2013年10月22日

7-17 The One With The Cheap Wedding Dress

7-17 お買い得なウェディングドレスの話

 ☆理想のウェディングドレス☆

《セントラルパーク》

Monica: So the wedding caterer sent me this list of twelve appetizers and I have to narrow it down to six.
 結婚式の時のお料理なんだけど、12種類の前菜のリストから6種類選ばないといけないの。

Joey: Food? Uh-huh, gimme!
 食べ物の話? よし、見せて!(リストを受け取る)

Chandler: So did Monica tell you about this great band called the Swing Kings that we’re trying to get to play at the wedding?
 結婚式では、スイング・キングに演奏してもらおうと思ってるんだよ。モニカから聞いた?

Phoebe: Since when are you into swing music?
 いつからスイングが好きになったの?

Chandler: Oh, since forever! I used to go all over town listening to bands!
 ああ、もうずっとだよ! このバンドの演奏聞きにあちこち行ったもんだよ。

Monica: Chandler.
 チャンドラー。

Chandler: Gap commercial. So did you book them? Did you call?
 Gapのコマーシャルで見て以来だよ。予約してくれた? 電話した?

Monica: I will.
 するわよ。

Chandler: Do you want me to call?
 俺がしようか?

Monica: No, I’ll do it. You just stick to your job.
 いいの、私がするから。あなたは自分の任務に徹してて。

Phoebe: What is your job?
 あなたの任務って何なの?

Chandler: Staying out of the way.
 邪魔しないこと。

Joey: This is impossible, Monica. Why don’t you just pick all 15?
 こんなの無理だよ、モニカ。この15個全部にすればいいじゃん。

Monica: There were only twelve.
 12種類しかないわよ。

Joey: Oh, yeah, I added three.
 ああ、3個つけたしといたから。

Monica: What are peanut butter fingers?!
 (読んで)ピーナツバター・フィンガーって何?

Joey: Oh, yeah…
 ああ、もう・・(瓶に指を入れてピーナツバターをうっとりなめるジェスチャー)

《通りのニューススタンド:引っ越し作業の女性がいる》

Ross: Well, hello! She’s cute! Should we uh, go try to talk to her?
 おい、ちょっと! 彼女かわいいな! ちょっと、彼女に話しかけないか?

Chandler: Sure! That’s one of the great things about being engaged. I’m not nervous talking to pretty girls anymore.
 いいね! 婚約してよかったことの一つは、もうかわいい女のこと話しても緊張しなくなったことだよ。

The Woman: Could you guys help me?
 あなた達、手伝ってくれる?

Ross: Yeah! Let me, let me get that for you.
 ええ! それを運びましょう。

The Woman: It-it’s really heavy.
 それ本当に重いのよ。

Ross: I got it. . . So hi, I’m uh, I’m Ross and this is my friend, Chandler.
 大丈夫(持ち上げてあまりの重さにうめく)えっと、僕はロス、彼は友達のチャンドラーだよ。

The Woman: I am Kristen.
 私はクリステンよ。

Ross: Kristen, hi. Are you uh, new to the area, ‘cause if you are…I’d love to show you around sometime.
 クリステン。ハーイ。このへんのことあまり知らないなら、喜んでいつか案内するけど。

Kristen: I…I uh, actually just moved from four blocks over.
 私、実は4ブロック向こうから越してきただけなの。

Ross: Ah.
 ああ。

Kristen: But-but this block is like a whole other world.
 でも、この辺りは全然知らないわ。

Ross: You know, actually, it does have a very interesting history. Uh, this street is the first street in the city to have an underground sewer system. Before that sewage and waste would just flow right down the street. Yeah, sometimes ankle deep!
 この辺りはね、実際、興味深い歴史があるんだよ。この通りは、この街で最初に下水道ができたところなんだ。それまでは、排泄物は通りを垂れ流し状態だったんだよ。ああ、足首までつかる位だったりね!(自分が何を話しているのかに気づいたロス)

Chandler: Smooth.
 ナイス。

Kristen: Excuse me?
 (チャンドラーに)はい?(声をかけられ恥ずかしがるチャンドラー)

Ross: Umm, say, you’re gonna be starving after all this moving. What do you say I take you to dinner tonight?
 ところで、こんな引っ越しで、きっとすごくおなかもすくよね。今夜、食事を一緒にどう?

Kristen: Oh, I’d like that.
 ああ、素敵。

Ross: Yeah?
 いい?

Kristen: Yeah.
 ええ。

Ross: Great! Uh, let me take this up for you.
 よかった! じゃ、この箱を運んであげるよ。

Kristen: After you.
 お先にどうぞ。

Ross: Oh, no-no, after you. . . . Oh, my God!
 いやいや、君が先にどうぞ。(彼女が階段を上がった後)ああ、もう無理!(箱を下ろす)

《ウェディングドレスのお店》

Phoebe: Am I crazy or does this totally go?!
 (ベールを被って)私がおかしいのかしら、これすっごく似合っちゃうんだけど?

(モニカが試着して出てくる)
Rachel: Oh, my God! You look so beautiful!
 (モニカに)オーマイゴッド! あなた、すっごくきれいよ!

Phoebe: Thank you, Rachel. But, look at Monica!
 ありがとう、レイチェル。でも、モニカを見て!

Monica: This is it. Yeah, this is the one. I can’t believe I found it!
 これよ。うん、これだわ。ウソみたい。見つけたわ。

(女性が近づいてくる)
The Woman: Wow, you look so beautiful! If I knew you, I’d cry.
 ワオ! あなたすごくきれいよ! 知ってる人なら泣いちゃうわ。

Monica: Well, I’m Monica Geller. Bawl like a baby.
 私はモニカ・ゲラーよ。赤ちゃんみたいに泣きわめいて。

The Woman: I’m Megan Bailey.
 私はメーガン・ベイリーよ。

Monica: Have you found your dress yet?
 あなたはもうドレス見つけたの?

Megan: Oh, no, these dresses are all so amazing but there is no way I could afford one.
 いいえ、ここのドレスってどれも素晴らしいけど、でも私には全然手が届かないわ。

Monica: No, I can’t afford this either. No. I-I-I’m, I’m just here to figure out which one I want, then I’m gonna get it at Kleinman’s, this discount place in Brooklyn, day after tomorrow they are having a huge sale.
 あら、それは私も同じよ。でも、どれがいいか、ここへ見に来ただけなの。ブルックリンにあるディスカウントのお店のクレインマンで、あさって、大バーゲンがあるから、そこで買うのよ。

Megan: Oh, thanks for the tip.
 まぁ、教えてくれてありがとう。

Monica: Yeah! So-so when are you getting married?
 ええ! それで、あなたは結婚はいつなの?

Megan: Oh, I’m not, I just like to try them on.
 あら、違うの。私はただ試着してみたかっただけ。

Rachel: I do the same thing.
 私もそうなのよ。

Megan: I’m just kidding. I’m getting married July 25th.
 冗談よ。7月25日に結婚するの。

Rachel: I’m just kidding too. I’m getting married in December.
 私も冗談よ。私は12月に結婚なの。

Megan: So when are you getting married?
 (モニカに)あなたはいつ結婚なの?

Monica: Oh, May 15th.
 5月15日なの。

Megan: Ooh, it’s getting close!
 まぁ、もうすぐじゃないの!

Monica: Yeah!
 そうなの。

Megan: So uh, who’s your photographer?
 それで、写真は誰に頼んだ?

Monica: Jeffrey.
 ジェフリーよ。

Megan: We met with him. Did he show you the photos of the nude wedding he did?
 私達も会ったわ。ヌードウェディングの写真見せてもらった?

Monica: The best man? Wow!
 あの付き添い人でしょ? ワオ!よね。

Megan: I know! I almost called off my wedding. Oh, who’s your band?!
 でしょう! あれ見て結婚考え直そうかと思ったわ。あ、バンドはどうした?

Monica: Oh, my fiance wants the Swing Kings.
 カレが、スイング・キングにしたいって言ってるの。

Megan: Oh, you’re so lucky. My fiance wants the heavy metal band, Carcass.
 ああ、ラッキーね! 私のカレは、ヘビメタバンドのカーカスがいいって言うのよ。

Phoebe: Ooh, is that spelled with a ‘C’ or a ‘K’? Oh, my God! It doesn’t matter; they’re both great!
 まぁ! スペルがCの方、それともKの方? ああ、どっちでもいいわ。どっちにしても最高よね!

(他の女性がドレスを持って通りかかる)

Rachel: Oh, you know what? You know what? Don't buy that here. Now that you know what you want you should go to Kleinman’s and get it half off. This place is so overpriced.
 あ、ねぇねぇ、ここで買っちゃダメよ。どれがいいかここで決めたら、クレインマンに買いに行けば半額よ。ここはめちゃくちゃ高いんだから。

The Woman: I own this store.
 ここ私のお店ですが。

Rachel: So, does this come in another color, or…
 それで、このドレスって、他の色もあるのかしら、それとも・・(店主立ち去る)

《通り:引っ越し中のクリステン》

Joey: Hi! You uh, movin’ in or movin’ out?
 やぁ! 引っ越してきたの、それとも出て行くの?

Kristen: Moving in.
 越してきたのよ。

Joey: Oh, can I give you a hand?
 そうなんだ。手伝おうか?

Kristen: Oh, okay. But you know what? Be careful. Because a guy who was helping me before had to leave because he hurt his back.
 ああ、そうね、でもね、気をつけてね。前に助けてくれた人が、腰を痛めて帰っていったから。

Joey: Boyfriend?
 ボーイフレンド?

Kristen: No.
 いいえ。

Joey: I’m Joey.
 俺はジョーイ(握手)

Kristen: Kristen.
 クリステンよ。

Joey: Oh, wow, what a beautiful name! . . What is it again?
 ああ、すごいな、きれいな名前だ! ・・・ なんて名前だっけ?

Kristen: Kristen.
 クリステンよ。

Joey: Yeah! . . . So…
 ああ! (ランプを持ち)それじゃ・・

Kristen: So, you live around here?
 あなたはこの近くに住んでるの?

Joey: Yeah! Yeah! Right down there. Hey, listen, let me give you a little tip. Do not take a nap on this stoop, or you could wake up with your shoes gone.
 ああ。そうだよ! すぐそこだよ。ね、教えてあげる。この階段で昼寝しちゃダメだよ。気がついたら靴がなくなってるんだからね。

Kristen: I’ll remember that.
 覚えておくわ。

Joey: Okay. Yeah. Listen, would you uh, would you like to have dinner with me tonight?
 ああ。ねぇ、今夜、俺と食事でもどう?

Kristen: Oh, I, I have plans tonight.
 あ、私今夜は予定があるのよ。

Joey: Oh.
 ああ。

Kristen: But how about tomorrow?
 だけど、明日はどう?

Joey: Sounds great! Okay, alright, well, where does this go?
 それはいいね! よし、それじゃ、これはどこへ運ぶ?(ランプ)

Kristen: You look strong, why don’t I take that and you grab one of the boxes.
 あなた強そうだから、そこの箱を持ってきてくれない? 私がランプを持っていくわ。

Joey: Okay. Yeah. . . Yeah, I’ll get this one.
 ああ、わかった。(箱のラベルを見て「本」ではなく「枕」を選び)よし、これを持って行こうっと。

《クレインマン:大勢の女性と共に、モニカ達3人がオープンを待っている》

Rachel: So this is Brooklyn.
 これがブルックリンなのね。

Monica: All right, listen up. There is usually only one dress in each size so when they open those doors, fan out. Now, this is what you’re looking for! . . . Memorize it! When you locate the dress, blow on these. All right? . . . Three short blasts. When you hear it, come running.
 いい、聞いて。普通、サイズごとに一着しかないからね、だからドアが開いたら、散らばるの。そして、これを探すのよ(写真を見せる)記憶せよ! そしてドレスを見つけたら、これを吹いて。いい?(ホイッスルを渡す)短く3回吹くのよ。それを聞いたら、駆けつける。

Rachel: Okay.
 わかったわ。

Phoebe: Got it.
 了解。

Monica: All right.
 よろしい。

(中からドアに近づく店員が見える)

A Woman: Here he comes! Hurry!
 来たわよ! 早く!

Rachel: Oh, they’re pushing! They’re pushing!!
 ああ、押される! 押されるわ!

Monica: Hey! Don’t be a baby!
 (レイチェルに)ちょっと! 甘えない!

Rachel: Well I…
 だって・・

(ドアが開き、レイチェルは脇に押しやられる)
A Woman: Let’s go!!
 行くわよ!

Phoebe: Hey! Rachel! Come on!!!!
 (レイチェルを助けにくる)ちょっと、レイチェル! ほらっ!!

《クレインマン店内:必死で探すモニカ》

Monica: No. No. Not it. Not it. Not it. . . .Don’t crowd me! . . . This is it! This is the dress! Oh, my God, it’s perfect! . . . I’m sorry, this one’s taken! . . . Whoa!
 違う、違う、これじゃない。これじゃない。これじゃない。(押されて)割り込まないで!(見つける)これだわ! これがそうよ! ああ、神様、これ完璧! (取ろうとするが、反対側から引っ張られる)うわっ!

(反対側の通路に引っ張り出されたモニカ)

Monica: Megan!
 (引っ張った相手を見て)ミーガン!

Megan: Monica!
 モニカ!

Monica: You came?!
 あなた来たの?

Megan: Yeah!
 ええ!

Monica: This is my dress!
 これ私のドレスよ!

Megan: No!
 違うわ!

Monica: Yes, it is! You saw me wearing it!
 いいえ、私のよ! これ来てるの見たでしょ!

Megan: And now you’ll see me buying it.
 そして今度はあなたが、私が買うとこを見るのよ。

Monica: What? You freak! You wouldn’t even have known about this place if it wasn’t for me!
 何ですって? おかしいんじゃないの! 私が教えなきゃこの店のことさえ知らなかったくせに!

Megan: Look, you don’t want to fight me.
 ちょっと。私とケンカしたくないでしょ!

Monica: Maybe I do! I’m pretty feisty!
 したいかもよ! 私はすっごい強いのよ!(ホイッスルを鳴らす)

《ホイッスルを聞いたフィービー》

Phoebe: I’m coming! I’m coming!
 今行く! 今行く!

Woman: Hey!
 (フィービーに押されて)ちょっと!

(モニカの方へ向かっていると別方向からホイッスルが聞こえる)

Phoebe: Okay! . . . Hey! . . What do I do?!! . . . What are you doing? Did you find the dress?
 わかった! (モニカから)ちょっと!(レイチェルから)どうしたらいいのよ!(ドレスの列の中に隠れてホイッスルを吹きまくるレイチェルを発見)何してるのよ! ドレス見つけたの?(吹き続けているので、鼻をつまむフィービー)

Phoebe: Did you find the dress?
 ドレス見つけたの?

Rachel: No! You gotta get me out of here, Phoebe! These bargain shoppers are crazy!
 見つけてないわよ! ここから出して、フィービー! この人達みんな、狂ってるもん!

Phoebe: I−We gotta get Monica.
 モニカんとこ行かないと。

Rachel: No! You gotta hold my hand!!
 ダメよ! 手を繋いで!

Phoebe: Oh, my God!! . . . Excuse me! Excuse me!
 もうっ!(レイチェルの手を掴んで走り出す)失礼! 通るわよ!

(ミーガンを床に組み伏しているモニカを発見)

Monica: Go! Go! Go!
 (フィービーにドレスを渡し)ゴー! ゴー! ゴー!

Rachel: Hey…
 (ミーガンに気づき)あら・・

Monica: NOW!!!!!!!!
 早く!(慌てて走って行くレイチェル)

《セントラルパーク》

Chandler: So Ross, how was your date the other night? Did you tell her about the magical ride that starts with the flush of every toilet?
 それで、ロス、この前のデートどうだった? 水洗トイレができてからのマジカル・ライディングについて話したの?

Ross: Laugh all you want but uh, she actually left me a message saying she’d like to go out again.
 好きなだけ笑えよ。だけど、彼女またデートしようって留守電に入れてくれてたんだからね。

Chandler: Huh.
 そっか。

Ross: In fact, I’m gonna go call her right now. And I’ll make sure to tell her my friend Chandler says…
 実際、これから電話してみようかと思うよね。そして間違いなく伝えておくよ、友人のチャンドラーから・・(恥ずかしがるチャンドラーのマネ。電話をかけに行く)

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, Chandler!
 やぁ、チャンドラー。

Chandler: Hey!
 おお。

Joey: Listen, sorry I didn’t stop by last night, but I had a date.
 なぁ、昨日の夜寄らなくて悪かったな、デートだったんだ。

Chandler: Uh Joe, when it’s one o’clock in the morning and you don’t come by, that’s okay!
 おい、ジョー、夜中の1時に寄ってくれなかったとしてもな、いいから!

Joey: Well, check it out, I was with this really hot girl who just moved in right across the street!
 なぁ、聞いてよ。俺は、通りの向かい側に越してきたすっごい可愛い子とデートしてたんだ!

Chandler: Really? Right across the street?
 本当に? 通りの向かい側?

Joey: Yeah!
 ああ!

Chandler: When’d you meet her?
 いつ会ったんだ?

Joey: Two days ago.
 2日前。

Chandler: Excellent! You know, Ross met somebody too!
 すばらしいね! なぁ、ロスも出会ったんだぞ!

Joey: Oh, yeah?
 そうなのか?

Ross: Hey.
 (戻ってきて)やぁ。

Chandler: Hi! How’d it go?
 よぉ。どうだった?

Ross: Oh, great! We’re going out again Saturday. But I just found out she’s also seeing some other guy.
 ああ、よかったよ! 今度の土曜日にまたデートだ。でも、今わかったんだけど、彼女他にもデートしてるやつがいるみたい。

Chandler: Really?! Joe? What would you do if you were in Ross’s situation?
 そうなのか?! ジョー? もしおまえがロスだったらどうする?

Joey: Well, I sorta am. I mean, yeah, I’m dating this girl who’s also seeing another guy. But, I don’t know, I’m not too worried about it.
 それがさ、俺もロスと同じみたいなんだよ。俺がデートしてる子も、他のやつと会ってるんだ。でも、まぁ、心配はしてないけどね。

Ross: Well, you shouldn’t be. Believe me I wouldn’t want to be the guy who’s up against you. I mean that doofus is going to lose.
 君ならそうだろうけどね。僕だったら君のライバルにはなりたくないね。そんなやつ、負けるに決まってるからね。

Chandler: So this is nice! I wish I didn’t have to go, believe me! But unfortunately I have to. . . Oh, by the way, what’s the name of the girl you’re dating?
 これはいいね! ずっとここにいたいいんだけど、ほんと、残念ながら行かなきゃならないんだ(立ち上がってカウチの後ろから2人に)ところで、デートしてる子の名前なんていうの?

Joey and Ross: Kristen Leigh.
 クリステン・レイ。

Chandler: Bye!
 バーイ!(出て行く)

《セントラルパーク:時間経過》

Ross: Well, obviously only one of us can keep dating her.
 間違いなく、僕らのうち1人だけがデートを続けられるよね。

Joey: Obviously! So, how do we decide?
 間違いない! それじゃ、どうやって決める?

Ross: Well, now let’s-let’s look at this objectively, I think I should date her…
 そうだな。客観的に考えよう。僕が思うに、僕がデートするべきだ。

Joey: Uh-huh. Uh-huh. Or, or I’m the one who dates her.
 うんうん。それか、または、俺が彼女とデートするか。

Ross: That’s interesting, but check this out. I date her…
 それは興味深いね。だけど、これも考えてみて。僕がデートする。

Joey: Yeah-yeah, I like that but just to go in another direction…
 ああ、そうだな。それはいいけどでも、他の方向も考えて・・

Ross: Okay, okay. This can go on for a while.
 いい、ちょっと。これはいつまでも終らないよ。

Joey: Yeah, we should order some food then.
 そうだな。それじゃ、何か食べ物頼むか。

Ross: No, Joey! Look, why don’t, why don’t we just let her decide? Okay? Hey-hey, we’ll each go out with her one more time. And-and we’ll see who she likes best.
 そうじゃなくて、ジョーイ! ね、どうかな、彼女に決めてもらっては? ね? ほら、僕らあと一回ずつデートするんだよ。そして、彼女がどっちを気に入るか見ればいいんだ。

Joey: That sounds fair.
 それはもっともな話だな。

Ross: Maybe I’ll take her to that new French restaurant down the street.
 通りを行ったところに新しくできたフレンチレストランに行こうかな。

Joey: Hey, wait a second, now! Look, we’re gonna have to set a spending limit on the date. I don’t have the money to take her to a fancy place like that.
 おい、ちょっと待てよ! な、デートに使ってもいい費用を制限しようよ。そんなおしゃれな店とかに連れてくお金は持ってないよ。

Ross: Well, sorry, that’s what I do on dates.
 いや、悪いね。だけどそれが僕が普通デートですることだから。

Joey: All right, well, I guess I’ll just have to do what I do on dates.
 そうか、じゃ、俺も、ただデートで普通することをするかな。

Ross: So let’s decide on the spending limit.
 ・・・それじゃ、費用の限度額だけど・・

Joey: Yeah. Uh, …a slice…six dollars?
 ああ。あー・・1切れで・・・6ドル?

Ross: I was thinking more like a hundred.
 ・・100ドルくらいの考えでいたんだけど。

Joey: Okay. Can I borrow 94 dollars?
 そうか。それじゃ、94ドル貸してくれる?

《モニカ達の部屋:3人がドレスを眺めている》

Monica: Oh…
 ああ・・。

Phoebe: I know. Hand me a tissue.
 ほんと・・ティッシュちょうだい(モニカが渡す)

(ホイッスルが鳴るので見るとレイチェル)
Rachel: You’re out of Diet Coke.
 ダイエットコーラが切れてるわよ。

(電話が鳴る)
Monica: Hello? . . . What?! . . You what?! . . . Hey, you listen here, missy! . . . Wh−
 もしもし? ・・えっ? ・・なんですって?・・ ちょっと、聞きなさいよ、お嬢さん! ・・なん・・(電話切る)

Phoebe: What?!
 どうした?

Monica: That was that girl Megan! She booked the Swing Kings on the day of our wedding and said that I couldn’t have them back unless I gave her the dress!
 あの時の子、ミーガンよ! 彼女、私達の結婚式の日、スイング・キングを予約したって言うのよ。あのドレスを渡したら返すって言うのよ!

Phoebe: Does that mean Carcass is available?
 じゃあ、カーカスがあいてるってことじゃない?

Monica: What am I gonna do?! That is the dress! That is the dress! Wh…Chandler wants the band. What do I do?
 どうしよう?! ドレスはこれなのよ! これじゃなきゃダメなの! でも・・チャンドラーはあのバンドがいいのよ。どうしよう!

Phoebe: Well, just figure out a way to talk him out of it.
 あきらめるように説得する手を考えるしかないわね。

Monica: How?
 どうやって?

Rachel: You’re out of toilet paper!
 (バスルームからホイッスルの音)トイレットペーパー切らしてるわよ!

《ロスの部屋:デート準備中のロス、ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 やぁ!

Ross: Hey! What’s up?
 やぁ、どうした?

Joey: I just wanted to come by and, you know, wish you good luck on your date.
 ちょっと寄って、デート頑張ってって言おうと思ってさ。

Ross: Oh, thanks!
 ああ、ありがと。

Joey: Yeah. What time are you meeting her?
 ああ。彼女と何時に会うの?

Ross: We have 8 o'clock reservations at Grand Merci Bistro.
 グランマーシー・ビストロで8時に予約してあるんだ。

Joey: Wow, that’s in like 20 minutes. You’d better get dressed.
 ああ、それじゃあと20分じゃないか。早く着替えた方がいいんじゃないのか。

Ross: I am dressed.
 着替えたよ。

Joey: Oh. Well, good! For me. . . What is this? Did you give yourself a facial?
 ああそう。よかった。俺に取って。(瓶を取り)これ何? おまえ顔のお手入れなんかしてんの?

Ross: I have an oily T-zone!
 Tゾーンが脂っぽいんだよ。

Joey: Okay, dude! . . . Hey, you uh, you sent Kristen flowers.
 そうかい! (レシートを見つける)おい、おまえ、クリステンに花を贈ったのか。

Ross: That’s right.
 そうだよ。

Joey: You spent a hundred dollars. That’s the limit. You’re screwed!
 100ドル使ってるじゃないか。それ限度額だぞ。これじゃもうダメだぞ!

Ross: Uh actually, I sent the flowers before the actual date. So technically, technically I didn’t break any rules. Thanks for stopping by though.
 いや、実際のデートの前に花を送ったんだ。だから、厳密に、厳密に言って、何もルールは破ってないよ。とにかく来てくれてありがとう。

Joey: Oh-oh! So that’s the way it’s gonna be, huh? Yeah, I can break the rules too, you know!
 そうか、そういうやり方をするんだな。ああ、それじゃ俺もルールを破ってもいいな!

Ross: Oh, yeah? What are you gonna do?
 そうか? どうする気だ?

Joey: I don’t know.
 わからない。

Ross: Why, I'm not surprised.
 驚かないね。

Joey: You know what, Ross? I’m not gonna let you get away with this!
 なぁ、ロス? こんなことで済まさないからな!

Ross: I don’t think you have much choice.
 君にはどうしようもないと思うけどね。

Joey: Well, we’ll see!
 見てろよ!

Ross: Bye-bye!
 バイバイ!

Joey: Yeah, bye-bye! . . . Hey! So just a light layer?
 ああ、バイバイ! (出て行きかけてすぐ戻りクリームを見せて)なあ、これ、薄く塗ればいいのか?

Ross: Yeah, just here and there.
 ああ、こことここだけ(鼻筋と額のTゾーンを指す)

《モニカ達の部屋:チャンドラーが手を使わずに入ってくる》

Chandler: Joey got meat sauce on the banister again!
 ジョーイがまた階段の手すりにミートソースをつけてるよ!(バスルームへ行く)

Phoebe: Yeah, swing music is so out.
 ああ、スイング・ミュージックなんてもう古いわよね。

Monica: Phoebe, he’s gotta be in the room for that to work.
 フィービー、彼がここに来てからじゃなきゃ、意味ないわよ。

Chandler: What are you guys talking about?
 (戻ってきて)君たち、何話してんの?

Monica: Well, umm, we were just talking about the you know, the Swing Kings and just wondering whether you know, they were the right way to go.
 ええ、あのね、スイング・キングのことなんだけど、結婚式に本当にいいのかしらって話してたの。

Rachel: Yeah, I went to a wedding once where they had swing music and two months later the couple got divorced. And now I’m not saying that there’s any connection here, you know, but they did tell me that’s why they got divorced.
 そうなのよ。スイング・ミュージックを使った結婚式に行ったことがあるんだけど、2ヶ月後に2人は離婚したのよね。私はスイングが関係があるっていうわけじゃないけどね、でも、その人達は、それが理由だって言うのよね。

Chandler: But I love swing music!
 だけどスイング・ミュージックが好きなんだよ。

Phoebe: Yeah, but the Swing Kings? You know, they suck so much that people actually die at their concerts−They just stop living.
 ええ、でも、スイング・キング? あんなの本当にひどくて、コンサートに行った人死んじゃうじゃない。とにかく、生きるのをやめちゃうのよね。

Chandler: Look, all I know is when Monica and I went to see them, we had fun! And there’s another reason too.
 モニカと見に行ったときはすごく楽しかったんだよ。それに、他にも理由があるんだ。

Rachel: Well, what is the other reason?
 他の理由って何?

Chandler: I don’t want to say.
 言いたくない。

Rachel: Well, you have to, because maybe it’s stupid.
 言ってくれなきゃ。だって、バカな理由かもしれないでしょ。

Chandler: Well, it’s just while Monica and I were dancing to them, it was…the first time I knew that…you were the woman I wanted to dance all my dances with.
 モニカと2人でスイング・ミュージックでダンスしたんだけど、あの時初めてわかったんだ。君こそ、俺がダンスを踊りたいただ1人の人だって。

Monica: . . . Oh, crap!
 ・・・ああ、くそ!

《グランマーシ・ビストロ:ロスとクリステン》

Ross: So they said our table will be ready in just a few minutes.
 僕らのテーブル、もうすぐ用意できるって。

Kristen: Oh, great!
 ああ、よかったわ。

Ross: Yeah.
 うん。

Kristen: Is your back feeling better?
 腰はもう大丈夫?

Ross: Oh, yeah, it’s fine. I guess the more muscles you have the more they can spasm out of control.
 ああ、もう大丈夫。たくさん筋肉があるほど、痙攣を起こしてコントロール不能になるみたい。

(ジョーイが来る)
Joey: Kristen?
 クリステン?

Kristen: Joey!
 ジョーイ!

Joey: Hi!
 ハーイ!

Kristen: Hi! What are you doing here?
 ハーイ、どうしたの?

Joey: Oh, I like this place. And technically, technically, I’m not breaking any rules, so I…
 ああ、俺、ここが好きでね。それに、厳密に、厳密に言って、何もルールは破ってないしね。だから・・

Kristen: Well, Ross? This is Joey. Joey? Ross.
 ロス? こちらジョーイ。ジョーイ、ロスよ。

Joey: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hi. It’s nice to meet you. I used to have a friend named Joey. I don’t anymore.
 どうも、会えて嬉しいよ。以前、ジョーイっていう友達がいたよ。もういないけどね。

Kristen: Our table will be ready in a couple minutes.
 私達のテーブルもうすぐ準備できるんですって。

Ross: Yeah. So…
 ああ、だから・・

Joey: Sure! I would love to wait with you guys! Thanks!
 もちろん! 喜んで俺も一緒に待つよ! ありがと!

Ross: So, Joey, you look familiar. Are uh, are you on TV or something?
 ジョーイ、君、なんか見覚えがあるよね。君、テレビに出たりとかしてない?

Kristen: Well, Joey doesn’t like to talk about it but, he’s one of the stars of Days Of Our Lives.
 ジョーイはその話をしたくないんだけどね、でも、彼は「愛の病院日誌」のスターなのよ。

Ross: That’s right! That’s right, don’t you play a woman?
 それだ! そうだよ! 君、女性の役だよね?

Joey: A woman in a man’s body.
 男の体に入った女性だ。

Ross: Much better.
 だいぶましだね。

Joey: So, you know, Ross, it’s funny ‘cause you look familiar to me too. Have you ever been married?
 なぁ、ロス、おかしいけど、俺もなんか見たことがある気がするよ。結婚したことあるんじゃないか?

Ross: Well, yes, yes, I have. In fact, just the other day Kristen and I were talking about how I’ve been married and how I have a son.
 ああ、そうそう。そうだよ。先日クリステンにも話したんだよ。結婚してたことや、息子がいるってことをね。

Kristen: Yeah, little Eric.
 ええ、エリック君ね。

Ross: That’s right! Wait. No, Ben.
 その通り! いや、違うよ、ベン。

Joey: So you’ve just married the one time then?
 それじゃ、君は一度だけ結婚したんだ?

Ross: Well, umm…
 いや・・あー・・

Kristen: You’ve been married twice?
 2回結婚したの?

Ross: Yes. And another time after that. Boy, I’m getting hungry! Hey, Joey, have you ever been so hungry on a date that when a girl goes to the bathroom you ate some of her food?
 そう。そのあともう1回ね。ああ、おなかすいたな! なぁ、ジョーイ、君、あまりにもおなかがすいて、デート中に彼女がバスルームに行ってる間に、その人の食べ物食べたことない?

Kristen: You said the waiter ate my crab cake.
 (ジョーイに)あなた、ウェイターが私のクラブケーキ食べたって言ってたじゃない。

Joey: Yeah. So, Ross, well now−why did that first marriage breakup? Was it because the woman was straight or she was a lesbian?
 (笑って話を変える)それで、ロス、最初の結婚はどうしてダメになった? それって、相手の女性がストレートだったからそれともレズビアンだったから?

Kristen: Do you two know each other?
 あなた達、知り合いなの?

Joey and Ross: No. No.
 いやいや。

Joey: No. It just seems like Ross is the kind of a guy that would marry a woman on the verge of being a lesbian and then push her over the edge.
 違うけど、ただ、ロスって、レズビアンギリギリのところにいるような女性と結婚して、その人の背中を押すって感じの男に見えてね。

Ross: Wait a minute! Were you on a poster for gonorrhea?
 ちょっと待てよ! 君って、淋病のポスターに載ってなかった?

Joey: Have you ever slept in the same bed with a monkey?!
 おまえって、モンキーと一緒に寝てなかった?

Ross: Hey, you leave Marcel out of this!
 おい! マルセルはそっとしておいてくれ!

Joey: Fine! Have you ever got stuck in a pair of your own leather pants?!
 いいさ! おまえ、自分のレザーパンツで動けなくなったことないか?

Ross: Hey-hey, have you ever locked yourself in a TV cabinet, VD boy?!
 おいおい! 君は自分でテレビキャビネットに閉じ込められたことなかったか? 性病君!

Joey: Monkey lover! . . . When do you think we lost her?
 モンキー・ラバー!(クリステンがいないことに気づく)いつからいなくなってたかな?

Ross: Probably around gonorrhea.
 淋病のあたりかな。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hi, honey! I’m home!
 なぁ、モニカ! 帰ったよ!

Monica: Don’t come in here!
 (寝室から声)ここに来ないで!

Chandler: Why? Do you have another boyfriend in there or something?
 なんで? そこに他のボーイフレンドがいるか何か?

Monica: No! We only mess around at his place!
 違うわよ! そういうことは彼の部屋でするわよ!

Chandler: You know, it’s funny I started it, but, now it’s scaring me. So could you come out here please?
 なぁ、自分から始めておいてナンだけど、怖くなって来たよ。もう出てきてくれない?

Monica: No, I’m wearing a wedding dress.
 ダメよ。ウェディングドレスを着てるの。

Chandler: Oh, you got a wedding dress? That’s great!
 ああ! ウェディングドレスを買ったんだね? よかった!

Monica: Yeah, but I’m not keeping it.
 ええ。でも、これにはしないの。

Chandler: Well, then why can’t I see it?
 それじゃ、なんで見ちゃいけない?

Monica: Oh. I guess you can. Okay. But I-I have to return it, so you can’t like it.
 そうか。見てもいいわね。いいわ。でも、これ返さなきゃならなんだから、好きになっちゃだめよ。

Chandler: Okay, I promise. I’ll hate it. . . Wow! You-you look…hideous.
 わかった。約束する。嫌いになるよ。(モニカが来る)ワオ! 君・・君・・醜いね。

Monica: Really?
 本当?

Chandler: Yeah, that’s like the most ugliest dress I’ve ever seen. Wh-why do you have to return it?
 ああ。こんな醜いドレス見たことないよ。なんで返さないといけないの?

Monica: Oh, because it doesn’t…really fit. Oh, by the way, I-I booked the Swing Kings.
 ああ、だってこれは・・本当にピッタリしてないの。そうだ、ところで、スイング・キングは予約できたわよ。

Chandler: Oh, that’s great! Great! Thanks! But that dress I mean it’s like yuck! It’s terrible! It makes me wanna just rip it right off of you!
 わぁ、それはよかった! いいね! ありがとう! だけど、そのドレスだけど、ほんと、うへっ! ひどいな。引き裂いて脱がせてやりたくなるね!

Monica: Okay! But you can’t rip it. Well, maybe a little.
 いいわよ! でも引き裂いちゃダメよ。でもま、ちょっとならいいか。

Chandler: Okay!
 よし!

《モニカ達の部屋:男性3人TVを見ている。モニカが来る》

Monica: Hey, guys! You wanna look at the song list for the wedding? . . . Guys?
 ねぇ、みんな! ウェディングの時の歌のリスト見る?(反応がない)みんな?

Chandler: I thought you were gonna be gone all day.
 (振り返らず)君、今日はずっと出かけてるかと思ったよ。

Monica: Alright, what’s going on?
 ちょっと。どういうことなの?

(3人一緒に振り返ると、Tゾーンに茶色いクリームが塗ってある)

Monica: I’m sorry. I’m sorry. I should probably leave you girls alone.
 ごめん、ごめん。女同士、そっとしておいてあげるわね。

Ross: Yeah, laugh all you want, but in ten minutes we’re gonna have younger looking skin!
 ああ、好きなだけ笑えばいいさ。だけど10分後には、僕ら若返った肌なんだからな!

Joey: Yeah! . . . You know, she could use a little…. . . Oh, nice shot!!!
 そうさ!(モニカは寝室へ) なあ、彼女もちょっと使った方が。(TVを見て)おお! ナイスショット!




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 02:35| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。