2013年09月22日

6-14 The One Where Chandler Can’t Cry

6-14 泣けないチャンドラーの話

 ☆泣けないチャンドラー☆

《モニカ達の部屋:外を見るレイチェル・ジョーイが来る》

Joey: Oh, uh, hey, Rach. I uh, I was just coming over here to uh… Oh, wait, I don’t have to lie to you, you don’t live here anymore. Uh, I’m eating their food. What are you doing?
 あっ、レイチェル、俺はその・・ここに来たのは・・あ、いや君ここにもう住んでないんだからウソつかなくてもいいんだな。ここに食べに来てるんだけど、君何してるの?

Rachel: Ross is on a date with my sister and they shut the drapes two and a-half-hours ago.
 ロスが私の妹とデートなんだけど、2時間半前からカーテンをしめたままなの。

Joey: Whoa, I didn’t know we could date your sister!
 えー。君の妹とデートしてもいいなんて知らなかったよ!

(モニカとチャンドラーが寝室から出てくるとジョーイがチップスを後ろに隠すので)

Monica: Joey, we know you steal our food.
 ジョーイ、食べ物取りに来てるの知ってるわよ。

(ジョーイがチップスをチャンドラーに勧める)
Chandler: I’m good.
 いいよ。

Monica: Oh, are the drapes still closed, hon?
 あら、まだカーテン閉じたままなの?

Rachel: Yeah. And you know who should’ve shut their drapes? Is that perverted old couple two doors over.
 そうなの。カーテン閉じてほしい人もいるのよ。2つ隣の、あの年取った変態カップル。

Chandler: Is that a swing?
 あれブランコ?

Rachel: Oh, don’t even ask!
 やだ、聞かないで!

Chandler: Yuck!
 ウエッ!

Joey: I can’t believe Ross is going out with Rachel’s sister! When Chandler made out with my sister I was mad at him for 10 years.
 ロスがレイチェルの妹とデートするなんて! チャンドラーが俺の妹とやっちゃって、俺は10年間怒り続けているのに。

Chandler: That was like 5 years ago.
 あれ5年前のことだぞ。

Joey: Yeah, you got 5 years left!
 ああ、まだ5年あるんだぞ!

Chandler: Joey…
 ジョーイ・・

Joey: You wanna make it 6?!
 6年にしてほしいか?!

《セントラルパーク:レイチェルが来る》

Rachel: Oh, Ross, hi! Hey, how are you? There you are!
 あら、ロス、ハーイ! 元気? ここいいたのね!

Ross: Hey!
 ヘイ!

Rachel: I’ll take a coffee. So how was your big date last night?
 (ガンターに)コーヒーちょうだい。(ロスに)昨日のデートどうだった?

Ross: Uhh, it was okay. Yeah, it was fun.
 うん、よかったよ。楽しかった。

Rachel: Yeah, fun? Great! So uh, so did you guys hit it off?
 そう、楽しかった? よかったわね! それで、どう? うまくいったの?

Ross: I guess so.
 まぁね。

Rachel: So uh, so did anything happen? Because rumor has it you guys shut the drapes!
 それで、何かあった? 噂では、カーテン閉じてたっていうじゃない。

Ross: No. No. Nothing happened. I shut the drapes to uh, show her slides of my favorite fossils.
 いや、いや。何も起きてないよ。カーテン閉じたのは、僕のお気に入りの化石のスライドを見せるためだよ。

Rachel: Oh, slides. So really nothing happened.
 ああ、スライドね。それじゃ本当に何もなかったのね。

Ross: Something could’ve happened. All right? She-she really dug my slides. And-and she was definitely giving me the vibe.
 何か起きても不思議はない感じだったよ。彼女本当に僕のスライドを気に入ってくれたし。それに、彼女間違いなく、僕に何かを感じてくれてたよね。

Rachel: Right. Was it the, "Please don’t show me another picture of a trilobite vibe?"
 そう。それって「お願い、もうこれ以上三葉虫見せないで」ってやつ?

Ross: Anyway, if she, if she wasn’t in to me, why-why would she ask me out again?
 とにかく、彼女が僕を気に入ってないなら、また誘うわけないだろ?

Rachel: She asked-asked you out again?
 あら、彼女またあなたを誘ったの?

Ross: Yeah-uh-huh. Tomorrow night, Valentine’s Day, the most romantic day of the year. Who knows what could happen? I might not be shutting my drapes to show her my slides, if you know what I mean.
 そうだよ。明日の夜、バレンタインデーだよ。一年でもっともロマンチックな日だ。何が起きるかわからないよね。今度はカーテンを閉じるのもスライドを見せるためじゃないからもしれないね、意味わかるだろ。

Rachel: Okay-okay-okay-okay-okay-okay-okay! I got it! I got it! I got it! I can’t! I can’t! I can’t! I cannot go with you and my sister thing. Okay? I just can’t. It’s just too weird, all right? I imagine the two of you together and I freak out. It freaks me out. I can’t do it! I can’t do it.
 わかった、わかった、わかった、わかった、わかった、もういいわよ、もういい、無理! 無理! 無理! あなたと妹がデートなんて私無理よ、いい? 無理なのよ。もうすっごい変な感じよ、あなた達2人が一緒にいるなんて、どうかなりそう、とにかくどうかなりそう、無理! 無理よ!

Ross: Okay! Okay! Okay! It’s okay. It’s okay. Hey, it’s too weird for you, I won’t see her again.
 わかった、わかった、わかった、わかったよ。いいよ。君にとってイヤなことだったら、もう彼女と会わないよ。

Rachel: Thank you. I…yeah.
 ありがとう・・ああ。

Ross: I mean after tomorrow night.
 明日のデート以降はね。

Rachel: No-no-no! No-no-no! Please Ross, I can’t! I can’t do it! It’s just gonna freak me out!!!
 ダメダメダメ! ダメダメダメ! お願いよ、ロス、無理、無理なの! もうとにかくダメなのよ!!

Ross: Okay! Okay! Ooh-hey-hey-hey! Okay! Okay! Okay! I’ll-I’ll tell her tonight I can’t see her anymore.
 わかった、わかったよ! ね、いい、いい。わかった、わかったよ。今夜彼女に、もう会わないって言うよ。

Rachel: Ross, thanks.
 ロス、ありがと。

Ross: You want me to call her right now?
 今すぐ電話して欲しい?

Rachel: Oh, no! No! No-no-no-no! No, I mean come on that’s-that’s crazy−I mean, that’s crazy. So what’s-what’s going on with you? What is going on with you?
 あら、いいのよ。いえいえいえいえ! いいのよ。そんなのおかしいわよ。それはおかしいわ。・・それで・・最近どう? あなた最近どうなの?

Ross: Well umm, oh! I may be teaching another class this semester!
 うん、そうだな・・そうだ! また来期も大学で教えるかもしれないよ!

Rachel: Yeah, do it now, call right now.
 ええ、すぐ電話して。今すぐ電話して!

《モニカ達の部屋、みんなでETを見ている》

Monica: This is my favorite part.
 この場面好きだわ(涙)

Phoebe: Yeah, me too. Oh, you know what’s sadder than this? Bambi. I cried for three days with that movie. No wait two! Because on the third day my mother killed herself so I was partly crying for that.
 ええ、私も(涙)・・あ、これより悲しいの知ってる? バンビよ。あの映画を見て3日間泣いたわ。あ、違う、2日ね。3日目にはママが自殺したから、泣いたのはそのせいもあるわ。

Chandler: Well, see now that I can see crying over, but Bambi is a cartoon!
 うーん、今泣くのはわかるけど、だけどバンビはアニメだぞ。

Joey: You didn’t cry when Bambi’s mother died?
 (涙)バンビのおかあさんが死んだとき泣かなかったのか?

Chandler: Yes, it was very sad when the guy stopped drawing the deer!
 そうだな、アニメーターが鹿を書くのをやめたのが悲しいよな。

Monica: Chandler, there’s nothing wrong with crying! You don’t have to be so macho all the time.
 チャンドラー、泣くのは何も悪いことじゃないわ。そんないつもマッチョでいることないのよ。

Chandler: I’m not macho.
 俺はマッチョじゃないよ。

Monica: Yeah you’re right. I don’t know what I was thinking.
 そうよね。なんであんなこと言ったのかしら。

Chandler: No, I guess I just never really cried. You know? I’m not a crying kind of guy.
 俺はとにかく泣かないんだよ。泣くようなやつじゃないってことだよ。

Joey: Come on, man, there’s gotta be something that gets you choked up! Like uh, uh oh, what if you saw a three-legged puppy?
 そんなバカな。何かで泣くことはあるだろう! たとえば・・もし、足が3本しかない子犬を見たらどうだ?

Chandler: I’d be sad sure, but I wouldn’t cry.
 そりゃ悲しいとは思うけど、でも泣きはしないよ。

Joey: Okay, what if the puppy said, "Help me, Chandler. All the other puppies pick on me."
 じゃあ、その子犬が「助けて、チャンドラー、ほかの子犬達がいじめるんだ」って言ったら?

Chandler: Cry?! I just found a talking puppy, I’m rich!
 泣くか?! 口をきくイヌを見つけたんだぞ。金持ちになれる!

Monica: Oh, I’ve got it! I have got it! .. Pictures from your childhood. This will get you going good!
 あ、わかった、わかったわ! (アルバムを出してくる)子供の時の写真よ。これならきっと泣けるかも。

Phoebe: All right, what’s going on there?
 ほら、これは何?(指差す)

Chandler: Oh, that’s Parent’s Day, first grade. That’s me with the janitor Martin.
 それは1年生の時の、両親の日だよ。それは、俺と、うちの使用人のマーティンだ。

Monica: Where were your parents?
 あなたの両親は?

Chandler: Oh, they didn’t want to come!
 ああ、来たくなかったんだよ。

Phoebe: Oh, Chandler!
 まぁ、チャンドラー!

Monica: Poor thing!
 かわいそうに!

Phoebe: So that story doesn’t make you cry?
 それでもあなた泣かないの?

Chandler: No! Look, I don’t cry! It’s not a big deal! Okay?!
 いいや。泣かないって。たいしたことじゃないだろ?

Joey: No! It’s not okay! It’s not okay at all!! You’re dead inside!!
 そんなことない! よくない! まったくよくない! おまえは中身が死んでる!

《セントラルパーク》

The Fan: Excuse me.
 (フィービーに)ちょっとすみません。

Phoebe: Yeah?
 はい?

The Fan: Are you Phoebe Buffay?
 あなた、フィービー・ブフェ?

Phoebe: Yeah.
 そうよ。

The Fan: Can-can I get your autograph, I’m your biggest fan.
 サインもらえませんか あなたの大ファンなんですよ。

Phoebe: Oh, you’re my biggest fan? I’ve always wanted to meet you! Hi! Sure! Yeah!
 まぁ、私の大ファン? ずっと会いたかったわ。こんにちは! いいわ、はい(サインする)

The Fan: Wow! Wow, thanks a lot! I just wanna say, I think you’re really talented.
 ワオ! ワオ・・ありがとう! 君はすごく才能があると思うよ。

Phoebe: You’re just saying that because you’re my biggest fan. . . Joey, listen, take good care of that guy, okay? He’s a fan. Bye!
 あなた私の大ファンだからそんなこと言うのよ。(ジョーイに)ジョーイ、ねぇ、あの人にはよくしてあげてね。いい? ファンなのよ。バーイ!(出て行く)

Joey: So, you saw me on Days Of Our Lives huh? Want me to, want me to do a little Dr. Drake Ramoray for ya?
 (ファンの男性に)それじゃ君、「愛の病院日誌」で僕を見たの? ドクター・ドレイク・ラモーレをやってみせようか?

The Fan: I have no idea what you’re talking about. But I, but I just got Phoebe Buffay’s autograph!
 何の話かわからないよ。だけど、俺は今、フィービー・ブフェのサインをもらったんだ!

Joey: Oh, you’re Phoebe’s fan!
 ああ、フィービーのファンか!

The Fan: Oh, yeah! I’ve seen all her movies.
 そうだよ。彼女の映画は全部見てるんだ。

Joey: Movies?
 映画?

The Fan: That was Phoebe Buffay, the porn star.
 あれはフィービー・ブフェだよ。ポルノスターのね。

Joey: I don’t think so.
 それは違うよ。

The Fan: No-no, it was! She was in Sex Toy Story 2, Lawrence of Labia. And I got her autograph! The guys at the comic book store aren’t gonna believe this!
 いやいや、そうだよ。彼女はセックス・トイ・ストーリー2とか、妖しいローレンスとかに出てる。そして彼女のサインを貰ったんだ! コミック屋のみんな、驚くだろうな!(出て行く)

Joey: Gunther, hey, don’t let that guy in here anymore! He just said Phoebe’s a porn star!
 ガンター、なぁ、あの男もうここに入れちゃダメだよ。あいつ、フィービーのことポルノスターって言うんだ。

Gunther: Well, I wouldn’t call her a star, but she’s really good. You should check out Inspect Her Gadget.
 スターとは言わないけど、でも彼女本当にいいと思うよ。「彼女の道具調査」を見るといいよ。

《セントラルパーク:ジルが来る》

Jill: Hey!
 あら!

Rachel: Hey!
 ハーイ!

Jill: You’ll never believe what just happened, Ross just totally blew me off and he didn’t even tell me why!
 信じられないことが起きたわ。ロスが、デートをやめるっていうのよ。しかも、その理由を言わないの。

Rachel: Ohhh, well. You know what, honey? The best thing to do to get over a guy is to start dating someone else. Oh! There is this great guy you will love at work named Bob! He’s a real up-and-comer in Human Resources.
 まぁ。ね、男を忘れるには、他の人とつきあってみることよ。そうだ! あなた好みのボブって人が会社にいるわよ。人事部の新鋭よ。

Jill: You know, thanks for trying to cheer me up, but I’m not gonna date some random guy from your work.
 元気づけてくれるのは嬉しいけど、私、あなたの会社の人と手当り次第につきあったりしないわよ。

Rachel: It’s not random, Bob.
 手当たり次第じゃないわよ、ボブよ。

Jill: It’s probably because not mature enough or smart enough. Maybe he doesn’t like the way I dress−No that can’t be it. It’s really gotta be the smart thing. Oh, I’m so stupid! I’m just like this incredibly pretty stupid girl!
 私が大人じゃないからかしら。それとも賢くないからかしら。もしかして、私のファッションが気に入らなかったのかしら。いえ、そんなはずないわ。そうすると、賢くないせいね。ああ、私って本当にバカなのよね! 私って、本当に美しくてバカな女なのよね!

Rachel: No, honey, okay, okay, you wanna know why Ross canceled the date? Because I asked him to.
 そんなことないわよ、わかった、もういいわ。ロスがデートをキャンセルした理由を知りたいのね。私がそうしてって頼んだのよ。

Jill: You asked him to?!
 あなたがそうさせたの?

Rachel: Hm-mmm.
 ええ。

Jill: Why?!
 どうして?!

Rachel: Because you are my sister and Ross and I have this huge history…
 だってあなたは妹で、ロスと私には過去にすごくいろいろあって。

Jill: I don’t understand, do you want to go out with Ross?
 わからないわ。まだロスとつきあいたいの?

Rachel: No.
 いいえ。

Jill: You don’t want him, but you don’t want me to have him?
 自分がつきあいたくもないのに、私がつきあうのはイヤなの?

Rachel: You know Bob in Human Resources…
 人事部のボブはね・・

Jill: Ugh! I cannot believe you did this to me! You had me doubting how smart I was! You had me doubting my fashion sense!
 もうっ! そんなことするなんて信じられない! おかげで私自分が賢くないなんて思っちゃったわ。私のファッションセンスのせいかとさえ思っちゃった!

Rachel: Look, this is not that big a deal! You just don’t date Ross! There’s a million other guys out there, you just…
 ねぇ、こんなことたいしたことじゃないわよ。ロスとデートはやめてよ。ほかにいくらでも男はいるでしょ、あなた・・

Jill: Hey! You have no right to tell me what to do.
 ちょっと! 私にどうしろって命令する権利はないわよ!

Rachel: I’m not telling you what to do! I am telling you what not to do!
 どうしろなんて言ってないわよ。するなって言ってるのよ!

Jill: Why are you always so jealous of me?
 どうしていつも私に嫉妬するのよ!

Rachel: Jill, this is not about me being jealous of you! This is about you being a brat! Wanting what you can’t have!
 ジル、あなたに嫉妬してるとかいう問題じゃないのよ。これはあなたがワガママ言ってるだけのことよ。いただいちゃえないと思うと欲しいだけなのよ。

Jill: Can’t have?! Excuse me, the only thing I can’t have is dairy!
 いただいちゃえない? 私がいただけなのは乳製品だけよ!

Rachel: All right, all right, well, you just blew your chances at dating Bob!
 わかった、もういいわよ。ビルとデートできるせっかくのチャンスを棒にふったわね。

Jill: Who?!
 それ誰よ?

Rachel: In Human Resources!!
 人事部の子よ!

《モニカ達の部屋》

Rachel: I am jealous of her?! I mean who does she think she is?! Princess Caroline?!
 私が彼女に嫉妬してるですって? いったい何様のつもり? キャロライン王妃?

Monica: You’re jealous of Princess Caroline?
 あなたキャロライン王妃に嫉妬してるの?

Rachel: Do I have my own castle?
 彼女お城持ってるじゃん!

(ジョーイとロスが来る)
Ross: Hey! Uh, Phoebe’s not here, is she?
 ヘイ! あ、フィービーはいないよね?

Rachel: No.
 いないわよ。

Monica: Oh, great! Did you get a movie?
 けっこうね、また映画借りてきたの?

Joey: Uhhh, yeah. Yeah. But uh, I don’t think it’s the kind you’re gonna like.
 あ・・うん。。そうだけど。だけど、君らが見たいようなやつじゃないよ。

Chandler: You didn’t get more movies that are gonna have us reaching for the tissues all night, did you?
 一晩中ティッシュを使うようなやつを借りてきたんじゃないのか?

Joey: Sort of.
 そうかも。

Monica: Guys, what’s going on?
 なに、どうしたのよ?

Joey: Phoebe’s a porn star!
 フィービーがポルノスターなんだよ!

All: What?!!
 ええっ?!

Chandler: Phoebe Buffay in Buffay The Vampire Layer.
 (タイトルを読む)フィービー・ブフェの「ブフェ、バンパイア・キラー」

Rachel: Oh, my God!
 なんてことかしら!

Monica: That’s Phoebe! Where did you get that?
 フィービーじゃないの! どこで見つけたの?

Joey: Well, down at the adult video place on Bleaker.
 ブリーカー通りのアダルト・ビデオ屋だよ。

Ross: And-and I, and I saw that Joey was about to go in, so I ran in ahead of him to-to surprise him and, and then I pretended I didn’t know he was in there.
 そう、そして僕はジョーイが入るところを見て、先回りして驚かそうとして、そして彼がそこにいるとは知らなかったフリをしたんだ。

Rachel: Wow! I mean, I just−I can’t, I can’t believe this. You know, I mean you think you know someone. Even Phoebe who’s always been somewhat of a question mark.
 ワオ! こんなことって・・信じられないわ。知ってると思ってた人がよ。。いくら、いつも不思議に思わされるフィービーだとは言っても。。

Monica: This is so bizarre. I guess it kinda makes sense though, you know, she had such a terrible childhood.
 本当に変な感じね。納得できないことでもないけど・・彼女、子供の頃、本当に大変な経験してるし。

Chandler: Hey, I had a terrible childhood and I don’t do porn.
 おい、俺もひどい子供時代だったけど、ポルノにはでないぞ。

Monica: Yes, but you are dead inside.
 そうだけど、あなた内側が死んでるじゃない。

Joey: All right, well, I’d better take that back.
 なぁ、これもう返してくるぞ。

Monica: Wh-what, why?
 えっ? どうして?

Joey: We can’t watch that! I mean, that’s Phoebe!
 こんなの見れないだろ! フィービーなんだぞ!

Monica: Yeah, you’re right, we can’t−we shouldn’t watch this.
 そうか、そうよね。見ちゃだめだわ。

Rachel: Absolutely not.
 そうよね。

Monica: You know, maybe a little bit!
 ね、ちょっとだけ。

Rachel: Probably just the first half.
 最初の半分だけなら。

Joey: No! Hey, no! This is wrong, you guys! Phoebe’s our friend! Well, I’m not gonna watch it!
 ダメだよ! おい、ダメだ! 間違ってるよ! フィービーは友達だぞ! 俺は見ないからな!

Ross: Yeah! Good for you, Joe!
 そうだよ! 偉いぞ、ジョー!

Joey: Yeah.
 ああ!
(ジョーイ以外見始める)

Buffay, the Vampire Layer: Ah, I thought I’d find you here, Nosforatool.
 (映画)ああ、ここにいると思ったわ、ノスフェラトゥ。

The Vampire: Buffay, are you going to plunge your stake into my dark places?
 (映画)ブフェ、その杭を俺の暗いところにつきたてるつもりか?

Buffay, the Vampire Layer: Actually, I was kinda hoping it would be the other way around.
 (映画)実は、その反対のことを望んでるのよね。

Monica: Hold on a second! What is that on her ankle?
 ちょっと待って! 彼女の足首にあるの、何?

Chandler: Her ankle is what you’re watching?
 君、足首なんか見てるのか?

Rachel: Well, it’s hard to tell… Oh, God, if she would just stop moving.
 うーん、わかりにくいわ・・ああ、ちょっと止まってくれないかな。

Chandler: She’s just doing her job!
 彼女、仕事中なんだよ。

Joey: You sick bastards!
 (見ていない)おまえらビョーキだ!

Rachel: Oh, it’s a tattoo! That’s weird, Phoebe doesn’t… Wait, that’s Ursula! That’s not Phoebe. That is Ursula!
 あっ、これタトゥーよ! 変ね、フィービーには・・・待って! これアースラよ! これフィービーじゃないわ、アースラよ!

Joey: Wait, wait! Then I can watch that! Rewind it! Rewind it!
 待て待て! だったら見てもいいじゃないか! 巻き戻して! 巻き戻して!

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey! What’s up? . . . Oh, my God! What am I doing?!!
 ハーイ、何してんの? ・・・オーマイゴッド! 私何してるの?!

《モニカ達の部屋:チャンドラー1人、モニカが来る》

Monica: Hey, sweetie!
 ハーイ、あなた!

Chandler: Hey!
 ヘイ!(読んでいた本を椅子の下に隠したつもりが飛び出していく)

Monica: Chicken Soup for the Soul?
 「心のチキンスープ」?

(Chicken Soup for the Soul = 「泣ける話」コレクション。Chicken Soup for the Dog lovers など多種ある)

Chandler: There’s no back to this couch!
 このカウチ、裏板とか無いのか!

Monica: Why are you reading this? You hate this kind of stuff.
 どうしてこんなの読んでるの? こういうの嫌いじゃないの。

Chandler: Yeah, I know, but I figured I'd give it a shot, you know? Maybe one of those stories would make me cry and then you wouldn’t think I was you know, all dead inside.
 ああ、だけど読んでみようと思ってさ。もしかしたら、どれか読んだら泣けるかもしれないだろ。そうしたら内面が死んでるとか言われないだろ。

Monica: Oh, that’s so sweet! Look, Chandler, I don’t care if you can’t cry, I love you.
 まぁ、あなたったら! チャンドラー、私あなたが泣かなくても気にしないわよ、愛してるわ。

Chandler: Oh, that makes me feel so warm in my hollow tin chest.
 ああ、そう言われるとこの空っぽの胸が暖まるよ。

Monica: Stop it!
 やめてったら。

Chandler: No, I mean, come on, seriously think about it, we get married, we’re up at the altar and I’m like this.
 いや、ほんとにさ、考えてもみてくれよ。結婚するとき、祭壇の前でこんな顔してさ(ボーッとした顔)

Monica: I won’t care, because I know you will be feeling it all in here.
 気にしないわ。だって、あなたはここでちゃんと感じてるもの。(胸を指さす)

Chandler: Yeah?
 そう?

Monica: Yeah! And if, and if we have a baby one-day, and the doctor hands it to you in the delivery room and you don’t cry, so what! And-and-and, and if we take him to college and come home and see his empty room for the first time, and you got nothing, it won’t matter to me.
 そうよ! そして、いつか子供を持った時、分娩室でお医者さんがあなたに赤ちゃんを渡したとき、あなたが泣かなくても、それが何よ。それに、いつかその子を大学へ送り出して、空っぽになったその子の部屋を初めて見て、あなたが泣かなくても、私は構わないわ。

Chandler: Okay, well I won’t uh, worry about this anymore then.
 そうか、それじゃもう心配しないよ。

Monica: And-and-and if I die, from a long illness. And you’re writing out my eulogy and you open a desk drawer and you find a note from me that says, "I will always be with you," and you still can’t shed one tiny tear, I know you’ll be crying a river inside.
 そして、もし、長患いの後に私が死んだとして、あなたが私への弔辞を書こうとしていて、机の引き出しに私からの手紙を見つけるとするでしょ、そこにはこう書いてあるの「私はいつもあなたのそばにいるわ」・・それでも、あなたが少しも涙を見せなかったとしても、あなたは心の中で号泣しているって私にはわかるわ。

Chandler: Aww, I love you so…
 ああ、愛してるよ。

Monica: What is wrong with you?!!!
 あなたどうなってるのよ!

Chandler: What?!
 へ?

Monica: What?! You can’t shed a tear for your dead wife!! Now, I left you a note from the beyond!
 なに? あなた妻の死にも涙を流さないの? 死んだ後の手紙でさえも!

Chandler: So you didn’t mean any of that?!
 それじゃ今言ったのは本気じゃないのか!

Monica: No, you robot!!
 違うわよ! あなたはロボットだわ!

《ロスの部屋:ピンポン鳴る》

Ross: You damn kids! You ring my bell one more time, I swear to….. Ohh, uh Jill. Umm, that-that’s just a little game I play with the kids down the hall. Umm, they’ve really taken a liking to me. Uhh what’s-what’s-what’s the matter?
 子供達め! もう一度ベルを鳴らしてみろ、今度は・・・(ドアを開けるとジル)ああ、ジル・・今のはそこの子供達とやってるちょっとしたゲームなんだよ。僕本道に子供に好かれて・・えーっと、どうかした?

Jill: Rachel and I had a really big fight, can I come in? I-I mean I know we’re not supposed to see each other anymore and I’m okay with that, it’s just that I don’t know anybody in the city and I really need somebody to talk to about it.
 レイチェルと大げんかしちゃったの。入っていい? 私たちデートはしないってことはわかってるけど、それはいいんだけど、街で知りあいはいないし、本当に誰かとこのこと話したいの。

Ross: Of course, what happened?
 もちろんいいよ。何があったの?

Jill: I don’t want to talk about it.
 話したくないわ。

Ross: Okay, umm…
 あそう・・

Jill: But you know what might really cheer me up?
 でも、私が元気になれるものがあるじゃない?

Ross: What?
 なに?

Jill: Seeing some more of your super-cool slides.
 あの超素敵なスライドをもっと見ることよ。

Ross: Wow! Really?!
 ワオ! ほんと?

Jill: Totally, I love them! And, maybe you could finish telling me about all the different kinds of sand.
 ホントよ! あれ大好きよ! それにあのいろんな砂の種類の話も終わりまで聞きたいわ。

Ross: Well, I’d love to! Here, you wait right here and I’ll go get the projector and my notes!
 喜んで! ここで待ってて。プロジェクターとかノートとか用意するから。

Jill: Oh, great! Thanks, Ross, you’re such a good friend!
 素敵! ありがとう、ロス。あなたは本当にいい友達ね!

Ross: Ohh!
 いやぁ!

《モニカ達の部屋》

Rachel: Hey! Have you guys seen Jill? I can’t find her anywhere.
 ねぇ、あなた達、ジルみなかった? どこにもいないのよ。

Monica: No, I haven’t.
 知らないわ。

Rachel: Well, is Ross home? Maybe I’ll just call him to see if he’s actually seen her.
 じゃあロスは家にいるかしら? 彼が知らないか聞いてみようかしら。(ロスの部屋を見ると、ジルがレイチェルを見てカーテンを閉めるところ。ショックを受けるレイチェル)

《アースラの部屋》

Ursula: Who is it?
 どなた?

Phoebe: It’s Phoebe! Phoebe!
 フィービーよ! フィービー!

Ursula: Hey!
 あら!

Phoebe: Oh, God. So-so you’re making porn movies.
 まぁ。あなた、ポルノ・ムービー作ってるのね。

Ursula: No, I’m not.
 いいえ。してない。

Man’s Voice: We’re still rolling!
 撮影中だぞ!

Phoebe: You’re making one right now!
 今その真っ最中じゃないの!

Another Man’s Voice: Let’s go, Phoebe!
 行くぞ、フィービー!

Phoebe: And-and you’re using my name!
 私の名前使ってるのね!

Ursula: Yeah, can I help you with something?
 ええ。なにかご用?

Same Man’s Voice: Phoebe, come on!
 フィービー、早く!

Phoebe: Look, I’m talking right now! You’re−you mean her.
 私は今話してるのよ! ・・私のことじゃないのね。

Ursula: You know, twin stuff is always a real big seller.
 ねぇ、双子ものってすごく売れるのよね。

Phoebe: What?!
 え?

Ursula: Yeah, I can talk them into giving you like, 30 dollars.
 話してあげてもいいわよ。あなたには30ドルぐらいで。

Phoebe: No!! No way! No! And stop using my name! And shame on you! And shame on all of you! You’re disgusting! Especially you .. with that!
 イヤよ! とんでもないわ! 私の名前を使うのをやめてちょうだい! 恥知らず! あなた達も、恥知らず! 最低よ! とくにあなた! そんなもの持って!(立ち去る)

《ロスの部屋》

Ross: Slides are almost ready.
 もうすぐスライドの準備できるからね。

Jill: Yeah. Ooh, I know what this is missing! Alcohol!
 ええ。あ、足りないものがあるわよ、アルコールよ!

Ross: Uh okay, well there’s-there’s wine in the kitchen.
 ああ、わかったよ。キッチンにワインがあるよ。

Jill: Oh, great!
 いいわね!(取りに行く)

(電話が鳴る)
Ross: Hello?
 もしもし?

Rachel: What is my sister doing there?! And why are the drapes shut?!
 私の妹がそこで何をしてるの? どうしてカーテンを閉めてるの?

Ross: O-okay, Rach, calm-calm down, okay? She-she’s really upset we’re just talking.
 あ、レイチ、落ち着いて、いい? 彼女はかなり動揺していて、僕らはただ話してるだけだよ。

Rachel: Ross! I think she is trying to make something happen with you to get back at me!
 ロス! 彼女は私への仕返しのためにあなたと何かしようとしてるだけなのよ!

Ross: So that’s the only reason she could be here, huh? It couldn’t have anything to do with the fact that-that maybe I’m a good listener and I uh I put on a great slide show!
 それだけが理由で彼女はここに来てるというの? 僕が聞き上手だとか、素晴らしいスライドを見せられるとかいうことは関係ないっていうの?

Rachel: Ross, I am telling you, she is using you to get back at me!
 ロス、本当なのよ、彼女は私への仕返しにあなたを利用してだけなの!

Ross: You know what? I think I can take care of myself, I’ll talk to you later. Good-bye. . . .Whoa! Uh, that was your sister actually. She-she thinks that you’re just using me.
 ねぇ、僕、自分のことは自分でなんとかできるから。また後でね、じゃあ。(電話を切るとジルが目の前に迫っている)うわ! あー・・君のねえさんだったよ。彼女、君が僕を利用してると思ってるんだ。

Jill: So?
 それが?

《セントラルパーク:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hey!
 やあ!

Phoebe: So, I just came from the company Ursula works for.
 アースラが仕事してる映画の会社行ってきたとこなのよ。

Joey: Oh, no, not you too!
 え、君まで!

Phoebe: No! No! I just went to pick up Phoebe Buffay’s checks; there were a lot of them.
 違う、違うわよ! フィービー・ブフェの出演料を貰ってきただけよ。たくさんあったわ。

Joey: Nice!
 いいね!

Phoebe: Um-mmm, and I won’t have to go there anymore because I gave them my correct address.
 そうなの。それに、もう行かなくてもいいの。正しい住所を教えてあげたから。

Joey: That’s great, but isn’t it gonna bother that people still think you’re a porn star?
 それはいいね。だけど、人が君のことポルノ・スターだと思ってることはいいの?

Phoebe: Oh, no! No! I know how to handle it.
 ああ、いいの。それはどうしたらいいかわかるから。

Joey: You do?
 そうなの?

Phoebe: Yeah. . . You’re trying to figure out where you know me from? All right, I’ll give you a hint. From porn! Okay? . . Yeah, your pervert boyfriend watched me in a porno movie! . . See?
 ええ。(フィービーを見ている男性客を見て)あなた、私をどこで見たんだっけとか思ってるんでしょ? いいわ、ヒントをあげる。ポルノよ! どう?(男性客あわてて出て行く。そのガールフレンドに)そうよ、あなたの変態ボーイフレンドは、私をポルノ・ムービーで見たのよ!(ジョーイに)ほらね?

Joey: Yeah.
 ああ。

《モニカ達の部屋:ロスが来る》

Chandler: Hey.
 ヘイ!

Ross: You uh, you may have been right about Jill.
 (レイチェルに)君・・ジルのこと、君の言う通りだったよ。

Rachel: Oh! I knew it! What happened?
 まぁ! やっぱり! 何があったの?

Ross: Umm, she kissed me.
 うん・・彼女キスしてきたよ。

Rachel: What?! You kissed!
 何ですって? キスしたの?

Chandler: Maybe we should give them some privacy.
 (モニカに)2人にしてあげた方がよくないかな。

Monica: Shhhh!!!
 シーッ!!

Ross: Look, I uh, I tried not to kiss her, okay?
 ねぇ、キスを避けようとしたんだよ、ね?

Rachel: Well, it doesn’t sound like it! I mean, it’s pretty easy not to kiss someone, you just don’t kiss them! See, look at us, right now, not kissing!
 そうは聞こえないわね! キスしないなんて簡単なことよ。ただキスしなきゃいいのよ。ほら、今の私たちをみなさいよ、キスしてないわよ。

Ross: Let me finish, okay? She started kissing me and-and I didn’t stop it. I guess I-I just wasn’t thinking…
 最後まで聞いてくれよ、ね? 彼女がキスしてきたんだけど、僕は止めなかった。多分何も考えてなくて・・

Rachel: Yeah, that’s right you weren’t thinking! You know what? Let me give you something to think about!
 そうね、何も考えてなかったのね! ねぇ、考えさせてあげましょうか!

Ross: Oh, wait−hold it! But then I started thinking and I stopped the kissing.
 待って、待ってくれ。だけど、そこで考え始めて、キスをやめたんだ。

Rachel: Oh, well, thank you for taking your tongue out of my sister’s mouth long enough to tell me that.
 まぁ、ありがとう、あなたの下を妹の口から出すのに、そんなに話すほどたっぷり時間をかけてくれて。

Ross: Look, I-I realize if anything were to happen with me and Jill then nothing could ever happen with us!
 ねぇ、もし僕とジルの間になにかあったら、僕らの間に絶対何もなくなるって思ったんだ。

Rachel: What?!
 え?

Ross: No, I mean, look, I don’t know if anything is going to happen with us, again. Ever. But I don’t want to know that it-it never could. So I stopped it and she got mad and broke my projector.
 いや、僕らの間に、また何か起きるかどうか、知らないよ。だけど、もう絶対あり得ないというのはイヤだったんだ。それで、彼女を止めたんだ。彼女怒って、僕のプロジェクター壊しちゃったよ。

Rachel: Wow. I, I don’t even know what to say. Thank you.
 ワオ・・なんて言ったらいいかわかんないわ。ありがと。

Ross: You’re welcome.
 どういたしまして。

(チャンドラーが泣き出す)
Monica: Oh, my God! Are-are you crying?
 まぁ驚いた! あなた泣いてるの?

Chandler: I just don’t see why those two can’t work things out!
 どうしてこの2人がうまくいかないかわからないよ!

《セントラルパーク:ジルが来る》

Jill: All right, I’m leaving! Because I’m not going to spend one more day with someone whose out to sabotage my every move. That’s you, Rachel!
 さぁ、私はもう行くわよ! 私のことあれこれ邪魔する人とこれ以上一緒にいたくありませんからね。あなたのことよ、レイチェル!

Rachel: Yeah, I got that.
 ええ、わかってる。

Jill: And you! I throw myself at you and you say no, how gay are you?
 そしてあなた! 私を投げ出したのに、ノーだなんて、あなたどんだけゲイ?

Ross: You take care, Jill.
 気をつけて、ジル。

Jill: Okay, see ya!
 いいわ、じゃあね!

Rachel: Bye-bye-e!
 バイバーイ!

Monica: Bye.
 バーイ!

Chandler: I-I can’t believe Jill’s gone. I can’t help it, I opened a gate.
 ジルが行っちゃうなんて!(泣く)どうしようもないよ。ゲートを開けちゃったんだ。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 23:43| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。