2013年09月30日

6-21 The One Where Ross Meets Elizabeth’s Dad

6-21 エリザベスのパパに会うロスの話

 ☆彼女のパパはブルース・ウィリス☆

《セントラルパーク:ホロスコープを読むレイチェル》

Rachel: Okay, Chandler!
 次は、チャンドラー!

Chandler: Okay.
 オーケー。

Rachel: And your horoscope says, "On the fifth a special someone is going to give you a gift."
 あなたのホロスコープは、「5日に特別な人がプレゼントをくれる」

Chandler: Oh, well, thank you in advance.
 (モニカに)ああ、先に行っておくよ。ありがとう。

Rachel: Op, but "the twelfth brings a lover’s spat."
 あっ、だけど「12日に恋人とケンカになる」

Monica: You are going to make a joke about my special present! Why would you do that?!
 私の特別なプレゼントをバカにするのね。どうしてそんなことするのよ!

Rachel: Oh, wait, and "on the nineteenth a secret crush announces itself."
 あ、待って。「19日に、隠されてた愛が露見する」(フィービーがチャンドラーにセクシーウインク)

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, guys!
 やぁ、みんな!

Chandler: Hey!!
 ヘイ!

Rachel: Oh, my God! It’s Joey Tribbiani of Mac and C.H.E.E.S.E.!!!!!!!
 まぁ、あのマック&チーズのジョーイ・トリビアーニよ!(みんな拍手)

Chandler: Oh, that’s right. It’s your first day! So are you psyched to fight fake crime with your robot sidekick?
 ああ、そうだな、今日は初日じゃないか! ロボットの相棒と架空の事件に立ち向かうの楽しみだろう?

Joey: Am I psyched? The lead in my own TV series? I’ve dreamed about this for years! Why have I not been preparing?!
 楽しみかった? 自分が主役のドラマだぞ? これをずっと夢に見てきたんだ! なんで心の準備ができてないんだ?

Phoebe: No! Joey, you’re going to be great!
 大丈夫よ! ジョーイ、絶対うまくいくわよ!

Joey: But I got to act with a robot, Pheebs. And I don’t know anything about technology! I can’t even use Chandler’s computer except to find porn! And-and that’s only ‘cause it’s right there when you turn it on!
 だけど、ロボットと共演なんだぜ、フィーブス。機械のことなんてまったくわからないし、チャンドラーのパソコンなんて、ポルノを見つける以外何もできいんだぞ! それも、電源入れただけで出てくるからだもんな。

Monica: I think our lover’s spat will start a little early this month.
 今月の私達のケンカ、ちょっと早まりそうね。

Phoebe: I’ll be waiting.
 (チャンドラーに)待ってるわよ。

《セントラルパーク:時間経過》

Chandler: Are you judging them by their covers? Because you’re really not supposed to do that.
 (フィービーに)本をカバーで判断しようとしてる? それは間違ってるよ。

Phoebe: No, I’m just deciding which one to use−I’m gonna start writing another book!
 違うの。どっちを使うか決めようとしてるのよ。また本を書くつもりなの。

Rachel: Because the last one was such a big seller?
 前の本はすごく売れたから?

Phoebe: Well, if you must know I have written 14 books. And as I am the only one who has read them, I can tell you that they all have been very well received.
 聞きたいなら言うけど、私、これまでに14冊書いたのよ。読んだのは私だけだけど、全部とても評判よかったんだから。

(ロスが来る)
Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler&Rachel: Hey!
 ヘイ!

Ross: What are you guys doing later?
 君たち、この後の予定は?

Phoebe: Oh, Rachel and I have appointments to get our hair cut.
 レイチェルと私は美容院の予約があるの。

Rachel: We do?
 そうなの?

Phoebe: I want to see what he wants first.
 彼の用が何かまず知りたいでしょ。

Rachel: Okay.
 そっか。

Ross: I just found out that Elizabeth’s dad wants to meet me.
 エリザベスのおとうさんが、僕に会いたいそうなんだ。

Chandler: Wait a minute, hold the phone! You’re not Elizabeth’s dad?!
 待てよ、ちょっと待て。おまえがエリザベスのおとうさんじゃなかったのか?

Ross: Come on, guys, I-I really want this guy to like me. It-it would really help me out if you guys could be here to kind of make me look good.
 頼むよ、みんな。本当に気に入られたいんだよ。君たちがここにいて、僕がよく見えるようにしてくれたら本当に助かるんだ。

All: Of course we’ll help! Yeah! We’ll be here!
 もちろん、助けてあげるよ。ああ。ここにいるわ。

Ross: Thanks!
 ありがとう!

Monica: We know how tough those parent-teacher conferences can be.
 先生と教師の会合ってホント、大変だもんね。

《Mac and C.H.E.E.S.E.の撮影スタジオ》

The Producer: So uh, here’s your office set!
 そして、ここが君のオフィスだよ。

Joey: Wow! Huh? Mac Machiavelli, Private Investigator.
 ワオ!(電話を取って)私立探偵・マック・マカベイル。

The Producer: Let’s get you into wardrobe for a fitting.
 衣装合わせをしよう。

Joey: Okay. Hey, uh, when do I get to meet the robot?
 わかった。ところで、ロボットにはいつ会える?

The Producer: I’m sorry, why don’t we do that right now? He’s right here.
 悪かった、すぐ会わせるよ。ここにいる。

Joey: Okay.
 わかった。

The Producer: Joey Tribbiani, this is…
 フォーイ・トリビアーニ、(男性を指し)こちらは・・

Joey: Oh, wow! He’s so lifelike! . . Unbelievable!
 うわお! 本物みたいだな! 信じられない!(男性の頬を触ったりする)

The Producer: This is Wayne, the man who created and operates C.H.E.E.S.E.
 こちらウェイン、チーズを作って、操作する人だ。

Joey: How do you do, there, Wayne?
 初めまして、ウェイン。

The Producer: I’ll let you two guys get acquainted, huh?
 話してて(立ち去る)

Joey: Okay. Sorry about that… Uh, so where’s C.H.E.E.S.E.?
 どうも、すまなかったね。それで、チーズはどこに?

Wayne: C.H.E.E.S.E. is right here.
 チーズはここだよ。(機械を操作すると、小さな車輪で移動するロボットが出てくる)

C.H.E.E.S.E.: Nice to meet you, Mac!
 (ウェインが声を出す)初めまして、マック!

Joey: This is like the temporary robot, right?
 これって臨時のロボットなんだよね?

Wayne: No. Why?
 いいや。なんで?

Joey: Well, I-I just, I just it was going to be like a really cool robot, you know? Like the terminator or uh, when I first saw you.
 いや、俺はもっとカッコいいロボットかと思ってたんだよ。ターミネーターとか、それとか、君みたいな。

Wayne: I spent two years developing this machine, it’s absolutely state of the art.
 2年かけてこれを作ったんだ。最新式なんだぞ。

Joey: I’m sorry, it just−I don’t know it doesn’t really look like it can do anything.
 わるかったよ。ただ・・なんか、何かできそうに見えないしさ。

Wayne: It can do this.
 こんなことできるよ。(ロボットが出した手がジョーイの股間に)

《セントラルパーク:エリザベスと父が来る》

Elizabeth: This is my father, Paul Stevens. Dad, this is Ross Geller.
 (ロスに)こちらが父のポール・スティーブンスよ。パパ、こちら、ロス・ゲラー。

Ross: It-it’s great to meet you, Paul.
 お会いできて嬉しいです、ポール。

Paul: I usually prefer Elizabeth’s boyfriends to address me as Mr. Stevens.
 エリザベスのボーイフレンドにはミスター・スティーブンスと呼んでもらいたいんだがね。

Ross: Of course, of course, Mr. Stevens.
 もちろん、もちろんですね、ミスター・スティーブンス。

Paul: So Ross, what's your problem?
 それで、ロス、君はどうなってるんだ?

Ross: Eh-wh−Excuse me?
 あー・・えっと・なんでしょうか?

Paul: Why can’t you get a girlfriend your own age?
 どうして自分の年に会った人とつきあえないんだ?

Ross: That’s funny. Umm…. It’s not funny.
 ああ、それはおかしいな、いやー・・・。おもしろくないですよね。

Paul: I don’t like you going out with my daughter, Ross.
 私の娘とつきあってもらいたくない、ロス。

Ross: Okay. I can, I can see that. Umm, but I think if you give me umm, one chance I can, I can change your mind.
 そういうことですね、わかりました。ただ、一度チャンスをいただければ、気持ちを変えていただかえると思うんです。

Paul: Okay.
 わかった。

Ross: What?
 え?

Paul: Okay. I’ll give you one chance to change my mind. You got one minute.
 わかったよ、気持ちを変えるチャンスをあげよう。1分だ。

Elizabeth: Daddy!
 パパ!

Paul: Fine! Two minutes. Go.
 わかったよ。2分だ。始め。

Ross: This is−you−
 これは・・あー・・

Paul: A minute 50 seconds.
 1分50秒。

Ross: Okay, umm I want you to know that I have never done anything like this before. I mean, I mean I’ve been in um, relationships in general, uh but I have never done it with a student−I mean I not−not it! I mean, I mean I don’t−We haven’t done it. Uh, I mean, I mean, we’ve-we’ve done stuff. Okay, okay, a joke, a joke−lighten the mood. Umm, two guys go into a bar. One of them is Irish.
 知っていただきたいのは、こんなことは僕にとって初めてのことだということです。一般的な恋愛経験はありますが、でも、生徒とやったことはありません。いえ、違います、いや、そうじゃなくて、僕ら、やってはいません。つまり、僕らは、ある程度やりましたが。いや、いや。よし、ジョークだ。ジョーク。雰囲気をよくする。あー、2人の男がバーにいました。1人はアイルランド人。

Paul: I’m Irish.
 私はアイルランド人だ。

Ross: And the Irish guy wins the joke!
 そしてアイルランド人のジョークがおもしろかった!

(モニカ、チャンドラー、フィービーが来る)
Monica&Chandler: Ross!!
 ロス!

Monica: How crazy that we’d run into you!
 こんなところで出会うなんてウッソみたいっ!

Ross: Oh, God, thank you! Umm, uh, Mr. Stevens I’d like you to meet my friends uh, this is Phoebe, Monica, and Chandler.
 ああ、助かった、ありがとう!(ハグする)ミスター・スティーブンス、僕の友人達です。こちら、フィービー、モニカ、そしてチャンドラーです。

Phoebe: You’re Elizabeth’s father, huh? I can see now where she gets her rugged handsomeness.
 あなたがエリザベスのおとうさん? 彼女のたくましいハンサムさの理由がわかったわ。

Monica: Is-is-is there a Mrs. Stevens?
 ミセス・スティーブンスはいらっしゃるの?

Chandler: There’s a Mr. Bing!
 (モニカに)ミスター・ビングがいるけど!

Paul: No, unfortunately Lizzie’s mom passed away shortly after she was born. I raised her by myself.
 いや、リジーの母は、彼女が生まれて間もなく亡くなってね。私が彼女を育てたんだ。

Phoebe and Monica: Ohh!
 (同情的)ああ!

Paul: I get that a lot.
 よく言われるよ。

Ross: Okay umm, why don’t we all take a seat, you know? And uh, and I’ll get us all some uh some coffees−Yeah, why don’t you. And you guys can talk about whatever, whatever you want. You know? Whatever pops into your head.
 よし、みんな、座ろうよ、ね? そして、そして、僕はコーヒーを持ってくるから(エリザベスに勧めた席にポールが座る)ええ、どうぞ。それじゃみんな、なんでもいいから話してね、好きなことをね、ね、何でもいいから頭に浮かんだことをね・・(コーヒーを頼みに行く)

Monica: You know, it is so strange seeing Ross here this time of day, ‘cause usually he’s got the children’s hospital.
 こんな時間にロスにここで会うのは珍しいんですよ。いつもなら、彼は子供の病院に行ってるんです。

Phoebe: Yeah. Not looking for dates.
 そうね。でも彼女を捜しに行ってるんじゃなくて。

Elizabeth: So uh, Monica is Ross’s sister.
 モニカはロスの妹なのよね。

Monica: And he’s a great brother!
 彼は素晴らしい兄なんです!

Paul: I had a sister.
 私にも妹がいた。

Monica: Ohh!
 あら!

Paul: She passed away.
 亡くなったがね。

Monica and Phoebe: Ohh!
 (同情的)ああ!

Paul: Oh, you don’t have to do that every time.
 いや、いちいちそれやらなくていいよ。

Chandler: But uh Ross, Ross is a great guy! I was roommates with him in college. Uh, funny story…
(He starts laughing then notices that Paul isn’t happy.)
You’re roommate in college died, didn’t he?
 ロスは素晴らしいやつですよ! 僕は大学で彼のルームメイトだったんですよ。おもしろかったのは・・・あなたの大学でのルームメイトも死んだんですか?

Paul: A part of him did, yes.
 彼の一部はね、ああ。

Ross: Okay, here we are, Paul, Elizabeth. . .So I hope you guys were finding something to talk about.
 (コーヒーを持って)よし・・はい、ポール、エリザベス。君たち、何話してるのかな。

Chandler: Yes, we were just…
 ああ、僕らちょうど・・

(レイチェルが来る)
Rachel: Hi, I’m sorry I’m late but I am ready, ready to talk you up! When does Liz’s father get here?
 ハーイ、遅れてごめんね。でもあなたのことうまく話す準備はできてるわよ。リズのおとうさんはいつ来るの?

Paul: I’m already here.
 もう来てるよ。

Rachel: Oh! Ross is so great!
 まぁ! ロスはすごいいい人!

《モニカ達の部屋:チャンドラーがTペーパーを持ってくる》

Chandler: Hey, honey, you got the kind with the little girl, you said we were gonna to get the kind with the baby.
 ねぇ、君、この女の子のパッケージ買ってきたんだね、君、赤ちゃんのパッケージにしてくれるって言ったじゃないか。

Monica: No, you said the baby creeps you out.
 違うわよ、あなた赤ちゃんのが気味悪いって言ったじゃない。

Chandler: No, the little girl creeps me out.
 違うよ。このちっちゃい女の子が気味悪いんだよ。

Monica: You said the baby.
 赤ちゃんって言ったわよ。

Chandler: Why would the baby creep me out?
 なんで赤ちゃんが気味悪いんだよ?

Monica: Why would the little girl creep you out?
 なんでちっちゃい女の子が気味悪いのよ?

Phoebe: You guys, I’m sorry, could you please talk a little slower?
 あなた達、ちょっと悪いけど、もうちょっとゆっくりしゃべってくれない?

Chandler: This is going in your book?
 これ君の本に書くつもり?

Phoebe: Yeah, it’s about relationships. You know? The traps, the pitfalls, what not to do, keep going. This stuff is great!
 そうよ。これは恋愛関係についてだもの。罠とか、落とし穴とか、しちゃダメなこととか。続けて。これすごいものになるわ!

Monica: What?! Excuse me!
 なに? ちょっと!

Phoebe: And how none of it matters when the people really love each other. . .And how people will believe anything you tell them as long as it’s a compliment.
 そして、本当に愛し合う2人にはそんなこと問題にならないってことをね。(2人は喜びキスをする)そして人は、おだてると何でも信じちゃうってこと。。

《セントラルパーク:ポールが来る》

Rachel: Oh, hi!
 あら、どうも!

Paul: Hi! Hi. I think I left my keys here somewhere.
 ああ、どうも! このあたりのどこかで、鍵をなくしたようなんだ。

Rachel: Oh! Well, let’s look for them. . .Oh-oh-hey, look! Are these them?
 まあ! じゃあ探しましょうか・・(見つける)あっ、見て、これのこと?

Paul: No.
 違うよ。

Rachel: All right!
 そっか!(鍵を元に戻す)

Paul: Oh, here they are right here.
 ああ、こんなところにあったよ(拾い上げる)

Rachel: Oh, good.
 ああ、よかった。

Paul: Thanks for your help.
 どうもありがとう(立ち去る)

Rachel: Oh, wait! Sorry, Mr. Paul? Mr. Paul?
 あ、待って! すみません、ミスター・ポール、ミスター・ポール?

Paul: Just call me Paul.
 ポールでいいよ。

Rachel: Paul. Umm, I just wanted you to know that Ross really is a great guy.
 ポール。私ただ、ロスは本当にいい人だってことを言いたくて。

Paul: Well, maybe you can date him. Then that would save me the trouble of killing him. . . Are you okay?
 それじゃ、君がつき合ったら。そうすれば僕も彼を殺さずに済む。(レイチェルが見つめるので)大丈夫?

Rachel: You just don’t look old enough to have a twenty-year-old daughter.
 あなた、20歳の女の子のおとうさんには見えないわ。

Paul: Well, we were very young when we had her.
 ああ、僕らはとても若かったからね。

Rachel: Oh. We?
 僕ら?

Paul: Well, yeah, it usually, it takes two people to…
 ああ。普通、子供を持つには二人いるだろ。

Rachel: Oh, no! Yes! Of course, I know that! I just−I meant you know are you still a ‘We’ or are you just ‘You?’
 ああ、いえ、ええ、もちろん、それはわかってますけど。。つまり、今も「僕ら」なのか、それとも、違うのかってこと。

Paul: I’m just me, my wife died shortly after Lizzie was born.
 ああ、違うよ。妻はリジーが生まれて間もなく亡くなったんでね。

Rachel: Ohh. So you raised her all on your own?
 ああ! それじゃ、あなた1人で育てたの?

Paul: Yes, I did.
 ああ、そうだよ。

Rachel: Ohh. Ooh!
 まあ・・・(ポールの腕に触れて)まぁ!

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 ヘイ!

Chandler&Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: How was your first day?
 初日はどうだった?

Joey: Pretty great! Except I did get a little attitude from the robot.
 うまくいったよ! ただ、ロボットの態度に問題があったけどね。

Chandler: Damn those robots, they’re supposed to be our faithful servants!
 まったくロボットが! 忠実なしもべのはずなのに!

Joey: Anyway, it wasn’t the robot, it was the guy who controls him. Yeah, he doesn’t like me. He had C.H.E.E.S.E. knock over the sandwich table right when I was reaching for one! Ohh!
 とにかく問題はロボットじゃなくて、それをコントロールしてるやつなんだよね。彼が俺を好きじゃなくてさ。俺がサンドイッチに手を出そうとするたびに彼がテーブルを引っくり返すんだよ。もう!

Phoebe: Well, why don’t you just get him fired?
 それじゃ彼をクビにしちゃったら?

Joey: I may have to, I hate to do it, but I’m the star! You know? There’s a limit to how many sandwiches I can eat off the floor. . .Excuse me. Joey Tribbiani.
 そうするしかないかもな。そんなことはしたくないけど、俺はスターなんだからな。床から拾ってサンドイッチを食べるにも限度がある。(携帯が鳴る)失礼(電話で)ジョーイ・トリビアーニ。

Estelle: Joe! I’m glad I found ya, I got an audition for ya!
 ジョー! 連絡ついてよかった! オーディションがあるのよ!

Joey: Wow!
 ワオ!

Estelle: The thing is it’s kinda on the Q.T. The actor who has the part doesn’t know he might be fired. It’s the lead in a series, Mac and C.H.E.E.S.E.
 これは内密の話なんだよ。この役やってる役者がクビになるってまだ知らないからね。ドラマの主役なのよ、マック&チーズのね。

(Q.T. = quiet)

Joey: I’m the lead in Mac and C.H.E.E.S.E.!!
 俺がマック&チーズの主役だよ!

Estelle: Uh-oh!
 やばい。

《ジョーイの部屋:ロスが来る》

Ross: Joey?!
 ジョーイ?!

Paul: Hi, Ross.
 (レイチェルとキス)やぁ、ロス。

Rachel: I was just getting him to like you.
 あなたを好きになってもらってたのよ。

《ジョーイの部屋:見なかったことにするロス》

Ross: Joey?! Joey!!
 ジョーイ! ジョーイ!(ジョーイの寝室へ)

Rachel: Ross, Joey is not here.
 ロス、ジョーイはいないわよ。

Ross: Okay, I’ll just wait for him in here!
 そうか、じゃあここで待つよ。

Rachel: Ross, it’s okay. You can come out.
 ロス、いいから、出てきて。

Paul: Yeah, Ross, it’s okay, it’s me, Mr. Stevens.
 ああ、ロス、大丈夫だよ。私だ、ミスター・スティーブンス。

Ross: Oh! I didn't.. Oh, my Gosh! I didn’t even see you!
 (寝室から出てきて)ああ! いや僕は・・ああ、驚いた、知らなかったよ!

Paul: Sure you did! You came in, you got all awkward, and you ran into the bedroom. You were shouting, "Joey! Joey!" Bye, Rach. (Kisses her.)
 いや、見たじゃないか! 入ってきて、気まずくなって、その寝室へ走っていっただろ。叫びながらね、「ジョーイ! ジョーイ!」・・・バーイ、レイチ。(キス)

Rachel: Bye!
 バーイ!

Paul: I’ll call you later. Bye, Ross.
 後で電話するよ。バイ、ロス(出て行く)

Ross: What-what-what the−how da-how did-what the-how did-what?!
 な・なんで・・なんで、なんで・ど・なにが・・どう・・なに?!

Rachel: Well, you know, he lost his keys so he was looking for them…
 いえ、彼が鍵を失くしてね、それで探してあげて・・

Ross: In your mouth?!
 君の口の中に?

Rachel: No! Downstairs! And we got to talking you know, for like two hours, and I really liked him so I invited him up here for a cup of coffee.
 違うわよ、下でよ! それから話して、2時間くらいだったかしら。それで私、彼のこと本当に気に入ったから、コーヒーでもどうかってここに誘ったの。

Ross: You were at the coffeehouse!
 コーヒーハウスにいたのに!

Rachel: Ross, what’s the big deal? So I kissed the guy!
 ロス、なんでもないでしょ? 彼にキスしただけよ!

Ross: He is my girlfriend’s father, okay? It’s-it’s, it’s weird!
 彼は僕のガールフレンドの父親だぞ! 変だよ!

Rachel: Wh−You dated my sister!
 なによ、あなたも私の妹とデートしたじゃないの!

Ross: That was different!
 それは違うだろ!

Rachel: What? Why?!
 なに? なんで?

Ross: This is weird for me!
 今度は僕にとって変なんだよ!

Rachel: Ross, look, look, this is good for you. Okay? Let’s face it, so far the guy’s not lovin’ ya! But I can turn that around! I got the inside track! We can all go out to dinner, you know? And I can talk you up! Plus, the guy is a very, very successful lawyer!
 ロス、ねえ、これはあなたにとってもいいことよ。ね? 正直いって、これまでのところ、あなたは彼に好かれてない! だけど、私がそれを変えてあげられるわ。あなたに有利なのよ。みんなでディナーに行けばいいわ。そしてあなたをよく見せてあげるわ。それに、彼はすっごくすっごく成功してる弁護士なのよ。

Ross: How is that important?
 そのどこが大事なんだよ!

Rachel: Oh, it’s important!
 あら、とっても大事なことよ!

《モニカ達の部屋》

Joey: Apparently, there’s like a million guys out there that can play Mac, and there’s only this one robot and this one guy who controls it! I didn’t know he could get me fired! What am I going to do?
 マックを演じることのできるやつは山ほどいるが、ロボットを扱えるやつは彼だけってことらしいんだよ! 彼が俺をクビにできるとは思わなかったよ。どうしたらいいんだよ!

Monica: Well, you know, Joey, you’re a pretty charming guy.
 ねぇ、ジョーイ、あなたってとっても愛される人よ。

Joey: Thanks, but I kinda have a problem to deal with here.
 ありがと。それより今悩んでることがあるんだよ。

Monica: No, sweetie, you’ve got to win over the guy that controls C.H.E.E.S.E.! You’ve got to kiss some serious robot ass!
 そうじゃなくて、あなたはその魅力でチーズをコントロールする人に好かれたらいいのよ! そのロボットの人のご機嫌をとるのよ!

Joey: That’s not a bad idea. Yeah. Okay, but if I got to turn on the charm tomorrow I’m not wasting anymore of it over here with you guys. . . Well, actually I got a little bit saved for you, Pheebs.
 それは悪くないな。ああ、そうか。でも、明日俺の魅力を振りまくんだったら、ここで君たちに無駄に使ってもしかたないな。(立ち上がり、フィービーに)でも君にはとっとくよ、フィーブス。(出て行く)

Chandler: So do you think uh, Joey’s more charming than me?
 それじゃあ、ね、君、ジョーイは俺より魅力的なのか?

Monica: Yeah! That’s why I’m sleeping with him on the side.
 そうよ! だから私彼とこっそり寝てるのよ。

Chandler: Yeah, you wish.
 ああ、そうだといいよね(ガックリ)

Phoebe: "You wish."
 (書く)「そうだといいよね」

Monica: Phoebe, stop writing about us!
 フィービー、私達のこと書くのやめてよ!

Phoebe: I’m not writing about you! I’m writing about other people.
 あなた達のこと書いてるんじゃないわよ。他の人のこと書いてるの。

Chandler: Who?
 誰のこと?

Phoebe: Marcia and Chester.
 マーシャとチェスター。

Monica: Okay, fine! Fine! Then you know what, I’ll just write about Phyllis! Hmm!
 わかった、いい、いいわよ! それじゃあ、私もフィリスのこと書くわ。うーんと。

Chandler: Hmm.
 うんうん。

Monica: Phyllis is sitting in a chair.
 (書く)フィリスは椅子に座っている。

Chandler: Oh.
 だな。

Phoebe: I see what you’re doing!
 何してるかわかってるわよ。

Monica: Phyllis sees what I’m doing.
 (書く)フィリスは私が何をしてるかわかってる。

Chandler: Oh-oh.
 おお。

Phoebe: Ooh, I have tasted my own medicine and it is bitter!
 ああ! 私の作った薬を味わってみたら、とっても苦い!

《マック&チーズのスタジオ。ウェインに近づくジョーイ》

Joey: Morning! Hey, how’s my favorite genius and my little robot buddy?!
 おはよう! なぁ、俺のお気に入りの天才とロボットは元気かな?

Wayne: Don’t touch him!
 触るな!

Joey: Okay! All right. Umm, all right, Wayne, level with me. Okay? I-I keep hearing all these rumors that I might get fired. Okay, they even have actors coming in to read for my part! Come on, man, you-you got to give me a second chance! I mean, I love-I love this little guy!. . . . Ah-ah!! Okay, that’s why you didn’t want me to touch him, right? Here you go! Okay?. . . Stupid! I can’t believe it! God! . . .Hey, how you doin’?
 わかった、わかったよ。なあ、ウェイン、正直に話そう。な? 俺がクビになるっていう噂を聞いてるよ。それに俺の役をやる役者まで探してるっていうじゃないか! 頼むよ、チャンスをくれないか! 俺、この子が大好きだよ(チーズの腕をつかむと、取れてしまう)ああ! だから触るなって言ったんだな? (返す)はい、どうぞ。(自分に)なんてバカな! 信じられないよもう! (可愛い女性が通りかかる)ヘイ! 元気ぃ?

《レストラン・ロス達とレイチェル達のダブルデート》

Rachel: So it seemed that my prom date had stood me up, so Ross selflessly, offered to take me.
 私のプロムの相手が来なくて、そうしたら、ロスが、代わりに連れてってくれようとしたのよ。

Elizabeth: What a nice story!
 素敵な話ね!

Paul: So Ross was in college and decided to jump at the chance to take a young girl to her high school prom.
 それじゃロスは大学生だったのに、高校生女の子とのプロムに行くチャンスに飛びついたわけだね。

Rachel: Wow! I definitely did not see that one backfiring! I’m gonna go to the bathroom.
 ワオ! こうまで逆効果とは思わなかったわ! バスルーム言ってくる。

Ross: Yeah, take your time.
 ああ、ごゆっくり。

Ross: Just-just so you know I was a freshman and she was a senior. So it wasn’t as bad as-as…
 でも僕は大学一年で、彼女は高校3年だったんですよ。だからそれは悪くは・・

Paul: Ross, look, I know I’ve been giving you a lot of jabs and it’s partly because I’m very protective of Lizzie, and partly because well, they just keep coming to me. But I have to admit that after all the wonderful things that Lizzie has told me and the many, many, many stories that Rachel has told me that, well, you’re not,, all bad.
 ロス、いいかい、君にきつくあたっているが、私はリジーのことを守りたいからと、それに、ただ自然にこうなってしまうからなんだね。しかし、リジーがいろいろ言うことと、レイチェルが、たくさんたくさんたくさん話してくれたことから考えて、どうやら君は、悪いだけの男ではないらしい。

Ross: Not all bad.
 悪いだけではない。

Paul: And anyhow, I’m sorry I was so harsh before, but you have to understand that I still look at Lizzie like she’s a twelve-year-old girl.
 とにかく、ひどくあたって悪かった。でも、わかるだろう。私まだ彼女のことを12歳の女の子のように思ってるんだ。

Ross: Yeah. You know what? I know what you mean; I do that too.
 ええ、わかりますよ。僕もそうです。

Paul: I beg your pardon?
 何だって?

Ross: No! No! Not−I don’t mean I-I see her as a twelve-year-old girl! I mean I-I have a son, who’s umm six and I still think of him as a baby.
 いえいえ、いや、そうじゃなくて。彼女を12歳の女の子と思ってるわけじゃありません。僕はですね、息子がいるんですよ。彼は6歳ですけど、でも僕にとっては赤ちゃんなんです。

Paul: You have a son?
 息子がいるのか?

Ross: Yeah, well, my-my ex-wife and I share custody of Ben and umm, uh, and just so you know, Carol and I are on excellent terms as I’m sure you are with your wife! . . . Oh, I’m sorry! . . It’s unbelievable!
 ええ。元妻とはベンの親権を持ち合っててですね、キャロルと僕はとてもいい関係なんです。きっとあなたと奥様もそうでしょうけど・・(思い出し)ああ、すみません! もう、信じられない!!

Paul: Don’t worry about it, I just didn’t realize you were married.
 気にするな。ただ、君が結婚してたとは知らなかったよ。

(レイチェルが戻る)
Rachel: Oh, we were, but that was just a, I mean that was just a big drunken mistake.
 ああ、そうなんです私達、でも、あれは、ほんと、酔っ払った上での過ちだったんですよ。

Ross: You’re back.
 帰ってきたんだね。

Paul: You two were married?!
 君たち結婚してたのか?!

Rachel: Oh! Whoops! I’m sorry, you were talking about Emily!
 ああ! いけない! ごめんなさい。エミリーのことだったのね!

《モニカ達の部屋:モニカとチャンドラーが帰ってくる》

Monica: Chandler, we said we would meet at the coffeehouse at six.
 チャンドラー、コーヒーハウスで6時にって言ったわよ。

Chandler: We said seven!
 7時って言ったよ!

Monica: We said six!
 6時って言ったわよ!

Chandler: The only way that I said six would be if I said the sentence, "Let's meet at seven, not at six."
 もし俺が6って言ったとしたら、そのセリフは「7時に会おう、6時じゃなくて」だよ!

Monica: Yeah, and if I had seven, maybe I would’ve said something like this, "Wow! My boyfriend’s such a wise ass−seven!"
 あらそう、じゃあもし私が7って言ったとしたら、「ワオ! 私のボーイフレンドってほんとに嫌味なやつ! 7!」

Phoebe: Hi!
 (椅子を回転させ現れる)ハーイ!

Chandler: Oh, my good God.
 ああ、びっくりした!

Monica: Ugh!
 もう!

Phoebe: I know what time you said.
 何時って言ってたか知ってるわよ。

Chandler: What?!
 なに?

Phoebe: Well, actually, I know what time Chester and Marcia said.
 ええと、実際には、チェスターとマーシャが何時って話してたか知ってるわよ。

Monica: What time?
 何時?

Phoebe: Quite an interesting turn of events, suddenly it’s my book to the rescue, huh? . . Ooh, very interesting. Yeah, well, this certainly clears things up.
 興味深い展開よね。突然私の書いた本が役に立つなんて、ね? (読む)ああ! おもしろいわね。ええ。これですべてはっきりするわね。

Chandler: What does it say?!
 なんて書いてある?

Phoebe: I will tell you as soon as you thank me for writing my book.
 この本を書いてくれてありがとうって言ってくれたらすぐ教えてあげる。

Chandler: Thank you for writing your book. Its-its a great book and you are the queen of everything.
 本を書いてくれてありがとう。素晴らしい本だし、君はすべての女王だよ。

Phoebe: Thanks! So are you.
 ありがと! あなたもよ。

Chandler: I told you I should not wear this color.
 だからこの色はやめた方がいいって言っただろ。

Phoebe: Mon… Marcia and Chester are planning on seeing a movie on Sunday night. Marcia thinks they’re supposed to meet at six, Chester thinks it’s at seven.
 (読む)モニ・・・マーシャとチェスターは日曜の夜に映画を見にいくつもりだ。マーシャは6時に会うことになってると思っている。チェスターは7時だと思ってる。

Chandler: So you knew we were gonna miss the movie!
 それじゃ君は俺たちが映画を見損なうって知ってたのか!

Phoebe: That’s right.
 その通り。

Monica: Instead of telling us you decided to write in your stupid book!
 私達に言わないで、そのバカな本を書く方を選んだのね!!

Phoebe: Marcia and Chester are mad at Phyllis.
 (書く)マーシャとチェスターはフィリスに怒っている。

《ジョーイの楽屋》

Joey: I can’t believe I’m going to lose this job!
 この仕事がダメになるなんて信じられないよ!

Chandler: Oh, I’m so sorry, man! Is there anything I can do?
 ああ、本当に残念だったな! 何かしてほしいことあるか?

Joey: Yeah! Help me get this mini-fridge past the security guard.
 ああ! このミニ冷蔵庫をこっそり持ち出すの手伝ってくれ。

(ウェインが来る)
Wayne: Hey, Joey, I want to talk to you.
 やぁ、ジョーイ、話したいんだけど。

Joey: Yeah? Well, I don’t want to talk to you, Wayne! I hate you! You ruined my life! Oh, Chandler, Wayne. Wayne, Chandler.
 そうかい? 俺は話したくないよ、ウェイン! 大嫌いだ! 俺の人生を台無しにしてくれて! あ、チャンドラー、ウェインだよ。ウェイン、こちらチャンドラー。

Chandler: Hi, how are ya?
 ハーイ、どうも。(握手)

Wayne: Joey, Joey, I-I-I’ll g-get you your job back if you help me out.
 ジョーイ、ジョーイ、もし助けてくれたら、君を戻してもらうようにするよ。

Joey: Why should I help you?!
 なんで俺が君を助けるんだよ!

Chandler: The reason he just said.
 彼今言ったじゃないか。

Joey: What do you need?
 何をしてほしいの?

Wayne: I-I-I saw you on stage talking to that beautiful woman, you know, Sarah?
 君がステージで美しい女性と話してるのを見たんだ。あの、サラだけど。

Joey: Yeah?
 それで?

Wayne: I wish I could talk to her.
 僕も彼女と話したい。

Joey: What, are you in love with her or something?
 なに、彼女を愛してるとかなにか?

Wayne: Yeah. Her. All of them. Anyone.
 ああ、彼女のすべてが。とにかく。

Chandler: Yeah, I’ve been there, my friend.
 ああ、わかるよ、俺にもわかる。

Wayne: Listen, I-I guarantee you keep your job if you can teach me how to talk to women like you do.
 なぁ、君みたいに女性と話せる方法を教えてくれたら、必ず仕事に戻らせるよ。

Joey: Oh, wow, Wayne, it’s not really something you can teach, you know? It’s pretty much something you’re born with−You-you can teach it! I’ll show you right how to do it.
 ああ、いや、ウェイン、これは教えられることじゃないんだよ、な? これは生まれもってのことでね・・・(チャンドラーの目を見て)教えられるよ! どうするか見せるからね。

《レイチェル・ロスのダブルデート》

Rachel: I mean if you think about it, I mean Ross did learn something from each marriage.
 考えてみるとね、ロスも、一つ一つの結婚から学んでると思うのね。

Paul: How to make the next one even shorter?
 次の結婚を短く終らせる方法とか?

Rachel: Now wait a minute that’s not fair. He was married to me a hell of a lot longer than he was married to Emily, he just didn’t tell me. Maybe I have to pee again.
 あら、待ってよ。それは変よ。彼ったら、エミリーと結婚してた期間よりずっと長く、黙って私と結婚してたんだから。・・・またオシッコいってこようっと。

Paul: Well, this is fun. So, Ross, did you kill any of these wives?
 いや、楽しいね。それで、ロス、君、その妻達殺したのか?

Ross: You know what? I-I-I… I-I have had enough of this! You know, I-I-I care a great deal about your daughter and I have treated her with nothing but respect! So if-if you’ve got a problem with me, frankly…
 いいです。もうたくさんです。僕はあなたの娘さんをとっても大事に思ってるし、敬意を払って大事にしています。それでも僕が気に入らないなら、正直言って・・

Paul: Are you yelling at me?!
 私に怒鳴るのかね?

Ross: God, no!
 いえ、とんでもない!

Elizabeth: You know what, daddy? If you don’t like Ross, that’s fine. It doesn’t matter to me, I’m gonna go out with him anyway.
 ねぇ、パパ? もしロスを気に入ってくれなくても、いいわ。関係ない。とにかく私はつきあうから。

Paul: Really?!
 本当に?

Ross: Well, if it doesn’t matter to her, it doesn’t matter to me! Still not yelling!
 もし彼女が構わないというなら、僕も構いません。怒鳴ってません。

Paul: Wow. What can I say? . . This doesn’t make me like you any better!
 ワオ・・それじゃ私に何が言える? しかし、君を好きになるということじゃないからね!

Ross: That’s okay, I’m not so crazy about myself right now either.
 いいですよ。僕だって今、自分のことそんなに好きじゃありませんから。

Paul: Then we agree?
 ということで同感だね。

Ross: Uh yeah, I guess−Yeah! I guess so.
 ああ、そうですね。ええ。そういうことです。

Paul: Neither of us like Ross!
 どっちもロスを好きじゃない!

Elizabeth: I like Ross.
 私はロスを好きよ。

Ross: Ohhh! Kids!
 ああ、子供は!

(レイチェルが戻る)
Rachel: Wait-wait-wait, I just thought of another story about how nice Ross is!
 待って待って待って、私またロスがどんなにいい人かって話を思い出したわ。

Ross: That’s okay, Rach, we’re not liking Ross right now.
 いいんだよ。レイチ。僕らはロスを好きじゃないってことになったんだ。

Rachel: Oh! I’ve got a lot of those too!
 ああ、そういう話もいっぱいあるわよ!

《マック&チーズ》

Joey: Well, it turns out you were right, C.H.E.E.S.E.
 いやぁ、君が正しかったよ、チーズ。

C.H.E.E.S.E.: The shipment never made it through Omaha?
 荷物はオマハには到着しなかったんですね?

Joey: You got it! And the rabbi’s beard, 100% horsehair. Nice catch C.H.E.E.S.E.!
(Pauses as he waits for C.H.E.E.S.E.’s next line.)
It’s your line C.H.E.E.S.E.!
(Suddenly C.H.E.E.S.E. goes crazy and starts flinging it’s arms and advancing on Joey behind the desk.)
Wayne! Wayne!!
 その通り。ラビのヒゲは100%馬毛だったよ。よくやった、チーズ!(チーズが何も言わない)おまえのセリフだぞ、チーズ!(チーズが暴走し机の物を落としたりする)ウェイン、ウェイン!(ウェインは女性とキス中)




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 20:12| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。