2013年10月07日

7-3 The One With Phoebe’s Cookies

7-3 フィービーのクッキーの話

 ☆秘伝のクッキーレシピ☆

《セントラルパーク:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey, you guys!
 やぁ、みんないるな!

Ross & Rachel: Hey!
 ヘイ!

Chandler: So, what do you think?
 で、どう思う?

Ross: About what?
 何を?

Rachel: What?
 何?

Joey: Yeah, what?
 うん、何?

Chandler: Are you kidding? Okay, I’ll give you a hint. I’ll give you a hint.
 冗談だろ? いいよ、じゃあヒント。これヒント(目を指差す)

Joey: Eyes! No, no. Your eyes! No. Chandler’s eyes!
 目! いやいや、おまえの目! 違う! チャンドラーの目!

Chandler: I got glasses!
 メガネを買ったんだ!

Ross: Well, you always had glasses.
 前からメガネしてたじゃないか。

Chandler: No, I didn’t!
 してないよ。

Ross: Are you sure?
 間違いない?

Rachel: Yeah, didn’t you use to have a pair? They were really round, burgundy, and they made you look kind of umm…
 そうよ。持ってたじゃない? 丸くて、ワイン色で、なんとなく感じが・・

Joey: Feminine.
 女っぽい。

Rachel: Yes!
 そう!

Chandler: No!
 してない!

Monica: Sweetie, I think the glasses look great. They make you look really sexy.
 ねぇ、よく似合ってるわよ。セクシーに見えるわ。

Chandler: Really?
 ほんと?

Monica: Yeah!
 ええ!

Chandler: You didn’t think I used to wear glasses, right?
 君は俺がメガネしてたなんて思わないよね?

Monica: Of course!
 もちろんよ!(ほかの4人に「知らなかった」と声に出さず言う)

《モニカ達の部屋》

Phoebe: So what do you guys want for an engagement present?
 あなたたち、婚約のプレゼント何がほしい?

Chandler: That’s okay, Pheebs, we’re not having a party or anything, so you don’t have to get us…
 いいよ、フィーブス、俺たちパーティとかしないんだから、何も・・

Monica: If someone wants to give us a present, we don’t want to deprive them of that joy.
 プレゼントを欲しいって言う人の楽しみを奪っちゃダメよ!

Rachel: Oh, you know what you should get ‘em? One of those little uh, portable CD players.
 ああ、何を買ったらいいかわかったわ! あの小さなポータブルCDプレーヤーよ。

Monica: Oh, I already have one.
 ああ、それならもう持ってるわ。

Phoebe: Not unless someone borrowed it and left it at the gynecologist.
 もし誰か借りて、婦人科に忘れてきちゃったりしてなかったらね。

Rachel: Yeah, and-and-and by someone, she means Joey.
 そうよ。その誰かっていうのは、ジョーイっていうことだけどね。

Monica: Hey, I know what I want!
 あ、私、欲しい物があったわ1

Chandler: What we want, honey?
 俺たちの欲しいもの・だろ?

Monica: No, you don’t want this. I want to have your grandmother’s cookie recipe.
 いえ、あなたの欲しいものじゃないわ。(フィービーに)あなたのおばあちゃんのクッキーのレシピがほしいわ。

Phoebe: You mean the chocolate chip cookie recipe?
 チョコチップクッキーのレシピのこと?

Monica: Uh-huh, yeah.
 ええ、それ。

Phoebe: You mean the one that my grandmother made me swear on her deathbed that I would never let out of our family?
 死ぬ間際のおばあちゃんに、家族以外の者に教えてはいけないって誓わされた、あのレシピのこと?

Chandler: Dying people say the craziest things.
 死にそうな人って、ほんとおかしなこと言うよな。

Monica: I wanted it for years! I was gonna make cookies for my children.
 あれずっとほしかったんだもの! 私の子供たちにクッキーを作ってあげたいのよ。

Phoebe: Break my heart−Oh, all right.
 ああ、心が痛むわ・・ま、いいわよ。

Monica: Okay. I’ll be the mom who makes the world’s best chocolate chip cookies.
 ありがと。世界一のチョコチップクッキーを作るママになれるわ。

Chandler: Our kids are gonna be fat, aren’t they.
 俺たちの子供って太るんだろうな。

(ジョーイが来る)
Joey: Ahoy!
 よぉ!

Chandler: Hey! How’s the boat?!
 やぁ! ボートはどうだった?

Joey: Great! I’m finally getting into this sailing stuff.
 最高だよ。セイリングにもようやく慣れてきたよ。

Monica: Oh, so you finally took it out of the marina, huh?
 あら、それじゃ、ついにマリーナの外に出たのね?

Joey: Why would I do that? It took three guys to get the thing in there!
 なんで出るんだよ? 3人がかりであそこに入れたのに!

Phoebe: If you don’t sail your boat, what do you do on it?
 海へ出ないんだったら、何してたの?

Joey: Oh, it’s great! It’s a great place to just kinda, sit, hang around, drink a few beers, eat some chips.
 ああ、すごいよかったよ! 座ってのんびりして、ビール飲んだりチップス食べたりする場所として最高だよ。(座ってビールを飲んでチップスを食べる)

Chandler: Well, it’s good that you finally have a place to do that.
 よかったな、ようやくそういう場所ができて。

Rachel: You know, Joey, I could teach you to sail if you want.
 ねぇ、ジョーイ、よかったらセイリング教えるわよ。

Joey: You could?
 ほんと?

Rachel: Yeah! I’ve been sailing my whole life. When I was fifteen my dad bought me my own boat.
 ええ。私ずっとセイリングしてきたのよ。15歳の時にパパが私にボート買ってくれたの。

Phoebe: Your own boat?
 あなたのボート?

Rachel: What?! What?! He was trying to cheer me up! My pony was sick.
 なに、なによ? 私を元気づけようとしてくれたのよ。私のポニーが病気になったから。

《セントラルパーク:メガネのツルを噛むチャンドラー》

Chandler: Do you know what I was thinkin’?
 何考えてるかわかる?

Monica: What?
 なに?

Chandler: Nothing, I just like to go like this.
 何も。ただ、これやってみたかったんだ。

Ross: Hey, Chandler, what are you doing tonight?
 なぁ、チャンドラー、今夜の予定は?

Chandler: Uh why, do you have a lecture?
 なんで? おまえの講義があるとか?

Ross: No, why?
 違うよ、なんで?

Chandler: Then free as a bird. What’s up?
 それじゃ俺全然暇。何かあった?

Ross: My dad wanted to know if you wanted to play racquetball with us.
 とうさんが、もしよかったら君もラケットボールしにこないかって。

Monica: Wow! That’s great! Dad must really like you, he doesn’t ask just anyone to play.
 ワオ! すごいじゃない! とうさんに気に入られたわね。普通は誘わないわよ。

Ross: Yeah, and he didn’t really ask for you, he asked for "Chauncey," I assumed he meant you.
 そうだな。でも本当は君じゃなくて、「チョンシー」を誘ったんだけど、君のことだろうと思ったわけ。

Chandler: Well, did-did you correct him?
 それで、間違いを訂正してくれたのか?

Ross: No, I thought it would be more fun this way.
 いや。そのままの方がおもしろいだろ。

Monica: This is so cool, maybe this is something you can do every week.
 すごいじゃない。毎週一緒にできるかもね。

Ross: Or you can sit with him on the front porch and make sure no one steals the trash cans. He does that every week too.
 それか、とうさんと一緒に玄関前に座って、ゴミ缶を誰も盗まないか見張るってのもあるよ。それも毎週やってる。

Monica: Oh, just so you know, you have to let him win.
 そうそう、言っておくけど、あなた勝っちゃダメよ。

Ross: Yeah.
 そうだ。

Monica: He hates to lose.
 彼負けるの嫌いだから。

Chandler: Oh, no problem, maybe I’ll play with my left hand.
 大丈夫だよ。じゃあ左手でプレイしようかな。

Ross: You’re not a lefty?
 君って左利きじゃなかったっけ?

Chandler: Does anybody know me?!
 俺のこと知ってくれてるやついるの?

(フィービーが疲れた様子で来る)
Monica: What’s wrong, Phoebe?
 どうしたの、フィービー?

Phoebe: I just went to my old apartment to get you the-the cookie recipe and the stupid fire burned it up!
 アパートに、あのクッキーのレシピを取りに行ったんだけど、あの火事のせいで、焼けちゃってたのよ。

Monica: No!! Why didn’t you make a copy and-and keep it in a fireproof box and keep it at least a hundred yards from the original?!!
 まぁ! なんでコピーを作って耐火箱に入れてオリジナルとは少なくとも100ヤード離れたところに置かなかったのよ?

Phoebe: ...Because I’m normal! That was the one legacy my grandmother left me, and I know you wanted it as an engagement present.
 ・・・私は普通の人だからよ! あれはおばあちゃんが残してくれた遺産だったのに・・あなたに婚約のプレゼントにするつもりだったのに。

Ross: Oh, we have to get you an engagement present?
 え。僕ら婚約のプレゼントしないといけないの?

Chandler: Don’t worry about it, Pheebs.
 心配しなくていいよ、フィーブス。

Ross: No one got me an engagement present.
 誰も僕に婚約プレゼントなんてくれてないよ。

Phoebe: Okay, here, I don't have the recipe, but here. I wish you health and happiness.
 それで、これ。レシピはないけれど、これを贈るわ。あなたの健康と幸せを願って。。

Chandler: An old cookie?
 古いクッキー?

Monica: This is what happens when you don’t register for gifts!
 ギフトをもらうってことにしないと、こういうことになるのよ。

Phoebe: See, no-no, I made a batch and I froze it, and this is the only one left.
 違うのよ。これは、前に焼いた時に冷凍しておいたものなの。この一つだけ残ってたのよ。

Chandler: We can’t accept this.
 これはもらえないよ。

Phoebe: Why not?
 どうして?

Chandler: ‘Cause it’s gross.
 だって気持ち悪いよ。

Monica: No! Wait! I think I can figure out the recipe from this cookie! I do stuff like this at work all the time.
 いえ、待って。私このクッキーからレシピを考えられると思うわ。仕事でいつもそんなことしてるもの。

Phoebe: Really?!
 本当?

Monica: Yeah! I bet I can do it.
 ええ! 絶対できるわよ。

Chandler: Okay, Ross, we owe you a present.
 (ロスが睨んでいるので)わかったよ、ロス、おまえにプレゼントの借りがあるな。

Ross: Two! I’ve been engaged twice!
 2回分だ! 僕は2回婚約してる!

《ジョーイのボート》

Joey: Look at this clown! Just because he’s got a bigger boat he thinks he can take up the whole river. Get out of the way, jackass! . . Who names their boat Coast Guard, anyway?
 あのバカなやつを見ろよ。ちょっと自分の方がボートが大きいと思って、川を占領できると思ってるんだ。(怒鳴る)そこをどけ、バーカ!(レイチェルに)ボートに書いてある沿岸警備って誰だよ?

Rachel: That is the Coast Guard.
 沿岸警備よ。

Joey: What are they doing out here? The coast’s all the way over there.
 あいつらここで何やってるんだよ? 沿岸ってあっちだろ。

Rachel: Joey, just ignore the boats, all right? We’re not finished with the lesson yet.
 ジョーイ、ボートは無視して、いい? まだレッスン終ってないわよ。

Joey: All right.
 わかったよ。

Rachel: Okay, I’m just gonna go over the basic points just one more time, are you ready?
 それじゃ、基本をもう一度おさらいするわよ。いい?

Joey: Come on, Rach, not again. I got it! Okay? Let’s start sailing, and I want to go over there where that boatload of girls is! .. . Yo-ho-ho!
 なんだよ、レイチ、また? もうわかったよ。な? セイリングしよう。あそこの女の子がいっぱい乗ったボートの方へ行きたいよ。(その方向へ)ヤホーー!!

Rachel: Oh, okay. Is that what you want to do? You wanna go over and give a little shout out to the old, hot chicas? Okay, let’s do that, Sailor Joe. Quick question though,
(grabs some of the rigging)
what’s this called?
 ああそう。そういうこと? 行ってカワイ子ちゃん達とはじけたいのね。いいわよ、そうしましょ。セイラージョー。その前に一つ来くけど、これ何?(リギング(索具))

Joey: Uh, boat rope.
 あー・・ボートロープ。

Rachel: Wrong! How do you get the mainsail up?
 違う! どうやってメインセイルを挙げる?

Joey: Uh, rub it?
 あー・・なでる?

Rachel: No. What do you do if I say we are coming about?
 違う。カミングアバウトって言ったら何をする?

(coming about=船首を風上に回す)

Joey: I’d say, come again. No-no, wait I-I-I know this one, I know this one, uh…
 そうなだ。カム・アゲインって言うな。いやいや、待ってくれ。これはわかる、これはわかる・・えーと・・

(ハズレという感じのラッパを鳴らす)
Rachel: Time’s up, now you're dead.
 時間切れ! もう死んだ。

Joey: And deaf!
 耳も死んだ!

Rachel: Okay, you just go on and make your little jokey-jokes, but if you do not know what you are doing out at sea you will die at sea. Am I getting through to you, sailor?!
 いいわよ。このままふざけていればいいわよ。でも、海で何をやってるのかわかってなければ、死ぬことになるのよ。わかった、セイラー?!

Joey: Yes.
 わかった。

Rachel: Don’t just say yes! This isn’t a game, Joey, you can really get hurt out here. Okay, so do you want to pay attention or do you want to die?!
 簡単にわかったとか言うな! ゲームじゃないのよ、ジョーイ。本当に怪我をするんだから。いい、ちゃんと聞くの、それとも死にたいの?

Joey: I want to make a ship to shore call to Chandler.
 (泣き声)ボートを岸につけてチャンドラーに電話したい。

《モニカ達の部屋:クッキーレシピの研究中》

Monica: All right, I definitely taste nutmeg.
 そうね、間違いなくナツメグの味がするわね。

Phoebe: You do?
 そう?

Monica: You don’t? Well, that’s the difference between a professional and a layman.
 わからない? ま、これがプロと素人の違いよね。

Phoebe: That and arrogance.
 それと偉そうなところと。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey.
 やぁ。

Monica: Hey! How was sailing?
 あら! セイリングはどうだった?

Joey: I don’t want to talk about it. You know, you could’ve at least saved me a whole cookie.
 その話はしたくない。なぁ、せめてクッキーの一枚ぐらい残しておいてくれてもいいじゃないか(残っていたクッキーを食べる)

Monica and Phoebe: No-wait-no-no!!!!!!!
 ダメ! 待って、ダメダメ!!

Joey: Women are mean!!!
 (恐れおののき)女は意地悪だ!(出て行く)

Phoebe: I can’t believe that! Now the only thing left of my grandmother’s legacy is this crumb. . . I wish you a long and happy marriage.
 信じられない! これで、おばあちゃんの遺産はこのかけらだけよ。(指につけて差し出す)あなたの末永く続く幸せな結婚を祈るわ。

(ロスとチャンドラーがくる)
Ross: Hey.
 やあ。

Monica: Hey! How was it?
 あら! どうだった?

Ross: Well, I had a great time! Umm, Chauncey on the other hand…
 いやぁ、楽しかったよ! でも、チョンシーの方はっていうと・・

Chandler: I will tell the story! It was going great. I let him win. We were bonding. He even said I could call him dad.
 自分で話す! うまくいってたんだ。彼に勝たせたし。仲良くなって、おとうさんって言ってもいいとまで言われたんだ。

Ross: And what did he ask you not to call him?
 何て呼んではいけないんだっけね?

Chandler: Daddy. All right, look, here’s the story. . Well, we had just finished playing racquetball and we were gonna take a steam. I walk into the steam room and it was really steamy. So I take off my glasses and that’s when it happened.
 パパ。いいか、こういうことだったんだ。(スティーム・ルームに入ろうとするチャンドラーという回想)ラケットボールを終えて、サウナに入ることにした。スティーム・ルームに入ったら、本当にすごい蒸気だったんだ。それでメガネを外して、そこでことは起きた。

《回想の中のチャンドラー達》

Chandler: Guys?
 みんな?

Ross: Over here.
 ここだよ。

Mr. Geller: Have a seat, son. . .Hey!!
 座るといいよ、ほら。(よく見えないままチャンドラーが座ると、ゲラー父の膝の上だった)おい!

《モニカ達の部屋で聞いているみんな》

Monica: Oh, my God, Chandler! I can’t believe it!
 まぁなんてことなの、チャンドラー! ありえない!

Chandler: I know.
 ほんと。

Monica: You gave my father a lap dance!
 あなた私の父にラップ・ダンスしてあげちゃったのね!

Chandler: Why do they put so much steam in there?!
 なんであそこまで蒸気を出すんだよ?

Ross: ‘Cause otherwise they’d have to call it the "room" room.
 だってスティームがなかったら、ルーム・ルームって呼ばなきゃならなくなるだろ。

Chandler: Why? Okay? Why? Wh-wh-why did that have to happen?
 なんで? え? なんで? なんでこんなことになるんだ?

Phoebe: Come on, it’s not that big a deal!
 もう、そんなたいしたことじゃないじゃん!

Chandler: Not that big a deal? There…there was touching of things.
 たいしたことじゃない? あのとき・・触れたんだぞ。

Ross: Now, I know you wanted to bond with my dad, but did you really have to bond to that part?
 ああ、うちの親と仲良くなりたいってのはわかるけど、そこまで仲良くならないといけないか?

Monica: Listen, I’m sure that dad doesn’t care. He probably thought this was funny. He’ll be telling this story for years!
 ねぇ、とうさんは気にしてないわよ。きっと、おもしろいと思ってるだけよ。おもしろがってこの先ずっと話のタネにするわね!

Chandler: I don’t want him to tell this story for years.
 ずっと話のタネにされたくないんだよ。

Ross: Oh, but he will. He still tells the story how Monica tried to escape from fat camp.
 ああ、でもされるね。モニカのダイエット・キャンプ脱走の話もいまだにされてるもんな。

Monica: I wasn’t escaping.
 脱走したんじゃないわよ。

Ross: Then how did you get caught in the barbed wire?
 じゃあどうして鉄条網にひっかかってたんだよ?

Monica: I was trying to help out a squirrel.
 リスを助けようとしてたのよ。

Ross: You were trying to eat it!
 食べようとしてたんだ!

(電話がなる)
Chandler: If that is your father calling to tell this story then the marriage is off!
 もし、君のおとうさんが、この話をするためにかけてきたんなら、この結婚はなしだからな!

Monica: Come on. . . Hello? . . I’m sorry you have the wrong number. . . Okay, I’ll call you later, dad. I love you.
 やめてよ。(電話に出て)もしもし? ・・・番号お間違えのようですよ。・・(小声で)またかけるから、愛してる。

《セントラルパーク》

Chandler: All right, I’m off to see your dad.
 さぁ、君のおとうさんに会いに行ってくるよ。

Ross: Whoa-whoa, aren’t you a little over dressed?
 おいおい、それじゃ服着過ぎじゃない?

Rachel: Yeah, and-and you better make sure he tips you this time.
 そうよ。それと、今度はチップもらうのを忘れないでね。

Chandler: Look, I figured I would try to convince him not to tell the story anymore, and I figure the best way to do that is face to face−And by face I don’t mean his lap. And by face, I don’t mean my ass.
▷あの話をもうしないように頼めると思うんだけど、顔と顔を合わせて直接頼むのが一番だと思ってね。顔ってのは、彼の膝って意味じゃないからね。んで、顔ってのは、俺の尻って意味じゃないからね。

Ross: Hey, are you getting Monica and Chandler an engagement present?
▷ねぇ、きみ、モニカとチャンドラーに婚約プレゼントするの?

Rachel: I don’t know. You know, they didn’t get us anything.
▷どうしよう。ねぇ、私たち何ももらってないわよね。

Ross: Thank you!
▷ありがとう!!

(ジョーイが来る)
Joey: Hey.
やぁ!

Ross: Hey.
ヘイ。

Rachel: Well, hello! So, when are we getting back out on the water, matey?
▷あら、ハーイ。ねぇ、今度はいつ海に出よっか?

Joey: Oh, uh, I don’t know the boat way to say this, but uh never!
▷ああ、そうだな。海の専門用語でなんて言うか知らないけど、もう行かない!

Rachel: Why not?
▷なんで?

Joey: Because! You’re mean on the boat!
▷だって、船に乗ると君は意地悪だ!

Rachel: What? I was just trying to teach you.
▷え? 私はただ教えようとしてるだけじゃない。

Joey: Well, lesson learned! Rachel is mean!
▷ああ、学んだよ。レイチェルは意地悪だ!

Ross: Yep! Yep-yep-yep-yep-yep. I remember when she took me out on her dad’s boat she wouldn’t let me help at all.
▷そうだ! そうそうそうそう! お父さんのボートに乗せてもらったけど、全然何もさせてくれなかった。

Rachel: Excuse me, I wanted you to help, but you couldn’t move your arms because you were wearing three life jackets.
▷なによ、手伝ってほしかったけど、あなたったら、ライフジャケット3着も着てて、腕も動かせなかったじゃない!

Ross: You have to respect the sea!
▷海に対する敬意が必要なんだ!

Rachel: Look, Joey, I’m sorry if-if you thought that was mean, but I gotta tell ya something. That was not mean. Okay, my father is mean. He used to yell at me all the time on the boat, I mean it was horrible. I was just being a good teacher.
▷ねぇ、ジョーイ、意地悪だって感じさせたならごめんなさい。でも、言っとくけど、あんなの意地悪じゃないわよ。私の父が意地悪なの。船の上ではいつも怒鳴られっぱなしよ、ひどいんだから。私なんて、ただのいい先生よ。

Joey: Does a good teacher say, "Put down the beer, pinhead!"?
▷いい先生ってのは、「ビールを置け、バカ者!」っていうのか。

Rachel: Well, does a good student drink seven beers during his first lesson?
▷いい生徒ってのは、初めてのレッスンで7本もビール飲むの?

Joey: Six and a half! You knocked that last one out of my hand! Remember?
▷6本半だ! 最後のは、俺の手から叩き落としただろ、忘れた?

Rachel: Yeah, I didn’t want you to get hit by the boom!
▷帆げたにぶつかるとこだったのよ!

Joey: Well, it hit me anyway! And it would’ve hurt a lot less if I had finished that last beer.
▷結局ぶつけたよ! 最後のビールを飲み干してたら、あんなに痛くなかった!

Rachel: All right, you know what? I-I’m sorry. I will try to tone it down and uh stop yelling.
▷わかったわ。ね、ごめんなさい。もっと抑えるし、怒鳴らないようにするわ。

Joey: You won’t boss me around anymore?
▷もう威張って命令しない?

Rachel: I won’t boss you around.
▷もう威張らない。

Joey: And you’ll be nice?
▷それから、優しくする?

Rachel: And, I’ll be nice.
▷それから優しくする。

Joey: And you’ll be topless?
▷それから、トップレスになる?

Rachel: And−Joey!
▷それから・・ジョーイ!

Joey: Do you want me to learn?!
▷習ってほしくないのか?

《モニカ達の部屋》

Monica: Okay, here’s batch 22. Oh, maybe these’ll taste a little like your grandmother’s. This has a little bit of orange peel, but no nutmeg.
▷いい、これが試作品22号。これはちょっとおばあちゃんのに近いかもよ。これには少しオレンジピールを入れて、ナツメグは無しよ。

Ross: Let’s give it a shot.
▷試してみよう。

Monica: Okay. Man, I have not made this many cookies since I was in the ninth grade.
▷ああ、こんなにたくさんクッキー作ったの9年の時以来よ。

Phoebe: Oh, what was that for? Like a bake sale?
▷あら、何だったの? クッキー・セールでもやったの?

Monica: No, just a Friday night.
▷ううん、ただの金曜の夜よ。

Ross: Oh, these are pretty good.
▷あ、これはすごくおいしいよ。

Phoebe: Yeah, but not as good as batch 17.
▷ええ、でも17号ほどじゃないわね。

Ross: Which one was that?
▷それってどれだけ?

Monica: The ones we had right after you almost threw up.
▷ほとんど吐きそうだったやつのすぐ後のよ。

Ross: Oh, yeah! Batch 17 was good. I did not like batch 16. I’m okay.
▷ああ、あれね。17号うはよかったよ。16はダメだったな。(気持ち悪そう)大丈夫。

Phoebe: Are there any more from the good batch? ‘Cause we could just work off those.
▷いい時のって残ってない? あれを参考にしたらいいんじゃないかしら。

Ross: Yeah, ooh, yeah, I think there is one from batch 17 left, uh… It’s batch 16! 16, people! Get out of the way!
▷ああ、あ、そうだね。17の残りがあると思うよ。。。これは16だ! 16だよ、みんな! ちょっとどいて!(バスルームへ)

《ジョーイのヨット》

Rachel: Okay, Joey, honey, you’re doing really good! All right, now I’m just gonna need you to step to the port side. . . Remember? Remember how we talked about the port side?
▷オーケー、ジョーイ。うまくやってるわよ。いい? ちょっとポートサイドに行ってくれる。(ポートサイドがどっちがわからないジョーイ) わからない? ポートサイドのこと話したわよね?

Joey: Oh, yeah.
▷ああ、うん。

Rachel: Right?
▷わかる?

Joey: No.
▷ううん。

Rachel: It’s left sweetie, but that’s okay, that’s a tough one.
▷左よ、ジョーイ。いいのよ。難しいのよね。

Joey: I don't know why not just say left?
▷なんでただ左っていわないの?

Rachel: Okay, go to the left. . . The left!
▷いいから左へ行って。(右へ行くジョーイ) 左!

Joey: Huh?
▷は?

Rachel: Just sit over there!!
▷(指差して)そっちへ行って!

Joey: Okay! Okay, you’re yelling again! See that?
▷わかった、わかったよ! また怒鳴ってるぞ、ほら!

Rachel: No! No-no, no-no-no, very quiet, said with love, no yelling.
▷いえ! いえいえいえ、すごく静かに、愛を込めて言ってるわよ、怒鳴らずにね。

Joey: Oh, you know what? Since I’m here, I think I’m gonna have me a little beer on the port side. See what I did there?
▷あ、そうだ。ポートサイドでちょっとビール飲もうかな。ほら、な?

Rachel: Okay, Joey, we’re luffing a little bit, so can you tighten up the Cunningham?
▷ねぇ、ジョーイ、ちょっと風向きが変わったから、カニンガムを締めてくれる?

Joey: Uh, wow, you just said a bunch of stuff I don’t know there.
▷わ。なんか全然今の意味わかんなかったよ。

Rachel: Joey, come on! We just went over this!
ジョーイ、しっかりしてよ! もう教えたことよ。

Joey: Oh, you know, when we did that was when that bird was flying overhead with the fish in his mouth. Did you see it? It was gross!
▷ああ君がそれ説明してた時、魚をくわえた鳥が飛んでったんだよ。みなかった? 気持ち悪かったぞ!

Rachel: No! All right?! I did not see the bird! I did not see the fish! I did not see the piece of Styrofoam that was shaped like Mike Tyson! I did not, because I was trying to teach you how to sail a boat! Which obviously is an impossible thing to do!
▷見てない! いい? 鳥なんて見てない! 魚なんて見てない! マイク・タイソンの形した発泡スチロールも見てない! だって一生懸命セーリングを教えてるんだもの! 不可能なことみたいだけどね!

Joey: All right, that’s it! You’re yelling and I don’t see you taking your top off! I quit!
▷もういい。わかったよ、また怒鳴ってるし、トップレスじゃないし、もうやめた!

Rachel: What do you mean you quit?! You can’t quit!
▷やめるってどういうことよ? そんなことさせないわよ!

Joey: Why not?!
▷なんで?

Rachel: Because you’re not finished yet and I won’t have it! Greens do not quit!
▷ちゃんと学んでないし、そんなの許さない! グリーンは途中でやめない!

Joey: Greens? I’m a Tribbiani. Tribbianis quit!
▷グリーン? 俺はトリビアーニだ! トリビアーニはやめる!

Rachel: Oh, my God, wait did I−I just said Greens don’t quit, didn’t I? Did I just say Greens, don’t quit?!
▷なんてことなの、ちょっと。私、グリーンって言ったわよね。私、グリーンって言ったわよね!!

Joey: Yes! Yes! You did and you’re still yelling at me!
▷言った言った! 言ったし、また怒鳴ってる!

Rachel: No! No! No! I’m not yelling at you, I’m just yelling near you. Oh, God, Joey, Oh, I’m my father. Oh, my God, this is horrible! I’ve been trying so hard not to be my mother I did not see this coming. Oh, Joey, I’m sorry. I’m so sorry. I just wanted you to learn.
▷いえい、違うの、あなたに怒鳴ってるんじゃないのよ。ああ、ショック。私、父だわ。ああ、なんてことなの。最悪だわ。母みたいにならないようにしてきたのに、まさかこう来るとは・・・。ああ、ジョーイ、ごめんんね。ほんとにごめんなさい。あなたに学んで欲しかっただけなのよ。

Joey: Well, hey, I did learn.
▷ああ、学んだよ。

Rachel: Really?
▷本当?

Joey: Yeah! Come on.
▷ああ、本当さ。

Rachel: Awww…
▷ああ・・・。

Joey: Yeah, it’s okay. I know what a mainsail is. I know, I know to duck when the boom comes across. I-I know port is right.
▷もういいよ。主帆が何かわかったし。帆げたが来たら伏せなきゃってこともわかったし、ポートが右ってことも。

Rachel: Left.
▷左。

Joey: Damn it!
▷くそっ!

《モニカ達の部屋》

Phoebe: You know, I bet it would actually make my grandmother very happy to know that we’re trying to figure out her recipe. I bet she’s looking up at us and smiling right now.
▷ねぇ、おばあちゃんのレシピをこんなに研究して、おばあちゃんもすごく喜んでると思うわ。今頃おばあちゃんはニコニコして見上げてるわよ。

Ross: Looking up?
▷見上げてる?

Phoebe: Oh, yeah−No, she was really nice to me, but she’s in hell for sure.
▷ええ、そうよ。私には優しかったけど、でも間違いなく地獄にいると思うわ。

Monica: Well, I’ve tried everything. I give up. I guess I’m not gonna be the mom who makes the world’s best chocolate cookies. I do make the best duck confit with broccoli raab. Kids love that, right.
▷全部やってみたわ。もう諦めた。私は世界一のチョコクッキーを作るママにはなれないわ。でも私は最高のブロッコリー添えダックコンフィットを作れるわ。子供は大好きよね。

Ross: Aww, Pheebs, come on, isn’t there any relative that would have the recipe? What about, what about your sister?
▷ああ、フィーブス、レシピを持っていそうな親戚とかいない? 君の姉さんは?

Phoebe: Oh, no-no, no, I made a promise to myself that the next time I would talk to Ursula is over my dead body. And that’s not happening till October 15th, 2032.
▷ああ、ダメダメ。この次アースラと話すのは、死んだ後と決めてるの。そしてそれは、2032年の10月15日までは起きないわね。

Ross: That’s the day you’re gonna die? See−darn it, I’ve got shuffleboard that day.
▷それが君が死ぬ日なの? ああ、残念だな。僕はその日にシャッフルボードゲームするのに。

Phoebe: That’s what you think.
▷あなたはそう思ってて。

Monica: Well, I mean what about friends of your grandmother’s? Wouldn’t they have the recipe?
▷おばあちゃんの友達はどう? レシピを持ってないかしら?

Phoebe: Well, you know I may have relatives in France who would know. My grandmother said she got the recipe from her grandmother, Nestley Toulouse.
▷フランスの親戚は持ってるかもしれないけどね。おばあちゃんは、その人も、おばあさんからレシピをもらったのよ。ネスレイ・トゥロウザ。

Monica: What was her name?
▷なんていう名前ですって?

Phoebe: Nestley Toulouse.
 ネスレ・トゥロウザ。

Monica: Nestle Tollhouse?!
▷ネスレ・トールハウス?!

Phoebe: Oh, you Americans always butcher the French language.
▷もう、あなた方アメリカ人はフランス語がヘタね。

Monica: Phoebe, is this the recipe?
▷(ネスレ・トールハウスのパッケージを投げて)フィービー、レシピってこれ?

Phoebe: Yes!! . .. .. Oh.
▷(受け取り読んで)そうよ! ……まぁ!

Monica: I cannot believe that I just spent the last two days trying to figure out the recipe and it was in my cupboard the whole time!
▷信じられない! この2日間ずっと研究してたレシピが、うちの戸棚にあったなんて!!

Phoebe: I know! You see, it is stuff like this which is why you’re burning in hell!!
▷本当よね。こういうことだから、あなたは(床に向かって)地獄で焼かれるのよ!

《ジムのチャンドラー達》

Chandler: So you understand, I’d feel a lot more comfortable if you didn’t tell people what happened. You know, I’m a little…I’m a little embarrassed about it.
▷わかっていただけるんですね。あのことを話さないでいただけたら、すごく助かるんです。ちょっと・・ちょっと恥ずかしいので。

Mr. Geller: I understand completely, there’s nothing more horrifying than embarrassing yourself in front of your in-laws. As a matter of fact, when I started dating Judy I was unemployed, and her father asked me what I did for a living and I told him I was a lawyer.
▷もちろんわかるよ。義理の親の前で恥をかくほど恐ろしいことはないからね。実はジュディときあい始めた時、私は無職でね、彼女の父親に仕事を聞かれて弁護士だと言ったんだ。

Chandler: What did you do when they found out?
▷本当のことがわかった時はどうしたんですか?

Mr. Geller: They never did, so if you ever see me giving them legal advice just nod along. Shall we?
▷まだ知られてないよ。だから、もし私が彼らに法的なアドバイスをしてたら、ただ頷いててくれよ。さ、はいろうか?

(浴室に入りローブを脱ぐと全裸のチャンドラーだが、他の人は皆、水着を着ている)

Chandler: So I guess we wear swimsuits in here!
▷ここは、水着をきて入るところなんですね?

《ヨットのレイチェルとジョーイ》

Rachel: Well, Joey, I hate to admit it, your way of sailing is a lot more fun.
▷ジョーイ、認めたくないけど、あなたみたいにした方がずっと楽しいわね。

Joey: Yeah, yeah. Hey, why don’t you give a pull on that rope?
▷ああ、そうさ。な、あのロープを引っ張ってよ。

Rachel: Oh, we’re not sailing.
▷でも海に出てもいないのに。

Joey: Just pull on it.
▷いいから引いてみて。

Rachel: All right. .. . .Hey!! Sandwiches!
▷わかったわよ。(引くとクーラーボックスが滑って来る)わァ!! サンドイッチだ!

Joey: What else?
▷当然だろ。

Rachel: Here you go.
▷(ジョーイに渡し) どうぞ。

Joey: Thank you.
▷サンキュ。

Rachel: Oh, wow!
▷ああ。あ。

Joey: What are you doing?
▷(中身を落としたのを見て)何してるんだよ?

Rachel: Sorry.
▷ごめん。

Joey: What you−don’t hold it like that! You’re letting all the good stuff fall out.
▷何を・・・そんなふうに持っちゃダメだよ! いいとこみんな落としてるじゃないか!

Rachel: Oh, whoops.
▷あっ、おっと!

Joey: Careful! You’re wasting good pastrami! . . Oh, my God! I’m my dad!
▷気をつけろって! おいしいパストラミを落としちゃったじゃないか! ・・・なんてことだ! 俺、親父になってる!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ



パソコンのキーボードが使えなくなりました!
更新不可かもです。

posted by らんち at 22:28| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。