2013年09月26日

6-17 The One With The Unagi

6-17 ウナギ!の話

 ☆バレンタインは手作りギフトで☆

《セントラルパーク》

Ross: Hey, remember when I had a monkey?
 ねぇ、僕、モンキー飼ってたことあるよね?

Chandler: Yeah.
 ああ。

Ross: Yeah, what, what was I thinking?
 ね。僕、何考えてたんだろう?

Joey: Hey! So, what’s with the 20 percent tip? Did I do something wrong?
 なあ! この20%のチップってどゆこと? 俺何かした?

Chandler: Twenty percent is a pretty generous tip, Joe.
 20%ってのは随分気前のいいチップだぞ、ジョー。

Joey: You know what’s more generous than that?! Fifty percent! You know what’s even more generous than that?!!
 もっと気前のいいのわかるか? 50%だ! もっと気前がいいとどうなるかわかるか?

Chandler: I see where you’re going!
 もうわかった。

Ross: What’s up with the greed, Joe?
 どうしてそんなにお金ほしいの?

Joey: All right, I’m sorry, you guys, but it’s just that I gotta get these new head shots made. And they’re really expensive, you know? I’m down to like three! Well, actually two ‘cause one of them I kinda blackened in some teeth−Why did I do that?!
 わかったよ。悪かった。だけど、プロフィール写真を作らなきゃならなくてさ。ああいうの本当に高いんだよ。もう3枚しか残ってないんだ。いや、実際は2枚しかないんだよ。歯を黒く落書きしちゃって。なんであんなことしちゃったんだよ!(自分を叩く)

Ross: Well, isn’t there something you can do to earn a little extra money? I mean, can’t-can’t you pick up, I don’t know, an extra shift here?
 何か余分に稼ぐ方法があるんじゃないか? たとえば・・ここで超過して働くとか?

Phoebe: Or, you know, I used to beg for money. Of course it helps if you’ve got you know a little of this going on. Wow! I still have it!
 それか、私は昔、お金をもらってたわよ。もちろん私の場合はこれが助けになったけどね。(胸を強調)ああ! 今も効くわね。

Ross: Oh, wait! Wait! Don’t you have an audition today? Yeah! Maybe you’ll get that job!
 あっ、待てよ、待てよ。今日、オーディションがあるんじゃないか? そうだろ。それで仕事が貰えるかも!

Joey: Oh, ha-ha-ha! Ooh! Wait a minute, I used to get medical experiments down on me all the time!
 ああ、ハハハハ! いや、待てよ。医学実験に協力したこともあったな。

Chandler: Ah, finally an explanation.
 ああ、それで納得。

Joey: No-no! I used to get paid for all kinds of medical stuff, remember? Let’s see uh, well, I don’t want to donate sperm again. I really prefer doing that at the home office you know? Ooh-ooh, maybe they want like some of my blood or-or spit or something, huh?
 いやいや、いろんな医薬品関係のことで稼いでたよな。そうだな。また精子を提供するのはイヤだしな。あれは家でやりたいもんな。そうだ、もしかしたら、俺の血液とか、唾液とか買ってもらえるかもな。

Gunther: Joey!
 ジョーイ。

Joey: Yeah?
 ん?

Gunther: What did I tell you about talking to your friends while you’re working?
 仕事中に友達と話すことについて、僕、なんて言った?

Joey: Uhh, do it?
 あー・・しろって?

Gunther: That guy has been waiting for his coffee for ten minutes! He’s complained about you three times!
 あそこの男性がコーヒーをもう10分も前から待ってて、君について3回も苦情を言ってきてるんだよ。(男性客のコーヒーを渡して立ち去る)

Joey: Well, where was I?
 (そのコーヒーを飲みながら)どこまで話したっけ?

《セントラルパーク:レイチェルとフィービーが来る》

Ross: Hi!
 ハーイ!

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hey, what have you guys been up to?
 君たち、何してたの?

Phoebe: Ohh! We went to a self-defense class today!
 今日、私たちね、護身術を習ってきたのよ!

Ross: Wow!
 ワオ!

Rachel: Yeah, kicking a guy in the crotch all morning really takes it out of ya!
 そうよ。午前中ずっと男の股間を蹴ってきて、へとへとよ。

Joey: Takes it out of you?
 蹴った君の方が?

Phoebe: Now, we can kick anybody’s ass!
 もう私たち、誰のお尻でも蹴ってやれるわよ!

Rachel: Yeah!
 そうよ!

Ross: After one class? I don’t think so.
 たった1回習っただけで? そうは思えないね。

Rachel: What? You wanna see me self-defend myself?! Go over there and pretend you’re a sexual predator! Go on! I dare ya!!
 何ですって? 私が自分を守れるとこ見たい? 行きましょうよ。そしてあなたは性犯罪者のフリをしてごらんなさいよ! ほら! どうなのよ!

Ross: Well, of course you can defend yourself from an attack you know is coming, that’s not enough. Look, I studying kara-tay for a long time, and there’s a concept you should really be familiar with. It’s what the Japanese call unagi.
 来るってわかってたらもちろん自分を守れるさ。それだけじゃダメなんだよ。僕は長い間カラテを習ってきたんだ。君が絶対知っておくといい概念があるんだよ。日本人が、ウナギと呼ぶものだ。

Rachel: Isn’t that a kind of sushi?
 それってスシの一種じゃないの?

Ross: No, it’s a concept!
 いや、一つの概念だよ。

Phoebe: Yeah, it is! It is! It’s freshwater eel!
 いえ、そうよ。淡水魚のウナギよ。

Ross: All right, maybe it means that too…
 ああ、その意味もあるかしれないが・・・

Rachel: Ohh! I would kill for a salmon skin roll right now!
 ああ、今、めっちゃサーモン・スキンロールが食べたい!

Ross: You know what? Fine! Get attacked! I don’t even care!
 ああ、もういいよ。襲われたらいいさ。知らないからね。

Phoebe: Come on, Ross. We’re sorry. Please tell us what it is.
 (無表情に)そう言わないでロス。ごめんね。どういうことか教えて。

Ross: Unagi is a state of total awareness. Okay? Only by achieving true unagi can you be prepared for any danger that may befall you!
 ウナギは、すべてを感知している状態だ。わかる? 完全にウナギを会得してこそ、降り掛かる危険に対処することができるんだよ。

Phoebe: You mean in case someone is trying to steal your bamboo sleeping mat or your kettle of fish?
 それって、あなたの竹のマットみたいな変な物を盗まれそうになるみたいな?

Ross: All I’m saying is, it’s one thing being prepared for an attack against like each other; whole another story being prepared for an attack, I don’t know, like a surprise!!
 僕が言ってるのは、お互いに襲うのに備えて練習するのとは全然違うってことだよ。攻撃に備えるのとはね、こんな感じにね(叫ぶ)サプラーイズ!

(冷めた目で顔に飛んだツバを拭き取るレイチェル)

Ross: All right, you knew that was coming, but that doesn’t mean you have unagi.
 君は今のが予感できてたんだ。それは君がウナギというものを体得しているという意味ではない。

Rachel: Ooh! You know what? If we made reservations, we could have unagi in about a half-hour.
 ああ、ねぇ、予約してあれば、30分でウナギ食べられるのにね。

Ross: You know what?
 もういいよ。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Hey-hey, is Monica here?
 なぁなぁ、モニカいる?

Phoebe&Ross: No.
 いない。

Chandler: Okay, look, I need your help, I don’t know what to get her for Valentine’s Day.
 そうか。なぁ、助けてくれよ。バレンタインだけど彼女に何を贈ったらいいかわからないんだ。

Rachel: Well, Valentine’s Day was two weeks ago, so I wouldn’t get her a calendar!
 バレンタインはもう2週間前だから、カレンダーをあげちゃダメよ。

Chandler: She was working on Valentine’s Day so we’re celebrating it tonight.
 彼女バレンタインに仕事だったから、代わりに今夜祝うんだよ。

Joey: Ohh, hey! Why don’t you book a date for both of you at one of those romantic spas?
 あ、そうだ! ロマンティックなスパでのデートを予約したらいいんだよ!

Phoebe: Ooh, Joey, that’s actually a really good idea!
 ああ、ジョーイ、それすごいいいアイデアだわ!

Joey: And of course, crotchless panties.
 それともちろん、穴あきパンツもな。

Chandler: Well, appealing as that does sound to her boyfriend and her brother, I can’t do that we promised we’d make each other gifts this year.
 それって彼女のボーイフレンドと・・・兄にも、大変魅力的に聞こえるが、それはダメなんだよ。今年は手作りするって約束したんだ。

Rachel: Aw, I love that.
 まぁ、それ素敵ね!

Phoebe: You guys!
 あなた達ったら!

Joey: You can’t make crotchless panties? You take, you take a pair of scissors and you just cut…
 穴あきパンツが作れないっていうのか? おまえ、ただハサミを持ってだな・・

Rachel: Okay-okay-okay! So, making things. That sounds like so much fun.
 もういい、もういい、もういい! 作るってことね。楽しそうじゃないの。

Chandler: Yeah, I thought so to until I papier-mached one of my eyes shut.
 張り子で作ろうとして片目をふさいじゃうまではそう思ってたよ。

Phoebe: Oh, I love papier-mache! What did you make?
 わぁ、張り子作り大好きよ! 何を作ったの?

Chandler: I made a…
 できたのは○※▽■!

Phoebe: What is that?
 それなに?

Chandler: Nothing!
 何も!

Ross: So what are you gonna do?
 それじゃどうするんだ?

Chandler: Well, have you guys made anything that maybe I can take credit for?
 俺が作ったことにできそうなもの何か作ったことない?

Phoebe: Ohh! I have! I have! I started making these little sock bunnies! Oh, for crying out loud!
 ああ、あるわよ、あるわよ! この靴下バニーを作ったのよ! ほら、びっくりでしょ!

Rachel: Hey, wait a minute! That is my sock!
 ちょっと、待ってよ! それ私の靴下じゃないの!

Phoebe: Now, it’s you little bunny friend.
 今ではそれはちっちゃな靴下バニーちゃんよ。

《モニカ達の部屋:何かを作ろうとするチャンドラー》

Chandler: Okay… This, this actually is a…
 よし・・。これでできた・・○※□ω▽

(モニカが来る)
Monica: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Hey! Honey, can I ask you a question about the Valentine’s Day gifts?
 やぁ、ね、バレンタインのプレゼントのことで聞きたいんだけど。

Monica: Oh, yeah.
 ええ、なに?

Chandler: Do we have to make the entire thing?
 一から全部作らないといけないのかな?

Monica: Yes! Why, did you−you forget to make yours?
 そうよ! どうして、あなた作るの忘れたの?

Chandler: Of course, of course not. I just have to uh, go over to the place where I-I made it and pick-pick it up.
 もちろん、もちろん忘れてないよ。作ったものを取りに行かなきゃいけないだけだよ。

Monica: Okay. I can’t wait! This is going to be the best Valentine’s Day ever! . . . I can’t believe it! Make the presents! Make the presents!
 そう。待ち遠しいわ! 最高のバレンタインになるわね! (チャンドラー出て行く)信じられない!プレゼント作らなきゃ! プレゼント作らなきゃ!

Chandler: What?
 (戻ってきて)なに?

Monica: I’m just so excited to make the presents! . . . Shoot!
 プレゼント作るのが楽しみで! (チャンドラー出て行く)くっそー!

《医療検査センター》

Joey: Hi uh, I’m Joey Tribbiani and with all due respect I’d like to donate some fluids.
 どうも。ジョーイ・トリビアーニといいますけど、何か液体を提供したいんですけど。

(with all due respect = 失礼ですが、お言葉を返すようですが)

Receptionist: We’re actually at the end of one of our research cycles, so we’re not looking for applicants right now.
 リサーチ期間が終わったところで、今は何も募集してんないんですよ。

Joey: Oh, that’s too bad. I’ve kinda been saving up. Uh, are you sure there’s no studies I can participate in?
 ああ、それは残念だな。貯めておいたのに。本当に協力できること何もない?

Receptionist: Well, here’s a schedule of what’s coming up.
 ええ、これがこれからの予定ですよ。

Joey: Thanks. . Well, but this one starts now.
 ありがとう。あ、これ始まったところじゃない。

Receptionist: Oh, that one is available now, but only identical twins are eligible. It’s a twins study.
 ええ、それは今やってますけど、一卵性双生児しか応募できないんですよ。双生児の研究なんです。

Joey: But it’s $2,000.
 でも2,000ドルだ。

Receptionist: Sorry.
 残念ですが。

Joey: Well, how about this one? Testing the effects of Joey Tribbiani on attractive nurse receptionists.
 あ、これはどう? ジョーイ・トリビアーニが魅力的な看護師さんに及ぼす影響についての研究。

Receptionist: We already got the results back on that on, and they’re not good.
 その結果はもうすでに出ていて、よくなかったですわ。

《モニカ達の部屋の前:レイチェルとフィービーの前に飛び出すロス》

Ross: DANGER!!! DANGER!!!!!
 危険だ! 危険だ!!

Phoebe: Ross!!!
 ロス!

Rachel: What the hell was that?!
 何なのよ、いったい?!

Ross: A lesson in the importance of unagi.
 ウナギの大切さを学ぶレッスンだよ。

Phoebe: Ohh, you’re a freak!!
 ああ、あなたおかしいわよ。

Ross: Perhaps. Now I’m curious, at what point during those girlish screams would you have begun to kick my ass?
 かもね。おかしいよね、あんな女の子らしい悲鳴なんてあげて僕のお尻を蹴るのはどうなったのかな?

Rachel: All right, so we weren’t prepared!
 わかったわよ。そうね、私達心構えができてなかったわよ!

Ross: I’m sorry I had to take such drastic measures to make my point, but I−look, I just want you guys to be safe. .. DANGER!!!!! . . Ah, huh? Unagi.
 僕の言いたいことをわかってもらうために大げさなことして悪かったけど、でも、君たちを本当に危険な目に遭わせたくなくてね(モニカが部屋から出てくる)危険だ!! (無視して通過するモニカ) ほらね、ウナギだ。

《オーディション会場で考え事をするジョーイ》

Joey: 2,000 bucks is a lot of money. Oh, I wish I had a twin. Where could I find someone who looks exactly like me?
 2,000ドルっていったら大金だよな。。ああ、双子だったらなぁ。俺そっくりの男、どこかで見つけられないかな?・・

《ロスの部屋:外から戻ったロス。チャンドラーが来る》

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Ross: Chandler. I sensed it was you.
 (振り返らず)チャンドラー。見なくても君とわかった。

Chandler: What?!
 は?

Ross: Unagi. I’m always aware.
 ウナギだよ。いつも感覚を研ぎ澄ましているんだ。

Chandler: Okay, are you aware unagi is an eel?
 それじゃ、ウナギって、ウナギのことだってわかってるのか?

Ross: What’s up?
 どうかしたか?

Chandler: I can’t figure out what to make Monica.
 モニカへのプレゼントに何を作ったらいいかわからないんだよ。

Ross: Oh, why don’t you make her one of your little jokes.
 ああ、いつものジョークを作ったらいいじゃないか。

Chandler: I’m going crazy! Okay? Do you have anything around here that looks homemade?
 どうかなりそうだよ。なぁ、なにか、手作りらしいもの持ってない?

Ross: You know what? She’d-she’d love this. . .It’s an exact replica of Apollo 8. I made it in the sixth grade.
 それじゃこれは? 彼女きっと気に入るよ(ロケットのプラモデルを見せる)アポロ8のレプリカだ。6年の時に作ったんだ。

Chandler: Yeah, I guess I could use that. I could say that your love sends me to the moon.
 ああ、これでもいいかもな。君の愛で月へも登る気持ちとか言える。

Ross: Yeah-yeah, except Apollo 8 didn’t actually land on the moon. But you-you-you could write that umm, your love lets me orbit the moon twice and return safely.
 ああ、アポロ8は月に着陸してないけどね。だけどさ、君の愛は月を2回周回して安全に帰らせてくれたとか言えるよ。

Chandler: Wait a minute, I can’t give this to her.
 待てよ。これはあげられないよ。

Ross: Why not?
 なんで?

Chandler: Because it says "Captain Ross" on the side. And it says "I hate Monica" on the bottom.
 横に「ロス船長」って書いてあるし、底には「モニカ大嫌い」って書いてある。

Ross: Oh.
 ああ。
(チャンドラー出て行く。レイチェルとフィービーがカーテンの陰から飛び出す)

Phoebe and Rachel: DANGER!!!!!
 危険だ!
(ロスはとんでもない悲鳴をあげる)

Rachel: Ah, salmon-skin roll.
 ああ、サーモン・スキンロール。

《モニカの寝室で困っているチャンドラー》

Chandler: Okay. Okay. . .Yes, honey, I made it myself. . . I can’t do it. I can’t do it. . . Oh! Oh! A mixed tape! A mixed tape!!
 よし、よし・・(ハンガーを折り曲げ)そうだよ、ハニー。これ作ったんだ。・・(捨てる。モニカの下着とハサミを手に)これはできない。これはダメ。(他の物を探し、カセットテープを見つける)あっ! テープだ。録音したテープだ。

《リビング》

Chandler: Hey! Hi! You uh, ready to exchange gifts?
 やぁ! なぁ、ギフト交換の準備はできた?

Monica: Sure! Okay, you go first.
 ええ! あなたからどうぞ。

Chandler: Okay, come here! Come here.
 よし、ほら、ほら。

Monica: Okay!
 オーケー!

Chandler: Now, it’s not wrapped because I just, just finished it.
 包んでないよ。今できたばっかりなんだ。

Monica: Okay.
 わかったわ。

Chandler: But I made you a tape of what I think are all romantic songs.
 ロマンティックな曲ばかりのテープを作ったんだ。

Monica: Oh, what a great gift! Is The Way You Look Tonight on it?!
 まぁ、何て素敵なギフトかしら! 『今宵の君は』も入ってる?

Chandler: Maybe we’ll have to listen and see!
 聞いてみようか。

Monica: Oh, I love it! Thank you so much!
 ああ、すごく気に入ったわ! 本当にありがとう!

Chandler: Okay!
 よし!

Monica: Okay, you ready to open yours?
 じゃあ、あなたへのプレゼントあける?

Chandler: Yeah!
 ああ!

Monica: Okay.
 オーケー!

Chandler: It’s a sock bunny.
 これは靴下バニーだ。

Monica: Yeah-yeah, you remember how I call you bunny?
 そう、そうなの。あなたをバニーって呼んだことあるじゃない?

Chandler: Not really.
 そうかな。

Monica: Well, I did one time, and-and I want to start doing it more. See that’s what this is about.
 ええ、一度ね。これからはもっと呼ぶわ。そういうことよ。

Chandler: I see. You know umm, Phoebe makes sock bunnies.
 そうか。なぁ、フィービーが靴下バニーを作ってたよ。

Monica: No! No, she doesn’t. Uh Phoebe, what she makes−that’s uh−they’re sock rabbits. They are completely different−Okay! Okay! Okay! I didn’t make it! I’m sorry! I totally forgot about tonight and the fact that we’re supposed to make the presents!
 いいえ! それは違うわ。フィービーは・・彼女が作ったのは、あれは、靴下ラビットよ。全然違うのよ。・・わかった、わかった、わかったわよ! 私が作ったんじゃないの。ごめんなさい。今夜のこと、忘れちゃってたのよ。プレゼントを手作りするってこと!

Chandler: Oh, it’s okay. I don’t…
 ああ、いいんだよ。俺も・・

Monica: No-no, it’s not okay! It’s not! I mean you were just… You’re so incredible! You went through all this time and effort to make this tape for me! You know I’m just gonna−I, I am gonna make this up to you! I will! I-I am going to cook you anything you want in here, and I am going to do anything you want in there!
 いえ、よくないわ。だめよ。だってあなたは・・。あなはすごいわ! あなたは時間をかけてがんばって私のためにテープを作ってくれたんだもの。ね、私、このつぐないをするわ。絶対する! あなたの好きなもの(キッチンを指差し)何でも作るし、あなたのしてほしいこと何でもするわ(寝室を指差す)

Chandler: Well, I did put a lot of thought in the tape.
 ま、このテープ一生懸命作ったよね。

《モニカ達の寝室》

Chandler: Wow! You are way to young to have seen that!
 ワオ!・・(バニーを見て)おまえはこれを見るには幼すぎるね!

Monica: Oops! You know, your birthday is in a month-and-a-half, what do you say I forget to get you a present for that too?
 あらま! ねぇ、あなたの誕生日まで1ヶ月半よね。そのプレゼントも忘れたって言ったらどうする?

Chandler: You are totally and completely 100% forgiven.
 完全に100%許すよ。

Monica: We have got to wash that!
 (バニーを)それ洗わないと。

Chandler: Yeah!
 そうだな。

Monica: Do you remember that jacket that you love so much, that you thought was too expensive?
 あなたがすごく気に入ってたけど、高くて買えないって言ってたジャケット覚えてる?

Chandler: You have done enough!
 もう十分してくれたよ!

Monica: I wanna wake up early and go get it for you!
 早起きしてあれを買ってくるわ!

Chandler: No, you don’t−get it in black, not brown.
 そんなことしなくても・・黒いのがいいな、茶色じゃなくて。

Monica: Oop, your cake is ready!
 あっと、ケーキが焼けたわ!

Chandler: Oop! . . Well, it’s like that old saying, have sex, eat some cake.
 あっと! 昔から言うよね。セックスしてケーキを食べよう。

(キッチンへ向かっていると、知らない男が入ってくる)

Joey's Look-A-Like: Hey, Mon! Hey, Chan! .. Just getting a soda!
 やぁ、モン! ああ、チャン! ソーダ取りに来たんだ。

Monica: Who the hell are you?!
 あなたいったい誰?

Joey's Look-A-Like: I’m Joey! How are you doin’?!
 ジョーイだよ! 元気かい?

(ジョーイが来る)
Joey: No! No! No! No! No! How you doin’?! How you doin’−Damn it, Carl! Go wait in the hall! . . . Look, I got to apologize on the behalf of Carl.
 違う違う違う違う違う違う! 元気ぃ?! 元気ぃ?! ダメだ、カール! 廊下で待ってろ!(出ていってから)カールのこと、謝るよ。

Chandler: Who the hell is Carl?!
 カールって誰だよ?

Joey: Oh, did I not mention? Carl is a guy I hired to be my identical twin for a medical research project.
 あれ、言ってなかった? カールは俺の一卵性双生児として医療リサーチのために雇ったやつだよ。

Chandler: You know, sometimes the good ideas are just right in front of you, aren’t they?
 いい考えってのは、目の前に転がってるもんだよな?

Joey: Okay, I know it sounds crazy, but I think it might work. You know? The only problem is, Carl’s acting is…
 おかしな考えだってのはわかってるよ。だけど、これはうまくいくかもしれないだろ。問題は、カールの芝居が(あんまり・・というジェスチャー)

Monica: The only problem?
 問題それだけ?

Joey: Yeah, he’s the reason I didn’t get that big Minute Maid commercial a couple of years ago, remember? We were supposed to be brothers, but he messed it up.
 ああ。2年前、あいつのせいで、ミニッツ・メイドのコマーシャルがダメになったんだよ。覚えてない? 兄弟のはずだったのに、あいつがダメにしたんだ。

Carl: Hey, can I get a little piece of that cake?
 (顔を出して)なぁ、あのケーキちょっともらっていい?

Joey: Pizza!! We like Pizza!! Get out!!!
 ピザ! 俺たちの好きなのはピザだ! 出ていけ!

《フィービーとレイチェルの部屋:2人が戻ってくる》

Phoebe: Pat Sajak?
 パット・セイジャックは?

Rachel: Yep!
 できる!

Phoebe: Alex Trebek?
 アレックス・トレベックは?

Rachel: Oh, of course!
 ああ、もちろんよ。

Phoebe: Chuck Woolery?
 チャック・ウーリーは?

Rachel: Definitely! Phoebe, you will not find a single game show host, who’s ass I cannot kick.
 全然できるって! フィービー、どのゲームショーのホストだって、私、お尻を蹴ってやれるってば。

(2人は、椅子の陰に隠れているロスの頭に気づく)
《時間経過:2人でロスを組み伏している》

Rachel: Say it!
 言いなさい!

Phoebe: Say we are unagi!
 私たちはウナギだって言いなさい!

Ross: It’s not something you are! It’s something you have!
 なるものじゃない。獲得するものなんだ!

Rachel: Say it!
 いいなさい!

Ross: You know what? I can easily get out of this, but there is a chance you can get very, very hurt!
 いいかい、ここから簡単に僕は抜け出せるんだよ。だけど、君たちをひどく痛い目に合わせるといけないからね。(レイチェルに締め付けられて呻く)

《医療リサーチで待つジョーイとカール》

Joey: All right, Carl, we’re next. Now remember, what is not gonna be?
 よし、カール、俺たちは次だ。いいか、何に気をつけるんだ?

Carl: Another Minute Maid fiasco.
 ミニッツ・メイドの二の舞。

Joey: That’s right! And what are you not gonna do?
 その通り! そして、やっちゃいけないのは?

Carl: Well, I’m not gonna talk because…
 俺はしゃべっちゃダメで・・

Joey: Ah! Damn it, Carl!
 あ、あっ! ダメだっ! カール!!

The Doctor: Can I have the next one please?. . Joey and Tony Tribbiani.
 (受付に)次の人は?(用紙を読む)ジョーイとトニー・トリビアーニ。

Joey: That’s us.
 僕たちです。

The Doctor: But uh, this is a study for identical twins.
 だけど、一卵性双生児の研究なんだけど。

Joey: That’s right, $2,000.
 それです。2,000ドルの。

The Doctor: But, you’re not identical twins.
 でも、君たち一卵性双生児じゃないよね。

Joey: Damn it, Carl!
 クソっ! カール!!

《モニカ達の部屋:キャンドルいっぱい。チャンドラーが来る》

Chandler: Oh, my good God.
 うあ。。ああ、良き神よ。

Monica: Hey! Continuing the countdown of your favorite meals. Tonight, No. 3, macaroni and cheese with cut up hot dogs.
 ハーイ、あなたのお気に入りの食べ物でカウントダウン続けてるわよ。今夜は、No.3の、マカロニとチーズ、刻んだホットドック入りよ。

Chandler: Look, you have done enough! Okay? You have to stop this now.
 なぁ、もう君は十分やってくれたよ! ね? もうやめてくれよ。

Monica: I will! But not tonight. For dinner music, I thought we could listen to that tape you made me.
 やめるわよ。だけど今夜はダメ。ディナー用の音楽には、あなたが私に作ってくれたテープを聞くのよ。

Chandler: Oh, the mixed tape.
 ああ、あのテープね。

Monica: The Way You Look Tonight is on here! Dance with me?
 ああ、『今宵の君は』が入ってる! 踊らない?

(2人で踊る)

Monica: You are just the sweetest.
 あなたって、本当に優しいのね。

(テープからジャニスの声)
Janice: I love the way you look every night, Chandler!..That’s why I made you this tape! Happy Birthday! Love, Janice!
 毎晩のあなたの姿を愛してるわ、チャンドラー! だからこのテープを作ったのよ。誕生日、おめでとう! 愛を込めて、ジャニス!

Chandler: No! You’re the sweetest!
 いや、優しいのは君だよ!(キスしようとするが逃げるモニカ)

《護身術のクラス》

The Instructor: Okay, ladies, that ends today’s class. And let’s remember, let’s be safe out there.
 はい、みなさん、今日はここまで。忘れないで、安全にね!

Ross: It’s a great class.
 素晴らしい授業でした。

The Instructor: Thanks.
 ありがと。

Ross: Yeah, yeah, I was watching. . Umm, hey, a couple of questions though. Umm, you know, about that last move where the woman tripped you and then pinned you to the floor, what-what would you do next?
 ええ、見てたんですよ。質問があるんです。最後に、女性があなたを転ばせて、あなたを床に押さえつけましたけど、あの後どうするんです?

The Instructor: Well, she would take her keys and try to jam them…
 そうだね、彼女は鍵を出して、それを・・

Ross: No. No-no. No. What would you do next?
 いや、いやいや、そうじゃなくて。あなたはどうするんですか?

The Instructor: Who? Me, the attacker?
 誰が? 私? 襲う側が?

Ross: Yes, that’s right.
 ええ、そうです。

The Instructor: Why?
 どうして?

Ross: I tired attacking two women, did not work.
 2人の女性を襲おうとしたんですが、ダメだったんです。

The Instructor: What?!
 なんだって?

Ross: No, I mean it’s okay, I mean, they’re-they’re my friends. In fact, I-I-I was married to one of them.
 いや、いいんです。彼女達は友達なんだから。実際、そのうちの1人とは結婚してたんですよ。

The Instructor: Let me get this straight man, you attacked your ex-wife?!
 はっきりさせてくれ、君は、元妻を襲ったのか?

Ross: Oh, no! No-no! No, I tried! But I couldn’t. That’s why I’m here. Maybe we could attack them together? . . That-that’s a no.
 あ、いや、いやいや、違います。そうしようとしただけです。でもできなかった。だからここに来たんです。一緒に襲ったらどうかな?(睨まれ)それはノーってことですね。

《モニカ達の部屋》

Chandler: I am so, so, so, so sorry!
 本当に本当に本当に本当にごめんよ。

Monica: Uh-huh.
 あ、そう。

Chandler: Oh! And I will cook anything you want in here, and do anything you want in there!
 そうだ! 君の欲しいもの何でもつくるよ。そして、君の望むとおりのことをあそこでするよ(寝室を指差す)

Monica: Yeah, you will! . . And, are you kidding me?!
 (キッチンを指し)ええ、やってもらうわ。(寝室を指し)冗談でしょ?!

Chandler: Come on, Monica, it’s our Valentine’s Day. Please? Please-please, please?
 なぁ、モニカ、俺たちのバレンタインデーなんだよ。頼む、頼む、頼む、頼むよ!

Monica: Okay.
 わかったわ。

Chandler: Okay.
 よし(ハグ)

(ジャニスの声がテープから)
Janice’s Voice: My funny valentine, sweet comic valentine! You make me high over my heart!
 マイ・ファニー・バレンタイン・・
(モニカはハグを解き、寝室へ向かう)

Chandler: So, are we going in there?
 それじゃ、寝室行く?

Monica: I am!!
 私だけね。

《セントラルパーク前で2人女性を見つけるロス》

Ross: Ah-ha, nowhere to run!
 おお! 逃げるところはないぞ!

《セントラルパークのレイチェルとフィービー》

Rachel: I don’t like sitting up here! I’m just gonna over…
 (窓際の席)この席いやだわ。いつもの席に行って・・

Phoebe: No, Rachel! They got here first!
 ダメよ、レイチェル! あの人達が先に来てるんだから!

Phoebe: Why is Ross doing that?
 (窓の外のロスを見て)何でロスあんなことしてるのかしら?

Ross: DANGER!!!!
 危険だー!!

Rachel: Oh, my God! Why is he jumping on those women!
 まぁ、なんてことを! どうしてあの人達にとびかかってくの?

Phoebe: We should help them!
 助けてあげないと!

Rachel: I… Well, I don’t think they need any help.
 そ・・いえ、助けはいらないみたいよ。

(窓の外を逃げていくロス、レイチェルとフィービーがセントラルパーク内にいるのを見て驚き、また逃げて行く)



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:06| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。