2013年10月14日

7-9 The One With All The Candy

7-9 キャンディの話

 ☆フィービー 夢の自転車☆

《公園でベンに自転車を教えるロス》

Ben: I’m ready!
 いいよ!

Ross: You sure?
 大丈夫?

Ben: Uh-huh!
 うん。

Chandler: Okay, let me just straighten out your helmet there.
 よし、ヘルメットを直してあげよう。

Ben: Thanks, daddy.
 (チャンドラーに)ありがと、パパ。

Ross: No-no, one daddy, two mommies. All right, it’s all yours.
 違う違う、パパは1人、ママが2人。いいか、押すよ。

Chandler: Okay. Okay. There you go, there you go.
 いいぞ、いいぞ。進んでるよ、進んでるよ。

Ross: Yes! Yes! Yes!!
 よし、よし、よし!

Phoebe: His first big kid’s bike, this is so exciting!
 初めての子供用自転車ね、すっごい素敵!

Monica: Oh, yeah, I remember mine! Ohh, it was my sixth birthday, my dad took me to the park, I got it, and…it bent.
 ああ、私も覚えてるわ。ああ、6歳の誕生日だったわ。とうさんが公園に連れてってくれて、乗ってみて・・・曲がっちゃったのよね。

Ross: Yeah.
 ああ。

Phoebe: I never had a bike of my own.
 私自分の自転車って持ったことないのよね。

Ross: What?!
 えっ?

Phoebe: Well, we didn’t have a lot of money. But the girl across the street had the best bike! It was pink and it had rainbow colored tassels hanging off the handle grips, and-and-and a bell and this big, white wicker basket with those plastic daisies stuck on.
 お金がなかったからね。でも、向かいの女の子がサイコーの自転車を持ってたわ。ピンクで、ハンドルに七色のタッセルがぶらさがってて、ベルもついてたし、白いカゴには、プラスチックのデイジーがついてたの。

Chandler: That sounds like my first bike. My dad gave me his old one.
 俺の初めての自転車みたい。(みんなに見られ)おやじが自分のをくれたんだよ。

Ross: Ohh.
 ああ。

Monica: Did the girl ever let you ride it?
 その女の子、自転車に乗らせてくれたの?

Phoebe: No! But she gave me the box that it came in. It had a picture of the bike on the front. So I would sit on it and my step-dad would drag me around the backyard.
 ううん。でも、彼女、自転車が入ってた箱をくれたの。その箱に自転車の絵がついててね。それで、私それに座って、義理のとうさんが庭でその箱引きずってまわってくれたの。

Ross: That is so unfair!
 不公平な話だな。

Phoebe: Not really, I got to drag him around too!
 そんなことないわよ。私も引きずってあげたわよ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが寝室から来る》

Chandler: Hey! What are you guys doing?
 やぁ、何してんの?

Joey: Hey.
 やぁ。

Monica: Making holiday candy for the neighbors.
 ご近所の人のために、ホリデー用のキャンディーを作ってるの。

Chandler: I’m sorry, who?
 ごめん、誰のためって?

Monica: I’m gonna hang this basket on the door and when the neighbors walk by, they can all take a piece.
 このバスケットをドアにかけておくつもりなの。そうしたら近所の人が通りがかりにキャンディを取っていけるのよ。

Chandler: But we don’t know the neighbors.
 だけど近所の人なんて知らないじゃないか。

Joey: I do. There’s uh, let’s see, Guy With a Mustache, Smokes-A-Lot Lady, Some Kids I’ve Seen, and A Red-haired guy who does not like to be called Rusty.
 俺は知ってるぞ。えーと、ヒゲはやしたやつ、ヘビースモーカーの女の人、見たことある子供達だろ、それから、ラスティって呼ぶといやがる赤毛の男。

(rusty = 錆びた)

Monica: See? This is exactly why I’m making this candy. We can learn their names and get to know our neighbors.
 ほらね。だからこのキャンディ作ってるの。

Chandler: Wouldn’t it be easier if we just moved?
 引っ越した方が早くない?

(レイチェルが来る)
Rachel: Gooood morning!!
 おっはよーう!

Chandler: Eh, somebody’s in a good mood!
 おお、どなたかさん、ご機嫌だな!

Rachel: Well, why shouldn’t I be? I have great friends! I have a wonderful job!
 そりゃそうよ。素晴らしい友達がいるし、勤め先も素敵だし!

Monica: Where you can make out with your assistant.
 そこでアシスタントとキスできるし。

Rachel: Come on, it’s not a big deal! We stayed up all night coming up with a plan so that us dating will not be a problem.
 やめてよ、たいしたことじゃないでしょ。私達一晩中、2人のことが問題にならないように話し合ったの。

Monica: Oh, yeah, what’s the plan?
 あらそうなの。どうするつもりなの?

Rachel: . . . We… We are not… …going to let it… be a problem.
 ・・・私達・・私達はそれが・・問題にならないようにするのよ。

Monica: Wow! It took you all night to come up with that plan?!
 ワオ! 一晩かかってそれだけ考えついたの?

Rachel: Well, you know, we did other stuff too.
 だってほら、他のこともしたし。

Monica: Did you two…
 あなたたち・・

Rachel: Oh, Monica, come on, you know, I don’t sleep with guys on the first date!
 ああ、モニカったら、やめてよ。私、初めてのデートで寝たりしないわよ。

Monica: Matt Wire, Mark Lynn, Ben Wise…
 マット・ワイア、マーク・リン、ベン・ワイズ・・

Rachel: Anymore!!
 最近は!(出て行く)

Monica: Okay.
 あっそう。

《レイチェルのオフィス:メール担当者が来ている》

Rachel: Hi. Tag, I have a conference call today, is that correct?
 ねぇ、タグ、私今日、会議があったと思うけど、間違いない?

Tag: Yes, at 4:00.
 はい、4時です。

Rachel: Okay, thank you. That’ll be all. . . Wait! Wait!. . . Did you see that? That mail guy had no idea there was something going on between us.
 わかったわ、ありがとう。以上よ。(メール担当者に続いてタグも出て行くが、タグを呼び止めるレイチェル)待って待って!(ドアを閉める)今の見た? メール担当の人私達がつきあってるなんて全然気づいてなかったわよ。(キス)

Tag: I’d better get back to my desk.
 僕は仕事に戻るよ。

Rachel: Okay, you hard worker! I’ll remember to put that in your evaluation.
 わかったわ、まじめなんだから! あなたの査定に入れておくわね。

Tag: My what?
 僕の何って?

Rachel: Well, you’ve been here for two months now and your boss is required to hand in a performance evaluation. But you know, there is one thing that I have yet to evaluate.
 あなたここにきて2ヶ月になるでしょう。あなたの上司として、勤務査定を提出しないといけないのよ。でも一つまだ査定してないことがあるのよね。(机の上をなぎ払う)

Tag: Are you serious?
 本気?

Rachel: No, I’ve just always wanted to do that. Can you help me clean this up?
 ううん。一度やってみたかったの。片付けるの手伝ってくれる?

《部屋に戻ってきたモニカとチャンドラー、キャンディバスケットを見る》

Monica: The basket is totally empty! My God, the neighbors ate all the candy!
 バスケットは空っぽだわ! まぁ! ご近所さんみんな食べたのよ!

Chandler: Well, either that or uh…
 ああ、それかまたは・・(ジョーイの部屋を見る)

Monica: Joey!!
 ジョーイ!

(ジョーイは頭にボウルをかぶって、フィービーがそれに沿ってヘアカットをしている)
Joey: Yeah?
 なに?

Monica: Did you eat all the neighbor candy?!
 ご近所のためのキャンディ全部食べちゃったの?

Joey: Uh well, yeah, that was the plan, but by the time I got to it there was only a couple of pieces left!
 ああ、そのつもりだったけど、行った時にはもう2個しか残ってなかったんだよ!

Phoebe: Yeah, and they’ve been coming by all day. They love it!
 そうよ。みんなずっと取りに来てたわよ。すごい気に入られてた!

Monica: They love my candy? Oh, man!!! I’ve gotta go make more!!
 みんな気に入ってたのね? やった! もっと作らなくちゃ!

Joey: Hey, Mon, you might wanna make some more lasagna too, because something might’ve happened to a huge chunk of it.
 あ、モン、ラザニアも作った方がいいみたいだぞ。誰かがごっそり食べたみたいだからな。

(ロスが来る)
Monica: Ross! The neighbors ate all my candy!!
 ロス! ご近所さんがみんな私のキャンディ食べたのよ!

Ross: Mine stole my newspaper! It’s like a crime wave!! . . Pheebs, you uh, you got a second?
 うちの場合は新聞取られたよ! 犯罪波動みたいだな。(モニカは部屋へ行く)フィーブス、ねぇ、ちょっといい?

Phoebe: Sure!
 いいわよ。

Ross: Yeah, ever since you uh, told me that story about that bike I-I couldn’t stop thinking about it. I mean, everyone should have a first bike, you know, so…
 ああ、君の自転車の話を聞いてから、そのことが頭から離れなくてさ。最初の自転車がないなんてダメだ。だから・・(部屋から出ていき、フィービーの説明通りの自転車を持ってくる)

Phoebe: Oh, my God, Ross!!
 オーマイゴッド! ロス!

Ross: You like it?
 気に入った!

Phoebe: I love it!!
 めちゃめちゃ気に入った!

Ross: Yeah?
 そう?

Phoebe: Ohh!! Ohh!! And I love you!
 ああ! ああ! あなた愛してる!

Ross: Ahh.
 ああ。

Phoebe: Not that way! But the bike got you a lot closer!
 そういう意味じゃないけどね。でもこのバイクで近づいたわよ!

Ross: Ah! Well uh-uh, take it downstairs, you know, give it a test ride.
 ああ。それじゃ、下へ持って行くよ。試運転してみようよ。

Phoebe: Okay! Oh, my God! My first bike! Thank you for the best present I’ve ever gotten.
 いいわ! ああ、嬉しい! 私の初めての自転車よ。こんなに嬉しいプレゼント初めてよ。

Ross: You’re welcome.
 喜んでくれてよかったよ。

Phoebe: Oh, and Chandler’s about to cry.
 (出ていきかけて)あ、それから、チャンドラーが泣きそう。

Chandler: Am not!
 (涙声)泣いてない!

《モニカ達の部屋:夜中にノックの音》

Monica: Who is that?!
 誰なのよ?

Chandler: Don’t worry, I’m brave! I am brave! I…I am brave! . . No-no-no-no!! . . .Can you tell me who is there, please?
 心配するな。俺は勇敢なんだ。俺は勇敢だ・・・俺は・・勇敢だ! (モニカがドアを開けようとする)ダメダメダメ! (ドアに向かって)お願い、誰なのか言ってくれる?

The Knocker: My name is Gary, I live upstairs.
 ギャリーだよ、上に住んでる。

(モ二カがドアを開ける)
Gary: Hi!
 やあ!

Monica: Hi. Do you know what time it is?
 どうも。今何時かわかってる?

Gary: It’s candy time! My roommate says that they taste like little drops of heaven.
 キャンディタイム! うちのルームメイトが、ここのキャンディは天国からのしずくだって言うんだよ。

Monica: Oh, please! Did you hear that? Little drops of heaven.
 まぁ、よしてよ!(チャンドラーに)今の聞いた? 天国からのしずくだって。

Chandler: Four a.m.
 午前4時。

Gary: So, can I get some candy?
 それで、キャンディくれる?

Chandler: I am sorry, but some of us have to get up early and go to work! . . .He does not know that I am not some of us.
 悪いけど、この家には、朝早く起きて仕事に行く人間もいるんだぞ!(モニカに)俺がそうじゃないってこの人知らないわけだから。

Monica: Umm, listen, I am sorry, but I’ll put some out first thing in the morning.
 あのね、悪いけど、明日の朝一番で作っておくから。

Gary: Well, okay, I’ll swing by later. You live in this building?
 わかったよ。じゃあまた来るからさ。きみ、このビルに住んでる?

Monica: Um-hmm.
 ええ。

Gary: Mm! Seems like I would’ve remembered you!
 んーっ! 見たら忘れなさそうなものだけどな!

Chandler: Mm! Night Gar’!
 んーっ!おやすみ、ギャー!

《レイチェルのオフィス前のタグの机》

Rachel: So did you read your evaluation yet?
 (後ろからハグし)あなたの査定読んだ?

Tag: No! It was marked confidential, I just sent it down to Human Resources.
 いいえ! 極秘って書いてあったから、人事部へ送っておいたよ。

Rachel: Okay, please, you’re kidding, right?! I wrote that one as a joke for you!
 ちょっと、お願い、冗談よね? あれ、あなたへのジョークとして書いたのよ!

Tag: A joke they would appreciate?
 それ、人事でも喜ばれそう?

Rachel: I’m thinkin’ no.
 ノー。だと思う。

Tag: What did you say?!
 何を書いたの?

Rachel: Umm, I said I thought you were a good kisser, and uh, and that I like your teeny-tiny tushy.
 あなたがキスが上手だって。それから、あなたのちっちゃなちっちゃなお尻が好きって。

Tag: No, not my tushy.
 うっそー! お尻はいけないな!

Rachel: Well, it gets worse. When asked if you take initiative I wrote, "Yes, he was able to unhook my bra with minimal supervision," and under Problems with Performance I wrote, "Dear God, I hope not," and then uh, then I drew a little smiley face, and then a small pornographic sketch.
 もっと悪いわ。あなたの積極性についての欄には、「あり、彼はほとんど指導なしでブラを外すことができた」って。それに「任務に問題はあるか」については、「神様、ないことを祈ります」。そして、スマイルの顔を書いたし、ちょっとしたポルノチックな絵も描いたの。

《セントラルパーク:外ではフィービーが自転車をきれいにしている》

Monica: Ross! That is so sweet of you to get Phoebe that bike! When I heard the story, I almost cried.
 ロス! フィービーにバイクをプレゼントなんて優しいのね! 聞いた時は泣きそうになっちゃった。

Joey: Almost cried, huh? Hear that Chandler? Almost cried!
 泣きそう、だ。聞いたか、チャンドラー? 泣きそうだった。

Chandler: Hey, you cry every time somebody talks about Titanic!
 なんだよ、おまえ、誰かがタイタニックって言っただけで泣くくせに!

Joey: Those two had only each other!
 (涙声)あの2人にはお互いがすべてだったんだぞ!

Ross: Phoebe really likes the bike, huh?
 フィービーは本当に自転車を気に入ってくれたよね?

Monica: Oh, yeah! I saw her walking it down the street the other day. She had uh, these flowers in the basket. It was so cute.
 ええ、ほんと。この前、引いて歩いてるのを見たわ。前かごに花を入れてね。すごく可愛らしかったわ。

Joey: Yeah, I saw her this morning walking it by the park.
 ああ。俺も今朝、公園で引いて歩いてるのを見たよ。

Ross: Wait a minute, she was walking the bike? Both times?
 ちょっと待って。自転車を引いて歩いてた? 2度とも?

《セントラルパーク前》

Joey: Hey, Pheebs?
 やぁ、フィーブス。

Phoebe: Oh, hi!
 あら、ハーイ!

Chandler: Hey! So are you enjoying the bike?
 やぁ。自転車楽しんでる?

Phoebe: Ohh, uh-huh, so much!
 ああ、うん、とっても!

Ross: Pheebs, you uh…you do know how to ride a bike, don’t you?
 フィーブス、君・・君、自転車の乗り方はわかってるよね?

Phoebe: Of course!
 もちろんよ!

Monica: Umm, can we see you ride it?
 乗ってるとこ見せてくれる?

Phoebe: Okay. . . See?
 いいわよ。(またがり、漕ぐことなくそのまま倒れる)ほらね?

《モニカ達の部屋》

Monica: See, this is why I told you never get involved with your assistant! And there is no such thing as keeping secrets when it comes to affairs. Did you hear that, Chandler? No such thing!
 ほらね、だからアシスタントとつきあうなんてダメって言ったのよ! つきあっても秘密にしておけるなんてこと、ありえないのよ。(チャンドラーに)今の聞いてた、チャンドラー? あり得ないのよ!

Chandler: What happened? I’m just eating candy.
 なにごと? 俺はキャンディ食べてるだけだぞ。

Rachel: Maybe it’s not as bad as I think. You know, maybe they didn’t take it the way I meant it.
 思うほど、事態は悪くないかもしれないわ。ね、人事の人も、私の書いたのとは違う意味と思うかもしれないし。

Chandler: Absolutely! You know, because tushy can mean both ass and good worker.
 そうだとも! お尻ってのは、お尻って意味の他に、働き者って意味があるよな。

Rachel: Ugh, I just gotta get the thing back!
 ああっ! あれを取り戻さなきゃダメだわ!

Joey: Hey, Rach?
 なあ、レイチ?

Rachel: Yeah?
 なに?

Joey: That sketch you mentioned? Might it have looked a little something like this?
 君が言ってた絵だけど、それってこんな感じのやつ?(描いた絵を見せる)

Rachel: Oh, my God! Joey!
 何てことするのよ、ジョーイ!

Chandler: What is the matter with you?
 おまえどうかしてんのか?

Rachel: Ugh!
 もうっ!

Joey: Boy, I tell ya, this little talent came in handy before I could afford porn.
 ほんとね、ポルノ雑誌を買えるようになるまでは、この才能で助かったもんだよ。

(ノックの音。モニカが応じる)
The Woman: Hi! I’m sorry, I know it’s after hours but I really need candy.
 ハーイ、ごめんね、時間外だってことはわかってるんだけど、本当にキャンディが必要なの。

Monica: I’m sorry, I can’t help you. See? Rules are rules.
 悪いけど、どうしようもないわ。ほらね、(注意書きを指差し)きまりはきまりだから。

The Woman: Please! I have people coming from out of town today! And, I told them all about your candy!
 お願い! 今日、よその街から友達が来るのよ。あなたのキャンディのこと言っちゃったの。

Monica: No kidding, out of towners, huh? What did you tell them?
 本当に? よそから来た人? なんて言ったの?

The Woman: I told them your candy is absolutely indescribable!
 あなたのキャンディのおいしさは言葉にできないくらいだって!

Monica: Some people have been saying its you know little drops of heaven, but whatever.
 天国からのしずくって言った人もいるけどね。ま、いいけど。

The Woman: Please, can’t you help me out?
 お願い、助けてくれない?

Joey: Hey, Chandler, do we know that lady?
 なあ、チャンドラー、あの女の人知ってたっけ?

Chandler: Maybe, isn’t she the woman who lives below you and has sex really loud?
 かもな。下の部屋に住んでる、セックスの声が大きい人かもしれないな?

Monica: All right, I’ll do it just this once! But you can’t tell anybody!
 わかったわ。今回だけよ。でも、誰にも言わないでよ。

The Woman: Yes! Yes! Please, just give it to me!
 ええ! ええ! お願い、早くちょうだい!

Joey and Chandler: Yeah, that’s her.
 ああ、やっぱり彼女だ。

The Woman: Thank you.
 ありがとう。(受け取って立ち去る)

Monica: It’s unbelievable! I-I can’t believe that sign didn’t work!
 信じられないわね。注意書きが役に立たないわ。

Chandler: You know what would work?
 どうしたらいいかわかる?

Monica: Hmm?
 ん?

Chandler: Stop making candy!
 キャンディ作るのやめるんだよ!

Monica: But they like it!
 でもみんな好きなのよ!

Chandler: You mean they like you.
 みんな君を好きってことか。

Monica: Maybe.
 かもね。

Chandler: Is that why you became a chef? So that people would like you?
 だからシェフになったのか? みんなに好かれたくて?

Monica: Oh, you really want to talk about getting people to like you, huh, funny man?
 あら、あなたが、人に好かれたいなんて話をしたいの、笑わせたがりさんが?

《セントラルパーク公園:フィービーに自転車を教えるロス》

Ross: Okay, now just remember everything I taught you and you’ll be fine. Okay? Here we go. Ready…Set…
 いいかい、教えたことを覚えてれば、大丈夫だから、ね? いくよ、いいかい・・

Phoebe: Wait! This seat is really uncomfortable! Yeah, maybe before we start we should just get another one. Perhaps, like an airplane seat−or a beanbag chair!
 待って! このシート座り心地が悪いわ。始める前に付け替えるわ。飛行機のシートとか、ビーズクッションとか!

Ross: Phoebe, you can’t get out of this! Okay? You have to learn how to ride a bike!
 フィービー、やめることはできないよ! いいかい? 自転車乗れるようにならないと!

Phoebe: Why? Why do I have to learn?
 なんで? なんで習わなきゃいけないの?

Ross: Well…In-in case of emergency.
 それは・・緊急事態のためだよ。

Phoebe: What kind of an emergency?
 どんな緊急事態?

Ross: Well−what if a man comes along and puts a gun to your head and says, "You ride this bike or I’ll sh…I’ll shoot you."
 それは・・もし誰かが来て、君に銃をつきつけて、「自転車に乗れ、さもないと・・撃つぞ」とか言ったら。

Phoebe: Okay, I would ring the bell to distract him and then I would knock the gun out of his hand with a Chinese throwing star.
 いいわ、そうしたら、ベルを鳴らして気をそらしてから、手裏剣で銃をはじきとばしてやるわ。

Ross: Okay, Phoebe just-just get-get on the bike and−Hey! I’ll hold you up and-and push you. Okay?
 いいから、フィービー、とにかくバイクに乗って、そして・・そうだ! 僕が押さえていて、そして押してあげるから。ね?

Phoebe: You won’t let go?
 手を離さない?

Ross: No!
 離さないよ!

Phoebe: Swear?!
 誓う?

Ross: I swear!
 誓うよ!

Phoebe: . . . Okay.
 ・・・わかったわ。

Ross: Come on. All right, here we go. All right?
 ほら乗って。よし、いくよ。いい?

Phoebe: All right.
 いいわ。

Ross: All right. Feel good?
 よし。気分いいだろう?

Phoebe: Well…
 ええ・・

Ross: All right, try pedaling.
 よし、ペダルをこいで。

Phoebe: Okay.
 わかった。

Ross: That’s it, your doing great.
 それでいい。うまくできてるよ。

Phoebe: Okay.
 わかった。

Ross: Doing great! Yes-yes-yes! Take control! Yes!
 うまいぞ! そうそうそう! コントロールして! そうだ!

Phoebe: Weee!!!
 うぃーー!

Ross: Yes!! Yes!!!
 できた! できた!(手を離して、拍手するロス)

Phoebe: Oh! Oh! Oh, no!! You swore!
 (気づいて)あっ! あっ! あっ! ダメよ! 誓ったくせに!

Ross: I-I just thought you were doing so well. I…
 だって君がとてもうまくできていたから・・

Phoebe: I am shocked! Shocked!!
 ショックだわ! ショックよ!!(行ってしまう)

Ross: It’s a legitimate learning technique. . . Wow!
 (回りの人々に睨まれ)普通こうして教えるだろう?(睨み続ける人々)ワオ!

《モニカ達の部屋:必死でキャンディを作るモニカ》

Ross: Hey, there’s uh, some people outside, asking about candy.
 ちょっと、外に人がいっぱいいてキャンディのこと聞いてるけど。

Monica: Well, they’re just gonna have to wait, aren’t they? I’ve only got two hands!!
 待ってもらうしかないわよね? 私には手が2つしかないんだから!

Ross: Need some help?
 手伝おうか?

Monica: No! You don’t know the system! There’ll be nobody messing with the system!
 ダメよ! システムわかってないくせに! 誰にもこのシステムを壊させないわよ!

Ross: By the way, the week before your wedding you may not see a lot of me.
 ところで、おまえの結婚式の一週間くらい前は、あまり会わないようにするから。(フィービーの部屋へ行く)

《フィービーの寝室:ロスが来る》

Phoebe: Oh, hello, liar.
 あら、どうも、嘘つき。

Ross: Look, I-I’m really sorry I let go of the bike.
 ね、自転車を離してしまって、本当にごめんよ。

Phoebe: I could’ve been killed I hope you know!
 死んでたかもしれないってこと、わかっていただけたらと思うけどっ!

Ross: I know. I know. But, can we please try it again? Huh? I mean, you were so close, Phoebe!
 わかった、わかったよ。でも、頼むよ、もう一回やってみようよ、ね? あと少しだったんだよ、フィービー!

Phoebe: Well, I would love to but…the bike got stolen and the police have no suspects.
 そうできたらと思うけど、でも、自転車は盗まれちゃって、警察は目星もつかないって。

Ross: Phoebe.
 (カバーをかけた自転車を見て)フィービー。

Phoebe: What?! . . What the hell?!
 なに? (ロスがベルを鳴らす)いったい何?

Ross: All right, you know what? If you are not going to learn how to ride this bike then I’m sorry, I’m just gonna have to take it back.
 いいかい? 自転車に乗れるようにならないままでいるっていうなら、悪いけど、僕は自転車を返すよ。

Phoebe: What?! Why?!
 えっ? なんで?

Ross: Because! Because, it-it-it’s… It’d be like you having this guitar and-and never playing it. Okay, this guitar wants to be played! And-and this bike wants to be ridden and-and if you don’t ride it you-you’re-you’re killing its spirit! The bike is dying.
 だって、だってさ! そんなの・・そんなの、君がギターを持っててまったく弾かないのと同じだろ。ね、ギターは弾かれたがってる! そして、この自転車も乗られたがってるんだ。もし乗らなかったら、君はこいつの魂を殺してしまうことになるよ。自転車は死にかけてる。

Phoebe: All right. If you care enough to make up that load of crap, okay.
 わかったわよ。あなたがそんなアホなこというほど気にするんなら、わかったわ。

Ross: Great! Great! You’re making the bike very happy.
 よかった。よかった! これで、自転車も幸せになるよ。(出て行く)

Phoebe: Okay, Ross! . . . Please don’t die!
 わかったわよ、ロス!(ロスが出て行った後、自転車に向かって)お願い、死なないで!

《レイチェルのオフィス》

Rachel: Okay, I think we can get the evaluation back before they see it, but we’re gonna have to get into Mr. Zelner’s office. Now, he doesn’t get in until 10, so he’s no problem, but his assistant, Betty, she comes in early to eat her breakfast at her desk.
 いい? 査定を見られる前に取り戻せると思うわ。でも、ゼルナーさんの部屋に入らないといけないの。彼は10時までは来ないから、それは問題ない。だけどアシスタントのベティは、早く来てデスクで朝食をとるのよ。

Tag: That’s kinda sad.
 なんか哀しいね。

Rachel: Yeah, well, Betty is kinda sad. Which is why I believe I can lure her away with these chocolates. . . Now, while I distract her, you go in the office.
 ええ、そう、ベティってなんか哀しいの。だから、このチョコレートで彼女の気をそらせると思うのよね。(チョコの箱を見せる)じゃ、私が彼女の気を引いてる間に、あなたはオフィスに入るのよ。

Tag: Got it!
 わかった!

Rachel: Let’s roll!
 始めましょ!

(ちょうどそこへゼルナー氏が来る)
Mr. Zelner: Hello, Rachel, you uh, got a minute?
 やぁ、レイチェル。ちょっと、いいかな?

Rachel: Yeah, sure, Mr. Zelner, for you anything−minute. Okay. Fine. . . Abort the plan, abort the plan.
 ええ、いいですわ、ゼルナーさんのためでしたら何でも・・何分でも。ええ、いいです・・(タグに)プラン中止、プラン中止。(タグを外へ送り出そうとする)

Mr. Zelner: Uh actually, I’d like to speak with both of you.
 いや、実は、君たち2人と話がしたくてね。

Rachel: Okay. Uh, well, can we, can we get you anything, Mr. Zelner? Maybe some chocolates?
 わかりました。えー・・私達・・何かめしあがります、ゼルナーさん? チョコレートとか?

Mr. Zelner: Umm, no. Thanks, but I’ll give these to Betty. So I read your evaluation of Tag, or to use his full name, Tag "Sweet cheeks" Jones. Is something going on with you two?
 あ、いいよ。ありがと。ベティにあげるよ。君の査定を読んだよ。タグのね。というか、フルネームは「タグ・スイートチーク・ジョーンズ」かな。君たち2人、何かあるのかね?

Rachel: Oh, my God. Can you imagine if there was?! I mean, (getting serious) what would happen exactly.
 あらまぁ、なんてこと。そんなこと考えられます? そんな・・(真剣に)もしそうならどうなります?

Mr. Zelner: Well, I’d be forced to file a report. I’d have to consult with the legal department, and your future at the company would be in jeopardy.
 ま、報告しなければならないだろうね。法的部門と相談をすることになるが、君の我が社での将来は暗いものになるね。

Rachel: Well…
 えー・・。

Tag: Uh Mr. Zelner, I’m the one who filled in that evaluation.
 ゼルナーさん、あの査定を書いたのは、僕なんです。

Rachel: Oh, no-no-no…
 あ、いえいえいえ・・

Tag: Yeah-yeah-yeah-yeah-yeah, I thought it would be funny.
 ええ、そう、そうなんです。おもしろいかと思って。

Mr. Zelner: You wrote that you have a cute tushy?
 自分で自分のこと、かわいいお尻をしていると書いたのかね?

Tag: . . Yes. I have a weird sense of humor, and I’m kinda strangely proud of my butt.
 ・・はい。おかしなユーモアのセンスで・・・その上自分のお尻に変に自信があって。

Mr. Zelner: It’s kind of a risky joke, Tag, and what is this drawing? I can’t figure out what this is?
 危険なジョークだったね、タグ。それと、この絵は何なのかね? これが何かわからないんだが?

Rachel: You’re looking at it upside down−you know what?. . It doesn’t matter.
 あら、それは上下逆さまですわ・・いえ、それより(取り上げ捨てる)どうでもいいですわ。

Mr. Zelner: Yeah, it’s not like I don’t have a sense of humor, huh? Hell, I even enjoy a naughty limerick now and then. But there’s a time and a place, huh?! Unless you uh, have a limerick right now? . . No? Okay, well uh, you’ve got my fax number.
 まぁ、私だって、ユーモアのセンスがないってわけじゃないんだよ。私だって、きわどい五行詩なんかを楽しむことだってあるんだ。だけど、こういうことは時と場合を選ばないとね。ただ、今そういう詩とかないだろうね?(2人とも首を振る)ない? そうか、ま、私のファックスNo.はわかってるよね。(出て行く)

Rachel: Whoa! I can’t believe you did that. That was really sweet.
 まぁ・・! あんなことしてくれるなんて信じられない。本当に優しいのね。

Tag: No, don’t worry about it.
 心配しないで。

Rachel: No, you could’ve lost your job.
 いいえ、あなたの仕事だって危なかったのよ。

Tag: Are you kidding me?! With a cute butt like this, I’d find work.
 冗談だろ? この可愛いお尻を持ってすれば、すぐ仕事なんて見つかるよ。

Rachel: Thank you! You’re great!
 ありがとう! あなたって最高ね(キス)

Tag: You know what?
 ねぇ?

Rachel: What?
 なに?

Tag: I feel great. In fact! . . . What?
 すごく気分いいよ。実際・・(机の上をなぎ払うが、レイチェルは睨む)なに?

Rachel: I… It just−it took me so long to get that desk organized.
 私・・・それ・・それ整理するのにすごく時間かかったのよね。

Tag: Oh, I’m sorry.
 あ、ごめん。(かがんで拾い始める)

Rachel: There it is.
 (そのお尻を見て)ほら、これよ。(笑って起き上がったタグとハグ)

《モニカ達の部屋の前:チャンドラーが帰ると人があふれている》

Chandler: What is going on?
 どうなってるんだ?

The Man: We’re waiting for the candy. (Yelling at the door.) Bring out the candy!
 俺たちキャンディを待ってるんだよ。(ドアに向かって)キャンディを持って来い!

Joey: Yeah, lady! Give us candy!!
 そうだ、レディ! キャンディをくれ!

Chandler: Joey!
 ジョーイ!

Joey: What’s up, buddy?
 どうした、相棒?

Chandler: What are you doing?
 おまえ何してんだ?

Joey: Waiting for candy.
 キャンディ待ってんだよ。

Chandler: Get in here! . . Hey, and you can not smoke in here!. . .Merry Christmas.
 入れ! (ヘビースモーカーの女性を見つけ)おい、ここでタバコ吸っちゃダメだろ!(取り上げて自分で吸って幸せになり)メリークリスマス!

Monica: Okay, guys! The candy is coming; I just need another 15 minutes for the chocolate to cool!
 (ドアを開け)いいわ、みんな! キャンディはもうすぐよ。チョコレートを冷やすのにあと15分待って。

All: We want candy! We want candy now!
 早くキャンディをくれ! 早くキャンディをくれ!

Chandler: All right, everybody! Just be quiet! Be quiet! Be quiet!! Pipe-pipe-pipe down! What is the matter with you people?! This woman was trying to do a nice thing for you. She was making candy so she could try to get to know all of you, and I’ll bet that not one of you can tell me her name! Am I right?
 よし、みんな! いいから静かに! 静かに! 静かに! 抑えて抑えて! 君たちどうなってるんだ? 彼女は君たちに親切にしようとしているのに。キャンディを作って、みんなのことを知ろうとしてるんだ。君らのうち誰も、彼女の名前を言える人はいないだろう、違うか?

The Man: Candy Lady?
 ・・・キャンディ・レディ?

Chandler: No, not Candy Lady.
 いいや、キャンディ・レディじゃない。

Joey: Hey, if we know it can we have candy?!!
 おい、もし名前がわかればキャンディもらえるのか?

Chandler: All right, you know what? Forget it, all of you forget it! You’ve ruined it! Go home! You’ve ruined it! You’ve ruined it!
 もういい。いいか、もうダメだ。みんなもうあきらめるんだな! 自分でダメにしたんだ! 帰るんだ! 自分でダメにしたんだからな。もうおしまいだ!

Joey: That’s right, it’s all ruined! You guys ruined everything! You ruined it!
 そうだぞ。みんなおしまいだ! みんなダメにしちゃったんだからな! もうダメだ!(部屋に入り食べ始める)

Monica: Thank you.
 (チャンドラーに)ありがとう。

Chandler: You’re welcome.
 どういたしまして。(キス)

Monica: Did you smoke?
 タバコ吸った?

Chandler: No! Smokes-A-Lot Lady blew smoke directly into my mouth. Eh-uh−are you okay?
 違うよ! ヘビースモーカーの女性が俺の口の中に煙を吐いたんだよ。あー・・きみ、大丈夫?

Monica: I’m fine now, but it was really scary there for a while. I mean, someone slipped a-a threatening note under the door.
 もう大丈夫、でも、一時は本当に怖かったわ。誰か脅迫メモをドアの下から入れてきたのよ。

Joey: Oh, yeah, sorry about that. Mob mentality or whatever, I don’t know…
 ああ、あれね、ごめんよ。群集心理ってやつかなぁ。

《セントラルパーク公園》

Phoebe: I can’t believe it! I did it! I rode a bike! I never thought I’d be able to do that! Thank you, Ross.
 信じられない! できたわ! 自転車に乗れたのよ! できるとは思わなかったわ! ありがとう、ロス!

Ross: Oh, hey, don’t thank me, thank yourself. You’re the one who faced her fears and ultimately overcame them.
 いや、礼を言うなら自分自身に言えよ。最後に恐怖を乗り越えたのは君なんだからね。

Phoebe: Don’t be so corny, Ross, it’s not an After School Special.
 ドラマチックに言わないでよ、ロス。アフター・スクール・スペシャルじゃないのよ。(補助輪をつけた自転車で走り去るフィービー)

(AfterSchool Special = ABC で放送していた番組。ドラマチックに描かれていたという)


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 00:41| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。