2013年10月23日

7-18 The One With Joey’s Award

7-18 ジョーイの受賞式の話

 ☆ジョーイの授賞式☆

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Hey! You guys! You’re not gonna believe this! I just got off the phone with my agent…
 なぁ、聞いて! 信じられないような話だぞ! 今、エージェントから電話があって・・

Phoebe: Oh, my God! . . I’m sorry, too soon. You go.
 まぁ、すごいじゃない! ・・ごめん。早過ぎたね。どうぞ。

Joey: Okay. I got nominated for my part on Days of Our Lives!
 よし、「愛の病院日誌」の役で、ノミネートされたんだ!

Monica: Joey!
 ジョーイ!

Phoebe: Good for you!
 よかったじゃない!

Joey: I know!
 そうなんだよ!

Monica: Congratulations! Wow! I can’t believe you’re nominated for an Emmy!
 おめでとう! すごい! エミー賞にノミネートされたなんて、信じられないわ!

Joey: No-no.
 いや、違うよ。

Monica: Oh, Soap Opera Digest award!
 ああ、ソープ・オペラ・ダイジェスト・アワードね!

Joey: No! I’m up for a Soapie!
 違うよ。ソーピーにノミネートされたんだよ。

Monica: Honey? Is that something you’re making up?
 ねぇ? それあなたが作り上げたものなの?

Joey: No, no, no! It’s real! And it has been, since 1998. . . Hey, Rach! Rach! I’m up for a Soapie!
 いやいや、違うよ! 本当にあるんだよ。1998年からあるんだ。(レイチェルがバスルームから戻る)なぁ、レイチ、レイチ! 俺、ソーピーにノミネートされたんだ!

Rachel: Oh, my God! Oh, my God!! That is like the third most prestigious soap opera award there is!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド! それって3番目に栄誉のあるソープオペラの賞じゃないの!

Joey: Thank you! Well, I guess now I know who I’m taking to the awards.
 ありがとう! これで、誰を発表に連れていくか決まったみたいだな。

Rachel: Oh, stop that! Don’t kid about that! Will all the stars be there?
 あら、やめてよ! 冗談は抜きにしてよね。他のスターもみんな来るの?

Joey: Many are scheduled to appear.
 たくさん来ることになっているぞ。

Rachel: Oh, my God! Oh, my God! I can’t go! I’m gonna be too nervous!
 オーマイゴッド! オーマイゴッド! 行けないわ! 緊張しすぎて行けない!

Monica: Okay, I’ll go!
 いいわ、私が行く!

Rachel: No!! You are getting married! This is all I have.
 ダメよ! あなた結婚するじゃないの! 私にはこれだけなのよ!

《ロスの授業》

Ross: And it was Ernest Muhlbrat who first hypothesized that the Velociraptor, when threatened would expand it’s collar and emit a high pitched noise to frighten off its predators.
(A student raises his hand.)
Yes, Mr. Lewis?
 ヴェロキラプトルが脅威を感じた時、エリ状のものを広げ、かん高い声を上げて、捕食者を脅したのではないかという仮説をたてたのは、アーネスト・マルブラットが初めてであると。(生徒が手をあげる)はい、ルイス君?

Lewis: What kind of noise?
 どういう音?

Ross: Just a high pitched intimidating noise.
 かん高くて圧倒するような音だよ。

Lewis: But like how?
 だけどたとえばどんな?

Ross: Well, we-we don’t know for sure. But in my head it-it sounded something like this. . . Of course, this is just conjecture. Okay, that’s uh, that’s all for today. . . . Mr. Morse, can I see you for a moment?
 ま、我々としてははっきりわかってはいません。だけど、僕の考えでは、こんな音かと思うね(とんでもなくかん高い声をあげる)もちろん、これは単なる推測に過ぎない。それじゃ、今日はここまで。・・・モース君、ちょっといいかい?

Morse: Yes, sir.
 はい。

Ross: Mr. Morse, I need to talk to you about your mid-term exam. I’m afraid I-I had to fail you.
 モース君、中間テストの結果についてだけどね、残念ながら、君は落第だよ。

Morse: Why?!
 なんで?

Ross: Well, you need 60% to pass…
 パスするためには、60%必要だが・・

Morse: What’d I get?
 俺はどれだけ?

Ross: Seven.
 7。

Morse: That’s not so good.
 それはあんまりよくないね。

Ross: No, no, it’s not. What-what happened there, Ned?
 ああ、よくないね。どうしたんだ、ネッド?

Morse: Well, maybe you can cut me some slack. I’m sort of in love.
 大目に見てくださいよ。俺、愛してるみたいな。

Ross: I’m sorry, but, that-that’s really not my problem.
 悪いが、それはまったく僕には関係ないね。

Morse: I’m in love with you.
 俺先生を愛してるんだ。

Ross: Well, that brings me in the loop a little.
 それじゃあちょっとは関係あるのかな。。

Morse: See, that’s why I did so bad on this test. I’m having a hard time concentrating. When you’re up there and you’re teaching and your face gets all serious…you look so good. You wear that tight little turtleneck sweater…
 そのせいで、テストがあんなにひどかったんだ。集中できなくて。先生が教壇にあがって、授業を初めて、真剣な顔になって・・本当に素敵だよ。あのタイトなタートルネックのセーターを着て・・

Ross: Okay! . . Umm, I uh, I’m your teacher. I’m sorry, you’re-you’re a student and I like women. In spite of what may be written on the backs of some of these chairs.
 わかったよ! あー・・・僕は君の教師だ。悪いが、君は僕の生徒であり、僕は女性が好きだ。その辺の椅子に書いてあることとは違ってね。

《セントラルパーク:男性が自分を見ていることに気づくフィービー》

Phoebe: Oh, my God! That guy at the counter is totally checking you out!
 オーマイゴッド! カウンターのあの男性、完全にあなたのこと見てるわよ。

Monica: Really? . . My God, he’s really cute.
 ほんと?(振り返って見る)まぁ! 彼すっごいかわいいじゃないの!

Phoebe: Go for it.
 行ってみたら。

Monica: Phoebe, I’m engaged!
 フィービー、私婚約してるのよ!

Phoebe: I’m just saying, get his number just in case. But no, Chandler is in an accident and can’t perform sexually and he would want you to take a lover to satisfy the needs that he can no longer fulfill.
 ただ、彼の電話番号もらっとけって言うのよ。念のためよ。チャンドラーが事故にあって、不能になっちゃったとしたら、自分の代わりに愛人を作って、欲望を満たしてほしいっていうかもしれないし。

The Cute Guy: Hi!
 どうも!

Monica: Oh. Can I just tell you something? Very flattered, but umm, I’m engaged.
 あら。ちょっと言っていいかしら? とっても嬉しいけど、でも、私婚約してるの。

The Cute Guy: Wow! This is kind of embarrassing. I was actually coming over to talk to your friend.
 ワオ! これはちょっと気まずいな。僕は実は、君の友達に声をかけに来たんだよ。

Monica: Well, you should be embarrassed.
 あら。それはあなた、気まずいわね。(出て行く)

The Cute Guy: I thought you knew I was looking at you.
 (フィービーに)君を見ているってこと、気づいてくれてるかと思ったよ。

Phoebe: I did, but that was really fun.
 気づいてたけど、おもしろかったんだもん。

《ジョーイの部屋:受賞の練習をするジョーイ》

Joey: "The winner is…Joey Tribbiani!" . . . "Oh… Wow! I honestly never expected this. I uh, I didn’t prepare a speech. But umm, I’d like to thank my parents, who’ve always been there for me. I’d also like to thank my friends, Chandler, Monica, Phoebe, Rachel…"
 (司会者のふり)『受賞されたのは・・ジョーイ・トリビアーニ!』(喜んで、メープルシロップのボトルをトロフィーとして持ち、スピーチを始める)「ああ! ワオ・・・本当に意外で・・スピーチの準備なんてしてないんです。でも、ただお礼を言いたいです。(レイチェルが入ってきたが気づかず)まず、いつも僕を支えてくれた両親に。そして、友人にもお礼を言いたいです。チャンドラー、モニカ、フィービー、レイチェル・・」

Rachel: I’m fourth!
 私4番目!

Joey: Jeez!
 (超驚き)もうっ!

Rachel: Look at you with your little maple syrup award!
 まぁ、メープルシロップ賞ね!

Joey: Yeah, may-maybe you don’t tell anyone about this.
 ああ、このこと、誰かに言わないでくれよね。

Rachel: What? No! It’s not a big deal! I do that too, with my shampoo bottle.
 えっ? 何よ、たいしたことじゃないわよ! 私も、シャンプーのボトル使ってやるわよ。

Joey: Really?
 ほんと?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Joey: What award are you practicing for?
 何の賞の練習してるんだ?

Rachel: Grammy, Best New Artist.
 グラミー賞。ベスト・ニュー・アーティストよ。

Joey: Oh, hey, listen! The Soapies people called today, and I also get to present an award.
 ああ、そうだ、なぁ、ソーピーの人から電話があって、俺プレゼンターもやることになったんだ。

Rachel: Oh, that’s great!
 わぁ、すごいじゃない!

Joey: Yeah!
 ああ!

Rachel: So you’ll definitely get onstage, even if you don’t win.
 それじゃあなた、たとえ受賞しなくても、絶対にステージにあがるわね。

Joey: You don’t think I’m gonna win?
 俺が受賞しないと思うの?

Rachel: Of course I do! But you know, favorite returning character is a tough category, Joey. I mean, you’re up against the guy who survived his own cremation.
 もちろんすると思うわよ! だけど、復活賞って厳しいジャンルよ、ジョーイ。火葬から生還した人とかがライバルなんだから。

Joey: Yeah. No, no, I know I might not win. But it’s just…I’ve never even been nominated before! I want it so much.
 ああ。そうだよ、受賞できないかもしれないってことはわかってるけど。でも、ノミネートなんてされたの初めてなんだよ。すごく欲しいんだよ!

Rachel: Well, you’ll probably get it. But you should probably start practicing your gracious loser face. You know, when, like, the cameras are on you, and you wanna look disappointed, but also that your colleague deserved to win. You know? So it’s sorta like…
 まぁ、受賞はするかもしれないけどね、でも、負けても優雅に振る舞う練習はしておいた方がいいわよ。あなたがテレビに映ってる時、がっかりはしたけれども、同僚が受賞したのは当然だっていう顔を見せるのよ。ね? だから、こんな感じよ(諦めて手を叩く風情を見せる)

Joey: Hey!
 いいね!

Rachel: You know?
 でしょ?

Joey: You practice losing the Grammies too?
 君、グラミー賞取れなかった練習もするの?

Rachel: Oh, no, at the Grammies I always win.
 とんでもない。グラミー賞はいつも受賞するわよ。

Joey: Ah.
 ああ。

《モニカのレストランの厨房:フィービーが来る》

Phoebe: Oh, hey!
 ねぇ、ハーイ!

Monica: Hey! How’d your date go with Jake?
 あら! ジェイクとのデートどうだった?

Phoebe: Oh, great! We couldn’t keep our eyes off each other all night and then every once in a while, you know, he’d kinda lean over and stroke my hair and touch my neck.
 最高だったわ! 一晩中見つめ合って、そして時々彼が近寄ってきて、私の髪をなでて首に触れるの。(モニカにその通りにする)

Monica: Okay, stop it, Phoebe, you’re getting me all tingly.
 わかった、やめて、フィービー。ゾクゾクしちゃうわ。

Phoebe: All I could think of was you know, "Is he gonna kiss me? Is he gonna kiss me?"
 考えられることといったら、「彼キスしてくる? キスしてくるのかしら?」

Monica: And did he?
 それでキスしてきた?

Phoebe: I’m a lady, Monica, I don’t kiss and tell. But this hickey speaks for itself.
 私はレディなのよ、モニカ。キスしたって言いふらして歩かないわよ。でも、このキスマークを見ればわかるわよね(ブラウスのボタンを外し始める)

Monica: Okay, okay, I got it. I got it.
 いい、いい。わかった、わかったから。

Phoebe: I just like him so much that I just feel like I’ve had 10 drinks today. And I’ve only had six.
 とにかく彼が大好きよ。なんかもう10杯くらい飲んじゃった感じ。6杯しか飲んでないのに。

Monica: Oh, I haven’t had that feeling since I first started going out with Chandler. Wow, I’m never gonna have that feeling again, am I?
 ああ、チャンドラーとつきあい始めた頃以来、その感じはないわね。ああ、その感覚を味わうことはもうないのね、私?

Phoebe: You sound like a guy.
 男がよくいうセリフね。

Monica: No, a guy would be saying, "I’m never gonna get to sleep with anyone else." Oh, my God! I’m never gonna get to sleep with anyone else! I’ve been so busy planning the wedding that I forgot about all the things that I’d be giving up! I mean, I’m never gonna have a first kiss again.
 男はこう言うわよね。「俺はもう二度と他の女と寝ることができないんだ」。なんてことなの! 私はもう二度と他の男と寝ることがないのね! 結婚式の準備で忙しくて、もうなくなっちゃうもののことなんて考えてなかったわ。もう二度と、初めてのキスもないんだわ。

Phoebe: You’ll have a last kiss.
 ・・最後のキスがあるわよ。

《ジョーイの部屋:ジョーイのタイを締めてあげているロス》

Ross: Can I ask you something? Have you ever had a guy have a crush on you?
 ちょっと聞いていい? おまえ、男に惚れられたことある?

Joey: Is that why you wanted to tie my tie?
 それでタイつけてくれてるのか?

Ross: There’s this kid in my class who said he’s in love with me.
 僕のクラスにいる生徒が、僕を愛してるって言うんだ。

Joey: Whoa!
 うわお!

(レイチェルが部屋から出てくる)
Rachel: Whoa, what?
 うわおって何が?

Joey: Ross has a boyfriend.
 ロスにボーイフレンドができた。

Ross: I do-I do not have a boyfriend. There’s a guy in one of my classes who-who has a crush on me.
 ボーイフレンドじゃない。僕が授業しているクラスの男の子が、僕を好きだって言ってるんだよ。

Rachel: Really?
 本当?

Ross: Yeah! I don’t know. I mean, last year Elizabeth, now-now this kid. What-what-what-what is it?! Am I giving out some kind of…sexy professor vibe?
 そうなんだ。なぜだろう。去年はエリザベス、今度はこの男子生徒。何なんだろう? 僕って、何かこう・・セクシー教授光線でも出してるのかな?

Rachel: Not right now.
 今はないわね。

Ross: The point is my natural charisma has made him fail his midterm.
 言いたいのは、僕が生まれ持ったカリスマ性のために、彼が中間テストを落としてしまったってことなんだよ。

Rachel: Oh, see, now I feel bad for the kid! I had a crush on a teacher once and it was so hard! You know, I couldn’t concentrate and I blushed every time he looked at me. I mean, come on, you remember what’s it’s like to be 19 and in love.
 ああ、ねえ、かわいそうに思えてきたわ。私も先生を好きになったことがあるけど、本当につらかったわ! 授業に集中できないし、彼が私を見るたびに赤くなっちゃうし。ねぇ、19歳の頃、人を好きになった気持ち、覚えてるでしょ?

Ross: Yeah. I guess I can cut him some slack.
 ああ。大目に見てやるべきかな。

Rachel: Yeah.
 そうよ。

Joey: How’d you get over that teacher?
 どうやってその先生のこと乗り越えたの?

Rachel: I didn’t. I got under him.
 別に。ただ寝ただけ。

Joey: Problem solved.
 (ロスに)問題解決。

《セントラルパーク:入り口でジェイクと話すフィービー》

Jake: Bye, Phoebe.
 バーイ、フィービー。

Phoebe: Okay, bye.
 ええ、バーイ。

Jake: All right. Bye.
 それじゃ、バーイ。(出て行く)

Phoebe: Bye! . . . We said good-bye at the door so as not to flaunt our new love.
 バーイ!・・(カウチに座るモニカの隣に行く)ドアのところでサヨナラ言ったから、あなたに新しい恋を見せびらかしてないでしょ。

Monica: Phoebe, it’s okay. You don’t have to tip toe around me. I-I’ve been thinking about it and umm, you know what? I’m okay about not having that new relationship feeling…
 フィービー、いいのよ。私のそばでこそこそしなくても。それについて考えたのよ。それで、もう新しい関係にワクワクしなくてもいいって思うの。

Jake: I miss you already!!
 (店の外から叫ぶ)君と離れてもう寂しいよ!

Phoebe: I miss you too!!!!
 (叫ぶ)私もよ!

Monica: See? That’s what I mean. I mean that, that’s great! But I wouldn’t trade in what I have for that. I mean I’m gonna be with Chandler for the rest of my life, and that’s what makes me happy.
(Chandler approaches.)
Hey, sweetie, come here! Come sit down. Hey, Phoebe and I were just talking about how our relationship is deep and meaningful. It really is, don’t you think?
 ほら、そこよ。それは素敵なことだわ。だけど、今私にあるものが大切だわ。今後ずっとチャンドラーと一緒なんだっていうことで、私は幸せなの。(チャンドラーが来る)ハーイ、あなた、来て、ここ座って。ねぇ、フィービーと今、私達の関係が深くて意味があるってことを話してたの。本当にそうでしょう、そう思わない?

Chandler: Oh, totally! . . . Pull my finger.
 ああ、もちろん! (指を立てて)引っ張って。(引っ張るとおならが出るというギャグ

《ソーピーの授賞式》

Announcer: Presenting the award for Favorite Returning Male Character is McKenzie…
 復活賞の男性部門のプレゼンターは、マッケンジー・・

Joey: This is it! This is my category.
 これだよ、これが俺のカテゴリーだ。

Rachel: I know! My God! Do you have your speech?
 そうよね! ああ! スピーチは用意した?

Joey: Yeah, I got my speech!
 ああ、用意したよ。

Rachel: Do you got your gracious loser face?
 負けても優雅な顔の練習もした?

Joey: Yeah.
 ああ。(やって見せる)

Rachel: Now, try to remember, if you win, you have to hug me! You hug me!
 忘れないでね、受賞したら、私をハグするのよ。ハグしてね!

Joey: Okay. Can I squeeze your ass?
 わかった。お尻つかんでもいい?

Rachel: On TV?! Yeah!
 テレビで? いいわよ。

Joey: ‘Kay!
 よし。

The Presenter: In the category of Favorite Returning Male Character the nominees are: John Wheeler from General Hospital. Gavin Graham from The Young and the Restless. Duncan Harrington from Passions. And Joey Tribbiani from Days of Our Lives. And the Soapie goes to. . . Gavin Graham from The Young and the Restless!
 復活賞男性部門にノミネートされているのは、「ジェネラル・ホスピタル」のジョン・ウィーラー。「ヤング&レストレス」からは、ギャヴィン・グラハム。「パッション」からダンカン・ハリントン。そして、「愛の病院日誌」からは、ジョーイ・トリビアーニです。そしてソーピーを受賞するのは・・・(封筒を開ける)「ヤング&レストレス」のギャヴィン・グラハム!

Joey: What the?!
 なんだって!(ジョーイはテーブルを叩いて怒りだす。テレビに映っているとなだめるレイチェル)

《ソーピー授賞式:時間経過》

Announcer: Presenting the award for Favorite Supporting Actress is Joey Tribbiani from Days of Our Lives.
 助演女優賞のプレゼンターは、「愛の病院日誌」のジョーイ・トリビアーニです。(不機嫌顔でジョーイ登場)

Joey: Any one of the brilliant actresses nominated for this award tonight deserves to take it home. Unfortunately only one can. The nominees for Favorite Supporting Actress are: from Passions, Erin Goff. From One Life to Live, Mary Lauren Bishop. From All My Children, Sarah Renee. And from Days of Our Lives, Jessica Ashley. And the winner is…Jessica Ashley from Days of Our Lives. . . . Uh, unfortunately Jessica couldn’t be with us tonight, so I’ll be accepting this award on her behalf. . And I’m sure that Jessica would like to thank my parents who always believed in me. She’d also like to thank my friends, Chandler, Monica, Ross, Phoebe, and Rachel, who’s sittin’ right there!
 (棒読み口調)今夜ノミネートされた輝ける女優たちは、どなたも受賞するに値する人々ですが、残念ながら、受賞するのは1人です。助演女優賞にノミネートされたのは、「パッション」からエリン・ゴフ。(拍手)「ワン・ライフ・トゥ・リブ」から、メアリー・ローレン・ビショップ。(拍手)「オール・マイ・チルドレン」からは、サラ・レネー。(拍手を無視して続ける)そして「愛の病院日誌」からはジェシカ・アシュレイ。受賞されたのは・・(封筒を開けて)「愛の病院日誌」のジェシカ・アシュレイ。(拍手)残念ながら、ジェシカは今夜来られませんでしたので、僕が代わって受け取ります。・・・ジェシカはきっと、いつも僕を支えてくれた両親に感謝を捧げたいだろうと思います。それに、僕の友達の、チャンドラー、モニカ、ロス、フィービー、そして、そこに座っているレイチェルにも!(レイチェルを指差す。マイクの音が消され、不機嫌に立ち去るジョーイ)

《ジョーイの部屋:ジョーイとレイチェルが帰ってくる》

Rachel: Joey! Why did we have to rush out of there so fast?!
 ジョーイ! なんでこんなに早く慌てて帰ってこなくちゃならないのよ?

Joey: Rach, we had to get out of there because. . Look what I won!
 レイチ、すぐ出てこなきゃならなかったんだよ、ほら、これのためにね!(コートの下からジェシカのトロフィーを出す)

Rachel: Oh, my God, you stole her award!
 なんてことを! あなた彼女の賞を盗ってきちゃったの!

Joey: No, no! No, I’m accepting it on her behalf.
 違うよ! 彼女の代わりにいただいてきたんだ。

Rachel: Joey, I don’t think you know what behalf means.
 ジョーイ、あなた代わりにって言葉の意味わかってないわね。

Joey: Sure I do! It’s a verb! As in, "I be behalf-in’ it!"
 わかってるよ! 動詞で、「代わりにいただく」っていうんだよ。

Rachel: Joey, you have got to take this back!
 ジョーイ、これ返してこなきゃダメよ!

Joey: But why?! I should’ve won one and I really want it. She didn’t even care enough to come to the thing! It could also be a Grammy.
 でもなんで? 俺だって受賞できていいんだし、本当にほしかったんだ。彼女なんか、授賞式に来ようともしてないんだぞ。それに、グラミーごっこに使えるぞ。

Rachel: . . . No! Joey!
 ・・・ダメよ、ジョーイ!

Joey: Come on, Rach! No one saw me take it! There was a whole table full of them.
 いいじゃないか、レイチ! 俺が持ってきたの誰も見てないんだ。テーブル中にいっぱいあったし。

Rachel: Do you really want an award you didn’t win?
 自分が受け取ったんじゃないものを本当に欲しいの?

Joey: No! I want an award I did win! But nobody’s giving me any of those! Plus−Hey, Rach, if I put it up there, right? When people come over they’ll see it and they’ll think I won it.
 いいや! 俺が受賞したものが欲しいよ。だけど、誰もくれないじゃないか! それに、ほら、レイチ、ここ(テレビ棚)に置いておくだろ?そうすると、ここに来た人が、俺が受賞したかと思うじゃないか。

Rachel: Joey, it says Best Supporting Actress!
 ジョーイ、これ、助演女優賞って書いてあるわよ。

Joey: I can scratch that right off.
 削って落とせるよ。

Rachel: Joey, no. This is wrong! You have to take it back, okay? You don’t want to win an award this way. You’re very talented. And someday you’re gonna win one of these for real, and that one is gonna mean something.
 ジョーイ、ダメよ。こんなの間違ってるわ。戻さなきゃだめよ、いい? こんなふうにしてもらったってだめなのよ。あなたは才能があるのよ。いつか自分自身で本当に受賞するわ。それこそが意味があるのよ。

Joey: All right!
 わかったよ。

Rachel: All right? Thank you.
 わかってくれた? ありがとう。

Joey: I’ll take it back tomorrow.
 明日返すよ。

Rachel: Thank you.
 ありがと。(ジョーイが部屋へ行った後、トロフィーを持ち上げる)

Joey: If I can’t have it you can’t have it!
 (ドアから顔を出し)俺がダメなら、君だってダメだぞ!

《ロスのクラス後》

Lewis: Professor Geller?
 ゲラー教授?

Ross: Yes, Mr. Lewis, how can I help you?
 ああ、ルイス君。どうかした?

Lewis: I know I didn’t do well on my midterms and stuff but, I was kinda hoping you could change my grade.
 中間テストとか、悪かったみたいなのわかってるんだけど、でも、俺の成績変えてもらえないかななんて思って。

Ross: And why exactly would I do that?
 なんでそんなことしなきゃならない?

Lewis: Because I’m in love with you.
 だって、俺、先生を愛してるから。

Ross: What?!
 なんだって?

Lewis: Yeah, I’m all…in love with you and stuff. So could you change my grade?
 ああ。本当に先生を愛してるっていう感じ。だから、成績変えてくれる?

Ross: No!
 ダメだよ!

Lewis: Well, why not? You changed Ned’s grade!
 なんで? ネッドのは変えてやったじゃないか!

Ross: That’s different! Okay? Because he, he was actually in love with me!
 話が違うよ! いいかい、彼は本当に僕を愛してるからだ。

Lewis: No, he’s not! He’s totally yanking your chain! He’s done this with three other teachers!
 違う、それは違うよ。彼はまるきり先生をだましてるんだよ! あいつ、この手を他の3人の先生に使ったんだぜ!

Ross: What?
 なに?

Lewis: He’s got a girlfriend!
 あいつガールフレンドがいるんだぞ!

Ross: I can’t believe someone would do that for a grade.
 成績のためにそんなことするなんて、信じられない。

Lewis: I know! It’s awful. I love you.
 まったくだよ! ひどいよな。俺は、愛してるよ。

《セントラルパーク:モニカが来る》

Monica: Have you seen Chandler?
 チャンドラー見なかった?

Phoebe: No. Why?
 いいえ。どうして?

Monica: Because I just keep thinking about all these things that I’m not gonna have. It’s freaking me out. I don’t know what to do about it.
 だって、私が失うもののことばかり考えちゃって。怖くなってきちゃったのよ。どうしたらいいかわからなくて。

Phoebe: Okay, don’t sweat it. Chandler is nowhere around, so go ahead get it out of your system. That guy’s cute.
 そんなの気にしないで。チャンドラーはこの辺にいないんだから、行って羽目を外してくるのよ。あの男なんてキュートよ。

(don’t sweat it = 気にするな)

Monica: Phoebe! Come on, I’m serious! I just got to talk to him about all this.
 フィービー! 何をいってるの、私は真剣なのよ。私、彼と話してくるわ。

Phoebe: No, that is the last thing you want to do!
 ダメよ。それは絶対にしちゃダメ!

Monica: Why?
 どうして?

Phoebe: Because you’re marrying him!
 だってあなたは彼と結婚するのよ。

Monica: You gotta help me out here, Pheebs.
 どういうことなの、フィービー?

Phoebe: All right, I’ve never been engaged and I’ve never really been married. But I can only tell you what my mother told me. Whenever you have doubts or fears or anxieties about a relationship, do not communicate them to your husband.
 私は婚約もしたことがないし、本当には結婚もしたことがないわ。でも、母が教えてくれたことを話すことができる。2人の関係について、迷いや恐れを持った時に、夫にそれを話してはダメなのよ。

Monica: So I’m not supposed to share my doubts and fears with the guy I’m gonna spend the rest of my life with?
 それじゃ、私の迷いや恐れを、これから一生をともにしようって人に話してはいけないっていうの?

Phoebe: That is correct! Yes, you’re supposed to take all of that stuff and put it in a little box in your mind and then lock it up tight.
 その通りよ! そういうことは、全部胸の中の小さな箱にしまって、きっちり鍵をかけるのよ。

Monica: Your mother told you this?
 あなたのおかあさんがそう言ったの?

Phoebe: Yes!
 そうよ!

Monica: The woman that got married a bunch of times and killed herself when you were 13?
 何回も結婚して、あげくにあなたが13歳の時に自殺した人が?

Phoebe: Oh, my God! You’re right! Go! Go tell Chandler! Hurry, before it’s too late! Wait no! . . Does this also mean that putting out doesn’t get you love?
 オーマイゴッド! あなたのいう通りだわ。行って! 行ってチャンドラーに話すのよ! 早く。手遅れになる前に!・・ちょっと待って! それってつまり、寝たら愛されるっていうのも間違ってたってこと?

《ジェシカにトロフィーを渡しにきたジョーイ達》

Rachel: I cannot believe I’m gonna meet Jessica Ashley!
 ジェシカ・アシュレイに会えるなんてウソみたい!

Joey: Okay, wait-wait, please be cool, okay? I work with this woman.
 ちょっと、待て待て。頼むから、冷静に、いいか? 俺の同僚なわけだから。

Rachel: Okay, I’m totally cool!
 わかったわ。クールに行くわよ(ノックする)

Jessica Ashley: Come in.
 入って。

Joey: Hey, Jessica.
 やぁ、ジェシカ。

Rachel: Hey, Jess.
 ヘイ、ジェス。

Joey: Ah, this is my friend, Rachel.
 こちら、友達のレイチェルだ。
 
Jessica Ashley: Hi.
 ハーイ。

Rachel: ‘Sup?
 調子ど?(クールを通り越していてジョーイに睨まれる)

Joey: Uh listen, here’s your Soapie. I accepted it for you.
 ほら、これ、君のソーピーの賞だよ。君の代わりに受け取ってきた。

Jessica Ashley: Oh, my God! I won? Do you have any idea what this means?!
 まぁ、なんてことなの! 私受賞したの? これがどんなにうれしいかわかる?(受け取ったが、うんざり顔でソファにトロフィーを投げる)

Joey: Well, that-that’s it? You’re gonna, you’re gonna put it on your shelf or anything?
 そ・それだけ? それ、この棚に飾ったりしないの?

Jessica Ashley: No, I try to save that for real awards. Now, if you’ll excuse me.
 いいえ。本当のトロフィーのためにとっておくわ。それじゃ、私失礼するわね。(出て行く)

Joey: Take it back?
 (レイチェルに)取り戻すか?

Rachel: Absolutely.
 そうしましょ。

Joey: Yeah! . . Yeah, you do.
 よし!(持って出ようとすると、レイチェルが花を飾った花瓶を手に取る)よーし、それでいい。

《モニカ達の部屋》

Monica: Honey, as we get closer to the wedding, is there anything that you would like to talk about or share?
 ねぇ、結婚式が近くなってきたけど、何か、私と話したいことはない?

Chandler: Okay. Well, I think the centerpieces are too big.
 そうだな。あのテーブルに飾る花が大きすぎると思うな。

Monica: You’re wrong! The centerpieces are fine! Do you ever get scared at all?
 あなたが間違ってる。お花はあれでいいのよ! あなた、怖くなったりしないの?

Chandler: Kind of. They’re really big.
 ちょっとね。あれは本当に大きいからさ。

Monica: Doesn’t it ever freak you out that you’re never gonna be with anybody new again?
 誰か新しい人と出会うとかいうことが、もうないんだってことで、ビビったりとかしないの?

Chandler: What?
 えっ?

Monica: Just, I love you so much. Just…It’s just sometimes it bothers me that I’m never gonna have that feeling. You know, when you meet someone for the first time, and it’s new and exciting? You know that rush?
 私、あなたを本当に愛してるけど、でも・・ただ、あの感じを味わうことがないって思うと。ほら、誰かに初めて出会って、新鮮で、ワクワクするじゃない? あの感じわかるでしょ?

Chandler: No. No, see when I first meet somebody, it’s uh it’s mostly panic, anxiety, and a great deal of sweating.
 いいや。俺は誰かと出会うと、たいていは、パニクって、不安になって、大量に汗をかく。

Monica: Okay, but you’re a guy, does it not freak you out that you’re never gonna sleep with anybody else?
 だけど、あなたは男でしょ、他の女性と寝ることができないって思うとあせったりしないの?

Chandler: Sleeping with somebody new. . Anxiety, panic, and, I’m afraid, even more sweating.
 誰か新しい人と寝る・・・不安、パニック、そして、もっと汗をかく。

Monica: Even with me?
 私と一緒のときでも?

Chandler: I was dangerously dehydrated during the first six months of our relationship. Look, for me the rush is knowing that we are gonna be together for the rest of our lives.
 君とつきあい始めた最初の6ヶ月は、俺は危険なくらい脱水状態だったよ。ね、俺にとっては、ワクワクする感じっていうのは、これから一生君と一緒だっていうことなんだ。

Monica: Really?
 本当に?

Chandler: Well, yeah! But now that I know that you’re having these thoughts, we're back to panic, anxiety, and uh I’m definitely gonna need some kind of sports drink.
 ああ、そうさ。だけど今君がそういう考えでいるってわかって、俺はパニックと、不安に戻っていて、もう絶対、スポーツドリンクがいるって感じだけど。

Monica: Come here! Come here! . . Sweetie, you don’t have to worry. No, besides you know what? I’m gonna have a lot of new things with you. The first time we buy a house. Our first kid. Our first grandkid…
 来て! 来て!(ハグ)ねぇ、心配しないで。大丈夫よ、それに、私はあなたといっぱい新しいことをできるもんね。あなたと初めて家を買う。私達の初めての子供。私達の初めての孫・・

Chandler: Water! Water! Water!
 水! 水! 水!

《ロスのクラス後》

Ross: Mr. Morse, can I speak to you for a moment?
 モース君、ちょっと話したいんだけどいいかい?

Morse: That was a great lecture today. Did you get a little hair cut?
 今のは素晴らしい授業だったよ。ちょっと髪切った?

Ross: Uh-hmm, yeah-yeah, do you like it? Do-do you looove it? I just want you to know that I’m changing your grade back.
 ああ、そうそう。気に入ってくれた? 愛しちゃってる? 言っておくけど、君の成績はもとに戻すからね。

Morse: What?! Why?
 えっ? なんで?

Ross: Because I know what you’re trying to pull here, okay? It’s not gonna work.
 君がだましているってことを知っているからだ。いいね? そんなのは通用しない。

Morse: I’m not trying to pull anything. Look, I love you, dude.
 何もだましたりなんかしてないよ。ねえ、愛してるんだからさ。

Ross: You know what? I-I’m not even gonna talk about this, okay? This little thing is over. I know you have a girlfriend! Okay−Yeah! And I know about the other professors! How do you think that makes me feel, Ned?! You used me! You don’t love me and you never did! . . . Ah, Professor Winston, Professor Frederickson. I’ll be right with you. . . .Don’t make this worse and I’ll give you a "C." . . . Shall we?
 いいかい? その話はしたくもない。こんなことはもうおしまいだ。君にはガールフレンドがいるってことわかってるんだからね! いいかい、そうさ。他の教授にしたこともわかってるんだ。そんなことして僕がどんな気持ちになるかわかるかい、ネッド? 僕を利用したんだな! 僕を愛してないし、愛してくれたこともない! (他の教授が来ていることに気づく)ああ、ウィンストン教授、フレデリクソン教授、少々お待ちください。(ネッドに)これ以上事態を悪化させないように、Cをやるから。(教授達に)では行きましょうか。

《ジョーイ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Rach?
 レイチ?

Rachel: I’ll be out in a second.
 すぐ行くわ。

Phoebe: Oh. It’s just so unexpected! I…I uh, I’ll tell you it’s just such an honor to just be nominated for a Nobel Prize and, you know, to win one for a massage. Oh. Especially after having just won a Tony award for best actress in…
 (ソーピーのトロフィーを手に持ち)まぁ、これは考えてもいませんでしたわ。私・・マッサージでノーベル賞にノミネートされるだけでも、こんな光栄なことはありません。特に、トニー賞で主演女優賞でいただいたばかりで・・

Rachel: Honey, we have to go. Our reservations are at 8:00.
 (部屋から出てくる)ね、もう行かなきゃ。予約時間は8時よ。

Phoebe: …in Reservations at 8:00 by Neil Simon. Thank you, Neil. Thank you for the words.
 ニール・サイモンの「予約時間は8時」でした。ありがとう、ニール。脚本をありがとう。

Rachel: Okay, honey, you can finish this later. We’re gonna be late. We gotta go.
 ねぇ、それは後にしましょうよ。遅れちゃうわ。行かなきゃ。

Phoebe: Please, don’t play the music. Just one more. Okay. "LIVE FROM NEW YORK! IT’S SATURDAY NIGHT!!
 まだ音楽はかけないで。あと一言だけ。「ニューヨークからライブをお届けします! サタデーナイトだ!」

(Saturday Night Live = 1975年から続くコメディライブショー)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 02:14| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。