2013年09月25日

6-16 The One That Could Have Been

6-16 もしもの世界の話 Part 2

 ☆空想世界でつかまえてPart 2☆

《ロスとキャロルの部屋》

Ross: So honey, this uh, this threesome thing umm, I mean how are you gonna start to find…
 ね、例の3人プレイのことだけど、どうやってその人を見つけるか・・

Carol: Ooh, actually I’ve been making a list of all the women I know who might be into doing this.
 あ、実は私、参加してくれそうな女の人のリストを作ってたのよ。

Ross: Oh. Wow! . . Huh. . . Boy! . . Well, someone’s been doing their homework.
 ああ(リストを見る)ワオ! (ページをめくっていき)ふーん・・・すごい! ・・すごく頑張ったみいだね。

Carol: Yeah. Ooh, and I know Gail Rosten is in there twice, but she is so…
 ええ。あ、ゲイル・ロステンの名前を2回もあげちゃったけど、彼女ってすっごく・・

Ross: Oh, I know. You know, just-just talking about it is getting me kinda…
 ああ、そうだよね。・・ね、そのことを話しただけで、僕ちょっとその・・

Carol: Oh, me too.
 ああ、私もよ。

Ross: Yeah? Well, I-I think Ben’s asleep.
 そう? それじゃ・・ベンも眠ってると思うし・・

Carol: Oh, umm, you know, I think it would be better if we just save it.
 ああ、ねぇ、私、とっておいた方がいいと思うわ。

Ross: Yeah. Right. Save it. I can do that.
 ああ、そうか。とっとくんだね。わかったよ。

《フィービーの病室:ロスが来る》

Ross: Hey, Pheebs!
 やぁ、フィーブス!

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Ross: Hey, how’s it going?
 調子どう?

Phoebe: Well, I’ve got to get out of this bed, I’m going crazy here. Crazy!
 もうこのベッド出たいわ。もうおかしくなっちゃうよ。もうだめ!

Monica: Here you go, sweetie.
 (カップを渡す)ハイ、どうぞ、これ。

Phoebe: What the hell is this, herbal tea? I hate herbal tea!
 これ何なのよ。ハーブティー? 私ハーブティー嫌いなのよ!

Monica: But, I put some honey in it.
 でも、ハチミツ入れたのよ。
(嫌味に口まねをするフィービー)

Ross: She doesn’t know she was fired yet, does she?
 (チャンドラーに囁く)彼女、クビになったことまだ知らないんだよな?

Chandler: No, the doctors say it may kill her.
 (囁く)うん。ドクターが、そんな話、ショックで死ぬって。

Phoebe: What are you two girls whispering about over there?!
 そこの女の子達、何をこそこそ話してるのよ?!

Chandler: But I think we should tell her.
 (囁く)だけど、言っちゃおうか。

《ジョーイの部屋》

Rachel: Ohh, I mean, it’s just so realistic!
 (陶器のイヌを見て)ああ、これ本当にリアルね。

Joey: I know. Yeah, his name is Pat.
 そうだろう。そいつの名前はパット。

Rachel: Pat the dog. Oh! Oh! I get it!!
 パット・ザ・ドッグ。あ、ああ! なるほどね!

(pat -- 軽く叩く)

Joey: Do you uh, do you−ready for a refill?
 君、それ、おかわりはどう?

Rachel: Oh, I probably shouldn’t−so I will! . . Oh! Wow! It’s like it’s raining!
 ああ、もうやめた方がいいのよね。だからいただくわ! (ガラス面を水が流れるテーブルを見て)うわぁ! これ、雨が降ってるみたい!

Joey: Pretty cool, huh? But if you’re thinking you can put a fish in there and it wouldn’t get sucked up into the mechanism, well you’d be wrong.
 かっこいいだろ? そこに魚を入れても魚が機械に吸い込まれないかと思ったら大間違いなんだよ。

Rachel: Umm, can I use your bathroom?
 あの・・バスルームお借りしていい?

Joey: It’s uh, right through there.
 ああ、その向こうだよ。

Rachel: Okay. You know, if someone told me a week ago that I would be peeing in Joey Tribbiani’s apartment…
 わかったわ。ねぇ、1週間前にもし、ジョーイ・トリビアーニの部屋でオシッコすることになるなんて言われたとしても・・

Joey: Yeah, life’s pretty great, isn’t it?
 ああ、人生てすごいよな。

《モニカとフィービーの部屋》

Monica: I hope you’re hungry, we’re starting with oysters. You know what they say about oysters, don’t you?
 おなかすいてるといいんだけど。最初はカキよ。カキについて何て言われてるか知ってる?

Dr. Roger: They have parasites?
 寄生虫がいるってこと?

Monica: No! Umm well, some people say that Oysters are an aphrodisiac.
 違うわよ! カキは精力がつくって言われてるのよ。

Dr. Roger: What people?
 誰が言ってるの?

Monica: People! People say it! Come here!
 みんなよ。みんな言ってるの! 来て!(キス)

Dr. Roger: So oysters, huh?
 ああ、カキね。

Monica: And then we’re gonna have a little Middle Eastern couscous. Something we can eat, with our hands.
 それから次は中東のクスクスよ。手で食べるの。

Dr. Roger: You know, it’s funny, but when we were studying communicable diseases…
 おもしろいね。伝染する病気について研究していた時・・

Monica: No-no-no, no! It’s sensual.
 いえいえいえ。それって官能的なのよ。

Dr. Roger: Ohh! Didn’t know! Okay!
 ああ! 知らなかったな。そうか!

Monica: Okay! . . Oh, no!
 そうよ!(キス。ポケベルが鳴る)ああ、もう!

Dr. Roger: I’m sorry, sweetie, it’s the hospital. The food looks great, maybe save me some?
 ごめんね。病院だよ。どれもおいしそうだ。残しておいてくれるかな?

Monica: I can’t promise anything.
 約束できないわよ!

《ロスとフィービーの部屋》

Ross: We’re really gonna do this, huh?
 本当にするんだね。

Carol: Looks like it.
 そうみたいね。

Ross: You know, if this is too weird for you, we can still back out at anytime…
 ねぇ、イヤな感じだとか思うなら、いつでもやめちゃっていい・・(ノックの音)

Carol: I got it!
 出るわ!

Ross: Okay.
 そっか。

Carol: Susan! Hi!
 スーザン! ハーイ!

Susan: Hey!
 ハーイ(ハグ)

Carol: Thank you so much for coming.
 来てくれてありがとう。

Susan: Oh, I wouldn’t miss it for the world.
 何があってもくるわよ。

Ross: I’m-I’m Ross, by the way.
 ぼ・ぼくはロスだよ。

Susan: Hello, Ross. I love what you’ve done with this space.
 (目もくれず)こんにちは、ロス。この部屋素敵にしてるわね。

Carol: Thank you so much.
 ありがとう。
(見つめ合いながら寝室へ行く2人)

Ross: How hot is this?!
 ・・すっごいホットだよね、これ?

《モニカとフィービーの部屋》

Chandler: I’m sorry you’re here with me instead of Roger.
 ロジャーじゃなくて俺で残念だったね。

Monica: Yeah, me too.
 ええ、私もそう思うわ。

Chandler: Well, I could make it seem like he’s here. "Here’s some little known facts about couscous. They didn’t add the second cous until 1979."
 彼がいるみたいにすることもできるよ。「クスクスについて知られてることがあるんだよね。2つ目のクスは1979年につけたされたんだよ」

Monica: Stop it!! That’s not funny!!
 やめてよ。おもしろくないわ。

Chandler: Okay.
 わかったよ。

Monica: I’m sorry, okay? It just−tonight was supposed to be, you know, it was supposed to be a big deal.
 ごめんね。ただ今夜は・・ね、ちょっと、大事なことだったの。

Chandler: What was tonight?
 今夜がなんだったの?

Monica: You don’t want to know what tonight was.
 今夜が何かなんて、あなたが知らなくていいことよ。

Chandler: Okay. . . What was tonight?
 そうか。・・・今夜が何?

Monica: Well, tonight was−was going to be my first time.
 今夜は・・初めての夜になるはずだったの。

Chandler: With Roger? . . Not just with Roger?! . . Oh, my God!
 ロジャーと? ・・・ロジャーとっていうだけじゃなくて? オーマイゴッド!

Monica: All right, relax, Mr. I’ve-Had-Sex-Four-Times!
 ちょっと、落ち着いてよ、セックス経験4回君のくせに。

Chandler: Four different women! I’ve had sex way more times!
 4人の女性とだよ。回数はもっとあるよ。

Monica: How many?
 何回よ?

Chandler: Nine.
 9回。

Monica: I'm just waiting for the perfect guy.
 私にとって完璧な人を待っていたのよ。

Chandler: Well, good, good for you. You really think that Roger is the perfect guy?
 それは、いいじゃん、いいことだよ。ロジャーは君にとって本当に完璧だと思うの?

Monica: No. He’s not a horrible guy.
 いいえ。だけどひどい人じゃないわ。

Chandler: Hey, that’s what I tell girls about me.
 ああ、それ俺、自分のこと女の子にそう言うよ。

Monica: Chandler, I’m gonna die a virgin!
 チャンドラー、私はバージンで死んで行くんだわ!

Chandler: No, you are not! You are sweet and wonderful and this is gonna happen for you.
 いや、そんなことないよ! 君は優しくて素晴らしい人だし、ちゃんと出会えるよ。

Monica: Oh, really? When? Do you wanna do it with me?
 あらそう? いつ? あなた私とする?

Chandler: Okay.
 いいよ。

Monica: I was kidding.
 冗談よ。

Chandler: So was I.
 俺も冗談だよ。

《ジョーイの部屋》
(レイチェルの状態は "three sheets to the wind" = ひどく酔っ払っている..帆の角度を調整するためにつけられたロープ(sheet)が緩んで風に吹かれると船が酔っ払ったように傾くから)

Rachel: Joey, you’re such an amazing actor! How do you know where Dr. Drake Ramoray leaves off and Joey Tribbiani begins?
 ジョーイ、あなたってすごい俳優よね! ドクター・ドレイク・ラモーレじゃなくなってジョーイ・トリビアーニになるところってどこでわかるの?

Joey: Well, with Dr. Drake they always tell me what to say. And with Joey, I pretty much have to make it up on my own.
 ドクター・ドレイクの場合は何を言うか決められてるだろ。ジョーイの場合は自分で決めないとね。

Rachel: Wow! Tell me something Joey−Whoa! . . I just fell right off the couch there.
 ワオ・・ねぇ、教えて、ジョーイ・・うわっ!・・カウチから落ちちゃったわ。

Joey: Yeah, you did.
 ああ、ほんとだね。

Rachel: I'm okay.
 大丈夫。

Joey: Here you go. Let me ask you a question.
 さあ・・聞かせてくれ。

Rachel: Whoops. Yeah.
 おっと・・ええ。

Joey: When was the last time someone told you just how beautiful you are?
 君がどんなに美しいか、最後に言われたのはいつなんだい?

Rachel: Wow! I can’t, I can’t feel my hands.
 ワオ! 私、私・・手の感覚がないわ。

Joey: Come on, come here.
 おいで・・来て。
(キスをするが、やがて吐きそうになるレイチェル)

《モニカとフィービーの部屋》

Chandler: We can’t do this.
 そんなことできないよ。

Monica: No! . . Oyster?
 そうよ!・・カキ食べる?

Chandler: Yeah! If-if-if we did do this there would be a lot of pressure on me, you know? Because you’ve been waiting a very long time and I wouldn’t want to disappoint you.
 うん! もし、もしもそんなことをするとしたら、俺にはすごいプレッシャーだろ。だって君は長い間待っていたんだから、君を失望させられないよ。

Monica: Yeah, but see, I have nothing to compare it to. So even if you’re horrible, how would I know?
 そうね、だけど、比較するものがないのよ。だから、もしあなたがひどくても、私にわかるわけがないじゃない!

Chandler: I do like that.
 それいいな。

Monica: It’s harder for me! I have those four other women to compete with!
 大変なのは私の方よ。私はその4人の女の人と比べられちゃうんだから!

Chandler: Well, if it helps there were only three. So it would just be for tonight, right?
 いや、これでどうかな、実は3人なんだよ。それで、これは今夜限りのことなんだよね?

Monica: Absolutely! It would just be one friend helping out another friend.
 もちろんよ! ただ、友達が友達を助けるってだけのことよ。

Chandler: Stop it! We’re not doing this! Let’s do it!
 やめろよ! そんなことしないからな! しようか!

Monica: No!! Okay!!
 ダメよ! オッケー!

Chandler: Okay!
 よし!

Monica: So, do you have any uhh, moves?
 それじゃ・・あなた、何か手はあるの?

Chandler: I have some moves.
 いくらかはあるぞ。

Monica: I have no moves.
 私にはないわ。

Chandler: Okay.
 よし・・(キスしようとするがモニカが笑い出す)

Monica: Oh, okay, whatcha doin’ there?! Oh, you know what, I’m sorry, this is just too weird.
 ああ、もう。何してるのよ! ああ、ごめんね。なんか変なんだもん。

Chandler: Yeah, let’s just forget it.
 ああ。やめとこうか。

Monica: What if I turn out the lights?
 電気を消したらどうかしら?

Chandler: Okay! . . . Oh, yeah.
 よし!(暗闇の中で)ああ、いいね。

Monica: Chandler?
 チャンドラー?

Chandler: Yeah?
 うん?

Monica: That’s the couch.
 それカウチよ。

《モニカのベッド》

Chandler: Oh, my God!
 オーマイゴッド!!

Monica: I know! I’ll tell you something, we are gonna do that again!
 ほんと! ねぇ、どう、もう一回しましょうよ!

Chandler: Oh, okay!
 ああ、いいよ!

《ジョーイの部屋:翌朝》

Joey: Morning!
 おはよう!

Rachel: Oh, right.
 ああ、そうか・・。

Joey: Yeah.
 ああ。

Rachel: Oh, God. Oh, I can’t believe Joey Tribbiani heard me throw up!
 ああ、もう・・。ジョーイ・トリビアーニに吐く音を聞かれるなんて。

Joey: Well, he actually saw you a little bit too.
 ああ、実際、ちょっと見たしね。

Rachel: No! Oh, God, we did−we didn’t, we didn’t uhh…
 やだ! ああ・・私たち・・私たちはしてない・・

Joey: No! No! No, not after seeing that.
 いやいや! いや。あれを見た後ではね。

Rachel: God, I’m just a horrible person.
 ああ。私は本当にひどい人間だわ。

Joey: Wh-why?
 なんで?

Rachel: Because I’m married. That’s right, I am a married woman! And I came to a TV star’s apartment to have an affair! Uck!
 だって、私結婚してるのよ。そうなのよ。私は既婚女性なのよ。それなのにテレビスターの部屋に来て浮気をしようとしたんだわ! ああっ!

Joey: That’s ridiculous! I’m not a "Star," just a regular famous actor.
 バカなことを! 俺はスターじゃないよ。ただの有名な俳優だよ。

Rachel: Yeah, and I’m a horrible, horrible person.
 そうね。そして私はひどいひどい人間よ。

Joey: Rachel, will you stop saying that?! Hey-hey, look, remember on the show when-when Capri was dying and she gave me…
 レイチェル、そんなこと言うのやめろって。な、ほら、カプリが死にそうになった時、俺にくれた・・

Rachel: The ring from the cave, yeah.
 あの指輪ね、ええ。

Joey: Wow! Uh okay, well uh…
 ワオ! そうか。(指輪を持ってくる)

Rachel: Oh, my God, they let you keep that stuff?!
 まぁ、驚いた。そういうものってもらえるの?

Joey: Sure! As long as they don’t find out you can keep whatever you want! And I want you to have it.
 そうさ! 気づかれない限りなんだって持ってこれるよ! これを君にもっててほしい。

Rachel: No! No-no-no…
 ダメ、ダメよ。

Joey: Yes! Yes!! And every time you look at it, I want you to remember that you are a good person, okay? Now, you’ve had the chance to cheat, and with me. But you didn’t. And that’s what this ring stands for.
 いや、持っててくれ。そしてこれを見るたびに、君はいい人だということを思い出してくれ。君は浮気するチャンスがあった。この俺とだ。でもしなかった。この指輪はそれを象徴するんだ。

Rachel: But I thought that ring stood for Capri’s undying love for her brother.
 でもその指輪はカプリの兄への変わらぬ愛の象徴でしょう。

Joey: Look, do you want the ring or not?!
 なぁ、この指輪ほしくないの?

Rachel: Yeah!
 ほしい!

《フィービーの病室》

Ross: Hey! Look at you! You’re up!
 おお! すごいね、起き上がれるんだ!

Joey: All right!
 よかった!

Phoebe: I thought I’d try to take a walk. Will you pour me some water? I’ll be back soon.
 ちょっと散歩してみようかと思って。水持ってきてくれる? 私すぐ戻るから。

Joey: Whoa-whoa-whoa! You’re not gonna use the pay phone to call work, are ya?
 おいおいおい、君、公衆電話から仕事の電話する気じゃないだろうね?

Phoebe: No. I’ve learned my lesson.
 いいえ。私だって学んだわよ。
(部屋を出てローブを脱ぐと下にスーツを着ている)

Phoebe: Let’s go! Come on! Move it! Phoebe, Come on!
(To an old man who’s holding her shoes and briefcase.)
Shoes, Briefcase. Thanks, Lou, good luck with the gall bladder.
 行くわよ! さぁ! 動くのよ、フィービー、早く!(老人から、靴やブリーフケースを受け取る)靴、ブリーフケース・・ありがとう、ルー。胆のう大事にね!(立ち去る)

《フィービーの病室で待つロスとジョーイ》

Ross: Hey, Joe, did… Did you ever have a threesome?
 なぁ、ジョー・・君・・君、3Pしたことある?

Joey: Well uh, look, Ross, I think Carol’s great and I’m sure you’re a very attractive man, but I….
 あー、なぁ、ロス、キャロルは素敵だと思うし、おまえもいいやつだと思うけど、でも俺は・・

Ross: No! The reason I’m asking is that… I sorta had one last night.
 違うよ。今聞いたのは・・昨日、それやったんだよね。

Joey: You?
 おまえが?

Ross: Yeah!
 うん。

Joey: Wow!
 ワオ!

Ross: Yeah!
 ああ!

Joey: All right! So, was it amazing?
 そうか! それで、すごかった?

Ross: It was, it was okay.
 まぁ・・まぁ、よかったよ。

Joey: Just okay? Did you do it right?!
 よかった? ちゃんとやったのか?

Ross: Look, it’s just did, did you ever go to a party and think, "Would really anyone miss me if I weren’t here?"
 あのさ、パーティに言ってこう思ったことない?「もし僕がここにいなくても誰か寂しがるかなあ」って。

Joey: Huh. But still Ross, you’re worst day with two women, pretty much better than any other day! You know what I mean?
 ふん・・それでも、ロス、2人の女性と最悪の日なんて、普通の日よりはずっといい日じゃないか。わかるだろ?

Ross: Oh-oh, absolutely! Yeah. . . . It’s just, my part seemed to be over pretty quickly and then, and then there was a lot of waiting around.
 ああ、もちろん! うん。・・・ただ、僕の出番はすぐに終わっちゃって、あとはずっと待ってたんだよね。

Joey: But you got to be with both of them, right?
 でもその2人ともとやったんだろう?

Ross: Not-not really. There was just Carol.
 いや、そうじゃない。キャロルだけ。

Joey: Not the other one?
 もう1人とは?

Ross: No, she kept kicking me away!
 いや。彼女には蹴られてさ。

Joey: Yeah, you don’t want that.
 ああ、それはいやだな。

Ross: No!
 そうなんだよ。

Joey: Well, hey, at least you got to see a lot of stuff, right?
 だけどさ、少なくとも、いろいろ見ることができただろ?

Ross: Oh, I a lot of stuff!
 ああ、すごく見たよ!

Joey: You got a little bored?
 ちょっと退屈だったか?

Ross: A little. Yeah. I made a snack.
 ちょっと。うん。おやつ作っちゃったよ。

Joey: Yeah? What did ya have?
 そうか? 何を作ったの?

Ross: Just a sandwich. Turkey, a little mustard…
 サンドイッチ。ターキー入れて、マスタードつけて。。

Joey: Sounds good.
 おいしそうだな。

Ross: It really was!
 おいしかったんだよ!

《モニカとフィービーの部屋》

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Monica: Hey!
 ヘイ!

Chandler: Let me tell you about this chick I scored with last night! Oh, no, wait a minute, that was you!
 昨日の夜ものにした女の子のこと話してやろうか! あっ、待てよ、それは君だった!

Monica: Hey, check me out, I’m a slut!
 ねぇ、私を見てよ、私、尻軽女よ!

Chandler: So you uh, want to do something tonight?
 それで、今夜はどうする?

Monica: Oh, I can’t. Dr. Roger is coming over again.
 ああ、今夜はダメなのよ。ロジャーがまた来るの。

Chandler: Oh. Oh, right! Right. Because you’re still seeing him and uh, he’s a good guy. I mean, I remember a time when…
 ああ、」そうか。そうか。まだ彼とつきあってるんだよな。彼はいいやつだよ。ほら、以前なんて・(退屈で眠るジェスチャー)

Monica: Are you okay?
 大丈夫?

Chandler: Yeah! Totally! Totally, and you?
 ああ。全然! 全然! 君は?

Monica: Great! It’s so amazing! I mean, last time Dr. Roger came over, I was so nervous, but then after being with you I’m all like, "Can the doctor see me now?"
 ご機嫌よ! もうほんと素敵。以前ロジャーが来た時は私心配だったけど、あなたとした後だから、もう私、「ドクター私を見てちょうだい」って感じ。

Chandler: I bet he can.
 そうだろうな。

Monica: You know, I don’t have an appointment, but I sure could use a physical. . Are you sure you’re okay?
 アポはとってないけど、でも体を使っちゃえるわ! ・・あなた本当に大丈夫?

Chandler: Oh, yeah! Yeah! Don’t worry about me, I’ll be fine.
 ああ、うん、俺の心配はいらないよ。大丈夫。

《レイチェルの自宅:レイチェルが帰るとバリーが女性とベッドにいる》

Rachel: Oh! My God! Barry!!
 まぁ! なんてことなの! バリー!

Barry: You-you said you were gonna be away all weekend!
 君、君、終末ずっと出かけてるって。

Rachel: Oh, that’s right! I’m sorry! I am early! Finish! Please!!
 ああ、そうよね。悪かったわね、早く帰ってきて! 続けてちょうだい、どうぞ!

《フィービーの勤務先》

Phoebe: Surprise! Look who’s back!
 サプラーイズ! 見て、戻ったわよ!

Arthur: Hey, Pheebs!
 やぁ、フィーブス。

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Arthur: Call security. Pheebs, didn’t you get fired?
 (同僚に)警備を呼んで。(フィービーに)フィーブス、クビになったんじゃないの?

Phoebe: Uh, I don’t think so!
 あら、そんなことないわよ。

Jack: Phoebe?
 フィービー?

Phoebe: Jack!! Hey!
 ジャック、ハーイ!

Jack: What are you doing here?
 何してるんだ?

Phoebe: All better! Back to work! Except this clown from research told me I was fired. He should do his research, huh?
 元気になったのよ! 仕事に戻るわ! でもこのリサーチ部のおバカさんが私がクビだって言うんだけどね。彼リサーチちゃんとしないとね。

Jack: Well, you were fired.
 いや、君はクビだよ。

Phoebe: Nu-uh!
 違うわよ。

Jack: I told that guy who answered your phone.
 君の電話に出た人にそう言ったよ。

Phoebe: Oh, okay, I didn’t get that message. So this doesn’t count−Anyway, I’ll be in my office.
 あら、私はそれは聞いてないわ。だからナシね。とにかく、私オフィスにいるから。

Jack: Uh, Phoebe, you-you don’t have an office.
 フィービー、君のオフィスはないよ。

Phoebe: That’s all right, I’ll work here. This is goo, next to this plant.
 いいわよ。私ここで仕事するわ。いいじゃない。植物があって。

Jack: Phoebe, listen…
 フィービー、いいかい・・

Phoebe: You’re in my office! Look, I have made a lot of cash for this company! Okay? I am talking big bucks! Pesos! Yen! Rubles! You make one little mistake…
 私のオフィスよ! いいこと、私はこの会社でたくさん利益をあげてきたわ。でしょ? 大金よ。ペソでも、円でも、ルーブルでも! ちょっとの失敗で・・

Jack: You lost 13 million dollars.
 君は1300万ドルの損失を出したんだぞ。

Phoebe: Oh, so this is all about money! You know, it’s bad enough that−Ow! Oh, you have got to be kidding!
 まあ、とにかくお金なのね! ただでさえ最悪なのに・・痛い! ああ、冗談でしょ・・

Jack: Are you all right?
 大丈夫か?

Phoebe: I’m having another heart attack!
 また心臓発作よ!

Jack: What?!
 えっ?

Phoebe: I’m having another heart attack!! Call 911!!
 また心臓発作なのよ! 救急車呼んで!

Jack: Take it easy.
 落ち着いて。。

Phoebe: Dumb ass!
 バカ!

Woman: Hey, Pheebs! How’s it going?!
 あら、フィーブス、元気?

Phoebe: Well, they fired me and I’m having heart attack.
 クビにされて、また心臓発作よ。

Woman: Wow! Well, welcome back!
 ワオ! おかえり!

Phoebe: Yeah.
 ああ。

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Hi, Ross!
 ハーイ、ロス!

Ross: Hey, Rachel.
 やぁ、レイチェル。

Rachel: Is Joey Tribbiani here?
 ジョーイ・トリビアーニは?

Ross: Umm, no.
 いないよ。

Rachel: Well, if you see him, will you please tell him that I’m looking for him and that this I am not gonna throw up!
 もし彼に会ったら、私が探してるって伝えてくれる。そして、今度は吐かないって!

Ross: Are you okay?
 大丈夫?

Rachel: Me? I’m great! I’m fine! I’m so good!! But, you know who’s not great?! Men! You’re a man, right, Ross?!
 私? 大丈夫よ! 元気! 元気いっぱいよ! でも、ダメなのは誰かわかる? 男よ! あなたも男よね、ロス?

Ross: Yeah.
 うん。

Rachel: Sit down!
 座って!

Ross: Okay.
 わかった。

Rachel: Let me uh, let me ask you something, do wedding vows mean squat to you people?! And why is it that the second we tell you we’re going out of town, bam, there you are in bed with the neighbor’s dog walker?!
 ねぇ、聞かせて、結婚の誓いって、あなた達にとってただスクワットすることなわけ? 家をあけたとたんに、バン! となりのペットシッターとベッドに入らないといけないの?

Ross: We’re sorry.
 ごめんなさい。

Rachel: No, seriously! Seriously! What has happened to the sanctity of marriage?
 いえ、マジで、マジでよ! 結婚の神聖さはどうなっちゃってるのよ!

Ross: Didn’t you spend last night at Joey’s?
 君昨日ジョーイのところに泊まったんじゃなかった?

Rachel: Aw, what are you?! A detective?
 まぁ、あなた何よ? 探偵だとでも?

Ross: Look, I-I don’t know what’s going on with you and your husband and what is hopefully an adult dog walker, look can I just say not all men are like that.
 ねぇ、君のところがどうなってるかわからないけど、それに隣のペットシッターさんが成人であることを祈るけど、男が全員そうだってことじゃないよ。

Rachel: Oh.
 あら。

Ross: Hey! There are some men who will do whatever it takes to make their marriage work! Okay? There are some men who will stand by and-and watch as their wives engage in-in what only can be described as a twosome with some-some woman she barely knows from the gym!
 いいかい、結婚生活をうまくやっていこうとして、何でもしようとする男だっているんだ。妻が、ジムでちょっと知り合っただけの女性と、どう見ても2人プレイとしか思えないことをしてても、見守る男だっているんだ。

Rachel: Who are these men?
 それ誰のこと?

Ross: Just men. A guy I know.
 ただの男。僕の知り合いだよ。

Rachel: Well, you might want to tell him it sounds like his wife is gay.
 あなた、その人に、彼の奥さんはレズビアンだって言ってあげた方がいいかもね。

Ross: She is not. . . She’s gay. Oh, my God. She is so gay! I can’t believe this.
 彼女はそんな・・・レズビアンか。なんてことだ。彼女レズビアンなんだ! 信じられない。

Rachel: Good day for married people, huh?
 既婚者にとっていい日よね。

Ross: I’m sorry your husband cheated on you.
 君のご主人が浮気してたなんて気の毒にね。

Rachel: I’m sorry your wife is gay. I guess women aren’t that great either, huh.
 あなたの奥さんレズビアンで残念だったわね。女性もそうよくもないわね。

Ross: Try telling my wife that.
 僕の妻にそう教えてあげて。

《モニカとフィービーの部屋》

Chandler: Okay to come in?
 入ってもいい?

Monica: Yeah, come in, eat, whatever you want. Dr. Roger got beeped again.
 ええ。いいわよ。食べてもいいし、好きにして。ロジャーはまたポケベルで行っちゃったわ。

Chandler: Yeah, I know, guess who beeped him?
 ああ、知ってるよ。誰がポケベル鳴らしたと思う?

Monica: What?!
 え?

Chandler: I’m the ruptured spleen.
 脾臓破裂は僕だ。

Monica: Why would you do that?
 なんでそんなことしたの?

Chandler: Because you shouldn’t be with him. . . You should be with me.
 だって、彼とつきあうことないよ。俺とつきあってよ。

Monica: Really?
 本気?

Chandler: Yeah! When you were talking about Roger, that was killing me! Look, things like last night they don’t just happen. You know? At least not to me. Or with the other two women, in the morning you know I was just lying there and I couldn’t wait to just go hang out with my friends, but with you I was, you know, already with a friend.
 ああ! 君がロジャーのこと話してるのを聞いてつらかったよ。な、昨日の夜みたいなことはそう起きないよ。少なくとも俺には起きない。他の2人の女性とは、朝起きると、早く友達と遊びたいって思ってたよ。だけど、君とはさ、もう既に友達と一緒にいるわけだからさ。

Monica: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: I know you probably don’t want to go out with me, you know. I make too many jokes and I’ve never been in a serious relationship and I guess I’m not technically a "doctor…"
 俺とはつきあいたくないかもしれないけどさ。冗談ばっかり言ってるし、真剣なつきあいもしたことがないし、それに、ドクターでもないし・・

(モニカが駆け寄りキス)
Monica: There was just one woman, wasn’t there?
 1人しか経験ないんでしょ。

Chandler: No, there were two.
 いいや。2人だよ。

Monica: Including me?
 私も入れて2人ね?

Chandler: Oh, yeah.
 ああ、そうだよ。

《セントラルパーク:フィービーが歌っている》

Phoebe:It only takes two heart attacks to finally make you see…
One of them won’t do it, but the second one will set you free…
Tell all your hate and anger, it’s time to say good-bye…
And that is just what I will do, soon as those bastards I work for die!
La, la-la-la, la-la-la-la, la-la-la, la-la-la……
 心臓発作2回で十分よ
 1回ではわからない。でも、二度目であなたは自由になれる。
 憎しみも怒りも全部吐き出して、お別れ告げて
 私はそうするわ。あの上司の馬鹿者どもが死んだらね。
 ラララララ・・・


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:04| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。