2013年10月01日

6-22 The One Where Paul’s The Man

6-22 男らしいポールの話

 ☆秘密の週末旅行☆

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Hi, you guys.
 ハーイ、みんな!

Chandler: Hey!
 やぁ。

Monica: Hi!
 ハーイ。

Rachel: What’s the matter?
 どうしたの?

Phoebe: Well, it’s just−it’s one of those situations that I just hate. You know? A massage client gave me three tickets to the Helmet-Pelts exhibit at the Morgan Chase museum.
 またイヤなことになったのよ。マッサージのお客さんが、モーガン・チェイス美術館のヘルメット・ペルツ展のチケットを3枚くれたの。

Joey: Now you’re thinking you gotta sleep with him.
 だから寝なきゃならないって?

Phoebe: No! No! It’s just that he gave me three tickets and there are six of us!
 違う、違うわよ! 私達6人いるのにチケット3枚ってこと!

Chandler: I’ll give up my ticket.
 俺は遠慮しとくよ。

Joey: Me too.
 俺も。

Phoebe: Okay, that’s so generous!
 まぁ、気前がいいのね!

Chandler: And I think Ross is generous too.
 ロスも気前がいいと思うよ。

Phoebe: Great! Okay, then it’s just us girls!
 よかった! それじゃ、女の子だけで行きましょ!

Monica and Rachel: Great. Yeah.
 いいわね。そうね。

Rachel: So what-what is the exhibit.
 なんの展示なの?

Phoebe: It’s mostly just photographs of lesbian love scenes interspersed with video games and free sandwiches.
 ほとんどレズビアンのラブシーンの写真で、中にはテレビゲームもあって、それからサンドイッチは無料よ。

Joey: Oh, man!
 なんだよ!

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Chandler: Hey!
 やあ!

Joey: Hey, Ross, listen, Chandler got you out of going to the lesbian sandwich museum this weekend!
 なぁロス、チャンドラーがこの週末、レズビアンのサンドイッチ美術館のチケットをふいにしちゃったんだぞ!

Ross: Thanks? But I have plans. Elizabeth and I are going out of town.
 ありがとぉ? だけど、予定があるんだよ。エリザベスと遠出するんだ。

Monica: Oh, that’s great!
 あら、いいわね!

Ross: Yeah.
 ああ。

Monica: You think about all the money that you’re gonna make!
 だいぶお金になるんじゃないの?

Ross: Why? What?
 なんで? なに?

Monica: Well, her father pays you for baby-sitting, right?
 だっておとうさんがベビーシッター代払ってくれるんでしょ?

Ross: No, no, that’s funny. But maybe it’s time to move on, you know, let it go. Stop it! Besides, Rachel is going out with Elizabeth’s father, so ah, he’s much older than she is. Looks like I’m not the only one interested in fossils, huh?
 いやいや、おもしろいね。だけど、もうそろそろ、いいんじゃないかな、やめないか。やめて! それに、レイチェルはエリザベスのおとうさんとつきあってるんだろ。彼は随分年上だぞ。化石に興味があるのは僕だけじゃないみたいだね。

Rachel: Ross, all that does is remind us that you are interested in fossils.
 ロス、そんなこと言ってくれても、ただあなたが化石好きだってことを強調するだけよ。

Ross: Okay, okay. Uh, well, Rachel is going to need to yell sweet nothings in his ear. Huh?
 わかった、わかったよ。いや、レイチェルは彼の耳に甘い言葉を何も怒鳴らなくてもいいよね。(ポールが来る)

Chandler: Ross.
 ロス。(ポールがきたことを教える)

Ross: Oh, come on, you guys, that’s funny! You know? Because he’s need−he’s got like a hearing aide, you know, ‘cause-‘cause he’s all old.
 なんだよ、みんな、笑えるだろ! だってさ、彼は必要だよ、補聴器とかさ、だって彼はあんなに年取ってるからね!
(ポールが笑い、ロスは気づいて凍り付く)

Paul: One second. Okay, look, Ross, just so you know that since Lizzie likes you so much, I’ve decided to accept the fact that you’re going out with her.
 (みんなに)待って(ロスと二人になって)いいか、ロス、言っておく。リジーが君のことを随分気に入ってるから、君たちがつき合うということを認めることにしあ。

Ross: Really? That okay, that’s great.
 本当に? それはいいな、うれしいです。

Paul: Yeah. But then I changed my mind. I’m funny like that. So I told Lizzie, now I’m telling you, I don’t want you seeing my daughter anymore.
 ああ、でも気が変わったよ。おもしろいだろ。だから、リジーにはそう言ったが、君にはこう言っておく。もううちの娘には会わないでもらいたい。

Ross: All right, look, I realize it upsets you.
 わかりましたよ、ええ、あなたを怒らせたようだ。

Paul: Yes, it does.
 ああ、そうだ。

Ross: But, Elizabeth and I are both adults and so I don’t think there’s really anything you can do about it.
 でも、エリザベスも僕も大人です。だから、あなたにとめることはできませんよ。

Paul: I’ll call the university and tell them about your relationship and have you fired.
 大学へ電話して、君と娘の関係を話して、クビにしてもらうよ。

Ross: Ohh! A man with a plan!
 ああ! プランがおありのようだ!

《クリーニング店》

Phoebe: This is so exciting! You get your picture back up on the wall of fame! Eek!
 すごいわねぇ! 殿堂の壁にまた飾られるのね! ああ!

Joey: I know. It was so cool when I was up there before. Me and Jim Belushi would just be cracking up about something… Then I get fired off of Days Of Our Lives and he takes me down. Now he’s just laughing at me. Look at him, that smug Belushi bastard.
 そうなんだよ。ここに飾ってあった時の俺って最高だったよ。俺と、ジム・ベルーシが一緒に笑っててさ。それから「愛の病院日誌」を下ろされて、ここも外されちゃったんだ。今じゃあいつ俺を笑ってるよ。やつを見ろよ。あの気取ったベルーシ野郎。

Phoebe: Ohh, Okay, maybe they put your picture back up they can put you next to Matt Lauer. Look at him, smiling at me. Yeah, I know, we’d be great together!
 ああ、そうだ、今度はマット・ラウアの隣に飾ってもらえるかもね。見て、彼。私に微笑んでるわ。(写真に)ええ、そうよね。私達うまくいくわよ!

Joey: Hey! So I’m back.
 (店主に)やぁ! 帰ってきたよ!

The Dry Cleaner: Who are you?
 君は誰だ?

Joey: Joey Tribbiani! From the wall! Okay, maybe this will jog your memory, huh? . . . Huh? Okay, eh-ah-anyway, I’m ready to go back up on the wall. I’m the star of a new TV show.
 ジョーイ・トリビアーニだよ! 壁に飾ってあっただろ。よs、これで思い出すんじゃないか?(写真を顔の前に出して見せる)どう? いいよ、とにかく、壁にまた飾ってもらえるようになったんだ。俺はテレビドラマのスターになったんだよ。

The Dry Cleaner: Show me in the TV book.
 (テレビガイドを出して)この中のどこにある?

Joey: Oh, well, it’s not on TV yet.
 ああ、まだ放送されてないんだ。

The Dry Cleaner: Well, then it’s not on the wall yet.
 それじゃまだ壁には飾れないな。

Joey: Okay, fine, I will bring you a tape, huh?
 いいよ、わかったよ。じゃあテープを持ってくるからな。

Phoebe: So umm, now do you have any of Matt Lauer’s clothes here? Maybe? Just ones that haven’t been cleaned yet? . . .Fine.
 ねぇ、マット・ラウアの服はない? もしかしてまだ洗ってないやつとか?(睨まれ)いいわよ。

《モーガン・チェイス美術館》

Monica: Oh, I love museums!
 ああ、美術館っていいわね!

Rachel: Umm.
 ええ。

Monica: Soaking up all the culture.
 文化に浸る感じ。

Rachel: Yeah.
 そうね。

Monica: Where do you want to start?
 どこから回る?

Rachel: Ooh, the gift shop!
 ああ、ギフト・ショップから!

Monica: Yeah!
 そうね!

Phoebe: Hey, and then lunch.
 それからランチね!

Rachel: Oh, wait, yes, but I can’t eat too much. Paul is taking me out to dinner tonight. He said he has a big surprise planned.
 あ、待って、いいけど、たくさんは食べられないわ。ポールがディナーに連れてってくれるの。彼、何かすごいサプライズを用意してくれてるんだって。

Phoebe: Oh, wow. What, do you think maybe he’s gonna tell you he’s gay?
 ワオ! それじゃ、彼、あなたにゲイだって告白するのかもね。

Rachel: What?! No! Why?!
 何ですって? 違うわよ。どうして?

Phoebe: No reason! That would just be a really big surprise, right?
 別に。だってそれ、すごいサプライズじゃない?

(美術館のスタッフがカップルを案内している)
The Museum Official: You can put the aisle over here, and put the wedding ceremony right over here.
 こちらを通路にすることができます。そして、結婚式はこちらでできます。

Rachel: I didn’t know you could get married here.
 ここで結婚式をあげられるなんて知らなかったわ。

Monica: This would be a beautiful place to get married.
 ここで結婚式をしたらきれいでしょうねぇ。

Rachel: Yeah.
 そうね。

Monica: But I wouldn’t put the aisle there and I would never have the ceremony there! . . You’d have the ceremony under this big beautiful arch.
 でも、私だったら、あそこを通路にはしないし、式はここじゃダメよ! このきれいなアーチの下でするのがいいわ。

The Museum Official: May I help you?
 (モニカに)何か?

Rachel: Oh, sorry, didn’t mean to interrupt. It’s just such a beautiful space. Do you do a lot of weddings here?
 あら、ごめんなさい。邪魔するつもりじゃなかったんですけど。ここって本当にきれいですね。結婚式はたくさんあるんですか?

The Museum Official: Yes. We’re very popular. There’s a two-year waiting list. Sorry!
 ええ。とても人気なんですよ。2年待ちですよ。失礼!

Rachel: Monica, you should totally put your name down on the list.
 モニカ、そのウェイティング・リストに名前書いておくべきよ!

Monica: What?! Are you crazy?! I’m not getting married! I’m not even engaged.
 えっ? どうかしてるんじゃない? 私まだ結婚しないわよ! 婚約もしてないのに。

Phoebe: Yeah, but there’s a two-year wait. And then what if you get engaged in two years and then you got to wait another two years for this place. That’s four years. Chandler’s not gonna wait that long. He’s gonna find somebody else, you know? Someone, someone who did put their name on the list.
 そうだけど、2年待ちなのよ。もし2年後に婚約しても、それからここ、2年も待たなきゃならないのよ。そうしたら4年よ。チャンドラーはそんなに待ってくれないわよ。誰か他に見つけちゃうわよ。誰か、誰かここのリストに名前書いた人をね。

Rachel: Yeah, hon, it can’t hurt to put your name down! I mean in if two years if you’re not engaged you just don’t use it.
 そうよ、ね、名前書いておいたって何も悪くないでしょ。2年のうちに婚約しなかったら、使わなきゃいいだけじゃないの。

Monica: Well, I mean I guess there is no harm in putting my name down.
 まぁ、名前を書いておいても悪いことはないわね。

Rachel: I’m gonna do it too!
 私もそうするわ!

Phoebe: Me too!
 私も!

Rachel: Really? Who would, who would you marry?
 本当に? 誰と結婚するの?

Phoebe: I don’t know, I don’t have anyone right now. You know?
 わからないわ。今は誰もいないけどね。

Rachel: Oh, Pheebs.
 ああ、フィーブス。

Phoebe: Don’t feel too sorry for me. At least my boyfriend isn’t gay.
 あらそんなに同情してくれなくてもいいわよ。少なくとも私のボーイフレンドはゲイじゃないわよ。

Monica: Phoebe, that stuff is…
 フィービー、それは・・

Phoebe: Don’t even get me started on yours.
 あなたの相手についての話はやめましょうよね。

《クリーニング店:ジョーイがまた来る》

Joey: Hey! So, did you watch the tape of my show?
 やぁ! 俺のショーのビデオ見てくれた?

The Dry Cleaner: I did.
 見たよ。

Joey: All right, let’s get me back up there!
 よし、それじゃあ俺をまた壁に飾ってよ!

The Dry Cleaner: No! It don’t go up on the wall!
 ダメだ! 壁にかけない!

Joey: What−But you saw the show!
 え。だけどドラマ見てくれたんだろ!

The Dry Cleaner: Yes, it was very offensive to my people!
 ああ。あれは俺たちに対してひどい番組だ!

Joey: Dry cleaners?
 クリーニング屋さんに?

The Dry Cleaner: Russians! It showed them as terrorists and villains!
 ロシア人にだ! そのドラマではロシア人がテロリストで悪人だ!

Joey: Okay! Okay, look! You-you-you got Harrison Ford up there!
 わかった、わかったよ。だけどほら、ハリソン・フォードも飾ってるじゃないか!

The Dry Cleaner: That’s right. Mr. Ford is a very good customer, he brings us a lot of clothes; you bring us nothing!
 その通り。フォードさんはいいお客さんだ。彼はたくさん洋服を出してくれる。おまえは何も持ってこないじゃないか!

Joey: Okay, well, that may be true. But, in Air Force One, okay, the Russians were terrorists! And evil! And plus he kills a bunch of them! That-that-that’s offensive to Russians.
 ああ、そうだな、それはその通りだ。だけど、エア・フォース・ワンを見ろよ、ロシア人がテロリストだぞ。そして悪役だ! 彼はたくさん殺してるぞ! あれは、ロシア人を攻撃してるじゃないか!

The Dry Cleaner: I’ve never seen it!
 それは見てない!

Joey: Oh, you should, it’s great.
 ああ、見るべきだよ、すごくいい映画だよ。

《森のキャビン》

Ross: This place is really beautiful!
 すごくきれいなところだね。

Elizabeth: Yeah, I’ve been coming here since I was a kid. This used to be my Grandma’s.
 ええ。子供の時から来てるのよ。もとは祖母のものだったの。

Ross: Wow! The only thing I got from my Grandmother was her eyes. I mean not-not her actual eyeballs, but, but people say that my eyes−Do-do you want to make out?
 ワオ! 僕が祖母からもらったものっていったら目だけだよ。本当に目玉をもらったわけじゃないよ、だけどみんな言うんだよ、僕の目が・・・キスする?

Elizabeth: Sure! . . . Are you okay? What’s wrong?
 ええ!(ロスが途中でやめる)大丈夫? どうかした?

Ross: Ehh, I was just, I was just thinking about your father.
 ああ、ただちょっと・・ただ、君のおとうさんを思い出して。

Elizabeth: Well, whatever works for ya…
 まあ、そういうのが好きっていうなら・・

Ross: No. No-no uh, he just, he just really freaked me out before.
 いや、いやいや、ただ、ちょっと、彼が本当に怖かったからさ。

Elizabeth: Oh. Well, so we have to hide our relationship from one more person. Big deal. Besides, it’s kinda fun hiding.
 ああ、ただ私達の関係を隠す相手が増えただけのことよ。大した事じゃないわ。それに、隠れてるのも楽しいわ。

Ross: Yeah.
 ああ。(キス)

Elizabeth: Hey, umm, you brought protection right?
 ねぇ、プロテクションの用意した?

Ross: Why?! Are there like bears or something?! . . .Ohh. Oh, protection. Yeah-no, yeah-no, that-that-that I forgot.
 なんで? ここ、クマかなにか出るの? (うろたえてから気づく)ああ、ああ、プロテクションね。ああ、いや。いいや。忘れたよ。

Elizabeth: I’ll just run to the store and get some.
 それじゃちょっと行って買ってくるわ。

Ross: Oh, no! Hey-hey, I’m the guy! I’ll get it.
 ああ、ダメだよ。ね、男なんだから、僕が買ってくるよ。

Elizabeth: Do you know where the store is?
 どこにお店があるか知ってる?

Ross: No.
 いいや。

Elizabeth: Do you want to ride around town on my little pink bicycle?
 あなたピンクの小さな自転車で町を走り回りたい?

Ross: A little bit.
 少し。

Elizabeth: I’ll be back in ten minutes.
 10分で戻るわ。

Ross: Okay.
 わかったよ。

Elizabeth: Why don’t you get in the hot tub and I’ll meet you there.
 熱いお風呂に入っててくれたら、私も後で行くから。

Ross: Ohh, okay.
 ああ、わかったよ。

(服を脱いでいると、レイチェルの声が聞こえてくる)

Rachel: Oh, my God, what a great surprise! This is such a beautiful house.
 ああ、すごいわね、なんて素敵なサプライズかしら! ここ本当にきれいなおうちね。

Paul: Thank you, it’s my mom’s. So this is the kitchen.
 ありがとう。僕の母の家だったんだ。ここがキッチン。
(カウチの下に隠れるロス)

《モニカ達の部屋:電話が鳴るがチャンドラーは出ない》

Chandler: You’ve reached Monica and Chandler’s, if you’re listening to this message, we’re probably screening. Yeah, we are.
 (留守電の応答)「モニカとチャンドラーの家です。これを聞いてるということは、僕らは出ないで聞いてるのかもね」(独り言)ああ、そうだよ。

The Museum Official: Hi, this is Hildy from the Morgan Chase Museum. I’m calling for Monica Geller. I want to let her know that there was a cancellation and if she’s still interested in having the Bing-Geller wedding at our facility, it is available…
 どうも、こちらモーガン・チェイス美術館のヒルディです。モニカ・ゲラーさんにお電話しています。キャンセルがありましたが、ビング・ゲラーさんの、私どもでの結婚式を私どもで挙げていただくご予定がおありなら、こちらでは・・

Chandler: This is Chandler Bing! This is Chandler Bing! Yes, the groom−No! Not the groom!!
 (慌てて出る)チャンドラー・ビング、こちら、チャンドラービングだ! ・・ええ、新郎の。いや、違う、新郎じゃない!!

《ポールのキャビン》

Rachel: It’s so secluded up here.
 ほんとに人里離れた感じね。

Paul: I know. That's why I like it here.
 そうなんだ。だからここが好きなんだよ。

Rachel: I feel like we’re the only two people in the world. . Oops. Sorry.
 世界に私達二人しかいないみたいね。あら、ごめんなさい。(ブドウを落とし、拾おうとしてロスに気づき悲鳴をあげる)

Paul: What’s the matter, honey? Did you see a little mouse?
 どうしたのかな? 小さなネズミでもいた?

Rachel: No-no! Big bear! Big bear outside! I think I-I−would you−actually, would you go check on that?
 いえいえ! 大きなクマよ! 大きなクマが外に! いたと思う・・あなた出ていって確かめてこない?

Paul: Honey, we don’t have any bears here.
 いや、ここにはクマは出ないよ。

Rachel: Well, okay. Would you get me a Diet Coke?
 そう、そうなの。ダイエット・コーラを持ってきてくれない?

Paul: Okay. I’ll be right back.
 いいよ。すぐ戻る。

Rachel: Okay. . . What are you doing here?!
 わかった(ポールが行ってからロスに)ここで何してるのよ?!

Ross: What are you doing here?!
 君は何してるんだよ?!

Rachel: I came with Paul!
 ポールと一緒に来たのよ!

Ross: Yeah, I recognize the ankles!
 ああ、足首で気づいたよ!

Rachel: Get up!
 出て!

Paul: Here you go, honey!
 持ってきたよ、ハニー!(慌ててロスを戻す)

Rachel: Ahh. Thank you!
 ああ、ありがとう!

Paul: Diet Coke.
 ダイエット・コーラだよ。

Rachel: Op, ice. I need ice.
 あら! 氷。私氷が欲しいの。

Paul: Okay.
 わかったよ。

Rachel: Thank you.
 ありがとう。

Paul: I’ll be right back.
 すぐ戻るよ。

Rachel: Thank you.
 ありがとう。

Ross: You and your ice.
 氷だって。

Rachel: Ugh! Get out! Get out! Go! Come on! . . No! Not in there! He’s in there!
 もうっ! 出てきて、出て来て! ほら、行くのよ! 違う、そっちじゃない! 彼はそこにいるわよ!

Ross: Did you really hear a bear?
 (別の部屋へ)本当にクマがいた?

Rachel: Go-go!
 早く行って!

Paul: Here you go, honey. One Diet Coke with ice.
 ほら、ハニー、氷入りのダイエット・コーラだ。

Rachel: Ohh, thank you.
 ああ、ありがとう。

Paul: I’m so happy that you’re here.
 ここに来てくれてうれしいよ。

(エリザベスが戻る)
Elizabeth: Here I am!
 来たわよ!

Paul: Elizabeth! Oh, look, Elizabeth’s here! Who are you talking to?
 エリザベス! わお、エリザベスが来た! 今のは誰に言ってたんだ?

Elizabeth: You guys?
 あなた達・・?

Paul: How did you know we were here?
 どうして僕らがここにいるとわかった?

Elizabeth: Umm…
 あー・・

Rachel: Well, she-she obviously saw the tire tracks that were leading up to the closed garage.
 明らかに、タイヤの跡がここのガレージドアに続いてるのを見たのよ。

Elizabeth: Obviously.
 明らかに。

Paul: Elizabeth, what are you doing here?!
 エリザベス、ここで何をしてるんだ?

Rachel: Did-did you come up here to work on that term paper or something?
 あなた、大学での課題か何かのためにここに来たんじゃないの?

Elizabeth: Yeah! Yep.
 ええ! そうよ!

Rachel: Well, why do you know go in that room and do your homework?
 それじゃ、(ロスの入った部屋を指し)あの部屋に行って、宿題をやっちゃったら?

Elizabeth: Ohh, I wouldn’t do it in there. That’s my dad’s bedroom.
 あら、それはしないわ。だって、あれはパパの寝室だもの。

Rachel: That’s your, that’s your dad’s bedroom. (Yelling) That’s your dad’s bedroom!
 あれは、あなたのパパの寝室なのね。(叫ぶ)あれはあなたのパパの寝室ね!

Paul: Why are you yelling?
 なんで叫んでるの?

Rachel: Whoa, that Diet Coke just went straight to my head! Woo!
 ウワーオ! ダイエット・コーラが頭にきちゃったわ! フーッ!

《モニカ達の部屋:モニカが戻る》

Monica: Hi, honey.
 ハーイ、ハニー。

Chandler: See you later.
 まあまたね(出て行こうとする)

Monica: What? I-I bought groceries, I was gonna make you dinner!
 え? 食品を買ってきたのよ。これから夕食を作るのに。

Chandler: Well, next time ask! Or at least wait for me to ask!
 じゃ、今度は聞いてくれよ! 少なくとも、聞くのを待ってくれよ!

(留守電を聞くモニカ)
The Museum Official: Hi, this is Hildy from the Morgan Chase museum. I’m calling for Monica Geller.
 (留守電)どうも、こちらモーガン・チェイス美術館のヒルディです。モニカ・ゲラーさんにお電話しています。

Monica: Oh, no!
 ああ、まさか!

The Museum Official: (on machine) I want to let her know that there was a cancellation and if she’s still interested in having the Bing-Geller wedding at our facility, it is available…
 (留守電)キャンセルがありましたが、ビング・ゲラーさんの、私どもでの結婚式を私どもで挙げていただくご予定がおありなら、こちらでは・・

Monica: Oh, please, he didn’t hear it! He didn’t hear it!!
 ああ、お願い、彼聞いてないわよね。彼は聞いてないわよね!!

Chandler: This is Chandler Bing! This is Chandler Bing!
 (留守電)チャンドラー・ビング、こちら、チャンドラービングだ!

Monica: NOOOO!!!!!!!!
 ウソーーー!!!

《クリーニング店:たくさん衣類を持ってきたジョーイ》

Female Clerk: Can I help you?
 いらっしゃいませ。

Joey: Uh, yeah, where-where’s the guy who decides who’s pictures go up on the wall?
 ああ、あの男の人は? 壁にかける写真を決めるあの人は?

Female Clerk: He’s not here right now.
 彼はいま留守よ。

Joey: Oh, you’re kidding me! All-all right, well, make sure you tell him that Joey Tribbiani stopped by to drop off all of these clothes. Okay? I’m an actor. I’m trying to get my picture up there on the wall.
 冗談だろ! ああ・・まぁいいか、じゃあ、ジョーイ・トリビアーニが服をこんなに持ってきたこと、必ず伝えてくれよ。いい? 俺は俳優なんだ。ここの壁に写真をかけてもらおうと思ってさ。

Female Clerk: You know, there are two people who could put your picture up there.
 ねぇ、あなたの写真を壁に飾れるのは、二人いるのよ。

Joey: Oh, really? Well, maybe you and I go out for drinks? .. You’re the other one right?
 ああ、そうなの? それじゃ、君と俺とで飲みに行く? ・・君がもう1人なんだよね?

《ポールのキャビン》

Paul: So, Lizzie, are-are-are you planning on staying the night?
 それでリジー、おまえ、今夜はここに泊まるつもりなのか?

Elizabeth: Oh, no-no believe me, I’m leaving as soon as possible!
 あら、いえいえ、違うわよ。私できるだけ早く行くわ。

Paul: Good. Good. Not that we don’t want you to stay, obviously you’re welcome−How much more homework do you have?
 よし、よかった。いや、君にここにいてほしくないわけじゃないんだよ。もちろん歓迎なんだが・・宿題はあとどれくらいある?

Elizabeth: Ahh, I just have one problem left that I do not know how to solve. Uhh, Rachel, maybe you want to come upstairs and help me figure it out?
 ええ、あと一つ、どうしたらいいかわからない問題があるのよね。レイチェル、あなた2階へ来て助けてくれないかしら?

Rachel: Really? Okay. Okay, I-I’ll go upstairs. . . If-if you get me something from the car.
 そう? わかったわ。それじゃ、2階へ行くわね(ポールに)もしあなたが車から何か持ってきてくれたら・・

Paul: What do you need from the car?
 車から何を持ってくればいいんだ?

Rachel: Surprise me.
 驚かせて。

Paul: Okay.
 わかったよ。

Rachel: So you’re gonna be in the car, I will be upstairs, and that’s where everybody’s gonna be!
 (大声で)それじゃあなたは車に行くのね。私は2階へ行くわ。それがみんなの居場所ってことよね!
(レイチェル達は2階へ、ポールは荷物を持って自分の寝室へ行く)

《ポールの寝室:ドアの後ろから、ベッドの下へ移動して隠れるロス》

Paul: Just relax. Just relax Paul, you’re doing great. She likes you. She… Maybe, she likes you. She likes you. You know why? Because you’re a neat guy. You are the man. You are the man! . . I still got it. Nice and sexy. You’re just a love machine. . . I’m just a love machine and I won’t work for nobody but you! Hey, bab-y! Showtime. . . I’m just a love machine, hey, baby!
 (鏡の前で)落ち着くんだ、うまくいってるぞ。彼女に気に入られてる。きっと彼女に気に入られてる。なぜか? おまえは粋な男だからだ。おまえは男だ。男なんだ! (シャツの中の胸を見て)まだいける。かっこよくてセクシーだ。おまえはラブ・マシーンだ。(歌いだす)俺はラブ・マシーン! おまえのためだけに頑張るんだ! ヘイ、ベイビー! (うなる)ショータイムだ! (歌)俺はラブ・マシーン、ヘイ、ベイビー!(うなる)



《セントラルパーク:フィービー1人、モニカが来る》

Monica: Phoebe!
 フィービー!

Phoebe: Yeah?
 なに?

Monica: Have you seen Chandler?!
 チャンドラー見なかった?

Phoebe: No! Why?
 いいえ。どうして?

Monica: The woman from the museum called and said that there was a cancellation and that we could move up our wedding and Chandler heard! . . I know! How bad is this?!
 美術館の女の人が電話をかけてきて、キャンセルがあったから、私達のウェディングができるって、それをチャンドラーが聞いちゃったのよ! (驚愕のフィービー)そうなの! これ、相当なことよね?

Phoebe: Well, for the regular guy, it’s bad, but Chandler, Oh, dear God!
 ええ、普通の男なら困るけど、でもチャンドラーでしょ、ああ、神様!

Monica: I know! I know! And he totally freaked out and I can’t find him anywhere!
 そうよ、そうなの! 彼パニクってたし、どこにもいないのよ!

Phoebe: What are you gonna do?
 それで、どうするの?

Monica: Well, I’m never gonna listen to you again, that’s for sure! "what harm can it do if you go and put your name down?"
 そうね、もう二度とあなたのいうことは聞かないわ。それだけは確かよ。「名前書いておいたって何も悪くないでしょ。」

Phoebe: Rachel said that!
 レイチェルがそれ言ったのよ!

Monica: Well, Rachel’s not here!
 だってレイチェルここにいないじゃん!

《クリーニング店》

Phoebe: Oh! Here it is! Ooh, Joey! Why did you sign it, "Son of a bitch?"
 ああ、ここにあったわよ! まぁ、ジョーイ! どうして「クソ野郎」(Son of a bitch)なんてサインしたの?

Joey: I didn’t do that! Who would’ve done that?!
 俺じゃないよ。誰がこんなことを!

The Dry Cleaner: Son of a bitch!
 クソ野郎め!

Phoebe: Okay, maybe ask this guy.
 ああ、あの人に聞いてみればわかるわよ

The Dry Cleaner: You, get out of my shop!
 おまえ、俺の店から出て行け!

Phoebe: Well, what did he do?
 彼が何をしたっていうの?

The Dry Cleaner: He went out with my wife!
 やつは俺の妻とデートしたんだ!

Phoebe: Joey!
 ジョーイ!

Joey: Whoa-whoa-whoa-whoa, I-I−Hey! I did not go out with your wife! . . Okay? I went out with her!
 おいおい、おいおい! 俺は、おまえの奥さんとなんてデートしてないぞ! (昨日の女性が出てくる)いいか、俺は彼女とデートしたんだ!

The Dry Cleaner: That’s my wife!!! Get out!
 これは俺の妻だ! 出て行け!(ロシア語で罵倒しだす)

Phoebe: Well, we should go.
 行った方がよさそうね。

Joey: Yeah.
 ああ。

《キャビン・ポールの寝室:エリザベスが来る》

Elizabeth: Ross? Ross?
 ロス? ロス?

Ross: Elizabeth! . .Okay. Okay. I’m gonna go out this window. I’ll meet you at the front door. Just tell them you’re going home, okay?
 エリザベス! (キャビネットの中から)オーケー、オーケー・・・この窓から出て行くよ。玄関前で会おう。みんなには、帰るって言うんだよ、いい?

Elizabeth: Okay!
 わかったわ。

(リビングからレイチェルの声)
Rachel: Oh, wait-wait-wait!! No! Don’t go in there! Don’t go in there! I need another soda!
 あっ。待って待って待って! ダメよ、そこには行かないで! そこに行かないで! 私もう一杯ソーダが欲しいわ!

(ロスは窓から脱出を試みるが)
Paul: Ross!
 ロス!

Rachel: Oh, my God, Ross! What in heaven’s name are you doing here?
 まぁ、なんてことなの、ロス! いったいぜんたい、ここで何をしているの?

Ross: And that is why we cannot see each other anymore.
 (エリザベスに)そういうわけだから、僕らはもう会えないんだよ。

Paul: Ross. You and I are going to have to have a little talk.
 ロス。君と私とで、話をしないといけないようだな。

Elizabeth: Daddy!
 パパ!

Paul: You’re next!!
 おまえはこの次だ!

Elizabeth: Okay. I didn’t know he was here.
 わかったわ。私、彼がここにいるって知らなかったのよ。

Paul: Let me just see if I got this straight. I tell you to stay away from my daughter or I’ll have you fired. What you heard was, "Take my daughter, come up to my country house, and ruin my weekend with Rachel!"
 はっきりさせよう。君には、うちの娘に近づくなと言っておいたな。さもなくばクビだと。君には、「私の娘を連れて、私の別荘に来て、そしてレイチェルとの終末を台無しにしろ」と、そう聞こえたのか!

Ross: Okay, please-please Paul, just let me explain…
 いいですか、お願いです、お願いです、ポール、説明をさせていただければ・・

Paul: No, let me explain! Fired!!
 いや、私が説明する! クビだ!

Ross: All right, fine! Fine! Have me fired! But uh, I want you to know that you and I are not all that different. I mean, I too am a "neat guy."
 わかりました。いいです。いいですよ。クビにしてください。でも、知っておいていただきたいんですが、あなたと僕とはそんなに違わないんですよ。つまり、僕も、「粋な男」なんです。

Paul: What?
 ・・なに?

Ross: And I too am just a love machine.
 そして僕も、ただのラブ・マシーンなんです。(力むポールのマネ)

Paul: Ross, let me show you where the guest room is.
 ロス、客間を案内しようか。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが戻る》

Monica: I’m so sorry. Please, stop freaking out.
 ごめんなさい、おねがい、落ち着いて!

Chandler: I’m not freaking out. Why would I be freaking out? A woman named Hildy called and said we were getting married, but that happens everyday.
 落ち着いてるさ。なんで取り乱さないといけない? ヒルディっていう女性から電話があって、俺たちは結婚するんだって言った、けど、そんなのは毎日あることだろ。

Monica: Honey, we were at this beautiful place, and I-I-I just put our names down for fun! I mean, what’s the harm in that?
 ハニー、すごくきれいなところだったの。それで、名前を書いて楽しんだだけなのよ。ね、何も悪いことじゃないでしょ?

Chandler: Right here!
 そこんところが!

Monica: Chandler, please don’t think I was trying to pressure you. Phoebe and Rachel just thought…
 チャンドラー、お願い、あなたにプレッシャーをかけようとかしたわけじゃないの。フィービーとレイチェルがちょっと思ったのは・・

Chandler: Phoebe and Rachel! So the people that knew about our wedding before me were you, Phoebe and Rachel, Hildy, and apparently some band called Starlight Magic 7 who are available by the way!
 フィービーとレイチェル! そう、みんな、俺より先に、僕らの結婚式のことを知ってるのは、君、フィービーとレイチェル、ヒルディ、それにどうやらスターライト・マジック7っていうバンドもだな。ところで彼ら、予定開いてるそうだよ。

Monica: It was a mistake. Please don’t take this to mean anything, because it doesn’t.
 これは間違いよ。お願い、これは何の意味もないことよ。お願い、わかって。

Chandler: Okay.
 わかった。

Monica: Really?
 本当?

Chandler: Yes, if it really doesn’t mean anything, because you know that I’m just not ready…
 ああ。本当に何の意味もないことならね。僕にはまだ早いことなんだからさ・・

Monica: I know! I know.
 わかってる、わかってるわ。

Chandler: Okay.
 わかった。(ハグ)

Monica: All right. I’m gonna go tell Joey that you’re back. I was really worried about you.
 よかった。ジョーイに、あなたが戻ったって伝えてくるわ。本当に心配したのよ。(出て行く)

(フィービーが寝室から出てくる)
Phoebe: Hey, did she buy it?
 ねぇ、彼女信じた?

Chandler: Totally.
 完璧に。

Phoebe: So did Hildy show you the place?
 そえで、ヒルディに見せてもらった?

Chandler: Yeah, it’s beautiful.
 ああ。きれいなところだ。

Phoebe: I can’t believe you’re gonna ask Monica to marry you!
 信じられないわ、あなたがモニカに結婚してって言うなんて!

Chandler: I know.
 だよな!(ハグ)

《セントラルパーク》

Joey: Hey, Gunther.
 やぁ、ガンター。

Gunther: Hey! Take these cappuccinos to table 11 and that guy over there wants the biscotti.
 ヘイ! このカプチーノを11番テーブルに持っていって。それからあそこの男性客は、ビスコッティが欲しいそうだ。

Joey: Oh, uh, well, I just came in for a cup of coffee to go.
 ああ・・いや、俺はただコーヒーの持ち帰りを頼みに来たんだけど。

Gunther: Do you still work here?
 君まだここで働いてる?

Joey: No! No, I quit a long time ago. Did I forget to you that? I’m sorry.
 いいや! もうだいぶ前に辞めたよ。君に言うの忘れた? ごめんよ。

Gunther: Oh, that’s cool, I was gonna fire you anyway.
 ああいいよ。どうせクビにするつもりだったんだから。

Joey: Great!
 よかった!(コーヒーを受け取り出て行く)





にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ





posted by らんち at 15:35| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。