2013年10月24日

7-19 The One With Ross and Monica’s Cousin

7-19 ロスとモニカのいとこの話

 ☆いとこはボンド・ガール☆

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Phoebe: Oh, hey! How was your audition?
 あら、ねぇ、オーディションどうだった?

Joey: I’m sorry, do I know you?
 失礼ですが、前に会いました?

Phoebe: What are you doing?
 何してるの?

Joey: Nothing, I’m just practicing blowing you off because I’m gonna be a big movie star!
 別に。知らないふりをする練習したんだよ。これから映画のビッグスターになるんだからな!

Phoebe: Oh! You got it?!
 まぁ! じゃあ受かったの?

Joey: Well, no, not yet. But the audition went really good.
 いや、まだだけどね。でも、オーディションはすごくうまくいったんだ。

Monica: What was it for?
 どういう役?

Joey: Oh, it’s this big budget period movie about these three Italian brothers who come to America around the turn of the century. It’s really classy! Oh, and the director is supposed to be the next next Martin Scorsese.
 大金をかけた歴史映画で、1900年頃アメリカにきたイタリア人の3人兄弟の話なんだ。本当にいい映画なんだ! 監督は、次の次のマーティン・スコセッシって言われてる人なんだ。

(big budget = 一億ドル以上の予算の大作に使われることが多い)
(turn of the century = 1890〜1910年頃)

Phoebe: The "next next"?
 次の次の?

Joey: Yeah, there’s this guy from Chicago who’s supposed to be the next Martin Scorsese, all right? But then this guy’s right after him. . . Hello!
 うん。シカゴ出身で、次のマーティン・スコセッシって言われてる人がいるんだよ。で、今度の監督は、その人のすぐ次って言われてる。(携帯が鳴る)もしもし!

Estelle: Joey! It’s Estelle! I just talked to the casting people: they loved you!
 ジョーイ! エステルよ! キャスティングの人達といま話したんだけど、あんた気に入られたわよ!

Joey: They loved me!
 (モニカとフィービーに)俺気に入られたって!

Estelle: Yeah, they wanna see you again tomorrow.
 ええ、また明日来てほしいって。

Joey: Oh, my God!
 うわぁ、やった!

Estelle: There’s just one thing. Do you have a problem with full-frontal nudity?
 一つ聞きたいんだけどね。正面からのフル・ヌードは問題?

Joey: Are you kidding me? I never rent a movie without it! . . . Oh. . . Uh, okay, uh let me call you back.
 冗談だろ? それのない映画なんか借りたことないぞ! ・・ああ・・ああ、そうか。じゃあまたかけ直すよ。

Phoebe: What’s the matter?
 どうしたの?

Joey: They want me to be totally naked in the movie!
 映画の中でヌードになれっていうんだよ。

Monica: Wow!
 ワオ!

Joey: I know! My grandmother’s gonna see this!
 そうなんだよ! おばあちゃんも見に来るのに。

Phoebe: Grandma’s gonna have to get in line.
 おばあちゃんも並んで見ないとね。

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Hey, the wedding is so close! Are you getting nervous?
 ねぇ、結婚式も近くなってきたわね! 心配になってこない?

Monica: Yeah. But a part of me also can’t wait till it’s over. Chandler and I have this pact not to have sex again until the wedding.
 そうね。だけど、早く終ってほしいとも思うわ。チャンドラーと、結婚式が終わるまではもうセックスしないって約束してるの。

Ross: A "no sex" pact, huh? I actually have one of those going on with every woman in America.
 セックスしないだって? 僕なんかアメリカ中の女性とその約束してるよ。

Monica: Hey, Phoebe, will you give me a hand?
 ねぇ、フィービー、ちょっと手を貸してくれる?

Phoebe: Sure.
 ええ。

Monica: I gotta make up the guest bedroom. . Hey, Cousin Cassie is coming to stay with us for a few days.
 ゲスト用に寝室の用意をしなきゃいけないの。(ロスに)ねぇ、イトコのキャシーが数日泊まりにくるのよ。

Ross: Cassie?
 キャシー?

Monica: Uh-hmm.
 ええ。

Ross: Wow, I haven’t seen her in, like, forever. I wonder if she still carries that Barbie everywhere she goes.
 ワオ! 彼女とは随分会ってないな。彼女、今もまだ、どこへ行くにもバービーを持ってるのかな。

Monica: Ross, she’s 25 years old.
 ロス、彼女ももう25歳よ。

Ross: So what! I still have−No, you’re probably right.
 それがなに? 僕なんかまだ・・いや、そうだな、きっと。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica&Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hey, Pheebs, can I talk to you over here for a second?
 ねぇ、フィーブス、ちょっとこっちで話せる?

Phoebe: Yeah!
 ええ。

Monica: Subtle, guys!
 さりげないわね、あなた達!

Phoebe: What?!
 なに?

Monica: I know you’re planning my surprise bridal shower.
 私のためにブライダル・シャワーをサプライズで用意してくれてるって知ってるのよ。

Rachel: Well, okay, don’t ruin it! Just play along at least!
 あら、そう。ダメにしちゃわないでね。少なくとも気づかないフリしていてよ。

Monica: Okay. Sorry.
 わかった。ごめんね。(ゲストルームへ行く)

Rachel: Oh, my God! We have to throw her a shower?!
 (フィービーに)なんてことなの! 私達パーティしてあげなきゃいけないの?!

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Monica: Hey! What did you decide to do about the movie?
 ねぇ、映画のこと、どうするか決めた?

Joey: I don’t know! It’s not like it’s porn! This is a serious, legitimate movie, you know? And the nudity is really important to the story.
 まだだよ。ポルノっていうわけじゃないんだ。これはシリアスな、まじめな映画なんだよ。ヌードになるのは、ストーリー上必要なことなんだ。

Monica: That’s what you say about porn.
 あなたポルノの時そう言うじゃない。

Joey: You’re right. Maybe I shouldn’t even go on the callback.
 そうだな。もう二次面接に行くのもやめるべきかもな。

Monica: No! No, you should! A lot of major actors do nude scenes! I mean, the chance to star in a movie? Come on!
 いえいえ、行くべきよ。名の知れた俳優達もヌードシーンやってきてるわ。映画スターになるチャンスなのよ、頑張ってよ!

Joey: That’s true. And I am only naked in one scene. Plus it sounds really great. My character’s catholic and he falls in love with this Jewish girl. Who run away together and they get caught in this big rainstorm. So we go into this barn and undress each other and hold each other. It’s really sweet and-and tender.
 そうなんだよな。裸になるのは1シーンだけだしな。それに、すごくいい感じなんだよ。俺の役はカソリックなんだけど、ユダヤの女の子と恋に落ちるんだ。それで一緒に逃げて、嵐にあってしまうんだ。それで2人で納屋に逃げ込んで、互いの服を脱がせて抱き合う。本当に優しくて繊細な感じなんだ。

Monica: Plus, everyone’s gonna see your thing.
 それに、みんなが見ることできちゃうしね。

《フィービーの部屋》

Phoebe: When can we have this shower?
 ブライダルシャワーいつできる?

Rachel: She has got so much going on we have only two options. We have Friday…
 彼女はすごく忙しいから、できる日は2日しかないわ。金曜日と・・

Phoebe: Well, that’s only two days away. What is the other option?
 金曜日まで2日しかないわよ。他の日は?

Rachel: Yesterday!
 昨日よ!

Phoebe: Well, if we make it yesterday, woo-hoo! We’re done!
 じゃあ昨日にしたら、やったー! もうできた!

Rachel: Oh, my God, Phoebe, this is impossible! We can’t do this by Friday! We have to find a place. We have to invite people! We have to get food! There’s just too much to do! It’s impossible! We can’t do it! We cannot do it! We cannot do it!
 ああ、もうダメよ、フィービー、こんなのできないわ。金曜日になんてできたいわ。場所を見つけないといけないし、人を招待しなきゃいけないのよ。食べ物も用意しなきゃいけないし、することだらけよ! 無理よ! できないわ! できない! できないわよ!

Phoebe: Rachel, calm down!
 レイチェル、落ち着いて!

Rachel: Okay. I’m sorry. You’re right, you’re right.
 そうね。ごめん。その通り、その通りだわ。

Phoebe: Just calm down, woman!
 (両肩を揺さぶり)おちつくのよ、あなた!

Rachel: Phoebe, I already, I already did.
 フィービー、私、もう、落ち着いたから。

Phoebe: Oh, okay. All right, then I need to calm down a little.
 ああ、そう。そうか。じゃあ私がちょっと落ち着かないとね。

Rachel: Okay. Okay. I think we can do this if we just get organized. All right? We have two days to plan this party. We just need to make fast decisions! Okay? All right, where are we gonna have it?
 いいわ。わかった。きちんと考えればできるわよね。でしょ? パーティのプランを立てるのに2日あるわ。早く決めればいいのよ。ね? よし、どこでやる?

Phoebe: Uh, here. What time?
 ここ。時間は?

Rachel: 4 o’clock. Food?
 4時。食べ物は?

Phoebe: Finger sandwiches and tea.
 サンドイッチと紅茶。

Rachel: Ooh, great! Very Monica.
 ああ、いいじゃん! モニカっぽい!

Phoebe: And chili!
 それとチリ。

Rachel: Ah you went one too far. Uh, flowers or balloons?
 行き過ぎ。飾りは、花か、風船か?

Phoebe: Both!
 両方!

Rachel: We’re paying for this, you know.
 私達がお金出すのよ。

Phoebe: Neither.
 なし。

Rachel: Okay. Umm, what should we do for the theme?
 よし。テーマはどうする?

Phoebe: Lusts of the flesh.
 肉欲。

Rachel: . . . What?
 ・・・は?

Phoebe: I don’t know. A cowboy theme?
 わかんない。カウボーイのテーマ?

《モニカ達の部屋》

Chandler: Hey!
 やあ!

Monica: Hey!
 ハーイ。

Chandler: You know, I’m-I’m really glad we decided not to sleep together before the wedding.
 なぁ、結婚式まで俺たち寝ないって決めたのはよかったと思うよ。

Monica: Oh, boy, me too.
 ああ、ほんと、同感よ。

Chandler: You know, I was thinking if we had a…a big fight and uh we broke up for a few hours…
 思ったんだけど、もし俺たちが大げんかして、数時間別れたら・・

Monica: Yeah?
 それで?

Chandler: Technically we could have sex again. What do you think, bossy and domineering?!
 厳密にいって、俺たちセックスしていいことになるよ。どう思う? 傲慢ないばりん坊め。

Monica: The wedding is off, sloppy and immature!
 結婚式はなしよ。だらしないガキめ!

Chandler: That’s me! Come on!
 それが俺だ! 行こう!

Monica: Okay. . . But wait, we can’t. My Cousin Cassie is in the guest room, we’re supposed to have lunch.
 オッケー! ・・でも、待って。ダメよ。いとこのキャシーがゲストルームにいるのよ。ランチに行くことになってるの。

Chandler: Well, get rid of her, obsessive and shrill.
 それじゃ追っ払っちゃおう。しつこくキーキー言うやつめ。

Monica: Shrill?! The wedding is back on!
 キーキー言う? 結婚式は予定通りよ!

(キャシーがゲストルームから来る)
deniseRichards.jpg
(Denise Richards - 007 The World is Not Enough のボンドガール)

Cassie: I thought I heard voices. You must be Chandler.
 声が聞こえたと思ったわ。あなたがチャンドラーね。

Chandler: Hi! Nice to meet you!
 ハーイ! 初めまして!

Cassie: Nice to meet you too.
 初めまして。

Monica: So, ready to go?
 じゃ、もう行ける?

Cassie: Yeah.
 ええ。

(キャシーが、まとめていた髪をセクシーにふりほどくので、見とれるチャンドラー)

Monica: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: I’ll be right with you.
 (うわのそら)すぐ行くよ。

《セントラルパーク:チャンドラーとモニカが来る》

Monica: Cassie needs to stay at your place.
 (ロスに)キャシー、あなたのところに泊めてあげて。

Ross: What−why?
 えっ。なんで?

Monica: Because "Pervie Perverson" over here can’t stop staring at her.
 この「ヘンシツ・ヘンタイソン」が彼女を見つめずにいられないからよ。

Ross: What?! Chandler, she’s our cousin!
 なんだって? チャンドラー、彼女は僕らのいとこなんだぞ!

Chandler: I was not staring at her. Okay? I was just listening intently. It’s called being a good conversationalist. Watch. . . Say something.
 見つめていたんじゃないよ。いいか、ただ、一生懸命話を聞いていただけだ。つまり、いい聞き手だったっていうだけだ。ほら見て(モニカの目を見つめる)何か言って。

Monica: You were staring about eight inches south of there.
 あなたはそこから8インチ下を見つめていたんだけど。

(eight inches = 20.32cm)

Ross: Fine, she can stay at my place. By the way, what does Cassie even look like now?
 わかったよ。うちに泊まればいいさ。ところで、今の彼女ってどんな感じ?

Monica: She looks exactly like Aunt Marilyn.
 マリリンおばさんにそっくりよ。

Chandler: Umm, so this Aunt Marilyn is-is-is she coming to the wedding?
 それじゃ、そのマリリンおばさんってのは、その、結婚式に来るの?(あふれる期待感)

Monica: Wafer thin ice!
 あなた薄氷の上よ!

《キャスティング・ディレクターの部屋》

Joey: Hey, I’m back!
 やぁ、また来たよ。

The Casting Director: Hi-hi, Joey.
 あら、どうも、ジョーイ。

Joey: Uh so, will-will I be reading the same scene again?
 それじゃ、昨日と同じシーンを読めばいい?

The Casting Director: Actually, I tried to call you. You didn’t need to come down here today.
 実は、連絡取ろうとしてたのよ。今日は来ることなかったの。

Joey: Oh, great! You know, I would’ve been perfect for this part, but whatever! You know, thanks for making a bad decision and ruining your movie! Good day!
 ああそうか! 俺はこの役にピッタリなのに、もう何でもいいさ! 俺を落として映画をダメにしたな! それじゃどうも!(出て行こうとする)

The Casting Director: Wait, Joey! You didn’t need to come down because the director saw your tape from yesterday and loved it.
 待って、ジョーイ! 監督が昨日のビデオを見てとても気に入ったから、今日は来なくていいっていうことなのよ。

Joey: End scene! Huh? Wasn’t that fun? We did a little improv there. Yeah! Okay! So you-you-you were saying?
 ・・シーンここまで(おじぎ)ね? おもしろかったろ? ちょっとアドリブだったけどね。ああ、そうか! それで、なんだっけ?

The Casting Director: Well, the director thinks you’re really right for the part and wants to meet you tomorrow.
 監督は、あなあたが役にピッタリだからって、明日会いたいそうよ。

Joey: Wow! Sure! That’s great!
 ワオ! 了解。それはすごいや!

The Casting Director: Oh, and your agent said you were okay with the nudity.
 あ、それから、エージェントから、あなたがヌードもオーケーだって聞いたけど。

Joey: Yeah! Yeah sure, just so long as it’s handled tastefully and that barn is not too cold.
 ああ、そうだよ。ただ品よく撮ってもらえて、それから納屋が寒すぎなければいいよ。

The Casting Director: Terrific! Well, there’s one more thing. Uhh, it’s really important to the director that everything in this movie is authentic. Yeah, and so in your love scene with Sarah she talks about how she’s never seen a naked man who wasn’t Jewish. So…
 よかった! それからもう一つ。監督がいうには、この映画に関しては何もかも本物でやることが大事だっていうの。だからね、あなたとサラのラブシーンでは、彼女が、ユダヤ人じゃない男性の裸は初めて見たって言うのよ。だから・・

Joey: So…What?
 だから・・どういうこと?

The Casting Director: So uh well, the director is insisting that whoever play that part be authentically, anatomically, not Jewish. Do you know what I’m saying?
 だから・・あのね、監督はこの役の人は、本当に、解剖学的にいって、ユダヤ人ではダメだっていうの。言ってる意味わかる?

Joey: Yes!
 ああ!

The Casting Director: Okay.
 よかった。

Joey: No. What?
 いや。どういうこと?

The Casting Director: An Italian Catholic immigrant at this time would not be…
 この時代のイタリアからのカソリックの移民者は、その・・

Joey: Bar mitzvah-ed?
 バル・ミツワーが済んでる?(首を振るキャスティング・ディレクター)

《モニカ達の部屋》

Monica: So to get this part, you can’t be?
 それじゃ、その役をやるには、あなたはそれじゃダメなのね?

Joey: Nope.
 ああ。

Monica: But you are?
 だけどあなたは?

Joey: Yep.
 そう。

Monica: But you told them you weren’t?
 でもあなたは、そうじゃないって言っちゃったの?

Joey: That’s right.
 その通り。

Monica: Wow! Wow! And it’s definitely all gone? There’s nothing there to work with? What were you thinking?
 そんな! そんな! もう全部なくなっちゃってるんでしょ? 少しでも何とかできるもの残ってないんでしょ? あなた、何考えてたの?

Joey: I don’t know! I really want this part! And they tell you no matter what you get asked at an audition you say yes. Like if-if they want you to ride a horse, you tell ‘em you can! And just figure out how to do it later.
 わからないよ! 本当にこの役が欲しかったんだよ! オーディションで何を聞かれても、俺たちはイエスって答えるように言われてるんだ。馬に乗れるかって言われたら、乗れるって答えるんだ。そして後からどうするか考えるんだよ。

Monica: Joey! This is not like learning to ride a horse! This is like learning to…grow a turtleneck!
 ジョーイ! これは乗馬を習うのとはわけが違うわ。これはなんていうか・・タートルネックを生やすようなものよ!

Joey: I know! I know, okay? And apparently tomorrow when I go in to meet the director I have to take off my clothes so that they can see what my body looks like.
 わかってる、わかってるよ。それでさ、明日、監督に会いに行った時、服を脱いで体を見せないといけないんだ。

Monica: Oh, my God, what are you gonna do?!
 なんてことなの、あなた、どうするつもり?

Joey: I just have to call my agent and tell her I can’t do the part.
 もうエージェントに電話して、できないっていうしかないよ。

Monica: Unless!
 それか・・

Joey: Unless what?
 それか何だ?

Monica: Well, this may sound crazy, but there maybe something we could fashion.
 こんなの変に聞こえるだろうけど、何か作れるかもしれないわ。

Joey: Like what?
 たとえばどんな?

Monica: Well I’m not sure yet, but umm, off the top of my head I’m thinking double sided tape and some sort of luncheon meat.
 まだはっきりわからないけど、まず考えられるのは、両面テープと、ハムか何かかしら。

luncheonMeat.jpg(luncheon meat)


《ジョーイの部屋》

Phoebe: Hey! I’ve got a great idea for party favors for the shower. Okay, we get some uh mahogany boxes and carve everyone’s names in them and inside is each person’s individual birth stone.
 ハーイ、パーティのおみやげについて、すごいアイデアがあるの。ね、マホガニーの箱に、みんなの名前を彫って、内側には、それぞれの人の誕生石をつけるのよ。

Rachel: Okay. Okay. All right, you take care of that. And meanwhile, the party is tomorrow and we still don’t have a guest list.
 いいわね。いいわ。それじゃ、あなたがそれを用意してね。ところで、パーティは明日なのに、まだ招待客のリストもないのよ。

Phoebe: Okay. Okay! Well, okay, who do we know that’s coming? Me. Are you?
 そう、そうね! 誰が来るかっていうと・・まず、私、それと、あたなも?

(モニカが来る)
Monica: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Hey! What’s up, Mon?
 あら、どうした、モン?

Monica: Well uh, I’m trying to make something for Joey. Do you mind if I raid your fridge?
 私、ジョーイに何か作ってあげようと思って。冷蔵庫から何かもらっていい?

Rachel: Have at it.
 どうぞ。

Monica: All right, turkey. Eh, that won’t work. Cheese? That won’t work. Olive loaf? I hope that won’t work.
 (冷蔵庫を見て)そうね・・ターキー・・それはダメね。チーズ? それもダメだわ。オリーブ・ローフ? 使えたら困るわね。

Rachel: Are you making him a sandwich?
 サンドイッチ作ってあげるの?

Monica: No, it’s umm, more like a wrap. Okay, so uh, I’m gonna go, guys.
 ううん。なんていうか、包む方ね。それじゃ、私はもう行くわ。

Phoebe and Rachel: Okay.
 はーい。

Monica: So you can get back to deciding on what to get me for a present!
 それじゃ、私のプレゼント選びに戻ってね!(出て行く)

Rachel: We have to get her a present?!
 プレゼントも用意しなきゃいけないの?!

Phoebe: Okay, but look! Look at what I got! It’s her address book! . . We have a guest list!
 でも見て! ほら、私これとったわよ。彼女のアドレス帳! (見せる)招待客のリストよ!
 
Rachel: Oh, my God, you’re amazing! Did you just pull that out of her purse?
 まぁ、素敵、あなたって素晴らしいわね! 今それを彼女のバッグから取ったの?

Phoebe: Uh-huh, and a little seed money for the party.
 そうよ。そしてパーティの費用の足しもね。(お札を見せる)

《ロスの部屋:キャシーが来る》

Ross: Cassie?!
 キャシー?!

Cassie: Hey, Ross!
 ハーイ、ロス!

Ross: Hey!
 やぁ!

Cassie: It’s been so long! Last time I saw you, you were setting up your tent in line to see Return of the Jedi.
 (ハグ)久しぶりね! 前に見た時、あなたは『ジェダイの帰還』を見るためにテントで並んでたわね。

Ross: Oh. Oh, that’s right. So-so you did see me that day, because it seemed like you didn’t.
 あ。ああ・・そう。それじゃ、あの日僕を見たんだね。気づかなかったみたいに見えたけど。

Cassie: Ah, yeah, sorry about that.
 ああ、そうだったわね、ごめん。

Ross: It’s okay. Come, come on in.
 いいんだ。ほら、入って。

Cassie: Thanks for letting me stay here! I mean Monica’s place was nice, but her fiancé sure stares a lot.
 泊まらせてくれてありがとう! モニカのところはよかったんだけど、でも彼女のフィアンセったら本当に見つめてきて。

Ross: Oh.
 そう。。(セクシーキャシーを見つめる)

Cassie: Oh, my God! You do a great Chandler!
 まぁ、あなたったら! チャンドラーのマネすごく上手ね!

Ross: Uh-huh. Yeah, I-I have a knack for impressions.
 ああ、うん。モノマネが得意なんだよ。

Cassie: Well, maybe after we get reacquainted uh, you can do me.
 それじゃしばらく一緒に過ごしたら、私のマネもできるわよね。

Ross: Yeah−No!!
 うん・・・いいや!

《ロスの部屋:時間経過》

Ross: Cassie, how you-how you doin’ on that…hot dog.
 キャシー、どう・・ホットドックは食べたかな。。

Cassie: I’m all done.
 食べたわ。

Ross: Thank God.
 (小声で)助かった・・

Cassie: I guess the last time we really hung out was when our parents rented that beach house together.
 私達が最後に一緒に過ごしたのって、両親達が一緒にビーチハウスを借りた時よね。

Ross: Oh, right. Right. Ooh, remember the time I uh, I pinned you down and tickled you until you cried? We’re probably too old to do that now.
 ああ、そう、そうだったね。覚えてる? あの時、僕は君をおさえつけて、君が泣き出すまでくすぐったよね? もう今あれはやっちゃいけないよね。

Cassie: I’ll always remember that summer, because it’s when I got all of these freckles.
 あの夏のことはずっと覚えてるわ。だって、このソバカスができたのはあの時なのよ。(ブラウスの肩をずらして見せる)

Ross: Uh-huh! Uh-huh! And-and-and I’ll always remember that summer because that’s when I realized that we are related.
 ああ! ああ! 僕もあの夏の事はずっと覚えてるよ。あの時、君とはイトコ同士だって気づいたからね。

Cassie: It took you that long to figure it out, huh?
 そんなに遅くまで知らなかったのね?

Ross: I’m, I’m a little slow. . . Just as our children would be.
 僕は・・僕はちょっと鈍感でね・・(独り言で)僕らの子供もそうだろうね。

《フィービーの部屋でのブライダルシャワー》

Phoebe: Hi!
 (ゲスト達に)ハーイ。

Woman: Hi!
 どうも。

Phoebe: How are you? . . . Good. . . Hi, thanks for coming.
 元気? よかった・・(他の人達に)ハーイ、来てくれてありがとう。

Woman: Oh, thank you.
 ああ、ありがとう。

Phoebe: Thank you. . . No? All right. . . Oh, it’s so nice to see you.
 ありがとう。(他の女性に)いらない? そう。(他の人達に)あ、初めまして。

Woman: No.
 (食べ物を)いいえ。

The Other Woman: No thanks.
 結構よ。

Phoebe: Okay. Hey, Rach?
 わかったわ。(レイチェルのそばへ行く)ねぇ、レイチ。

Rachel: Yeah?
 んん?

Phoebe: Who the hell are all these people?
 この人達、いったい誰?

Rachel: Well, I don’t know. I called all the people in Monica’s phone book and these are the only ones who could show up on 24 hours notice.
 わからないわ。モニカのアドレス帳の全員に電話かけて、急な招待で来られた人だけが来たのよ。

Phoebe: Hmm, you know, there’s another word for people like that: Losers.
 そう。そういう人のことなんて言うか知ってる? ダメ人間よ。

(女性が近づいてくる)
Rachel: Hi! I’m Rachel. This is Phoebe. I’m the maid of honor. How do you know Monica?
 ハーイ、私はレイチェル。こちらはフィービーよ。私は付き添い人なの。モニカとはどういうお知り合い?

Woman: I was her accountant four years ago.
 4年前彼女の会計士だったの。

Rachel: Ohhhh!
 ああ!

Woman: I’m very interested to find out who’s been doing her taxes these last four years.
 この4年間、彼女が誰に税金とか見てもらってたのか、すごく興味があるわ。

Rachel: That’s great!
 それはいいわね!

Woman: So, what time is Monica supposed to get here?
 それで、モニカはいつ来るの?

Phoebe and Rachel: I don’t know.
 知らないわ。

Rachel: Excuse us for a minute. . . You didn’t tell her to come?!
 (女性に)ちょっと失礼。(フィービーと2人になり)あなた彼女に来てって言ってないの?

Phoebe: You were supposed to tell her!
 あなたが言うはずだったでしょ!

Rachel: No, I wasn’t! You were supposed to tell her to come, and I was supposed to bring the cake!
 違うわよ! あなたが来てって伝えて、私がケーキを受け取ってくる役よ。

Phoebe: Fine, I’ll go call her.
 わかったわよ。彼女に電話してくるわ。

Rachel: Yes! And please tell her to bring a cake!
 わかった! そうしたら、彼女に、ケーキもってくるように言ってちょうだい。

《ジョーイの部屋:モニカがトレイに色々乗せてくる》

Monica: Okay, we have a lot of options here, a number of prototypes for you to try on.
 いい? いろいろあるわよ。つけてみる見本がいっぱいよ。

Joey: Wow! This looks great!
 ワオ! これはすごいな!

Monica: Yeah! Okay, this one is a mushroom cap. Umm, this one is made of bologna.
 でしょ! これはマッシュルームの傘。これは、ボローニャで作ったの。

Joey: And-and-and the toothpicks?
 この、この爪楊枝は?

Monica: Oh, just until the glue dries.
 ああ、それは接着剤が乾くまでつけてるだけよ。

Joey: Thank God!
 ああ、よかった!

Monica: Now, these are more realistic, but perishable.
 で、これはリアルなんだけど、腐りやすい。

Joey: Ah.
 ああ。

Monica: Okay? Over here, we have pink suede, which is nice. But umm, if it gets wet, then you know, it’s gonna shrink.
 いい? こっちは、ピンクのスエードで、素敵なんだけど、濡れると縮んじゃうの。

Joey: Well, maybe we just take that one away.
 そうか、それじゃそれはどけておこうか(投げる)

Monica: I also, did a little something in fur. But umm, that’s really just for me. . . So, why don’t you go into your room and try these on? And we’ll see−get a better idea of what’s gonna work.
 ファーで作ってもみたんだけどね、でもこれは実際、私用なのよね(頬をなでる)それじゃ、部屋へ行ってこれを試してみたら? そして、どれが使えるか見るのよ。

Joey: Thanks, you are such a good friend. And this is so weird. . . Ow!
 ありがとう。君ってホントいい友達だな。これってホント変だけど。(部屋に行く)痛っ!

Monica: Toothpick?
 爪楊枝?

Joey: Yeah.
 うん。

Monica: What are you trying on now?
 今は何をつけてみてる?

Joey: The fruit roll up.
 フルーツの巻いたの。

Monica: And?
 それで?

Joey: Delicious.
 おいしい。

Monica: Joey!
 ジョーイ!

Joey: Wait a minute! Wait a minute! We have a winner!
 ちょっと待て! ちょっと待てよ! 勝者が決まったぞ!

Monica: What?! Which one?!
 なに? どれ?

Joey: The Silly Putty! It’s not so silly anymore!
 (部屋から出てくる)シリー・パテだよ! もうそんなシリーとは言えないぞ!(ハグ)

homemade-Silly-Putty.jpg
(Silly Putty)
(silly = 愚か、バカな)

《ロスの部屋:映画を見る2人》

Ross: She’s your cousin. She’s your cousin! If she knew what was going on in your head she’d think you were sick! . . . Or would she? Let’s back up a second. She was the one who suggested opening a bottle of wine. She was the one who turned down the lights. She was the one that wanted to rent Logan’s Run, the sexiest movie ever. . . Oh, I know that look. Forget it. I want it. She wants it. I’m going in.
 (心の声)(彼女はおまえのイトコなんだ。彼女はおまえのイトコ! おまえが何考えてるかわかったら、ビョーキだと思われるぞ。(キャシーがロスの膝に置いたポップコーンを取る)本当にそうかな? ちょっと思い出してみよう。ワインを開けようって言いだしたのは彼女だ。部屋を暗くしようって言ったのも彼女だ。「2300年未来への旅」なんていう一番セクシーな映画を借りたいって言ったのも彼女だ。(キャシーがロスの後ろの毛布を取って、目が合う)ああ。あの目の意味、知ってるぞ。もういい。僕も欲しい、彼女も欲しい。僕は行くぞ。)(ロスがキスをしようと近寄り逃げられる)

Cassie: Hey! What the hell are you doing?!
 ちょっと! いったい何する気?

Ross: (Say something clever! . . . Okay, doesn’t have to be clever, it just has to be words. Say some words. . . Any words will do. . Oh, my God! This is the longest that anyone has not talked ever! . . . There is nothing you can say to make this worse!! So just say something!! . . .) … I-I, I uh haven’t had sex in a very long time. . . (Yeah, you really shouldn’t have said anything.)
 (心の声)何かうまいこと言うんだ。・・・よし、もううまくなくてもいいから、何か言葉であればいい。何か言葉を言うんだ・・・・どんな言葉でもいい・・・ああ、なんてことだ! こんなの史上最長の沈黙だ・・・これ以上悪くなることなんてあり得ない! だからとにかく何か言うんだ! ・・・・(声に出して)僕・・僕は・・ずいぶん長い間セックスしてないんだ。(心の声)何も言わない方がまだよかった。

《フィービーの部屋を訪れたモニカ》

Monica: Phoebe! Rachel! It’s Monica! I wonder what you could possibly need me for on such short notice! . . . Oh.
 フィービー! レイチェル! こんな急に、急いで来いなんて、どういうことかしら? (ドアを開けると、レイチェルとフィービーの2人だけ)あら。

Rachel: Oh, Monica, we are so sorry.
 ああ、モニカ、本当にごめんなさい。

Monica: For what?
 何が?

Rachel: Well, first, for forgetting to throw you a bridal shower.
 まず、あなたのブライダルシャワーのこと忘れてて。

Phoebe: And then for forgetting to invite you to it.
 そして、あなたをそれに招待するのを忘れてて。

Monica: You al-you already had it?
 じゃあ・・もう終っちゃったの?

Phoebe: Yeah. Well, we called everyone in your phone book and a bunch of people came, but it took us so long to get you here that they-they had to leave.
 ええ。あなたのアドレス帳の全員に電話をかけて、みんな来てくれたんだけど、でも、あなたを呼ぶのが遅かったから、みんな帰っちゃったの。

Rachel: Yeah, we wanted to throw you a big surprise and a great shower, and now you don’t have either.
 そうなの。素敵なサプライズのブライダルシャワーにしたかったのに、ダメになっちゃった。

Phoebe: We ruined everything.
 私達、みんなめちゃめちゃにしちゃったの。

Rachel: Ugh…
 ああ。

Monica: Well, no, wait a minute, that’s not true! No, what did, that was really sweet. And it kinda works out for the best.
 あら、待って、そんなことないわよ。ううん、いいの。優しいのね。それに、これでよかったのよ。

Rachel: What do you, what do you mean?
 どういうこと?

Monica: Well, now, I get to spend my shower with the only people I really love! I mean, I get all those presents without having to talk to people I don’t even like!
 これで、私のブライダルシャワーを本当に好きな人と過ごせるわけでしょ。好きでもない人と話さずに、プレゼントはもらえるんだもの!

(あちこちに隠れていた人が立ち上がり、とても気まずい)

Rachel: Surprise…Monica.
 サプラーイズ・・モニカ・・。

Phoebe: Sur-surprise.
 サ・サプラーイズ・・・

《キャスティングディレクターの部屋》

Joey: And what’s cool is, the character is from Naples, right?
 すごいのが、このキャラクターはナポリから来てるってことなんだよね?

The Director: Yeah.
 ああ。

Joey: My whole family’s from Naples!
 僕の家族もナポリから来てるんだよ。

The Director: Oh, that’s great! Okay, well, I’ve heard everything I need to hear. I just need to uh, Leslie…
 ああ、それはすごいね! それじゃ、必要なことは全部聞かせてもらったよ。あとはもう・・えーと・レスリー・・

The Casting Director: Joey, this is the awkward part.
 ジョーイ、ここが言い難いとこなんだけど。

Joey: Oh! Hey, right! Not a problem. . . I totally understand. You need to, you know, make sure I don’t have any horrible scars or tattoos. Don’t you worry; I have nothing to hide. . . So there you go, that’s me. . . One hundred percent natural! . . . I tell ya, that has never happened before.
 ああ、いや、問題ないよ!(服を脱ごうとする)わかります。ひどい傷とかタトゥーとかないことを確かめないとね。心配しないで。何も隠すようなものはないから。(ズボンをおろして立つ)それじゃ、これが僕ですよ。100%天然です。(突然ボトッと何かが落ちる)いや、こんなことは初めてですよ。

《フィービーの部屋:キャシーが泊まりにきている》

Phoebe: Cassie, are you finding everything okay in there?
 キャシー、何もかも揃ってるかしら?

Cassie: Yeah! Thank you so much for letting me stay here.
 ええ! 泊まらせてくれて本当にありがとう。

Phoebe: Oh! No problem! I…
 あら、いいのよ! 私・・
(キャシーが髪をほどくセクシーなスローモーション。見とれるフィービー)

Cassie: What?
 なに?

Phoebe: Say something! Say anything! Ask her out! She’s not your cousin!
 (心の声)何か言うのよ! 何でもいいから! 誘っちゃえば! イトコじゃないんだし!




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 00:40| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。