2013年10月17日

7-12 The One Where They’re Up All Night

7-12 みんなが一晩中起きてた話

 ☆オールナイトは大騒ぎ☆

《彗星を見に屋上に来ている6人》

Monica: Ross, when’s this comet thing start?
 ロス、その彗星っていうのはいつ始まるの?

Ross: Well, technically it started seven billion years ago…
 実際には、始まったのは70億年前・・

All: Oh, no! Oh, no!
 ああもう、それいや。(みんな立ち上がる)

Ross: Okay! Okay! Fine, I’ll stop! No teaching, okay? We’ll just watch the pretty light streaking across the sky. Okay? Whose official name is Bapstein-King. . . Okay! Okay!
 わかったわかった! いいよ。やめるよ。説明しないから、ね? きれいな光が空を流れるのを見ようよ、ね? 正式名称はバプステイン・キングといって(みんな再び立ち上がる)わかったわかった!

Phoebe: There it is! Oh, look at that! Isn’t Mother Nature amazing?
 あったわ! ああ、見てよあれ! 大自然って素晴らしいわよね?

Chandler: That’s a plane!
 あれは飛行機だよ。

Phoebe: Well, all right. 1700 bags of peanuts flying that high, that’s pretty amazing too.
 わかったわよ。1700袋ものピーナツがあんな高いとこを飛んでるって、それだって素晴らしいじゃないの。

Tag: Hey, I wonder if you can see my apartment from up here.
 ねぇ、僕のアパートもここから見えるかな。

Rachel: No. No, you can’t.
 いいえ、見えないわよ。

Tag: What?
 え?

Rachel: Oh, I don’t know.
 あ。わからないわ。

Ross: Man, look at all those stars! Infinite space. It really, really makes you wonder, doesn’t it?
 ああ、あの星達を見てよ! 無限の宇宙。思いをはせないではいられないよね。

Joey: You know what else makes you wonder?
 他にも思いをはせることがあるけどどう?

Ross: Huh?
 は?

Joey: Check out the rack on this chick!
 あの女の子のおっぱい見ろよ!

《屋上:時間経過》

Monica: Okay, we’ve been out here for two hours and we haven’t seen any stupid comets. Can we go now? I mean, Chandler’s getting chilly.
 ねぇ、2時間もここにいて、彗星なんて何も見えないじゃないの。もう行ってもいい? チャンドラーなんて寒がってるのよ。

Chandler: No, I’m not!
 そんなことないよ!

Joey: Then why are you wearing Monica’s jacket?
 じゃあなんでモニカのジャケット着てるんだ?

Chandler: Because it’s flattering! Come on, Monica! Come on, Monica!
 だって魅力的だったんだもん。行こう、モニカ! 行こうよ、モニカ!

Rachel: Yeah, actually, I think we’re gonna take off too. We rented a movie.
 ねえ、私達ももう行くわ。映画借りてあるのよ。

Phoebe: Oh! I won’t say, ‘no’ to a movie!
 ああ! 映画だったら私も絶対見る!

Rachel: Oh, Pheebs, we just actually kinda wanted to be alone.
 あの、フィーブス、私たち2人で見たいかなって。

Phoebe: Shh! Get me out of here.
 シーッ! ここから出たいのよ。

Rachel: Oh.
 そっか。(出て行く。残ったのはロスとジョーイ)

Joey: Ross!
 ロス!

Ross: What?
 なに?

Joey: Come here, check this out!
 ここ来て、これ見ろよ!

Ross: What? Is it the comet?
 なに、彗星?

Joey: No! No-no. Look, there’s a bug stuck in tar right here.
 違う違う! ほら、虫がここで動けなくなってる。

Ross: Joey, come−I can’t believe−I bring you here to see the Bapstein-King comet, one of nature’s most spectacular phenomenon, and all you care about are bugs stuck in tar and-and some woman!
 ジョーイ、おう・・信じられないな。ここに来たのは、バプステイン・キング彗星を見るためだよ。大自然の壮大な現象なんだ。それなのに君が気になるのは泥にはまった虫と、それから女の人だなんて。

Joey: You know, there’s two women, dude.
 2人だぞ、おい。

Ross: Show me where.
 どこにいる?

Joey: Right-right up here.
 (何かのパイプで覗きながら)すぐそこだよ。

Ross: Joey, where’s the pipe that was holding the door open?
 ジョーイ、ドアが閉まらないように留めてあったパイプは?

Joey: I don’t know! . . . Yeah, I do.
 知らないよ! ・・・(気づく)知っているな。

Ross: Joey!
 ジョーイ!

Joey: What?! All right−Hey! Don’t look at me! You’re the one who wanted to come up and look for some stupid Burger King comet!
 なんだよ、おい、俺を見るなよ。ここに来て、バーガーキング彗星とかいうもの見ようとか言い出したのはおまえなんだぞ!

Ross: It’s called the Bapstein-King comet, okay? Hey! Hey! Bapstein was a very well respected astronomer!
 バプステイン・キング彗星だ! いいか、バプステインは多くの尊敬を集めている天文学者なんだ!

Joey: Oh, no! No! No!
 もう、勘弁してくれ! ヤダヤダ!(ドアを叩く)

《モニカ達のベッドルーム:モニカは眠っている》

Chandler: Monica!
 モニカ!

Monica: She’s sleeping.
 彼女寝てる。

Chandler: I know, just quick-quick question, quick question. Which one was Deep Impact and which one was Armageddon?
 わかってるけど、一つだけ教えて、一つだけ。ディープ・インパクトとアルマゲドンってどっちがどっちだっけ?

(この映画はともに、地球に彗星等が衝突する危機という設定で発表時期も近い)

http://ja.wikipedia.org/wiki/ディープ・インパクト_(映画)
http://ja.wikipedia.org/wiki/アルマゲドン_(映画)

Monica: Deep Impact was the one with Robert Duval, Armageddon is what’s going to happen to you if you wake me up.
 ディープ・インパクトはロバート・デュバルが出たやつで、アルマゲドンは、これ以上寝る邪魔をするとあなたに起きることよ。

Chandler: Sorry, I just…can’t sleep. Ooh! Where is that book that you are reading with the two women who were ice-skating and wearing, wearing those hats with the flowers on it? Because every time I look at that cover I’m like…
 ごめんよ。ただ・・眠れなくてさ。あっ!(ライトをつける)君が読んでたあの本、花のついた帽子をかぶった2人の女の人がスケートしてる表紙の本あっただろ、あれどこ? あのカバー見るたびに俺って(イビキをかくマネ)

Monica: It is in the living room where there is also a light! And no one will kick you in the shin.
 リビングにあるし、そこにもライトはあるのよ! それにそこなら向こうずね蹴られないわよ。

Chandler: What?!. . . Ow!
 何って?(蹴られる)痛っ!

《フィービーの部屋:断続的にピーッという音》

Phoebe: Please don’t be a space ship. Please don’t be a space ship. . . Oh, thank God! . . . How could you be beeping?! I just disconnected you! I took out your battery! How can…
 (指をクロスさせた祈りのスタイルで)お願い、宇宙船じゃありませんように。お願い、宇宙船じゃありませんように。(火災報知器だとわかる)ああ、よかった! (壁の機械をもぎとってしまうが、歩いて行くとまた音が鳴る。戻ってきて電池を抜くが、まだピーッとなる)どうして鳴るのよ? 電気通ってないのよ! 電池はずしたのに! どうして!

Smoke Detector: Beep!
 ピーッ!

Phoebe: Don’t interrupt me!!
 口を挟むな!

《屋上:ドアを叩く2人》

Ross: Rachel!! Monica!!
 レイチェル! モニカ!

Joey: Come on!
 来てくれ!(ドアを叩き続ける)

Ross: I can’t believe this!!
 (叩く音がうるさすぎるのでやめさせる)信じられないよもう!!

Joey: All right well, you know…I guess we know what we have to do to get down.
 よし、それじゃ・・降りたかったら、できることは一つだな。

Ross: Yeah, I guess we don’t have a choice. . . .Help us! Please help us! We’re stuck up on the roof and we can’t get down!!!
 そうだな。しかたがない。(屋上の端から下へ向かって怒鳴る)助けて! お願い助けて! 屋上で閉じ込められて、降りられないんだ!

Joey: Ross. I was thinking we could just go down the fire escape.
 ロス、俺が言いたいのは、非常階段を降りるってこと。

Ross: I know, I wasn’t finished. . . But don’t worry! We’re gonna go down the fire escape!!
 ・・わかってるよ。まだ終ってないから。(下に向かって叫ぶ)だけど心配しないで! 僕ら、非常階段から降りるから!

《モニカ達の部屋のキッチン:鍋を引っくり返すチャンドラー》

Chandler: Shhhh!!. . .I’m sorry, I thought maybe I’d make some warm milk and it would help me sleep.
 シーッ!(モニカが来る)ごめんよ。温かいミルクでも飲めば眠れるかと思ってさ。(中華鍋など拾いつつ)

Monica: With a wok? I thought you were going to read my boring book to put you asleep.
 中華鍋で? 私のつまんない本を読んで眠るんじゃなかったの。

Chandler: It got interesting! Damn you, Oprah!
 おもしろくなっちゃったんだよ! クソっ! オプラめ!

Monica: Here, let me make the milk, I’m up anyway.
 ほら、ミルク温めてあげるから。どうせ起きたし。

Chandler: Hey, you know what we can do? You know, now that we are up. We can just like talk to each other all night long, you know, like we did when we were first going out. It’d be fun!
 なぁ、こうしたらどう? 2人とも起きたんだから、一晩中話したらいいじゃないか。つき合い始めたことみたいにさ。楽しいぞ!

Monica: Okay, that does sound like fun.
 そうね、楽しそうだわ。

Chandler: Yeah, so how bummed were you when the second sister died, huh?
 ああ。ところで、次女が死んだときはガッカリしただろうな?

Monica: The second sister dies?!
 次女死んじゃうの?

Chandler: . . . No. No, I was, I was talking about the book I was reading.
 ・・・いいや。いや、俺は・・俺が読んでた本の話をしたんだよ。

Monica: The second sister dies in Archie and Jughead Double Digest?
 アーチーとジャグヘッドの特集で次女が死ぬの?

MAUG073384.jpg

Chandler: That’s correct.
 その通り。
250px-Jugheadsdoubledigestmagazine116nov2005.jpg

《ジョーイの部屋:カウチのレイチェルとタグ》

Rachel: You wanna go in the bedroom? It’s a little more comfortable.
 寝室へ行く? あっちの方が落ち着くわよ。

Tag: Sure.
 ああ。

Rachel: Okay. . Oh, wait! Umm, did you send those contracts to Milan?
 わかった・・あ、待って、ねぇ、あの契約書、ミラノに送ってくれた?

Tag: If this is your idea of sexy talk..
 それがセクシートークだって思ってるんだったら・・(首を振る)

Rachel: No, seriously, you know the contracts I gave you, did you overnight them?
 いえ、ホントに。渡したじゃない、契約書。送ってないの?

Tag: What contracts?
 何の契約書?

Rachel: Okay, please tell me that this is just one of your jokes that you do that I don’t get.
 ねぇ、お願い。それ、いつもの、私にはわからないあなたのジョークだって言って。

Tag: Like what?
 わからないジョークって?

Rachel: You know, like the thing when you put the phone in your pants? . .Tag! I’m serious! This isn’t funny! Those contracts absolutely had to go out today!
 ほら、例えばあなた、ズボンに電話を入れたじゃない? (笑いだすタグ)タグ! マジメに聞いてるのよ。冗談じゃないのよ。あの契約書は間違いなく今日出してないといけないのよ!

Tag: Rach, I’m sorry, but you didn’t give me any contracts!
 レイチ、悪いけど、君そんな契約書渡してくれてないよ。

Rachel: Yes, I did! And I put a little Post-It on it that said, "Must go out today," and underlined today three times and, and then I put a little heart in the corner because I didn’t want to seem too bossy.
 いいえ、渡したわ! 付箋を付けておいたのよ。「今日必ず発送」って書いて、今日のところに3回アンダーラインを引いたし、それに、隅っこには小さくハートマークも書いたの。あんまりいばってるみたいに思われないようにね。

Tag: I’m telling you, you never gave them to me.
 本当に、そんなの僕にくれてませんって。

Rachel: You know what, Tag, if we went down to the office, you would see those contracts sitting on your desk.
 ねぇ、タグ、もしオフィスへ行けば、あなた、契約書があなたの机の上にあるのを見ることになるのよ。

Tag: No, I would see you looking embarrassed because they are not on my desk!
 いや、そんなもの僕の机の上になくて、君が恥ずかしい思いをするのを見ることになるよ。

Rachel: Or maybe you would see me looking embarrassed because you are talking on the phone with your crotch!
 それか、あなたが股間に電話を入れて話してて恥ずかしい思いをするのを、私が見るわよ。

Tag: You wanna go down to the office right now?
 今からオフィスへ行ってみます?

Rachel: No! Come on, its late, we’re not gonna go down to the office.
 いいえ、そんな。もう遅いのよ。オフィスへ行ったりなんかしないわよ。

Tag: Okay, I understand. I wouldn’t want to be proved wrong either.
 ええ、わかりますよ。僕だって、間違ってるなんて見に行きたくはありませんよ。

Rachel: Okay, get your coat! . . . Oh! When did you unhook this? Nice work!
 わかったわよ、あなたもコートを取って。(歩き出してブラが外れていることに気づく)まぁ! あなたこれ外したのね? 上手ね!

《非常階段のロスとジョーイ:最後の踊り場から地上へのハシゴが降りない》

Joey: All right, it won’t go down any further. It’s stuck.
 ダメだ、これ以上ハシゴが降りないよ。動かない。

Ross: Well, we’re just gonna have to jump. Yeah. Now, we’re gonna have to make sure to land to the right of that patch of ice, okay? Not hit the dumpster on the other side and uh, and try to avoid that-that weird brownish red stuff in the middle. So, when you get down there…you go up to the roof and you let me in.
 じゃあもうジャンプするしかないよ。ね、まず、あそこにある氷ったところの右側に着地するんだ、ね? ゴミ箱に当たらないように、それから、真ん中にある、あの茶色いような赤いような変なものを避けないと。そして君、下に降りたら、上に上がって、僕を入れてちょうだい。

Joey: Oh, whoa-whoa, wait a minute! I have to do it?!
 え、おいおい、ちょっと待てよ。俺が降りるのか?

Ross: Yeah! Oh, yeah, you’ll be fine! It-it’ll be uh, just like bungee jumping, you know? But instead of bouncing back up you-you won’t.
 そうだよ。ああ、君なら大丈夫だよ。バンジージャンプみたいなもんだよ、ね? ただ、跳ね返ってこないっていうだけだよ。

Joey: What if I smack my head on the concrete?
 もしコンクリートで頭を打ったらどうするんだよ?

Ross: Well, I’m not gonna lie to you Joey, it’s a possibility.
 そうだな、ウソはつけないよ、ジョーイ。その可能性もある。

Joey: . . I don’t know, Ross! I-I tell you what, let’s flip to see who does it, okay? You call it in the air, all right?
 いやだなぁ、ロス。よし、どっちが降りるかコインで決めようよ、な? 飛んでる間に言うんだぞ、いいな?

Ross: Oh, all right. . . Tails! . . . Can you see what it is?
 わかったよ。(ジョーイがコインを投げる)裏! (コインが地面に落ちる)・・・どっちか見える?

Joey: No.
 ううん。

Ross: Okay. Well, you be careful.
 よし、じゃ、気をつけてね。

Joey: What? No! No, Ross! No-no! Stop! I’m not jumping! Okay, look I have an audition tomorrow and I can’t go if I break my leg.
 えっ? イヤ! いやだよ、ロス! ダメダメ! 俺はジャンプなんてしないぞ。明日はオーディションがあるんだ。足が折れたら行けないだろ。

Ross: Well, I’m not jumping! I have a son! Okay? He won’t have a father if-if I die!
 僕もジャンプはできないよ。息子がいるんだ。僕が死んだら父親がいなくなっちゃうんだぞ。

Joey: All right, so it looks like we’re even!
 よし、これで俺たち対等だな!

《フィービーの部屋:まだ止められないフィービー》

Phoebe: Okay. So, this wire is connected to this wire which plugs into here. . Okay so, to get the beeping to stop all I have to do. . . . Well done, Pheebs. . . .What do you want from me?!!
 (指差しながら)よし・・このワイヤがこのプラグに入るこっちのワイヤに繋がってる・・よし、それじゃ、この音を止めるには・・・(丈夫そうな踵の靴でガンガン叩きバラバラにする)よくやった、フィーブス。(満足して寝室へ向かったが、今度は連続的にピーッと鳴り始める)いったいどうしろっていうのよ!

《モニカ達の寝室:マグカップを持ってくるモニカ》

Monica: Okay, here’s your milk. What do you want to talk about?
 ハイ、ミルク持って来たわよ。何を話す?(見るとチャンドラーは眠っている。バタンとドアを閉めるモニカ)

Chandler: What? What? What?
 なにっ? なにっ? なにっ?

Monica: Ohh! Ohhhh! Were you sleeping, sweetie? I’m sorry. Here.
 あらっ! ああ! あなた寝てたの? ごめんね。はい(マグを渡す)

《レイチェルのオフィス前》

Tag: Okay! Feel free to look, but I’m telling you those contracts are not on this desk.
 さぁ、好きに見てください。でも、本当にこの机には契約書なんてありませんよ。

Rachel: How could you possibly know? Look at this mess, Tag! I mean, this is what I’m talking about! You have to be more organized! You’ve got newspapers! You’ve got magazines! You−Ohh! . . And who is this chippy? A little young for you, Tag, but whatever.
 こんなんでどうしてわかるの? みてこの散らかった机、タグ! これよ、私が言いたいのは。もっと整理しないと! ここに新聞はあるし、雑誌はあるし、それに・・あ、なに、この女の子? あなたにはちょっと若すぎるんじゃないの、タグ。別にいいけど。

Tag: It’s my sister.
 妹だよ。

Rachel: Okay, very cute braces. Anyway you know what, the point is, Tag, start looking because you are going to find those contracts on your desk.
 そうなの、かわいい歯列矯正機ね。とにかくね、タグ、要は、早く見つけ出してってこと。あなたの机に契約書はあるんだから。

Tag: So when do you imagine you gave them to me? In the morning or in the afternoon?
 それじゃ、いつ僕に渡したと思う? 午前中か、午後?

Rachel: In the afternoon. Mr. Zelner came into my office after lunch. He put them on my desk, and then I put a Post-It on it
(Looks down onto her desk and finds the folder with the Post-It on it that contains the contracts she imagined she gave Tag)
that said, "Must go out today." So you just keep looking in there! All right?
 (自分のオフィスに入る)午後よ。ゼルナーさんが食後にオフィスに来た時、机に置いていったの。そして私が付箋をつけたの・・(レイチェルの机の上に問題の封筒があるのを見つける)「今日必ず発送」って書いてね・・だからそこで探してね、いい?

《タグのデスク》

Tag: It’s not here.
 ここにはありませんよ。

Rachel: Puzzler. A bit of a puzzle. Why don’t you um, check the copy room, maybe you left the contracts in there?
 不思議ね。ちょっとおかしいわね。コピールームを見てきたら? あなたそこに契約書置いてきたのかもよ。

Tag: How could I have left them in the copy room?
 どうしてコピールームに置いてきたりするなんてことが?

Rachel: I don’t know, Tag! How can your genitals make phone calls? Okay? It’s not a perfect world! Just go, please.
 知らないわよ、タグ。股間で電話できるんでしょ? 世の中変なのよ。いいから見てきてよ、お願い。

Tag: Fine.
 わかったよ。

Rachel: Thank you. . . Hello? . . I still don’t get it.
 ありがと。(タグが行った後、下の引き出しに契約書を入れる。それから電話を胸にあてて)もしもし・・やっぱりわかんない!

《モニカ達の寝室》

Monica: Are you still awake?
 まだ起きてる?

Chandler: Yeah! You?
 うん。君は?

Monica: You do know that was me who just said that, right? . . Hey. As long as we’re both up…
 今聞いたのが私だってことわかってるわよね? (返事なし)ねぇ、2人とも目を覚ましたんだから・・

Chandler: Yeah? . . I hope you’re not thinking about cleaning the living room.
 そう? (その気になりかけて)リビングの掃除するって言ってるんじゃないよね。

《非常階段のロスとジョーイ》

Joey: Man, I’m starving! What the hell was I thinking at dinner?! "Do you want soup or salad?" Both! Always order both!
 ああ、もう腹ぺこだよ! 俺、夕食の時何考えてたんだろう? 「スープとサラダどっちがいい?」両方! いつも両方頼め!

Ross: You know, you know I’m looking and I don’t think anyone’s home here. I say we just break the window, crawl through, and-and you know, explain later.
 (窓の中を覗き)なぁ、ここ見てるんだけど、誰もいないみたいなんだよね。窓を壊して入っていって、後で説明すればいいんだよ。

Joey: Yeah? Really? No one’s home?
 そう? 本当に? 誰もいないか?

Ross: I don’t think so. Hello? . . . When you get in there…
 いないと思うよ。もしもし?(窓を叩くと、中で大型犬らしい吠え声がする)君が中に入って・・(首を振るジョーイ)

《フィービーのビル、報知器を包んでダストシュートにきたフィービー》

Phoebe: Okay, this is where you and I part ways. . .Noisy bitch!
 よし、ここであなたとはお別れよ。(ダストシュートに捨てる)うるさいスケ!

《モニカ達のベッドルーム:モニカを起こすチャンドラー》

Monica: What?! What are you doing?!
 なに? 何なのよ?

Chandler: Do you know what just happened?
 たった今、何が起きたかわかってる?

Monica: Yeah. We-we had sex and then we fell asleep.
 ええ、私達セックスして、それから眠りに落ちたのよ。

Chandler: No. We were in the middle of sex…and you fell asleep.
 違うよ。俺たち、セックスの真っ最中だった。そして君は眠りに落ちた。

Monica: Nooo! No, that’s not true. No, best time ever! Yeah, you rock my world!
 まさか! そんなの違うわよ。違うわ、最高だったわよ。ほんと、私の世界揺さぶられちゃった!

Chandler: Monica?
 モニカ?

Monica: What?!
 なに?

Chandler: I was giving you some of my best moves, and you missed it. So please wake up so we can do it right!
 俺は最高のセックスをしてる最中だったんだ。それを君は逃した。だから、頼むから起きて、ちゃんとやろうよ!

Monica: Okay. Okay, I’m ready. Come on, big fella!
 わかった、わかった、準備いいわよ。ほら、カモン!

Chandler: Okay.
 よし。

Monica: Give me the good stuff.
 いいのちょうだい。

Chandler: Yeah! . . .No! No! No! Don’t fall asleep! Okay, I am going to make you some coffee.
(Monica doesn’t move as he gets out of bed and as he’s heading for the door.)
And I probably won’t spill coffee grounds all over the kitchen floor.
 よし!(モニカ眠る)ダメダメダメ、寝ちゃダメ! ・・いいよ。コーヒー作ろうっと。(モニカは寝たまま)きっと俺、コーヒー挽いてキッチンの床にこぼしまくったりしないよな。

Monica: Okay, I’m up! I’m up!
 わかった、起きた、起きた!

《タグのデスク:コーヒーを持ってくるレイチェル》

Rachel: Hi! I got you some coffee. To, uh… okay. So! Do you got anything for me?
 ハーイ、コーヒーもって来たわよ。えーと・・(置き場所を探し)オーケー。それで? 見つけてくれた?

Tag: Still no luck.
 いいえ、まだ。

Rachel: Oh, my God! Did you check your entire desk? Did you check all the drawers?
 大変だわ! あなた机全部調べた? 引き出しも全部見たの?

Tag: Do you want me to check again?
 もう一度見て欲しい?

Rachel: Well, yeah, I wish that you would. . . Well, no it’s not in there! How about that drawer?
 ええ、そうね。そうしてほしいな。(タグが上の引き出しをあける)いえ、そこじゃなくて! ・・そっちの引き出しは?(レイチェルが入れた引き出しをあけたが、ない)

Tag: Well, it’s not out here. Is there any chance it could be in your office?
 ここにもないね。もしかして、君のオフィスにあったりしないかな?

Rachel: . . . You know, I don’t-I don’t know. Let me, let me check.
 ・・そ・・それはどうかしらね。ちょっと・・ちょっと見てみるわ。(見ると机の上にある)

Tag: Any luck?
 どうだった?

Rachel: Can I see you in my office for a minute?
 ちょっとオフィスに来てくれる?

Tag: Yeah? You found them!! . . .You know what? I’m not even going to gloat. I’m just really relieved this whole thing is over.
 はい?(来る)見つけたんだね! ね、僕は喜んでみてたりなんかしないよ。とにかく終ってうれしいよ。

Rachel: You put these on my desk!
 私のデスクに置いたのね!

Tag: I did not!
 そんなことしてない!

Rachel: Oh, really? So you’re saying they just slid out of your bottom drawer, crawled across the floor, then jumped on to my desk?!
 あら、そう? それじゃあなたは、あなたの下の引き出しから自分で出てきて、床をはいずってきて、私の机の上に飛び上がったっていうの?

Tag: How did you know they were in my bottom drawer?
 どうして一番下の引き出しにあったってわかるの?

Rachel: I am so hot for you right now.
 (逃げ道を失い)今あなたに燃えてきたわ。

《フィービーの部屋:誰かがドアを激しく叩く》

Phoebe: Oh, my God! How did you get back here?!
 もう、いったい何なの! どうやってここに戻ってきたのよ!

A Disembodied Voice: Phoebe Buffay?!
 (ドアの外から)フィービー・ブフェ?

Phoebe: Fire alarm? . . . Oh! Hi, officer−fireman, can-can I help you?
 火災報知器なの? (ドアを開けると消防士が、捨てたブランケットを持って立っている)あら、ハーイ、消防士さん、何かご用?

The Fireman: We found your fire alarm in the trash chute.
 あなたの火災報知器がダストシュートにありました。

Phoebe: That’s not mine.
 私のじゃないわ。

The Fireman: Yes, it is.
 いいえ、あなたのです。

Phoebe: How do you know?
 どうしてわかるの?

The Fireman: The next time you want to dump a fire alarm in a trash chute, don’t wrap it in a blanket that says, "Property of Phoebe Buffay, not Monica."
 この次火災報知器をダストシュートに捨てるときは、「フィービー・ブフェの持ち物、モニカのじゃない」なんて書いた毛布に包まないことですね。

Phoebe: Okay, do you−Okay, do you have a search warrant? Because the last time I checked this was still America.
 そう、ねぇ、あなた捜査令状を持ってるの? 前に確かめた時にはここ、確かアメリカだったけど。

The Fireman: Please reattach this, it’s against the law to disconnect them.
 これとまたつけてくださいね。取り外すのは法律違反です。

Phoebe: Fine! . . But please, God, tell me how to stop them from going off!
 わかったわよ! だけどお願い、お願いだから教えて、どうやってこの音を止めるの?

The Fireman: There’s a reset button under the plastic cover.
 プラスチックカバーの下にリセットボタンがありますよ。

Phoebe: There’s a reset button?! Oh, thank you! Thank you! . . Oh. There’s a reset button! My God! Why didn’t I see that!. . . .Reset button, reset button, where is there a reset button? . . Oh, here it is! . . . Oh! . . . Ohh, God!
 リセットボタンがあるの? ああ、ありがとう、ありがとう!(彼は立ち去る)ああ! リセットボタンがあるのね! ああ! どうしてわからなかったのかしら。(カバーを外して探す)リセットボタン、リセットボタン・・どこにリセットボタンがあるの? (床に落ちている)ああ、ここにあった! うー!(押すが止まらない)うーーっ!! ああもう!

《非常階段:ぶら下がっているジョーイに話しかけるロス》

Ross: Okay, you have a good grip?
 大丈夫か、しっかりつかまってる?

Joey: Yeah!
 ああ!

Ross: Okay, I’m going to start climb down you now.
 よし、それじゃ、君の体を使っておりていくよ。

Joey: All right! Just hurry up!
 わかったよ、早くしてくれ!

Ross: Okay. Now-now-now should I climb down your front so we’re face to face or-or should I climb down your back so we’re-we’re butt to face.
 わかったよ。じゃあ・・君の正面から、顔と顔が向くように降りるか、それとも君の背中を降りて、お尻と顔が向くようにするのか。

Joey: Face to face.
 顔と顔。

Ross: I would say that.
 そうだよな。

Joey: I like face to face, yeah!
 顔と顔がいいな、ああ。

Ross: Okay, here I go.
 よし、じゃあ行くよ。

Joey: All right.
 わかった。

(ロスはジョーイの肩に足を起き折り始める)

Joey: Oh, my… How much do you weigh, Ross?!
 うわーもう・・体重何キロ? ロス!

Ross: I prefer not to answer that right now, I’m still carrying a little holiday weight.
 それは今答えたくないよ。ホリデー期間で太ったままだからさ。

(降りていく途中で、ロスの股間とジョーイの顔が向き合う場面になる)
Joey: You know, when we talked about face to face, I don’t think we thought it all the way through.
 なぁ、顔と顔って話をした時に、全部きちんと考えてなかったよ。

Ross: So what do you want me to do?
 それでどうしてほしい?

Joey: Well, just shimmy down me and drop!
 いいから俺をずるずる滑って降りてくれよ!

(顔と顔が会う場面にくる)
Ross: Hi.
 ハーイ。

Joey: Hi.
 ハーイ。

Ross: M-maybe I should hang and you can climb down me.
 (下を見て)僕がつかまって、君が僕を降りるってのはどう?

Joey: Yeah? Maybe we should talk about that for a little while!
 そう? それを今ゆっくり話し合うか?

Ross: It’s still looks pretty far!
 まだすごく高く見えるんだよ!

Joey: It’s not that far! Just drop!
 そんな高くないよ! いいから降りろよ!

Ross: Do not rush me!!
 せかすなよ!

(ジョーイの足のあたりで止まるロス)
Joey: Ross, you should know that my pants are startin’ to come down and I’m not wearing any underwear!
 ロス、言っとくぞ。俺のGパンがずり落ちてるけど、俺下着はつけてないからな。

(それを聞いて焦ったロスは落ちる)

Ross: Oww!! My ankle! I really hurt my ankle! I think I twisted it when I−Ooh, a quarter!
 痛い! 足首が! 足首がめちゃくちゃ痛い! ねんざしたのかも・・・あっ! 25セントだ!

《モニカ達のベッドルーム》

Monica: That really was some of your best work.
 これは本当に最高だったわね。

Chandler: Hm-hmm, I told you! I can’t believe that I’ve only got two hours until I call in sick for work.
 ああ、言っただろう! (時計を見て)信じられないな、あと2時間で起きて会社に電話して休むって言わなきゃ。

Monica: I have to be up in seven minutes.
 あと7分で起きなきゃ。

Chandler: Well, you’re not gonna believe this, but if you have seven minutes…
 信じられないかもしれないけど、でも、7分あれば・・・

Monica: Really?!
 ほんと?!

Chandler: You wanna?
 そうする?

Monica: Okay! You get the vacuum cleaner and I’ll get the furniture polish.
 わかった! じゃああなたは掃除機ね。私は家具磨きを取ってくるわ。(呆然とするチャンドラー)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 01:20| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。