2013年09月18日

6-10 The One With The Routine

6-10 あのルーティンの話

 ☆夢のカウントダウン・パーティ☆

《モニカ達の部屋のクリスマスツリーをみんなで飾り付け》

Chandler: Let me ask you, why is everybody using these tiny lights nowadays? I remember when people used to use big lights.
 なんで最近の飾りはこんなに小さいライトなんだろうね? 以前はもっと大きなライトだったよ。

Rachel: That’s a good story, Grandpa.
 いい話ね、おじいちゃん。

(ロスが来る)
Ross: Hey.
 ヘイ。

All: Hey.
 ヘイ。

Ross: Wow, Monica’s letting other people help decorate her tree! Did someone get her drunk again or?
 ワオ・・モニカが人にツリーの飾り付けをさせるなんて! 酔わせたか何かした?

Monica: Having a perfectly decorated tree is not what Christmas is about. It’s about being with the people that you love.
 クリスマスで大事なのは、ツリーが完璧な飾り付けかどうかじゃないわよ。愛する人達と一緒に過ごすことよ。

Phoebe: That is nice and we’re done. TADA!
 それはいいわね。できたわよ。ジャジャーン!

Chandler: I don't know what it is, it just doesn’t quite feel like Christmas to me.
 なんだか知らないけど、クリスマスって感じがしないな。

Monica: Oh, here.
 あぁ、ほら。(ツリーを回転させるとモニカが完璧に飾った部分が見える)

Chandler: See, now it feels like Christmas!
 ああ、これでクリスマスっぽくなったね。

《セントラルパーク》

Ross: And that’s the story of the dreidel. Now, some people trace the Christmas tree back to the Egyptians, who used to bring green palm branches into their huts on the shortest day of the year, symbolizing life’s triumph over death. And that was like 4000 years ago.
 それがドルイドルにまつわる話だよ。クリスマスツリーの歴史は、エジプトで、生き延びた証として、一番日の短い日に、パームツリーの緑の枝を小屋まで運んだという史実にまでさかのぼるという説もあるんだ。それは4000年ほど前のことだよ。

(dreidel = ドレイドル。ハヌカーの時に遊ぶ木製のコマ)

Rachel: So, pretty much around the same time that you started telling this story.
 つまり、あなたがこの話を始めた頃ね。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, you guys.
 やあ。

Chandler: Hey, Joe, what’s up?
 やぁ、ジョー、調子どう?

Joey: I had to get out of the apartment. Janine is like stretching all over the place. You know, everywhere I look she’s like…
 部屋を出るしかなかったんだよ。ジャニーンがあちこちでストレッチしててさ。どこを見ても彼女がこうして(ストレッチのマネ)

Chandler: I can see why that’s hard to resist.
 そりゃあらがい難いな。

Joey: I like her so much!
 本当に彼女好きなんだよ。

Monica: Aw, I’m sorry, sweetie, that she doesn’t feel the same way.
 かわいそうにね、彼女が同じ気持ちでなくて残念だわ。

Joey: I know. And she’s so sweet. I just wanna feed her grapes and brush her hair.
 ああ。彼女、本当にかわいいんだよ。食べさせてあげたり、髪をといたりしてあげたくなるんだよ。

Chandler: You are aware that she’s not a monkey, right?
 彼女がサルじゃないってわかってるよな?

Ross: I am so over Janine. I mean, yeah, at first I thought she was hot, but now she’s like old news.
 もうジャニーンは何とも思わないよ。そりゃ最初はホットだと思ったけどね、もう飽きたって感じ。

(ジャニーンが来る)
Janine: Hey, guys!
 ハーイ!

Ross: Janine!
 ジャニーン!!

Janine: I just got a call to be a dancer on a television special for New Year’s Eve. It’s called some sort of Dickin' Rockin' Dicky Eve.
 今連絡があって、大晦日のスペシャル番組でダンサーとして出ることになったの。ディッキン・ロッキン・ディッキーのイブとかって。

Monica: Hold it! Are you talking about Dick Clark’s New Year’s Rockin' Eve?
 待って。それ、ディック・クラークのニューイヤーズ・ロッキン・イブのこと?

Janine: Yeah, that’s what I said.
 ええ。そう言ったのよ。

Monica: Oh, my God! We love that show! I mean, Ross and I have been watching it since I can remember!
 まぁ、すごいわ! あの番組大好きなのよ! ロスと私はもう覚えがないくらい小さいときから見てたわ。

Chandler: Ah, you’re still just a little fat girl inside, aren’t you?
 ああ、君の中にはまだ小さな太った女の子がいるんだね。

Janine: Well, I’m gonna be on it this year. I’m gonna be one of the party people.
 今年はそれに出ることになったのよ。パーティに参加することになったの。

Ross: You’re gonna be a party person! Those guys rock the most!
 あのパーティに出るのか! あの人達最高にかっこいいんだよ!

Janine: Well, they said I should bring someone. Do you wanna be my dance partner?
 私誰か連れて行けるのよ。(ジョーイに)あなた私のダンス・パートナーになる?

Joey: Totally! I would love to spend New Year’s with you.
 もちろん! 君と一緒に新年を過ごしたいよ。

Janine: Well, actually they’re taping tomorrow. I don’t really understand why.
 それが実際は明日撮影なの。よくわからないけど。

Ross: Oh, well, you see, how it works is, the part with Dick Clark in Times Square is actually live, but they tape some of the party stuff ahead of time. Yeah, not a lot of people know that.
 ああ、ディック・クラークがタイムズ・スクウェアに登場するのはライブだけど、パーティの一部分は先に撮影しておくんだよ。これを知ってる人は少ないんだ。

Janine: Yeah, well, do you guys wanna come too?
 そう、あなた達も来る?

Ross: Are you serious?
 本気で言ってる?

Monica: We are there!
 行くわよ!

Chandler: What, what are you laughing at?
 (レイチェルに)なに、何がおかしいの?

Rachel: Well, I used to date him, but you’re still going out with her!
 私は以前彼とつきあってたけど、あなたは今も彼女とつきあってるのよね!

Janine: Thanks. . . Great, so we can all go together! I gotta run. Catch you later!
 (ガンターからコーヒーを受け取り)ありがと。(モニカ達に)よかった、じゃあ一緒に行きましょう。もう行かなきゃ。また後でね。(出て行く)

All: Bye!
 バーイ!

Ross: Bye, Janine!
 バーイ、ジャニーン!

Joey: Did she just ask me out on a date?
 俺、彼女にデートに誘われた?

Chandler: I don’t think so.
 それは違うな。

Monica: What are you talking about? She just invited him to the biggest party of the millennium!
 何を言ってるの? 彼女、ミレニアムの最大のパーティに彼を誘ったのよ。

Rachel: Yeah, but she also invited you and Ross. Yeah, honey, I’m sorry, but I don’t think that was a romantic thing.
 ええ、だけど、あなたやロスも誘ったんだもの。ね、残念だけど、ロマンティックなことじゃないと思うわ。

Joey: Oh. Maybe. But hey, I know how I can find out. We’re going to a New Year’s Eve party, right? So at midnight, I can kiss her. And if she kisses me back, great! You know? But if she says ‘Dude, what the hell are you doing?’ I can say ‘It wasn’t me, it was New Years!’
 ああ、そうかもな。だけど、どうしたらいいかわかったよ。大晦日のパーティなんだから、夜中にキスできるだろ。それで彼女がキスを返してくれたら、よかった!ってことだろ? もし彼女が、「ちょっと、何するの?」ってなったら、「俺のせいじゃない、ニューイヤーズだから」って言えるよな。

Rachel: Well, that’s a lot better than Ross trying to kiss me in High School, and saying that he did it because he needed Chap Stick.
 それ、高校の時にロスがキスして来た時の、リップクリームがほしかったっていう言い訳より、ずーっとマシよね。

Ross: It was a dry day.
 あの日は乾燥してたんだ!

Monica: We are going to Dick Clark’s New Year’s Rockin' Eve!
 私たち、ディック・クラークのニューイヤーズ・ロッキン・イブに行くのよ!

Ross: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Monica: Oh, my God!
 オーマイゴッド!

Chandler: Oh, my God!
 (違う意味でレイチェルに)オーマイゴッド!

《ダンスパーティのセット》

Joey: Okay, now, listen. I’ve been on sets before, so let me give you a little advice, alright? It’s a show, but we’re just dancing, okay? It’s no big deal. The important thing to remember – stay cool.
 いいか、このセットには来たことがあるから、アドバイスするけど、これはショーで、俺たちはただ踊るだけ、いいか? 大した事じゃないんだからな。忘れるなよ、大事なことは、落ち着いてってことだ。

Ross: Got it!
 わかった。

(みんなメインステージに入る)

Ross: Oh, my God! It’s just like I dreamed it!
 オーマイゴッド! 夢に見たまんまだよ!

Director: Okay, everyone gather up.
 オーケー、みんな集まって!

Monica and Ross: Excuse us.
 失礼、通して・・

Director: Here’s what’s gonna happen. The music’s gonna start, you’re gonna dance, we’re gonna tape, you don’t look at the camera. Any questions?
 こういうことですからね、音楽が始まり、君たちは踊る、我々が録画し、君たちはカメラを見ない。質問は?

Ross: Yeah, I have a question. When is this gonna air?
 ええ、質問あります。いつ放映ですか?

Director: Yeah. Now you guys, dance over there, you guys, over there, and I want you two right around here, and everyone else spread out.
 ああ。さぁ、君たち、そこで踊って。君たちはあそこで。そして君たち2人はこのあたりで踊って。そしてみんなは広がってくれ。

Joey: Ross! So when is it gonna air?
 ロス! それで、いつ放映だって?

《モニカ達の部屋:フィービーとレイチェルが来る》

Rachel: Okay, you look in the kitchen, I will look in the back closet.
 じゃ、あなたはキッチンを見て。私はクローゼットの奥を見るわ。

Chandler: I can save you time ladies, I’m right here.
 教えてあげよう。僕ならここにいるよ。

Phoebe: Yeah, Chandler, why don’t you take a walk? This doesn’t concern you.
 チャンドラー、散歩にでも行ってきて。あなたは関係ないから。

Rachel: We are looking for our Christmas presents from Monica.
 モニカからのクリスマスプレゼントを探してるの。

Chandler: What? That’s terrible!
 なんだって? そんなのひどいじゃないか!

Phoebe: No, no, we do it every year!
 いいのいいの、毎年やってるんだから。

Chandler: Oh, well, that makes it not terrible.
 そうか、それならひどくないな。

Phoebe: No, yeah, we never find them! She’s always best at us that wily minx.
 そうよ、いつも見つけられないのよ。いつもあの生意気な小娘に、やられちゃってるの。

Rachel: Don’t worry, we’re just gonna search here for an hour, them we’re gonna go over to Joey’s and search, okay?
 心配しないで。1時間探したら、ジョーイのところへ行って探すから。

Chandler: No, not okay, you can’t look for Monica’s presents.
 いや、よくないよ。モニカのプレゼントを探すなんてダメだよ。

Phoebe: Oh, no. We have to.
 いえいえ、探すのよ。

Chandler: No, you don’t have to. And you can’t, because I live here too.
 いや、ダメだよ。やめてくれ。俺もここに住んでるんだからさ。

Phoebe: Well, then, you should look with us.
 それじゃ、あなたも一緒に探して。

Chandler: Why?
 なんで?

Rachel: Chandler, aren’t you worried about what to get Monica for Christmas?
 チャンドラー、モニカがクリスマスに何をくれるか、心配じゃないの?

Chandler: No, I have a great idea for a present for her.
 いいや。俺は彼女へのプレゼントでいいアイデアがあるから。

Phoebe: Oh, that’s it? A great idea, oh, yeah?
 あら、そうなの? いいアイデアですって?

Rachel: Chandler, that’s not enough. I mean what if she gets you a great present, two medium presents, and a bunch of little presents? And you’ve just gotten her one great present? I mean that’s just gonna make her feel bad. Why would you do that to her Chandler? Why? Why?
 チャンドラー、それじゃ足りないのよ。もし彼女が、素晴らしいプレゼントと、中くらいのプレゼント2つと、ちょっとしたプレゼントたくさんくれたらどうするの? それであなたは素晴らしいプレゼント一つでいいの? それじゃ彼女はガッカリするわよ。それでもいいっていうの? どうして? どうして?

Chandler: If I help, we can find them faster!
 助ければ早く見つけられるな!

Rachel: That’s right!
 その通りよ!

Phoebe: Ooh, ooh, we have a live one!
 あっ、最近のものがあるわよ!

Rachel: Oh, it’s a Macy’s bag!
 ああ、それはメイシーズのバッグね!

Phoebe: Yeah. Ooh, who’s it for?
 ええ。(中から靴が出てくる)それは誰宛?

Rachel: Dear losers, do you really think I’d hide presents under the couch? P.S. Chandler, I knew they’d break you.
 (メッセージを読む)ダメな人達へ。本当に私がカウチの下になんて隠すと思ったの? 追伸・チャンドラー、やっぱり誘惑に負けたわね。

Phoebe: Uh-oh. She may be onto us.
 おっと。彼女に気づかれてるみたいね。

Rachel: We are so gonna find them this year.
 今年は絶対見つけるわよ。

Chandler: You know when you guys said you were gonna go across the hall and look, you don’t, you don’t do that every year do you?
 君たち、向かいの部屋も探すって行ってたけど、毎年それやってるわけじゃないよね?

Rachel: Yeah.
 やってる。

Chandler: You don’t, like go into the back of my closet, and look under my gym bag or anything?
 俺のクローゼットの奥とか見てないよね。俺のジムバッグの下とか何とか。

Phoebe and Rachel: No, we never do that.
 いいえ、そんなことしてないわよ(背を向けて笑う)

Chandler: Because that’s where Joey gave me some stuff to store that I’ve never seen before in my life! Okay, that did not just happen!
 あれは、ジョーイに持っててくれって言われて置いといただけで、それまで見たこともないものなんだよ! ・・・今の事は起きなかった!

《パーティのセット》

Monica: Okay, here comes another camera.
 ほら、またカメラが来たわよ。

Ross: Right. No biggie. Stay loose.
 よし。たいしたことじゃない、気楽にして。

(必死で踊るが、カメラに徹底的に避けられる)

Ross: Why do they keep doing that?
 なんでみんなああなんだよ?

Monica: If we wanna get on camera, we have to get up on one of those platforms. They’ve been taping those people up there all day.
 カメラに映りたかったら、あのプラットフォームに立たなきゃダメなのよ。あそこにいるとずっと映ってるわよ。

Ross: Right. . . Hey, what’d you guys do to get up on there?
 そうだな。(プラットフォームの人に)ねぇ、どうやってそこに上がったの?

Girl: We learned how to dance.
 ダンスを習ってるのよ。

Monica: Oh, yeah? Well, when you learned how to dance did you forget how to put on underpants?
 あら、そう? ダンスを習って、下着の履き方は忘れたの?

Ross: Yeah!
 そうだよ!

《ジョーイとジャニーン》

Janine: Hey! You’re a good dancer!
 あら、あなたダンス上手ね!

Joey: Really?
 本当?

Janine: Yeah, well, you’d be better if you just loosened your hips a little.
 ええ。腰の力を抜くと、もっとよくなるわよ。

Joey: What do you mean?
 どういうこと?

Janine: Like this. . That’s it, feel the rhythm. That’s better.
 こうよ。(ジョーイの腰に手を添えて教える)リズムを感じて・・よくなったわ。

Joey: Uh-huh.
 ああ・・

Director: Okay, you’re dancing with that girl over there.
 よし、君はあの子と踊って。

Joey: No-no-no-no-no, we came together!
 イヤイヤイヤ、俺たちは一緒に来たんだ。

Janine: We're together.
 私たち一緒なの。

Director: I don’t see it. . You are dancing with the tall guy over there. Tall guy, raise your hand!
 そうは思えないな。(ジャニーンに)君はあそこの背の高い人と踊って。背の高い君、手を上げて!

Joey: No-no, hey, buddy, please let me dance with that girl. I really like her and I think I have a shot.
 いやいや、ダメだよ、きみ、頼むよ、彼女と踊らせてよ。彼女のこと本当に好きで、誘いたいんだからさ。

Director: Really, you think so? I don’t..
 本当に? そう? 違うな・・(立ち去る)

《モニカ達の部屋:チャンドラーが外から戻る》

Chandler: I couldn't find anything at Joey--Hey-hey, oh, hey!
 ジョーイのところでは何も見つからなかったよ・・おいおい、ちょと、おい!

Rachel: Yeah, we found them. There were in the guest room closet behind some coats.
 ええ、私たち、見つけたのよ。ゲストルームのクローゼットのコートの奥にあったわ。

Phoebe: Yeah, and you have nothing to worry about because they're all crap.
 そうなの。心配することなかったわよ。全部クソみたいなものよ。

Chandler: Those are my gifts, I got them for you.
 それは俺から君たちへのプレゼントだ。

Phoebe: Oh. Thanks ,Chandler, they're great!
 あら、ありがとう、チャンドラー。すごいわね!

Rachel: Well, Chandler, what is this very weird, metal A-Z thing?
 チャンドラー、この変な金属の「A」と「Z」は何?

Chandler: Those are book ends! That's a great gift!
 それはブックエンドだよ! いいプレゼントじゃないか!

Phoebe: Oh, okay, I'm sorry, thank you for my "az."
 あ、そうか。ごめんね、私に「おバカ」ありがと。

Rachel: Ha!
 ハハ!

Chandler: Make sure you put all that stuff back in the closet, okay?
 ちゃんとクローゼットの奥に戻しておいてくれよな。

Rachel: Yes, okay. Oh, by the way, I just gotta say, I think it's really nice of you that even after you've moved, you still keep storing that stuff for Joey!
 わかったわよ。ところで、あなたったら、引っ越してきた後もジョーイの物を持ってきてあげるなんて、優しいのね!

《パーティのセット》

Joey: Hey-hey, dancer girl! Can I go to the bathroom? I just.. Here we go. . . Looking good, Gellers!
 ねぇ、君、ダンサーさん! バスルーム行かせてくれないか?ちょと・・(踊り続けているので抱き上げて逃げる。モニカ達に)かっこいいね、ゲラー兄妹!(立ち去る)

Ross: We know!
 だろ!

Monica: Hey, see that snippy guy over there? He’s the one who decides who gets up on the platform. We should go dance by him.
 ねぇ、あのキツい人いるじゃない? あの人がプラットフォームに上がる人を決めてるのよ。彼のそばで踊った方がいいわ。

Ross: Okay.
 よし。(2人そばで踊る)

Director: Okay, everybody, hold! Next on the platforms are… …you two! And… …You two!
 よし、みんな止まって。次にプラットフォームに上がるのは・・君たち2人! それから・・君たち2人。(選ばれない)

Monica: Excuse me, sir, would it help if I weren’t wearing underpants?
 すみませんけど、私が下着をつけてなかったら選ばれるの?

Ross: Monica! . . Would it?
 モニカ! ・・そうなの?

《バスルーム》

Joey: Hey! Tall guy! Listen, I wanted to talk to you about that girl that you’re dancing with.
 やぁ、背の高い人! なぁ、君が一緒に踊ってる彼女のことで話があるんだ。

Tall Guy: She’s nice, huh? To think I almost brought my wife to this.
 彼女いいよね? 妻を連れてこなくてよかったよ。

Joey: Yeah, yeah, okay. Uh, look, buddy, I came with that girl, and I had this plan to kiss her at the new years countdown. I’m trying to win her over, you know. So I was wondering if..
 ああ、そうか。なぁきみ、俺は彼女と一緒に来たんだよ。新年のカウントダウンで彼女にキスしたいと思ってるんだ。彼女を落としたいんだよ。だからもし・・

Tall Guy: No, I don’t think so.
 いや、それはないね。

Joey: Oh, come on, man, you can dance with my partner, she’s real mellow!
 頼むよ、ね。君は俺のパートナーと踊ればいい。彼女すごく柔らかいよ。

Tall Guy: Look, you dating this girl you came with?
 なぁ、君はその一緒に来た子とつきあってるの?

Joey: Well, I was hoping after tonight that maybe I could, you know…
 いや、今後そうなることを期待してるんだよ。だから・・

Tall Guy: No, no. She’s fair game if you ask me, sorry buddy!
 いいや。彼女はいいカモだからね。悪いね!

Joey: Alright, alright, hey, you know. Fair is fair. . .When you’re right, you’re right, what can I say? But hey, oh, no!
 わかった、わかったよ。カモはカモだね。君が正しいなら君は正しいね。俺にできることっていったら・・あっ、あららら。(背の高い人の股間に水をかける)

Tall Guy: God! What are you, in second grade?
 何てことを! なんだ君は、小学生か?!

Joey: Hey, man. You’re the one who wet his pants.
 何だよ、ズボンを濡らしてるのは君の方だぞ。

《パーティのセット》

Monica: Man, this sucks! You know if Mom and Dad don’t see us on TV after we made them so jealous, I mean, who’s gonna be the losers then?
 もう、最悪! 母さんや父さんをあんなにうらやましがらせた後で、テレビに映ってなかったら、逆に私たちミジメじゃないの!

Ross: Hey, I know what’ll get us up on a platform!
 なぁ、プラットフォームに上がる方法があるよ。

Monica: What?
 なに?

Ross: The routine!
 あのルーティンだよ!

Monica: Ross, we haven’t done the routine since middle school.
 ロス、あのルーティンは中学の時にやったきりよ。

Ross: Hey, when the snippy guy sees the routine, he’ll wanna build us our own platform.
 な、あのキツいやつがあのルーティンを見たら、僕たち専用のプラットフォームを作ってくれるぞ。

Monica: Was it really that good?
 そんなによかったと思う?

Ross: We got honorable mention in the brother-sister dance category! Look, it’s almost fake midnight. Do we really have any other choice?
 兄妹のダンス部門で選外佳作に選ばれたんだぞ! もうすぐこの番組も真夜中になっちゃうんだぞ。他に方法はないだろう。

Monica: Okay, let’s do it. Mom and Dad are gonna be so faced! . . . 5, 6, 7, 8!
 そうね、やりましょ。母さんと父さんめっちゃ悔しがるわよ。・・ 5、6、7、8!

(2人で踊り、ディレクターの所へ行く)

Ross: So, do we really have to ask who’s going up on the platform next?
 この次プラットフォームに立てる人が誰か聞かなくてもわかる気がするけど?

Director: Oh, no! You get up there and do that again exactly like that!
 ああ、そう! 君たち上がって、今のと全く同じようにもう一度踊って。

Monica: Yes!
 ハイ!

Director: Make sure you get this, they’re gonna want it for the Bloopers show. Alright, cut! Listen up everyone, when we start again it’s gonna be the countdown to new years, so I wanna see everybody’s excitement.
 (カメラマンに)あれを必ず撮るんだぞ。NGショーに使えるだろうからな。よし、カット! みんな聞いてくれ! この次に撮るのはカウントダウンだ。みんな盛り上がってよ!

(ジョーイ達の所へ来る背の高い男)
Tall Guy: Hey, guy! You got three seconds to get away from my partner.
 おい、おまえ! 3秒やるから俺のパートナーのそばを離れろ。

Director: What’s going on over here?
 どうしたんだ?

Joey: Uh, take a look at the guy’s pants! I mean, I know you told us to show excitement, but don’t you think he went a little overboard?
 ちょっと、あの人のズボン見てくださいよ。盛り上がってって言われたけど、あれはちょっと行き過ぎですよね?

Director: What’s the matter with you? Get out of here!
 君どうなってるんだ? 出て行け!

Joey: Yeah, take a hike, wet pants!
 そうだよ、出て行け、おもらしして!

《プラットフォームのモニカとロス》

Ross: Can you believe this? We’re gonna be on the platform for the Millennium moment!
 信じられる? ミレニアムになる瞬間、僕たちプラットフォームにいるんだよ。

Monica: I know! Hey, you haven’t been practicing the routine, have you?
 本当よね! ねぇ、あたなルーティンの練習してたのね?

Ross: No!
 いいや!

Monica: Me too!
 ・・・私も!

Ross: Hey, when the music starts up again, I was thinking of maybe going into the robot, you know?
 ねぇ、今度音楽が始まったら、ロボットダンスをしようかな?

Monica: Ross, I think we should stick to the routine, we don’t wanna look stupid!
 ロス、ルーティンに沿ってやるべきよ。バカと思われたくないわ。

Director: All right, we’re back! Ten seconds left. Here we go! Ten! Nine! Eight! Seven!
 よーし、撮影再開! あと10秒! 行くぞ! 10、9、8、7・・

Joey’s Head: Okay, it all comes down to this. Whatever happens, happens. Destiny.
 (ジョーイの心)よし、いよいよだぞ。起きるべくして起きる。運命だ。

All: Three, Two, One!
 3、2、1!

Director: Cut!
 カーット!

Joey: No! Year! Happy No Year!
 ノー!! (注目を浴びてごまかす)イヤー! ハッピー・ノー・イヤー!!

Director: Okay, here’s where we go to the live shot of Times Square, nice work, everyone. That’s a wrap!
 よーし、ここでタイムズ・スクウェアに場面は移る。よかったよ、みんな。これで終了!

《モニカ達の部屋:フィービーがダックとチックを連れてくる》

Phoebe: Hey! Look who I found!
 ねぇ、見て! 連れて来たわよ!

Chandler: Oh, hi, guys!
 ああ、やぁ、おまえたち!

Phoebe: You know, birds have a very good sense of direction. And I thought maybe they could help us find where the presents are hidden.
 鳥は優れた方向感覚を持ってるでしょ。だからプレゼントの隠し場所を教えてくれるかもしれないわよ。

Chandler: Yes, if the presents are hidden south for the winter.
 ああ、もし冬に備えてプレゼントを南に隠してあればね。

Phoebe: Or we could just follow your clever jokes – any ideas? No! Didn’t think so! Okay, come on, guys, show us where the presents are!
 それか、あなたの冴えたジョークに従うか? 何かアイデアあるの? ないでしょ! はい、あなた達、プレゼントの場所を教えて!

Chandler: Oh, the duck seems to think that Monica got me garbage! Hmm, I wonder what I could get Monica that’s as good as garbage?
 ああ、ダックがモニカは俺にゴミをくれると思ってるみたいだな。うーん、モニカは、ゴミみたいにいい何をくれるんだろうな?

Phoebe: Hmm, how about my "az?"
 うーん、「az」はどうかしらね?

Rachel: Hey, this is hollow.
 (窓際のベンチを叩き)ねぇ、ここ空洞よ。

Phoebe: What?
 えっ?

Rachel: This bench, it’s hollow! I can’t believe I never knew that! . . Oh, the presents!!!
 このベンチ、空洞だわ! 信じられない、今まで知らなかったわ! (開けて)あっ、プレゼントよ!

Phoebe: No, don’t look directly at them!
 ダメ! 直に見ちゃだめよ!

Chandler: What?
 えっ?

Phoebe: Alright, no, we could look at them!
 いいわ。見てもいいわよ。

Rachel: Oh, this one’s for me!
 ああ、これ私宛てだわ。

Phoebe: Oh, this one’s for Chandler. Here.
 あ、これはチャンドラーのよ、ほら。

Chandler: Oh, great!
 ああ、いいね!

Phoebe: And the big one’s for me!
 この大きいのは私宛てだわ!

Rachel: Ooh, let’s open them!
 ああ、開けてみましょう。

Chandler: Okay! Okay! Okay!
 よし、よし、よし!

Phoebe: Hee hee!
 へへ!

Chandler: Wait, we can’t do this.
 待てよ。こんな事しちゃダメだよ。

Phoebe and Rachel: Why?
 なんで?

Chandler: I don’t wanna know what Monica got me. You know? I mean, look, I’m sure she worked really hard at getting you a present, and wanting to surprise me. And you guys are gonna ruin that. And. . look, we have to put these back. This is not what Christmas is about.
 モニカが何をくれるか、知りたくないよ。いいか、モニカは、俺に何を送るか一生懸命考えてくれて、驚かそうと思ってるはずだよ。君たちはそれを台無しにしようとしてる。なぁ、元に戻してくれよ。クリスマスってこういうものじゃないだろ。

Rachel: Whatever, Linus, I’m opening mine.
 ライナス、何て言おうと、私は開けるわよ。

(Snoopy のキャラクターLinus がクリスマスってこういうことだと語ります)


Chandler: Nobody is opening anything, okay? Look, I don’t know about you guys, but I wanna see the look on Monica’s face when I give her my present, and I’m sure she wants to see the look on my face when I get mine. So please, please, can we just, can we put them back?
 誰も、これを開けちゃダメだよ、いいかい? 君たちはどうか知らないけど、俺のプレゼントを受け取った時のモニカの顔が見たいんだ。モニカも俺がプレゼントを開ける顔を見たいんだと思う。だから、頼むよ、頼むからこれ戻してくれないか?

Phoebe: Will you get us better gifts?
 私たちにもっといい物買ってくれる?

Chandler: Fine!
 わかったよ!

(モニカが帰ってくる)

Monica: Hey, guys! You found the presents? Chandler, you let them find the presents? Great! Do you know how long it took me to find you that water purifier?
 ハーイ! ・・プレゼント見つけちゃったの? チャンドラー、見つけさせちゃったの? もう! その浄水器探すのにどれだけかかったと思うの?

Chandler: That’s what you got me?
 それが俺へのプレゼント?

Phoebe: Oh, yes, I see what you mean. That look is priceless.
 (チャンドラーの表情を見て)ああ、これなのね。あなたが言ってたのは。ほんと、プライスレスだわ。

《ジョーイの部屋》

Joey: Home sweet home, huh? Nice to, uh, get back to reality. Plus, we know how the New Year’s gonna go off. I guess there’s no reason for all that Y2K panic, you know? Anyway, good night!
 我が家はいいね。現実に戻ってきてよかったよ。それに新年がどんなふうかわかってるしね。Y2Kで大騒ぎすることもないね。とにかく・・おやすみ。

Janine: Joey.
 ジョーイ。

Joey: Yeah?
 なに?

Janine: 3, 2, 1. . Happy New Year.
 (ジョーイの手を取り)3、2、1(キス)ハッピー・ニュー・イヤー。

Joey: Oh. What was that for?
 え。どういうこと?

Janine: Well, I don’t know tonight when they yelled cut and we didn’t get to kiss, I was really, really, disappointed, and I just, really wanted to kiss you
 今夜、カットって言われたとき、本当にガッカリしたの。それで、あなたにすごくキスしたくて。

Joey: Really? In the moment, I really wanted to kiss you too. In the moment.
 本当に? 俺もあの時は、本当に君にキスしたかったよ。あの時はね。

Janine: In the moment, yeah.
 あの時はね、ええ。

Joey: But only in the moment. So do you wanna kiss again?
 あの瞬間だけね・・もう一度キスしたい?

Janine: Sure, New Year’s Eve is only two weeks away. Can you wait?
 ええ。大晦日まで2週間だけど、待てる?

Joey: No.
 いいや。

Janine: Me neither.
 私も。

Joey: 3, 2..
 3、2・・

Janine: Joey, you don’t have to count down every time we kiss.
 ジョーイ、キスするたびにカウントダウンしなくていいのよ。

Joey: Oh, okay. Except I sort of felt like I needed a couple of seconds to get ready.
 ああ、そうか。だけど心の準備にちょっと時間がほしくて。(キス)

《モニカ達の部屋》

Monica: We were on the platform, ready to dance the world into the new Millennium, and the guy yelled ‘cut!’
 私たちがプラットフォームに立って、ミレニアムに合わせて踊ろうとしてるところで、あの男が「カット!」って言ったのよ。

Rachel:Wait a minute. So you guys are telling me that you actually did the routine from eighth grade?
 ちょっと待って。あなた達、本当に8年生の時にやったルーティンで踊ったっていうの?

Monica: Yeah. But of course we had to update it a little bit. . Hey, by the way, great thinking about catching me!
 そうよ。だけど、ちょっと改良したけどね。(ロスに)だけど、私を抱きとめたのはいいアイデアだったわね!

Rachel: Because I was gonna say there’s no way you could’ve done the end the way you guys did it back then!
 そうよね。私が言いたかったのは、あなた達がやったあの最後のを今やれるわけがないってことよ。

Monica: What? We could do it!
 えっ? できるわよ!

Ross: I don’t know, I mean you were a lot bigger, I mean, stronger back then.
 それはどうかな。だってあの頃、君はうんと大き・・強かったよ。

Monica: I can do it, okay? Come on, let’s go.
 できるわよ。いい? やりましょうよ。

Monica and Ross: 1, 2, 3, 4, 5, 6, 7, 8.
 1、2、3、4、5、6、7、8!

Monica: I can’t do it!
 できない!(最後の瞬間によけて、ロスは倒れる)

Chandler: Now, you do that, you’re on TV.
 それをやれば、テレビに映ったのに。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 00:18| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。