2013年09月20日

6-12 The One With The Joke

6-12 ジョークの話

 ☆ジョーク泥棒はどっち?☆

《セントラルパーク:ロスが来る》

Ross: Hey, you’re not gonna believe this. I made up a joke and sent it in to Playboy. They printed it!
 やぁ! 君たち、驚くよ。僕がジョークを考えてプレイボーイに送ったら、それが掲載されたんだ!

Phoebe: I didn’t know Playboy prints jokes.
 プレイボーイがジョークも載せるなんて知らなかった。

Ross: Yeah, they print jokes, interviews, hard-hitting journalism. It’s not just about the pictures.
 ああ、ジョークとか、インタビューとか、パンチのきいた報道だってあるんだよ。ただ写真ばかりじゃないんだ。

Monica: That didn’t work on mom, it’s not gonna work on us.
 ママに通用しなかったことは、私たちにも通用しないわよ。

Ross: Here, check it out. It’s the first one, too.
 ほら、これ見て。最初に載ってるだから。

Chandler: That is funny. It was also funny when I made it up.
 おもしろいな。俺が考えた時もおもしろかったよ。

Ross: What?
 なに?

Chandler: I made that joke up.
 それは俺が考えたジョークだ。

Ross: Uh, oh-oh, no, you didn’t. I did.
 あ、いやいやいや、君じゃない。僕だよ。

Chandler: Oh, oh, oh! Yes, I did. I told it to Dan at work, and he said it was the funniest joke he’d ever heard.
 いやいやいや、俺だよ。職場のダンに話したら、こんなおもしろいジョーク聞いたことがないって言ってくれたんだから。

Ross: Hey, tell Dan, ‘Thanks.’
 おお。ダンに「ありがとう」って言っといて。

(レイチェルが雑誌を見て笑っている)
Ross: What?
 なに?

Rachel: I’m sorry, I was just reading the joke below it. Man, that one is funny.
 ごめん、その下のを読んでたのよ。これおもしろいわ!

Chandler: Monica, you remember me telling you that joke, right?
 モニカ、俺があのジョーク言ってたの覚えてるだろ?

Monica: No.
 いいえ?

Chandler: Seriously?
 本当に?

Monica: Well, you tell a lot of jokes!
 だってあなたいっぱいジョーク言うんだもの。

Ross: Look, Chandler, it’s my joke. But, hey, if it makes you feel any better they don’t print the name, so it doesn’t really matter who gets credit, right?
 チャンドラー、これは僕のジョークだ。だけど、これで気が済むかなと思うけど、名前はプリントされないんだよ。だから、誰の手柄ってことないんだ、ね?

Chandler: Yeah, I guess.
 まぁ、そうかもな。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, guys.
 やぁ!

Chandler: Hey, Joey, Playboy printed my joke.
 おい、ジョーイ、プレイボーイに俺のジョークが載ったんだよ。

Ross: No, it’s my joke, it’s mine. You can call them, they’ll tell you.
 違う、俺のジョークだよ。俺のだ。電話して聞いてみてよ。教えてくれるから。

Chandler: It’s my joke.
 俺のジョークだ。

Ross: It’s my joke.
 僕のジョークだ。

Joey: Whoa-whoa-whoa. Jokes? You guys know they have naked chicks in there, right?
 おいおいおい、ジョークだって? 君たち、これには裸の絵が載ってるってことわかってるだろ?

《ジョーイの部屋》
Chandler: Dude, you have got to turn on Behind the Music. The band Heart is having a really tough time, and I think they may break up.
 おい、「ミュージシャンの舞台裏」つけてくれ。ハートが危機みたいなんだよ。解散するかもしれない。

(Behind the Music = VH1チャンネル、ミュージシャンのインタビューなどをおりまぜ、サクセスへの道のり等を伝える番組)

Joey: Let’s go watch it at your place.
 おまえの部屋で見ようよ。

Chandler: Nah, Monica’s watching some cooking show. Come on, I don’t want to miss when they were skinny.
 いや、モニカが料理番組を見てるんだよ。早く、彼女達のやせてた頃を見たいんだよ。

Joey: Chandler, Chandler, you know what we should do? You and I should go out and get some new sunglasses.
 チャンドラー、チャンドラー、なぁ、提案だけど、サングラス買いにいこうよ。

Chandler: What? No, I want to watch this. . Did your cable go out?
 なに? いや、この番組見たいんだよ。(テレビが映らない)ケーブル映んないの?

Joey: No, that’s VH-1. I gotta tell you, the music these kids listen to today . . . It’s like a lot of noise to me. I don’t know…
 いや、それがVH-1チャンネルだよ。最近の子が聞く音楽ってもう・・ただの雑音だよね。なんかもう・・。

Chandler: Joey, why is your cable out?
 ジョーイ、なんでケーブル映らないんだ?

Joey: I uh, oh! Because, uh, I haven’t really paid the bill.
 ああ、それは・・えー・・料金払ってないからかな。

Chandler: If you need money, will you please-please just let me loan you some money?
 金がいるなら、頼むよ、俺が貸すからさ。

Joey: No, Chandler. Look, forget about it, okay? Look, I know things have been a little tight since Janine moved out. Oh, was she hot.
 いや、チャンドラー、やめてくれって。ジャニーンが出てってからキツいけどさ・・ああ、彼女本当にセクシーだったよな。

Chandler: Whoa ho.
 ほんと。

Joey: I know! Look, I can handle it. All right? I can listen to the radio, huh? And Ross gave me this great book.
 いいか、何とかやってくから。な? ラジオ聞いたりさ。ロスがこのいい本くれたしさ。

Chandler: You want to see if the joke stealer will let us watch the show at his place?
 ジョーク泥棒が、テレビ見させてくれるか聞いてみようか。

Joey: Sure.
 うん。

Chandler: Paid your phone bill?
 (電話をかけようとして)電話代払ってるか?

Joey: Not so much.
 あんまり。

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Monica: It’s only you.
 ああ、なんだ、あなたか。

Phoebe: Wh-wh-what are you doing?
 なにしてんの?

Rachel: We are looking at a Playboy.
 プレイボーイ見てるの。

Phoebe: Oh, I want to look too! . . Yikes!
 ワぁッ! 私も見る! きゃっ!

Monica: So do you think that these pictures−Are, are they trying to tell a story?
 ねぇ、こういう写真って・・これ、ストーリーあるのかな?

Rachel: Oh, yeah, sure. I mean, like in the case of this young woman, she has lost her clothes, so she rides naked on the horse, she’s crying out, ‘Where are they, where are they?’
 あら、あるわよ。例えばこれの場合だったら、この若い女性は服をなくして、裸で馬に乗って、叫んでるのよ、「服はどこ? 服はどこ?」

Monica: Well, she’s not going to find them lying in the grass like that.
 こんなふうに草の上に寝転がってたら見つからないわね。

Phoebe: Oh, yeah. Aw, remember the days when you used to go out to the barn, lift up your shirt, and bend over?
 ああ、うん、昔、こんなふうに納屋でシャツをまくりあげて前屈みになったものよね。

Rachel and Monica: Yeah.
 そうね。

Rachel: You see, now, I would date this girl. She’s cute, she’s outdoorsy, you know, and she knows how to build a fire. I mean, that’s got to come in handy.
 私ならこの子とデートするわ。キュートで、アウトドア好きそうでいいじゃん。火をおこせるなんて、便利でいいじゃない。

Monica: Okay, I’ve got a question. If you had to pick one of us to date, who would it be?
 ねぇ、聞きたいんだけど、私たちの中から選ぶとしたら、誰とデートする?

Rachel: I don’t know.
 ・・わかんないわ。

Monica: Me neither.
 私も。

Phoebe: Rachel.
 レイチェル。

Monica: What?!
 えっ?

Phoebe: I don’t know. . . Me neither.
 わかんないわ・・・私も。

《セントラルパーク》

Joey: You know, you forget how many great songs Heart had.
 ハートって、忘れたけどいい曲いっぱいあるよな。

Chandler: Yeah.
 そうだな。

Ross: You know, "Barracuda" was the first song I learned to play on the keyboard.
 「バラクーダ」は、僕、キーボードで最初に引いた曲だよ。

Chandler: So, you heard it, you repeated it, so that must mean you wrote it.
 おまえの場合、曲を聞いて、それを演奏したら、そうしたら作曲したことになるのか。

Joey: Oh, you guys, with this joke. I gotta say, I know I cracked up, but I’m not even sure I got it.
 もう、おまえたち、ジョークの話だけどさ。俺笑ったけど、よくわからなかったんだよな。

Ross: What, you didn’t get it? The doctor is a monkey.
 なに、わからなかったの? ドクターが、サルなんだよ!

Chandler: And monkeys can’t write out prescriptions.. . You are not allowed to laugh at my joke.
 サルには、処方箋書けないだろ。(笑った後でロスに)おまえは俺のジョークを笑うな。

Ross: Your joke? Well, I think ‘the Hef’ would disagree, which is why he sent me a check for one hundred ah-dollars.
 君のジョーク? ヘフナーさんはそう思わないみたいだよ。僕に100ドル送ってきたからね。

The Hef = Playboy の発刊者 Hugh Hefner の愛称)

Chandler: So, you stole my joke, and you stole my money.
 それじゃおまえ、ジョークを盗んで、お金も盗ったのか。

Ross: Well, I was going to stick it in the ATM, but now I think I’ll show the sexy teller that I am a  published writer.
 いや、ATMで入金するつもりだったけど、でも、銀行のセクシーな女の子に僕のジョークが本に載ったって話してこようかな。

Chandler: Well, she is going to know that you stole the joke.
 その子に、俺のジョークを盗んだっていうよ。

Ross: Oh, what are you going to do, follow me down there?
 どうするんだ、銀行までついてくる気?

Chandler: Yeah!
 ああ!

Ross: Well, I’m not going to go now anyway.
 今行かないもんね。

Chandler: Okay.
 そうか。(ロスが走り出し、追いかけて出て行く)

(ガンターがレシートを持ってくる)
Gunther: Here you go.
 はい、これ。

Joey: Ah, Gunther, I can’t pay for this right now because I’m not working, so I’ve had to cut down on some luxuries like uh, paying for stuff, so..
 あ、ガンター、これは払えないよ。俺、今仕事してなくて、贅沢は禁止なんだよ、こういうお金払うとかさ。

Gunther: Well, if you want, you can work here.
 もしよかったら、ここで働けばいいよ。

Joey: Uh, I don’t know. It's uh, it’s just, see, I was a regular on a soap opera, you know? And to go from that to this, I just… Plus, I’d have to wait on all my friends.
 それはどうかなぁ・・俺は昼メロのレギュラーだったんだよ。その後でここで働くっていうのは・・それに、友達相手にウェイターってのもな。

Gunther: Okay, but the money’s good, plus you get to stare at Rachel as much as you want.
 だけど、給料はいいし、それに、レイチェルを見たいだけ見てられるよ。

Joey: What?!
 は?

Gunther: Flexible hours.
 時間が自由だってこと。

Joey: Maybe I could be a waiter. Could I use the phone?
 ウェイターでもいいかもな。電話使える?

《モニカとチャンドラーのベッド》

Monica: She picked Rachel. I mean, she tried to back out of it, but it was obvious. She picked Rachel.
 彼女レイチェルを選んだのよ。取り消そうとしたけど間違いないわ。レイチェルを選んだのよ。

Chandler: He took my joke, he took it.
 やつは俺のジョークを盗んだ。盗ったんだ。

Monica: It’s wrong. You know what else is wrong? Phoebe picking Rachel.
 間違ってるわ。それ以外に間違ってること知ってる? フィービーがレイチェルを選んだことよ。

Chandler: You know who else picked Rachel? Ross, and you know what else Ross did? He stole my joke. You know what? I’m going to get a joke journal. You know? And document the date and time of every single one of my jokes.
 彼女以外にレイチェルを選んだの知ってる? ロスだよ。ロスがそれ以外に何をしたか知ってる? 俺のジョークを盗んだんだ。そうだ、これからはジョーク日記をつけるよ。全部のジョークの日付と時間を記録するんだ。

Monica: That’s a good idea.
 それはいいアイデアね。

Chandler: Yeah!
 だろ!

Monica: You know what’s a bad idea?
 悪いアイデアは何かわかる?

Chandler: Picking Rachel.
 レイチェルを選ぶ事。

Monica: That’s right. . Did you hear something?
 その通り。(物音がする)何か聞こえなかった?

Chandler: Maybe it’s the sound of Ross climbing into my brain and stealing my thoughts.
 ロスが脳みそに登ってきて俺の考えを盗もうとしてる音だ。

Monica: It’s coming from the living room.
 リビングから聞こえるわ。

(リビングへ行くとジョーイがテレビを見ている)
Joey: I finished my book.
 本読み終わっちゃったんだ。

《フィービーの部屋:モニカが来る》

Monica: Hey, you guys.
 こんにちは!

Phoebe and Rachel: Hey.
 ハーイ。

Monica: Oh, don’t you guys look cute. You guys make such a cute couple.
 まぁ、かわいいわね。あなた達2人、可愛いカップルだわ。

Rachel: Monica, what are you doing?
 モニカ、何してるのよ?

Monica: Nothing, I’m just trying to recreate some of the fun that we had at my place the other day. Remember, when you picked Rachel over me? That was funny.
 別に。ただ、この前うちであった、楽しいできごとをもう一度再現しようと思って。ほら、あなたが私じゃなくてレイチェルを選んだじゃない、あれおもしろかったわ。

Phoebe: I guess it was kinda funny.
 おもしろかったかもね。

Monica: It wasn’t funny at all! Why would you do that? Why didn’t you pick me?
 全然おもしろくないわよ! なんであんなこと言うのよ! どうして私を選ばなかったの?

Phoebe: Fine. The reason that I was leaning a little bit more toward Rachel than you is just, you know, you’re … just … kinda high maintenance−Okay, let’s go to lunch!
 わかったわよ。ほんの少しだけレイチェルに傾いたのは、それは・・あなたはちょっと・・手間がかかるのよ。よしっ! それじゃランチ行こ!

Monica: That is completely untrue. You think I’m high maintenance? Okay, prove it. I want you to write out a list, and we’re gonna go through it point by point!
 そんなの全然違うわよ! 私が手間がかかるっていうの? いいわ、証明して。リストを書いて、一つひとつチェックしていきましょうよ!

Phoebe: No, you’re right. You’re easy-going. You’re just not as easy-going as Rachel, you know. She’s just more flexible and-and mellow. That’s all.
 いえ、あなたの言う通りよ。あなたはのんきな人よ。ただ、レイチェルほどのんきじゃないってことよ。彼女は柔軟でおだやかなの。それだけ。

Rachel: Well, people are different.
 (モニカに見つめられ)ま、人はそれぞれだから。

Phoebe: Yeah, you know, Rachel … she’ll do whatever you want. You know, you can just walk all over her.
 そうよ。レイチェルは・・彼女だったらあなたの望み通りにしてくれるわ。彼女なら適当にあしらえちゃうわよ。

Rachel: What? Wait a minute. What are you saying, that I’m a pushover? I’m not a pushover.
 なに? ちょっと待って。あなた、私が人の言いなりだっていうの? 私は言いなりじゃないわよ。

Phoebe: Oh, okay, you’re not a pushover.
 あ、そうよね、あなたは言いなりじゃないわ。

Rachel: Oh, my … you think I’m a pushover. Well, watch this, you know what? You’re not invited to lunch. What do you think of that? I think that’s pretty strong, that’s what I think. Come on, Monica, let’s go to lunch.
 なんてこと・・私が人の言いなりだと思ってるのね。見てなさいよ。ランチにあなた誘わないから。これでどう? これで強いじゃないの。行こう、モニカ、お昼に行きましょ。

Monica: You start working on that list.
 (フィービーに)リスト作りなさいよ(出て行く)

《フィービーの部屋の前》

Rachel: I cannot believe her.
 彼女信じられない。

Monica: I know. Where do you wanna go eat?
 本当よね。どこに食べに行く?

Rachel: Oh, oh, I love that Japanese place.
 あ、そうだ、私、あの日本食のお店大好きなのよね。

Monica: I’m sick of Japanese. We’re not going there.
 日本食はもうたくさん。あそこはやめましょ。

Rachel: All right, wherever you wanna go is cool.
 いいわ、あなたの行きたいところでいいわよ。

Monica: All right.
 行きましょ。

《セントラルパーク》

Ross: Oh, hey, Gunther, check this out.
 (プレイボーイを見せ)ほら、ガンター、これ見て。

Gunther: Yeah, that-that Chandler cracks me up.
 ああ、チャンドラーはおもしろいよね。

Joey: Hey, Ross, listen, you want anything to drink, ‘cause I’m heading up there.
 なあ、ロス、何か飲みもの欲しい? あっち行くからさ。

Ross: Uh, yeah, I’ll take a coffee. Thanks, man.
 ああ、コーヒーもらうよ。ありがと。

Joey: Sure. Coffee? Coffee? ‘Cause I’m going up there.
 いいよ。(モニカ達に)コーヒーは? コーヒー飲む? あっちへ行くからさ。

Rachel: No.
 いらないわ。

Monica: No, thank you.
 いいわ、ありがと。

Joey: You guys need anything, ‘cause I’m heading up there.
 (他の女性に)君たち何かほしい? あっちへ行くからさ。

Woman: I’d love an ice water.
 冷たい水が欲しいわ。

Joey: You got it.
 わかったよ。

Monica: Joey, what are you doing?
 ジョーイ、何してるの?

Joey: Just being friendly.
 フレンドリーにしてるだけだよ。(カウンターに入る)

Rachel: Joey, honey, I don’t think you’re supposed to go back there.
 ジョーイ、あなたそこの中に入っちゃダメよ。

Joey: Nah, it’s okay. Right, Gunther?
 いや、いいんだよ。ね、ガンター?(ウィンクする)

Gunther: Don’t wink at me. And put on your apron.
 僕にウィンクしないで。それにエプロンして。

Joey: Okay, but I don’t see you asking any other paying customers to put on aprons.
 わかったよ。だけど他のお客さんにはエプロンつけさせないのに。

Monica: Joey, do you work here?
 ジョーイ、あなたここで働いてるの?

Joey: No.
 いいや。

Customer: Waiter.
 ウェイターさん!

Joey: Yeah?
 はい?

《セントラルパーク:続き》

Monica: Joey, what’s going on? What didn’t you tell us you work here?
 ジョーイ、どうなってるの? ここで働いてるって言えばいいのに。

Joey: It’s kind of embarrassing, you know. I mean, I was an actor and now I’m a waiter. It’s supposed to go in the other direction.
 だってカッコ悪いだろ。俳優してたのに、今じゃウェイターだなんてさ。違う方向へ行くはずだったのにさ。

Chandler: So is your apron. You’re wearing it like a cape.
 おまえのエプロンも方向違うぞ。それじゃケープみたい。

Joey: I mean, the job’s easy and the money’s good, you know? I guess I’m going to be hanging out here anyway. I might as well get paid for it, right? I just feel kind of weird serving you guys, you know?
 仕事は簡単だし給料もいいしさ。どうせここにいるんだし、お金もらえればいいじゃん。ただ、君たちにコーヒー出すとか変な感じでさ。

Rachel: Come on, Joey, I did it and it was fine.
 いいじゃない、ジョーイ。私もやってたけど、大丈夫よ。

Ross: Yeah, why would it be weird? Hey, Joey, can I get some coffee?
 そうだよ。なんで変なのさ? ね、ジョーイ、コーヒーもらえる?

Joey: Okay, I guess it doesn’t seem that weird.
 そうか。そんなに変じゃないかもな。

Ross: Seriously, I-I asked you before and you still haven’t gotten it.
 本当にさ、さっき言ったけど、コーヒーまだもらえないぞ。

Joey: See, now it’s weird again.
 ほら、やっぱり変じゃないか。

Chandler: I think it’s great that you work here. You’re going to make a lot of money, and here’s your first tip: Don’t eat yellow snow. . . Ah ha ha, 2:15, coffeehouse.
 ここで働くなんていいと思うよ。ここでたくさん稼げじゃないか。一つ、こつを教えるよ。黄色い雪は食べるな。アハハ・・(メモする)2時15分、コーヒーハウス。

Rachel: Well, you know what? This is great. Finally, I have someone I can pass on my wisdom to. Let me tell you about a couple of things I learned while working at the coffeehouse. First of all, the customer is always right. A smile goes a long way. And if anyone is ever rude to you, sneeze muffin.
 ねぇ、これはいいわ。私もついに、私の知識を伝えることができるわ。このコーヒーハウスで働いてる間に学んだことを教えるわ。まず第一に、お客様はいつも正しい。笑顔があればうまくいく。それから、誰か失礼な人がいたら、マフィンにくしゃみしてやればいいのよ。

Joey: Thanks, Rach. Look, you guys are just terrific. You know? Now, how about clearing out of here so I can get some new customers. It’s all about turnover.
 ありがと、レイチ。君たちは最高だよ。じゃあ、みんなここを出てってくれよ。そうすれば新しいお客さんが来るからさ。お客の回転はよくないとね。

Ross: Joey, seriously, can I get my coffee?
 ジョーイ、マジでさ、僕のコーヒーは?

Joey: I’m sorry, Ross. I’ll get it for you right now. And since I made you wait, I’ll toss in a free muffin.
 ごめん、ロス。すぐ持ってくるよ。それに待たせたから、マフィンをサービスするからね。

《フィービーの部屋:モニカとレイチェルが来る》

Rachel: Phoebe. We would like to talk to you for a second.
 フィービー。あなたにちょっと話したいんだけど。

Phoebe: Okay.
 いいわよ。

Monica: So, maybe I am a little high maintenance. And maybe Rachel is a little bit of a pushover. But you know what we decided you are?
 確かに、私はちょっと手間がかかるかもしれない。それにレイチェルはちょっと言いなりかもしれない。だけど、私たち考えたんだけど、あなたは何かしら?

Rachel: Yes, we are very sorry to tell you this, but you, Phoebe, are flaky.
 そう。悪いけど、言わせてもらうわね、フィービー、あなたは、変わり者よ。

Monica: Hah!
 どうよ!

Phoebe: That true, I am flaky.
 その通りね。私は変わり者よ。

Rachel: So, what, you’re just, you’re just okay with being flaky?
 それ、なに、あなた、じゃあ、変わり者でも平気なわけ?

Phoebe: Yeah, totally.
 ええ、全然。

Monica: Well, then, I’m okay with being high maintenance.
 そう。じゃあ、私も手間がかかる人でも平気よ。

Rachel: Yeah, and I am okay with being a pushover.
 そうよ。私も言いなりでも平気だわ。

Phoebe: That’s great. Good for you guys.
 いいじゃない。よかったわね。

Monica: I am not high maintenance!
 私手間かかる人じゃないわよ!

Rachel: I am not a pushover!
 私は言いなりじゃないわよ!

Phoebe: Who said you were?
 誰がそう言ったのよ?

Monica and Rachel: You did!
 あなたよ!

Phoebe: Oh, I’m flaky. I’ll say anything.
 あら、私は変わり者よ。何だって言うわよ。

《セントラルパーク》

Joey: Hey, Gunther. Can you uh, can you cover for me? I just got an audition.
 なぁ、ガンター、ちょっと仕事抜けさせてkるえる? オーディションがあるんだ。

Gunther: No, I’m leaving to get my hair dyed.
 ダメ。髪を染めに行くんだ。

Joey: Really?! I like your natural color. Come on, man, it’s a great part. Look, check it out. I’m the lead guy’s best friend and I wait for him in this bar and save his seat. Listen-listen. ‘I’m sorry, that seat’s saved.’
 本当に? そのままの髪が好きだけどな。なぁ、頼むよ。すごくいい役なんだ。ほら見て。主役の男の親友のバーテンダー役で、そいつの席をとっといてやるんだ。聞いて聞いて、「悪いね、そこは予約済みなんだ」

Gunther: That’s the whole part?
 それだけか?

Joey: Okay, maybe he’s not his best friend, but …
 いや、親友じゃないかもしれないけどさ・・

Gunther: Okay, I’ll see you in an hour.
 じゃ、1時間で帰るよ。

Joey: Oh, man, I could totally get that part. ‘I’m sorry, that seat is taken.’
 え、なんだよ・・この役もらえると思ったのにさ。「悪いね、そこは予約済みなんだ」

Patron: Oh, excuse me.
 あ。悪い。

Joey: No, no, no. I didn’t mean you. But, you believed me, huh?
 いやいやいや、君に言ったんじゃないよ。だけど、信じたよね?

Patron: I believed you were saving this seat for someone.
 君がこの席を誰かのためにとっとくんだって信じたけど・・

Joey: So, you’d hire me, right?
 それじゃ、俺を雇うんだね?

Patron: For what?
 何に?

Joey: Exactly! All right, everybody, listen up. The coffeehouse is gonna be closed for about an hour.
 そうだよ! よし。みんな、聞いて! コーヒーハウスはこれから1時間くらい閉店だよ。

Customers: Huh? What?
 え? なんだって?

Joey: Yeah, it’s for the kids. To keep the kids off drugs. Yeah, It’s a very important issue in this month’s Playboy. I’m sure you all read about it.
 ああ、子供のためだよ。子供をドラッグから守るためだ。ああ、今月のプレイボーイに載ってた重大な記事だ。みんな読んだよね。

《モニカ達の部屋:カウチにいるロスとチャンドラー》

Ross: It’s my joke.
 僕のジョークだ。

Chandler: It’s my joke.
 俺のジョークだ。

Ross and Chandler: It’s my joke.
 僕のジョークだ。

Ross: You know, I don’t think we’re going to settle this.
 これは決まらないな。

Chandler: No. Let’s have Monica decide.
 モニカに決めてもらおう。

Ross: Yeah!
 そうだ!

Chandler: Yeah!
 そうだよ!

Ross: Hey, Mon.
 なぁ、モン!

Chandler: Mon, get out here!
 モン! ここへ来て!

Ross: Monica!
 モニカ!

Chandler: Okay, okay. You have to help us decide whose joke this is.
 よし。・・よし、このジョークがどっちのか決めてくれ。

Monica: Why do I have to decide?
 どうして私が決めなきゃいけないの?

Chandler: Because you’re the only one that can be fair.
 君だけがフェアになれる人だからだよ。

Ross: Yeah.
 そう。

Monica: I can’t be fair. You’re my boyfriend.
 フェアになれないわよ。あなたは私のボーイフレンドなんだもの。

Ross: Yeah, but I’m your brother. We’re family. That’s the most important thing in the world.
 そうだけど、僕は君の兄だ。僕らは家族だ。世界で一番大切なものだ。

Chandler: Don’t try to sway her. . .I’m your only chance to have a baby. Okay, let’s go.
 彼女を惑わすな! (モニカに)子供を産ませるのは俺だよ。・・さ、始めよう。

Ross: All right. Okay. We’ll each tell you how we came up with the joke and then you decide which one of us is telling the truth. Me.
 よし、いいか、僕ら2人とも、どうやってジョークを考えついたか言うから、君は、どっちの話が本当か決めてくれ、僕だよ。

Monica: Okay, Chandler, you go first.
 わかった。チャンドラー、あなたから。

Chandler: Okay, I thought of the joke two months ago at lunch with Steve.
 よし。2ヶ月前、スティーブとランチとってる時に思いついたんだ。

Monica: Oh, wait, is he the guy I met at Christmas?
 あ、待って、それって、クリスマスに会った人?

Chandler: Can I finish my story?!
 最後まで話を聞いてくれよ。

Monica: Do you want me to pick you?!
 あなたを選んで欲しいんじゃないの?

Ross: See, I would never snap at you like that.
 ほらね、僕なら絶対あんなふうに言い返したりしない。

Monica: Continue.
 続けて。

Chandler: Okay. So Steve said he had to go to the doctor. And Steve’s doctor’s name is Doctor Mompey. So I said, ‘Doctor Monkey?’ And that is how the whole Doctor Monkey thing came up.
 よし。スティーブが、医者に行かなきゃならなかったって話をしたんだ。そしてスティーブの医者の名前が、ドクター・モンピーだったんだよ。それで、「ドクター・モンキー?」って言ったんだ。それが、このドクター・モンキーっていうジョークができたきっかけだよ。

Ross: Are you kidding? Okay, look. I-I studied evolution. Remember, evolution? Monkey into man? Plus, I’m a doctor, and I had a monkey. I’m Doctor Monkey!
 冗談だろ? いいか、僕は進化を学んだ。進化だよ? サルから人へ、だ。それに、僕はドクターだ。そして、僕はモンキーを飼ってた。僕がドクター・モンキーなんだよ!

Chandler: I’m not arguing with that.
 その点は異論はないよ。

Monica: All right, I’ve heard enough. I’ve made my decision.
 わかったわ。十分聞いた。決めたわ。

Chandler: Oh!
 おお!

Ross: Okay, so what? Do tell.
 それで? 言ってよ。

Monica: You are both idiots. The joke is not funny, and it’s offensive to women, and doctors, and monkeys! You shouldn’t be arguing over who gets credit, you should be arguing over who gets blamed for inflicting this horrible joke upon the world! Now let it go! The joke sucks!
 あなた達2人ともバカよ。ジョークはおもしろくない。その上女性に対して失礼よ。ドクターに対してもね。そしてサルにも! 誰のお手柄なんて言い争う場合じゃないわ。こんなひどいジョークを世間に広めちゃって、それがどっちのせいかを争えばいいのよ。もう忘れなさい! ひどいジョーク!

Ross: It’s your joke.
 ・・君のジョークだ。

Chandler: It is not.
 違う。

《セントラルパーク:チャンドラーが来てすぐモニカが来る》

Monica: Oh, my God, Chandler, there you are.
 あら、チャンドラー、ここにいたのね。

Chandler: Hi, oh, hi.
 ハイ、あ、ハイ。。

Monica: Hey, it’s Phoebe and Rachel. Hey, why don’t you tell them what you were telling me earlier about me not being high maintenance?
 ねぇ、フィービーとレイチェルよ。あなた、さっき私が手間のかかるやつじゃないって言ってたことを、2人に話したら?

Chandler: Monica is a self-sufficient, together lady. Being with her has been like being on a vacation. And what may be perceived as high maintenance is merely attention to detail and−generosity of spirit.
 モニカは自立したよくできた女性だ。彼女と一緒にいるのは、バケーションに行ってるような感じ。手間がかかると思われるかもしれないけど、それは細かい点によく気がついて・・(言葉につまりモニカが教える)寛大な人だ。

Rachel: Wow, you know what? That is the best fake speech I think I’ve ever heard.
 ワオ・・ねぇ、最高に嘘くさいスピーチね。

Phoebe: Really? I’ve heard better.
 そう? もっとすごいの聞いたことあるわよ。

Monica: Wait, wait, he came up with that himself. Tell them, Chandler.
 待って待って。彼が自分で言ったことよ。言ってよ、チャンドラー。

Chandler: I’m out of words. Should I just say the whole thing again?
 (モニカに)これで全部だよ。もう一度頭から言うの?

Monica: Look, I am not high maintenance. I am not. Chandler!
 ねぇ、私は手間のかかる女じゃないわよ。違う! チャンドラー!

Chandler: . . You’re a little high maintenance.
 ・・君はちょっと手間がかかるよ。

Monica: Ahhh! You are on my list.
 あー! あなたもリスト入りよ。

Chandler: I’m sorry. You’re not easy-going, but you’re passionate, and that’s good. And when you get upset about the little things, I think that I’m pretty good at making you feel better about that. And that’s good too. So, they can say that you’re high maintenance, but it’s okay, because I like … maintaining you.
 ごめんよ。君はのんきな人じゃない。だけど意味は情熱的で、それでいいんだよ。そして君がささいなことで動揺した時は、俺が君の気分を直してあげるのが上手だからいいんだよ。それでいいんだ。みんなが君のこと手間がかかるって言ってもいいんだ。だって、俺は、君に手間をかけるのが好きなんだから。

Monica: I didn’t even tell him to say that. . . All right, you’re off my list.
 (レイチェル達に)今のは私が言わせたんじゃないわよ。(チャンドラーに)いいわ。リストから外す。

Chandler: I’m off the list.
 リストから外された。

Monica: Phoebe, it’s okay that you don’t want me to be your girlfriend because I have the best boyfriend.
 フィービー、あなたが私のことガールフレンドにしたいと思わなくてもいいわ。私には最高のボーイフレンドがいるから。

Phoebe: You know, suddenly I find you very attractive.
 ねぇ、突然あなた、とっても魅力的に見えてきた。

(ジョーイが来る)
Chandler: Hey, buddy boy, how’d the audition go?
 よぉ、オーディションはどうだった?

Joey: Oh, not good, no. I didn’t get the part, and I lost my job here, so …
 ああ、ダメだったよ。役はもらえなかったし、ここの仕事も無くした。

Phoebe: Wow! That is a bad audition.
 ワオ。それはひどいオーディションね。

Rachel: How-how did you lose your job here?
 え、どうしてここの仕事がダメになるの?

Joey: Well, I had the audition but Gunther said I had to stay here and be in charge so he could go get his hair dyed. So, I went anyway, and then he fired me.
 オーディションがあったけど、ガンターが髪を染めに行からいなくちゃダメって言われたんだ。でも行っちゃって、そしたらクビになったんだよ。

Rachel: He left work in the middle of the day to do a personal errand and left you in charge when you’ve been working here two days? That’s not, that’s not right.
 彼、仕事の最中に自分の都合ででかけて、まだ2日しか働いてないあなたにあとを任せたの? そんな・・そんなのよくないわよ。

Joey: Yeah, what are you gonna do?
 ああ、だけどどうしようもないだろ?

Rachel: Joey, you can’t let him get away with that. You know what, I’m not going to let him get away with that. I’m gonna say something to him−No, I really shouldn’t say anything−No, I should say something to him. . . Gunther, I want you to give Joey his job back. That is really not fair that you have to fire him…
 ジョーイ、そんなことさせちゃダメよ。私はそんなの許さないわ。彼に何とか言ってくる・・いえ、何も言わない方がいいわよね・・いえ、何か言うべきだわ。(カウンターへ行く)ガンター、ジョーイに仕事させてあげてよ。彼をクビにするなんて、本当にそんなのよくないと・・

Gunther: Okay.
 わかったよ。

Rachel: What?
 え?

Gunther: He can have his job back.
 仕事してもらうよ。

Rachel: That’s right, he can have his job back. I’m glad we got that all straightened out. There you go, Joey, you got your job back.
 そうよ。彼ここで仕事できるわよ。わかってもらえてよかったわ。ほら、ジョーイ、ここで働けるわよ。

Joey: That’s great. Thanks, Rach.
 よかった。ありがと、レイチ。

Rachel: Yeah, pretty nice, huh? Now who’s a pushover?
 ええ、すごいじゃない? これでも人の言いなりだっていうの?

Phoebe: Rach, you’re in my seat.
 レイチ、そこ私の席。

Rachel: I’m sorry.
 あ、ごめん。(立ち上がる)

《モニカ達の部屋》

Phoebe: Hey, I never got to hear who you guys would pick to be your girlfriend.
 ねぇ、あなた達、ガールフレンドにどっちを選ぶか、私は聞いてないわよ。

Monica: I pick you, Phoebe.
 あなたを選ぶわ、フィービー。

Rachel: Oh, yeah. Definitely you, Pheebs.
 ああ、そうね。絶対あなたよ、フィーブス。

Phoebe: Yeah, well, I kinda thought.
 まぁ、ね、そうだと思った。
(陰であなたを選ぶと合図しあうモニカとレイチェル)

(男性3人が来る)
Chandler: Hey.
 やぁ。

Rachel: Oh, hey. I have a question. If one of you had to pick one of the other two guys to go out with, who would you pick?
 あ、ねぇ、聞きたいんだけど。あなた達、他の2人のどちらかとつきあうとしたら、誰を選ぶ?

Ross: No way.
 冗談だろ。

Joey: I’m not answering that.
 そんなの答えないぞ。

Chandler: Joey! . . .No way. I’m not answering that.
 ジョーイ! ・・・冗談だろ、そんなの答えないぞ。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 02:07| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。