2013年10月05日

7-1 The One With Monica’s Thunder

7-1 主役はモニカという話

 ☆チャンドラーのプロポーズ…その後☆

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey, what’s going on?
 やぁ、どうかしたの?

Chandler: Hey.
 やぁ!

Ross: I found a note on my door, "Come to Monica’s quick, bring champagne and a Three Musketeers bar."
 ドアにあったメモに「シャンパンとチョコバーを持ってモニカのところへ」っていうメモがあったんだけど。

masketeers.jpg

Joey: Yeah, I’ll take that.
 (チョコバーを取り)ああ、それは俺用。

Ross: What’s up?
 どうしたの?

Chandler: Monica and I are engaged.
 モニカと俺、婚約したんだ。

Ross: Oh, my God. Congratulations.
 オーマイゴッド!!おめでとう!

Chandler: Thanks.
 ありがと。

Ross: Where is she?
 彼女は?

《バルコニーのモニカ》

Monica: I’m engaged!!!!!! I’m engaged!!!!
 婚約したのよ! 婚約したのよ!

《室内》

Joey: Yeah, she’s been out there for twenty minutes, I’m surprised you didn’t hear her on the way over.
 ああ、彼女は20分もあそこにいるぞ。おまえ、ここに来る時聞こえなかったのか?

Ross: Oh, I thought it was just a kid yelling, "I’m gay! I’m gay!" Can I bring her in?
 ああ、僕、あれは男の子が「僕はゲイ!僕はゲイ!」って叫んでるのかと思ったよ。呼んでこようか?

Phoebe: Oh, no, let her stay out there. It’s sweet.
 いえ、いいのよ。あそこにいさせてあげて。かわいいじゃん。

《バルコニーのモニカ》

Monica: I’m getting married!!!! I’m gonna be a bride!!!! . . No, I will not shut up because I’m engaged! . . Ohh, big talk! Huh, why don’t you come over here and say that to me?! Huh, buddy?! Yeah, my fiancée will kick your ass! Come on, apartment 20! Apartment 20!
 結婚するのよ! 私花嫁になるの!(誰かに怒鳴られる)いいえ、黙らないわよ。だって婚約したんだもの!(再び怒鳴られる)あら、えらそうに! 何よ、そここへ来て直接そう言いなさいよ! え? フィアンセがあなたのお尻を蹴ってくれるわ! 来なさいよ、このアパートの20号室よ、20号室!

《室内》

Chandler: Okay, you get her in here. (To Joey) You bolt the door. I’ll be in the closet.
 (ロスに)よし、彼女連れてきて(ジョーイに)ドアに鍵かって。俺はクローゼットに隠れる。

《時間経過:みんなリビングに揃う》

Monica: Okay! Wait-wait-wait! Shhh! Okay, umm, I just wanna say that…I love you guys so-so much and-and thank you for being here on my special night−Our special night. I mean it just wouldn’t be my night−our-our night, if you all weren’t here to celebrate with me−us−Damn it!
 オーケー、待って待って待って、シーッ。オーケー・・言わせてね、みんなのことすっごく愛してるわ。私の大切な夜にここにいてくれてありがとう(チャンドラーが咳払い)私達の大切な夜に。みんながここい揃って私を・・私達を祝福してくれなければ、私の・・私達の夜よ、ああもう!!

Chandler: It’s okay, I want this to be your night too. To Monica.
 いいんだよ。君の夜を祝いたいよ。(グラスをあげ)モニカに。

Monica: Awww, come on−wait−stop it. Okay, to Monica.
 ああ、ダメよ、待って、いけないわ。ま、いいか、モニカに!

Chandler: To Monica!
 モニカに!(みんなで乾杯)

Phoebe: So have you decided on a band for the wedding? Because, you know, I’m kinda musical.
 結婚式のバンドは決めた? だってほら、私音楽得意よ。

Rachel: Yeah, Pheebs, honey, she just got engaged a couple of hours ago. I doubt she’s even had time to think about…
 フィーブス、ねぇ、彼女まだ2時間前に婚約したばかりよ。まだそこまで考える時間は・・

Phoebe: Well, speaking of chiming in, remember the time you burned down my apartment?
 ああ、話に割り込んでくるって言えば、私の部屋で火事を出したこと覚えてる?

Rachel: Yeah, you’re on your own.
 ・・(モニカに)自分で対処してね。

Monica: You know what we should do? We should all get dressed up and go to have champagne at The Plaza.
 ねぇ、こうしたらどう? みんなドレスアップして、プラザでシャンパンでお祝いしましょうよ。
(みんな同意して立ち上がる)

Joey: But I-I-I can’t stay too long, I gotta get up early for a commercial audition tomorrow and I gotta look good. I’m supposed to be playing a 19-year-old. . . What?
 だけど、俺はあんまり遅くまではいられないぞ。明日のオーディションのために早起きしないといけないし、寝不足の顔じゃダメなんだ。19歳の役だからな(みんなが言葉を失う)なんだよ?

Chandler: So when you said, "Get up early," did you mean 1986?
 それじゃ、「早く起きる」ってのは「1986年に起きる」って意味?

Joey: You guys don’t think I look 19?
 俺が19歳に見えないっての?

(沈黙)
Phoebe: Oh, 19! We thought you said 90!
 ああ、19ね! 私達、90って言ったかと思ったのよ!

Monica: Okay, everybody, let’s go! Let’s go!
 よし、じゃあ、みんな、行きましょ、行きましょ!

Rachel&Chandler: Okay.
 わかった。

(ジョーイが戻ってきて)
Joey: Hey, is uh the rest of my candy bar around here?
 なぁ、この辺に俺のチョコバー残ってなかった?

Phoebe: Oh, honey no, you ate it all.
 あら、ないわよ。あなた全部食べたじゃないの。

Joey: I was afraid of that.
 恐れていた返事だよ。
(出て行くとポケットからチョコバーを出して食べるフィービー)

《モニカ達の寝室》

Monica: You know what shoes would look great with this ring? Diamond shoes! You’re not getting dressed.
 (指を見て)この指輪に似合う靴わかる? ダイアモンドの靴よ! (チャンドラーに)あなた着替えてないじゃない。

Chandler: Know what I mean?
 (ベッドに座り横を指して)意味わかる?

Monica: Yeah, but I don’t think we have time.
 ええ。だけど、時間ないわよ。

Chandler: There’s gonna be a wedding. You’re gonna be the bride. Two hundred people are gonna be looking at you in a clean white dress.
 もうすぐ結婚式だぞ。君は花嫁になるんだ。200人の人が、きれいな白いドレスの君を見るんだ。

Monica: Let’s do it!
 やりましょ!

《モニカ達の部屋:寝室から出てくるチャンドラー、モニカ》

Monica: Chandler! It happens to lots of guys! You-you-you were probably tired, you had a lot of champagne, don’t worry about it!
 チャンドラー! こんなの珍しいことじゃないわ! あなたはきっと疲れてたのよ。たくさんシャンパンを飲んだし! 心配しないで!

Chandler: I’m not worried, I’m uh, I’m fascinated. You know, it’s like uh, Biology! Which is funny because in high school I uh, I-I failed Biology and tonight Biology failed me.
 心配なんてしてないよ。魅了されたよ。生物学だね! おもしろいよ、高校で生物学を落としたけど、今夜は生物学に落とされたよ!(出て行く)

Phoebe: Check it out. Okay, I can play this when the guests are coming in. Okay.
"First time I met Chandler, I thought he was gay.
But here I am singing on his wedding day!"
 聞いて。いい? 結婚式の招待客が来た時にこれを歌うわよ、いい?
「チャンドラーを初めて見たとき、ゲイかと思ったものよ。
 でもほら今は彼の結婚式で歌ってる!」

Monica: Phoebe!
 フィービー!

Phoebe: If you would’ve let me finish, it goes on to say that he’s probably not gay.
 最後まで聞いてくれれば、彼はゲイじゃないみたいって歌うのに。

《ジョーイの部屋》

Chandler: Sure, you guys don’t have this problem, you’re made of wood. . .Hey!
 (フーズボールテーブルを見て)ああ、おまえ達にはこんな悩みはないよな。木でできてるもんな。(レイチェルに)ヘイ!

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Chandler: You look great!
 素敵だね。

Rachel: Oh, thanks.
 ああ、ありがと。

Chandler: You okay over there?
 大丈夫?

Rachel: I don’t know, you know? I feel a little umm… No, you know what? Never mind, I’m gonna be fine.
 どうかな。ちょっと気分が・・。いえ、いいの。気にしないで。大丈夫よ。

Chandler: Oh, don’t worry about it I mean you probably were tired, you had a lot of champagne, it happens to everybody.
 ああ、心配するなよ。疲れてたのかもしれないじゃないか。シャンパンたくさん飲んだし、誰にでもあることだよ。

《部屋の前の廊下》

Ross: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hi!
 あら!

Ross: Wow! Happy Monica’s night!
 ワオーだね。モニカのハッピーナイトを楽しもう。

Rachel: Well, thank you, you too.
 ありがと、あなたもね。
 
Ross: Thanks.
 ありがと。

Rachel: Hey, do you believe this? Do you believe they are actually getting married?
 ねぇ、こんなの信じられる? あの2人が結婚するなんて、信じられないわよね?

Ross: Well, sure. But I get married all the time so…
 ああ、そうだね。だけど、僕はしょっちゅう結婚してるし。

Rachel: Oh…
 ああ。

Ross: You okay?
 大丈夫?

Rachel: Yeah, I guess. I-I… I mean, do-do you think we’re ever gonna have that?
 ええ。まぁね。私・・私達にも、いつか起きるかしら?

Ross: You mean, we−you and me?
 それって、君と僕ってこと?

Rachel: Oh, no-no-no-no-no, no, no! We, you with someone and me with someone.
 あら、いえいえいえいえ、そうじゃないわ。私達ってのは、あなたと誰か、私と誰かってこと。

Ross: Oh, good, you scared me for a minute.
 ああ、よかった。ちょっとビビったよ。

Rachel: Shake it off.
 そんなじゃないわよ。

Ross: I mean−no, it’s just ‘cause you and I were like a nightmare. No, but there was some good times.
 いや、だって僕らはほら、もう悪夢だったからさ、ワオーって。だけど、いいこともあったよね。

Rachel: No, absolutely. You know like it was umm…
 そりゃそうよ。ほら、いいことも・・

Ross: Surely you can think of something good.
 絶対いいことも思い出せるよ。

Rachel: Yeah, just give me a minute! Oh, well, yes, I can think of one good thing.
 そうよ。時間をちょうだい・・・ああ、そうだわ、ええ。一ついいことがあるわね。

Ross: What?
 なに?

Rachel: Well, you uh, you were always really good at the uh, at the, uh the stuff.
 あなた、あなたはいつもあれに関してはホント、よかったわよね。

Ross: Yeah? I was good at the stuff, huh?
 そう? 僕はあれに関してよかった?

Rachel: Uh-hmm, uh-hmm, yeah, yeah, I really liked your hands.
 うん、うん。そうよ。私、本当にあなたの手が好きだわ。

Ross: My hands?
 僕の手?

Rachel: Yeah.
 ええ。

Ross: Yeah?
 そう?

Rachel: Uh-huh.
 そうよ。

Ross: Way to go guys. You know, you-you were really good at the stuff too.
 (手に)よくやったな。(レイチェルに)きみだって、よかったよ。

Rachel: Oh, I know. Hey, you know what we never did? . . Oh, no, not that. We uh, we never had a bonus night!
 あらわかってるわ。ねぇ、私達、あれしてないわね。(ロスの目を見て)あら、それじゃないわよ。私達、ボーナス・ナイトがなかったわよね。

Ross: A what?
 なにって?

Rachel: You know, bonus night. You know, when two people break up but they get back together for just one night.
 ボーナスナイトよ。別れた後で、一晩だけ戻るっていうことよ。

Ross: One night, just-just sex. No strings attached?
 一晩だけ、セックスだけ。それだけってこと?

Rachel: Yeah-yeah, we never had that.
 ええ、そう。それはやってないわね。

Ross: No.. . Okay, this is getting a little crazy. I mean, I’m-I’m sure it would be amazing but I…gotta say I really-really don’t think it would be a good idea. You know? I really, really…don’t.
 ああ。(沈黙)ちょっとおかしな話しになってきてるよね。それはすっごい素晴らしいだろうけどでも、それはいい考えじゃないと思うよ・・だろう? 本当、いけないと思うよ(手を見せびらかしつつ)

《ジョーイの部屋:寝室から、妙な(若いつもり)の格好で出てくる》

Joey: ‘Sup? ‘Sup, dude?
 ど? ど? なぁ。

Chandler: Take whatever you want, just please don’t hurt me.
 (手を挙げ)何でも持ってってくれ。痛いことしないで。

Joey: So you’re playing a little Playstation, huh? That’s whack! Playstation is whack! ‘Sup with the whack Playstation, ‘sup?! Huh? Come on, am I 19 or what?!
 プレイステーションしてんだ、は? つまんないね。プレイステーションなんてくだらねー! つまんねープレイステーションどぉ? どぉ? は? なぁ、俺って19歳に見えるだろ!

Chandler: Yes, on a scale from 1 to 10, 10 being the dumbest a person can look, you are definitely 19.
 1から10までで、10が一番バカに見えるってことなら、おまえはまさしく19だな。

Joey: Come on, man, really how old?!
 なんだよ、おい。ほんとに、俺いくつに見える?

Chandler: Young! You’re a man-child, okay?! Now go get changed because everybody’s ready and please, oh, please, keep my underwear!
 若い! オトナ子供だよ。早く行って着替えろって。みんな用意できてるんだし。頼むから、俺の下着はもうそのままでいいから。

Joey: Wow thanks!
 ああ、ありがと!(部屋へ行く)

Chandler: Joe?
 (部屋の外から声をかける)ジョー?

Joey: Yeah!
 ああ!

Chandler: Uh, you’ve had a lot of sex, right?
 おまえって、たっくさんセックスしてるよな?

Joey: When? Today? Some, not a lot.
 いつ? 今日? ちょっとな。たくさんじゃない。

Chandler: Well, it’s just the reason that I’m asking is because I kind of eh, uh, I was unable to−I mean I really wanted to, but I couldn’t…. There huh−hmm, there-there was an incident.
 聞いてるのはだな、聞いてるわけは、それが・・できなくて、俺はしたかったんだけど、それができなかったんだ。あー、そういうことがあったんだよ。

Joey: Don’t worry about that, man, that happens.
 心配するなって。あることだよ。

Chandler: It’s happened to you?
 おまえにもあった?

Joey: Yeah! Once.
 (自室から出て来る)ああ! 一度ね。

Chandler: Well, what’d you do?
 それでどうした?

Joey: I did it anyway.
 とにかくやったよ。

《モニカ達の部屋:フィービーは自室にいる》

Monica: Phoebe! Come on! Let’s go! Come on! . . .Why aren’t you dressed yet?!
 フィービー、早く! 行くわよ。早く!(ギターを持って出てくるフィービー)なんでまだ着替えてないの?

Phoebe: I’m sorry, but I just wrote the best dance song for your wedding. Check this out.
 ごめんね。あなたのウェディングにぴったりな歌を書いてたのよ。聞いてみて。

Monica: No, Phoebe, I’ll tell you what, if you get ready now I’ll let you play it at the wedding.
 (ギターを取り上げ)ダメよ、フィービー。ねぇ、いますぐ着替えてくれたら、ウェディングで歌ってくれていいから。

Phoebe: Really?! Oh, that’s so exciting! Thank you! Thanks, Mon! Oh, but Mon, if you touch my guitar again I’m gonna have to pound on you a little bit.
 ほんと? ああ、うれしい! ありがとう、ありがと、モン! ああ、だけどモン、今度私のギターに触ったら、ちょっとぶん殴るわよ。

Monica: Fair enough, now go get ready!
 わかったわよ。さぁ、用意して!

Phoebe: Okay.
 わかったわよ(自室へ)

Monica: I’ll get everybody else, finally we can start celebrating my−. . . . I’m sorry, apparently I've opened the door to the past.
 みんなも呼んでくるから。それでようやくみんなでお祝いをして・・(ドアを開けると廊下でロスとレイチェルがキス)あらごめんなさい。過去への扉を開けちゃった。

《モニカ達のリビング》

Ross: Okay, Monica. Mon. Okay, what-what you just saw…
 な、モニカ、モン、いいかい、今のはただの・・

Monica: Can I ask you just a little question, huh? Why tonight?
 ちょっと聞いていい? なんで今夜?

Rachel: What?
 何が?

Monica: See, I’ve been waiting my whole life to be engaged, and unlike some people I’m only planning on doing this once. So, uh you know, maybe this is selfish and I’m sorry about it, but I was kinda hoping tonight could just be about that.
 私は今までずーっと、この日を待ってたのよ。婚約の日をね。そして、誰かさんと違って、一回だけのつもりなの。私が勝手なのか知らないけど、だったら悪いけど、でも、今夜は私の婚約のことだけにさせてほしいのよね。

Rachel: Oh, honey, but it is just about…
 ああ、だけど今日はそのことだけよ!

Ross: It is! It is!
 そう、そのことだけだよ!

Monica: No it’s not! No! No! Now it’s about you and Ross getting back together!
 いえ、違う!違うわよ! これでもう、あなたとロスがよりを戻したってことになっちゃうのよ!

Rachel: What?!
 えっ?

Monica: See, yeah, umm, you kinda stole my thunder!
 ね、そうよ。私の主役の座を奪ったのよ!

Ross: Okay! Ho-ho! We did not steal your thunder because we are not getting back together!
 いや、ねぇねぇ、君の主役の座を奪ってなんていないよ。僕らはよりを戻したりなんてしてない!

Rachel: Yeah. No. And you know what? Nobody even saw!
 そうよ。違うの。それにね、誰も見てないのよ!

Ross: Yeah!
 そうだよ!

Monica: That’s true.
 それはそうね。

Rachel: Honey, I swear it was just a kiss.
 ねぇ、ただのキスだったの。

Ross: It was just a kiss.
 ただのキスだよ。(フィービーが来てこれを聞く)

Phoebe: You guys kissed?!! What does this mean?!! Are you, are you getting back together?! Can I sing at your wedding?
 あなた達キスしたの? それどういうこと? あなた達、また元サヤ? 結婚式で歌わせてくれる?

Monica: Thunder being stolen!!
 主役奪われた!

Rachel: Okay, come on, Phoebe, it’s nothing! Monica, come on!
 ねぇ、ちょっと、フィービー、何でもないのよ! モニカ、やめてったら!

Ross: Look, let’s not make a big deal out of this! It was a one time thing. It doesn’t even matter!
 なぁ、大ごとにしないでっくれよ! 一回だけのことだし、意味もないことだ!

(チャンドラーとジョーイが入ってくる)
Joey: Oh, my God! I cannot believe you guys are talking about this! The problems in the bedroom are between the man and the woman!!! All right?!! Now Chandler is doing the best he can!!
 なんてことだ! 君らそんなこと話すなんて信じられないよ! ベッドルームで起きた問題は、その男と女の間だけのことだぞ! だろう? チャンドラーは一生懸命やってるのに!

Chandler: I don’t think that’s what they were talking about, Joe!!
 彼らはそんな話をしてるんじゃないと思うぞ、ジョー!

Phoebe: What a great night, Chandler can’t do it, these guys kissed…
 なんてすごい夜なの。チャンドラーができず、この2人がキスをして・・

Joey&Chandler: What?
 なんだって?

Joey: You guys kissed! Oh, my−this is huge!
 おまえらキスしたのか! おどろいたな、大事件だ!

Rachel: No!
 違う!

Ross: Oh, no!
 違うよ!

Rachel: No-no, it’s really not huge.
 いえいえ、本当にたいしたことじゃないの。

Ross: And people thinking it’s huge has led Monica to believe that we are stealing her thunder. Which we are not!
 みんなして大ごとにしてくれると、モニカが主役の座を奪ったって思うだろう。(モニカに)違うんだから!

Monica: Well, we’re still talking about it, aren’t we?
 だけど今もその話をしてるじゃないの。

Phoebe: Well, yeah, that and Chandler’s problem.
 まぁ、そうね、それと、チャンドラーの問題とね。

Joey: Monica-Monica-Monica-Monica, listen-listen, listen, listen, would-would it make you feel better if we all stop talking about Ross and Rachel.
 モニカ、モニカ、モニカ、モニカ、聞いて聞いて聞いて、ロスとレイチェルの話をやめれば気分が直るんじゃないのか。

Monica: Yes, that would be lovely.
 そうね、それがいいわ。

Joey: You got it. Okay. Now, I can pass for 19, right?!
 わかった。よし、じゃあ、俺19歳で通るよな?

Chandler: Yes, you can pass for 19.
 ああ、おまえは19歳で通るよ。

Joey: Really?
 ほんと?

Chandler: Yes!
 ああ!

Joey: Seriously?
 マジで?

Chandler: Seriously? Seriously, no! Okay? You can play your own age which is 31!
 マジで? マジでいえば、ダメだ。いいか、おまえの年齢を演じることならできるぞ、31歳だ。

Joey: I’m 30!
 俺は30だ!

Rachel: Joey, you are not! You’re 31.
 ジョーイ、違うわよ、あなたは31歳よ。

Joey: Oh, crap!
 ああっ! クソ!

Phoebe: Okay, so The Plaza! Okay, we’ll get us some Mai Thais, maybe no more for you though.
 オーケー、じゃプラザ行きましょ。マイタイ飲もうよ。(チャンドラーに)あなたはもうやめた方がいいかもね。

(Mai Tai = ラムをベースにしたカクテル)

Monica: You know what? I-I think that umm, I don’t feel like going to The Plaza.
 ねぇ、私、もうプラザに行く気分じゃない。

Phoebe: Why?!
 なんで?

Rachel: Honey, Monica, this is ridiculous! Look…
 ねぇ、モニカ、そんなのバカげてるわよ。ね・・

Monica: No-no, I-I really don’t want to talk about it! I don’t! Especially with you.
 いえいえ、ほんと、その話はしたくないの。いやなの。特にあなたとはね。(自室に)

Joey: Psss, that is whack!
 うー。つまんねー!

《時間経過:フィービーがギターをひく》

Phoebe: Yeah? Okay, I think I’ll play it at the wedding.
 いいでしょ? 私これを結婚式で弾くつもりなの。

Joey: Yeah! Well, I think we’ll see if they actually let you play. Huh? I mean, they tell you anything you want to hear like-like, "You look 19," and then they just take it away like-like, "No, you don’t."
 いいね。演奏させてくれれば、見ることができるよね。あいつら、期待することを言ってくれるよ、「19に見える」みたいにね。そしてあっさりくつがえすんだよ「いいや、見えない」ってね。

Phoebe: Well, I don’t think Monica is gonna take this away.
 モニカは弾かせてくれなきゃならないはずよ。

Joey: Wouldn’t she?
 そうなの?

Phoebe: Would she?
 そうじゃない?

Joey: Would she? . . You ate my candy bar!
 そうなの?(匂いをかぐ)俺のチョコバー食べたな!

《レイチェルの寝室:ドアから手を見せるロス》

Ross: Guess who?
 誰だ?

Rachel: Hey.
 どーも。

Ross: Hey, I just realized we kinda left some stuff up in the air…
 ねえ、僕ら、話の途中だったなーと思ってさ。

Rachel: What do you think Monica meant when she said she didn’t want to talk, especially with me? I mean, why not especially you and me? We were both out there kissing.
 モニカが話したくないって、特に私とはって、どういう意味だと思う? どうして、特にあなたと私じゃないの? 2人ともがキスしてたのに。

Ross: Still thinking about it, huh?
 まだキスのこと考えてたんだね?

Rachel: Come on! Serious-seriously, what did she mean by that? Especially you!
 ねぇ、本当に、マジでよ、あれはどういう意味なの? 特にあなたとはって!

Ross: Oh, who cares?
 構うもんか。

Rachel: I care!
 私は構うわよ!

Ross: And so do I.
 僕も構う。

Rachel: You know what, I have to go talk to her, would you let me just get changed?
 ね、私、行って話してくる。着替えさせてくれない?

Ross: Okay. Sure.
 ああ、わかったよ。(ベッドに座ったまま)

Rachel: Am I going to let you watch me undress?
 私が服を脱ぐところを見せるとでも思ってるの?

Ross: No!
 いいや!(出て行く)

《モニカ達の寝室》

Monica: I can’t believe her, you know, it’s just−it’s so typical.
 彼女信じられない。ほんと、典型的ね。

Chandler: Now Monica, I know you’re upset, but don’t forget. There is going to be a wedding, you are going to throw the bouquet, and then there’s going to be a honeymoon, maybe in Paris.
 なぁ、モニカ、君が怒ってるのはわかってるし、忘れられないのはわかってるけどね。でも結婚式があるんだよ。君はブーケを投げて、それからハネムーンだ。パリがいいかなぁ。

Monica: Paris?
 パリ?

Chandler: We will take a moonlit walk on the Rue de la blah-blah-blah.
 月明かりの中でルー・デ・ラなんとかっておしゃれな通りを散歩をするんだ。

(Rue de la Paix というファッショナブルな通りがパリにある)

Monica: Keep talking.
 続けて。

Chandler: Then we will sprinkle rose pedals on the bed and make love. Not just because it’s romantic, but because I can!
 それから、バラの花びらをベッドにまいて、愛し合うんだ。そうするとロマンティックだからじゃなくて、俺にはできるから!

Monica: I love you! . . . Bonjour, monsieur.
 愛してるわ!(キス)おめざめね、ムッシュー!

Chandler: Okay, don’t say anything, you might scare it away.
 よし、もう何も言うな。びびるといけない。

(ノックの音)
Chandler: It’s Paris, who knows we’re here!
 ここはパリだぞ。なんで俺たちがここにいるってばれたんだ?

Monica: Hi, Pheebs, what’s up?
 (ドアをあけ)あら、フィーブス、どうした?

Phoebe: Okay, you said I could sing at your wedding so, I’m just gonna need a small deposit.
 ね、あなたの結婚式で歌っていって言ったでしょ、私、手付金を少しもらいたいの。

Monica: What?
 なんですって?

Phoebe: You know, just some good faith money to hold the date.
 約束を確かなものにする信用のためのお金よ。

Chandler: Pheebs, we’re not giving you a deposit for our wedding!
 フィーブス、私達の結婚式のために手付金なんて払わないわよ!

Phoebe: Oh, I see.
 あら、そう(出て行く)

《リビングのジョーイ》

Joey: They break your heart, don’t they?
 やつら傷つけてくれるだろ?

Phoebe: You know, I don’t really need their permission.
 ねぇ、あの人達の許可なんていらないわ。

Joey: Yeah! If you wanna sing at their wedding, well, you sing at their wedding!
 そうさ! あいつらの結婚式で歌いたければ、結婚式で歌ってやればいいんだよ。

Phoebe: Yeah! And if you wanna look 19, then you… You gotta do something about your eyes.
 そうよ! あなたも19に見られたければ・・・あなたはその目をなんとかしなきゃダメね。

Joey: What?! What’s wrong with my eyes.
 え? 俺の目の何がいけない?

Phoebe: They give you away! There’s just-there’s just too much wisdom in there. Just put some tea bags on there for like 15 minutes.
 その目でばれちゃうわ! その目に賢さが宿ってる。ティーバッグを15分くらい目に置くのよ。

Joey: And that’ll get rid of my wisdom?
 そうすると賢さが取れるの?

Phoebe: Maybe just 10 minutes for you.
 あなたなら10分でいいかもね。

《モニカ達の寝室:またノックの音》

Chandler: Oh, give her the deposit! Give her the ring! I don’t care!
 ああっ! もう手付金をやればいいよ。指輪をやればいい。もう何でもいい!

(モニカがドアをあけると、ロスとレイチェル)
Monica: Yes.
 はい。

Rachel: Monica, what did you mean before when you said you didn’t want to talk to anyone, especially me?
 モニカ、さっきの、誰とも話したくない、特に私とは、ってどういう意味?

Chandler: What a great apology! And you accept! Okay, bye-bye!
 すばらしいお詫びだね。そして受け入れる! よし、バイバイ!

Rachel: No-no, seriously-seriously, what was the especially me part about?
 いえいえ、ほんと、本当に。特に私ってどいういうことよ?

Monica: Well, let’s just say it’s not the first time you’ve stolen my thunder.
 それは、あなたが私の主役の座を奪ったのは初めてじゃないってことよ。

Rachel: What?!
 何ですって?

Ross: Hey, here’s a thought.
 ねぇ、思うんだけど・・

Rachel: Monica, what are you talking about?
 (ロスを無視)モニカ、何の話?

Monica: My Sweet Sixteen! Remember, you went to third base with my cousin Charlie.
 私のスイート16の日のことよ。忘れた? あなた、私のいとこのチャーリーとサード・ベースまで行ったわよね!

girls-sweet-16_cake.jpg
(Sweet Sixteen = アメリカでは、16歳の誕生日は特別なもので盛大に祝う)
(first, second, third base, home run→キス、脱ぎ触る、愛撫する、セックス)

Chandler: Ahh, third base.
 ああ、サード・ベースね。

Monica: It’s all everybody at the party could talk about!
 パーティの全員がそのことを話してたわよ!

Rachel: Monica, you know what? The only reason I did that was because your party was so boring!
 モニカ、ねぇ、私がそんなことした理由はただ一つ、あなたのパーティが退屈だったからよ!

Monica: We had a caricaturist!
 風刺画家が来てたじゃない!

Rachel: Oh!!
 もう!

Phoebe:"Whenever I get married, guess who won’t get to sing?
Somebody named Geller! And somebody else named Bing!"
 (歌う)誰と結婚しようと、あいつには絶対に歌わせない。
 あいつの名はゲラー! もう1人の名はビング!

Rachel: Monica, your Sweet Sixteen was like a million years ago.
 モニカ、スイート16歳なんて、ずっと前の話じゃないの。

Monica: And yet, here we are doing it again.
 それでもまた同じことが起きてるわよね。

Rachel: Ugh, Monica, I don’t want to steal your stupid thunder!
 ああもう! モニカ、私あなたの主役の座なんて奪いたいわけじゃないわよ!

Monica: Oh, please! Why else would you have made out with Ross?!
 いい加減にしてよ! そうでなくてどうしてロスとキスなんてするのよ!

Ross: Got me.
 わかってるよ(手を見せる)

Rachel: All right, easy mimey, the moment has passed, it ain’t gonna happen!
 ちょっと、パントマイムはもういい。もう冷めたから。もうないから!

Monica: I just thought it would be nice if I could have just this one night!
 今夜一晩だけでも、私のことだけにしてもらえたらいいと思ったのよ。

Rachel: I swear, I never wanted any part of your night! No one was supposed to see us.
 本当に本当に、あなたの夜を奪う気なんて全然なかったのよ。誰にも見られるはずじゃなかったんだもの。

Monica: Oh, is that why you did it in the secret hallway where nobody ever goes?!
 ああ、だから誰も通らない秘密の廊下でやってたのね?

Ross: Uh, Rachel, I’ve been thinking. I don’t think us getting together tonight is such a good idea. I’m calling it off.
 えーと、レイチェル、思うんだけどね、僕らがよりを戻すなんてよくないよ。やめとくよ。

Chandler: Way to save your dignity, my man.
 威厳を保ったな、ロス。

Rachel: Monica, why? Why would I ever want to take away from your night?
 モニカ、どうして? どうして私があなたの大事な夜をダメにしたいなんてことがある?

Monica: I don’t know! I don’t−maybe you’re feeling a little resentful. Maybe ah, maybe you thought you’d get married first! Maybe you can’t stand the fact that your formerly fat friend is getting married before you!
 知らないわよ! ちょっと腹を立ててるとか。自分の方が先に結婚できると思っていたとか。昔太ってた友達が先に結婚するのが許せないとか。

Rachel: Oh, wow. That−you know what? That is so unfair. You know what? Now I want to steal your thunder! Come on, Ross, let’s go have sex!
 まぁ、なんなの。そんなの、そんなのひどいわよ。いいわ。じゃあ主役の座を奪ってやるわ。来て、ロス、セックスしましょ!(出て行く)
(バカな・・というフリをしたが、すぐついていくロス)

Monica: I can’t believe you’re gonna have sex on my engagement night!!
 私の婚約の夜に2人セックスするなんて信じられないわ!

Chandler: Well, somebody should.
 誰かしなきゃな。

《レイチェルの寝室》

Ross: Look, if we’re gonna do this…
 ね、もしこれするなら・・

Rachel: We’re not gonna do this, all right? She’s just gonna think that we’re doin’ it.
 そんなことしないわよ。私達がするって彼女が思えばいいのよ。

Ross: Oh, I see, so everybody wins.
 ああ、なるほどね、それでみんなが喜ぶってわけね。

(ノックの音)
Rachel: Who is it?
 誰?

Monica: It’s Monica, open up!
 モニカよ。あけて!

Rachel: Okay, well, Ross! Stop it please! Wait a minute!
 あら、やだ、ロス! やめてったら! ちょっと待って!(芝居にノってこないロスを突く)

Ross: Oww!
 あうっ!

Rachel: Yeah, you like that, baby? . . . May we help you?
 ああ、それが好きなのね、ベイビー!(モニカが入ってくる)何かご用?

Monica: I just wanted to say that I hope you do have sex tonight and I hope that you guys get back together, but I must warn you, the night that you announce your engagement I’m going to announce that I’m pregnant!
 私が言いたいのはね、あなた達が今夜セックスすればいいってこと。そして、よりを戻せばいい。だけど、言っておくけど、あなた達が婚約したって言ったその日に、私は妊娠したって発表してやるから!

Chandler: How is that ever going to happen?!
 どうしたらそんなことができるんだよ?

Rachel: All right, Monica, do you want to know why I was with Ross tonight?!
 わかったわよ、モニカ。どうして今夜ロスとこんなことになったか知りたいのね?

Monica: I know why!
 知ってるわよ!

Rachel: No, you don’t know why!
 いいえ、あなたにはわかってない!

Monica: Okay! Why?!
 わかったわよ。どうして?

Rachel: Because! Because I was sad.
 だって! だって悲しかったのよ。

Monica: What do you mean?
 どういうこと?

Rachel: Look, I am so…so happy for you guys, but you getting married just reminds me of the fact that I’m not. I’m not even close. And I don’t know, maybe I just wanted to make myself feel better. And I know that that’s dumb, but oh, my God, you were so depressed when Ross got married that you slept with Chandler!
 あなた達のことは本当によかったと思ってるわ。だけど、あなた達が結婚するってことは、私はそうじゃないって思わされるのよ。可能性も見えない。何かしら、なんか、私もちょっと気分を変えたかったのね。バカげたことだってわかってるけど・・だけど、あなただって、ロスが結婚する時はすごく落ち込んでチャンドラーと寝たじゃない!

Chandler: I don’t care, she slept with me.
 何でもいいよ。彼女は俺と寝たんだもん。

Rachel: Anyway sweetie, I am, I’m so sorry I ruined your night.
 とにかく、ね、私・・本当に悪かったわ。台無しにしちゃって・・。

Monica: I’m sorry I almost made you sleep with Ross.
 ロスと寝そうになるほど追いつめてごめんね。

Ross: Well, I’m going to take off. Congratulations, man.
 僕はもう帰るよ。(チャンドラーに)おめでとう。

Chandler: Thanks.
 ありがと。

Ross: And uh, Rachel.
 それから、レイチェル。

Rachel: Yeah.
 なに。

Ross: What can I say, you missed your chance. From now on the only person who’s going to enjoy these bad boys is me.
 しかたないね、君はチャンスをのがしたんだ。これからは、この悪い子(手を見せる)を楽しめるのは僕だけだ。(自分の言った意味に気づき、出て行く)

《モニカ達の寝室前で歌うフィービー》

Phoebe: "We thought Phoebe would leave, but she just stayed and stayed.
That’s right, I’m here all night, and Chandler will never get…"
 「僕らはフィービーが行くだろうと思ったのさ。だけど彼女はそこにいる、いつまでも。
その通り、私は一晩中ここにいる。そしてチャンドラーは絶対に・・」

Chandler: Hey! Here’s a dollar, consider it a deposit. Please sing at our wedding.
 (ドアをあけ)ヘイ! はい、1ドル。これで手付けだと思って。僕らの結婚式で歌ってください。

Phoebe: Oh, thank you.
 あら、ありがとう。

Chandler: Okay.
 よし。(戻ってドアを閉める)

Phoebe: Now… "Who will perform the ceremony! Who will perform the cer−
(Chandler enters and grabs her guitar and closes the door behind him)−
Oh−oh! All right, I’ll pound on him in the morning.
 さぁ・・(歌い出す)「誰がセレモニーで歌うのか! 誰が歌うのか・・(チャンドラーがドアをあけ、ギターを奪ってドアを閉める)あっ、あうっ! いいわ、明日の朝殴り倒してやるわ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 23:53| Comment(0) | Season 7 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。