2013年10月25日

7-20 The One With Rachel’s Big Kiss

7-20 レイチェルのキス事件の話

 ☆レイチェルとウィノナ・ライダーの秘密☆

《セントラルパーク》

Rachel: Hey! Out of all of us, who do you think is gonna get married next?
 ねぇ、私達の中で、次に結婚するのは誰だと思う?

Joey: Probably Monica and Chandler.
 多分、モニカとチャンドラーだな。

(背後で女性がガンターに話しかける)
Woman: Hi. Could I have a pack of Newport Lights, please?
 ハーイ、ニューポートライトもらえる?
newportlights.jpg

Gunther: Oh, umm, uh we don’t sell cigarettes, but they have them at the newsstand across the street.
 ああ、ここではタバコを売ってないんですよ。でも、通りの向かいのニューススタンドで売ってますよ。

Woman: That’d be great, thanks.
 助かるわ。ありがとう。(ガンターは買いに行く)

Rachel: Oh, my God, Melissa Worbert. I don’t think I have the energy for this.
 なんてことかしら。メリッサ・ウォルバートだわ。彼女と話す元気はないわよ、私。

Melissa: Oh, my God! Ray-Ray Green?!
 まぁ、驚いた! レイレイ・グリーン? キャー!

Rachel: Melissa!
 キャー! メリッサ!

Melissa: You have been MIA for the past seven sorority newsletters, what’s up with you?!
 あなたったら社交クラブのニュースレターでもう7回連続で行方不明よ。どうしてるの?

(MIA = Missing in action..任務中に行方不明、もともと戦争で使われた言葉)

Rachel: Wh−Why don’t I tell you over here?
 こっちで話さない?(カウチからちょっと離れる)

Melissa: So last I heard you were gonna get married. . . Oh, poor Ray-Ray.
 最後に聞いた時、あなたは結婚するって・・(指輪をしてないのを見て)まぁ、かわいそうなレイレイ。

Rachel: Oh, no-no, no! It’s good! It’s all good! I-I actually work at Ralph Lauren!
 あら、いえいえ、いいの。よかったのよ。よかったの。私、ラルフローレンで働いてるんだから!

Melissa: Shut up!
 お黙り!

Rachel: I will not! I’m the divisional head of men’s sportswear!
 黙らない。紳士スポーツウェア部門の課長なのよ。

Melissa: Oh, shut up more! Now, are you friends with Ralph?
 まぁ、もっとお黙り! それじゃ、あなたラルフとお友達?

Rachel: Oh, please…
 あら、よしてよ。

Melissa: Are you?!
 そうなの?

Rachel: No.
 いいえ。

Melissa: Listen, we have to have dinner. What are you doing tomorrow night?
 ねぇ、ディナーをご一緒しましょうよ。明日の夜の予定は?

Rachel: Oh, tomorrow, oh, I don’t know. Um…
 明日ね、えっと、そうね、どうかな・・

Melissa: You do now. You’re having dinner with me.
 決まりね。明日は一緒にディナーね。

Rachel: Shut up.
 お黙り!

Melissa: I-I’ve got to go. This has been so great, Ray-Ray! . . Oh, there you are. . Umm, so listen, just call me. Here’s my card.
 私もう行かなきゃ。会えて本当によかったわ、レイレイ! (ガンターからタバコを受け取る)ああ、どうも。それじゃ、電話ちょうだいね。これ、名刺よ。

Rachel: Oh, wow thanks! . . Oh, you’re in real estate!
 (受け取り)ああ、ありがとう! あら、あなた不動産にお勤めなのね!

Melissa: Oh, no, that’s-that’s an old card. Umm, I wanted to get out of that and-and do something where I can really help people and-and make a difference.
 あら、いえ、それは古いのよ。そこは辞めて、本当に人のためになる仕事をしたかったの。

Rachel: Wow! What do you do now?
 まぁ! それじゃ、今は何をしてるの?

Melissa: I’m a party planner. I’ll see you tomorrow.
 パーティ・プランナーよ。それじゃ明日ね。(出て行く)

Rachel: Okay!
 わかったわ。(カウチに戻る)

Joey: Hey, guys! Look who’s back! It’s Ray-Ray!
 おい、みんな。帰ってきたよ、レイレイが!

Rachel: Shut up, that was my friend, Melissa, from college.
 やめてよ。あれは大学の時の友達のメリッサよ。

Ross: She seems really, really fun!
 彼女、本当に本当に楽しそうな人だね!

Rachel: She’s actually very sweet and we used to be very close.
 彼女って本当にすごく優しくて、私達すごく仲良かったのよ。

Monica: Wait a minute, she isn’t… She’s not the one who you…
 ちょっと待った。彼女って・・彼女じゃないわよね、あなたが・・

Joey: Who you what? Who you what?!
 何? 何があった相手?

Rachel: Yes.
 (モニカに)そうよ。

Monica: Wow!
 ワオ!

Joey: Wow? Wow, what?! Wow, what?! Who you−what?!!
 ワオ? ワオって何が? ワオって何? 何があった相手?

Rachel: It’s not a big deal!
 たいしたことじゃないのよ。

Monica: They were lovers.
 (ジョーイに)彼女達恋人だったのよ。

Ross&Joey: What?!
 なんだって?!

Rachel: No, we weren’t! It was nothing! It was one night, senior year we went to a party, had a lot of sangria, and you know, ended up…kissing for a bit.
 違うわよ。なんでもないのよ。4年の時に行ったあるパーティで、サングリアを飲み過ぎたのよ。それで、ちょっとキスしちゃったの。

(sangria = 赤ワインをジュースなどで割った飲み物)

Ross: So that’s two of my wives.
 これで、妻のうち2人になったね。

《モニカ達の部屋:モニカが披露宴の席を図にしている》

Monica: Okay, so this is where the band is. And this is where the bar is. And all these pins have people’s names on them. . And Rach, here you are.
 ここがバンドの場所ね。そしてここがバー。このピンにはそれぞれ、名前がついてるのよ。レイチ、あなたはここよ。

Rachel: Oh, wow. Why don’t we just take me . . and put me with a Manhattan in my hand, talking to the cute bartender. . . These pins aren’t for playing, are they?
 うわぁ。私を取って・・(ピンを取る)そしてマンハッタンを手にして、キュートなバーテンダーとおしゃべりを楽しむってのはどうかしら。(バーにピンを置いてモニカに睨まれ)このピンって、遊ぶためのものじゃないわよね。

Monica: Okay, the red ones are my guests and the blue pins are yours.
 (チャンドラーに)赤いのは私のゲストで、青いピンはあなたのよ。

Chandler: This is so sad. I mean, I only have like ten pins.
 哀しいな。俺なんて、10本くらいしかピンがないじゃないか。

Monica: Chandler, relax. It’s not a contest. . Certainly not a close one.
 チャンドラー、落ち着いて。競争じゃないんだから。(レイチェルに)比べ物にならないもんね。

(ジョーイが来る)
Joey: Hello!
 ハロー!

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey, Rach.
 やぁ・・レイチ・・・。

Rachel: Stop picturing it!!
 想像しない!!

Monica: Okay, I think that’s it. The seating chart is done. This is our wedding. They all look like they’re having fun, don’t they?
 よし、できあがりよ。席順はこれでいいわ。これが私達のウェディングよ。みんな楽しそうよね。

Joey: Hey, so where are my parents gonna be?
 なぁ、俺の両親はどこになるの?

Monica: Oh! Let’s see, well…if this is the wedding hall then umm (Walks away) you’re parents will be at home in Queens.
 そうね(立ち上がり)えーと・・ここが式場だとすると・・(歩いて)あなたの両親の家はクイーンズだから、この辺ね。

Joey: What, they’re not invited?! Oh, no, that’s terrible! They’re gonna be crushed!
 えっ、招待しないの?! そんな、ひどいよ! 両親がショックを受けるよ。

Monica: Why would they think they’re invited?
 ご両親、どうして招待されるって思ってるの?

Joey: You got me. I don’t…
 それ聞くの。えー・・

Monica: Joey!
 ジョーイ!

Joey: Well, I’m sorry. Look, I thought parents were coming! You know? Your parents are coming! Chandler’s parents are coming! Ross’s parents are coming!
 悪かったよ。両親はみんな来ると思ったんだよ。だって、君の両親来るだろ、チャンドラーの両親も来るだろ、ロスの両親も来るじゃないか!

Monica: Ross’s parents are my parents!
 ロスの両親って私の両親よ!

Joey: Well-well−see? Parents are coming!
 だってさ、ほらな、両親って来るじゃん!

Chandler: You know I think we should invite them.
 なぁ、招待してあげようよ。

Monica: Oh, please, you just want more blue pins.
 もう、あなたはただもっと青いピンが欲しいだけじゃないの。

Chandler: Well, this is just sad!
 だって、哀しいじゃないか!

Monica: All right, all right. Maybe I can fit them in if I just do some rearranging. But you know, Rachel may actually have to sit at the bar!
 わかった、わかったわよ。席をちょっと並べ替えたら、入れることできるかもね。でも、そうすると、レイチェルは本当にバーに座ることになるかもしれないわよ。

Rachel: That is not a problem.
 問題ない。

Joey: Maybe you’ll order a little sangria?
 ちょっとサングリアを頼んだりするのかな?

Rachel: Oh, get out of here!
 もう、あっち行って!

《ラルフローレンでタキシードを見せるレイチェル》

Rachel: So now, these are all the tuxedos that we make and if there’s anything that you like, we can make you a deal. Anything at all. But these are the three that Monica pre-approved.
 これみんな、うちで扱ってるタキシードで、気に入ったら貸し出すわよ。どれでもいいわ。でもこの3着はモニカから許可が下りてるものよ。

Chandler: Well, thanks a lot for hooking me up, Rach. I want you to know that I want you to attend our wedding as my guest.
 見せてくれてありがとう、レイチ。ウェディングでは、俺のゲストとして来てほしいよ。

Rachel: I’m Monica’s maid of honor. Okay? Don’t try to blue pin me!
 私、モニカの付き添い人なのよ、わかってる? 私を青いピンにしようったって無駄よ。

Chandler: Well, what’s the deal with these? These-these look nice.
 それじゃ、これはどういうもの? この辺のいい感じ。

Rachel: Oh, they are nice. We-we custom-make tuxedos for celebrities and then when they’re done with them they just send them back.
 ああ、それはいいものよ。セレブのためのオーダーメイドのタキシードで、着た後、送り返してきたものよ。

Chandler: You mean like for award shows?
 賞の授賞式みたいな?

Rachel: Some of them.
 そういうのもある。

Chandler: You mean these tuxes have been down the red carpet with people yelling, "Who are you wearing?! You look fabulous!"
 じゃこのタキシード達って、あのレッドカーペットを歩いて「どのブランドの着てるの?」とか「素敵ー」とか言われたやつ?

Rachel: Honey, might I suggest watching a little more ESPN and a little less E!?
 ねぇ、ESPNでもエンターテインメント少なめにして、スポーツをもう少し見たら?

(ESPN = Entertainment & Sports Programming Network)

Chandler: Okay, who wore those?
 じゃあ、これは誰が着た?

Rachel: Umm, well, uh, this one is Tom Brokaw.
 あーっとそれは・・これはトム・ブロコウ。

(Tom Brokaw = ジャーナリスト)

Chandler: Not bad.
 悪くないな。

Rachel: This one is uh Paul O’Neill.
 これはポール・オニールね。

(Paul O'Neill = 野球選手)

Chandler: Who’s that?
 それ誰?

Rachel: He plays for the Yankees. Seriously, ESPN! Just once in a while, have it on in the background. Ooh, this one was Pierce Brosnan!
 ヤンキースの選手よ、マジで、ESPN! たまには、集中して見なくてもいいから流しといたら。ああ、これはピアース・ブロスナンのよ。

(Pierce Brosnan = 007ゴールデンアイに主演)

Chandler: Pierce Brosnan?
 ピアース・ブロスナン?

Rachel: Uh-huh.
 そうよ。

Chandler: Are you serious?
 マジで?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Chandler: 007?! This is James Bond’s tux?!
 007? これ、ジェームス・ボンドのタキシード?

Rachel: Yeah.
 そうよ。

Chandler: Oh, I have to get married in James Bond’s tux!
 ああ、俺は絶対ジェームス・ボンドのタキシードで結婚するぞ!

Rachel: It’s a pretty cool tux.
 これはすごく素敵よ。

Chandler: Oh, it’s not just that, I would be England’s most powerful weapon. A jet setting heartbreaker on Her majesty’s secret service. A man who fears no one; with a license to kill. Would Monica let me wear this?
 ああ、それだけじゃなく、俺はイギリスで最強の武器だ。女王のシークレットサービス泣かせの、ジェットで豪遊する男。怖いもんなし、殺しのライセンスを持つ。モニカはこれ着させてくれるかなあ?

《ジョーイの部屋:ジョーイとフィービーが適当にチェス中》

Joey: We should really learn how to play the real way.
 これ本当はどうやってプレイするのか、習うべきかな。(適当に動かす)

Phoebe: I like our way. Oh! . . . Chess!
 このやり方が好きだわ。ああっ! (ジョーイのコマをいくつか取り)チェス!

Joey: Nice move.
 うまいね。

Phoebe: Yeah.
 ええ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey!
 ヘイ!

Joey&Phoebe : Hey!
 ヘイ!

Rachel: So Joey, I just hooked Ross and Chandler up with some tuxedos for the wedding: do you need one?
 ねぇ、ジョーイ、ロスとチャンドラーに、ウェディング用のタキシードを用意してあげたのよ。あなたはいらないの?

Joey: No, I’m performing the ceremony. I’m not wearing a tux.
 ああ、俺はセレモニーを仕切る側だからな。タキシードは着ないよ。

Rachel: Well, what are you going to wear?
 じゃあ、何を着るの?

Joey: Multi-colored robes! Ooh, and maybe a hat.
 カラフルなローブだよ! それと帽子も被るかも。

Rachel: Huh. Does Monica know about this?
 へぇ。モニカは知ってるの?

Joey: I don’t think so.
 知らないはず。

Rachel: Can I please be there when you tell her?
 モニカに話すときは私もそばにいさせてね。(頷くジョーイ)

Phoebe: Hey, oh, Rach, wait! Do you want to go to a movie tonight?
 ねぇ、レイチ、待って! 今夜、映画見に行かない?

Rachel: Oh, you know what? I can’t. I have to have dinner with that Melissa girl.
 ああ、行けないのよ。私、メリッサっていう子とディナーに行くから。

Joey: Can I come?! I won’t even talk! You’ll just hear the noise from my video camera.
 俺も行っていい? しゃべらないから! ただ、俺が撮るビデオの音がするだけだよ。

Phoebe: What is this? What’s going on?
 何なの? 何かあったの?

Joey: Oh, good! Can I tell her?! Can I tell her?!
 ああ、いいね! 俺から言わせて? 俺から言わせて!

Rachel: Well, do you want to hear what actually happened or Joey’s lewd version?
 ねぇ、実際何が起きたか聞きたい? それとも、ジョーイのいやらしいバージョンで聞く?

Phoebe: Joey’s!
 ジョーイの!

Joey: Okay…
 よし・・

Rachel: Hey, come on! I had this friend from college and I made the stupid mistake of telling Joey that one time…she and I, you know, …kissed a little bit.
 ちょっと、やめてよ! 大学の時の友達がいて、ジョーイに話しちゃったんだけど、一度、彼女とキスしちゃったのよね。

Phoebe: Yeah, I’m sure that happened.
 ああ、そう、そんなこともあったでしょうね。

Rachel: It-it did!
 本当なのよ!

Phoebe: Sure!
 そうそう。

Joey: Hey. It happened!
 おい。本当にあったことだぞ!

Rachel: Yeah, it was senior year in college. It was after the Sigma Chi luau and Melissa and I got very drunk! And we ended up kissing! For several minutes!
 そうよ。大学4年の時よ。社交クラブのパーティで、メリッサと私はすごく酔っちゃったのよ。それで、キスしちゃったの。数分間ね。

(Sigma Chi = 社交クラブの一種)
(luau = ハワイ語で「宴会」)

Phoebe: Which means she had a couple spritzers and a quick peck on the cheek.
 つまり、スプリッツァーをお代わりしちゃって、頬にチュってやっただけってことね。

(spritzer = 白ワインを炭酸で割ったドリンク)

Joey: Why are you taking this away from me?
 なんで俺の夢を奪う?!

Rachel: Yeah, why is it so hard for you to believe?!
 ねぇ、なんでそう信じられないの?

Phoebe: Okay! I just−I didn’t know that you are a lesbian.
 そうね、ただ・・あなたがレズビアンだとは思わなかっただけよ。

Rachel: I’m not saying that I’m a lesbian! I’m just saying that this happened!
 私がレズビアンだと言ってるわけじゃないのよ! ただそういうことが起きたって言ってるの。

Phoebe: Okay, it just seems pretty wild and you’re so−you know so…vanilla.
 だって、それってすごくワイルドじゃない。そしてあなたは、なんていうの、フツーじゃない。

(vanilla = アイスクリームの定番であることから「ありきたり」・「普通」)

Rachel: Vanilla?!
 フツー?

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Rachel: I’m not vanilla! I’ve done lots of crazy things! I mean I got-I got drunk and married in Vegas!
 私そんなフツーじゃないわよ。私だってたくさん、すごいことしてるわよ! 酔っ払ってべガスで結婚したり。

Phoebe: To Ross.
 相手はロス。

Rachel: All right, you know what? If you don’t want to believe me about this, why don’t you just come with me to dinner tonight and she will tell you.
 いいわよ。わかったわよ。信じないっていうなら、あなたも今夜のディナー一緒にきて。そして彼女から聞けばいいわ。

Phoebe: Okay! All right! Yeah! ‘Cause I just can’t picture it.
 いいわよ! わかった。そうね! だってホント、想像つかないんだもの。

Joey: Oh-ho, you should get inside my head.
 ハッハー! 俺の頭の中見せてやろうか。

《セントラルパーク:洋服バッグを持ったロスが来る》

Ross: Hey! Guess what I got for your wedding!
 やぁ! ウェディング用に何を用意したか当ててみてよ!

Chandler: A freakish thin date with a hanger for her head?
 恐ろしいほど薄っぺらくて、ハンガーが頭の女の子?

Ross: No. Rachel hooked me up with a tux! But not just any tux, Batman’s tux!
 違うよ。レイチェルが、タキシードを手配してくれたんだ。ただのタキシードじゃないぞ。バットマンのだ!

Chandler: What?
 なんだって?

Ross: That’s right! Made expressly for Val Kilmer and worn by him in the hit film…that Batman film he was in.
 そう! ヴァル・キルマーのために作られたもので、あのバットマンの中で着たやつだよ。

Chandler: You can’t wear that! I’m wearing the famous tux! James Bond’s tux!
 おまえがそれ着ちゃダメだよ! 俺が有名なタキシードを着るんだから。ジェームス・ボンドのタキシードなんだぞ。

Ross: So?
 それで?

Chandler: So−If you wear that you’ll make mine less special.
 だって、おまえがそれを着たら、俺の特別感がなくなるじゃないか。

Ross: Well, you need something to make this day special? Hello! You-you have the most special thing of all! You are marrying the woman you love.
 君、この日を特別な物にする必要があるか? どう? 君が一番特別なんじゃないか。君は愛する女性と結婚するんだろ。

Chandler: Please, don’t take away my cool thing. Please?! Pretty please?!
 頼むよ、俺のカッコいいの取らないでくれよ。な? 真剣にお願い!

Ross: "Pretty please?" Not very 007.
 「真剣にお願い」? 007っぽくないな。

Chandler: Look, it’s my wedding day, okay? If you were getting married I would never do anything to upset you.
 なぁ、これは俺のウェディングなんだぞ。な? おまえが結婚する時、俺はおまえが嫌がることはしないぞ。

Ross: When I got married you slept with my sister.
 僕が結婚した時、君、僕の妹と寝た。

Chandler: That was pretty 007.
 それってすごく007だろ。

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey. Oh, good-good you’re here! All right, I figured it out. I’m gonna take two tables of eight, I’m gonna add your parents, and I’m gonna turn them into three tables of six. Okay? And I called the caterer; I added two extra meals, we are good to go!
 あら。ねぇ。ちょうどいいとこに来てくれたわ。ね、できたわよ。8人のテーブルを2つ作ったの。あなたのご両親も大丈夫よ。6人のテーブルが3つよ。いい? ケイタリングには電話して2人分追加しておいたから、これで大丈夫よ。

Joey: Yeah, they’re not coming.
 ああ、両親は来ないよ。

Monica: What?!
 えっ?

Joey: Somehow they got the idea that you only invited them because of me. They feel a little unwanted.
 俺のせいでしかたなく招待されたみたいな気がしてるらしいんだ。来てほしいとは思われてないと感じてるんだよ。

Monica: Oh, that’s too bad. It’s true, but too bad.
 まぁ、お気の毒。本当だけど、お気の毒。

Joey: Look, Mon, if you could just call my mom…
 なぁ、モン、もし君がうちのおふくろに電話してくれたら・・

Monica: Oh, Joey!
 ジョーイ!

Joey: Come on! Look just-just tell−let her know that you really want them to be there. Let’s not forget, this is a woman who has sent you many lasagnas over the years.
 頼むよ! ただ、おふくろに、本当に来て欲しいって言ってやってほしいんだよ。忘れないでくれよ、彼女は、もう何年も君にたくさんラザニアを送ってきた人なんだからな。

Monica: No, she hasn’t.
 いいえ、もらってないわよ。

Joey: Is it her fault that some of them didn’t make it to you?
 いくつかここに届かなくても、彼女のせいじゃないだろ?

Monica: Well, what am I going to say?
 何て言えばいいの?

Joey: I don’t know. Just uh, just tell them it was a mix-up with the invitations, or−No-no-no! Blame it on the post office. They hate the post office. And the Irish! But I don’t think you can blame it on them, so…
 なんていうか・・招待状が届かなかったかなんかって言ってよ。それか・・そうだ、ポスト・オフィスのせいにして。両親はポスト・オフィスが嫌いだから。それと、アイルランド人も。でも、彼らのせいにすることはできないよな・・(ダイヤルして受話器をモニカに渡す)

Monica: Hello? Yeah, hi, Mrs. Tribbianni? . . Hi, this is Monica Geller. . . Yeah, I’m just calling to say that Chandler and I uh, really hope you can make it to the wedding. Yeah, apparently a bunch of invitations that we sent weren’t delivered. Umm, I guess there was some screw up at the damn post office! . . . Tell me about it! . . Yeah, yeah, the US Post Office? No, more like US lost office! . . . What are they, Irish?!
 もしもし? ハーイ、トリビアーニさん? 私、モニカ・ゲラーです。ええ、チャンドラーと私、ウェディングに来ていただけたら本当に嬉しいと思ってるんです。なんだか、私達が送った招待状がいくつも届かなかったみたいなんですよ。ポスト・オフィスで何かトラブルがあったらしいんですよね。・・まったくその通り! ・・ええ、ええ・・ポスト・オフィスじゃなくて、ロスト・オフィスじゃないかっていうんですよ。・・アイルランド人が配達かしら?

《レストラン:レイチェル達のディナー》

Melissa: Anyway, his name is Allan and we’ve been going out for three years. He was my first client when I became a party planner. He was actually planning a party for his girlfriend at the time. Oh, well. And he was Theta Beta Pi at Syracuse.
 とにかく、彼の名前はアランっていって、つきあって3年になるの。彼、私がパーティ・プランナーになって最初のお客様だったのよ。あの時、彼はガールフレンドのパーティのプランをたてるところだったのよ。まぁね。彼はシラキュースの社交クラブに入ってたの。

Rachel: Oh. Oh, that’s great!
 ああ、すごいわね。

Melissa: Hmm, Phoebe, were you ever in a sorority?
 フィービー、あなたもどこかの社交クラブに入ってた?

Phoebe: Of course! Yeah, I was uh, umm Thigh Mega Tampon.
 もちろんよ! ええ、私のは、サイ・メガ・タンポンよ。

Melissa: What one?
 何ですって?

Phoebe: Yeah! You know, we were really huge too, but then they had to shut us down when Regina Phalangie died of alcohol poisoning.
 そうなの。大きなクラブだったけど、でも、レジーナ・フィランジがアルコール中毒で死んで、なくなっちゃったのよ。

Melissa: Oh, isn’t a shame when one girl ruins it for the whole bunch?
 ああ、1人のために全員ダメになるって、本当ひどいわよね。

Rachel: Anyway, speaking of drinking too much. I was uh, telling Phoebe about that one crazy night after the Sigma Chi luau where you and I uh, we made out.
 とにかく、飲み過ぎって言えば、私、フィービーにあの社交クラブのパーティの、とんじゃった夜のことを話したのよ。ほら、私達がキスした時の。

Melissa: What?
 え?

Rachel: Remember?! We−come on, we both had the sarongs on, and we had the-the coconut bikini tops…
 覚えてない? ほら、私たち2人ともサロンを腰に巻いて、ココナツのビキニを胸につけて・・

Melissa: Yeah?
 それで?

Rachel: We went back to the house and we got really silly and we…we made out.
 家の裏に行って、私達本当に悪ふざけして・・キスしたでしょ。

Melissa: Oh, wow, Ray-Ray, I have no idea what you’re talking about.
 あら・・まぁ、レイレイ、なんのことかさっぱりわからないわ。

Phoebe: Really?!
 あらそう?

《モニカの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Ross is Batman!
 ロスはバットマンだ!

Monica: Well, he did manage to keep his identity secret for a long time.
 まあ。彼、随分長い間、じょうずに身分を隠していたのね。

Chandler: Rachel got Ross the tuxedo that Val Kilmer wore in Batman. Okay, Batman is so much cooler than James Bond!
 レイチェルは、ロスにヴァル・キルマーがバットマンで着たタキシードを調達したんだ。バットマンはジェイムス・ボンドよりうんとかっこいいよ!

Monica: What are you talking about?! 007 has all those gadgets!
 何を言ってるのよ? 007は、たくさん素敵な道具を持ってるじゃない!

Chandler: Batman has a utility belt!
 バットマンはユーティリティ・ベルトを持ってる!

Monica: 007 has a fancy car!
 007はかっこいい車を持ってるわ!

Chandler: Batman has the Batmobile!
 バットマンはバットモービルを持ってる!

Monica: 007 gets all the ladies.
 007はモテモテよ。

Chandler: Batman has Robin! . . We get ESPN, right?
 バットマンにはロビンがいる! ・・・うちでもESPN見れるよね?

Monica: How about you go put on your 007 tuxedo and I’ll make you a nice martini.
 あなた、007のタキシード着てきたら。私はマティーニ作るわ。

Chandler: Actually, I don’t like martinis.
 実はマティーニは好きじゃないんだ。

Monica: How about a Yoo-hoo with a funny straw?
 それじゃユーフーにおもしろいストローつけて出そうか?

yoho.jpg
(Yoo-hoo = チョコレート飲料)

Chandler: Ooh, yum!
 あれおいしい!(着替えに行く)

(ジョーイが来る)
Joey: Hey.
 ヘイ。

Monica: Hey.
 ヘイ。

Joey: Listen, I know the invitation says 6:00, but does that mean that you want people to get there at six, or the show is gonna start right at six?
 なあ、招待状は6時ってなってるけど、それって、君がみんなに6時に集まって欲しいってこと、それとも、ショーは6時きっかりに始まるってこと?

Monica: The show?!
 ショー?

Joey: Right. Right. The wedding, gotcha. But I mean, it’s gonna start a little late, right? I mean, weddings start late. Right?
 そうか、そうか。ウェディングだった。わかったよ。だけど、少し遅れて始まるよな? ウェディングは少し遅れるもんだよな?

Monica: Have you ever been to one of my weddings?
 あなた私のウェディグに来たことあるの?

Joey: Ah. Yeah. Well, look, the thing is it’s the same day as my niece’s christening, and I really want my parents to be there in time to see me. ‘Cause my part’s just in the beginning I’m not even in the rest of the show−Wedding!
 あー、えーと・・実は、その日に姪の洗礼があるんだ。それでも、俺は両親に俺をちゃんと見てもらいたいんだ。俺のパートは最初だけで、俺は最後の方では役がないだろ、ショーの、いや、ウェディングの!

Monica: The wedding starts at six.
 ウェディングは6時に始まる。

Joey: Okay. Okay, I totally hear you. Oo, how about this? I vamp a little till they get there?
 わかった、わかったよ。わかった。あ、こういうのはどう? 両親が車で、俺がちょっと即興するってのは?

Monica: You’ll vamp?!
 あなたが即興?

Joey: Yeah! Yeah, you know, like warm up the crowd. Ask ‘em where they’re from. ‘Cause in Joey Tribbiani you get a minister and you get an entertainer. I’m a minis-tainer! There is no-one better! There is no-one greater!
 そう! そうだよ! 最初のツカミみたいにさ。どこから来たか聞くとか。ジョーイ・トリビアーニは、牧師であってエンターティナーなんだよ。俺はボクシティナー! (ラップっぽく)もっといいやつなんていなーい! もっとすごいやつなんていなーい!

《レイチェル達のレストラン》

Rachel: How can you not remember us kissing?!
 どうして私達のキスを覚えてないのよ?

Melissa: I don’t know. I don’t remember a lot of things that never happened.
 知らないわ。実際に起きてないことはたいてい覚えてないわよ。

Rachel: Wh… Come on! Remember? We were on the sleeping porch! We couldn’t stop giggling? And our coconuts kept knockin’ together?
 な・・ちょっと! 覚えてないの? 私達はバルコニーにいたわ。笑いがとまらなくて、私たちのココナツがぶつかりあってたでしょ?

sleeping-porch.jpg
(sleeping porch = 温かい時期には眠れるように家具の置かれたバルコニー)

Phoebe: Oh, somewhere Joey’s head is exploding.
 ワオ。どっかでジョーイの頭が爆発してるわね。

Rachel: Yeah−but come on−Listen, I’m sorry I don’t want to make you uncomfortable, but I told Phoebe that it happened and she doesn’t believe me.
 ねぇ、お願いよ、ごめんね。イヤな気分にさせるつもりじゃないのよ。でも、私は起きたことをフィービーに話したんだけど、信じてくれないのよ。

Melissa: I’m sorry, Ray-Ray. I mean if I thought it happened I would say it. Maybe I passed out and you did stuff to me while I was sleeping.
 ごめんね、レイレイ。本当にあったと思うならそう言うわ。私が気を失って眠ってる間にあなたがキスしたのかもね。

Rachel: No!!
 違うわ!

Phoebe: Rachel, it’s okay. You don’t have to do this. All right? I believe you. Okay, if-if you say that you kissed Melissa, then you kissed Melissa.
 レイチェル、いいのよ。そんなことしなくても。ね? 信じるわ。わかった、あなたがメリッサとキスしたっていうなら、あなたはメリッサとキスしたのよ。

Rachel: Thank you, Phoebe.
 ありがとう、フィービー。

Phoebe: Okay.
 いいのよ。

Melissa: She didn’t.
 してないわ。

Phoebe: I know.
 わかってるわ。

《モニカ達の部屋:ロスがタキシードを持ってくる》

Ross: Hey!
 やぁ!

Monica: You just carry that around?
 あなたそれ持って歩いてるの?

Ross: Yes. I find it to be something of a conversation piece.
 うん。これ、会話のきっかけになるんだよ。

Monica: Between you and…
 会話って誰と・・

Ross: Gunther. . Hey-hey! Why don’t we put them on? You know get a picture of Batman and James Bond together.
 ガンター。(チャンドラーに)なぁ、これ着てみないか? バットマンとジェームス・ボンドで並んで写真を撮るんだよ。

Chandler: I would but mine doesn’t fit. The pants are a little tight.
 そうしたいけど、俺のは合わないんだ。ズボンが少しきつくて。

Monica: A little tight? I could see double-Oh, and seven in those things.
 少しきついですって? [0]ふたつと[7]が中にあるのが見えたわよ。

Ross: Well, that stinks. I was looking forward to us wearing our celebrity tuxes together.
 それはいやだな。セレブのタキシードを一緒に来たかったのにな。

Chandler: Well, does that mean that you’re not going to be wearing yours?
 それって、おまえはそのタキシードを着ないってこと?

Ross: What, are you kidding? It’s Batman’s tux!!
 なんで、冗談だろ? これはバットマンのタキシードなんだぞ!

Chandler: Let me try it on!
 それ試着させてくれ!

Ross: Okay, but just the jacket. Double-Oh, and seven are not getting in there.
 いいよ。でもジャケットだけだぞ。ゼロ2つと7は入れるな。

Chandler: Okay. Holy double-vented comfort, Batman! . . What’s this?
 (上着を羽織って)よし・・おお、ダブル・ベンツの心地よさ、バットマン! (ポケットから何か出して)なんだこれ?
Double_Vented_Back_Notch_Lapel_Grey_Men_Bridal_Suits_145787854615764.jpg(doble-vented)

Ross: What?
 何が?

Chandler: An invitation for the At First Sight premiere? Oh, my God! Val Kilmer didn’t wear this in Batman! He wore it to the premiere of some tooty-fruity love story where he played a blind guy!
 『アット・ファースト・サイト/あなたが見えなくても』のプレミアの招待券? なんだ! ヴァル・キルマーはこれをバットマンで着たんじゃないぞ! これは彼が盲目の男を演じたあの甘ったるいラブストーリーのプレミアで着たんだ!

atfirst.jpg

Ross: Let me see that! . .Oh, man!
 見せて! ・・ああ、なんだ!

Chandler: The only superpower you have is a slightly heightened sense of smell.
 おまえが持ってるのは、ちょっと人より優れた嗅覚じゃないか。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey! Uh, Monica? Chandler? Can I talk to you guys for a second?
 やぁ、モニカ? チャンドラー? ちょっと君たちに話したいんだけどいい?

Monica: All right that’s it, I give up! Whatever you want you can have it! You wanna sing a song? You wanna do a dance? You want your mom to stand at the altar and scream racial slurs? I don’t care!
 ああ、もういい、もういいわ! あなたの好きなようにして! 歌を歌いたいの? 踊りたいの? あなたのママが祭壇に立って人種差別? もうどうでもいいわ!

Joey: No! No, I-I just wanna thank you guys for what you did for my parents, that was really sweet. They’re so happy they get to be a part of your special day.
 違う違うよ。俺の両親のためにありがとうって言いに来たんだよ。本当に優しくしてくれてありがとう。君らの特別な日に来られるって、本当に喜んでるよ。

Monica: Oh.
 ああ。。

Chandler: Well, you’re welcome. And tell them we’re really glad they’re coming.
 いや、いいんだよ。来てもらえたらうれしいって言っといてくれ。

Joey: Okay. I will. Ohh! Check out what they got me to wear for the ceremony! . . Huh? I wear it like this when I marry you guys, and then this is for party time.
 わかった。そうするよ。あ、そうだ! 俺がセレモニーでかぶる帽子見てよ! (取りに行って、風変わりな帽子を被って戻る)ほら! 君らを結婚させる時はこうかぶって、それから、パーティタイムには(帽子を傾け)こうだ!

《レストランの表:レイチェル達が出てくる》

Rachel: It happened! I am telling you it happened!
 本当にあったのよ! 本当のことなのよ!

Melissa: Okay. . Well, it was great meeting you. And uh Rachel, I-I don’t think I’ll be calling you . . because umm, you know, you’ve gotten weird. . Take care, you guys.
 わかったわ。(フィービーに)会えてよかったわ。(レイチェルに)それからレイチェル、もう電話しないと思うけど(手を挙げてタクシーを呼ぶ)・・なんか変になっちゃったから。(タクシーが来る)じゃあ、気をつけてね。

Rachel: What?! Wait a minute! No, wait a minute! Okay? Look, that night was the one wild thing I have ever done in my entire life, and I’m not gonna let you take that away from me! Okay, so if you don’t remember that, maybe you will remember this!
 えっ? ちょっと待って、ダメよ、待って! ね、あの夜は、私が一生でただ一度だけ、ハメを外した夜なのよ。それをなかったことにされたらたまらないわ! あれを覚えてないっていったって、これはきっと忘れないわよ。(キスをする)

Melissa: My God! You love me!
 ああ、驚いたわ! あなた私を愛してるのね!

Rachel: What?
 えっ?

Melissa: Of course I remember our kiss. I think about it all the time. I can still hear the coconuts knocking together. I… I just didn’t want to tell you because I didn’t think that you’d return my love, and now that you have…
 もちろん私達のキスのことは覚えてるわ。いつも思ってるのよ。今もあのココナツのぶつかり合う音が耳に残ってるわ。私・・あなたが愛してくれないと思ったから、言わなかったのよ。でも、わかったわ、あなたも・・(もう一度キスしようとする)

Rachel: Whoa! Whoa-whoa-whoa-whoa! Whoa! Whoa!
 (逃げて)ウワオ! ウワッウワッウワオ!ウワオ!

Melissa: Aww, look who’s being suddenly shy. You can’t tell me you don’t feel what I feel. Nobody can kiss that good and not mean it.
 まあ、今さら恥ずかしがっちゃって。私と同じ気持ちじゃないなんて言わせないわよ。あんな素敵なキスしておいて、何の意味もないなんて。

Rachel: I-I-I-I’m just…I’m just a good kisser!
 わ・・わ・・・私はただ・・ただキスが上手なのよ!

Melissa: Shut up!
 お黙り!(ショック)

Rachel: I’m sorry!
 ごめんなさい。

Melissa: Oh, you don’t have to be sorry. I’m…I’m obviously kidding. I’m not in love with you. (To Phoebe) I’m not in love with her. I don’t hear coconuts banging together. Yeah, I don’t…picture your face when I make love to my boyfriend. Anyway, I gotta go. Eh…kiss good-bye? No? Okay.
 あやまらなくてもいいのよ。私・・私のは冗談に決まってるでしょ。あなたを愛してなんていないわよ。(フィービーに)彼女を愛してるんじゃないのよ。ココナツがぶつかる音なんて聞いてないわよ。ええ。・・ボーイフレンドとする時にあなたの顔を思い描いたりしてないわよ・・とにかく、もう行かなくちゃ。・・さよならのキスは? ダメ? わかったわ。(タクシーに乗って去る)

Rachel: Wow! I mean I had no idea that that would… What the hell was that?!
 ワオ・・まさかこんなことになるなんて・・(突然フィービーにキスされる)今のはいったい何よ?!

Phoebe: I just wanted to see what all the fuss was about.
 いいキスなんてあんなに騒いじゃって、いったいどんなかと思って。

Rachel: And?
 それで?

Phoebe: I’ve had better.
 そこそこね。

《ラルフローレン:タキシード試着中のチャンドラー》

Chandler: All right! I found one that fits!
 (試着室から)よし! 合うのが見つかったぞ!

Rachel: Well, you know what they say, the 23rd time’s the charm. . . Aww, look at you, all handsome!
 よく言うわよね、23度目の正直って・・・。(チャンドラーが出てくる)まぁ、本当に素敵よ。

Chandler: Whose is it?
 これは誰の?

Rachel: Oh, does it matter?! All that matters is that you look so handsome.
 あら、どうでもいいじゃない。あなたがハンサムだってことで十分よ。

Chandler: Whose is it?
 誰の?

Rachel: I don’t want to say.
 言いたくない。

Chandler: Oh, come on! I don’t care! Come on! Whose is it?
 なんだよ、いいじゃないか。気にしないから! ほら、誰の?

Rachel: Diane Keaton.
 ダイアン・キートン。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ



posted by らんち at 00:51| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。