2013年09月10日

6-2 The One Where Ross Hugs Rachel

6-2 ロスがレイチェルをハグする話

 ☆愛に目覚めるとき?!☆

《セントラルパーク:ロスが来る》

Ross: Hey.
 やぁ。

Rachel: Hey, so did everything go okay with the annulment?
 あら、婚姻無効はちゃんとできた?

Ross: Oh, yeah, no problems. It’s all taken care of.
 ああ、問題なかったよ。うまくいった。

Rachel: Ross, thank you. Hey, do you guys wanna go see a movie?
 ロス、ありがとう。ねぇ、映画見に行かない?

Ross: Oh, yeah, why not?
 ああ、いいね。

Rachel: Let me get my sweater.
 セーター取ってくるわ(出て行く)

Ross: Okay. . . You wanna hear something weird?
 わかった。(フィービーに)おかしな話聞きたい?

Phoebe: Always.
 いつでも。

Ross: I didn’t get the annulment.
 婚姻無効してないんだ。

Phoebe: What?!
 えっ?
Ross: We’re still married! Don’t tell Rachel. See you later.
 結婚したままなんだ。レイチェルには内緒だよ。またね。

《セントラルパーク前》

Ross: Hey, do you have any gum?
 ねぇ、ガム持ってない?

Rachel: Oh? Yeah! Sure!
 え? ええ、あるわよ。

Phoebe: Wait! Wait! Hi! Listen, Ross can I just talk to you for just a second?
 (店から出て来て)待って待って! ねぇ、ロス、ちょっと話したいんだけどいい?

Rachel: Oh, but Phoebe, we’re gonna be late for the movie.
 あら、でもフィーブス、映画に遅れちゃうわ。

Phoebe: Oh, there’s a cab! Taxi!! Good timing, my God, huh? Here you go.
 あっ、タクシーが来たわ! タクシー!! グッドタイミングじゃない? ほら(レイチェルを乗せる)

Rachel: Yeah, we’re, we’re actually just gonna walk ‘cause it’s right up there at the Angelica.
 だけど、すぐそこのアンジェリカなんだから、歩いて行けるのよ。

Phoebe: Oh, the Angelica!! Go! Go! . . .You didn’t get the annulment?!!
 ああ、アンジェリカね。行って行って!(タクシー出る。ロスに)婚姻無効にしてないの?

Ross: I know.
 そうなんだよね。

Phoebe: Ross?!
 ロス!

Ross: Well, I tried! But when I got to my lawyer’s office all I could hear was, "Three divorces. Three divorces!" Look, I just don’t want my tombstone to read, "Ross Gellar: Three Divorces".
 いや、そうしようとはしたんだよ。だけど、弁護士事務所についた時、聞こえてきたんだよ。「離婚3回、離婚3回!」って。僕は、「ロス・ゲラー:離婚3回」なんて書かれた墓石はイヤなんだよ。

Phoebe: Don’t be worried about that! Your tombstone can say whatever you want it to say! It could say, "Ross Geller: Good at Marriage". You know? Mine’s gonna say "Phoebe Buffay: Buried Alive".
 そんな心配いらないわよ。墓石なんて好きなようにかけばいいのよ。「ロス・ゲラー:結婚が得意」でいいじゃない。私のは「フィービー・ブフェ:生き埋め」よ。

Ross: Look, all I know is I-I can’t have another failed marriage!
 とにかく、僕はもう二度と結婚の失敗はいやなんだよ。

Phoebe: So, okay, what? You’re gonna be married to a girl who doesn’t even know about it?!−Op, woman! Sorry.
 それじゃなに? 結婚してることも知らない子と結婚してるつもり? あっ、「女性」ごめんなさい。

Ross: Well, okay so, I don’t have it all worked out quite yet. Just don’t say anything to Rachel, please.
 ああ、そこのところはまだちゃんと考えてないんだけどね。とにかくレイチェルには言わないでほしいんだ、頼むよ。

Phoebe: Rachel is one of my closest friends. . . Although, being the only one who knows anything about this does makes me feel special. Okay!
 レイチェルも私の親友よ。・・でも知ってるのは私だけってのは特別って感じがしていいわね。いいわよ!

(レイチェルのタクシーが戻ってくる)
Rachel: Okay, stop-stop! Phoebe?!
 ここで止まって、止まって! フィービー!

Phoebe: Hey, Rach!
 あら、レイチ!

Rachel: What was that?!
 何なのこれ?!

Phoebe: Sorry, mix up. Hey, how was the movie?
 ごめん。混乱したね。ねぇ、映画どうだった?

Rachel: I haven’t seen it yet!
 まだ見てないわよ!

Phoebe: Well then you’d better hurry! The Angelica! Go! Go!
 それじゃ急がなきゃ! アンジェリカ、行って行って!

Rachel: No!!
 ノー!!

《モニカ達の部屋》

Chandler: You know when we move in together, can I get a gumball machine?
 俺たちが一緒に暮らすようになったら、ガムボールマシンを置いていい?

gumball-machine.jpg(gumball machine)

Monica: Of course! Joey wouldn’t let you have one?
 もちろん! ジョーイは置かせてくれなかったの?

Chandler: No. When it comes to sweets, he’s surprisingly strict.
 うん。やつは甘いものに関しては驚くほど厳しいんだよ。

Monica: Hey, have you figured out a way to tell him you’re moving out?
 ねぇ、彼に部屋を出ること、どう話すか考えた?

Chandler: No, no, I keep trying, you know? I can get out, "Joey, I have to…" but then I lose my nerve and I always finish with, "…go to the bathroom." He may think I’m sick.
 いや。トライしてはいるんだけどね。「ジョーイ、俺・・」って言いかけたところで、くじけちゃって、「トイレ行ってくる」って言ってしまうんだ。きっと病気だと思われてる。

Monica: You know, I really have to tell Rachel, but I… We just have to get it over with! You know, the next time we see them we’re just gonna tell them. Okay? That’s it.
 ねぇ、私も本当にレイチェルに言わなきゃいけないんだけど・・一緒に乗り越えましょ! 今度あの2人に会ったら、私たち話すのよ。いい? それで決まり。

Chandler: Oh, so that’s this is gonna work now? You’re just gonna order me around all the time?
 これからずっとこんな感じ? いつでも君が俺に注文してくるの?

Monica: Pretty much.
 その通りね。

Chandler: All right.
 わかったよ。

(ジョーイが来る)
Joey: Hey, Monica!
 やぁ、モニカ!

Monica: Hi!
 ハーイ。

Joey: Hey, man, you feeling any better?
 (チャンドラーに)おい、具合はよくなったか?

Monica: Joey, we have something to tell you.
 ジョーイ、あなたに話したいことがあるの。

Joey: Oh, my God! You’re pregnant!
 オーマイゴッド! 子供ができたのか!

Chandler: No-o-o! . . No? . . No-o-o! Look Joey, here’s the thing, Monica and I have decided to live together, here. So, I’m gonna be moving out, man.
 違う!(モニカに)違うよね?(チャンドラーに)違うよ! なぁ、ジョーイ、実は、モニカと俺、一緒に暮らすことにしたんだ。ここで。だから、部屋を出るよ。

Joey: Wow! Well, uh… Hey! I’m really happy for you guys! Congratulations! . . See you later.
 ワオ・・そうか・・よかったじゃないか! おめでとう!(モニカにキス)またね。(出て行こうとする)

Monica: Wait! Joey! Joey! Are you okay?!
 待って、ジョーイ、ジョーイ。大丈夫?

Joey: Yeah, I gotta go! I got an acting job. . .Like you’d believe that. This sucks!
 うん。でも行かないと。役者の仕事があるから・・なんて誰も信じないよな・・こんなの最悪だよ。

Chandler: Look, I-I’m just gonna be right across the hall and I promise you, the minute Monica and I break up I’m moving right back in with you!
 なぁ、すぐ前に住むんだしさ、それに、約束するよ、モニカと別れたらすぐおまえのとこに帰るから。

Joey: Okay! Look-look-look, uh, if you’re gonna be moving in with him I feel it’s my responsibility to tell you the truth about him! Okay? He’s a terrible roommate! Terrible! He uh, forgets to umm… Oh-Oh, he always, he always umm−Oh, who am I kidding! He’s the best roommate ever!
 (モニカに)よし、なぁ、君がやつとクラスっていうなら、俺としては、君にやつの真実を伝えなきゃな。いいか、やつはひどいルームメイトだ。ひどい! 彼はいつも忘れてしまって・・ああ・・いつも・・ああ、何言ってんだよ。こいつは最高のルームメイトだよ!

《セントラルパーク:フィービー1人。モニカが来る》

Monica: Hey, Pheebs!
 ハイ、フィーブス!

Phoebe: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey, have you seen Rachel?
 ねぇ、レイチェル見なかった?

Phoebe: No, why?
 ううん、どうして?

Monica: I have some pretty exciting news!
 すごいニュースがあるの!

Phoebe: You’re pregnant!
 赤ちゃんができたのね!

Monica: No! Chandler and I are moving in together.
 違うわよ! チャンドラーと私、一緒に暮らすことにしたの。

Phoebe: Ooh! That’s good! Wow! But now if you were pregnant, what would you name it? Hint: Phoebe.
 わぁ、それはいいわね! ワオ! でももし妊娠だとしたら、名前はどうする? ヒント:フィービー。

(ロスがコーヒーを持ってくる)
Ross: Hey! Hi!
 やぁ!

Monica: Hey!
 ハーイ!

Ross: What’s up?
 どうした?

Monica: Well umm, Chandler and I are moving in together.
 えーとね、チャンドラーと私、一緒に暮らすことにしたの。

Ross: Oh, my God. Ohh, my little sister and my best friend…shacking up. Oh, that’s great. That’s great.
 オーマイゴッド・・ああ、僕の妹と親友が・・同棲しちゃう! ああ、よかったね。よかった。(2人ハグ)

Phoebe: Guys, I’m happy too.
 ねぇ、私もうれしいわ!

Monica: Okay, come here!
 わかった、来て!(3人ハグ)

Phoebe: Wow! Big day, huh? People moving in, people getting annulled…
 ワオ! すごい日ね。一緒に暮らす人や、婚姻無効にする人や・・(ロスにウィンク)

Monica: Okay, I gotta go find Rachel but umm, if you guys see her could you please try to give her some really bad news so that mine doesn’t seem so bad?
 レイチェルを探さないと・・でも、あなた達、もしレイチェルに会ったら、何か悪い話しておいてね。この話があまり悪く見えないようにね。

Ross: Bye.
 バーイ。

Phoebe: Hmm, something bad to tell Rachel… Bad news for Rachel, what could that be?!
 うーん、レイチェルに悪いニュース・・レイチェルに悪いニュース・・何かしら?

Ross: Can you just, can you just lay off, please? All right? My life is an embarrassment! I should go live under somebody’s stairs!
 それちょっとやめてくれる、頼むよ。ね? 僕の人生は恥だらけだ。どっかの階段下で暮らすべきかも。

Phoebe: Ross, it’s not that big a deal! So you’ll been divorced three times, you’ll still have a life, you’ll go on dates…
 ロス、それほどのことないわよ! 3回離婚したからって、まだ人生は続くのよ。デートしたり・・

Ross: No! No, I won’t! I’ll be at the bottom of the dating barrel now. The only guys below me will be Four Divorce Guy uh, Murderer Guy, and-and, Geologists.
 いやいや! それはないよ。もう僕なんて恋愛市場の底辺にいるんだよ。僕より下の人なんて4回離婚した人か、殺人犯か、それか、地質学者だけだよ。

Phoebe: Ross, you’re being ridiculous! Okay? You are cute and smart and sweet and that is much more important than three stupid divorces!
 ロス、そんなのバカげてるわよ。いい? あなたはキュートで賢くて優しくて、3回離婚したことよりその方が大事なことよ。

Ross: Oh, yeah? Have you ever dated anyone who has been divorced three times?
 そう? それじゃ君は3回離婚した男とデートしたことある?

Phoebe: You know that’s really fair. You know? Most guys who have been divorced three times are like 60. Ross, nobody cares about this except you! This-this embarrassment thing is all in your head! Here, I’ll show you! Come here.
 そんなの卑怯よ。だって3回離婚した人なんてみんな60歳ぐらいよ。ロス、こんなの気にしてるのはあなただけよ。恥ずかしいなんて、あなたが思ってるだけよ。ほら、見せてあげる。来て。

Ross: What?
 なに?
(フィービーがロスの手を引いて3人の女性のところへ行き話しかける)

Phoebe: Hi! Hi! Listen, my friend Ross is about to be divorced for the third time, but wouldn’t you date him?
 ハーイ! 聞いて、私の友達のロスが3回目の離婚をするんだけど、あなた達彼とデートしない?

Ross: And if you wait right here, I’ll go get Ross.
 待っててくれたらロスを連れてくるよ。

《モニカ達の部屋:チャンドラーが来る》

Chandler: Hey!
 ヘイ!

Monica: Ugh, I thought you were Rachel!
 ああっ、レイチェルだと思った。

Chandler: What gave me away?
 なんでわかった?

Monica: I just tell her, I have to get it over with. I told Ross and Phoebe and she’s the only one left.
 とにかく彼女に言ってこれを済ませなきゃ。ロスとフィービーには話したからあとは彼女だけなのよ。

Chandler: Okay, that’s it, so everybody knows! It’s official, we’re moving in together. No turning back. Are you scared? Are you?
 そうか、じゃあみんな知ってるんだな! これで同居が正式となったね。もう後戻りはできない。怖い? 怖いか?

Monica: No.
 いいえ。

Chandler: Wow, that was my scariest voice! You’re very brave.
 ワオ。今のは一番怖い声だったのに。勇敢だね。

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey!
 ハーイ!

Chandler: Hey.
 ヘイ。

Rachel: Ugh, the worse day! You know, you think, you’re finally making progress at work and then your boss calls you Raquel.
 もうひどい日だったわ。仕事でようやくうまくいきかけたと思たら、上司がラケルって呼ぶのよ。

Chandler: Hey, listen, for the first four years of my work everybody called me Sha-la-lap. . . Seriously.
 なぁ、俺なんか最初の数年間は、みんなに「シャーラーラップ」みたいに呼ばれたんだぞ。・・・マジで。

Rachel: I believe you. So, it was right in the middle of a staff meeting so of course no one else wants to correct her so everyone else is calling me Raquel! By the end of the day, the mailroom guys were calling me Rocky!
 信じるわ。それが会議の真っ最中だったから、誰もそれを訂正できなくて、みんでラケルって呼ぶのよ。最後には郵便担当の子がロッキーって呼んだのよ。

Chandler: Well, I-I still think you’re very-very nice and very pretty…
 それでも君はとてもとてもいい子でとてもかわいいと思うよ。

Rachel: What?
 は?

Chandler: All yours, babe.
 (モニカに)あとは任せたよ。

Monica: Rachel, come here. Have a seat. Okay, listen umm, Chandler and I are going to live together. Here.
 レイチェル、来て。座って。ね、聞いて。チャンドラーと私、一緒に暮らすことにしたの。ここで。

Rachel: Oh, my God! That’s so great! I’m so happy for you guys!
 オーマイゴッド! すごいじゃない! よかったわね!

Monica: Really?!
 本当?

Rachel: And that was so sweet of you to ask! Oh, my God, the three of us are gonna have such a good time living together!
 聞いてくれるなんて優しいのね! ああ、3人で暮らしたら楽しいでしょうね!

Monica: Yes, we are.
 そうよね。

Rachel: And Chandler, you’re gonna have to watch those long showers you take in the morning because you know Raquel can’t be late.
 チャンドラー、シャワーの時は気をつけてね、ラケルが遅刻すると困るから。

Chandler: Rach…
 レイチ・・

Monica: Yeah, he’s gonna work on that.
 ええ、彼も気をつけるわ。

Rachel: Ohh! This is so exciting! Oh, wow! Come and knock on our door…
 ああ、楽しみだわ! あっ(歌う)どうぞうちへ来てノックして!

(Come and knock on our door = Three's company の主題歌の歌詞)



Monica: We’ll be waiting for you…
 (歌う)みんなで待ってるよ♪

《セントラルパーク:フィービーとロスと3人の女性》

Ross: See? Once you know the stories, it’s not that bad. First marriage, wife’s hidden sexuality, not my fault. Second marriage, said the wrong name at the altar, a little my fault. Third marriage, well, they really shouldn’t allow you to get married when you’re that drunk and have writing all over your face, Nevada’s fault.
 わかる? 話を聞いてみれば、そんなにひどいことじゃないんだよ。最初の結婚は妻の隠された性癖、僕のせいじゃない。2回目の結婚は、挙式中に名前を間違えた。ちょっと僕のせい。3回目の結婚はというと、そうだな、顔に落書きするほど酔っ払った人を結婚させるのが間違ってる。ネバダ州のせい。

Phoebe: Okay, so what do you think, ladies? Who wouldn’t be interested? Who wouldn’t want to date him?
 それじゃ、どう思う、みんな? 興味わかない? 彼とデートしたくない?

Stephanie: Well, the divorces don’t bother me, I’d date him. But, not while he’s still married.
 そうね、離婚は気にならないわ。デートしてもいいと思うわよ。だけど、まだ結婚してる間はダメね。

Phoebe: Okay, what about you? Wouldn’t you want a date?
 オーケー、あなたは?(次の女性に)彼とデートしない?

Karin: Actually, I’m dating at all anymore. See, I figured out that I was only dating guys that were like, you know, bad for me, so I decided until I work that out…
 実は私はもうデートしないつもりなの。デートした男がみんな、なんていうか、私によくない人ばかりだったから、それで私、その点を考えて・・

Phoebe: Good, good. Whatever. What about you, Meg?
 ハイハイ、なんでもいいわ。(次の女性に)あなたはどう、メグ?

Meg: Well, I don’t care about the divorces either. But I wouldn’t date him. It’s just that he’s obviously still in love with this Rachel girl.
 私も離婚は気にしないわ。だけど彼とはデートしないな。だって彼はそのレイチェルって子のこと愛してるわよね。

Ross: What?!
 なんだって?

Phoebe: She said, "He’s obviously still in love with this Rachel girl."
 彼女は「彼はそのレイチェルって子のこと愛してる」って言ったのよ。

Ross: This is crazy! I mean, yes, yes, Rachel is my good friend and I-I have loved her in the past, but now, she is just my wife! Phoebe, will you-will you help me out here?
 そんなのおかしいよ! そりゃレイチェルは確かにいい友達だし、過去には愛したこともあるけど、だけど、今はただの妻だよ! フィーブス、なんとか言ってやってよ!

Phoebe: Well, I thought you loved her when you-when you married her.
 そうね、私はあなたが彼女と結婚した時に、愛してるんだなと思ったもの。

Ross: We were drunk! I would’ve married uh, Joey with that amount of alcohol!
 僕らは酔っ払ってたんだ! あれだけ飲んでたら、ジョーイとだって結婚するよ。

Phoebe: Hey! You could do a lot worse than Joey Tribbiani!!
 ちょっと! ジョーイの方がずっといい人だわよ!

Ross: Look, I’m sorry, but you guys are wrong. I just don’t want to be divorced three times.
 いい、悪いけど、君たち間違ってるよ。ただ3回離婚したくないだけだよ。

Phoebe: Yes, and now he’s using this three divorces reason because he wants to stay married to her because he loves her. I must say, well done! Bravo, Meg.
 そうね。彼はそれを結婚したままでいる言い訳にしてるけど、愛してるからなのよね。言わせてもらうわ、よくできました! ブラボー、メグ!

Ross: Okay! Fine! Fine! If-if this is what you think, forget about the whole three divorce thing! Okay, I-I’ll go to my lawyer’s office right now and get this marriage annulled! Okay?! Because she means nothing to me! Noth−Nothing!!
 (立ち上がり)わかったよ、もういい、もういいよ! そう思うなら3回離婚なんてもういい! いいよ。弁護士事務所行って、今すぐ婚姻無効にしてもらってくるよ! 彼女は僕にとって何でもないんだから! 何でも(メグに近づいて)何でもない!!

Meg: Okay, now I wouldn’t date you because you seem a little creepy.
 こうなってくると、彼気味が悪いからデートしない。

Karin: I am so attracted to him right now.
 私はいま、めっちゃくちゃ気に入っちゃったわ。

《モニカ達の部屋》

Chandler: Okay, when are we gonna tell Rachel what's actually going to happen?
 なぁ、本当に同居するって、いつレイチェルに話すんだ?

Monica: Soon! I-I just couldn’t before. You saw how upset Joey got! I couldn’t do that to her, she’s my best friend!
 すぐ言うわ! この前は言えなかったけど。ジョーイがあんなにショック受けたんだもの、あなたも見たでしょう。あんなこと彼女にできないわ。親友なのに!

Chandler: Well, Joey’s my best friend.
 ジョーイだって俺の親友だぞ。

Monica: I’m not your best friend?
 私はあなたの親友じゃないの?

Chandler: You just said.. Ugh.. Of course you’re my best friend. Would you please tell Rachel though?
 今自分が言ったくせに・・もう・・もちろん君は僕の親友だよ。だけどレイチェルに話してくれるよね?

Monica: All right. At least I’m prepared.
 わかった。せめて用意しておかないと。

Chandler: Okay. . Oh, yes.
 よし。ああ、いいね。(モニカの用意したクッキーを取る)

Monica: Hey!
 ちょっと!(手を叩く)

Chandler: Hey, hey.
 おいおい!

Monica: These aren’t for you! Are you upset?
 これはあなた用じゃないのよ! あなたショックうけた人?

Chandler: I am now!
 今ショック受けたよ!

(レイチェルが来る)
Rachel: Hey, roomie!
 ハーイ、ルーミー!

Chandler: Okay, bye!
 よーし。バーイ。(出て行く)

Monica: Rach, there’s something uh, important I have to tell you.
 レイチ、大事な話があるの。

Rachel: Are you pregnant?!
 赤ちゃんができたの?!

Monica: No! But I’m throwing this shirt away. I think there was a little misunderstanding before.
 違うわよ! だけどこの服捨てるわ。この前はちょっと誤解があったのよね。

Rachel: Um-hmm.
 そう。

Monica: Umm, when I said that uh, that Chandler and I wanted to umm, live together we meant alone together.
 チャンドラーと私が一緒に住むっていう話だけど、あれは私たち2人でっていうことなの。

Rachel: Oh, my God! Oh, that’s funny, I can’t believe I did that.
 なんてことなの! ああ、おかしいわね。あんなふうに勘違いしちゃって信じられないわ。

Monica: Oh, no sweetie, no! This is my fault, I wasn’t clear! I’m really sorry. And listen, you take as much time as you need to move out, okay? There’s absolutely no rush.
 ああ、違うの、私がはっきりしなかったのがいけないのよ。本当にごめんなさい。聞いて、出て行くのはゆっくりでいいから、ね? 全然急がないから。

Rachel: Okay.
 わかった。(雑誌を読む)

Monica: Okay. Don’t you want a cookie?
 そう。クッキーはどう?

Rachel: Sure. . Thanks.
 もらうわ。ありがと。

Monica: Maybe, do you need a tissue?
 ティッシュいる?

Rachel: Monica, where did you get these?!
 (ティッシュにクッキーを出し)モニカ、これどこで買ったの?

Monica: I made them.
 私が作ったの。

Rachel: Ooh, good God, they’re so yummy!
 ああ、そうなのね、すごくおいしい!(もう一度食べる)

《チャンドラーの部屋》

Joey: God, it’s gonna so weird like when I come home and you’re not here. You know? No more Joey and Chan’s. No more J and C’s. "You wanna go over to Joey and Chandler’s?" "Can’t, its not there."
 帰ってもおまえがいないなんて変な感じだろうな。「ジョーイとチャン」はもうなくなるわけだ。「JとC」はもう終わりだ。「ジョーイとチャンドラーのところ行くか?」「行けないよ、もうないんだ」

Chandler: Look, I’m just gonna be across the hall, we can still do all the same stuff.
 廊下の向こう側にいるんだよ。今まで通りにできるよ。

Joey: Yeah, but we won’t be able to like get up in the middle of the night and have those long talks about our feelings and the future.
 ああ。だけど、もう夜中に起きて、感じてることとか将来の事についていつまでも語り合うなんてことができなくなるよ。

Chandler: Not once did we do that.
 そんなこと一度もした事ないじゃないか。

(モニカが来る)
Monica: Hi.
 ハーイ。

Chandler: Hey!
 やぁ!

Joey: Hi.
 ハーイ。

Monica: So I, I told Rachel it was just gonna be the two of us.
 レイチェルに、私たち2人ってことだって話したわ。

Chandler: Oh, yeah? Well, how’d she take it?
 そう? 彼女どうだった?

Monica: Really well. Yeah. Surprisingly well. Yeah, she didn’t cry. She wasn’t angry or sad.
 すごくよく受け止めてくれた。ええ。驚くほどよ。泣きもしなかったし。怒ることも悲しむこともなし。

Chandler: And you’re upset because you didn’t make your best friend cry?
 君は親友が泣かなかったからショックを受けてるんだね?

Monica: I mean, all I’m asking for is just a little emotion! Is that too much to ask after six years?! I mean what? Are-are-are Rachel and I not as close as you guys?! I mean do we not have as much fun?! Don’t I deserve a few tears?!! I mean we-we told Joey, he cried his eyes out!
 ちょっと感傷にひたるとかできないかしらと思うわけよ。6年後にそれだけ望めない? 何なの? レイチェルと私ってあなた達2人ほど親しくないの? 私たち楽しく過ごさなかったの? ちょっとくらいの涙に値しない? ジョーイに話した時は、大泣きしたじゃない!

Joey: Hey! I did not cry my eyes out!! Come on! It’s like the end of an era! No more J-Man and Channy’s!!
 おい! 大泣きなんてしてない! なんだよ! これは一つの時代の終わりなんだぞ!もうジェイ君とチャニーはいないんだ!

Chandler: Okay, I gotta ask, who calls us that?!
 おい、聞くけど、誰が俺たちはそう呼んだ?

《ロスの離婚弁護士オフィス》

Russell: You got married again?
 また結婚した?

Ross: Yes.
 はい。

Russell: So that’s your second marriage in two years.
 それじゃこの2年で2度目の結婚なわけだ。

Ross: Yes, second in two years. Third, overall.
 そう。2年で2度目、全部で3度目。

Russell: Ross, I have been a divorce attorney for 23 years and never have I had so much business from one client. Why don’t you tell me what happened.
 ロス、離婚弁護士を23年してきたが、1人のクライアントからこんなに仕事をもらったことはないよ。何が起きたか話してくれないか。

Ross: Basically, Rachel and I were in Vegas and we got drunk…
 まずレイチェルと僕はべガスにいて、酔っ払って・・

Russell: I’m sorry, is this the same Rachel who’s name you said at the altar in the second marriage?
 すまないが、それは、君が2度目の結婚式で名前を言ったのと同じレイチェルかね?

Ross: Yes, yes, yes. But I do not love her.
 そうそうそう。だけど、彼女を愛してはいません。

Russell: Oh, that’s better then.
 そう。そりゃよかった。

Ross: This was just a drunken mistake and I need to get it annulled.
 これはただの酒の上の過ちです。だから婚姻無効をお願いします。

Russell: I see. Have you considered therapy?
 そうか。セラピーを受けようとは思わないかね?

Ross: I think just the annulment for today.
 今日のところは婚姻無効だけでいいです。

Russell: There are a couple of forms to fill out.
 いくらかの書類に記入してもらうよ。

Ross: Easy.
 簡単だ。

Russell: And we’ll need to have witnesses who can testify that you were not of sound mind.
 そして君がまともな精神状態じゃなかったと証言してくれる人が必要です。

Ross: No problem.
 問題ないです。

Russell: And we’ll need you and Rachel to testify before a judge.
 そして君とレイチェルに、判事の前で証言してもらいます。

Ross: Ooh! There’s no way to do this without her? ‘Cause I kinda all ready told her uh, it was, it was already taken care of.
 ああ。彼女なしで手続きすることはできないですか? 僕もう彼女に手続きしたって言っちゃったんです。

Russell: Of course you did. Look, Ross, you can’t get an annulment unless you and Rachel are both there.
 君ならそうするよね。いいか、ロス、君とレイチェルが揃わないと婚姻無効にはできない。

Ross: Uh-huh. What about someone who looks like Rachel? I will think about the therapy.
 そうか・・レイチェルに似た誰かではどうですか? ・・・セラピーを考えてみます。

《モニカ達の部屋:モニカが来る》

Rachel: Hey!
 ハーイ!

Monica: Hey. So um, I was thinking that maybe we should start dividing up our stuff.
 ハイ。考えたんだけど、私たちのモノを分けなきゃいけないわよね。

Rachel: Okay!
 そうね!

Monica: You know, no point in dragging it out. Dragging out the long process of you moving out and us not living together anymore.
 いつまでも引き延ばしても仕方ないもんね。あなたが一緒に住まなくなって、出て行くっていうのをずるずる引き延ばしてもね。

Rachel: Okay.
 そうね。

Monica: Hey, Rach, what about this? Huh? Who-who gets this? See, I don’t know if I want it because it might be you know, too many memories!
 ね、レイチ、これはどう?(星形のモノを持ち上げる)ん? 誰が持ってく? 私これもらおうかどうしようかな、いっぱい思い出がありすぎてわからないわ。

Rachel: What the hell is that?
 (それをつかみ)これ、いったい何?

Monica: I don’t know. . Hey, Rachel, you want the big plate? I want you to have the big plate.
 わかんない。ねぇ、レイチ、この大皿欲しい? あなたに持っててもらいたいわ。

Rachel: Wow! Mon, thanks! I love this plate!
 ワオ! モン、ありがとう! このお皿大好きなのよね!

Monica: Something to remember me by!
 思い出にね!

Rachel: Mon, honey you’re not dying. I’m just moving out. You know, I mean we’re gonna see each other all the time.
 モン、死ぬわけじゃないのよ。出て行くだけ。いつでも会えるわ。

Monica: But still, it’s a big change. The end of an era, you might say.
 だけど、これは大きな変化よ。一つの時代の終わりとも言えるわ。

Rachel: Are you okay? You’re not blinking.
 あなた大丈夫? 瞬きしてないわよ。

Monica: I’m fine! I just, I’m thinking how much it’s an end of era.
 大丈夫よ! ただ、時代の終わりだなってことを考えてるだけよ。

Rachel: Oh, all right. But you know, I gotta say, I don’t, I don’t think six years counts as an era.
 ああ、そう。だけど、私は6年が時代って言えるとは思えないな。

Monica: An era is defined as a significant period of time. Now, it was significant to me, maybe it wasn’t significant to you!
 時代っていうのは、意義深い期間ということよ。私にとっては意義深いものだったわ。あなたにとっては意義深くなかったってことなのかもね!

Rachel: What is the matter with you?!
 どうしちゃったのよ、あなた?!

Monica: What is the matter with you?!! Why aren’t you more upset?! Aren’t you gonna be sad that we’re not gonna be living together anymore?! Aren’t you gonna miss me at all?!
 どうしちゃったのよ、あなた?! なんで動揺してないの? 私たちが一緒に住まなくなるっていうのに悲しくないの? 私がいなくて寂しくないの?

Rachel: Monica, all right. But don’t get mad at me. It’s just a little hard to believe.
 モニカ、わかったわ。怒らないでね。ちょっと信じられないのよ。

Monica: What’s hard to believe?
 どうして信じられないの?

Rachel: Well, you know, I mean, it’s you guys. You-you do this kind of stuff! You know? I mean, you were gonna get married in Vegas and then you backed out! I guess I’m not upset because I don’t see you guys going through with it. I’m sorry.
 だって、あなた達よ。あなた達そういうことするじゃない。ね? べガスで結婚しようとして、やめたじゃない! 本当にそうするのかわからないって思うから動揺してないのね。ごめんね。

Monica: Rachel, it’s going to happen. Chandler is gonna move in here.
 レイチェル、でもそうなるの。チャンドラーはここへ越してくるわ。

Rachel: But I…
 でも私・・

Monica: No-no, wait! Just let me finish, okay? This isn’t something that we just, we just impulsively decided to do in Vegas, this is something we both really want. And it is going to happen.
 いえ、待って。最後まで言わせて、ね? これは私たちが衝動的にべガスで決めたようなこととは違うの。これは私たちが本当に望んだことなの。本当にそうなるの。

Rachel: It is? Really?
 そう? 本当に?

Monica: Yeah, sweetie.
 ええそうよ。

Rachel: You mean, we’re not gonna live together anymore?
 それじゃ私たちもう一緒に暮らさないの?

Monica: No.
 そうよ。

Rachel: Well.. Oh, my God! I’m gonna miss you so much!
 それじゃ・・なんてこと! あなたがいないなんて寂しいわ!

Monica: I’m gonna miss you!
 私も寂しいわ!

Rachel: I mean, it’s the end of an era!
 これは一つの時代の終わりよ!

Monica: I know!
 でしょう!

《モニカ達の部屋の前:ロスが来る。フィービーがジョーイ達の部屋から出てくる》

Phoebe: Okay, bye!
 (チャンドラー達に)それじゃね、バーイ!

Ross: Oh, no.
 ああ、やだな。

Phoebe: So? Did you get the annulment?
 それで? 婚姻無効は済んだ?

Ross: I couldn’t.
 できなかった。

Phoebe: I knew it! Because you love Rachel.
 やっぱりね! レイチェルを愛してるからよ。

Ross: It’s not that. Okay? Annulments are more complicated than I…
 そうじゃない。いい? 婚姻無効はもっと複雑なんだよ。

Phoebe: Yeah, complicated because of the love.
 そうね、愛のために複雑なのよね。

Ross: I… I do, I do not love Rachel. I’m gonna tell her right now about the whole thing so we can get this marriage annulled as fast as possible. Okay? Would I do that if I loved her?
 レイチェルを愛してなんかない。今すぐ彼女に話して、できるだけ早く結婚を無効にしてもらうよ。いい? それでも僕が彼女を愛してるというの?

Phoebe: I’ve never been more convinced of your love for her.
 あなたが彼女を愛してるってこの上なく信じちゃってるわ。

Ross: I do not have feelings for Rachel! Okay?!
 レイチェルに対する感情はない! いいね! (モニカ達の部屋に入る)

《モニカ達の部屋:入るとレイチェルが泣いている》

Ross: Ohh, what’s wrong?!
 ああ・・どうしたんだ?

Rachel: Monica and Chandler are really moving in here and I have to move out and everything is changing.
 モニカとチャンドラーが本当にここで暮らすんだって。私はここを出ていくのよ。何もかもが変わっちゃうわ。

Ross: Oh, my−Come here! Come here! . . It’s okay. Everything’s gonna be okay.
 ああ・・おいで、おいで。(ハグ)大丈夫だよ。何もかもうまくいくからね。

Rachel: Thank you.
 ありがとう。

Ross: Of course.
 いいんだよ。

《セントラルパーク:ジョーイとフィービー》

Joey: So, Ross and Rachel got married, Monica and Chandler almost got married, do you think you and I should hook up?
 ロスとレイチェルが結婚、モニカとチャンドラーがもうちょっとで結婚するとこだった。君と俺もくっつく?

Phoebe: Oh, we do, but not just yet.
 ああ、そうなるわ。でもまだよ。

Joey: Really?! Well, when?
 本当? いつなの?

Phoebe: Okay umm, well, first Chandler and Monica will get married and be filthy rich by the way. Yeah. But it won’t work out.
 そうね、まず、チャンドラーとモニカが結婚するんだけど、2人は大金持ちになるの。そう。だけど、2人はうまくいかない。

(filthy = (お金など)くさるほどある)

Joey: Wow.
 ワオ。

Phoebe: I know. Then, I’m gonna marry Chandler for the money and you’ll marry Rachel and have the beautiful kids.
 そうなの。それから、私はお金目当てでチャンドラーと結婚するし、あなたはレイチェルと結婚して、かわいい子供ができる。

Joey: Great!
 いいね!

Phoebe: But then we ditch those two and that’s when we get married. We’ll have Chandler’s money and Rachel’s kids and getting custody will be easy because of Rachel’s drinking problem.
 でもそれから、私たちはその2人を捨てて、結婚するのよ。チャンドラーのお金と、レイチェルの子供をいただくのよ。子供の親権をとるのは簡単なのよ。レイチェルが酒飲みになっちゃうからね。

Joey: Oh-oh, what about Ross?
 ああ。それじゃロスは?

Phoebe: I don’t want to go into the whole thing, but umm, we have words and I kill him.
 詳しく言いたくないんだけど、私、彼とケンカして殺しちゃうのよ。(ビビるジョーイ)

にほんブログ村 英語ブログへ
にほんブログ村

英語 ブログランキングへ
posted by らんち at 14:52| Comment(0) | Season 6 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。