2013年09月27日

6-18 The One Where Ross Dates A Student

6-18 生徒とデートするロスの話

 ☆ロスと教え子の禁じられた恋☆

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Ross: Hey! I just got uh, my teacher evaluations! Check out what this one student wrote, "I loved Dr. Geller’s class. Mind blowing lectures! Dr. Geller, you are definitely the hottie of the paleontology department!"
 やぁ! 教授の評価を受け取ったんだよ。この生徒が書いたのを見てよ。「ドクター・ゲラーのクラスは楽しかった。とても刺激的な講義でした! ドクター・ゲラー、あなたは古生物学科の中で一番セクシー!」

Chandler: Ahh, Hotties of the Paleontology Department, there’s a big selling calendar, eh?
 ああ、古生物学科の中で一番セクシーなやつって一番売れてるカレンダーだよね。

Rachel: Who wrote it?
 書いたの誰?

Ross: Oh, I wish I knew, but the evaluations are all anonymous.
 知ってたら嬉しいけど、評価は匿名なんだよ。

Joey: Oh, hey, do you still have their final exams?
 あ、なぁ、まだ期末テスト手元にあるだろ?

Ross: Yeah.
 ああ。

Joey: Oh, ‘cause you can just match the evaluation to the exam with the same handwriting and boom, there’s your admirer.
 じゃあ評価とテストを見比べて、筆跡が同じだったら、ほら、それがおまえのファンじゃん。

Chandler: A hot girl’s at stake and all of the sudden he’s Rain Man.
 かわいい子が関係してくると、急に天才になるな。

Rachel: Okay, wait a minute, wait a minute, why are we so sure that this is a girl?
 ねぇ、ちょっと待って、待ってよ。どうしてそれが女の子だってわかるの?

Ross: It’s a girl! Anyway, it wouldn’t matter. Okay? Because I’m a teacher and she’s a student.
 女の子だよ! とにかく、どうでもいいことだよ。僕は教師で彼女は生徒なんだからね。

Chandler: Oh, is that against the rules?
 ああ、それじゃルールに反するのか?

Ross: No, but it is frowned upon.
 いや。だけど、いい顔はされないよ。

Chandler: I see.
 そうか。

Ross: Besides, there’s a big age difference.
 それに、年の差も大きいしね。

Joey: Oh, well, think of it like this, when you’re 90…
 ああ、こう考えてみろよ、おまえが90歳になった時・・

Ross: I know when I’m 90 she’ll be like 80 and it won’t seem like such a big difference.
 僕が90歳の時彼女は80歳で、大した違いじゃないっていうんだろ。

Joey: No, that’s not what I was going to say at all. No, what I was going to say is when you’re 90 you’ll still have the memory of what it was like to be with a 20-year-old.
 いいや。俺の言いたいのは、全然そんなことじゃないよ。俺が言うのは、おまえが90歳になった時にも、20歳の子とつきあってた頃を思い出せるってことだよ。

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey, Chandler! You know that girl you went to college with who-who became a movie director?
 なぁ、チャンドラー! おまえ大学の友達で映画のディレクターになった女の子いたじゃん?

Chandler: Oh, yeah, Dana Keystone. She was in my Movement class.
 ああ、ダナ・キーストーンだな。彼女はムーブメントクラスで一緒だったんだ。

Phoebe: What’s a Movement class?
 ムーブメントクラスって何?

Monica: It’s Chandler’s way of pretending he didn’t take mime.
 チャンドラーはパントマイムクラスにいたっていうのがイヤだからよ。

Joey: Oh, well, listen, anyway she’s directing the new Al Pacino movie. You gotta get me an audition!
 なぁ、とにかくだな、その人が、アル・パチーノの映画の監督するんだよ。オーディションの話つけてくれよ!

Chandler: Oh, I don’t know, man. I haven’t talked to her in, like, ten years.
 ああ、それはどうかなぁ。もう10年も彼女に会ってないのに。

Joey: No-no-no, please-please Chandler. I-I-I would owe you so much!
 いやいやいや、頼むよ、頼むよ、チャンドラー。本当にこの借りは返すよ。

Chandler: You do owe me so much. You owe me three thousand, four hundred…
 おまえ本当に返してない借りがいっぱいあるぞ。これまでの借りはだな、三千四百・・

Joey: Hey-hey dude, why are you changing the subject? Why? Will you make the call or what?
 おいおい、ちょっと。なんで話を変えるんだよ? なんで? 電話かけてくれるの、くれないの?

Chandler: Oh, okay, I’ll-I’ll try.
 ああ、わかったよ。かけてみるよ。

Joey: All right! Thanks! You’re the best! Now listen, the last day of auditions is Thursday. Okay? So I gotta get in there by Thursday. Okay? Just remember Thursday. Thursday. Can you remember Thursday?
 よし! ありがとう! おまえ最高だな! オーディションの最終日は木曜日なんだ。わかる? 木曜日までにはオーディション受けないといけないんだ。わかった? 覚えてくれよ、木曜日ってサーズデーだぞ。サーズデーって覚えられる?

Chandler: Yeah, so, Tuesday?
 ・・ああ。火曜日?

Joey: Thursday! Look, if you need help remembering think of like this, the third day. All right? Monday, one day. Tuesday, two day. Wednesday, when? Huh? What day? Thursday! The third day! Okay?!
 サーズデー! なぁ、覚え方がわからないなら、こうやって覚えるんだ。サード・デイだ。いい? マンデーはワン・デー。チューズデーは、ツー・デー。ウェンズデーは、フェン? ヘ? どの日? そしてサーズデーはサード・デー! わかった?

Chandler: Thank you.
 ・・ありがとう。

Joey: Okay.
 いいんだよ。

(バスルームから出てくるレイチェル)
Rachel: Hey, Mon? I’m gonna check my messages.
 ねぇ、モン? 留守電チェックしてみるわ。

Chandler: You just thought of that in there?
 それバスルームで思いついたの?

Monica: Yeah, sure, nature called, she wanted to see who else did.
 そうね。自然の要求があったから、彼女は他にも要求がないか見たくなったのよ。

Rachel: Hello? . . Uh, Rachel. . . Great, someone is in our apartment. Call the cops!
 (電話をかけ)もしもし?・・レイチェルですけど・・(みんなに)誰かがうちの部屋にいるわよ! 警察に電話かけて!

Monica: You’re on the phone!
 あなたが使用中!

Rachel: Oh, my God! Oh, my God! Thank you! . . That was the fire department, there was a fire at our place!
 まぁ、大変だわ! 大変! ありがとう(電話を切る)消防署の人よ。私達の部屋が火事だったの!

Phoebe: Oh, my God! How bad was it?
 きゃあ! 大変! どれくらいひどいの?

Rachel: Well, he didn’t say, but it was a fire. I’m guessing not very good. Come on, we gotta go!
 それは聞かなかったけど、火事なんだから、よくはなかったんじゃない。早く、行かなきゃ!

Monica: Come on!
 行きましょ!

Chandler: What are you smiling about? What is so funny?
 (ジョーイに)何をニヤニヤしてるんだ? 何がおかしい?

Joey: The part I want to audition for is a fireman, this is so meant to be!
 俺がオーディション受けたいのが消防士なんだよ。うまくいきそうじゃん!

《N.Y.U. ロスが成績表を掲示している》

Burt: Wow! It looks like you were very generous with your grades this semester!
 ワオ! 君、今期の成績そんなに気前よくつけてしまうのかい。(焦って訂正するロス)

Elizabeth: Professor Geller?
 ゲラー教授?

Ross: Yeah?
 はい?

Elizabeth: I wanted to say how much I enjoyed your class.
 あなたのクラス本当に楽しかったって言いたくて。

Ross: Oh, thank you. Thanks very much. Ow!
 ああ、ありがと、本当、ありがと(掲示板にもたれて)痛っ!

Elizabeth: Uh, I’m a little embarrassed about calling you a hottie on my evaluation…
 私、評価でセクシーなんて書いて、ちょっと恥ずかしいなって。

Ross: That was you?
 あれは君だったの?

Elizabeth: Yeah. I felt a little weird about it. You’re a teacher. I’m a student. But would you maybe want to go out with me sometime?
 ええ。おかしいですよね。あなたは先生だし、私は生徒なのに。だけど、いつか、デートしていただけませんか?

Ross: Oh, I, I don’t think that would be the best idea.
 ああ・・いや・・それはいい考えとは思えないね。

Elizabeth: Oh, because I was thinking, the semester’s over. You’re not my teacher anymore.
 ああ、だけど、思うんですけど、もう今期は終わったんだから、もう私の先生じゃないんですよね。

Ross: What time?
 いつにする?

Elizabeth: Oh, you know what? Forget it. I see you already gave me an A.
 (成績表を見る)ああ、いえ、忘れてください。もう成績Aをつけてくれたのね。

Ross: Gotcha.
 わかったよ。

Elizabeth: I’m kidding!
 冗談ですって!

Ross: Oh! So-so seriously, what time?
 ああ、それじゃ、ほんと、いつ?

《フィービー達の部屋》

Phoebe: Coming through! Oh! Coming through! … Oh! Hello! Hi! . . No! Right! Coming through!
 通して、通して! ・・(可愛い消防士)あら、こんにちは! どうも!・・あ、そうじゃなくて・・通して!

(リビングは無事なのを見る)
Monica: Oh, okay, well, it’s not so bad.
 あら、よかった、そんなひどくないわね。

Fireman #1: Yeah, most of the damage is pretty much contained in the bedrooms.
 ああ。被害はほとんど寝室だよ。

Phoebe: Oh!
 ああ!

Rachel: Oh, my God!
 大変だわ!(2人寝室へ行く)

Joey: Hey, buddy, you think I can borrow your uniform this Thursday?
 ねぇ、きみ、そのユニフォーム、木曜日に貸してもらえないかな?

Fireman #1: Excuse me?
 なんだって?

Monica: Joey! He’s working! .. You would look good in that.
 ジョーイ! 彼は仕事中なのよ。(チャンドラーに)あなたあれを来たらきっと素敵よ。

(フィービー達が戻る)
Joey: Oh, how bad is it?
 ひどかった?

Phoebe: Oh, it’s bad. It’s really bad. The only thing in there that isn’t burned is an ax. Which I do not remember buying!
 ええ。ひどいわ。本当にひどいの。燃えてないのは、オノだけ。なんであんなものがあるのか覚えてないのよね。

Chandler: How’s your room, Rach?
 君の部屋は、レイチ?

Rachel: Everything’s ruined. My bed. My clothes. Look at my favorite blue sweater.
 何もかもがダメになったわ。ベッドも。服も。このお気に入りの青いセーターを見てよ。

Monica: Isn’t that mine?
 それ私のじゃない?

Rachel: Fine! I’m sorry for your loss!
 わかったわよ。こんなんなってお気の毒!

Fireman #1: So uh, you’re not gonna be able to live here for a while, you ladies have a place to stay?
 それで、君たち、ここにはしばらく住めないけど、泊まれるところはある?

Rachel: Wow! Oh-okay, look pal, I am not in the mood to be hit on right now! But if you give me your number I will call you some other time.
 ワオ! まぁ。ねぇ、あなた、私は今、そんなふうに誘われる気分じゃないのよね。でも番号くれたら、そのうち電話するわよ。

Monica: Yes, they can stay with us.
 (レイチェルを押さえて)ええ、彼女達うちに泊まるから。

Chandler: Have you figured out what started the fire, Mr. Fireman?
 消防士さん、火元の見当はついたの?

Fireman #1: Well uh, do either of you smoke?
 あぁ・・君たち、タバコは吸う?

Phoebe: No, not usually. But yeah, I could use one right now.
 いいえ。いつもは吸わないけど、でも、今は吸ってもいいわ。

Fireman #1: No-no-no, do you uh light candles? Burn incense?
 いや、そうじゃなくて。キャンドルを使ったりは? 香を焚くとか?

Phoebe: Yes! I do! All the time! I love them! Oh, my God! I did it! It’s me! It’s me! I burned down the house! I burned down the house!
 ええ、私するわ。いつもよ。大好きなの。ああ、何てこと! 私なのね! 私がやったのね! 私が部屋を火事にしちゃったのね! 私が火を出したのよ!

Rachel: Okay, Phoebe, calm down. There’s no need to place blame. Okay?. . .I warned her about those candles.
 ちょっと、フィービー、落ち着いて。誰を責めるってこともないのよ。ね?(消防士に)キャンドルのことは注意したのよね。

《モニカ達の部屋:チャンドラー電話中、ジョーイが来る》

Chandler: God, it’s great to catch up! I can’t believe how long it’s been!
 ああ、久しぶりに話せてよかったよ! こんな久しぶりなんてウソみたいだな!

Joey: Chandler, is that…
 チャンドラー、それって・・(ジェスチャーで聞く)

Chandler: Oh, that’s great! Good for you.
 (頷き、電話を続ける)ああ、それはすごい。よかったね。

Joey: Hey-hey, listen…
 なぁ、なぁ、ちょっと

Chandler: Okay! So yeah, maybe we can get together umm…. . Can you hold for one second please? . . . What?!
 (電話)わかった。そうか。そう、また会って・・(ジョーイがジェスチャーで話しかける)ちょっと待ってくれる?(ジョーイに)何だよ?

Joey: When you’re off the phone, do you wanna get a pizza?
 電話が終わったら、ピザ取らない?

Chandler: Hi! I’m back. Yeah, that sounds great. . Okay. Well, we’ll do it then. . . Okay, bye-bye.
 (電話)ども、お待たせ。ああ、それはいいね。・・・うん。よし、そうしよう。・・わかった。バイバイ。

Joey: Hey, listen, so when’s-when’s my audition? I mean I know it’s Thursday, but what time?
 なぁ、どうだった? おれのオーディションはいつ? 木曜日はわかってるけど、何時?

(モニカが来る)
Chandler: Hi.
 やぁ。

Monica: Hey!
 ヘイ。

Chandler: We didn’t get to the audition. I’m gonna take her to coffee and then we’ll do it then.
 (ジョーイに)まだオーディションは無理だよ。コーヒー飲みに言って、それから話すよ。

Joey: Ah-ha!
 ああ!

Monica: Wow! So, now you’re going on a date with this girl?
 まぁ! それじゃ、あなたその子とデートするわけ?

Chandler: Honey, it is not a date! I haven’t talked to her in ten years! You can’t just call up somebody you haven’t talked to in ten years and ask them for a favor. There are rules, you know? You gotta, you got to put in some time.
 ハニー、デートじゃないよ。彼女とは10年も会ってないんだよ。10年も話してない相手に急に電話して、頼み事なんてできないだろ。そういうもんじゃないか? 時間をかけないと。

Monica: You’re right, I’m sorry. It’s not like you’re you know, going out with an ex-girlfriend.
 そうね。ごめん。昔の彼女とデートするってわけじゃないわよね。

Chandler: No, we only went out once.
 違うよ。俺たち一回デートしただけだよ。

Monica: You dated her?
 デートしたの?

Chandler: Not once!
 一回も!

Monica: Great. Why don’t I go out with an ex-boyfriend, you know, and do Joey a favor?
 よかったわね。私も昔のボーイフレンドとデートして、ジョーイに何かしてあげようかしら。

Joey: Hey, you wanna do Joey a favor, maybe you go out with Joey.
 なぁ、ジョーイに何かしてくれるんなら、ジョーイとデートしてくれたらいいよ。

《セントラルパーク:ダナとコーヒーを飲むチャンドラー》

Chandler: Oh, that’s great, my friend Joey’s in the movie business.
 ああ、いいね。俺の友達のジョーイも映画の仕事をしてるんだ。

Dana: You know who I ran into from school? Howie.
 私も学生時代の知り合いに会ったの、誰だと思う? ハウイよ。

Chandler: My friend’s name is Joey.
 俺の友達の名前はジョーイだ。

Dana: Apparently Howie’s editing now. Yeah, he-he-he calls me up and asks me if he can edit my new movie. Can you believe that? You know, I haven’t spoken to him in like ten years and he asks me for a favor?
 ハウイは今エディターをしてるらしいの。それで、私に電話してきて、私の新しい映画でエディターをやらせてくれないかっていうのよ。信じられる? 彼とは10年も会ってないっていうのに、頼んでくるなんて?

Chandler: Yeah, I’ve always hated that Howie.
 ああ、ハウイってのはイヤなやつだったよ。

Dana: No, no "How you doing?" Man, I mean not even a cup of coffee first!
 ほんと、「元気?」さえもないのよ。まったく。コーヒーもないのかっての!

Chandler: The nerve, huh?
 すごい神経だよね?

Dana: Yeah!
 ほんとよ!

Chandler: Refill?
 お代わりは?

《モニカ達の部屋・元レイチェルの部屋に入る3人》

Monica: Now, this is last minute so I want to apologize for the mess. Okay?
 ね、急なことだったから、散らかっててごめんね、いい?

Rachel: Oh, my God! It sure didn’t look this way when I lived here.
 まぁ、すごい! 私の住んでた時とは全然違うわね。

Monica: I know! Now look, there’s only one problem though. There’s only room for one, so I guess one of you will have to stay at Joey’s.
 そうでしょ! 一つ問題があるのよね。1人の部屋だから、どちらか1人はジョーイの部屋に泊まらないといけないのよ。

Phoebe: Well, since the fire was kinda my fault I guess you should get to stay here.
 火事は私のせいみたいだから、(レイチェルに)あなたがここに泊まればいいわよ。

Rachel: Hey! Hey-hey, now this was no one’s fault, Pheebs. Okay? It was an accident.
 あら、そんな。誰のせいとかじゃないのよ、フィーブス、ね? 事故なんだから。

Phoebe: Well, no, it was my fault so you should get the nice room.
 いえ、私のせいなんだから、あなたがいい部屋に泊まるべきだわ。

Rachel: Okay!
 わかった!

Monica: So Rach! You’re the first guest at Hotel Monica! Umm, you’ll just have to tell me how you like your eggs in the morning. And I thought I would bring them to you, you know, in bed. Oh, you have been through so much.
 それじゃレイチ、あなたはホテル・モニカの最初の御客様よ。朝の卵料理は何がいいか言ってね。それに、ベッドに運んであげるからね。大変だったんだから。

Rachel: I have.
 大変だったわ。

《ジョーイの部屋》

Joey: This right here is where I keep the pizza. And uh that’s where the napkin is.
 (椅子を指し)ここがピザを置いとくとこ。そしてここがナプキン(椅子前の床)の場所。

Phoebe: What’s that smell?
 この匂いなに?

Joey: I know!
 そうなんだよな!

《通りを歩くロスとエリザベス》

Elizabeth: Oh, please! It was such a big class! You never even noticed me!
 やだ、ウソよ。あんなに大勢クラスの中で私に気づいてもいなかったんじゃないの!

Ross: What? Of course I did! You uh, you sat next to Sleepy Sleeperson.
 いや、もちろん気づいてたよ。君はネムネム・ネボスケの隣に座ってた。

Elizabeth: Who?
 誰?

Ross: Oh, uh, I had trouble remembering everyone’s name, so I kinda came up with nicknames. Like the guy on the other side of you was Smelly von Brownshirt.
 みんなの名前を覚えるのが難しいから、ニックネームをつけたんだよ。君の反対側の隣の子は「プンプン茶色シャツ」

Elizabeth: Oh, yeah. So umm, did you have a nickname for me?
 ああ、ほんと。それじゃ、私にもニックネームつけた?

Ross: Umm, no. No.
 あ、いや。

Elizabeth: Yes, you did! What was it?
 うそ、つけたでしょ! 何だったの?

Ross: Umm, it’s Cutie McPretty.
 えーと・・キュートなマクプリティ。

Elizabeth: Oh, that’s so sweet!
 まぁ、素敵だわ!

Ross: Listen, I gotta tell you, I-I’m having a great time! You know how before you said it might be weird, the whole student teacher thing, and to be frank I thought it would be too, but it’s not. I mean it’s not at all.
 ね、本当に楽しいよ。生徒と教師じゃ変な感じかもって、正直、僕もそうかもって思ったけど、でもそんなことなかったよ。全然そんなことないよね。

(偶然通りかかる他の教授)
Burt: Dr. Geller!
 ドクター・ゲラー!

Ross: Burt!
 (エリザベスを押しのけて)バート!

《フィービー達の部屋:片付ける2人》

Phoebe: So did you sleep well last night?
 昨日はよく眠れた。

Rachel: I did.
 うん。

Phoebe: Yeah?
 そう?

Rachel: I did, Monica was so sweet she left a little mint on my pillow.
 眠れたわよ。モニカが本当に優しくて、枕にミントが置いてあったのよ。

Phoebe: You know what Joey left on my pillow?
 ジョーイが枕に置いといてくれたの何だと思う?

Rachel: What?
 何?

Phoebe: Gum!
 ガム!

Fireman #2: Well, we determined the cause of the fire.
 火事の原因をつきとめましたよ。

Phoebe: Yeah, I know, it was my candle. My candle!
 ええ、わかってるわよ。キャンドルでしょ。私のキャンドルでしょ!

Fireman #2: No, there was an appliance left on in the bathroom. It’s looks like a curling iron.
 いや、バスルームにあった電気製品ですよ。カールをするヘアアイロンみたいですね。

Phoebe: I don’t use a curling iron.
 私はヘアアイロン使わないわよ。

Fireman #2: Well, someone does.
 誰か使ったようですね。

Rachel: Well, don’t look at me! My hair’s straight! Straight! Straight! Straight!
 私を見ないでよ。私の髪、ストレートでしょ、ストレート、ストレート、ストレート!

Fireman #2: It could’ve been a hair straightener.
 ヘア・ストレイナーかも。

Rachel: Oh.
 ああ。

《ジョーイの部屋:レイチェルが来ている》

Joey: This is where I keep the pizza. And−Hey! Where did the napkin go?!
 ここがピザを置くとこ。あれ! ナプキンどこいった?

《モニカ達の部屋:本を読むフィービーの為に明かりをつけるモニカ》

Monica: Now there you go! I wouldn’t want my best guest to strain her eyes!
 はいどうぞ! 私の大切なお客様の目がつかれちゃったら大変だわ。

Phoebe: Thanks, Monica!
 ありがと、モニカ。

Monica: Does that smell bother you?
 匂いが気にならない?

Phoebe: What the smell from Joey’s? No, I can hardly smell it over here.
 匂いって、ジョーイの部屋の? いいえ。ここからはほとんどわからないわ。

Monica: Well, you let me know if you can, because you know I can bake a pie to cover it.
 もし気になるようなら言ってね、パイを焼いて匂いを消すから。

Phoebe: I can smell it a little, bake the pie.
 ちょっと匂いかもね。パイを焼いて。

Monica: Okay!
 オーケー!

Phoebe: Okay.
 オーケー!

(電話が鳴る)
Monica: Hello? . . Oh, yes, one minute please. . It’s for you. It’s the fire inspector.
 もしもし? ああ、はい、お待ちください。(フィービーに)あなたによ。火事の調査の人。

Phoebe: Oh! .. Hello? Yeah, this is Phoebe. . . Really?!
 ああ! ・・もしもし? ええ、フィービーですけど・・・ほんと?

《ジョーイの部屋:レイチェルの指示の元、ジョーイ電話中。》

Joey: Yeah, so it turns out that it wasn’t the hair straightener that started the fire. No-no, it was the candles. Yeah. It’s very not good leaving candles unattended. In fact, one of the first things they teach you in fire school is… Uhh… Uhh… Okay, well, I have to go now.
 ええ。結局、火元はヘア・ストレイナーじゃなかったんですよ。いやいや、キャンドルだったんですよ。ええ、キャンドルを放置するのはほんと、よくないですよ。実際、消防を学ぶ時一番に習うのが・・(フィービーが部屋に来る)あー・・あー・・それじゃまた。

《ジョーイの部屋:ロスがモニカ達に話している》

Ross: We had such a great time! She’s-she’s incredible! I thought the-the age difference might be a problem, but it wasn’t. It wasn’t at all. Elizabeth is very mature for her age. A concept lost on some people!
 僕ら、本当に楽しかったんだよ。彼女は最高なんだよ! 年の差が問題になるかと思ったけど、そんなことなかったんだ。全然! エリザベスは年齢の割に大人なんだな。そういう大人にならない人もいるけどね。

Monica: So it’s okay to date a student.
 それじゃ、生徒とデートしてもいいの。

Ross: Well, not really. I mean technically it’s-it’s not against the rules or anything, but it is frowned upon. Especially by that professor we ran into last night, Judgy von Holier-than-thou.
 いや、そうじゃない。実際に規則違反とかじゃないんだけど、でも褒められることじゃない。特に昨日出会った「汝より神聖なり」教授なんてね。

Monica: Well, Ross, you just be careful, okay? You don’t want to get a reputation as, you know, Professor McNails-His-Students.
 ねぇ、ロス、気をつけなさいよね。「生徒にお手つき」教授なんて噂を立てられたくないでしょ。

Ross: Yeah. What-what should I do?
 ああ。どうしたらいい?

Joey: Well Ross, it seems pretty clear. I mean what’s more important? What people think or how you feel, huh? Ross, you gotta follow your heart.
 ロス、そんなのハッキリしてるよ。一番大事なのは? 人がどう思うかよりも、おまえがどう感じているかだろ? ロス、自分のハートに従うんだよ。

Monica: Joey, that is so sweet.
 ジョーイ、それは素敵ね。

(モニカに背を向け大きな胸のジェスチャーをするジョーイ。チャンドラーが来る)
Chandler: Hey.
 やぁ。

Joey: Hey-hey-hey! So, how did it go with Dana? Any reason I should leave a block of time open say Thursday?
 おいおい! ダナとの話、どうなった? 俺、木曜日をあけておいた方がいい理由があったりする?

Chandler: I couldn’t do it.
 できなかったよ。

Joey: You couldn’t do it?
 できなかった?

Chandler: Hey, relax I just need more time. We’re going to dinner tonight.
 落ち着いてくれ。もうちょっと時間がいるんだよ。今夜ディナーに行くから。

Monica: What?! You’re going out with her again!
 何ですって? あなたまた彼女と出かけるの?

Ross: Going out with who?
 誰と出かけるって?

Chandler: Uh, Dana Keystone from college.
 大学で一緒だったダナ・キーストンだよ。

Ross: Oh, yeah! Wasn’t she uh…umm?
 ああ! 彼女って、あの?(胸が大きいジェスジャー)

Chandler: No, that was Dana Kaplan.
 違う、それはダナ・カプランだよ。

The Guys: Oh!
 ああ!(みんなで胸を思い出す風情)

Monica: Joey! You didn’t even know her!
 ジョーイ! あなたは知らないでしょう!

Joey: Ah, whatever!
 いいじゃんか!

《レストラン・ダナと食事中のチャンドラー》

Chandler: Great story again! The yarns that you weave! Woo-hoo-hoo!
 これもほんとにすごい話だね! 君の話はすごいね! ウーフー!

(yarn = 話・作り話・物語/weave = 作り上げる・組み立てる)

Dana: You know uh, I-I-I should get going.
 ああ、だけど、私もう行かないと。

Chandler: Oh, no-no-no! Stay! Stay! Because you-you should you-you-you should stay!
 あ、いやいやいや、いてよ、いて! だってほら、君もっと、いてくれなきゃ!

Dana: Wow. Oh, I am really flattered, but I just I don’t feel that way about you.
 ワオ・・ああ、すごくうれしいけど・・でも、私あなたのことそういう気持ちないのよ。

Chandler: Oh, no-no-no, that’s not−No-no-no!
 あ、いやいやいや、そうじゃなくて、いやいや。

Dana: I’m sorry, Chandler, you know, you are such a sweet guy, and I, I don’t want to hurt you. Oh, I wish there was something I can do to make you feel better.
 ごめんね、チャンドラー、あなたは本当に優しい人だけど、それに、あなたを傷つけたくはないんだけど。ああ、何かあなたのためにしてあげられたらいいんだけど。

Chandler: No-no−Really?!
 いやいや・・・本当に?

Dana: Of course!
 もちろんよ!

Chandler: Well, it just hurts so bad. I uh…
 ああ・・本当に心が痛むよ・・ああ。

Dana: Ohh, I’m sorry.
 ああ、ごめんなさい。

Chandler: Well, maybe there is one thing you can do.
 ああ、もしかしたら、してもらえることがあるかも・・

Dana: What?! Anything! Anything!
 なに? 何でも言って! 何でも!

Chandler: Well, I umm, I mean this is just off the top of my head now, umm but I have this friend. This actor friend and he would kill me if he thought I was doing this umm, but umm would it be possible for him to get an audition for your movie say on Thursday?
 いや・・えー・・これたった今頭に浮かんだんだけど、友達がいてね。役者なんだけど、もしこんなことしたってわかったら殺されそうだけど、君の映画のオーディションを受けさえてもらえないかな、そうだな、今度の木曜日とか?

(off the top of my head = すぐ思い出す、パッと思いつく)

Dana: Absolutely! But you would really feel better about me rejecting you if your actor friend can audition for my movie?
 いいわよ! だけど、本当にその友達に私の映画のオーディションを受けさせてあげただけで、あなた本当に、私がふっちゃった気分直るの?

Chandler: Well, the heart wants what it wants. I’ll see you later.
 ああ、ハートはほしいものをほしがるんだよ・・またね!(逃げ去る)

《ホテル・モニカ》

Monica: Hey! How’s it going?
 ねぇ! 元気?

Phoebe: Well, not much has changed in the last five minutes.
 5分前とそんなに変わらないわよ。

Monica: Yes, it has! I made cookies!
 変わったわよ! 私クッキー作ったもの!

Phoebe: Oh, that’s all right. I’m still full from your homemade potato chips.
 ああ、いいわよ。私まだあなたが作ってくれたポテトチップでおなかいっぱいだから。

Monica: But you should eat them now because they’re hot from the oven.
 だけど、食べてくれなきゃ。ほんと焼きたてのほやほやなのよ。

Phoebe: Okay.
 わかった(手を出す)

Monica: Oh-ho! But not in here! Can’t eat them in bed, remember? No crummies.
 あら、ダメよ! そこではダメ。ベッドの中ではダメでしょ、忘れた? 粉がこぼれるわ。

Phoebe: Okay, I’ll be out in a second.
 わかった。すぐ行くわ。

Monica: Okay!
 オーケー!
(モニカが行った後、ドアを閉めて鍵をかうフィービーだが、モニカが戻ってくる)

Monica: What are you doing?
 何してるの?

Phoebe: That doesn’t lock, does it?
 鍵かからないのね?

《ジョーイの部屋:スパゲティをこぼすレイチェル》

Rachel: Oh, Joey! Sorry!
 あっ! ジョーイ、ごめんなさい!

Joey: No, it’s all right. Don’t worry about it.
 いや、いいんだよ。気にするな。

Rachel: Oh, but look! That’s gonna leave a stain!
 ああ、でも見てよ。シミになっちゃうわ。

Joey: Rach! Hey! It’s fine! You’re at Joey’s!
 レイチ! いいんだって! ここはジョーイの部屋だぞ。

Rachel: Really?
 ほんと?

Joey: Yeah! Look!
 ああ! ほら見て!(わざとスパゲティを落とす)

Rachel: I’ve never lived like this before.
 こんなふうに暮らしたの初めてよ。

Joey: I know. All right, don’t waste it, I mean its still food.
 だろ。(わざと落とすレイチェル)おい、無駄にするなよ。食べ物なんだから。(床から取って食べる)

《セントラルパーク》

Ross: What do you want to do now? Huh? You wanna go get a drink?
 今度は何をする? ん? 飲みに行く?

Elizabeth: Uhh, I can’t.
 ああ、それは無理。

Ross: Oh, you have some studying to do?
 え、何か勉強がある?

Elizabeth: No, I have some turning 21 to do.
 いえ、まだ21歳になってないんだもの。

Ross: You know I remember when uh, when I was in college, we used to…
 ああ、思い出すよ。大学の時、僕らは・・(同僚が店に入ってきて隠れる)

Elizabeth: What are you doing?
 何してるの?

Ross: Nothing, I’m-I’m just, I’m so comfortable with you!
 (エリザベスの膝にもたれ)何でもないよ。

Elizabeth: Do you not want to be seen with me?
 私といるところを見られたくないのね?

Ross: What? No! Of course, of course I do! Are-are they gone?
 え? いや、もちろん、そんなことじゃないよ! あの人達、もう行った?

Elizabeth: Uh no, they’re still here but I think I’m about to leave.
 いいえ。まだいるわ。私はもう行くわね。

Ross: What?! No! No! Wait! You’re right, this is stupid. Who cares what people think? I mean, we like each other right? There’s nothing wrong with that. Come on. . .Burt, Lydia, Mel. This is Elizabeth.
 えっ? いやいや、待って! 君の言う通りだ。こんなのバカげてる。みんながどう思うかなんて構うもんか。僕らは互いを好きなんだ。ね? 何も悪いことじゃない。行こう。(同僚の前に2人で行く)バート、リディア、メル、こちら、エリザベスだよ。

Elizabeth: Hi!
 ハーイ!

Lydia: Aren’t you in my Popular Culture class?
 あなた、私のポピュラー・カルチャーのクラスの子じゃない?

Ross: That’s right, Lydia, Elizabeth here is a student and uh, we’re dating. And you may frown upon that, but we’re not gonna hide it anymore.
 その通り、リディア。エリザベスは、生徒で、僕らはつきあってるんだ。みんなに賛成されないのはわかってるけど、でも、もう隠れたりはしない。

Mel: You are so fired.
 君絶対クビだよ。

Ross: What?
 え?

Burt: They’re gonna fire you! You can’t date a student! It’s against the rules.
 クビにされるよ! 生徒とつきあってはいけないんだ! 規則違反だよ。

Ross: Really? Its not just frowned upon?
 本当? 推奨されないだけとかじゃなくて?

《ジョーイの部屋:濡れたペーパータオルを投げて遊ぶジョーイ達》

Rachel: I love it at Joey’s!
 ジョーイの家って楽しいわね!

Joey: Hey, here you go.
 ほら、いいぞ。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Nice!
 (投げたレイチェルに)うまいね!

Rachel: Thanks!
 ありがと!

Chandler: (To Joey) So, you busy, Thursday?
 (ジョーイに)木曜日忙しい?

Joey: Oh, very funny. I don’t know if you remember, but my audition was supposed to be Thursday. . . You got me the audition?! Let’s hug it up!
 ああ、おもしろいね。覚えてるか知らないが、俺のオーディションは木曜日のはずなんだけどな・・・・オーディション受けさせてもらえるのか?! ハグだー!!

Chandler: Okay. Okay. What are you gonna do to me if you get the part?
 (ハグ)わかったわかった。もし役をもらえたら何する気?

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey! Hi!
 ハーイ!

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Listen umm, yeah, okay, I need to talk to you!
 ねぇ、あのね、あなたに話があるの。

Rachel: Uh-huh.
 うん。

Phoebe: Now I know that they said that the umm, the hair straightener started the fire but I think I’m partly at fault. You see, I didn’t, I didn’t tell you but umm, but I-I had recently refilled the tissues and so you know let’s just face it, that’s just kindling! So I think it’s better that I stay at Joey’s.
 ヘアアイロンが火元だっていうのはわかってるけど、でも、私の責任もあると思うの。あなたに言わなかったけど、最近あのティッシュをつめかえたのよね。だから、それがよけい燃えたのよ。だから、私がジョーイのところに泊まるべきだと思うわ。

Rachel: No, no-no-no. Phoebe, this was my fault, and besides, you know what? I’m fine here.
 いえいえいえ、フィービー、私のせいだもの。それにフィービー、ね、私、ここでいいの。

Phoebe: Okay. Oh, umm, Chandler, Monica is looking for you.
 わかった。あ、チャンドラー、モニカが探してたわよ。

Chandler: Really?
 ほんと?

Phoebe: Yeah, she said something about crummies.
 ええ。何か、食べカスのこと言ってたわよ。

Chandler: No! No! No! I was so careful!
 いやいやいや! 俺すごい気をつけてたのに!

Phoebe: Okay, you have to switch with me! Monica is driving me crazy!
 ね、私と代わってちょうだい! モニカにはもうどうかなりそうなのよ!

Joey: That’s right, all the ladies want to stay at Joey’s.
 その通り。女の子はみーんな俺のところに泊まりたがるんだよな。

Rachel: No! No! Phoebe, come on! I don’t want to switch! Please come on! I can throw wet paper towels here!
 ダメ、だめよ、フィービー、ダメなのよ。代わりたくないわ。お願いよ。ここではペーパータオル濡らして投げて遊べるのよ!

Phoebe: No, but at Monica’s you can eat cookies over the sink!
 だけど、モニカのところでは、クッキーをシンクの上で食べられるわよ!

Rachel: I know. I’m sorry.
 そうよね。ごめんね。

Phoebe: All right, fine! This looks like so much fun.
 いいわ、わかったわよ! これ本当に楽しそうね。

Joey: Yeah.
 ああ。

Phoebe: God, what a mess.
 ああ、これはひどいわね(濡れたペーパータオルを持って出て行く)

《ロスの部屋》

Ross: Wow! It actually is in the handbook. I can’t date you or have a hot plate in my office. I can’t believe we have to stop seeing each other.
 ワオ! 本当にハンドブックに載ってるよ。君とつき合っちゃいけないし、ホットプレートをオフィスに持ち込んでもダメなんだ。もうつきあえないなんて信じられないな。

Elizabeth: For what it’s worth, I did appreciate you standing up for me. It felt really nice. It kinda made me like you even more.
 今さら言ってもだけど、でも私のために話してくれて嬉しかったわ。本当に素敵だった。あなたをもっと好きになったわ。

(for what it's worth = 役に立つかわからないが)

Ross: I know, I know I really like you too. But we-we can’t date. It’s against the rules. It’s forbidden.
 ああ、僕も本当に君を好きだよ。だけど、つきあえないんだ。規則違反なんだ。禁じられてる。

Elizabeth: Wow!
 ワオ!

Ross: What?
 なに?

Elizabeth: Just hearing you describe it as forbidden, it’s really hot.
 あなたが禁じられてるなんていうのを聞いてると、ほんと、セクシーだわ。

Ross: Really?
 本当?

Elizabeth: Yeah.
 ええ。

Ross: Well, I-I-I don’t care how hot it is it’s-it’s uh, it’s wrong.
 どんなにセクシーだとしても、これは、ほら、これは悪いんだよ。

Elizabeth: Stop it!
 やめてよ!

Ross: No! No! It’s wrong! It’s-it’s-it’s naughty. It’s taboo.
 いや、ダメだよ。これは悪いことだ。いけないことだ。タブーなんだよ。

Elizabeth: Shut the book!
 本を閉じて!(激しくキス)

Ross: Let’s also get a hot plate!
 ホットプレートも置こうか!

《ジョーイの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: So?!
 それで?

Joey: So?
 それでって?

Chandler: It’s Thursday! How was the audition?!
 木曜日だぞ! オーディションはどうだったんだ?

Joey: Wh? Monday, one day. Tuesday, two day. Wednesday, when huh what? Thurs− Oh!
 え? マンデー、ワン・デー。チューズデー、ツー・デー。ウェンズデー、フェン、ハ?へ? サーズ・・・ああっ!!
(慌てて出て行き、戻ってきてピザをつかんでまた出て行く)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:28| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。