2013年10月04日

6-25 The One With The Proposal Part 2

6-25 プロポーズの話 Part2

 ☆チャンドラーのプロポーズ大作戦! Part2☆

《モニカの厨房:前回の続き》

Monica: What uh−What did you−What?!
 な・・なに・・何を・・なに?!

Richard: I still love you. And I know I probably shouldn’t even be here telling you this, I mean you’re with Chandler a guy I really like, and if you say he’s straight I’ll believe you! After seeing you the other night I knew if I didn’t tell you I’d regret it for the rest of my life. Letting you go was the stupidest thing I ever did.
 愛してるんだ。こんなこと言いに来るべきじゃないってこともわかってる。君にはチャンドラーがいる。彼はいいやつだし、彼がストレートだって君が言うなら信じるよ。この前君に会って、今これを君に言わなければ、一生後悔するってわかったんだ。君と別れたのは、僕の最大の過ちだった。

Monica: You know, you’re really not supposed to be back here!
 あなた、本当はキッチンに来ちゃだめなのよ。

Richard: Well, yeah, I’m sorry. I know this is the wrong time and the wrong place but I had to tell you! I wanna spend my life with you. I wanna marry you. I wanna have kids with you.
 ああ、悪かったよ。今は時期も悪いってこともわかってるけど、でも、言わずにいられなかった。君と生涯を共にしたい。君と結婚したいんだ。君との子供を持ちたい。

Monica: Oh, God… Why don’t they put chairs back here?!
 ああ・・なんてこと・・・どうしてここ椅子がないのよ!

Richard: I know this is crazy but am I too late?
 どうかしてるってわかってる。僕はもう遅かったのか?

Monica: What the… Yes, you’re too late! Where was all this three years ago?!
 だって・・ええ、遅いわよ! 3年前はどうだったのよ?

Richard: Well, I know I was an idiot! And I tried to forget you, I really did! You know after we had lunch last year I spent six months in Africa trying to get you out of my head!
 ああ、僕はバカだったよ。君を忘れようとした! 本当なんだ。去年、君とランチした後、君を忘れるためにアフリカで6ヶ月すごしたんだ。

Monica: What were you doing in Africa?
 アフリカで何をしてたの?

Richard: Working with blind kids.
 目の見えない子供達のために働いていた。

Monica: Ohhh! What are you doing to me?! Oh, look, … I’m sorry but umm, this-this-this-this is not going to happen.
 ああ! なんてことをしてくれるの? ああ・・でもね、ごめんなさい、でも、それは・・それは、それはもうダメよ。

Richard: Okay, that’s fine, I’ll walk away. And I’ll never bother you again, but only if you tell me Chandler’s willing to give you everything I am.
 いいよ。だったらいい。僕は諦めるよ。もう邪魔はしない。だけど一つだけ答えてくれ。チャンドラーは、僕が君にしてあげたいと思っているものをくれるのか?

Monica: Well, he is! Yeah, I mean marriage is all he talks about! My goodness, in fact, I’m the one that’s making him wait!
 ええ、そうよ! ええ。彼は結婚のことばかり考えてるのよ。本当に。ほんとのとこ、待ってって言ってるのは私の方なの。

Richard: You are?
 君が?

Monica: Yeah!
 そうよ。

Richard: Why?
 なんで?

Monica: Why? Because of the government.
 なんで? 政府のためよ。

《セントラルパーク》
 
Rachel: Isn’t it incredible?! Monica and Chandler, getting married.
 すっごいことじゃない? モニカとチャンドラーがよ、結婚するなんて。

Phoebe: I know, they’re gonna be so happy together.
 ほんとよね。あの2人幸せになるわね。

Rachel: Oh… I mean two best friends falling in love, how often does that happen?
 ああ。2人の親友が恋に落ちるなんて、よくあることじゃないわよね?

Phoebe: Not that often!
 そうないわよ。

Rachel: No! I’m so happy for them!
 そうよね。ほんとよかったわよね。

Phoebe: Me too! So happy for them!
 そうね。本当によかったと思うわ。

Rachel: I’m so happy and not at all jealous.
 本当によかったって思うわ。ジェラシーなんてないわよ。

Phoebe: Oh, no! No, God, definitely not jealous!
 ああ、ないわよ! 全然よ。まったくジェラシーなんてなし。

Rachel: I mean I’m probably 98% happy, maybe 2% jealous. And I mean what’s 2%? That’s nothing.
 98%ハッピーで、2%ジェラシーって感じかしら。2%なんて、ないも同然よね。

Phoebe: Totally. I’m like 90-10.
 ほんとよ。私は9対1くらいかな。

Rachel: Yeah, me too.
 私もよ。

(ジョーイが船長スタイルで来る)
Joey: Hey, have you guys seen Chandler?
 ねぇ、チャンドラー見なかった?

Rachel: Wh−no, but you know who did stop in here looking for you, Tennille.
 な・・いいえ。だけど、あなたを探しに来た人はいるわよ。テニール。

captain-tennille1.jpg

《ピザショップでピザを食べるモニカとチャンドラー》

Monica: So that marriage stuff that you were saying yesterday, you don’t really believe that, do you?
 昨日言ってた結婚の話だけど、本当にあんなこと思ってるわけじゃないわよね?

Chandler: Sure I do. In fact, I think the whole concept of marriage is unnatural. I mean look at pigs. Let’s take a second here and look at pigs. Pigs don’t mate for life. I mean a pig can have like a hundred sexual partners in a lifetime, and that’s just an ordinary pig not even a pig that’s good at sports!
 もちろん本当に思ってるよ。本当、結婚ってこと自体、不自然だと思うよね。ブタを見ろよ。ちょっとブタってものを見てみろ。ブタは添い遂げたりしない。一生に100頭ぐらいセックスの相手がいるんだ。しかも、普通のブタがだぞ、特にスポーツ得意とかじゃなくてもだ。

Monica: Wait a minute. Are you honestly telling me that-that you may never want to get married?
 ちょっと待って。あなた正直に言って、絶対結婚したくならないって言うの?

Chandler: Well, never say never but you know, probably uh yeah, never.
 絶対とは言わないけど、でもなぁ、そうだな、絶対だな。

Monica: Oh, my God! Then-then-then what are we even doing?! What is this?!
 なんてこというの! そえじゃ、それじゃ私達、いったい何してるの? 私達って何なの?

Chandler: Whoa! Whoa! Whoa! What is all this pressure?! Is this some new kind of strategy? Why don’t you put down your copy of ‘The Rules’, huh, mantrap?!
 おいおい! ちょっと! なんだよこのプレッシャーは? これ新しい手口か何か? 男を捕まえるルールブックとかちょっと置いてくれないか?

Monica: You know what?! I gotta go! Ugh!
 もういい。行くわ。・・ああっ!(出て行く)

Chandler: It’s okay, I got a plan.
 (よそのカップルに冷たい目を向けられ)いいんだ、これもプランのうち。

《セントラルパーク:レイチェル達の話の続き》

Rachel: We’re gonna find love!
 私達って、相手を見つけられるわよ。

Phoebe: Definitely!
 間違いないわよ!

Rachel: Yeah, I’m pretty confident about that. That’s what makes it so easy for me to be 80% happy for Monica and Chandler! It would be nice to have a little guarantee though.
 そうよ。私は自信あるわ。だからモニカとチャンドラーのために80%ハッピーになれるのよ。だけど、ちょっと保証があるといいわよね。

Phoebe: What do you mean?
 どういうこと?

Rachel: Well, you know, some people make deals with a friend, like if neither of them are married by the time they’re 40, they marry each other.
 ほら、友達と約束してる人いるじゃない。40歳になっても独身だったら結婚しようみたいな。

Phoebe: You mean a backup?
 ああ、バックアップね?

Rachel: Exactly!
 それよ!

Phoebe: Yeah, yeah. I got that.
 うん、うん。私にはいる。

Rachel: You do?
 そうなの?

Phoebe: Hm-mmm.
 そう。

Rachel: Who?
 誰?

Phoebe: Joey.
 ジョーイ。

Rachel: Joey?!
 ジョーイ?

Phoebe: Yeah!
 そうよ。

Rachel: Are you serious?!
 本当に?

Phoebe: Yeah, I locked him years ago!
 ええ。何年も前に決めておいたの。

Rachel: Wh… So… If neither of you are married by the time you’re 40, you’re gonna marry Joey.
 そんな・・それじゃ・・もし2人とも40になった時独身だったらジョーイと結婚するの?

Phoebe: Yep, we shook on it. Yeah, but believe me that is not how he wanted to seal the deal.
 そうよ。握手したもの。だけど、ほんと、彼はもっと求めてきたけどね。

Rachel: Oh, seriously?
 まぁ、本当に?

Phoebe: Ohh, yeah. I think his exact words were…
 ええ、そうよ。彼の言葉をそのまま再現すると(舌を鳴らしたりなど)

Rachel: Charming.
 魅力的だこと。

Phoebe: Well, he’s just a backup.
 ま、ただのバックアップよ。

Rachel: Yeah.
 そうね。

《ジョーイの部屋:船長スタイルのジョーイ。モニカが来る》

Joey: Hey, Monica!
 やぁ、モニカ!

Monica: Have you seen Rachel? Or a mirror?
 レイチェル見なかった? それと、鏡とか?

Joey: This is for my boat, pretty cool, huh?
 これはボートのためだよ。かっこいいだろ?

Monica: Yeah, it’s great.
 ああ、いいわね・・

Joey: Whoa-whoa, what’s the matter?! Talk to the captain!
 おいおい、どうしたんだ。キャプテンに話してみろ!

Monica: I’m just having one of those days where you realize you’re in a dead-end relationship!
 私、先の見えない恋愛関係にはまってるってことに気づいたとこなのよ!

Joey: Chandler giving you a hard time, huh?
 チャンドラーだな?

Monica: It’s not like I want to get married tomorrow! It’s just that I-I’d like to believe that I’m in a relationship that’s going somewhere, that I’m not just wasting my time!
 明日結婚したいとか言ってるわけじゃないのよ! 先のある関係の中にいると思いたいじゃない。ただ無駄につきあってると思いたくないのよ。

Joey: Well, you know Chandler.
 チャンドラーのことはよくわかってるだろ。

Monica: No, I don’t know Chandler! Not anymore! It’s like it’s like something’s changed.
 ううん、もうチャンドラーがわからない。わからなくなったわ。何か、変わっちゃったみたい。

Joey: Maybe you changed?
 君が変わったのかも?

Monica: I didn’t change!
 私変わってないわよ!

Joey: Maybe that’s the problem.
 それがいけないのかも。

Monica: What?!
 なに?

Joey: Chandler is a complex fellow, one who is unlikely to take a wife.
 チャンドラーは複雑なやつだ。妻を持つって感じじゃない。

Monica: What does he think? Does he think I’m just gonna wait around for nothing?
 彼何を考えてるの? 彼、私が無駄に待ってるって思ってるの?

Joey: Monica, face it, Chandler is against marriage. And-and always will be!
 モニカ、現実を見ろよ、チャンドラーは結婚に反対だ。これからもそうだよ。

Monica: Well, there’s some people who do want to marry me.
 私と結婚したいと思ってる人もいるのよ。

Joey: There are?
 いるの?

Monica: Yeah! Richard!
 そうよ! リチャードよ!

Joey: R-R-Richard said he wants to marry you?! And-and Chandler’s telling ya how much he hates marriage?!
 リ・リチャードが君と結婚したいって? それなのにチャンドラーは結婚したくないって話をしてるっていうのか?

Monica: That’s right.
 そうよ。

Joey: Chandler loves marriage!!
 チャンドラーは結婚大好きだよ!

Monica: You just told me that he hates marriage! That-that he’s a-a complex fellow who’s unlikely to take a wife! That-that he’s against marriage and always will be!
 あなたたった今、彼は結婚をいやがってるって言ったじゃない! 彼はフクザツなやつで、妻を持つ気はないって。結婚反対で、これからもそうだって!

Joey: You got that from what I said?!
 俺がそう言ったと思ってんの?

《ロスの部屋:ノックの音でドアをあける》

Ross: Rach!
 レイチ!

Rachel: Hey, you!
 ハァイ、ねぇ。

Ross: Hey, come on in.
 やぁ、入って。

Rachel: Oh, thank you. Hey, you know, I’m so sorry to hear about you and Elizabeth.
 あら、ありがとう。そうだ、ね、エリザベスとのこと聞いたわ、残念だったわね。

Ross: Oh, thanks. Yeah, I really thought we’d be able to make it work, but uh, I guess it just wasn’t meant to be.
 ああ、ありがと。うまく行くと思ったんだけどね。違ったみたいだよ。

Rachel: Yeah, love. It’s a tricky business, isn’t it?
 ああ。愛ね。難しいわよね。

Ross: I guess so.
 そうなんだね。

Rachel: So what do you say we make a pact? If you and I are both single by the time we’re 40, we get married. I mean, we know each other, we like each other, and we’ve-we’ve already slept together so you know there’ll be no surprises there! You know what I mean? No, like, "What’s that?!"
 それでさ、私達約束するってのはどう? あなたと私が40歳になってもまだ独身だったら、結婚するの。私たちよく知ってるし、お互い好きだし、もう寝たこともあるだから、ボックリしちゃうこともないじゃない。ほら、「それなに?!」みたいに驚くことないでしょ。

Ross: Right. Ohh! You-you want me to be your backup.
 そうだね。ああ、それって、バックアップのことね。

Rachel: Exactly.
 それよ!

Ross: Oh, yeah, I already have one.
 ああ、それね。もう約束してるんだ。

Rachel: What? Who?
 え? 誰と?

Ross: Phoebe.
 フィービー。

Rachel: Phoebe?! Wait a−but-but she just, she said that Joey was her backup.
 フィービー? 待ってよ。だけど彼女、ジョーイがバックアップだって言ってたわよ。

Ross: Oh, I don’t think so.
 いや、そんなはずはないよ。

Rachel: Ross! I just had a conversation with her, and she said that she and Joey made a deal!
 ロス、今彼女とその話したばかりなのよ。それで彼女、ジョーイと約束したって言ってたわ。

Ross: That’s impossible! I mean we have had a deal for years! We-we-we shook on it, although believe me she wanted to do a lot more than that.
 そんなバカな! だって僕らもうずーっと前に約束したのに。僕ら、握手で約束したんだ。でも、彼女は握手以上のことを望んでいたけどね。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Joey: Where the hell have you been?!
 おまえ何してたんだよ?

Chandler: I was making a coconut phone with the professor.
 (船長スタイルを見て)教授と一緒にココナツフォンを作ってたんだよ。

Joey: Richard told Monica he wants to marry her!
 リチャードがモニカに結婚を申し込んだんだぞ!

Chandler: What?!
 何だって?

Joey: Yeah! Yeah, I’ve been trying to find ya to tell to stop messing with her and maybe I would have if these damn boat shoes wouldn’t keep flying off!
 そうなんだよ! だからおまえにもうバカなことやめろって言おうと思って探すとこだったんだよ。ただ、このバカなデッキシューズが抜けてしまってさ。

Chandler: My−Oh, my God!
 なんて・・なんてことだよ!

Joey: I know! They suck!!
 そうだよ。ほんと最低だよ。

Chandler: He’s not supposed to ask my girlfriend to marry him! I’m supposed to do that!
 なんで彼が俺のガールフレンドに結婚を申し込むんだよ! 俺がするはずじゃないか!

Joey: I know!
 そうだよ!

Chandler: Well, what… You know what I’m gonna do? I’m gonna go over there and kick his ass! Will you help me?
 もう・・どうしてくれよう。やつのとこへ行って、ケツに蹴りを入れてやる。おまえも手伝ってくれる?

Joey: Look, Chandler, I don’t think us getting our asses kicked is a solution. Okay? Just go and find Monica!
 おい、チャンドラー、それで俺らがケツ蹴られても、何の解決にもならないぞ。だろ? とにかく行ってモニカを探すんだよ!

Chandler: You’re right.
 そうだな。

Joey: Yeah!
 そうだよ!

Chandler: Okay.. I’m gonna get the ring! I’m gonna get the ring! . . I’m gonna go find her and I’m just gonna propose!
 よし。(寝室へ行く)指輪を持ってくぞ。指輪を持ってく・・彼女を見つけて、そして、プロポーズするんだ!

Joey: Okay.
 よし。

Chandler: Okay, great.
 よし、そうだ。

Joey: Dude-dude-dude!
 おいおい、おい!

Chandler: What?!
 なんだ?

Joey: Let me know about that coconut phone, it might great for the boat.
 ココナツフォンのこと教えてよ。ボートに会うかも。

《リチャードの部屋:モニカが来る》

Monica: Hi.
 ハーイ。

Richard: Hi.
 ハーイ。

Monica: I don’t know why I’m here.
 どうして来たかわからない。

Richard: I didn’t ask. You wanna come in?
 聞かないよ。入る?

Monica: I don’t know.
 わかんない。

Richard: Oh, okay. Well, I’ll just leave the door open and go sit on the couch.
 ああ、いいよ。それじゃ、ドアは開けておいて、僕はカウチに座ってるよ。

Monica: Chandler is such an idiot!
 (部屋に入り)チャンドラーは本当にバカなのよ!

Richard: Drink?
 飲む?

Monica: Yeah, I’ll have a scotch…
 ええ。スコッチを・・

Richard: Rocks with a twist? I remember.
 ツィストのロックで? 覚えてるよ。

Monica: Still smoking cigars?
 今も葉巻吸ってるの?

Richard: Uh, no! No! That’s…art! If it bothers you I can put my art out.
 あ、いや。違うよ。それはアートだよ。気になるならアートは消しておくよ。

Monica: No, that’s okay.
 いえ、いいのよ。

Richard: So Monica, let me ask you a question. You know, since we broke up do you ever, think about me?
 それで、モニカ、聞かせてくれ。僕らが別れた後、僕のこと考えたことある?

Monica: Uh yeah, I-I actually I thought about you a couple months ago.
 ええ。2ヶ月ぐらい前に考えたわ。

Richard: Oh, really?
 本当?

Monica: Yeah, but it was because I-I had an eye exam and I don’t like my new eye doctor.
 ええ。でも、目の検査をしたかったんだけど新しい眼科医が嫌いだったからよ。

Richard: Who is it?
 誰?

Monica: Edward Nevsky?
 エドワード・ネブスキー。

Richard: Yeah, he’s no good. Do you ever think about me in a non-eye doctor way?
 ああ、あいつはよくないよ。眼科医ってこと以外で僕のこと考えたことはある?

Monica: No.
 ないわ。

Richard: Ah.
 そうか。

Monica: Because getting over was the hardest thing that I’ve ever had to do. And I never let myself think about you.
 だって、あなたのことを乗り越えるのは人生で一番つらいことだったもの。もう二度とあんなことはしたくないの。

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Phoebe! You picked Joey and Ross?! You can not have two backups!
 フィービー! あなた、ジョーイとロスの2人と約束したの? バックアップを2人も持てないわよ。

Phoebe: Of course I can! It’s just good sense to backup your backup! Look, I’ve already lost Chandler!
 もちろん持てるわよ。バックアップのバックアップっていいじゃない。ほら、もうチャンドラーが消えちゃってるのよ。

Rachel: What?!
 なんですって?

(ジョーイとロスがくる)
Joey&Ross: Hey!
 ヘイ!

Joey: Phoebe! We’re both your backup?!
 フィービー、俺たち2人ともバックアップだって?

Ross: Phoebe, how could you do this to me?!
 フィービー、僕にそんなこと、ひどいよ。

Phoebe: I don’t−Look I don’t know what you’re complaining about now. You were both aware of the situation!
 私は・・ねぇ、どうして文句を言うのかわかんないわ。2人ともわかってることでしょ。

Joey: No, we weren’t!
 いいや、わかってないね。

Ross: I was not!
 知らないよ!

Phoebe: Okay, this kind of back talk is not gonna fly when we’re married.
 ねぇ、そんな口答えは結婚した時許されないわよ。

Rachel: Phoebe, you can’t have both of them! You have to pick one.
 フィービー、あなた1人で両方なんてダメよ。どちらかを選ばないと。

Joey: Pick me!!
 俺にしてよ!

Ross: No! Pick me! I don’t want to end up an old maid!
 ダメだよ。僕にして! 僕、オールドミスになりたくない。

Phoebe: All right, well, let’s see, Ross is a good father, but Joey has a boat−This is hard!
 わかったわ。そうね・・ロスはいい父になるけど・・ジョーイはボート持ってるし・・難しいわ。

Joey: This is crazy! Hey, look, I wanna switch to Rachel!
 こんなのおかしいよ! なぁ、俺、レイチェルにするよ。

Ross: Ooh, I wanna switch to Rachel too!
 いや、僕もレイチェルにしたい!

Phoebe: No, wait! Just−Okay−Just wait! You guys! Wait, you guys! Don’t make any rash decisions, okay? Just remember my promise, when we get married, three times a week.
 ダメよ、待って。ちょっと待ってよ。ねぇ、待って。慌てて決めちゃだめよ、ね? 私の約束思い出して。結婚したら、週に3回よ。

Rachel: Oh, God, Phoebe!
 まぁ、もう、フィービーったら!

Phoebe: I’m talking about massages.
 マッサージの話よ。

Rachel: Oh.
 ああ。
(レイチェルの見えないところでジョーイとロスにそうじゃないと言うフィービー)

Rachel: Okay, you know what?! I know-I know how to settle this! All right, here, this is what we’re gonna do! I’m gonna write Joey on one napkin and I’m gonna right Ross on the other napkin and we are going to pick one! And that person is going to be our backup! Okay?
 いいわ。ねぇ、どうしたらいいかわかったわ。ほら、こうするのよ。このナプキンに、ジョーイって書くわよ、そしえ、もう一枚に、ロスって書く。そして、一枚選ぶのよ。そしてその人がバックアップになるの。いい?

Joey: Okay, that’s fair.
 ああ、それなら公平だな。

Ross: All right.
 いいよ。

Phoebe: Good!
 いいわ。

(2枚のナプキンを左右わからないようにして)
Rachel: Pick one.
 選んで。

Phoebe: Left! . .Thank you.
 左! (受け取って)ありがと。

Rachel: You’re welcome.
 どういたしまして)

Phoebe: Ross!
 (読む)ロス!

Rachel: Joey! We should just switch.
 (読む)ジョーイ! ・・交換しましょ。

Phoebe: Yeah, absolutely!
 ええ、そうね!

Joey: Yeah.
 そうだな。

《リチャードの部屋》

Monica: I missed this apartment! Now, this is a grown-up’s apartment! You know, I-I should be with a grown-up, do you know what I mean?!
 この部屋、なつかしいわ。これが大人の部屋よね。私は大人とつきあうべきよね。意味わかるでしょ?

Richard: Yeah! You’re saying, you need to be with someone more mature. Maybe someone with, a license to practice medicine. Or a mustache.
 わかるよ。君のいいたいこと・・君はもっと大人とつきあうべきだ。誰か・・医師免許のある男とかね。または、ヒゲとか。

Monica: You know, let’s face it, I’m not a kid anymore! I-I need to be with someone who-who wants the same things that I do! I mean coming to my place of work and telling me that you love me, I want that! Talking about pig sex over lunch, I don’t want that!
 ね、現実的に見て、わたしはもう子供じゃないわ。私と同じものを求める人と一緒にいるべきよ。私の職場へ来て愛してるって言ってくれるみたいな。そういうのがいい! ランチの時にブタのセックスの話なんていらないのよ!

Richard: I think that’s fair.
 それはもっともな話だ。

Monica: Fair? Please, don’t even talk to me about fair! Fair would’ve been you wanting to marry me back then! Or fair would’ve been Chandler wanting to marry me now! Believe me, nothing about this is fair! Nothing! Nothing! Nothing! Nothing! Nothing! Nothing! Nothing!
 もっとも? もっともだなんて私に言わないで! もっともな話だったら、あの時あなたが結婚を申し込んでくれるのよ。もっともな話だったら、チャンドラーが今結婚を望んでくれるのよ! 本当に、何もかもがもっともな話じゃないのよ。何も! 何も! 何も! 何も! 何も! 何も! 何も! 何も!

Richard: It’s okay! Shh! Hey. Hey. Shhhh.
 わかったよ。シーッ・・・ね。ね・・(ハグ)シー・・・。

Monica: Nothing. . . I don’t kn−Umm. I don’t know. Umm…
 何も。(リチャードを見上げ)私・・わからない。。

Richard: I know.
 わかってる。

Monica: You know, I-I… I have to figure…some st−You know, some stuff before I can…
 ね、考えないと・・私、その・・その前に考えないと・・

Richard: Yeah, I understand. Take as much time as you want. . Ten, even twenty minutes if you need it. I’ll be here. Not smoking.
 ああ、わかるよ。好きなだけ時間をかけてくれていいよ。10分とか、20分でも、必要なだけ・・。ここにいるよ。葉巻は吸わずにね。

《時間経過:リチャード1人。ノックの音に、葉巻を消してドアをあける》

Richard: Chandler.
 チャンドラー。

Chandler: Where is she? I’m not scared of you!
 彼女はどこだ? 君なんて怖くないぞ!(部屋に入って見回す)

Richard: She’s not here and please come in.
 彼女はここにはいないよ。・・どうぞ入って。

Chandler: Scotch on the rocks, with a twist, on a coaster? Ha-ha, Monica! Monica!
 スコッチのオンザロック。ツィスト付き。コースター使用。ハハハ! モニカ! モニカ!

Richard: Okay, she was here, but she left.
 ああ、彼女はここに来たよ。でももういない。

Chandler: Well, where did she go?
 彼女どこへ行ったんだ?

Richard: Well, she said she had to think things over.
 考えたいって言ってたよ。

Chandler: Oh, my God, I can’t believe this! thought…I thought you were a good guy.
 なんてことだ。信じられない! 君はいい人だと思ったのに。

Richard: Oh, hey, look, nothing happened.
 おい、ちょっと、何かあったわけじゃないぞ。

Chandler: Nothing happened? Nothing? So you didn’t tell my girlfriend that you love her?
 何もないって? 何も? 彼女に愛してるって言わなかったか?

Richard: Well, all right, one thing happened.
 ああ、そうだね、一つは起きたな。

Chandler: You know what? I can’t believe this! Do you know what you did? My girlfriend is out there thinking things over! You made my girlfriend think!!
 ああ、信じられない。何をしてくれたんだ? 俺のガールフレンドがどこかで、考えてるんだ。君が、俺の彼女に考えさせたんだ!

Richard: Well, I’m sorry.
 ま、悪かった。

Chandler: And what does she have to think about? I love her!
 彼女が何を考えなきゃならないんだ! 俺は彼女を愛してる!

Richard: Well, apparently I’m willing to offer her things that you are not.
 君が与えようとしないものを、僕は喜んで提供したいということだな。

Chandler: But I am willing to offer her all those things. This was just a plan, you know? A way to throw her off course so that when I offered her all these things, she’d be surprised!
 だけど俺はそういうものを与える気でいるんだ。これはプランなんだよ。彼女をその考えから遠ざけておいて、そして俺が申し込む、そして彼女が驚く!

Richard: Well, if it helps, it worked very well.
 そうか、それじゃ、すごくうまくいってるようだな。

Chandler: It was working until you showed up, you big tree! I mean, this isn’t fair. You had your chance with her! You had your chance and you blew it! And this is my chance and I am not going to blow it because we are meant for each other! And this is all just been one stupid mistake! I was gonna propose tonight.
 君が現れるまではうまくいってた。この大男! こんなのずるいじゃないか。君には君のチャンスがあった! チャンスがあったのに、ダメにしたんだ。そして今度は俺のチャンスで、それをダメにするつもりはない。俺たちは一緒になる運命だ。これはバカな間違いなんだよ。今夜プロポーズするつもりだったのに。

Richard: You were gonna propose?
 プロポーズするつもりだったのか?

Chandler: Yeah, I even got a ring. Did you get a ring?
 ああ。指輪もちゃんと持ってる。(見せる)指輪持ってる?

Richard: No, I don’t have a ring! You go get her, Chandler. And can I give you a piece of advice? If you do get her, don’t let her go. Trust me.
 いいや。指輪は持ってないよ。つかまえてこい、チャンドラー。アドバイスさせてくれ。つかまえたら、もう離すな。本当にな。

Chandler: You know, Richard…you are a good guy.
 リチャード、おまえ、いいやつだな。

Richard: I know. I hate that!
 わかってるよ。いやになるよ。
(チャンドラーは出て行き、指輪を置き忘れたことに気づいてすぐ戻り、リチャードから受け取って再び出て行く)

《モニカ達の部屋の前:チャンドラーがくるとジョーイがいる》

Joey: Dude!
 おい!

Chandler: I can’t talk to you now, I gotta find Monica!
 今おまえと話してられないんだ。モニカを見つけないと!

Joey: She’s gone.
 彼女行っちまったぞ。

Chandler: What?
 えっ?

Joey: She’s gone. She had a bag and she left.
 行っちゃったんだよ。バッグを持って、出てったんだ。

Chandler: What are you talking about?
 それ何の話なんだよ?

Joey: She was all crying. She-she said you guys want different things, and that and that she needed time to think.
 彼女すごく泣いて。おまえ達、求めてるものが違うって。そして、考える時間がほしいって。

Chandler: Well, why didn’t you stop her?! Why didn’t you just tell her it was a plan?!
 なんで止めてくれなかったんだ? おまえ、これはプランだって言ってくれなかったのか?

Joey: I-I did! I told her everything, Chandler! But she wouldn’t believe me.
 言ったよ! 全部説明したよ、チャンドラー。だけど、彼女、信じてくれなかったんだ。

Chandler: Well, where… Where did she go?
 それで・・彼女はどこへ行ったんだ?

Joey: To her parent’s I think. And she said you shouldn’t call her. But if I were you, I would.
 両親のとこだと思う。電話するなって彼女は言ってたけど、俺なら、電話するよ。

Chandler: I can’t believe I ruined this.
 こんなめちゃめちゃにしてしまったなんて信じられない。

Joey: I am so sorry, man.
 本当に残念だよ、なぁ。。

(チャンドラーが部屋に入ると、キャンドルが灯った中にモニカが立っている)

Monica: You wanted it to be a surprise.
 あなたはサプライズにしたかったのね。
(チャンドラーが振り向くとジョーイがニッコリして出て行く)

Chandler: Oh, my God.
 オーマイゴッド・・

Monica: Chandler… In all my life… I never thought I would be so lucky. . . As to…fall in love with my best…my best… There’s a reason why girls don’t do this!
(片膝立ちになり)チャンドラー・・これまでの人生で・・・こんなにラッキーなことになるって思わなかった・・親友と恋に落ちて・・・落ちて・・(涙)女の子がやらない理由があるのよ!

Chandler: Okay! Okay! Okay! Oh, God, I thought… . . Wait a minute, I-I can do this. . . I thought that it mattered what I said or where I said it. Then I realized the only thing that matters is that you, you make me happier than I ever thought I could be. And if you’ll let me, I will spend the rest of my life trying to make you feel the same way. . .Monica, will you marry me?
 わかった!(ひざまずく)わかった、わかったよ。ああ!・・俺は思ってた・・待って待って、ちゃんとするから・・俺は思ってた。君に何て言うか、どこで言うかが大事だって。でも気づいたんだ。大事なのは、君が幸せにしてくれるってこと、こんなに幸せになれるとは想像もつかなかったくらいに。そして、君がそうさせてくれるなら、俺はこの先一生、君を、同じくらい幸せにしたい。(指輪を出し)モニカ、結婚してくれる?

Monica: Yes. . . I knew you were likely to take a wife!
 イエス!(キス)やっぱり、あなたも妻をもらうような人だったのね!(ハグ)

Joey: Can we come it yet?! We’re dying out here!
 (部屋の外から)もう入っていい?! 俺たちここで待ちこがれてるんだけど!!

Monica: Come in! Come in! . . We’re engaged!!!
 入って! 入って! (ジョーイ、レイチェル、フィービーがくる)私達婚約したわ!!

(グループハッグ)
Rachel: Oh, this is the least jealous I’ve ever been!
 ああ、こんなにジェラシーがないの初めてよ!

Phoebe: Oh, no, wait, no, this is wrong! Ross isn’t here!
 あっ、ダメよ、待って、これはいけないわ。ロスがいない!

Monica: Oh…
 ああ・・

Rachel: Oh, hell, he’s done this three times! He knows what its about!
 ああ、もういいわよ。もう3回もしてるのよ。彼なら知ってるわよ。

Joey: Yeah!
 そうだな。(グループハグ)

《モニカ達の部屋:モニカとチャンドラーが踊っている》




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
このプロポーズ、泣けますよね・・(T_T)

このブログを始めた時は、先の長さにクラクラしました。
まだしてますが・・
いくらやっても、半分にも満たない!みたいな
先の遠さでしたけど・・・

まさか、モニカとチャンドラーのこのプロポーズの
ところにたどりつくとは!
驚きです。

本当にこんな兄弟姉妹みたいなあたたかい友達がほしいですね。
*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*☆*★*
posted by らんち at 01:34| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。