2013年10月10日

7-5 The One With The Engagement Picture

7-5 婚約写真の話

 ☆素敵な婚約写真?☆

《モニカ達の部屋:写真を見ているモニカ達・チャンドラーが来る》

Chandler: Hey.
 やあ・・

Monica: What’s the matter?
 どうかしたの?

Chandler: Someone on the subway licked my neck! Licked my neck!!
 地下鉄で、誰かに首をなめられた! 首をなめられた!

Phoebe: Oh, Willy’s still alive!
 わぁ! ウィリーはまだ生きてたのね!

Chandler: What are you guys doing?
 君たち、何してるの?

Monica: Oh, my mom called, they’re gonna run our engagement announcement in the local paper, so we’re looking for a good picture of us.
 かあさんから電話があってね。地方紙に私達の婚約発表をするっていうから、私達2人のいい写真を探してるの。

Chandler: Oooh, I’m afraid that does not exist.
 うー。残念だが、そんなものは存在しないね。

Monica: That’s not true, there are great pictures of us!
 そんなことないわよ。私達のいい写真だってあるわよ!

Chandler: No, there are great pictures of you standing next to a guy who’s going like this…
 いや。素敵に写ってる君の隣に、こんな顔したやつがいるだけだよ。(力んだ変顔)

Phoebe: Oh, my God! That’s the creep that you’re with at the Statue of Liberty.
 まぁ驚いた! それ、自由の女神であなたの隣に写ってる変な人だわ。

Chandler: I don’t know what it is, I just can’t take a good picture.
 自分でもわからないけど、とにかく写真は苦手なんだ。

Monica: Oh, here’s a great one.
 あら、これはいいわよ。

Chandler: Yeah, I’m not in that.
 ああ、俺はそこにいないもんな。

Monica: I know, but look at me, all tan.
 わかってるけど、見てよ、私。よく日に焼けて。

Phoebe: Hey, why don’t you guys go get portraits done by a professional photographer.
 ねぇ、プロに写真撮ってもらってきたら?

Monica: That’s a good idea! I bet they have one of those wind machines, you know…
 それはいいわね! きっと風を送る機械もあるわよね、ほら(髪が風に吹かれるつもり)

Phoebe: Yeah, that’s great! Next to that, Chandler won’t look so stupid.
 ああ、それいいわね! その隣だったら、チャンドラーもそんなにバカに見えないわ。

Monica: Chandler, what do you say?
 チャンドラー、どうする?

Chandler: All right, but I should warn you, I’m not going. I’m going.
 いいよ。でも言っとくけど、俺は行かないよ。(変顔の)俺が行くよ。

《セントラルパーク:バスケット帰りのロスとチャンドラーが来る》

Ross: Dude, that reverse lay-up! Oh…
 もう、あのシュートといったら! ああ!

Chandler: How about those three-pointers?
 あのスリーポインターはどうだよ?

Ross: Amazing!
 決まってたよな!

Chandler: And those guys were this close to letting us play this time too.
 もうちょっとで参加させてもらえそうだったけどな。

Rachel: Hey, look-look, Phoebe’s talking to uh, "Cute Coffeehouse Guy."
 ねぇ、見て見て、フィービーが「可愛いコーヒーハウスの人」に話しかけてるわよ。

Ross: Oh, you guys call him "Cute Coffeehouse Guy"? We call him "Hums While He Pees."
 ああ、君たちは「可愛いコーヒーハウスの人」って呼んでるんだ。僕らは「鼻歌オシッコ男」だよ。

Chandler: Yes, and we call Ross "Lingers In The Bathroom."
 そう。そして俺たちはロスのことを「長トイレ」と呼ぶ。

Phoebe: Hey, you guys, "Hums While He Pees" just asked me out!
 ねぇ、みんな「鼻歌オシッコ男」に誘われたわ!

Rachel: Hey, I thought that guy was married.
 あら、彼って結婚してるんじゃなかった。

Phoebe: He is! But he’s getting divorced−Ross! Maybe you know him.
 そうよ。でも離婚するところなの。ロス、あなた知ってるんじゃないの。

Ross: It’s not a club.
 クラブじゃないんだよ。

Rachel: Phoebe, if this guy’s going through a divorce, is it such a good idea to start going out with him?
 フィービー、これから離婚しようって人とつきあうなんて、よくないんじゃないの?

Ross: Hey, divorced men are not bad men!
 おい、離婚する人はみんな悪いやつってわけじゃないぞ。

Chandler: They have that on the napkins at the club.
 ラブのナプキンにはそう書いてあるんだよな。

Rachel: Oh, I gotta get back to work.
 あ、仕事に戻らないと。

Phoebe: You don’t have to be back for a half-hour!
 まだ戻る時間まで30分あるじゃない。

Rachel: Yeah, but, my assistant Tag does sit-ups in the office during lunch. Ohh! I could just spread him on a cracker.
 ええ、でも、アシスタントのタグがランチタイムに腹筋するの。ああ! 彼をクラッカーに塗りたいな。

Chandler: Rach, if you have a crush on this guy, why would you hire him? I mean, you know, you can’t date him, right?
 レイチ、そいつが好きだったら、採用しちゃダメじゃないか。つきあえないだろ?

Rachel: Oh, no, I know that. I know that. Although, we made a joke that we spend so much time together he should call me his work wife.
 あら、わかってるわよ。とはいっても、一緒にいる時間が長いから、職場妻なんて冗談いってるけどね。

Ross: Soon he’ll be able to call you, "that lady he knew who got fired."
 そのうち彼は君のこと「あのクビになった人」って言うようになるよ。

Rachel: I am not gonna get fired, because I’m not gonna act on it.
 クビになんてならないもん。だって私は彼を誘う気ないから。

Phoebe: So you wouldn’t mind if he was dating someone else?
 それじゃあなた、彼が誰かとデートしても気にならないの?

Rachel: Why? Is he? He is! Isn’t he? He’s dating that slut in marketing!
 なんで? デートしてるの? してるのね? あのマーケティングのあばずれとつきあってるのね!

Ross: Maybe I should open a divorced men’s club.
 離婚男のクラブ作ろうかなぁ。

Chandler: Dude, that is so sad.
 おい、それは哀れだぞ。

Ross: I could put uh-uh a basketball court in the back.
 バスケットボールもするんだ。

Chandler: Could I play?
 俺もさせてくれる?

《レイチェルオフィス前のタグのデスク》

Rachel: Oh, no sit-ups today, Tag?
 あら、今日は腹筋しないの、タグ?

Tag: I just did them.
 もうやりました。

Rachel: Oh, well, drop and give me ten more!
 あら、横になって、もう10回やって。

Tag: What?
 え?

Rachel: Uh, I-I had a drink with lunch. Did those cost reports come in?
 ランチで酔っ払ったみたい。経費のレポート来た?

Tag: Yeah, I filled them out last night.
 ええ。昨日記入しておきました。

Rachel: Oh, great. Could you make me four copies of those?
 よかった。コピーを4部とってきてくれる?

(タグが行ってしまうと、タグのバックパックからセーターを取り出し匂ってみたりするレイチェル、メリッサが来る)

Melissa: Hey, Rachel!
 あら、レイチェル!

Rachel: Ahh, hi! Hi! Melissa, what’s up? I’m just uh, about to umm, go out to the store to get some stuff to put in my backpack. You know, like dried fruit and granola and stuff like that. What’s up?
 あら、ハーイ! どうも、メリッサ、どうかした? 私はちょっとお店へ、バックパックに詰めるものを買いにいこうかと思って。ほら、ドライフルーツとか、グラノーラとかね。何か?

Melissa: Is Tag here?
 タグは?

Rachel: No. Why?
 いないわよ。どうして?

Melissa: Oh, I was gonna talk to him about doing something tonight.
 今夜一緒におでかけしようかと思ってそれを話にきたの。

Rachel: Really?! Got a little crush on Tag there, do ya?
 そうなの? タグにちょっと参っちゃったって感じなわけ?

Melissa: Well, we’ve been flirting back and forth, but I was hoping that tonight it would turn into something a little more than that.
 まぁ・・私達、ちょっといい雰囲気になったりしてたんだけど、今夜はそれをちょっと先へ進められないかななんて思って。

Rachel: Okay, whoa-whoa easy there, Melissa! This ain’t a locker room, okay? But, you know, I remember him saying that-that he had plans tonight.
 はいはい、ちょっとちょっと、メリッサ! ロッカールームじゃないのよ、いい? でも、確か、彼は、今夜予定があったはずよ。

Melissa: Oh, no!
 あら、ウソ!

Rachel: Oh, yeah. All right, back to work.
 そうなのよ。それじゃ、仕事に戻って。

Melissa: Hey! Isn’t that Tag’s backpack?
 あら! それって、タグのバックパックじゃない?

Rachel: Yeah, Melissa, I don’t want to be known as the uh, office bitch, but I will call your supervisor.
 ねぇメリッサ、いやなやつだと思われたくはないけど、上司を呼ぶわよ。

《写真スタジオ:モニカ達の写真撮影中》

The Photographer: Great! That’s great, Monica! Great! Now, Chandler, you want to give us a smile?
 いいね! すごくいいよ、モニカ! ちょっと、チャンドラー、ちょっと笑顔をもらえないかな。

Chandler: Okay.
 わかったよ。(不可)

The Photographer: I’m sorry, is the seat uncomfortable?
 あ、すみませんね、その椅子落ち着かないですか?

Chandler: No, I am.
 いや、俺が落ち着かないの。

Monica: Chandler, listen to me, sweetie, I know you can do this. Okay? You have a beautiful smile.
 チャンドラー、ねえ、あなたならできるわよ。ね? あなたって、素敵な笑顔なのよ。

Chandler: I do?
 ほんと?(いい笑顔)

Monica: Yeah! . . All right, maybe you don’t have to smile. Let’s try something else. Let’s try umm, try looking sexy.
 そうよ! (カメラに向かうと笑顔が消える)いいわ、笑顔じゃなくても。今度は・・セクシーにしてみて。

Chandler: Okay.
 わかった。

Monica: Or not.
 やっぱやめようか。

《レイチェルのオフィス:ジョーイがくる》

Rachel: Hi, Joey! What are you doing here?
 あら、ジョーイ! どうしたの?

Joey: Uhh, well I’ve got an audition down the street and I spilled sauce all over the front of my shirt. . . . You got an extra one?
 この先でオーディションなんだけど、シャツにソースをこぼしちゃったんだよ。(胸のシミを見せる)何か借りられない?

Rachel: Yeah, sure. Umm…here.
 ええ、いいわよ。ほら。(渡す)

Joey: Great. You got anything that’s not Ralph Lauren?
 よかった。ラルフローレンじゃないのはない?

Rachel: Yeah, I don’t think so, Joe.
 そうね、ないわよ、ジョー。

Joey: All right, I guess this will be fine.
 そうか、いいや、これで。

Rachel: Hey, listen umm, what-what are you doing tonight?
 ねぇ、あなた、今夜予定あるの?

Joey: Nothing, why?
 ないよ。なんで?

Rachel: How would you feel about taking out my assistant Tag? I’ll pay.
 アシスタントのタグと一緒にでかけてくれない? お金払うから。

Joey: Huh, Rach, I got to say it’s gonna take a lot of money for me to go out on a date with a dude.
 レイチ、男とデートしろっていうなら、かなり払ってもらわないとね。

Rachel: I’m not asking you to go on a date with him!
 デートしてって言ってるんじゃないわよ。

Joey: Really? ‘Cause I could kinda use the money.
 そうなの? お金あると助かるんだけどなぁ。

Rachel: Joey, just-just he-he’s new in town and I know he doesn’t have any guy friends. Just take him to like a ball game or something. I’ll really appreciate it.
 ジョーイ、彼はここに来たばかりだし、ここに男友達とかいないのよ。連れ出して、ゲームを見に行くとかしてよ。本当、お願いよ。

Joey: Yeah, okay.
 ああ、いいよ。

Rachel: Okay? Thank you.
 いい? ありがと。

Joey: Sure, no problem. Ooh−Hey, donuts!
 ああ、いいよ。あっ! ドーナツだ!

Rachel: Yeah!
 ええ。

Joey: Okay.
 よーし。(食べて、中のジャムを着替えたばかりのシャツにたらす)

《写真スタジオ》

Monica: I know. Let’s try a look…of far off…wonderment. Okay, we’ll-we’ll gaze into our future and we’ll think about our marriage and the days to come. . . Chandler! What is the matter with your face?! This picture is supposed to say "Geller and Bing to be married," not "Local woman saves drowning moron." . . . Hey! Don’t laugh at him! He’s my drowning moron!
 そうだ、遠くを見る目をしてみましょうよ。そうよ。私達の結婚を思って、来る未来を思い描く目よ。・・・チャンドラー! あなたの顔どうなってるのよ? この写真、「ゲラーとビング結婚」ってタイトルで載るのよ。「地方の女性、溺れたバカ男を救う」ってタイトルじゃないのよ!(カメラマンが笑う)ちょっと! 笑わないでよ! 彼は私の溺れたバカ男なのよ。

Chandler: Aww!
 ああ!(いい笑顔)

Monica: That’s it! Take it! Take it! Take it!
 それよ! 撮って撮って撮って!
(顔が固まるチャンドラー)

《セントラルパーク:モニカ達の写真を見る》

Ross: I like this one. It seems to say, "I love you and that’s why I have to kill you."
 これなんかいいね。「愛してる、だから君を殺す」っていう写真みたい。

Monica: They can’t all be bad. Find the one where you make your bedroom eyes. Ohh, there it is.
 いいのもあるわよ。ベッドルームでの目をしたのを見てみてよ。ああ、あった。

Chandler: Oh, my God! Those are my bedroom eyes?! Why did you ever sleep with me?
 オーマイゴッド! こえが俺のベッドルームでの目? なんで俺と寝たの?

Monica: Do you really want to pull at that thread?
 本当にその答え知りたい?

(フィービーがカイルと一緒に店に来る)
Phoebe: I’m having a really good time!
 本当に楽しいわ!

Kyle: Me too! I’m sorry that guy in the subway licked your neck.
 僕もだよ。地下鉄で首をなめられたのはかわいそうに。

Phoebe: Ohh. No, that’s okay, he’s a friend.
 ああ、あれはいいのよ。彼、友達なの。

Kyle: Hey, I don’t mean to be presumptuous but I have these two tickets to the ballroom dancing finals tomorrow night if you want to go?
 こんなこといって図々しいと思われたくないんだけど、明日の夜の、ダンス競技のファイナルのチケットが2枚あるんだけど、いかない?

Phoebe: Yeah, I… Well, you know, I-I mean I missed the-the semi-finals, so I’d just be lost.
 ええ、そうね、セミファイナルを見てないからね。

Kyle: I know it’s really lame, but I got these tickets from my boss and−Oh, no! No! No! My God!
 いや、つまんないと思うけど、このチケットはうちの上司が・・あっ。いけない! まずい、ああ!

Phoebe: Okay, don’t freak out. I’ll go.
 わかった、落ち着いて、行くから。

Kyle: No, it’s… Uh, my ex-wife Whitney is out there. I cannot deal with her right now. That woman is crazy!
 いや、元妻のホイットニーが外にいるんだ。今彼女と話すのは無理なんだよ。あの女、狂ってるんだ。

Phoebe: Okay, I know. Hold on. . . Hey, Ross?
 わかった。ちょっと待って。(ロスのところへ行く)ねぇ、ロス?

Ross: Yeah?
 なに?

Phoebe: Yeah, umm that’s Whitney, Kyle’s ex-wife out there, now do you think that you can you know divert her so that we can slip out?
 あのね、カイルの元妻のホイットニーがそこにいるのよ。私達が出て行く間、彼女の気をそらしてくれない?

Ross: What?! No!
 え? いやだよ!

Phoebe: Well, okay, but I have two tickets to the ballroom dance finals.
 それじゃあさ、このダンス競技会のファイナルのチケット2枚あげるから。

Ross: Look, I don’t think so, Pheebs. . . All right, I’ll do it. But just because you’re a friend.
 いや、いやだよ、フィーブス。… わかったよ。やるよ。友達のためだからね(チケットを取る)

《ロスの部屋:1人で踊っているロス。フィービーが自分でドアを開けて入って来る》

Phoebe: Hi, Ginger.
 ハーイ、ジンジャー!

(Ginger Rogers = ダンサー)



Ross: All right! I want my key back!
 ちょっと、鍵を返してよ!

Phoebe: I don’t have it!
 持ってないわよ。

Ross: It’s right there!
 そこに持ってるじゃないか!

Phoebe: Ugh, okay, Sherlock!
 ちぇ。わかったわよ、シャーロック!

Ross: Look, I’m sorry but you-you-you better go, Pheebs.
 ねぇ、悪いけど、もう帰ってよ、フィーブス。

Phoebe: All right, well I just wanted to say thank you though, for diverting Kyle’s ex.
 わかったわよ。カイルの元妻の気をそらしてくれたお礼を言いたかったのよ。

Ross: Oh, yeah−No−You’re welcome. We’ll talk about it later.
 ああ、いいよ。いいんだよ。じゃあまた後で。

Phoebe: Okay.
 わかった。

(ロスが玄関を開けるとホイットニーが立っている)
Ross: Hi, Whitney.
 やぁ、ホイットニー。

Whitney: Hi, Ross! You ready for breakfast?
 ハーイ、ロス! 朝食に行ける?

Ross: Yep. Okay.
 うん。(ドアをしめられ、フィービーに)よし・・

Phoebe: Kyle’s ex-wife? You were supposed to divert her, not date her!
 カイルの元妻と? 気をそらしてとは言ったけど、つきあうなんて!

Ross: (opens the door and to Whitney) Hi! I’m sorry, but can you give me a second while I talk to this woman, who by the way did not spend the night?
 (ドアをあけホイットニーに)やぁ、ごめんね、ちょっと待ってくれる、この、今日泊まったわけじゃない女性と話をするからね?

Whitney: Sure.
 いいわ。

Ross: Okay. . .I did divert her and we ended up having a great time! Okay?
 まって・・(ドアを閉めフィービーに)気をそらしたけど、楽しかったんだよ、いい?

Phoebe: Watching ballroom dancing?
 ダンスを見ていて?

Ross: Yes! That’s where we realized we were both super cool people!
 そうだよ! それで僕らはすっごいかっこいい人達だと気づいたね!

Phoebe: Well, look-look, okay, Ross, Kyle just told me some really bad stuff about her.
 ねぇ、ちょっと、いい、ロス、カイルは彼女のことひどいって言ってたわよ。

Ross: Like what?
 どんなこと?

Phoebe: Like she’s really mean, and she’s over critical, and-and−No! She will paint a room a really bright color without even checking with you!
 すごい意地悪だとか、すごい批判したがりとか、それにそれに、夫の意見を確かめもしないで、すごく明るい色に壁を塗り替えちゃったのよ。

Ross: Okay.
 そうかい。

Phoebe: And! She uses sex as a weapon!
 それに! 彼女はセックスを武器にするのよ。

Ross: Fine! Thank you for warning me. At breakfast I’ll be on full alert for room painting and sex weapons.
 わかったよ。忠告ありがとう。朝食の時、部屋の模様替えとか武器のセックスに気をつけるよ。

Phoebe: You’re still gonna go out with her?!
 まだ彼女と出かけるつもり?

Ross: Yeah!
 ああ。

Phoebe: Well, didn’t you hear what I just said?!
 私が言ったの聞いてなかったの?

Ross: Pheebs, come on! I mean, consider the source! Of course her ex-husband’s gonna say that stuff. Now, if you’ll excuse me…
 フィーブス、話の出所を考えてみてよ! 彼女の元夫なんだから悪く言うよ。それじゃ、僕失礼して・・

Phoebe: No, listen to me! She is crazy!
 ダメよ、聞いて! 彼女は狂ってるよ!

Whitney: Uh, your door isn’t sound proof.
 (ドアの外から)ドア、防音じゃないわよ。

Phoebe: You see? Nothing is good enough for her!
 ほらね? 彼女は何にも満足できないのよ。

《レイチェルのオフィス》

Tag: Good morning.
 おはようございます。

Rachel: Hi, Tag! Hey, so did you have fun with uh, with Joey last night?
 ハーイ、タグ! ねぇ、昨日はジョーイと楽しかった?

Tag: Oh, yeah! We went to the Knicks game.
 ああ、楽しかったですよ。ニックスのゲームに行ったんですよ。

Rachel: Ohh, that’s nice.
 ああ、よかったわね。

Tag: Then we went to this bar and he hooked us up with all these women!
 それからバーに行って、彼が、たくさんの女の人ひっかけてきたんですよ。

Rachel: Wo-women? You mean, like old women?
 お、女の人? それって、年取った女性とか?

Tag: Well, kinda old, like 30.
 ええ、まぁ、30歳くらいな。

Rachel: Oh.
 ま。

Tag: And I never used to be able to just talk to girls in bars, but I got like 20 phone numbers last night.
 バーで女の子と話すなんて、今までできなかったんですけど、昨日は20件くらい電話番号もらいましたよ。

Rachel: That’s great! Wow, man, so Joey must’ve really taught you some stuff, huh?
 それはすごいわね。ワオ! ジョーイはそういうこといろいろ教えてくれたのね?

Tag: A little.
 ちょっと。

Rachel: Yeah?
 そうなの?

(女性が近づいてくる)
Tag: How you doin’?
 (女性に)元気ぃ?

《ジョーイの部屋:写真の指導をするジョーイ》

Joey: See? That’s a great smile! Easy. Natural. Now, pretend I have a camera. You’re changing it!
 ほらな? いい笑顔じゃないか! 気楽そうで、自然で。さぁ、カメラ持つふり・・おまえ顔変わっちゃったじゃないか!

Chandler: I can’t help it!
 自分でどうしようもないんだよ!

Joey: All right, all right, all right, all right, you wanna know what I do when I take resume shots?
 わかった、わかった、わかったよ。レジュメ用の写真を取る俺のこつを教えようか?

Chandler: Borrow money from me?
 俺に金を借りる?

Joey: Okay, first−first of all, you want to make it look spontaneous. I look down, look down, keep looking down; then I look up. See? All right, now you try. Look down, you’re looking down, keep looking down…
 いいか、まず、自然に見せないといけない。下を見て・・下を見て・下を見ていて・・そして見上げる(笑顔)ほらな? よし、やってみろ、下を見て・・(チャンドラー下を向く)下を見て、下を見てるんだぞ・・

Chandler: Why is there jelly on your shoe?
 なんでおまえの靴、ゼリーがついてんだ?

Joey: I had a donut.
 ドーナツ食べたんだよ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joey&Chandler: Hey!
 やぁ!

Rachel: So uh, heard you had some fun with Tag last night.
 ね、あなたタグと昨日は楽しかったらしいわね。

Joey: Yeah! That guy’s alright!
 ああ、彼はいいやつだよ。

Rachel: Yeah, and you had fun teaching him how to be all Joey.
 ええ、ジョーイみたいになるように教えてくれたみたいね。

Joey: What?
 え?

Rachel: You know, all the women.
 ほら、女性達と。

Joey: Hey, well, you can’t teach someone to be good with women. You know, that’s why I never had any luck with Chandler.
 ああ、ほら、女性と上手につき合うってのは教えられることじゃないけどな。だからチャンドラーとはうまくいかなくてさ。

Chandler: I’m right here!
 ・・俺、ここにいるんだぞ。

Rachel: All right, would-would you mind just not going out with him again? Okay, just the idea of you and he and all these women, it’s just−And I know he’s my assistant and I can’t date him−but it just bothers me, all right?!
 ねえ、もう彼とはでかけないでくれる? ね、あなたと彼がその女性達とっていうのがもう・・彼は私のアシスタントで、つきあえないってのはわかってるけど、いいやなのよ、いい?

Joey: Hey! No-no-no-no, you can’t take him away from me! I got a great partner to pick up girls with! Finally!!
 ちょっと、ダメダメダメだよ! 俺から取り上げないでよ! ナンパするすごくいいパートナーに出会えたのに! ようやくだぞ!

Chandler: I’m still right here!
 ・・俺まだここにいるんだぞ!

Rachel: All right, will you, will you at least tell him how hollow and unsatisfying this dating tons of women thing is!
 ねぇ、少なくとも、大勢の女性とつきあうなんてこと、いかに空虚か、満たされないことかってことを、彼に話してくれない?

Joey: What?!
 え?

Rachel: I just don’t want him to meet anybody until I am over my crush−And I will get over it. It’s-it’s not like I love him, it’s just physical! But−I mean I get crushes like this all the time! I mean hell, I had a crush on you when I first met ya!
 私が好きな気持ちを乗り越えるまでは、彼に遊び回ってほしくないのよ。乗り越えるから。愛してるとかいうわけじゃないのよ。ただ体だけのことなの。私ほれっぽいしね、ほら、私あなたに初めて会った時も好きになったんだから。

Joey: I know, Monica told me.
 知ってるよ。モニカから聞いた。

Chandler: Did you have a crush on me, when you first met me?
 俺に初めて会った時も好きになった?

Rachel: Yeah. Sure.
 ええ、なった。(ジョーイと明らかな目配せ)

Chandler: Can you people not see me?!
 君ら、俺が見えないのか?

Rachel: So, will you talk to him?
 (ジョーイに)ねぇ、彼に話してくれない?

Joey: I don’t know, Rach.
 それはなぁ・・レイチ。

Rachel: Oh, come on! I’ll give you ten free Ralph Lauren shirts.
 ああ、お願いよ! ラルフローレンのシャツ10着あげるから。

Joey: One! No ten! You said ten! You can’t take that back!
 1枚!(気づく)いや、10着! もう取り消せないぞ!

《セントラルパーク:タグが来る》

Tag: Hey, Joey, you wanted to talk to me?
 やぁ、ジョーイ、話したいんですって?

Joey: I don’t know. You uh, you got something for me?
 どうかな。。俺に何か持ってきた?

Tag: Oh, yeah, this is from Rachel.
 ああ、これ、レイチェルからです。(渡され10着数えるジョーイ)

Joey: Ten. Okay. Now, Tag, there’s such a thing as too many women.
 10。よし。タグ、女性と遊び過ぎってこともある。

Tag: Really?
 本当に?

Joey: Yeah, for you!
 ああ、君のためにね。

《写真スタジオ:チャンドラーを待つモニカ》

Monica: Hey! There you are!
 あら、来たわね!

Chandler: There I am!
 来たよ!

Monica: Are you okay?
 大丈夫?

Chandler: Yeah, Joey said I uh, I needed to relax so he gave me an antihistamine.
 ああ、ジョーイがリラックスするためには、抗ヒスタミン剤がいいっていわれたんだ。

Monica: What?!
 え?

Chandler: Yeah, and then I fell asleep on the subway and went all the way to Brooklyn. Brooklyn is f-far!!
 うん。それで、地下鉄で寝ちゃってさ。ブルックリンまで行っちゃったよ。ブルックリンって、遠ーーいのな!

Monica: Chandler, what were you thinking?
 チャンドラー、何考えてるの?

Chandler: I don’t know, but don’t worry, don’t worry, because I know how to take a picture now. Okay, see? Look down, look down, look down…
 さぁ。でも心配しないで、大丈夫だから、もう写真のことわかったから。よし、ほらな? 下を見て、下を見て、下を見て・・(眠る)

Monica: Chandler?
 チャンドラー?

Chandler: Yeah!
 うん!(目を覚まし、いつもの顔になる)

《セントラルパーク》

Phoebe: Hi.
 ハーイ。

Ross: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: So, how are things going with crazy? Has she cooked your rabbit yet?
 あの狂った人とどう? あなた何もされてない?

(cook your rabbit = 危険な情事でいわゆるストーカーと化した登場人物が、気をひくためにした狂った行為)

Ross: Listen, you are hearing one side of the story, okay? And F.Y.I she must’ve shown Kyle over 30 paint samples before she painted that room! And his response to each one was, "I don’t give a tiny rat’s ass."
 ね、君は一方の話しか知らないんだよ、ね? いっとくけど、彼女は壁の塗り替えをする前に30枚もの見本を見せたんだからね! それに対する彼の返事は「知るかよ」だったんだ。

Phoebe: Yeah, well, maybe she should’ve spent a little less time decorating and a little more time in the bedroom.
 ああ、部屋の飾り付けばかり時間かけてないで、ベッドルームで時間をかけるべきね。

Ross: Well, I don’t think we are gonna have that problem, but maybe that’s just because I am not emotionally unavailable!
 そういう問題はないと思うね。でもそれは、彼が気持ち的に受け入れられなかったからじゃないのか。

Phoebe: You think he’s emotionally unavailable?
 彼が受け入れられなかったっていうの?

Ross: I think he can be.
 そうかもね。

Phoebe: Well, maybe he wouldn’t be if she didn’t bring the office home every night!
 彼女が毎晩仕事を持ち帰らなきゃそうはならなかったわよ!

Ross: Well, excuse her for knowing what she wants to do with her life!
 彼女が一生懸命にやりたいことがあって悪かったね!

Phoebe: Yeah, well, she certainly knew what she was doing New Year’s Eve 1997.
 ええ、彼女は1997年のおおみそかに何をしてたかわかってるはずよね!

Ross: I knew you were gonna throw that in my face!! That was three years ago! She apologized and she apologized! What more do you want?!!
 それを言ってくると思った! もう3年も前のことじゃないの! 彼女は何度も謝りに謝ったのに、これ以上どうしろと?

Phoebe: We want the last six years back!!
 6年間を返して!(出て行く)

Ross: So do we!! So do we!! . . . I’m sorry you had to see that.
 それはこっちのセリフ! こっちが言いたい! (他の客に注目され)こんなの見せて失礼。

《レイチェルのオフィス》

Tag: Good morning, Rachel.
 おはよう、レイチェル。

Rachel: Hi! Hey, so uh what’d you do last night?
 ハーイ。ねぇ、昨日はどうだった?

Tag: Went out with Joey.
 ジョーイと出かけましたよ。

Rachel: Oh, yeah? Another night of bird-dogging the chicas?
 そうなの? また女の子達とはじけちゃったの?

(bird-dogging = going out and chasing girls)

Tag: No. We had a really good talk. I don’t think I’m gonna do that bar scene anymore.
 いいえ。僕ら語り合いました。もうバーには行かないと思います。

Rachel: Wow! I did not see that coming.
 ワオ! そう来るとは思わなかったわ。

Tag: It’s just not really who I am. You know, I’ve always been happier when…Why am I telling you this? You don’t care about this stuff.
 あれは僕らしくなかったです。僕がもっと幸せを感じるのは・・・。なんでこんな話してるんだろう? こんな話聞きたくないですよよね。

Rachel: Oh, no, yes, I do! I do! I mean, come on, go on, you were, you were saying "I am happier when I.." you know?
 あら、いいえ、聞きたい、聞きたいわ。ほら、続けて。言ってたわね、「僕がもっと幸せを感じるのは」?

Tag: When I’m in a relationship, I love having a girlfriend.
 誰かとつきあってる時です。ガールフレンドがいる状態が好きなんです。

Rachel: Really?
 そうなの?

Tag: Yeah. Someone I can spoil, you know?
 ええ。甘やかしてあげられる彼女がいれば。

Rachel: Sp-spoil?
 甘やかして?

Tag: Let me ask you something?
 聞いていいですか?

Rachel: Uh-huh.
 ええ。

Tag: Do you believe that there is one perfect person for everyone?
 誰にも1人、完璧な相手がいるというのを信じますか?

Rachel: Well, I-I’m startin’ to.
 ええ、信じることにする。

Tag: And if that person is already in your life, you should do something about it, right?
 そしてもしその相手と出会っていたら、何かするべきですよね?

Rachel: Yes! Hell, yes!
 ええ! それはそうよ!

Tag: All right, then, it’s settled.
 そうだ、それじゃ、決まりだ。

Rachel: Okay.
 ええ。

Tag: I’m gettin’ back together with my ex-girlfriend.
 僕、元の彼女と復活したいと思います。

Rachel: I’d love to!
 ぜひそうしたいわ!

Tag: What?
 え?

Rachel: Hello?!. . .Oh, yeah! . .This is gonna be a while. Excuse me. . .Yeah!
 (焦って受話器を取り)もしもし? あ、ええ! (タグに)時間がかかりそうだから失礼。(タグが出てく)ああ!

《セントラルパーク:カチャカチャ音をたてるフィービー》

Ross: My God!
 もうっ!

Phoebe: Oh, I’m sorry. Is that annoying? And speaking about being selfish in bed, how’s Whitney?
 あら、ごめんなさい。うるさかったかしら? そうそう、ベッドで自分勝手と言えば、ホイットニーは元気?

Ross: Well, maybe she wouldn’t have to be selfish in bed if someone else knew where everything was!
 誰かさんがどこがどうってわかってくれてたら、そんな自分勝手にならなくてすむのよね!

Phoebe: Oh, he knows! For the most part.
 あら、彼、知ってるわよ! だいたいは・・・

(カイルとホイットニーが来る)
Kyle: Oh, hey! Good, you’re both here.
 あ、よかった、君たちふたりいたんだね。

Whitney: We kinda need to talk.
 私達、話したいことがあって・・。

Phoebe: Both of you together?
 あなた達2人から?

Ross: Wh-what’s up?
 どうした?

Whitney: Well, I went over to Kyle’s last night to pick up a few things and we got to reminiscing…
 あのね、昨日カイルのところへ、荷物とか取りに言ったんだけど、2人でいろいろ思い出して・・

Kyle: We talked through most of the night and we realized that the reason we were so angry at each other was because there are still feelings there. So…
 僕らほとんど一晩中話し合って、互いにあんなに怒ってたのは、互いに気持ちがあるからだと気づいたんだ。だから・・

Ross: Oh, just say it, Kyle!
 もうっ! はっきり言って、カイル!

Kyle: We’re gonna give it another try.
 僕ら、もう一度やり直してみようと思うんだ。

Phoebe: What about her whining and her constant need for attention?!
 彼女のグチグチ言うのとか、いつも注目されたいとかいうのはどうなの?

Whitney: I’m gonna work on that.
 それは改めるわ。

Phoebe: Oh, right, because you’re so capable of change.
 ああ、そう、だってコロコロ変わる人なんだもんね。

Ross: You know, he hums when he pees!
 彼、オシッコする時に鼻歌歌うんだよ!

Whitney: I do know.
 知ってるわ。

Ross: It makes him miss the bowl, but whatever.
 的外れたりするけどね、なんでもいいさ。

Whitney: We’re so sorry.
 ごめんなさい。

Ross: That’s all right, we-we don’t need you. In fact, hey, I’m over it already.
 もういいよ。僕らは君たちなんて必要ないから。もう、君のことは忘れたから!

Phoebe: Yeah, and you know what? I don’t give a tiny rat’s ass.
 そうよ。そんなの知るかよ!

Kyle: Yeah, we’re gonna go.
 ああ・・もう行くよ。(出て行く)

Ross: I’m sorry. Ugh, Pheebs, you were, you were right about her. You know, she did try to use sex as a weapon! Yeah, I hurt my back a little.
 ごめんよ、ああ、フィーブス、君は正しかったよ。彼女本当にセックスを武器にしようとしてきたよ。ああ、腰が痛いよ。

Phoebe: Oh. You know, he hums while he does other stuff too.
 あら、ねぇ、彼って、あっちの時にも鼻歌歌うのよ。

Ross: Yeah, we're better off without them.
 ああ、あの2人いない方がいいよね。

Phoebe: And you know, even if they break up again, you’d better not let him in your sad men’s club!
 そうよね。あの2人がまた別れても、彼を哀れな男のクラブに入れないでね。

Ross: Divorced men’s club.
 離婚した男のクラブだよ。

Phoebe: Po-tay-to, Po-tah-to.
 目くそ鼻くそ。。

《セントラルパーク:モニカが結婚発表の地方紙を見せる》

Monica: Hey, guys, check it out! My mom sent me the paper!
 ねぇ、みんな、見て! かあさんが送ってきてくれたのよ!

Phoebe: Ooh, let’s see it!
 ああ、見せて!

Chandler: Ahhh.
 ああ。

Monica: Okay.
 これよ(あけて見せる)

Chandler: Oh, yeah, that looks good.
 ああ、ほんと、いい感じだね。

Phoebe: You guys make a very attractive couple.
 あなた達、すごく魅力的なカップルね(新聞の写真はジョーイとモニカ)

Joey: Yeah, we look great together.
 ええ、私達すごく素敵ね。

Monica: Yeah, we really do!
 ええ、ほんとよね。

Chandler: Okay.
 オーケー・。

Monica: Wow! Imagine what our kids would look like!
 ああ! 私たちの子どもってどんな感じか想像してみてよ!

Joey: You know, we don’t have to imagine.
 想像しなくてもわかるよ。

Chandler: I’m marrying her.
 俺が彼女と結婚するんだぞ。

Joey: We’ll just see.
 わからないぞ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ



*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
 最近、いまごろになって更新がつらくなってきました。
 あと少し、これまでに比べたらあと少し!
*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
posted by らんち at 22:47| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。