2013年10月09日

7-4 The One With Rachel’s Assistant

7-4 レイチェルのアシスタントの話

 ☆レイチェルのアシスタント☆

《モニカ達の部屋:Mac and C.H.E.E.S.E.を見ている》

Mac: Well, if we learned one thing today, C.H.E.E.S.E., is that cheerleaders and high explosives don’t mix.
 (TV)いやぁ、今日わかったことはな、チーズ、チアリーダーと爆発物は合わないってことだな。

C.H.E.E.S.E: You can say that again, Mac.
 それはそうですね、マック。

Mac: Well, I couldn’t have done it without you, buddy. You’re a genius.
 おまえなしにはできなかったよ。君は天才だ。

C.H.E.E.S.E: Oh, yeah? Well, then how come I can’t get my VCR to stop blinking 12:00?
 そうかな? それにしては、ビデオデッキが12時って点滅し続けてるのを、どうしたらいか、わかんないけどね。(2人大笑い)

Joey: So, what did you guys think?
 (笑いながらテレビを切り)どう思う?

(返事に困る5人・電話が鳴る)
chandler: Hey, the phone.
 おお! 電話だ!

Monica: I got it. I got it! . . Hello? . . . Hold on please. Joey, it’s your mom.
 私が出る!私が出る!・・もしもし? ちょっとお待ちください。ジョーイ、おかあさんからよ。

Chandler: It’s mommy. It’s mommy.
 おかあさんからだ、おかあさんから。

Ross: Ohhhh…
 おお。

Rachel: That’s nice.
 いいわね。

Joey: Mom, so what did you think?
 かあさん、どうだった?(話しながら離れる)

Rachel: Well, that was umm…Okay.
 ま、あれは・・オーケーね。。

Ross: It wasn’t the best.
 最高ではなかったな。

Chandler: That was one of the worse things ever. And not just on TV.
 あれは最悪だったよ。TV史上だけじゃなく!

Monica: What are we gonna tell him?
 彼になんて言えばいいの?

Ross: Well, the lighting was okay.
 ま、照明はよかったな。

Rachel: Ohh, no, you don’t! You got lighting last time, lighting is mine!
 あら、ダメよ! 前回照明のこと言ったじゃな。今度は私が言うわよ。

Monica: And I have costumes.
 私は衣装について話すわ。

Ross: Oh, great! That means I’m stuck with, "So, we were watching you in there and you were sitting right here! Whoa!"
 いいね! それじゃ、僕はあれしかないじゃないか。「今そのテレビに出てたかと思ったら、今ここに君がいるなんて、ワオ!」

Rachel: What are you gonna do, Pheebs?
 あなたはどうするの、フィーブス?

Phoebe: I don’t know. I don’t know. I can’t lie to him again. Oh, no, I−no! I’m just gonna press my breasts up against him.
 わかんない、わかんないわよ。またウソをつけないわよ。ダメ・・そうだ! 私は彼に胸を押し付けるわ。

Chandler: And say nothing?
 そして何も言わないの?

Phoebe: Uh-huh, yeah, that’s right.
 そうよ。その通り。

Joey: Wow! Well, my folks really liked it! So what did you guys think?. . . It wasn’t that good.
 (電話を終え)ワオ! うちの家族は本当に気に入ってたよ! みんなはどう思う? (フィービーが黙って胸を押し付ける)それほどまでじゃないだろー。

《セントラルパーク》

Monica: Phoebe, do you think that your favorite animal says much about you?
 フィービー、好きな動物で、あなたについて何がわかると思う?

Phoebe: What? You mean behind my back?
 なに? やつら私のこと陰で言ってるの?

(レイチェルが来る)
Rachel: Oh! Hi, you guys, oh, my God! You’ll never gonna believe what happened to me today! I am sitting in my office and…
 ああ、ねえみんな、ああ、すごいのよ! 信じられないわよ、今日私に起きたこと! 私がオフィスにいたら・・

(ジョーイが来る)
Joey: You guys! You guys! You’re not gonna believe what my agent just told me!
 みんな、みんな! 信じられないぞ、うちのエージェントから聞いたんだけどさ!

Rachel: Joey! Kinda in the middle of a story here!
 ジョーイ! 今私が話してるのよ!

Joey: Ooh, sorry. Sorry. You finish, go.
 あ、ごめんごめん。どうぞ、話して。

Rachel: Okay, so anyway I’m sitting in my office and guess who walks in?
 わかった。とにかく、オフィスにいたら、誰が来たと思う?

Joey: I’m gonna be on two TV shows!
 俺もう一つテレビ番組に出るんだ!

Monica and Phoebe: Oh, that’s great!!
 まぁ、すごいじゃない!

Rachel: Joey!
 ジョーイ!

Joey: Oh, you weren’t finished?
 え、まだ終ってなかったの?

Rachel: Yeah! Guess who walks into my office is the end of my story. It was Ralph Lauren! Ralph Lauren walked into my office!
 ああ、オフィスにいたら誰が来たと思う?で話が終るのね。(モニカとフィービーに)ラルフ・ローレンだったのよ! ラルフ・ローレンが私のオフィスに入ってきたの!

Joey: Uh Rach, if you’re gonna start another story, at least let me finish mine.
 おい、レイチ、他の話を始めるなら、俺の話が終ってからにしてくれよ。

Rachel: It’s the same story.
 これ同じ話よ。

Joey: Wow, it’s really long.
 わお・・長い話だな。

Rachel: Anyway, Ralph just came in to tell me that he’s so happy with my work that he wants me to be the new merchandising manager for polo retail.
 とにかく、ラルフが来て、私の仕事ぶりに満足してるって、それでポロの小売り部門のマネージャーにしてくれるんだって!

Monica: Still get a discount on wedding dresses?
 ウェディングドレスのディスカウントはあるのよね?

Rachel: Yeah!
 ええ!

Monica: I’m so happy for you!
 本当によかったわね!!

Joey: Well, these really are the "days of our lives."
 ああ、これは「愛の日誌」だな。

Monica: What?!
 なに?

Joey: Well, since you ask. They want me back on Days of Our Lives!
 聞くから言うけど、「愛の病院日誌」にまた出てほしいって!

Phoebe: Oh, God!
 まぁ、すごい!

Rachel: I got−I get a big pay raise!
 私、私はすごい昇給するのよ!

Phoebe: Oh, hey!
 ああ、いいじゃん!

Joey: I’ll be playing Drake Ramoray’s twin brother, Stryker!
 俺はドレイク・ラモーレの双子のストライカー役なんだ!

Monica: Oooh!
 おおお!

Rachel: I get to hire my own assistant!
 私、アシスタントを雇えるの!

Monica and Phoebe: Ahhh!!
 わぁあ!

Joey: Wh . . . I got a head rush from standing up too fast.
 おゎ・・・急に立って立ちくらみがする。

《レイチェルの新オフィス:面接中》

Rachel: And you were at this job for four years?
 このお仕事の経験が4年ということね。

Hilda: That’s right.
 そうです。

Rachel: Okay, well, this is all very impressive, Hilda. I just have one last question for you. Uh, how did I do? Was this okay?
 わかったわ。素晴らしい経歴ね、ヒルダ。最後に一つ聞きたいことがあるんだけど、私、どうだった? これでよかった?

Hilda: What?
 え?

Rachel: I’ve never interviewed anyone before. I’ve actually never had anyone work for me before. Although when I was a kid, we did have a maid, but this is-this isn’t the same thing.
 面接って初めてなの。アシスタントを雇うのも初めてだし。子供の頃、メイドはいたけど、それは同じじゃないもんね。

Hilda: No, dear. It’s not.
 ええ、それは違うわね。

Rachel: No. Yeah, and I know that. All right, well, thank you so much for coming in, it was nice to meet you.
 違うわ。ええ。わかってます。さて、それじゃ、来てくれてありがとう。会えてよかったわ。

Hilda: Thank you! Good meeting you.
 ありがとう! よかったです。

Rachel: All right.. . I’m a total pro!
 どうも。(ヒルダ退出後)私もう面接のプロね!

(ハンサムな子Eddie Cahillが来る)
Man: Hello?
 こんにちは?

Rachel: Wow! H-umm! Hi! Yes, uh I’m sorry the models are actually down the hall.
 ワオ! はい? どうも、悪いけど、モデルは廊下の向こう側よ。

Man: Actually, I’m here about the assistant job.
 実は、アシスタントの仕事の面接で来ました。

Rachel: Really?! Okay, well, then, all right, well just have a seat there. Umm, so what’s−what is−what’s your name?
 本当? わかったわ、それじゃ、ええ。そうしたら、そこに座って。えー・・それで、あなたのお名前は?

Man: Tag Jones.
 タグ・ジョーンズ。

Rachel: Uh-huh, go on.
 それで・・続けて。

Tag: That’s it. That’s my whole name.
 それだけです。これで僕の名前全部です。

Rachel: That’s your whole name, okay, of course it is! Okay, well let’s-let’s just have a look-see here.
 それがあなたの名前全部ね。それはそうよね! それじゃ、ちょっとこれ見てみましょうか。(経歴書)

Tag: I know I haven’t worked in an office before, and I really don’t have a lot of experience, but uh…
 オフィスワークは初めてで、経験はないんですが、

Rachel: Oh, come on, what are you talking about? You’ve got three years painting houses. Two whole summers at T.G.I. Friday’s.
 あら、何を言うの? 3年間も塗装業をしてたじゃないの。TGIフライデーで2夏働いてるじゃないの。

Tag: It’s lame, I know. But I’m a goal-oriented person, very eager to learn…
 そんなのではダメですよね。わかってます。僕は目標に向かって頑張ります。一生懸命学ぶし・・

Rachel: Okay, hold on just a second. . .I’m sorry, it’s for human resources, everybody has to do it. Could you just stand up please?
 ちょっと待ってくれる。(写真を撮る)悪いけど、面接に来た人はみんな人事部で必要なの。ちょっと立ってくれる?

《セントラルパーク:カウチにチャンドラー。知らない人が隣のソファに座る》

Chandler: No-no-no-no. Hey!
 (男性客に)ダメダメダメ・・(モニカとフィービーが来る)やぁ!
(モニカとフィービーは内緒話を続けている)

Phoebe: Anyway, I should go. Okay, bye.
 (モニカに)とにかく私行かなきゃ。それじゃ、バーイ。

Monica: Hey, sweetie.
 (チャンドラーの隣に来て)ハーイ、チャンドラー。

Chandler: Hi, sweetie. So, what was with all the whispering?
 ハーイ、モニカ、今の内緒話はなんだったの?

Monica: I can’t tell you. It’s a secret.
 あなたには言えないわ。秘密なの。

Chandler: Secret? Married people aren’t supposed to have secrets between one another. We have too much love and respect for one another.
 秘密? 結婚したら秘密はなしだよ。お互いに深い愛と敬意があるからね。

Monica: Awww. But still no.
 ああ!(キス)でもダメ。

Chandler: No, I’m serious, we should tell each other everything. I do not have any secrets from you.
 いや、マジで、僕らは全部話し合うべきだ。君には何の秘密もないよ。

Monica: Really? Okay, so why don’t you tell me what happened to Ross Junior year at Disneyland?
 ほんと? じゃあ、大学3年の時にディズニーランドで何があったの?

Chandler: Oh, no-no, I can’t do that.
 ああ、ダメダメ。それは言えない。

Monica: If you tell me, I’ll tell you what Phoebe said.
 教えてくれたら、フィービーの話も言うわ。

Chandler: Okay.
 わかった。

Monica: Okay.
 オーケー。

Chandler: So, Ross and I are going to Disneyland and we stop at this restaurant for tacos. And when I say restaurant, I mean a guy, a hibachi, and the trunk of his car. So Ross has about 10 tacos. And anyway, we’re on Space Mountain and Ross starts to feel a little iffy.
 ロスと俺はディズニーランドに行ったんだけど、タコスを食べたくてレストランに寄ったんだよ。レストランとは言ったけど、グリルを積んだ移動販売車だよ。ロスはタコスを10個くらい食べたかな。それから、スペース・マウンテンに乗った時、ロスはちょっと調子が悪くなった。

Monica: Oh, my God. He threw up?
 オーマイゴッド! 吐いちゃったの?

Chandler: No, he visited a little town south of throw up. . . So what was Phoebe’s secret?
 いや。下の方へ訪れになった。・・それで、フィービーの秘密は何?

(south = 南は地図でも下の方。日本でも「南下」っていうくらいだし)

Monica: Oh, Nancy Thompson from Phoebe’s old massage place, is getting fired.
 ああ、フィービーが前行ってたマッサージ店のナンシー・トンプソンがクビになるんですって。

Chandler: That’s it?! I gave up my Disneyland story for that?
 それだけ? そんなことのために、俺、ディズニーランドの話しちゃったの?

Monica: That’s right! You lose, sucker!! . . . Please still marry me.
 その通り! このダメ男め! ・・・お願い結婚やめないでね。

《モニカ達の部屋》

Rachel: Chandler, you have an assistant, right?
 チャンドラー、あなたアシスタントいるわよね?

Chandler: Did she call? You-you told her I was sick, right? Always tell her I am sick!
 彼女から電話あった? 俺は病気だって言ってくれただろうな? いつでも病気って言うんだぞ!

Rachel: No, I-I just don’t know how you decide who to hire. I mean I’ve got it narrowed down to two people. One of them has great references and a lot of experience and then there’s this guy…
 違うわよ。私どの人を雇ったらいいかわからないの。2人までは絞ったのよ。1人はすごいところから推薦されてて、経験豊か。そしてもう1人の男性は・・

Chandler: What about him?
 その人がどうした?

Rachel: I love him. He’s so pretty I wanna cry! I don’t know what to do. Tell me what to do.
 愛してる! 彼可愛くて泣きそう! どうしたらいいの。教えて。

Phoebe: Come on, you know what to do! You hire the first one! You don’t hire an assistant because they’re cute, you hire them because they’re qualified.
 しっかりして、わかってるでしょ! 1人目の人を雇うべきよ! キュートだから雇うんじゃないのよ。適してるかどうかで雇うのよ。

Rachel: Uh-huh. No, I hear what you’re saying and-and-and that makes a lot of sense but can I just say one more thing? Look how pretty!
 そうね。あなたの言うことはわかるし、もっともよ。でも、もう一つ言っていい? (写真を見せ)ほらこんなに可愛いの!

Phoebe: Let’s see. Oh, my God! Oh… But no! No! You can’t-you can’t hire him, because that−it’s not professional. Umm, this is for me, yes? Thanks.
 見せて・・うわっ!!すごい! ああ・・だけどダメ、ダメよ! この子雇っちゃダメよ。そんなのプロじゃないわ。でも、これは貰ってもいいわよね、ありがと(写真をポケットに)

Rachel: Okay, you’re right. I’ll hire Hilda tomorrow. Dumb old perfect for the job Hilda!
 そうね。その通りよね。明日ヒルダを採用するわ。この仕事にはクソ完璧なヒルダ!

Chandler: Let me see this guy. W-H-Wow! Don’t show this to Monica! And don’t tell her about the "W-H-Wow!"
 そいつ見せて。うぅわお! これモニカに見せるなよ! それに、「うぅわお!」って言ったことも言うなよ。

《愛の病院日誌のプロデューサーのオフィス:ジョーイが来る》

Terry: Hey-hey-hey, Joey!
 やあ、やぁ、やぁ、ジョーイ!

Joey: Hey, Terry!
 やぁ、テリー!

Terry: Nice to see you again!
 また会えて嬉しいよ。

Joey: Been a while, huh? Wow, it’s funny these halls look smaller than they used to.
 久しぶりだね。前より廊下が狭く見えて変な感じだったよ。

Terry: It’s a different building.
 ビルを移ったからだ。

Joey: So! Stryker Ramoray, huh? When do you want me to start?
 それで、ストライカー・ラモーレだけどね。いつから始める?

Terry: Why don’t we start right now!
 今すぐ始めよう。

Joey: Okay.
 わかったよ。

Terry: Here are the audition scenes.
 これがオーディションのセリフだ。

Joey: Audition? I thought you were gonna offer me the part.
 オーディション? 役をオファーされたと思ったよ。

Terry: Why would you think that?
 なんでそう思う?

Joey: Well, I was Dr. Drake Ramoray, Stryker’s twin brother. I mean, who looks more me than me, right?
 だって俺はドクター・ドレイク・ラモーレだったんだ。ストライカーは双子だろ。俺より俺に似ているやつがいる?

Terry: Everybody has to audition.
 誰でもオーディションを受けてもらうよ。

Joey: You know, Terry, I-I don’t really need to do this. I got my own cable TV series, with a robot.
 テリー、この仕事がどうしてもほしいわけじゃないんだ。俺にはケーブルテレビの番組がある。ロボットと働いてるんだぞ。

Terry: I’m sorry, Joey that’s…that’s the way it is.
 悪いな。ジョーイ、こういうものなんだよ。

Joey: Well. I guess you think you’re pretty special, huh? Sittin’ up here in your fancy small hall building. Makin’ stars jump through hoops for ya, huh? Well, you know what? This is one star whose hoop… This is a star that the hoop−this hoop−I was Dr. Drake Ramoray!
 自分が特別な人間だとでも思ってるようだな。こんなおしゃれな小さな廊下のビルのオフィスに座ってさ。スター達をジャンプして輪くぐりさせて・・(台本を捨てる)スターの輪が・・輪をスターが・・俺はドクター・ラモーレだったんだ!

《レイチェルのオフィス:タグが来る》

Rachel: Hi! Tag. What are you doing here?
 あら、タグ、どうしたの?

Tag: I just wanted to come by and thank you for not laughing in my face yesterday. And I noticed there aren’t any plants in your office so I wanted to bring you your first… There is a plant in your office.
 昨日ちゃんと面接していただいたお礼に来ました。それにこのオフィスには植物がなかったので、ここには初めての植物を・・・(鉢植えに気づく)植物あるんですね。

Rachel: Kinda.
 まぁね。

Tag: Right. So I guess I shouldn’t put "good at noticing stuff" on my resume.
 ほんと。「よく気がつく」って履歴書に書かなくてよかった。

Rachel: Oh-ohh, thank you.
 ああ、ありがとう。

Tag: Anyway, I’m guessing you hired somebody.
 とにかく、もうどなたか採用されたんですね。

Rachel: Well…
 まぁ。。

Tag: Gotcha. Thanks again for meeting with me.
 わかりました。どうも、ありがとうございました。

Rachel: But I hired you!
 でもあなた採用よ!

Tag: What?
 え?

Rachel: Yeah! You-you got the job! You’re my new assistant!
 ええ、あなたが採用なのよ! あなたが私の新しいアシスタントよ!

Tag: I am?!
 僕が?

Rachel: Yeah!
 ええ!

Tag: I can’t believe it!
 信じられない!

Rachel: Me either. Umm, all right, first thing I need you to do is go downstairs and find a women named Hilda and tell her to go home.
 私もよ。それじゃ、まず最初にしてほしいことは、下へ行って、ヒルダっていう人を捜して、帰るように言ってくれる。

《モニカ達の部屋》

Chandler: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey! Good, you’re home!
 ハーイ、よかった。帰ってきたのね!

Chandler: Oh it’s always nicer to hear than, "Aw crap! You again!"
 「ああ、またおまえか!」って言われるよりうんといいな。

Monica: Hey, baby.
 ハーイ、ベイビー。

Chandler: Hey.
 ハーイ。

Monica: I made you a surprise.
 サプライズを用意したのよ。

Chandler: Oh, yeah?
 そうなの?

Monica: Yeah, tacos! Ever since you told me that story I’ve had such a craving for them.
 ええ。タコスよ! あなたの話を聞いて以来、食べたくてしようがなくて。

Chandler: Did you not understand the story?
 ちゃんと話聞いてた?

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey! What’s up?
 やぁ。どうした?

Monica: Ross!
 ロス。

Ross: Oh, nothing much. Just trying to figure out what I’m gonna do for dinner.
 いや、特に。夕食をどうしようかなーって思ってただけだよ。

Chandler: Huh.
 そう。

Ross: Hey−Ooh! What’s-what’s that, dinner stuff? You making dinner?
 あ、おお、それ、それはなに、夕食? ディナー作ってる?

Chandler: No! Shhh!
 いいや!(オーブンのできた音)シーッ!

Ross: What you got over there? Tacos?
 何作ってる? タコス?

Monica: No! No. They’re umm… They’re just uh…ground beef smileys.
 いいえ! 違うわよ。これは・・これは牛挽肉のスマイル。

Ross: Uhh, those are tacos.
 ああ、それはタコスじゃないか。

Monica: Excuse me, Mr. Mexico.
 失礼。ミスター・メキシコ。

Ross: Eh, either way I’ll pass. (Quietly to Chandler) I still can’t eat those. . . What’s so funny?!
 どっちにしても、僕はやめとくよ。(チャンドラーに)まだ食べられないんだよ。(モニカが冷蔵庫の扉に隠れて笑う)何がおかしいんだ?

Monica: I’m not laughing.
 笑ってないわよ。

Ross: You told her!
 彼女にバラしたな!

Chandler: Nancy Thompson’s getting fired!
 ナンシー・トンプソンがクビになるんだぞ!

Ross: Look, okay-okay I had food poisoning! It’s not like I chose to do it! It’s not like−It’s not like I said, "Umm, what would make this ride more fun?!"
 いいか、食中毒だったんだ! 好きでそうなったんじゃない。「もっとおもしろくしようか?」って言ってやったわけじゃない!

Monica: You’re right. I mean, I’m sorry. Yeah, I shouldn’t be laughing. I should be laying down papers for you!
 そうよね。ごめん。笑うべきじゃなかったわ。紙でも敷いてあげればよかったわね(笑)

Ross: How could you tell her?!
 (チャンドラーに)よくもしゃべったな?!

Chandler: I had to, okay?! We’re getting married! Married couples can’t keep secrets from one another!
 しかたがなかったんだよ。僕ら結婚するんだ! 夫婦に秘密はないんだ。

Ross: Oh really? Well I-I guess Monica should know about Atlantic City.
 ああ、そうかい? じゃあモニカはアトランティック・シティでのこと知るべきだよな。

Chandler: Du-ude!
 おい、相棒!

Monica: What happened in Atlantic City?!
 アトランティック・シティで何があったの?

Ross: Well, Chandler and I are in a bar…
 チャンドラーと僕はバーに行って・・

Chandler: Did you not hear me say, "Du-ude?!"
 おい、相棒っていうの聞こえなかった?

Ross: And this girl is making eyes at Chandler, okay? So after awhile he-he goes over to her and uh, after a minute or two, I see them kissing. Now, I know what you’re thinking, Chandler’s not the type of guy who just goes to bars and makes out with girls, and you’re right, Chandler’s not the type of guy who just goes to bars and makes out with…girls.
 女の子がチャンドラーに目配せしてきたんだ。それから彼はその子のところへ言って、数分で、2人がキスしてるのが見えたんだ。思うだろ、チャンドラーは、バーへ行って女の子とキスするようなやつじゃないって? その通りなんだよ。チャンドラーは、バーへ行って女の子とキスするようなやつじゃない。

Monica: You kissed a guy?!! Oh, my God.
 男とキスしたのね! オーマイゴッド!

Chandler: In my defense, it was dark and he was a very pretty guy.
 だって、暗かったし、それにすごく可愛い男だったんだよ!

Ross: Oh, Mon, I laughed so hard…
 ああ、モン、僕はもうすっごい笑って・・

Chandler: Ho-ho, so hard we had to throw out your underwear again?
 ああ、そうか、笑いすぎてまたパンツを変えなきゃならなかったか?

Ross: Whatever dude, you kissed a guy.
 何でもいいさ、相棒。おまえは男とキスしたんだ。

《ジョーイの部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joey: Hey.
 やぁ。

Phoebe: Hey−Ooh, how’s Hilda? Is she working out?
 ハーイ・そうだ、ヒルダはどう? 彼女うまくやってる?

Rachel: Ohh, my new assistant is working out, yes.
 ああ、私の新しいアシスタントはうまくやってるわよ、ええ。

Joey: Was she happy you gave her the job?
 彼女採用されて喜んでた?

Rachel: Oh, my-my new assistant was very happy that I hired my new assistant.
 ええ、私の新しいアシスタントは、新しいアシスタントになれてすごく喜んでたわ。

(電話が鳴る)
Joey: Hello? . . . Oh hey! Can you, can you hang on a second? ..It’s the producers over at Mac and C.H.E.E.S.E. can you excuse me for a minute? . . Hey, funny you should call. I was just looking over next week’s script. . . Canceled?! . . . Like they’re taking it off the air? . . . Ohh. . . All right, I'll see you Monday. . . We’re not even shooting them anymore?!! . . . All right, bye! . . They canceled Mac and C.H.E.E.S.E!
 もしもし? ああ、やぁ! ちょっと待ってくれる? (フィービー達に)マック&チーズのプロデューサーからだ。ちょっとごめんよ。(電話)やぁ、おもしろいもんだな、今ちょうど来週の台本を見てたとこだよ。・・・打ち切り?! ・・もう放送しないってこと? ・・・ああ・・・わかったよ。じゃあ月曜日に・・もう撮影なしぃ?! ・・・わかったよ。バーイ。(電話終え)マック&チーズが打ち切りだって!

Phoebe: Oh. . Sorry.
 まぁ。残念ね・・。

Rachel: I’m sorry Joey.
 かわいそうに、ジョーイ。

Joey: Why would they do that?! It was a good show, right?!
 なんでそんなことになるんだよ? おもしろい番組だったよな?
(レイチェルとフィービーが前後からハグ)

《モニカ達の部屋》

Chandler: You wanna tell secrets?! Okay! Okay! In college, Ross used to wear leg warmers!
 秘密を話してしまいたいのか? わかった、わかったよ。大学の時、ロスはレッグウォーマーをしてた!

Ross: All right! All right! Chandler entered a Vanilla Ice look-a-like contest and won!
 いいさ、いいさ! チャンドラーはバニラ・アイスに似てるコンテストに出て、優勝したんだ!

Chandler: Ross came in fourth and cried!
 ロスは4位で泣いたんだ!

Monica: Oh, my God!
 オーマイゴッド!(笑)

Ross: Oh, is that funny?! Oh, you-you find that funny?! Well maybe Chandler should know some of your secrets too!
 ああ、それおもしろい? それがおもしろいのか? チャンドラーはおまえの秘密も知るべきだよな!

Monica: I-I already told him everything! .. . You shush!!
 もう彼には全部話してあります! (ロスに)黙れ!

Ross: Once Monica was sent to her room without dinner, so she ate the macaroni off a jewelry box she’d made.
 モニカって、食事抜きで部屋へ行かされて、自分で作ったジュエリーボックスにつけたマカロニを食べたんだぞ。

Monica: Ross used to stay home every Saturday night to watch Golden Girls!
 ロスは毎週土曜日、ゴールデン・ガールズを見るために外出しなかったのよ!

Ross: Monica couldn’t tell time till she was 13!
 モニカは13歳になるまで時計を読めなかった!

Monica: It’s hard for some people!
 そういう人もいるのよ!

Chandler: Of course it is. . .Wow−whoa!
 そりゃそうだよね。(ロスに口パクで)ワオ!ウワオ!

Monica: Chandler one time wore my underwear to work!
 チャンドラーは一度、仕事に私の下着をはいて行ったのよ!

Chandler: Hey!!!
 おい!

Monica: Ohh, I’m sorry I couldn’t think of any more for Ross!
 あっ、ごめん。ロスの秘密をもう思いつかなくて。

Ross: Ohh! Ohh! In college, Chandler got drunk and slept with the lady who cleaned our dorm!
 ああ、そうだ! 大学で、チャンドラーは酔っ払って、寮の掃除婦の人と寝たんだぞ!

Chandler: That was you!
 あれはおまえ!

Ross: Whatever, dude, you kissed a guy.
 なんでもいいさ、相棒、おまえは男とキスしたんだ。

《ジョーイの部屋》

Joey: How could this happen to me?! Yesterday I had two TV shows! Today, I got nothing!
 どうしてこんなことになるんだよ? 昨日は2つのテレビドラマに出てたのに。今日はナシだよ。

Rachel: Well, wait a minute, what happened to Days of Our Lives?
 ちょっと待ってよ、「愛の病院日誌」はどうなったの?

Joey: Uh, they might be a little mad at me over there.
 ああ、あそこの人達俺に怒ってるみたいな。。

Phoebe: What happened?
 何があったの?

Joey: Well, maybe I got a little upset and maybe I told them where they could go.
 俺がちょっと怒って、もう知るかみたいに言ったかもな。

Rachel: Joey, why would you do that?
 ジョーイ、どうしてそうなったの?

Joey: Because they wanted me to audition!
 だって、俺にオーディションを受けろって言うんだぜ。

Phoebe: You! An actor?! That’s madness!
 あなたが! 俳優なのに! ありえない!

《レイチェルのオフィスの前のタグのデスク》

Tag: Rachel Green’s office.
 (電話を取り)レイチェル・グリーンです。(切る)

Rachel: Tag? Hi, who was that?
 タグ? 今のは何だったの?

Tag: Nobody. I was just practicing.
 誰でも。今のは練習してただけ。

Rachel: Really?
 本当に?

(フィービーが来る)
Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Tag: Hi! Rachel Green’s office.
 ハーイ、レイチェル・グリーンのオフィスです。

Phoebe: You must be Hilda.
 あなたがヒルダね。

Rachel: Yeah, this is Tag. Tag, this is Phoebe. Phoebe, can I see you for a second?
 ええ、こちらタグ。タグ、こちらフィービーよ。フィービー、ちょっといい?

Tag: Phoebe! That’s a great name.
 フィービー! 素敵な名前ですね。

Phoebe: Oh, you like that? You should hear my phone number.
 あら、気に入った? 私の電話番号も聞いてね。

Rachel: Okay. We’ll be right back.
 はいはい、すぐ戻るから(フィービーとオフィスに入る)

Phoebe: So you hired yourself a little treat, did ya?
 それじゃ自分にちょっとしたご褒美あげたわね?

Rachel: All right, I know, I know how, it looks Pheebs, but I’m telling you…
 そうなのよ、そうなの。そうなのよ。わかってるわ、フィーブス、でもね・・

Phoebe: But-but you know you cannot get involved with your assistant.
 でも、あなた、自分のアシスタントとつきあうわけにはいかないわよ。

Rachel: Yes, I know that. I know that. And I know that hiring him was probably not the smartest thing that I’ve ever done. But I’m telling you, from this moment on I swear this is strictly professional. Yes?
 ええ、わかってる、わかってるわ。彼を採用したのは賢い選択じゃなかったわよね。でも、これからは、絶対プロに徹するから! (ノック)はい?

Kathy: Hey, Rachel!
 ヘイ、レイチェル!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Kathy: Cute assistant! What’s his story? Is he…
 可愛いアシスタントね! 彼はどういう人? 彼って・・

Rachel: Gay? Yeah.
 ゲイかって? そうなの。

《「愛の病院日誌」のテリーのオフィス》

Joey: Hey! Terry.
 やぁ、テリー。

Terry: Joey Tribbiani! I’m surprised your big head could fit through our small halls! I gotta go Joey.
 ジョーイ・トリビアーニ。偉大な君がこの狭い廊下をよく入ってこれたね! もう行くよ、ジョーイ。

Joey: Wait! Terry! Wait−Look−Wait I-I… Look, I’m really sorry about before. I was an idiot thinking I’m too big to audition for you. You gotta give me another chance.
 待って! テリー、待って、ね、待ってくださいよ。この前の事は本当にすみません。偉そうにオーディション受けないなんて言ってすみませんでした。またチャンスをください。

Terry: I can’t help you, Joey.
 悪いけど、ジョーイ。

Joey: Wait! Terry! Please! Look, I just lost my other job. Okay? You have no idea how much I need this. Please, help me out, for old times sake.
 待って、テリー! お願いしますよ、他の仕事も失くしてしまったんです。この仕事がどんなにほしいか! お願いです。助けてください、昔のよしみで、お願いしますよ。

《病院のシーン:包帯で顔が見えない患者》

Nurse #1: This poor guy’s been in a coma for five years. It’s hopeless.
 このかわいそうな人、5年も昏睡状態なのよ。もう絶望的ね。

Nurse #2: It’s not hopeless! Dr. Stryker Ramoray’s a miracle worker. Look, here he comes.
 絶望的じゃないわよ! ドクター・ストライカー・ラモーレは奇跡を起こすのよ。見て、彼が来たわ。

(ストライカーが来る。ジョーイではない)
Dr. Stryker Ramoray: Good morning. . . Drake, it’s your brother Stryker. Can you hear me?
 おはよう・・(患者に近づき)ドレイク、双子のストライカーだよ。僕の声がわかる?

The Director: And cut!
 カット!

Joey: I’m back baby! Ha-ha-ha!
 (顔の包帯を取って)帰ってきたぜ、ベイビー! ハハハ!

《セントラルパーク》

Monica: You know, in my defense, umm there was no glitter on the macaroni and very little glue.
 ねぇ、私のことだけど、マカロニにはデコレーションしてなかったし、ボンドはほとんどついてなかったのよ。

Ross: And in my defense, the cleaning lady came on to me!
 僕に関していえば、掃除の女性は迫ってきたんだからね!

Chandler: You have no trouble telling time now right?
 (モニカに)今は時間わかるんだよね?

Monica: No!
 わかるわよ!

Chandler: Quick! What time is it?!
 すぐ言って、今何時?

Monica: I don’t know! Time to kiss a guy maybe?! . . . What are you laughing at Pampers?
 知らないわよ! 男にキスする時間かしら? (ロスが笑う)何笑ってるのよ、パンパース!

Chandler: You know when I said that because we’re getting married that we should share everything and not have any secrets?
 な、結婚するんだからお互い秘密はなしにしようって言ったよな?

Monica: Yeah?
 ええ。

Chandler: Yeah, that was stupid. Let’s not do that.
 あれはバカだったよ。もうやめよう。

Monica: Ohh, absolutely.
 ええ、やめましょ!

Ross: And! We should keep all the stuff uh, we told each other secret from everybody else.
 それに、これは僕らの間だけのことにして、それ以外の人には話さないことにしよう。

Monica: Yeah, definitely!
 そうよ、そうしましょ!

Ross: Okay, if you’ll excuse me, I-I’m gonna go hang out with some people who don’t know the Space Mountain story.
 よし。それじゃ、失礼するよ。スペース・マウンテンのこと知らない人達と遊んでくるよ。

Monica: Then, I’d steer clear of Phoebe.
 じゃあフィービーには近づかない方がいいわね。

Ross: Man!
 もう!

Chandler: Yeah, and not that you would, but I wouldn’t hang out with…all the guys in my office.
 ああ、それに、俺の勤め先の人には近づかない方がいいな。

《レイチェルのオフィス:タグが来る》

Rachel: Hi!
 ハイ。

Tag: Do you have a minute?
 ちょっといいですか?

Rachel: Well, yeah, sure, what’s up?
 ええ、いいわよ、どうかした?

Tag: I got asked out twice today when I was at lunch…by guys.
 今日のランチの時間に、2回誘われたんです・・・男性から。

Rachel: Really?!
 本当に?

Tag: Yeah. Did you tell someone that I was gay?
 ええ。僕がゲイだって誰かに言いました?

Rachel: Oh, did you not want people to know that?
 あら、人には知られたくなかった?

Tag: I’m not gay. And I especially wouldn’t want you to think I was gay.
 僕、ゲイじゃありません。特にあなたには、そう思われたくないんですよ。

Rachel: Why’s that?
 どうして?

Tag: I don’t think I should say.
 それは言いにくいな。

Rachel: Ohh, you can say. Come on, I don’t want you to feel like you can’t tell me things.
 あら、言ってよ。いいじゃない。何でも話せると思ってもらいたいわ。

Tag: Okay.
 わかりました。

Rachel: ‘Kay.
 いい?

Tag: Well…
 ええ・・

Rachel: Yeah.
 なにかしら。

Tag: I’d love to ask out your friend Phoebe.
 あなたの友達のフィービーを誘いたいんです。

Rachel: Yeah, she’s gay.
 ああ、彼女はレズビアンよ。

*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.*:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:..。o○☆ *:.
 タグ役の エディ・ケイヒル。CSI ニューヨークのあの人と
 知った時はびっくりしました。
 大人になって、すごく顔が変わったというか、男性も変わるものですね。
Eddie+Cahill+CSI+NY.jpg


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
iMac の新しいキービード来ました。
素敵なキーボードだけど、1年しかもたないなんて!
酷使してるし、消耗品と割り切って行こう!
posted by らんち at 23:54| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。