2013年09月29日

6-20 The One With Mac and C.H.E.E.S.E.

6-20 Mac&C.H.E.E.S.E.の話

 ☆ジョーイ・再び大ブレイク!の予感☆

《ジョーイの部屋:フィービーがジョーイの練習相手》

Joey: "We've got three minutes till it blows. We are never gonna make it!"
 爆発まであと3分しかない。もう無理だ!

Phoebe: You’ve got to get out of here! Save yourself!
 ここを出て行かなきゃ! 逃げるのよ!

Joey: No! I won’t leave you!
 ダメだ! おまえを置いていけない!

Phoebe: Don’t worry about me, I’m a robot! I’m just a machine!!
 私の心配は不要よ! ロボットなんだから! ただの機械なんだから!

Joey: No, you’re not! Not to me!
 いいや、違う! 俺にとっては違うんだ!

Phoebe: Oh, my God.
 ああ、驚いたわ。

Joey: What?
 何が?

Phoebe: I am extremely talented!
 私って、ものすごい才能があるわね。

Joey: Yeah, you’re great! Okay, let’s take it from…
 ああ、君はすごいよ。それじゃ、もう一度・・

Phoebe: No, I mean I was really acting my ass off.
 いえ、私本当にすごい演技だったわよね!

Joey: Yeah, I thought I was pretty good too.
 ああ、俺もすごくよかったよな。

Phoebe: Oh, yeah, you’re solid. Yeah, you’re just no me.
 ああ、そうね。あなたはちゃんとできてる。けど、私とは違うわね。

Joey: You know what? I think that’s enough for now. Yeah. I don’t want to be over rehearsed.
(自室へ向かう)あのさ、もう今日はいいよ。練習のし過ぎもよくないからね。

Phoebe: Fine! I’ll do it without you! I don’t need you or anybody else! I’m gonna make it on my own! . . . You’ll see!! You’ll all see!!
 いいわよ! 1人でもやるわよ! あなたナシでも、1人でもできるわよ! 自分でやれるわよ! (ジョーイへ部屋へ)見てごらんなさい! 今に見てて!

《ジョーイの部屋》

Chandler: So uh, what’s this thing you’re auditioning for?
 何のオーディションを受けるんだ?

Joey: Oh, it’s a new TV show. Yeah. I’m up for the part of Mac Machivelli or "Mac." Yeah, I’m a detective and I solve crimes with the help of my robot partner. He’s a, he’s a Computerized Humanoid Electronically Enhanced Secret Enforcer. Or-or "C.H.E.E.S.E."
 新しいテレビ番組なんだ。役名はマック・マックベイル、またの名をマックなんだ、うん。探偵で、ロボットのパートナーに手伝ってもらいながら犯罪を解決していくんだ。彼は、コンピュータライズド・ヒューマノイド・エレクトロニカリー・エンハンスド・シークレット・エンフォーサー。略して、C.H.E.E.S.E.

Rachel: So Mac and C.H.E.E.S.E.
 それじゃ、マックとチーズなんだ。

Joey: That’s the title! Yeah! You know, they really lucked out that the initials spell cheese.
 そういうタイトルなんだよ! ああ! 略したらCHEESEになるなんて、ラッキーだよな!

Chandler: That is lucky.
 ほんとラッキーだな。

Rachel: Huh−Wait, so Joey, if you get this, you’re gonna be, like, the star of your own TV show! I mean, you’ll be like the Big Cheese! Or the Big Mac−Hey! You love those!
 ちょっと待ってジョーイ、もしあなたがこの役をゲットできたら、あなたって、テレビドラマのスターになるのね! なんか、ビッグ・チーズとか! それか、ビッグ・マックね! あ、あなたあれ大好きよね!

Joey: Well, don’t get your hopes up, because probably not gonna happen.
 そんなに期待するなよ。そんなことにならないから。

Chandler: Now-now, why would you say that, Joseph?
 なんだよ。なんでそんなこと言うんだよ、ジョセフ?

Joey: I mean, come on, you guys! My own TV show? I just don’t know if I’m good enough.
 だってさあ、みんな! 俺がドラマの主役? そんな力ないよ。

Phoebe: I am.
 私はある。

Rachel: Joey, what are you talking about? You’re a terrific actor.
 ジョーイ、何言ってるのよ? あなたはすごい俳優よ!

Joey: You really think so?
 本当にそう思う?

Rachel: How can you even ask that question?!
 そんなこと聞くなんて、おかしいわよ。

【2-11 The One With The Lesbian Weddingより、愛の病院日誌初登場のジョーイ】

Chandler: Whoa, she's pretty.
 (ジョーイの共演者を見て)おお、かわいいな。

Joey: Yeah, and she's really nice too. She taught me all about, you know, how to work the cameras, and smell-the-fart acting.
 ああ。それにすごく優しいんだ。カメラワークとか教えてくれたし、それに、おなら演技も。

Rachel: I'm sorry, what?
 え、なに?

Monica: What?
 なに?

Ross: Excuse me?
 なにって?

Joey: It's like, you got so many lines to learn so fast, that sometimes you need a minute to remember your next one. So while you're thinking of it, you take this big pause where you look all intense, you know, like this.
 ほら、セリフをいっぱい覚えて言わなきゃならないだろ。時々、次のセリフを思い出すのに時間がかかることがあるんだよ。それで考えてる間、真剣な顔をするんだよ、こんなふうに。

Chandler: Oh, ok.
 ああ、なるほど。

Joey: There's my scene, there's my scene. "Mrs. Wallace, I'm Dr. Drake Ramoray, your sister's neurosurgeon. I'm afraid the situation is much worse than we expected. Your sister is suffering from a..."
 ここだ、俺のシーンだ、俺のシーン! [ドクター・ドレイク]ウォレスさん、私はドクター・ドレイク・ラモーレ、妹さん担当の神経外科医です。状況は思ったより悪いです。妹さんの病気は・・・(おなら演技)

【1-6 The one with the Butt ジョーイの舞台『フロイト!』】

Joey: Vell, Eva, ve've done some excellent vork here, and I vould have to say, your pwoblem is qviiite clear.
 よっしゃ。エバ、すばらすぃ結果が出たぞ。言わせてもらうが、あんたの問題ははーっきりしとる。
All you want is a dingle, What you envy's a schwang,
 あんたはちんちんが欲しいだけ、ペニスが羨ましいだけ
A thing through which you can tinkle,or play with, or simply let hang...
 おしっこしたり遊んだりただぶら下げておいたり...

【1-6 The one with the Butt モニカの部屋】

Joey: I play Al Pacino's butt. All right? He goes into the shower, and then- I'm his butt.
 アルパチーノのお尻だ。彼がシャワーに入る、俺が彼のお尻役だ。

Monica: Oh, my God.
 なんてことなの。

Joey: Come on, you guys. This is a real movie, and Al Pacino's in it, and that's big!
 なぁ、みんな! 本物の映画なんだ。アルパチーノなんだ。これはでっかいことなんだ!

Chandler: Oh no, it's terrific, it's... it's... you know, you deserve this, after all your years of struggling, you've finally been able to crack your way into show business.
 ああ、そうだ、すごいことだよ・・・それはもう・・なぁ、これくらいあって当然だよ。これまで頑張ってきたんだ。ついに、ショービジネスって壁に割れ目を作ったんだな。
(crack ・・割れ目→お尻という意味合いでからかっている)

Joey: Okay, okay, fine! Make jokes, I don't care! This is a big break for me!
 いいよいよ笑えばいいさ。平気だよ。これは俺にとっては大きなチャンスなんだ。

Ross: You're right, you're right, it is...So you gonna invite us all to the big opening?
 そうだね、その通りだ。これは・・・それでおまえ、俺たち全員をお披露目に呼んでくれる?
(opening ・・これも、穴→お尻を連想させてからかっている)

《現在:Mac and C.H.E.E.S.E.のオーディションにでかけるジョーイ》

Joey: All right well, I’m outta here. Wish me luck.
 それじゃ、行ってくるよ。幸運を祈ってくれ。

Phoebe: Gooood luck! Gooood luck! We all wish you good luuuuuuuuck!!!
 グーーッド・ラック、グーーッド・ラック! みんなで祈ってるよ、グーーッド・ラーック!!

Joey: Yeah, whatever.
 ああ、まぁいいや。

《セントラルパーク:チェスボードを囲むロスとチャンドラー》

Ross: It’s your turn.
 君の番だ。

Chandler: Oh, are we playing this?!
 あれ、俺たちこれやってたの?

(ジョーイが来る)
Joey: Hey.
 やあ。

Chandler: Hey! How’d the audition go?
 おお! オーディションどうだった?

Joey: Terrible! I messed up every line! I shouldn’t even be an actor!
 最悪! セリフもちゃんと言えなかったんだ。もう役者なんて無理だよ!

Ross: Wait a minute, are you doing that thing where you pretend it didn’t go well but it really did go well?
 待てよ。本当はうまくいったのに、うまくできなかったフリしてる?

Joey: Yeah, did I fool you?
 ああ、だまされた?

Ross: Totally!
 完璧にね!

Chandler: So it did go well.
 それじゃうまく行ったのか。

Joey: Oh, it went amazingly well!
 ああ、すごくうまくいったんだよ!

Ross: Great!
 よかったな!

Chandler: Oh, that’s great!
 ああ、よかったなぁ!

Joey: Yeah-yeah, it’s down to me and two other guys.
 ああ。俺と、あとほか2人に絞り込まれた。

Chandler: Oh, my God!
 ああ、そうか!

Ross: Wow!
 ワオ!

Joey: And I know both of them, they’re really good. One of them is the guy from those allergy commercials who’s always getting chased by those big flowers…
 知ってるけど、2人ともうまいんだ。1人は、あの花に追いかけられるアレルギーのコマーシャルのやつだよ。

Ross: Oh, I love that guy.
 ああ! あの人すっごくいいよね!

Chandler: Oh-oh, what are you doing?
 おいおい、おまえ何やってんだよ?

Ross: What am I doing?
 僕何やってるんだろう?

Joey: I’m just so nervous! You know? The callback isn’t until tomorrow at five. I feel like my head is going to explode!
 ほんと不安だよ! 明日の5時まで電話はこないんだ。それまでに頭爆発しそうだよ。

Chandler: Well, it is overdue.
 それは行き過ぎだな。

Ross: Look, don’t worry. Okay? You’re gonna be fine.
 心配するなって。きっと大丈夫だよ。

Joey: There’s just so much pressure. I mean no offense, but what you guys do is very different. I don’t know if you’d understand.
 この仕事って本当にプレッシャーきついよ。君たちに悪気はないけど、君たちとは全然違うんだ。わからないと思うよ。

Ross: Yeah, none of the rest of us have to deal with pressure at our jobs.
 ああ、俺たちの仕事じゃそんなプレッシャーないもんね。

【1-15 The One With The Stoned Guyから、仕事中のチャンドラー】

Chandler: Yes, Fran. I know what time it is, but I'm looking at the WENUS and I'm not happy!
 (電話)そうだ、フラン。遅いのはわかってる。でもこのウィーナスでは満足できないね!

【2-14 The One With The Prom Videoから仕事の面接を受けるモニカ】

Monica: Alright, well, I'm tearing the lettuce.
 わかりました。レタスをちぎってます。

Man: Uh-huh. Is it dirty?
 ほほう。それは汚れてないかね?

Monica: Oh-oh, no no don't worry, I'm gonna wash it.
 いえいえ、大丈夫です。洗いますから。

Man: Don't, I like it dirty.
 いや。汚れたままでいいんだ。

Monica: That's your call.
 おっしゃる通りに。

Man: So, uh, what are you going to do next?
 それで、次はどうするのかね?

Monica: Well, I thought that I would cut up the tomatoes.
 そうですね、トマトをカットしようと思います。

Man: Are they, uh, firm?
 それは固いかね?

Monica: They'r alright.
 大丈夫ですよ。

Man: You sure they haven't gone bad? You're sure they're not very, very bad?
 それは悪くなってないかね? とってもとっても悪くなってないかね?

Monica: No, really, they're OK.
 いえ、本当に大丈夫ですよ。

Man: You gonna slice them up real nice?
 君はそれをうまくスライスするのかね?

Monica: Actually, I was gonna do them julienne.
 いえ、千切りにするつもりです。

Man: Aaaahhhhhhh.
 おおおぉぉ!

Monica: I'm out of here.
 帰ります。(出ていく)

【4-13 The One With Rachel's Crush ブルーミングデールズから電話するレイチェル】

Rachel: Monica, I’m quitting! I just helped an 81 year old woman put on a thong and she didn’t even buy it! . . I’m telling you I’m quitting! That’s it! I’m talking to my boss right now! . . Yes I am! Yes I am! Yes I am! Yes I am! Yes I am! Yes I am! Okay bye, call me when you get this message.
 モニカ、私もう辞める! 今81歳の女性がTバックをつけるの手伝って、しかも彼女それを買わなかったのよ! 絶対に辞めるわ! 決めた! 今すぐ上司に話すわ! そうする! 辞める!辞める!辞める!辞める! じゃあね、これ聞いたら電話ちょうだい。

【1-12The One With The Dozen Lasagnas パウロの話をするフィービー】

Monica: Well, what happened?
 何があったの?

Phoebe: Well, he came in for a massage, and everything was fine until.
 彼マッサージに来たのよ。途中までは大丈夫だったの。
(回想でパウロがフィービーの足をなであげる)

All: Ooooohh!
 わおーーーー!

Ross: Oh, my God!
 なんてことだ。

Phoebe: And all of a sudden his hands weren't the problem anymore.
 それからいきなり、手だけじゃなくなったの(回想でうつぶせだったパウロが寝返り、フィービーは驚いて目をそらす)

Monica: Was it...
 あれは・・

Phoebe: Oh, boy scouts could have camped under there.
 もう、ボーイスカウトがキャンプできるくらい。

【5-9The One With Ross's Sandwich 博物館のロス】

Ross: You ate my sandwich?
 僕のサンドイッチを食べた?

Dr. Leedbetter: It was a simple mistake. It could happen to anyone.
 単純な間違いだよ。誰にでもある間違いだ。

Ross: Oh, really?
 へ、そうですか?

Dr. Leedbetter: Now-now calm down. Come look in my office, some of it may still be in the trash.
 いやちょっと落ち着きたまえ。僕のオフィスに行って見てみよう。まだゴミ箱にあるかもしれない。

Ross: What?
 なんですって?

Dr. Leedbetter: Well, it was quite large. I-I-I-I-I had to throw most of it away.
 いや、あれはとても大きかったから。ほとんど捨てるしかなかったんだよ。

Ross: You-you-you-you threw my sandwich away!
 あなた、あなた、あなたは、僕のサンドイッチを捨てた!

(外の景色の中に響きわたる)
Ross: MY SANDWICH?!!!
 僕のサンドイッチを!

(公園の鳩も驚く)
Ross: MY SANDWICH!!!!!!
 僕のサンドイッチ!!!

《現在のセントラルパーク》

Joey: I want this part so much! You know? If I don’t get this part I’m never gonna eat Macaroni and Cheese again!−No, I didn’t say that! That doesn't count.
 本当にこの仕事ほしいんだよ! ああ、もしこの仕事とれなかったら、マカロニ・チーズ二度と食べないぞ! ウソだよ! 言わなかったことにして!

《ジョーイの部屋:ダック、チックと話しているチャンドラー》

Chandler: Oh, come on, guys, it’s not like I moved to Europe! I just moved across the hall! And we would have you over all the time if it weren’t for Monica’s allergies. (quacks) You’re right, I could never lie to you. She hates you. . Should I get that? . . Hello? . . . Uh no, Joey’s not here right now. Can I take a message? . . . Yeah, okay, so the audition has been moved from 5:00 to 2:30? . . . Okay great. . . . Bye.
 だからさ、俺は何もヨーロッパとかまで行くわけじゃないんだ。廊下の向こうにいるんだからさ! いつでも来ていいんだよ、もし・・・モニカのアレルギーがなければ・・(ダックが鳴く)そうだよ。おまえにウソはつけない。彼女おまえ達が嫌いなんだよ。(電話が鳴る)これに出るべき? ・・もしもし? あ、いえ、ジョーイは出かけてます。ご用件伝えましょうか? ・・はい、わかりました。オーディションが5時じゃなくて2時半なんですね? ・・わかりました。 バーイ。(伝言ボードに書こうとしたところでドアが開き、モニカが来る)

Monica: Ahh! Aren’t you dressed yet?
 わぁ! まだ着替えてないの?

Chandler: Am I naked again?!
 俺またハダカ?

Monica: We’re supposed to meet my parents in 15 minutes.
 あと15分で両親が来るのよ。

Chandler: Yeah, okay, I was just talking to the guys. Just look at them. I mean, is it okay if they come visit?
 ああ、わかったよ。ただこいつらに話してたんだよ。ほら、この子達。この子達、うちに来てもいい?

Monica: Wh?! What about my allergies?!
 え? 私のアレルギーはどうなるのよ?

Chandler: Oh, right, your allergies. . .All her, she hates you.
 ああ、そうだよな、君のアレルギーだ。(ダック達に)全部彼女のせいだ。彼女が嫌ってるんだよ。

《ジョーイ達の部屋:フーズボールをするジョーイとチャンドラー》

Joey: Yes!! Ha-ha!! All right! Hey! How cool would it be if you could watch like a real life-sized version of this? Huh? I mean how crazy would that be?
 よし! ハハハ! よーし! なあ、もしこれが、本当のヒトの大きさでやってたら、かっこいいだろうな! すっごいことになるだろうな?

Chandler: As crazy as soccer?
 サッカーみたいにか?

(電話が鳴る)
Joey: Hello? . . . What are you talking about? The audition’s at five! . . Well, nobody told me! . . . Who did you talk to?. . Never mind!
 もしもし・・それどういうこと? オーディションは5時だろ! (思い出すチャンドラー)聞いてないぞ! 誰に伝言した? ・・・もういい!(電話を切る)

Chandler: You mean, you didn’t get it from this?
 このメモでわからなかった?

Joey: The allergy guy got the part! Thanks!
 アレルギーのやつが役をもらったよ! おかげでな!

Chandler: Well, maybe we can fix it, you know? Maybe we can send him some-some big-big flowers and scare him!
 なぁ、なんとかできるんじゃないか? 大きな花をやつに送って追い払うとか!

Joey: How could you do this to me, Chandler?! This part could’ve turned my whole career around!
 どうしてこんなことしてくれるんだよ、チャンドラー! これで俺のキャリアが全然違ってくるかもしれないんだぞ!

Chandler: I messed up. Okay? I’m sorry, I really messed up.
 俺が悪かったよ。な? 悪かったよ。本当に俺が悪かったよ!

Joey: Hey, you don’t even live here anymore! What are you doing answering my phone? I have my machine!
 おい、おまえ、もうここに住んでもいなんだぞ。俺の電話に出て何してんだよ! 留守電だってあるんだぞ!

Chandler: Which I bought for ya. Taught ya how to use it. You thought it was a copier. Look, if there was anything I could do, I would do it. Okay? But everybody’s allowed one mistake, right?
 俺が買ったんだぞ。使い方も教えたぞ。おまえコピー機だと思ったんだぞ。なぁ、俺にできることがあれば、何でもするよ。な、誰でも一度くらい失敗するだろ?

【2-14 The One With The Prom Videoブレスレットを愚痴るチャンドラー】

Chandler: You know he could have gotten me a VCR, he could have gotten me a set of golf clubs, but no, he has to get me the woman repeller, the eyesore from the Liberace house of crap.
 あいつ、ビデオデッキをくれてもよかった、ゴルフクラブをくれてもよかったのにさ。そうじゃない、やつがくれたのは、女性をはねつける道具だ。リベラーチェのゴミ箱から持ってきたような見苦しさだよ。

(Liberace = 派手な衣装で有名だったピアニスト)

Phoebe: It's not that bad.
 そんなにひどくないわよ。

Chandler: Oh, yeah, easy for you to say, you don't have to walk around sporting some reject from the Mr. T collection.
 そうか、言うのは簡単だよ。君は Mr. T のコレクションにも入れてもらえなかったものを見せびらかして歩かなくてもいいんだもんな。

Phoebe: Chandler, Chandler.
 (ジョーイが入ってきたので)チャンドラー、チャンドラー。

Chandler: I pity the fool who puts on my jewelry, I do, I do. I pity the fool that. . .Hi!
 (Mr.Tのマネ)俺の宝石を身に着けたやつを哀れに思うよ。本当にさ、哀れに思う・・・(ジョーイに気づく)やぁ!

【4-7 The One Where Chandler Crosses The Line:あやまるチャンドラー】

Chandler: Yeah, I mean when you were late last night, Kathy and I got to talking, and one thing led to another and…
 ああ、実は昨日の夜おまえが遅かった時に、キャシーと俺話していて、いつのまにか、つい・・

Joey: And what?! Did you sleep with her?!
 ついなんだ?! 彼女と寝たのか?

Chandler: No! No! No! I just kissed her.
 いや、いや、違う! キスしたんだ。

Joey: What?!! That’s even worse!!
 なに?! もっとひどいじゃないか!

Chandler: How is that worse?!
 どうしてもっとひどい?

Joey: I don’t know! But it’s the same!
 知るか! でもそうだよ!

Chandler: You’re right, I have no excuses! I was totally over the line.
 その通りだ。いい訳もないよ。本当に一線を越えてしまったと思う。

Joey: Over the line?! You-you’re-you’re so far past the line, that you-you can’t even see the line! The line is a dot to you!
 一線?! ずーっとずーっと通り過ぎてるよ! もう線なんかじゃなくて、点になってるだろうが!

《ジョーイの部屋》

Chandler: Look, I’m not saying that you should magically forgive me! But you’re not perfect! You’ve made some errors in judgment too!
 何もなく突然許してくれるなんて思ってないよ。だけど、おまえだって完璧じゃないだろ! 誰だって、失敗したり、判断ミスはあるだろ!

Joey: Name one!
 一つ言ってみろよ。

【4-2 The One With The Cat:AVユニットを盗まれて閉じ込められているジョーイ】

Chandler: What happened?!!
 (ジョーイの入った扉を開けて)何があったんだ?

Joey: Awww, man! He promised he wouldn’t take the chairs!!
 なんだよ! 椅子は持っていかないって約束したくせに!

Chandler: What the hell happened?!! How were you locked in?!! And where the hell is all of our stuff?!!
 いったい何があったんだ?! なんで閉じ込められた?! それにみんなどこいってしまったんだ?

Joey: Well, this guy came by to look at the unit and-and he said he didn’t think big enough to fit a grown man!
 ユニットを見にきたやつが、これは大人が入れるほど大きくないって言ったんだよ!

Chandler: So you got in voluntarily?!
 それで自分から入ったのか?!

Joey: I was trying to make a sale!! Oh, man, if I ever run into that guy again, you know what I’m gonna do?
 売ろうと思ったんだよ! もう、今度あいつに会ったらどうしてくれるかわかるか?

Chandler: Bend over?!!!
 お尻差し出すのか?!

【1-14 The One With The Candy Hearts:ロレインとダブルデートのジョーイ達】

Chandler: Ok, now, remember, no trading. You get the pretty one, I get the mess.
 わかってるよな、交換はなしだぞ。おまえがかわいい子で、俺はブサイクだ。

Lorraine: Hi, Joey. Well, well, look what you brought.
 ハーイ、ジョーイ。あらあら連れてきてくれたのね、素敵。

Chandler: And what did you bring?
 それで君が連れてきたのは?

Lorraine: She's checking her coat. Joey, I'm gonna go wash the cab smell off my hands. Will you get me a white Zinfandel, and a glass of red for Janice.
 今コートを預けてるわ。ジョーイ、手についたタクシーの匂いとってくるわ。私にはプリミティーヴォ頼んでおいてね。ジャニスにはグラスの赤ワインね。

Chandler: Janice? Janice?
 ジャニス? ジャニス?

Janice: Oh.... my.... God.
 オー・・マイ・・ゴーッド・・。

【2-1 The One With Ross's New Girlfriend:ジョーイ紹介のテーラーの話】

Chandler: Joey's tailor...took advantage of me.
 ジョーイのテーラーが・・・仕事にかこつけて俺を!

Ross: What?
 なに?

Joey: No way. I've been going to the guy for 12 years.
 まさか! もう12年も行ってるんだぞ。

Chandler: Oh, come on! He said he was going to do my inseam, and he ran his hand up my leg, and then, there was definite...
 何だって。やつは、内側を測るといって、手で脚をあがっていって、それから・・・間違いなく・・

Ross: What?
 なに?

Chandler: Cupping.
 包まれた。

Joey: That's how they do pants! Ross, will you tell him? Isn't that how they measure pants?
 それがサイズの測り方なんだよ。ロス、言ってくれよ。それがパンツの測り方だろ?

Ross: Yes, yes, it is. In prison!
 ああ、そうだ。刑務所ならな!

《現在のジョーイ達》

Joey: I said name one!
 一つあげろって言っただろ!

《モニカ達の部屋》

Chandler: I can’t believe I did this! What an idiot!
 俺、こんなことしちゃうなんて! なんてバカだったんだ!

Monica: Oh, stop beating yourself up! People make mistakes! These things happen! There aren’t any message you’ve forgotten to give me are there? . . Apparently you’re not very good at it! I…
 もう、自分を責めすぎないで! 誰だって失敗はあるのよ。こういうことはあるものよ。何か、私に伝言忘れてない? だって得意じゃなさそうだからさ。。

Chandler: Do you think he’ll ever forgive me?
 俺のこと許してくれるだろうか?

Rachel: Of course he will! But Chandler, the most important thing is you forgive yourself!
 もちろんよ! でもチャンドラー、まず何よりも、自分を許してあげることよ。

Chandler: You know what? I-I kinda have.
 まぁね、それはもう許してるよ。

Rachel: Already? That’s pretty bad what you did.
 もう? 随分ひどいことしたくせに。

Monica: You know what? He will forgive you. And I like to bring a pad with me when I go answer the phone just in case, okay.
 ねぇ、許してくれるって。ただ、電話を受ける時は、メモを用意しておいた方がいいのよね。ほんと。

Chandler: You didn’t see how mad he was, you know?
 彼がどんなに怒ったか見てないんだよ、君は。

Rachel: I’m sure he will forgive you. Look, we have all been there! You know, you fight, you make up, it’s just the way it works.
 絶対許してくれるわよ。ね、みんなそういう経験してきてるじゃない。ケンカして、仲直りして、みんなそうしてきてるのよ。

【4-1 The One With The Jellyfish:レイチェル達、海の後のブレイクアップ】

Ross: It took two people to break up this relationship!!
 別れることになったのは2人ともが原因なんだからね!

Rachel: Yeah! You and that girl from that copy place, which yesterday you took full responsibility for!!
 そうね! あなたとコピー店の女の子よ! あなた昨日全部の責任を負うって言ったわよね!

Ross: I didn’t know what I was taking full responsibility for! Okay?! I didn’t finish the whole letter!
 僕は何の責任を取らされているかわかってなかったんだ! いいか?! あの手紙読み終わってなかったんだ!

Rachel: What?!!
 なんですって?

Ross: I fell asleep!
 寝てしまったんだよ!

Rachel: You fell asleep?!
 寝てしまったですって?!

Ross: It was five-thirty in the morning, and you had rambled on for 18 pages. Front and back!! Oh-oh-oh, and by the way, Y-O-U-apostrophe-R-E means ‘you are,’ Y-O-U-R means ‘your!’
 朝の5時半だったんだ、君は18ページもたらたら書いて、表と裏にね!(部屋を出る)あ、そうそう、you アポストロフィー re は「君は」で、 your が「君の」だからね!

Rachel: You know, I can’t believe I even thought about getting back together with you! We are so over!!
 あなたとよりを戻そうなんて考えた自分が信じられないわ。完全におしまいよ!

Ross: FINE BY ME!!
 結構だね!

Rachel: And hey! Just so you know, it’s not that common! It doesn’t happen to every guy! And it is a big deal!!
 それからちょっと、言っとくけど! あれはよくあることなんかじゃないわよ! 誰にでも起きることじゃない! 一大事よ!!

Chandler: I KNEW IT!!!!
 やっぱり!!

【2-13 The One After The Superbowl, Part II:ジャンとのデートでケンカする2人】

Monica: You know, you had no right to go out with him.
 あなたには、彼とデートする権利ないわよ。

Rachel: That is the most ridiculous.
 こんなバカバカしいことって・・

Monica: You sold me out.
 あなた私を裏切ったのよ。

Rachel: I did not sell you out.
 裏切ってなんかないわよ。

Monica: Yes you did. Absolutely sold...
 いいえ、裏切ったわ、間違いなく…

Rachel: Would you let me talk.
 私が話してるのよ! (おでこパチン)

Monica: Did you just flick me?
 今私にデコピンした?

Rachel: OK, well, you wouldn't let me finish and I was jus- …Ow. That hurt…
 最後まで聞かないからよ、私は…(やり返され) イタ!痛いじゃない!

Phoebe: Let's not do this! Happy thoughts, Happy thoughts…OK, now I'm gonna kick some ass.
 やめましょうよ! ハッピーなこと考えて、ハッピーなこと…いいわよ、こうしてやる。(2人の耳をつかむ)

Monica & Rachel: Ow. Ow. Ow.
 イタ! イタ! イタ!

Phoebe: Alright, now I will let go if you both stop.
 いい? 2人ともやめたら離してあげるわよ。

Rachel: Fine.
 わかったわよ!

Monica: Fine,
 わかったわよ。

Phoebe: There we go.You know what, if we were in prison, you guys would be, like, my bitches.
 はい、よろしい。ねぇ、これが刑務所なら、2人とも私の手下よ。

【3-2 The One Where No One's Ready:チャンドラーの服重ね着ジョーイ】

Joey: Okay, buddy-boy. Here it is. You hide my clothes, I'm wearing everything you own.
 よぉし。これがそうだ。おまえが俺の服を隠したから、俺はおまえの持ってるもの全部着てやった。

Chandler: Oh, my God!
 なんてことを!

Joey: Look at me! I'm Chandler! Could I be wearing any more clothes? Maybe if I wasn't going commando...
 俺を見ろ! チャンドラー! これ以上服着れるかっつぅの! もしノーパンでなかったらな・・

Chandler: Oooo-ooh!
 あああ!

Joey: Yeah. Whew, it's hot with all of this stuff on. I better not do any, I don't know, lunges.
 ヒュー! こんなに着てると暑いな。やらない方がいいかな、ランジなんてな。

【2-17 The One Where Eddie Moves In:同居解消したジョーイとチャンドラー】


(別々の部屋で暮らし始め寂しいジョーイとチャンドラーの姿)

《ジョーイの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Joey? Got you a Joey Special, two pizzas! Joe? . . Hello? .. Damn it! .. Hello? . . . No, Joey’s not here right now, but I can take a message, I think. . . . He’s still got a chance for the part?! Oh, that’s great news! . . . Well, no, obviously not for the actor who was mauled by his dog. . . . Oh, well, that’s great. I will give Joey the message. Thank you! . . .Yes!
(Reading what he’s writing)
Okay, Mac audition at 2:00. Allergy actor attacked. By dog not flowers.
 ジョーイ? ジョーイ・スペシャルを買ってきたぞ! ピザ2枚だ! ジョー?(電話が鳴る)もしもし・・(また出てしまって)クソっ! ・・もしもし? いや、ジョーイは今いないですけど、伝えますよ。・・と思いますよ。・・まだ役がもらえるかも? ああ、それはすごいな! いや、イヌにやられた俳優さんには気の毒だったけど・・いや、よかった。ジョーイに伝えますよ。ありがとう! よし!(ホワイトボードーに伝言を書く)よし・・「マックのオーディション2時。アレルギーの俳優襲われた。花じゃなくてイヌに。」

《ジョーイの部屋:時間経過、ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Please tell me you got the message!
 頼む、伝言見たって言ってくれ!

Joey: What message?
 何の伝言?

Chandler: The actor playing Mac couldn’t do it, they needed to see you at 2 o’clock.
 マックをやるっていう俳優がダメになって、おまえに2時にオーディションするって。

Joey: What?! It’s 6 o’clock!
 なに? もう6時だぞ!

Chandler: Du-du-I wrote it, I wrote it on the board! I wrote it on the board, then I went all over New York City looking for ya! I went to Ross’s! I went to the coffeehouse! I went to any place that they make sandwiches!
 俺、俺、書いたぞ。ボードに書いたんだぞ! ボードに書いて、それから街中おまえを捜して歩いたんだぞ。ロスのとこ行ったし、コーヒーハウスの行ったし、サンドイッチや全部回ったんだぞ!

Joey: I can’t believe this, Chandler!
 信じられないよ、チャンドラー!

Chandler: Sorry! I-I-I don’t know what to say.
 残念だよ! なんて言ったらいいかわからないよ。

Joey: Well, you-you-you-you might say congratulations! I saw the board! I went to the audition! I got the part!!
 おめでとうって言ってくれたらいいよ! ボード見たんだよ! オーディション行って、それで役もらったんだ!

Chandler: Is that supposed to be funny! I was really worried over here!
 それおもしろいつもりかよ! 本当に心配したんだぞ!

Joey: Oh, well, I’m uh…
 ああ、いや、俺・・

Chandler: You know, sometimes that fake out thing is just mean!
 なぁ、そのダメだったフリみたいなの、本当にひどいぞ!

Joey: Oh, wow! Okay, man, I’m sorry. I did not mean to make you feel bad.
 ああ、いや、悪かったよ、ごめん。そんな気にさせるつもりじゃなかったんだ。

Chandler: Well, that’s good. Because you didn’t! And I’m incredibly happy for ya!!
 いや、いいんだよ。うれしいよ! 本当によかったな!

Joey: That’s mean! You really had me going there!
 それ意地悪じゃないか! そんなことすることないだろ!

Chandler: Oh, we could do this all day.
 もう、キリがないよ。

Joey: Yeah, you’re right. Okay, look, listen, let’s talk about what a huge star I’m gonna be!
 ああ、ホント。なぁ、どんな大スターになっちゃうか話そうよ!

Chandler: You are gonna be a huge star! I’m gonna hug ya!
 おまえ、本当に大スターになるよ! ハグするぞ!

Joey: You hug me!
 ハグしてくれ!

Chandler: All right!
 よし!

【さまざまなハグシーン】


Joey: Hey, do we do this too much?
 なぁ、俺たちこれやり過ぎかな?

Chandler: I think so. Yeah, get off me.
 そうだな。ああ、離せ。

Joey: Yeah.
 ああ。

《ジョーイとフィービーがMac and C.H.E.E.S.E.の練習》

Joey: "Come on, C.H.E.E.S.E., I’m not leaving without you! Try routing your backup source through your primary CPU."
 だめだよ、チーズ、おまえを置いていけない! おまえの一次CPUからバックアップを探し出してみろ!

Phoebe: "I can’t! My circuits are fried! They’re fried, I tell you!!"
 無理だ! 回路がショートしてしまったんだ! 本当にショートしてしまったんだ!

Joey: Wow! "Well, then I’ll just have to carry you."
 ワオ・・それじゃ、君を運んでいくよ。

(カウンターの陰からロスが飛び出してくる)
Ross: "That’ll be a neat trick, when you’re. . when you’re dead!"
 それはいいな。おまえが(スクリプトを見直し)おまえが死んだらな!

Joey: Ross, you don’t have to yell.
 ロス、怒鳴らなくてもいいよ。

Ross: There was just an explosion, okay? My hearing would be impaired.
 爆発直後だろ? 今は耳が遠くなってるんだよ。

Phoebe: I thought you were excellent! In fact for a minute there I was like, "Ooh, where’d Ross go?"
 素晴らしかったわよ! 一瞬、「あら、ロスはどこ?」って思ったわ。

Ross: Thank you! And I have to say that first scene when you meet Mac…
 ありがとう! 僕も思うけど、君が初めてマックに会ったところでは・・

Phoebe: Yeah?
 そう?

Ross: Oh, my God. I mean…
 ああ、もう本当に・・

Joey: You know what? I think that’s enough for today. Thanks for your help!
 なぁ、今日は練習はもういいよ。相手してくれてありがと!(部屋へ行く)

Phoebe: Holding us back.
 私達を避けてるわね。

Ross: Totally.
 ほんとだね。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:46| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。