2013年09月17日

6-9 The One Where Ross Got High

6-9 ロスがハイになった話

 ☆チャンドラーは嫌われ者?☆

《モニカ達の部屋:モニカ電話中》

Monica: Okay, great! Bye. . So guess who’s coming to Thanksgiving dinner?
 わかったわ、じゃあね。(電話切る。チャンドラーが来る)サンクスギビングに誰が来ると思う?

Chandler: Sidney Poitier? Ha, ha.
 シドニー・ポワチエ? ハハ。

(シドニー・ポワチエの映画「招かれざる客」の原題は"Guess Who's Coming to Dinner")

Monica: I miss Rachel. No, my parents.
 レイチェルが恋しいわ。。違うわよ、私の両親。

Chandler: Oh! That’s great, they haven’t seen the place since I moved in.
 ああ、いいね。俺が越してきて以来ここに来てないもんね。

Monica: Yeah, and you know, if you could not mention to them that we live together, that would be great! I was thinking we would eat around four.
 そうよね。それで私たちが一緒に暮らしてること言わないでいてくれたらうれしいな! 食事は4時頃にするつもりよ。

Chandler: Why can’t I tell them that we live together?
 どうして一緒に住んでること言っちゃいけないんだ?

Monica: Because they don’t know we’re dating. Do you think we should eat in the kitchen?
 私たちがつきあってるって言ってないからよ。食事はキッチンですればいいかしら?

Chandler: Why haven’t you told them?!
 どうして言ってないんだ?

Monica: Um, well, I was going to, I-I-I really was. But um, then somewhere, just out of nowhere, I didn’t.
 ええ、まぁ、言おうとしたのよ、本当よ。だけどね、なぜかしら、どこからともなく、言えなかったのよ。

Chandler: Why haven’t you told them?! Wouldn’t they be happy?!
 どうして言ってないんだ? 喜んでくれるんじゃないか?

Monica: So! Dinner in the kitchen around four! I’ll see you then.
 それじゃ、ディナーはキッチンで4時にね。またその時にね。

Chandler: Why wouldn’t they be happy?
 なんで喜んでくれない?

Monica: Well, um, because mainly, um, they don’t like you. I’m sorry.
 えー、まぁ、主にね、あなたが好かれてないからよ。ごめん。

Chandler: What? What? Why?!
 えっ? なに? どうして?

Monica: Maybe because you used to be aloof, or that you’re really sarcastic, or that, you know, you joke around all the time. Or that you take off your clothes and throw them on the couch.
 多分、あなたがよそよそしい人だったからかな。それか、皮肉やさんだから。それか、いつもふざけてるからかな。それか、脱いだ服をカウチに放り投げておくからかも。

Chandler: Is this why they don’t like me or why you don’t like me?
 それは彼らの理由じゃなくて、君が俺を好きじゃない理由?

Monica: Look, I know that I should’ve told them. I know I shouldn’t care what they think. I’m sorry.
 ねぇ、言うべきだったわ。あの人たちがどう思うかなんて気にすることなかった。ごめんね。

Chandler: You know, it’ll be okay. It’ll be okay. Because when they come over, I will be all charming, I will make them fall in love with me, and then we’ll tell ‘em.
 大丈夫だよ。大丈夫。ご両親が来たら、俺の魅力で好きになるさ。そしたら言えばいい。

Monica: You really think that’ll work?
 それで本当にうまくいくと思う?

Chandler: Hey, I can be pretty charming, babe. I won you over, didn’t I?
 俺だって魅力あるんだぞ。君を落としたじゃないか。

Monica: I don’t think you’ll ever get my parents that drunk.
 そこまで両親を酔わせることができるとは思えないわ。

《ジョーイの部屋:ロスとジョーイがプレステで遊んでいるところにチャンドラーが来る》

Chandler: Hey! Oh, good, Ross! You’re parents like me, right?
 やぁ、よかった、ロスいたな。おまえの両親、俺のこと好きだよな?

Ross: Yeah, of course they like you.
 うん。もちろん好きだよ。

Chandler: Monica just told me that they don’t.
 モニカが、俺が好かれてないって言うんだ。

Ross: Yeah, they don’t like you.
 うん。好かれてないよ。

Chandler: Do you know why?
 なんでか知ってる?

Ross: I don't know, maybe it’s because you’re really sarcastic. Or maybe it’s cause you uh-
 知らない。多分、皮肉やだからかな。それか・・

Chandler: Well, if people don’t know they shouldn’t just guess! . . This is great, another Thanksgiving with nothing to give thanks for.
 知らないんなら、適当に言うな! けっこうだね。また感謝するネタのないサンクスギビングだよ。

Joey: Maybe I give thanks for you shutting up, huh?
 黙ってくれたら感謝しようかな。

Chandler: Maybe I give thanks by taking my Playstation over to my new apartment.
 プレイステーションを新しい部屋に持っていけたら感謝しようかな。

Joey: Well, maybe I love you.
 愛してるよ。

(ジャニーンが来る)
Janine: Hey.
 (チャンドラーに)ハーイ。

Chandler: Hey.
 やあ。(出て行く)

Janine: Hey, guys!
 ハーイ。(慌てて立ち上がるロスとジョーイ)

Ross: No, I don’t want to play video games, Joey!
 いやだよ、テレビゲームなんかしないぞ、ジョーイ。

Janine: Are you guys going to Chandler’s for Thanksgiving?
 あなた達、サンクスギビングはチャンドラーのところに行くの?

Joey: Yeah! Yeah, why? What’s up?
 そう。そうだよ。どうして? なにかある?

Janine: Well, me and my dancer friends are thinking of doing Thanksgiving uptown. I thought you guys might like to come.
 ええ、私とダンス仲間とで、サンクスギビングにアップタウンで集まるんだけど、あなた達も来ないかなと思って。

Ross: For real?
 それマジ?

Janine: But you should go to Chandler’s. Because none of us knows how to cook, we’ll probably just end up drinking all day.
 だけどチャンドラーのとこへ行った方がいいかもね。私たち料理なんて知らないから、一日中飲むだけになっちゃうわ。

Joey: Ye-ye, we go to yours!
 いやいや、君の方へ行くよ!

Ross: Yeah, see, we-we-we have to stop across the hall, because it’s my sister. But, uh, you know, actually, growing up with a sister was nice because it really helped me understand women. Yeah, you-you should tell your friends that.
 ああ、妹だから、向かいへも行かなきゃならないけどね。でもさ、実際、妹を持ってるってことはよかったよ。おかげで女性を理解できるからね。友達にもそう言っておいてね。

Janine: ..Okay.
 ・・わかったわ。(立ち去る)

Joey: How you got three women to marry you, I’ll never know.
 なんで3度も結婚できたのか、まったく謎。

《モニカ達の部屋:フィービーが来る》

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

All: Hey!
 ハーイ!

Rachel: Hey! Hey, Pheebs, check it out. Yeah, for my desert, I have chosen to make a traditional English trifle!
 ねぇ、フィーブス、これ見て。私、デザートにイギリスの伝統的なトライフルを作ることにしたの。

Phoebe: Wow, that sounds great! And what are you making, Monica, you know, in case Rachel’s dessert is so good that I eat all of it. There’s none left for anybody else!
 ワオ! すごいわね! モニカは何を作るの? ほら、レイチェルのデザートがすごくおいしくて私が全部食べちゃって他の人の分がなくなるかもよ!

Monica: Nothing.
 何も。

Rachel: Nothing?
 何も?

Monica: No, sweetie, I-I trust you.
 ええ、レイチェル、あなたを信頼してるわ。

Rachel: So, if-if I mess this up, there’s nothing else for dessert?
 それじゃ、私が失敗したらデザートなしになっちゃうの?

Monica: You’re not gonna mess it up.
 失敗しないわよ。

Rachel: Wow, Monica, I love that, you really have faith in me. Thank you. Technical question, how do you know when uh, the butter’s done?
 ワオ。モニカ。うれしいわ。本当に私を信じてくれてるのね。ありがとう。技術的な質問。バターはどれくらい暖めるの?

Monica: Well, it’s done about two minutes before it looks like that.
 そうなる2分前ね。

(ジョーイとロスが来る)
Joey and Ross: Hey!
 ヘイ!

All: Hey!
 ヘイ!

Joey: Oh! The food smells great, Mon.
 ああ! いい匂いだな、モン。

Ross: And the place looks so nice!
 それに部屋も素敵だよ!

Joey: Yeah, hey, hey, Happy Thanksgiving, everybody!
 ほんとほんと。ハッピー・サンクスギビング!

Ross: Happy Thanksgiving!
 ハッピー・サンクスギビング!

The Girls: Happy Thanksgiving!
 ハッピー・サンクスギビング!

Joey: Well, this has been great!
 いや、楽しかったよ。

Ross: See ya!
 じゃあね!(2人出て行こうとする)

Monica: Whoa, whoa, whoa! Where’re you going?
 ちょっとちょっとちょっと! どこ行くのよ?

Ross: Oh, oh, we did say we’d stop by this little thing Joey’s roommate is having.
 あー、僕たち、ジョーイのルームメイトの集まりに顔出すって言っちゃったんだ。

Monica: Oh, Janine, the really hot dancer girl?
 ああ、あのホットなダンサーのジャニーンね?

Ross: Some would say she’s attractive, yes.
 そうだな、魅力的だって言う人もいるかもね。

Phoebe: And who else is going to be there?
 他には誰が行くの?

Joey: Uh, some of her friends, yeah.
 えー、彼女の友達かな。

Rachel: Her dancer friends?
 彼女のダンサー仲間ね?

Joey: Yes, all right? All of her hot dancer friends are gonna be there and they’re gonna be, be drinking and dancing and we really wanna go!
 そうだよ。彼女のホットなダンサー仲間がみんな来て飲んだり踊ったりするんだよ。だから絶対行きたいんだよー!

Ross: Dude, we were good!
 おい、うまくいってたのに!

Monica: You’re not gonna go anywhere, you said you were gonna eat here, and you’re gonna eat here!
 そんなとこ行かせないわよ。ここで食べるって言ったんだから、ここで食べるのよ。

Phoebe: Yeah, and-and leaving us to go see hot dancer girls is not very Thanksgivingy.
 そうよ。ホットなダンサーに会いたくて私たちを置いてくなんて、サンクスギビングらしくないわよ。

Ross: Oh, but-but it is, uh, it’s just like the first Thanksgiving, when the Indians and the Pilgrims uh, sat down to dinner.
 だけどさ、初めてのサンクスギビングはそういうものだったんだよインディアンと移民とか一緒にディナーを食べたんだからさ。

Joey: Yeah, yeah, and the Indians taught the Pilgrims what it meant to be hot in the new world!
 そうだよ。インディアンが移民達に、新しい世界ではホットってどんなものか教えたんだよ。

(ゲラー両親が来る)
Mrs. Geller: Hello, everybody!
 こんにちは、みんな!

Mr. Geller: Hi!
 やぁ!

All: Hi!
 ハーイ!

Monica: Dad, Mom. Look! Look who it is! It’s Chandler!
 父さん、母さん(キス)見て、ほら見て、チャンドラーよ。

Mrs. Geller: Oh, yes, of course. Hello, Chandler.
 ああ、そうよね。こんにちは、チャンドラー。

Chandler: Mr. and Mrs. Geller, you look wonderful, it is great to have you hear. Let us take your coats! . . Whoa, snowing out there?
 お父さん、お母さん、お元気そうですね。よく来てくださいました。コートを預かりましょう。(ゲラー父のコートの肩を払って)おお、外は雪でしたか?

Mr. Geller: No.
 いいや。

《モニカ達の部屋のキッチン》

Mr. Geller: Monica, all this food looks wonderful, you should think about doing this for a living. . . Ok, I have dandruff. There’s no need to laugh and point.
 モニカ、どれもすごくおいしそうだな。これを仕事にするべきだよ。(チャンドラーが笑う)ああ、フケはあったかもしれないが、指差して笑うことはないだろう。

Monica: Dad, Chandler was just laughing at your joke.
 とうさん、チャンドラーは父さんの冗談を笑ったのよ。

Mr. Geller: My joke wasn’t funny.
 あの冗談はおもしろくなかった。

Phoebe: Rach, Rach, I just remembered. I had a dream about Mr. Geller last night.
 (レイチェルに)レイチ、レイチ、今思い出したの。私昨日、ゲラーさんの夢を見たわ。

Rachel: Really?!
 本当に?

Phoebe: Yeah, I dreamt that he saved me from a burning building and he was so brave and so strong! And it’s making me look at him totally differently. You know, I mean he used to be just, you know “Jack Geller Monica and Ross’s dad” and now he’s he’s “Jack Geller, dream hunk."
 ええ。彼が燃え盛るビルから私を救い出してくれたの。すごく勇敢で強かったわ。そのせいで彼のこと見る目が変わっちゃった。今までは「ジャック・ゲラーはモニカとロスのお父さん」だったけど、今では、「ジャック・ゲラー、夢に見たいい男」って感じ。

Rachel: I don't know. You know, to me, he’ll always be “Jack Geller, walks in while you’re changing.”
 どうかしらね。私にとっては「ジャック・ゲラー、着替えていると必ず来る人」って感じ。

《モニカ達の部屋のリビング》

Monica: You know, Dad, Chandler is one of Ross’s very best friends.
 ねぇ、とうさん、チャンドラーはずっとロスの親友なのよ。

Chandler: Yeah, Ross sure is a great guy. You know, I’ve always felt that how a young man turns out is a reflection on his father.
 ええ、ロスは本当にいいやつですよ。男はやはり父親に似るものですよね。

Mr. Geller: I always thought that too. Tell me, what does your father do?
 私もそう思ってるよ。君のお父さんは何をしてるんだっけね?

Chandler: He’s the headliner of a gay burlesque show.
 彼は・・ゲイ・バーレスクショーのスターです。

《キッチンで料理中のレイチェル》

Joey: Rach, you’re killing us here. Will you serve the dessert already? Those drunken dancers are waiting!
 レイチ、頼むよ。早くデザート出してくれないか。酔っ払ったダンサー達が待ってるんだよ!

Rachel: Look at it, isn’t it beautiful?
 見て、これ。きれいじゃない?

Ross: Yeah, yeah, what is it?
 ああ、そうだな。それ何?

Rachel: It’s a trifle. It’s got all of these layers. First there’s a layer of ladyfingers, then a layer of jam, then custard, which I made from scratch, then raspberries, more ladyfingers, then beef sauteed with peas and onions, then a little more custard, and then bananas, and then I just put some whipped cream on top!
 トライフルよ。層になってるの。最初にカステラでしょ、それからジャムの層、そしてカスタード、これは私の手作りよ。そしてラズベリー、さらにカステラ、それからビーフソテーとマメとオニオン。そしてまたカスタード、その次がバナナで、そしてクリームを一番上に乗せるのよ。

Ross: W-What was the one right before bananas?
 バナナの前は何だった?

Rachel: The beef. Yeah, that was weird to me, too. But then, you know, I thought “well, there’s mincemeat pie,” I mean, that’s an English dessert. These people just put very strange things in their food, you know. Oh! by the way, can I borrow some Rum from your place?
 ビーフよ。そうなのよ、私も変だなと思ったんだけど。でも、ほら、イギリスのデザートで、干しぶどうやリンゴとひき肉の入ったパイがあるじゃない。あの人達って変わったもの入れるのよね。(ジョーイに)あ、ところで、ラム酒借りてもいい?

Joey: Yeah, sure!
 ああ、いいよ。

Rachel: And while I’m gone don’t you boys sneak a taste.
 向こうへ行ってる間に味見しないでよ。

Joey and Ross: Okay.
 わかったよ。(レイチェル出て行く)

Ross: Beef in a dessert?! No, no, no, there is no way!
 デザートにビーフ? いやいや、そんなはずはないぞ!(レシピをチェックする)

Joey: I know, and only one layer of jam?! What is up with that?
 そうだよ。ジャムの層が一個しかないなんて。なんだよそれ?

Ross: Oh, my God, the pages are stuck together!
 大変だよ。ページがくっついてしまってるんだ!

Joey: Chandler!
 チャンドラー!

Ross: Oh, my God, she-she made half a English Trifle, and half a...Shepherd’s Pie!
 これはひどいよ。彼女が作ってるのは、半分はイングリッシュ・トライフルで、半分は羊飼いのパイだよ!

Joey: Oh, man! Now she’s gonna start all over! We’re never gonna get to introduce the hot girls to the new world!
 なんだよ! そうしたら彼女作り直しになるじゃないか。そんなんじゃ、新しい世界にホットな女の子達紹介できないよ!

Ross: No, no, we will. We just won’t tell her she messed up.
 いやいや、できるよ。彼女に間違えたこと言わなきゃいいんだよ。

Joey: Just let her serve the beef-custard thing?
 じゃあ彼女に、ビーフとカスタードのデザートを出させるのか?

Ross: Yeah, it’ll be like a funny Thanksgiving story!
 ああ。サンクスギビングの楽しい思い出になるさ。

Joey: Vomiting stories are funny...
 吐いた話ってのはおもしろいかもな・・

(レイチェルが戻る)
Rachel: Joey, God, your apartment is like a hundred degrees.
 ジョーイ、あなたの部屋ったら100度(摂氏38度)ぐらいあるって感じよ。

Joey: Did-did it make you wanna walk around in your underwear?
 服脱ぎたくなる感じだった?

Rachel: No!
 いいえ!

Joey: Still not hot enough!
 まだ十分じゃないのか!(出て行く)

Phoebe: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Yeah?
 なぁに?

Phoebe: Okay, look at him. Look at those strong hands. Oh, what I wouldn’t give to be that can of .. condensed milk.
 ほら、彼(ゲラー父)見てよ。あの強そうな手を見て。あの缶になりたいわ。あの・・コンデンス・ミルク・・。

《リビングのモニカ達と両親》

Monica: Mom, uh, Chandler was just saying how beautiful your sweater is.
 母さん、チャンドラーが、そのセーター素敵だねって言ってたのよ。

Mrs. Geller: Oh, thank you, Chandler. I just bought it.
 あら、ありがとう、チャンドラー。買ったばかりなのよ。

Chandler: Oh, yes. Well, it’s very beautiful. It’s cream-colored and tight and .. . . I don’t mean tight, I mean it’s not too tight, not that I was looking at-
 そうそう、本当に素敵ですね。クリーム色でピッタリしてて・・いや、ピッタリって意味じゃなくて、キツそうとかいうことじゃなくて、別に見ていたわけじゃ・・

Mr. Geller: What’s the matter with him?
 (妻に)彼どうなってるんだ?

Mrs. Geller: I think he’s stoned again.
 (夫に)またハイになってるのよ。

Chandler: What?
 えっ?

Monica: What?
 は?

Ross: Dude, I need to talk to you a sec.
 (チャンドラーに)ちょっと、話がある。

《元レイチェルの部屋に来たロスとチャンドラー》

Ross: Okay, I think I might know why my parents don’t like you.
 な、どうしてうちの両親が君を嫌ってるかわかったよ。

Chandler: You do? Why?
 わかった? どうしてなんだ?

Ross: Okay, remember, we were young. Hey, Spring break, sophomore year, I got high in my bedroom and my parents walked in and smelled it and so I told them that you had gotten stoned and jumped out the window.
 若かった頃覚えてる? 2年の時の春休みだ。僕が自分の部屋でハイになってるところに両親が入ってきて、匂いに気づいたんだよ。それで僕、君がハイになってて窓から出てったって言ったんだ。

Chandler: What?! Why did you do that?
 何だって? なんでそんなことを?

Ross: I don’t know. Uh, yours was the first name that popped into my head, I’m I’m sorry. I didn’t think it would matter.
 わかんないよ。君の名前が最初に思い浮かんでさ。悪かったよ。問題になるとは思わなかったんだよ。

Chandler: How could it not matter?!
 なんで問題にならないんだよ?

Ross: How was I supposed to know we’d end up being friends after college, let alone you would be living with my sister?
 だって君が妹と一緒に暮らすことになることはもちろん、大学を出た後もずっと友達でいるなんてわかるわけがないだろう。

Chandler: What about all that “friends forever” stuff?
 「永遠に友達」って話したじゃないか?

Ross: I don’t know, I was all high.
 わかんないよ・・ハイだったんだから。

(モニカが来る)

Monica: Mom and dad just sent me in here to find out if you were trying to get Ross stoned.
 母さんと父さんに、チャンドラーがロスをハイにさせようとしてるんじゃないか見て来いって言われたわよ。

Chandler: Your parents caught Ross smoking pot in college and he blamed it on me!
 ロスがマリファナ吸ってるところに君の両親が入ってきて、ロスはそれを俺のせいにしたんだよ!

Monica: Ross, I can’t believe you’d do that!
 ロス! なんてことするのよ!

Chandler: The reason we haven’t told them we’re together is because they hate me, okay? So will you fix this?
 ご両親が俺を嫌ってるから、一緒に暮らしてるって話せないんだぞ。おまえが何とかしてくれなきゃ。

Ross: Okay, okay, I’ll tell them it wasn’t Chandler who got high. Now who should I say it was?
 わかった、わかったよ。ハイになってたのはチャンドラーじゃないって言うよ。誰だったって言おうか?

Monica: You! It’s not like it’s a big deal! You-you don’t still do it or anything!
 自分よ! 大した事じゃないじゃないの。今やってるわけじゃないんだから。

Ross: Alright, alright, now-now who should I say tricked me into doing it?
 わかった、わかったよ。それじゃ、誰に誘われたって言おうか?

《モニカ達の部屋のリビング》

Monica: Dad, please don’t pick your teeth out here! Alright, and if you’re gonna put your feet up, why don’t you sit on the-
 父さん、ここで歯をつつかないで。それに、足をテーブルにあげないでちゃんと座って・・

Phoebe: Monica, leave him alone!
 モニカ、そっとしてあげて!

《キッチンのレイチェル達》

Joey: Will you hurry up? Did you not hear me before when I told you that all of Janine’s friends are dancers?! And that they’re going to be drinking a lot?
 早くしてくれないか。ジャニーンの友達はみんなダンサーだって言ったの聞いてなかったの? そしてその子達が酔っ払ってるんだぞ。

Rachel: No, I did, but tell me again, because it’s so romantic.
 いえ、聞いてたわよ。でもすごいロマンティックだから、もう一度聞かせて。

Joey: Well, you’re whipping so slow! Can’t you do it any faster?
 すごいゆっくりホイップしてるじゃん。もっと早くできるだろ。

Rachel: Joey! Come on! I don’t wanna make any mistakes, alright? This is the only dessert and if I screw it up everybody's gonna be like “Oh, remember that Thanksgiving when Rachel screwed up the trifle?” So why don’t you just let me worry about making the trifle and you just worry about eating it, alright?
 ジョーイ、お願い、失敗したくないのよ。これしかデザートはないのよ。もし失敗したら、みんなが「サンクスギビングに出たレイチェルの失敗作のトライフル覚えてる?」とか言われるのよ。だからトライフルのことは私に任せて、あなたは食べる心配だけしてて。

Joey: Oh, I am!
 してるとも!

《ロスをせかすモニカ》

Monica: Ross, if you don’t tell them, then I will!
 ロス、あなたから言わないなら私が言うわよ。

Ross: Okay, fine!
 わかったよ。

Joey: Ross! Can I talk to you for a second?
 ロス! ちょっと話せるか?

Ross: Oh, uh, can it wait a second, Joey? I have to tell my parents something. No, it can’t? Okay.
 えっ。後にできないか、ジョーイ。両親に話があるんだよ。ダメ? しょうがないな。

《元レイチェルの部屋》

Joey: Okay, look, I think we have to tell Rachel she messed up her dessert.
 いいか、レイチェルにデザート間違ってるって言うしかないよ。

Ross: What?! What is with everybody? It’s Thanksgiving, not...Truth Day!
 なに? みんなどうしたんだよ。サンクスギビングだぞ。真実の日じゃないよ。

Joey: Look, when everyone eats that...that...Banana-Meat thing, they’re all gonna make fun of her, do you want that?
 あのバナナと肉のやつを食べたら、みんな彼女を笑うぞ、それでもいいのか?

Ross: Okay, okay, we’ll just get everyone to act like they like it. That-that way no one makes fun of her and we still get to go to Sweet Potato Pie.
 よし、それじゃ、みんなで、気に入ったフリをすればいいんだよ。そうすれば誰も彼女を笑わないし、僕たちも、スイートポテトパイをいただけるだろ。

Joey: Dude, they’re not objects.
 おい、彼女達はモノじゃないんだぞ。

Ross: Oh..
 ああ・・

Joey: Just kidding. I’ll talk to them. You distract her.
 冗談だよ。みんなに話してくるよ。おまえは彼女の気をひいて。

(2人部屋を出て、ロスはレイチェルに話に行く)

Ross: Hey, Rach, can I talk to you outside for a sec?
 ねぇ、レイチ、ちょっと外で話せる?

Rachel: Okay.
 いいわよ。

《モニカ達の部屋の前の廊下》

Rachel: What’s up, Ross?
 どうしたの、ロス?

Ross: So um...Thanksgiving. The holiday season is upon us, hmm?
 うーん・・サンクスギビングだね。ホリデーシーズン到来だ。

Rachel: Yeah!
 そうね。

Ross: And um...You look nice today.
 それで・・・今日の君はきれいだね。

Rachel: Oh, no. No, Ross, don’t do this.
 ああ、ダメ。ダメよ、ロス、やめて。

Ross: What?
 え?

Rachel: I just- I don’t think us getting back together is a good idea.
 私たちがまたつき合いだすのは、いい考えとは思えないわ。

Ross: Huh?
 は?

Rachel: I thought this might happen today. Ross, I know the holidays can be rough. You know? And it’s probably really hard for you to be alone right now.
 今日、こうなるかもって思ったのよ。ロス、ホリデーはつらいと思うわよ。ね、あなたは1人で、本当につらいだろうと思うわ。

Ross: You’re alone.
 君だって1人だろ。

Rachel: No, I live with Phoebe. I mean you’re alone, alone. And I just-it’s just not the time for us. I’m sorry.
 あら、私はフィービーと一緒に住んでるわ。あなたは本当にひとりぼっちじゃない。だけど、私たちが一緒になるべきじゃないわ、ごめんね。

Ross: Ah well. Can’t blame a guy for trying.
 ああ、いいね。とにかく言ってみただけ。

(キッチンではジョーイが皆に説明している。ロスが入ろうとしたので止めて、説明を続ける)

Joey: Okay, and, uh, if anyone needs help pretending to like it, I learned something in acting class, try uh, rubbing your stomach, or uh, or saying “Mmm” and uh, oh oh, smiling, okay?
 いいか、おいしいフリをする方法がわからないなら、俺が演技のクラスで習ったのがある。おなかをなでて、「んーん」って言ってニッコリするんだ、いい?

Chandler: Yeah, I’m not gonna pay for those acting classes anymore.
 ああ、もう演技のクラスの料金は払わないぞ。

(ロスとレイチェルが入ってくる)

Joey: Rachel, there you are! Come on, let’s serve that dessert already!
 レイチェル、来たね! さぁ、デザートを出してよ!

Rachel: Joey, you’re gonna have to stop rushing me. You know what? You don’t get any dessert.
 ジョーイ、せかすのやめてってば。いい? あなたにはデザートあげないわよ。

Joey: Really?
 ほんと?

Rachel: No, I’m just kidding. I would never do that to you! Okay, everybody, it’s trifle time!
 いえ、冗談よ。あなたにそんなことしないわ。さぁ、みなさん、トライフルの時間よ!

Phoebe: So, now, Rach, this is a traditional English trifle, isn’t it?
 ねぇ、レイチ、それって伝統的なイギリスのトライフルよね?

Rachel: It sure is.
 そうよ。

Phoebe: Wow. So then did you make it with beef or Eggplant?
 ワオ。それじゃ、ビーフかおナスかで作ったの?

Rachel: Beef.
 ビーフよ。

Phoebe: I can’t have any. You know I don’t eat meat. Oh.
 食べられないわ。私お肉食べられないもの。ああ(立ち去る)

Rachel: Alright, Monica, I want you to have the first taste.
 さぁ、モニカ、あなたに最初に食べてほしいわ。

Monica: Really?
 そう?(受け取ってスプーンで取る)

Rachel: Oh, oh oh, wait! You only got whipped cream in there! Ya gotta take a bite with all the layers!
 ダメ、待って! クリームしか取ってないわ。下まで全部すくって食べてね。

Monica: Okay.
 わかった。

Rachel: Op! You dropped a pea. . . Well?
 あっ、マメが落ちたわよ。どう?

Monica: Mmmm! It’s good!
 (おなかをなでて)んーっ! おいしい!

Rachel: Really? How good?
 本当? そんなにいい?

Monica: It’s so good, that I feel really selfish about being the only one who’s eating it, that I think we should have everyone taste how good it is. Especially Ross.
 すごくおいしくて、1人で食べてたら悪いわ。みんなにも味わってほしいわ。特にロス。

All: Mmm.
 (みんな食べて)んーー!!

Chandler: Yeah, this is so good, that I’m gonna go enjoy it on the balcony. So that I can enjoy the view whilst I enjoy my dessert.
 ほんとにおいしいな。俺はバルコニーで食べてくるよ。それで、デザートを味わいながら、景色も楽しめるだろ。(出て行く)

Mrs. Geller: I’ve gotta call my friend Mary and tell her how good this is, from Monica’s room.
 モニカの部屋から、友達のマリーに電話しておいしいって話してくるわ。

Mr. Geller: I’ll help you dial.
 ダイヤルするの手伝うよ。(2人モニカの部屋に行く)

Monica: I’m gonna go into the bathroom so I can look at it in the mirror, as I eat it.
 私はバスルームへ言って、食べてる間、鏡に映して見るわ。(バスルームへ行く)

Rachel: Okay, now what was that all about? Is it-does it not taste good? Let me try it.
 ちょっと何、どういうことなの? おいしくないの? ちょっと食べさせて。

Ross: No, no! Ah! All gone! So good! Maybe Chandler has some left.
 ダメダメ!(慌てて書き込む)なくなっちゃった! おいしかった! チャンドラーがまだ持ってるかも。

(レイチェルはバルコニーへ行く)

Ross: It tastes like feet!
 足みたいな味!

Joey: I like it.
 いいじゃん。

Ross: Are you kidding?
 冗談だろ?

Joey: What’s not to like? Custard, good. Jam, good. Meat, good.
 どこがダメ? カスタード、うまい。ジャム、うまい。肉も、うまい!

(レイチェルとチャンドラーが戻る)

Rachel: ...So a bird just grabbed it, and then tried to fly away with it, and, and then just dropped it on the street?
 それじゃ、鳥がつかんで、飛んで行こうとして、道に落としたって言うの?

Chandler: Yes, but if it’s any consolation, before the bird dropped it, he seemed to enjoy it.
 そうだよ。だけどこれ慰めになるかな、鳥が落とす前、おいしそうだったよ。

《元レイチェルの部屋から出てくるフィービー》

Phoebe: Rachel, come here. Okay, I was just starting to take my Thanksgiving nap, and I had another dream about Jack.
 レイチェル、来て。ねぇ、私、今サンクスギビングのお昼寝をしてたんだけど、またジャックの夢を見たの。

Rachel: Oh, Phoebe, do I wanna hear this?
 もう、フィービー、それ私が聞きたいような話しかなぁ?

Phoebe: I don't know, let’s see! So, okay, I dreamt that we were gonna get married, and he left, because he had to go fight a fire. And, um, so, okay, I went to a night club, and I saw him making out with a girl.
 わかんない。聞いてみて。夢の中で、私たちは結婚しようとしてるの。それで彼は消火のために出かけていくのよ。それで、私がナイトクラブに行くと、彼が女の子とキスしてるのよ。

Rachel: Oh, my God, he dream-cheated on you!
 まぁ、じゃあ彼は夢であなたをだましたのね!

Phoebe: Yeah, but then Jacques Cousteau came and he kicked his ass for betraying me! It was so cool! Then, he took me diving and he introduced me to his pet seahorse, who, by the way, was totally coming on to me. And please, that is not gonna happen.
 ええ、その時ジャック・クストーが来て、裏切ったからって、彼のお尻を蹴ってくれたの! すごい素敵だったわ。そして彼が私をダイビングに連れてってくれて、ペットのタツノオトシゴを紹介してくれたの。そのタツノオトシゴが私に迫って来て、もう、勘弁してって感じ。

(ゲラー夫妻が戻る)
Mr. Geller: Boy, I’m glad I wore the big belt today.
 ああ、今日は大きいベルトをしてきてよかったよ。

Phoebe: Five minutes ago, a line like that would’ve floored me. Now nothing. Well, not nothing, I am still a woman.
 (レイチェルに)5分前の私だったら、あのセリフで参っちゃうとこよ。でも今は何も感じないわ。いえ、何も感じないってことはないわね、女だもの。

《ロスをせかすモニカ》

Monica: Ross? Let’s go.
 ロス、さぁ。

Ross: Oh, yeah, about telling Mom and Dad, I was thinking about maybe writing a letter.
 ああ、母さんと父さんに話すことだけどさ、手紙を書こうと思うんだ。

Monica: Alright, you know what? That’s it. You’ve had your chance.
 わかった、もういい。もういいわ。

Ross: Wha-what?
 な・なに?

Monica: Mom! Dad! Ross smoked pot in college!
 かあさん、とうさん! ロスは大学の時マリファナ吸ったのよ!

Mr. and Mrs. Geller: What?!
 なに?

Ross: You are such a tattletale! . . Mom, Dad, you remember that time you walked in my room and smelled marijuana?
 おまえってホント、告げ口屋! かあさん、とうさん、僕の部屋に入ってきたらマリファナの匂いがしたことあっただろ?

Mr. and Mrs. Geller: Yes.
 あった。(チャンドラーを見る)

Ross: Well, I told you it was Chandler who was smoking the pot but it was me. I’m sorry.
 あの時チャンドラーが吸ってたって言ったけど、僕なんだ。ごめん。

Mrs. Geller: It was you?
 あなただったの?

Monica: And Dad, you know that mailman that you got fired? He didn’t steal your Playboys! Ross did!
 それからとうさん、郵便屋さんをクビにさせたことがあったでしょ? 彼がプレイボーイを盗んだんじゃないのよ。ロスだったの!

Ross: Yeah, well, Hurricane Gloria didn’t break the porch swing, Monica did!
 ああ、ポーチのブランコを壊したのはハリケーンのグロリアじゃなくて、モニカだよ!

Monica: Ross hasn’t worked at the museum for a year!
 ロスはもう1年も博物館で働いてないのよ!

Ross: Monica and Chandler are living together!
 モニカとチャンドラーは一緒に暮らしてる!

Monica: Ross married Rachel in Vegas! And got divorced! Again!!!!
 ロスはレイチェルとべガスで結婚したのよ! そして離婚したの! またよ!

Phoebe: I love Jacques Cousteau!
 私はジャック・クストーを愛してる!

Rachel: I wasn’t supposed to put beef in the trifle!
 トライフルにビーフを入れたのは間違ってたんだわ!

Joey I wanna go!
 帰りたい!

Mrs. Geller: That’s a lot of information to get in in thirty seconds! All right. Joey, if wanna leave, just leave. Rachel, no, you weren’t supposed to put beef in the trifle. It did not taste good. Phoebe, I’m sorry, but I think Jacques Cousteau is dead. Monica, why you felt you had to hide the fact that you were in an important relationship is beyond me.
 30秒間にたくさんの情報ね。わかったわ、ジョーイ、行きたいなら行って。レイチェル、そうよ、トライフルにビーフは入れるものじゃないわ。おいしくなかったわよ。フィービー、残念だけど、ジャック・クストーはもう死んでるわ。モニカ、そんな大切なことを黙ってたなんて、驚いちゃうわ。

Mr. Geller: And we kinda figured about the porch swing.
 それに、ポーチのブランコのことはだいたいわかってたよ。

Mrs. Geller: Ross, drugs? Divorced? Again?
 ロス、ドラッグ? 離婚? また?

Mr. Geller: What happened, son?
 どうしてしまったんだ、おまえ?

Ross: I-- I, uh, I got tricked into all those things!
 あー・・僕、そそのかされたんだよ。

Mrs. Geller: Chandler! You’ve been Ross’ best friend all these years, stuck by him during the drug problems. And now you’ve taken on Monica as well. Well, I don’t know what to say. You’re a wonderful human being.
 チャンドラー! あなたはずっとロスの親友でいてくれたわね。ドラッグをやっていたときもずっと我慢してくれて。そして今度はモニカまで。なんて言ったらいいかわからないわ。あなたって素晴らしい人間ね。

Chandler: Thank you!
 ありがとう!

Mr. Geller: No! Thank you! Monica, and Ross! I don’t know what I’m gonna do about the two of you!
 いいや。こっちのセリフだよ! モニカ、ロス、おまえ達、どうしたらいいかわからないよ。

Chandler: I’ll talk to them.
 僕から話しておきますよ。

《モニカ達の部屋:時間経過》

Rachel: You guys! It was bananas, cream, and beef! I-I just cannot believe that you ate that so that I wouldn’t feel bad!
 みんな! バナナとクリームとビーフよ! 私のために食べてくれたなんて信じられないわ。

Monica: Well, actually, I didn’t eat mine. It’s still in the bathroom.
 実は私は食べてないわ。まだバスルームにあるわよ。

Joey: No, it isn’t, I ate that.
 いや、もうないよ。俺が食べた。

Mrs. Geller: Well, we left ours in Monica’s bedroom.
 私たちのはモニカのベッドルームにあるわよ。

Joey: Nope, got it and I got yours too.
 いや。それも食べたし、お父さんの分も食べたよ。



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ


posted by らんち at 00:16| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。