2013年10月13日

7-8 The One Where Chandler Doesn’t Like Dogs

7-8 イヌを好きじゃないチャンドラーの話

 ☆感謝祭の1日☆

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey, everybody! Happy Thanksgiving!
 やぁ、みんな! ハッピー・サンクスギビング!

Chandler: No, no, no. No-no-no.
 ダメダメダメ。今はダメ!

Joey, Rachel, and Phoebe: Shhhh!
 シーッ!

Ross: What, are we keeping Thanksgiving a secret this year?
 なに、今年のサンクスギビングは秘密?

Chandler: No, we're playing this game I learned at work. You have to name all the states in six minutes.
 いや、会社で教えてもらったゲームをやってるんだよ。6分間で全部の州名を書くんだ。

Ross: What? That's like insanely easy!
 なに? そんなのめちゃくちゃ簡単じゃないか!

Chandler: Now, that's a lot harder than it sounds. You always forget at least one, or in some cases... fourteen.
 意外に難しいんだよ。少なくとも1州は思い出せなかったり、誰かさんなんか14州も思い出せなかったんだ。

Monica: It's a stupid game and I wasn't playing against other people, so technically I didn't lose.
 バカなゲームよ。私は他の人と競ったわけじゃないから、正確には負けてないもん。

Ross: What? You forgot fourteen states?
 なんだって? おまえ14州も思い出せなかったのか?

Monica: Nobody cares about the Dakotas.
 ダコタなんて誰も気にしてないわよ!

(チャンドラーの時計が鳴る)
Chandler: Oh, okay, time's up!
 よし、時間がきたぞ!

Rachel: All right, I got 48.
 オッケー。私は48州。

Chandler: Oh, that's not bad, Pheebs?
 ああ、悪くないね。フィーブスは?

Phoebe: Oh, I got tired of naming states. So I decided to list the types of celery, and I have one, regular celery.
 ああ、私は州名書くのに疲れたから、セロリのタイプを書くことにしたわ。それで、普通のセロリ。

Chandler: Okay, so Rachel's got 48 and Phoebe has the lead in…vegetables, Joey?
 よし、それじゃレイチェルは48州で、フィービーは野菜部門でリード・・と。ジョーイは?

Joey: Say hello to the new champ of Chandler's dumb states game.
 チャンドラーの州名書くなんてバカげたゲームのチャンピオンに挨拶しろよ。

Ross: Wow, how many have you got?
 ワオ。何州かけた?

Joey: Fifty-six!
 56州!

《時間経過:リビングにいるジョーイ達》

Joey: Hey! How is New England not a state? Huh? They have a sports team!
 なぁ、なんでニューイングランドが州じゃないんだよ? え? スポーツチームだってあるのに!

(New England = コネチカット・ニューハンプシャー・バーモント・マサチューセッツ・メイン・ロードアイランド州を含む地域)

Chandler: Does South Oregon have a sports-team? . . There you go.
 サウスオレゴンにスポーツチームはあるか? わかったな。

《キッチンのレイチェル達》

Rachel: How come we have one extra place setting?
 どうして人数分以上に準備してるの?

Monica: 'Cause you invited your assistant.
 あなた、アシスタント招待したじゃない。

Rachel: Oh, right. Sorry. But Tag's not coming; his girlfriend came into town, so he's spending Thanksgiving with her.
 ああ、そうか、ごめん。タグは来ないの。ガールフレンドが街にきてて、彼、彼女とサンクスギビング過ごすって。

Monica: Oh! Why didn't you tell me? I made him his own individual sweet potato stuffed pumpkin.
 まぁ! なんで言ってくれないの? 彼用にパンプキンのスイートポテト詰めを作ったのに。

Rachel: Well, I was going to, but then I figured, you know... your food is so delicious and perfect, you can never have too many of those pumpkin things.
 言おうとは思ったんだけど、でもほら、あなたの料理ってすごくおいしくて完璧じゃない。作り過ぎなんてありえないもの。

Monica: Now you think I wouldn't enjoy that, because it is so fake, but I still do.
 ものすごくウソくさいからもう通用しないかと思うでしょう、でも嬉しい。

Phoebe: Regular Celery! Oh, I already have that.
 ・・・普通のセロリ! あっ、それはもう書いたんだった。(寝室へ行く)

Ross: Done! With time to spare.
 できた! 時間も余ったぞ。

Chandler: Oooh, that may be a New World's record.
 おおお! 最短記録かもな。

Ross: You know, I hate to lecture you guys, but it's kinda disgraceful, that a group of well-educated adults and Joey can't name all the states. Did you ever see a map, or one of those round, colorful things called "a globe?" Hmm?
 お説教はしたくないけど、こんなの恥ずかしいぞ。ちゃんと教育を受けた人達とジョーイが全部の州の名前を挙げられないなんて。地図見たことないの? それとか、あのカラフルな丸いやつ、地球儀? え?

Chandler: Uh, Magellan? You got 46 states.
 あー、マゼラン? 46州しかないぞ。

Ross: What? That's impossible.
 え? そんなバカな。

Joey: 46. Wow! Who's well educated now, Mr. I-forgot-ten-states?
 46。ワオ! しっかり教育を受けていても、「ミスター・10州忘れました」?

Monica: All right, I'm out of oven space. I'm gonna turn on Joey's. Please, watch him! Do not let Joey eat any of the food!
 ねぇ、オーブンが足りなくなっちゃった。ジョーイのところのを借りるわ。お願い、彼を見ててね。ジョーイに何か食べさせちゃダメよ!

Chandler: I am only one man! . . Okay, Ross, time is up!
 俺1人で見張るのか!(モニカ出て行く)ロス、時間切れだ!

Ross: No, just give me another minute.
 いや、もう1分くれ。

Chandler: Look, Ross, if you don't know them by now, you will never know them, okay? That is the beauty of this game. It makes you want to kill yourself.
 ロス、これだけの時間でできなかったら、もうできないんだよ、な? それがこのゲームのいいとこなんだ。死にたくなるぞ。

Ross: This-this is crazy! I can do this! All right, uhh, I bet I can get all 50 before dinner.
 こ・こんなのおかしいよ! できるはずだ! よし、食事までには50州全部書けるから。

Chandler: Okay, but if you can't…no dinner!
 いいよ。だけど、もしできなかったら、食事抜きだ!

Ross: You're on!
 よし!

Joey: All right. Don't look at my list, Ross, 'cause there's a lot on there that you don't have.
 (立ち上がり)俺のリストを見るなよ。ロス、おまえが書けなかったのがいっぱい載ってるんだからな。

Monica: Hey, did you guys know that your oven doesn't work?
 (戻ってきてジョーイに)ねぇ、あなたのオーブン動かないの知ってた?

Joey: But the drawer full of take-out menus is okay, right?
 だけど引き出しには、テイクアウトのメニューがちゃんと入ってただろ?

Monica: Ross, I'm gonna use yours, okay?
 ロス、あなたのを使わせて、いい?

Ross: Pshhshhh!
 シーッ!

Monica: Chandler? Can you give me a hand?
 チャンドラー? 手を貸してくれる?

Chandler: Sure, and Joey; do not let Ross look at any of the maps or the globe in your apartment.
 いいよ。ジョーイ、ロスに、おまえの部屋のマップとか地球儀とか見せるなよ。

Joey: Don't worry, Chandler, it's not a globe of the United States.
 心配するな、チャンドラー。アメリカの地球儀はないから。

(チャンドラーとモニカが出て行き、フィービーが寝室から出てくる)

Phoebe: Hey, you guys, I'm gonna go out and take a walk.
 ねぇ、私、散歩に行ってくるわね。

Ross: Phoebe, why is your bag moving?
 フィービー、なんで君のバッグ動いてるの?

Phoebe: Oh, it's not!
 あら動いてないわよ。

Rachel: Seriously, it's moving!
 いや本当に動いてるわよ!

Joey: What the hell is in there?
 いったい何が入ってるんだ?

Phoebe: It's just my knitting, that's all! . . Yes! I knit this. I'm very good.
 これは私の編み物よ、それだけ。(イヌがバッグから顔を出す)そうなの。これ編んだのよ。すごく上手でしょ。

《ロスの部屋にきたモニカ達》

Monica: Ross’s apartment is nice! How come we don't hang out here more often?
 ロスの部屋っていいわね! どうしてもっとこっちに集まらないのかしら?

Chandler: I don't know. Maybe it's because it smells a little weird. It's like old pumpkins or something.
 どうしてかな。変な匂いがするからじゃないか。パンプキンか何かみたいな。

Monica: That's my pie!
 それ私のパイよ!

Chandler: Which smells delicious!
 すっごいおいしそう!

Monica: Uh-oh! Uh-oh!
 あっ! いけない!

Chandler: What?
 なに?

Monica: We left Joey alone with the food! . . Yep! Yep, I knew it! There he is... feeding stuffing to a dog!
 食べ物と一緒にジョーイを置いてきちゃったわ!(窓から自分たちの部屋を見る) ほら!やっぱり! ほら、あそこに・・具を犬に食べさせてる!

《モニカ達の部屋:電話が鳴る》

Phoebe: Hi, Geller-Bing residence. How can I help?
 もしもし、ゲラーとビングの家ですけど、何かご用?

Monica: Phoebe, why is there a dog in our apartment?
 フィービー、どうしてうちに犬がいるの?

Phoebe: I'm sorry, who's this?
 失礼ですけど、どなた?

Monica: Phoebe, there's a dog sitting on my couch!
 フィービー、私のカウチに犬がいる!

Chandler: Tell her, I'm allergic, and I will sue!
 俺はアレルギーだって言ってくれ! 訴えるぞって!

Phoebe: No, there's no dog here.
 いいえ、ここに犬なんていないわよ。

Monica: Yes, there is! He's black and white and shaggy and he's sitting next to Rachel and licking Rachel's hand.
 いいえ、いるわよ! 黒と白で毛が長くて、レイチェルの隣でレイチェルの手をなめてるじゃないの。

Phoebe: Oh, my god! Where are you?
 オーマイゴッド! あなたどこにいるの?(見回す)

Monica: I'll be right there!
 すぐそっちに行くわ!

(フィービーが受話器を下ろすとノックの音がする)
Phoebe: They're here already? How are they doing this?
 もう来たの? どうやって?

Rachel: Hi, Tag! What are you doing here?
 (ドアをあけ)あら、タグ! どうしたの?

Tag: I, uh, wanted to see if your offer to spend Thanksgiving with you is still good.
 僕、えー・・サンクスギビングを一緒に過ごさないかって誘ってくれたの、今もまだ有効かなと思って。

Rachel: Well, sure! Come in! Well, what-what happened to your girlfriend?
 ええ、いいわよ! 入って! ガールフレンドはどうしちゃったの?

Tag: We kinda broke up this morning.
 今朝、別れちゃったんだ。

Rachel: Oh, I'm sorry.
 まあ、かわいそうに。

Tag: Yeah, so she went back to Ohio.
 うん。彼女オハイオに帰ったんだ。

Ross: Ohio!! Thank you!
 (リビングから叫ぶ)オハイオ! ありがとう!

《時間経過:モニカ達が戻る》

Chandler: Huh! Where is the dog?!
 おい! 犬はどこだ?

Ross: What dog? There-there's no dog here.
 犬って? 犬なんていないよ。

Joey: Yeah, that dog left!
 そうだよ。犬は出てったよ。

Monica: Phoebe! Phoebe, open up!
 (フィービーの部屋に向かって)フィービー! フィービー! ドアを開けて!

Phoebe: There's no dog in here.
 ここには犬はいないわよ。(吠え声がする)

Chandler: Phoebe, we can hear the dog barking!
 フィービー、犬の声が聞こえるぞ!

Phoebe: No, that's just me coughing! . . Oh, good, there you are! Listen, um, I have a dog in my room.
 違うわ、私、咳が出るのよ・・(犬が吠え、出てくるフィービー)あら、よかった、あなた達! あのね、私の部屋に犬がいるのよ。

Chandler: What is it doing here?
 なんでここにいるんだ?

Phoebe: Well, I'm watching it for some friends who went out of town. Wait. . . Hello, my name is Klunkers. May I please stay with you, nice people?
 友達がでかけてるから、見てあげてるの。待って。(犬を抱き上げて犬の手を振ってみせる)ハロー、私の名前はクランカースよ。ここにいていいかしら、いい人達?

Monica: Oooh, I wish she could stay here, but Chandler is allergic!
 ああ! 置いてあげられたらいいけど、でもチャンドラーがアレルギーなのよ!

Chandler: Extremely allergic, okay? If I'm anywhere near a dog for more than 5 minutes, my throat will just close up!
 ひどいアレルギーなんだよ。5分以上犬のそばにいると、喉が塞がってしまうんだ!

Phoebe: That's odd, 'cause this dog's been living here for the past 3 days
 それはおかしいわね。この子もう3日もここで暮らしてるのよ。

Chandler: Really?
 (喉の詰まった声で)ホントウに?

Monica: Chandler, if that dog's been here that long, and you haven't had a reaction, maybe you're not allergic to this dog?
 チャンドラー、この犬、そんなにここにいたのに、あなた何の反応もなかったってことは、あなたこの犬にはアレルギー起きないのかもね?

Chandler: Well, it still has to go, right?
 いや、だけど、出てってもらわないと、な?

Monica and Phoebe: Why?
 どうして?

Chandler: Okay, it's um…
 わかった、それは・・

Joey: Don't do it!
 ダメだ!

Monica: Don't do what?
 何がダメなの?

Chandler: (to Joey) I have to! Okay? It's time! . . .Okay, I hate dogs.
 (ジョーイに)しかたがないよ! な? もう無理だよ。(みんなに)実は犬が嫌いなんだ。

All: What?
 えっ?!

Phoebe: Are you crazy?
 おかしいんじゃないの?

Ross: Are you out of your mind?
 どうかしてるぞ!

Phoebe: Why?
 なんで?

Joey: Told ya.
 言っただろ。

Chandler: They are needy, they are jumpy, and you can't tell what they are thinking, and that scares me a little bit.
 やつらは要求がましいし、落ち着かないし、何考えてるかわからないし、それがちょっと怖いんだよ。

Ross: Right, they are scary. Ahh, she just ate a treat out of my hand!!!
 そう、やつらは怖いよな。(悲鳴)あーっ! この子僕の手からおやつ食べた!!

Rachel: Wait a minute. Do you not like all dogs? I mean, not even puppies?
 ちょっと待ってよ。あなた、どんな犬もみんなダメなの? 子犬でも?

Chandler: Is there a puppy here?
 (怯えたように)子犬がいるのか?

Tag: You don't like puppies?
 子犬もダメなわけ?!

Chandler: Okay, you are new!
 おい、君は知らない人だぞ。

Joey: Look, Chandler, I told you, never tell anyone about this dog thing. It's like Ross not liking ice cream.
 なぁ、チャンドラー、言っただろう、この犬のことは誰にも言うなって。ロスがアイスクリーム嫌いなのと同じだよ。

Phoebe: You don't like ice cream?
 あなた、アイスクリーム嫌いなの?

Ross: It's too cold.
 冷たすぎるじゃないか。

Chandler: Okay, it's just that dogs make me a little uncomfortable.
 とにかく、犬がいると俺は落ち着かないんだよ。

Ross: It hurts my teeth.
 (フィービーに)食べると歯が痛くなるよ。

Chandler: And I don't wanna say this, I don't want you guys to hate me, but uh, I don't think, I can be around that dog anymore, okay? So either the dog goes, or I go. . . Oh, my god!!
 こんなこと言いたくないけど、みんなに嫌われたらイヤだけど、でも、これ以上犬のそばにはいられないんだ、な? だから、犬が出ていくか、俺が出ていくかだ。(沈黙)・・・そうくるのか!

《時間経過:ロスはまだ州ゲーム、タグはバルコニーへ》

Ross: How can I not get this? I'm a college professor; I got 1450 on my SATs.
 どうしてこんなことができないんだ? 僕は教授なのに。SATで1450点だったのに。

(SAT = Scholastic Assessment Test 大学進学適正試験)

Monica: Twelve fifty.
 1250でしょ。

Ross: Damn, I forgot you were here.
 くそ。おまえいたのか。

Phoebe: All right. We're gonna take Klunkers to Ross’s. We'll be back in a minute.
 さぁ、私達、クランカーズをロスの部屋に連れていくわ。すぐ戻るから。

Rachel: Oh, wait, before you guys go, can I just ask you a question?
 あ、待って、行く前に、ちょっと聞いていい?

Monica: Yeah.
 なに。

Rachel: When a guy breaks up with his girlfriend, what is an appropriate amount of time to wait before you make a move?
 ガールフレンドと別れた後の人に、誘いをかけるのって、どれくらい期間をあけるべきかしら?

Phoebe: Oh, I'd say about a month.
 そうね、1ヶ月じゃないかな。

Monica: Really? I'd say 3 to 4.
 そう? 3−4ヶ月じゃないかしら。

Joey: Half hour.
 30分だ。

Rachel: Interesting.
 興味深いわね。

Monica: When it's your assistant, I would say never.
 あなたのアシスタントのことだったら、ダメよ。

Joey: All right, Rach, the big question is, does he like you? All right? Because if he doesn't like you, this is all a moo point.
 いいか、レイチ、問題は。彼は君を好きかってことだよ、いいか? だって彼が君を好きじゃなかったら、そんなの全然、ムーポイントじゃないか。

(moo = モー。牛の声)
(moot = 意味がない、未決の・・moot point = 議論の余地がある問題。論点)

Rachel: Huh. A "moo" point?
 は? ムーポイント?

Joey: Yeah, it's like a cow's opinion. It just doesn't matter. It's "moo."
 ああ。牛の意見みたいなもんだよ。問題にならないってこと。「モー」。

Rachel Have I been living with him for too long, or did that all just make sense?
 (モニカとフィービーに)私、彼と同居が長過ぎたかしら。もっともな意見って気がしない?

Monica: Please, don't listen to Joey, okay. Would you look at him? He-he’s obviously depressed. He's away from his family; he's spending Thanksgiving with strangers. What he needs right now is for you to be his friend.
 ちょっと、ジョーイのいうこと聞いちゃだめよ、いい? ほら、彼を見てごらんなさいよ。落込んでるのよ。家族とも離れて、サンクスギビングを知らない人達と過ごしてるのよ。彼に必要なのは、友達としてのあなたよ。

Rachel: You're right, I'm sorry. Thank you. Okay, that's what I'm gonna do.
 そうだわ。その通りよ。ありがとう。わかった。そうするわ。

Joey: Fine! Take their advice. No one ever listens to me. When the package is this pretty, no one cares what's inside.
 いいさ! 彼女達のいうこときけよ。誰も俺のいうこと聞かないんだから。こんなふうに外見がいいと、誰も中身を気にかけてくれないんだ。

《バルコニーのタグのところへ行くレイチェル》

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Tag: Hey.
 やぁ・・。

Rachel: How are you holding up?
 なんとかやってる?

Tag: Not bad.
 どうにか。

Rachel: Yeah? I'm sorry about your girlfriend.
 そう? ガールフレンドのこと、残念だったわね。

Tag: Thanks.
 ありがと。

Rachel: So were you guys together a long time?
 長いつきあいだったの?

Tag: A year. On and off. I kinda thought we'd end up together. I don't anymore.
 1年。くっついたり離れたりね。でも最後は一緒になるって思ってた。もうそうは思えない。

Rachel: Now that she broke up with you?
 もう完全に別れたのね?

Tag: Yeah.
 ええ。

Rachel: Yeah. Hmmmm.
 そうか。うーん。

Tag: It's weird. I always used to assume, that I would meet someone and fall in love and be happy and all that was just a given. But lately it's like what if it's not. Do you ever have that feeling?
 変な感じ。今まではいつも、思ってたんだ。いつか誰かに出会って、恋に落ちて、そして幸せになるって、当たり前にそう思ってた。だけど、最近は、もし違ったらって思っちゃうよ。そんなふうに思ったことはない?

Rachel: No…Yeah, all the time, constantly. It's terrifying. But you know that I figure it…it has to work out.
 いいえ。・・・ええ、いつもいつもそう思うわよ。恐ろしいわよ。でもね、でも思うわ。きっとうまくいく。

Tag: Why?
 どうして?

Rachel: Because, uh−it has to.
 だって、そうなってくれなくちゃ。

Tag: You have all the answers, don't you?
 何でも答えられるんだね?

Rachel: Yeah, I know, I do. I really do.
 ええ、そうよ。ほんと、そうよ。

Tag: Hey, thanks for talking to me.
 ね、話してくれて、ありがとう。

Rachel: Come on, what is a boss for? Hug it out!
 何を言ってるの。そのための上司でしょ? ハグしましょ!(ハグ)

Joey: All right, he likes you back! Huh? Told ya, you should go for it!
 (顔を出して)よかったな、彼も君を好きだったんだな! 言っただろ、当たってみろって!

Tag: What?
 え?

Joey: Street noise drowned any of that out? . . . No, all right, I see you later, okay...
 (まずいと気づき)下の騒音で聞こえなかっただろ? そんなことない? そうか、またな、じゃあ。(逃げ出す)

《バルコニー:続き》

Tag: What did Joey say? I like you back?
 ジョーイが言ったこと、なに? 僕も君を好き?

Rachel: Uh, yeah, well, see, he… Joey knows, that I'm-I'm very insecure about my back. And, and…you're hugging me, so obviously you are not repulsed by it, yeah!
 ああ、ええ、あのね、ほら、彼は・・ジョーイは、私が背中が弱点だって知ってるのよ。それで、あなたが私をハグしてたけど、大丈夫だったって、そういうことよ。

Tag: Wait-wait a minute; that doesn't make any sense.
 待って、ちょっと待って。それ意味がわかんないけど。

Rachel: No? All right, here's the truth. Joey said what he said, because um, I'm attracted to you.
 そう? いいわ。本当のこと言うわ。ジョーイがあんなことを言ったのは、えー・・私があなたにひかれてるってことよ。

Tag: Wow.
 ワオ・・。

Rachel: Yeah, I admit it. I have a crush on you, and uh, and, and I know that's crazy because we work together, and-and nothing could ever happen, and the last thing I want to do is-is to freak you out or make you feel uncomfortable. Which is why it would be really great if you said something right about now.
 ええ、認めるわ。あなたを好きなの。それで、そんなのおかしいってわかってるの、一緒に働いてるんだし、何も起こり得ないし、あなたを驚かせて、居心地悪くなってもらいたくないの。だから、もし今あなたが何か言ってくれるとうれしいんだけど。

Tag: Oh, my god! Those guys are stealing my car!
 大変だ! あいつら、僕の車を盗んでる!

Rachel: What?
 えっ?

Tag: Right there! That's my car! . . . Hey!!
 そこ! あれ僕の車!(下で割れる音)ヘイ!!

Rachel: Okay, that's gonna take them a minute. Do you have anything else you wanna get off your chest?
 ねぇ、あれはまだ時間がかかるわよ。何かほかに言いたいことはない?

Tag: I can't believe this!
 信じられない!(出て行く)

Rachel: Wait, we still have time to talk and they’re-they're not even in the car yet! . . Oh, look, there they go, okay.
 待って、まだ話す時間あるわよ。あいつらはまだ車に入ってもいないわ(下を見て)ああ、見て、行っちゃう。ダメだわ。

《ロスの部屋:クランカーズを連れてきたモニカとフィービー》

Monica: Okay, Phoebe, we should probably go back now.
 いいわ、フィービー、もう戻らないと。

Phoebe: Please, don't leave me, I'll be lonely.
 お願い、置いてかないで。寂しいよ。

Monica: Stop it. Stop! Okay, let's go. We can be strong.
 やめて、やめてよ! ほら、行きましょう。強くならなきゃ。

Phoebe: Yeah, okay.
 ええ、わかった。

(2人がドアに向かうとクランカーズが少しなく)

Monica: Oh, my god! Did you hear that? She said Monica! . . . Oooh, I can't leave her!
 ああ、ダメだわ。今の聞いた? この子、モニカって言ったわ! (駆け戻る)ああ、置いていけないわ!

Phoebe: You know if you want, we can sneak the dog back in and Chandler wouldn't even know.
 ねぇ、連れて帰りたかったら、こっそり連れて帰れば、チャンドラーは気づかないわよ。

Monica: That's not gonna work.
 そんなのうまくいかないわよ。

Phoebe: I've had that dog there for three days and Chandler had no idea. He's not so smart.
 3日間犬いたのに、チャンドラーは全然気づいてなかったのよ。彼そんなに賢くないわ。

Monica: Hey! I didn't know either.
 ちょっと! 私も知らなかったのよ。

Phoebe: Yeah, but you kinda knew that something was going on, didn't you?
 ええ、でも、あなたは何かおかしいって気づいてたでしょう?

Monica: Yeah, I knew.
 ええ、そうね。

《モニカ達の部屋:紙切れを並べて州名に取り組むロス:フィービー達が来る》

Phoebe: Where's Chandler?
 チャンドラーは?

Chandler: Here I am.
 (バスルームから出てきて)ここにいるよ。

Phoebe: Wash your hands!!!
 手を洗いなさいよ!

Chandler: How did you…know?
 どうして・・わかった?

(フィービーに手招きされて、モニカがこっそり入ってくる)

Ross: Hey! What's she doing back here?
 おい! その子なんで戻ってきちゃったんだ?

Monica: Relax, Ross. She's not made of ice cream!
 落ち着いてよ。ロス、アイスクリーム製じゃないんだから。

Ross: Hey, look, Phoebe. I, uh, I laid out the states geographically...
 なぁ、フィービー、州をその場所に並べてみたんだ。

Phoebe: No, no, we don't really have time for this right now. Okay, we have to keep Chandler away from my bedroom.
 ダメダメ。私達、今はそんな時間ないの。いい? チャンドラーを私の寝室から遠ざけておかないと。

Ross: Yeah, but, but look what I'm...
 ああ、だけど、でもほら見て、僕は・・

Phoebe: See, this is exactly what we do not have time for.
 ね、それが私が時間がないって言ってることなの。

Chandler: Where's Monica?
 (バスルームから出てきて)モニカは?

Ross: Um, in Phoebe's room. You can't go in there.
 あ、フィービーの部屋だよ。君は行っちゃダメだよ。

Chandler: Why not?
 なんで?

(犬の鳴き声がする)
Ross: Monica's crying. She's very upset about this whole Klunkers thing.
 モニカが泣いてるんだ。彼女、クランカーズのことですごく動揺してるんだよ。

Chandler: Well, I, I should go in there.
 そうか、じゃあ俺行ってくるよ。

Ross: No. No, no. She doesn't want to see you right now.
 ダメ、ダメだよ。彼女、今は君に会いたくないんだ。

Chandler: Why not?
 なんで?

Ross: Because you sent away the dog!
 君が犬を追い出したんだろ。

Chandler: This is ridiculous.
 そんなバカな。(フィービーの部屋へ向かう)

Ross: Oh, is it? Is it? Look, when Monica and I were kids, we had a dog named Rover. And, uh, one day, my dad decides, he doesn't like dogs. So Monica and her friend…Phyllis…take away the dog. And that was the last time we ever saw him. Don't you see? This is just like that. Only with a few details changed.
 そうかな? そう? なぁ、モニカと僕が子供だった頃、うちにはローバーっていう犬がいた。ある日、僕のとうさんが、犬がイヤだって言い出した。それで、モニカと友達のフィリスは、犬を遠くへやったんだ。それ以来その犬を見ていない。わからないか? 今回のことにそっくりだ。ちょっと細かいところが違うだけだ。

Joey: Okay, I'm in my sweat pants. Bring on the food! . . What's the matter?
 よし、スェットパンツに替えてきたぞ。食べ物を運んでくれ!(チャンドラーの困った顔を見て)どうしたんだ?

Chandler: Monica's all upset, because I sent Klunkers away.
 モニカが気が動転してるらしいんだ。俺がクランカーズを追い出したせいで。

Joey: So? Bring the dog back, you're a hero.
 それで? 犬を連れ戻せば、おまえはそれだけでヒーローじゃないか。

Chandler: Yeah, I could be a hero, I could do that. I could, I could do... I, w-w-what if, what if it attacks me?
 ああ、ヒーローになれるよな。そうできるよな、そうだ。うん。俺・・もし、もし、あの犬が襲ってきたら?

Joey: Chandler, it's like a big gerbil.
 チャンドラー、大きなジャービルみたいなもんじゃないか。

gerbil.jpg
(gerbil...大きかったら...)

Chandler: And that doesn't scare you?
 おまえそれ怖くないのか?!

Joey: Ross, you need some help?
 ロス、手伝おうか?

Ross: From you? . . Yes, please!
 おまえが? うん、頼むよ!

Joey: First of all, Utah? Dude, you can't just make stuff up!
 まず第一に、ユタ? おい、勝手に州を作るな!

(時間が経ってもまだ終らないロス)
Ross: I hate America! When I finish this game, I swear I am moving.
 アメリカなんか嫌いだ! これが出来たら、誓うよ、引っ越してやる!

(レイチェルが戻る)
Joey: Hey! Tag's still talking to the police?
 やぁ! タグはまだ警察と話してるのか?

Rachel: Yeah, ohh! Why, dammit, why did I open my mouth? "I have a crush on you; I am attracted to you." I know that I freaked him out.
 ええ。ああ! どうして? バカね、どうして私口を開いちゃったの? (妙な声で)「あなたを好きになったの、あなたにひかれてるの」・・あんなこと言ったら彼引くわよね。

Joey: If you said it like that, you probably did, yeah.
 そんな言い方したんなら、そうだな、引くな。

(フィービーが寝室から出てくる)

Phoebe: Hey, is Chandler here?
 ねぇ、チャンドラーいる?

Chandler: No, no, he went for a walk.
 いや、彼は散歩に行ったよ。

Phoebe: Okay, but you cannot tell him... but look who's back!
 そう。彼には言わないでほしいけど、見て、ほら、帰ってきたのよ!

(犬が走り出てきてカウチのレイチェルの隣に飛び乗る)

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joey: Oh, No-no-no-no-no-no-no! He went over to Ross' to bring the dog back here!
 そんな、ダメダメダメダメ、ダメだよ! やつはロスのところへ犬を連れ戻しに行ったんだぞ!

Phoebe: Oh, no, the dog's not going to be there!
 そんな! あそこに犬はいないわよ!

Joey: You think?
 そう思う?

(チャンドラーが戻り、レイチェルが犬をブランケットで隠す)

Monica: Hi, honey.
 ハーイ、ハニー。

Chandler: Please, please, please, don't be mad at me.
 頼む、頼む、頼むから、怒らないでくれ。

Monica: What? Why, why would...
 何が? どうして・・

Phoebe: Shh, wait and see. Maybe we will, maybe we won't.
 (モニカに)シーッ! 聞いてみましょ。怒ることかかどうか聞きましょ。

Chandler: Okay, I went over to Ross' apartment to bring back Klunkers. You know, for you, and… I left the door open and she must have gotten out and I looked everywhere, all over the apartment, including the roof, which FYI Ross, one of your neighbors, growing weed. I couldn't find him, and I am so, so, so, sorry. But I do know where we could all go ease the pain.
 ロスの部屋にクランカーズを連れ戻しに行ったんだ。ほら、君のためにね。ドアを開けっ放しにしてたから、あの子出てってしまったみたいで、あちこち探しまわったんだよ。ビル中、屋上もね、言っておくが、ロス、君の近所の誰かがそこでマリファナを育ててるぞ。とにかくクランカーズは見つからなかったんだ。本当に本当に本当にごめん。でも、心の痛みを忘れられる場所は見つけたぞ(屋上を指差す)

Phoebe: We have good news, look who's back!
 いいニュースよ、ほら、見て!

Rachel: Hi!
 (犬を出して)ハーイ!

Chandler: Klunkers?! Oh, my god!
 クランカーズ? なんてことだ!

Monica: That's right, she came back all by herself.
 そうなの、彼女、自分で帰ってきたのよ。

Phoebe: It's a Thanksgiving miracle!
 サンクスギビングの奇跡よ!

Chandler: It is so good to see you!
 (クランカーズに)また会えて嬉しいよ!

Phoebe: Yeah, she came all the way back from Ross' building. Oh, the things she must have seen! And then she climbed up the fire escape and she tapped on the window with her teeny little paw and then we ran to let her in… I went too far, didn't I? When should I have stopped?
 そうよ、彼女、ロスのビルから帰ってきたのよ。ああ、どんな目にあったのかしらね! そして彼女は避難階段を上がってきて、あの小さなかわいいおててで窓を叩いたの。それで私達がかけつけて入れてあげて・・・行き過ぎよね。どこでやめるべきだったかしら?

《時間経過:まだ解決できないロス》

Ross: Okay, maybe this is so hard, because there aren't 50 states. Let me tell you something, I have 49 states, and there are no more! I think, I should be able to eat something.
 これは難しすぎるんだよ。50州もないんだ。言っておくが、49州は思い出した、それ以上はないんだ。もう食べてもいいと思う。

Chandler: It's up to you.
 好きにしろよ。

(諦めきれないロス。タグが戻る)

Rachel: Oh, hi! How are you doing?
 あぁ、ねぇ、大丈夫?

Tag: I'm okay. I gotta go down to the police station and look at mug shots.
 大丈夫。警察へ行って、顔写真から犯人を探さないといけない。

Rachel: Oh.
 まぁ。

Tag: Thanks for having me over, you guys.
 招いてくれてありがとうございました、みなさん。

Ross: Tag? Y-You're going? We didn't, uh we didn't get the chance to talk. Uh, so, where did you say you're from again?
 タグ? 君、行ってしまうの? 僕ら、話をする機会もなかったね。きみ、どこから来たんだっけ?

Tag: Colorado.
 コロラドです。

Ross: Ah, what good are you.
 ああ、役に立たないな。

《廊下:タグを見送るレイチェル》

Rachel: Look, um, I think we should talk about what happened on the terrace.
 ね、バルコニーでのこと、話すべきよね?

Tag: Okay.
 ええ。

Rachel: Ah, I never should have said what I said. It−you know what? It just doesn't matter how I feel. I mean we work together, so nothing could really ever happen between us, and what I would love is just to go to work on Monday, and-and never talk about this again, okay? Big day Monday. Lots to do. So, we're okay?
 あんなこと言うべきじゃなかったわ。ねぇ、私がどう思ってるかなんて関係ないわ。私達の間に何もありえないし、私が望んでるのは、ただ、月曜日に仕事に行って、もうこの話はしないってこと、いい? 月曜日は大変よ。することがいっぱいよ。それでいい?

Tag: Um, I'm not.
 あぁ・・いや、ダメだよ。

Rachel: Oh, god, I knew it, that I freaked you out.
 ああ、そうなのね、やっぱり、あなたを怖がらせちゃったのよね。

Tag: No, you didn't. The only thing that freaked me out was you saying that nothing could ever happen between us.
 いや、そうじゃないんだ。僕が怖いと思ったのは、僕らの間に何も起きないって君が言ったこと。

Rachel: Really?
 そうなの?

Tag: Yeah, so, please don't fire me for doing this.
 ああ。だからお願い、こうしても、クビにしないで。(キス)

Rachel: Okay, well, that's one less thing we have to do on Monday.
 わかったわ。これで月曜日にする仕事がひとつ減ったわね。

《モニカの部屋、深夜:ロスが来る》

Ross: Delaware. . . Delaware!
 デラウェア。・・・デラウェアだ。

Chandler: All right.
 ハイハイ。

Ross: I want my turkey now!
 (リストを渡し)ターキーを食べるぞ!

Chandler: You got it. . . You got Nevada twice.
 どうぞ。(リストを見る)ネバダが2回書いてあるぞ。

Ross: I know.
 ・・わかってる。

Chandler: Yeah.
 ああ。(寝室へ戻る)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
 ついでながら、
 こちらが50州(アルファベット順)です
Alabama (AL)
Alaska (AK)
Arizona (AZ)
Arkansas (AR)
California (CA)
Colorado (CO)
Connecticut (CT)
Delaware (DE)
Florida (FL)
Georgia (GA)
Hawaii (HA)
Idaho (ID)
Illinois (IL)
Indiana (IN)
Iowa (IA)
Kansas (KS)
Kentucky (KY)
Louisiana (LA)
Maine (ME)
Maryland (MD)
Massachusetts (MA)
Michigan (MI)
Minnesota (MN)
Mississippi (MS)
Missouri (MO)
Montana (MT)
Nebraska (NE)
Nevada (NV)
New Hampshire (NH)
New Jersey (NJ)
New Mexico (NM)
New York (NY)
North Carolina (NC)
North Dakota (ND)
Ohio (OH)
Oklahoma (OK)
Oregon (OR)
Pennsylvania (PA)
Rhode Island (RI)
South Carolina (SC)
South Dakota (SD)
Tennessee (TN)
Texas (TX)
Utah (UT)
Vermont (VT)
Virginia (VA)
Washington (WA)
West Virginia (WV)
Wisconsin (WI)
Wyoming (WY)


posted by らんち at 13:58| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。