2013年10月20日

7-15 The One With Joey’s New Brain

7-15 ジョーイの新しい脳の話

 ☆ジョーイの脳は大女優?☆

《モニカ達の部屋》

Monica: Thanks for coming by, you guys. We wanted to bounce some ideas off of you about the wedding ceremony.
 来てくれてありがとう、みんな。結婚式についてみんなの意見を聞かせてほしいの。

Rachel: Ohh…
 (泣き出す)ああ。。

Ross: What’s the matter? You okay?
 どうしたの? 大丈夫?

Rachel: Yeah, it’s just you know…
 だって、ほら・・。

Chandler: Monica said wedding.
 (ロスに)モニカが結婚式って言っただろ。

Monica: So, we wanted to know if one of you could read something at the ceremony.
 あなた達の誰か、何か朗読してくれないかなと思うんだけど。

Ross: Okay. Yeah, I guess, I guess I could do that too.
 ああ、いいよ。それもやってもいいよ。

Chandler: Too?
 も?

Ross: Yeah, I kind of uh, have something else planned for you guys.
 ああ。僕、他に計画してるっていうか。

Monica: Do you mind telling us what it is?
 何をするのか教えてくれない?

Ross: Sorry, I’m kinda keeping this one on the Q.T.
 悪いけど、これは秘密にしておきたいんだ。

(QT = quiet)

Chandler: Well, whatever it is, I hope it involves winking.
 なんであれ、ウィンクも入れてくれるといいな。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 ヘイ!

All: Hey!
 ヘイ!

Joey: So I just talked to one of the DOOL writers today, and…
 さっき、DOOLの脚本家の1人と話したんだけどさ・・

Monica: What is DOOL?
 DOOLってなに?

Joey: Days Of Our Lives. Anyway, you’re not gonna believe it! My character is coming out of his coma!!
 『Days Of Our Lives』愛の病院日誌だよ。信じられない話だぞ! 俺のキャラクターが、昏睡から覚めるんだ!

All: Oh!!
 わぁ!

Chandler: That’s great!
 すごいじゃないか!

Joey: And-and-and not only that, I’m gettin’ a new brain!!
 それだけじゃないんだぞ、俺、新しい脳を入れるんだ!

Chandler: So great things are happening at work and in your personal life!
 それじゃ、仕事の上でも個人的にもすごいことが起きるんだ!

Rachel: Wait, what do you mean you’re getting a new brain?
 待ってよ、新しい脳を入れるってどういうこと?

Joey: Oh, well, they’re killing off one of the characters on the show, and when she dies her brain is being transplanted into my body.
 ああ、それがさ、番組のキャラクターが1人下ろされるんだよ。それで、死んだ後の彼女の脳を、俺の体に移植するんだ。

Ross: What? A brain transplant?! It’s ridiculous!
 なんだって? 脳の移植? そんなバカな!

Joey: Well, I think it’s ridiculous that you haven’t had sex in three and a half months.
 俺にとては、おまえが3ヶ月半もセックスしてないのが、そんなバカなって感じだけどな。

Ross: It’s winter, they are fewer people on the street.
 今は冬で、通りを歩く人も少ないんだ。

Monica: Who are they killing off?
 誰がおろされるの?

Joey: Uh, Cecilia Monroe, she plays Jessica Lockhart.
 ジェシカ・ロックハート役のセシリア・モンローだよ。

Rachel and Monica: Noo!!
 やだ!

Rachel: She is so good at throwing drinks in people’s faces, I mean I don’t think I’ve ever seen her finish a beverage.
 彼女って、人の顔に飲み物をぶっかけるのが上手よね。私、あの人が飲み干したの見たことないわ。

Monica: And the way she slaps people all the time! Wouldn’t you love to do it just once?!
 それに彼女の、いつものあの殴り方! あれ一度やってみたくない?!(腕を振り上げチャンドラーを見る)

Chandler: Don’t do it.
 やるなよ。

Joey: And she’s been on the show forever. It’s gonna be really hard to fill her shoes.
 彼女はずーっとこの番組に出てきたのにな。彼女の後をうめるのは本当に大変だよ。

Ross: Yeah-yeah, help me out here, when you come out of the "brain transplant," you are going to be her?
 ああ、ちょっと教えてほしいんだけど、「脳移植」を終えた後、君は彼女になるわけ?

Joey: Yes, but in Drake Ramoray’s body. . . Why is this so hard for you to get? I thought you were a scientist!
 ああ。だけど、ドレイク・ラモーレの体でな。(ロスが不信感を見せる)なんでおまえにわからないんだ? 科学者じゃなかった?

《セントラルパーク》

Phoebe: Rach, so, that guy there. Straight or gay?
 レイチ、あそこにいるあの男の人。ストレートかゲイか?

Rachel: Oh, yeah, he's too cute to be straight.
 ああ、そうね、あんなにキュートなストレートはいないわよ。

Phoebe: Ohh, knockers will help us figure it out.
 (大きな胸の女性を見て)ああ、あのオッパイではっきりするわよ。

(その女性を目で追う男性)
Rachel: All right, straight, and not subtle.
 はいはい、ストレートね。わかりやすかったわね。(男性は出て行く)

Phoebe: Ohh, he left his cell phone.
 あ、彼、携帯忘れていったわよ。

Rachel: Oh, well, we can hand it to Gunther and he'll put it in lost and found.
 ああ、それじゃガンターに渡しておけば、彼が紛失物の箱に入れておいてくれるわよ。

Phoebe: Or we could use it to call China. See how those guys are doing.
 それか、それ使って中国に電、、話もできるわよ。みんなどうしてるか聞くのよ。

Rachel: What if, um, if he calls his own cell phone to find out who found it and I answer and we start talking and we fall in love. I mean wouldn't that be a great story? Kind of like a fairy tale for the digital age.
 もしもよ、もしかしたら、彼が自分の携帯に電話をかけてみて、私が電話に出て、そして話がはずんで、そこから恋が始まるかも。

Phoebe: Yeah… That does sound great. I'm going to get the phone.
 そうね・・それはいい感じね。私が電話をもらうわ。(2人とも立ち上がる)

Rachel: What? Wait! Why…why do you get the story?
 え? 待ってよ。どうして・・どうしてあなたがその話に乗るのよ?

Phoebe: I don't know. I haven't been out on a date in so long.
 どうしてかしらね。ずいぶん長い間デートしてないからかしら。

Rachel: Phoebe, you had a date three days ago.
 フィービー、あなた3日前にデートしたじゃないの。

Phoebe: That wasn’t a date! That was, that was just friends getting together…and having sex.
 あれはデートじゃないわよ! あれは、あれは友達が一緒に過ごして・・セックスしただけよ。

Rachel: Okay. Okay, see? I get the phone.
 ほら、ほらね、電話は私がもらうわ。

Phoebe: No way! No way! You just broke with Tag a week ago.
 ダメよ! とんでもない! あなたは1週間前にタグと別れたばかりじゃないの。

Rachel: Yeah! And until now, I didn’t think I’d love again.
 そうよ! (泣きそうなフリ)そしてたった今まで、もう二度と愛せないかと思ってたわ。

Phoebe: Nice try.
 だまされないわよ。

Rachel: Oh, hey-hey, wait! How do we fairly decide who gets the phone?
 あら、ちょっと、待ってよ。どっちが電話を拾うか、どうしたら公平に決められる?

Phoebe: I don’t know.
 わからないわ。(2人とも携帯ににじり寄る)

Rachel: Well umm, maybe we could uhh… Ah-ha! Too slow!!
 そうね・・もしかして私達・・(さっと取る)アハ! 遅かったわね!

(レイチェルが取った携帯を見せた時、フィービーがその手を下から弾き飛ばして、受け取る)

Phoebe: Ah-ha! Too cocky!
 アハ! 油断しすぎね!

《ジョーイのスタジオ》

Dina: I’m going to keep dating him, Mother, and there’s nothing you can do about it!
 私、彼とのおつきあいはやめないわ、おかあさま。それを止めることはできないわよ。

Jessica Lockhart: Oh, yes, there is!
 いいえ、やめさせるわ!

Dina: What are you going to do? Kill him? Like you did with Charles?!
 どうする気? 彼を殺す? チャールズの時みたいに?

Jessica Lockhart: Oh, my baby!
 (頬をぶってすぐ泣きながら)ああ、かわいい子!

The Director: Cut!
 カット!

(ジョーイがジェシカを演じていたセシリアに近づく)
Joey: That was a great scene! And-and-and that slap looks so real! How do you do that?
 すばらしいシーンでした! あの頬を殴ったのは本当みたいだった。どうやるんです?

Cecilia: Oh, just years of experience.
 ああ、長年の経験よ。

Dina: Can I get some ice here?!
 (頬を痛がり)氷もらえる?!

Joey: Anyway, I just wanted to say how wonderful I think you are.
 とにかく、僕は、あなたが素晴らしいと思って。

Cecilia: You’re not the fan who’s dying, are you?
 あなた、死にかけてるファンじゃないわよね?

Joey: No. No, I’m Joey Tribbiani. We did a scene together yesterday. I-I’m the guy in the coma!
 いやいや、ジョーイ・トリビアーニです。昨日共演しましたよ。僕は、昏睡状態の男です。

Cecilia: Oh, that was a real person?!
 まぁ、あれ本当にヒトだったの?

Joey: Anyway I-I just wanted to say that since I’m getting your brain when you leave the show, I was wondering if there was any tips you can give me…
 とにかく、あなたが番組を降りた後、あなたの脳をもらうことになってるので、なにか秘訣を教えてもらえないかと思って。

Cecilia: I-I’m leaving the show?
 わ・私、番組を降りるの?

Joey: I don’t know. Why? Did you hear something?
 知りません。どうして? 何か聞いてます?

Cecilia: Who told you that?
 誰がそんなこと言ったの?

Joey: Oh uh, one of the writers.
 ああ・・いや・・脚本家の1人です。

Cecilia: Which one? Was it bald or was it tall?
 どの人? ハゲ? それとも背の高い人?

Joey: Umm…
 あー・・。

Cecilia: You know what? It doesn’t matter! Because it is not true!
 もういい、どうでもいいわ! そんなことにならないわよ!

Joey: Okay.
 そうですね。

Cecilia: And if it were true, how dare you come to me ask me for tips about a character that I’ve been playing for 20 years−I’ll give you a tip!
 もし本当だとしても、よくもまぁ、私が20年も演じてきたこの役の秘訣とか言って聞きにくるわよね。秘訣を教えてあげるわよ!(飲み物をジョーイの顔にかける)

Joey: Ms. Monroe…. . .Oh, there you go.
 モンローさん(頬を叩かれる)ああ、ほら、きた。

《セントラルパーク》

Rachel: Okay, look, I have an idea. Why don’t we, why don’t we see what kind of number he has on his speed dial, and then from that we can tell who has more in common with him. And then whoever does gets the phone.
 わかったわ、考えがある。彼が短縮に何を登録してるかみてみましょうよ。携帯は、彼と共通点の多い方のものよ。

Phoebe: Fine, all right.
 わかったわよ。いいわ。

Rachel: All right, first name on the speed dial is "Mom."
 (短縮登録を見る)よーし・・登録の最初は「ママ」。

Phoebe: Ohh, I lost my mom to suicide.
 ああ、私、ママを自殺で失ったのよ。。

Rachel: Okay, no way, you cannot use that to get the cute guy and the last blueberry muffin.
 はい、ダメ。あなたその手は最後のブルーベリー・マフィンを欲しいって時に使ったわよ。もうダメ。

Phoebe: Did I use that already today? I’m sorry.
 あら、今日はもう使っちゃった? 悪い。

Rachel: Yes, okay. . "Ben, Carlos, David".. Oh, I win! He’s got Barney’s on his speed dial.
 ええ、いいわ・・「ベン、カルロス、ディビッド・・」ああ! 私の勝ちよ! 彼、バーニーズを短縮に登録してるわ。

Phoebe: So you don’t know that’s Barney’s the store! That can be, you know, his friend’s house, or a bar. Who has Barney’s the store on their speed dial?
 バーニーズってお店のことかどうかはわからないわよ! そんなの、彼の友達の家って意味かもしれないし、バーかもしれないわ。誰がバーニーズのお店の番号なんて短縮に登録する?

Rachel: His new girlfriend!
 彼の今度のガールフレンドよ!(自分の携帯を見せる)

《モニカ達の部屋:とんでもない音が聞こえてくる》

Monica: What is that?
 あれは何?

Chandler: I think it’s the dying cat parade.
 死にかけのネコのパレードだと思う。

Monica: It sounds like it’s coming from across the street.
 通りの向こうから聞こえてくるみたいよ。

Chandler: Oh, my God!
 オーマイゴッド・・!

Monica: What?
 なに?

Chandler: You know that thing that Ross was gonna do at our wedding?! He was hanging out with me yesterday and he turned to me and said, "You’re half Scottish, right?"
 ロスが俺たちの結婚式で見せるって言ってたのがあるだろ? 昨日彼と一緒にいた時、あいつ俺に向かって言ったんだ。「君は半分スコットランド人だよね?」

Monica: No. There is no way. It cannot be Ross.
 ダメ。そんなバカな。これがロスだなんて。

(バグパイプを練習するロス:それをモニカ達は窓から目撃)

Monica: Unbelievable! Why is your family Scottish?!
 こんなのありえない! なんであなたの家族、スコットランド人なのよ!

Chandler: Why is your family Ross?!
 なんで君の家族がロスなんだよ!

Monica: He cannot play at our wedding! I mean, everyone will leave! I mean, come on, that is just noise! It’s not even a song!
 あんなのウェディングで演奏させられないわ! みんな帰っちゃうわよ! 勘弁して、あんなのただの騒音じゃないの! 曲にもなってないわ!

Chandler: If you listen very carefully, I think its "Celebration" by Kool and the Gang.
 すごくよく聞いてみると、これ、クール&ギャングの「セレブレーション」だと思うな。



《ジョーイのスタジオ》

Cecilia: You’re absolutely right. They are writing me out of the show. They don’t know exactly when it’s going to happen, but apparently it's going to be very soon and that’s it.
 まさにあなたの言った通りだったわ。私は番組を降ろされるのよ。まだいつとは決まってないけど、でも、もうすぐなのよ。

Joey: I’m so sorry. Look, if it was up to me you would never leave the show.
 残念です。もし僕だったら、絶対あなたを番組から外したりしない。

Cecilia: Yeah, thanks.
 ああ、どうも。

Joey: No, I mean it! I can’t believe they would do this to you! And to your fans! I mean, they are going to be devastated! Heart broken! They love you so much!
 いや、本当です! あなたに対して、こんなことするなんて信じられない! あなたのファンに対してもだ。ファンはみんな悲しみますよ! ショックを受けてしまう。すごい人気なのに!

Cecilia: Oh, you’re right. Thank you! What’s your name again?
 ああ、そうよね。ありがとう! あなた、何ていう名前だっけ?

Joey: Joey.
 ジョーイ。

Cecilia: Joey, well, thank you. That is so sweet.
 ジョーイ、ありがとう。優しいのね。

Joey: Uh yeah, look, the-the-the only reason that I, that I came up to you before was because well, I’m really nervous about-about being you. You know if you could help me capture the essence of the character. You know? Help me keep Jessica alive. Please?
 あのんですね、この前あなたに話しかけたのは、ただ、あなたを演じるってことがとても不安だったからです。この役柄のエッセンスを何か掴むことができたらと思って。ジェシカを僕の中に生かしていく方法を教えてください、お願いです。

Cecilia: All right, Joey, I will help you. Not because I-I owe it to this stupid show, but because I owe it to Jessica.
 わかったわ、ジョーイ。助けてあげる。でも、このバカな番組のためじゃないわよ。ジェシカのおかげで今の私があるからよ。

Joey: Oh, that’s great! Oh, thank you so much!
 ああ、うれしいな! 本当にありがとう!

Cecilia: You’re so welcome.
 いいのよ。

Joey: Hey! Now, I’ve been watching some tapes, how’s this? "Jessica Lockhart will never step foot in this place again! Never!!"
 ね! ビデオであなたを見たんです、これはどうです? (ジェシカを演じる)「ジェシカ・ロックハートはもう二度とここに来ないことよ。絶対よ!」

Cecilia: Yeah, but Jessica doesn’t have an English accent.
 いいけど、ジェシカは英国なまりじゃないわよ。

Joey: I can do an English accent?! That baby’s going on my résumé!
 俺、英国なまりができる? それは経歴書に書けるな!

《フィービーの部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hi, Pheebs! How are ya?
 ハーイ、フィーブス! 元気?

Phoebe: Good.
 ええ。

Rachel: Umm Pheebs, remember when we were in the coffee house we decided that I was going to keep the uh, the cute guy’s cell phone?
 フィーブス、コーヒーハウスで、あの素敵な男性の携帯を私がもらっとくって決めたの覚えてる?

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Rachel: And remember how I said I was going to keep it in my purse so that if it rang I could just pick it up?
 そして、私がその携帯をバッグに入れておちて、もし鳴ったら私が出るって話したの覚えてる?

Phoebe: Yeah!
 ええ!

Rachel: And do you remember going into my purse and stealing the phone?!
 それから、あなたが私のバッグから、あの携帯を盗んだの覚えてる?

Phoebe: Ooh, now you lost me.
 あら、話についていけなくなったわ。

Rachel: You stole the phone!
 あの携帯盗ったでしょ!

Phoebe: No, I didn’t!
 いいえ、盗ってないわよ!

Rachel: No? So you’re saying that if I called it, it wouldn’t ring?
 盗ってない? それじゃ、私がその携帯にかけても、鳴らないっていうの?

Phoebe: No. Umm, okay. But while you dial, let me show you the features of my new ringing handbag. . .Oh, it does work!
 鳴らないわよ。だけど、あなたが電話かけてる間に、電話の音がする私の新しいハンドバッグを見せてあげるわ。(レイチェルが電話をかけるとバッグの中から音が鳴る)ほら、ちゃんと鳴るでしょ!

Rachel: Phoebe!
 (携帯をフィービーのバッグから取る)フィービー!

Phoebe: That is a different phone.
 それは違う携帯よ。

Rachel: Oh, is it?!. . . Uhh, hello?. . .Yes, hi, is Rachel there?. . .Yes, she is, just one moment please.. . It’s for me!
 あら、そう?(問題の携帯に応答する)もしもし?(自分の携帯で)はい、そこにレイチェルいる?(例の携帯で)ええ、ここにいるわ。ちょっと待ってね。(フィービーに)これ私宛の電話!

Phoebe: That is damning evidence.
 これは動かぬ証拠ってやつね。

(例の携帯が鳴る)

Rachel: Oh, my God! I bet that’s him. My digital fairy tale is about to begin. It’s Rach…. . .Would you stop doing that?!
 きゃあ、どうしよう! これは彼よね。私のデジタル時代のおとぎ話が始まるわ。レイチェ・・(フィービーがまたレイチェルの手から携帯を弾き飛ばしてキャッチする)それやめてくれる?!

Phoebe: Hello? . . Yes, I’m the one who found your phone.
 もしもし? ええ、私があなたの電話を見つけたのよ。

Rachel: Phoebe! You can’t do …
 フィービー! ダメよ、あなたは・・

Phoebe: Shhh! I’m on a call! . . .Umm well, yeah, you can pick it up tonight, say 8:30? At-at my apartment. It’s umm, it’s umm 5 Morton Street, Apartment 14, umm and then maybe, you know, after we can grab a bite to eat or whatever. . Okay, well, okay, I’ll see you then. . Bye.
 シーッ! 電話中よ。(電話で)ええ、今夜取りに来てくださればいいわ。8時半でどう? 私の部屋でよ。モートン・ストリートのアパート14号室。それから、もしよかったら、何か食べに行くとかどうかしら。ええ、そうね、ええ。それじゃその時に。・・バーイ。

Rachel: You do know that I will be here when he comes over.
 彼が来る時、私もここに来てますからね。

Phoebe: Oh? And how will you know what time to come over?
 あらそう? 彼が何時に来るか知らないくせに。

Rachel: You just said it!
 あなた今言ったじゃないの!

Phoebe: Oh.
 おお。

《ジョーイのスタジオ》

Cecilia: So, the essence of the character is rooted in her confidence. So, when Jessica enters a room for instance, she owns everything and every person in that room. . You try.
 この役のエッセンスは、彼女の自信からきてるのよ。だから例えば彼女が部屋に入った時、彼女はそこにあるすべての物、人を、彼女の物にするのよ。やってみて。

Joey: Okay!
 よし!(部屋から出て入ってきて演じて見せる)

Cecilia: Right. He’s not mad at the room. Try it again, he owns it! He owns the room. It is his. He owns, owns, owns the room! He owns it!!. . . All right, it’s a little weird, but it’s getting better. Oh, I’m gonna miss this woman so much. I don’t know what I’m gonna do! I mean, it’s been 20 years of my life.
 そうね・・部屋に怒ってるわけじゃないのよ。もう一度やってみて。部屋をモノにするのよ。彼のモノなの。彼のモノ、彼のモノ、自分のモノにしちゃうのよ!(もう一度やるジョーイ)そうね、それはちょっと変だけど、よくなってきてるわ。・・ああ、彼女が恋しくなるわね。どうしていいかわからないわ。私20年もやってきたんだもの。

Joey: Oh−Hey-hey! Maybe, maybe uh, maybe this is a good thing. You know? It’ll-it’ll give you a chance to shake things up, play different characters. You’re so talented.
 ねぇねぇ! もしかして、もしかして・・これはいいことかも。ね? 変わるチャンスですよ。何か違うキャラクターを演じて。あなたはとにかく才能があるんだから。

Cecilia: Probably should’ve just left years ago when the offers were pouring in, but you know, I just got so comfy here! And… Ohh, I turned down some amazing work!
 もっとずっと前に、いろいろ仕事のオファーがあった頃に辞めるべきだったのかもしれないわね。でも、ここが、居心地がよかったのよ。 ああ・・すごい仕事も断ってしまったものよ。

Joey: Like-like what?
 例えばどんな?

Cecilia: Well, let’s just say if I'd left 15 years ago, the landscape of Mexican cinema would be very different today!
 そうね、まぁ、15年前に私がここを離れていたら、メキシコの映画界は全然違ったものになっていたと言っておくわ。

Joey: Wow!
 ワオ!

Cecilia: But… Well, now, now’s a different time for me.
 でも・・もう今となってはそれも違う話よ・・(泣く)

Joey: Oh, hey, come on, don’t-don’t do this! Umm, look, let-let me tell you something, okay? Now when I watch you do a scene, I’m thinking, "Boy, she-she is a great actress!" Uh but-but, I am also thinking, "She is hot!"
 ああ、そんな、ダメですよ、泣かないで。いいですか、聞いてください、ね? あなたが演じているのを見ると、思うんですよ「ああ、彼女は素晴らしい女優だな!」でも、それと同時に、「彼女セクシー!」とも思うんだ。

Cecilia: You think I’m hot?
 私がセクシーだと思うの?

Joey: You own the room. . . We should probably get-get uh…
 あなたはその場の主だ。・・僕ら仕事に・・

Cecilia: Oh, yeah-yeah, we should get the. . . So when Jessica kisses a man, she usually puts umm, both her hands on the man’s face.
 ああ、ええ、そうね。役の事だけど・・・。ジェシカがキスをする時、たいてい、両手で男性の顔を挟むのよね。

Joey: Yeah-yeah, I noticed that! Is that ‘cause she’s so passionate?
 ああ、そうそう。そうですよね! あれは、情熱的だから?

Cecilia: No! It’s because that way the camera only sees her! . . . Do you wanna try it?
 違うわ! そうすれば、彼女だけがテレビに映るからよ! (ジョーイの顔を両手で挟む)やってみたい?

Joey: Yeah! Okay.
 ええ、そうだね。(キス)

Cecilia: That was good, that was really good. But I think that maybe your hands are just a little off. They should be maybe like…
 今のはよかったわ。すごくよかった。でも、あなたの手の力がちょっと足りないかしら。もうちょっとこう・・(激しくキスをし、カウチに倒れ込む)

《セントラルパーク》

Chandler: Well, I feel like a snack!
 なんかスナックが食べたいな!

Monica: Do you want some shortbread? It’s Scottish, like you are.
 ショートブレッド食べる? スコットランド由来のものよね、あなたと同じで。

115-300w.jpg(shortbread)

Chandler: Oh, no thanks. I don’t like anything from my Scottish heritage.
 ああ、いらないよ。スコットランド伝統ものはみんな好きじゃないんだ。

Ross: What?!
 え?

Chandler: Well, it’s just my entire family was run out of Scotland by…Vikings.
 いやぁ、俺の一族は、スコットランドから逃げ出したんだからな。・・・バイキングに追われて。

Ross: It sounds to me like your family is ready to uh, rediscover its Scottish roots.
 それはつまり、君の一族は、スコットランドのルーツをもう一度見つける時期が来てるんじゃないかな。

Monica: You can't play bagpipes at the wedding!!
 ウェディングでバグパイプはやめてよね!

Ross: How did you know about that?!
 どうしてそれを知ってるんだ?

Chandler: We heard you play all the way from your apartment!
 おまえが練習してるのが部屋からうちまで聞こえてきたんだ!

Ross: Were you the ones called the cops?!
 警官を呼んだのは君たちか?!

Chandler: That’s not really important right now. What is important is, while we appreciate the gesture, we just don’t feel bagpipes are appropriate for our wedding.
 大事なのはそんな話じゃない。今大事なことは、俺たち、おまえの気持ちはうれしいけど、俺たちの結婚式にバグパイプがふさわしいとは思えないんだ。

Ross: Why not?
 なんで?

Chandler: Because we hate them.
 俺たち嫌いだから。

Ross: Just-just give me a chance to perform for you and then decide whatever you want. And I’m not gonna tell you what song I’m gonna play either. But uh, let’s just say when it’s over I’ll bet there will be a wee bit of celebration.
 一度、一度聞いてみてくれよ。そして決めてよ。何の曲かは言わないけどね。でも、ちょっとセレブレーション的なみたいなことかなぐらいは言っておくよ。

(a wee bit = ほんのちょっと)

《フィービーの部屋:レイチェルのかけた香水を横から取るフィービー》

Rachel: Hey! Hey!
 ちょっとちょっと!

(ノックの音)
Phoebe and Rachel: Who is it?
 (2人同時に)どなた?

Guy: Hi! It’s Tom, I’m here to pick up the phone.
 ハーイ! トムだけど、携帯をいただきに来ました。

(レイチェルがドアに向かう)

Phoebe: Whoa! Why do you get to answer the door?
 ちょっと! どうしてあなたが迎え出るのよ?

Rachel: Well, why shouldn’t I?!
 どうして私が出ちゃダメなの?

Phoebe: Because it’s my apartment!
 だってここは私の部屋よ。

Rachel: Well, then I get to give him the cell phone.
 いいわ、じゃあ私は彼に携帯を渡す。

Phoebe: Okay. Good luck explaining all the calls to China.
 わかったわ。(携帯を渡して)中国への電話の言い訳頑張ってね。

(フィービーがドアを開けると、白髪の男性)
Tom: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Wow! How long were we arguing for?
 (レイチェルに)ワオ! この携帯どれくらい取り合ってたっけ?

Rachel: You’re not the man who left the cell phone.
 あなた、携帯を忘れていった人とは違う人ね。

Tom: No, that’s my assistant.
 ああ、あれは私のアシスタントでね。

Rachel: Is-is he coming?
 彼、来るの?

Tom: Umm, no.
 あ、いいや。

Phoebe: Could you-could you umm, give us one second?
 ちょっと・・ちょっと、待っててもらえる?

Tom: Sure!
 ああ!

Rachel: We’ll be right back, sir.
 すぐ戻りますから。

Tom: Sure.
 ええ。

(リビングへ移動する2人)
Phoebe: Wh-what do we do?
 どうする?

Rachel: I don’t know!
 どうしよう?

Phoebe: Can you believe this? We were waiting for a hot guy and then an even hotter one shows up!
 信じられる? あのセクシーな男性を待ってたのに、もっとセクシーな男が現れるなんて!

Rachel: I know! . . . What?!
 そうなのよ! ・・・え?

Phoebe: Rachel, listen−if you let me have him, then I will really owe you one.
 レイチェル、ねえ、このチャンスを私に譲ってくれたら、本当に恩に着るわ。

Rachel: All right. All right, Phoebe, I will let you have him. But you owe me, you owe me big!
 ・・わかった、わかったわよ。フィービー、今回は譲るわ。でも、このこと、絶対、忘れないでね!

Tom: So, which one of you lovely ladies am I going to take to dinner, huh?
 可愛いお嬢さん、どちらが私とディナーご一緒してくださるのかな?

Phoebe: Oh, that’d be me. Sir. After you.
 ああ、私よ。(携帯を渡す)お先にどうぞ。

Tom: Okay.
 ええ。

Phoebe: Nice!
 (レイチェルに)ナーイス!

《ジョーイの部屋》

Cecilia: Well, you certainly own that room.
 あなたは、この部屋の主になってたわ。

Joey: Actually I rent the whole place and. . I just got what you meant. Thank you.
 でも実際このアパート借りてるから・・いや、言ってる意味がわかったよ。ありがと。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi.
 ハーイ。

Joey: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Oh, my God! Oh, my God!! Ohh, Jessica Lockhart!! In my apartment!! I am such a huge fan! I am such a huge fan!
 (セシリアを見て)オーマイゴッド! オーマイゴッド! ああ! ジェシカ・ロックハートだわ! 私の部屋に! 私、すっごいファンなんです! 私すっごいすっごいファンなんです!

Cecilia: Well, it’s nice to know that you…
 ええ、素敵なことよね、こうして・・

Rachel: MONICA!!!! MONICA!!!!
 モニカ! モニカ!!(走り出て行く)

Joey: That uh, that is my roommate, Rachel.
 あれは、俺のルームメイトのレイチェル。

Cecilia: Oh, that explains all the women’s underwear.
 ああ、それで女性の下着があったのね。

Joey: Sure.
 ああ。

(モニカとレイチェルが来る)
Monica: Oh, my God! It’s true!! Oh, my God! Can I just ask you to do me oh, just one favor?
 オーマイゴッド! 本当なのね! オーマイゴッド! ちょっと、お願いしていいかしら?

Cecilia: Certainly.
 もちろんいいわよ。

Monica: Would you slap me? Would you slap me right here in the face?!
 頬ぶってくれる? 顔のここ、ぶってくれない?(頬を指差す)

Cecilia: I’d love to, but my lawyer said I can’t do that anymore.
 そうしてあげたいけど、弁護士にもうやっちゃいけないって言われてるの。

Joey: All right, here we go.
 もういいだろ、はいはい。(2人を送り出そうとするジョーイ)

Rachel: Okay.
 わかった・・。

Monica: No, wait, just one moment! You’re a stupid bitch.
 いえ、待って、ちょっと待って! (セシリアに)このバカなアマめ!

Cecilia: I really can’t slap you.
 本当にぶっちゃいけないの。

Monica: My God, you’re great!
 (あきらめて)ああ、ほんとに、あなたって最高よね!

Joey: Thanks for stopping by. See ya! . . . I-I am so sorry about that.
 来てくれてありがと、じゃあね!(追い出しドアを閉める)本当にごめんよ。

Cecilia: Oh, no-no-no-no, being adored. I’m used to it. Don’t worry about it.
 あら、いいのいいの! 憧れられるのには慣れてるわ。心配しないで。

Joey: Oh, my God!
 (郵便物に気づき)うわ、すごい!

Cecilia: What?
 なに?

Joey: They sent me today’s script! They never send the script!
 今日の台本を送ってきた! 台本送られたの初めてだよ!

Cecilia: They don’t?
 そうなの?

Joey: Well, no, I’m just in a coma. This must mean I have lines! . . . Oh…
 ああ、だって、昏睡状態だから。ってことは、セリフがあるんだな!(何を意味するかに気づき)ああ・・・

Cecilia: How does it happen?
 私はどうなるの?

Joey: Ew, you get thrown from a horse into an electric fence.
 (ぺーじをめくり)ああ・・君は馬から電気フェンスに振り落とされるんだ。

Cecilia: A what?! Jessica hates horses!
 なんですって? ジェシカは馬が嫌いなのに!

Joey: Yeah, well, I’m guessing after this she’s not going to be crazy about electricity either.
 ああ・・今後は電気のことも好きにはなれないだろうな。

《ジョーイのスタジオ》

Dina: Loosening the saddle on mother’s horse was brilliant, Fredrick. And the electric fence, inspired.
 母の馬の鞍を緩めておくなんて、よくやったわね、フレドリック。それに電気フェンスだなんて、見事だわ。

Fredrick: Thank you, sweetheart.
 ありがとう、ディナ。

Dina: I can’t believe she’s really gone. Look around you, all of this is ours.
 彼女がもういないなんて信じられないわ。回りを見て。これが全部私達のものなのよ。

Jessica Lockhart(Joey): I don’t think so.
 そうは思えないわね。

Dina: Who are you?!
 あなたは誰?

Jessica Lockhart: What’s the matter, Dina? Don’t you recognize your own mother?!
 どうしたの、ディナ? 自分の母がわからなくなったの?

The Director: Cut! That was great, everybody! Thank you!
 カーット! よかったよ、みんな! ありがとう!

Cecilia: That was so wonderful! . . . Ohh, I think that you’re a better Jessica than I ever was!
 (ジョーイに駆け寄り)素晴らしかったわ! (ハグ)あなた私より素敵なジェシカだったわよ!

Joey: Oh, no…
 いや、そんなないよ。

Cecilia: Well, of course not, but you were very good.
 ええ、もちろんそんなことないけど、でも、すごくよかったわ。

Joey: Thanks!
 ありがと!

Cecilia: And guess what? Good news! I got another job!
 それからね、いいニュースがあるの! ほかの仕事がきたのよ!

Joey: Great! Hey! Alright! Well-well, what is it?!
 すごい! すごいじゃないか! どういう仕事?

Cecilia: A film in Guadalajara!
 グアダラハラでの映画よ!

Joey: The airport?
 空港?

Cecilia: No, that’s La Guardia. This is Mexico.
 それはラガーディアよ。メキシコなの。

Joey: Ohh. Wow! Well, how-how, how long will you be gone?
 ああ、すごいな! どれくらい向こうに行くの?

Cecilia: Eight months.
 8ヶ月。

Joey: That’s a really long time.
 それは長いな。

Cecilia: Yeah, but you can come and visit me. I bet that you could uh, own a few places down there.
 ええ。でも、私を訪ねてきてよね。あなた、そこでもその場を自分のモノにできるわよ。

Joey: Well, I tell ya, I should probably buy a place in the city first. . . And I just got what you meant again−That is−I tell ya, that is a tricky one!
 いやぁ、でも、まずこの街で買うべきだと思うよ・・・今意味がわかったよ。これ、わかりにくいよ。

Cecilia: That is a tricky one. Well. .
 今のはわかりにくいわよね、ええ。

Joey: Good luck.
 頑張って。。

Cecilia: You too.
 あなたも。(キス)

《モニカ達の部屋:ロスがバグパイプを演奏する》

Ross: Okay, now umm, remember I’m still learning. One, two, three, four!
 いいかい、忘れないで、まだ練習中なんだからね。1、2、3、4!

(演奏を始めるが、みんなひどさに縮み上がる)

Ross: You know the song! Sing along!
 歌知ってるだろ、一緒に歌って!

Phoebe: Eeee!!! Eee!! Eee!!
 イー!!イー!! イー!!

Ross: So?
  (演奏を終え)どう?

Monica and Chandler: No!
 ダメ!
(ガックリしてバグパイプを投げるロス)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 16:35| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。