2013年09月24日

6-15 The One That Could Have Been

6-15 もしもの世界の話 Part 1

 ☆空想世界でつかまえてPart 1☆

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Hey, you guys! Guess what? Barry and Mindy are getting a divorce!
 ねぇ、みんな、聞いてよ。バリーとミンディが離婚するんだって!

Monica: Oh, my God!
 まぁ!

Phoebe: Wow!
 あら!

Joey: What is the matter with you?!
 (ロスに)おまえはどうなってるんだ?

Phoebe: No! Barry and Mindy.
 違うわよ、バリーとミンディよ。

Joey: Oh, sorry, I hear divorce I immediately go to Ross. Who-who’s Barry and Mindy?
 あ、ごめん。離婚って聞くとロスって思っちゃって。バリーとミンディって誰?

Rachel: Barry was the guy that I was almost married and Mindy was my best friend.
 バリーは私が結婚するはずだった人で、ミンディは親友だった子よ。

Joey: Ohh-oh, wasn’t he cheating on you with her?
 ああ、彼って、その子と浮気してたんじゃなかった?

Rachel: Yeah, but that just means that he was falling asleep on top of her instead of me. God, could you imagine if I actually married him?! I mean how different would my life be?
 そう。だけど、私の上じゃなくて彼女の上で眠りこけちゃったってだけのことよ。ああ、もし彼と結婚してたらどうなってたのかしらね? 私の人生どんなになってたかしら?

Ross: I know what you mean, I’ve always wondered how different my life would be if-if I’d never gotten divorced.
 その気持ちわかるよ。僕も、もし離婚してなかったらどうなってたかと思うよ。

Phoebe: Which time?
 どの離婚?

Ross: The first time! No, seriously, imagine if Carol hadn’t realized she was a lesbian.
 一番最初の! ほんと、もしキャロルがレズビアンに目覚めなかったらどうなってたろう。

Joey: I can’t. I keep seeing it the good way.
 ・・できないな。楽しい方想像しちゃうよ。

Ross: I’d bet I’d still be doing my karate. Towards the end of our marriage I was doing a lot of karate as a way of releasing the tension from, you know, not doing anything else physical.
 まだカラーテしてただろうな。結婚の最後頃は、僕はいつもカラーテしてたからね。ほら、身体的に有り余るパワーを解放するためにさ。

Chandler: Maybe the problem was you were pronouncing it karate.
 問題はおまえのカラテの発音にあったのかもな。

Monica: And what if I was still fat? .. Well, you wouldn’t be dating me, that’s for sure.
 もし私が太ったままだったらどうなってたかしら? (チャンドラーに)あなたは私とつきあってないわね。それは確かよ。

Chandler: Sure I would!
 そんなことないよ!

All: Oh, yeah! Come on! Yeah, right!
 つきあってないね! ほんとほんと!

Chandler: What, you guys really think that I’m that shallow?
 何だよ、みんな、俺がそんな底の浅いやつだと思ってるわけ?

Ross: No, I just think Monica was that fat.
 違うよ。それほどモニカが太ってたって話だよ。

Joey: Hey, imagine if I never got fired off Days Of Our Lives! . . Oh, hey, there’s Carol again!
 なぁ、もし俺が「愛の病院日誌」を下ろされてなかったらどうなってたかな。(目を閉じる)あ、またキャロルが出てきた。

Chandler: What if I had had the guts to quit my job? I’d probably be writing for the New Yorker, being paid to be funny. But my job’s fun too! I mean, tomorrow, I-I don’t have to wear a tie.
 もし俺が仕事を辞める勇気があったら? ニューヨーカーで執筆してるかな。おもしろいことして収入を得てるんだ。でも今の仕事も楽しいぞ。明日なんてネクタイしなくてもいいし。

Phoebe: What if I had taken that job at Merrill Lynch?
 もし私がメリル・リンチで働いていたら?

Ross: What?!
 え?

Rachel: Merrill Lynch?
 メリル・リンチで?

Phoebe: Yeah, I had a massage client who worked there and-and he said I had a knack for stocks.
 ええ。マッサージのお客さんでそこの人がいて、私には株の素質があるって言われたのよ。

Rachel: Well, why didn’t you take the job?
 どうしてそこで働かなかったの?

Phoebe: Because at that time you see, I thought everything that rhymed was true. So I thought you know that if I’d work with stocks, I’d have to live in a box, and only eat lox, and have a pet fox.
 あの頃はね、韻を踏まないといけないって信じてたの。だからストックマーケットで働くなら、ボックスに住んで、ロックス(鮭)だけ食べて、フォックスを飼わないといけないと思ってたのよ。

Ross: Hey, do you guys think that if all those things happened, we’d still hang out?
 ねぇ、もしそういうことが実現したとして、僕らやっぱり友達でいるかな?

【空想世界の始まり】
《ニューススタンドで出会うロスとレイチェル》

Ross: Oh, my God! Rachel Green?
 驚いたな! レイチェル・グリーン?

Rachel: Rob Tillman!
 ロブ・ティルマン!

Ross: No-no. It’s-it’s me, Ross!
 いや、違うよ、僕、ロスだよ!

Rachel: Oh, I’m sorry. Ross Tillman.
 ああ、ごめんなさい、ロス・ティルマンね。

Ross: No, no-no, Ross Geller.
 いやいや、ロス・ゲラーだよ。

Rachel: Ohh, of course Monica’s brother!
 ああ、そうよね、モニカのおにいさんね!

Ross: Yeah. Right.
 ああ、そうだよ。

Rachel: Wow! How are you?!
 ワオ! 元気?

Ross: Good-good, I’m-I’m married.
 元気、元気だよ。結婚したんだ。

Rachel: Ohh! Me too!
 ああ、私もよ!

Ross: Is-isn’t it the best?
 最高だよね?

Rachel: Oh, it’s the best! . . So, umm how’s Monica?
 ほんと、最高ね。・・・それで、モニカは元気?

Ross: Oh, really, really great! Yeah! A-actually she’s right down the street, umm, do-do you know what? You should stop by and say hi.
 ああ、すごくすごく元気だよ。うん、そうだ、すぐそこにいるんだよ。ねぇ、寄っていって挨拶していかない?

Rachel: Ohh, I would love to.
 ああ、ぜひ行きたいわ!

Ross: Yeah? Oh-oh, she’d be so excited!
 そう? ああ、彼女喜ぶよ!

Rachel: Ohh! Okay!
 ああ、いいあね。

Ross: Come on!
 行こう!

Rachel: Oh, wait, don’t you have to pay for your, , Busty Ladies?
 あ、待って、あなた、その代金払わなくていいの、その、デカパイ・レディの?

Ross: No, it’s okay. Some-some kid asked me to pick it up for him, but I don’t…
 ああ、いいんだ。これは男の子に買ってくるように頼まれたんだけなんだから・・

Rachel: Oh, yeah?
 あらそう?

《セントラルパーク》

Joey: So Monica, still going out with Dr. Boring, huh?
 モニカ、まだあのつまんないドクターとつきあってるんだね?

Monica: He’s not boring! He’s just-he’s just low key.
 つまんなくないわよ! 彼はただ、控えめな人なのよ。

(モニカのボーイフレンドが飲み物を持って戻る)
Monica's Boyfriend: Here we go, one Hazelnut Latte.
 はい、ヘーゼルナッツ・ラテだよ。

Monica: Thanks.
 ありがと。

Monica's Boyfriend: Yeah. You know, the hazelnut actually not a nut, it’s a seed.
 ああ、ね、ヘーゼルナッツは実はナッツじゃなくて、タネなんだよ。

Joey: Wow!!
 わお。

Monica's Boyfriend: Can anyone else name a well known seed that’s been masquerading as a nut?
 他にも、タネなのに、ナッツだと思われてるものって知ってる人いる?

Joey: Oh, dear God, let me think.
 ああ、どうだろうな。

Chandler: Hey.
 やあ。。

Joey: Hey.
 ヘイ。

Monica: Oh, no! What’s the matter?
 あら、どうかしたの?

Chandler: Oh, I just got another rejection letter. They said my writing was funny, just not "Archie Comic funny."
 また断りの知らせが届いたんだ。俺の書いたものはおもしろいけど、「アーチー・コミック」に合わないって。

archiehearts.jpg

Monica's Boyfriend: You know what, honey? I got to get back to the hospital.
 ねぇ、病院へ戻らないといけないんだよ。

Monica: Okay.
 わかったわ。

Monica's Boyfriend: Okay.
 じゃあ。

Monica: Bye.
 バーイ。

Monica's Boyfriend: Bye-bye. . Oh, uh, by the way, the answer is, the Brazil nut.
 バイバイ! ・・そうそう、答えは、ブラジル・ナッツだよ。(出て行く)

Chandler: Was his question what’s more boring than him?
 彼より退屈なものは何かっていう問題?

Joey: Hey, man, look, sorry about that Archie thing. Do uh, do you need me to give you some money?
 なぁ、アーチーのことは残念だったな。金が必要じゃないのか?

Chandler: Hey, I may have no money, but I still have my pride.
 いや、金はないかもしれないが、プライドはまだあるんだ。

Joey: Really?
 ホント?

Chandler: Eh.
 いやー。。

Monica: Maybe Joey doesn’t have to give you the money, TV stars have assistants right?
 ジョーイ、お金渡さなくてもいいじゃない、テレビスターなんだからアシスタント雇えるでしょ?

Joey: That’s an idea! . .Hey, if I hired an assistant, would-would you take money from her?
 それはいいね! なぁ、もしアシスタントを雇えば、彼女がおまえに金を渡せばいいよな?

Monica: No, Joey! Chandler could be your assistant! See, he could answer all of your fan mail and stuff!
 違うわよ、ジョーイ! チャンドラーがあなたのアシスタントになればいいじゃない! あなたのファンレターの返事を書いたりすれば!

Joey: That’s great! That would be great! Let’s do that!
 それはいいな! それは本当、いいよ! そうしよう!

Chandler: I could use the money; it could give me time to write.
 金も手に入るし、書く時間もあるな。

Joey: Oh, right great! Welcome aboard!
 ああ、いいな! そうしよう!

Chandler: Okay!
 よし!

Joey: All right! Now hey, I need to use the bathroom. Since I don’t need any assistance in there, take a break!
 いいぞ。それじゃ、バスルームへ行くけど、そこではアシスタントいらないから、休んでてくれ!

Chandler: All right!
 わかった!

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey, Phoebe! Guess what?
 あら、フィービー! ね、聞いて!

Phoebe: What?
 なに?

Monica: Joey just hired Chandler to be his assistant!
 ジョーイがチャンドラーをアシスタントに雇ったのよ。

Phoebe: Ohh that’s so sweet! . . . Oh! Hang on! Hang on!!! . . .Go!! No! No-no! I said sell when it hits 50! 5-0, it’s a number! It comes after 4-9!! No, it’s okay. It’s okay, you’re allowed one mistake. Just kidding, you are of course fired.
 あら、いいじゃない!(携帯が鳴る)あっ、待って! (タバコに火をつける)待ってよ!(電話で)なに? いえいえ、違うわよ! 50になったら売れって行ったのよ。5、ゼロ。数字よ、4、9の後にくる数字! いえ、いいのよ。いいの。一回は間違いを許すわ。冗談よ。もちろんクビよ。

(ロスとレイチェルが来る)
Ross: Hey, Mon!
 やぁ、モン!

Monica: Hey!
 あら!

Ross: Mon, look who I ran into!
 モン、見て、偶然会ったんだ!

Monica: Oh, my God! Rachel!! . . You look terrific!
 オーマイゴッド! レイチェル! 素敵ね!

Rachel: Ohh, so do you! Did you lose weight?
 ああ、あなたもよ! やせた?

Monica: You are so sweet to notice! Yes, I lost three and a half pounds!
 やさしいのね、気づいてくれるなんて! ええ、3,5ポンドやせたのよ!

Ross: And, and uh, you-you remember my friend Chandler.
 それから、友達のチャンドラーは覚えてるよね。

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Rachel: Oh, yeah.
 ああ、ええ。

Ross: And that’s Phoebe over there!
 そちらにいるのがフィービー。

Phoebe: Hi!
 ハーイ!

Monica: Oh, my God, sit down! Sit down! How long as it been since we’ve seen each other?
 ああ、ねぇ、座って、座って! 前に会ったのはいつだったかしら?

Ross: 1987, the day after Christmas, at Sean McMahan’s party. I played you one of my songs, you know, "Interplanetary Courtship Ritual."
 1987年のクリスマス、ショーン・マクマハンのパーティ以来だよ。僕の曲を演奏したんだ。ほら、「惑星間の求愛儀式」をね。

Rachel: Oh, yeah. Right. So now, are−do you, do you still do music?
 ああ、そうね。それで、あなたは、今も音楽を?

Ross: Sometimes, you should come over sometime! I’ll play you one of my other…
 たまにね。いつか、君も来てよ、僕また演奏するから・・(ジョーイがバスルームから戻る)

Rachel: Oh, my God! Joey Tribbiani from Days of Our Lives, just walked in here!
 オーマイゴッド! 「愛の病院日誌」のジョーイ・トリビアーニが来たわ!

Monica: Rach, he’s a friend of ours.
 レイチ、彼、友達なのよ。

Rachel: You are friends with Dr. Drake Ramoray?
 ドクター・ドレイク・ラモーレの友達なの?

Chandler: Well, it’s kinda hard to be friends with Drake because of his busy schedule and the fact that he’s not real.
 ドレイクと友達になるのは難しいな。彼はスケジュールがつまってるし、実在の人物じゃないしね。

Ross: Hey-hey, or I could bring my keyboard here sometime!
 ねぇ、それか、僕がここにキーボードを持ってきてもいいんだよ!

Rachel: He’s coming over! He’s coming over!
 彼がこっちへ来るわ! こっちへ来る!

Monica: Joey!
 ジョーイ!

Joey: I know, here-here!!
 わかってるよ、ほら、はい!(手にした食べ物の皿を差し出す)

Monica: Ohhh! No! This is my friend Rachel, we went to High School together.
 ああ! 違うわよ。こちら、私の友達のレイチェルよ。高校の友達なの。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Joey: Hi!
 やぁ!(握手)

Rachel: Hi! I love you on that show! I watch you everyday! I mean, when you took out your own kidney to save your ex-wife even though she tired to kill you…
 ハーイ・・あの番組のあなたが大好きなんです。毎日見てるわ。あの、自分を殺そうとした元奥さんの命を救うために、あなたが自分の腎臓をあげた時なんて・・

Joey: Well, it’s always nice to meet the fans.
 いや、ファンに会えるのはいつでもいいもんだね。

Rachel: Ah!
 ああ!

Joey: She’s not crazy is she?
 (モニカに囁く)彼女、頭おかしくないよね?

Monica: No.
 ええ。

Joey: So uh, how you doin’?
 それで、元気ぃ?

《モニカとフィービーの部屋:フィービーの携帯が鳴る》

Phoebe: Hang on! Hang on! Hang on! . . Go!! Who’s this? . .Oh, okay, you’re gonna like working for me. What’s your name? . . What kind of name is Brendy? I… Whatever… Stop talking! All right, from now on your name is Joan. You can pick your own last name.
 (タバコの火をつけながら)待って! 待って! 待って!(電話で)なに? 誰? ああ、私のところで働きたいのね。名前は? ブレンディってどんな名前よ? 私は・・なんでも・・しゃべらないで! いいわ、これからあなたの名前はジョーンよ。名字は好きにして。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, there you are!
 ああ、ここにいたな!

Chandler: Uh-oh, it’s my boss!
 あっ、俺のボスだな!

Joey: All right, here’s a list of things for you to do today. Man, this going to be so great! Thank you so much! All right, I got to go to work I’m delivering twins today, but only one of them is mine!
 ほら、今日やってほしいことのリストだ。ああ、これは助かるよ。本当ありがとう。さて、仕事に行かないと。今日は双子のお産があるんだ。でも、そのうち1人は、俺の子なんだ!(出て行く)

Chandler: Drop off my dry cleaning. Pick up my vitamins. Teach me how to spell vitamins. Wear in my new jeans.
 (リストを読む)クリーニングに出す。ビタミン剤を買ってくる。ビタミンのスペルを教える。ジーンズをはきならす。

Monica: You realize what you are, don’t you?
 あなたって何かわかる?

Chandler: What?
 なに?

Monica: You’re his bitch.
 彼の女よ。

Phoebe: No-no!! No!!
 (部屋から声がする)ダメ! ダメ、ダメよ!

Monica: Oh, wait! You didn’t just sit on my KitKats did you?!!
 なに、待って! 私のキットカットの上に座っちゃったの?!

Phoebe: No! There-there was a little, a little diff in the market and I lost 13 million dollars.
 違うわ! ちょっと市場で予定が狂って1300万ドルの損を出したのよ!

Chandler: But the KitKats are all right?!
 でもキットカットは大丈夫?

Phoebe: What am I gonna do?! What am I gonna do?! I can’t call my office they’ll kill me! I can’t call my clients they’ll kill themselves! Great, now my chest hearts.
 私どうしたらいいの? どうしよう? 会社に電話できないわよ。殺されるわ! クライアントに電話したらみんな自殺しちゃう! ああ、胸が痛いわ。

Monica: What?!
 なんですって?

Phoebe: My chest hurts! Oh, and now I-I can’t breathe.
 胸が痛い! ああ、息もできないわ。

Chandler: Phoebe, are you having a heart attack?!
 フィービー、心臓発作じゃないの?

Phoebe: Oh, if I were, would-would I have shooting pains up and down my left arm?
 ああ、もしそうなら、左腕を走る痛みがある?

Monica: Yes!!
 そうよ!

Phoebe: Then yes, that is what I’m having.
 それじゃそうよ。心臓発作だわ。

Monica: Oh, my God!
 まぁ、どうしよう!

《フィービーの病室》

Ross: Come on, Pheebs, it’s not that bad! You know most people would be excited if they didn’t have to work for a couple of weeks.
 なぁ、フィーブス、そんなひどいことじゃないよ。たいていの人は、2週間も休めたら喜ぶよ。

Phoebe: Most people don’t like their jobs, I love my job! I have not been working for three hours and I’m already going crazy. I miss Joan.
 たいていの人は仕事が好きじゃないのよ。私は仕事が好きなの! もう3時間働いてなくて、おかしくなりそう。ジョーンが恋しい。

Monica: Honey, having a heart attack is nature’s way of telling you to slow it down.
 ねぇ、心臓発作が起きたってことは、休めという意味なのよ。

Chandler: I always thought having a heart attack was nature’s way of telling you to die! But you’re not gonna die. I mean, you are going to die, but you’re not gonna die today. I wish I was dead.
 心臓発作があったら、それは死ぬっていう意味かと思ってたよ。・・あ、でも君は死ぬわけじゃないよ。いや、死ぬけど、今日死ぬってことじゃなくて・・俺が死んじゃいたい。

Monica: Let’s take a walk. . . You know maybe you should consider writing for Talking Out of Your Ass magazine!
 散歩しましょ(外へ連れ出す)あなた、「バカなこと言っちゃう」マガジンに書いた方がいいんじゃないの。

Phoebe: So what’s going on with you?
 (ロスに)それで、最近どうなの?

Ross: Well umm, I’ve been doing a lot more of my karate.
 うん、カラテばっかりしてるよ。

Phoebe: Still going through that dry spell with Carol?
 それじゃまだキャロルとはナシなのね?

Ross: Yeah.
 ああ。

Phoebe: How long has it been since you had sex?
 最後にセックスしてからどれくらい?

Ross: Well, last weekend…
 えと、先週・・

Phoebe: Oh, that’s not so bad.
 そんなにひどくないのね。

Ross: …will be two months…
 で2ヶ月になる

Phoebe: That is.
 そうか。

Ross: …since I stopped trying.
 誘うのをやめてから。

Phoebe: Maybe you need to spice things up a little.
 何か刺激が必要なんじゃないの。

Ross: What-what do you mean?
 どういうこと?

Phoebe: I don’t know. You could tie her up, she could tie you up; you could eat stuff off each other…
 なんていうか。彼女を縛ったり、縛られたり。彼女の上に何か置いて食べたり。

Ross: Oh.
 おお。

Phoebe: You know, dirty talk, ménage à trois, toys…
 それから、わいせつトークとか、3人プレイとか、おもちゃ。。

Ross: Wow!
 ワオ・・

Phoebe: Roll playing… You could be the warden; she could be the prisoner. You could be the pirate; she could be the wench!
 ロールプレイとか。あなたが看守で彼女が囚人とかね。あなたが海賊で彼女が若い娘とか。

Ross: Okay, I think I got it.
 ああ、わかったよ。

Phoebe: Yeah! Or too, you could be two stockbrokers and you’re-you’re rolling around naked on the trading floor and everybody’s watching! . . It never happened.
 そうよ。それか、こんなのも。2人のストックブローカーになって、市場の床で裸で転げ回って、みんなが見てるのよ。・・・そんな事実はないわよ。

《撮影スタジオ》

Joey: All right, and over there is Brady’s Pub where I like to unwind after a long day of "surgeoning."
 いいかい、あれがブレディのパブ。俺が手術で疲れた後にリラックスするところだ。

Rachel: Wow! This is so amazing! What else? What else?
 ワオ。すごいわぁ! ほかには、ほかには?

Joey: Well, that is a large piece of television equipment. And uh that is an old man! Hey, old man!
 あれはテレビの大きな機材。そしてあれがおじいさん! やぁ、おじいさん!

Rachel: Hey!
 ヘイ!

Joey: All righty, what do you say we head back to my place?
 さぁ、俺の家に行くかい?

Rachel: Wow! Umm, you know, I-I would really love to, but I-I shouldn’t.
 ワオ! 本当、そうしたいけど、でもそれはいけないわよね。

Joey: Why? Why can’t the world stop turning, just for a moment? Just for us?
 どうして? どうして世界は止まらないんだろう、少しの間だけでも、僕らのために?

Rachel: Isn’t that a line from the show?!
 それって番組のセリフよね?

Joey: Uh, Yeah, but uh, I may have said those things before but, I never truly meant them. Until now.
 あー、そうだけど・・でも、前にも言ったことはあるけれど、本心から言ったことはないよ。今まではね。

Rachel: That’s a line from the show too!
 それもドラマのセリフだわ!

Joey: Okay, you watch too much TV.
 君テレビの見過ぎ!

Chandler: Here you go, Joe, here’s the freshly squeezed orange juice you asked for.
 はい、ジョー、頼まれてた、新鮮な絞り立てジュースだよ。

Joey: Thanks! Yeah, there’s pulp in that.
 ありがと! ちょっと、これ粒入りだぞ。

Chandler: Yeah?
 それが?

Joey: I thought we talked about this. I don’t like pulp. No pulp. Pulp isn’t juice. All juice, okay?
 これ話したと思うんだけどな。粒は嫌いなんだよ。粒はダメ。粒はジュースじゃない。全部ジュースでないと。な?

Chandler: I’m sorry, I guess I just like the pulp.
 悪かったよ。俺は粒が好きなんだな。

Joey: Oh, my God, I’m sorry, I’m being so rude.. . Rachel, would you like a soda or something? Because Chandler would run right out and get it.
 ああ、悪かったよ。失礼だったよな。(自分に対してという意味だと思うチャンドラー)レイチェル、ソーダが何か欲しい? チャンドラーがすぐ持ってくるから。

Rachel: Yeah, sure, iced tea would be great.
 ああ、そうね、アイスティーがいいわ。

Joey: Iced tea.
 アイスティーを。

Chandler: Okay, anything for you, sir?
 わかったよ。あなたは何がいいですか?

Joey: Did I not just tell him? . . Okay look, Chandler, if this is gonna work, you have got to listen! . . You’re gonna throw that juice at me, aren’t ya?
 (レイチェルに)俺たった今言ったよな? なぁ、チャンドラー、これでわからないなら、おまえ、ちゃんと聞けよ!(チャンドラーに睨まれ)そのジュース俺にかける気?

Chandler: It’s not all juice!
 粒入りだけど!

《ロスの部屋》

Ross: So honey, this morning was fun, huh? Me hopping in on you in the shower there.
 ねぇ、今朝はおもしろかったよね? 君がシャワーを浴びてるところに僕入って行っちゃって。

Carol: Yeah! And maybe someday we could get a place with two bathrooms.
 ええ。いつか、2つバスルームのある家に越したいわ。

Ross: Look, Carol umm, I was, I was thinking maybe uh, maybe we can spice things up a little.
 ねぇ、キャロル、考えたんだけど、僕らちょっと刺激が必要じゃないかな。

Carol: What do you mean?
 どういうこと?

Ross: Carol, our sex life−it’s just not working…
 キャロル、僕らの性生活だけど、うまくいってなくて・・

(ベンが来る)
Ben: Dad!!
 パパ!

Ross: Hey there, little fella! Hey, uh-hey, why don’t we get some shoes on ya, huh? Hey, why don’t you show dad how you can put your shoes on, in your room! Yay!!
 やぁ、ちびっ子ちゃん! ヘーイ! ね、靴を履こうよ、ね! 部屋へ行って、靴を履いてきて見せてくれないかな! イエーイ!

Ben: Yay!
 イエーイ!(走っていく)

Ross: Yay! Seriously, our sex life… I was thinking, maybe I don’t know, we could try some-some new things. You know? For fun?
 イエーイ!(妻に)マジで、僕らの性生活だけど、考えたんだけど、どうかな。何か、新しいことを試したら? ね? 楽しいだろ?

Carol: Like what?
 たとえばどんな?

Ross: Well, I don’t know umm, what if we were to tie each other up?. . Umm, some people eat stuff off one another. . .Yeah! Umm, you know, we-we could try dirty talk? . . Umm, we could, we could have a threesome.
 そうだな、えっと・・お互いを縛り合うとか? うーん、お互いの体の上から何か食べるとか。。そうだよね! あー、ダーティ・トークをしてみるとか? それから・・3人プレイとか。

Carol: I love that idea!
 それいいわね!

《モニカとフィービーの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Who sold a story to Archie Comics?!
 アーチー・コミックに話が売れた人がいるぞ!

Monica: Oh, my God! That’s so great! Oh, wow! You’re a published writer! I wish I had a present for you!
 まあ、素敵! すごいじゃないの! ああ!(ハグ)あなたもプロのライターね! 何かプレゼントできたらいいんだけど!

Chandler: Aww.
 ああ!

Monica: Wait a minute! . . My last KitKat bar!
 待って。(ポケットから出して)最後のキットカットよ!

(受け取ろうとするが、離さないモニカ)
Chandler: You wanna share it?
 分ける?

Monica: Okay!!
 オーケー!

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やぁ!

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Joey: Chandler, look, I know you’re mad, but I just want to say I’m sorry. I-I was a total jerk. Completely over the line. Uh, I just I hate pulp! You know? I mean, you know how Monica feels about low fat mayonnaise?
 チャンドラー、怒ってるよな。悪かったよ。俺が悪かった。行き過ぎだったよ。とにかく、俺は粒が嫌いなんだよ! ほら、モニカも低脂肪マヨネーズが嫌いだろ?

Monica: It’s not mayonnaise!!
 あれはマヨネーズじゃない!

Joey: Yeah, okay, anyway, I just wanted to say I’m sorry. Here.
 ああ、わかった。とにかく、あやまりたくてさ。ほら。

Chandler: What’s this?
 これは何?

Joey: Fresh squeezed orange juice, with pulp! Just the way you like it.
 新鮮な絞り立てのオレンジジュースだ。粒入りのね! 君の好きなのだよ。

Chandler: Aww, thanks man.
 ああ、ありがとう。(ハグ)

Monica: Hey, Joey, Chandler sold a story to Archie Comics!
 ねぇ、ジョーイ、チャンドラーがアーチーコミックスにストーリーを採用されたのよ。

Joey: Oh, my God! That’s great! Congratulations! What’s the story?!
 わお、それはすごいな! すごいじゃないか! おめでとう! どういう話?

Chandler: Oh, you wouldn’t uh, care. It’s just a stupid comic book story.
 いや、君そんなのいいだろ。バカなコミックの話だよ。

Joey: Are you kidding me?! I love Archie! And the whole gang!
 冗談だろ? 俺アーチー大好きなんだよ。出てくるみんなね!

Chandler: Well uh, Archie needs money to fix his jalopy. Uh but he doesn’t want Reggie to just give him the money. So Reggie hires him as his assist−as his butler. And then makes him do all these crazy things like bring him milkshakes that can’t have lumps in them.
 いや、アーチーがあのポンコツ車を直す金が必要になるんだ。だけど、レジーにただ金を出してもらうのがイヤなんだな。それでレジーは彼をアシス・・執事として雇うんだ。それでいろいろおかしなことを頼んだりして・・固まりの入ってないミルクシェイクを持ってこいとかさ。

Joey: Wait a minute. That sounds a little familiar. Did they already do that one? ‘Cause I think I read it!
 ちょっと待てよ。なんか聞いたような話だな。一回そんなのなかったか? 読んだ気がするぞ!

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Oh, Mon, listen, I have to ask! Okay, Joey Tribbiani invited me back to his apartment. Now does he do this with a lot of girls?
 あ、モン、ねぇ、聞きたいことがあるの。ね、ジョーイ・トリビアーニに、部屋に誘われたのよ。彼ってよくそういうことするの?

Monica: Yeah, a lot. A lot, a lot!
 ええ、よくするわよ。すごくよくするわ。

Rachel: Ohh! And I’m one of them!! Wow! Oh, I just cannot believe this! I mean, Joey Tribbiani!
 わぁ! 私もその1人なのね! ワオ! ああ、信じられないわ。ジョーイ・トリビアーニなのよ!

Monica: Well, you know it’s none of my business, but aren’t you married?
 ね、私の問題じゃないけど、あなた結婚してるんじゃないの?

Rachel: Yeah. Oh, I just wish we could not be married for a little bit. You know, I just wish we could be like on a break!
 ええ。ああ、ほんのちょっとの間結婚してないってことにならないかしら。ほら、ちょっと別れてるとかね!

Monica: Well, you’re not.
 でも違うわよね。

Rachel: Oh, it’s so easy for you. I mean, you’re not married, you get to have sex with whoever you want!
 ああ、あなたはいいわよね。あなたは結婚してないし、誰とでもしたい相手とセックスできるのよね。

Monica: Yeah, I can! And don’t think I don’t, because I do! I mean all the time, you betcha!
 ええ、そうよ。できないとは思わないでね、できるんだから。いつもしてることなんだからね、ほんと!

Rachel: Monica. You’ve, you’ve done it, right?
 モニカ、あなた、したことあるわよね?

Monica: Of course I have! What do you think, I’m some 30 year old virgin?
 もちろんよ! 何だと思うの、私が30歳のバージンだとでも?

Rachel: Oh, my God! You’re a 30 year old virgin!
 オーマイゴッド! あなた30歳のバージンなのね!

Monica: Say it louder, I don’t think the guy all the way in the back heard you!
 そんな大声で! 後ろにいる男があなたのいうこと聞いちゃうわよ!

Guy All the Way in the Back: Yeah, I heard it.
 ああ、聞こえたよ!

Monica: It’s not like, I haven’t any opportunities. I mean, you know, I’m just waiting for the perfect guy. I’m seeing this guy Roger, all right? He’s not perfect, but umm, I think maybe I should just get it over with. You know, give him my flower.
 チャンスがなかったっていうわけじゃないのよ。私はただ、完璧な人を待っていたのよ。ロジャーっていう人とつきあってるのよ。彼は完璧ではないけどね、でも、これで乗り越えると思うの。ほら、彼に私のお花を捧げるの。

Rachel: Oh, my God!! Do it!! Honey, you’ve waited long enough!!
 ああ、勘弁して! ね、もう十分待ったわよ!

Monica: You know what? You are right?!
 ねぇ、そうよね!

Rachel: Yes!! I mean sex does not have to be a big deal! There shouldn’t be all this rules and restrictions! You know, people should be able to sleep with whoever they want, whenever…
 そう! セックスなんて、そうたいしたことじゃないのよ。こんなにいろいろルールとか制限なんてなくていいのよ。ね、誰とでもいつでも寝ていいんだわ。

Monica: Rachel! I’m never gonna think it’s okay for you to cheat on your husband!
 レイチェル! あなたがご主人を裏切っていいとは思わないわ。

Rachel: Oh, what do you know? Virgin!
 もう、あなたに何がわかるのよ、バージン!

《フィービーの病室;フィービーはバスルーム》

Monica: Phoebe, why is smoke coming out of the bathroom?!
 フィービー、どうしてバスルームから煙が出てくるの?

Phoebe: Oh, yeah, the doctor said that could be one of the side effects.
 ああ、先生が、これは薬の副作用ですって。

Monica: Phoebe! Put that cigarette out!
 フィービー! タバコを消しなさい!

Phoebe: No! It’s not a cigarette! The smoke is coming out of me!
 違うわよ、タバコじゃないわ! 私から煙が出てるのよ!

Monica: Put it out!!
 消して!

Phoebe: Okay! Okay! . . I’m so glad you’re here.
 わかった、わかったわよ。(バスルームから出てくる)来てくれてうれしいわ。

Ross: Come on. . . . I got it.
 (寝かせる)ほら・・(フィービーの携帯が鳴る)出るよ。

Phoebe: Oh, give it to me.
 あら、ちょうだい。

Ross: I got it!
 僕が出る!

Phoebe: Give it!
 ちょうだい!(キエー!といって阻止するロス)

Ross: Hello? . . No, she can’t come to the phone right now. . . Oh, right, no problem. Okay, bye-bye.
 もしもし? いえ、彼女は今電話に出られないんです。・・・ああ、はい。わかりました。はい、バイバイ・・

Phoebe: Was it my work? Were they mad? Was it Jack? Did he yell?!
 会社からだった? 怒ってた? ジャックだった? 怒鳴ってた?

Ross: Just relax, nobody yelled. Jack just was calling to make sure that you were getting better.
 リラックスして、誰もどなってないよ。ジャックは、君がよくなってるか確かめたかっただけだよ。

Phoebe: Thank God.
 ああよかった。

Ross: Yeah, she’s fired.
 (モニカに)彼女クビだって。

《レイチェルの自宅:愛の病院日誌を見るレイチェル》

Nurse: You’ve done all you can Dr. Wesley. You've got to let her go.
 (TV)ドクター・ウェズリー、もう十分なさいましたわ。もうあきらるしかないんです。

Dr. Wesley: Good-bye and Godspeed, Hope Brady.
 (TV)さようなら、神の祝福を、ホープ・ブレディ。

(機械をとめようとするが、ドクター・ドレイク・ラモーレが警官を伴ってくる)

Dr. Drake Remoray: Not so fast, Wesley!
 (TV)まだ早いぞ、ウェズリー!

Dr. Wesley: Ramoray!
 (TV)ラモーレ!

Dr. Drake Remoray: That’s right, Wesley! I just stopped by to say that, you’re not a real doctor! And that woman’s brain, is fine!
 (TV)そうとも、ウェズリー! これを言いにきたのだ。君は本当の医者じゃない! そして、その女性の脳には、問題がないとね!

Rachel: Oh! Thank God!
 ああ、よかった!

(テレビではドクター・ウェズリーが警官に連れ出される)

Dr. Drake Ramoray: Hope! Hope!
 (TV)ホープ! ホープ!

Hope: Drake!
 (TV)ドレイク!

Dr. Drake Ramoray: You’re not dying, Hope, you’re gonna live a long, healthy life. With me.
 (TV)君は死なないよ、ホープ。君はいつまでも、元気に暮らすんだ。僕と一緒に。

Hope: Oh, Drake.
 (TV)ああ、ドレイク。(キス)

Rachel: Okay! . . Here we go! Okay! . . Hi, Joey! It’s Rachel! Umm, I am free tomorrow night. Yeah, sure, sure. I can bring some sandwiches.
 いいわ。(電話を取りダイヤルする)さあ、かけるわよ。ええ。(電話で)ハーイ、ジョーイ! レイチェルよ。私、明日の夜、あいてるわ。ええ、ええ、いいわよ。サンドイッチもって行くわ。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 14:41| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。