2013年10月19日

7-14 The One Where They All Turn Thirty

7-14 これでみんな30代の話

 ☆30歳のバースディ☆

《ジョーイの部屋:寝室から出てくるレイチェル》

Ross: Happy birthday!!!
 ハッピー・バースディ!

Monica: Happy birthday!!!
 ハッピー・バースディ!

(不機嫌に部屋に戻るレイチェル)
All: Rach! Come on! Rach!
 レイチ! ねえ、レイチったら!

Monica: It’s your birthday!
 あなたのバースディなのよ!

(タグが寝室から出てくる)
Tag: Hey.
 ヘイ。

Chandler: She’s not as pretty as she was when she was 29.
 (モニカに)29歳の頃みたいにかわいくないな。

Tag: Ms. Greene would like to establish some ground rules before she comes out. She would appreciate it if you don’t use the words "old" or "downhill" or "they still look pretty damn good."
 ミス・グリーンは、出てくる前にルールに従う約束をしていただきたいとのことです。「年を取った」、「下り坂」、それに「まだすごく素敵に見える」など言わないでいただけたらありがたいです。

Joey: They do!
 見えるじゃないか!

Phoebe: Rachel! Come on out! Monica made breakfast!
 レイチェル、出てきて! モニカが朝食を作ったのよ!

Monica: Chocolate-chip pancakes!
 チョコレートチップ・パンケーキよ!

Ross: We’ve got presents!
 プレゼントもあるよ。

(レイチェルがドアを開ける)
Rachel: Good ones?
 いいもの?

Monica: They all came from the list you handed out to us two weeks ago.
 2週間前にあなたがくれたリストに沿ったものよ。

Rachel: Well, can I keep the presents and still be 29?
 プレゼントは全部もらって、29歳のままでいちゃダメ?

Joey: Come on, Rach! Look, turning thirty is not that big a deal.
 なんだよ、レイチ! 30歳になるなんてたいしたことじゃないよ。

Ross: Oh, really. Is that how you felt when you turned thirty?
 ああ、本当だよね。君が30歳になる時そうだったっけ?

【ジョーイの30歳バースディの思い出】

Joey: Why, God?!! Why?!! We had a deal!! Let the others grow old! Not me!!
 なんで、神様? なんで? 約束したじゃないか! 年取るのは他のやつらだけって! 俺じゃなくて!

《現在のレイチェルのパーティ》

Rachel: Oh, come on, you guys! Is it just me? Am I overreacting to this?
 なによ、みんな! こんなの私だけ? 私が大げさすぎるっていうの?

Chandler: No, Rach, it’s not just you. My thirtieth birthday certainly wasn’t that much fun.
 いや、レイチ、君だけじゃない。俺の30歳の誕生日も楽しいってわけじゃなかったぞ。

【チャンドラーの誕生日の思い出】

Joey: And now Chandler! We’re all getting so old! Why are you doing this to us?!
 こんどはチャンドラー! みんな年とってしまう!(天を仰いで)どうして俺たちにこんなこと?!(フィービーの膝に泣きつく)

《現在のレイチェルのバースディ》

Monica: Rach, you’re in a great place in your life. Come on, you have an amazing job, good friends…
 レイチ、あなた何もかも順調にいってるじゃない。素晴らしい仕事についてるし、いい友達がいるし・・。

Joey: Yeah, your roommate is a soap opera star.
 そうだよ、それにドラマのスターがルームメイトだぞ。

Rachel: Your character is in a coma.
 あなた昏睡状態じゃないの。

Joey: I promised myself I wouldn't cry at this one.
 (泣きそう)そのことでは泣かないって決めてるんだ。

Rahel: You know, I know my life’s going pretty well, but I look around and I just see so many people who’ve accomplished so many other goals by the time they’re thirty.
 ねぇ、私の人生ってうまくいってるってことはわかってるの。だけど、見回してみてよ。30歳までに目標を成し遂げてる人がいっぱいいるわ。

Phoebe: Yeah, but you shouldn’t compare yourself to me.
 ああ、私と比べちゃだめよ。

【セントラルパーク:フィービーがホッピングボールでやってくる】

All: Come on, Phoebe! You can do it, Phoebe! Come on!
 がんばれ、フィービー! できるぞ、フィービー! がんばれ!

Rachel: There you go!
 がんばって!

(ゴールするフィービー)
Phoebe: I did it! One mile on a Hippity Hop! That’s it!! That’s everything I wanted to do before I was thirty. Oh, except I wanted to patch things up with my sister. But oh, well. Yay!! . . And-and girls, this thing is a Godsend, if you know what I mean.
 やったわ! ホッピングボールで1マイルきたわよ! できた! これで30歳になるまでにやりたいこと全部よ。ああ、姉と仲直りってのが残ったけど、でも、ま、いいわ。イエーイ!(みんなも拍手)それから、女の子達、これは神のお恵みよ、意味わかるわよね。(後でレイチェルが残されたホッピング・ボールを取りにくる)

《レイチェルのバースディ・パーティ》

Tag: Come on, let’s have some fun. Huh? What do you want to do today?
 もういいじゃん、楽しもうよ、ね? 今日は何をしたい?

Rachel: Nothing. I don’t want to do anything.
 何も。何もしたくないわ。

Monica: Well, doing nothing on your thirtieth is better than doing something stupid, like Ross.
 ま、30歳になって何もしないってのは、バカなことするよりはマシよ、ね、ロス。

Ross: Hey! That was a practical purchase! I needed that car for transportation! Okay? I-I have a child!
 なんだよ! あれは実用的な買い物だったんだ! 移動手段として車は必要だったんだからね! 子供もいるんだし!

【ロスが30になった時。MGBを購入したロス】
MGB.jpg(MGB)

Ross: How hot do I look in this, huh?!
 こんな車に乗って、僕ってかっこいいだろ?

Chandler: Ross, a sports car? Wouldn’t it have been cheaper to just stuff a sock down there?
 ロス、スポーツカー買う? 靴下に詰め物してパンツに入れた方がずーっと安あがりじゃないか?

Ross: That’s not what this is about, okay? I-I am a sports car enthusiast. I have always been into cars.
 そういう問題じゃないんです! いい? 僕はスポーツカーファンなんだよ。僕は昔から車が好きでね。

Joey: Hey, what’s the horsepower on this thing?
 なぁ、これって何馬力?

Ross: I don’t know, but-but look how shiny!
 知らない。でも、ピッカピカだろ?

Monica: I can’t believe you bought this.
 こんなの買うなんて信じられない。

Phoebe: So, can I have a ride stud?
 それじゃ、乗せてくれる?

Ross: Hop in. Get ready for the smoothest ride of your life.
 乗って。史上最高にスムーズなドライブを楽しんでよ。

(ドライブに行こうにも、前後にぴったり車が駐車していて出られず、しばらく前後に動かした後)
Ross: Damn it!
 クソっ!

Phoebe: Okay, who’s next?
 (降りる)ハーイ、次は誰?

《レイチェルのバースディ・パーティ》

Rachel: You know what? I am going to do something today. I’m not just gonna sit around like some old lady. I’m gonna get something pierced. Like my uh, like my nose or my tongue or something.
 ねぇ、今日、何かしてみるわ。どっかのおばさんみたいにじっと座ってないわよ。どこかにピアスしようかな。そうね、鼻とか、舌とかどこか。

Phoebe: Really?! ‘Cause you know that hurts.
 そう? あれ、痛いのよ。

Rachel: So what?! You know what? The way I see it−−Ow! Son of a bitch!!
 それが何よ? いい? 私に言わせてもらえれば・・(フィービーがレイチェルの髪を引っ張る)痛っ! このくそったれ!

Tag: Look, Rachel, I know what you’re going through. I’m totally freaked about turning 25.
 ねぇ、レイチェル、気持ちすごくわかるよ。僕も、25になっちゃうことですっごく焦るから。

Rachel: . . . Get out, get out of my apartment.
 ・・・出てって。ここから出てって。

Monica: All right, Rach, for what it’s worth, I think that you’re doing great. I mean, you know, let’s face it, no one handles this well.
 ねぇ、レイチ、言ってもしようがないかも知れないけど、あなたはよくやってるわよ。正直いって、誰もうまく乗り切ってないもんね。

Phoebe: Least of all you.
 あなたなんて特にね。

【モニカの30歳のサプライズ・パーティ】

Chandler: Would you put that back on?! Monica’s gonna be here any minute!
 (蝶ネクタイを外したジョーイに)それつけてくれよ。モニカはもうすぐ来るんだから!

Joey: But it hurt’s my Joey’s Apple.
 でも、これ、ジョーイのアップルが痛いんだもん。

(Adam's apple=のど仏)

Chandler: Okay, for the last time. It’s not named after each individual man.
 もう二度と言わないぞ、それは、その人ごとに名前が変わるわけじゃない。

Mrs. Geller: You’ve done a wonderful job with this party, Chandler. Everything looks so lovely.
 (チャンドラーに)素敵なパーティをしてくださったわね、チャンドラー。何もかも素敵よ。

Chandler: Oh, well, not as lovely as you. I mean, I can’t believe that you would have a thirty-year-old daughter! And you! I can’t believe that you would have a tux that’s thirty years old!
 お義母さんほどじゃないですよ。30歳のお嬢さんがいるなんて信じられない! (ゲラー父に)そしてお義父さん! そのタキシードが30年前のものだなんて信じられない!

Mr. Geller: It’s older than that. Ross was actually conceived right near this tuxedo.
 これはもっと古いよ。このタキシードの横でロスができたんだからね。

Chandler: Ohh!
 わお!

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey! Everybody, hide! Hide! I saw her! She’s coming!
 ねぇ、みんな! 隠れて、隠れて! 彼女が見えたわ! 来るわよ!

Chandler: Okay! Okay! Everybody down! Everybody down!
 よし! よし! みんな、伏せて! みんな伏せて!

(何か物音がしたがモニカが来ない)
Chandler: Okay, everybody stay here. I will find out what’s going on.
 よし、みんなそのままで。俺が行ってちょっと見てくるから。
(廊下では、モニカがジョーイの部屋のドアにもたれて座り込んでいる)

Monica: Hey!! You got the door open!!
 ヘイ! ドア開けてくれたのね!

Chandler: Hey-hey, are you drunk?
 なんだなんだ、酔っ払ってるのか?

Monica: No! Okay. . .Whoa!. . . Okay. See, I was, I was a little nervous about turning thirty. So the busboys took me out for some drinks. . I wanna puke on you later!
 ううん! まぁね!(立とうとしてジョーイのドアにつかまるとドアが開いて倒れる)うわお! (立ち上がったがフラフラ)ほら、私さ、30歳になるってことですっごい不安になってね、そうしたら、ボーイの子達が飲みに連れてってくれたのよ。・・後であなたに吐いちゃうわよ!

Chandler: Okay, here is the thing. We have thrown a very formal surprise party for you in there! All of your friends are in there and your parents!
 よし、いいかい。君のために、フォーマルなサプライズ・パーティを準備してるんだよ! 君の友達みんないるし、ご両親も来てるんだ!

Monica: Noo!!!
 うっそー!

Chandler: Yes!
 ほんと!

Monica: Noo!!!
 うっそー!

Chandler: Yes!
 ほんと!

Monica: Oh, no! My parents have never seen me drunk! . . That they know of.
 ああ、ダメよ! うちの両親は私が酔っ払ってるのなんて見たことない・・気づいたことないのよ。

Chandler: Okay, here’s the thing. We’re gonna get you some coffee and they will never know that you’re drunk.
 よし、こうしよう。君にコーヒーを飲ませてあげれば、きっと酔っ払ってるとはバレないだろう。

Monica: Really?! You promise?
 ほんと? 絶対?

Chandler: Yeah, I’ll take care of it.
 ああ、何とかするよ。

Monica: Okay. I love you so much.
 わかったわ。とーっても愛してるー。

Chandler: Okay, we have to do something about your breath.
 よし、君のその口の匂いなんとかしないとな。

Monica: What about your breath?!
 あなたのはどうなのよ?

Chandler: That’s still yours. Okay, now remember it’s a surprise party. So, when you go in, act surprised.
 これは君のだよ。よし、いいかい、サプライズ・パーティなんだからね。部屋に入ったら、驚いて見せるんだよ。

Monica: Okay.
 わかった。

Chandler: Okay. Ready?
 よし。・・いいかい?
(チャンドラーがモニカを連れて入る)

All: Surprise!!!
 サプラーイズ!
(キャーッと叫んで、驚いたフリをしたつもりのモニカ)

【ロスの新しい車の前:ジョーイが乗ってロスが指示】

Ross: Okay, forward. Forward−Stop! . . Okay, back−Stop! . . Okay, forward−Stop! Stop! Stop!
 よし、前へ、前へ、ストップ! よし、バック・・ストップ! よし、前へ・・ストップ、ストップ! ストーップ!!!

Phoebe: Okay. Okay, here’s what we’re gonna do. Okay, I’m gonna break into this mini-van and put it in neutral. You guys push it forward so Ross can drive out of his spot. Okay? All right, here we go.. . Haul ass!!!!
 いいわ、いい?こうするのよ。 私、このミニバンに乗ってニュートラルにするから、ロスが出られるように、みんなで押すのよ。いい? よし、行くわよ。(定規のようなものを出してドアを開けるが、警報が鳴る)逃げろ!!
(みんな逃げるが、ロスは自分の車の中でオロオロ)

【フィービーの30歳:アースラの部屋に来るフィービー】

Phoebe: Happy thirtieth birthday! Here. . . It’s for the child in you, and the woman. Happy thirtieth!
 30歳の誕生日、おめでとう! はい。(ホッピングボールを渡す)あなたの中の子供の部分に。それと女と。ハッピー30歳!

Ursula: Right, why do you keep saying that?
 そう。どうしてそんなこと言ってんの?

Phoebe: Because it’s our thirtieth birthday.
 だって私達の30歳の誕生日じゃない。

Ursula: Yeah, no, we’re not thirty. We’re 31. Okay.
 そう。だけど、私達30歳じゃないわよ。31よ。じゃあ(ドアを閉める)

Phoebe: Wait!
 待ってよ!(ノックするとアースラが出てくる)

Ursula: Oh, it’s you.
 あら、あなたなの。

Phoebe: Yeah. What?!
 ええ、何ですって?

Ursula: Yeah, we’re not thirty, we’re 31.
 そう、私達30歳じゃないわよ。31よ。

Phoebe: Nu-uh!
 違う!

Ursula: Yea-huh! That’s what is says on my birth certificate.
 そうよ! 出生証明書に書いてあるわ。

Phoebe: You have your birth certificate?
 あなた、出生証明書持ってるの?

Ursula: Yeah, I got a big box of family stuff when my mom died.
 ええ、私のママが死んだ時に、家族の物が入った大きな箱もらったから。

Phoebe: Our mom.
 私達のママよ。

Ursula: Right! Okay.
 そっか。はい。(出生証明書を見せる)

Phoebe: Do you have my birth certificate?
 私の出生証明書も持ってる?

Ursula: No, I sold it to a Swedish runaway.
 ううん。スウェーデンの逃亡者に売ったわ。

Phoebe: Oh, my God! Oh, my God, we are 31.
 (出生証明書を見て)まぁ! なんてことなの! 私達31歳じゃないの!

Ursula: Yeah.
 そうね。

Phoebe: I just lost a whole year of my life.
 私、人生のうちの丸々一年、なくしちゃったわ。

Ursula: Okay.
 あっそう。

Phoebe: Your middle name is Pamela?
 あなたのミドルネーム、パメラなの?

Ursula: Yes.
 そうよ。

Phoebe: Well, I never knew mine. Do you remember what it is?
 私のミドルネームは聞いたことないわ。私のが何だったか覚えてない?

Ursula: Yes! Phoebe.
 わかるわ! フィービーよ。

Phoebe: That’s my first name.
 それは私のファーストネームよ。

Ursula: Right, okay, then no.
 そうか。じゃ、知らない。

【モニカのサプライズ・パーティ】

Chandler: Okay, We made it all the way across the room. You're doing great.
 よし、部屋を完全に横切ったぞ。よくやってるよ。

Phoebe: What’s going on?
 どうしたの?

Chandler: Monica’s a little drunk.
 モニカがちょっと酔ってるんだよ。

Phoebe: Yay! I love drunk Monica! Oh, she's so much more fun than regular Monica.
 イエーイ! 酔っ払ったモニカ大好き! 酔っ払うと普段より、うんと楽しいのよね。

Chandler: She doesn’t want her parents to know she’s drunk.
 彼女、両親に酔っ払ってるとは知られなくないんだよ。

Phoebe: Ohh! All right! All right. Here’s what we’ll do, I’ll get twice as drunk as Monica and then no one will even notice her.
 ああ、わかった、わかったわ。こうすればいいのよ。私はモニカの2倍酔っ払うわ。そうしたら誰も気づかないわよ。

Rachel: What’s-what’s going on?
 なに、どうしたの?

Chandler: Monica’s wasted.
 モニカが酔っ払っちゃってるんだよ。

Ross: Maybe that will liven up this party.
 それだったらちょっとパーティが盛り上がるかもね。

Chandler: Okay, will you just go help her change please!
 (レイチェルに)よし、とにかく君は行って彼女の着替えを手伝ってやって。

Rachel: Okay, but taking care of a drunk, naked woman seems like a job for Joey.
 わかったわ。酔っ払って裸の女性の面倒を見るのってジョーイの仕事って感じよね。

Joey: Yep.
 そう!(行こうとしてチャンドラーに止められる)

《レイチェルのバースディ・パーティ》

Tag: This one’s from me.
 (プレゼントを渡す)これは僕から。

Rachel: Ahh!
 ああ!

Tag: It wasn’t on your list, but hopefully you’ll think it’s really fun.
 君のリストにあったものじゃないけど、でも楽しんでくれると嬉しいよ。

Rachel: A scooter!
 キックボード!

Ross: Stick to the list. Always stick to the list.
 (タグに)リストに従え。必ずリストに従え。

Rachel: No! No-no, I love it. Thank you.
 ううん、いいのいいの。気に入ったわ。ありがとう。

Chandler: Okay, open ours next. Open ours next!
 よし、僕らからのを開けて、僕らからの開けて!

Rachel: Okay.
 オッケー。

Joey: Now that you’re a couple, we don’t get two presents from you guys?
 君らカップルになったら、2つプレゼントもらえないの?

Chandler: For my last birthday you gave me a hug! . . . Okay, read the card! Read the card!
 俺の前の誕生日、おまえのプレゼントはハグだったぞ!(レイチェルに)ほら、カード読んで! カード読んで!

Rachel: Okay. "Happy birthday Grandma! It’s better to be over the hill than buried under it. All our love, Monica and Chandler." That’s funny, yeah!
 えーと「ハッピー・バースディ、おばあちゃん! 坂を越えちゃうのは、そこに埋められるよりはマシだよ。愛を込めて、モニカとチャンドラー」(泣く)おもしろいわ、ええ。

Chandler: No-no-no-no! That was the joke!
 いやいやいや! ジョークなんだから!

Rachel: No, I know! I get it! It’s funny!
 (泣きながら)ええ、わかってるわ。わかってる、おもしろいわ。

Chandler: No, because you’re not a grandmother!
 いや、君はおばあちゃんじゃないんだから!

Rachel: No, I know, because to be a grandmother you have to be married and have children and I don’t have any of those things. That’s why it’s so funny.
 そうよ、わかってるわ。だって、おばあちゃんになるためには、まず結婚して子供持たないといけないけど、私は全然それできてないのよね。だからおもしろいのよね(泣きながら自室へ行く)

Monica: All you had to do was buy the card!
 カードを買うだけでよかったことなのに!

《レイチェルのバースディ:時間経過》

Rachel: Okay! You know what? I realized it was stupid to get upset about not having a husband and kids. All I really needed was a plan. See, I wanna have three kids…
 いいわ! ねぇ、夫とか子供がいないなんて落込んだりするなんてバカげてるって気づいたのよ。私に必要なのは、プランよ。ね、私は3人子供がほしいから・・

Phoebe: Oh, let me guess, and you wanna have them all at the same time and you wanna have them for your brother.
 ああ、わかるわ。3人同時にほしいのよね。そして、弟のためにほしいんでしょ。

Rachel: As I was saying… I should probably have the first of the three kids by the time I’m 35, right? Which gives me five years. So, if I wanna have my kid when I’m 35, I don’t have to get pregnant until I’m 34. Which gives Prada four years to start making maternity clothes! . . . Oh, wait, but I do want to be married for a year before I get pregnant.
 さっきの話だけど・・3人のうち最初の子を産む頃、私は35歳ってところよね? まだ5年あるわ。そして、35歳で子供を出産したいんだったら、34歳には妊娠してないといけない。ってことは、プラダはあと4年でマタニティドレスを作ってくれなくちゃいけないわ。あ、待って、でも、妊娠する1年前には結婚していたいわ。

Monica: Really! That long?! . . Look, all you want, it’s happening!
 ほんと? そんなに長く? (チャンドラーがビビった顔で見る)ねえ、そういうこと起きるのよ。

Rachel: No, so I don’t have to get married until I’m 33! That’s three years, that’s three whole years−Oh, wait a minute though. I’ll need a year and a half to plan the wedding, and I’d like to know the guy for a year, year and a half before we get engaged… Which means I need to meet the guy by the time I’m thirty.
 それじゃ、33歳までには結婚してないといけないわ。3年あるわね。まる3年あるわ。・・あ、でもちょっと待って。ウェディングのプランを立てるのに1年半はほしいわ。婚約するまでに、相手のことを知るのに1年半必要・・・つまり、30歳の時には相手に会ってないといけないってことよ。

Ross: Which is fine! Because you just turned−twenty-eight!
 ってことは大丈夫! だって君はまだ(ケーキのロウソクを抜いて捨てる)28歳になったとこだもんね!

Rachel: No! Ross, no! It is not fine! Eh-eh-according to my plan I should already be with the guy I gonna marry!
 ダメよ、ロス、ダメだわ。よくないわよ。私のプランによると、結婚相手にもうめぐり逢ってないといないといけないのよ。

(その時部屋の前の廊下に、タグがキックボードで現れる。後ろについてくるジョーイ)

Joey: Will you quit hogging it!
 代わってよ!

【モニカのバースディ:ドレスに着替えてヨロヨロ歩くモニカ】

Rachel: I’m telling you it’s like watching Bambi learn how to walk.
 バンビが初めて歩くのを見てるみたいね。

Ross: You’re drunk! Mom and dad are gonna be mad! Maybe I’m a little drunk.
 (モニカに)酔っぱらい! かあさんととうさんが怒るぞぉぉぉお! ・・僕もちょっと酔ってるな。

Joey: Hey! Are those crab cakes? Did I not tell ya to come straight to me when more crab cakes were ready?
 (ウェイターに)ちょっと! それクラブケーキ? クラブケーキが出来たらすぐ俺のとこへ持って来いって言わなかったか?

Chandler: How are you feeling?
 (モニカに)気分はどう?

Monica: You are so handsome! I wanna make love to you right here, right now!
 あなたってすっごいハンサムね! あなたと愛を交わしたいわ。ここで今すぐ!

Ross: I really wish that you wouldn’t.
 本当にそれは見たくない。

Chandler: Now all you have to do is just get through a little bit more, okay? Then we can put you in bed, okay? Just smile and don’t talk to anyone.
 あともう少し、頑張ってくれよ、ね? そうしたらベッドに寝かせてあげるから、ね? ただニッコリして、誰とも話さないで。

Phoebe: Speech! Speech! Let’s hear from the birthday girl! Huh?
 スピーチ! スピーチ! 今日の誕生日ガールに話してもらいましょ! ね!

Chandler: Pheebs!!
 フィーブス!

Phoebe: Don’t you see? Everybody’s looking at me! The plan’s working! I didn’t even have to take off my top yet!
 ほら、わからない? みんな私に注目してるわよ! 予定通りよ! 胸を出してもないのに!

Mrs. Geller: Speech! Come on, Monica!
 スピーチ! ほら、モニカ!

Ross: Come on!
 がんばって!

All: Come on! Speech!
 ほら、スピーチ!

(モニカが立つとふらついたためチャンドラーが支える)

Mr. Geller: Hey, Chandler, you can’t keep your hands off her for one second!
 (ビデオ撮影しながら)チャンドラー、君は少しも彼女から離れられないんだな。

Mrs. Geller: Oh-ho, I think it’s nice.
 ほんとほんと、素敵ね。

Chandler: I think it’s necessary.
 必要にかられて。。

Monica: I-I-I wanna thank you all for coming. My family and my friends…
 みんな、みんな来てくれてありがとう。家族と、友達と・・

Phoebe: Wooo!! Hoo!!
 ウー!フー!!

Monica: I really like to say that I’m-um. . . You know what I’d really like to say? I’m drunk!! That’s right, mom and dad, your little Harmonica is hammered!! And guess what! I’ve been drunk before! And I’ve smoked a cigarette! And you know what? You know what? It’s all okay. It’s okay because I turned thirty today. And, and I can do anything I want! Because I am a grown up.
 どうしてもいいたいわ・・私・・私が本当に言いたいことが何か・・何だと思う? 私は酔っ払ってるの! (ゲラー母が撮影をやめさせる)そうよ。かあさん、とうさん、あなた達のちっちゃな「ハーモニカ」はぐでんぐでんよ! (ロスが撮影を再開)それに聞いて! 私前にも酔っ払ったことあるのよ! タバコを吸ったこともあるわ! でもね、それでもいいの。いいのよ! だって、私今日、30歳になったんだもの。したいことは何をしてもいいのよ! だって、オトナなんだもん。(横に倒れる)

Phoebe: Okay, quick, help me get this off!
 (ジョーイに)いいわ、早く、これ取って!(ドレスの胸を指差す)

Joey: Yeah!!
 よし!
(ロスがカメラをフィービーに向ける)

【フィービーのバースディ・セントラルパーク】

Phoebe: I lost a whole year! I can’t believe it! This is so unfair!
 1年消えちゃったのよ! 信じられない! こんなのないわ!

Joey: Come on, Pheebs. It’ll be okay.
 そんな、フィーブス、大丈夫だよ。

Phoebe: Will it? Will it?! I mean, how would you feel if you found out you were 31?
 そう? そう? あなたがもし自分が31歳だって知ったらどう思う?

Joey: That’s not gonna happen. No. Because we have a new deal!
 そんなことは起きないから。いいや。(天を仰ぎ)俺たち新しい約束したから!

Phoebe: Plus, it totally ruined my schedule! I…I haven’t done any of the things I wanted to do by the time I was 31!
 それに、私のスケジュールがめちゃめちゃよ! 31歳までにやるって決めてたことが何もできてないのよ。

Joey: Like what?
 どんなこと?

Phoebe: Like, okay, I-I-I, I haven’t met any Portuguese people! I, I haven’t had the perfect kiss! And I haven’t been to sniper’s school!
 例えばね、ポルトガルの人にまだ会ってないわ。それに、まだ完璧なキスをしてない! それから、スナイパー学校に行ってないわ。

Monica: Phoebe, you know, why don’t we just go upstairs and have some birthday cake?
 フィービー、ねぇ、上へ行ってバースディ・ケーキ食べましょうよ。

Phoebe: No, I just feel like being by myself for a while. All right? I’ll see you guys later. Thanks.
 いやよ。ちょっと1人になりたいの。いい? また後でね。ありがと(出て行く)

Rachel: Oh, poor Pheebs.
 ああ、かわいそうに、フィーブス。

Joey: Hey, you know what, you guys? I think I’m gonna go walk her home.
 なぁ、ちょっといい、みんな? 俺、彼女を送って行くよ。(出て行く)

Monica: Oh, man!
 ああ、もう!

Chandler: What?
 なに?

Monica: He’s gonna eat the cake!
 彼ケーキを食べるつもりだわ!

(外でフィービーに追いつくジョーイ)

Joey: Pheebs! Wait up! Listen, close your eyes. . . Maybe that’s one thing you can cross off your list.
 フィーブス! 待って! ちょっと、目を閉じて。(しっかりキスをする)これで、君のリストから一つ消せるんじゃないかな。

Phoebe: Oh, yeah.
 (嬉)ああ、そうね。

Joey: Oh, and plus, I’m one-sixteenth Portuguese.
 あ、そうだ。それと、俺は16分の1ポルトガル人だからな。

Phoebe: Oh!
 まぁ!

【ロスのバースディ:まだ車を動かせない】

Ross: Okay, is everybody clear? We’re gonna pick it up…and move it. Now all we need is teamwork, okay? We’re gonna lift the car…and slide it out. Lift and slide!
 よし、みんなわかった? みんなで、持ち上げて・・・そして動かす。今の僕らに必要なのは、チームワークだ、いい? 車を持ち上げて、横にずらす。持ち上げて、ずらす!

Rachel: Ross, I really don’t think…
 ロス、私ほんとにこんなの・・

Ross: Lift!! And slide!
 持ち上げて! そしてずらす!

Chandler: Okay, here we go.
 よし、行くぞ。

Ross: All right everyone, lift! . . And slide!!
 さぁ、いくぞ、持ち上げて!(動かない)そしてずらす!
(みんな傾くだけ)

《レイチェルのバースディ:廊下に出てくるレイチェル》

Rachel: Hey, Joey…
 ねぇ、ジョーイ・・

Joey: Oh, come on, Rach! My turn just started!
 ああ、なんだよ、レイチ! ようやく俺の番になったのに!

Rachel: Actually, I just wanna talk to Tag.
 いえ、私ちょっとタグと話したいの。

Joey: Oh. Okay. Hey, can I ride this outside?
 ああ、そうか。なぁ、これ外で乗っていい?

Rachel: Whatever! Okay, I’m not your mother.
 好きにしてよ! 私あなたのおかあさんじゃないのよ。

Joey: Okay!
 わかったよ!

Rachel: Not in the street!!
 道路ではダメよ!

Joey: Yes!
 ハイ!

Rachel: Hi.
 (タグに)ハーイ。

Tag: Hey.
 ヘイ。

Rachel: Hey.
 ヘイ。

Tag: How are you doing? Are you feeling any better?
 気分はどう? 少しは気分よくなった?

Rachel: Yeah, I’m doing okay. I’m um…let’s talk.
 ええ、大丈夫。ちょっと・・話しましょう。

Tag: Okay.
 わかった(2人座る)

Rachel: Umm…
 ああー・・

Tag: What’s up?
 どうした?

Rachel: Ohh, Tag, umm…you’re such a great guy and we have so much fun together but I don’t…
 ああ、タグ・・あなたは本当に素敵な人だし、一緒にいて本当に楽しいんだけど・・私・・

Tag: Wait! I think I see where you’re going, but before you say anything else, can I just say one more thing?
 待って! 話が見えてきた気がするけど、何か言う前に、一言言っていい?

Rachel: Well said. And a uh good example of the fun I was referring to. But I just think I’m past the point where I think I can, you know, just have fun.
 よくわかったわ。楽しいって言ったのはこういうことなのよ。でも、楽しんでるだけでいいときってもう終ったと思うの。

Tag: Rachel, don’t do this. This is just because you’re turning thirty.
 レイチェル、そんなのダメだよ。ただ30歳になったからって。

Rachel: Yeah, it is! But you’re just a kid! I mean you’re 25!
 ええ、でもそうなの。あなたはまだ若すぎる。あなた25歳なんだもの。

Tag: Twenty-four, actually.
 24歳だよ、本当は。

Rachel: Oh, God! You know what I wish? I wish you were six years older. Well, actually, if I’m wishing for stuff, I actually wish I was six years younger.
 ああ、もう! ああ、もしもよ? もしも、あなたがもう6歳年を取ってたら・・・いや、もし願いを言うんだったら、私があと6歳若い方を願うわよね。

Tag: Me too.
 そうだといいね。

Rachel: Yeah, I’m sorry.
 そうね。ごめんね(ハグ)

《レイチェルのバースディ・パーティ、外から戻るレイチェル》

Chandler: Hey! How’d it go?
 やぁ、どうだった?

Rachel: Oh, if I only want two kids, can I keep him for another year?
 ああ! もし子供2人だけにするって言ったら、彼ともう1年つきあっててもいい?

Phoebe: You did the right thing.
 これでよかったのよ。

(ジョーイがキックボードを持って足を引きずって入ってくる)
Joey: I don’t like this anymore.
 こんなの、もう嫌い。

Chandler: Well, here we are, just a bunch of thirty year olds.
 さあ、これでみんな30歳代だな。

Ross: God, do you realize in ten years we’re gonna be 40?
 ああ、考えてみてよ、あと10年たったら、僕らみんな40歳だぞ?

Joey: Why God?! Why are you doing this to us?!
 なんで、神様? なんで俺たちにこんなことするの?

【ロスのバースディ:ロスの車がもう他の車に挟まれてない】

Ross: Yes! My baby’s finally free!
 よし! 僕のベイビーがようやく自由になったぞ!

Joey: All-all right! Start it up! Let’s go!
 よし、エンジンかけよう! でかけよう!

Ross: Woohoo!
 ウーフー!!

(車を出そうとしたちょうどその時、同じ車を、高齢のはげた男性が運転して来る)

The Man In The Sportscar: How hot are we?
 俺たちサイコーだよね!

Ross: You wanna buy a car?
 (ジョーイに)・・・車買わない?



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:11| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。