2013年10月21日

7-16 The One With The Truth About London

7-16 ロンドンの夜のホントの話☆

 ☆ロンドンの夜の真実☆

《ジョーイの部屋:レイチェル1人、ロスがベンを連れてくる》

Ross: Hi.
 ハーイ。

Rachel: Hi! Hi, Ben!
 ハーイ! あら、ベン!

Ben: Hi.
 ハーイ!

Ross: Hi, we have a little bathroom emergency.
 やぁ、ちょっとバスルーム緊急事態なんだよ。

Rachel: Oh, yeah, go ahead.
 ああ、そうなんだ。どうぞ。

Ross: Uh, before we do uh, are any of Joey’s special romance magazines in there?
 あ、だけどその前に、そこにジョーイの特殊なロマンス雑誌は置いてないよね?

Rachel: No. No.
 ああ、ないわよ。

Ross: Okay! All clear!
 (ベンに)よし! いいよ!

Ben: Thanks, Phoebe!
 (バスルームへ向かいながら)ありがと、フィービー!

Rachel: Ben, it's Rachel! But whatever.
 ベン、レイチェルよ! でも・・いいけど。

Ross: Hey, listen, can you do me a big favor? The dean’s office just called and said there was an urgent meeting. Can you watch Ben for, I don't know, like, an hour?
 ね、頼みがあるんだけどいいかな? 学部長からの呼び出しで、緊急会議に行かなきゃならないんだ。ベンを見ててくれないかな、そうだな、1時間くらい?

Rachel: What about Monica?
 モニカは?

Ross: Oh, she isn’t home.
 ああ、彼女留守なんだよ。

Rachel: So it would just be me alone?
 それじゃ、私だけなの?

Ross: Well, Ben would be there.
 いや、ベンも一緒に。

Rachel: Huh umm…
 ええ。。

Ross: What’s the matter?
 どうかした?

Rachel: Well, you know, it’s just uh, I’ve never done that before. Me and him alone.
 だってほら・・私そんなこと初めてなのよ。彼と2人になるなんて。

Ross: Rach, he’s not an ex-con.
 レイチ、彼、前科者じゃないんだから。

Rachel: Okay. Okay. Uh, what do I, what do I do with him?
 わかった、わかったわ。でも、何をすればいいの?

Ross: I don’t know. Just-just talk to him, entertain him and keep him alive.
 そうだな・・話したりすればいいし、楽しませてあげて、生かしておいて。

Rachel: Okay.
 わかった。

Ross: Okay. . . Ben? Come here. All right, I’m gonna leave you here with Aunt Rachel for about an hour, okay? You gonna be okay?
 よし・・(ベンが来る)ベン、おいで。いいかい、僕は行くけど、1時間くらいレイチェルおばちゃんと一緒に待ってて、ね? 大丈夫?

Rachel: Yeah, I think so.
 うん、多分。

Ross: I wasn’t talking to you.
 (レイチェルに)君に言ってないよ。

《セントラルパーク》

Monica: What about the second minister we met with? I kinda liked him.
 2人目にあった牧師さんはどう? 彼はよかったと思うけど。

Chandler: You mean the spitter?
 あのツバ飛ばし?

Monica: Come on! It wasn’t that bad!
 いいじゃない! そんなにひどくなかったわよ。

Chandler: Easy for you to say, you’ll be wearing a veil.
 君はいいよね。ベールをつけるんだからさ。

Monica: All right, what about the third guy?
 それじゃ、3番目の人は?

Chandler: You mean the guy who kept staring at your chest?
 それって、あの、君の胸を見つめ続けてたやつ?

Monica: Can you blame him?
 それは彼のせいじゃないわよ。

Chandler: Sorry, I just don’t like the idea of when I say "I do," he’s thinking, "Yeah, I’d do her too!"
 悪いけど、誓うか聞かれてそうするって答える時に、彼が、「ああ、俺も彼女とする」って考えてるなんてイヤだよ。

Monica: Well, then we still have a problem.
 これじゃ、問題解決しないわ。

Chandler: Yeah!
 そうだな。

(ジョーイとフィービーがコーヒーを持ってくる)
Phoebe: With what?
 何が?

Monica: Well, we’re trying to find someone to perform our wedding and they’re all either boring or annoying or you know, can’t stop staring at the ladies.
 結婚式を取り仕切ってくれる人を決めようとしてるんだけど、これがみんな、退屈なやつか、いやなやつ、それか、この子達から目を離せない人かのどれかなのよ。

Phoebe: Oo! You should have one of us do it!
 ああ! 私達の誰かにさせてくれたらいいじゃない!

Monica: Phoebe, we’re getting married, married; not "sixth grade" married.
 フィービー、私達、本当の結婚をするのよ。6年生のごっこ遊びじゃないのよ。

Phoebe: No! No! It’s-it’s uh a real thing! Anyone can get ordained on the Internet and perform like weddings and stuff!
 いえいえ、本当のことなのよ!誰でも、インターネットで資格を得られて、結婚式を挙げるとかすることもできるのよ。

Joey: I call it!!
 俺がやる!

Phoebe: What?! No! It was my idea!
 えっ? ダメよ! 私のアイデアなのよ!

Chandler: Guys, thank you very much but neither of you is marrying us.
 いや、ありがたいとは思うけど、君たちにはやってもらったりしないから。

Joey: Does calling it not mean anything anymore?!
 やるって宣言はもう意味がないっていうのか?

Chandler: We are going to have a legitimate member of the clergy! And when I say legitimate I mean, gay and in control of his saliva!
 俺たちは正当な聖職者にやってもらうんだから! 俺の言う正当っていうのは、ゲイで、唾液のコントロールをできるってことだ!

《ジョーイの部屋》

Rachel: Ben, you know, when uh, when you were a baby, you and I used to hang out all the time. ‘Cause I was, I was your daddy’s girlfriend.
 ベン、ねえ、あなたが赤ちゃんの時、あなたと私よく一緒にいたのよ。私、あなたのパパのガールフレンドだったからね。

Ben: But you’re not anymore!
 だけどもう違うんだよね!

Rachel: No, I’m not.
 ええ、違うわ。

Ben: ‘Cause you guys were on a break.
 あれは別れた後だったからね。

Rachel: Hey! We were not on a−Okay.
 ちょっと! あれは違・・まぁいいわ。

Ben: When’s my daddy coming back?
 パパはいつ帰ってくるの?

Rachel: Fifty-two minutes. . . So no brothers and sisters, huh? But you know what? I have two sisters and we just-just tortured each other.
 あと・・52分ね。・・1人ッ子なのね? 私には2人妹がいたんだけど、お互いに意地悪しあったものよ。

Ben: Really? Like how?
 ほんと? どうやって?

Rachel: Well, you know, we would umm, repeat everything the other said, or uh, we’d jump out of closets to scare each other, or switch the sugar for the salt so they’d put salt on their cereal.
 そうね、えー・・相手が言ったことを全部繰り返すとか、クローゼットから飛び出して驚かしたり、お砂糖と塩を入れ替えて、塩をシリアルに入れさせたりね。

Ben: That’s a good one.
 それはいいね。

Rachel: Yeah? You like that one?
 そう? 気に入った?

Ben: Yeah, you’re funny.
 うん。楽しい人だね。

Rachel: I’m funny? Oh, thank God! Well, hey, I’ve got a ton of these! Umm, you uh, you take a quarter, take a quarter and, and you blacken the edge. Right?. . . And then you say to person, I bet you can’t roll this quarter from your forehead to your chin without it leaving your face. And then when they do it, they’re left with a big black pencil line right down the center of their face.
 私がおもしろい? ああ、神様! ねぇ、私、こういうのいっぱい知ってるわよ。たとえば、25セントね、このコインを持って、そして回りを黒くするのよ、ね?(黒く塗る)それから、誰かに、このコインを顔から離さずに、おでこから顎まで転がすことできないでしょうって言うの。それで相手がそれをやると、くっきり黒い線が顔の真ん中に残るのよ。

Ben: Can I do it to you?
 それやってくれる?

Rachel: Yeah, I-I-I-I’m funny, Ben, but I’m not stupid. Okay?
 ああ、私はおもしろい人かもしれないけど、バカじゃないのよ、いい?

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: So, did you uh, find anyone to marry you guys yet?
 結婚式をやってくれる人みつかった?

Chandler: No, but "Horny for Monica" Minister called, wanting to know if we were still together.
 いや、でも「モニカにその気」な牧師が電話をかけてきたよ。まだつきあってるかどうか聞くためにね。

Monica: We’re never gonna find anybody.
 誰も見つからないわ。

Joey: Then let me do it!
 じゃあ俺にやらせてよ!

Chandler: Joe…
 ジョー。

Joey: No-no-no! Look, I’ve been thinking about it. I’m an actor, right? So I won’t get nervous talking in front of people. I won’t spit, and I won’t stare at Monica’s breasts! You know? Everyone knows I’m an ass man!
 いやいや! なぁ、考えたんだけど、俺は俳優だ、な? だから、人前で話してもあがらない。ツバは吐かない。それに、モニカの胸をじっと見たりしない! みんな、俺がお尻フェチだって知ってるだろ!

Monica: That is true.
 それは確かね。

Joey: Yeah, and the most important thing is that it won’t be some, like, stranger up there who barely knows you. It’ll be me! And I swear I’ll do a really good job. Plus, you know, I love you guys and-and it would really mean a lot to me.
 そうだよ。そして、一番大事なことは、ほとんど君らを知りもしない、わけのわからないやつじゃないってことだよ。俺でなくっちゃ! ぜったいちゃんとやるから。それに、俺は君ら2人が大好きだし、本当にこれは俺にとって大事なことなんだよ。

Monica: It might be kinda cool.
 ちょっと素敵よね。

Joey: So I can do it?
 それじゃ、やらせてくれる?

Chandler: Yeah, you can do it.
 ああ、いいよ。

Joey: All right!!! Okay!! All right! Okay-okay, I gotta get started on my speech! Oh, wait a minute, Internet ministers can still have sex, right?
 よし! いいぞ! よし! それじゃ、スピーチを考えなきゃな。あ、ちょっと待てよ。インターネットでなる牧師って、セックスしていいんだよな?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: Okay.
 じゃあよし。

《ジョーイの部屋:ノックの音》

Rachel: Coming.
 今行くわ。(ドアを開けると、額から顎まで黒いラインの入ったロス)

Ross: I have a bone to pick with you.
 話したいことがあるんだけどね。

(I have a bone to pick with you = 何かイヤなことをされた時に、それについて話があるという意味)

Rachel: Uh-oh.
 あぁ、うん。

Ross: Yes! Ben learned a little trick.
 ああ! ベンはちょっといたずらを習ったようだな。

Rachel: Oh, yeah? Did he pull the old…
 あら、そう? 彼、あれをやって・・

Ross: That’s right! That’s right! Saran Wrap on the toilet seat so the pee goes everywhere!
 その通り! その通りだよ! サランラップをトイレにかぶせてくれて、オシッコが飛び散るやつだよ!

Rachel: Oh, that.
 ああ。それね。

Ross: Yeah, that! You know I hate practical jokes! They’re mean and they’re stupid and-and I don’t want my son learning them!
 ああ、それだよ! 僕がいたずら嫌いだって知ってるだろう! 意地が悪いし、バカげてるし、そんなことを息子に教えたくない!

Rachel: Oh, come on! Saran Wrap on the toilet seat, you don’t think that’s just a little funny?!
 あら、いいじゃない! サランラップがトイレにかぶせてあるなんて、ちょっとおもしろいと思わない?

Ross: I was barefoot. Now tell me, the toilet thing is the only thing you taught him, right?
 僕は裸足だったんだ。(レイチェル吹き出す)さぁ、答えてくれ。彼に教えたのは、トイレのいたずらだけだよね、え?

Rachel: Yes.
 ・・・ええ。

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Joey: Say hello to Reverend Joey Tribbiani!
 牧師:ジョーイ・トリビアーニに挨拶をしてよ!(インターネットでの証明書を見せる)

Chandler: Hey!
 やぁ!

Monica: You did it! You got ordained?!
 やったのね! 認可おりたのね?

Joey: Yeah, I just got off the Internet! Man, there is a lot of porn out there!
 ああ、今までインターネットしてたんだ。ほんと、ポルノがいっぱいだなあ!

Chandler: Our minister.
 俺たちの牧師。

Joey: Anyway, I started working on what I’m gonna say for the ceremony, do you wanna hear it?
 とにかく、儀式の時に何をいうか考えたんだ。聞きたい?

Chandler: Okay.
 うん。

Monica: Yeah!
 ええ!

Joey: Now-now, listen this is just a first draft so… "We are gathered here today on this joyous occasion to celebrate the special love that Monica and Chandler share." Eh? "It is a love based on giving and receiving. As well as having and sharing. And the love that they give and have is shared and received. And through this having and giving and sharing and receiving, we too can share and love and have and receive."
 最初の下書きだから、な。「私達は本日、モニカとチャンドラーの愛を祝うという喜びのもとに集いました。」どう? 「与え、受け入れると同時に、得て、分け合うという愛に基づいています。そして彼らが与え、得た愛は、分かち合い、受け入れられます。そして、この得ること与えること、分かち合うこと受け入れることを通して、我々は、分かち合い、愛し、得て、受け取ることもできます。」

Chandler: Should we call the spitter?
 (モニカに)ツバ吐き呼ぼうか?

《キャロルの部屋:レイチェルが来る》

Carol: Hey, Rachel!
 あら、レイチェル!(額から顎まで黒い線のあるキャロル)

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Carol: What a nice surprise! What are you doing here?
 まぁ、驚いた! よくきてくれたわね。どうしたの?

Rachel: Well, you know, I was just in the neighborhood and I passed by your building and I thought to myself, "What’s up with Carol and sweet, little Ben?"
 いえ、あのね、たまたま近くにきて、このビルを通りかかったから、「キャロルとかわいいベンはどうしてるかしら?」って思ったのよ。

Carol: That's nice. Well. Come on in.
 ありがとう。じゃあ、入って。

Rachel: Okay.
 ええ。

Carol: Umm uh, I’ll make some coffee and we can chat.
 コーヒーでも入れるわ。お話しましょう。

Rachel: I’d love that. I would love that. . . So uh, so where is sweet little Ben? I would love to have a little...
 いいわね! ぜひ。(キャロルは立ち去る)それじゃ・・可愛いベンはどこ? 私ぜひ彼と少し・・

Ben: Gotcha!!
 わっ! (カウチの後ろから飛び出して驚かす)

Rachel: I found him! . . Very funny, come here! ..That is exactly why I’ve come here to talk to you, okay?
 (キャロルに)見つけたわ!(ベンに)おもしろいわね。ほら、来て。このことを話すために来たのよ、いい?

Carol: Rach, do you want some sugar in your coffee?
 (キッチンから)レイチ、コーヒーにお砂糖入れる?

Rachel: Yes,but−Do I want sugar in my coffee? . . . No, just some milk would be good Carol. Thanks. . . Okay, do you remember all that stuff I taught you yesterday?
 ええ、でも・・(ベンに)コーヒーにお砂糖入れてもいい?(首を振るベン。キャロルに)いいえ、ミルクだけでいいわ、ありがとう。(ベンに)ねぇ、昨日いろいろ教えたこと覚えてる?

Ben: Remember all that stuff I taught you yesterday?
 昨日いろいろ教えたこと覚えてる?

Rachel: Don’t do that.
 それやめて。

Ben: Don’t do that.
 それやめて。

Rachel: Seriously, your dad doesn’t like pranks.
 本当に、あなたのおとうさんは、いたずらが嫌いなのよ。

Ben: Seriously, your dad doesn’t like pranks.
 本当に、あなたのおとうさんは、いたずらが嫌いなのよ。

Rachel: Oh, damn it!
 ああ、チクショー!

Ben: Oh, damn it!
 ああ、チクショー!

Rachel: No! Don’t say that! Don’t say that!
 ダメよ! そんなこと言っちゃダメ! そんなこと言っちゃダメ!

Ben: Damn it!
 チクショー!

Rachel: No don’t! Go back to repeating!
 ダメ、やめて! 繰り返し言うとこへ戻って!

Ben: Damn it!
 チクショー!

Rachel: Oh, crap!
 ああ、クソッ!

Ben: Oh, crap!
 ああ、クソッ!

Rachel: Oh!
 ああ!

《モニカ達の部屋》

Joey: Okay, you guys, I got a little more written. Are you ready?
 なぁ、もう少し書いてみたんだよ。聞く?

Chandler: Yeah. O-okay.
 ああ、いいよ。

Joey: "When I think of the love that these two givers and receivers share, I can not help but envy the lifetime ahead of having and loving and giving and…" And then I can’t think of a good word for right here.
 「この、与え、受け入れ、分かち合う2人の愛を思う時、うらやましいと思わずにはいられません。この先の2人には、得て、愛して、与えて、そして・・」ここでいい言葉がわからなくなったんだよ。

Monica: How about "receiving"?
 「受け入れる」は?

Joey: Yes!
 それだ!

Chandler: See, Joe, not that that’s not great! But, one of the cool things about having somebody we know perform the ceremony is that it can be about us! You know, it can be more personal. You can tell stories about us!
 なぁ、ジョー、それが素晴らしくないっていうわけじゃないよ、ほんと素晴らしいよ! だけど、知り合いがセレモニーをやってくれることの素晴らしさは、俺たちのことをスピーチにできるってことじゃないか。な、もっと俺たちのことを話してくれたらいいじゃないか。俺たちの話をしたらいいんだよ。

Joey: Oh. Oh, Okay. Maybe I’ll talk about London! You know when you two hooked up! Only, only I won’t say hooked up. I’ll say, "Began their beautiful journey…"
 ああ。ああ、そうか。ロンドンの話をしたらいいんじゃないか! 君ら2人がくっついた時のこと! ただ、くっついたとは言わないぞ。俺は「2人の美しい旅を始めた」って言うんだ。

Monica: There you go!
 そうそう、それよ。

Joey: "…by doing it."
 「やることによって」

Chandler: Joe?
 ジョー?

Joey: Okay. All right. Umm, so how did it happen? Did your eyes meet across the room? And then the next thing you know you’re in the bathtub together and she’s feeding you strawberries?
 わかった、よし。それじゃ、どうやってそうなったの? 部屋の向こうから目が合った? そして次に気がついたら、2人一緒にバスタブに入って、彼女がおまえにイチゴを食べさせてくれてた?

Chandler: Isn’t that what happened with you and the bridesmaid?
 それって、おまえとブライズメイドとで起きたことだろ?

Joey: Yeah!! I call that "London style."
 そうだよ! これは、「ロンドン・スタイル」っていうことにしたんだ。

Monica: No, that is not what happened with us.
 いいえ、私達はそういうことじゃないわ。

Phoebe: Maybe you should say it is, because "London style" sounds nice.
 そういうことだったって言った方がいいんじゃない。だって「ロンドン・スタイル」って素敵だもの。

Monica: Okay, uh.. well, I was um, really sad that night because this guy thought that I was Ross’s mom.
 ええ・・まぁ、あの夜は、ある男の人にロスのお母さんかと思われてすごく悲しかったのよ。

Joey: Oh.
 ああ。

Monica: And then Chandler was, was really sweet and he consoled me. And we drank too much.
 それで、チャンドラーが、本当に優しくて、慰めてくれたの。それに、私達、飲み過ぎてたし。

Joey: Yeah, baby!
 いいね、ベイビー!

Chandler: And I was a perfect gentleman and I walked her to her hotel room and said goodnight.
 そして俺は完璧な紳士だから、彼女の部屋まで送っていって、おやすみって言ったんだ。

Joey: Oh.
 あらら。

Chandler: But then later that night…
 でも、その夜、後で・・

Joey: Yeah, baby!
 いいね、ベイビー!

【チャンドラーのロンドンでのホテルの部屋:モニカが来る】

Chandler: Hey!
 やあ!

Monica: Cute PJ’s! You’re really living it up here in London, huh?
 可愛いパジャマね! ロンドンでホント、ここになじんでるのね?

Chandler: Well, I wasn't exactly expecting company after… 9:15.
 だって、もう誰か来るとは思わなかったからさ、もう遅くて・・(時計を見て)9時15分だから・・。

Monica: Is Joey here?
 ジョーイはいる?

Chandler: Well, last time I saw him he was heading out the door with the bridesmaid and a bucket of strawberries. So uh, you’re not still upset about what that guy told you, are you?
 いや、さっき見た時には、彼はイチゴをいっぱい持ってブライズメイドと一緒に出ていくとこだったよ。それで・・君はまだあの男に言われたことで動揺してるんじゃないだろうね?

Monica: Wouldn’t you be?
 してたらおかしい?

Chandler: Well, look, it’s been a really emotional time, you know, and you’ve had a lot to drink. And you’ve just got to let that go, okay? I mean, you were the most beautiful woman in the room tonight!
 いや、ただ感傷的になってるんだよ。ね、それにたくさん飲んでるし。だけど、もうそんなことは忘れろよ、な? 君は今夜のあの部屋で一番美しかったよ。

Monica: Really?
 本当に?

Chandler: You kidding? You’re the most beautiful woman in most rooms… . . . . . Whoa! Whoa! Whoa! What’s going on? You and I just made out! You and I are making out?
 冗談だろ? 君はほとんどの部屋で一番美しい・・(モニカがキスをする)ウワオ! ウワオ! いったいこれ何? 君と俺が今キスしたぞ! 君と俺がキス?

Monica: Not anymore.
 もうしてないわよ。

Chandler: But we don’t do that.
 でも俺たちはそんなことしないよな。

Monica: I know, I just thought it would be fun.
 そうだけど、楽しいかと思って。

Chandler: How drunk are you?
 どれくらい酔っ払ってるんだ?

Monica: Drunk enough to know that I want to do this. Not so drunk that you should feel guilty about taking advantage.
 こうしたいって思うくらい酔っ払ってるし、それにつけこんだっていってあなたが罪悪感をいだかなきゃならないほどは酔ってないわ。

Chandler: . . That’s the perfect amount!
 それは完璧な酔い方だ!

Monica: Okay!
 オッケー!(2人ベッドに座りキス)

Monica: You know what’s weird?
 なんか変じゃない?

Chandler: What?
 何が?

Monica: This doesn’t feel weird!
 変だって感じがしない!

Chandler: I know.
 そうなんだよ!

Monica: You’re a really good kisser.
 あなたキス本当に上手ね。

Chandler: Well, I have kissed over four women. . . Do you wanna get under the covers?
 ま、4人の女性とキスしたことあるから。(キス)ベッドに入る?

Monica: Hm-hmm!
 うん!

Chandler: Okay!
 オッケー!(ベッドに入って裸になる)

Monica: Wow! You are really fast!
 ワオ! あなたすっごい早いのね!

Chandler: It bodes well for me that speed impresses you.
 早いことで褒められるって、いい前兆かな。

(bode = 前兆となる)

Monica: We’re gonna see each other naked.
 私達、互いの裸を見るのね。

Chandler: Yep!
 だな!

Monica: Do you wanna do it at the same time?
 同時に見る?

Chandler: Count of three?
 3つ数えていく?

Monica: One!
 1!

Monica and Chandler: Two! Three!
 2! 3!(2人ふとんをあげて中を覗き、同時に顔を出す)

Chandler: Well, I think it’s safe to say that our friendship is effectively ruined.
 もう言ってもいいと思うけど、これで、俺たちの友情もきっぱりとダメになったな。

Monica: Eh, we weren’t that close anyway!
 やー、もともとそんなに親しくもないし!

Chandler: Eh!
 ああ!
(またキスを始めるとジョーイがくる気配)

Chandler: Joey! Joey! Joey! J-J-Joey-Joey-J-Joey!
 ジョーイだ! ジョーイだ! ジョーイだよ! ジョジョジョーイ!だよ、ジョーイだよ!(ふとんに隠れるモニカ)

Joey: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hey, Joe! I was just watching a movie-e-e…
 やぁ、ジョー! 俺は今映画を見てた・・・(テレビは電源入ってない)

Joey: Oh, dude, I’m so sorry!
 (誤解し)ああ、そうか、ごめんごめん!

Chandler: No! No! No!
 いや!いやいや!

Joey: Hey, no-no-no-no! It’s cool! It’s cool! I-I’ll only be a second, I’m still with my bridesmaid, I just−Where are those condoms you brought?
 おい、いやいやいや、いいんだよ、いんんだ! すぐ出て行くから。俺はまだブライズメイドと一緒なんだよ。おまえが持ってきたコンドームどこ?

Chandler: They’re in my bag over there.
 そこの俺のバッグの中。

Joey: Ah.
 ああ。(取りに行く)

Chandler: Uh, could you leave me one?
 なー・・一つ残しておいてくれないか?

Joey: . . . For just you?
 ・・・おまえ1人なのに?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Joey: All right, here you go, buddy. . . Go nuts.
 わかったよ。ほら。(一つ投げ)好きにしてくれ。

《現在のモニカ達の部屋》

Joey: That’s what that was?! Can you imagine if I hadn’t left you that last one? You two might’ve never gotten together. Ooh-ooh! Could you imagine if I sent that hooker up to the room like I was gonna?! It’s like it was in the stars!
 あれがそうだったのか?! おれが最後の一つを残してやらなかったらどうなったと思う? 君ら2人はつきあってなかったかもしれないんだぞ。ああ、そうそう、それから、もし俺が最初に思った通りに売春婦を送り込んでいたらどうなっていただろうな? これは運命って感じ!

Phoebe: Yeah, it’s totally meant to be. . Tell him who you originally wanted to hook up with that night.
 ええ、本当、そういう運命だったのね。(モニカに)あの夜、最初は誰とくっつくつもりで行ったのか話したら?

Monica: What?!
 えっ?

Chandler: What?
 なに?

Phoebe: What?!
 (ジョーイに)えっ?

Chandler: Who did you originally want to hook up with?
 最初誰とくっつくつもりでいたんだ?

Monica: Okay, fine, but please don’t be upset, okay? I was really depressed, okay? And really drunk! I just wanted something stupid and meaningless. I just wanted…just sex. So, when I…went to your room that night…I was actually looking…for Joey.
 わかったわ、いいわよ。でも、お願い、怒らないで、ね? 私は本当に落込んでたのよ、ね? それに本当に酔っ払ってたのよ! 私は何かバカで、意味のないことをしたかったの。ただセックスしたかっただけ。それで、あの夜あなたの部屋に行った時、最初はジョーイを探していたのよ。

Joey: Yeah, baby! . . .No, baby!
 イェーイ! ベイビー! (チャンドラーに睨まれ)ダメ、ベイビー!

Chandler: Oh, my God! You came to the room looking for Joey? Were you ever planning on telling me this?
 なんてことだ! 君はジョーイを探していたのか? このこと、言うつもりだったのか?

Monica: No, because I didn’t think it was important.
 ううん。だって大事なことじゃないもの。

Chandler: Oh, it’s not important? It’s not important?! If it wasn’t for a bridesmaid you’d be marrying him not me!
 大事なことじゃない? 大事じゃない? もしあのブライズメイドがいなかったら、俺じゃなくて、やつと結婚してたんじゃないのか!

Monica: No!! Do you know how unbelievably glad I am that Joey was not there that night?!
 違うわ! あなた、あの晩あそこにジョーイがいなかったことを、私がどんなに喜んでるかわかる?

Joey: Hey! I’m a man of the cloth, but I still have feelings!
 おい! 俺は聖職者ではあるが、それでも心はあるんだぞ!

Chandler: Look, there is no way you’re doing this wedding now. Okay?
 いや、もうおまえが結婚式を取り仕切るなんてことは、ないからな。いいな。

Joey: What?! That’s not fair! It’s not my fault! I was off with my bridesmaid! And who’s to say I would’ve even said yes?! I mean I would’ve said yes. Chandler, look, you are making way too big a deal out of this, all right? Look, everything worked out okay!
 なに? そんなバカな! 俺のせいじゃないぞ! 俺はブライズメイドと一緒にいたんだし、それに、モニカにイエスって言ったかどうかわからないだろ!(モニカに)もちろんイエスって言うけどさ。チャンドラー、おい、大げさにしすぎだよ。何もかもうまくいってるじゃないか!

Chandler: Okay, it’s just weird! Okay? I don’t want to be standing their saying my vows and then having the mental image of you and Monica! I-I-I need…I don’t know what I need. I need a walk.
 いや、とにかくもう変な感じだよ! だろ? 祭壇の前で結婚の誓いを立てるときに、おまえとモニカのこと想像したくないよ。俺はもう・・どうしたらいいかわからないよ。とにかく歩いてくる。

Monica: Wait, Chandler, come on, it’s not a big deal!
 待って、チャンドラー、待ってよ! そんなおおごとにしないで!

Chandler: It is to me. You wanted to sleep with Batman, and instead you had to settle for Robin.
 俺にはおおごとだよ。君はバットマンと寝たかったのに、代わりにロビンで手を打ったって感じだったんだな。(出て行く)

Joey: This is crazy.
 こんなのおかしいよ。

Phoebe: I know! Robin is so gay!
 そうよ! ロビンは絶対ゲイなのに。

《キャロルの部屋》

Rachel: So now what have we agreed?
 それじゃ、わかってくれたわね?

Ben: No more pranks.
 もういたずらはしない。

Rachel: And-and what else?
 それから他には?

Ben: That you and daddy were not on a break.
 あれは、パパと別れた後のことじゃなかった。

Rachel: Very good.
 大変よろしい。

(ロスが来る)
Ross: Rachel! What are you doing here?
 レイチェル! ここで何してる?

Rachel: I’m just visiting my good friend, Carol.
 私ただ、いいお友達のキャロルに会いにきただけよ。

Ross: Your good friend?
 いいお友達?

Rachel: Yeah!
 そうよ!

Ross: What’s her last name?
 彼女の名字は?

Rachel: Carol…Lesbian?
 キャロル・・・レズビアン?

Ross: Nice. And by the way, that uh, that line down my face? The line that prompted a student in my last class of the day to say uh, "Dude, don’t you ever wash your face?"
 うまいね。ところで、あの顔のラインだけどね。今日の最後のクラスで生徒に指摘されたよ。「ちょっと、顔洗わないの?」

Rachel: All right, I’m sorry. I’m sorry I didn’t tell you.
 そうね、悪かったわ。悪かった。言わなかったもんね。

Ross: Listen, I don’t want you teaching my son that stuff anymore. Okay?
 ねぇ、僕の息子に、あんないたずらを教えて欲しくないんだよ。いいかい?

Rachel: Fine. Fine, but I’ll have you know that once I taught him that stuff he called me Fun Aunt Rachel. And I loved being Fun Aunt Rachel.
 わかった、わかったわよ。だけど、いたずらを教えたら、楽しいレイチェルおばちゃんって言われたの。楽しいレイチェルおばちゃんって言われたいわよ。

Ross: I’m glad you guys were bonding but I…
 君たち2人が仲良くなってくれるのは嬉しいけど・・

Rachel: Look, he doesn’t have any brothers or sisters, somebody’s gonna have to teach him this stuff! And I haven’t taught him anything that a normal 6-year-old doesn’t know anyway!
 だってね、彼は兄弟姉妹いないのよ。誰かがこういうこと教えてあげなきゃいけないのよ。私は普通の6歳児なら誰でも知ってることしか教えてないわよ。

Ben: Crap!!
 (声が聞こえてくる)クソっ!

Rachel: I gotta go!
 もう行かなきゃ(慌てて出て行く)

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Joey: Hey.
 ヘイ!

Chandler: Hey. Do you want this scone? It came for me but it would probably rather sleep with you!
 ああ。このスコーンほしいか? これ俺のとこに来たんだけど、おまえと寝る方がいいかもしれないからな!

Joey: Come on, nothing even happened! I just…I don’t want you to be upset.
 やめてくれよ。何か起きたわけじゃないんだぞ! 俺はただ・・おまえに動揺してほしくないんだよ。

Chandler: How can I not be upset? Okay? I finally fall in love with this fantastic woman and it turns out that she wanted you first!
 どうして動揺せずにいられるんだよ! え? 俺がついに素晴らしい女性と恋に落ちたっていうのに、それが、彼女は最初おまえが欲しかったって知らされたんだぞ。

Joey: Yeah, for like a half an hour one night! Chandler, she wants you for the rest of her life! We look at you and we see you together, and it just.. it fits. You know? And you just know it’s gonna last forever.
 ああ、一晩、1時間半だけな。チャンドラー、彼女はこの後の一生ずっとおまえが欲しいっていってるんだぞ! おまえを見てきたし、おまえら2人が一緒なのを見てきたけど、本当に、合ってるよ。そして、この後ずっと続くなってわかるんだよ。

Chandler: That’s what you should say.
 ・・それを言うべきだよ。

Joey: What?
 え?

Chandler: When you’re marrying us, that’s what you should say.
 俺たちを結婚させてくれる時、おまえ、今のを言うべきだよ。

Joey: Really? I could do it?
 本当? 俺していいの?

Chandler: I’d love it if you would do it.
 やってくれたら嬉しいよ。

Joey: Hey!
 ヘイ!(ハグ)

Chandler: But those are the words. Those exact words.
 だけど、さっきの言葉だぞ。あの通りに言ってくれよ。

Joey: Well, I don’t remember exactly but, it’s-it’s pretty much about having and giving and sharing and receiving.
 そのまましっかりとは覚えてないけど、でも、得たり、与えたり、分かち合ったり受け入れたりだよな。

《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Joey: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey.
 ヘイ。

Joey: So you guys doing okay?
 それじゃ君らもう大丈夫?

Chandler: Yeah, we talked and Monica made me see that I over reacted a little bit and some things in life are more important.
 ああ。俺たち話し合って、ちょっと俺も過剰反応だったなってわかったし、人生にはもっと大事なことがあるしな。

Monica: Yeah, baby!
 そうよ、ベイビー!

Phoebe: I’m really glad you guys are okay. But, I just keep thinking what would happen if-if you two actually had hooked up.
 2人がうまくいってくれて本当にうれしいわ。でも、どうしても考えちゃうのよね。もし、あなたたち(ジョーイとモニカ)2人がくっついてたらどうなったのかしらね。

【架空:モニカ達の部屋】

Monica: Honey! Dinner’s ready!
 ハニー! ディナーの用意できたわよ!

(ひどく太ったジョーイが寝室から来る)

Fat Joey: What’s my little chef got for me tonight?
 俺の可愛いシェフは今夜は何を作ってくれたのかな?

Monica: Your favorite!
 あなたの大好物よ!

Joey: Ho-ho-ho, fried stuff with cheese!
 ホーッホッホー! チーズたっぷりの揚げ物だな!

Monica: Yep! And lot’s of it!
 そうよ! たっくさんよ!

Fat Joey: Thanks, sweetheart. Give me a little sugar here.
 ありがとうな。甘いキスして(軽いキス後、座る)

Monica: Okay, in we go.
 よし、行くわよ(モニカが椅子を押し少しずつジョーイを前に進める)

Fat Joey: Here we go! Here we go! Here we go! How you doin’?
 (椅子を前にずらしながら)よし、よし、よーし!(食べ物に)元気ぃ?

《ジョーイの部屋:ロスとベンが来る》

Ross: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hey!
 あら!

Ross: Hey, I’m sorry to do this to you again, but uh, is there any way you can look after Ben for a little bit? I’ve got this meeting at school. And he-he asked for his Fun Aunt Rachel, so.
 こんなことまた頼んで悪いけど、なんとか、ベンを見ててもらえないかな? 大学で会議があるんだ。それに、彼が楽しいレイチェルおばちゃんがいいって言うんだ。

Rachel: Ohhh! Well, of course I will watch him! We have fun, don’t we, Ben?
 ああ! もちろん見ててあげるわよ! 楽しくやりましょうね、ベン。

Ross: Okay, see you later, pal.
 わかった、じゃあまたね。

Rachel: Ohh, okay. . . Wh−Ah-ha! . .Wait a minute. Ben, I can’t do it.
 ええ、わかったわ。(ロスが背を向けると「うんこ」と書いた紙が貼ってある)な・・ハハ! ちょっと待って。ベン、これは見過ごせないわ。

Ross: What?
 なに?

Rachel: You’ve got something here on your back.
 あなた背中に何かつけてるわよ。

Ross: What? . . . That’s great. That is great. . . What did we just finish talking about, Ben?!
 何?(レイチェルが紙を取って見せる)最高だね。これは最高だ。(紙を捨ててベンに)今話したばっかりじゃないか、ベン?!

Rachel: Oh, I…
 あら、私は・・

Ben: What did we just finish talking about, Ben?!
 今話したばっかりじゃないか、ベン?!

Ross: All right, that’s it! . . Come here−you−no! You are in big trouble, young man!
 よーし、もういい!(部屋を出たベンを追いかける)来るんだ! ちょっと、ダメ! おまえ、これはいけないぞ、もう!

Rachel: No! Wait! Come on!
 ダメよ! 待って、ちょっと!

《ベンとロスは階段を上がって行く》

Ross: Wait! No! Ben, come here! I am not kidding!
 待て! ダメだよ、ベン! おいで! 冗談じゃないぞ!

Rachel: No, you guys, hold it. Seriouslly..
 ダメよ、あなた達、やめて。本当に・・

Ross: I-I-am− AHHH!!
 僕は・・・ああああああああーーー!(悲鳴と同時にロスが落ちてくる)

Rachel: EHHHHHHHHHHH!!!!!!! My God!!!!!!!!!!! Oh, my God!!!!!!!
 キャーーーーー!! イヤーっ! オーマイゴッド!!
(見るとロスに似せた人形。降りてきて爆笑するロスとベン)





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:42| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。