2013年10月18日

7-13 The One Where Rosita Dies

7-13 チェアのロジータが死んだ話

 ☆愛されてるのはどっち?☆

《ジョーイの部屋:ジョーイが戻る》

Joey: Hey.
 ヘイ。

Rachel: Hey.
 ヘイ。

Joey: What are you doing?
 何してるんだ?

Rachel: Well, you know, I was thinking of moving the couch over here.
 あのね、このカウチをそっちへ動かそうかと思って。

Joey: Why would you want to do that?
 なんでそんなことするんだ?

Rachel: So that there will be a decent place for me to sit.
 そうすれば私がいい場所に座れるからよ。

Joey: Rach, there is a decent place to…
 レイチ、君にはもういい場所が・・

Rachel: And your lap does not count! Okay? Come on, help me move this.
 あなたの膝の上は違うわよ! いい? ほら、動かすの手伝って。

Joey: No. No. No.
 ダメダメダメ。

Rachel: No?
 ダメ?

Joey: No. Rosita does not move.
 ダメ。ロジータは動かない。

Rachel: I’m sorry, Rosita? As in…
 え、ロジータ? それって・・

Joey: As in Rosita does not move.
 ロジータは動かない:それがロジータ。

Rachel: Joey, it’s just a chair! What’s the big deal?
 ジョーイ、ただの椅子よ! 何だっていうの?

Joey: The big deal is that it is the exact equal distance from the bathroom to the kitchen and it’s at the perfect angle so you don’t get any glare coming off of Stevie.
 何かっていうと、これはバスルームからとキッチンからとちょうど同じ距離になるし、スティービーからの角度もちょうどいいんだよ。

Rachel: Stevie the TV?
 スティービーってテレビ?

Joey: . . Is there a problem?
 ・・いけない?

Rachel: No! . . . Oh, what does he know! Come on, Rosita, us chicas gottta stick together! . . . You bitch!
 いいえ!(ジョーイはチップスなどを置いて自室へ行く)もう、彼にはわからないのよ。行くわよ、ロジータ、女同士で頑張りましょう!(背もたれを持って引っ張ると、背もたれが取れてしまい、転ぶレイチェル)このクソ女!

《セントラルパーク:モニカが来る》

Monica: Hey, Ross! So, I was checking out the uh, real estate section…
 ねぇ、ロス! 私、住宅情報の欄を見てたんだけど・・

Ross: Yeah?
 なに?

Monica: Look at this.
 これ見て(新聞を見せる)

Ross: Oh, it looks like mom and dad’s house. Oh, it even has a tree with a broken limb out front and the uh, the window in the attic is…Oh, my God!!
 ああ、これ実家に似てるな。家の前に枝の折れた気があるのまで同じだし、屋根裏の窓も・・なんてことだ!
  
Phoebe: What? What happened to the window in the attic?!
 えっ? 屋根裏の窓がどうしたの?

Monica: I can’t believe mom and dad are selling the house!
 とうさんとかあさんが家を売ろうとしてるなんて!

Ross: I can’t believe they-they didn’t even tell us!
 しかも僕らに言いもしないで!

Phoebe: I can’t believe I still don’t know what happened to the window in the attic!
 しかも私はいまだに、屋根裏の窓がどうなったのかわからない!

《ジョーイの部屋》

Rachel: Okay, come on−Joey, I’ll buy you a new one! All right? We’ll go down to the store right now and we’ll-we’ll get you a new chair.
 ねぇ、ごめん、ジョーイ、新しいのを買うから! ね? すぐお店に行って、新しい椅子を買いましょう。

Joey: She’s not even cold yet!
 まだ彼女は冷たくさえなってないんだぞ!

Rachel: But don’t you think Rosita would’ve wanted you to move on? I mean, you know, she did always put…your comfort first.
 だけど、ロジータだって、あなたに先へ進んで欲しがってると思わない? だってね、彼女はいつも、あなたの心地よさを第一に考えてきたでしょう。

Joey: That’s true.
 それはそうだな。

《モニカ達の部屋》

Ross: I can’t believe we have to say goodbye to the house we grew up in. Man, some-some stranger’s gonna be living in my room.
 育った家にお別れだなんて信じられないよ。ああ、どこかの知らない人達が、僕の部屋に住むなんて。

Monica: Well, after 15 years of mom and dad keeping it as a shrine to you, it’s time the velvet ropes came down.
 あの部屋で、15年も兄さんのことをあがめてきたんだから、もうそろそろ解放してもいいんじゃないの。

velvetrope.jpg(velvet ropes)

Ross: They kept your room for a while.
 君の部屋だってしばらくはそのままにしてたよ。

Monica: Oh, please! Dad turned my room into a gym 20 minutes after I moved out! I gotta say, a tanning bed and a stack of Victoria’s Secret catalogues, not a gym!
 ウソ言わないでよ! とうさんは、私が出てった20分後にはジムにしてたわよ。でも、日焼けマシーンとビクトリアズ・シークレットのカタログの山を置いて、それをジムとは言えないと思うけどね。

Ross: Come on, you know they love you.
 そんなことないって。君も愛されてるよ。

Monica: As much as they love you?
 兄さんと同じくらい?

Ross: I was their first born! They thought she was barren! It’s not my fault.
 僕は初めての子だったんだ! かあさんは不妊症だと思われてたんだからね。僕のせいじゃないよ。

(フィービーが来る)
Phoebe: I hate this year!
 今年って、もうイヤ!

Ross: What’s wrong with this year?
 今年の何がいけないの?

Phoebe: It’s already February and I’ve only given two massages and they were both the worst tippers in the world!
 もう2月なのに、これまでに2人しかマッサージのお客さんなかったし、その2人のくれたチップが史上最低!

Monica: That was me and Ross.
 それって私とロスじゃないの。

Phoebe: Oh, that’s right!
 ああ、そうよね!

Ross: Hey, you know, if you want to pick up some extra cash? Some friends of mine made good money doing telemarketing.
 ねぇ、お金を稼ぎたいんだったら、僕の友達が、テレマーケティングでけっこう稼いだそうだよ。

Phoebe: Yeah, and it would probably be better than the last telephone job I had. You know, I probably wouldn’t have to say spank as much.
 ああ、そうね。まえの電話の仕事よりはきっといいわよね。ほら、お尻叩くとか言わなくてもいいんでしょう。

Ross: What?
 は?

Phoebe: Oh, yeah, like you never called!
 まぁ、かけたことないフリしちゃって。

《テレマーケティングのオフィスにきたフィービー》

Supervisor: So basically this is very easy. You read from the script and try to sell as much toner as you possibly can.
 基本的には簡単なことよ。台本通りに読んで、できるだけトナーを売るのよ。

Phoebe: Okay, I can do that! Oh, by the way, I love my office.
 わかった、できそうだわ! ところで、素敵なオフィスね!

Supervisor: Why don’t we do a trial run?
 じゃあちょっとやってみましょうか?

Phoebe: Oh, okay. Umm, all right. (Picks up the phone and starts reading from the script.) Hi, this is Phoebe from Empire Office Supplies, can I speak to your supply manager please?
 ああ、わかったわ。えーっと、よし(受話器を取って台本を読む)こんにちは、こちら、エンパイア・オフィス・サプライのフィービーと言います。そちらの備品担当の方とお話させていただけますか?

Supervisor: I’m the supply manager.
 私が備品担当よ。

Phoebe: Umm, okay, I would like to talk to you about your toner needs.
 あ、そうですか、トナーのご入用はないかと思いまして。

Supervisor: We don’t need any toner.
 トナーはいらないわ。

Phoebe: Oh, okay, well I’m sorry to bother you. Bye-bye. . .Yeah, you’re right, this is easy.
 ああ、そうなのね。お邪魔しました。バイバイ。(電話を切る)本当ね、簡単だわ。

Supervisor: Okay, what was wrong with that call?
 よろしい。今の電話でよくなかった点は?

Phoebe: Oh, well, all right…um, no offense, but you were kind of rude.
 ああ、そうね、悪気はないけど、あなたがちょっと失礼だったかしら。

Supervisor: They’re always gonna tell you they don’t need toner, but that’s okay. Because whatever they say, you can find the answer to it here in this script.
 みんなトナーは要らないって言うのよ。だけど、それはいいの。お客さんがなんと言っても、あなたの返答はその台本にあるから。

Phoebe: Oh.
 ああ。

Supervisor: So, I think you’re ready to sell toner, do you have any last questions?
 それじゃ、これでトナーの販売ができるわね。最後に何か質問は?

Phoebe: No. . . Oh, wait, yes! I do, I do have one question. What is toner?
 いいえ。・・あっ、待って、ええ! 質問があるわ。トナーって何?

《ジョーイ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Joey! Joe! . . Full bag. . Beer’s still cold. Something terrible must’ve happened here!. . . Oh, no-no-no-no-no-no! . . Stevie, I was never here!
 ジョーイ! ジョー! (いない。チップスに気づく)まだ食べてない。冷たいビール。何か恐ろしいことが起きたに違いないぞ! (とか言ってから椅子(ロジータ)に座ると、後ろに倒れる)ああ! そんな! ウソだウソだウソだ!(テレビに向かって)スティービー、俺はここに来なかった!(出て行く)

《ゲラー家のガレージ》

Ross: Dad?
 とうさん?

Mr. Geller: I’m here!
 ここだよ!

Ross: Hey!
 ヘイ!

Mr. Geller: Hi. . God, it seems like just yesterday you guys used to come out to watch me work.
 やぁ、ああ、私が仕事をするのをおまえ達がここに見に来てたのが、昨日のことのようだな。

Ross: Dad, we can’t believe you’re selling the house.
 とうさん、家を売るなんて、信じられないよ。

Mr. Geller: Well, it’s time for a new family to start their memories here and hopefully their check will clear before they find the crack in the foundation and the asbestos in the ceiling.
 新しい家族がここで思い出を作るときがきたんだよ。基礎のヒビと、天井のアスベストに気づかれないといいんだが。

Ross: Let’s grab our stuff and get the hell out of here.
 (モニカに)自分たちの物を持って早く行こう。

Mr. Geller: I’m sorry we can’t store your childhood things anymore.
 おまえ達の子供の頃のものをとっといてやれなくて悪いな。

Monica: Oh, that’s okay, I can’t wait to see everything again! All of the memories…
 ああ、いいのよ。早くいろいろ見たいわ! いろんな思い出の物達・・・

Mr. Geller: Well, I don’t know what’s in the boxes down here, but I do know there are six or seven Easy Bake Ovens in the attic.
 ここの箱に何が入ってるか知らんが、屋根裏には、6個か7個、イージー・オーブンがあるぞ。

Monica: I used to love to play restaurant.
 私、よくレストランごっこしたもんね。

Ross: Yeah, not as much as you loved to play uncooked batter eater.
 ああ、焼く前のそのまま食べる方が多かったけどな。

Monica: Hey, it is unreasonable to expect a child to wait for a light bulb to cook brownies!
 ブラウニーが焼けたサインを待てなんて、子供には酷な話なのよ!(屋根裏へ行く)

Mr. Geller: So, I think your boxes are over here.
 おまえの箱はここにあると思うよ。

Ross: Wow! Great! . . Wait, dad, who-who’s cigarettes are these?
 ワオ! すごいな・・あ? とうさん、これ、誰のタバコ?

Mr. Geller: I don’t know. They-they must be your mother’s, but please, please don’t ask her. I’ll throw these away.
 知らないな。きっとかあさんのだろう。だけど、頼むよ、頼むから、彼女には聞かないでやってくれ。私が捨てておくよ(ポケットに入れる)

Ross: Cool! Dad! My report cards! Hey, check this out, dad, Math, A. Science, A. History, A. Gym…. . Oooh, my rock polisher!
 すごい! とうさん、僕の成績表だよ。ほら、これを見てよ、とうさん。数学、A、科学、A、歴史、A、体育・・・ あっ! 僕の石磨き機だ!

Mr. Geller: Uh-oh.
 まずいぞ。

Ross: What?
 何が?

Mr. Geller: You know how the garage floods every Spring?
 毎年春になるとガレージが水浸しになるの知ってるだろう?

Ross: How are you ever going to sell this place?
 よくここ売れるね?

Mr. Geller: I think I accidentally used Monica’s boxes to keep the water away from the Porsche.
 ポルシェをその水から守るために、うっかりモニカの箱を使ってしまったんだよ。

Ross: Oh, no. Dad! Dad! What. . . Oh, God…everything’s ruined! Dad, she’s gonna be crushed!
 そんなまさか。とうさん、とうさん! なんて・・(箱を開けてみる)ああ、大変だ。みんなダメになってしまってるよ。とうさん! 彼女ショックを受けるよ!

Mr. Geller: You don’t secretly smoke, do you?
 おまえは隠れてタバコ吸わないよな?

Ross: No!
 吸わないよ!

Mr. Geller: So it’s just your mother then.
 それじゃかあさんだけか。

《テレマーケティングオフィス》

Phoebe: Hi, this Phoebe from Empire Office Supplies, can I speak to your supply manager please? . . . Earl, thanks. . . Hi, Earl, this is Phoebe from Empire Office Supplies. I’d like to talk to you about your toner needs.
 (電話)こんにちは、こちら、エンパイア・オフィス・サプライのフィービーと言います。そちらの備品担当の方とお話しできます? ・・アールなのね、ありがとう・・どうも、アール、私はエンパイア・オフィス・サプライのフィービーと言います。トナーがご入用ではないかと思いまして・・

《とあるオフィスの職員》
Unknown.jpg(Jason Alexander)

Earl: I don’t need any toner.
 トナーなんていらないよ。

Phoebe: I’m hearing what you’re saying, but at our prices everyone needs toner.
 おっしゃることはわかりますが、私どもの値段をお聞きになれば、みなさんお買い上げになりますよ。

Earl: Not me.
 俺は違う。

Phoebe: May I ask why?
 どうしてかお聞かせいただけます?

Earl: You wanna know why. You wanna know why?
 どうしてか聞きたいか。どうしてか、聞きたいのか?

Phoebe: I surely do!
 もちろん知りたいです!

Earl: Okay, I don’t need any toner because I’m gonna kill myself.
 そうだな、トナーなんか要らないのは、今日俺は自殺するからだ。

(台本をめくって対応するセリフを探すが、見つからない)
Phoebe: Umm, is-is that because you’re out of toner?
 あー・・それは、トナーがないからですか?

《時間経過》

Earl: Okay, so…no toner today. Thanks anyway, bye-bye.
 とにかく、今日はトナーは要らないから。でもありがとう、バイバイ。

Phoebe: No-no, wait-wait! I can’t just let you hang up! Just please talk to me.
 いえいえ、待って待って! このまま電話を切れないわ! お願いだから話を続けて。

Earl: Well…I only have one thing to do today. . I guess I could push it back.
 そうだな・・どうせ今日することは一つしかないし。(予定表は「自殺」だけ)もう少し後でもいいか。

Phoebe: Yeah! Now, why do you want to kill yourself?
 そうよ! じゃあ、どうして自殺したいの?

Earl: It’s just that I uh, have been working for ten years now at this meaningless, dead-end job and nobody here even knows I exist!
 いや、ただ、ここで10年も、意味のない終わりの見えない仕事をしてきて、その上、この俺が存在していることさえ、誰も知りゃしないんだよ。

Phoebe: Chandler?
 ・・・チャンドラー?

Earl: I-I’m sorry?
 なんですって?

Phoebe: No, look, I’m sure that people know you exist!
 いえ、そんなことないわ、絶対あなたがいるってことをみんな知ってるわよ。

Earl: Oh, yeah? I work in a cubicle surrounded by people. I’ve been talking to you for five minutes now about killing myself and no one’s even looked up from their desk. Hang on. . . .Hey, everybody! Uh, I’m gonna kill myself!. . I got nothing.
 そうか? 俺は小さく区切ったところで人に囲まれて仕事してる。君と、もう5分も、自殺するって話してるが、誰ひとり、顔さえあげないんだぞ。ちょっと待てよ(部屋の人々に大声で)やぁ、みんな! 俺、これから自殺するよ! (誰も反応しない。フィービーに)反応なし。

《ジョーイの部屋:自分の椅子と交換するチャンドラー》

Chandler: Good chair. Now, if anybody asks, your name is Rosita.
 いい子だ。もし誰かに聞かれたら、おまえの名前は、ロジータだからな。(壊れた椅子をモニカとの部屋に隠す)

《ジョーイの部屋:ジョーイとレイチェルが戻る》

Joey: Poor thing. Cut down in her prime.
 かわいそうに。あんなに元気だったのに。

Rachel: Joey, the new chair will be here in an hour. Maybe we should actually move Rosita out of here. You know, start the healing process?
 ジョーイ、1時間もしたら新しい椅子が来るのよ。ロジータをここから出した方がいいかもひょ。ね、ヒーリングを始めるのよ。

Joey: Well, I guess you’re right. . . . She’s healed!
 ああ、そうかもな。(ロジータを動かすがせもたれが外れない。座っても大丈夫)彼女直った!

Rachel: That’s weird.
 そんなバカな。

Joey: No, it’s not weird, it’s a miracle!
 バカなことないよ。これは奇跡なんだよ。

Rachel: It’s not a miracle, Joey! I’m sure there’s some explanation.
 奇跡なんかじゃないわよ、ジョーイ! 絶対何か理由があるはずよ。

Joey: Oh, there is! If you want something enough and your heart is pure, wondrous things can happen!
 ああ、あるさ! 何かを本当に願って、心が純粋なら、奇跡は起きるんだよ!

《ゲラー家のガレージ》

Mr. Geller: Well, she’ll understand, right? It’s not like I did it on purpose.
 きっとあの子もわかってくれるよ、な? わざとやったわけじゃないんだし。

Ross: Dad, that won’t matter to her. Look, all my stuff is safe and dry and all her stuff is, is growing new stuff! See, this is exactly the kind of thing that makes her think you guys love me more than you love her.
 とうさん、そんなことじゃないんだよ。見てよ、僕のものは全部大丈夫なのに、彼女のものはみんな・・何か新しいものが生えてきてる。こういうことがあるから、彼女は、とうさん達がモニカより僕を愛してると思い込むんだよ。

Mr. Geller: Oh, my God, does she really thinks that?
 なんてことだ! 彼女本当にそんなこと思ってるのか?

Ross: Well, can you blame her?
 無理もないだろ?

Mr. Geller: Well, I don’t know, I suppose we may have favored you unconsciously, you were a medical marvel! The doctor said your mother could…
 ああ、どうだろうな。無意識におまえを気に入っていたのかもな。おまえは医学上の驚異の子なんだからな! ドクターは、おまえのかあさんは・・

Ross: Dad, dad, I don’t want to hear about it.
 とうさん、とうさん、その話は聞きたくないよ。

Mr. Geller: Really?
 本当に?

Ross: Well, not right now. Okay, look, Monica came here for some memories. Damn it, we’re gonna give her some! Okay, grab…grab some empty boxes. Okay? We’ll-we’ll take stuff from mine and whatever we can pass off as hers we’ll-we’ll put them in there.
 ああ、いや、今はね。とにかく、モニカだって思い出の品をほしくてここに来たんだ。ああ、何か彼女にも用意してやらないと! よし、何か、何か空の箱を取って、ね? そこに、僕の物の中から何か彼女のものだと言えそうなものを入れていこう。

Mr. Geller: Great!
 いいね。

Ross: Like uh, you know, like this! This!
 たとえば、そうだな、これとか、これだよ!

Mr. Geller: This could have been hers.
 それなら彼女のものだって言えるな。

Ross: Sure! . . You know, if you want to tell the medical marvel story while we work, that'd be fine.
 そうさ。・・ねぇ、もし医学上の驚異について話したいんだったら、これをしながら話してくれてもいいよ。

《ジョーイの部屋:ジョーイはロジータ、レイチェルは新しい椅子に座っている》

Rachel: I am so psyched I kept this chair for myself!
 (肘掛けの下からビールを出す)この椅子を私のものにできるなんてめちゃくちゃうれしい!

Joey: Yeah, me too.
 ああ、そうだな。(何も出てこない肘掛け)

Rachel: Wow! You know, that this thing has speakers in the headrest!
 ワオ! ねぇ、これヘッドレストにスピーカーが入ってるわよ。

Joey: No. Really?
 ウソ! ほんとに?

Rachel: Yeah! You can hook it up to your TV and you get radio!
 ええ! これテレビにつないで、聞くこともできるのよ。

Joey: . . My chair heals itself.
 ・・・俺の椅子は自分で直った。

《テレマーケティングのフィービー》

Phoebe: All right. So Earl, let’s just forget about the people at the office, okay? There-there’s gotta be someone else in your life worth sticking around for! What about-what about your family, your friends, or maybe your girlfriend?
 いいわね、アール、オフィスの人達のことなんて忘れたらいいのよ、ね? あなたの人生にだって、一緒にいられる誰かがいるでしょ。家族はどう? 友達とか、それか、ガールフレンドは?

Earl: Yeah! Right!
 はっ! いいね!

Phoebe: Oh, sorry, boyfriend!
 あ、ごめんなさい、ボーイフレンド!

Earl: Okay, I should, I should probably be getting back to my thing now. See ya.
 ああ、もうそろそろ仕事に戻らないと。じゃあね(電話を切る)

Phoebe: No! I’m not finished yet! Don’t! Don’t you dare hang up on me!!!
 ダメよ! まだ終ってないわよ! ちょっと! 私との電話を切るなんて許さないわよ!

Supervisor: The new girl’s good.
 新しい子、優秀ね!

《ゲラー家のガレージ》

Monica: So, which boxes are mine?
 それじゃ・・どれが私の箱?

Ross: Well, these. These are yours, right here.
 ああ、これだよ。ここにあるのが君の、ここだよ。

Monica: Okay. Oh! A coloring book!
 オーケー! ああ、塗り絵ね!

Ross: Yeah. Yeah, Oh, you loved that thing. You always had it with you. You never went anywhere without-without that coloring book.
 ああ、そうそう、君それが好きだったよね。いつも持って歩いてたよ。塗り絵ノートなしではどこへも行かなかったよ。

Monica: Really? Wow! It looks like I had some trouble staying inside the lines.
 そう? ワオ・・これなんて線からはみ出しまくりね。

Ross: Nu-uh!
 まさか!(慌てて見る)

Monica: Wow! Look at this! . . I can’t believe I even fit into this shirt! . . . Oh, this is yours.
 ワオ! これ見てよ。私、これが入ったのかしら。(シャツを開いてみる)ああ、これロスのだわ。

Ross: Oh, I don’t know how that got in there.
 ああ、なんでそこに入っちゃったのかな。

Monica: Hey, this isn’t, this isn’t my stuff! Ugh, Ross! . . . These are your boxes! Where are my boxes?
 ねぇ、これ・・これ私のものじゃないわよ! いやだ、ロス!(人形を取り出しロスに渡す)これあなたの箱じゃないの! 私の箱はどこ?

Mr. Geller: Well, the garage flooded, sweetie, and it ruined everything in your boxes. I’m sorry.
 いや・・ガレージが浸水してねぇ、それでおまえの箱はみんなダメになってしまったんだよ。ごめんよ。

Monica: Just mine?
 私のだけ?

Mr. Geller: I’m afraid so.
 悪いけど、そうなんだ。

Monica: So why-why wasn’t Ross’s stuff ruined?
 それじゃ・・どうしてロスのものはダメになってないの?

Mr. Geller: Well, I used your boxes to divert water away from the Porsche.
 ああ・・おまえの箱で、ポルシェを水から守ったんだよ。

Monica: So wait, Ross’s stuff is fine, but I have no memories because you wanted to keep the bottom two inches of your car away from water!!!
 待ってよ、ロスのものは大丈夫で、私には思い出の品がなしってことなの? 車の下5センチを水から守るために?

Mr. Geller: There was also leaves and gook and stuff.
 葉っぱとか泥とかもあったんだよ。

Monica: I can’t believe this!
 信じられない!(出て行く)

Mr. Geller: Screw it! I’m having one.
 もう知るか! タバコ吸っちゃう。

《モニカ達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hey, Chandler!
 ねぇ、チャンドラー!

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Rachel: How would you like to sit in a chair that fully reclines, has a rolling massage, and speakers in the head rest?
 ゆったりとしたリクライニングで、マッサージ内蔵で、ヘッドレストにはスピーカー付きの椅子に座っていみたい?

Chandler: Yeah, I’d love to but I’ve tried that so many times they won’t even let me in the store anymore.
 ああ、もちろんそうしたいけど、だけど俺は何度も通い過ぎて、もう店に入れてもらえないんだよ。

Rachel: Well, what if I told you you can do it in my apartment?
 じゃあ、もし、私の部屋で座れるって言ったらどうする?

Chandler: Are you telling me that you bought the chair that is making all other lounge systems obsolete? The chair that Sit magazine called the Chair of the Year?
 もしかして君、他のリクライナーをすべて過去のものとした、あの椅子を買ったって言ってるのか? 椅子雑誌で、チェア・オブ・ザ・イヤーと言われたあの椅子を?

Rachel: I just purchased the La-Z-Boy E-cliner 3000.
 私、レイジー・ボーイ・E・クライナー・3000を買ったのよ。

Chandler: That’s awesome! That’s great! What made you do it?!
 すばらしい!! すごいな! なんで買ったの?

Rachel: Well, it’s a long story, but umm I broke Joey’s chair…
 話せば長いんだけど、私ジョーイの椅子を壊しちゃって・・

Chandler: Whoa-whoa-whoa! You broke Joey’s chair?
 おいおいおい! 君がジョーイの椅子を壊した?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Chandler: I thought I broke Joey’s chair! That’s why I replaced it with mine!
 俺、自分が壊したと思ったんだよ! それで俺のと入れ替えたんだ。

Rachel: Ohhhhh. That’s how it got fixed!
 ああ!! だから直ってたのね!

Chandler: Well, what did you think, that-that elves came in and fixed it?
 何だと思ったんだよ、エルフ達が来て直してくれたとでも思ったのか?

Rachel: Noo! . . .Angels.
 まさか! ・・・天使かなって。

Chandler: I’m gettin’ my chair back!
 俺の椅子取り戻すぞ。(ジョーイの部屋へ向かう)

Rachel: What? Wh-hey!
 え? 待って。

(ジョーイの部屋へ行くと、チャンドラーの椅子が壊れている)

Joey: Well, it looks like it wasn’t healed after all! Yeah! So, I guess this chair is mine now!
 いやぁ、結局やっぱり直ってなかったらしいよ。ああ。ってことは、これは俺の椅子だな。(新しい椅子に座る)

Chandler: Joey, you broke my chair!!
 ジョーイ、おまえ俺の椅子壊したな!

Joey: Your chair?!
 おまえの椅子?

Rachel: Yeah, he thought he broke your chair so he switched the chairs!
 そうよ。彼、あなたの椅子を自分が壊したと思って、入れ替えたのよ。

Joey: So, there was no miracle?!
 それじゃ、奇跡じゃなかったの?

Rachel: No, Joe, no miracle.
 違うのよ、ジョー、奇跡じゃなかったの。

Joey: Oh, no! This is devastating! My faith is shaken. I’m so glad I have the new chair to get my through this difficult time in my life.
 ああ、そんな! ひどいよ! 俺の信念が揺らいだ。俺の人生のこのつらい時期を乗り越えるために新しい椅子があってよかったよ。

《アールのオフィス:フィービーが来る》

Phoebe: Excuse me! Can you tell me where I can find Earl? He’s the supply manager around here.
 (女性に)すみません、アールはどこにいるか教えてもらえません? 彼、この辺の備品担当さんなんだけど。

Marge: Sorry, I don’t know any Earl.
 悪いけど、アールなんて知らないわ。

Earl: I’m right here!!!!
 (叫ぶ)俺はここにいる!!

Phoebe: Earl! I’m Phoebe.
 アール! 私、フィービーよ。

Earl: Phoebe? The lady who sells toner?
 フィービー? トナーを売ってる人?

Phoebe: Umm, look, you-you can’t kill yourself.
 ええ、ねぇ、あなた、自殺なんてしちゃダメよ。

Earl: Look, um I really appreciate your coming down…
 いいか、ここまで来てくれたことは本当にうれしいが・・

Phoebe: No-no, I can’t! I can’t let you do it!
 いえいえ、ダメ! あなたにそんなことさせるわけにはいかないの!

Earl: Why?!
 なんで?

Phoebe: Because it was fate that made me call you today!
 私が今日あなたに電話をしたのは、それを止めるさだめだからよ。

Earl: I thought it was toner.
 トナーのためだろ。

Phoebe: No! Think about it, okay? This isn’t even my regular job! Okay? And my first day on the job, you’re my first call! And-and somebody else might’ve hung up on you, but I wouldn’t do that because I know about this stuff. My mom killed herself.
 違うのよ! 考えてもみてよ。これは私の職業じゃないのよ。そしてここで最初の日の最初の電話があなただったの。誰かほかの人だったら、あなたとの電話を切ったかもしれないけど、私にはできないわ。私はこういうこと知ってるの。私のママが自殺したのよ。

Earl: Really?!
 本当に?

Phoebe: Yes.
 ええ。

Earl: How?
 どうやって?

Phoebe: I’m not gonna give you tips! Look, don’t you see that this-this…this all came together so that I could stop you from doing this.
 やり方なんて教えてあげないわよ! ねぇ、これ、このこと全部考え合わせたら、あなた自殺なんてやめなきゃってわかるでしょ。

Earl: Couldn’t it just be a coincidence?
 ただの偶然じゃないの?

Phoebe: No, it’s fate!
 いいえ、さだめなのよ。

Earl: It doesn’t really seem like enough to be fate.
 それだけじゃさだめとは思えないな。

Phoebe: Oh. Well umm, okay, here’s a weird thing. My mother was also a supply manager.
 そう。でも他にもおかしなことがあるわよ。私のママも備品担当だったの。

Earl: I’m actually the office manager.
 俺は本当のとこ、オフィスマネージャーなんだよ。

Phoebe: Oh, my God! So was she! And! Get this, okay? Your-your name is Earl, right? Her name was Pearl, P-Earl.
 なんてことなの! ママもそうだったのよ! それに、これ聞いて、ね? あなたの名前はアールでしょ? ママの名前は、パールだったの! パ・アール!

Earl: Well, was there anything else?!
 うーん、他にはないの?

Phoebe: Sure! . . Umm, where are you from?
 あるわよ! ・・あなた出身は?

Earl: Philadelphia.
 フィラディルフィア。

Phoebe: Oh, my God! So was she! Oh, I’ve got-I’ve got goose bumps.
 オーマイゴッド! 彼女もよ! ああ! 鳥肌が立っちゃったわ。(腕を見せる)

Earl: Really?
 (見て)ほんと?

Phoebe: Well, you know I’m wearing layers and it’s warm.
 まぁ、重ね着してるし、あったかだから・・。

Earl: Yeah-yeah.
 ああ、まぁね。

Phoebe: But if−no, look, okay. These jerks might not care about you, but the universe does! And that says a lot!
 でも、もし、いえ、ねぇ、このイヤな人達があなたのことを気にかけてなかったとしても、宇宙は気にかけてるわ。すごい意味のあることよ!

Earl: Did you hear that?! I don’t need you guys to care about me! Because the universe cares! The whole universe! . . . I really wished they’d care just a little bit.
 (オフィスの人々に)今の聞いたか?! 君らが気にしてくれなくても構うもんか! 宇宙が気にかけてくれてる! 宇宙全部がだ! (反応なし・・フィービーに)ほんと、ちょっとだけでも気にかけてっくれたらと思うけどな。

《ゲラー家のガレージ:自分の箱を見ているモニカ》

Monica: Oh, this is terrible! Everything is destroyed! Look at this. . It obviously meant enough for me to save it, and I don’t even know what it is! Ohh, it’s still soft. . . What do you think this is?
 ああ、ひどいわ! 何もかもめちゃめちゃだわ! これ見てよ。(何か持ち上げ)これも私がとっておきたいほど大切な何かだったはずよね。これが何かってことさえわからないわ。ああ、柔らかいわ。(頬にあてる)これ、何だと思う?

Ross: All right. I think it was a mouse.
 そうだな。ネズミだと思う。(悲鳴を上げて捨てるモニカ)

(ゲラー父が来る)
Mr. Geller: How are you, honey?
 どうだい、モニカ?

Monica: How do you think I am?! You’ve wrecked all my childhood memories. You love Ross more than me. And I just rubbed a dead mouse on my face!
 どうだと思う? 私の子供の頃の思い出の品を全部めちゃめちゃにしちゃったのよ。とうさんは私よりロスを愛してるのよ。そして私はたった今、死んだネズミで頬を撫でちゃったわ!

Mr. Geller: Sweetheart, we love you just as much as Ross! Now, I’m sorry about everything that happened and I’d probably never be able to make it up to you, but here’s a start.
 なぁ、私達はロスと同じくらいおまえを愛しているよ。こんなことになってしまって、本当に悪かったよ。それはつぐえないだろうけど、まず、これでどうかな。(箱を渡す)

Monica: What’s this?
 (開けて)これなに?

Mr. Geller: It’s the key to my Porsche. Well, the key to your Porsche.
 私のポルシェの鍵だよ。いや、おまえのポルシェの鍵だ。

Monica: What?!
 なんですって?!

Ross: What?!!!
 なんだって?!!!

Mr. Geller: I’ve been thinking about getting rid of it. I was driving it the other day and saw my reflection in a store window. Your mother’s right, I do look like an ass.
 手放そうかと考えてたんだ。先日ドライブしていて、店のガラスに映った自分を見たら、かあさんの言う通り、本当にバカみたいだったよ。

Monica: Wait, you’re giving me your Porsche, you’re kidding me, right?!
 待って、ポルシェをくれるっていうの、冗談でしょ、ね?

Ross: Well w-w-w-w-wait, w-wait, wait, wait a minute! I mean a couple of stupid boxes get wet and she gets a Porsche?!
 ちょ・・ちょっと・・ちょっと待ってよ、ちょっと待って! 2つぐらいの箱が濡れたからって、ポルシェがもらえるなんて!

Mr. Geller: Why don’t we take it for a spin?
 (モニカに)乗ってみるかい?

Monica: All right!
 ええ!

Ross: Well, what about me?! I’m a medical marvel!!
 僕はどうなの? この医学の驚異は?!

《ジョーイの部屋:新しい椅子に一緒に座るジョーイとレイチェル》

Joey: Oh, yeah.
 ああ、いいね。

Rachel: Ahhhh….
 あああ・・・・。

(モニカが来る)
Monica: Hey, guys!
 ねぇ、あなたたち!

Rachel&Joey: Hey!
 ハーイ。

Monica: Do you guys know what happened to Chandler’s barcalounger?
 チャンドラーのリクライニングチェア、どこいっちゃったか知らない?

Rachel: Oh, yeah, Joey broke it. Had to get rid of it.
 ああ、あれはジョーイが壊しちゃったの。捨てるしかなかったのよ。

Monica: Are you kidding?! I get a Porsche and the barcalounger’s gone?! This is the best day ever!
 冗談でしょ?! ボルシェが貰えて、あのリクライニングチェアがなくなった?! 人生最高の日だわ!




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:21| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。