2013年09月15日

6-7 The One Where Phoebe Runs

6-7 フィービーが走る話

 ☆同居人はスーパーモデル?

《フィービーの家:留守電メッセージを録音する2人》

Phoebe: Ready?
 いい?

Rachel: Yeah.
 うん。

Phoebe: Okay.
 いくわよ。

Rachel: Hi...
 ハーイ。

Phoebe: it's...
 こちら

Rachel: Rachel...
 レイチェル

Phoebe: and…
 と

Rachel: Phoebe’s...
 フィービーです。

Phoebe: please...
 どうぞ

Rachel: leave...
 メッセージを

Phoebe: leave…
 メッセージを

Rachel: Wait, I-I just said "leave."
 待って、私が「メッセージを」って言ったわよ。

Phoebe: Yeah, I know because you have all the good words. What do I get? I get "it’s," "and" oh, I'm sorry, I have "A." Forget it.
 わかってるけど、あなたいい言葉全部言っちゃって、私はなに? 「こちら」とか「と」とか、そんなのばっかり、いやよ。

Rachel: Phoebe, come on, that's silly.
 フィービー、バカなこと言わないで。

Phoebe: All right, so let's switch.
 いいわよ、じゃあ交替しましょ。

Rachel: No, I have all of the good words. OK, fine, fine, we can switch.
 いやだ、私がいい言葉全部言いたいもの・・いいわ、わかったわ、交替しましょ。

Phoebe: Okay.
 わかった。

Rachel: Okay.
 いいわ。

Phoebe: Hi…
 ハーイ。

Rachel: Everybody…
 みなさん、

Phoebe: It's…
 こちら

Rachel: Rachel…
 レイチェル

Phoebe: and…
 と

Rachel: Phoebe’s…
 フィービーです。

Phoebe: Please...wait, how did you do that?
 どうぞ・・待って、なんでこうなるの?

Rachel: What?
 何が?

Phoebe: Oh, you're no ordinary roommate, are you?
 あら。あなた、ただ者ではないわね。

Rachel: Phoebe, come on, can we finish this later? Cause I wanna go running before it gets dark. Oh! Why don't you come with me?!
 フィービーったら。これは後にしない? 暗くなる前にランニングに行きたいの。あ、そうだ! あなたも一緒に行かない?

Phoebe: Really?
 ほんと?

Rachel: Yeah, it'll be fun. We'll run in the park. It'll be like our first, you know, roommate bonding thing.
 ええ、楽しいわよ。公園を走るのよ。私たちのルームメイトとしての最初の行事よ。

Phoebe: Okay, let's go running!
 いいわ。ランニングに行きましょ!

Rachel: Yeah, and there's really cute guys there.
 ええ。すごいカワイイ男の子がいるのよ。

Phoebe: Let's run towards them!
 その人に向かっては走ろう!

Rachel: Okay!
 オーケー!

Phoebe: All right, wait just one more second. Hi, it's Phoebe and Rachel's. Please leave a message, thanks!
 じゃあ、ちょっとだけ待ってね。(録音)ハーイ、こちらフィービーとレイチェルです。どうぞメッセージを残してね、ありがと!

Rachel: Now wait a minute. You just took all the words!
 あら、ちょっと待ってよ。あなた全部言っちゃったじゃない!

Phoebe: Uh-huh. You've met your match, Rachel Green.
 そうよ。好敵手現るよ、レイチェル・グリーン。

《モニカ達の部屋》

Ross: So, I just finished this fascinating book. By the year 2030, there'll be computers that can carry out the same amount of functions as an actual human brain. So theoretically you could download your thoughts and memories into this computer and-and-and live forever as a machine.
 すごく興味深い本を読んだところなんだ。2030年頃には、ヒトの脳と同じくらいの機能を備えたコンピューターができるということなんだ。理論的に、思考や記憶をそのコンピューターにダウンロードして、機械として永遠に生きることができるわけだよ。

Chandler: And I just realized I can sleep with my eyes open.
 俺いま、目を開けたまま寝られることに気がついた。

(モニカが来る)
Monica: Hey!
 ハーイ!

Ross and Chandler: Hey!
 ヘイ!

Monica: Honey, that's a great idea nailing the boxes to the floor!
 (段ボールを飛び越え)ねぇ、箱を床に釘付けにするなんて、すごいアイデアね!

Chandler: I didn't nail the boxes to the floor.
 箱を釘付けになんてしてないよ。

Monica: Oh, So you can move them!
 あら、それじゃ動かせるんじゃん!

Chandler: Yes, and while I'm doing that, Ross has a great computer story for you.
 わかったよ。俺が片付けてる間、ロスが素晴らしいコンピューターの話をしてくれるからね。

《ジョーイが新しいルームメイトを連れて来る》

Joey: Hey, everybody! Uh, I'd like you to meet Janine. She's-she's gonna be my new roommate!
 やあ、みんな! ジャニーンを紹介するよ。俺の新しいルームメイトだ!

Janine: Hi.
 ハーイ。

Ross: Hi!
 ハーイ!

Joey: Yeah, she's gonna live with me!
 彼女、俺と一緒に暮らすんだ。

Monica: It's nice to meet you. Janine...?
 初めまして・・ジャニーン・・?

Janine: Lecroix. Janine Lecroix
 ルクア。ジャニーン・ルクアです。

Joey: I didn't know that! Well, what a pretty last name!
 それは知らなかったな! なんて可愛い名字なんだ!

Chandler: So, uh, where are you from?
 それで、どこから来たの?

Janine: Australia, I just moved here a couple of weeks ago.
 オーストラリアよ。2週間前に越してきたの。

Joey: From the land down under? I didn't know that either!
 下の方の大陸? それは知らなかった!

Ross: So uh, what do you do?
 そえで・・仕事は何?

Janine: I'm a dancer.
 ダンサーです。

Joey: You're a dancer? She-she's a dancer!
 ダンサーなの? 彼女、ダンサーなんだ!

Janine: Well, I think I'll go and unpack.
 それじゃ私、荷解きしてくるわね。

Joey: Oh, hey, let me.
 わかった。はい、開けるよ。(ドアを開けて見送る)

Monica: Joey, did you even interview this woman before you asked her to move in?
 ジョーイ、同居することにする前に、いろいろ聞かなかったの?

Joey: Of course I did.
 もちろん聞いたよ。

Monica: What exactly did you ask her?
 何を聞いたの?

Joey: "When can you move in?"
 「いつ越してくる?」って。

Ross: Thank you for bringing her into our lives.
 彼女を僕らの生活に連れてきてくれて、ありがとう。

Chandler: Unbelievable.
 信じられないよな。

Monica: Oh, so you like her too, Chandler?
 あら、あなたも気に入ったのね、チャンドラー?

Chandler: Hey, look at all the boxes!
 おっ、見ろ、この箱!

Joey: Ugh, I cannot wait to ask her out!
 ああ! 早く彼女をデートに誘いたい!

Monica: Wait a minute...Joey. Joey, you can't ask her out. She's your roommate. It-it'll be way too complicated.
 ちょっと待ってよ、ジョーイ。ジョーイ、誘ったりしちゃだめよ。あなたのルームメイトなのよ。やっかいなことになるわよ。

Ross: Yeah, yeah, man, don't do it. I mean, if you date her, then-then-then I can't date her.
 そう、どうだよ。ダメだよ。おまえがデートしたら、僕がデートできなくなるだろ。

Chandler: Think about it. Remember when you were going out with that girl Donna and you guys broke up. Remember how horrible it was when you guys bumped into each other at the supermarket?
 よく考えろよ。ドナっていう子とつきあって別れたの覚えてるだろ。スーパーマーケットでバッタリであって、悲惨なことになったの忘れたのか?

Joey: Oh, God, yeah.
 ああ、そうだった。

Chandler: Now imagine you live at the supermarket.
 スーパーマーケットに住むようなもんだぞ。

Joey: Okay!
 いいね!

Chandler: No, no.
 そうじゃなくて。

Joey: Oh, Oh, you're right! I don't want that. I can't date her!
 あ、そうか。そうだな。それはイヤだ。つきあえないのか!

Monica: Yeah, and you better watch the flirting too, because you know, in such close quarters, it could be trouble.
 そうよ。誘うようなことしない方がいいわよ。狭い部屋の中だもの、トラブルの元よ。

Joey: Well, that's gonna be tough, Mon. I mean it's hard for me to be around an attractive woman and not flirt.
 うーん、難しいよ、モン。魅力的な人のそばにいて誘わないなんてさ。

Monica: Heh. Well, you're around me all the time, and you don't flirt.
 あら。あなたいつも私のそばにいるけど誘ってこないじゃない。

Joey: A little sad about that, sweetheart?
 寂しいかい、モニカ?

《公園》

Phoebe: I have to tie my shoe, so you go ahead, I'll catch up.
 靴ひも結ぶから、先に行ってて。追いかけるわ。

Rachel: Okay.
 わかった。

Phoebe: Okay. . Come on! That's not running! Let's go!
 よし。(バタバタ走って追いつく)ほらぁ! そんなん走りじゃないよ! 行こう!

《セントラルパーク》

Rachel: You guys, I'm telling you, when she runs, she looks like a cross between Kermit the Frog and The Six Million Dollar Man.
 ねぇ、ほんとなのよ。彼女が走ると、カエルのカーミットと600万ドルの男を足して2で割ったみたいな感じなのよ。

(フィービーの動きと似てるカーミット)


(こちらは走るThe Six Million Dollar Man.)


Ross: Monica had such a crush on him. Yeah, she used to kiss his poster every night before she went to bed.
 モニカ彼に夢中だったんだよ。寝る前、いつもポスターにキスしてたよね。

Rachel: Oh! I used to do that too!
 ああ! 私もよ!

Monica: Did you also have his album, It's Not Easy Being Green?
 「緑色でいるのも楽じゃない」ってアルバム持ってた?



Rachel: Aw, Mon...
 まぁ、モン・・!

Monica: So, Phoebe runs weird huh?
 それで? フィービーの走り方が変って?

Rachel: Yeah, yeah, and you know what, I know she's gonna wanna run again. I just don't know how to get out of it. I mean, I live with her.
 そう、そうなのよ。それでね、彼女はまた走りたいだろうけど、どうやったら一緒に走らずにすむかしら。一緒に暮らしてるのに。

Monica: Why don't you just be straight with her? Tell her the truth.
 正直に言えばいいのよ。本当のことを言うの。

Ross: Yeah.
 そうだよ。

Rachel: You're right, you're right. I should just tell her the truth.
 そうね。その通りだわ。本当のことを言えばいいのよね。

(フィービーが来る)
Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Ross: Hey!
 やぁ!

Rachel: Hey, Pheebs, Monica tripped me. I don't think I can ever run again, ever.
 ねぇ、フィーブス、モニカに転ばされたの。もう走れないと思うわ。二度と。

Phoebe: Why? Why would you do that?
 (モニカに)なんで? なんでそんなことしたの?

Monica: I don't know. Rachel, I'm-I'm sorry that I hurt your ankles.
 わかんない。レイチェル、ごめんね、両足首痛めさせちゃって。

Rachel: Ankle.
 片方よ。

Monica: We'll see.
 それはどうかな。

《モニカ達の部屋:引っ越しの片付けをするチャンドラー》

Chandler: Okay, I'm officially unpacked. Thanks for helping me, man. . . Joe?. . Well, I guess Joey went home. Oh, and look, there's still one box that I have to unpack.
 さて、これで全部片付いたぞ。手伝ってくれてありがとう・・・ジョー?(段ボール箱からジョーイの笑う声)ジョーイは帰ったみたいだな。ああ、まだ荷物の入った箱が1つあったんだな。

Joey: I Gotcha!!
 (箱から飛び出す)ひっかかった!

Chandler: Oh, my God! You almost gave me a heart attack.
 ああびっくりした。心臓発作起こすところだったぞ。

Joey: Boy, it was so hard not to laugh, I tell ya. Hey, hey, the place looks great!
 ああ、笑うの我慢するの大変だったよ、ほんと。なぁ、きれいに片付いたな!

Chandler: Yeah, not bad right? You know what, Monica’s gonna be working late, so I'm gonna make this place spotless. You know what else I'm gonna do, know what else I'm gonna do? I'm gonna go downstairs, I'm gonna get her some flowers. Now who wouldn't wanna live with me?
 ああ。悪くないよな? モニカは今夜帰りが遅いから、この部屋をきれいにしておくんだ。それにな、これから何をすると思う? 下へ行って、花を買ってくるんだ。誰だって俺と一緒に暮らしたいよな!

Joey: I don't! No, I wanna live with the super-hot Australian dancer.
 俺は違うぞ! あの超ホットなオーストラリアからきたダンサーと暮らしたい!

Chandler: Yeah, now how's that going though? Are you okay with the not-flirting thing?
 ああ、それだけど、どうだい? 誘ったりしないでやれてるのか?

Joey: Yeah. Well, so far, yeah. But it's tough, you know? I got all this built up flirting energy and I don't know how to get rid of it. . . How you doin?
 うん。今のところな。だけどキツいよ。この有り余るナンパエネルギーをどうしたらいいのか・・・元気ぃ?

《ジョーイの部屋:ジョーイが戻るとジャニーンが屈伸中》

Joey: Ohhhh, man
 あぁああ!

Janine: Sorry, there's just more room out here.
 ごめんなさい、ここの方が広いから。

Joey: No-no-no-no-no, it's-it's uh, you just uh, uh reminded me that uh, I need to do my stretches too.
 いやいやいや。いや、おかげで思い出したよ、俺もストレッチしなきゃ。

Janine: Why don't you try to be..
 (背中を押そうとする)押してあげる・

Joey: Aah!
 (飛び上がって逃げる)ああっ!

Janine: What's wrong?
 どうしたの?

Joey: Uh-uh nothing. I just .. I didn't want you to touch me because I'm -I'm all sweaty from the workout. I better hit the shower. . .Oh, my God!
 いや、何でもない。ちょっと・・触ってほしくなかっただけだよ、運動して汗かいたからね。シャワー浴びてくるよ(バスルームへ行きすぐ飛び出してくる)オーマイゴッド!

Janine: Oh, sorry about that stuff hanging in there. It's just my thongs are too delicate for the dryer.
 ああ、そこに干してごめんなさい。Tバックはデリケートで乾燥機に入れられないから。(引きつったまま自分の部屋へ行くジョーイ)

《公園:走るレイチェルを待ち伏せするフィービー》

Phoebe: Hi! Oh, yeah, uh-huh, it's me. I saw you grab your running shoes this morning and sneak out. You lied so you could run by yourself.
 ハーイ! そうよ、私。今朝、こっそりランニングシューズを持って出ていくところを見たのよ。ウソをついて1人で走ってるのね。

Rachel: No, no, Phoebe no, I was...no. You know what, I was, I was actually just checking to see, if I could run. And I can!
 違うの、違うのよ、フィービー。私は・・そう、ほんと、走れるかどうか見てたのよ。走れるわ!

Phoebe: Please, Rachel, I am not an idiot.
 冗談はよしてよ、レイチェル、私、バカじゃないのよ。(走って行く)

Rachel: No, wait, Phoebe.
 あっ、待ってよ、フィービー。

《モニカ達の部屋:皿を磨くチャンドラー、ロスが来る》

Ross: Wow, couples who live together do start to look alike. So, Mondler...uh, what uh, what are you doing?
 ワオ・・一緒に住むカップルって本当に似てくるんだね。モンドラー、なにしてるの?

Chandler: What does it look like? I am cleaning.
 どう見える? きれいにしてるんだよ。

Ross: Did you get Monica's authorization to move all of her stuff?
 モニカの物を動かす許可を得たのか?

Chandler: Authorization? I don't need that. I'm gonna put everything back.
 許可? そんなのいらないよ。全部元に戻すんだから。

Ross: Put it back exactly where you found it?
 間違いなくもとあった場所に戻すのか?

Chandler: Yes, I'm gonna put it back exactly where I found it.
 そうだよ。間違いなくもとあった場所に戻すんだよ。

Ross: Okay, first of all, this attitude is not helping.
 まず第一に、その態度はよろしくない。

Chandler: She's not gonna care if I put her stuff back in the same stupid place.
 彼女はもとあった場所に戻ってなくたって、そんなの気にするもんか。

Ross: Whoa, hello, did you just meet Monica?
 おいおい、きみ、モニカと知り合ったばっかり?

Chandler: She is gonna recognize that I did a nice thing and-and, appreciate it.
 彼女は俺がいいことをしたと思ってくれて、喜んでくれるよ。

Ross: Hmm -you know, actually this'll work out well. Because when you have to move back in with Joey, Joey's hot new roommate can come and live with me.
 うん、いいさ。これはいいことかも。これで君がジョーイのところへ戻ることになれば、あのホットなルームメイトが僕のところへ来て一緒に住むことになるかもしれないもんな。

Chandler: I see, I see, y-y-you're trying to freak me out.
 わかった、わかったぞ。俺をビビらせようとしてるんだな。

Ross: Look, Chandler, Monica is really weird about this kind stuff, all right. Believe me, I lived with her for 16 years. She is going to freak out. Oh, my God, she's going to sit on you.
 いいか、チャンドラー、モニカはこういうことに関しては本当に変わってるんだからさ。本当だよ、僕は16年も一緒に暮らしてきたんだから。彼女おかしくなっちゃうぞきっと。ああ、完全にやりこめられるな。

(sit on sb. = 黙らせる。ぐうの音も出ないようにする)

Chandler: No, she's not, okay? And I'll prove it to you. I'm gonna call her right now. Phone's done.
 そんなことないよ。証明してみせるよ。今から彼女に電話するぞ。(電話を拭く)電話掃除終了。

Monica: Hi!
 (電話)ハーイ。

Chandler: Hey, Mon, how's it going?
 (電話)やぁ、モン。調子どう?

Monica: Terrible. If-if I want something done right, I have to do it myself. Other people just wreck stuff. I really think I might kill someone tonight.
 最悪よ。ちゃんとしたいと思ったら、自分でやるしかないのね。ほかの人はとにかくダメにしちゃうだけよ。今夜は本当に誰か殺しちゃいそう。

Chandler: Oh, come on, come on, it can't be that bad.
 何言ってるんだよ、そんなにひどくないだろ。

Monica: It's worse. The only thing that's getting me through is knowing that I'm gonna be seeing you soon. I think I may even try to get out of here early.
 最悪。これを乗り越えられるのは、もうすぐあなたに会えると思うからよ。今日は早く帰ろうかと思うくらいよ。

Chandler: No! No-no-no-no-no-no. It sounds like they really need you down there.
 ダメだよ! ダメダメダメダメ! そっちで君を必要としてるじゃないか。

Monica: Well, you're just hanging out with Ross?
 それじゃロスとのんびりしてるのね?

Chandler: It's, all good! Okay, bye-bye, Mon! . . . She's-she's gonna kill me.
 大丈夫だよ! じゃあ、バイバイ、モン!(ロスに)殺される!

Ross: Yeah, the phone was facing the other way. And that goes back up there.
 電話の向きが間違ってるぞ。(チャンドラーが物を落とす)それ戻しておけよ。

《モニカ達の部屋:続き》

Chandler: Know what we should do? We should start with the big stuff, you know? That'll be the easiest. Uh, let's start with the couch. . .I got it.
 どうしたらいいか? 大きい物から始めよう、な? その方が簡単だ。カウチから始めるんだ。(片方持ち上げるがロスは何もしない)任せろ。

Ross: Yeah, that-that, doesn't look right.
 うん・・なんか正しくないな。

Chandler: What are you talking about? The couch is perfectly in line with the carpet. And then I can just walk over here and casually just put my feet right up on the…… Okay, okay, here's what we do, we just uh, move the couch closer to the coffee table.
 何言ってるんだよ? カウチはちゃんとカーペットのラインと揃ってるじゃないか。そして、こうして歩いてきて、何気なく足をあげるとちゃんとここに・・(テーブルに届かない)よし、よし、こうすればいいんだ、カウチをテーブルに近づければいいだけだよ。

Ross: Whoa, whoa, but then the back of the couch won't line up with the back of the carpet.
 おいおい、そうするとカウチがカーペットと揃わなくなるじゃないか。

Chandler: Okay, well, here, we'll just move the coffee table closer to the couch.
 そうか、それじゃ、テーブルをカウチに近づければいいんだ。

Ross: Whoa, Whoa, Whoa, but then the coffee table won't be centered in the seating area.
 ダメダメ。そうすると、テーブルがセットの中心にこなくなるだろ。

Chandler: Yes, but the coffee table doesn't match the....Rooosss!!!!
 ああ、だけどテーブルが合わなくて・・ああ○※▽!! ロス!

(ジョーイが来る)
Joey: Hi. Look, what am I gonna do? I'm not flirting but still, I'm drawing her to me like - like a moth to a flame! . . What the hell's going on over here?! . . Monica's gonna kill you! . . Look, I need your help, I have to do something to-to repel this woman! Wait a minute, wait a minute, you guys repel women all the time.
 なぁ、どうしたらいいんだ? 誘いかけてもいないのに、彼女を吸い寄せちゃうんだよ。炎に寄ってくる蛾みたいにさ!(カウチに座って足がテーブルに届かず)どうなってるんだここは?! モニカに殺されるぞ! なぁ、助けてくれよ。彼女を遠ざけなきゃいけないんだよ。・・ちょっと待てよ。おまえらいつも女性を遠ざけてるよな。

Ross: Hey, I've been married 3 times
 おい、僕は3回も結婚したんだぞ。
(チャンドラーがゆっくり拍手)

Joey: No-no-no I've seen it happen, you-you get a rapport going with a woman but somehow you manage to kill it. What's your secret?
 いやいやいや、これまで見てきたぞ。女性と仲良くなったと思うと、なぜかそれをダメにしてるよな。秘訣はなに?

Ross: Look, we do not repel women, okay? That is completely untrue.
 いや、僕ら別に女性を遠ざけてなんかいないよ。そんなの全然間違ってる。

Chandler: Oh, yes, we do, my man. Remember when we were back in college and we went to that spring dance and you walked right up to that girl you liked and you could not stop talking about the Irish potato famine?
 いいや、そうだよ。大学の時の春のダンスパーティで、おまえ好きな子のところへ歩いて行って、アイルランドのジャガイモ飢饉の話を延々としてたの覚えてるだろ?

Ross: Yeah, well, what about you? You weren't, you know, so hot in college either. After everything he said, he'd go "ba dum bum chessh"
 それじゃ君はどうだよ? 君だって大学でもててはいなかったじゃないか。何か言った後必ず、こうだよ、「バラッパダンバン、シューッ!」

Chandler: Yeah, Monica doesn't like that either. Maybe I should stop doing that.
 ああ。モニカもそれ嫌いなんだよな。やめた方がいいのかな。

Ross: Oh, you know what, girls don't like it when I start talking about science.
 ああ、それにさ、女の子は科学の話を聞かされるのが好きじゃないよね。

Chandler: That's not specific to girls.
 それは女の子に限ったことじゃない。

Joey: This is great, this is great. What else, what else?
 これはすごいな。すごいよ。それから、それから?

Ross: Uh, they don't like it when you correct their grammar.
 えー・・文法の間違いを指摘されるのも嫌がるな。

Chandler: And they don't like it when you explain why your jokes are funny.
 それから、話のオチを説明すると嫌がられるな。

Ross: They don't like it when you keep asking them if they like you.
 自分のことを好きかってしつこく聞くと嫌がるよ。

Chandler: Man, I'm so lucky I have Monica.
 ああ、俺本当にモニカとつきあえてラッキーだよな。

Ross: I'm never gonna find love again.
 僕はもう二度と恋人できないよ。

《フィービー達の部屋》

Rachel: Hey, Phoebe, can I talk to you for a second?
 ねぇ、フィービー、ちょっと話せる?

Phoebe: Sure.
 ええ。(言いながら立ち去る)

Rachel: Okay, um, I... . . Phoebe, look, I just wanted to say that I'm sorry, okay? I handled the situation horribly and I should not have lied to you.
 えっとね、私・・・。フィービー、ねぇ、謝りたいのよ、ね? 私が間違ってたわ。ウソをつくべきじゃなかった。

Phoebe: So, what should you have done?
 それじゃ、どうするべきだったの?

Rachel: Well, I should've told you the truth.
 本当のことを言うべきだったわ。

Phoebe: Uh-Huh, Which is...?
 はい? つまり?

Rachel: Well, you know, the reason that I didn't wanna go running with you is because um, well, you know, the way that you run is just a little...
 えっと、そうね、一緒に走りたくないのはどうしてかというと・・あなたの走り方がちょっと(手を振り回す)

Phoebe: So?
 それで?

Rachel: Well, it's embarrassing. People were looking at us like we were crazy.
 だって恥ずかしいんだもの。おかしな人を見るようにみんなが見るんだもの。

Phoebe: Why do you care?
 なんでそれがイヤなの?

Rachel: Because they're people.
 だって、みんな人だもの。

Phoebe: But people that you don't know and will never see again.
 だけど知らない人だし、もう二度と会わないのよ。

Rachel: Yes, but still. They're people…with eyes.
 そうだけどでも。みんな、人よ・・目のある。。

Phoebe: Well, I didn't get embarrassed running next to Miss: Choo, choo, choo, choo. But no, okay. No, no, I can see why running with me would be embarrassing to you. Yeah, okay. You're uptight.
 私は「シューッ、シューッ、シューッ」って人の隣で走ってても恥ずかしくないわよ。でも、そうね、わかったわ。なぜ私と走ると恥ずかしいのか、わかるわ。そうよね、あなたは気が小さいもんね。

Rachel: What? I am not uptight−Hey-hey-hey-oh-oh! Listen, I am not uptight, man.
 えっ? 私、気が小さくなんかないわよ。ちょっとちょっと、ちょっと。ねぇ、私気が小さくなんて、ないもん。

Phoebe: That's okay, Rachel. I'm not judging you;. That's just who you are. Me. I'm more free, you know? I run like I did when I was a kid, because that's the only way it's fun, you know? I mean, didn’t you ever run so fast you thought your legs were gonna fall off? You know, like, when you were like running towards the swings or running away from Satan? . .The neighbor's dog.
 いいのよ、レイチェル。あなたを批判はしないわ。それがあなただもの。私は自由なのよ。私は子供の頃みたいに走るの。それが一番楽しいからよ。足がもげるくらい必死で走ったことない? ブランコに乗りたくて走ったり、サタンから逃げたり? (レイチェルがわからない顔をするので)近所のイヌよ。

《モニカ達の部屋》

Chandler: Okay, is this lamp in the right place?
 なぁ、このランプはここでいいのかな?

Ross: Who cares? I repel women.
 知るもんか。僕は女性を遠ざけてるんだ。

(モニカがドアを開ける)

Chandler: No-no-no-no-no-no-no-no!!! You can't come in here! R-r-r-r-Ross is naked.
 (ドアを押さえ)ダメダメダメダメ! 入ってきちゃダメ!・・ロスが裸なんだ。

Monica: What?!
 は?

Ross: What?!
 は?

Chandler: I couldn't say that I was naked because she's allowed to see me naked.
 俺が裸だとは言えないだろ、だって俺の裸は見たっていいんだからさ。

Ross: Why does anyone have to be naked?
 なんで誰かが裸じゃなきゃいけないんだよ?

Monica: Why is Ross naked?
 なんでロスが裸なの?

Ross: I-I had to show Chandler something?
 ・・チャンドラーに見せる物があるんだよ。

Monica: Naked?
 裸で?

Ross: Yeah, I uh, I guess I have a uh, a guy problem.
 ああ。えー・・僕・・ちょっと・・男の問題だよ。

Monica: Is it the same thing that Chandler had?
 それって、チャンドラーと同じこと?

Chandler: Look, uh, just come back later. We'll get everything squared away, and you can come back later.
 な、とにかく後で戻ってきてくれ。ちゃんとするから。だから後で戻ってきて。

Monica: Okay, listen, there's still some of Chandler's medicine left under the sink in the bathroom. Bye!
 わかったわ。ねぇ、チャンドラーの薬がバスルームのシンクの下にまだあるわよ。じゃあね!

Chandler: Bye! Thank God.
 バーイ! 助かった・・

Ross: Dude, what'd you have?
 おい、おまえ何があったんだ?

Chandler: Look, we have no time, okay? We must focus. We gotta get everything back into its original place.
 時間がないんだ。集中してくれ。もとあった場所に何もかも戻さないといけないんだから。

Ross: The photo album! There were millions of pictures of the apartment in the photo album. We just go through it and match everything to the pictures.
 アルバムだよ! アルバムにこの部屋の写真がいっぱい入ってるじゃないか。それを見て、写真に合わせておけばいいんだよ。

Chandler: That's perfect! That's brilliant!
 完璧だ! 素晴らしい!

Ross: So really, what did you have?
 それで、ほんと、何があったの?

《ジョーイの部屋》

Janine: Hey, Joey, I got some beer for you.
 あら、ジョーイ、あなたにビール買っておいたのよ。

Joey: Uh, don't you mean "for whom?"
 ああ、それって、「誰に」っていうことだろ。

Janine: Sure, listen, I was gonna order some pizza, you wanna share one?
 そう。。ねぇ、ピザを頼むんだけど、あなたも食べる?

Joey: Pizza, heh, its not like I never had that before...ba dum bum cheshhh.
 ピザね、ハハハ。食べたことがないわけじゃなし・・バラッパダンバン、シューッ!

Janine: Is there something wrong?
 ・・どうかした?

Joey: All right, All right, let's just get this out in the open, okay? You're hot. I'm lovable. Clearly there's a vibe going on between us. But, we're roommates and it's a huge mistake for us to continue down this road.
 もういい、いいよ。もう話してしまうよ。君はホットだ。俺は可愛い。明らかに、俺たちの間には通じるものがある。だけど、俺たちはルームメイトだ。このまま突き進むのは大きな間違いなんだ。

Janine: Joey...
 ジョーイ・・

Joey: No, no, no, I'm telling ya. Imagine yourself living in a supermarket and you will understand. Okay? So the question is, what do we do?
 イヤイヤ。本当だよ。スーパーマーケットに住んでると思ってみろ。そうすればわかるから。ね? 問題は、これからどうするか、だよ。

Janine: Well, I don't think there is anything to do. I mean, I think you're really sweet. But I'm just not interested in you like that.
 何もすることないと思うわ。あなたは本当に優しい人だけど、でも、そういう意味ではあなたに興味ないのよ。

Joey: Oh!
 あぅ。

Janine: No! I mean you're a really nice guy and I'm happy to be your roommate and your friend, I'm just, you know, I just don't feel that way about you.
 いえ、あなたは本当に素敵な人だし、ルームメイトとして、友達として嬉しいと思うけど、でも、そんな気はないのよ。

Joey: Oh! I see what happened. It's because I was trying to repel you. Right? Believe me, you'd feel a lot different if I turned it on.
 ああ! どういうことかわかったよ。それは俺が君を遠ざけようとしてたからだよ。ほんと、もし俺がその気になったら、話は違ってくるから。

Janine: I don't think so.
 そうは思えないわ。

Joey: Oh, I do. How you doing?
 いいや、そうだ。・・元気ぃ?

Janine: I'm Okay.
 元気。

Joey: What?!?!
 えっ?

Janine: What?
 なに?
  
Joey: Oh, dear God!
 ああ、神様!

《公園:フィービーみたいに走ってみるレイチェル》

Rachel: Hey!
 (フィービーに出くわす)あら!

Phoebe: Hey!
 あら!

Rachel: Oh, honey, I'm so sorry, you were right, this feels great!
 ねぇ、ごめんね。あなたの言う通りだわ。こうすると気分いいわ!

Phoebe: See? And you don't care if people are staring, it's just for a second because then you're gone!
 でしょ? それに、人が見てたって気にすることないのよ。一瞬のことで、次にはもういなくなってるんだから!

Rachel: Gone! I mean, its amazing, Pheebs. I feel so free and so graceful. Oh! Ha! .. Hey! Look out for the horse! Sorry!
 そうよ! これは最高ね、フィーブス。自由で素直な気分よ。ああっ! わっ(馬にぶつかる)あら! 馬に気をつけろね! 失礼!

《モニカ達の部屋:モニカが来る》

Monica: Is it okay for me to come in now?
 もう入っていい?

Chandler: Uh-huh
 いいよ。

Monica: Why is everything different?
 ・・・どうして何もかもが違うの?

Ross: Bye!
 バーイ!(出て行く)

Chandler: No, I don't see anything different other than the fact that the room got so much brighter when you came into it.
 いいや。何も違わないと思うよ。君が入ってきて部屋がうんと明るくなったこと以外はね。

Monica: Well, the end table is wrong, The couch looks bizarre and don't even get me started on the refrigerator magnets.
 テーブルの位置がおかしいし、カウチも変だし、冷蔵庫のマグネットなんて話にもならないわ。

Chandler: Okay, look, don't...don't be mad, okay? But after I unpacked the boxes I wanted to do something nice for you, so, I-I-I cleaned the apartment. So I moved everything around and then I forgot where it, where it went back and I'm sorry, I'm very sorry, I'm sorry, I'm sorry.
 わかったよ、怒らないで、ね? 荷解きをした後で、何か君にしてあげたくてさ、それで部屋の掃除をしたんだよ。いろいろ動かしてしまってから、どこだったかわからなくなって、ごめんよ。本当にごめんよ、ごめん、ごめんなさい。

Monica: It's okay. Chandler, are you afraid of me or something?
 いいのよ。チャンドラー、私が怖いか何かなの?

Chandler: Do you want me to be afraid of you?
 怖がってほしい?

Monica: Of course not. My gosh, Chandler what you did, it's a wonderful thing and I really appreciate it. I know I have this weird thing where I want everything to be in the perfect place, but I'd never expect you to worry about that.
 とんでもないわ。まぁ、チャンドラー、あなた素晴らしいことをくれたのよ。本当に嬉しいわ。私は何もかもがちゃんとした場所にないとイヤっていうおかしなところがあるけど、あなたにまでそんな心配してほしくないわ。

Chandler: Really?
 ほんと?

Monica: Of course!
 もちろんよ!

Chandler: Oh, you're the best. You come here to me.
 ああ、君は最高だね。こっちおいで。

Monica: Hold on, okay? First things first. . . Okay, now, did Ross sit anywhere while he was naked?
 ちょっと待って。まずこれだけは・・ね、ロスは裸になってる時どこに座った?(指差すチャンドラー)

《セントラルパーク:ジャニーンに話すロス》

Ross: So it said that by the year 2030, there'll be computers that can carry out the same number of functions as an actual human brain. So theoretically you could download your thoughts and your memories into this computer...
 それによると、2030年までには、人間の脳と同じだけの機能を持ったコンピューターができるってことなんだ。それで、理論的に、思考や記憶をそのコンピューターにダウンロードすれば・・

Janine: …And live forever as a machine!
 機械として永遠に生きられるのね!

Ross: Uh, so Janine, you-you-you know what, you know what we're doing right now? You and I, we're interfacing.
 ああ・・ジャニーン、ねぇ、今何が起きたかわかる? 君と僕が、融合したんだ。

Janine: Yeah, I gotta go.
 あー、もう行かなきゃ。

Chandler: Ba dum bumb cheshhh!
 バラッパダンバン、シューッ!



にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 01:39| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。