2013年10月11日

7-6 The One With The Nap Partners

7-6 お昼寝友達の話

 ☆ブライドメイドはゆずれない☆

《レストラン:ブランチにきた女性3人》

Monica: Okay, the reason why I asked you guys out to brunch today is because I have been doing some thinking about who should be my maid of honor.
 今日あなた達をブランチに誘ったのはね、ブライズメイドを誰にするかってことを考えてたからなの。

Rachel: Oh, my God! This is it! Oh! I really hope it’s you!
 ついにきたのね! これよ! ああ!(フィービーの手を握り)あなただといいわね!

Phoebe: I hope it’s you.
 あなただといいわね。

Rachel: Me too!
 私もそう思う!

Monica: First of all, I love you both so much and you’re both so important to me…
 まず、あなた達2人ともすごく愛してるし、2人とも私にはとても大切な・・

Rachel: Okay, bla-bla-bla-bla!! Who is it?!
 わかった、はいはい! 誰にするの?

Monica: Well umm, I was thinking that maybe we could come up with a system where we trade off being maid of honor for each other. Like hypothetically, if Phoebe were mine…
 思うんだけど、ブライズメイドは交代制でやったらどうかしら。例えば、もしフィービーが私のだったら・・

Phoebe: Yes!!! Oh!!
 やった! ああ!

Rachel: Hypothetically!
 たとえ話よ!

Phoebe: Still.
 それでもね。

Monica: If Phoebe were my maid of honor Rachel would be Phoebe’s, I would be Rachel’s, that way we all get to do it once and no one would get upset.
 もしフィービーが私のだったら、レイチェルがフィービーので、私はレイチェルのブライズメイドっていうふうにね。そうすれば、誰もが一回はやるわけで、もめることもないでしょう。

Rachel: Yeah, that’s actually a pretty good idea.
 そうね。それはほんと、いいアイディアだわ。

Phoebe: Yeah, I’ll do that. So who gets to be yours?
 そうね。それでいいわ。それで、あなたのは誰にするの?

Monica: Well, that’s the best part. Umm, you guys get to decide!
 そこがいいとこなんだけど、あなた達が決めて!

Phoebe: Wh-why is that the best part?
 な・なんでそれがいいとこなの?

Monica: Because then I don’t have to!
 そうすれば私が決めなくてもいいもの!

Rachel: Well, of course we will help you decide! We will do anything we can to help you! I would like to make a toast, to the future Mrs. Chandler Bing, my best friend, and truly one of the nicest people that…
 もちろん、決めるの手伝うわよ! あなたのためなら何でもするわよ! 私の親友、最高に素敵な未来のミセス・チャンドラー・ビングのためにトーストもつくるし・・

Monica: I’m really not deciding!
 本当に私決めないから。

Rachel: Fine!
 わかったわよ!

(隣の席にいた女性が来る)
Woman: Excuse me, I-I couldn’t help overhearing, you’re marrying Chandler Bing?
 ちょっと失礼しますが、聞こえちゃったんですけど、あなた、チャンドラー・ビングと結婚されるの?

Monica: Yeah, that’s right.
 ええ、そうです。

Woman: Huh, good luck!
 ふん。がんばって。

Phoebe: Aww, and good luck to you too! What a nice lady!
 まぁ! あなたもがんばってね! なんていい人なの!

《ロスの部屋:男3人がダイハードを見ている》

Chandler: Die Hard still great!
 ダイハードはいつ見てもいいな!

Joey: Yep. Hey, what do you say we make it a double feature?
 ああ! なぁ、2本立てにするってのはどう?

Chandler: What’d you rent?
 何を借りてきたんだ?

Joey: Die Hard 2.
 ダイハード2。

Chandler: Joey, this is Die Hard 1 again.
 ジョーイ、これダイハード1じゃないか。

Joey: Oh, well, we watch it a second time and its Die Hard 2!
 あ。でも2度目に見れば、ダイハード2だよ。

Ross: Joey, we just saw it!
 ジョーイ、今見たばっかじゃないか!

Joey: And?
 だから?

Ross: And it’ll be cool to see it again! Yeah!
 もう一回見たらいいよね! ああ!

Joey and Ross: Die Hard!!!!!!
 ダイハード!!

Ross: Dude, you didn’t say Die Hard. Is everything okay?
 (チャンドラーに)おい、ダイハードって言ってないぞ。大丈夫か?

Chandler: Yeah, I just got uh, got plans.
 ああ。俺は・・俺は予定があるから。

Ross: Well, John McClane had plans!
 ジョン・マクレインだって予定はあるぞ!

(John McClane = Die Hard の主人公名)

Chandler: No, you see, the thing is I want to get out of here before Joey gets all worked up and starts calling everybody bitch.
 いや、ほら、ジョーイが影響受けすぎて誰もかれもくそったれとか呼び始める前に行くよ。

Joey: What are you talking about, bitch?
 おまえ何言ってるんだよ、くそったれ?

《セントラルパーク》

Phoebe: Hey, Rachel?
 ねぇ、レイチェル?

Rachel: Yeah?
 なに?

Phoebe: When I get married will you be my maid of honor?
 私が結婚するとき、あなたブライズメイドになってくれる?

Rachel: Really?!
 本当に?!

Phoebe: Uh-hmm.
 うん。

Rachel: Oh, my God, Phoebe! I mean I’m just−Wait a minute. If I’m your maid of honor that means you are Monica’s.
 ああ、なんて素敵、フィービー! 私もう・・ちょっと待って。あなたが私のブライズメイドってことは、あなたがモニカのをやるんじゃないの。
 
Phoebe: Oh! Well, if that’s what you want…
 ああ! まぁね、そうしてほしいなら・・

Rachel: Ohh! No way, Phoebe! I want to be Monica’s!
 まぁ! とんでもないわよ、フィービー! 私モニカのをやりたい!

Phoebe: But why does it even matter?!
 だけどどうしてそれにこだわるの?

Rachel: Why does it matter so much to you?!
 あなたはどうしてこだわるのよ?

Phoebe: Because this one is now! And-and it’s two of our best friends! Who knows what you’re gonna marry!
 だってこれは今すぐだもん! それに、2人ともが親友なのよ。あなた誰と結婚するかわからないじゃない。

Rachel: What-what if I marry Ross? Or Joey?
 私がロスと結婚したら? ジョーイとか?

Phoebe: You wouldn’t! Okay, look, Rachel, I know you really want to do this, but I-I’ve never been maid of honor to anyone before! And I know you’ve done it at least twice!
 それはないわよ! ねぇ、レイチェル、あなたが今回やりたいのはわかってるけど、でも、私一度もブライズメイドになったことがないのよ。あなたは少なくとも2回はしてるんでしょう。

Rachel: Yeah, but Phoebe…
 ええ、そうだけど、フィービー・・

Phoebe: And no, Oh, please, Oh, please let me finish. . . Oh, I guess that was it.
 いえ、待って、お願い、お願いだから最後まで言わせて。・・・あ、これで全部だった。

Rachel: Okay. Okay. It’s−since you’ve never done it before you can be Monica’s maid of honor.
 わかった。わかったわよ。あなたが以前一度もやったことがないっていうなら、モニカのブライズメイドは譲るわ。

Phoebe: Oh, thank you so much! . . Yay.
 まぁ、ほんっとにありがとう!(ハグ)イエーイ。

Rachel: I’m gonna marry someone good, you know.
 私は誰か素敵な人と結婚するわよ。

Phoebe: Oh, I know.
 ああ、そりゃそうよね。

Rachel: Better than Chandler.
 チャンドラーよりもね。

《ロスの部屋:カウチで寄り添って寝ていて、目を覚まし驚いて悲鳴をあげるロス》

Ross: What happened?!!
 何があったんだ?

Joey: I don’t know!!
 知らないよ!

Ross: We fell asleep! That is all.
 僕ら眠ってしまったんだ。それだけのことだ。

Joey: Yeah. Yep. Yeah. All right, well uh, I’d better go.
 ああ、そう、そうだよ。よし、あー、俺はもう行くよ。

Ross: I think that would be best.
 それがいいと思うよ。

Joey: Yeah. All right, I’ll talk to you later.
 ああ、よし、それじゃ、またな。

Ross: Okay. But not about this!
 ああ、でもこの話はしないぞ。

Joey: No! Never! Never! Bye.
 しない! 絶対、絶対にだ! ・・・バーイ(握手の手を出す)

Ross: No touch! No touch!
 ノータッチ! ノータッチ!

《モニカ達の部屋:モニカが戻る》

Monica: Yeah, hey, a weird thing happened today when I was at brunch. This woman overheard that I was marrying you and-and then she…she wished me good luck.
 ねぇ、今日ブランチに行ったとき、おかしなことがあったの。私があなたと結婚するって聞きつけた女性がいて、彼女が、私に、頑張れって。

Chandler: That’s sweet.
 優しいね。

Monica: No, it’s more like a good luck.
 そうじゃないの。(嫌味に)がんばってね:って感じだったの。

Chandler: So uh, what did this woman look like?
 そうか・・どんな感じの女性だった?

Monica: She was like 30, dark hair, attractive.
 30歳くらいで、黒髪で魅力的な・・

Chandler: Well, is there any chance you were looking into a bright, shiny thing called a mirror?
 それってもしかして、君は明るく輝いてる、鏡と呼ばれるものを見てたってことじゃなくて?

Monica: Come on, was it somebody maybe you dated in college?
 違うわよ、ねぇ、あなたが大学でつきあった人とかじゃないかしら?

Chandler: No, no, I only dated two girls in college, both blonde, both not attractive… Hold on one second; let me check this out.
 いやいや。大学では2人しかつきあってないし、2人ともブロンドだったし、2人とも魅力的じゃなかった・・・(考えて)ちょっと待てよ。あれはどうかな・・

Monica: What are you doing?
 何してるの?

Chandler: Well, let’s see… Okay uh, is that her?
 えーと・・・そうだ、この人だった?(写真を指差す)

Monica: Oh, my God, yes! Who is she?
 あらまぁ! そうよ。この人誰?

Chandler: Julie Graff, my camp girlfriend.
 ジュリー・グラフ。キャンプの時のガールフレンドだ。

Monica: Did you break up with her?
 彼女と別れたの?

Chandler: . . . No, we’re still together. Yeah, we went out for two summers, and then I broke up with her.
 ・・・いいや。今もまだつきあってる。。ああ、2夏つきあったけど、それから別れたんだ。

Monica: Why?
 なんで?

Chandler: Well, ‘cause she came back the third summer and she’d gotten really fa-aa-aw-ow…
 3度目の夏、彼女すーんごいふとーーっ・・アウ。

Monica: Fat?!
 太った?

Chandler: I did not say fat! I said, "Fa-aa-aw-ow…"
 太ったって言ってないよ! ふとーーっ・・アウっていったんだ。

Monica: You broke up with a girl because she was fat?!
 あなた、彼女が太ったからって別れたの?

Chandler: Yeah. Yeah, but it was a really, really long time ago! Does she still feel bad?
 ああ、そうだよ。だけど、本当に本当にずっと昔の話だぞ。彼女いまだにそれを怒ってるのか?

Monica: Well, apparently she does.
 そのようね。

Chandler: Well, you know what they say, elephants never forget. . . Seriously, good luck marrying me.
 ああ、よくいうよね。象は記憶力がいいって。・・・・・マジで、俺との結婚、がんばってね。

《ジョーイの部屋》

Joey: Hey! What’s going on?
 やぁ、何してんの?

Rachel: Phoebe is gonna be Monica’s maid of honor!
 フィービーがね、モニカのブライズメイドするのよ。

Joey: Hey! Well, I hope it goes better than the last time you did it for that girl downstairs, remember?
 いいね! 前回、下の階の女の子のためにやった時よりうまくいくといいな、覚えてる?

Rachel: You have been maid of honor before?!!
 あなた前にブライズメイドしたことがあるのね?

Phoebe: See? This is exactly why you shouldn’t lie!
 ほらね。だからウソはいけないのよ!

Rachel: All right, that’s it! I am maid of honor!
 いいわよ、それじゃなしよ。私がブライズメイドよ!

Phoebe: Na-uh, I am!
 ダメよ、私よ!

Rachel: How come you are?!
 どうしてあなたなのよ?

Phoebe: Because I cared enough to lie!
 ウソをつくほどなりたいんだもの!

Joey: Hey-hey-hey-hey, I can help you decide who should do it! Yeah, we could have like uh, like an audition and see how you’d handle maid of honor type situations.
 おいおいおいおい! 決めるの手伝ってやるよ。ブライズメイドとしてどれだけやれるか、オーディションで決めるんだよ。

Phoebe: What are you talking about?
 どういうこと?

Joey: Like when I want a job, I go to an audition and if I’m the best of the people they see, they give me the part.
 俺が役をもらいたい時オーディションを受けるだろ。それで俺が一番よければ、役がもらえる。

Phoebe: Okay, so after this audition, who decides who gets it?
 わかったわ。それじゃ、そのオーディションで、誰が決めるの?

Joey: Oh, uh, me and Ross can be the judges.
 ああ、それは俺とロスが審査員だよ。

Phoebe: Well, it’s better than us deciding.
 私達で決めるよりはいいわね。

Rachel: Oh, come on! This is crazy! Can’t we just flip a coin?!
 あら、やめてよ! そんなの変よ! コインで決めましょうよ!

Phoebe: No! Coins hate me!
 ダメ! 私コインに嫌われてるの。

Rachel: Okay. Okay fine, you know what? We will let Ross and Joey decide. . . Hiiiii, Ross! Sweetie.
 わかった、わかったわよ。いいわ。ロスとジョーイに決めてもらう。(ロスがくる)ハーイ、ロス、ねーっ。

Phoebe: Hey, there, you handsome thing.
 あら、このハンサム男!(2人でて行く)

Ross: Wow, this cologne really is every bit as good as Giorgio.
 ワオ! このコロン、さすがジョルジオ!

Joey: Hi.
 やぁ。

Ross: Just uh, brought back your videos.
 あー、ちょっと、ビデオ返しにきたよ。

Joey: Uh Hey, look uh Ross, look, I think we need to talk about before.
 そうか、なぁ、ロス。この前のこと話したいんだけど。

Ross: No! No, we don’t!
 いいや、ダメだ! 話さない!

Joey: Yes, we do! Now look, that was the best nap I ever had!!
 話すんだ! いいか、あれは今までで最高の昼寝だった!

Ross: I… I don’t know what you are talking about.
 僕・・僕は君が何を言っているのか、わかりません。

Joey: Come on! Admit it! That was the best nap you ever had!
 おい、認めろよ! あれは最高の昼寝だったろうが!

Ross: I’ve had better.
 もっといいのもあったよ。

Joey: Okay! When?!
 そうか、いつだ?

Ross: All right! All right! It was the best nap ever!
 わかった! わかったよ! あれは最高だったよ!

Joey: Uh-huh!
 だろ!

Ross: I’ve said it! Okay?! But it’s over, Joey!
 認めたよ、いいだろ? もう終わりにしよう、ジョーイ!

Joey: I want to do it again.
 またやりたい。

Ross: We can’t do it again.
 もうやらない。

Joey: Why not?
 なんで?

Ross: Because it’s weird!
 変じゃないか!

Joey: Fine! Do you want something to drink?
 わかったよ! 何か飲む?

Ross: Sure, what do you got?
 ああ。何がある?

Joey: Warm milk and Excedrin PM.
 あったかいミルクと睡眠薬。(出て行くロス)

《モニカ達の部屋:バスルームのドアを叩くモニカ》

Monica: Chandler! Chandler! I just figured out who you are!
 チャンドラー! チャンドラー! あなたが誰かわかったわ!

Chandler: Can you figure out what I’m doing?
 何をしているかもわかる?

Monica: You’re Louis Posen.
 あなたはルイス・ポーゼンなのよ。

Chandler: Who?
 誰?

Monica: Louis Posen! He was my best friend in fifth grade, and-and then one day I asked him to be my boyfriend and he said no. Do you know why?
 ルイス・ポーゼンよ! 5年の時の親友だったんだけど、ボーイフレンドになってって言ったら断られたの。どうしてかわかる?

Chandler: Because you kept talking to him while he was trying to go to the bathroom?!
 バスルームに行こうとしてるのを止めて話しかけるから?

Monica: No! But because he thought I was too faaaaa…. And every time I think about it, it makes me feel as bad as I did in fifth grade! You know, I-I really think that you should apologize to Julie.
 そうじゃなくて、私がふとーーっ・・。(チャンドラーが出て来る)それから、そのことを思い出すたびに、5年の時と同じくらい、いやな気持ちになるの。ね、あなた、彼女に謝るべきだと思うわ。

Chandler: What? Are you kidding? That was like 16 years ago.
 え? 冗談だろ? 16年も前のことだぞ。

Monica: No, I know. But you know what? It would make me feel better if Louis apologized to me.
 えそうだけど、でもね、もしルイスが謝ってくれたら私気分がいいと思うの。

Chandler: Okay, I will do it. But I have to warn you; this may make me a better person and that is not the man you fell in love with!
 いいよ、あやまるよ。でも言っておくけど、こんなことしたら俺はもっといい人になっちゃって、君が結婚しようとしてたやつじゃなくなるぞ。

《ジョーイの部屋》

Joey: Okay, all right, this is how it’s going to work. We’re gonna give you hypothetical maid of honor situations and you will be scored on a scale of 1 to 10, 1 being the highest.
 よし、いいか、ルールはこうだ。ブライズメイドに起きそうな状況を言うから、君らはそれで1から10までのスコアを競う。1が最高得点。

Ross: No, 10 is the highest.
 いや、10が最高。

Joey: Why is 10 the highest?
 なんで10が最高なんだ?

Ross: Because it’s the highest. .Okay, Rachel, you’re up first. . . . Situation No. 1: You’re with Monica, the wedding is about to start when Monica gets cold feet. Go!
 最高だからだ。よし、レイチェル、君からだ。シチュエーションNo.1、君はモニカと一緒にいる。もうすぐ結婚式が始まるという時になって、モニカは逃げ出したくなった。スタート!

Joey: I don’t want to marry Chandler!
 (泣き声でモニカ役)チャンドラーと結婚したくない!

Rachel: Okay, uh…
 オーケー、あー・・

Joey: I’ve got cold feet.
 (モニカ)怖くなったの。

Rachel: …it’s gonna be okay!
 大丈夫よ!

Joey: No, one man for the rest of my life? I don’t know if I can do it! This means I’ll never get to sleep with Joey!
 (モニカ)いいえ、この先ずっと1人の男とだなんて! そんなことできそうにないわ! それじゃ私、ジョーイと寝ることもできないってことなのよ!

Rachel: Look, Monica, getting cold feet is very common, you know. It’s-it’s just because of all the anticipation and you just have to remember that you love Chandler. And also, I ran out on a wedding. You don’t get to keep the gifts.
 ねぇ、モニカ、怖くなるのは当然よ。いろいろ先のこと考えちゃうからね、でも、思い出して、あなたはチャンドラーを愛してるのよ。それに、私は結婚式から逃げ出しちゃったじゃない? そうすると、ギフトはもらえないのよ。

Joey: Very good! Drawing on your own experience, I like that!
 いいね! 自分の経験を生かしている。気に入った!

Rachel: Thanks!
 ありがと!

Ross: Yes, very nice, Rachel.
 うん、とてもいいよ、レイチェル。

Rachel: Thank you, judges.
 ありがとう、審査員さん達。

Phoebe: Ugh, kiss ass.
 もうっ! ご機嫌取り。

Rachel: Oh!
 あら!

Joey: Okay, Phoebe…
 よし、フィービー・・

Phoebe: Yes! Your honor?
 はい、審査員殿。

Joey: We’re now in the ceremony, Monica is about to say, "I do" when her drunk uncle starts yelling. What do you do? Go!
 今は結婚式の最中だ。モニカが司祭に「はい」と結婚を誓おうとしているその時に、酔っ払ったおじさんが叫びだした。どうするか、スタート!

Ross: When Monica was a little girl, I remember that−(Phoebe screams and tackles him)−Ooh!! Ow! Very good!
 (酔ったおじさん)モニカが小さかった頃にゃあ、ワシは・・・(フィービーがタックルして倒れ込む)おお! 痛っ! (ロスとして)すごくいいね!

Phoebe: Oh!
 わーい!

Joey: Yes! Excellent! Perfect score!
 いいね! すばらしい! 最高得点だ!

Rachel: Wait a minute! She just made a scene in the middle of the ceremony!
 ちょっと待ってよ。彼女今、お式の最中に大騒ぎしたのよ!

Phoebe: Hey! You want a little taste of Pheebs?!
 ちょっと! あなたもフィーブスにやられてみる?

Ross: It is time for you to give your maid of honor speech.
 今度は、ブライズメイドのスピーチをしてもらう。

Rachel: Ohh, wait a minute, we haven’t pre…
 ええっ、待ってよ、そんな準備は・・

Ross: Go!
 スタート!

Rachel: Okay! Okay! Umm, Webster’s Dictionary defines marriage as… Okay!! Forget that! That sucks!! Okay, never mind! Forget it! Umm, umm, okay, uh… I met, I-I met, I met Monica when we were just a couple of six-year-olds and I became friends with Chandler when he was 25, although he seemed like a six-year-old.
 わかった、わかったわよ。えー・・・ウェブスター辞典によると、結婚とは・・(ジョーイとロスがメモし始める)わかった! 忘れて! 今のはダメ! 気にしないで、忘れて。あー・・えーと・・そうね、私がモニカに初めて会ったのは、6歳の時でした。そしてチャンドラーとは25歳の時友達になりました。とはいっても、彼は6歳児みたいでしたけど。

Ross and Joey: Oh! That’s nice.
 ああ! それはいいね!

Rachel: Thank you. Thank you very much. Umm, I’ve known them separately and I’ve known them together and-and to know them as a couple is to know that you are truly in the presence of love. So I would like to raise my glass to Monica and Chandler and the beautiful adventure they are about to embark upon together. I can think of no two people better prepared for the journey.
 ありがとう、ほんとにありがとう・・えー、私は2人をそれぞれに知っていますが、つき合いだしてからの2人を知って、本当に愛があるということを知りました。ここでグラスをあげて、モニカとチャンドラーのこれからの素晴らしい冒険に乾杯したいと思います。この2人ほどこの場にふさわしいカップルはいません。

Joey: Wow. Good speech.
 ワオ・・(ロスに)いいスピーチだ。

Ross: Yeah, it really was!
 ああ、本当によかった!

Rachel: Aw, thanks!
 ああ。ありがとう!

Ross: Okay, Phoebe, I guess you’re next although I really don’t see the point.
 よし、フィービー、次は君だよ。まぁ、やっても意味はないと思うけど。

Joey: Yeah.
 そうだな。

Phoebe: Okay, I can’t believe that Monica and Chandler are getting married. I remember talking about this today with Rachel while we were showering together, naked.
 わかった・・モニカとチャンドラーが結婚するなんて信じられません。今日、その話をレイチェルと2人、シャワーでしたのを思い出します、ハダカでね。

(想像して沈黙のジョーイとロス)
Joey: And she’s back in the game.
 彼女も返り咲きだな!

《モニカとチャンドラー・ジュリーに謝りにきたところ》

Chandler: Julie, hi! Chandler Bing, I, I guess you remember me.
 ジュリー、ハーイ、チャンドラー・ビングだ。僕のこと覚えてるよね。

Julie: Hello, Skidmark.
 どうも、おもらしさん。

Chandler: It’s a nickname, I’ll explain later.
 (モニカに)ニックネームだよ。後で説明する。

Monica: It’s pretty clear.
 はっきりしてる。

Chandler: Ah, uh, I owe you a long overdue apology. I never should have broken up with you because you were overweight.
 えーと・・ほんと、今更だけど、謝りたいなと思って。君が太ったなんて理由で別れるべきじゃなかったよ。

Julie: That’s why you broke up with me?
 それで私と別れたの?

Chandler: You-you didn’t know that. . . Well, I guess my work here is done!
 き、君、それ知らなかったんだ。・・ま、とにかくやることはやったよね!

《セントラルパーク》

Joey: All right, well, first of all I would like to say that you both performed very well. Okay? You should be proud of yourselves. And-and I would also like to say that in this competition there are no losers. Well, except for Rachel−Damn it!
 よし、まず言っておくけど、君たち2人ともとてもよくできてたよ。ね? 誇りに思うべきだよ。そして、この競技において、敗者はいない。レイチェルは別だけど。残念だった!

Phoebe: Really?! I won!
 ほんと? 私勝った!

Rachel: What?!
 なんですって?

Ross: I’m sorry, Rach, it was, it was really close.
 悪いね、レイチ、ほんと、ほとんど同点だったんだよ。

Rachel: Well then I demand a recount!
 それじゃ、もう一回計算しなおしてよ!

Ross: Actually, it wasn’t that close.
 実はそんなに近くもない。

Rachel: No! You know what? No! No! Your thing was so stupid anyway, this was ridiculous−We’re gonna flip a coin! All right?! . . Heads!
 なによ! え? こんなのダメよ! こんなのバカげてるわ。こんなバカなことって・・コインで決めましょうよ! いい?(コインをトス)表!(見て唸る)

Phoebe: The coins have finally forgiven me!
 コインがついに許してくれた!

Rachel: Well, you know what? I hope Monica forgives you after you throw her her vegetarian, voodoo, goddess circle-y shower!
 いいわよ。あなたのベジタリアンで、ブードゥーな、女神な、輪になって踊るブライダルシャワーをモニカが許してくれるといいわね!(出ていく)

Phoebe: Rach, it’s gonna be okay! You guys are the best!
 (追いかけ)レイチ! 大丈夫よ! (ロス達に)あなた達、サイコー!

Joey: Boy, I tell ya, that judging stuff took a lot out of me.
 ああ、まったく・・審査するのって本当に疲れるな・・

Ross: Yeah?
 そう?

Joey: Yeah! I was thinking about maybe going upstairs and taking a little nap on my couch.
 ああ! 部屋に行って、ちょっとカウチで昼寝しようかな・・(意味深にロスを見る)

Ross: Why-why would I care about that?
 な・なんでそれが僕に関係ある?

Joey: No reason, I’m just saying that uh… That’s where I’ll be.
 別に。ただ言ってみただけ・・そこにいるってことをさ。(出て行く・・・ためらった後、ついていくロス)

《モニカ達の部屋》

Chandler: As bad as that went, I actually enjoyed myself. I think that I’m going to apologize for all of the stupid things I do.
 あれはうまくいかなかったけど、俺は楽しかったよ。バカなことしたこと全部これから謝ろうかな。

Monica: Why don’t you just stop doing stupid things? Then you wouldn’t have to apologize.
 バカなことするのをやめたら? そうすれば謝らなくてすむわよ。

Chandler: I would really love it if I could do both.
 両方できた方がいいんだよ。

Monica: All right, I have to ask.
 ねぇ、どうしても聞きたいの。

Chandler: What?
 なに?

Monica: Are you gonna break up with me if I get fat again?
 私がまた太ったら別れるの?

Chandler: What?!
 え?

Monica: Well, you broke up with Julie Graff! How much weight could she have gained?
 あなたジュリー・グラフと別れたじゃない! 彼女どれくらい太ったの?

Chandler: A hundred and forty-five pounds.
 145パウンド。(65.77キロ)

Monica: In one year?! My God, what did she eat? Her-her family! That’s not the point.
 1年で? 驚いた! 何を食べたの? 家族みんな? いえ、そういう話じゃないのよ。

Chandler: Look, I know it was a stupid reason to break up with somebody, but I was 15!
 なぁ、そんなことで別れるなんてバカげてると思うよ。だけど、俺は15歳だったんだ。

Monica: Well… That’s not the only time this was an issue. You remember when umm, you spent Thanksgiving with us? You called me fat.
 でも・・それが問題になったのは、その時だけじゃないわよね。あなた、サンクスギビングをうちで過ごしたとき、私を太ってるって言ったわ。

Chandler: Okay. Okay, now wait a minute that was totally different.
 ああ、そのことだけど、ちょっと待ってくれよ、全然違うことなんだからさ。

Monica: How?
 どう違うの?

Chandler: You were not supposed to hear that! I said that behind you back!
 君は聞いてるはずじゃなかったんだ。俺は、陰であれを言ったんだから!

Monica: What if I have babies, okay? I mean I’m gonna look different. I’m okay with that, but I’m not sure that you are!
 もし私が赤ちゃんを産んだら? 私は変わってくるわよ。私はいいけど、あなたはどうかしら?

Chandler: Look, you have to realize I don’t think of you as a thin, beautiful woman. . . See, this is one of things that I can apologize for later! Look, what I mean is you’re Monica! Okay? And I am in love with Monica.
 なぁ、わかってくれよ。俺は今、君のこと、スマートで美しい女性だと思ってはいないぞ。・・・ほら、これでまた後で謝れる! ・・聞いてくれ、言いたいのは、君はモニカだってことだ。ね? そして俺は、モニカを愛してるんだ。

Monica: Keep going.
 続けて。

Chandler: So you can balloon up or you can shrink down and I will still love you.
 だから、どんどん膨らんでってもいいし、縮んでってもいい、それでも愛してるよ。

Monica: Even if I shrink down to two inches tall?
 2インチ(5センチ)に縮んじゃっても?

Chandler: I’d carry you around in my pocket.
 ポケットに入れて連れて歩くよ。

Monica: I love you.
 愛してる。

Chandler: Skidmark still got a way with the ladies.
 おもらし君は女性とうまくやってるぞ!

《セントラルパーク》

Rachel: Hi, Pheebs.
 ハーイ、フィーブス。

Phoebe: Hi!
 ハーイ。

Rachel: Hi! I just want to apologize. I’m really sorry I was a baby.
 ねぇ、謝りたいの。私、赤ちゃんみたいだったわ。

Phoebe: That’s ridiculous, Rachel, we were all babies once. . . Oh, you mean today.
 そんなバカなことを。レイチェル、私達は誰でも一度は赤ちゃんだったのよ。・・・ああ、さっきのことね。

Rachel: Yeah. Yeah, and you know you-you deserve to win. And-and you know I was thinking about it, if-if you’re Monica’s maid of honor that means I get to be yours.
 ええ、そう。あなたには資格があるわ。それに考えてみたら、あなたがモニカのブライズメイドをするなら、私があなたのってことになるじゃない。

Phoebe: Oh, yeah!
 ああ、そうね!

Rachel: Yeah! Oh, umm when-when Monica and Chandler got engaged I started putting some stuff together, you know just in case…
 そうよ! モニカとチャンドラーが結婚するって決まって以来、いろいろ集め始めたの。ほら、一応ね。

Phoebe: Oh, that’s so sweet, thanks.
 まぁ、優しいのね、ありがとう。

Rachel: Here is a book of poetry that I know Monica loves. And-and, ohh, God, this is funny, look, this is a picture of one Halloween where she dressed up as a bride. And look, she made me carry her train, which was weird because I was Wonder Woman. Oh, and here’s a little purse that I found. You know I just thought that maybe they could hold the rings in there.
 これが、モニカの好きな詩の本ね。それから、ああ、これおかしいのよ。見て、これは、花嫁に扮したハロウィンの時の写真よ。それからこれ見て、私が彼女のドレスの裾を持ってるの。おかしいでしょ、私ワンダー・ウーマンの格好だものね。それから、これ見つけたの、小さな袋よ。これに指輪を入れたらどうかと思って。

Phoebe: Ohh.
 あああ。。

Rachel: And umm, vintage handkerchiefs, you know, ‘cause, people cry at weddings. . . I’m just gonna grab a couple of these.
 それから、ヴィンテージのハンカチよ。ほら、結婚式に涙はつきものでしょ・・(泣く)ああ、今ちょっと使わせて。

Phoebe: This stuff is great!
 どれもすごいわね!

Rachel: Oh, I forgot this was in here. Umm, this was the uh garter that I was saving for my wedding and I wanted it to be Monica’s something borrowed and it’s blue. . Yeah…
 ああ、これを忘れてたわ。これは、自分の結婚の時に使おうと思っていたガーターよ。これを、モニカの借り物としてもらいたいなと思って、それにブルーだしね。・・ええ・・。

Phoebe: You know, Rach, I think that, I think you should be Monica’s maid of honor.
 ねぇ、レイチ、私、あなたがモニカのブライズメイドになるべきだと思うわ。

Rachel: You do? Why?
 そうなの? どうして?

Phoebe: Because I think it means more to you.
 だって、あなたにとっての方が意味があるもの。

Rachel: But Pheebs, you know, you earned it.
 でもフィーブス、あなたが勝ち取ったのよ。

Phoebe: It's fine. I mean, this is something that you’ve been thinking about since you were what, 14?
 いいのよ。だって、あなた、こういうこと14歳くらいの時から考えてたんでしょう?

Rachel: No, I was ten. I just developed early.
 ううん。10歳だったわ。私おませさんだったの。

Phoebe: Man alive!
 なんてこと!

(モニカが来る)
Monica: Hey, what’s going on?
 ハーイ! 何かあった?

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Phoebe: Well, we just decided that Rachel is gonna be your maid of honor.
 あのね、今、レイチェルがあなたのブライズメイドになるって決めたとこなの。

Monica: Ohh, wow! That’s great! Oh, wow! We really have to start planning! I have, I have a lot of really specific ideas! We should probably get together like four times per week. You can come over to my place; we’ll get together before work! What do you say, 6:30, my place? I’m so excited!
 まぁ、素敵! いいわね! ああ、ワオ! プランを立てないとね! 私たくさん、いろいろアイディアがあるのよ。週に4回くらい一緒に相談しましょうね。私のところに来てね。仕事に行く前に来るといいわ! 朝6時半に私の家でどう? ああ、楽しみ!(出て行く)

Rachel: Yeah, okay, you laugh now, but she’s gonna be yours.
 (呆然としていたが)ええ・・いいわ、あなたも今は笑ってるけど、彼女、あなたのブライズメイドなのよ。

《ジョーイの部屋:ジョーイとロスがカウチで昼寝・・目覚める》

Joey: Great nap.
 いい昼寝だった。

Ross: It really was.
 ほんと!
(咳払いが聞こえ、見上げるとほかの4人が見ている)

Joey: Dude! What the hell are you doing?! God!
 (素早く逃げ)おい! おまえ何してんだよ! まったく!(寝室へ行く)

Ross: Excuse me.
 失礼。(出て行く)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 18:13| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。