愛してるから!(モニカがバスルームから飛び出してくる)

Phoebe: You're-you're what?!
 あなたが、何ですって?

Chandler: Love her! That's right, I…LOVE…HER!!! I love her!! I love you, Monica.
 愛してる! そうだ。彼女を愛してる。彼女を、愛してるんだ!(モニカとハグ)愛してるよ、モニカ。

Monica: I love you too, Chandler.
 私も愛してるわ、チャンドラー。

Phoebe: I thought you guys were doing it, I didn't know you were in love!
 あなた達、してるだけかと思ったわ。愛してたなんて知らなかった!

Joey: So that's it! It's over! Everybody knows!
 これで終わりだな! みんなが知ってる!

Monica: Well actually, Ross doesn't.
 いえ、実はロスが知らないわ。

Chandler: Yes, and we'd appreciate it if no one told him yet.
 そうだ。みんな黙っててくれたらありがたい。

【時間経過:上司に部屋を見せるロス】

Ross: No! No! Wh… What are you doing?!! GET OFF MY SISTER!!!!!!!!!!!!!
 (窓の外を見て)なに? ・・ダメだ! 何をしてるんだ!! 妹から離れろーーー!!!

《セントラルパーク》

Phoebe: You know, you’re friend’s getting married, it’s gotta change things.
 ねぇ、友達が結婚しちゃうと、いろいろ変わってしまうものよ。

Rachel: You really think it would be that different?
 本当にそんなに変わると思う?

Phoebe: How could it not be? I mean pretty soon they’re gonna be having kids, and then they’re just gonna be hanging out with other couples who have kids. And then maybe they’re gonna have to leave the city to be near a Volvo dealership.
 変わらないわけがないでしょ? すぐ子供ができて、同じように子供のいるカップルと遊ぶようになるわよ。そして、街を離れて、ボルボ・ディーラーの近くに引っ越したりするのよ。

Rachel: Well, things change.
 ああ、変わっちゃうわね。

Joey: I don’t want them to move to a Volvo dealership!
 ボルボー・ディーラーに引っ越してほしくないよ!

Ross: It’ll be okay, Joe.
 大丈夫だよ、ジョー。

Joey: I’m sorry, I just…I like things the way they are.
 ごめん。ただ・・俺たちこのままがいいよ。

【1-8 The One Where Nana Dies Twiceの思い出】

Rachel: Hey, who's this little naked guy?
 ねぇ、この裸の子だあれ?

Ross: That little naked guy would be me.
 その裸の子は僕だね。

Rachel: Aww, look at the little thing.
 きゃあ。見て、この小さいの。

Ross: Yes, yes, fine, that is my penis. Can we be grown-ups now?
 ハイハイ、それは僕のペニスです。僕らもうオトナだよね?

Chandler: Who are those people?
 この人たちは誰?

Ross: Got me.
 誰だろう。

Monica: Oh, that's Nana, right there in the middle. Let's see. 'Me and the gang at Java Joe's'.
 ああ、それおばあちゃんだわ。その真ん中の人。見て・・(裏を見て)友達とジャバ・ジョーズにて。

Rachel: Wow, Monica, you look just like your grandmother. How old was she there?
 わぁ、モニカそっくりね。これ、おばあさまいくつの時?

Monica: Let's see, 1939... yeah, 24, 25?
 1939年だから・・24か25かな?

Ross: Looks like a fun gang.
 楽しそうだな。

Joey: Ooh, look-look-look-look-look! I got Monica naked!
 おーおー、見て見て見て! 裸のモニカ見っけ!

Ross: No-no, that would be me again.
 いやいや、それも僕だよ。

《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Monica: Hey, you guys!
 ハーイ、みんな!

Phoebe&Joey: Hey.
 ヘイ!

Chandler: What’s going on?
 何してんの?

Rachel: Well, we were just talkin’ about you guys gettin’ married and how great it is.
 あなた達が結婚するんだなーって、素晴らしいことねって話してたのよ。

Joey: Yeah, you can get a Volvo. If that’s what you really want.
 ああ、ボルボを買えばいいさ。それが本当に欲しいことならな。

Monica: Oh, that’s so sweet.
 まぁ優しいのね。

Chandler: So we both finished our vows.
 俺たち、誓いを書き終えたぞ。

Phoebe: Oh!
 ああ!

Joey: Hey!
 おお!

Rachel: Oh, can we read them?
 まぁ、読んでもいい?

Monica: Yeah, I don’t hear Chandler’s and he doesn’t hear mine.
 ええ。チャンドラーのは聞かないし、彼も私のは聞かないけどね。

Rachel&Phoebe: Okay.
 わかった。

(男女に別れて読み始めるが、男性3人は主に笑っている)

Phoebe: Oh, that’s beautiful.
 ああ、これ素晴らしいわ。

Joey: Funny one! That’s good!
 おもしろいな! これはいい!

Rachel: Monica, will-will you marry me?
 モニカ、私と結婚してくれない?

(ロスが笑う)
Joey: What? I don’t get it.
 何? 俺わからなかった。(ロスが指差し、2人とも笑い出す)

Ross: Oh, man, this is hilarious.
 (チャンドラーに)ああもう、これめちゃくちゃおもしろいな。

Monica: Chandler!!
 チャンドラー!

Chandler: Don’t worry, honey, we’ll make yours funnier.
 心配するなって。君のもおもしろくしてあげるから。

《モニカ達の部屋:ロスとジョーイがチャンドラーの誓いを読む》

Chandler: Okay, what do you guys think?
 さぁ、どう思う?

Ross: Dude!
 おまえってば!

Joey: I have never known love like this.
 こんな愛は経験ないよ。

Chandler: You really like it?
 本当に気に入った?

Ross: Dude! How-how did you write this?
 おまえってば! どうやってこれ書いたんだ?

Chandler: I stole Monica’s and changed the name.
 モニカのをマネて、名前を変えただけだよ。

Ross: You can’t do that!
 そんなのいけないよ!

Joey: If he goes first he can!
 先に読めばいいんだ!




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:30| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。