2013年10月02日

6-23 The One With The Ring

6-23 指輪の話

 ☆ポールは泣き虫☆

《モニカ達の部屋:指輪のカタログを見るチャンドラー》

Chandler: Pheebs, can you help me pick out an engagement ring for Monica? I can’t figure this out! It’s so hard! Should I get her a Tiffany cut or a Princess cut or a−ah-ah! Paper cut!
 フィーブス、モニカに贈る婚約指輪を選ぶの手伝ってくれない? わかんないよ! 難しすぎる! ティファニーカットがいいのか、それともプリンセスカット? (紙で手が切れ)あっ!あっ! ペーパーカット!

Phoebe: Now, have you told anyone else?
 ねぇ、誰かにこのこと話した?

Chandler: No, I don’t want to tell anybody else because I don’t want Monica to find out.
 いや、モニカに知られたくないから、誰にも話す気はないんだ。

Phoebe: You told me.
 私に話したじゃない。

Chandler: Well, it’s because I trust you, you’re one of my best friends, and you walked in on me when I was looking at ring brochures.
 それは、君を信じてるし、君は親友の1人だし、それに君いきなり入ってきて、俺が指輪のカタログ見てるとこ見られちゃったしね。

Phoebe: Yeah, well, once again not knocking pays off. I only wish you hadn’t been on the toilet.
 そうね、ノックしないで入ってくるのがまた報われたわ。トイレに入ってるとこだけは入っていきたくないけど。

Chandler: Me too.
 俺も。

(ジョーイとロスが来てカタログを慌てて隠すチャンドラー)
Joey: Hey.
 やあ。(冷蔵庫を開ける)

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Phoebe: Hey! So Chandler, wanna go to the coffeehouse?
 ねぇ、チャンドラー、コーヒーハウス行かない?

Chandler: Oh, all right.
 ああ、いいよ。

Phoebe: Yeah, coffeehouse.
 ええ、コーヒーハウスね。

Ross: Oh, perfect, we were just gonna see if you wanted to go.
 ああ、ちょうどいい。君たちが行かないかなと思って来たんだ。

Chandler: Oh, well, we don’t because we got…the…other pl-place.
 ああ、いや、俺たちはいや、俺たちは別のとこ行くんだ。(2人出て行く)

Ross: How rude.
 感じ悪いな!

Joey: Oh, I’m sorry. You wanna bite?
 ああ、ごめん。(ピザを差し出し)食べる?

《セントラルパーク》

Phoebe: So how are things going with Paul?
 ポールとはどうなの?

Rachel: Good. Although you know, he-he’s a private guy. You know, I wish I could get him to open up a little bit, share some feelings.
 順調よ。でもね、彼は自分をさらけ出さないのね。ちょっと心を開いて、気持ちを話してくれたらって思うんだけど。

Phoebe: That’s easy! You just have to think of him as a-as a jar of pickles that won’t open.
 簡単よ! フタが開かないピクルスの瓶だと思えばいいのよ。

Rachel: So what are you saying; I should run him under hot water and bang his head against a table?
 それじゃ何、彼を熱いお湯にくぐらせて、テーブルに頭ぶつければいいの?

Phoebe: No, that’s what you do when you want to get the truth out of someone.
 違うわよ。それは、誰かに本当のことを白状させる時の方法よ。

(ポールが来る)
Paul: Hi, honey.
 やぁ、ハニー。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Watch this.
 (レイチェルに)見てて。

Rachel: Okay.
 わかった。

Paul: How are you?
 (レイチェルに)元気?

Phoebe: Hey, Paul!
 ハーイ、ポール!

Paul: Hi, Phoebe.
 ハーイ、フィービー。

Phoebe: So how are things going with you?
 調子はどう?

Paul: Can’t complain.
 特に問題ないね。(フタを開けてやったという身振りのフィービー)

(ロスが来たのを見て、早く行きたいポール)
Paul: Come on.
 (レイチェルに)行こう。

Rachel: Okay.
 わかった。

Paul: Hey!
 (ロスに)やぁ!

Ross: Hi!
 ハーイ!(握手)

Paul: Ross!
 ロス!

Ross: Great to see you!
 会えてよかったです!

Paul: Ross, good to see you too!
 ロス、こちらこそだよ!

Ross: How you doing?
 元気ですか?

Paul: Good. Bye!
 いいよ。じゃあ!

Ross: Okay! You take care!
 ええ! 気をつけて!
(2人とも顔を背けていやな顔)

Ross: Hey, Pheebs, what-what was the deal with you and Chandler blowing us off before?
 ね、フィーブス、さっきの、君とチャンドラーが僕らを避けたのは何だよ?

Phoebe: Yeah! That was so weird, huh?
 ああ、あれ、変だったわよね?

Ross: Phoebe, why did you do it?
 フィービー、なんであんなことしたの?

Phoebe: I didn’t do it! It was Chandler! He’s… He’s mad at you!
 知らないわよ。チャンドラーよ。彼が・・彼、あなたに怒ってるのよ。

Ross: What?! Why?!
 え? 何を?

Phoebe: Please, I think you know why.
 何言ってんの。知ってるでしょう。

Ross: I can’t think of anything.
 思い当たることないよ。

Phoebe: Come on, Ross, you’re a paleontologist, dig a little deeper.
 ロスったら! 古生物学者でしょ。もっと深く掘り下げなさいよ。

Ross: Wait a minute, is it because Joey and I didn’t invite him to that Knicks game a couple of weeks ago?
 ちょっと待てよ。もしかして、2週間くらい前、ジョーイと僕がニックスのゲームに誘わなかったから?

Phoebe: Do you think that’s something that he’d be mad at you for?
 そういうことで彼怒ると思う?

Ross: I guess it could.
 怒るかも。

Phoebe: Well, then I think that’s it.
 それじゃきっとそれよ。

Ross: Well, if he’s angry, he really shouldn’t just cover it up. I wish he would just tell me the truth.
 もし怒ってるなら、それを隠さないでほしいよ。本当のこと言ってくれたらいいのに。

Phoebe: Oh, if that’s what you want you then you really should run his head under hot water and bang his head against a table.
 ああ、本当のこと言わせたいなら、彼を熱いお湯にさらして、テーブルに頭ぶつけることよ。

《ジョーイの部屋:レイチェルとポールが出かけるところ》

Paul: Honey, I made a reservation at China Garden, is that okay?
 ねぇ、チャイナ・ガーデンを予約しておいたけど、それでいい?

Rachel: Yeah, that’s great. But first, wait, talk to me, talk to me. Tell me about your day.
 ええ、いいわね。でも、その前に、ねぇ、話して、何か話して。今日はどうだったとか。

Paul: It was fine.
 よかったよ。

Rachel: Okay. Hey, what are you thinking? What are you thinking right now?
 そう。ねぇ、何を考えてる? たった今、何を考えてるの?

Paul: I’m thinking that you are looking really fine in that dress.
 君がそのドレスとても似合って素敵だって思ってるよ。

Rachel: Yeah, that’s great, Paul, but, you know, I wanna know what. . . Wow, those are really great! I just wanna know what, what is behind this-this strong, silent exterior. You know, they say that still waters run deep and I wanna swim in yours.
 ええ、それはいいわね、ポール、でもね、私が知りたいのは(ポールの胸に触れて)ワオ! これ本当に素敵ね。私が知りたいのは、この、強くて静かな外見の内側のことよ。ねぇ、内面には深く水が流れているって言うじゃない。そこで泳ぎたいわ。

Paul: Are you talking about having sex?
 それって、セックスのこと?

Rachel: No, Paul, I don’t know anything about you! You know, like-like your childhood! Tell me about your childhood!
 違うのよ、ポール。あなたのこと何も知らないんだもの! ね、あなたの子供の頃のこととか! 子供の頃のこと話して。

Paul: Normal.
 普通だよ。

Rachel: Okay, well, then how about puberty! Come on, that’s always a painful time! You know, your friends invite you to a slumber party and then they stick your hand in warm water while you’re sleeping so that you pee in your sleeping bag.
 そう。それじゃ、思春期はどう? ねぇ、その頃っていろいろつらいものよ! ね。友達のパジャマパーティに行ったら、友達が眠ってるあなたの手を温かい水につけて、それで寝袋にオシッコしちゃったみたいな。

Paul: Nope! That never happened to me!
 いいや。そういうことはなかったよ。

Rachel: Well, you’re lucky you never met that bitch Sharon Majeski. Anyway, umm… The rest of your life, you know ? Any regrets?
 あのクソシャロン・マジェスキに出会わなくてラッキーね。とにかく・・その他の人生とか、何か後悔することは?

Paul: Nope.
 ないね。

Rachel: All right, Paul, you know, I’m not asking for a lot here. Okay? Just give me something. Anything!
 そう。ポール、ねぇ、とんでもないことを頼んでるんじゃないのよ、ね? 何か言ってくれないかしら。何でもいいのよ。

Paul: Okay.
 わかったよ。

Rachel: Okay.
 ええ。

Paul: Okay.
 よし。

Rachel: All right.
 いいわよ。

Paul: When I was six years old.
 6歳の時だった。

Rachel: Hm-mmm.
 うん。

Paul: I wanted a big wheel. And instead my parents got me this little plastic chicken that you hop around on. It was embarrassing; kids made fun of me. That was a pretty tough year.
 僕は三輪車が欲しかったんだ。なのに両親はプラスチックのチキンのついたホッピングを買ってくれてね。恥ずかしかったよ。子供達にからかわれたんだ。あれは本当につらい年だった。

Rachel: That’s-that’s great! See? I already feel like I know you a little better! Thank you. Okay, come on. Now we can go eat. Let’s go.
 それはすごいわね! ほらね! 私ちょっとあなたを知った気分よ。ありがとう。それじゃ、食事に行けるわ。行きましょう。

Paul: It was horrible. They called me chicken boy.
 ひどかったよ。みんなに、チキン・ボーイと呼ばれたんだ。

Rachel: Oh!
 まぁ!

《時間経過:泣きじゃくるポール 》

Paul: And in fifth grade I got into a fight. Well, it wasn’t really a fight. Richard Danville bit me on the nose and, and I feel down. I still have a little scar right here, you can see it.
 それに5年生のときケンカしたんだ。ケンカとは言えないな。リチャード・ダンヴィルが鼻にかみついてきて、僕は倒れたよ。まだここに傷がある。見えるだろう。

Rachel: Yeah. Yeah, I-I-I see the scar. Listen, Paul, I think this is really great that-that you know, you shared your feelings. It’s really, it’s beautiful, but umm, what do you say we go share some food?
 ええ、そうね。傷が見えるわ。ねぇ、ポール、気持ちを分かち合えて本当によかったわ。本当に、素敵。でもね、今度は出かけて食べ物を分かち合わない?

Paul: Oh, I couldn’t eat now.
 ああ、今は食べる気になれないよ。

Rachel: What?! Wait! What are you talking about?! You love their Kung Pao Chicken!
 え? 待って、何を言ってるの? あなた、コンパオチキン、大好きじゃないの!

Paul: Chicken? Chicken boy!
 チキン? (自分を指差し)「チキン・ボーイ」(泣き出す)

Rachel: My God, I’m sorry! I’m sorry! I didn’t mean to do that!
 ああ、ごめんなさい、ごめんなさい、そんなつもりじゃなかったのよ。

《宝石店でフィービーと指輪を見るチャンドラー》

Chandler: Nothing! This is the nine millionth ring store we’ve been to, and I can’t find the perfect ring! Ugly ring! Ugly ring! Ugly ring! . . It’s a beautiful selection.
 全然だめだ! 900万ものお店を見て回ったけど、これだっていいう指輪は見つからない! 醜い指輪! 醜い指輪! 醜い指輪!(店の男性と目が合う)美しいコレクションです。

Phoebe: Okay, so maybe you don’t get her a ring. Maybe you-maybe you do something different. You know ? Maybe you get her an engagement bracelet, you know ? Or an engagement tiara? Or−ooh! An engagement Revolutionary War musket!
 それじゃ、指輪をあげるのはやめたら? 何か違うものあげたらいいんじゃないの? 婚約ブレスレットはどう? それとか、婚約ティアラは? それか・・あ、そうだ! 婚約の革命戦争マスケット銃なんていいじゃない!

Chandler: You know, I’m so glad I picked you to help me with this.
 いやぁ、君に選ぶのを手伝ってもらうことにしてよかったよ。

Phoebe: Huh? Can you just imagine getting down on one knee and handing her this gorgeous piece of weaponry?
 どう? ひざまずいて、彼女にこのゴージャスな武器を渡すとこ想像つく?

Chandler: Yeah, I’m gonna stick with the ring. Oh, this one’s nice! I like this one! Sir? Uh, kind sir? Can I see this one?
 いや、指輪にしとくよ。(別のカウンターへ移動して見る)ああ! これいいじゃないか! これ気に入ったよ! すみません、お願いします、これ、見せてもらえます?

Phoebe: Wait a minute, no, this is, this is the reason you brought me. Okay? I know how to haggle. So let me handle this from here on out.
 ちょっと待って、ダメよ。これこそ、私が来た理由なのよ、いい? 私、値切り方わかるの。ここからは私に交渉させて。

Male Jeweler: Can I help you?
 何かご希望のものがおありですか?

Chandler: Uh-yeah, yes. I would like to see that ring please.
 ああ、ええ。このリングを見せてもらいたいんだけど。

Phoebe: Or not, whatever.
 それかやめるか。どっちでも。

Male Jeweler: This ring is from the 1920s, it’s a one and a half carat diamond with sapphires on either side.
 これは1920年代のもので、1,5カラットダイヤモンド、両側にサファイヤをあしらっております。

Chandler: Sir, can I ask you to umm, could you…hold out that ring and ask me to marry you?
 すいませんが、お願いできるかな。あなた、その指輪を持って、俺に結婚を申し込んでみてくれる?

Male Jeweler: Okay. . Will you marry me?
 いいですよ・・・結婚してくれますか。

Chandler: Oh, my God, that’s it, that’s the ring! How much is it?
 (感動)オーマイゴッド。これだ、この指輪だよ! これいくら?

Phoebe: Chandler, I-I will handle this! . . How much is it?
 チャンドラー、これは私が話すわよ。(店の人に)いくらなの?

Male Jeweler: 8,600.
 8,600ドルです。

Phoebe: We will give you $10.
 10ドル払うわ。

Male Jeweler: Are you interested in this ring?!
 この指輪をお気に召されたのではないのでしょうか?

Chandler: Yes! Yes, but I can only pay $8,000.
 ああ、気に入ったよ。だけど、8,000ドルしか払えないんだ。

Male Jeweler: Okay, I can let it go for eight.
 そうですね、8でもいいですよ。

Phoebe: We stand firm at $10.
 絶対10ドルよ。

Male Jeweler: How would you like to pay?
 お支払い方法は?

Chandler: Uh, credit card. Oh, no! No-no, but I left my credit card with Joey. . . Okay, I’ll go get it. You guard the ring.
 クレジットで。あ、いけない。いやいや、ジョーイに預けたままだよ。(フィービーに)取りに行ってくるから、この指輪見といて。

Phoebe: Okay. . . Listen, I’m sorry about before. Do you have anything here for $10.
 わかった。(店の人に)ねぇ、さっきはごめんね。ここで10ドルのものってない?

Male Jeweler: Yes, I have these two rather beautiful $5 bills.
 そうですね。わたくし、まぁきれいな2枚の5ドル札を持っております。

Phoebe: I’ll give you $1 for them.
 それ1ドルで買うわ。

《セントラルパーク:ロスとジョーイ》

Ross: Hey, remember how Chandler and Phoebe blew us off yesterday?
 ね、チャンドラーとフィービーが僕らを昨日避けたの覚えてる?

Joey: No.
 いや。

Ross: Remember? You-you were eating pizza.
 覚えてるだろ! 君はピザ食べてた。

Joey: Yeah.
 ああ。

Ross: Okay. Well, apparently Chandler’s angry at us for not getting him a ticket to that Knicks game a couple of weeks ago.
 ね、どうやら、チャンドラーは、2週間前、ニックス戦に誘わなかったのを怒ってるらしいんだ。

Joey: Oh, we’re supposed to just get him a ticket?! That guy is always mooching off of us!
 なんだ、俺たち、やつの分のチケットを買うべきだったっての? やつはいっつも俺たちにねだるんだからな。

Ross: Yeah! Anyway, I-I still think we should try to patch things up, you know ? Like uh, maybe we could get him to get tickets to another Knicks game and invite him.
 そうだよ。とにかく、なんとかしなきゃな。だろう? 例えば、またニックス戦のチケット買って誘うとか。

Joey: Oh, wow, that’s a great idea! And I still have his credit card.
 ああ、ワオ。それはいい考えだな! それに俺、やつのクレジットカード持ってるぞ。

Gunther: Here you go.
 (レシートを渡す)はい。

Ross: Oh.
 ああ。

Joey: Hey-hey-hey-ho-ho, I got this one. Here you go. . .You know, I gotta tell ya, sometimes I just−I don’t get Chandler. You know, me and him do stuff all the time without you and you don’t get all upset.
 おいおい、いいよ、これ払っとくよ。ほら。(チャンドラーのカードをガンターに渡す)なぁ、ほんと、時々俺チャンドラーがわからないよ。なあ。俺と彼とで、いつも君抜きでいろんなことしてるけど、君は全然怒らないのになぁ。

Ross: All the time?
 いつも?

Joey: All the time!
 いっつもさ!

《モニカ達の部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Oh, my God! Oh, my God!!
 もう参ったわ、もう参ったわよ!!

Monica: Still crying?
 まだ泣いてるの?

Rachel: Like a little girl. I know. I know. I know. This is all my fault. I wanted him to open up. But God, I didn’t know that I was gonna unleash this-this weepy, clingy, moist monster!
 小さな女の子みたいにね。わかってる、わかってるわよ。全部私のせいよ。彼に心を開いて欲しかった。だけどああ、こんなに泣いてくっついてくるメソメソモンスターを解き放つことになるなんて知らなかったんだもの!

Monica: You know, I only know of two surefire ways to shut a man up. And one of them is sex.
 確実に男を黙らせる方法が2つだけ知ってるわ。一つは、セックスね。

(surefire =成功確実な)

Rachel: What’s the other one?
 もう一つは?

Monica: I don’t know, I’ve never had to use the other one. I’m just saying, you know, if we’re having sex, he’s not gonna be talking.
 知らない。試したことないから。私に言えるのは、セックスしてる時は、男ってしゃべらないってことよ。

Rachel: Oh, that’s right. You’re the talker.. . Anyway uh, great idea! Umm, I gotta go to the store. I told him that I would buy him some more tissues.
 ああ、そうね。あなたはおしゃべりだもんね。とにかくそれはいいアイデアね。じゃ私お店に行ってこなくちゃ。彼に、ティッシュ買ってくるって言ってあるの。

Monica: Oh, we have some…
 あら、それならうちに・・

Rachel: No, you don’t!
 いえ、ないのよ!

《宝石店:フィービーがあれこれ重ねて試着している》

Phoebe: Okay, umm, I’d also like to try on the tiara. Oh, yeah. Okay. What do you think, too much?
 いいわ、今度はあのティアラをつけてみたいわ。ああ、いいわね。うん。どう思う? つけ過ぎ?

Male Jeweler: A tad.
 ちょっと。

Phoebe: Okay. Then, take the tiara back and let me hold the musket again. . Something’s missing. It’s not… Okay, oh, let me see the ring my friend picked out.
 わかった。それじゃ、ティアラを戻して、またマスケット銃を持たせてくれる。(持って鏡を見る)何か足りないわね・・何か・・あ、そうだ。私の友達が選んだ指輪を見せてくれる。

Male Jeweler: Where’s the 1920s princess cut ring.
 (他の店員に)1920年のプリンセスカットの指輪はどこ?

Female Jeweler: I just sold it to that gentleman.
 あれがあの男性にたった今売りましたよ。

Phoebe: Oh, my God!! Wait, no! . . . .No! What?! Help me! Let me out! Now!
 なんてことを! 待って、ダメよ! (追いかけたのでシャッターが下りて閉じ込められる)いやよ、なに? 助けて! ここから出して、すぐ!(マスケット銃を向ける)

《ジョーイの部屋:泣いているポール、チャンドラーが来る》

Paul: Rachel?
 レイチェル?

Chandler: No. How are you, Paul?
 いや、元気、ボール?(カードを探す)

Paul: Okay. Chandler, did your dad ever hug you?
 元気。チャンドラー、君のとうさんは、君をハグしてくれた?

Chandler: No, did he hug you?!
 いいや。彼、君をハグした?

Paul: No! No! It’s just that, my dad never did. I miss my dad.
 いや。いいや。私の父は絶対ハグをしてくれなかったんだ。父が恋しい。

Chandler: Well, you can see my dad in Vegas kissing other dads.
 俺のとうさんが、よそのとうさんにキスしてるとこなら、べガスで見られるよ。

Paul: Hey, Chandler?
 なぁ、チャンドラー?

Chandler: Yeah?
 ああ?

Paul: Would you…….Would you hug me?
 君・・君、ハグしてくれないか?

Chandler: I’m a little busy here, Paul.
 今ちょっと忙しいんだよ。ポール。

Paul: That’s exactly what my dad used to say!
 それがまさしく、私の父が言ったセリフだ!

Chandler: Okay, a quick one. Come on, hug it out. . .Oh, hey! There you go. . .Okay.
 わかった。簡単にな。来いよ、ハグしよう。(きついハグ)おおっ! おい! はいはい。。(まだ終らない)もういいよ。

Paul: Five more seconds.
 あと5秒。

Chandler: Okay!
 いいよ!(離れる)

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 ヘイ!

Paul: Joey!
 ジョーイ!(言ってハグするというより抱き上げる)

Joey: Whoa-whoa-hey-hey! Hi, Paul, is it?
 ウワオ、ウワ・・ヘイヘイ! やぁ、ポール、だったよね?

Chandler: Do you have my credit card?
 おまえ俺のクレジットカード持ってない?

Joey: Yes, it’s in my… In…in my pocket. . . My back pocket! My back pocket!
 ああ、おれの・・おれのポケットに・・(抱かれたジョーイのポケットを探すチャンドラー)後ろのポケットだよ。後ろのポケット!

Chandler: Thank God!
 (カードを出し)助かった!

Joey: Oh, hey, listen, I got us tickets to a Knicks game tonight.
 あ、なあ、おい、ニックスの今夜のチケットがあるんだよ。

Chandler: Oh, I can’t go.
 ああ、俺は行けない。

Joey: Come on! It’ll be fun! Me, you, and Ross, and… Paul, probably…
 何だよ。楽しいぞ! 俺と、ロスと、それから、ポールもかな。

《宝石店:フィービーが他の指輪を持って待っている》

Phoebe: Chandler, I found the perfect ring.
 チャンドラー、完璧な指輪を見つけておいたわ。

Chandler: Oh, that’s uh, that’s pretty nice but I’m gonna go with the one I picked first.
 ああ、それは・・それはいいね、だけど、俺は最初に選んだやつでいくよ。

Phoebe: Oh, my God, Chandler, the one you picked is gone. It’s over!
 ああ、チャンドラー、あなたが選んだのは、なくなっちゃったの。もうおしまいよ!

Chandler: What?
 え?

Phoebe: Some guy bought it. I’m sorry. I tried to stop it but they put me in jail!
 買ってっちゃった人がいるのよ。ごめんなさい。止めようとしたんだけど、檻に入れられちゃったのよ!

Chandler: They put you in jail?
 檻に入れられた?

Phoebe: The little jail between the doors!
 そこのドアの間の小さな檻。

Chandler: Phoebe, I asked you to guard the ring!
 フィービー、あの指輪を見ててって頼んだじゃないか!

Phoebe: I know, I’m sorry! But you know, this ring is better! Monica never even saw the other ring.
 わかってる。ごめんね! でもね、この指輪の方がいいわよ。モニカは他の指輪のことは知らないんだし。

Chandler: Yeah, but when he proposed to me with the ring I got goose bumps.
 ああ、だけど、彼があの指輪を持ってプロポーズをして見せたとき、鳥肌がたったんだよ。

Phoebe: Maybe it was the guy.
 もしかしてあの人のせいかも。

Chandler: It was the ring!
 指輪だ!

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Ross: Hey! So uh, was he excited about the tickets?
 やぁ! それで? 彼はチケット喜んでた?

Joey: No! He blew us off!
 いいや! 彼は行かないって!

Ross: What?!
 なんだって!

Joey: I know!
 そうなんだよ!

Ross: I can’t believe it. Can I tell you something? I’m a little mad at him now.
 信じられないな。言っていい? もう彼には腹が立ってきたよ。

Joey: Can I tell you something? Me too.
 俺も言っていいか? 俺もだ。

Ross: You know what? He didn’t want to talk to us about being angry, well, maybe we don’t talk to him at all!
 なぁ、怒ってることを話そうとしないなら、僕たちも彼とまったく話すのをやめよう。

Joey: Ooooh! Freeze him out.
 おおお! 仲間はずれだな。

Ross: That’s right!
 そうだよ!

Joey: I like it!
 それいいな!

Ross: Eh? We’ll show him!
 だろ? どうなるか見せてやるんだ。

Joey: From now on, it’s gonna be Joey and Ross, best friends. . .Okay! We’re gonna be the new Joey and Chandler.
 これからは、親友・ジョーイとロスだ。(握手)よーし! 俺たちは、新しい「ジョーイとチャンドラー」だ。

《ジョーイの部屋:レイチェルが戻る》

Rachel: Hi. I’m back.
 ハーイ。戻ったわよ。

Paul: Hey! I have so much more to tell you, I’ve written it all down!
 やぁ! まだ君に話すことがたくさんあるよ。みんな書き出してみたんだ!

Rachel: Ah, that’s great. No, actually that’s… That’s great! That’s really great! You know, I gotta tell you, writing, I mean writing, gets me uh, gets me kinda hot.
 わぁ、それはいいわね。いえ、実際それって・・いいわね! 本当にいいわ! ねぇ、思うんだけど、書く事って、ね、書いてるってことで、なんか私、ホットになってきちゃった。

Paul: Wait! Wait! Listen! Listen to this! You know what I wanted to be when I was that age?
 待て待て! 聞いて、これを聞いてくれ。(ページをめくり)この年に僕が何になりたかったかわかる?

Rachel: A lover?
 恋人?

Paul: A surfer.
 サーファーなんだ。

Rachel: Oh, yeah, surfer?
 ああ、そう、サーファー?

Paul: I wanted to be one with the waves, you know ?
 波と一つになりたかったんだよ。

Rachel: Okay, hold on real quick, hold on a second let me just uh, get a little more comfortable here. Wait, now wait a second, this isn’t too revealing, is it?
 そう。ほんのちょっと待って。ちょっとだけ待ってね、私ちょっと・・(カウンターに座り胸のボタンを外す)もうちょっとくつろぎたいから・・待って。ちょっと待って、これってちょっと出しすぎかしら?

Paul: No. What ever happened to that little dude. So full of dreams…
 (目もくれず)いや。この小さな子に起きたことはというとだね、夢にあふれた・・

Rachel: I don’t care about the little dude! I can’t! I cannot listen to anymore of this! You know, the only person who would want to listen to this is a mental health professional! And then it’s only because they get paid $100 an hour! Do you know how much money I could’ve made listening to you? $2,000! And do you know when I figured that out? While you were talking!
 その小さな子のことはもうどうでもいいわ! もう無理! もうこれ以上聞いてられない! これを聞きたいと思うのは、メンタルヘルスのプロだけよ。それも、1時間に100ドルもらえるからよ! あなたの話をこれだけ聞いて、私いくらぐらいもらえたはずかわかる? 2,000ドルよ! いつそれを計算したと思う? あなたが話してる間によ!

Paul: What?! I can’t believe you’re trying to stifle me! When just 14 hours ago we figured out that that is exactly what my mother was trying to do to me!
 なんだって? 信じられない。君まで僕を抑え込もうとするなんて! 僕が14時間前に話したよね、それはまさしく母が僕にしようとしたことだ。

Rachel: Oh… I’m sorry. I… I-I don’t mean−I didn’t mean to stifle you. I… This is all just a little overwhelming.
 ああ、ごめんなさい。そういう・・あなたを抑え込むようなつもりじゃなくて、ただ私、もうこのすべてが、もういっぱいいっぱいで、圧倒されちゃったのよ。

Paul: Oh, Rachel, I’m so sorry. I didn’t mean to overwhelm you. It’s just that, when those gates open, you… Hard to close them. But they are closed now. Believe me.
 ああ、レイチェル、ごめんよ。君を圧倒させてしまうつおりはなかったんだ。ただ一度心を開いてしまったら・・・(我慢)閉じるのが難しくて。。でももう閉じたよ。大丈夫。

Rachel: I’m so glad, I’m so glad you shared. And I’m glad that you’re done. What do you say we umm…
 嬉しいわ。分かち合ってくれて嬉しいわ。そして、もうそれが済んで嬉しいわ。じゃあ私達、ね・・

Paul: I would really like that.
 それはいいね(キス)

《レイチェルの寝室》

Paul: That was…so good.
 もう・・すごく・・よかった・・(泣き出す)

《モニカ達の部屋:気に入らない指輪を持っているチャンドラー》

Phoebe: Hey.
 ハーイ。。

Chandler: I can’t believe I let you talk me into buying this stupid gumball machine looking ring!
 君に言われるままに、こんなバカなガムボールマシンみたいな指輪買っちゃうなんて信じられないよ!

Phoebe: It’s not a stupid gumball machine looking ring! It’s a beautiful ring!
 バカなガムボールマシーンみたいな指輪じゃないわよ! 美しい指輪だわ!

Chandler: No, it’s not! When I looked at the other ring I could see Monica’s face when I gave it to her, you know ? And I could see her saying yes. When I look at this ring, all I see is a ring! Unless I look at it really closely and then I can see my own eye. . . Look, this is the most important thing I’m gonna do in my life. I wanna make sure it’s perfect.
 いや、ダメだよ。あの指輪を見たとき、それを渡した時のモニカの顔が思い浮かべることができたんだよ。それに、彼女がイエスって言ってくれるところも見えたんだ。この指輪を見ても、ただの指輪でしかないんだよ。ただ、すごく近くから見ると、自分の目が見えるんだけどね。(近くから覗いて笑い出す)なぁ、これは、俺の人生で一番大事なことなんだよ。完璧にしたいんだよ。

Phoebe: Okay. There may be a way that we can get the other ring back. ‘Cause I heard the guy tell the jeweler where he was going to propose. So maybe we can get him to trade rings or something.
 そうね。もしかしたら、あの指輪を取り戻せるかもしれないわよ。買った人がどこで彼女にプロポーズするか聞いたから、指輪を交換してって頼めるかもよ。

Chandler: I can’t do that.
 そんなことできないよ。

Phoebe: Well, you certainly can’t give her that stupid gumball ring.
 だけど、あのバカみたいなガムボールっぽい指輪はあげられないんでしょ。

《そのレストラン》

Phoebe: There he is!
 あ、あの人よ。

Chandler: Okay, and he hasn’t proposed yet because she has no ring on her finger.
 よし、彼女の手に指輪が無いとこ見ると、プロポーズはまだだな。

Phoebe: Wow! You’re good! After this, we should solve crimes.
 ワオ! すごいわね。これが済んだら犯罪も解決しようね。

Chandler: Yeah! Okay, go, go, go get him.
 だな。よし、行って行って! 彼連れてきて。

Phoebe: Oh, okay. . . Excuse me, sir? Could you come with me please? You have a phone call.
 わかった。(男性に近づき)すみません、こちらに来ていただけます? お電話です。

Customer: Who is it?
 だれから?

Phoebe: It is your office.
 あなたの会社からですよ。

Customer: Do you know who at my office?
 会社の誰かわかる?

Phoebe: John?
 ・・ジョン?

Customer: Oh, John! Great!
 ああ、ジョンね、わかったよ。

Phoebe: There he is.
 (チャンドラーに)連れてきたわよ。

Chandler: Hi! Hi. Okay, there was a slight mix-up at the jewelry store, the ring you’re about to propose with was supposed to be held for me. So, I’m gonna need to have that back. But, in exchange I’m willing to trade you this beautiful, more expensive ring.
 やぁ、どうも。あのですね、あの宝石店でちょっとした手違いがありまして、あなたがプロポーズで渡そうとしてる指輪、僕が買うはずだったんですよ。それで、それを取り戻したくてですね、それで、この美しくて、もっと高価な指輪と交換していただけませんか。

Phoebe: Wow! I would trade.
 ワオ! 私なら交換するわ。

Customer: It is beautiful, but I’m gonna use this one. Now, if you’ll excuse me.
 きれいだね。だけどやっぱり僕はこれにするよ。じゃ、失礼。

Chandler: No-no! This is my fiancee, and her heart was set on that ring. You don’t want to break her heart now, do you?
 いやいや、こちら僕のフィアンセなんですが、彼女はこの指輪と心に決めてしまってるんですよ。彼女のこと悲しませたくないですよね?

Phoebe: Yeah, do you want to break a dying woman’s heart?
 そうよ。あなた、死んで行く女を悲しませたいの?

Customer: You’re dying?!
 君、死ぬの?

(フィービーが咳き込む)
Chandler: Yeah, she’s dying… of a cough, apparently.
 ああ、そう。彼女はどうやら咳で死ぬんだよ。

Phoebe: Yes, and it is my dying wish to have that ring. See, if I’m not buried with that ring then my spirit is going to wander the nether world for all eternity…
 そうよ。この指輪が欲しいというのが死に際の願いなのよ。ね、だからこの指輪をつけて埋葬されなかったら、私の魂は天国へ行けず永遠にさまよって・・

Chandler: Okay, that’s enough, honey!
 わかった、もういいよ、ハニー。

Customer: I don’t know. . Let me see the ring.
 どうしようかな・・その指輪を見せて。

Chandler: Great! Okay, here.
 よかった! はい、どうぞ。

Customer: All right.
 わかったよ。

Chandler: Thank you. Thank you. Thank you! . .And you are about to marry a wonderful man!. . .Hey! I’m marrying a dead woman!
 ありがとう、ありがとう、ありがとう! (男性のガールフレンドに)あなたは素晴らしい男性と結婚しようとしてますね!(驚く女性、怒る男性)いや、僕は死にいく女性と結婚しようとしてるんだから。

《ジョーイの部屋;ロスとジョーイ。チャンドラーが来る》

Chandler: Guys? . . I’ve got something important to tell ya. . Guys? . . Guys?! . . I’m gonna ask Monica to marry me.
 なぁ(無視される)大事な話があるんだ。(無視してTVを見る2人)君たち?(TVを見続ける2人)君たち、なぁ、俺、モニカに結婚を申し込むことにしたんだ。

Joey: I think we gotta end the freeze out.
 (ロスに)仲間はずれやってる場合じゃなさそうだな。

Ross: Wait a minute, is this, is this for real?
 ちょっと待て、これ、これって、本当の話?

Chandler: Yeah, check out the ring.
 ああ。指輪を見てくれ。

Joey: Oh, my God!!
 オーマイゴッド!!

Ross: So you two are really serious!
 それじゃ君たち2人って本気だったんだな!

Chandler: Yep, pretty much.
 ああ、本当にね。

Ross: You-you’re gonna get married?! I mean… We’re gonna be brothers-in-law! Come here!
 君らが結婚するのか! 僕ら、義理の兄弟になるじゃないか! 来て!(ハグ)

Joey: And-and-and-and, and we’re gonna be friends again!
 そんでそんでそんで! 俺たちまた友達に戻れるよ!

Chandler: Hey−What?
 (ハグしたが)ヘイ、なんだって?

Joey: Oh, it’s water under the bridge, forget it!
 もう過ぎたことだよ、忘れろ!

Chandler: Okay! I was gonna wait till uh, it was official, you know? But I got so excited I just had to tell you guys because you’re my best friends.
 よし!(ハグ)正式に決まるまで黙っていたかったんだ。だけど、もう嬉しくて、君たちは親友だから、話したかったんだよ。

Joey: I think I’m gonna cry!
 俺泣きそうだよ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Ugh! No more crying! Please! I just dumped one cry baby, I’ll dump you too!
 もうっ! 泣くのはもういいわよ! 勘弁して! 1人泣き虫を振ったとこなんだから。あなたもフルわよ。

Chandler: I’m gonna ask Monica to marry me.
 俺、モニカに結婚を申し込むことにした。

Rachel: Oh, my God! Oh, my God! Oh, Chandler!! (Hugs him.) You guys are gonna be so happy!
 なんてこと、なんてことなの! ああ、チャンドラー!(ハグ)あなた達すごい幸せになれるわよ!

Chandler: I know.
 そうだよね。

Joey: Where’s all the tissues?!
 ティッシュがないよ!

《ジョーイの部屋:続き》

Chandler: Check out the ring.
 指輪見て。

Rachel: Oh! Nice! One and a half carat easy.
 ああ! 素敵ね! 1,5カラットはあるわね。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hi.
 ハーイ!

Ross: Hey-hey, Pheebs!
 ヘイヘイ! フィーブス!

Phoebe: Yeah?
 んん?

Ross: Chandler’s gonna ask Monica to marry him!
 チャンドラーがモニカに結婚を申し込むんだ!

Phoebe: Oh, I know, I helped pick out the ring.
 ああ、知ってるわ。私指輪選び手伝ったのよ。

Ross: You told her before you told us?
 (チャンドラーに)君、僕らより先に彼女に話したのか?

Chandler: Well, she walked in when I was looking at the ring brochures. You can understand that, right?. . . Guys? Guys?
 いや、指輪のカタログを見てる時に彼女が急に入ってきてさ。わかってくれるだろ、ね? (無視される)ねぇ、君たち?、ねえ?




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 19:58| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。