2013年09月16日

6-8 The One With Ross’s Teeth

6-8 ロスの歯の話

 ☆キスの相手はラルフ・ローレン?!☆

《ジョーイの部屋:チャンドラーが来る》

Joey: Hey.
 やぁ。

Chandler: Hi, my name’s Chandler. I just moved in next door. And I was wondering if you would be interested in battling me in a post-apocalyptic world for control of the galaxies last remaining energy source?
 どーも。俺はチャンドラー、向かいに越してきたとこなんだ。終末後の世界で銀河に残されたエネルギー源の支配をかけて戦わないか?

Joey: Sure, neighbor, come on in.
 ・・いいね! ご近所さん、入って。

Chandler: So, is Janine around?
 ジャニーンはいないの?

Joey: Uh, no, she’s at dance class.
 ああ、ダンスクラスに行ってるよ。

Chandler: Can I check out what she did to my room?
 俺の部屋がどうなってるか見てもいい?

Joey: Yeah, but, hey, look, don’t go through her stuff. She gets really mad.
 ああ、だけど、彼女の物に触るなよ。すっごい怒られるぞ。

Chandler: Oh, my God. What is … it’s like a guy never lived in here. Look, you’ve got to be careful. This girl thing is dangerous. It’s spreading already.
 これは驚いたな。まるで男が住んだことないみたいだ。なぁ、気をつけろよ。女の子っぽくなるのは危険だぞ。もう侵食している。

Joey: It is???
 そう?

Chandler: Yeah, is this your pretty pink pillow on the couch?
 このカウチにあるピンクの可愛いクッションはおまえのか?

Joey: No.
 違うよ。

Chandler: Is that your tiny little box, that’s too small to put anything in?
 この小さくて何も入らないようなちっぽけな箱はおまえのか?

Joey: No.
 違うよ。

Chandler: No! Ok, this is not good. You are a guy, okay? This is a guy's place. If you let this go, you’re gonna be sitting around with your fingers soaking in stuff.
 違うだろ。これはよくないぞ。おまえは男なんだ。ここは男の部屋だ。放っておいたら、すっかり女の子色に染められてしまうぞ。

Joey: All right, you’re right. I’ll talk to her.
 そうか、そうだな。彼女に話すよ。

Chandler: Yes, talk to her. Be a man.
 そうだ、話せよ。男らしくな。

Joey: I’m a man.
 男らしくだ。

Chandler: Defend yourself.
 自分を守れ。

Joey: Hmm.
 うん!

(モニカが来る)
Monica: Chandler, come on. We have to hem the new dust ruffle.
 チャンドラー、来て。ベッドカバーのフリルをつけなきゃ。

Chandler: Be right there, sweetums. . . A totally different situation.
 すぐ行くよ、モニカ。(ジョーイに)全然、状況が違うから。

《セントラルパーク:モニカが来る》

Monica: Hey, guys.
 ハーイ!

Chandler: Hey, how was your breakfast with Hillary?
 やぁ。ヒラリーとの朝食はどうだった?

Monica: It was okay. She’s still kind of depressed because she broke up with her boyfriend.
 よかったわよ。ボーイフレンドと別れた後でちょっと落ち込んでたけどね。

Chandler: Oh, yeah.
 ああ、そうか。

Ross: Well, is this Hillary your hot assistant chef Hillary?
 そのヒラリーって、君のホットなアシスタント・シェフのヒラリー?

Monica: Yeah.
 そうよ。

Ross: The one that always stares at me when I come in?
 僕が行くといつも見つめてくる子だよね?

Monica: No, the one who looked at you once because you got in her way.
 違うわよ、一度だけ、邪魔だったからあなたを見た子よ。

Ross: Still I could tell. She was into me. Well, why don’t you set us up?
 でも、僕にはわかるよ。彼女は僕に気がある。僕らを会わせてよ。

Rachel: Ohh, are you setting Ross up with someone? Does she have a wedding dress?
 (モニカに)あら、ロスと誰かに会わせるの? その人ウェディングドレス持ってる?

Phoebe: Hey.
 ハーイ。

Rachel: Hey.
 ハーイ。

Phoebe: Rachel?
 レイチェル?

Rachel: Yeah.
 なぁに。

Phoebe: I’m making up flyers trying to get new massage clients. So, can I come to Bloomingdale’s and use the copy machine?
 マッサージのチラシを作ったのよ。それで、ブルーミングデールズでコピーさせてくれない?

Rachel: Well, sure, but they might think it’s kinda weird considering I don’t work there anymore.
 いいけど、私はもうあそこで働いてないから、みんな変だと思うわよ。

Phoebe: Oh, my God. What happened?
 まぁ! 何があったの?

Rachel: I got a job at Ralph Lauren.
 ラルフ・ローレンで働いてるのよ。

Phoebe: Well, that’s great! Congratulations!!
 まぁ、すごいじゃない! おめでとう!!

Rachel: Yeah. A year ago..
 ええ。1年前よ。

Phoebe: You’ve lasted a whole year. Good for you.
 1年も続いたのよね。よかったわね。

Rachel: But, Pheebs, you can still use the copy machine where I actually work. But, just come by at lunch so my boss doesn’t see you. Because Kim will just freak out. She already doesn’t like me very much.
 フィーブス、私が働いてるところでコピーしていいわよ。でも、上司に会わないように、お昼に来てね。キムはきっと怒っちゃうわ。ただでさえ私のこと気に入ってないんだから。

Chandler: That’s weird. I don’t think my boss likes me either.
 変だな。俺も上司に好かれてないよ。

Monica: I don’t think mine likes me either.
 私も好かれてないわ。

Ross: Maybe it’s a universal thing.
 万国共通なのかな。

Joey: Or maybe, it’s because you’re hanging around here at 11:30 on a Wednesday.
 それか、みんな水曜日の11時半にこんなところにいるからじゃないの。

Chandler: Yeah, let’s head off to work.
 そうだな。仕事に戻ろう。

Monica: We should go.
 行かなきゃね。

《レイチェルの会社:コピー室のキーカードを返すフィービー》

Phoebe: Thank you.
 ありがとう。

Rachel: Sure.
 いいのよ。

Phoebe: Now you will not believe this. But, I was in the copy room, making copies, and Ralph Lauren came in.
 信じられないでしょうけど、コピー室でコピーしてる時に、ラルフ・ローレンが入ってきたのよ。

Rachel: Oh, my God. Did you talk to him?
 わぁ、すごい。話をした?

Phoebe: Yeah, a little. He seems really nice. Good kisser.
 ええ、少しね。いい人みたいね。それにキスが上手。

Rachel: What? What!?! You kissed him?
 えっ! 何ですって? キスしたの?

Phoebe: Totally.
 したした!

Rachel: Phoebe, are you serious?
 フィービー、それ本当?

Phoebe: Yeah. I was just in there. He introduced himself and the next thing I know, we’re making out, you know.
 ええ。あそこにいたら、彼が自己紹介してきて、気がついたらキスしてたのよ。

Rachel: Phoebe, you do know he’s married?
 フィービー、彼、結婚してるって知ってるの?

Phoebe: No.
 知らなかった。

Rachel: Phoebe.
 フィービー。

Phoebe: What am I supposed to do? Ask every guy I make out with if he’s married? .. No, yeah, I should.
 どうしろって言うの? キスする相手全員に結婚してるか聞けっていうの? ・・・そうするべきね。

《ジョーイの部屋:ジャニーンが来る》

Janine: Hey, Joey.
 あら、ジョーイ。

Joey: Hey. Uh, can I talk to you for a second? This, uh, kid in this picture. Do you, uh, know this kid? Is that like a relative or something?
 やぁ・・ちょっと話していい? この写真の子供だけど。君、この子知ってるの? 親戚か何か?

Janine: No, I just thought it was cute.
 いいえ。ただ、かわいいと思って。

Joey: Yeah, that’s what I was afraid of. Okay, uhh…Look, Janine, I really want you to feel at home here, but some of this new stuff. It’s too girly.
 ああ、それが心配だったんだよ。いいかい、ジャニーン、ここで気持ちよく暮らしてもらいたいとは思うけど、いろいろな新しい物が、女の子っぽすぎるんだよ。

Janine: Oh. Like what?
 あら。たとえばどれ?

Joey: Like this. Pictures of cute babies we don’t know. We can’t have that.
 これとか。(写真を指す)この、俺たちの知らない可愛い赤ちゃん。これはダメだよ。

Janine: Joey, it’s Anne Geddes. She’s a famous artist.
 ジョーイ、それはアン・ゲデスよ。有名な写真家よ。

Joey: I don’t know this baby. I don’t know if she’s a famous artist or not. You know, and I don’t want to be a jerk but you’re changing too much around here.
 この赤ちゃん知らないからさ。この子が有名な芸術家か何か知らないよ。意地悪いいたくないけど、ここをいろいろ変え過ぎなんだよ。

Janine: Well, I’m sorry. I just thought I’d try to make the place a little nicer.
 あら、ごめんなさい。ここをもっといい感じにしようと思って。

Joey: Yeah, but it’s too much stuff. You know like, you got the candles and the "foofy schmoofer" thing here. And over here, you got a picture of a watering can.
 ああ、でも、ちょっとやり過ぎなんだよ。キャンドルとか、ふわふわひらひらしたものいっぱいでさ。ここなんか、ジョウロの絵なんかかけて。

Janine: Well, I just thought…
 ただ私・・

Joey: I’m sure it’s a famous watering can, okay. But, come on. And what is with the really hot stick in the bathroom?
 きっと有名なジョウロなんだろうけどダメだよ。それにバスルームにあるあのすごい熱い棒はなに?

Janine: It’s a curling iron.
 あれはカーラーよ。

Joey: Oh, well, that’s okay then. But, okay, my towels for instance. I come in to the bathroom here and my towel is not on the floor where keep it. It’s up here on some hook..and…smells different.
 ああ、そうか。じゃあいいけどさ。そうだ、例えば俺のタオルだよ。バスルームに来てみると、俺が置いてた床にないじゃないか。ここのフックにかかってる。それに、匂いも違う。

Janine: It’s clean.
 きれいなのよ。

Joey: Yeah, well, it feels different.
 ああ、感触も違う。

Janine: It’s dry.
 乾いてるからよ。

Joey: Alright, I can make my peace with the clean dry towels. Okay, also, what is with these chips you bought?
 そうか、じゃあきれいな乾いたタオルのことはいいとするよ。それじゃ君が買ってきたこのチップスは何?

Janine: No, no, no, no, it’s potpourri. You’re supposed to smell it.
 いえいえ、違うわよ。それはポプリ。香りをかぐものよ。

Joey: Well, that’s like summer in a bowl.
 (嗅いで)わぁ。ボウルの中に夏があるよ。

《レイチェルの会社:エレベーターに乗りキムに出会うレイチェル》

Rachel: Oh, Kim, Hi.
 あら、キム、どうも。

Kim: Uh-huh.
 ええ。

Rachel: So you know, I…I handed in that marketing report and I never got to hear what you thought.
 それで・・市場調査のレポート提出しましたけど、いかがでしたでしょうか。

Kim: I didn’t read it.
 読んでない。

Rachel: Ahh…. So, wow, the spring line, it’s really gonna be great this year, huh?
 ああ・・この春のラインは、本当に素敵になりそうですよね。

Kim: Yeah.
 ええ。

Rachel: So I hear Ralph Lauren fooled around with someone in the copy room.
 ラルフ・ローレンがコピー室で誰かとキスしちゃったって聞きましたよ。

Kim: Tell me everything.
 (エレベーターをとめて)全部話して。

《セントラルパーク:ロスが来る》

Ross: Hey, guys.
 やぁ、みんな。

Chandler and Monica: Hey.
 ヘイ。

Ross: What’s up?
 元気?(ニッコリすると白い歯が見える)

Chandler: You know…Oh, my God.
 その・・オーマイゴッド。

Monica: What happened to your teeth.
 その歯どうしたの?

Ross: I whitened them.
 ホワイトニングしたんだよ。

Chandler: Really?
 本当に?

Ross: Yeah. What do you think.
 ああ。どう思う?

Monica: Well, I think I shouldn’t look directly at them.
 そうね、直視しちゃいけない感じ。

Ross: Come on, seriously.
 頼むよ、本当のとこ。

Monica: They’re really, really, really white.
 本当に本当に本当に白いわ。

Chandler: Yeah, what was wrong with your old…human teeth.
 うん。前の、人間の歯じゃいけなかったのか?

Ross: Ahh, I did leave the gel on a little longer then it said to.
 ジェルを指定より長くつけてたんだよね。

Monica: How much longer?
 どれぐらい長く?

Ross: A-A day.
 1日。

Monica: Ross, you know that tonight is your date with Hillary?
 ロス、あなた、今夜ヒラリーとデートでしょう?

Ross: I know. That’s why I did it. Come on, are they really that bad?
 そうだよ。だからこれやったんだよ。なぁ、そんなにひどい?

Chandler: No, no, no, no. You’ll be fine. Hillary’s bind, right?
 いやいやいや、きっと大丈夫だよ。(モニカに)ヒラリーって目が見えないんだよね?

Monica: She will be after tonight.
 今夜以降はそうなるわね。

Chandler: Yeah.
 ああ。

(レイチェルが来る)
Ross: Oh, hey, hey, Rach, do you notice anything..…
 あ、ねぇ、レイチ、何か気づいたこと・・

Rachel: Yeah. Your teeth? Yes, I saw them from outside. . You guys are never going to believe this. But, Phoebe made out with Ralph Lauren.
 ええ、歯でしょ、外から見えたわ。(ロス出て行く。モニカ達に)あなた達、信じられないだろうけど、フィービーがラルフ・ローレンとキスしたのよ。

Chandler: What?
 えっ!

Monica: Oh, my god.
 ウソみたい!

Rachel: Yeah, I know. She ran into him at my office and they just…made out. And the craziest thing is, now my boss likes me because I told her about it and she said it was the best gossip she’d heard all year.
 でしょう。うちの会社で出くわして、キスしちゃったのよ。そしてもっとおかしなことに、私の上司にそれを話したら、今年一番のゴシップだっていって、私が気に入られちゃったのよ。

Chandler: I am proud of all my friends today.
 俺の友達みんな、誇らしいよ。

Monica: My God, Rachel, I can’t believe Phoebe made out with Ralph Lauren. Ugh, I’m so jealous.
 ああ、レイチェル、フィービーがラルフ・ローレンとキスしちゃうなんて。うらやましい!

Chandler: Hi, I’m Chandler. Your live-in boyfriend.
 ハーイ、僕チャンドラー。君と一緒に暮らしてるボーイフレンドだよ。

Monica: Chandler, please, come on. Look at him.
 何よ、チャンドラー、ほら、見てよ。(雑誌の写真を指差す)

Chandler: Oh, I am no women, but that is one tasty dish.
 ああ、俺女じゃないけど、でもこれはおいしそうだな。

(フィービーがチラシを持って入ってくる)
Phoebe: Hey. Here. . .Ooh, who’s the silver fox?
 ハーイ。はい(チラシを渡し、写真を見て)うわぁ、素敵なグレーヘアさんね。

Rachel: That is your make-out buddy. Don’t you recognize him? Oh, wait. Ooh, Phoebe, I love you. Kiss me, please.
 あなたのキスの相手じゃないの。わからない? あ、待って(顔の前に写真を立てて)ああ、フィービー、愛してるよ。キスして。

Phoebe: That’s not Ralph Lauren. Sounds like him, though.
 それはラルフ・ローレンじゃないわよ。話し方は似てるけどね。

Rachel: What?
 えっ?

Phoebe: Yeah, no, Ralph doesn’t look anything like that guy. He’s-he’s young and he’s got long hair and a beard and a Hacky Sack.
 ラルフはそんな人とは全然違うわよ。彼は若くて、髪が長くてヒゲがあって、ハッキーサックを持ってるの。

(Hacky Sack = ボール状の物を落とさないように足で蹴って遊ぶ)



Rachel: Oh, my God, Phoebe, that’s not Ralph Lauren. That’s Kenny the copy guy.
 いやだ、フィービー、それはラルフ・ローレンじゃないわよ。それはコピー室のケニーだわ。

Phoebe: What?
 えっ?

Rachel: Oh..God....and I told my boss that someone made out with Ralph Lauren. If she finds out that I lied to her, she is going to hate me even more. Phoebe!!
 ああ・・どうしよう。上司にラルフ・ローレンとキスした人がいるって言っちゃったわ。

Phoebe: Why would the copy guy say he was Ralph Lauren?
 なんでコピー室の人がラルフ・ローレンだなんて言うのよ?

Rachel: To get you to make out with him!!!
 あなたとキスするためよ。

Phoebe: Ohhh.
 まぁ・・(喜ぶ)

《ロスの部屋》

Monica: Okay, maybe this will make your teeth look less white. Nope. Okay, so colors that don’t work are blue, yellow, green, red, black, white, orange, and purple.
 (ロスにシャツを合わせて)これなら歯の白いのが目立たないかも・・ダメね。そうすると、ダメな色は青と黄色、緑、赤、黒、白、オレンジと紫ね。

Ross: I don’t know what I’m gonna do. That date starts in, like, an hour.
 どうしたらいいんだよ。あと1時間ぐらいでデートなのに。

Monica: Hey, Ross, maybe if your skin was lighter. Your teeth wouldn’t look so bright.
 ねぇ、ロス、あなたの肌がもっと明るければ、歯がそんなに目立たないんじゃないの。

Ross: Oh, great. So all I need to do is get some new skin. Thank you.
 ああ、いいね。それじゃ、新しい肌を手に入れればいいんだな。ありがと。

Monica: I’m just saying, if we put just a little bit of makeup on you.
 私が言ってるのは、ちょっとお化粧したらいいってことよ。

Ross: Whoa. Whoa. Whoa. We’re not 13 anymore.
 おいおいおい! 僕らもう13歳じゃないんだぞ。

Monica: Ross, this is the only thing left that has a shot at working.
 ロス、あとできそうなことっていったらそれだけなのよ。

Ross: Won’t she notice I have makeup on?
 化粧してるって彼女に気づかれるんじゃないか?

Monica: Please. Half the guys out there have makeup on.
 何よ、男の半分はお化粧してるわよ。

Ross: What?
 えっ?

Monica: Half the people. I mean, just try it and see.
 人の半分よ。とにかく試してみるのよ。

Ross: No. I am not putting on makeup.
 いや、化粧なんてしないぞ。

(フィービーが入ってくる)
Phoebe: Hello. Oh, good. Ross, could you put up some of these flyers for me? . . .Oh!! Demon!! Demon!!
 ハーイ! いたのね。ロス、ちょっとこのチラシを配ってくれる? (歯に気づいて)きゃあ! 悪魔!
(それを聞いてファンデーションを受け取るロス)

《モニカ達の部屋:ポプリのサシェ作成中》

Monica: Now our drawers will smell nice and we didn’t waste these pantyhose.
 これで引き出しはいい匂いになるし、ストッキングを無駄にしなくてすむわ。

Chandler: Yes, God forbid we throw out old underwear. You know what? I’m gonna go over to Joey’s.
 ああ。神は下着の無駄遣いをお許しにならないよな。なぁ、ジョーイのとこへ行ってくるよ。

Monica: Wait, we’re supposed to organize the wrapping paper drawer.
 待ってよ、包装紙の引き出しの整理をするはずだったでしょ。

Chandler: Yes, but I feel like I’ve really gotten in touch with my feminine side enough today, you know. In fact I think we’re two sachets away from becoming a lesbian couple.
 うん。だけど、今日はこれでもう俺の中の女性らしい部分は出し切ったと思うよ。あと2つサシェを作ったら俺たちレズビアンカップルになっちゃうよ。

Monica: You know what? This has been kind of a girlie day. You’re right, I’m sorry.
 そうね、今日はちょっと女の子っぽい日になっちゃったわね。ごめんね。

Chandler: Nah, Nah, it’s okay. I feel like I need to be in guy place. You know, do kind of like a man thing.
 いやいいんだよ。ただ男っぽいところへ行きたい感じだ。男らしいことをしたいよ。

Monica: Yeah. Go over to Joey’s. Go over to Joey’s and drink some beer and hammer up some drywall.
 そうね。ジョーイのところへ行って。ジョーイのところで、ビールを飲んで壁をたたきあげてきて!

(hammer up some drywall = 壁板を枠にハンマーを使ってはめ込む。重い壁板なので男の仕事)

Chandler: You know when guys hang out, they don’t just drink some beer and hammer up drywall?
 男達がつるんでたって、ただビールを飲んで壁板叩き上げたりしないよ。

Monica: When girls hang out, we don’t have pillow fights in our underwear. . . I’m sorry. We do. We do. I don’t know why I said that.
 女の子が集まったときだって、下着で枕投げしないわよ。(チャンドラーが大変なショックを受ける)ごめんなさい。するわ。するわよ。なんであんなこと言ったのかしら。

《ジョーイの部屋:チャンドラーが来る》

Joey: Hey, Chandler. Come on in. We’re knitting pot holders.
 やぁ、チャンドラー、入れよ。俺たち、ポット・ホルダーを編んでるんだ。

Chandler: No, thanks, Josephine.
 けっこうだよ、ジョセフィーヌ。

《ロスの部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey, Ross, I was wondering if… Oh, my God!! Where are all the men?
 ヘイ、ロス、よかったら・・(ロスがファンデーションを塗っている)なんてことだ! 男はどこへ行ったんだ!!

《レイチェルの会社:キムがエレベータに乗るとレイチェルがいる》

Rachel: Oh, hi, Kim.
 あら、ハーイ、キム。

Kim: Hi, Rachel.
 ハーイ、レイチェル。

Rachel: Yeah, remember that thing I told you that happened yesterday? Well, it didn’t happen.
 昨日話したことについてですけどね、実は、起きなかったんです。

Kim: You didn’t cancel the fabric order from Taiwan?
 台湾への布地のオーダー、キャンセルしなかったの?

Rachel: Okay, two things didn’t happen. Remember I told you that someone made out with Ralph Lauren in the copy room? Well, it turns out that’s not true.
 ええ、2つの事が起きませんでした。ラルフ・ローレンがコピー室でキスをしたって言いましたよね? それはなかったんです。

Kim: That’s not true?
 本当じゃなかったの?

Rachel: No.
 ええ。

Kim: Oh that’s interesting. Because I checked and only one keycard was used to access the copy machine yesterday during lunch and that keycard belonged to you, Rachel.
 あら、おもしろいわね。私、キーカードを確認したのよ。昨日のお昼休みにコピーを使ったのは、レイチェル、あなただったわ。

Rachel: Oh, no, no, no. Oh, God, you think I made out with him?
 ああ、いえいえいえ、違います。私が彼とキスしたと思われてるんですか?

Kim: Listen to me. If you think sleeping with Ralph is gonna get you my job, you are sadly mistaken.
 聞きなさい。ラルフと寝たら私の座を奪えると思ったら大間違いよ。

Rachel: I-I don’t want your job. I-I don’t. Ohh, this is such a mistake. I did not make out with him. Nobody made out with him. I did not use my keycard yesterday. I don’t even know how to use my keycard.
 あなたの座を狙ってなんかいません。それは大きな間違いです。私彼とキスなんてしてません。誰もキスなんてしてないんです。私は昨日キーカードを使ってません。どうやって使うかも知らないんです。

(ラルフ・ローレンがエレベーターに乗ってくる)
Kim: Hi, Ralph.
 ハーイ、ラルフ。

Ralph Lauren:: Hi, Kim.
 やぁ、キム。(やがて降りて行く)

Kim: Yeah, nothing happen. You could cut the sexual tension in here with a knife.
 そう、何も起きなかったっていうのね。ナイフで切れるくらいのセックス光線だったわよ。

《ヒラリーの部屋》

Hillary: And after that, what could I do except become a chef?
 その後では、私、シェフになるしかないわよね?

Ross: Mmm-Hmm.
 そうだね。

Hillary: And someday soon, I hope to open my own restaurant.
 そして早いうちに、自分のレストランを開きたいと思ってるの。

Ross: Mmm.
 ふーん。

Hillary: You know, you’re a really great listener. Most guys I go out with, they just talk and talk.
 ねぇ、あなたって本当に聞き上手ね。今までつき合った男性はみんなおしゃべりだったわ。

Ross: Mm-Hmm.
 うん。

Hillary: After a while, it’s like, "Shut your mouth," you know?
 しばらくしたら「黙ってて」って感じ。

Ross: Hmm-Hmm.
 んーん。

Hillary: I’ve probably been talking too much. Why don’t we talk about you a little bit?
 私ったらしゃべり過ぎよね。あなたのこと聞かせて。

Ross: Mmm-Unmm.
 ううん。

Hillary: Come on. I want to know.
 いいじゃない。知りたいわ。

Ross: Hmm-Hmm-Hmm. . .Okay. I am from Long Island. I-I came to the city for college. Um, I, um, have a 5 year old son and in my spare time I like to read spy novels. But, but, let’s talk more about you. Hmm?
 うん。(手で口を隠して)いいよ。僕はロングアイランド出身で、大学のためにここへ出てきたんだ。5歳の息子がいて、暇な時にはスパイ小説を読むのが好きだよ。だけど、君のことを話そうよ、ね?

《ジョーイの部屋:ジョーイとモニカが花をいけているところにチャンドラーが来る》

Joey: So what’s really neat is if you sear the stems of the flowers first in a frying pan, your arrangement will look fresh much longer.
 すごいのはさ、花の茎をフライパンで焼いておくと、花がずっと新鮮に保てるんだよ。

Monica: Oh, my God, Joey, that is such a great tip.
 まぁ、すごいわ、ジョーイ。すごい技ね。

Chandler: Monica, can you excuse us for a second? I need to talk to the girl with the flowers.
 モニカ、ちょっと2人にしてくれる? この花を持った女の子と話があるんだ。

Monica: Okay. Oh, Joey, come over later because I’m gonna teach you to make a bird feeder out of just a pine cone and some peanut butter.
 わかった。ねぇ、ジョーイ、後できてね。松ぼっくりとピーナツバターでバードフィーダー作るの教えてあげるから。

Joey: Oh, I love birds.
 わぁ。鳥大好きだよ。(モニカは出て行く)

Chandler: What is the matter with you?
 おまえどうしちゃったんだよ?

Joey: What?
 何が?

Chandler: You’re arranging flowers! You got dead flowers! You got a picture, a picture, of a baby dressed like flowers! This is not Joey!!
 花なんかいけてる! 死んだ花なんか飾ってる! この写真、赤ん坊が花みたいになった写真をかけてる! こんなのジョーイじゃない!

Joey: Hey, hey, look, I am still Joey, okay? Flowers, they’re just, you know, they’re nice to look at. And that happens to be a picture by a famous artist. Of a famous baby.
 おいおい、それでも俺はジョーイだよ。ただ、花はあるといい感じじゃないか。それにそれはたまたま有名な芸術家の写真なんだよ。有名な赤ん坊の。

Chandler: You’re turning into a women.
 おまえ女になってるぞ。

Joey: No, I’m not. Why would you say that? That’s just mean.
 いや、違うよ。なんでそんなこと言うんだよ。意地悪いよ。

Chandler: Now I’ve upset you? What did I say?
 怒らせたか? 俺が何を言った?

Joey: It’s not what you said. It’s the way you said it….Oh, my God, I’m a women!!!
 そうじゃなくて、言い方がだよ。・・・オーマイゴッド! 俺、女だ!

《セントラルパーク》

Rachel: So now, she thinks that I made out with him and I did it to get her job.
 それで今では彼女、私が彼女の地位を狙って彼とキスをしたって思ってるのよ。

Phoebe: But why didn’t you just tell her the truth.
 だけど、本当のことを言えばいいじゃないの。

Rachel: I did. But she doesn’t think anyone would be stupid enough to confuse Kenny the copy guy with Ralph Lauren.
 言ったわよ。だけど、コピー室のケニーをラルフ・ローレンだと間違えるほどのバカがいるとは思えないっていうのよ。

Phoebe: Well, hey, what if Kenny were the real brains behind the whole company? You know. What if Kenny hired that Ralph Lauren guy to be the pretty front man, huh? Did she ever think of that?
 あら、ケニーが会社の陰のボスだったらどうする? ケニーがラルフ・ローレンを表に立たせるために雇ったのかもしれないわよ。彼女、そう思ったことないのかしら?

Rachel: You were with Kenny today, weren’t you?
 あなた今日ケニーとデートしたのね?

Phoebe: Just for a second.
 ちょっとね。

Rachel: Ugh, Phoebe, what am I gonna do?
 ああ、フィービー、どうしたらいいの?

Phoebe: Well, the only thing you can do. Sleep with Ralph Lauren.
 できることは一つよ。ラルフ・ローレンと寝るのよ。

Rachel: I’m not gonna sleep with Ralph Lauren. I mean, I could, but I wouldn’t.
 ラルフ・ローレンと寝たりなんかしないわよ! できないことはないけど、しないわよ。

Phoebe: Oh, sleep with Kenny.
 そうだ。ケニーと寝たら。

Rachel: That wouldn’t help me.
 そんなの何にもならないじゃない。

Phoebe: Oh, yes, it would.
 いいえ、なるわよ。

《ヒラリーの部屋》

Hillary: I’ve had a really good time tonight.
 今日は本当に楽しかったわ。

Ross: Mmm.
 うーん。

Hillary: You know, I rarely connect with someone this much on the first date.
 ね、最初のデートでここまで親しくなれるなんてなかなかないことよ。

Ross: Hmm-Hmm-Hmm. . Me, neither. I’ve had a really good time too, you know.
 うーん。(パンで口を隠し)僕もだよ。本当に楽しかったよ。(パンを戻す)

Hillary: Are you gonna eat that bread?
 パン食べないの?

Ross: Ohh, I just like the smell. . Mmmm.
 (またパンで隠す)ああ、香りが好きなんだよ。うーん。

Hillary: You make me laugh.
 おもしろい人ね。

Ross: Hmm-Hmm.
 うーん。

Hillary: Would you like to move over to the couch?
 カウチに行く?

Ross: Mmm-Hmm.
 うん。

Hillary: Maybe I’ll just turn down the lights a little.
 少し明かりを落とそうかしら。

Ross: How about all the way.
 (ワイングラスで口を隠し)消しちゃったら。

Hillary: Okay.
 いいわ。(暗くするとブラックライトポスターが浮かび上がる)

Ross: Wow, cool poster. Or should I say groovy poster? So, ahh, where were we?
 ワオ。かっこいいポスターだね。いかすポスターって言うべきかな? ところで、何の話してたっけ?

Hillary: Are those your teeth??
 それあなたの歯?

Ross: Ohh, you can see them, huh?
 ああ、見えるんだね。

Hillary: Yes. They’re insanely white.
 ええ。並外れて白いわ。

Ross: I did that for you.
 君のためにしたんだよ。

Hillary: What’s the matter with you?
 あなたどうかしてるわ。

Ross: What’s the matter with me? You’ve got a black light. It’s 1999!
 どうかしてるだって? 君こそブラックライトなんかつけて、今は1999年だぞ!

《レイチェルの会社のエレベーター:キムがいる》

Rachel: Oh, good. Kim, hi.
 あ、よかった。キム、どうも。

Kim: Hi, Rachel. Oh, I’ve been meaning to ask you. Have you seen the new Ralph Lauren sheets? What am I thinking. Of course you have.
 あら、レイチェル、聞きたいと思ってたのよ。ラルフローレンの新しいシーツ見た? 私ったら何を言ってるのかしら、もちろんもう見たわよね。

Rachel: Okay..Okay, look. I’m sorry that I lied to you before. You were right. Ralph and I were an item but we're not anymore.
 いえ、聞いてください。前回ウソをついてすみません。あなたの言う通り、ラルフと私はつきあいましたけど、でももう違うんです。

Kim: Oh, really?
 あら、そう?

Rachel: Yeah, he dumped me. He said, "Rachel, I can’t do this. Even though you are a very, very, very beautiful women. I can’t do this. I’m married and I’m sorry." And then I don’t know why but he said, "and you will never get promoted. Especially not above Kim, who is an integral cog in the Ralph Lauren machine."
 ええ。振られたんです。「レイチェル、こんなことできない。君は、とてもとてもとても美しい女性だが、こんなことできない。結婚しているんだ。申しわけない」って言われて。どうしてか知りませんけど、こうも言われました「出世はないよ。特にキムの後にはつけない。彼女はラルフローレンの大切な歯車のひとつだ」って。

Kim: You expect me to believe.. Hi, Ralph.
 そんなの私が信じると・・(ラルフ・ローレンが乗ってくる)ハーイ、ラルフ。

Ralph Lauren: Hi, Kim.
 やぁ、キム。(やがて降りて行く)

Kim: Oh, my God. He just gave you the coldest look I have ever seen. It’s like, he hates you. Then it is true.
 オーマイゴッド・・彼、あなたを、ものすごい冷たい目で見たわね。憎んでるみたい。本当だったのね。

Rachel: Of course it’s true. And it hurts so bad.
 もちろん本当です。とってもつらいです。

Kim: Oh, honey, come here. . Oh, it'll be okay. We’ve all been there.
 まぁ、おいで。(ハグ)大丈夫よ。誰でも通る道よ。

Rachel: You and Ralph?
 あなたとラルフも?

Kim: Kenny the copy boy.
 コピー室のケニーとよ。

《ジョーイの部屋:ジャニーンが来る》

Janine: Hey.
 ハーイ。

Joey: Hey, uhh, I need to talk to you.
 やぁ、話があるんだ。

Janine: What’s the matter? Are you upset?
 どうしたの? 怒ってる?

Joey: I’m sorry but we’ve got to get rid of all this girlie stuff in here. I, uh, I got to be a man! Okay. The living room has to remain a guy place, okay? That’s just the way it has to be.
 悪いけど、ここにある女の子っぽいものは全部失くしたいんだ。俺、男らしくないと。リビングは男の部屋にしておきたいんだよ。そのままにしておきたいんだ。

Janine: Well, if that’s what you want. I’ll just put it all in my room.
 まあ、あなたがそうしたいのなら、全部私の部屋に置くわ。

Joey: Great…Great…and thanks for being so understanding. I mean, I didn’t want to make a big deal out of this, you know. You could, uh, put the picture of the famous baby in my room. I mean, if you want to.
 よかった。よかったよ。理解してくれてありがとう。騒ぎにしたくなかったからさ。その有名な赤ちゃんの絵は俺の部屋にかけてもいいよ。もしそうしたいなら。

Janine: Okay.
 いいわよ。

Joey: And, uhh, maybe the watering can there.
 あ、それから、このジョウロの絵も。

Janine: Sure.
 いいわ。

Joey: And a couple of these little tiny boxes.
 それからこの小さい箱もいくつか。

Janine: Joey? Do you want me to put it all in your room?
 ジョーイ。これ全部あなたの部屋に置きたい?

Joey: Okay.
 いいよ。




にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ

posted by らんち at 01:28| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。