2013年10月16日

7-11 The One With All The Cheesecakes

7-11 チーズケーキ!の話

 ☆魅惑のチーズケーキ☆

《モニカ達の部屋:チーズケーキを食べているチャンドラー》

Chandler: Ohh. Mmm.
 おお! うーん!

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi.
 ハーイ。

Chandler: Hey, you've got to try this cheesecake.
 やぁ、このチーズケーキ食べてみろよ。

Rachel: Oh, you know, I'm not that much of a sweet tooth. I. . . Wow. My God, so creamy. Oh, my God, this is the best cheesecake I have ever had. Where did you get this?
 ああ、甘い物はそれほど好きじゃないのよね、私は・・(チャンドラーがフォークでケーキを彼女の口に入れる)ワオ! すごいわ! すっごいクリーミー。なんておいしいの。こんなおいしいチーズケーキ食べたことないわ。どこで買ったの?(箱のラベルを見る)

Chandler: It was at the front door when I got home. Somebody sent it to us.
 帰ってきたら、部屋の前にあったんだ。誰かがうちに送ってきたんだ。

Rachel: Chandler, this is not addressed to you. This is addressed to Mrs. Braverman downstairs. Thief.
 チャンドラー、これあなた達宛じゃないわよ。これは下の階のミセス・ブレイバーマン宛だわ。・・! 泥棒。

Chandler: I didn't read the box before I opened it. And you can't return a box after you've opened the box.
 開ける前に箱を読まなかったんだよ。箱を開けたらもう返せないだろ。

Rachel: Why, why not?
 どうして? どうして返せないのよ?

Chandler: Because it's too delicious.
 だって、おいしすぎるもん。

Rachel: Chandler, you stole this cheesecake. That is wrong.
 チャンドラー、このチーズケーキを盗んじゃったのよ。そんなのいけないわ。

Chandler: No-no-no! It is going to be okay, because Mrs. Braverman is gonna send away for a free one and that way we all win! The only losers are the big cheesecake conglomerate, "Moma’s Little Bakery." . . . I feel terrible. I’m a horrible, horrible, horrible person.
 いやいやいや! 大丈夫だよ。だってミセス・ブレイバーマンはまた無料で送ってもらえばいいんだから、そうしたら誰も損はしない。損をするのは大きな複合企業の・・(箱を読む)「ママの小さなベーカリー」だけ・・・すごい悪いことした。俺は悪い悪い悪い人間だ。

Rachel: Oh, I’m sorry, what?
 (食べている)あ、悪い、何だった?

《セントラルパーク:ジョーイが立ち上がる》

Joey: All right, I should get going, big day at work. You know how I’m in a coma? Today, they do this test on me and it turns out I’m not brain dead.
 よし、俺もう行かなきゃ。今日は大事な日なんだ。俺って、昏睡状態だろ? 今日、検査されて、その結果、俺は脳死じゃないことがわかるんだ。

Chandler: So…
 それじゃ・・

Joey: Ah-ah-ah Mr. Smarty Pants, it’s just my character that’s not brain dead. Hey, so Pheebs, we still on for tonight?
 いやいやいや、物知り君、脳死じゃないのは俺のキャラクターだけだからな。(出て行こうとして)な、フィーブス、今夜は予定通りだな?

Phoebe: Absolutely!
 もちろんよ!

Joey: I’ll see you at eight.
 じゃあ8時にな(出て行く)

Phoebe: Okay.
 わかったわ。

Chandler: Oh, what’s at 8:00?
 8時って何?

Phoebe: Oh, I have dinner plans with Joey. We get together about once a month to discuss the rest of you guys.
 ジョーイとディナーなのよ。私達、月に一度会って、あなた達について話し合ってるの。

Ross: Wow, did not know that! May I say how lovely you look today?
 ワオ。それは知らなかったな。言ってもいいかな、君、今日はすごくきれいだね。

Phoebe: Duly noted.
 確か承りました。(お代わりを取りに行く)

Ross: Oh! So for tomorrow, do you want to rent a car and drive down together or what?
 (モニカに)そうだ、明日だけど、車を借りて一緒に行くか、どうする?

Monica: What are you talking about?
 何の話?

Ross: Cousin Frannie’s wedding, it's tomorrow night.
 イトコのフラニーの結婚式だよ。明日の夜だよ。

Monica: You were invited?!
 あなた招待されたの?!

Ross: No.
 ・・・いいや。

Monica: My God, I can’t believe this! I mean I knew that mom and dad were invited, but I thought that was it! I mean from the ages 7 to 9 Frannie and I were inseparable.
 なんてことなの! 信じられない! かあさんととうさんが招待されたのは知ってたけど、それだけだと思ってたのよ! 7歳から9歳まで、仲良しでずっと一緒にいたのに!

Chandler: Well, maybe since the age of 9, Frannie’s made some new friends.
 9歳以降に、フラニーだって新しい友達ができたんだろう。

Ross: Well, it’s probably just a mistake. Let me call Aunt Sheryl, okay? Maybe you are invited and the invitation just got lost in the mail.
 何かの間違いかもしれないよ。シェリルおばさんに電話してみるよ、ね? 君も招待されるのに招待状が行方不明なのかもしれないよ。

Monica: Yeah, well, you call her and tell her that you know when we were kids her precious little Frannie tried to undress me several times, okay? And if I hadn’t have stopped her, there probably wouldn’t even be a wedding to go to.
 そうね、電話して、あなたの可愛いフラニーは7回も私の服を脱がそうとしたって言ってくれる? 私が止めなきゃ、この結婚式自体、なかったかもしれないんだから。

Ross: You know, she tried to undress me too.
 彼女、僕のことも脱がそうとしたよ。

Chandler: I used to undress my cousin Glenn.
 俺もイトコのグレンの服を脱がそうとしたもんだよ。

《ジョーイの部屋:フィービーが怒って入ってくる》

Phoebe: Joseph Francis Tribbiani, are you home yet?!!
 ジョセフ・フランシス・トリビアーニ、まだ帰ってきてないの?!

Rachel: Umm, I think he’s still out. What’s wrong?
 彼はまだみたいよ。どうしたの?

Phoebe: Well, I’ll tell you, Rachel Karen Greene, I had plans with Joey tonight and he left me this note.
 教えてあげる、レイチェル・カレン・グリーン、今夜、ジョーイと約束があったのに、彼このメモを残してったの。

Rachel: "Pheebs, can’t make it, got a date. Talk to you later. Big Daddy.". . . Big Daddy?
 (読む)「フィーブス、行けなくなった、デートだ。また後で。ビッグ・ダディ」(笑って)ビッグ・ダディ?

Phoebe: Oh, that’s a nickname we were trying out.
 ああ、それは私達が最近言ってるニックネームよ。

Ross: Hey, you know what nickname never caught on? The Ross-A-Tron!
 そうだ、ちっとも定着しないニックネームがあるじゃないか、「ザ・ロス・トロン」!

(TRON という映画がありました)

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Phoebe: Oh! Here’s Joseph Francis!
 来たわね! ジョセフ・フランシス!

Joey: Oh-Wha-Ho! What are you middle naming me for?! I left you a note.
 おぅ、なんだ、ちょっと! 何ミドルネーム呼びつけて怒ってるんだよ! メモ残しておいただろ。

Phoebe: So what?! That doesn’t give you the right to ditch me!
 それで? そんなんで私をドタキャンしていいことにならないわよ!

Joey: Hey, you can cancel plans with friends if there is the possibility for sex.
 いいや、セックスできる可能性があったら、友達の方はキャンセルしていいんだよ。

Ross: Phoebe, he’s right, that is the rule.
 フィービー、彼のいう通りだよ。それは正しい。

Phoebe: I don’t accept this rule. When we make plans, I expect you to show up. Okay? I can’t just be a way to kill time till you meet someone better! You know boyfriends and girlfriends are gonna come and go, but this is for life!
 そんなルール受け入れられないわ。予定を立てたら、ちゃんと来てもらいたいわ。いい? 私は、もっと素敵な誰かに会うまでの暇つぶしじゃないのよ! ボーイフレンドやガールフレンドは移り変わるけど、この間柄は一生続くのよ!

Joey: Wow! I’m so sorry. I had no idea it would bother you this much.
 ワオ・・ごめんよ。そんなに怒るとは思わなかったよ。

Phoebe: Well, it does.
 怒るわよ。

Joey: Okay, can I, can I make it up to you? Huh? I’m sorry. How about uh, dinner tomorrow night?! I’ll pay for myself!
 わかったよ。埋め合わせさせてくれない? 悪かったよ(ハグ)明日の夜のディナーでどう? 自分の分は払うよ!

Phoebe: Okay, you wore me down.
 わかったわ。そんなにいうなら。

Ross: Hey, Joe, while you’re over there how about another beer for "The Ross-a-Tron"?
 なぁ、ジョー、そこにいる間に、ビールとってよ、この「ザ・ロス・トロン」に?

Joey: "The Ross−" Is that back?!!
 (イヤそうに)「ザ・ロス・・」ってそれまたやるの?

《モニカ達の部屋:チーズケーキを見つめるチャンドラー、レイチェルが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ。

Chandler: Another cheesecake came! They delivered it to the wrong address again!
 またチーズケーキが来たんだ! また違うアドレスに配達してきたんだ!

Rachel: So just bring it back downstairs, what’s the problem?
 それじゃ下へ持っていけばいいじゃないの、何が問題なの?

Chandler: I can’t seem to say goodbye.
 お別れが言えないみたい。

Rachel: Are you serious?! Chandler, we ate an entire cheesecake two days ago and you want more?
 本気で言ってるの? チャンドラー、2日前にそのチーズケーキ全部食べたのに、まだほしいの?

Chandler: Well, I’ve forgotten what it tastes like, okay?!
 だって、どんな味だったか忘れたんだもん。

Rachel: It was cheesecake. It was fine. It had a buttery, crumbly, graham cracker crust, with a very rich yet light, cream cheese filling… Wow! My whole mouth just filled with saliva!
 チーズケーキよ。おいしかった。バターたっぷりで、もろいグラハムクラッカーのクラストで、すごく味わいのある、しかも軽いクリームチーズが詰まってて・・・ワオ! 口が唾液でいっぱい!

Chandler: You know what? Forget it! We are just hungry! We have not had lunch! We are just light-headed! So let us go out and have lunch and forget about the cheesecake.
 (箱を閉める)な、忘れよう! 俺たち、腹が減ってる! まだランチ食べてないからだ! それでちゃんと考えられないんだ! ランチしに出かけて、チーズケーキのことは忘れよう!

Rachel: Yeah, and we’ll drop it off downstairs so that we’re not tempted.
 そうよ。そしてこれは下に置いてくればいいのよ。そうすればもう惑わされないわ。

Chandler: Good idea. Where do you want to go to lunch?
 いい考えだ! ランチどこ行く?

Rachel: Moma’s Little Bakery, Chicago, Illinois.
 「ママの小さなベーカリー」イリノイ州シカゴ。

《セントラルパーク:ジョーイが新聞を読んでいる》

Joey: Awww! Mel Torme died.
 ああ! メル・トーメが死んだって!

Monica: Joey, that paper’s like a year old!
 ジョーイ、その新聞1年くらい前のよ。

Joey: Aw! Does that mean the Sam Goody’s sale is over?!
 ああ! じゃあ、サム・グッディのセールも終っちゃった?

SGext.jpg

(ロスが来る)
Ross: Hey.
 やぁ。

Joey&Monica: Hey.
 ヘイ。

Ross: So I finally heard back from Aunt Sheryl and apparently it wasn’t a mistake. Ah, there’s limited seating in the hall.
 ようやくシェリルおばさんと連絡ついて、間違いじゃなかったって。ホールの席が足りなかったんだって。

Monica: Limited seating?! I am just one tiny person!
 席が足りない? 私は小さな人なのに!

Ross: Well, yeah, but she doesn’t know that. I mean, the last time she saw you you would’ve turned one of those little wedding chairs into kindling.
 ああ、そうだけど、彼女は知らないだろ。前に彼女が会った君は、ウェディングの席を薪に変えてしまいそうだったからね。

Monica: Limited seating! Oh, that is such a lame excuse! That’s not the reason she’s not inviting me!
 席が足りないですって! そんなしらじらしい言い訳して! そんなの私を招待しない本当の理由じゃないわ。

Ross: Oh, what’s the big deal?! I wasn’t even invited to the ceremony, just the reception. And-and you know what? If it makes you feel any better, Joan and I will just make an appearance and then, and then we’ll-we’ll leave early as a sign of protest.
 別に気にすることじゃないじゃないか。僕だって式には招かれてないんだぞ。披露宴だけだ。それにさ、こういうのはどう? ジョーンと僕は、ちょっと顔出しして、そして、抗議の印に、早く帰ってくるよ。

Monica: Joan?
 ジョーン?

Ross: Yeah, Joan Tedeski my date. She’s an assistant professor in the Linguistics department. Tall, very beautiful, and despite what some people say, not broad backed!
 ああ。ジョーン・テデスキ。一緒に行くんだ。言われてるような、幅広の背中じゃない。

Monica: Wait a minute, you got Ross Gellar and guest?! I wasn’t invited and you got "and guest?!"
 ちょと待ってよ。あなた、ゲストも連れていっていいことになってるの? 私が招待されてないのに、あなたはゲスト付き?

Joey: Uh-uh, excuse me, I do have to interrupt on Ross’s behalf. I think the rule applies here. You know, since he has a chance to get on broad back…
 ああ、ちょっといいかい。ロスのために言わせてもらうけどさ。ここはあのルールが通用するとこだと思うよ。ほら、もし、彼がその幅広さんとチャンスがあるんだったら・・

Ross: Not broad backed!
 幅広じゃない!

Monica: Wait a minute, you know, you’re bringing me!
 ちょっと待ってよ、ねぇ、私を連れてってよ!

Ross: What? I can’t cancel on Joan!
 なんだって? ジョーンにキャンセルなんて言えないよ!

Monica: Why not?!
 どうして?

Ross: Bec−Did you not hear me?! She’s an assistant professor in the Linguistics department, okay? They’re wild. Why do you want to come anyway?
 だって・・聞いてなかったのか? 彼女は言語学科の教授のアシスタントなんだぞ。わかる? 彼女達って、ワイルドなんだ。なんでそうまでして来たいんだ?

(assistant professor = 助教授、Associate professor = 准教授。らしいのですが、はっきりしません。その上、日本の役職名として助教授というのは2007年以降存在しないとのことです)

Monica: Because! She’s my cousin. I mean, we grew up together! Family, you know? And all that’s important to me.
 だって! 彼女はイトコなのよ。一緒に育ったのよ。家族だわ。私には大事なことなのよ。

Ross: Okay, all right, I’ll take you. I’ll go call Joan.
 いいよ、わかった、連れてくよ。ジョーンに電話してくる(席を立つ)

Joey: Oh, that’s nice. Family should be there, huh? This is her wedding, happiest day of her life.
 ああ、いいね。ファミリーは一緒に祝うべきだよな? 彼女のウェディングなんだ、人生で一番幸せな日だもんな。

Monica: We’ll see.
 どうかしらね。

《ビルの下の階:戻ってきたチャンドラーとレイチェル》

Chandler: Well, thank you for lunch.
 ランチごちそうになってありがと。

Rachel: What? Wait a minute, I didn’t pay, I thought you paid!
 えっ? ちょっと待って、私払ってないわよ。あなたが払ったと思ったわ!

Chandler: So apparently we just don’t pay for food anymore. . . Do you see what I see?
 どうやら、俺たちってもう食べ物にお金を払わないらしいな。(チーズケーキがまだあるのに気づく)俺が見たものに気づいたか?

Rachel: Its still there!
 まだそこにあるじゃないの!

Chandler: Mrs. Braverman must be out.
 (近づきつつ)ミセス・ブレイバーマンは出かけてるんだな。

Rachel: She could be out of town. Maybe she’ll be gone for months.
 遠くへ行ってるのかもよ。何ヶ月も帰ってこないのかもしれないわ。

Chandler: By then, the cheesecake may have gone bad. We don’t want her to come back to bad cheesecake.
 そうしたらチーズケーキは腐ってしまう。悪くなったチーズケーキを彼女に食べさせたくはないよな。

Rachel: No, that could kill her.
 ダメよ。死んじゃうかも。

Chandler: Well, we don’t want that.
 ああ、それはイヤだな。

Rachel: No, so we’re protecting her.
 そうよ。私達、彼女を守らないと。

Chandler: But we should take it.
 俺たちがそれを持って行かないと。

Rachel: But we should move quick.
 早くした方がいいわよ。

Chandler: Why?
 なんで?

Rachel: Because I think I just heard her moving around in there.
 なんか彼女が動き回る音が聞こえた気がする!

Chandler: Go! Go! Go! Go! Go! Go! Go! Go!
 行け! 行け! 行け! 行け! 行け! 行け! 行け! 行け!

《セントラルパーク:モニカとフィービーが店に入る》

Phoebe: Oh, my God! That’s David!
 (驚いて)オーマイゴッド! デイビッドだわ!

Monica: David who?
 デイビッドって?

Phoebe: David the scientist guy, David that I was in love with, David who went to Russia and broke my heart David!
 サイエンティストのデイビッドよ! 私が愛したデイビッドよ。ロシアに行っちゃったデイビッド、私が失恋しちゃったデイビッドよ!

David: Oh, my God!
 (フィービーに気づき)オーマイゴッド!

Phoebe: Oh, you say someone’s name enough, they turn around.
 ああ、人の名前を何度も言うと、振り向くよね。

David: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: David! .. What-what are you doing here? Aren’t you supposed to be in Russia?
 デイビッド! (頬にキスを受ける)どうしたの? ロシアにいるんじゃなかったの?

David: Yeah, I’m just, I’m just in town for a conference. Umm, God! You look phenomenal!
 ああ。ちょっと、ちょっと会議でこっちにきたんだ。ああ! 君はすばらしく美しいよ!

Phoebe: Well… Yeah. You look great too. Did you get a haircut?
 まぁ・・・そうね。あなたも素敵よ。髪を切った?

David: Yeah. Well, I got like thirty of them.
 うん。まぁ、30回くらい。

Phoebe: Yeah.
 そうよね。

David: Umm, look, I-I-I got a confession to make…
 あー、ね、言いたいことがあるんだけど・・

Phoebe: Uh-huh.
 なに。

David: Uh, I-I-I was hoping to run into you here. I didn’t know whether I should call or not, you know, I-I was only in town for a few days. And you know, I didn’t want to intrude on your life or-or anything like that, but I-I really wanted to see you and−but I didn’t know if you wanted to see me.
 僕、君とここで会えないかなと思ってたんだ。電話をかけていいかどうかわからなくて、僕は数日ここにいるだけだしね。それに君の生活の邪魔をしたくなかったし、でも、本当に君に会いたくて、だけど君が会いたいと思うかどうかわからないし。

Phoebe: Well, of course I would want to see you. I…I think about you all the time.
 もちろん会いたかったわ。あなたのことしょっちゅう考えるわ。

David: Really? Because I think about you all the time.
 本当? 僕もいつも君のこと考えてるよ。

Phoebe: Really?
 本当?

David: I mean, there’s a statue in Minsk…
 ミンスクに像があるんだけどね・・

Phoebe: Uh-huh.
 ええ。

David: That reminds me of you so much, I mean umm, it-it’s actually of Lenin. But, you know, at certain angles…
 それを見ると君を思い出すんだ。それは、実はレーニン像なんだけどね。でも、ほら、ある角度から見るとね・・。

Phoebe: Yeah.
 ええ。

David: Anyway…Do you want to have dinner tonight?
 とにかく、今夜ディナーを一緒にどう?

Phoebe: Yes! Oh, no!
 ええ! ・・ああ、ダメだわ!

David: Oh. Uh, what?
 ああ、ええ・・なに?

Phoebe: I can’t. I can’t believe I have plans, I can’t. Can you do it tomorrow night though?
 ダメなの。予定があるなんてもう・・ダメなのよ。明日の夜にできない?

David: Uh no, I have to go in a few hours. I have to be on the red-eye. Well, listen, you know, next time you’re in Minsk umm…
 ああ、ダメなんだ。あと数時間で出発しないといけないんだ。夜間飛行で帰らないといけないんだ。じゃあ、こんどミンスクに来た時には・・

Monica: Phoebe, can I talk to you for a second?
 フィービー、ちょっと話せない?

Phoebe: Uh-huh.
 ええ(デイビッドから離れ2人で話す)

Monica: What are you doing?
 何してるのよ?

Phoebe: Well, I have plans with Joey tonight.
 だって、今夜はジョーイと約束があるもの。

Monica: So! He’ll understand!
 それで?! 彼わかってくれるわよ!

Phoebe: No, he won’t. And that’s not even the point! Monica, I made a whole speech about how you do not cancel plans with friends. And now, you know, just because, potentially, the love of my life comes back from Russia just for one night, I-I should change my beliefs?! I should change my beliefs! No! No! No, if I don’t have my principles, I don’t have anything!
 いいえ、ダメよ。問題はそこじゃないし。モニカ、友達との約束をキャンセルしちゃいけないって演説ぶっちゃったのよ。それが今、一生に一度の愛かもしれない人がロシアから一晩だけ戻って来てるからって、私の信念を変えていいの? 信念を変えるべきよ。ダメダメ! ダメよ。私に信念がなかったら、何もなくなっちゃうわ。

Monica: God, you are so strong.
 まぁ、あなたってすごく強いのね。

Phoebe: Or! I should rush through dinner with Joey and I can meet David at 9:00!
 それか、ジョーイとのディナーを大急ぎで済ませて、デイビッドとは9時に会えばいいんだ!

《ジョーイの部屋:チーズケーキを食べるレイチェルとチャンドラー》

Rachel: Oh, my God! That is so good!
 ああ、もう! これ本当においしい!

Chandler: I’m full, and yet I know if I stop eating this, I’ll regret it.
 おなかいっぱいだよ。でも、今食べるのをやめたら後悔する。

(ジョーイが来る)
Rachel: Hey!
 あら!

Joey: Hey! What do you got there?
 やぁ、なに食べてんの?

Rachel: Oh, it’s umm, it’s tofu cake. Do you want some?
 ああ、これはトーフケーキよ。食べる?
(ジョーイはいらないという顔で寝室へ行く)

Chandler: What are you doing tonight?
 (ついてきて)今夜の予定は?

Joey: Huh? Uh…
 え? えーと(ズボンを下ろす)

Chandler: Dude! Dude!
 おいおい!

Joey: Oh! . . Sorry. Uh, I’ve got those plans with Phoebe, why?
 ああ(ズボンをあげる)悪い。フィービーと約束があるよ。なんで?

Chandler: Oh, really? Uh, Monica said she had a date at 9:00.
 本当か? モニカが、彼女は9時にデートがあるって言ってたぞ。

Joey: What?! Tonight?!
 なに? 今夜?

Chandler: That’s what Monica said.
 モニカはそう言ってた。

Joey: After she gave me that big speech?! She goes and makes a date with a guy on the same night she has plans with me? I think she’s trying to pull a fast one on Big Daddy!
 あんな偉そうなこと言っておいて? 俺との約束がある同じ夜に男と約束をしたのか? ビッグ・ダディとの約束を早くすませるつもりだな!

《フラニーの披露宴に来たロスとモニカ》

Ross: Oh, here, I think this is us. . .Yeah.
 あ、ここだ、ここが僕らの席だよ(確認)ああ。

Monica: Limited seating my ass. Let’s see who made the cut. . .Hi!
 席が足りなくて私は切られたのよね。誰が生き残ったのか見てみましょうよ。(右の女性に)ハーイ!

The Wedding Guest: Hi!
 ハーイ!

Monica: I’m Monica Gellar. How do you know the bride and groom?
 私はモニカ・ゲラー。新郎新婦をどこで知ったの?

The Wedding Guest: Oh, I used to work with Frannie.
 私は以前フラニーと同じところで働いてたのよ。

Monica: Used to work with her. Used to! I’m a relative and I didn’t get invited! A blood relative! Blood!!
 以前同じところでね。以前! 私は親戚なのに招待されなかった! 血のつながりよ、血!

Ross: Stop saying, "Blood" to strangers.
 知らない人に「血」とか言うなよ。

Monica: So, how about you, huh? How do you know the happy couple?
 (左の人に)それであなたは? この幸せなカップルとどこで知り合ったの?

The Second Guest: We went to college with both of them. And now we live next door.
 2人と同じ大学に行ったの。そして今は隣に住んでるのよ。

Monica: Okay, you’re fine.
 わかった。許すわ。

《レストラン:フィービーとジョーイ》

The Waiter: Hey!
 どうも!

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

The Waiter: Are you guys ready?
 ご注文はお決まりですか?

Phoebe: Yes! I will have the green salad, umm the house dressing and water’s fine.
 ええ! グリーンサラダを特製ドレッシングで。それと水でいいわ。

The Waiter: Okay.
 わかりました。

Phoebe: Okay.
 ええ。

The Waiter: And for you, sir?
 (ジョーイに)こちらのお客様は?

Joey: Yeah, this slow roasted salmon, just how slow are we talking here?
 うん、このスロー・ロースト・サーモンってのだけど、どれくらいスローなの?

The Waiter: It’s uh, it’s already been roasted.
 もうロースト済みでございます。

Joey: Oh, then no. Maybe I should hear those specials again.
 ああ、それじゃダメ。本日のスペシャルをもう一度聞こうかな。

Phoebe: Oh, Joey, we’ve heard the specials three times! Okay? There’s prime rib, mahi-mahi, and a very special lobster ravioli.
 もう、ジョーイ、本日のスペシャル3回も聞いたじゃないの! いい? プライムリブと、マヒマヒ、それから、特製のロブスター・ラビオリよ。(ジョーイのメニューをウェイターに渡す)

The Waiter: Actually we’re out of the lobster ravioli.
 実はロブスター・ラビオリはもう出てしまいました。

Joey: Oh, well, that changes everything!. . . You know what, Pheebs?
 ああ、それじゃ全部考え直さなくちゃ! (メニューを取る。ウェイターは立ち去る)なぁ、フィーブス?

Phoebe: Huh?
 なに?

Joey: You were right before. Friends are so important.
 この前の君のいう通りだよ。友達はすごく大事だ。

Phoebe: Yeah, I’m very wise. I know.
 (時計を見る)ええ、私はすごく賢いから。わかってる。

Joey: You know-you know what I really want?
 な、俺がすごく望んでることわかる?

Phoebe: What?
 なに?

Joey: Is to have a long, long talk. You know? Get Joey out on the open road and really open him up.
 いつまでも語り合おう。な? ジョーイの心を開いて、本当の彼を知るんだ。

The Waiter: Any progress?
 お決まりですか?

Joey: Yes! I will have the lobster ravioli.
 ああ! ロスブター・ラビオリにする。

Phoebe: God, Joey, this is taking forever!
 もう、ジョーイ! これじゃいつまでも終らんないわ!

Joey: What’s the rush? What?
 何を慌ててるんだ? なに?

Phoebe: W-w−I just−it’s that−I have−you know, I have-I have an appointment. And it’s very important.
 え・・私はただ・・ただ・・私は・・私は約束があるの。すごく大事な約束なの。

Joey: Whoa-whoa, what is it?
 おいおい、何の約束?

Phoebe: Well… It’s a date.
 それは・・デートよ。

Joey: A date?! No, no, Pheebs, you-you must be mistaken, because I know you wouldn’t schedule a date on the same night you have plans with a friend!
 デート? ウソだろ、フィーブス、それは何かの間違いだよな。だって、君が、友達との約束がある同じ日にデートをするわけがないよな。

Phoebe: Come on, Joey, don’t make me feel badly about this.
 お願いよ、ジョーイ、悪いと思ってるのよ。

Joey: No, I’m gonna!! That’s right! Yeah, you made me feel really guilty about goin’ out with that girl! Like-like-like I did something terrible to you! And now Pheebs, you’re doing the same thing!
 いいや、許さない。そうとも。女の子と出かけたことで、すごい罪悪感持たせたくせに! ものすごい悪いことしたみたいにさ! そして今度は、フィーブス、君が同じことをするのか!

Phoebe: That−It’s not the same thing! This is totally different! This is with David! Remember David, the scientist guy? Okay, he’s very special to me.
 同じことじゃないわよ! 全然違うわ! デイビッドなのよ。覚えてる、サイエンティストのデイビッド? 彼は私にとって特別な人なのよ。

Joey: Okay, well, my girl from the other night was special. She was a scientist too!
 ああ、この前の俺の相手の女の子だって特別だったぞ。それにサイエンティストだ!

Phoebe: She was?
 そうなの?

Joey: Well, she graduated high school!
 高校を卒業してる!

Phoebe: Okay, whatever. You know what? I don’t have time to convince you because he’s only here for four hours, and I’m gonna go see him!
 わかった、もういい。私、あなたを説得してる時間もないの。彼はここに4時間しかいられないのよ。私彼に会いに行く!

Joey: Fine!
 いいよ!

Phoebe: Yeah!
 ええ!

Joey: Fine!
 わかったよ!

Phoebe: Yeah!
 ええ!

Joey: What are you still doing here?! I told you, lobster ravioli!
 (ウェイターに)まだ何してるんだよ? ロブスター・ラビオリって言っただろ!

《セントラルパーク前:デイビッドが待っている》

Phoebe: Hey!
 (走ってきて)ヘイ!

David: Hey! Oh, I was just about to leave. I didn’t think you were coming.
 やぁ! もう行こうかと思ってたよ。来ないのかと思った。

Phoebe: Oh, I wouldn’t have missed this.
 いいえ、絶対に来るわよ。

David: Well, I’m very glad you’re here.
 来てくれてすごくうれしいよ。(彼女の手にキス)

Phoebe: Oh, you’re such a gentleman. . . Come on! We’re going to my place!
 ああ、あなたって本当に紳士なのね(彼の手をつかみ)来て! 私の部屋に行きましょ!

《ジョーイの部屋:レイチェルがチーズケーキを食べている。チャンドラーが来る》

Chandler: Are you eating the cheesecake without me?!
 君、1人でチーズケーキ食べてたな?

Rachel: Mm-mmm.
 (首を振り)んーん。

Chandler: I will give you a hundred dollars to whistle right now. . . How can you eat the cheesecake without me?!
 今すぐ口笛を老けたら100ドルあげる。(レイチェルは口笛を吹こうとしてチーズケーキのかけらが飛び出す)よくも俺抜きでチーズケーキ食べたな。

Rachel: Oh, what are you gonna do?! Are you gonna go run tell Monica?! Are you gonna tell Joey?! No! Because then you will have to tell them what we did! We are dessert stealers! We are living outside the law!
 あら、どうする気? モニカに言いに行く? ジョーイに言いに行く? できないわよね。だって、そうしたら私達が何をしたか言わなきゃならないもんね! 私達はデザート泥棒よ! 私達は法を犯して生きているのよ!

Chandler: You know what? I don’t trust you with this cake anymore! And I got it first, and I’m taking it back!
 いいか、もう君を信じるわけにはいかない。俺が最初に見つけたんだ。だからこれはもらっていく!(持って部屋へ行く)

Rachel: What?! What?!
 え、なんですって?

Chandler: Oh, yes!
 ああ、そうさ!

Rachel: Wait a minute!
 ちょっと待って!

Chandler: Oh, yes!
 ああ、そうとも!

Rachel: Oh, no-no-no-no-no, no you don’t!
 あ、ダメダメダメダメ、そんなのダメよ。

《モニカ達の部屋》

Chandler: Oh, yes! Oh, yes!
 ああ、そうする、そうするとも!

Rachel: You think I trust you with it?! No! We’re gonna split it! You take half and I take half!
 私があなたを信用すると思うの? とんでもないわ。分けましょう。あなたと私と半分ずつよ!

Chandler: Well, that’s not fair, you’ve already had some!
 そんなの公平じゃない。君はもう食べたじゃないか!

Rachel: What? Oh, well then you know what? I think Monica would be very interested to know that you called her cheesecake "dry and mealy."
 何よ? それならいいわよ。モニカは、あなたが彼女のチーズケーキのこと「パサパサして粉っぽい」って言ったことに、とっても興味を持つでしょうねぇ。

Chandler: What do we use to split it?
 どうやって2つに分ける?

Rachel: Okay! . . All right, pick a half.
 オーケー! (ナイフで2つに切る)よーし、どっちか選んで。

Chandler: Okay, well, this side looks bigger. Uh… There’s more crust on this side. You know? So, maybe if I measured…
 よし、こっちの方が大きく見えるな。あー・・・。こっちの方がクラストが多いよな? それじゃ測ってみたら・・

Rachel: Oh, for God sake just pick a piece!
 ああっ! もういいからどっちか選んで!

Chandler: All right, I’ll pick that one.
 わかったよ。こっちにする。

Rachel: That’s also the smaller piece.. Okay, there you go. Enjoy your half, my friend, but that is it. No sharing. No switching, and don’t come crying to me if you eat your piece too fast. . . . Oh!!!!
 それは小さい方よ。(片方を皿に載せる)よし、これでいいわ。あなたの半分を楽しんでね。でも、それだけよ。分けっこなしよ。交換もなしよ。(自分の部屋に向かう)自分の分がすぐになくなったって、泣きついてこないでよ。(つまづき、チーズケーキを床に落とす)きゃあっ!!

Chandler: Ohhh!
 (自分の分を持って後ろから覗き)おおお!

Rachel: Alright, you gotta give me some of your piece.
 ねぇ、あなたのをちょっとちょうだい。

Chandler: Oh-ho-ho-ho-no! No! No switching! No sharing, and don’t come crying to me! Ha-ha-ha! I may just sit here and have my cake all day! Just sit here in the hallway and eat my…
 ダメダメダメダメ! 交換もなし、分けっこなしだろ!それに、泣きついてきてもダメなんだろ! ハハハ! ここに座って一日ケーキを食べていようかな! 廊下に座って食べるんだ、俺の・・(レイチェルがチャンドラーのサラを叩き、チーズケーキを落とす)
(チャンドラーのフォークにわずかに残ったチーズケーキを狙って追いかけるレイチェル)

《フラニーの披露宴》

The Woman: Ross, sweetheart!
 ロス、あなたったら!

Ross: Oh, hey, Aunt Millie.
 ああ、どうも、ミリーおばさん!

Aunt Millie: Isn’t it a beautiful wedding?!
 素敵なウェディングじゃないこと?

Ross: Yes, yes, it is. It’s uh. . . . Every time on the lips! Why?! Why on the lips?!
 ええ、ええ、ほんとそうですね。これは・・(おばさんがロスの顔をつかまえ口にキスして立ち去る。口を拭きながら)いつも口にキスだ! なんで? なんで口?

(フラニーと新郎が登場)

Monica: There’s Frannie. Won’t she be happy to see me?
 フラニーよ。私を見て喜ぶわよね?(立ち上がる)

Ross: Now wait a minute, you be nice! All right? I didn’t bring you here so you can ambush her.
 ちょっと待てよ、行儀よくしてくれよな? 彼女を待ち伏せさせるために連れてきたんじゃないぞ。

Monica: Frannie was the one who found your Playboys and showed them to mom.
 フラニーがあなたのプレイボーイを見つけてママに見せたのよ。

Ross: That bitch!
 あのクソ女!

(フラニーに近づき、背後から方を叩くモニカ)

Frannie: Monica! What…
 (振り返って)モニカ! 何を・・

Monica: Am I doing here? Why? Surprised to see me? Ross brought me. How do you like that?!
 してるかって? どうして? 私を見て驚いた? ロスのゲストで来たのよ。気に入った?

Ross: Hi, Frannie. Congratulations.
 ハーイ、フラニー。おめでとう。

Monica: You invite my brother, you invite my whole family, and not me?! Why?! What−Why wouldn’t you want me at your wedding? What could I have possibly done?! . . . Stuart!
 私の兄は招待して、私の家族みんな招待して、そして私はなし? どうして? どうして私があなたの結婚式に来ちゃいけないの? 私がいったい何をしたっていうの?(新郎が来る)スチュアート!

Frannie: I believe you know my husband.
 私の夫を知ってるわよね・

(絶句するモニカ)
Ross: So it’s really a question of "who" could you have possibly done.
 問題は、何をしたかじゃなくて、誰としたかってことみたいだね。

《セントラルパーク前:デイビッドを見送るフィービー》

David: Oh, I hate this but I-I-I have to go. I-I can’t miss my flight.
 ああ、本当にイヤだけど、行かないと。飛行機に乗り遅れてしまうんだ。

Phoebe: Are you sure? I’ll bet there’s another flight to Minsk in like…
 本当に? ミンスク行きの飛行機がまたあるんじゃないのかしら・・

David: July. Umm,
 7月にね。あー・・(ロシア語で何か言う)

Phoebe: That’s really beautiful. What does it mean?
 美しいわ。なんて言ったの?

David: Please, clean my beakers. I don’t get out of the lab much.
 お願い、僕のビーカーを洗って。研究所からほとんど出ないから。

Phoebe: That’s good. I got to admit, I thought it was something else.
 いいのよ。でも、何かほかのことを言ってくれたかと思ったわ。

David: Yeah, I… Well, I really actually wanted to say umm, that, but um, I figured I probably shouldn’t because you know, I…have to leave.
 ああ、僕は・・本当に本当に言いたいんだけど、でも、言うべきじゃないかもしれないと思って・・だって・・僕はもう、行ってしまうから・・。

Phoebe: You’re right! You’re right. Don’t say it.
 そうね。そうだわ。言わないで。

David: I do, though.
 だけど、そうだよ。

Phoebe: I do too.
 私もよ(キス)

David: Bye, Phoebe.
 バーイ、フィービー。(タクシーに乗り、行ってしまう。ジョーイが後ろから見ている)

Phoebe: Bye. . . . Okay, now’s not the time, Joey. All right? You can yell at me tomorrow.
 バーイ。・・・・(ジョーイを見て)今はやめて、ジョーイ。いい? 怒鳴るなら明日にして。

Joey: No! No! No, Pheebs, I’m not gonna yell at you. I just you know, started thinking about you and David and I…remember how bummed you were the first time he left. And I just… Oh, Pheebs, come here. . . Are you okay?
 いやいやいや、フィーブス、怒鳴ったりしないよ。君とデイビッドのことを思って・・彼が行ってしまった時、どんなに君が参ってしまったか思い出したよ。ほんと。俺・・ああ、フィーブス、おいで(ハグ)大丈夫?

Phoebe: No, I’m not okay. The only guy I’ve ever been crazy about has gone to Minsk and I may never…I may never see him again.
 ううん、大丈夫じゃない。ただ1人私が夢中になった人がミンスクへ行っちゃって、もう二度と会えないかもしれないのよ。

Joey: Hey, you know, you could always visit him.
 なあ、いつだって会いに行けるじゃないか。

Phoebe: Oh, right, like they’re gonna let me have a passport.
 あら、私がパスポートを出してもらえると思うの?

Joey: Anything I can do? Whatever you need. 
 俺にできることある? なんでも言って。

Phoebe: Well−But−Now, if you could achieve positronic distillation of sub-atomic particles, you know, before he does, then he can come back.
 そうね・・でも・・亜原子粒子の陽電子分解を成し遂げてくれたらね、彼より先に。そうしたら彼帰ってこられるわ。

Joey: I can give it a shot.
 (ハグ)やってみるよ!

《部屋前の廊下:チャンドラーとレイチェルがチーズケーキを床から食べている》

Rachel: Oh! Yay! Look! There’s a piece that doesn’t have floor on it!
 おお! わーい、見て、ここは床にくっついてないわ。

Chandler: Stick to your side!
 自分の分だけにしてくれ!

Rachel: Come on, now!
 もう、いいじゃない!

(ジョーイが来て2人を見てそこに座り、内ポケットからフォークを出す)

Joey: All right, what are we having?
 よーし、何を食べてるんだ?

《フラニーの披露宴:帰ろうとする2人》

Monica: Oh, wait, I forgot my wrap.
 あっ、待って。ストールを忘れたわ。

Ross: What? Oh, okay. Wait here.
 え? ああ、わかったよ。ここで待ってろ。(取りに行くと、ストールにミリーおばさんが座ってしまう。引っ張って気づかれる)

Aunt Millie: Hi, sweetie! Are you leaving?
 あら、ロス! もう帰るの?

Ross: Well…
 ええ・・

Aunt Millie: Give us a kiss. Come on! Come on!
 キスしてちょうだい、ほら、ほら!(懸命に避けるが、結局口にキスをされる)

Ross: Why?! Why on the lips?!
 なんで? なんで口にする?!

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
これを見るたびに猛烈にチーズケーキが食べたくなります。
すごく。
その意味で、難関突破しました。

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:49| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。