2013年09月28日

6-19 The One With Joey’s Fridge

6-19 ジョーイの冷蔵庫の話

 ☆やきもち焼きのロス☆

《ジョーイの部屋:冷蔵庫背面の黒いネット部品を外してしまうジョーイ》

Joey: Well, that thing is clearing in the way! All right. Ah-ha!. . .Ah-ah!! Damn fridge!
 ああ、これがどう見ても邪魔なんだよ。よし、ああ!(ちょっと感電)ああ! クソ冷蔵庫め!

(レイチェルが寝室から来る)
Rachel: Hi, Joey, how you doing?
 ハーイ、ジョーイ。元気?

Joey: Great! Roomie!
 元気だよ! ルーミー!

Rachel: Huh, yeah, I guess we are roommates now.
 アハ。そうね。私達は今ルームメイトね。

Joey: Yeah! Well, now that you bring it up, our fridge is broken. We have to get a new one. Now, I checked around and your half is $400. Thanks a lot.
 ああ。君が今持ち出したから言うけどさ、冷蔵庫が壊れたんだよ。新しいの買わないといけないだろ。調べてみたんだけど、君の分は400ドルだよ。ありがと、助かるよ。

Rachel: I’m not paying for half of that! I’m only staying here until my apartment gets fixed.
 私そんなの払わないわよ。私の部屋が直るまでここにいるだけなんだもの。

Joey: Look, Rach, my parents bought this fridge just after I was born, okay? Now, I have never had a problem with it. Then you show up and it breaks! What does that tell ya’?
 いいか、レイチ、俺の両親は、俺が生まれたときこれを買ったんだ。これまで、何の問題もなかった。君が来た途端に壊れた。ということはつまり?

Rachel: That refrigerators don’t live as long as people.
 つまり冷蔵庫は人ほど長生きしないってことね。

Joey: All right, now you know that the ATM will only lets you take out 300 at a time, so I’ll take a check for the other hundred.
 そうか。ATMは一度に300ドルしか出せないだろ、だから、残りの100ドルは小切手でもいいよ。

Rachel: You’re joking, right?
 冗談でしょ?

Joey: Of course I’m joking! I don’t take checks.
 もちろん冗談だよ! 小切手はダメ。

Rachel: Thank God you’re pretty.
 せめてかわいくてよかったわね(出て行く)

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Hey!
 ハーイ!

All: Hi! Hey!
 ハーイ! やぁ!

Rachel: Do you guys know any cute guys?
 誰か、キュートな男性知らない?

Chandler: Well, of course I do! My good friend Joey over here.
 もちろん知ってるよ! ここにいる、いい友達のジョーイだよ。(ジョーイにも同じことを言わせようとするが)

Joey: Oh, I’m sorry. Thank you, Chandler.
 あ、悪い。ありがとう、チャンドラー。

Rachel: Anyway, there’s this big charity ball this weekend and Ralph Lauren bought a table, so I kinda have to go…
 今度の終末、チャリティ・パーティがあって、ラルフローレンが参加することにしたから、私も行かなくちゃ行けなくて・・

Monica: What’s the charity?
 何のチャリティ?

Rachel: I don’t know, something either trees or disease−Ralph mumbles a lot.
 何だったかしら。木だか、病気だかのことよ。ラルフってはっきりしないのよね。

Monica: Does Ralph mumble when you’re not paying attention?
 あなたがちゃんと聞いてない時にはっきりしないんじゃない?

Rachel: Yeah! It’s weird. But the thing is I need to find a date.
 そうなのよ! 変よね。とにかく、私一緒に行く人を見つけないといけないの。

Phoebe: Well, what kind of guy are you looking for?
 どういう人を捜してるの?

Rachel: Well, someone that has his own tux, or has the ability to rent a tux.
 そうね、タキシードを持ってる人か、レンタルできる人よ。

Chandler: So he has to be a male who has at least $50.
 それじゃ、少なくとも50ドル持ってる男ってことだな。

Joey: Ooh! So close.
 ああ、惜しい!

(ロスとエリザベスが来る)
Ross: Hey, everybody!
 やぁ、みんな!

All: Hi!
 ハーイ!

Ross: Hey, this is Elizabeth.
 こちらエリザベスだよ。

Elizabeth: Oh, hi!
 あ、ハーイ!

All: Hi!
 ハーイ!

Elizabeth: I’m the student.
 私は生徒よ。

Chandler: Isn’t she cute? . . No!
 かわいいじゃん?(モニカに睨まれ)別に!

Phoebe: You know, this is probably none of my business, but weren’t you guys supposed to not be seen in public together?
 私には関係ないことかもしれないけど、でも、あなた達人前で一緒にいちゃまずいんじゃないの?

Elizabeth: Oh, we’re not together.
 ああ、私達一緒じゃないの。

Ross: Oh, no-no-no, we’re just two people who happen to have run into each other here at the coffee house.
 うん、そうそう、僕らは、たまたまコーヒーハウスで出会った2人の人だよ。

Phoebe: Oh, sly.
 ああ、悪知恵ね。

Elizabeth: Well, I really wanted to meet you guys, but I have to run. I’ll see you later?
 ほんと、みなさんに会いたかったの、楽しかったわ。じゃあまたね?

All: Okay!
 オーケー!

Elizabeth: Bye, Ross.
 バーイ、ロス

Ross: Bye.
 バーイ。

Elizabeth: Oops! I did not mean to run into you like that, sir.
 (キス)あっと! こんなふうにぶつかっちゃうつもりではなかったんです。どうも。

Ross: Oh, that is quite all right, ma’am.
 ああ、いいんですよ、おじょうさん。

Chandler: So, why is she leaving? Is it a school night and she has a lot of homework to do?
 なんで彼女行っちゃうの? 学校があって、宿題がいっぱい?

Ross: Yes, her molecular epidemiology paper is due tomorrow.
 ああ。分子疫学のレポートの提出期限が明日なんだ。

Chandler: Oh, tell her good luck with that.
 そうか、彼女に頑張ってって言っといて。

Ross: Anyone else? Huh? Bring them on!
 他には? え? 何でも言って!

Rachel: Oo! When’s her birthday?!
 そうだ! 彼女の誕生日は?

Ross: I don’t know, Rachel, why?
 知らないよ、レイチェル、なんで?

Rachel: Well, you know, it’s just been so long since I’ve been to Chuck E. Cheese.
 だって、チャッキーチーズに随分長い事行ってないから。

(Chuck E. Cheese = お子様向けレストラン。4-5にも出てきました)

Monica: Oh, I like Elizabeth.
 私はエリザベス好きだわ。

Ross: Well, thanks!
 ああ、ありがと!

Monica: Yeah. In fact, I like her so much, you tell her I want my cookies early this year! You know, a box of Thin Mints and some Tagalongs.
 ええ。彼女本当に好きだから、今年のクッキーは早く欲しいって言っといてね。ミントとタガロングね!

(Thin Mints ,Tagalongs = ガールスカウトが売るクッキー)

Joey: Hey-hey, come on, you guys, give him a break. Ross, seriously, how’s it going with her?
 なぁなぁ、みんな、いい加減にしてやれよ。ロス、マジな話、うまくいってるのか?

Ross: Well, actually it’s been great. She’s 20 so she’s not looking for anything too serious, which is perfect for me right now.
 うん。ほんと、すごくうまくいってるよ。彼女は20歳だから、真剣なつきあいを求めてないだろ。今の僕にはピッタリなんだよ。

Monica: Well, that is great. And seriously, she seems very nice.
 それはいいわね。ほんとの話、彼女とってもいい子そうね。

Ross: Thanks. I know you guys like to give me a hard time and all, but it really means a lot to me that you like her. Just knowing that you guys are…
 ありがと。みんなでからかうのはわかるけど、でも、彼女を好きになってくれたら本当に嬉しいよ。君たちが・・

Phoebe: Okay, I got a good one. Okay, umm, what is she? Like 12?
 あっ、いいのを思いついたわ。ねぇ、彼女、なに? 12歳とか?

《モニカ達の部屋》

Monica: Chandler, do you think we talk about our relationship enough?
 チャンドラー、私達って、2人の関係について、十分に話し合ってるかな?

Chandler: Yeah. Do we have any Fruit Roll-Ups?
 ああ。フルーツスナックある?(出してあげるモニカ)

fruit-roll-ups.jpg

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: Okay, I just thought of the perfect guy for Rachel to take to her thing.
 ねぇ、レイチェルが連れていくのに完璧な人を見つけたわよ。

Chandler: Oh, that’s so funny because we found someone too.
 ああ、おもしろいね、俺たちも見つけたんだよ。

Phoebe: Oh, that’s good, I guess she’ll have a choice between my guy and your weirdo.
 あら、いいじゃない。彼女、私の人とあなた達の変人から選べばいいのよね。

Chandler: Why would our guy be a weirdo?
 どうして俺たちのやつが変人なんだよ?

Phoebe: ‘Cause that’s just your taste.
 だってあなた達の好みでしょ。

Monica: Rachel is not going to pick your stupid guy.
 レイチェルはあなたのバカな男は選ばないわよ。

Phoebe: Oh, yeah?
 あらそう?

Monica: Yeah!
 そうよ!

Phoebe: My guy is a lawyer who does volunteer work. And, he has one of these.
 私の人は弁護士でボランティアもしてるのよ。それに、これがあるの(顎をつまむ)

Chandler: A face ass?
 顔に尻?

Phoebe: A chin dimple!
 顎に割れ目があるのよ。

Monica: Well, uh you know, our guy works with Chandler and he’s really nice and smart and he’s a great dresser!
 私達の人はチャンドラーの会社で働いてる人で、本当に素敵で、賢くて、それに、すごくおしゃれなのよ!

Phoebe: Have you seen your guy’s body?
 その人の体見たことある?

Chandler: No, our guy is just a floating head.
 いいや。俺たちの男は頭だけなんだ。

Phoebe: Well, my guy is spectacular. Okay? He’s a massage client and one time umm, when he was on the table, I looked at it. And I mean all of it.
 私の人はものすごい体よ。ほんと。マッサージのお客さんで、一度マッサージの時に見たの。ほんと、全部見たのよ。

Monica: You’re not supposed to look!
 あなた見ちゃダメじゃないの!

Phoebe: Oh, yeah, like there are police for that!
 あらそう。警察につかまるかしら。

Chandler: Wait! You look? You-you massaged me.
 待てよ。見るのか? 君、俺のマッサージもしたじゃないか。

Phoebe: I know.
 そうよね。

Monica: All right, fine, your guy may have a great body, but our guy is really funny.
 わかった、いいわよ。あなたの人はいい体をしてるかもしれない。でも、私達の彼は本当に楽しい人よ。

Phoebe: Oh, Chandler funny?
 あら、チャンドラーみたいってこと?

Monica: Our guy’s a great dancer!
 私達の彼はダンスも上手よ!

Phoebe: My guy is well read.
 私の彼は本を読むわ!

Chandler: Our guy has great hair.
 私達の彼は髪も素敵よ。

Phoebe: My guy has great teeth!
 私の彼はきれいな歯よ!

Chandler: Our guy smells incredible.
 俺たちのやつは、いい匂いだぞ!

Monica: Do you want our guy to be your guy?
 あなた、その人自分の彼にしたいの?

《ジョーイの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey.
 やぁ。

Joey: Huh.
 はぁ。

Chandler: Well, you don’t look good, Joe.
 おまえ、元気そうには見えないな、ジョー。

Joey: The fridge broke. I have to eat everything. Cold cuts, ice cream, limes−Hey, what was in that brown jar?
 冷蔵庫が壊れて、全部食べなきゃいけなくてさ。ハムとか、アイスクリームとか、ライム・・・なぁ、あの茶色い瓶に入ってたのは何?

Chandler: That’s still in there?!
 あれまだあったのか?

Joey: Not anymore. So anyway, how do you want to pay me?
 もうないよ。それじゃ、どうやって払ってくれる?

Chandler: Is this a service you’re providing me?
 今のが有料のサービスか何かか?

Joey: No! No! No! For my new fridge−our new fridge!
 違う、違うよ。俺の・・俺たちの新しい冷蔵庫のだよ!

Chandler: Our new fridge? I don’t live here anymore.
 俺たちの新しい冷蔵庫? 俺はもうここに住んでないんだぞ。

Joey: So what? Look, okay, suppose we were a divorced couple.
 それで? なぁ、俺たちが離婚した夫婦だと思ってみろ。

Chandler: Uh-huh.
 それで。

Joey: And I got custody of the kid, right? Now suppose the kid dies and I gotta buy a new kid.
 俺が親権を持った。な? そして子供が死んでしまったので、新しい子供を買わなきゃいけない。

Chandler: Okay…
 それで・・

Joey: Give me $400!
 400ドルくれよ!

《ロスのオフィス》

Elizabeth: Professor Geller?
 ゲラー教授?

Ross: Hmm? Oh, a student I don’t know.
 はい? ああ、知らない生徒さん。

Elizabeth: I was wondering if I could talk to you for a moment?
 ちょっとお話できないかと思いまして。

Ross: Yes, of course, what-what would this be regarding?
 ああ、もちろんいいよ。何に関してのことかな?

Elizabeth: Making out in your office.
 あなたのオフィスでキス。

Ross: Shh! Of course, why don’t we go inside?
 シーッ! もちろん、中にはいって。

(室内に入るとすぐキス。ドアにもたれたロスが悲鳴をあげる)
Ross: Oh-ooh!
 あう、痛!

Elizabeth: What?
 何?

Ross: Doorknob! Doorknob!
 ドアノブ、ドアノブ!

Elizabeth: Oh! Sorry! Umm, I actually do need to talk to you.
 あ、ごめんなさい。ねぇ、実は、話したいことがあるの。

Ross: Oh, okay. What-what about?
 ああ、いいよ。何のこと?

Elizabeth: Spring vacation.
 スプリング・バケーションなんだけど

Ross: Spring vacation.
 スプリング・バケーション?

Elizabeth: Yeah, we have time off and a lot of people are going on trips…
 ええ。休みだし、みんな旅行に行くのよね。

(教授が突然入ってくる)

Professor Feesen: Professor Geller!
 ゲラー教授!

Ross: Yes, professor Fiesenstinlender… I’ll be with you in one moment. . . .So, I will take one box of the Thin Mints.
 はい、フィー・・セン・・スティンレンダー教授・・少しお待ちくださいね。(エリザベスに)それじゃ、ミントを1箱貰うよ。

《ジョーイの部屋》

Ross: You don’t understand! Elizabeth was about to ask me to go on a trip with her! Is that taking it slow?! No, I’m not ready for this! Okay? What-what do I tell her?
 君はわかってないんだよ。エリザベスは、旅行に誘うつもりだったんだよ。これでも、ゆっくりことを進めてるか? ダメだ。僕はそんな気になれない。ねぇ? 彼女になんて言えばいいんだ?

Chandler: Just tell her the truth! Tell her you’re not ready.
 本当のことを言えばいいじゃないか! まだそんな気になれないって。

Ross: I can do that. Oh-oh, what if she gets upset?
 それもそうか。だけど、彼女が怒ったりしたら?

Chandler: Then you distract her with a Barbie doll.
 そうしたらバービー人形でも買ってやれ。

Joey: Or! You can just, you know…
 それかだな、おまえはただほら・・(冷蔵庫にロスをぶつける)

Ross: What the hell are you doing?
 いったい何のつもりだよ?!

Joey: What? What the hell am I doing? You just broke my fridge!
 なに? 俺がどうしたって? おまえが俺の冷蔵庫を壊したんじゃないか!

Ross: What?! What? How do you, how do you even know its broken?!
 なに? なんだって? どうして、どうしてこれが壊れてるってことになるんだ?

Joey: Oh-ho-ho, you think I don’t know what breaks my fridge? Excuse me! . .Well, what do you know! Broken! That’ll be $400!
 いいや、俺の冷蔵庫がどうしたら壊れるか俺にわからないとでもいうのか? ちょっといいか? (冷蔵庫の中を見る)ほら! わかる! 壊れてるぞ! 400ドルだ!

Chandler: Joey, I saw you push him!
 ジョーイ、おまえが彼を押すのを俺は見たぞ。

Joey: You pushed him!
 おまえが押したんじゃないか!

Ross: Joey, I did not break this! Okay? . . That has been broken for a while.
 ジョーイ、僕は壊してないよ、わかるか?(冷蔵庫の中をのぞき匂いに参る)これはしばらく前から壊れてるよ。

Joey: All right. Chandler, do you remember how I told you about our fridge?
 わかったよ。チャンドラー、冷蔵庫について話したの覚えてるよな?

Chandler: Uh-huh.
 ああ。

Joey: I still haven’t gotten a check for your half yet.
 おまえからまだ半分のお金貰ってないぞ。

Ross: Do not give him any money!
 彼にお金を渡すことないぞ!

Joey: I’m not talking to you! You broke my fridge!
 おまえに話してない! おまえは俺の冷蔵庫を壊したんだ!

《ロスのオフィス:エリザベスが来る》

Elizabeth: You wanted to see me, Professor Geller?
 お話でしょうか、ゲラー教授?

Ross: Yes. Yes! Please, come in.
 ああ、はい。どうぞ、入って。

(前回と同じ展開で背中が痛いロス)
Ross: Oo-oo!
 痛っ!

Elizabeth: Doorknob?
 ドアノブ?

Ross: Yeah, it kinda grows on you. Actually, I wanted to finish talking to you about uh, spring vacation.
 ああ、君これに慣れてきたね。実は、話の続きをしたいと思ってね。スプリング・バケーションの。

Elizabeth: Oh, good.
 ああ、よかった。

Ross: Look, I… Look, I’m having a great time with you and I just don’t want us to move to fast or put to much pressure on us. So, I’m sorry, I just don’t think we should go away together yet. It’s-it’s too soon.
 ね、僕は・・いいかい、僕は君といて、とっても楽しくと思ってるんだ。ただ、早く進みすぎてプレッシャーを感じるのはよくない。それで、悪いけど、まだ2人で旅行には行くべきじゃないと思う。早すぎると思うんだよ。

Elizabeth: Ross, I think you misunderstood what I was saying. I just wanted to tell you that I’m going to Florida for a couple weeks.
 ロス、あなたは私の言おうとしたこと勘違いしてるわ。私はただ、2週間フロリダに行くって言いたかったのよ。

Ross: No. I think you misunderstood what I was saying. What I meant was…
 いや。君が僕の言いたいのを勘違いしてるんだよ。僕が言いたいのは・・

Elizabeth: You are so adorable.
 あなたって本当にかわいいわね。

Ross: That! Let’s talk about that.
 それ! そのことについて話そう。

《セントラルパーク:ロスが来る》

Ross: Hey!
 やぁ!

Chandler&Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey! How did it go with Elizabeth?
 あら、エリザベスと話してどうだった?

Ross: Huh? Oh-oh, it was fine. Uh, it was just a misunderstanding. She didn’t want me to go with her. She just wanted to let me know that she’s going to Florida for spring vacation.
 あ? あれね、大丈夫だったよ。誤解だったんだ。彼女は僕と一緒に行きたいっていうんじゃなかったんだ。彼女は、ただ、スプリング・バケーションでフロリダに行くって言いたかっただけなんだ。

Chandler: Wait a minute, is she going for spring vacation or is she going for spring break?
 待てよ。それって、スプリング・バケーション、それとも、スプリング・ブレイクで行くってこと?

Ross: What’s-what’s the difference?
 何が違うの?

Monica: Well, spring vacation is doing nice things with your grandparents. Spring break you’re doing frat guys.
 スプリング・バケーションは祖父母と一緒にいいことをするんだよ。スプリング・ブレイクは、男達と遊びまくるってことだよ。

(frat boy = fraternityに属する人達。fraternity はクラブのようなもの)

Ross: Hey, you know what? Not all spring breaks are like that.
 いや、スプリング・ブレイクがみんなそうとは限らないよ。

Phoebe: What did you do on yours?
 あなたは何をしたの?

Ross: I went to Egypt with my dad.
 とうさんとエジプトに行った。

Chandler: I can see it now, "Look dad, it’s the Sphinx!"
 わかるよ。「とうさん、見て! スフィンクスだよ!」

Ross: Hey, I think Elizabeth is a little more serious than, "Spring break!" . . All right? I mean she’s taken my class!
 いやー、エリザベスはそんな「スプリング・ブレイクだー」なんてのより、もっとまじめな子だよ。わかる?だって彼女僕のクラスをとってるんだぞ。

Monica: And slept with the professor.
 そしてその教授と寝てる。

Ross: I’m gonna call her.
 彼女に電話してくる。(裏へ行く)

Chandler: Yeah.
 ああ。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey! You guys, umm, I want you to meet Sebastian.
 ねぇ、みんな。紹介するわ。セバスチャンよ。

Sebastian: Hi.
 ハーイ。

Rachel: We just uh, we just met at the newsstand. We both grabbed for the last Field & Stream. What? I read that.
 私達たった今、ニューススタンドで会ったの。2人とも、フィールド&ストリームを取ったのよ。・・何よ、私読むのよ。

Sebastian: Can I get you a cup of coffee?
 コーヒー持ってこようか?

Rachel: Oh, yes! Thank you!
 ああ、お願い、ありがとう!

Phoebe: Rachel, what the hell is this?!
 レイチェル、いったいこれ、どういうこと?

Rachel: What?
 何が?

Phoebe: You ask us to find you a guy and you come traipsing in here with your own!
 あなた、私達に、男を見つけてって言っておいて、自分で見つけてブラブラ来るなんて!

Rachel: You found me a guy?
 私に見つけてくれたの?

Monica: Yes! We found you a really cute and funny guy from Chandler’s work!
 そうよ! 私達も、チャンドラーの勤め先で、すっごいキュートで楽しい人を見つけてきたのよ!

Phoebe: Yeah, and I-I found you one too who is not a weirdo.
 そうよ。私も、変人じゃないのを見つけてきたのよ。

Rachel: Well, you know what though, you guys? I really appreciate that but I think I’m just gonna take Sebastian to the charity.
 でもね、本当にありがたいと思うけど、でも私はチャリティにはセバスチャンと行くわ。

Chandler: Are you sure?! Because our guy smells incredible!
 本当に? 俺たちのやつは本当にいい匂いなんだぞ!

Monica: Uh, would you stop it with that already?!
 あなたもうそれやめなさいったら!

(セバスチャンがコーヒーを持って戻る)
Sebastian: Here you go.
 はい、どうぞ。

Rachel: Oh, thank you.
 あ。ありがとう。

Sebastian: Sure.
 うん。

Phoebe: So, Sebastian, do you do any volunteer work?
 それで、セバスチャン、あなた、ボランティアなんてしてる?

Sebastian: Uh, no, not really. Why?
 ああ、いや、してないよ。なぜ?

Phoebe: No reason, it’s just I know a single guy who does cares about other people.
 別に。私は独身で、人の事も気遣える人を知ってるわ。

Chandler: Are you funny?
 君、楽しい人?

Sebastian: Excuse me?
 なんですって?

Rachel: What are you guys doing?
 あなた達何してるのよ?

Monica: Are you funny? Tell us a joke!
 あなたおもしろい? ジョークを言ってみてよ。

Sebastian: Look, I just wanted to have coffee with Rachel.
 ね、僕はただ、レイチェルとコーヒーを飲みたかっただけなんだけど。

Phoebe: Well, so do a lot of people.
 そういう人はたくさんいるのよ。

Sebastian: Actually, I uh, I gotta get going. .Give me a call sometime.
 ああ、いや、僕はもう行くよ(レイチェルに)そのうち電話くれる。

Rachel: Oh, but you know, no, you didn’t give me your phone number.
 あら、でも、ほら、あなた電話番号くれてないわよ。

Sebastian: Okay! See you later!
 そうか。じゃあまた!(出て行く)

Chandler: Turns out he is kinda funny.
 結局おもしろいやつだったな。

《セントラルパーク:続き》

Rachel: I cannot believe you guys! He was really nice and he left because of you!
 あなた達、信じられない! 本当に素敵な人だったのに、あなた達のせいで行っちゃったじゃない!

Chandler: Yeah, but Sebastian? What is that? A cat’s name?
 ああ、だけどセバスチャン? なにそれ? ネコの名前みたい。

Phoebe: Yeah, you know what I noticed Rachel? He scares easy. Is that the kind of guy you’d like to take to a ball? "Hey, Sebastian, would you like to dance?" "Uhh, okay−I gotta go!"
 ねぇ、気づいたんだけどね、レイチェル。彼は簡単にびびっちゃうわよ。あんな人とパーティに行きたい? 「ねぇ、セバスチャン、ダンスしない?」「あ・・あ・・いや、もう行かなきゃ!」

Monica: All right, guys, stop it. Rachel, we’re very sorry that is a very insensitive thing for us to do. And you know what? Let us make it up to you, we have two really great guys for you.
 もういいわ、みんな、やめて。レイチェル。本当にごめんね、ひどいことしちゃったわ。償いとして、私達、素敵な人を紹介するから。

Phoebe: Yeah! What have you got to lose? You know you might even end up with someone really special if you pick my guy.
 そうよ! 失うものはないわよ。私の人を選べば、本当に特別な誰かと出会えるのかもしれないのよ。

Rachel: All right.
 わかったわ。

Chandler: Okay, so you will meet our guys?
 よし、それじゃ、俺たちの人と会ってみるね?

Rachel: Yes, I’ll meet them.
 そうね。会ってみるわ。

Chandler: Okay, now it doesn’t matter which one you choose, you know? It’s completely up to you. Our guy is perfect, or you can go out with the guy Phoebe deemed not good enough to go out with herself.
 よし。どっちを選ぼうと問題はない。ね? 君次第だ。俺たちの人は完璧だけどね。フィービーが自分には不十分だと思った人とデートしてもいいわけさ。

(ジョーイが来る)
Joey: Pheebs! There you are! Okay, you broke my fridge; you owe me 400 bucks!
 フィーブス、ここにいたのか! なぁ、君、俺の冷蔵庫を壊したから、400ドル払ってくれ。

Phoebe: Okay, sure!
 ああ、わかったわ。

Joey: Really?!
 ほんと?

Phoebe: Ooh, technically you owe me $600 for sending out happy thoughts on your last ten auditions.
 ああ、だけどあなた、私に600ドルの借りがあるわよ。私あなたのこれまでのオーディション10回分、願いをかけてあげたもの。

Joey: Call it even?
 ・・・イーブンってことでいい?

Phoebe: Okay.
 いいわよ。

(ロスが戻る)
Chandler: Well, there you are! So what did Elizabeth say?
 帰ってきたな。エリザベスは何て言ってた?

Ross: Well, it turns out that she is going to Daytona for spring break woo-hoo. That means, that means wet T-shirt contests, guys doing shots off of girl’s bodies, waking up next to people you don’t even know…
 彼女はデイトナへ、スプリング・ブレイクで羽目を外しに行くんだってことがわかったよ。つまり、濡れたTシャツコンテストをして、男達が女の子達の体からお酒飲んだり、全然知らない人達の隣で目を覚ますってことだよ。

Joey: Man, she is going to have a great time! Is she staying at the Hotel Corona?
 ああ、そりゃ彼女、楽しいぞ! ホテル・コロナに泊まるって言ってなかった?

Chandler: You know the hotels?
 ホテルも知ってるのか?

Joey: Sure! I was there! Spring Break ’81! Woo-hoo!
 ああ! 俺も'81年のスプリング・ブレイクに行ってたからな。ウーフー!!

Monica: In 1981 you were 13!
 1981年って、あなた13歳じゃないの!

Joey: So what? I drove down, sold T-shirts, had a blast. And you know who knows how to party? Drunk college chicks.
 そうだよ。運転していって、Tシャツ売って楽しんだよ。パーティで楽しんでる子知ってる? 酔っぱらいの女子大生だよ!

Ross: Okay, she can’t go.
 よし、彼女は行かせないぞ。

Phoebe: Ross, you can’t tell her not to go. You just started dating.
 ロス、あなた、行かせないとかできないわよ。つき合い始めたばかりなのに。

Ross: Then what am I supposed to do?
 それじゃどうしたらいいんだ?

Phoebe: Nothing, you just have to be cool with it.
 何もできないわよ。ただ、落ち着いてるしかないじゃない。

Ross: Well, what is she goes down and-and sleeps with a bunch of guys?
 だって、もし彼女が行って、たくさんの男達と寝てきたら?

Chandler: Well, maybe you don’t marry this one.
 それじゃ、今回は結婚するな。

《エリザベスの部屋》

Ross: I’m so glad you’re going on this trip!
 この旅行に行けて、よかったね。

Elizabeth: Yeah! I’ve been working so hard this semester. I really need to go crazy you know, blow off some steam.
 ええ! 今期は本当に頑張ったから。本当にハメを外して、ストレス解消したいの。

Ross: Sure. Sure. Look, I don’t, I don’t know if your plans are finalized yet, but umm, hey, I-I know another great way to blow off steam.
 そうだね、そうだね。ねぇ、もうプランは決定したことか知らないけど、でも、ねぇ、ストレス解消には他にも素晴らしい方法があるよ。

Elizabeth: What?
 なに?

Ross: Are you into crafts at all?
 手芸とかに興味はない?

Elizabeth: Ross, are you okay?
 ロス、あなた大丈夫?

Ross: Well, yeah, of-of course I’m okay! What? I’m just being supportive. Supportive of you and this whole trip, and-and . . . what-what is uh, what’s this?
 いや、もちろん大丈夫だよ。なんだい? 僕はただ君をサポートしたいだけだよ。この旅行自体サポートするよ。それから・・それから・・これは何?(面積の小さいビキニ)

Elizabeth: It’s a bathing suit?
 それは水着だけど?

Ross: To wear in front of people?
 人前で着るの?

Elizabeth: Is that supportive?
 それでもサポートしてるの?

Ross: Is this?!
 (水着を持って)これサポートする?

《セントラルパーク:モニカとチャンドラーが来る》

Monica: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Good-good-good-good.
 よしよしよしよし!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Monica: We’re really glad you decided to meet our guy.
 私達の人に会うって言ってくれて本当にうれしいわ。

Rachel: Oh…
 ああ。

Monica: You’re gonna like him so much. So umm, when do you want to meet him?
 彼のこと本当に気に入るわよ。それで、いつ会うことにする?

Rachel: I don’t know. I know I don’t work late tomorrow night.
 どうかな。明日は仕事遅くならないけど。

Chandler: Tomorrow night is good. Tomorrow night is good, but uh, you know what? Why put off something till tomorrow that you can do right now? Eldad, come here!
 明日の夜、いいね。明日の夜はいい。でも、ね、今日できることを明日に延ばすのはどうかな? エルダッド、来て!

Rachel: What?
 えっ?

Monica: Eldad, this is Rachel.
 エルダッド、こちらレイチェルよ。

Eldad: How are you?
 初めまして。

Rachel: Well-well, a little blind-sided but you know, good.
 まぁ・・ちょっと突然だけどでも、いいわ。

Chandler: Eldad, sit down. Move over! Move over now!
 エルダッド、座って。ほら、移動して(隣に座らせる)移動して、ほら!

Rachel: I−Ohh!
 私・・あら・・

Chandler: There you go! There you are!
 ほらね、はい、どうぞー!

Monica: Okay! Okay! We can take a hint! . . What are you doing here?!
 (レイチェルに見られ)わかった、わかった。意味わかったわ・・(立ち去ろうとしてフィービーに出会う)あなた何してるの?

Phoebe: This is Patrick.
 彼はパトリック

Patrick: Hi.
 どうも。

Chandler: Hi. Okay, you’re too late, okay? Because she’s already with our guy.
 どうも。(フィービーに)君は遅かったね。彼女はもう俺たちの人と一緒だ。

Phoebe: Oh, my God, you’re right! I am too late; they’re sitting on the couch and talking! . . Come on! .. Rachel?
 まぁ、ほんとだ! 遅かったのね! 2人で並んで座って話してるわ! (パトリックに)来て!(そばへ行き)レイチェル?

Rachel: Yeah?
 はい?

Phoebe: This is Patrick.
 こちらパトリック。

Rachel: Oh, hi.
 あら、ハーイ。

Patrick: Hi.
 ハーイ。

Phoebe: Yeah, this is the guy I was telling you about.
 ええ、この人が私の言ってた人よ。

Rachel: Yeah?
 そう?

Phoebe: Yeah. And believe me, this suit does not do justice to what’s underneath it.
 ええ、本当、このスーツはその下にある体を隠しちゃってるのよ。

Rachel: Oh-okay, but Pheebs?
 ああ、そう。でも、フィーブス?

Phoebe: Yeah?
 なに?

Rachel: I’m just sort of in the middle of something.
 私今、ちょっと忙しいのよ。

Phoebe: Oh! Okay! Yeah, that’s okay. . Have a seat.
 あら、いいのよ。ええ、大丈夫(パトリックに)座って。

Monica: No! You can’t do that!
 ダメよ! そんなのダメよ!

Eldad: Maybe I should go!
 僕はもう行こうかな。

Monica: Sit down! We’re winning!
 座ってて! 私達勝ってるんだから!

Rachel: Okay, you know what? Maybe I should go!
 もういい、ねぇ、私がもう行っちゃおうかしら。

All: No-no-no-no! Have a seat! Have a seat!
 ダメダメダメ! 座って、座って!

Monica: Rachel! Rachel! You haven’t touched Eldad’s hair!
 レイチェル、レイチェル! あなたエルダッドの髪に触ってないでしょ!

Chandler: It is the softest hair! Touch it!
 最高に柔らかい髪なんだ。触ってみて!

Rachel: Yeah, I’m good.
 いえ、私はいいわ。

Phoebe: Rachel? Patrick is really rich.. . Give her some money.
 レイチェル? パトリックはお金持ちなのよ。(パトリックに)お金あげて。

Patrick: You know what Phoebe? This isn’t really worth the free massage.
 ねぇ、フィービー? これじゃマッサージが無料でも割に合わないよ。

Monica: That’s right, Patrick, bye-bye!
 その通りね、パトリック、バイバイ!

Chandler: Eldad is much more cooperative! And he can dance!. .. You dance for Rachel!
 エルダッドはもっと協力的だよ! それに踊れるんだ! (エルダッドに)レイチェルに踊ってあげて。

Rachel: No-no! Don’t dance for me! Please? Don’t! . . . What is the matter with you guys?
 いいのいいの! 踊ってくれなくていいわ! ね? やめて! あなた達、どうなっちゃってるのよ?

Phoebe: Yeah, okay, let’s talk it out.
 ええ、そうね、話しましょう。

Rachel: I… Am I the only one that this is embarrassing for?
 もう・・恥ずかしいと思ってるの私だけ?

Eldad: I’m a little embarrassed.
 僕もちょっと恥ずかしいよ。(チャンドラーがシーッと言う)

Rachel: I’ll tell you who should be embarrassed! It’s you guys! Come on! This is ridiculous! Thank you very much, but I do not need you to get me a date!
 恥ずかしいのはあなた達よ。あなた達。ねぇ、こんなのバカげてるわ。ありがたいとは思うけおd,でも、私こんなふうに探してもらう必要ないわ。

Phoebe: Then why did she ask us to…
 だけどそれじゃあどうして私達に・・

Rachel: I am still talking!! And then you chase away the one guy that I actually liked! I mean, no offense to you guys. Really! I mean, congratulations on all the cash, and-and you know−Wow! You do have very soft hair! But I would much rather go to the ball all by myself than go through anymore of this! Good-bye! . . Now do you use some sort of special conditioner on that hair?!
 私はまだ話してるの! そしてあなた達私が気に入った人を追い返しちゃって! あなた達が悪いというのじゃないのよ、ほんと、(パトリックに)お金がたくさんでよかったわね。それにあなたは(エルダッド)ワオ! あなた本当に柔らかい髪ね! だけど、こんなことするより、パーティには1人で行った方がいいわ。サヨナラ! (出て行きかけてエルダッドに)あなたその髪、特別なコンディショナーでも使ってるの?

Eldad: Yes, Papaya Extract.
 うん。パパイヤ抽出液だよ。

Rachel: Thank you!
 ありがと!(出て行く)

《空港:エリザベスを見送るロス》

Ross: So uh, have a great time down there.
 それじゃ、向こうで楽しんできて。

Elizabeth: I will.
 ええ。

Ross: Yeah. And did you, did you pack that bathing suit?
 ああ・・それで、君、あの水着も持った?

Elizabeth: Yeah.
 ええ。

Ross: It was pretty funny when I, when I hid it for a while, huh? Anyway, umm, I am worried about that bathing suit, not because it’s revealing which I’m fine with, no, I’m concerned about your health, sun exposure.
 おかしいね、あれ僕隠したのにね? とにかくあの水着は心配なんだよ。露出が多いってことじゃなくて、それは僕、構わないんだけど、でも、君の健康がね、太陽に当たり過ぎでさ。

Elizabeth: Oh, don’t worry. I have plenty of sun block, it’s SPF-30.
 あら、心配しないで。私たくさん日焼け止めを持ってるから。SPF-30なのよ。

Ross: Well, if what’s in the bottle is actually 30. I mean sometimes you get 30, sometimes it’s-it’s get 4, and I swear to God more often than not, it’s just milk.
 ああ、もし本当にボトルに入ってるものが30ならね。ときどき30のを買っても中身は4だったり、本当、誓うけど、時々ただのミルクってこともあるからね。

Elizabeth: Ross, it’s going to be okay. I’m not going down there to hook up with a bunch of guys. I really like you. I like how things are going between us.
 ロス、大丈夫よ。私向こうに行って、男の子達とどうかなっちゃうわけじゃないのよ。あなたが本当に好きだもの。私達の関係が好きなのよ。

Ross: Really?
 本当?

Elizabeth: Yeah! I’m just going down there to relax and hang out with my friends.
 ええ! ただ行ってリラックスして、友達とくつろいでくるだけよ。

Ross: Okay. Cool.
 そうか、いいね。

Elizabeth: Oh, hey! Here they are!
 あら、ほら! みんなが来たわ!

(10人ぐらいの男性が来る)
Guy: Elizabeth!
 エリザベス!(抱き上げて大騒ぎで立ち去る)

Ross: Call me!
 ・・・・電話して!

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Rachel, we’re sorry for pushing those guys on you.
 レイチェル、あの人達を押し付けたこと、本当にごめんね。

Rachel: Oh, that’s all right! I ended up having a really good time. You know, the charity was a big success and they raised a lot of money and awareness.
 ああ、いいのよ。私結局楽しく過ごせたわ。チャリティは大成功だったし、お金もたくさん集まって、認識も高まった。

Chandler: So what was it for anyway?
 それじゃ、何のチャリティだったの?

Rachel: I wanna say a disease.
 病気ってことにしとくわ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

All: Hey!
 ヘイ!

Joey: I just got this really weird message from Ross. He said turn on MTV.
 今ロスからすごく変なメッセージがあったんだよ。MTV つけろって。

Rachel: Huh. All right.
 ふん。いいわよ。(テレビをつける)

Phoebe: Oh, my God, look! That’s Elizabeth!
 まぁ! 見て! あれ、エリザベスよ!

(回りの男性を遠ざけるように踊りに入るロスの姿が映る)

Rachel: Oh, Oh, Professor Geller.
 あら・・まぁ、ゲラー教授・・・

Joey: Ahh, to be 13 again.
 ああ、もう一度13歳だよ。

Chandler: Yeah.
 ああ。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:34| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。