2013年09月21日

6-13 The One With Rachel’s Sister

6-13 レイチェルの妹の話

 ☆妹はライバル☆

《セントラルパーク》

Joey: Okay, Rach, that muffin and espresso, $4.50. Ross, double latte, $2.75. Chandler, coffee and a scone, $4.25. And Pheebs, herbal tea, $1.25. So, all together that’s . . $12.75.
 よし、レイチ、マフィンとエスプレッソで4ドル50、ロスはダブルラテで2ドル75、チャンドラーはコーヒーとスコーンで4ドル25。フィービーはハーブティーで1ドル25。全部でえー・・・12ドル75。

Chandler: This coming from the man who couldn’t split our 80 dollar phone bill in half.
 これが80ドルの電話料金を半分にできなかった男だとはな。

(女性客がジョーイに近づく)
Woman: Hi!
 ハーイ。

Joey: Hi!
 やぁ!

Woman: How much do I owe you for the muffin and the latte?
 マフィンとラテでおいくらかしら?

Joey: Oh, that’s on the house, courtesy of Joey Tribbiani.
 ああ、ジョーイ・トリビアーニの好意で、タダでいいですよ。

(courtesy of = …のおかげで、…の好意で)

Woman: Oh, great! Well, tell him thanks. And since uh, Joey seems like such a nice guy, maybe we could go on a date sometime?
 うれしい! 彼にありがとうって言っておいてね。それに、ジョーイってとってもいい人みたいだから、そのうちデートはどうかしら?

Joey: Well, he’s not used to women being so forward with him; but uh, I could check with him−He says it’s okay. . Great! Thanks! Bye-bye!
 いや、彼は積極的な女性には不慣れなんだけど、でも、彼に聞いてみるよ・・オーケーだって。(女性がカードを渡す)いいね! ありがと。バイバーイ。

Ross: Hey, Joey, how come our stuff isn’t free?
 なあ、ジョーイ、なんで僕たちはただにしてくれないの?

Joey: It will be when you look like that in a tight skirt! This is great! I’m getting more dates than ever!
 君もあんな外見でタイトスカートはいてればタダになるよ。これはすごいよ! 俺ここだと最高にモテるよ!

Rachel: Wait a minute, you’re only giving away free stuff to the pretty girls?
 ちょっと待って、あなた、かわいい子だけタダにしてあげてるの?

Phoebe: Yeah, Joey, that is so gross!
 ジョーイ、そんなのひどいわよ!

Joey: How about a scone on the house, baby?
 スコーンをタダにしようか、ベイビー?

Phoebe: I’m pretty.
 私も可愛いのね。

《モニカ達の部屋》

Ross: Hey, does anyone have any gum?
 ねぇ、誰かガム持ってない?

Phoebe: Oh, I do! Here. Sorry. . Oh, you know what? .. No.
Wait a second. .. I know it’s in here somewhere.
 あ、持ってるわよ。(カバンから何か出してロスに預ける)これ、ごめん。(探し続ける)ねぇ・・(卵を渡す)違うわね・・・ちょっと待ってよ・・(金魚の入ったビニール袋を持ち上げ)このどこかに入ってるはずなんだけど・・。

Ross: You know what? I’m good. I’m good.
 ねぇ、もういい、いいよ。

(モニカが来る)
Monica: Hey!
 ハーイ!

Ross: Hey!
 やぁ。

Chandler: Hey, what are you doing here? Shouldn’t you be at work?
 あれ、どうしたんだ? 仕事じゃないの?

Monica: Ugh, they sent me home. They said I can’t work if I’m sick.
 あー・・帰らされたの。病気で仕事しちゃダメって。

All: Ohh!
 ああ!

Chandler: I’m so sorry you’re sick.
 風邪じゃないか、かわいそうに。

Monica: I’m not sick!! I don’t get sick! Getting sick is for weaklings and for pansies!
 風邪じゃない! 私は風邪なんかにかからないもん! 風邪を引くのは弱いやつとダメなやつだけよ!

Rachel: Honey, no one thinks you’re a pansy, but we do think you need a tissue.
 ねぇ、誰もあなたがダメなやつだなんて思わないわよ。だけど、あなたティシュいるわよ。

Monica: I have not been sick in over three years!
 3年以上病気になんてなってなかったのよ!

Chandler: I’m gonna grab you some tissue.
 ティッシュもってくるよ。

Monica: I don’t need a tissue! I’m fine-d!
 ティッシュなんていらないわよ! 私はらいじょうぶ。

Ross: When you put a ‘D’ at the end of ‘Fine’ you’re not fine.
 大丈夫がらいじょうぶになるってことは、大丈夫じゃないってことだよ。

Monica: I’m fine-d. I’m fine-d! You know, it’s a really hard word to say.
 らいじょうぶよ! らいじょうぶ・・本当に言いにくい言葉なのよ。

(ノックの音。チャンドラが応対)
Chandler: Yes?
 はい?

Woman: Hi, is Rachel here? I’m her sister.
 ハーイ、レイチェルはいる? 私、妹なの。

Rachel: Oh, my God, Jill!
 オーマイゴッド、ジル!

Jill: Oh, my God, Rachel!
 オーマイゴッド、レイチェル!

Chandler: Oh, my God, introduce us!
 オーマイゴッド! 紹介して!

Rachel: This is Chandler.
 こちらチャンドラーよ。

Jill: Hi!
 ハーイ!

Rachel: And you know Monica and Ross!
 それから、モニカとロスは知ってるわよね!

Ross: Hi, Jill.
 ハーイ、ジル。

Rachel: And that’s Phoebe, and that’s Joey.
 あちらがフィービー。そしてジョーイ。

Joey: Hey, how you doin’?
 ヘイ、元気ぃ?

Rachel: Don’t!! . . Honey, what are you doing here?!
 やめなさい!(ジルに)あなた、どうしてここへ?

Phoebe: Which-which sister is this? Is this the spoiled one or that’s bitter?
 (ロスに)どの妹? 甘えん坊か、それとも怖い子?

Jill: Daddy cut me off.
 パパに勘当されたの。

Phoebe: Never mind, I got it.
 もういい、わかったわ。

Jill: And you know what I said to him? I said, "I’m gonna hire a lawyer and I’m gonna sue you and take all your money. Then I’m gonna cut you off!"
 それで何て言ってやったと思う?「弁護士を雇って、全部お金を取ってやる、それから勘当する」って言ったのよ。

Rachel: Wow! What did he say?
 ワオ! 彼なんて?

Jill: That he wouldn’t pay for my lawyer! Then he told me to come here and learn about the value of money from the one daughter he’s actually proud of.
 弁護士料払わないって。そして、ここへ来て、ただ1人自慢の娘からお金のありがたみを学んで来いって。

Rachel: Oh! Did you hear that?! My dad’s proud of me! My dad’s proud of me.
 まぁ! 今の聞いた? 私のこと、自慢の娘ですって! パパが誇りに思うんですって!

Monica: Rach?
 レイチ?(ジルを指差す)

Rachel: Oh, yeah, sorry. Wait, honey, so what did you do that made dad cut you off?
 あ、そうだった、ごめん。ねぇ、パパが勘当するなんて、あなた何をしたの?

Jill: Okay, I bought a boat.
 ボートを買ったのよ。

Monica: You bought a boat?
 ボートを買ったですって?

Jill: Yeah, but it wasn’t for me, it was for a friend.
 ええ、だけど、自分のためじゃないのよ。友達に買ってあげたの。

Chandler: Boy, did we make friends with the wrong sister!
 ああ、俺たち、姉妹の中で友達にする子間違えたよな。

Rachel: Jill, honey, I think this is the best thing that could’ve ever happened to you. I mean, you needed to get out on your own anyway! And you know, when I did it, I-I-I at first I was scared, and look at me now! I’m the only daughter dad is proud of! Okay, well, this is, this is what you’re gonna do. You’re gonna get a job, you’re gonna get an apartment, and then I’ll help you and you can stay with us. Right, Pheebs, she can stay with us?
 ジル、ね、これはあなたにとって最高のことなのよ。あなたは自分で生きていけるようにならないと。私も初めは怖かったわ。でも今の私を見て! パパが誇りに思うただ1人の娘なのよ! いい、こうするのよ。仕事を見つけて、それから住むところも見つけるの。私も手伝うし、私たちのところに泊まればいいわ。ね、フィービー、いいわよね?

Phoebe: Of course, yeah!
 もちろんよ!

Jill: Oh, that’s so great! Okay, I’m really gonna do this! I don’t know how to thank you guys.
 ああ、うれしいわ! それじゃ本当に1人でやるわよ。なんてお礼を言ったらいいかわからないわ。

Phoebe: Ooh, I like cars.
 ああ、私は車が好きよ。

《セントラルパーク》

Joey: Are you all finished here?
 (男性客に)食べ終わった?

Customer: Yes.
 ああ。

Joey: Great!
 よかった!(彼の残したクッキーを食べる)

Gunther: Okay, here are the tips for this morning. Jen gets 50, 50 for me, and Joey owes eight dollars.
 今朝の分のチップだよ。ジェン、君は50、50は僕。それからジョーイ、君は8ドル払って。

Joey: What?!
 なに?

Gunther: For all the free food you gave away.
 君がただであげた食べ物の分だよ。

Joey: Well, if it’s free food, how come you’re charging me for it?
 ただならなんで払わないといけないんだよ?

Gunther: We don’t give anything away unless it’s someone’s birthday.
 誕生日でもないのに無料であげたりしないんだよ。

Joey: Well, what if they came in third in a modeling contest?
 それじゃ、モデルのコンテストで3位になった人は?

Gunther: No!
 ダメ!

Joey: Sorry!
 悪いね!(女性からマフィンを取り返す)

(ジルがショッピングバッグを持って現れる)
Jill: I just had the hardest day. Those bags are so heavy.
 今日は本当に大変だったわ。このバッグほんと重くて!

Ross: Jill, how did you pay for all this? I thought your dad took away your credit card.
 ジル、それどうやって払ったの? 君、おとうさんにクレジットカードを全部取り上げられたんじゃないの。

Jill: Oh, please, I memorized those numbers when I was 15. But look at all the cool make-it-on-my-own stuff I got! This is my "Please, hire me" sweater. And these are my, "Don’t you want to rent me this apartment?" pants.
 何言ってるのよ。クレジット番号なんて15の時に全部覚えたわよ。だけどこの「独り立ちするわよ」グッズみてよ! これは「お願い私を雇って」セーターよ。そしてこれは、「アパート貸す気になるでしょ」パンツよ。

Ross: I don’t think charging new clothes to your dad qualifies as making it on your own.
 新しい洋服代をおとうさんに払ってもらうってのは、自立するってことにならないと思うよ。

Jill: Oh, Mr. Scientist has to get all technical!
 あらま、サイエンティストさんが理屈っぽいこと!

Phoebe: Seriously, I don’t Rachel’s gonna think it’s a good idea.
 マジメな話、レイチェルが何て言うかしらね。

Jill: So who made her queen of the world?
 誰が彼女を女王様にしたのよ?

Phoebe: I would love that job!
 その仕事いいわね!

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey! What’s going on?
 ハーイ、元気?

Jill: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Jill! Did you shop?!
 ジル! あなた買い物したの?

Jill: No! They did!
 違うわ、この人達よ!

Phoebe and Ross: Yeah, we went shopping!
 そう、買い物してきた!

Rachel: You went shopping?! What, and then you just came in here and paraded it right under Jill’s nose when you know she’s trying to quit. Wow, you guys are terrible!
 買い物に行ったの? それでなに、ここに来て、買い物できないジルの目の前で広げたの? まぁ、なんてひどいことするの!

Phoebe: Sorry, Jill.
 ごめんね、ジル。

Ross: Sorry-sorry, Jill.
 ごめんね、ジル。

Rachel: What’d you get?
 何を買ってきたの?

Phoebe: Oh, well, all right, I got … thank you, I got uh, this, you know "I want a job sweater."
 ええとね、私は・・(ロスがバッグを渡す)ありがと。これは、「仕事が欲しい」セーター。

Rachel: Oh.
 ああ。

Phoebe: And, and then I got uh, these are apartment pants.
 それから、えーと・・これはアパートパンツ。

Rachel: Apartment pants?
 アパートパンツ?

Phoebe: Yeah, you never heard of them?
 ええそうよ。聞いた事ない?

Rachel: No, of course, of course I’ve heard of them! Ross, what did you get?
 もちろん、もちろん聞いたことあるわよ。ロス、あなたは何を買ってきたの?

Ross: Huh? Oh, I got this−this!
 え? ああ・・僕はこれ・・これだよ。

Rachel: A pashmina?
 パシュミナを?

Ross: Yeah! Oh, I love this babies!
 そう! このかわいいの大好き!

Rachel: Really?. . Ross, what's a pashmina?
 本当に? ・・ロス、パシュミナって何?

Ross: It's a rug.
 敷物だよ。

Rachel: Jill?
 ジル!

Jill: I’m sorry, Rachel, I’m sorry…
 (嘘泣き)ごめんなさい、レイチェル、ごめんなさい。

Rachel: Oh, come on! You really think that’s gonna work on me?! I invented that!
 何やってるのよ! そんなの私に通用すると思ってるの? それ私が教えたんじゃないの!

Jill: Right! But, I am sorry.
 そうか。でも、本当にごめんなさい。

Rachel: All right, it’s okay. One little setback is okay, just don’t let it happen again, all right? Now since daddy paid for all this stuff, I should take it all away. But I’m just gonna take the-the pashmina. And the uh, and the uh pants. You know what, I’m just gonna take it all away, ‘cause that way you’ll just really learn the lesson. Okay? All righty, I’m gonna run a couple of errands and I will see you at dinner.
 わかった、いいわ。少しぐらいはしかたがない。だけど、もうこれ以上はダメよ、いい? これは全部パパが払うんだから、これは全部取り上げるべきよね。でも私はパシュミナをもらっとく。それに・・あー、このパンツも。いえ、もう全部持って行くわ。その方があなたのためよ。いい? それじゃ、私は用があるから、また夕食の時にね(出て行く)

Jill: She took all my stuff.
 全部取られちゃったわ。

Ross: Yeah. Everything but, the little blue one.
 ああ。でもこの青いのは残ってるよ。

Jill: That’s the best one! Oh, my God, thank you so much!
 これ一番いいのじゃない! ああ、うれしい、ほんとありがとう!

Ross: Well. Hey…
 いや、そんな。

Jill: Oh, my gosh, that was so lame. Like a pashmina could be a rug!
 ああ、だけどあれはひどかったわ。パシュミナが敷物だなんて!

Ross: Oh, yeah, how about you and the "I’m sorry!"
 ああ、ほんと。だけど君の(嘘泣きをマネて)「ごめんなさい」はどうだよ!

Jill: Shut up! I did not sound like that at all!
 やめてよ! 私はそんなふうじゃなかったわよ。

Phoebe: What about, what about when I said you know about the apartment pants, how dumb was I?
 私なんかどう? アパートパンツなんて言っちゃって、バカみたいじゃない?

Jill: Were you this cute in high school?
 (ロスに)あなた高校の時もこんなにキュートだった?

Ross: Oh, stop.
 なに、やめてくれよ。

Jill: No, you stop!
 やだ、あなたがやめてよ。

Ross: No, you stop!
 いや、君がやめてよ。

Jill: You stop!
 あなたがよ。

Phoebe: Okay-okay, why don’t I sit here and you’ll both stop it!
 わかったわかった、私が真ん中に座るから、2人ともやめて!

《モニカ達の部屋》

Monica: Okay, so what do you, what do you want to do? Let’s do something crazy!
 ねぇ、どうする、何をする? 何かすごいことしましょうよ!

Chandler: I know, let’s rest and drink lots of fluids.
 そうだ、休んで、たくさん水分を取ろう。

Monica: Okay, I’ll rest. But you know, if I’m going to bed, then you’re coming with me.
 わかったわ。休むわよ。だけど、あなたも一緒にベッドに来てよね。

Chandler: That would be impossible to resist if you weren’t all drippy here.
 それは絶対断れないよ、もしそこんところから垂れてなければね。

Monica: Are you saying that you don’t wanna get with this?
 あなた、これがほしくないって言うの?

Chandler: Yeah, I don’t you should say that even when you’re healthy.
 ああ、もし健康体でもそれは言わない方がいいと思うよ。

Monica: Come on.
 なによ・・(激しく咳き込む)

Chandler: Don’t take this personally, okay? It’s just that I just can’t have sex with a sick person.
 悪く思わないでくれる? 病気の人とセックスする気はないんだよ。

Monica: I’m with you, Chandler! I mean I can’t have sex with a sick person either, that’s disgusting! But I’m not sick! Let me prove it to you. We are two healthy people in the prime of life.
 同感よ、チャンドラー。私だって病気の人とセックスする気はないわよ、そんなの気分悪いわ。だけど私は病気じゃないの! 証明してみせるわ。私たちは、人生で一番いい時にいる健康な2人だのよ。

Chandler: That’s the thing, see, I would like to stay in the pribe of mwha-ah-libe.
 それだよね。ほら、人生で一番いい時にずっといたいだよね。

《フィービーの部屋:フィービーが来る》

Rachel: Hey!
 ハーイ。

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Rachel: What’s up?!
 どうかした?

Phoebe: Umm, I think there’s something you should maybe know.
 うーん、あなたが知っておいた方がいいかもしれないことがあるの。

Rachel: Well, it’d better not be about the apartment pants, because I just pitched the idea to my boss at Ralph Lauren and she loved it.
 アパートパンツのことじゃないわよね。ラルフローレンの上司に言ったんだけど、もう彼女すごい気に入っちゃって!

Phoebe: No. No. It’s just I was umm, I was with Ross and Jill after you left and umm, I’m pretty sure I saw a little spark between them.
 違うわよ。あなたが行った後、ロスやジルと一緒にいたんだけど、あの2人の間に確かに光線が走るのを見たわよ。

Rachel: What?!
 えっ?

Phoebe: Yeah, I mean it’s probably nothing, but I just wanted to warn you that there might be something there.
 うん。何でもないかもしれないけど、でも何かあるかもしれないから、言っておいた方がいいかと思って。

Rachel: With Ross and Jill?
 ロスとジルが?

Phoebe: Yeah!
 ええ。

Rachel: With Ross and my sister?
 ロスと私の妹が?

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Rachel: With my sister Jill and my ex-boyfriend Ross?
 私の妹のジルと私の元彼のロスが?

Phoebe: Yeah.
 ええ。

Rachel: Oh, there is no way.
 そんな、まさか。

Phoebe: Okay, then.
 じゃあいいけど。

Rachel: Oh, my God! I can not believe that! I mean, I don’t really like it when Ross goes out with anyone, but my sister? Isn’t that like incest or something?! Oh, my God, and they’re gonna have sex! Oh! Oh, no what if he marries her too?! Oh, this is just terrible, this is just terrible. And I can’t stop it! I can’t−I don’t own Ross! You know? And Jill, she should be able to do whatever it is that she wants to do! And oh, my God, I can’t believe Ross is marrying my little sister, this terrible. Oh, my God, this is just the worst thing that could have ever happened to me.
 なんてことなの! 信じられない! ロスが誰かとつきあうだけでもイヤなのに、それが妹と? それ近親相姦みたいじゃない? ああ、なんてことかしら。そしてセックスしちゃったりするのね! ああ、もし結婚とかしちゃったら? ああ、ほんと最悪だわ。ほんとひどい。私はそれを止められないのよね。ロスは私のものじゃないんだし。ジルだって好きなことしていいんだもの。ああ、どうしよう、ロスが妹と結婚するなんて信じられない。最悪だわ。ああ、どうしよう。こんなことが起きるなんて最悪だわ。

Phoebe: But great news about the apartment pants, huh?
 でもアパートパンツの事はよかったわね!

《セントラルパーク》

Joey: That’ll be $3.85.
 (女性客に)3ドル85になります。

Woman: What do you mean? Yesterday you said I was too pretty to pay for stuff!
 どういうこと? 昨日は、私はかわいいから払わなくていいって言ったじゃない。

Joey: It’s just I can’t because my manager said I… . . "Happy birthday to you, happy birthday to you. Happy birthday dear Annie…
 それができないんだよ、マネージャーが・・(思いついて歌いだす)ハッピー・バースデー・トゥー・ユー、ハッピー・バースデー・トゥー・ユー、ハッピー・バースデー、ディア・アーニー・・

Woman: Amy!
 エイミー!

Joey: "…Amy! Happy birthday to you!"
 エイミー・・ハッピー・バースデー・トゥー・ユー!

A Male Customer: Hey, that’s weird, today’s my birthday too!
 ねぇ、奇遇だね、僕も今日が誕生日だよ!

Joey: Yeah, not it here it isn’t.
 ああ、ここでは違うよ。

(ジルが来る)
Jill: Sorry, I’m late, what’s up?
 遅れてごめんね、どうかした?

Rachel: Oh, hi! You know, I just wanted to see if there were any leads on the old job front.
 あら、ハーイ! 仕事探しはどうかなと思ってね。

Jill: Oh, no! But I just walked past three sales and I didn’t go in. How strong am I?
 ああ、ダメ! だけど、セールを3回も通過したわよ。私すごく強くなったじゃない?

Rachel: That is great. Hey, you know who doesn’t have to job hunt? Ross. He works at the university.
 いいわね。ねぇ、仕事探ししなくていい人しってる? ロスよ。彼は大学で働いてるの。

Jill: Yeah.
 そうね。

Rachel: Oh, so you know that, you guys talked about that, so you get along, so you think you’re gonna go out?
 あら、あなた知ってるのね。あなた達、その話したのね。それじゃ仲良くやってるのね。つきあう気なの?

Jill: Me go out with Ross?! No! God, no! What would make you think that?
 私がロスと? とんでもない、違うわよ! なんでそんなこと思うの?

Rachel: I just, Phoebe, said, you know, thought she saw something between you guys.
 ただ、フィービーが言ったのよ。あなた達の間に何かあるみたいって。

Jill: No! I mean he’s nice.
 ないわよ! 彼はいい人だけどね。

Rachel: Yeah.
 そうね。

Jill: He’s the kind of guy you’re friends with, you know? But he’s not the kind of guy you date. He’s the kind of guy you’d date because you did. Me, not so much.
 彼って、友達って感じの人よ。デートする相手じゃないわ。彼はあなたがデートするような人よね、つきあってたもんね。私にとっては別に。

Rachel: Oh, not-not so much. Umm, what-what do you, what do you mean? Is there something wrong with Ross?
 あら、別にって。なに、それどういうこと? ロスが何がいけない?

Jill: Oh, no-no-no, he’s just, I don’t know, he’s just a little bookish.
 あら、いえいえいえ、ただ、彼はなんていうの、本ばっかり見てる・・みたいな。

Rachel: Are-are you saying he’s a geek?
 あなた、彼がオタクだって言うの?

Jill: You think so too?
 あなたもそう思うの?

Rachel: No! No I, no Ross is not a geek!
 いえ、いいえ! ロスはオタクじゃないわよ。

Jill: Fine, then let’s just say he’s not my type.
 わかったわよ。じゃ、ただ、私のタイプじゃないってこと。

Rachel: What, handsome is not your type? Smart? Kind? Good kisser? What those things aren’t on your list? Ross is a great guy! You would be lucky to be with him!
 なに、ハンサムがあなたのタイプじゃないっていうの? 賢いのは? 優しいのは? キスが上手ってのは? そういうのあなたの好みじゃないっていうの? ロスは素敵な人よ。彼とつき合えたらラッキーよ!

Jill: Well, okay, if it means that much to you, then I’ll ask him out.
 いいわ。そんなに大事なことだっていうなら、わかったわよ、彼を誘ってみるわ。

Rachel: Oh, no-no-no, no-no-no, that’s not what I meant.
 あら、いえいえいえ、そういうことじゃないのよ。

Jill: No! You know what Rachel? You’re right, you know, he has been really nice to me.
 いいのよ。ね、レイチェル。あなたのいう通りだわ。彼はすごく優しいしね。

Rachel: Yeah, but, he’s not your type.
 ええ、でも、彼はあなたのタイプじゃないんでしょう。

Jill: Yeah, but maybe that’s a good thing. You know, I’m doing all these different sorts of things, and maybe I should try dating a geek too!
 ええ。だけど、いいかもしれないわ。いろいろ今までと違うことをしてるんだから、オタクとデートもいいかもしれないわ!

Rachel: Yeah, but, you don’t, you don’t want to try too much too fast. You know? I mean, you do remember what happened to the little girl that tried too much too fast, don’t you?
 ええ、でも、でもね、そんなにたくさんのことを急にやってみない方がいいのよ。あの、たくさんのことを急にやってみた女の子のこと知ってる?

Jill: What?
 知らないけど?

Rachel: She-she died, Jill.
 死んだのよ、ジル。

《モニカ達の部屋:うたたねするチャンドラー》

Monica: Chandler!
 チャンドラー!

Chandler: Oh, what is it honey, you need some tea? Some soup? . .Oh-ohhhh!
 ああ、なんだい、紅茶でもほしいの? スープ? (寝室に行ってみるとベッドでモニカが誘っている)ああ、あああ!

Monica: Calling Dr. Big, Dr. Big to the bed.
 ドクター・ビッグ、ドクター・ビッグをベッドに呼んでるのよ。

Chandler: Oh, Jeez, honey, I thought, I thought you were asleep.
 ああ、ねぇ、君はもう眠ってるかと思ったよ。

Monica: How could I be asleep knowing that you were in the next room?
 あなたが隣の部屋にいるってわかってるのに眠れるわけないじゃない。

Chandler: I was asleep. . . Oh, no! No-no honey! You know what’s sexy? Layers. Layers are sexy. And blankets are sexy. And oh! Hot water bottles are sexy.
 俺は寝てた・・(モニカが寒そう)ああ、ダメダメ、ダメだよ、ハニー。どんなのがセクシーかわかる? 重ね着だよ。重ね着してるとセクシーだよ。毛布もセクシー。それに、湯たんぽもセクシー!

Monica: Come on, get into bed! I want to prove to you that I’m not sick! I wanna make you feel, as good as I feel.
 ねぇ、ベッドに来てったら! 私が病気じゃないって証明するわ。私と同じくらいいい気分にしてあげる。

Chandler: Would you please get some rest!
 頼むから休んでくれって!

Monica: I’m fine.
 大丈夫よ(激しく咳き込む)

《セントラルパーク:ハッピーバースデーを歌うジョーイ》

Joey: "Happy birthday to you!"
 ハッピー・バースデー・トゥー・ユー!

Gunther: You’re paying for that.
 その分、君が払え。

Joey: What? No-no, it’s her birthday!
 えっ? 違うよ、彼女の誕生日なんだよ!

Gunther: You’ve sung Happy Birthday to 20 different women today!
 今日、君は、ハッピー・バースデーを20人の女性に歌ったんだぞ。

Joey: But it really…
 だけど本当に・・

Gunther: You are no longer authorized to distribute birthday muffins.
 君はもうバースデー・マフィンをあげるの禁止。

Joey: Damn it!
 クソっ!

(ロスが来る)
Ross: Rach? Hi!
 レイチ? ハーイ。

Rachel: Hi!
 ハーイ!

Ross: Did you tell your sister to ask me out?
 君、妹に僕を誘うように言った?

Rachel: Well, yeah…
 まぁ、ええ・・。

Ross: Oh, wow! I mean, wow! I mean, I-I-I think she’s cute but I-I never would've thought of going out with her, never!
 ああ、ワオ!・・ほんと、ワオ! 彼女はキュートだとは思うけど、まさかデートとは思わなかったよ。あり得ないよ。

Rachel: Really?!
 ほんと?

Ross: Yeah, but after you said it was okay, I figured, "Why not?!"
 ああ。だけど、君がいいって言うなら、「いいじゃん!」みたいな。

Rachel: Oh, so-so not really never.
 あら、それじゃ本当にあり得なくないじゃん。

Ross: I have to say you are a much bigger person than I am. I mean, after all we’ve been through, I just−you know, I wish I had a brother to reciprocate. Hey, if you ever want to go out with Monica, you have my blessing.
 君は僕なんかよりずっと人間ができてるんだね。僕らのこれまでのことを考えるとさ。ああ、お返しできる兄弟がいたらと思うよ。ねぇ、もしモニカとつき合うなら応援するよ。

Joey: Oh-ho, and mine!
 おぅおぅ! 俺もだよ。

《モニカ達の部屋》

Monica: Chandler, I think I’m sick.
 チャンドラー、私風邪引いたと思う。

Chandler: Really? Struck down in the pribe of libe!
 ほと? 人生のいい時に打撃を受けたね!

Monica: Okay, fine, I admit it! I feel terrible! Would you please rub this on my chest?
 いいわよ、わかった。認めるわよ! 気分は最悪よ! お願い、これを胸に塗ってくれる?

Chandler: No-no-no-no-no-no-no, you are not getting me this way.
 いやいやいやいやいや、その手には乗らないぞ。

Monica: Come on! I really need your help!
 いいじゃない! 本当に手伝ってほしいのよ!

Chandler: No-no-no-no-no!
 ダメダメダメダメ!

Monica: Fine, I’ll rub it on myself.
 わかったわよ。自分でやるわ。

Chandler: Okay. . . So you’re just, kinda rubbing it on yourself?
 わかった(塗るのを見ていて・・)それじゃ・・君は・・自分で自分に塗ってるわけ?

Monica: Yeah?
 そうだけど?

Chandler: It’s nice.
 いいね。

Monica: Are you kidding me?! Is this; is this turning you on?
 冗談でしょ? これで・・あなたその気になったの?

Chandler: Yes!
 そうです。

Monica: I can’t believe it! What is it? Is it the rubbing or the smell?
 信じられない! 何なの? 塗ってること、それとも匂い?

Chandler: It’s all very, very good. . . So you wanna go uh, mix it up?
 何もかもがすごくすごくいい。・・・それじゃ、あっちでもみ合っちゃう?

Monica: Not now, I’m sick!
 今はダメよ、病気なのよ。

Chandler: Oh, come on, you big faker!
 何言ってるんだよ、この見せかけや!

Monica: What happened to your rule about never sleeping with sick people?
 病気の人とは寝ないっていうのはどうなったのよ?

Chandler: Well, that was before all the vaporizing action.
 それは、あの蒸発するやつ塗る前までのことだよ。

Monica: Okay, if you really wanna have sex…
 本当にセックスしたいっていうなら。。

Chandler: Okay!
 よし!(寝室へ走る)

Monica: Worked like a charm.
 魔法みたいに効果ありね。

《セントラルパーク:ジルが来る》

Jill: Hi!
 ハーイ!

Rachel: Hi! Wh-what are you doing here?
 あら、ここで何してるの?

Jill: This is where Ross and I are meeting for our date. So, what do you think?
 ロスとデートで待ち合わせしてるのよ。これ、どう?

Rachel: Well, I-I don’t like it.
 うーん、よくないわね。

Jill: Really?!
 そう?

Rachel: It’s kinda slutty.
 あばずれっぽい。

Jill: It’s yours.
 あなたのよ。

Rachel: Yeah, well, I’m-I’m a slut.
 うん。私あばずれなのよ。

Jill: Me too.
 私もよ。

(ロスが来る)
Ross: Hi, Jill!
 ハーイ、ジル!

Jill: Hey!
 ヘイ!

Ross: Hi.
 ハイ。。(名前が出てこない)

Rachel: Rachel.
 レイチェルよ。

Ross: Rachel! You-you’re not at home, you’re-you’re-you’re right here.
 レイチェル! 君、家じゃないんだ。君、君、ここにいるんだ。

Rachel: Yeah, I know, and I bet you thought it would be weird. But it’s not!
 ええ。そうなの。変な感じがするかと思ったでしょ、でもそんなことなかった!

Ross: Okay. So well, I’ll umm, I’ll have her home by midnight.
 そうか・・それじゃ、えー・・夜中までには送り届けるからね。

《モニカ達の部屋:レイチェルが来て窓の外を見る》

Rachel: Why aren’t you home yet?!
 どうしてまだ帰ってきてないの?

Monica: Is someone there?
 (バスルームから)誰かいるの?

Rachel: Oh, yes, it’s me! Sorry!
 ああ、うん、私よ、ごめん!

Chandler: What are you doing here?
 (バスルームから)何してるんだ?

Rachel: Uh, I’m just, I’m just looking out your window. At-at the view. What are you guys doing?
 えー・・窓の外を見てるのよ。景色をね。あなた達何してるの?

Chandler: We got some VapoRub in some places.
 俺たちヴェポラッブをあちこち塗ってるんだよ。

(ロスがジルを連れて帰ったのが見える)
Rachel: Oh, he brought her back to his apartment.
 まぁ、彼、部屋に彼女を連れて帰ったわ。

Monica: Who?. . Is that your sister?
 誰って? あれ、あなたの妹?

Rachel: Ugh, she is a slut!
 ああ! 彼女ほんとあばずれ!

Monica: God, Ross is on a date with your sister! How weird is that?!
 ああ、ロスがあなたの妹とデート? 変な感じ!

Rachel: Oh, my God, look-look he’s taking off her clothes!
 なんてことなの! 見て見て、彼、彼女の服を脱がせてるわ!

Chandler: He’s taking off her coat.
 コートを脱がせてるんだよ。

Rachel: Oh, this is just terrible.
 ああ、こんなの本当最悪よ。

Monica: Oh, no it’s not, no it’s not. It’s a first date. I’m sure that nothing is gonna…
 あらそんなことないわよ。そんなこと・・最初のデートでしょ。絶対何も・・(ロスがカーテンを閉める)

Rachel: Oh.
 あ。

Chandler: Ho-oh, he’s gonna get some. . . Of the glare from the streetlight out of his apartment. You know, so umm, he’s closed the drapes there so he can have a nice, pleasant conversation with your little sister. . Well, I’m off to bed!
 ホホー、これはイタダキだな! 部屋の外の街頭の明かりをちょっとよけていただいただけだよ。だからカーテンを閉じて、君の妹と、楽しい愉快な会話を楽しめるんだよ。それじゃ、俺はベッドへ行こうっと。

To Be Continued

posted by らんち at 01:18| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。