2013年09月19日

6-11 The One With The Apothecary Table

6-11 アポセカリー・テーブルの話

 ☆対決! モニカ対ジャニーン☆

《モニカ達の部屋:ジョーイが来る》

Joey: Hey!
 やぁ!

Ross&Chandler: Hey!
 ヘイ!

Joey: Listen, you guys think I have a chance with Janine?
 なあ、みんな、ジャニーンとのこと見込みあると思う?

Monica: Honey, we have been through this before!
 ねぇ、もうそれは話したでしょう。

Rachel: Yeah. Don’t do this to yourself.
 そうよ。もう諦めなさいって。

Phoebe: She’s made it pretty clear, it is not going to happen.
 彼女の気持ちははっきりしてるじゃない。あり得ないのよ。

Joey: Well, all right, then, I guess I shouldn’t get to excited about the fact that I just kissed her!
 そうか、じゃあ、あんまり喜んでもダメかな、いま、キスしたけど!

Monica: You serious?!
 マジ?

Chandler: That’s great!
 すごいじゃん!

Monica: Really?!
 本当なの?

Phoebe: Yeah, well, we’ll see.
 そうね、まだわからないわよ。

Ross: You kissed her?
 キスしたの?

Joey: Oh, we kissed it up real nice.
 ああ、バッチリキスしたよ。

Chandler: So you kissed her, so what happened after that?
 彼女にキスして、そしてそれからどうなったんだ?

Joey: I came over here to tell you guys.
 君たちに言うためにここに来た。

Chandler: So she’s just waiting over there for ya?
 それじゃ彼女、向こうでただおまえを待ってるのか?
(うなづいてから、気づいてあわてて走って行くジョーイ)

《セントラルパーク》

Janine: I gotta go.
 もう行かなきゃ。

Joey: Okay.
 わかった(キス)

Janine: I’m gonna be really late for dance class.
 本当にダンスクラスに遅れちゃうわ。

Joey: Okay.
 わかった(キス)

Janine: Okay, now I’m really leaving.
 もう本当に行かなくちゃ。

Joey: Okay, all right, okay, but hey, could you just leave your lips?
 わかったよ。わかった。だけど、クチビル置いてって?

Janine: Bye.
 (モニカ達に)バーイ。(出て行く)

Monica: Bye.
 バーイ。

Joey: Have you kissed her yet? It’s awesome! I could do it forever. You know what? She kisses better than my mom cooks!
 彼女にキスしたことある? 素晴らしいよ。永遠にしていたいよ。彼女のキスはうちのおふくろの料理よりずっといい。

Monica: I am so glad you said cooks.
 料理って言ってくれてホッとしたわ。

Rachel: Right.
 ほんと。

(チャンドラーが来る)
Chandler: Oh, hey, Rachel, sweetheart? You have got to tell the post office that you have moved. Okay? We are still getting all your bills and stuff.
 やぁ、レイチェル、なぁ、郵便局に引っ越したこと言ってくれなきゃ。君の請求書とか、まだ全部うちに来てるからさ。

Rachel: Oh, oh! Pottery Barn! You can throw the rest away.
 あっ、ポッタリーバーンだわ! あとは捨てていいわ。(チャンドラーに差し出す)

Chandler: I’m not your garbage man. I’m your mailman.
 俺は君のゴミ捨て係じゃないよ。郵便屋だよ。

Rachel: Monica, look! Look-look-look! Here is that table that I ordered.
 モニカ、見て見て見て! このテーブル注文したのよ。

Monica: You got it from Pottery Barn?!
 ポッタリーバーンで買ったの?

Rachel: Yeah! It’s an apothecary table. Does anyone even know what an apothecary is?
 そうよ! アポセカリー・テーブルなの。アポセカリーなんて意味知ってる人いるのかしら?

Chandler: A pharmacist.
 薬剤師だよ。

Monica: Rach, Phoebe hates Pottery Barn.
 レイチ、フィービーはポッタリーバーンが嫌いなのよ。

Joey: I hate Pottery Barn too. They kicked me out of there just because I sat on a bed!
 俺もポッタリーバーン嫌いだよ。ベッドに座っただけで追い出されたんだからな。

Chandler: You took off your pants and climbed under the sheets!
 おまえズボンを脱いでシーツに潜り込んだじゃないか。

Joey: I was tired!
 疲れてたんだぞ。

Rachel: Phoebe hates Pottery Barn?!
 フィービー、ポッタリーバーンを嫌いなの?

Monica: Yeah, she hates all mass produced stuff. She thinks her furniture should have a history, a story behind it.
 そうよ。大量生産のものが嫌いなのよ。彼女、家具は歴史とか、過去に物語のあるものがいいのよ。

Rachel: Well, this has story behind it! I mean they had to ship it all the way from the White Plains store.
 これだってお話があるわよ。だって、ホワイト・プレインってお店から旅してきてるじゃない。

Monica: It’s gotta be one of a kind. You know, like umm, you know that, ah, God-awful ceramic fruit bowl she has on her counter?
 彼女は一点ものじゃなきゃだめなのよ。彼女、カウンターに、すごいひどい陶器のフルーツボウル置いてるでしょう?

Joey: Hey! I made that for her!
 おい! あれは俺が作ったんだぞ。

Chandler: You made pottery?
 あなたが陶器を作ったの?

Joey: Yeah! I made it of this fruit bowl I found in the garbage.
 ああ! ゴミの中から拾ったフルーツ・ボウルから作ったんだ。

Monica: I’m telling−If you put that in her apartment you’ll never hear the end of it.
 ほんと、それを部屋に持ち込んだら、彼女に延々文句を言われるわよ。

(never hear the end of it = イヤというほど(文句を)聞かされる)

Rachel: Okay, fine! I’ll-I’ll just tell her it’s an antique apothecary table. She doesn’t have to know where it came from. Oh! Look at this little drawers! Oh, look-look it says that it holds 300 CDs.
 いいわ、わかったわよ。これはアンティークのアポセカリー・テーブルだって言うわ。どこのものか、彼女が知ることないのよ。ああ、この小さな引き出しを見てよ。ほら、CDを300枚収納できるのよ。

Chandler: Ahh, just like the apothecary tables of yore.
 ああ、昔のアポセカリー・テーブルはそうだよな。

《モニカ達の部屋の前》

Chandler: So then the farmer says, "That’s not a cow and you’re not milking it."
 そして農夫が言ったんだ。「それは乳牛じゃないし、君、乳搾りしてるんじゃないぞ」(みんな笑う)

Monica: I am so glad you guys got together, Chandler and I are always looking for a couple to go out with and now we have one!
 あなた達がつき合い始めて本当にうれしいわ。チャンドラーと私は一緒に遊べるカップルがほしかったの。やっと見つけたわ。

Chandler: Look at us, we’re a couple of couples!
 見て俺たち。カップルのカップルだよ。

Janine: I had so much fun tonight. And what a great restaurant.
 今夜は本当に楽しかったわ。素敵なレストランだったし。

Monica: Yeah.
 そうね。

Joey: And Chandler, I can’t believe I let you pay for this one. . Thanks, again, man.
 それにチャンドラー、今日は払わせてちゃって信じられないよ。(ハグして)いつもありがとな。

Monica: So do you guys gonna come over tomorrow? I’ll make that pasta thing I was telling you about.
 それじゃ、明日来る? 今日話したパスタ作るわよ。

Janine: Oh, that would be great!
 まぁ、楽しみだわ!

Joey: Oh, but hey, look, at least let us bring the wine.
 ああ、だけど、せめてワインは俺が持っていくからな。

Monica: Joey, you don’t have to.
 ジョーイ、そんなこといいのよ。

Joey: Nope-op! I insist! . . You'll get the wine, right?
 いやいや、そうさせてもらうよ。(ハグしてチャンドラーに)ワイン頼むよ、な?

Chandler: Yeah. . Okay, good night, guys.
 わかった(離れて)それじゃおやすみ。

Joey: See you, tomorrow!
 また明日!

Monica: Tomorrow!
 明日!

Janine: Can’t wait!
 待ち遠しいわ!

《ジョーイの部屋》

Janine: How are we gonna get out of that one?
 どうやって、あれ逃れる?

Joey: What?
 なに?

Janine: I can’t handle two nights in a row with them.
 あの人達と2晩続けてなんて、私、無理よ。

Joey: What-what’s wrong with Monica and Chandler?
 モニカとチャンドラーの何がいけないんだ?

Janine: I don’t know. They’re just a little blah!
 なんていうか。あの人達、ウダウダいって。

Joey: Blah?!
 ウダウダ?

Janine: Well, you know, he’s blah. She’s just−she’s very loud for such a small person.
 ええ、彼はウダウダ言うし、彼女は・・彼女はあんな小さな人の割にはすごく大きな声よね。

Joey: Uh, they’re like my best friends. Are you saying we can’t hang out with them? ‘Cause that would kinda be a problem.
 あー・・あいつらは俺の親友だぞ。彼らと一緒に出かけられないっていうの? それだと、ちょっと問題だぞ。

Janine: No! Of course we can still hang out with them. Just, you know, not two nights in a row. Okay?
 いいえ、もちろん一緒に出かけられるわよ。ただ、2晩続けては・・。いい?

Joey: I guess.
 まぁ。

Janine: Thank you.
 ありがとう(キス)

Joey: If you want, I’ll sell my friends and use the money to buy you presents.
 もし君がそうしてって言うなら、友達を売って君にプレゼントを買うよ。

《フィービー達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ヘイ!

Rachel: Hey!
 ハーイ!

Phoebe: Ooh, what a great table! Where-where did you get it?
 (テーブルを見て)ワオ! 素敵なテーブルね! どこで買ったの?

Rachel: Guess.
 当てて。

Phoebe: Umm, a flea market?
 うーん・・フリー・マーケット?

Rachel: Ha! See, I knew, I knew you’d get it on the first guess. Isn’t it cool! It’s an apothecary table.
 あたり! やっぱりね、きっとあなたは一回で当てると思ったわ。素敵でしょう! アポセカリー・テーブルよ。

Phoebe: Wow! Oh, you can just imagine that this is where they kept all the stuff to make their potions.
 ワオ! 薬を作るためのものを入れてたっていうのが、想像つくわねぇ。

Rachel: Oh, yes.
 ええ、そうよね。

Phoebe: You know? Ooh, you can almost smell the opium.
 ああ、ほとんどアヘンが香ってきそうよね。

Rachel: Almost.
 ほとんどね。

Phoebe: How much was it?
 いくらだったの?

Rachel: It was only 500 bucks.
 たった500ドルよ。

Phoebe: 500 bucks at a flea market?!
 フリー・マーケットで500ドル?!

Rachel: Oh, okay, see, I thought, I thought you meant how much was it when it was new, you know like back then.
 ああ、いえ、新しい物がいくらかって話かと思ったのよ。昔にね。

Phoebe: Oh, no.
 ああ、そうか。

Rachel: Yeah, no, I mean, it was at a flea market, so it was, you know, it was like a dollar.
 ええ、フリー・マーケットでは、ほら、1ドルみたいな。

Phoebe: A dollar?
 1ドル?!

Rachel: And fifty. So it was like one and fifty dollars.
 と15。1ドルと15ドルって感じ。

Phoebe: Ohh, okay, they gave you the old time pricing.
 ああ、そうか。昔の値段を言ったのね。

Rachel: Yeah.
 そうよ。

Phoebe: Well, what period is it from?
 これはいつの時代のものなの?

Rachel: Uh, it’s from yore. Like the days of yore. You know?
 随分古いものよ。かなり昔のものよ、ね。

Phoebe: Yes, yes I do. God, Oh, it’s just perfect! Wow! I bet it has a great story behind it too. Did they tell you anything? Like you know where it was from or…
 そう、そうなのね。ああ。ほんと完璧ね。ワオ・・これにはすごい背景があるんでしょうね。何か聞いた? これがどこから来たとか・・

Rachel: Yes! That I know, this is from White Plains.
 ええ! これは、ホワイト・プレインからきたのよ。

Phoebe: White Plains. Oh, it sounds like such a magical place.
 ホワイト・プレイン・・魔法の国みたいな感じがするわね。

《ロスの部屋:レイチェルが来る》

Rachel: Hey! We’re here!
 ハーイ! 来たわよ!

Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Ohh! Oh, my God!
 (テーブルを見て)まぁ! 大変だわ!

Ross: You like it?
 気に入った?

Rachel: Oh, no!
 ああ、どうしよう。

Ross: It’s my new apothecary table!
 今度買ったアポセカリー・テーブルだよ!

Rachel: Ross! Phoebe’s gonna be here any second, she cannot see this!
 ロス! もうすぐフィービーが来るわよ。彼女に見せられないわ。

Ross: Well, why not?! She’ll-she’ll love it! It’s the real thing! I got it at Pottery Barn.
  なんでダメなの? 彼女も気に入るよ。 これは本物だよ。ポッタリーバーンで買ったんだ。

Rachel: I know you did! I bought the same one! And if she sees your table she’s gonna know that I lied to her. I told her ours was an original.
 知ってるわよ。私も同じ物買ったんだもの! もし彼女がこれを見たら、私がウソついたってわかっちゃうわ。彼女に私、オリジナルだって言ったのよ。

Ross: Why did you do that?
 なんでそんなこと言ったの?

Rachel: Because she hates Pottery Barn.
 だって彼女ポッタリーバーンが嫌いなのよ。

Ross: She hates Pottery Barn?!
 ポッタリーバーンが嫌い?

Rachel: I know! I know, she says it’s all mass-produced, nothing is authentic, and everyone winds up having the same stuff. So come on, she’s gonna be here any second! Can we please just cover this up with something?! Please?
 そう、そうなのよ。彼女は大量生産のものは本物じゃなくて、最後には誰もが同じものを持つことになっちゃうって言うのよ。だからほら、彼女もう今にも来ちゃうわよ! お願い、これを何かで覆ってくれない? お願いよ。

Ross: What? No! No! I am not gonna hide it from Phoebe−Ooh, although I did get some great Pottery Barn sheets!
 何だって? いやいや、フィービーに隠したりなんかしないよ。あ、だけど、ポッタリーバーンですごくいいシーツを買ったんだよ。

Rachel: Ooo! Oh, I forgot they made sheets!
 ああ! そういえば、シーツも売ってたわね。

Ross: Uh, yeah! I still can’t believe she hates Pottery Barn!
 そうさ! だけどポッタリーバーンを嫌いなんて信じられないな。

Rachel: Ross, get over it! It’s not like she hates you.
 ロス、もういいじゃないの。あなたを嫌いって言ってるんじゃないのよ。

Ross: Yeah, but Pottery Barn! You know what I think? It’s just she-she’s weird. You know, it’s because she’s a twin. Twins are weird.
 ああ、だけど、ポッタリーバーンだよ。僕が思うにさ、彼女って変なんだよ。きっと双子だからだよ。双子は変なんだよ。

Rachel: Ross, she’s not weird. She just wants her stuff to be one of a kind.
 ロス、変じゃないわよ。彼女はただ一点ものが好きってだけよ。

Ross: Huh. You know what’s not one of a kind? A twin!
 ふん。。一点ものじゃないもの知ってる? 双子!

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Rachel&Ross: Hey!
 ヘーイ!

Rachel: Ooh, Phoebe’s here! Okay, let’s turn out all the lights and we’ll just watch the movie!
 ああ、フィービーも来たわね。じゃあ明かりを落として映画を見ましょう!

Phoebe: Okay. Hey−Ooh, cool sheets!
 いいわ。あら、まぁ! 素敵なシーツね!

Ross: Oh, you like it? You wanna know where I got it?
 ああ、気に入った? どこで買ったか聞きたい?

Phoebe: Sure!
 聞きたい!

Rachel: He got it a flea market!
 彼、フリー・マーケットで買ったのよ!

Phoebe: You bought your sheets at a flea market? Ross, come on, you gotta loosen the purse strings a little.
 シーツをフリー・マーケットで買った? ロス、ちょっと、あなたもう少し財布のヒモを緩めないと。

《ジョーイの部屋:モニカとチャンドラーが来る》

Monica: Hey!
 ヘイ!

Joey: Hi!
 やぁ。

Monica: The dinner will be ready in twenty minutes. So excited.
 食事はあと20分くらいでできるわよ。楽しみだわ。

Chandler: And here is the bottle of wine for you to bring over tonight. You were also going to buy Monica flowers but you couldn’t afford it, because you paid dinner last night.
 おまえが持ってくるワインだ。(渡す)モニカに花も買うつもりだったんだけど、昨日の食事代を払ったから買えなくなったんだ。

Joey: Thanks. Thanks, but uh actually it’s just gonna be me tonight.
 ありがと、ありがと・・だけど、今夜は俺だけになるよ。

Monica: What happened to Janine?
 ジャニーンはどうしたの?

Joey: Oh, she’s, uh, really sick.
 ああ、彼女・・かなり具合悪いんだ。

Chandler: Oh, that’s too bad.
 ああ、それは大変だな。

Joey: Yeah, she’s been in there all day, uh high fever, a nose problem… Phlegm! Phlegm! Phlegm-phlegm-phlegm!
 ああ、一日中部屋にこもってるよ。熱が高くて、鼻も大変で・・痰で痰で・・痰痰痰!

(ジャニーンが部屋から出てくる)
Janine: Monica! Chandler! I’m really-really sorry about tonight. I don’t know if Joey told you but I just couldn’t get out of going to this play. I’m sorry. Have a great time, huh?
 モニカ! チャンドラー! 今夜のことは本当にごめんなさいね。ジョーイからもう聞いたか知らないけど、私どうしてもこのお芝居は抜けられなくて。ごめんなさい。楽しんでね。

Joey: ‘Kay!
 オッケー・・

Janine: Bye.
 バーイ。(出て行く)

Chandler: That’s funny, I saw no phlegm.
 おかしいな。痰はなかったな。

《ジョーイの部屋:続き》

Joey: No-no, she really is sick!
 いやいや、彼女本当に病気なんだって!

Chandler: Then why-why is she going to a play?!
 じゃあどうして芝居に行くんだ?

Joey: Uh, you know, "starve a fever, go to a play for a cold."
 あー・・ほら、「熱には絶食、風邪には芝居」って言うだろ。

(ことわざ "feed a cold, starve a fever"=風邪には大食、熱には絶食)

Monica: Joey! Why is Janine not coming over for dinner?!
 ジョーイ! どうしてジャニーンはうちの食事に来ないの?

Joey: Well, uh, she didn’t want to hang out with you guys two nights in a row. I’m so sorry.
 あー、彼女、君たちと2晩続けて出かけたくないって言うんだ。ごめんよ。

Chandler: Well, why does she not want to hang out with us?!
 なんで俺たちと出かけたくないんだ?

Joey: Because she uh, she-she thinks that you are blah and that you, Monica, are too loud.
 えー・・彼女は・彼女、おまえはウダウダで、君、モニカは、大声だって。

Monica: What?!! (Quietly) What?
 (大声で)何ですって? (小声で)何ですって?

Chandler: So she was just pretending to have a good time last night? She was lying to our faces?!
 それじゃ、昨日はただ、楽しいフリをしてたのか? 俺たちに面と向かってウソをついてたのか?

Monica: Ugh, I can not believe this! I mean, who is she to judge us? We could not have been nicer to her!
 もうっ! 信じられない! 私たちを批判するなんて何様? すごくよくしてあげたのに!

Chandler: And I am not blah, I am a hoot!
 そして俺はウダウダじゃないぞ、俺は、ヒューヒューだ!

Joey: I know! I know! Come on, please-please you guys, don’t-don’t be mad. I’m sure she just, she just said that stuff because she was nervous because you guys are like my best friends! You know? And it was our first date! Plus, she’s really sick!
 わかってる、わかってるよ。頼むよ。怒らないでくれよ。君たちが俺の親友だから、きっと緊張してそんなこと言っただけなんだよ。な? 初めてだったんだしさ。それに、彼女本当に病気なんだよ。

Chandler: No, you sh−No, you said you made that up!!
 違うじゃないか。それはおまえのウソだろうが。

Joey: I know, but don’t you think the sick thing is way better than the play thing?
 そうだけどさ、芝居に行くっていうより病気の方がずっといいだろ?

Chandler: Eh, they’re both good. I generally just go with, Monica’s drunk again.
 ああ、どっちもいいよ。俺は普通、モニカが酔っ払ったって言うぞ。

Joey: Come on, you guys, come on, please-please just give her another chance, huh? She’ll come around, I promise.
 なー、頼むよ。頼む、頼むからさ。もう一度チャンスをやってくれよ。彼女の気持ちも変わるからさ、絶対だよ。

Monica: Of course we will. Come on, we gotta make dinner.
 もちろんいいけど。さぁ、行きましょう、食事作らなきゃ。

Chandler: Okay.
 わかった。(2人出て行く)

Monica: I do not like that woman!
 (ドアの外から聞こえる)あの女嫌いなのよね!

Joey: I can hear you!
 聞こえてるぞ!

Monica: I am loud!
 私、大声ね!

《ロスの部屋》

All: Aww!
 ああ!(笑)

Rachel: That’s funny.
 おもしろいわね。

Ross: Hey, Pheebs, could you please not put your feet up on my new…old sheet?
 ちょっと、フィーブス、足を下ろしてくれないか、そのシーツ新し・・古いんだけど。

Phoebe: Oh, sure! . . Noo!
 あ、わかった。(足をシーツにひっかけワインがこぼれる)いけない!

Rachel: Ohh!!
 ああっー!

Ross: My apothecary table!!!
 僕のアポセカリー・テーブルが!

Phoebe: What?!
 えっ_

Rachel: Noooooo!!
 ウソー!

Phoebe: Ross, where did you get this?!
 ロス、これどこで買ったの?

Ross: I got it at Pottery Barn!! Okay?!
 ポッタリーバーンで買ったんだよ!

Rachel: Oh, my God, Phoebe, Pottery Barn has ripped off the design of our antique!
 なんてことかしら、フィービー、ポッタリーバーンはうちのアンティークのデザインを盗んだのよ!

Phoebe: Wow! Oh, my God, well, if they’ve ripped off our table ours must be much more than one and fifty dollars!
 ワオ! なんてことなの。うちのテーブルのデザインを盗んだってことは、あれは15ドル以上の価値があるわね!

Rachel: Oh, yes.
 ええ、そうよ。

Phoebe: Well, this doesn’t even smell like opium.
 これなんか、アヘンみたいな匂いだってしないものね。

Ross: Of course not, it smells like wine, which you spilled! And thanks for wrecking my sheet by the way.
 当たり前だよ。君がこぼしたワインの匂いがするよ! それにシーツも台無しにしてくれてありがとう!

Phoebe: Oh, Ross, calm down, I’ll give you the 80 cents.
 もう、ロス、落ち着いてよ。80セント払うわよ。

《モニカ達の部屋》

Chandler: Okay, one more time.
 よし、もう一回。

Monica: Chandler, would you like some more orange juice?
 チャンドラー、オレンジジュース飲む?

Chandler: Perfect decibel.
 完璧デシベル。

Monica: I know!!!
 でしょう!

(ジョーイが来る)
Joey: Hey!
 やあ。

Chandler: Hey.
 おお。

Joey: So uh, what are you guys doing?
 何してるの?

Chandler: Oh, nothing, we’re just talking. You know, blah-blah-blah.
 いや別に、ただしゃべってたんだよ。ほら、ウダウダとね。

Joey: Look, come on, you guys, you said you were gonna try! All right, look, I came over here to invite you guys to a movie with me and Janine. What do you say?
 なぁ、頼むよ、もう一度チャンスをくれるって言ったじゃないか。なぁ、俺とジャニーンと一緒に映画に行こうって誘いにきたんだよ。どう?

Monica: Well, I’d like to but, I’m not sure we have time to go.
 ま、行ってもいいけど、(超小声で)そんな時間があるかどうか。

Joey: Ha-ha, very funny−Look! I don’t know what to do! I really want you guys to get along. Just please, come to the movie with us. I mean, you owe me!
 ハハ、おもしろいね、頼むよ! どうしたらいいかわらかないよ。うまくやってほしいんだよ。頼むから、一緒に映画に行こうよ。君たち、俺に借りがあるだろ!

Monica: We owe you?!
 借りがある?

Joey: That’s right! I helped you guys out a lot in the start of your relationship. Huh? I helped you guys sneak around for, like, six months, and I looked like an idiot! And I was humiliated. And I only made 200 dollars!
 そうだよ! 君たちがつきあい始めた頃、ずっと助けただろ? こっそりつきあうのを半年くらい助けて、俺はバカみたいだったじゃないか! 恥をかかされた。それで200ドルしかもらってないんだ。

Monica: We didn’t give you any money!
 あなたにお金なんて渡してないわよ。(チャンドラーが内緒だと合図)

Joey: You don’t think I know that!
 そんなこと知ってるに決まってるだろ!

《フィービーの部屋:ロスに家具を見せるレイチェル》

Rachel: See, I can’t decide whether it would go better next to the new wicker dining chair, the Sahara desk, or the Parker console table.
 ほら、柳のダイニング・チェアか、サハラ・デスクか、パーカー・コンソール・テーブルのどの隣に置くか、まだ決められないのよ。

sahara.jpg(サハラ・デスク)
consoletable.jpg(コンソール・デスク)

Ross: Wow! I didn’t know that there was a Pottery Barn up here.
 ワオ! ここにポッタリーバーンがあるなんて知らなかったよ。

Rachel: I know, I know. I went a little crazy.
 そうなの、そうなのよ。ちょっと夢中になり過ぎなのよね。

Ross: A little? Your place looks like page 72 of the catalogue. Oh, look at that! The ornamental bird cage! Large!
 ちょっと? 君の部屋まるでカタログの72ページじゃないか。わぁ、これ見て! 装飾鳥かご、ラージ!

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Hey.
 あら。

Phoebe: Oh, Ross, no. Be careful, that is very old! Okay? Early Colonial bird merchants used to bring their birds to market in that.
 あ、ロス、だめよ。気をつけて。すごく古いものなんだから、いい? 植民地時代初期に、鳥の売買をした人が市場に鳥を連れて行くのに使ったものよ

Ross: Fascinating.
 興味深いね。

Phoebe: Another amazing find! Wow! Oh, I bet this has a great story too!
 他にも素晴らしいものを見つけたのね! ワオ・・これもすごい背景があるんでしょうね!

Rachel: Oh, it does, it does! It is a room separating apparatus from Colonial times.
 ええ、そうよ、そうよ。植民地時代の、部屋を分けるためのものよ。

Phoebe: Ah!
 ああ!

Ross: Hmm, a lot of this stuff is from Colonial times. Hey, what are some other time periods, Rachel?
 フーム。植民地時代のものが多いよね。レイチェル、他の時代のものはないのかな?

Rachel: Well, there’s yore. And uh, you know, yesteryear.
 ま、ずっと昔の物もあるわよ。それとか、往年のものとか。

Phoebe: Yeah, no, I’m telling you, Rachel has such a good eye for this stuff. Ross, you know, if you ever decide you need to redecorate−And I think that you should. You should, you should ask Rachel to help.
 ほんと、レイチェルはこういう物に関しては、すごくいい目を持ってるわ。ロス、あなたももし模様替えを考えるなら・・するべきだと思うけど、その時は、レイチェルに頼むといいわよ。

Rachel: Oh, honey, he doesn’t need my help.
 あらそんな。彼は私の助けなんていらないわよ。

Phoebe: Come on! I think he’s ready to get rid of, what did you call it? The "cheap knockoffs and dinosaur junk"?
 何いってるのよ! 今すぐでも捨てていいものがあるじゃない。あなた、なんて言ってたっけ? 安いまがい物とか恐竜関連のがらくたとか?

Ross: Really?! Hey, you know what? Since you have such a great sense of what I need, uh ooh, here’s-here’s 60 bucks, why don’t you take Phoebe down to that Colonial flea market of yours and get me some stuff.
 そうかい? ねぇ、それじゃあさ、そんないいセンスがあるなら、ほら、600ドルあるから、フィービーと一緒に、君が言う植民地時代のもの売ってるフリー・マーケットに行って、僕に何か買ってきてよ。

Rachel: You know what? I don’t, I don’t think Phoebe really wants to come.
 だけどね、フィービーは行きたくないんじゃないのかな。

Phoebe: No! I do want to!
 いいえ、行きたいわ!

Rachel: Oh, she does want to.
 あら、行きたいのね。

Ross: She does want to.
 行きたいって。

Phoebe: Yeah!
 ええ!

《フリー・マーケットから戻るレイチェルとフィービー》

Rachel: Pheebs, I don’t know what to say. I guess the flea market was just better last time.
 フィーブス、なんて言ったらいいのかしら。前回のフリーマーケットはもっとよかったけど。

Phoebe: Well, at least I got these sheets for Ross.
 少なくともロスにシーツは買えたわね。

Rachel: Yeah.
 そうね。

(ポッタリーバーンの店の前)
Phoebe: Ugh, look at this! Pottery Barn!
 うーっ、見て! ポッタリーバーンよ。

Rachel: Yeah, you know what? Don’t look at it. Seriously, don’t look at it.
 ねぇ、見ちゃダメよ。ほんと、見ちゃダメ。

Phoebe: No! Look-look! There’s the coffee table they stole from us!
 いえ、見て見て! 私たちから盗んだコーヒー・テーブルがあるわよ。

Rachel: Ugh, those bastards! Let’s go.
 うー。ひどいやつらね。行きましょ。

Phoebe: That fan kinda looks like ours. And the birdcage and the…wait a sec! This is our exact living room!
 あの扇風機うちのに似てるわね。あの鳥かごも・・ちょっと待って。ここまるでうちのリビングだわ!

Rachel: No! No! No! No it’s not! No it’s not! Come on! Phoebe, ours is totally different! I mean, we don’t have the… We don’t have the…that lamp! And-and that screen is, you know, on the other side.
 いえいえいえ、違う、違うわよ。ほら、フィービー、私たちのとは全然違うわよ。うちには・・うちには・・あのライトはないわよ! それにあのつい立て、場所が違うでしょ。

Phoebe: Oh, my God. This is where you got all our stuff, Pottery Barn! Oh, my God!
 オーマイゴッド・・あなたここでいろいろ買ったのね、ポッタリーバーンで! なんてことなの!

Rachel: Okay! Okay-okay, look−no, I did, all right. I'm sorry. I just, Phoebe, I wanted this stuff and I know how you feel about Pottery Barn. Just… Come on, don’t be mad.
 そうそう、そうなの、ごめんなさい。だけどフィービー、ここの家具が欲しくて、でもあなたがポッタリーバーンをどう思ってるか知ってたから・・ね、お願い、怒らないで。

Phoebe: No-no-no, but I am mad! I am mad! Because this stuff is everything that is wrong with the world! And it’s all sitting up in my living room and all I can think about is how I don’t have that lamp!
 ダメダメダメよ! 怒るわよ! 怒るわよ! だってここの物は世界にとってよくないものなのよ。それがみんなうちのリビングにあるなんて。そして今私がひたすら思うのは、あのライトがないってことなのよ!

Rachel: Well, then honey, buy the lamp! Hey, we have that 60 bucks from Ross.
 あら、じゃあライト買いましょうよ! ねぇ、ロスにもらった60ドルがあるわよ。

Phoebe: I can’t! I can’t! Unless… Well, are you saying that-that you would move out if-if I didn’t buy that lamp?
 ダメよ、買えない! でももし・・・私がこれを買わなかったら、あなた出てっちゃうの?

Rachel: What?! No! I’m not gonna move out!
 えっ? いいえ、出ていかないわよ。

Phoebe: But are you saying that you would move out if I didn’t buy that lamp?
 だけど、私がライトを買わなかったら出てっちゃうって言うの?

Rachel: Oh. Yes! I would so move out!
 ああ! そう! 出てっちゃうわよ!

Phoebe: Okay, then I don’t have a choice! I have to buy that lamp!
 わかったわ。じゃあしかたないわね。ライトを買うしかないわね。

Rachel: That’s right!
 その通りよ!

Phoebe: But at least the apothecary table is real.
 だけど少なくともあのアポセカリー・テーブルは本物だもんね。

《モニカ達の部屋の前:ダブルデートから帰ってきた4人》

Joey: Well, this-this-this was great. Didn’t everybody have a great time?
 いやぁ、楽しかったよ。みんなも楽しくなかった?

Janine: Well, I did. I really did. And you guys, I’ve got to say, I’m sorry if I was a little weird after the last time we went out. I guess I was just nervous or something.
 楽しかったわ。本当よ。あなた達、ほんと、この前は変になっちゃってごめんなさい。多分、神経質になっちゃってたのね。

Chandler: That’s totally understandable.
 わかる、わかるよ。

Monica: Yeah, don’t worry about it.
 そうよ、心配しないで。

Janine: So we can go out again?
 それじゃ、またご一緒できる?

Chandler: Oh, yeah!
 ああ、いいね!

Monica: Absolutely!
 もちろんよ!

Janine: Oh, good.
 よかった。

Joey: Oh, Well, then, good night!
 それじゃ、おやすみ!

Monica: Good night!
 おやすみ!

《ジョーイの部屋》

Joey: See? Eh? Wasn’t that fun?
 ほら、な? 楽しかっただろ?

Janine: We have got to move!
 引っ越ししましょうよ!

Joey: What?
 えっ?

Monica: I knew it!! You know, you’re not so quiet yourself, missy!
 (飛び込んでくる)やっぱり! 本性出してなかったわね、お嬢さん!

Chandler: And I’m blah? Listen, the only thing more boring than watching modern dance is having to listen to you talk about it, "Oh, Chandler, I just lost myself in the moment."
 俺がウダウダだって? モダン・ダンスを見るよりもっと退屈なのは、君のダンスの話を聞くことだね。(ジャニーンのマネ)「ああ、チャンドラー、その瞬間、自分でなくなる感じよ」

Janine: You know, I know you’re talking, but all I hear is, "Blah. Blah. Blah-blah-blah."
 あなたが話してるんだってことはわかってるけど、私の耳には、「ウダウダ、ウダウダウダ」

Monica: All right! You and me! Let’s go! Right now!
 もういい! あなたと私で、外へ出ましょう、今すぐよ!

Joey: All right! All right! Enough! Enough! Enough!! Enough! You two go home! I-I-I gotta talk to Janine!
 よし、よし、もういい!たくさんだ、やめろ、やめろ! (モニカ達に)君らは帰ってくれ。ジャニーンと話したいから。

Chandler: You know, I think you can take her.
 (モニカに)君なら勝てるよ。

Monica: You’d better hope I don’t see you in the hallway!!
 廊下で会わないように気をつけなさいよ!(2人出て行く)

Joey: All right, uh, we’ve got a little bit of a problem here. These people are my friends. You can’t treat them that way.
 いいか、これはちょっと問題だぞ。あいつらは俺の友達なんだから。あんなこと言っちゃだめだよ。

Janine: They said stuff to me too, you know!
 あの人たちも私にあんなこと言ったじゃない!

Joey: I know! I know! And I’m going to talk to them about it. They mean so much to me. They… They’re like my family, you know? If you guys are gonna be fighting all the time, I-I… I don’t think we can be together. It just, it just can’t work, okay? It can’t. I’m very upset.
 わかってる、わかってるよ。それについては2人に俺から話すよ。彼ら、俺にとって大切なんだ。家族みたいなもんなんだよ。いつもケンカしてるようだったら・・もうつきあえないよ。もう、うまくいかない。怒ってるんだぞ。

Janine: Okay. Okay. Would, would it help if I went over and apologized?
 わかった、わかったわ。じゃあ向こうへ行って謝ればいい?

Joey: Yeah! Yeah! That would be very helpful! Yeah.
 うん! うん! そうしてくれたら助かるよ、うん!(ジャニーンを送り出す)

《部屋の前:モニカがちょうどゴミを持って出てくる》

Monica: What did I tell you about the hall?!
 廊下で顔合わせるなって言ったわよね?

Janine: I was just coming over here to apologize for my behavior. I’d really like it if we could be friends.
 私の態度を謝ろうと思ってきたのよ。本当に仲良くしたいと思ってるの。

Monica: Well, I know that would make Joey happy, so, I would like that too.
 そう・・ジョーイのためだったら、私もそうしたいと思うわ。

Janine: Great.
 よかった。

Monica: Now, come on. . .Well, I’m glad we worked things out.
 じゃ、来て(とても軽いハグ)仲直りできてよかったわ。

Janine: Me too.
 そうね。

Monica: Okay.
 よかった。

Janine: I’ll see you.
 じゃあまたね。

Monica: Bye.
 バーイ。

Janine: Or I’ll hear you.
 っていうかあなたには気をつけるわ。

Monica: That’s it, big girl! Come on!
 聞こえたわよ、態度でかいわね! きなさいよ!

Janine: Wait!
 待ちなさいよ!(走り出す)

Monica: You’d better run!
 急いだ方がいいわよ!(追いかける)

(ジョーイとチャンドラーが部屋から出てくる)
Chandler: Did you hear that?
 今の聞いた?

Joey: Yeah uh, what am I gonna do?
 ああ。どうする?

Chandler: Yeah, I’m sorry man. . You wanna go watch?
 ああ、かわいそうにな、おまえ・・・見に行く?

Joey: Yeah!
 うん!

《セントラルパーク:ジョーイが来る》

Ross: Hey!
 やぁ!

Joey: How ya doin’?
 元気?

Chandler: Hey, so, did uh, did she move out?
 なぁ、彼女、出てったのか?

Joey: Pretty much, yeah.
 ああ、出てったよ。

Monica: I cannot believe you broke up with her just like that.
 信じられないわ、あっさり別れちゃって。

Joey: Well, when it’s not right, you know it.
 まぁ、うまくいかないこともあるよ。

Chandler: You okay?
 大丈夫か?

Joey: Yeah! Yeah. I’ll be all right.
 ああ。ま、しかたないさ。

Ross: You know what would cheer you up?
 元気になる方法があるよ。

Joey: What?
 なに?

Ross: I’m giving this lecture on erosion theories tomorrow night. I think you should come.
 明日の夜、侵食理論の講義をするから、聞きにきたらいいよ。

Joey: You’re right! That did cheer me up!
 (笑い出す)ほんとだな! 元気が出たよ!


にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:29| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。